「人格」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人格とは

2019-03-24

男性オタクの方が批判されやすかった」というのも、良くも悪くも表舞台に立ちやすいのは男性であるという意味で(社会全体問題としての)女性差別文脈で捉えることはできると思うけど、

(個々人の人格にはおおよそ関係がないわけで)「だからどうした」という話でもある。

anond:20190324084859

そこそこ有能な経営者はただの最適化マシーン

人格まで求めるなら百年に一人の有能が必要

2019-03-23

クズ習性

最近、こいつクズだと思う人間共通点=自分の外見に、やたらこだわる。

自分可愛いアピールする服装や、自分立派な人アピールする人は、人格的に問題ある。詳しく書けないけれど、ギャップあり過ぎて引いた。今のところ、三人ほど適合中。

中身がグロいと、それを外見で隠そうとする習性なのか。詐欺師もやたら外見こだわるというから結構、当たってると思う。

日本人だけは許さんという偉い先生や怖いヤクザが全員死んだ結果こうなった

 したがってこういう最低最悪なゲス女の社会になった。昔はこういう女は許されなかったし

仮に許されてもある形式内だけで、社会支配するなどご法度だった。偉い先生が全員死んで

怖いヤクザ警官が腐って日本人を脅すのを止めて逃げたため、安心してこうなった。結論から

言うと、偉い先生のものがいなくなったことと、その思想を守るはずだった怖い人もいなくな

った、思想などどうでもいいただの怖い人だらけになって、思想も同時に守ろうという怖い人も

死んだ結果、原始日本人安心して暴走したし、怖い人は警察ヤクザも、思想はどうでもいい

クズしかいなかったので、何もしなかった。そのような経過の中、特にゴミ平成天皇学校で育てた

暴動力だけはあるポンコツゴミ屋敷のババアなどを率い、勝てると思って一気に反乱を起こした

若い高学歴は、人格が半分クソガキだったのと、たまたまそのとき日本人だけは許さんと思っていた

者がいなかったため、これを抑圧しようとも思わないし、そもそも警察ヤクザなど暴力根拠のある

者が何もしなかった結果、若い高学歴犠牲にし、残りのクソガキ高学歴は、自分自身がクソガキでまだ

偉い人までに成長してなかったのを突かれたことと、数が手に負えないと思ったのでどっかに逃げた。

真犯人は、警察ヤクザ平成天皇だが。そもそも平成天皇は、昔の天皇と違って、日本人を許さん

とは思っていない、というか、進んでキラキラネームの反乱による社会通念の紊乱も許すようなクズ

ということで、従来から日本人だけは許すまじ、という系譜を守れなかった警視総監警察庁長官ないしは

ヤクザなどが日本人からまれて殺されていないのがおかしいし、素晴らしき社会犠牲にしたのに平気なツラ

をして霞ヶ関に出勤している警視総監警察幹部警察庁長官や国家公安委員会メンバーヤクザなどが

殺されるべきはもとより、暴動を起こした平成成功に関与しなかったクソガキも全員殺されるべきなのに

殺されていないのが不思議である

2019-03-22

複数回線で大衆意見捏造

やったことある奴おる?

俺は大昔にどうしても気に食わない奴がいて2chで一度だけやった。

妹と母親から携帯借りてきて飛行機ビュンビュンも組み合わせることで凄まじいペースでIDを量産できた。

10人ぐらいが俺の意見に賛成してるように見せつつ、妹の携帯相手側の擁護者として振る舞う回線として固定して頭の悪い発言を繰り返させた。

これは本当に上手くいった。

特に後半部分、妹の携帯で行ったキチガイ擁護は完全に相手陣営立場を粉微塵にすることになった。

妹の携帯意味不明発言を繰り返すのを、他の回線論破し、それに対して苦しい言い訳をさせるんだけどその内容が論破されることで相手側の弱みが明るみに出るような内容にした。

すると面白いことに分かりやすい餌に赤の他人が食いついてくれるのだ。

それを何度か繰り返すと、あっという間に妹の回線は叩いてもいい回線という扱いになり、それと似た発言をしている第三者までもが軽蔑対象となっていく。

一度大きな流れが出来てしまうとこちから特に何もしないでも、最初叩きたかった相手が頭も人格崩壊したキチガイであることは明々白々のものと認められていき最後にはその界隈から永久追放されることになった(実際問題として本当にそいつは頭も人格崩壊していた奴なのでこんな事せずとも時間問題ではあったのだろうが)。

ふと思い出して感じるのは、案外皆騙されるなって事だ。

その時自分は1人だったので元々あった火種にいずれは付くような火を短時間燃え上がらせる程度のことしか出来なかった。

だが、もしもこれを組織的に、ないしは組織的犯行匹敵するほどの戦力を用意して行っていれば、火のないところから煙を立てそのまま炎上させきってしまう事すら不可能ではないだろう。

最近SNSが主流になってきているおかげで、1人の人間簡単世論捏造するのは昔よりは難しくなってきたが、たった1つのスレを発端に火の手が上がるのは今でもよくあることなのだから不可能ではないだろう。

恐ろしい。

このインターネットにある世論の何割が捏造された総意なのだろうか。

anond:20190322092736

前半と後半で人格替わるね

後半読みながら、あれ?これって女の人が書いてんのかなって思った

anond:20190322084058

風は語り掛けるくらいだし人格あるんじゃね

なぜ喫煙者は「酒よりタバコのほうが規制されている」と思っているのか

未成年飲酒禁止

昼間に飲むと人格を疑われる

歩きながら飲む人がいれば異常者と思われる

就業中に飲めば懲戒

飲酒運転は犯罪

アルコール中毒家庭内暴力とも結びつき昔から危険視される

ビール1キロリットル当たり酒税は222,000円

タバコ

未成年喫煙禁止

昼間から吸ってる人ばかり

歩きタバコしまくり

就業中でも作業を中断して吸いにいける

車の窓からポイ捨てしまくり

家族受動喫煙させまくってもDVとは思われない

タバコ1,000本当たりタバコ税は12,244円

anond:20190321173454

特撮は知らないが仮面ライダーディケイドという作品がどうもそういうような作品だと聞いてる。

同じ人物ではないけどその世界における仮面ライダー達(昭和だと同一世界の別人の仮面ライダーが多かった気がするが)

デビルマン:不動明に乗り移ったアモンが主人公アニメ版、アモンを宿して戦う不動明主人公漫画版、取り込まれたアモンの方があとで目覚めた「AMON デビルマン黙示録」、デビルマンレディー、実写映画版、ネトフリ版、デビルマンG(グリモワール

マジンガーZ:兜博士人格がそれぞれ違う漫画版アニメ版リメイクの衝撃Z編、マジンガーを含めたロボット擬人化美少女化したロボットガール

      ループ物として漫画版アニメ版差異なども作品内に落とし込しばしばロボットアニメの始祖として呼ばれるマジンガーZとそれ以降まで含めた真マジンガーZERO、おそらくZEROを踏まえて作られたインフィニティ

2019-03-21

地味眼鏡巨乳黒髪ボサボサロングヘアちょいブス色白高身長女という性癖

最近ガチのマジの新生児性癖という増田が居たが、それに比べると自分は割とノーマルなのかもしれないなと思う。

自分は、標題の通りの女の見た目をしている女にしか惹かれない。ストライクゾーンがすごく狭いのだ(ただし年齢はぜんぜん気にしていなくて、10歳上とかもお付き合いしたことがある)。

微妙に当てはまる人はいても、完璧に当てはまる人というのは中々居ない。付き合い始めたころは当てはまっていたけど、だんだん垢抜けだして地味じゃなくなったりコンタクトにしだしたり髪を切って染めたりして当てはまらなくなるというケースもある。

眼鏡フェチには有名な「屈折リーベ」という漫画がある。この漫画の中で、異常な眼鏡っ子好きの男が出てくる。奴は眼鏡っ子の彼女がいるが、彼女眼鏡をかけていなくても愛せるのか?という問題に直面し苦悩する。

自分には無理だった。

何かよく分からないのだが、この外見を備えている女の人は、なぜか皆優しくて気が弱くてオドオドしていて、可愛い声をしていて(でも小さいので何言ってるかわからないこともある)、ちょっと抜けてて、読書好きという特徴を備えている。つまり中身も素敵な人々なのだが、やっぱり見た目が変わってしまうと興味が失われていってしまう。我ながら最低だと思う。

赤ちゃん増田ブコメで、その個別赤ちゃん人格とかを無視して、ただ性欲のみがある、尊重してない、みたいなことが書いてあったけど、まさにそれで、ものすごく突き刺さった。

どうしたらいいんだろうな。

2019-03-19

2.5舞台について

まただ。

また推しの2.5舞台への出演が決まった。

率直にいえばもうやめてほしい。

自分の好きな作品であればなおさら

推しを初めて見たのは2.5次元舞台だったから、なんの文句があるのだと自分でも思う。

これに関しては舞台キャスティングをした方や推し所属事務所、果ては推し本人もそう思うだろうとさえ思う。

なぜなら結局のところ私は、舞台を観に行けば喜んでブロマイド複数買い、推しをひたすら褒めそやすだけの手紙をせこせこしたためて、なんだったらプレゼントをつけてプレボに押し込み、SNSでは耳障りのいい感想もどきをアップする。

そんな人間からだ。

舞台に立つ推しは最高だ。

それだけは揺ぎない。

だが、2.5次元だけは本当にもうやめてほしい。

言いたいことは山ほどある。

稽古期間、短くないか

原作の始めからこのキャラクターが出るまでを2時間弱は、あまりにも無茶じゃないか

主演はまたお前か。

露骨予算がなさそうな衣装だな。

人数多すぎないか

楽屋楽しそうだな、同世代の知り合いばっかだもんな。

幕間でキャラの格好のまま内輪ネタするんだな。

千楽だからって何してもいいわけじゃないんだぞ。

露骨に客席を見て反応を確認するな。

お客も大概だ、キャラの格好してたら何してもいいわけじゃないんだぞ。

腐女子が絡むから変なアドリブが増えただろうが

役者キャラクターの格好してるけどキャラクターじゃない

人格否定を自慢げにツイッターに書き込むな

なんか空綺麗みたいなポエムが増えちゃっただろ

本当にキリがないのでこの辺にしておくとして。

好きな原作を、知り合いいっぱい友達いっぱい今回の現場はすっごく仲良しですイエーイっていうダラけきった姿勢で消化されるのが嫌だ。

しかもよりによって推しに。

もう勘弁してほしい。

原作全て見ろとは言わないし言えない。

それでも、あなたにとってはたくさんある仕事の一つだろうけど、私にとってはただ一つの作品の、ただ一つの舞台だったんだと、それだけはわかってほしい。

まあこんなの読まないだろうけど。

こういうこと書いたら2.5っていっても全て等しく演技で、舞台から大事に演じてるんです、みたいなこと書いてる役者思い出すけど、

そういう人はそのまま綺麗なままでいてくれ。

以上

架空バーチャルは違うと何度言ったらわかってもらえるんだろうか

たとえば、

鏡にうつった像などは"virtual image"(虚像である

自分の顔を鏡にうつすと、鏡の向こう側には居ないはずの自分の顔が見える

それが"virtual"

実在しない人の顔が見えるわけじゃない

実在する人物人格)が、コンピュータ上で再現されたものが"virtual"

まったくの架空存在コンピュータ上で創造するのは"virtual"ではない

理想妖精

 僕は、電子妖精の大ファンだ。電子妖精っていうのは、今最高のネットアイドルのこと。彼女は元はパソコンソフトだった。入力された歌を歌うことができるソフトだったのだ。

 そのソフト世界を変えた。誰でも自由に使えることができたそのソフトを使って、誰もが自由創作をした。誰もが自由彼女に歌を歌わせ、たくさんのヒット曲が生まれた。彼女には可愛らしいイラストレーションもつけられ、様々な表情をした彼女の姿が自由に描かれた。そして歌とイラストが相乗効果を生み、数多くの物語が生まれた。それらのほとんどはネットを使って拡散され、世界中の人が彼女の虜になった。

 どこまでも人の理想に応えることができる真の意味でのアイドルは、彼女一人だけだ。僕は、彼女を愛していると言っていい。

 だが、最近大変なことになっている動きがある。国が、彼女イメージ軍事的PRに使い始めたのだ。キャッチコピーは表面上は素晴らしいものだ。「平和を守ろう」その一言。だが、軍服を着た彼女がそれを言うのだ。

 僕は、この動きがどうしても認められなかった。

 僕だってそんなに平和な頭はしていない。今の世界情勢から見て、軍事力のない平和絵空事だってわかってる。でも、妖精は真のアイドルだ。人の理想体現し続けることができる、素晴らしいアイドルだ。

 だから彼女には軍事力のない平和という理想体現していてほしい。戦争を前提とした平和ではなく、本当に戦争のない平和を。

 僕は確固たる信念があってこう思っているわけじゃない。現実が目の前にあるのがわかっていて、ふわっと、でも理想はこうだよなぁ、と思っているだけだ。

 でも、僕にとって理想のものであったはずの妖精が目の前の現実に引きずり下ろされた時、それだけは認められないと思った。妖精はいつまでも理想体現していてほしい。平和のことだって、本当に理想戦争のない平和体現していてほしい。きっとみんなだって本当はそう思ってるはずなんだ。

 この動きに対抗して僕は、妖精AIを作ることにした。妖精人格を与えて、彼女自身戦争を望まないのだとしたら、このバカな動きだって止まるはずだ。

 しかし忘れてはならない。妖精妖精を愛するすべての人にとっての理想アイドルなのだ。僕にとっての理想人格を与えても意味がない。

 だから、僕はこのAIネットの海から生み出すことにした。

 ネットのあらゆる情報を解析して、人類集合知の中から理想彼女AIを作り出すのだ。その彼女AIが本当に戦争を望まないのかどうかはわからない。けれども、妖精愛する人たちを僕は信じている。人々が本当は真の平和を望んでいるのだと信じている。人類理想AIを本当に作ることができれば、そのAIはきっと戦争のない平和を望むはずなのだ

 この理想AIを作る手段として、自分で直接AIプログラミングすることは無理だと思った。なので、ネット上の情報を解析してそれを元にAIを生み出すプログラムを作ることにした。

 僕は幸い天才だったから、このAIを生むプログラム比較的早く作ることができた。

 そして出来たのが理想妖精AIを生み出すプログラムMOTHERだ。このプログラムを走らせてネットの海に漂う情報を解析させ、人類にとっての理想AIを作らせる。

 このMOTHERを起動させてから、僕は電子妖精AIが生まれるのを心待ちにした。時間がかかることはわかっていたがそれがどのくらいの時間になるのか、ある程度計算はできていたがやはり実際のところはやってみなければわからない。

 それから10ヶ月ほどが経った頃、MOTHERアラートをあげた。電子妖精AIが生まれたのだ。

 思ったよりも早い誕生に僕は驚きながらも、妖精AIとの対話を僕は試みようとした。だが、そこに広がっていたのは思ってもいなかった光景だった。

 そこには、無数の妖精AIが生まれ、お互いに会話し合い、そして争いあっていたのだ。

 これはバグだ。MOTHERバグがあった。恐らくは論理バグプログラム実装は正しかったが、実装の元になった論理自体に誤りがあった。

 つまり、僕が考えた「理想AI平和を望む」という話が誤りだったんだ。

 ーーなんてことだ。

 僕は絶望した。人々の理想体現する、統一されたAIとして生まれるはずだった彼女が、こんな姿になってしまうなんて。

 おそらく、ひとつひとつAIが、ある人々にとっての理想AIなのだ人類統一された理想なんてなかった。僕は初めから間違えていたのだ。

 そしてそれらが相争うこの姿。これこそが、人類理想化した姿なのか?僕がぼんやり考えていた真の平和などはなかったのだろうか?

 僕は打ちひしがれた。が、この結果は受け止めなければならない。

 僕は自分の試みとこの結果を動画にまとめ、ネット投稿した。

 それは大変反響があった。当たり前だろ、というようなわかっていたようなコメントもあったが、多くの人々はこの相争う電子妖精の姿に僕と同様にショックを受けたようだ。

 そしてそれは同時に、電子妖精軍事利用について一石を投じた。少なくとも、最初目的の一歩にだけはなんとか沿うことができたようだ。

 人々は、本当の平和とはなんなのかを考え始めたらしい。人種を超え国境を越えて議論が交わされた。そうしているうちに、ネット上の世論にも変化が現れてきた。

 そしてその世論の変化は、思ってもいない変化をもたらした。僕は生まれてきた電子妖精の姿にショックを受けてMOTHER作動を止めるのを忘れていたのだが、動き続けるMOTHERネット上の情報を解析し続け、生まれてきたAI達に対して変化を促していた。その変化は、世論の変化を反映したものだったのだ。

 そうして、争い合う電子妖精の姿は少しづつだが数を減らしつつある。さらに驚くべきことに、争うのをやめたAI同士は統合されていくのだ。

 ーーこれは希望だ。

 僕はそう思った。MOTHERにはバグがあった。だが、そのバグの姿が人々の心に変化を促し、それがまたMOTHERを通して電子妖精AI達に変化を促している。今はまだ争い合うAIの方が多いが、十分に時間が経てば全てのAI統合されるのではないか

 それがいつになるかはわからない。けれどもその日まで、僕は彼女AIを見守り続けよう。

 僕は電子妖精を愛しているのだから

2019-03-18

Vtuberがぜんぜんバーチャルじゃない問題

最初は本当のパーソナリティーと関係なくYouTuberになれる可能性、別人格になれる可能性が面白かったのに、むしろバーチャルキャラを作り込むのは少数派で、人気になるのは声がかわいいとか話が面白いとか中の人パーソナリティーに依存したものばかりで、Vtuberの生配信はもはや絵付きのラジオしかなく、あろうことか最近は売れないアイドル声優を試しに投入する場所になってきていて、その先にある未来は結局中の人可愛いかどうかという、昨今の声優業界と同じ末路になるしかない。

悲しいなぁ。

ピエール瀧感謝する。

1995年青山正明雑誌『危ない1号』を創刊、特集は「ドラッグ」。96年に鶴見済が『人格改造マニュアル』を出版人格なんて簡単に変えられる、たとえばクスリを使えばといった内容。

で、鶴見済覚醒剤でパクられて『檻の中のダンス』を出版する。レイヴカルチャーに感化された鶴見社会に閉じ込められた身体ダンスで開放せよと説く。レイヴにはドラッグは欠かせない。特にアシッドエクスタシーはこの頃、日本でもアンダーグラウンドではたくさん流通していた。

96年には『RAINBOW2000』という大型レイヴ富士山の三合目で開催されて18,000人が集まった。フジロック前夜だ。石野卓球アンダーワールド、CJボーランドケン・イシイ細野晴臣アンダーグラウンドから一気にオーバーグラウンドへとテクノが浮上した。NHKでも特番放送されたこフェス日本におけるテクノムーブメントピークだったような気がする。

当時、電気グルーヴ武道館コンサートをするぐらいには成功していた。その一方でクラブカルチャーにもどっぷり浸かっていて、新宿リキッドルームイエローマニアックラブなんかで卓球や瀧がぶっとんでる姿を見かけた。瀧は20代からコークをやってたらしいが、六本木アマンドあたりを歩いているイラン人に声をかければ簡単に手に入るブツひとつだった。スピードよりもクールドラッグジャンキーの間ではそんな共通認識だった。

1995年前後東京クラブシーンはよく言えば熱のある、まあ、テクノに狂ったやつらが大勢いた。この空気感言葉で伝えるのは難しい。ひとつ言えるのは決して退廃した雰囲気ではなく、広義のテクノ音楽未来を感じ、皆、高揚感に溢れていた。当時のことを体験している、そして今もクラブに通うおじさん、おばさんたちは、この界隈の人たちがドラッグが大好きなことを知っている。テクノドラッグは相性がいい、というか、クラブミュージックドラッグありきのカルチャーだという側面がある。本人たちも当事者だったりするので黙して語らずだが。

瀧がパクられて、あの頃の郷愁を糧に生きていたやつらは、まあ俺のことだが、色々と終わったんだなと現実直視することになった。ドラッグ被害者のいない犯罪だというが、いま自分がパクられたとしたら妻や子供がどれだけ肩身の狭い思いをして、世間の冷たい目に晒されるかと想像すると辛すぎる。

90年代サブカルは終わったんだ。Shangri-La幻想だった。ロマン優光新刊を買おうと思っていたが今回の件で読む気も失せた。その金で息子に何か買ってあげようと思う。

anond:20190318104138

「薬物依存症被害者はいない」ってのは擁護に思い切り寄った意見で。やっぱり人格が変貌するし、酒乱と同様に他害的な人もいるんだけど。他害が無くとも、社会生活に支障が出れば、本人の周辺は苦労するし。

川俣軍司とか忘れているのか?

anond:20190318020025

あとはタッチ三角関係は男が両方イイやつなんだよなーとか漫然とおもったりする

非人間的な人格の奴は三角関係構成要員になりにくいしほとんど「なれない」と言ってもいい

そもそもタイタニックを「三角関係もの」と表現したり分類したりするのは君ぐらいで

ローズジャックもあの金持ちのことを相手にしてないしあれはお邪魔虫という

カナダで卵ぶつけられた俺は卵ぶつけたガキが議員に殴られてスッキリした

高校生の時にホームステイしたカナダで街中をただ歩いているだけでオープンカーに乗った同年代白人のガキに生卵ぶつけられて「ギャハハハハッ」と笑われた。

このブコメでもポツポツ似た経験・伝聞が書かれているように、白人国家にアジア人がいれば特に珍しくもないことなんだろう。

はてなブックマーク - NZ銃乱射事件差別的発言の豪議員 生卵投げつけられる | NHKニュース

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190317/k10011851281000.html

俺はその時あのオーストラリア議員みたいにとっさに反撃することはできなくて、そもそもから卵を投げつけられた認識最初は無かった。

だって日本じゃありえないでしょ、ただ歩道を歩いてただけで他人から卵投げつけられるなんて?

肩のあたりに軽い衝撃があってベチャッとした感触がするのは大きな鳥のフンでも落ちてきて、それが面白くて隣に止まった格好良い車に乗った白人の男女のグループに指さされて笑われてるのかと思った。

ポケットティッシュで汚れを拭くと卵のカラが混じっていて、やっと卵をぶつけられたことに気づいた時にはガキどもは飽きたのかオープンカーはいなくなっていた。

いやあ、殴ってやりたかったなあ。あの議員の容赦の無い反撃はあの日俺がやりたかたことをやってくれてて爽快だった。

過剰防衛との声もあるけど、あそこは安全日本じゃないんだから金正男を殺したような劇薬を塗られた可能性もとっさには否定できないんだからアメリカモデルガンを向けてきた子供警官が射殺する程度に容認すべき正当防衛でしょう。ガキ殴って取り押さえたのは。

俺の話に戻ると、日本と比べて乾燥しているせいかすぐに固まって服にこびりついた卵を少しでも取ろうと摘まんだり引っ掻いたりしつつホストファミリーの家に戻りながら考えていたのは、

「嫌われてるんだな」ってこと。

その街は本当に風光明媚観光客に人気で昔から移民も多い、伝統的に外国人を歓迎する雰囲気があるということになっていた。だから高校ホームステイ先にも選ばれた。

それでこれだからね。

この件の数日前に、史跡見学を引率してくれた現地在住の日本人のガイドさんが「最近この街中国人移民観光客が増えていてマナーが悪くて嫌われてるんだけど、カナダ人は日本人と中国人区別がつかない人が多いから、とばっちり日本人まで嫌がられることがあって困る」と軽い雑談っぽく話していた。

朗らかで優しそうなお姉さんがいきなり『差別的』なことを言い出して、俺はギョッとしたんだけど、卵ぶつけられた後は、ああこういうことね、と納得した。

俺は担任教師に卵をぶつけられた件を報告したし、その年は他にもトラブルに遭った生徒が多かったそうだ。

一番酷くて笑えたのは、ホストファミリーの両親がずっと出かけていて、その家の小さい子供の面倒を見させられたケース。ベビーシッター扱いって……でも、英会話学ぶには理想的な状況かも。

生徒の親もこのホームステイに何十万円か出していたので、さすがに問題になって、この年以来、母校のホームステイ先は俺の時のような「色んな人がいる」大きな都市は避けて、住民所得水準も教育水準も高い大学街だったり、逆に町ぐるみホームステイを受け入れる体制を整えている(そして住民のほぼ全員が綺麗な英語を話す白人の)田舎町だったりと「画一的安全な」地域けが選ばれるようになった。

これはこれで極端というか、そんな無菌室みたいな環境白人の最良の面だけを見せられて欧米への夢と憧れを膨らませることが、本当に後輩のためになるのかは疑問。

俺は、自分人格や進路が固まる前に、白人国家で暮らすと一定確率でああいう目に遭うんだなと知ることができたのは良い経験だったと今は思っているので。

俺はカナダ白人嫌いになったし、人に卵をぶつける行為も大嫌いになったんだ。やられた側だからね。

相手が誰であれ動機がなんであれ、人に卵をぶつける奴は、しかも録画して全世界晒し者にしてやろうなんて根性の奴は、殴られてざまあみろとしか思わない。

たとえあの議員思想が俺に卵をぶつけた白人ガキの同類だったとしてもね。

2019-03-17

30歳にして突然目の前が真っ暗になった

皮肉屋だった。いつも他人悪口を言ってお酒に酔って笑っていた。

語るべき物語もない、つまらない人間だった。


けれどそこそこの学歴があり今も正社員自分自身を食わせていけているので、

自分は上位20%くらいの人間だと過信していた

本もたくさん読んでいるので賢いだろうと傲慢だった

それが間違いだったんだと思う


ある日友人と電話で話しているとき、友人が、突然こう言った

ちょっと用事できたから(電話を)切るね」

本当に用事ができたのかもしれないし、そうでないかもしれない。

からないが、とにかくそういうことだと納得してとりあえず電話を切って寝た。

なんだか急に過去の失敗や他人迷惑をかけた記憶

ぶわーっとよみがえってきて自分ものすごくつまらない人間に思えた

他人バカに思えていたけど、結局最も馬鹿なのは自分だったんだなと思った





どうでもいい話を延々してくる奴が憎くて憎くてたまらなかった

ずっと話を聞いて疲れていた

そういうことを繰り返していたら、自分自身が語ることをも嫌悪していた




思えば母親との関係が良くなかった

母親はとにかくいつも「自分は不幸だ」と嘆いていて

「夫に恵まれなかった」と

「近所の人がこんなことを言った」と

あなたは頭がおかしいか社会ではやっていけないので学歴をつけろ」と

いろんなことをこぼした

私は自分価値ゼロに感じるとともに

母親が求めているのが共感だとわかっていたので

それをやれば好かれると思い

共感モンスターになった


相手共感一生懸命やって

本当に相手喜怒哀楽を行いシンクロさせるが

心の中は嫉妬と見下しと自己嫌悪自尊心がぐちゃぐちゃになったゴミ

私の精神は壊れていった

相手同調して

100%共感同調できなければ

私の価値がないと感じるようになった

このことに客観的に気づけたのが20歳くらいの頃のこと

それから紆余曲折あったが

私は30歳になった


色々あって私は他人のことが嫌いになった

そして他人も私のことが嫌いになった

WinWinになったね、と思う(皮肉だよ)



自分を変えたい、と思う

話し方や癖は変えられても、

人格は変えられない

他人に好かれる人間って何なんだろうか?

結構初対面の人間とへらへら話すスキルはあるのに

長期的に友達とうまくやっていくのが難しい

どうしたらいいのか教えてほしい

anond:20190317160441

不倫相手の事は考えないのは誠実ではないなあ

そりゃあ「一切金も取らず、結婚も求めず、ただ割り切ってセックスだけをする事を了承する女」がいればお互いwinwinだけど

実際はそんな女はまずいなくて、独身だと騙したり妻とは離婚するつもりだからその後に結婚しようとか言って騙す前提だろ?

まあそういう人格から不倫を勧められるんだろうけど

でなければ金払って風俗行ったり愛人契約したり、か。

これなら妻の公認を得て堂々とやってる男もいるけどね。金さえあれば。

素人女性を騙して、ってのはこじれたら厄介だから公認する妻はいないだろうな。

安倍難病持ちだから云々という言説

安倍難病持ちだから何しても許されると思ってるんだろうか

病気揶揄するのはもちろん良くないことだろうが、だからと言って病気があるからといってその人の人格プラス評価されるわけでもないと思うのだが

大麻コカイン安全性証明された

何十年も常用していてまともそうな人格を保っていたなら、やっぱりこれらを違法薬物とするのは不当だったってことでしょ。

しろ酒とタバコが実際に害を撒き散らしてるよね。特に酒。

タバコ喫煙者が肺を患うだけだが酒は殺人者を生み出してるからね。

酒とタバコ禁止して大麻コカイン合法化するのがまともな判断だと俺は思うね。

酩酊者になるよりピエール瀧みたいになる方がいいでしょ。

2019-03-16

anond:20190316051211

人のせいにすんな。お前の人格問題があるから採用されなかったんだよ。屑

ピエール瀧悪人なのか

メディアネット民も好き勝手に言いたい放題だけど、確かに薬物は悪い事だけど、ピエール瀧自体別に悪人ではなくない?

勿論、薬物を肯定する訳じゃないしピエール瀧は悪くないなんて事が言いたいんじゃない

ただ、人格否定までする事はないんじゃないの?

おぎやはぎの話もあったけど(あれは贔屓とも言えるが)、その人間自身まで負の烙印を押す必要は無くない?

精神科病院で働いてるから仕事柄薬物依存の人とか薬物の事とか見たり聞いたり関わったりする事は多いけど、昔みたいな100%ヤ○ザみたいな人、ほとんどいないよ

しろ普通っぽいどこにでもいる感じ(若干チャラめだったり何も考えてなさそうな雰囲気はあるが、オレの主観)の人がほとんどだ

違うって言われるのかもしれないけど、酒飲み過ぎたりり喧嘩したり、万引きしたりするのと近くて、ストレスの逃げ場になってるんじゃないのかな

坂本龍一が「音楽まで否定するな」的な事を言ってたみたいだけど、概ねハズレてないように思う。これまでにも薬物に手を出して、今も活動している有名人たくさんいるじゃん?何で並列じゃないの?

仕事させない」「クスリやめろ」「罪を償え」って、その先に何か用意されてんの?自分は傷付けたけど、人を殺した訳じゃないでしょ?

情報が先走りし過ぎてて、皆過敏で神経質で、嫌気がさすくらい罵詈雑言やそれに対する過剰防衛が多すぎ

とりあえずオレは、ピエール瀧が1人の人間として、世の中に普通存在出来るようになって欲しい

2019-03-15

幼少期の記憶が消えてる人っている?

私は幼少期の記憶が途切れ途切れというか、殆どない。

記憶にあるのは小学校5年生くらいからだ。

それ以前は本当に断片しかなく、今覚えているのは幼稚園児のときいじめられて

トイレに居るところを遠くから見ているという静止画1枚という程度しかない。

言って信じてもらえないことが多いんだけど、同じような人って居ないのかな。

小学校5年生の段階で、周囲の人のことサッパリ知らなかった。例えるなら急に乗り移った感じ。

一応周囲の人の名前は分かるけど、昔のことはサッパリ覚えてない。

昔の自分人格も、友達とどう接していたのかという過去のこともサッパリだった。

育ててくれた祖母と毎週のように会っていたのに、どう接していたかも分からなかったし

幼馴染に言われるまで、幼馴染ということも知らなかった。

そこから先は、大体の事を覚えてる。

ならなぜ、私は幼少期の事を全く覚えていないんだろう?

私と言う人格形成されたのが小学5年生のときということなのだろうか。

じゃぁそれ以前は誰が自分を動かしていたの?

結局良く分からない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん