「ゲイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲイとは

2021-05-17

ジャニーさんは恵まれない家庭で育った子特有の色気が好き」

anond:20210516234549

ichijikucancho ジャニーさんは恵まれない家庭で育った子特有の色気が好きだったんだよね。今のジャニーズ見ると問題は起こさないかもしれないけど、大スターになりそうなのはいない

ひどいね性的虐待の追認じゃん。

これこそ性虐待者の発想。

まれない家庭で育った子は、帰るところがないか芸能事務所で性虐待パワハラを受けても我慢して残るしかない。

家庭に恵まれていたら、性虐待パワハラを受けたとき芸能界をやめて一般会社員になるなど、他の道を模索やすい。

最近だとリーガルリテラシーの高い親も増えてきて、子供パワハラに遭ったとき

親が弁護士を立ててスポーツコーチ芸能事務所を訴えるなども可能性として高くなってきてる。

「恵まれた家庭」というのはつまり、「親が賢くてお金を持っていて子供を愛して守る家庭」ということ。

虐待者にとってはそうした親が都合が悪い。

親がバカ貧乏子供を愛してなくて守らないほうが、子供を性虐待することを狙う者にとっては都合が良い。

ジャニーさんは性虐待者だから貧困家庭から逃げ出してスターになりたい子と共依存関係だったのかもしれないけど、

それ善行じゃなくて、日本の子供の福祉が手薄なことにゲイペドの性虐待者がつけこんでただけだから…。

まれた家庭の子が親に愛され守られながら芸能人を目指す方が、

芸能人になれないと人生終わりみたいな悲壮感漂った貧困家庭出身者が性虐待に耐えながら必死に働くより良い。

まり芸能人も育ちが良いほうが良い。

貧困家庭には芸能労働ではなく福祉を。

2021-05-16

anond:20210516223900

同じだぞ。今の医学では身体よりも脳(精神意識)を重視するからな。ホルモン療法するのも、性転換手術をするのも、美容整形手術をするのも脳に合わせて身体を適合させることだ。

昔の医学では、ロボトミー手術で脳の一部を除去したり、ゲイに対する治療として電気ショックを用いたりと、身体に合わせて脳を変えるという今とは真逆の発想だったんだ。

anond:20210515202422

キャプテンアメリカゲイにしてリブートしたりするから

新しいキャラ作ればいいのにそういうことはしない

そりゃ叩かれるわ

2021-05-15

タイトルに「腐」を入れ検索避けする「ダサい事」をやめられない理由

https://ai1582.hateblo.jp/entry/2020/11/10/162551

なんでこんな文化できたんだい。

いやもうこの際そんな昔の話はいいよ。

なんでこの文化を未だに続けているんだい。

惰性以外に理由があるのかい

-------------------------------------------------

あります

そこにある傷を、未だに抱えています

「そんな昔の話はいいよ」と切り捨てるのは、「腐女子」と自ら名乗らざるをえなかった人間たちの「傷」そのものを「くだらない」と言っているように聞こえてしまい、純粋に悲しくなりました。

いえ、くだらないです。くだらないのはその通りです。

腐女子」たちは、その「くだらない」事に深く傷つけられてきたのです。

-------------------------------------------------

例として私の話をします。

これは男女関係なく、漫画アニメオタク=「キモい」とされていた時代の話です(BLが好きな女性オタクだけでなく、男性オタクもしっかりと「キモい」とされていました。オタクキモい、だったのです。)

「BLを嗜むオタク」を「いじめ理由にできる」「キモい公然と罵れる」時代でした。

ネットでもBL好きのオタク女子はいつも叩かれていました。当時はオタクの中でも一番の弱者だったと思います。「キモいBL好きの女は叩かれて当然」という空気がありました。

私はネットだけでなく、面と向かって「○○(CP名)とかキモい」と言われた事があります

それは他人からでなく、家族から向けられた言葉でした。

二次創作BLが好きで、ファンサイト掲示板に書き込んでいる事を家族に知られ、家の中で追いかけられ、逃げてドアを閉めても強引に開けられ(もやしオタクなので力でも負けるんですね~)、髪を引っ張られて引きずり出され、蹴られながら自分がBL好きのオタクである事を罵倒されました。私が掲示板に書き込んだ内容を読み上げられ、「キッモ」と嘲笑されました。

その時私は、すごい事をされているなあ、ドラマみたいだなあ、と、暴行を受け流すための防御に亀のように丸まりながらちょっと面白く感じていました。罵倒されている最中は、別にこの程度の事ショックではないと思っていました。実際自分キモいしなと思いました。まるで他人罵倒されているような、遠くから自分を見ているような感じでした。

でもその後なんだか思考おかしくなりました。

元々オタクである事は隠していましたが、それまで以上にオタクでない相手自分がBL好きである事を必要以上に隠し、他人に知られる事を異常に恐れるようになりました。

-------------------------------------------------

全ての腐女子がこんな経験をしていたとは言いませんが、大なり小なり、似たようないじめは多かったのではないでしょうか。

当時のBL好きの女たちは、自衛のため、他人からキモい」と言われた時の心のショックを和らげるため、自虐する事で少しずつその痛みに慣れ、現実に「キモい」と言われる事に耐えられるよう練習をしていたのだと思います

私たちは、「腐女子」と自ら名乗る事で、「腐」という名前住み分けして一般人の目に入らないようにする事で、自分の心を守っていたのです。

その行為は今の時代の方には「ダサい」のかもしれません。すいません。でも当時はそれしか方法がなかったんです。

-------------------------------------------------

今、少しずつでも腐女子への扱いが良くなっているなら、それはとても喜ばしい事です。

時代に合わせて意識や行動の改変をする、それも素晴らしい行動だと思います

実際、ただ泣き寝入りしていてもなにも変わりません。自ら傷つくことを恐れず、声を上げて下さる方々の勇気には、頭が上がりません。私たち世代ができなかった事を、下の世代押し付けしまっている負い目すら感じます

ただ、腐女子が「腐女子」を自称しだした事には経緯があり、その経緯を「ダサい」と表現するのは、あまりにも無慈悲ではないでしょうか。

そういう傷が現実にある人が未だにいる事を知り、発言の際に少しだけでいいので考慮していただけると、こちらもその意識改変への行動を受け入れやすくなります

-------------------------------------------------

おばさんオタクお気持ち、失礼いたしました。

読んで下さってありがとうございます

-------------------------------------------------

ここから追記です。

腐女子」という単語自体を「ゲイ男性への差別」とする風潮がありますが、上記のように「腐女子」という単語の発生源が「己の醜さを揶揄する」ものであるため、腐=ゲイイコールで繋げる事は、腐女子にも(ゲイの方に向けた言葉として使っているわけではないため)ゲイの方にも双方に失礼です。もちろん現実ゲイの方が「例え原因はなんであれ、自分が腐っていると言われているようで不愉快だ」と訴えているのであれば、例え自衛のためであろうと一考するべき問題だとも思いますが。

そもそも私自身が今でも大多数のBLはホモフォビア同性愛者に対する差別偏見)そのものであると思っているため、差別偏見に塗れたジャンルを好きでありながら、自分はやましい事なんてありませんという顔をできるのはよくわかりません。

現実ゲイ」と「BL」を「同じもの」として扱って「ホモフォビア」と言い出すなら、BLというジャンル自体なくなるべきです。それこそ現実ゲイの方に失礼だと思いますポリコレ的に真っ黒なジャンルなのに「そのジャンルを好きな自分たち」だけを正当化しようという流れはただの自殺です。

ただこれも「マイノリティを食い物にするのはNG」という話に帰結するところがあるので、ゲイの方がもっと公に認められ市民権を得、現実差別がなくなるなら、異性愛と同じくらいカジュアルに消費する事が許されるかもしれませんね。

異性愛と同等に扱われるくらい、誰の目から見ても差別のない開けた社会になれば、おのずと「腐女子」という言葉も消えると思います

一歩ずつですが、社会は確実に良くなっていると思います

頑張りましょう。

新しい性別を作る

社会のあらゆることを男性/女性二元論解決するのはもう困難だ。

そこで新しい性別を作ることにする。

良い名前が思いつかないので「雄男/雄女/雌男/雌女」とする。

トイレ銭湯戸籍身体検査スポーツも、区分け必要なら全部この4つにする。

医療介護現場とか、必要に応じで雌雄でくくったり、男女で分けたりする。

旧姓別の時代が長かったので、雄男と雌男は「男性」に、雌女と雄女は「女性」に属するものとする。

身体の性と心の性をそのまま認める

セックスジェンダーって、それぞれx軸とy軸みたいなもんだと思うんだよ。

それを無理に同じ数直線で位置付けようとするから色々衝突が起こるんじゃん?

男体と女体は別物で現実に違いがある以上それを無視することはできない。

心にも性別があるっぽいことも無視できない。

からちんこついてても女として生活したいって人のちんこを誰も無いことにはできないので、身体は男で心は女の「そういう性別の人」ということにする。

この世界では「男性」という語を暗黙のうちに雄男のみを指して使うのは差別になる。逆も然り。

性的指向もっと分化されていく

LGBTQじゃ足りなくなる。というか名前がついてないとこに名前がつくだけだと思うけど、名前がつけば多分ミスマッチも減るんじゃないか

性別が増えた世界では、ちんこついてる女を拒否するのは明確に差別でない。

なぜなら性愛対象が、雌女、雄女、雌雄問わず女性……などと分かれていくから、女が男に告白したとき「俺はゲイなのでごめんね」ってフられるのと同じという理屈

現状既にそうかもしれないけど、やはり命名って大事だと思う。構造主義的に。記号論的に。

おわりに

トランス女性側の人が「トランス女性女性です」って言うのを見て、ふと「性のあり方はグラデーションと言うけど、何も一方向へのグラデーションである必要はなくない?」って思ったのがきっかけで、こんなことを考えた。

そもそもこんなに色んな人がたくさんいるのに、何でもかんでも体の種別に基づいた2種類で分けるのは乱暴すぎる。

色んな性的指向命名されて発見されて認知されたんだから性別でも同じことしてもいいんじゃないかと思った。

男性/女性と同じものとして扱って」じゃなくて、「既存の枠組みでは現状に対処できないので新しい区分を作って」みたいな主張してるトランスジェンダーっているのかな?

もし今のトランスジェンダー達の主張が全面的に受け入れられたら、トランス女性を同じ「女性」と認めつつ自分達をより別の存在として確立していくようなフェミニズム運動が生まれたりするんだろうか?

シドニアみたいに中性から性別分化したりできるようになったら良いのにな

まさか、ゆはたといざながなー

2021-05-14

anond:20210426184734

これ同性キャラが同性プレイヤー好意を寄せるのをキモいとか言ったらゲイ差別になるよね。

2021-05-12

anond:20210510205605

ていうか、元々男同士のクソでか感情を男女恋愛の形に意図的バグらせて自分の脳を騙すことで発生したのが二次BLなんじゃないの?

90年代とかもそもリバって概念がほぼなかった気がするんよね

ネットが発達してあまりリアルの横のつながりとか部数(売上、費用対効果)を気にせず自分の趣向を表現できる場ができてからリバが台頭してきたと思う

元増田は読んだ感じおそらくリバ派?で受けちゃんヨナ乙女化固定BLから攻撃に怒りちらしてるように思える。(ちがったらすまん)

しかし、もちろんリバ者からガチガチの固定者への『私達のほうが現実ゲイのあり方に近くてリアルから固定者はクソ』『片方しか読めないとか損してる』的な煽りもあったわけで(そっちもまぁおめーら同性愛バグ起こさせてる時点で同じ穴の狢だよって話なんだが)

最近過激固定エロ系の二次で受けの穴をケツ○○通り越してマ○○呼びしてたり、カント化してたり、ニョタ率がやたら高いジャンルが出てきたのはカウンターとしての固定派(⁺総受派)の『居直り』『開き直り』的側面もあるのかなと思っている。

腐女子のその辺のこじれ具合ウォッチ楽しいのだが、最近リアル忙しくて出来ん。

ところで元増田腐女子を名乗る以上は一応自分が神と思う好きな(作品出たら必ず読む、買う)腐作家もいるもしくはいたんじゃないのか?

腐全体を嫌いというより、腐女子のなかのこういう傾向を持つ一派が嫌いという内容な気がするんだが

2021-05-11

anond:20210510205605

女体化を嗜む腐女子がかなり多く存在するジャンルにいるんだけど、

増田はやっぱり女体化も苦手なんだろうか?女体化(男体化)はストレート性別を変えてるのでどうなんだろうって気になってしまった。

女体化を描く人全員が男のままで描くときも受けが女らしいかというと全然そんなことなくて

しろ薔薇か?みたいな作風の人が多くて要するに男でも女でも「エロ」を楽しみたい人がメインストリームなのかなと感じたりする。

私は女体化全然わからんので(嫌悪もない)積極的に読みはしないんだが、

たまにエロ恋愛も入らないifとしての女体化を描いている人がいて、

キャラクター性が全然損なわれないまま(と私には感じられる)なるほどあのキャラ女性だったらこういう立ち位置になってこういう言動をするかもね、

こういう展開になるかもと思わされる作品があり原作に沿ったままうまいこと描くなと感心させられたりするので、

なんというか二次創作だとごっちゃになって難しいが「キャラクター性を損なうな」と

男性表象女性表象を当て嵌めるな」は結構距離の遠い問題として扱う方がいいものなのかなあなんてぼんやり思った。

前者に対する怒りや疑問はオタクとしてのキャラから後者はわりと個人個人スタンスというか、ジェンダーへの関心から端を発する問題なのかなと感じた。

まあ女体化(過剰な女性化・男性化)の時点でおかしいだろというふうな考え方ももっともだと思うし、

というか二次創作は全部おかしものからそこにあるものは全部おかしい、というスタンスでいるのがいいのだろう。増田はそうだよね。

それはそれとして女体化(男体化)が好きな人、どういう動機とか良さがあってそうなのかは純粋に知りたいので好きな人ぜひ増田プレゼンしてほしい。

私は男のままの推し二人が好きだけどその二人が日常のこまごまとした生活を送る二次創作をしていて、

でもその生活の様子それ自体を「女々しい」と感じて嫌う人もいるだろうな。

というか実際そういう毒マロをもらったが、でもどんな性別性的指向の人でも普通生活するからな、

ゲイカップルが常にオラオラで男らしく向き合ってるわけでもないだろうし(キャラクター関係性としてそうならそうかも)、

ビアンカップルが常に女性らしくかわいらしくイチャイチャしているわけでもないだろう(キャラクター関係性としてそうならそうだろう)。

働くし飯も作るしたまに甘いものも辛い物も食うし服も買うしプレゼントもするしケンカもする、それも人(キャラ)によって方法がさまざま

その行為のどれかが特定性別表象と見られてしまうと結構つらいな…と感じるがまあそういう「生活をする」推しが見たいのだからどうしても書いてしまう。

私が原作と向かいあってキャラを「正しく解釈」できているつもりでもそうとは限らないんだろうなと悩んでしまう。

どうしてもこのキャラのここが好き!って部分強調されたりしてしまうし、でも人によってはそこだけ好きじゃないとかあるよね。

原作読んでりゃわかるだろ、で通じる部分も人によってちょっとずつどうしてもズレる気がするんだけど…。そこの許容範囲が楽しめる部分なのかな。)


結局どんな意図でも描かれて、書かれてできあがってしまったものがすべてで

作風や絵柄、文体、腕の良し悪し自体判断されてしまうという要素もあるだろうし)読んだ側の主観で全てが判断されるのだから

好きでやめられない限りは堂々と好きなものを描いたり書いたりしてくしかないんだろうなあと感じるし、

私の苦手なこれを作った人もそうだろう、と思うようにして人の二次創作にも接している(接しなかったりもする)。

どんな好みの人も楽しく二次創作できたらいいよな、増田も苦しまないで楽しく作品キャラと向き合えるといいな。

言ってしまえば双方向コミュニケートできるSNSオタク社会に食い込みすぎてることが不幸の発端って気もするが、押しつけていいって考え方がなくなるといいよね。

読解の前に、88cmと8kg氏の他のnoteを読むのもよいと思います

女性に「キモい」と言われ続けた経験

結論から言うと、note筆者の「88cmと8kg」氏は、小さい頃から学校や街中など、あらゆる場面で女性に「キモい」と言われ続けたそうです。

フェミニストのみなさん、「キモい」は本当に本当に強烈な抑圧の言葉なんです|88cmと8kg|note

弱者男性だけどもうフェミニストをやめたい|88cmと8kg|note

小学校の頃から女子「だけ」からずっとキモい、目が腐る、不潔、鼻が曲がるとずっと言われ続けてきた。

仕方なく街を歩けば「キモい」「あいつはナシ」だの定期的に言われた。みんなこれが妄想に聞こえるそうだけど事実だ。男性だってそういうことを言われる。言ってきたのはすべて女性で、男性から一言もない。今でも。

そして中学を出る頃には、こういう一部の男性は、「キモい」という言葉に強烈な苦手意識を持ちます自分名前が呼ばれる10倍以上「キモい」という言葉が飛んでくるような環境では、自分名前よりもすぐに反応する言葉になります

ゼミでも、学部でも少し喋れば「異様な雰囲気の怖いキモ男」だった。基本、女性モテたい男性は、キモ男を、一緒にいると「格が落ちる」から無視するか、マウンティングの道具として利用しはじめる。結局俺はここでは男性から孤立した。ホモソーシャルは最悪だ。でも知ってる。ああいうことをするのはモテるためで、一部の女性はそういう人を喜んで持ち上げてきた。ドラマゲームで人気の男性キャラの特徴を思い出してみればわかる。

小学生くらいの幼少期から女性集団に1日何十回もその言葉をかけられ続けて尊厳を奪われている

ここから個人的な話になりますが、自分は今でも道を歩いていると女性に「キモい」と笑われることがあります。2か月に1度くらいの頻度です

キモい」は、身近な人間から直接、何千回も投げかけられる言葉です。もう一度言いますが、多くの場合自分名前よりも多く投げかけられます



キモい」という言葉に感じる強い恐怖と抑圧

こういう経緯から、88cmと8kg氏は「キモい」という言葉に対して、極度の恐怖心と抑圧を感じています

なので例えば、駅のホームで待っている時、女子高生たちが「キモい」という言葉を使って笑っている時は動悸がしますし、レストラン女性の友人と話している時相手が「キモい」という言葉同級生を笑うとき、それが延々と続く場合笑顔を作って席を外して心を落ち着けます

そして、一部男性に対する抑圧を象徴する端的な表現として「キモい」という言葉がある、という認識に到っています

今の社会では女性は抑圧され、社会のあらゆるところに抑圧を象徴するものが転がっていますが、一部の男性にも似たような構造があります。そして数あるそれの中で、最も一般的で、最も象徴的な言葉が「キモい」なんです。



フェミニストも「キモい」という言葉を使っているという認識

ここまではOKでしょうか。88cmと8kg氏は、主に女性に「キモい」と言われ続けてきて、そのことを強い抑圧と感じて苦しんできました。ここまでの話では、フェミニズム/フェミニストは出てきません。88cmと8kg氏の主張がフェミニズムとつながるのは、以下の文脈です。

フェミニストのみなさん、「キモい」は本当に本当に強烈な抑圧の言葉なんです|88cmと8kg|note

最近ある卑劣事件が起きました。

女子高校生に「きもい」言われ立腹 傷害容疑で県立中央病院職員逮捕事件事故徳島ニュース徳島新聞」

記事タイトルではまるで女子高生が見ず知らずの人にキモいと言って殴られたのように見えますが実際は全然違います。この記事によれば、

女子高生は友人2人とコンビニの前にいただけなのに、

・突然あらわれた男が「家に来ないか」と声をかけ、

・「キモい」と言われ逆上し、逃げたところをしつこく追跡してきて、

・逃げ遅れた女子高生を容赦なく暴行した。

という本当に酷い事件です。女性であるというだけで声をかけられ、断ると逆上され暴行されるという、ヘイトクライムのもの事件です。 そして、こういった事件現代では見逃されないし、勇気ある人たちは沈黙しません。「夜未成年がうろついてたから悪い」だとか、「キモいと言ったか暴力されても仕方ない」だとかいセカンドレイプのもの意見も、現代では正当化されず批判されます自分はこの空気が救いです。強盗が起きて、強盗された側が悪いなんてことは決して絶対にありません。しかし、たくさんリツイートされたフェミニストのみなさんの意見の中にこういうものもあります


として、以下の「フェミニストのみなさん」のツイートが挙げられます



これに対して、88cmと8kg氏は、こう言います

私はフェミニストでありたいと思っている男性です。弱者男性といったほうが多分すぐわかると思います。なので言いたいです。

 今回の件は100%加害者男性が悪いと言い切れますしかし、キモい」という言葉の致命的な力を絶対に忘れないでください。本当に強烈な抑圧の言葉なんです。汚い言葉引用しますが、「ブス」とか「クソマンコ」や、「ニガー」などよりも強いかもしれません。なぜなら、一部の男性は、小学生くらいの幼少期から女性集団に1日何十回もその言葉をかけられ続けて尊厳を奪われているからです。それは一般的ことなんです。しかも、誰も真剣にそれをとらえません。こういったいじめ記事になったことが何度ありましたか男性から女性はシャレになりませんが、逆は男性が「みっともない」からなんです。もしくは、自分が「キモいから悪いんです。告発しても女性無罪放免、怒った自分先生に怒られるなんてことはよくあることです。席替えで「キモい」生徒の横に来た女子生徒が泣く行為が怒られた現場を見たことがありますか?

まり、このnoteで88cmと8kg氏がフェミニストのみなさんに対して批判なのは

  1. コンビニの前にいた女子高生たちに見知らぬ男性が「家に来ないか」と声を掛け、女子高生達が「キモい」と言ったところ逆上し、逃げた彼女たちをしつこく追跡し、逃げ遅れた女子高生を容赦なく暴行したという事件があり
  2. その事件自体については88cmと8kg氏も「100%加害者男性が悪い」と思っているんだけど
  3. その事件への反応に「キモい」という言葉を素で使っているツイートが多数あり
  4. 88cmと8kg氏はそれらが「フェミニストのみなさん」によるツイートだと考えている

からです。だから、88cmと8kg氏はそうした「フェミニストのみなさん」に対して「「キモい」は、身近な人間から直接、何千回も投げかけられる言葉です。もう一度言いますが、多くの場合自分名前よりも多く投げかけられます。そして、多くのフェミニストはそれを正当化してしまうんです」「お願いなので、「キモい」という言葉を過度に正当化することはやめてください」と訴えています。「過度に正当化する」というところに含みがありますが、つまり、この言葉を何か/誰かを批判するとき普通に使うこと自体が、「キモい」という言葉とそれがもたらす差別正当化しているんだ、という主張だと思います

キモい」はヘイトスピーチ女性フェミニストはこの言葉弱者男性差別しているという認識

そして、このことが敷衍されて、弱者男性差別は存在するから知ってください、フェミニストはこれ以上差別しないでください|88cmと8kg|noteでの主張につながっていきます

例えば「女は黙って朝飯作って帰りは正座で待ってくれてないと」のような差別的な言葉と「無職の男とか絶対無理キモい」のような差別的な言葉は同じくらい重い、そう言えます特に後者言葉は実際に人を殺せるヘイトスピーチなんです。

実際問題自分フェミニストのみなさんが入っているTLを見ると、自分に「有害男性らしさ」が激しく発生していることに気づきます。それは「彼女も作れない人間はセクシストで、そのような人間悲鳴はすべてミソジニー」というような意見フェミニストが多くするのが原因です。男らしくならなければジェンダー平等を訴える人たちの間でさえ人間扱いされないどころか、セクシスト扱いされるのです。自分ミソジニストになるのを避けるために定期的に表アカウントからは離れています。だからインセルのようなろくでもない連中が、フェミニストが増えた後増える理由も正直わかりますいかれた差別主義者がわめくのは無視できますが、社会正義の名のもとに差別正当化される苦しみは無視できないのです。

嘘だと思うのなら、最も弱者男性差別的なことを言っていて、かんたんに論破できるような「女をあてがえ理論」に対するフェミニストたちの反応を見てください。「弱者男性とかキモい無理。女性人権侵害している。」、「その考えが差別的。特権意識から降りろ。」、その他諸々。なぜ、「女性が誰と結婚するかは個人自由なので社会国家が介入するな。」とだけ言えないんですか??なぜ、弱者男性トランス女性とかアジア人ゲイとか入れ替えた時に、極めてグロテスク差別発言になってしまうことぐらい差別を訴える人ならわかってくださいよ!「トランス女性とかキモい無理。男性人権侵害している。」「アジア人ゲイが他の人種と同程度に愛されたいと思うのは差別的」。そういう言葉なんですよ??「非処女とか汚い無理」とか森元総理でも言いませんよ?障害貧困差別で苦しんでいる中で、誰か一人にでも愛されたくても無理で絶望して今も首をを吊っていってる人たちに、無理とかキモいとかお前の孤独感さえ差別の証だだとか、それはもう加害欲求暴走している、差別が楽しくてやめられない、としか言えないじゃないですか。おそらくは相手を人の言葉の通じないゴブリンか何かだと思っているのでしょう。ミソジニストネトウヨ白人至上主義者、その横に並ぶのが上の発言をした人たちです。最近も一緒になって車椅子の人の人権を訴えた人たちだったのに!!差別主義者の気持ちがわかった良い授業だったと思いますよ?

 そもそもゲイも、トランスジェンダーも、在日コリアンも、ハーフも、黒人も、障害者も、相手を「キモい」と言って正義の名のもとに糾弾する光景をあまり見ないですが、フェミニストだけは例外です。先程もその光景を見ました。「キモい」なんて感情しかよらない侮蔑語は、マジョリティ規範依存する言葉です。上記属性の人々を攻撃する最悪の矛として常用されているし、だからこそ理性による人権という盾で身を守ってきたのです。実際キモいからしょうがない、口をふさぐなと言うかもしれません。しかし、上記人達人権を訴える場所でその言葉は使いません。マジョリティにその言葉を使われる苦しみを知っているからです。性犯罪について裁判などで男性が同情されやす特権があるのように、女性には差別しても批判されにくい特権があると言わざるを得ません。そして悲しいことに、差別と戦う人たちでさえそれを濫用してしまっているのです。



88cmと8kg氏にとっての弱者男性論の根幹は、長年にわたって女性から自分に投げかけられ、自分を傷つけてきた「キモい」という言葉への被抑圧感情問題意識と、彼の観測するフェミニストのみなさん達が、女子高生暴行事件犯人批判するときや、その他の文脈(これについては直接の引用がないので、「弱者男性とかキモい無理。女性人権侵害している」という発言が実際にあったかどうかはわかりませんが)で、「キモい」という言葉普通に使っている、という認識にあります。その文脈で読めば、88cmと8kg氏の訴えがなぜ「女性フェミニスト」に向かっているのか、より具体的に理解できると思います


anond:20210510221656

2021-05-10

「何故女性やフェミニストに言うのか」を読解する(「弱者男性差別は存在するから知ってください、フェミニストはこれ以上差別しないでください」について)

弱者男性差別存在するから知ってください、フェミニストはこれ以上差別しないでください

https://note.com/mefimefiapple/n/n6b712e954db8

 

上記noteについて「何故女性フェミニストに言うのか」「強者男性に言うべきでは」との意見がある様なので、何故なのか、読解してみようと思います

予め断っておくとこれは女性フェミニストへの攻撃意図はありません、また件のnoteについても敵意は(受け止められている程には)大きくはないと判断しますが、それについても最後に触れます

 

ではどのように読解すればいいでしょうか?いい方法があります

以下の様に、国語テストだと思って読解してみてはどうでしょうか?

問1ーこのnote女性フェミニストに向けられている理由について、本文から関連する箇所を抜き出して答えよ。

このように国語テストだと思えば、noteを読み込んで該当箇所を抽出するのも楽になる人も居る筈です。難しい問題や複雑な問題ゲームテストだと思えば簡単に解けてしまう人はいものです。

(これを「ゲーミフィケーション」という言葉に倣って「国語の期末テスティフィケーション」と呼ぶ(「国語中間テスティフィケーション」でも可))

卒業の掛かった大事テストだと思って解いてみましょう。

 

解答

以下、幾つかのパートに分けて女性フェミニストに向けられている理由解釈できる箇所を抜き出します。

 

誰もが抑圧者になり得る事

ジェンダー差別女性セクシャルマイノリティも、そして男性も抑圧し、抑圧者には女性を含めて誰でもなりえる。

上記箇所の様に、このnoteでは女性も抑圧者・加害者になり得る事を繰り返し強調しています

これがこのnote目的だとすると、明らかに女性に向けた方が効率的です。強者男性に向けて「実は女性も抑圧者になり得るんだ」と言っても「お、おう」と成るだけですし、むしろ告げ口に似てしまます。だから女性本人に言う必要があると言えます

また、男性強者側に位置付けられたり、「抑圧者=男性」という図式が前提とされがちな現代では、そうでない側を殊更に強調する必要があり、そこに女性対象にする必然性もあると言えます

(ただしその様な前提はテキストの外部から読み取る事なので、テキスト内で論理的に完結する必要のある国語テストとしては回答に出せない部分になります

 

差別正当化」の主題

いかれた差別主義者がわめくのは無視できますが、社会的正義の名のもとに差別正当化される苦しみは無視できないのです。

上記箇所の様に、noteでは差別のものに負けず劣らず、差別否認し、正当化する事への非難に紙幅が割かれます

例えば、

未婚男性寿命の短さは無視される上男性女性虐待証拠になり、男性メンタル悪化と低すぎる幸福度無意識化された特権意識のせいにされ、ホームレス引きこもりさえも女性に厳しい差別構造の例だとされます

そしてその抑圧が苦しいと言った途端、「社会/女性への憎悪」「分断を煽る差別」「差別者の見当違いな被害者意識

の様に、男性差別的な境遇問題化しようとしたときに、それが女性差別問題へとすり替えられる様子が描かれます

弱者男性差別のもの強者男性女性フェミニスト共に加害者に成り得ますが、「弱者男性差別女性差別」の様な差別主題スライドは、女性差別を取り沙汰したいフェミニストしか動機がありません。

従ってこのような差別スライド問題にする限りでは、フェミニストの方々に向ける理由があるという事に成ります

こうなるとフェミニストはもはや、「女性差別は気にするけど男性差別は気にしない」だけではなく、「女性差別は気にするけど男性差別積極的に口を塞いで透明化する」というセクシストに見えます

という箇所も同様でしょう。差別スライドによって「男性差別積極的に口を塞いで透明化する」という積極的な加害行動が問題化されます

関連して、

フェミニストの方に考えてほしいのは、「男性差別はない」「あったとしても大きな声で言うのは女性の口をつぐむことだからいけない」という考えはこの時点でかなり人権軽視であったり、性差別的な言葉ということです

という箇所もありました。

ここについてもやはり、「男性差別はない」「あったとしても大きな声で言うのは女性の口をつぐむことだからいけない」といった発言をする動機が大きいのは女性フェミニストです。対して強者男性にその様な発言をする動機は大してありません。

例外としてフェミニストかつ強者男性場合女性フェミニストと同じ動機を持ち得ますが、当然その場合フェミニスト」に重なっています

 

似た箇所として、以下の部分も上げられます

なぜ弱者男性が、ジェンダー平等を望む仲間のはずのフェミニスト攻撃してしまうのか、それは一部のフェミニストジョージ・ワシントンからということもあるでしょう。

ここでジョージ・ワシントンは「世界最初人権宣言した憲法を書き上げながら、ネイティブ・アメリカンへの虐殺差別だと認識できなかった」人物として言及されます

この文意は「一部のフェミニスト」がジョージ・ワシントンと同様の構造(つまり女性人権保護しながら、弱者男性への差別認識できなかった)を持っている、だと解釈できます。その上で、

自分たち白人平等に殺す無法者より、人権を高らかに謳い上げるがお前たちは人間じゃないから殺されてOKと言う、ジョージ・ワシントンの方が憎く見えたでしょう。

差別に最も敏感な映画でも、男性対象になると途端に差別を素通ししてしまうのです。

という様に加害そのものより、差別正当化や、「人権を謳い上げる」正義側に無視される事の苦痛が強調されます

この点に着目した時、フェミニストは(時に露悪的な)強者男性よりも正義僭称する機会が多く、正義側としての側面が濃い為、強者男性よりも対象にする動機が大きいと言えます

 

直接的な加害者として

弱者男性への扱いも、強者男性より女性全般のほうが差別的かもしれません。

この箇所では明確に、差別的な度合いが強者男性より女性全般のほうが大きい可能性を検討しています

女性はこの差別の抑圧者として大きな存在です。上記差別では明確に女性の影があります私自身、街を歩いていて嫌悪や指をさして笑う行為吐き気をするようなジェスチャー、そういったことを度々経験していましたが、すべて女性でした。

以上の様に、女性による直接的な差別や加害もnoteでは幾つか言及されます

彼女も作れない人間はセクシストで、そのような人間悲鳴はすべてミソジニー」というような意見フェミニストが多くするのが原因です。男らしくならなければジェンダー平等を訴える人たちの間でさえ人間扱いされないどころか、セクシスト扱いされるのです。

これに対して、女性は異性の「点数が低い人達(先程の結果からみると本来は平均的な人たち)」を排除したり、嫌がったり嘲ったりする形で攻撃します。

これを咎められたあるフェミニストは「ゴキブリウィルスへの嫌悪と同じだから性欲ではない」と言いました。

いじめ対象になった時、加害者女性だとまともに扱われないどころか、加害女性が正しいことになる

例えば「女は黙って朝飯作って帰りは正座で待ってくれてないと」のような差別的な言葉と「無職の男とか絶対無理キモい」のような差別的な言葉は同じくらい重い、そう言えます

こうした直接的な加害は恐らく女性フェミニストの方々の中でも一部の方がしている事で、女性フェミニスト全体がしている事ではありません。

従って女性フェミニスト全体へ向けてこれらの事を直接の告発として言うのは(丁度一部の男性が行った加害を男性全体に向けて非難するという、弱者男性問題の主要な問題の一つと同様)間違っていますが、

「ぶつかりおじさん」の様に、女性からは見えにくい一部の女性の加害を知って貰う、という可視化としては意味を持ち得ます

そしてこれらが女性からは見えにくいのであれば、特に女性に向けて周知する意味があると言えます

 

特にその中でも、

最も弱者男性差別的なことを言っていて、かんたんに論破できるような「女をあてがえ理論」に対するフェミニストたちの反応を見てください。「弱者男性とかキモい無理。女性人権侵害している。」、「その考えが差別的。特権意識から降りろ。」、その他諸々。なぜ、「女性が誰と結婚するかは個人自由なので社会国家が介入するな。」とだけ言えないんですか??

フェミニスト差別糾弾する際、「キモい」「特権意識から降りろ」等の余計であったり部分的に適合しない侮蔑を含めてしまうケースが上げられています

この箇所を「差別糾弾する際に、別の差別意識が表面化し易い」という意味だと解釈すると、差別糾弾する機会の多いフェミニストの方々に特に向ける意味があると言えます

 

フェミニズム言説への応答として

この貧しい家庭に生まれいじめで苦しむことも多い一生弱者男性(これは実際に統計的に全部正しいんです)は、下駄を脱げと言われても脱げる下駄がありません。むしろ脱出できる可能性、助けてくれるまわりや、ケアしてくれる行政や団体の偏りを考えると、この層においては女性下駄を履いていると言っても嘘になりません。この層に「下駄を脱げ」というのは、レイシストが「在日コリアン特権を捨てろ、社会を牛耳ってる支配者のくせに弱者のフリをするな。孫正義を見てみろ。」というような最悪な言葉と大差ないのです。

この箇所はフェミニズム文脈男性に向けられがちな「下駄を脱げ」といった言説が、弱者男性場合には適合せず(脱げる下駄が無い)、「在日特権」の様な存在しない特権糾弾という、深刻な差別に成ってしまうケースが扱われています

このようなフェミニズム言説への応答の箇所は、当然フェミニストへ向ける意味を持ちます

また、

障害貧困差別で苦しんでいる中で、誰か一人にでも愛されたくても無理で絶望して今も首をを吊っていってる人たちに、無理とかキモいとかお前の孤独感さえ差別の証だだとか、それはもう加害欲求暴走している、差別が楽しくてやめられない、としか言えないじゃないですか

ゲイも、トランスジェンダーも、在日コリアンも、ハーフも、黒人も、障害者も、相手を「キモい」と言って正義の名のもとに糾弾する光景をあまり見ないですが、フェミニストだけは例外です。

の箇所の様に、フェミニズム的な批判に伴って加害欲求暴走する可能性についても警告しています。ここもやはり強者男性に向ける意味はあまりなく、フェミニストへ向けて初めて意味がある箇所になります

 

 

はい。長かったですが、いかがでしょうか?

件のnoteを読み返しながら、国語テストのつもりで関連しそうな箇所を抜き出してみましたが、結構あるものですね。

ただこれで全部ではないと思います。もしできれば、これを読んでいるあなた国語テストのつもりで挑んでみてはいかがでしょうか?

 

最後に、これまで追ってきたようにあのnote女性フェミニストへ向けて書かれたものですが、「向ける」ということが「攻撃」や「批判」とイコールではない事は強調しておいた方が良さそうです。

現に彼自身

から、一部のフェミニストの方がしてしまたことも、不幸なすれ違いだと思うんです。「ただそんな人達がいると知らなかった」だけだと思うんです。なので、ジェンダーで苦しんでいる人間たちは一緒に戦っていける、そう思っています理想主義的ですが、理想がないと進歩もありませんから

と書いています

この増田に付いても女性フェミニストへの攻撃批判意図ではなく、あくまで彼の文章女性フェミニストへ「向け」られていた理由を読解する為に書いたものです。

もし彼のnoteやこの増田を読んで自分を責めている女性フェミニストの方が居たら、自分を責め過ぎないようにしてください、責める事が目的なのではなく、知って貰う事が目的ですから

彼のnote女性フェミニストへ向けられていますが、それに応答するために女性フェミニストの方がするべき事は、実はそれほど大きくはない、というのが私の解釈です。まずは「知る」「存在を認める」「積極的な加害はしない」ただそれだけの事で達成できる、ささやかものなのです。(当然ですが、同様の事を私は女性差別に対しても行います

そして私が言うまでも無く、彼のnoteへの反応の中で既にそれをしている女性が何人か居た事は知って居ます。そのような方々に尊敬感謝を申し上げると共に、そうした方々が今後増える事を祈ります

 

付録

何故「弱者男性」を取り上げるのか?

今回の主題からはズレますが、何故「弱者男性」を取り上げるのか?と疑問を抱いている方も居たので、ごく簡単にですが、ここにも読解を加えておきます

私は「男性」という属性は、「ヘテロセクシャル」「健常者」といった単純に「強者」とみなしてもあまり問題が発生しないものではなく、特定属性とつながるととても悪い影響をもたらす属性だと思っています

男性」に「障害者」、「貧困者」、「外見が悪い」などが付くと、「女性」にそれをつけた時より状態悪化するということがあります。これが「弱者男性差別」です。

この箇所で言及されている通り、「障害者」、「貧困者」、「外見が悪い」等の弱者属性と「男性」が組み合わさった場合特に悪化・深刻化するとすれば、

それは「弱者単独でも「男性単独でもなく、「弱者」+「男性」という組み合わせをわざわざ取り上げる強い動機を生む事になります。何故ならそのような悪化・深刻化は組み合わせないと発現せず、見えないからです。

anond:20210510204116

1 私と別れて一ヶ月で新しい彼氏を作るという基地外行動

バイセクシャルの方だったんだろうか

と思ったらゲイの方だった

anond:20210510040557

BLほとんどが左右固定したがってる時点で純粋性差別趣味だという自覚を持とうな

どれだけ言い訳したところで受け攻めという言葉を避けたところで腐女子ほとんどはヘテロ規範に基づく権力の勾配に萌えてるんだよ

アクロバティックに女は男に抑圧されてるからゲイ性的消費するのは差別じゃないなんてバカみたいな理屈を吐く腐フェミは多いけど

それってミサンドリーホモフォビアの合体技の最悪なやつだから

anond:20210510151613

ヴァンダムさんもゲイに人気ありそうだよね

でもマジで陰謀論信じてるみたいでテレビレプティリアンアメリカ政府がどうとか喋ってて流石にドン引きした

筋肉俳優として成功しなかった不運な人で終わってしまったなあ…

2021-05-09

anond:20210509231704

イケメン俳優AとBが「僕たちゲイです、結婚します」とかやったら「キャーステキ真実の愛!ゲイしか勝たん!」てなるよきっと。

やっぱり弱者男性差別なんて存在しないんじゃない?

https://note.com/mefimefiapple/n/n6b712e954db8

持論



以下記事引用コメント

 同じ同性愛者でも、「女性」で「同性愛者」のレズビアンより、「男性」で「同性愛者」のゲイのほうが差別され、暴力され、殺されています(人数の違いを考えてもそうだと思います)。トランスジェンダーでも、トランス男性よりトランス女性への風当たりが強く、これは「アイディンティティ女性である」よりも、「体が男性に見えること」や「本当は男性なのではないかという疑念」が原因でしょう。

これはデータ的には真だと思うが、同性愛者の仮想敵が同性であるのに対し、トランスジェンダー場合は(肉体の性と)異性が仮想敵になるので、同列に語るのは難しい。ゲイの方が殺される、というのは仮想敵である男性女性より暴力であるだけではないだろうか。トランス男性も同様に殺されているというなら話は別だが。

 それと同じように、「男性」に「障害者」、「貧困者」、「外見が悪い」などが付くと、「女性」にそれをつけた時より状態悪化するということがあります。これが「弱者男性差別」です。

これには二つの反論がある。

女性差別男性差別弱者差別もあるけど、そのうち「男性」が「弱者」になった時の当たりが一番キツいよ!

という論調増田でも何度か見かけたが、上の理由も含め考えれば考えるほどナンセンスなのではないかと思う。何故なら、これを救済しようとした時、

すなわち、弱者男性弱者女性という属性自体は(大分ざっくりしているが)存在している一方で、これを「弱者男性差別」「弱者女性差別」と表現してしまうのはナンセンスなのである。むしろ本質的問題と離れた所で言葉意味で争うことは、本来解決すべき差別問題から人々の関心も離れてしまうし、害悪しかない(と言い切ってしまうのもちょっとヒドイかもしれないが)。

余談。

ゲイも、トランスジェンダーも、在日コリアンも、ハーフも、黒人も、障害者も、相手を「キモい」と言って正義の名のもとに糾弾する光景をあまり見ない

うーーーん、せやろか。差別されている側も生理的な拒絶で相手罵倒することくらいあると思うが。もちろん、だから許されるというわけではないが、フェミニストのみを例外的糾弾するのは無理筋では。

2021-05-07

anond:20210507113426

横だけど、「指向」と「嗜好」に概念的な区別はあると思うけど、それは「指向差別されてはいけないが、嗜好は差別されてもいい」という話ではないよ。

例えばゲイ権利というのは単に「男が男を好きになる権利」のことではなく、もっと物理的に「アナルセックスをする権利」なども含む。欧米なんかではそれこそがまさに法律(ソドミー法)で禁止された行為であって、それこそがゲイ差別象徴でもあった。「男同士で手を繋いでデートするのも素敵でいいと思うけど、アナルセックスなんて不潔。後者法律禁止するのは差別じゃなくて区別」なんて通らないわけで。

まあ元増田はアホ過ぎてしんだほうがいいと思うけどね。相手にしない方がいいよ。

2021-05-06

二次創作BLおよび百合等もセクシャリティの改変なのではないか

主に少年漫画系を想定する話として、漫画アニメキャラが当然のようにヘテロセクシャルであるということを前提とするのはヘテロセクシズムであり、そのキャラがもしかしたら同性愛者かもしれないじゃないか、というのはわかる。

ただ現実的には性的指向が明かされるキャラなんてそうそういるわけでもない。彼氏彼女がいる、性欲があるキャラの描き方がされることもあるけど、そうでないことの方が多いくらいなんじゃないかテクストだけを見るならば、むしろ多くのキャラが無性愛者だと考えたっていいくらいではある。

恋愛描写のないキャラに対して半ば強引に二次創作ヘテロものBL百合あるいは夢小説にするというのはセクシャリティの改変であり、厳に慎まなければならないことなのではないか

先日、アセクシャル矯正する薬を飲ませて恋愛をさせるという漫画Twitter炎上していた。これは別におかしなことではない。その人物、そのキャラクターのセクシャリティ尊重せず、無理矢理恋愛あるいは性行為をさせることなど以ての外だからだ。そのことは多くの人が批判点として共有していた。

しかし、そうであるならば二次創作として描かれる恋愛ものも同じなのではないか? そこに刃は向けられないのか。

別に例はなんでもいいが、カヲルくんとシンジくんでも、煉獄さんと炭治郎でも、五条悟と虎杖悠仁でも、その他無限カップリングについても、そのキャラゲイまたはレズビアンではないのではないか場合によってはヘテロセクシャルですらないのではないか、という疑問は残る。メインキャラはともかくサブキャラになればなるほど恋愛描写なんてなくなるわけで、ヘテロセクシャルなのかどうかすら描写が皆無なんてのは珍しくもない。

もちろん、仮に性的指向であるからといって、相互関係性を必要以上に縮ませる(はっきり言うと性行為をさせるエロ同人など)こともまたそれでいいのかどうかという問題もある。

ミスジェンダリングという言葉があって、トランスジェンダーやノンバイナリーに対して当人の自認するあり方とは違う性別で呼ぶことを批判する用語なのだけれど、それはゲイレズビアンヘテロセクシャルとして扱うことにも適用されるものではあると捉えている。このことは二次創作には適用されないのだろうか。

所謂ポリティカル・コレクトネスについて、私は重視しているのだが、そうであるが故に、それを推し進めていくと今まであった二次創作もまたどんどんキツくなっていく。インターネットにおいて二次創作ファンアートは聖域に近く、その存在を認めない発言は極めて少数だ。二次創作存在していいものとしてあることが明らかな既得権になっている。ポリティカル・コレクトネスを重視する人はしばしば批判対象の既得権特権)を指摘するのだけれど、そういう人が、個別的エロ同人などはともかく、二次創作のものにまで批判を向けることは、意外に少ないようにも思う。フェミニストでありオタクでもある、というのは非常によくあることでもある。そのこと自体別に問題ない、けれど、自分の持つ刃をどこまで適用するか、という問いはいつでも突き刺さったまま残るのではなかろうか。

今まで自明であったものがそれは抑圧だという批判に晒されるということはよくある。例えば所謂腐女子(この名称にも問題は多数あるわけだが割愛)の中での「ホモ」呼びもこの10年で漸減してきたとは感じるけれど、それと同じように、そもそもの前提としての性的指向の改変自体が好ましくないものなのではないか、という問いの声は、もう少し出てきてもいいとは思っている。

既得権からは「二次創作文化である」という反論が来るのだろうけれど、そんなのはセクハラ文化だと言っているに等しい、とさえ言うことができるのではなかろうか。既得権はいだってそれを自覚せず傲慢なままだ、というのはポリティカル・コレクトネスを重視する側ではよく聞く話でもある。

すぐに変わるとは思っていない。変化には長い年月がかかるだろう。ただ、自分の楽しんできたものは正しかったのかを問い直す作業は、どの分野でもあって欲しいとも思う。

anond:20210506124204

その条件だと、ゲイも入ってくるけど。

anond:20210505235318

論点ずれてるよ、お前

弱者男性差別内容としてあげつらってる内容がショボすぎて呆れてるんだよ

モテいから辛いだとか、

そんなん社会に救済を求めるレベルじゃねえだろ

レイプされたから男は全員殴られろなんて書いてるか?書いてないよな?

レイプされたのも性別関係あるよな?男だったら被害にあわなかったもんな

(従兄弟ゲイだったら話は別だけど)

レイプたから男は全員犯罪者!なんてひとつも書いてないのに過剰反応して差別だなんだってキレ散らかすやつもいるし

弱者男性ガーって喚いてるやつらってさ、ツイフェミそっくりだよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん