「人格」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人格とは

2018-09-19

俺よりも能力的・人格的・容姿的に優れる

そんな部下がやってきて上司としての俺の存在価値霧散しそうである

優秀な部下をイジメたくなるやつの気持ちが今は痛いほどわかる!

イジメは軽い気持ち加虐心で起きるのではなく、自分の身の危険という差し迫った必要なのだ

長期的に考えて、創作物って絶対人の人格に影響するよな

行ってみればキリスト教だって、元はイエスのホラ話な訳だろ?

現代キリスト教徒とアイドルオタクを見比べて見ろよ

しろオタクの方が宗教信者っぽいし、近づくのを躊躇うわ

 

なんでオタクって自分たちコンテンツは人に害を及ぼさない前提で

話を進めるんだろうな

少しは歴史を知ろうぜ

人格は金で買える

糞みたいな人格の奴が、金持ちになって人格者になるのを見てきた。

金を持つことで精神的に余裕が出来て他者に寛容になるし、

他人から尊敬されて大切にされるから自分他人を大切にしようと思える。

人格者だから金持ちになるんじゃない。金持ちから人格者になるんだ。

anond:20180919134125

増田って自分名前出ない分、自分主義主張人格乗っ取られたみたいになって先鋭化していく人わりといるよね。

あれ、書いてるうちに頭おかしくなっていくから、定期的に自分の書いたもの見返して同じことばっかり言ってないか気をつけたほうがよさそう。

anond:20180919113526

表現の自由」は他の人権侵害するような場合制限されるという、

社会形成のために、権利には優先順位がある」という法の論理あなたはわかっていないことが原因で、

あなたの言っている「健常者」ヘイトは、論理的におかしい。

LGBT嫌悪表現することが「私」の人格ひとつ

女に対する嫌悪表現することが「私」の人格ひとつ

男に対する嫌悪表現することが「私」の人格ひとつ

日本人に対する嫌悪表現することが「私」の人格ひとつ

と主張するのは「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」によって

世界的に合意された((間違い指摘ありがとうございます追記:考えに反するので)、あなたLGBTに対する主張はおかしい。

anond:20180919111637

百歩譲ってLGBT嫌悪表現することが「私」の人格の根幹、と言う人がいたとしても

そいつはただのヘイトスピーカーで、社会にとって害悪しかいから、

寛容の態度を示すことを求められるのは、「嫌悪表現」する側に限られて、

LGBT」の側ではないんですが。

他人人格の根幹を「ただのヘイトスピーカー」と決めつけて否定するヘイトスピーカーがいるぞ。

というか、LGBTの側が表現へのクレームやら俳優仕事強奪やら健常者へのヘイトをやってるのに、

健常者サイドが譲歩する理由なんてないだろ。健常者の社会に入りたいLGBTのほうこそ譲歩しろよ。

anond:20180919104025

LGBT存在に対する嫌悪と、LGBTに対する嫌悪表現に対する嫌悪だと、

嫌悪する対象位相が、「LGBT」と「嫌悪表現」と、まったく異なる話なわけで、

正義の話じゃなくて、論理の話として、あなたの話はおかしい。

百歩譲ってLGBT嫌悪表現することが「私」の人格の根幹、と言う人がいたとしても

そいつはただのヘイトスピーカーで、社会にとって害悪しかいから、

寛容の態度を示すことを求められるのは、「嫌悪表現」する側に限られて、

LGBT」の側ではないんですが。

これは若干、正義の話。

2018-09-18

anond:20180918201919

自分の通ってる本屋自分のものは別人格だと思っているってことでは

団塊世代って何がそんなに悪いの?

ネット世論では何かと叩かれる団塊世代であるが、何が悪いのか本気でよくわからない

まず「団塊世代全共闘」という偏見であるが、1945~1950年まれであれば大学進学率は3割程度で、しか学生運動に参加したのはその中の1割程度だ

団塊世代の大多数は高卒か中卒なのである団塊の行動原理全共闘メンタリティという説明一発は無理がありすぎる。

よく話題になる「団塊世代クレーマー」の大多数は学生運動経験なんかない、うるさいクレーマーなのは世代ではなく個人人格問題ではないのか

過去自分仕事で接したことのある1945~1950年まれは数人いるが、工業高校卒か、学生運動には行かなかったおとなしい優等生タイプだった

ITにうとい団塊世代」というイメージも実感が乏しい

1990年代派遣社員NEC下請けに行ってた当時は、1945~1950年まれだが最初期のPC98だのをいじってた経験のあるオサーン普通にいた

1945~1950年まれならばパソコンとか使い方がわからんのもじいさんだから仕方ないと諦めもつくが、1960年前後まれバブル世代なのにITにうといオサーンの方がよほど問題ではないか、そーいう奴も大量にいたはずである

団塊世代擁護する気はないのであるが、単に「数が多い=目立って問題視される、クレーマーとなる者も絶対数が多い」という話であれば、まさに1970年代まれ団塊ジュニアの20年後の姿も同様であろう

というか、団塊ジュニアは、非正規雇用貧乏独身者は多いし、ぎりぎりデジタルネイティブでもないし、ガンダムやら北斗の拳やらの1980年代文化を押しつけがましく振りかざすし、20年後には今の団塊以上にお荷物扱いされるんだろうなあと戦々恐々としている

anond:20180917224631

増田です。

トラバを削除されていますが、返信いただいたので、ここに書きますね。

わたしあなたに内容がわかるもの提供して

「それを見た後もそのようにお考えですか?」

とお尋ねしました。

そこには、表紙から内容を読み解けない人を批判する意図はありません。

わたし自身も、表紙に描かれたキャラクターを知らないとき

「これは男性女性に求める欲望の顕れなのかも」と思いましたもん。

ただいろんな方のお話を伺って、

表紙に書かれたキャラクターの裏側にもストーリーがあって、

あのキャラクター人格表現するために、表紙のような描かれ方になったと知りました。

わたしは、あの表紙の描かれ方が、正しいのかどうかについてはまだ結論が出せてません。

から別の意見、今回であればフェミニズムの側に立つ人の意見を聞きたいと思って、

あなたに表紙に書かれたキャラクターの裏側にもストーリーがあるということをお伝えしました。

その上で、

「それを見た後も以前と同じようにお考えですか?」「それが正しいと思いますか?」

という意図を持って、あなた質問を投げかけました。

ですので、わたしあなたに「女の子は表紙から内容を読み解くエスパーだ」とは言ってないんですよ。

あなたに内容がわかるもの提示して、その上で表紙についてどう考えますか? とお尋ねしているんです。

はてブ或いは朝日新聞共通する判断基準

それは、環境や外的要因を考慮しない、固有の人格真実善悪が起因するという不文律

無論、本当の極悪人というは存在しうるので、どんな環境であれ、他人のどんな支援があろうとも

極悪人が、常に同じ選択をするというのは可能性として否定できない

だが、はてブ朝日新聞は、どんな場合でも、環境や外的要因に関係なく、固有の人格善悪が宿るという暗黙的信条がある

一言で言えば、はてブや、朝日新聞は、悪人認定した人に対しては、以降、常に人格攻撃を仕掛け本人が悪であるという論を崩さな

しかし、ほとんどすべての人は、環境やその時に得られた助言や示唆によって判断を揺るがす

それゆえに、矛盾のある行動にもなるし、時には誤り、時にはある面で正しく、ある時には、矛盾した様相を示す

1つ1つの事実を本人を含めてその環境や要因からみつめて、何が悪いのかを毎度最初から組み立てる必要がある

だが、はてブ朝日新聞は、常に悪人認定した個人悪辣さをまず前提とし、その悪癖がすべての環境や外的要因を凌駕するという前提を持つ

それゆえに、事実はそうした視点に歪められ、ひとつひとつのこだわりのない世間一般判断から乖離していく

anond:20180917203123

それでも、医学の発達による老人性痴呆症の克服、若返り、究極的には不老不死が俺の寿命の前に実現する方に賭けて可能な限り長生きする努力をしたい。

今50歳だとしても100歳まで生き延びたら今後50年分進歩した医学恩恵を受けられるのだから

機械の体に人格移植して不死身になる夢を見るぐらい構わんだろう?

anond:20180918093748

反論できないからって人格否定しかできない上に、人違いしてる奴の言うことには説得力があるってか?

anond:20180918090628

はいはい、論では返せなかったからって人格否定お疲れ様

男性女性無償で気遣うべし」などという差別主義者ほど歪んではないよ

2018-09-17

好きな作品があって、自分なりに好きで色々考えたりする。最近他のファン(例えばフォロワーたちとかそういうことだ)と、話題が合わない。

キャラの話をしたいのに、声優の話にしかならない。キャラと、声優は別次元だ。キャラ人格には興味があるけど、生きてる人間人格やら関係性にそこまで気を使えない。というか、3次元に興味が持てない。

多分どっちも、楽しみ方としては普通なんだろう。この作品が、特に声優を売り出しているだけで。

作品の話がしたいな。キャラを演じる誰かさんのことは素敵だと思うけど、キャラいるから今があるんだ。

こんなことを気に病む自分も、正直つまらない。

anond:20180917115841

ネット上の仮名ID人格認めるって古臭いってか幼い。いつもそのID中の人が同じとは限らない。

思ったこ

「もしおれがその好かれてるやつだとしたらすごく悲しいよ」「勝手に終わられて思われてることも知らずに一生なんてさ」「誰かに思われることってなんかすごく…」

かに思われることに対して、フラットな(公平な? 客観的な?)状態で向き合ったことがないから、この台詞にとても動揺した。

かに好意的に思われるという図が現実的想像できない。友達とか、あとはファンタジー的な(ヒーロー的な)ものであれば想像できるんだけど、誰かが好意的に接してくれるのはただ単にその人の優しさなだけであって、私自身が好かれてはいないんじゃないかと思う。嫌われている方が多いし。

そもそも実在する人物に好かれる想像をすることって赦されるんだろうか。想像だけなら自由なんだろうけど、その人がオナニーしてることを想像するよりよっぽど赦されないことの気がする。私に好かれて嬉しいとか、身の程を知れよって脳内で色んな人にものすごく叩かれるし。

から少女マンガ気持ち悪いんだなぁ、となんとなく思った。感情移入のしようがない。なんでそんな、自分相手を好きなことが赦されると思うんだろう。

今回読んだ話は少女マンガではなくて、好きなことが赦されないと思ってたか秘密にしてたんだけど、言外で伝えてみたら案外赦されたとかそういう、話で。とりあえず感情移入はしてしまっていて、言語化しにくい気持ちを抱いていて、いやでもやっぱ私だったらこれを読んだ上でも誰にも何も伝えないし、なんか説得されてるみたいに感じたけど受け入れるには全然感情が追いついてなくて、この物語はそういう物語からハッピーエンドではないにしろ日常人格も壊れない優しい話で、でも私は現実なので、尊敬ギリギリ伝わってもセーフとして、相手が私に好かれたことに一生気付かない方が、幸せとか、好ましいとか、そういう感じになるんじゃないかと思う。

そんで、こういう自分語り思考きっかけでしかなくて感想でもなんでもないものを作者や担当編集部に捕捉されて「感想じゃないじゃん」って思われるのも嫌だし、あなたファンに私みたいな気持ち悪い人がいるのも知られたくないし、知り合いに「また自分語りしてるけど可哀想から構ってあげなきゃ」と心を砕いてもらうのも心底申しわけないし、でもどっかに放流はしたくて増田した。

anond:20180917072746

ネットの不確定なコミュニケーションで心すり減らしてる人たちってほんと頭悪いな、というのが素直な感想です。

追記

ね、勝手にこっちが意図してないことや人格勝手妄想して絡む人が出てくるのよね。

この増田トラバ消しちゃった人とかさあ。そういう人ってやっぱ頭悪いとしか思えないけど、なんか間違ってますかね?

2018-09-16

わざわざ荒らすために読むクソフェミムーブ

anond:20180915111053

追記

基本的自分は「ポルノとしての性的消費」と「芸術表現としての性描写」には質的差異があるという立場を取っている。

ラノベBLなどのポルノ対象人格リスペクトするだけのものがなく、都合のいい世界の中でお人形遊びしている(そこに暴力性、差別性などがある)。芸術表現として許容される性描写は深い人間理解と同時に理解不十分というせめぎ合いの中で生まれる(個々人の人格のアンビヴァレンツ、曖昧さ、捉えきれない無限性。もちろん古典では雑な性描写もあるが、今回は女性人権が拡大した現代の話)。

ラノベBLによくある都合のいい男性描写女性描写自体他者尊厳に対する暴力であり(テンプレキャラクター化とでもいうか)、それを象徴するかのような下手で誇張された表紙は刺激の強いグロテスク表現だ。ただし、これはポルノ商品に限らず通俗的な「物語全般に常に含まれ問題でもある。今回ラノベBLが取り上げられているのは、ポルノ商品はこういった暴力がより際立ちやすいという性質を持っているため。行き過ぎたポルノ商品芸術表現としては到底擁護不可能であり、全年齢向けで平積みするのは不適切だと考え、適切なゾーニングを求める。

ポルノ商品社会には需要があるので表現出版自体規制することは権力暴走でもあり絶対に許されるものではない。しかし行き過ぎた暴力自由として認めることは同時に他の誰かの自由侵害することにもなり、そこに闘争状態が生じる。だから適切なゾーニングをして被害を受ける人の数を減らすよう努力し、穏やかに棲み分けられるようにしようという話をしている。ゾーニングされてもポルノ商品を求める人は問題なく購入できるし、同時にポルノ商品求めない人たちはポルノ商品によって無差別暴力を受けることをゾーニングによって回避することができる。デメリット購入者にほんの一手間余計な手続きのれんをくぐるなど)を要求するということがある。想像力の豊かな人はゾーニング表現規制の引き金になってしまうと危惧するが、それは権力監視することによって回避するしかないだろう(そういった監視が面倒だという議論はあってもいいが、個人的にはまったく感心しない)。

また、「ポルノとしての性的消費」と「芸術表現としての性描写」を明確に区別することが困難であるという議論はあるだろう。まず間違いなくパラドックスが生じる。完全な境界線を引くことはできない。グレーゾーンは常にある。しかし完全な区別ができないからといって、不完全な区別まで不可能というわけではない。その辺りは政治問題になってくる。全か無かの話ではなく、程度問題になる。だから冷静で建設的な議論必要だ。

オタクが「こいつ話にならないな」と思うのは勝手だが、こういう考えの人間もいるということだし、社会の一員として生きて行くということは、こういう考えの人間とも折りあっていかなければならないということだ。フェミニストの言い分が100%通ることもないだろうし、オタクの言い分が100%通ることもないだろう。完全に論破して終わりではなく、妥協点をどこに見つけるかという議論必要だと思われる。

2018-09-15

anond:20180911165115

今後のご活躍を祈念します。

研究所トップ

 研究員に対する「まだそんな研究していたのか」発言は、研究機関では多々見られます。これは、不器用な期待表現の一つと思われます一般企業研究場合研究テーマ事業部門から委託によるものが多く、将来の事業創出につながるブレークスルー研究は誰がやっているんだという指摘があります現場研究からすると事業部門から要請があるのだから何が悪いという意識もあり、事業から委託研究金科玉条免罪符となりがちです。研究所幹部には、会社経営トップから事業部門から要請のみを行う研究所不要という指摘もあり、苦悩は並大抵ではありません。もちろん研究投資は、現状の事業ニーズに基づく明日テーマと現状ニーズの延長上にない明後日テーマポートフォリオ上に位置づけられるべきです。現状の事業ニーズに応える研究者は必要であり、「まだそんな研究していたのか」発言は、人格テーマ重要性を否定するものではありません。現状事業ニーズに基づいた今今の研究投資事業部門が行うべきという考えによるものだと思われます事業部門は、自部門損益確保のため開発投資抑制して、研究所投資活用したいという想いがあります。その発言は、研究所責任者としては無理から意見と思います。そのテーマ継続したければ事業部門でやってほしい、大きな期待をかける研究者にはもっと大きな飛躍につながるテーマをやってほしいという意味理解すべきでしょう。

ビジョンとつながらない研究

 研究事業ビジョン関係は、具体的に経営者やCTOが示すべきかもしれませんが、専門性の高い研究テーマ事業ビジョンは、現場研究者がある程度示さざるを得ません。それができなければCTOではないという指摘もありうるかもしれませんが、CTOとしては、できるだけ将来のビジョンを示して、そこにつながる研究現場研究者に考えてほしいという想いがあります。その結果、最高給のブロガー揶揄される批判を甘んじて享受して発信を続けます。そんな批判に耐えて情報発信する経営幹部は、稀有ではないでしょうか。その内容は、もしかすると共感する読者からみて最高級といっても過言ではないかもしれません。もちろん、読み手によっては、薬にも毒にもならないビッグワードの垂れ流しの評論で、具体的な行動や指示ではないと感じる方もいるでしょう。それは読み手解釈であり、自身研究テーマファンドを得るために彼のブログの内容を活用してやろうと思う研究者にとっては宝の山に見えます。したたか研究者にとっては、彼のブログ予算獲得のための親切なヒントであり、金科玉条的指針となります。つまるところ、CTO自身立場キャピタリストとして位置づけたのではないでしょうか。そのCTOは、研究予算を獲得して何が何でもこの研究をやりたいという研究者をフィルタリングして、キャピタリストを納得させる研究提案提示させるというフレームワーク確立したようです。そのフレームワーク機能させるために、研究投資の指針やヒントをブログにを垂れ流し、そのブログを薬や毒にするのも研究者次第というスタンスだと思います

人事

 個人的には、CTOキャピタリストみたく受動的でいいのかなと感じます。あまり他人事過ぎて研究に対する熱さがない冷徹マネージメントとなりがちです。研究所長やCTOたる者には、スティーブジョブズ本田宗一郎のような熱いリーダーシップを期待したくなりますしかしながら、研究の中身がわかってリーダーシップを発揮できる分野は、一個人だと限界があります。したがって、分野ごとに任せる存在必要になります。そのあたりは、高度な信頼関係に基づく極めて難しいマネージメントになります。その役割は、理事とやらが担うのかもしれません。一般に、現場研究者のことを考え自ら具体的に行動して指示してきた方が、成功するかどうかは、その仕事を任せるCTO次第です。失敗を部下の責任とすること(成功と認めないこと)もよくある話です。CTOもの言う方であれば、なおさらありそうな事です。そのあたりは、幹部当事者でないとわからないので、表面的に論評するのは控えたほうが良いかもしれません。

最後

 個人努力が報われるかどうか、個人努力だけではどうしようもないことがあります。ただし、研究者として生きていくためには、研究ファンドの獲得(キャピタリストの信頼獲得)は、不可欠です。プロ研究者として、ご自身をどのように位置づけるか、つまりキャピタリスト自分適応させるのか自分投資するキャピタリストを見つけるのか、どちらかにチャレンジしければなりません。おそらく、CTO現場研究者に自分適応させるのか、自分方針に従う研究者を集めるのか、苦悩の上決断してチャレンジしているのでしょう。そんな苦労もなく好きな研究に没頭できるのは、恵まれた方だと思います。遅かれ早かれ、誰もが経験するチャレンジです。今までの経験を踏まえて、技術立国日本リードするプロ研究者としてご活躍されることを祈念しております

続:艦これ検証勢がもめているらしい

E-3-3のラスト1回が破壊できなくて暇だったので https://anond.hatelabo.jp/20180910004103 のつづきを書く。

この件、関わった人も燃やしてる人も含めて、みんな仲良くアカウント爆発四散させてさっさと手打ちにしてくれないもんかね?

こういう調べるの好きな人人格出さずに攻略情報だけ流す装置と化してほしいんだが。

観察部はコミュニティ権限も貢献度もないのに、いわゆる「民意」としての「この先のことを考えるとこうすべき、こうするしかない、こうしなさい、こうしろ、こうしなきゃだめだ、こうしないとゆるさん」ばっかり言ってる。

完全にレッテル貼ってて悪意を持った特定方向に深読みしすぎているのが丸わかりなツイートばかり。

これ自分が同じ目にあったらだんまりするやつだわ。今の検証合同勢はオール黒と断言してる人たちも同様な。

顛末文書出したpixyもだが、「お前にそれを強制する権限あんの?」ってのを平然と「民意」「正義」の名のもとに振りかざしてるんだよな、こいつら。

自分たちは白だからいくらでも責め続けていいという風潮。本当にその意見は白?

ちらっと見えた夢路陰謀論が一番笑った。いやまたこいつに関わってほしいわけではないが。

そんなこと考えてる暇があったらまるゆ海防艦掘ってたほうがマシ。

一方で、新代表側も今後どうする気なのかがさっぱり見えない。

今日なんか定例会とかするなら、議題絞ってちゃんと話が発散しないようにして、コミュニティとしての方向性を示したほうがいいと思うけど、まあ知らんわ。

爆発四散するならそれはそれでいい。情報だけ残しといてくれ。

どうでもいいけど俺の意見はこう。

そして俺にはこれを強制する権限も口出しする義理もない。

が、観察部以下の叩き側、現代表以下の維持検討側、どっちも手を引いてくれないもんか。

はっきり言って攻略情報の中にこの騒動関連のツイートが流れてくるのがただのノイズ

ついでに、びいかめ、夢路、観察部あたりはもう二度と艦これに関わんないでくれると俺は嬉しい。個人的に。

傍観からは以上。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん