「ヘラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヘラとは

2018-01-14

ブスだけど私も男性に産まれたかった

anond:20180113163358

私は元増田の言うところの性交不可能な女だ。

とうとう、ほとんど恋愛たことがないまま、29歳になってしまった。

ここで、私も思うこととしては、男性に生まれたかった、ということである男性であれば、私は勉強仕事やその他いろいろの努力によって、人並み程度には幸せになれたかもしれないからだ。

自分がブスだと気づいたのは小学校二年生の頃だ。子供だけで参加するキャンプで初対面の女の子たちから、どうしてブタみたいな鼻をしてるの?どうしていつも目が開いてないの?とからかわれた。

それでも一縷の望みを持って、ピチレモン記事を参考にまつ毛をカールさせたり、眉毛を抜いたりしてみた。しか小学校高学年の頃、親戚の集まりでの祖父一言希望は打ち砕かれた。

「(従姉妹の)◯◯ちゃんは美人だし、◯◯ちゃんは愛嬌があるのに、どうしてお前だけ不美人なんだろうなあ」

私の従姉もとりわけ美人ではないが、私と比べればマシ、というか全てのパーツが悪いわけではない。父と母のそれぞれ悪いところだけを受け継いだのが私の顔だ。

私のような容姿人間調子に乗ってはダメだと思った。元来目立ちたがりだったが授業でも手をあげず、誰もやりたがらない係につくようになった。

それでも中学に入ると、周りが私を放ってはくれなくなった。男子による、学年ブスランキングの始まりである。毎回一位の私は、近づくと菌がつくと男子いじめられ、女子からは見えないものたして扱われていた。それは容姿のせいだけでなかった。

毎回二位の田中さん(仮)はクラスの一軍に入っていたからだ。田中さんは頭の回転が早く、どんなブスいじりに対しても軽妙な切り返しで笑いに変えることができた。私はそれができず、ブスと言われても曖昧に笑うことしかできなかった。

(そういえば今思い出したが、女子で唯一積極的に私をいじめていたのは田中さんだった。同じブスとして括られたくなかったのかもしれない)

しかしそれでも中学時代勉強だけはそれなりにできた。自分を軽んじている相手に勝てる唯一の手段だったし、母親からは「親は先に死ぬから勉強して手に職をつけなさい」と言われてきた。(今思えば、私の結婚をはなから諦めていたのだろう)

おかげで高校は、偏差値の高い女子校入学できた。高校時代は楽しかった。クラスでも目立たないオタクコミュニティに入れてもらえた。それほど二次元への情熱があったわけではないが、当時流行っていたテニプリおお振りテーマに誰かと盛り上がれることが楽しかった。

調子に乗って東京大学に進んだのが間違いだった。サークルに入ろうと新歓コンパに申し込んだが、連絡は一件も来ない。クラスでも私以外は垢抜けた人しかおらず次第に孤立した。せめておしゃれを頑張ろうと思った。キャンキャンに載っていた一重でも可愛く見えるメイクを試した。えびちゃんと同じ服を着て同じ髪型にした。「勘違い」と嘲笑されただけだった。

一人暮らしだった私は毎日学校に通っていながら、誰とも話さない日が続いた。一人でご飯を食べているのを見られたくなくて、昼食は抜くようになった。半年もせずに学校で私は意識を失って倒れた。気の遠くなるような精密検査の結果、鬱と診断された。母親実家に連れ戻され、大学を休学したものの結局中退した。

数年間の静養の間、親は私を責めなかった。でも学費無駄にさせたこと、60歳近くになって世話を焼かせてしまっていることの償いとしてせめて働こうと思った。十数件のアルバイトに応募し、ファミレスキッチン採用された。キッチン男性中心の職場だ。同僚は客の容姿に点数をつけたり、キャバクラの話で盛り上がっていた。大学時代と違って、面と向かって容姿の悪さを指摘された。何も言い返せずヘラヘラと笑っていると、彼らからしかけられることはなくなった。

「私のことも他の人と同じに扱ってください」とは言えなかった。

その代わりに、ブスな女芸人の出ている番組をすべて録画して、ブスいじりへの返しを学んだ。自虐ネタパターンも覚えた。

私は職場面白い奴と言われるようになった。もっと暗い女だと思っていたと。個人的飲み会には呼ばれなくても、職場全体の飲み会には呼んでもらえるようになった。

クリスマス年末年始仕事に入れる私は店長にもありがたがられた。

やっと人間になれた。そう安堵していた。そんなある年の暮れ、中学時代同級生が店を訪れた。私と同じように容姿に恵まれず、クラスの3軍だった勉強のできる男子だ。妻らしき女性と、赤ん坊と一緒だった。

母に聞くと、彼は上場企業就職して結婚子供が産まれたので一緒に帰省しているのだという。

私は恋愛経験のないアルバイトのまま20代を終えようとしている。

それでいいと思っていた。昔より全然人間扱いされてるし、人生で今が一番幸せだと思っていた。でも何でこんなに諦めなくてはいけないんだろう、って、気づいてしまった。

せめて男性に生まれていれば違ったのかな?

2018-01-13

昭仁ってさぁ・・・

なんでいっつもヘラヘラしてんの?

 

 

あと自分の子供の名前に昭仁って付けちゃダメ

消えてなくなりたい波が押し寄せる

だいぶ人としてどうかとレベルであってもヘラヘラ過ごしてたつもりが、きっかひとつで死にたさが大波になるものだと感じてる。

無職 そろそろ1年。

借りてたレンタルルームが解約されたかもしれない というのがきっかけ。

そこからどっと、来ている。

確認はできてない。

カードも督促が来てる。

会社都合で退職したもの減免された健康保険も払えていない。

人材会社経由だからそんなひどいことにならないだろうと入社した会社ですら、傍から見るとだいぶ陰湿いじめにあっていた(らしい)(実態よりもちゃんと働きたかった気持ちの方が強くて実感はなかった)

(が、適応障害といわれ退職

その後職業訓練でも、他の訓練生への怒鳴り声含むパワハラ祭り(これがちょうど一年前)

そもそも新卒とき就職失敗し、入社先でセクハラされて睡眠障害になったりしていたし、

その後もブランクまみれ。

若年雇用のあれこれも受けたけど全然だめで30過ぎた。

そんなでも仕事の声があったりしたので、ぽつぽつ受けてはいたけれど、この1年でも身体を壊していることの方が多く、なんなんだろうってなってる。

からの知り合いにも、初対面の人にも『とりあえず死なないこと。それだけ優先して』って立てつづけに言われはしたけど、

このざわざわした感じは一気に持っていかれたような気がする。

ヘラヘラしてないでさっさと、体力作りもかねてバイトでもすればよかったろうに。

滞納しててもどうにか払えなくはない料金を払えばよかったろうに。

体調不良じゃなくて怠慢で、粗忽が招いたものが積み重なって今に至るんだろうに。

中学時代スクールカウンセラーというものが導入されはじめたタイミングで、来ていたカウンセラーによくよくちゃんと投薬しなさいと言われたのを覚えている。(具体的な何かは分からないけど、実感がないままその頃は過ぎた)

寿命が伸びた分、成人のタイミングだって伸びてるんだから30までに経済的にも自立できればいいとも

恋人を作りなさいとも。

そばに寄り添ってくれるひとがいるとそれだけでちがうからと。

残念ながらそういう存在はいたこともないし、早く家族から離れなさいとの助言も今は実行できていない。

良くしてくれた人にも不義理を重ねているし、だから吐き出す場所もなく聞いてくれそうな人にも言えずここに書き込んでいる。

成果を出せば少しは収入になるものの、まずいなと思って日払いの登録会予約はした。

が、その直後に足を掴まれてこんなだ。

前向きに事態認識し直すことも、試みたが戻ってきてしまう。

死にたい 消えたい そんな単語でぐぐって20数ページ読んで、ふと大昔に作ったアカウントログインできて辿り着いたのがここ。

どうしようもねぇなぁと思う。

SNSやらメッセもしばらくやっていないから、ここらで幕引きも良いのかなと考えたりするけど、そもそも

積極的な死に向かう体力がないので、実行するとなれば以前見かけたセルフネグレクト?かもしれない。餓死とか。

体調不良病院にかかっても上向かず、体質改善、体力つけるのには食事からとかちょっとした外出すらも、うまくいかない。

好きで見てたSNSユーザーが『うつへの1歩は入浴できるかどうか。そこで踏みとどまれるか』

これ、ほんとだと思う。

寝て起きたらどうでもよくなってるかもしれない。ただ漫然と連なってるだけかもしれない。

焦ったから何になるでもないけど。

背負い込みすぎ、自信なさすぎ、もっと人に頼ろうとかたっくさん言われてきたけど、してきたつもりでそう言われて現状これで、どうしていいかからない。

とりあえず、何もしてないのに疲れた

派遣客先常駐なんだけど、派遣先業務システムがとにかくクソ遅かった

回線がクソなのかシステム設計がクソなのか知らんが、とにかくレスポンスが遅い

とある業務システム過去案件検索ボタン押してから表示されるまで10分くらいかかる

しか検索結果が1件だろうが1,000件だろうがかかる時間はほぼ同じ

そして仕事上、1日に平均10回くらい検索する必要がある

(新規登録なら比較的短時間で2、3分登録済みデータの変更だと5分以上かかるが、こっちは1週間に1、2回程度の頻度なので我慢は出来る)

クソ時間がかかるので、一度に何件も同時に検索必要場合は、「すみません、○○検索するんでPC空いてる人いますか?」と周囲に声を掛けなきゃならない

周囲の人達もこのシステムのクソさを嫌というほど知ってるので俺に対して協力的なのが唯一の救いだ

このシステムクライアントAccessなんだが、あるときデータベース認証情報ハードコーディングされている事に気付いた

そこで俺は一計を案じた

検索対象テーブルを丸ごと俺のPCCSV形式で吐き出させるスクリプト毎日深夜に自動実行するよう設定しておいた

検索する際はこのCSVファイルを使うようにすることで、検索の所要時間は1/10以下になった

それから数ヶ月後、データベースが吹っ飛んだ

原因は俺ではなく、情シス新人操作ミステーブル飛ばししまったようだった

社内は大混乱に陥った

バックアップは俺が派遣される前にファイルサーバー故障してそれっきり放置されていたため、存在しないも同然だった

仕方がないので情シス中の人に「俺こんなファイル持ってるんだけど」と申し出て、それを丸ごと流し込む事でその日のうちにテーブルは99.9%復旧し、社員はいつもより少し長く残業する程度で済んだ

もちろん上司監査から呼びだしをくらった

「お前何勝手毎日のように本番DBから社外秘データ全部抜いとんねん!万が一お前のPCまれたら新聞沙汰どころちゃうぞ!社長のクビ飛んどるぞ!」と、まあそりゃそうだ

俺はヘラヘラ笑いながら「いや~すんませんっした~」と言うしかなかったが、株価ストップ安レベルの重大事故を水際で新人始末書一枚に抑え込んだ事も考慮され口頭注意で手打ちとなった

それから数日後、情シスからスクリプトの提出を求められ、それが夜間のバックアップジョブ2世に生まれ変わった

情シス部長から検索するならこの共有フォルダCSVファイル使え」とこっそり耳打ちされた

2018-01-12

腐女子一言で語るのは難しい

ただ例えばジャニオタがどいつもこいつも自意識過剰情念シマシメヘラ風味の

なんか読んでるだけで胸焼け起こしそうな文章ばかり書いてるのを見ると

特定コンテンツにハマるうちになんか似たような感じに収斂していくというのは

やっぱあるのかもしれないとちょっとは思うのだった

おしゃべりを注意しても2秒後にはおしゃべり再開するガキ

学校にいる間

先生毎日毎日毎日毎日何度も何度も何度も何度も注意されても

ヘラヘラして素行を改めないガキなんてのはそこら中にいる

でもカジュアルに停学なんかできないし

障害と診断されなければ支援学級に入れることもできない

いくらガキがクソでも

叩くのも怒鳴るのも廊下に立たせるのも教室の後ろに正座させるのもバケツ持たせるのも口にガムテープ貼るのも反省文書かせるのも宿題を増やすのも今時はぜーんぶ駄目

もしやったらモンペや全国のおまえらから教師死ね!これだから教師は!!」って叩かれる

どうすりゃいいんだ?

もし簡単に停学にできる世の中になったとしても平日の昼間から町にクソガキが溢れかえって大迷惑になって結局教師批判されるんだろ

2018-01-11

マイナーテーマ研究者結婚するべきじゃない

俺の研究は役に立つ。業界トップクラス査読に通ってるんだからそれは間違いない。が、金にならんマイナーテーマだ。敵がいないか業界トップに通せるが、敵がいないから金にもならんし引用数も増えん。

結婚さえしてなければ、もうちょっと金取れるテーマをやってる先生のところに、頭を下げていって

「年食っててすみません、でも研究能力は着実に持ってますし、お宅の学生指導します、ですので自分研究も片手間にやらせてください、独身なんで養う妻子もいないですし、やっすい給料でいいです」

って言いにいって、何とか立場を保てるのに。

40代、50代になっても、独身なら、研究能力さえ保ってれば、コイツは使える、とビジネスライクに拾って使ってくれる先生はいるのに。

結婚なんかしてしまうと、雇う先生の側も妻子のある人をこんなはした金で雇う訳にはいかないって気にさせてしまうではないか

マイナーテーマ研究者結婚なんかするべきじゃないよ。頭を下げて頭を下げて、卑屈にヘラヘラ生きながら、片手間に自分研究やるのが正しいよ。

結婚なんかするんじゃなかった、そう思いますよ、おーいわくんさん。

2018-01-10

日本の池にはびこる外来種ブルーギル

この日本の豊かな生態系破壊する

凶悪生物を持ち込んだ悪逆を俺は絶対許さん

 

どうせヘラついた顔のボンボン独善生物オタク

飼育とは名ばかりで、味見する目的で持ち込んだのだろう

忌々しい売国奴

2017-12-18

anond:20171218223917

その理屈で言うと、クラスいじられ役になってる子供が殴れられて金とられてヘラヘラしてても「助けて」と言うまでは放置しててもよしということになるな。

2017-12-13

卑屈な人が抱えてる攻撃性が怖い

遠い親戚関係でたまに会う未婚のいまいちパッとしないジジイの話。

うちは田舎なんで法事とか何かがあると結構な人数が集まるのだけど、数年に一回くらいたまに会うジジイがいる。

年齢はよくわからないけど、前に聞いたら実年齢よりかなり老けているなと思ったことがある。

なお未婚。というか過去に付き合ったことがある人がいるかも疑問。

自分子供の頃から親戚の中でも空気みたいな人で、用事で話しかけても「あ、あ、あ。うん、どうも」みたいなキョドった態度してるんであまり気にしていなかった。

それがつい先日同じようにある家族行事があって顔を合わせたときに、初めて「こいついやべー」っていうところを見た。

ちょっと軽くお酒が入った席で、ある親類の1人(女)が付き合っていた人と結婚する予定だったがいろいろあって破談になったということを報告してくれた。

周りはちょっと意外そうではあったけどまあ縁がなかったんだなという話になった。

でも古い頭の人も中には少しして「努力はしたの?」とか「本当によく考えた?」みたいなことを言って、それでもその子は「自分で考えたことだから」ってことを言ってそこで話を終わりにしようとした。

そしたらそれまで空気だったジジイが急に口出して「何を生意気なことを言ってる」と言い出した。

周りは「は?」て感じでそいつのことを見たら、急に「何が自分で考えただ。お前にそんな考える力なんてないだろう。だいたい男に捨てられるとか、みっともないのに何をヘラヘラしてるんだ。恥ずかしいと思わないのか」みたいなことをかなり口汚く言い始めた。

最初はポカンと話を聞いてたその女の子も、割りとはっきり言う性格ということもあって「あなた関係ないじゃないですか。私は自立してるしそんな事言われる理由がありません」と言い返した。

するとまたジジイが「大した稼ぎもないくせに何が自立だ。美人でもないくせに男を選ぶとか、何様のつもりだ」と攻撃を続ける。

途中で不愉快になってその子は席を外したが、別の部屋でものすごい文句を言っていた。

何がそんなに気にいらなかったのか知らないけど、あのジジイ人畜無害なふりして実は相当鬱積したなんかを持ってるんだなと思って怖くなった。

2017-12-12

無気力人間記憶を辿る

最近仕事をやめた。

8時間労働と1時間の休憩、少しの残業と1時間通勤、それと出社準備の1時間

合計11時間が週5日あるのに耐えられなかったからだ。

一月に16万円ほどもらっていたが、溜まっていく一方で何に使えば良いかもわからなかったし使う気力もなかった。

人達給料をもらってエンジョイしているのに自分はどうもそれが不可能だった。

どうしてこんな人間になったんだろうか

自分記憶を改めて整理したい

-

保育園時代

ほとんど記憶がない、踊りを披露する場があってそのときに着た衣装がとても寒かったこと、保育園に新しい園庭ができたこと、その園庭に蜂の巣ができてしばらく使えなかったことは覚えている。

小学校時代

3年生になったら強制的部活に入るのだが、習い事があるので入部を拒否した、しかし1年経って周りとの疎外感を気にされたのか強制的に入らされた覚えがある。

自分には合わないと言い続けたが辞めることが出来なかったので、習い事の日を多くした記憶がある。

体育や運動行事はとことん苦手だった、よく貧血で倒れていた、ヘラヘラしながら誤魔化していたが、実際はなんで自分はこんななのだろうと思っていた。

この頃から体育や体を動かすことが苦手になったと思う。

暗記するテストが苦手だった。10個の漢字を暗記して書く問題はいつも4個ぐらい間違えていたと思う。これで暗記が嫌いになった。

厳しい先生が居た、よく怒って棒で生徒の頭を叩き授業放棄する先生だった。待ってる時間は退屈だった。

美術の授業は苦手だった、何を書けば良いかからないし思った通りに絵を書いていくことができず苦痛だった、特に版画は最悪で居残りでなんとか仕上げさせられた。

友達関係はまあまあ良好だったような気がする、地元では珍しくPCネット環境を持っていたのが大きかったと思う。

PCのやり過ぎで親に何度も怒られた、その度にPCを取られていたのだが、自分友達を繋ぐものが取られて居るような気持ちで非常に辛かった。

中学校時代

この時も厳しい先生が居た。自分は字が汚いことでよく怒られていた。どんなに時間を掛けて書いても何も褒めてくれないので怒られるギリギリの字で出すようにしていた。しかし日によって怒られたり怒られなかったりしたのでもうどうでも良くなった。

部活吹奏楽をやっていた。練習ときはまあまあ上手い方だったと思う。肺活量の問題か音が小さいとよく注意されていたが適当に誤魔化していたと思う。

コンクールの後に反省会をするのだが、本番が終わると何も覚えていなかったので適当なことを言っていた。

音楽で歌う事があったのだが皆と音程が合わず口パクで歌っていた、大きな声で一人ずつ歌ってと言われたときは最悪だった。記憶から消したいぐらい。

木材で何かモノを作る授業があった、皆はうまく組み立てていく中、自分全然釘が刺さらず遅れすぎたためボンドでくっつけていた思い出がある。

普通の授業は良いのだが、体育音楽等が苦痛でついに不登校になった。

親や先生には理解されないだろうと思いながらもそれとなく言ってみたが良い反応が得られなかったのでとにかく行きたくないで押し通したと思う。

学校から厳しい先生が自宅に来て「なんで来ないの」とか聞かれてたけどお前に答えるわけはないだろって思ってた。

中卒は厳しいからとりあえず高校に行こうと言われたので教室には行かず勉強をして、自宅に一番近い高校入学した。

高校時代

普通に合格した。英語絶望的だったが…

特進クラス入学しないかという案内を受けた。部活に入らなくてもいいのは魅力だったが、放課後に補修があるというのでお断りした。

一瞬だけ部活に入った、同学年の人がほぼ居なかった上女子ばかりだった、1年目は雑用しかできないらしい、毎日ランニングして基礎トレーニングで終わったので1週間ほどでバックレた。

普通勉強は出来た方だと思う。歴史とか社会とかの暗記系は苦手だったがそれでもまあまあ出来ていた。しか英語絶望的だった、1年生の頃はまだなんとかなっていた。

2年生になると同時に自分は特進クラスクラス分けされた。補修が無理やり入る、課題が今までよりも多い、非常に辛かった。

数学教師も字に厳しい人だった。普段はある程度丁寧に書くのだが、定期テスト時間がないので適当文字になる、それに全てバツを付けられた。

数学は得意だったのに一気に嫌いになった。

模試の結果、英語さえできれば東大ラインが見えるとのことで英語教師がよくせっつきに来るようになった。

補修の回数も増えた、授業中当てられる回数が増えた。英語の苦手意識が高まっていった。

長期休みも補習があった。

合宿があった、朝から晩まで勉強だった。

嫌になった自分は2年生の途中でまた不登校になった。

また中学と同じ言い訳をした、担任にも学年主任にも平気で嘘がつけるようになって自分進化したなぁと思った。

単位制の高校だったので留年か出席かを迫られた。

から中退ではどこにも就職できないぞと言われた。

自分は退学を選んだ。

高卒認定を受けた。

専門学校時代

高卒認定かつ自分の体力で就職できるところがなかったし就職する気も無かったので、地元情報関係専門学校に行くことにした。

自分はわりと詳しいこともあり知ってるところも多かったし勉強は楽に出来た。

専門学校だけあって就職についてのサポートは充実していた。

自分は今までPCを触ってきたこともありなんとなくプログラマーになりたいと考えていた。

しかし具体的な会社を決める段階になると、本当の自分が働ける職場が無さそうな事が分かってきた。

先生説明する中で一番楽そうな会社に入ることにした、そこは8時5時で残業殆どないらしい。

筆記テスト小論文面接を受けた、適当な受け答えをしていたら内定を貰うことが出来た。

-

本当のことを言って周りに相談していたら自分はどんな人間になってどんな人生を歩んでいたんだろうか。

2017-12-08

anond:20171208153643

大阪人です。

 

結論からいうと

大阪バッシングしてるのは大半が関東平野に住む非・東京ネイティブ出稼ぎ労働者たちです。

「なぜ?」

いから。

 

「なんで憎い?」

大阪人大阪で生まれ

大阪仕事して

大阪死ねから

よしんば大阪人でなくとも周りの他県は大阪に住んで大阪で働けるから

これができるのは北海道県民くらい。

でも北海道には仕事がない。

よく大阪だって仕事ねーよとか

本社東京だろとか言われるけど

それは下層の話であって中央区オフィスビルでは

バリバリ仕事してるサラリーマンだらけです。

特に輸入輸出関連の商社は規模に関わらず高利益待遇が多いので魅力的です。

東京から転勤候補として一番多いのも大阪です。

ふつーに仕事あります

お金にもなるし、人が足りないくらい。

 

「なんで非・東京人は住んで仕事できないの?」

東京家賃高杉。

安くても人間が住むような環境じゃないのしかない。

東北仕事がなさすぎて永遠に東京に集中し続ける出稼ぎ労働者

その人たち全員に住処を与えるのは広い関東平野でも無理。

結果、糞みたいな条件で近場で住むか、

遠い遠いベッドタウンで寝に帰るだけで通勤ラッシュに神経すり減らして消耗していく。

ところが大阪では通勤時間15分圏内とかザラな上に、

なんなら自転車でどこにでもいける環境

通勤にいちいち消耗したりしないし、遠かったら勤務地近くに引っ越すのは当たり前。

もちろん東京でも解決できます

金で。

大阪は金なくても通勤に消耗しません。

なので自分らは故郷から出稼ぎにきたのに

さらベッドタウンで寝泊まりして通勤毎日消耗しているというのに

大阪人ヘラヘラして生きているのを見て毎回ストレスをため込むわけです。

大阪人常識的生活を送るだけで非・東京人からの印象は悪くなる一方です。

これは出稼ぎ労働者たちが勤務地≠居住地である問題解決できない限りは収まりません。

 

「じゃあ、大阪に住めばいいじゃん」

ところがそうはいかないわけです。

根本的に文化が違うので大阪文化が非・東京人にはまるで合いません。

関東平野のようにストレス社会だと何も事を荒立てずにおくことが美徳とされます

大阪では毎日さな楽しいことを探すことを無意識に行っており、

仕事で役に立たないことや世間話や笑いを共有しようとしてきます

これが非・東京人には余計なストレスになり不真面目な人間であるレッテルが貼られます

一方、大阪人からは非・東京人のつまらなさやユーモアの無さに愛想を尽かします。

お互い歩み寄れない文化的問題があるわけで、

これが非・東京人である出稼ぎ労働者たちが大阪にやってこれないファイアウォールとなっています

彼らが大阪を憎み大阪の悪評を書き続けるほど

大阪東京化されるのを阻止する働きになります

でも非・東京人がこうなってしまうのも仕方がないことで

毎日ごみの中に混ざっていれば余計な情報ばかり入ってきてしまう。

なのでストレスから身を護るための殻が必要になるというのも当然の流れだと思います

 

「でも大阪田舎で不便なんでしょ?」

全く違います

しろ東京で手に入るもの大阪でもほぼ手に入ります

所詮東京にあるもの典型的日本人であれば商機のあるようなアイテムしか並んでいません。

そういったものは規模の大きい都市ならばどこででも手に入ります

工芸品や珍しいものであればむしろ神戸の方が皮産業が盛んであったり

観光目的でも京都奈良四国から近い大阪の方が圧倒的に有利です。

東北は何もありませんし。

沖縄北海道には飛行機で行くので結局同じです。

そして一番の特徴が東京クオリティが低くても商売が成り立つという点です。

成り立つというと語弊がありますが、ようは買い手の人口が多いので売るという観点では非常にイージーモードです。

しかし売るだけでやっていけるかというとそういうわけでもなく、

糞高い土地代で自転車操業をしているところが大半です。

新しい店は多いが潰れていく店もまた多いのが東京の特徴です。

一方、大阪土地代が比較して安いですが買い手が少ない上に地域に密着しているケースが大半です。

そのためクオリティの低い店と認識された時点でその地域でそれ以上の売り上げを伸ばすことはできません。

長く続いた店が安く美味いのは地域住人から愛されるだけの創意工夫をしてきた結果です。

から愛されない限りは大阪ではやっていけず話題性を重視する東京とは正反対です。

例え老舗でも味の変化に利用者は敏感で、簡単に客が減ります

 

以上のことから大阪が憎まれ理由

・住みやす

東京ストレス社会との文化の違い

であり、この2点において劣等感を持ち続ける非・東京人たちに永久コンプレックスを与え続ける存在になっています

なお、京都人名古屋人、九州人、北海道人は故郷プライドを持つだけの要因が多いので

大阪比較する理由が少なく大阪コンプレックスを持つことは少なくなります

 

PS:

と、まあ一方的大阪がいいかのような言い方をしましたが、

やはり仕事の数という点では東京が圧倒的に多いです。

利益率は置いておいて。

ですので暇な時期は東京仕事を取ることが多いです。

ただ仕事の数が多いだけに、そこからおいしい仕事を選ぶだけの労力というのも当然あります

仕事の数が多いだけで無条件に幸福になれるなら出稼ぎ労働者たちはここまで大阪コンプレックスを持たなかったと思います

2017-12-07

ホルモンバランス崩れてます

大昔に言われた理不尽な事を思い出してイライラして脳内相手ボコボコに殴るパターン。(今更どうしようもないことなのに)

世の人は理不尽な事にどうやって耐えてるんだろう。

私は理不尽な事を言われてもヘラヘラしある日突然怒る系女子から、よく相手と険悪なかんじになってる。

その場で上手いこと言い返そうにも嫌味っぽいくなってしまう。

理不尽な事を自分の中でもうまく消化して、後々思い出さない系女子になりたい。

2017-12-03

人の好きなもの否定しないでほしい

趣味は何?どんな音楽聴くの?

このような質問をされたとき、KPOPのアイドルが好きだと答えると、否定的意見が返ってくることが多い。

好きになった学生時代から社会人になった今でも変わらない。

から私はそのような質問をされた時、口を濁したり、嫌いだったら嫌な気持ちにさせてしまうかもしれないんですけど...などの前置きをしてから答える。

そもそもあなたの方から聞いてきて、それに答えただけなのに、なぜ私は好きなことを貶されて悲しくなったり、否定的意見を聞いて角が立たないようヘラヘラしとかないといけないんだろうか。

この世の誰にも、他人の好きなもの否定する権利はない。

それが例え、自分がどうしても嫌いなものだったとしてもだ。

もしそうだったとしたら、どうか否定したりせず、ただ話を変えてほしい。

好きなもの否定されるのはとても悲しい。

2017-12-01

anond:20171201101016

いやあ泣く奴はすぐ泣くぞ?

面と向かって説教するのって初心者には結構ハードル高いぞ?

それを頑張ってやったのに、相手ヘラヘラして全く応えていなかったら普通に悔しくて泣く奴はい

あと悔しさってのはちょっと後でやってくるものなので

自分アドレナリン出て緊張しているし、説教中に泣かなかったのはそういう理由

anond:20171201002657

時々会社新人でもこんな人間見るけど

あれってアスペだったからか

 

かに一部の人間、というかヘラヘラしてて問題ない部分なら

色々な人と仲良くできるんだけど、

そうで無い時にそのままヘラヘラするとこんな感じになるのな

2017-11-29

anond:20171129101459

クソザコメヘラすら遭遇しません

どこにいるんですか

俺は自分より強い女のほうが好きなんだけどクソザコメヘラしか出会えないんだよ

お前らマジでどこにいるの

2017-11-26

深いところでナメてやらないようにするには

どうしたらいいの?

10年前にイチロー松坂に、表面的にはそれっぽくやってても、深いところでナメてやってるのが分かるぞ、ってたしなめてる。

その後、松坂はどう変わったんだろうか。変わらなかったとしたら、何が足りない?どうしたらいい?

恐怖でヘラヘラしてしま気持ち、すごい分かる。

飛んで火に入る夏の虫

おまえみたいに優柔不断なやつが宗教団体のカモにされるんだよ!ヘラヘラしてないで気をつけろよw

2017-11-25

嘘つきがプログラマーに向いていない理由

人間相手なら嘘もハッタリもきくけど、コンピューターってのはハッタリがきかない相手なんだよ。CPUは0と1の足し算と引き算しかできない低脳(だけど超高速)。

 

いつも嘘をついてヘラヘラしてる奴がコンピューター相手にしたら、エラーを吐いて終わり。コンピューターは間違った命令を出したら間違ったなりの結果しか返してこない。

嘘をやめるには正直にデバッグするしかない。嘘つきをやめたらプログラミングは上達するんだよ。

2017-11-22

自称若見えおじさん

40代ぐらいのおじさんが

俺さ~大体マイナス5歳ぐらいに見られるんだよね♪

ってテカった黒肌、若作りした服装(短パンストールからかけてたり)で港区中央区あたりをらヘラヘラして歩いているのをよく見る。

大丈夫、年相応だよ(*^^*)

2017-11-20

怒り方がわからない

怒ってもいいくらい酷いことをされても、「これは怒るべきなのか?」と考え惚けてしまい、怒るタイミングを失う。数日数ヶ月して、「怒ってもよかったやつだ……」って沸々と怒りがわく。同時に、トロくさい自分が切ない。

例えば、うちは父子家庭なんだけど、高校の時の彼氏に「身分が違っても関係ないさ!愛してる!」と言われた。その場は適当ヘラヘラ笑って帰った。彼氏国語が苦手だから語彙が乏しいだけかもしれない、と。

でも、数ヶ月後に「あれは怒っても良かったやつだ、言い間違いでも許さなくていい」と気づいて、ホロホロ涙が止まらなくなった。その時には別れていたので文句を言うこともできず、自分の中にモヤモヤたまる。よくある。似たような人いるかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん