「氷河期世代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 氷河期世代とは

2021-05-14

anond:20210513201419

ほんまかー

それ多分氷河期世代だけじゃなくて

それ以前の地方おっさんはみんな言ってるやつでは!?

氷河期世代はわりと親金あったし、無償奨学金がある時代から

行こうと思えば大学いけた時代よ。。。

新聞奨学生もいっぱいおった

2021-05-13

anond:20210513200733

団塊世代は「人間にレヴェルはない」とよく言う。英語もできないのに。

氷河期世代は「親ガチャ大学に行けなかった」とよく言う。英語のできない親を持ったからそうなったんだよ。

鬼滅の刃世代は何というだろうか?

団塊世代氷河期世代高校で何を勉強してきたのでしょうか」と開口一番言うはずである

anond:20210512203001

女性女子から教育を奪えば少子化は確かに改善されるが、

少年非行少女非行は段違いに多くなり、警官仕事は増える。

どうやら氷河期世代大卒3割世代なので、あとの7割がバカでもいいと思っている。

鬼滅の刃世代氷河期のガキ)は大卒6割世代なので、4割がバカになるのは仕方がないと思っている。

鬼滅の刃世代のガキは大卒7割世代なので、高卒は障碍児だから保護しようということになってしまっている。

世代認識に差がありすぎるので日本経済はこれからも停滞を続ける。

anond:20210513075138

もちろん世代関係なくいるよ。某首相とかもこんなだが、彼は氷河期世代ではない。

氷河期世代椅子が急激に減った分だけ卑劣方法椅子に座りたい人も多く出たように思うという話。

ただ、これが統計的事実なのかは知らん。飽くまで自分観測範囲の事なんで話半分に聞いてくれ。

anond:20210513073209

それは否定しない。

氷河期世代でいただけないなと自分が思っているタイプは、少ない椅子になんらかの理由で座れてしまった能力の足りない人で、自分がやっと手に入れたと思ってる椅子にしがみつこうと、自分より弱い人間や同列の人間は足蹴にし、強い人間にはこびへつらうタイプ必死サバイブした結果がそれなのは醜いし迷惑だし救いがない。こういうタイプ結構いるのが、また救いがない。

anond:20210513072317

そら危ういのもいるけど逆にサバイブできてるやつが

苦しい前提条件でやれてる自分はメッチャ凄いってイキリ倒してることない?

氷河期世代上司がドチャクソシバキ上げ主義とかよく聞くじゃん

anond:20210513070922

いや氷河期世代サバイブすら危ういのが問題になってるんであってだな…

サンデル能力主義否定を最も突きつけられるべきは氷河期世代

自分たち過酷な扱いをされた世代で今サバイブできてるのはまさに自分の実力!とか勘違いしてるけど

おまえらこそ社会に守られた世代からな。

2021-05-12

anond:20210512164923

種々の専門分野には必ずしも精通してない、専門家からすればおかし描写がある

四月は君の嘘とかか。

まあ言いたいことはわかる。

氷河期世代以前はおかし描写があっても見ると思っている。

しか鬼滅の刃世代はそうならなくなる可能性がある。

anond:20210512093303

氷河期世代弱者男性KKOを一掃するためにも

キモい」という言葉絶対に生き残らせないといけないよね

ここで一歩でも後退したら社会の病巣を取り除く道が一歩後退するのと同じだ

anond:20210512093135

から言ったじゃん悪いのは氷河期世代だって

いまだに都内で不必要な出社強いてる中世みたいな企業を先に批判するべきだと思うし

そんな中世みたいな企業2020年代にも入った現代でも存続させてる氷河期世代こそ批判されるべきだろ

氷河期世代がいなければこんな問題おこってないわけだべ?

電車減便しても満員電車率だけが上がったのは氷河期世代のせい

いまだに都内で不必要な出社強いてる中世みたいな企業を先に批判するべきだと思うし

そんな中世みたいな企業2020年代にも入った現代でも存続させてる氷河期世代こそ批判されるべき

2021-05-11

40代人達若者貧困理解してあげて」みたいによく言われるけれど

全くピンと来ない。

だってこっちはそれ以上に貧困だし。

給料低いのもそれなのに物価だけ上がるのも社会保険料に苦しめられているのも若者以上だと思うから、言われるまでもなく嫌でも理解しているよ。

何かというと若者と中高年で対立させたいみたいだけど、裕福な中高年と貧乏若者って対立自体が非現実的でしょ。

こういうふうに言われる時の「40代」って、想定されているのが40代ではなくて50代とか60代とか、下手したら70代80代の人達なんじゃないのって思う

今の40代氷河期世代から貧困だし若者と変わらないかそれ以上に酷いよ

anond:20210511113513

自分が得られるべきものについての期待値が高くて、期待外れな結果を得た人って、

本人のせいというよりは環境がそのような状態を作ってしまったんだけど、だいたい性格悪いよね。

氷河期性格悪いのは、行動経済成長期の親や、バブル世代の先輩の待遇の良さを見ていて、自分たちもあれを当然得られると思っていたのに、

自分たち世代就職するときになって景気が悪くなった、期待値の高さと結果の劣悪さのギャップが大きくなったせいだと思う。

氷河期を見て育った若い世代は、そもそも待遇が良い人たちを知らないから、期待値が低くて安定している。

当然得られるべきだと思っていた期待が裏切られた人が一番性格悪い。「剝奪感」に一生呪われる運命から

氷河期世代男性は、高度経済成長期の専業主婦ハイクオリティ家事男尊女卑内面化女性を当然視しているから同世代女性人権主張に裏切られるし、

氷河期世代女性は、高度経済成長期の大黒柱の稼ぎを当然視しているから同世代男性父親世代に劣る稼ぎと甲斐性のなさに裏切られる

氷河期世代にとっては、親世代と比べて同世代の異性が不都合な方向に劣化たか性格が悪い。

安定的高収入を稼ぐはずの男は、不安定低賃金男尊女卑思想のクソオスへ。

産む機械家事育児介護スナックママ風俗嬢を兼ねた無料労働者のはずの女は、ヒステリック権利主張ばかりするただの低賃金無職メスへ。

今の20代とかは男性が当然家事育児をするし妻のメンタルケアもするし、身だしなみも自分ちゃんとしてる。女性も夫に経済的に寄りかかる権利があるとは思ってなくて当然共働きする。

行動経済成長期の男女分業、男尊女卑時代世界と、今の20代の男女同権共働き家事分担世界の、ちょうど間で「都合が良い期待」だけした結果、

お互いに「異性のスペックが劣悪で期待外れなのが悪い」と貶し合う地獄に落ちたのが氷河期世代

本人たちが悪いわけじゃなく、期待値高く育成されて裏切られたっていう環境に踊らされた愚かで哀れな世代なんだけど、彼らはこの先もずっと地獄の底だと思う。

ネット呪詛を撒き続けて、若い世代に「あん精神人間じゃなくて良かった」って反面教師にされる、それだけが氷河期世代存在意義だろうね。

anond:20210511113513

氷河期世代だけど、その世代からこそ、「全員が同じ船に乗ることはできない」って意識が強いように思うよ。

この一年コロナからちょっと違うけど、そのちょっと前までは、世の中ずいぶんぬるくなったな、と思ってた。

anond:20210511113513

氷河期世代は、3割は大学生になれて、3割には大学に行きたいのに行けなくて、4割はただのバカ

今一番勉強している高校生は、大学に行きたいのに行けなかった女子高生だった人の子供ばっかりだよ。

とにかく、親が高卒でも県内大学に行こうってキャンペーンまで張ってる。受験科目も少ないから狙いやすい。

それとは逆に、両親がともに大卒でも受験をワンランク下げるケースもある。

親のランクと全部一緒ってのは、大した大学生になれない。(親の人生がつまらないのでそのまま引き継がれる)

2021-05-09

anond:20210509174000

そんなことはないと思うよ。

氷河期世代は、もう脱落組が目立ってきた。

やはり、若ければ若いだけ圧倒的に何をやるにも有利。

anond:20210509083719

法律はわかんない人が多いだろう。法学部とか氷河期世代だとみんないけないもん。

法曹5年コース大阪公立大学にできて羨ましい。ああいうとこ行った人は、法律は身近な存在だろうと思うけれども。

ある氷河期世代の妄言

いつも自分に何かが足りないような気がしている。

高校入試ときも、終わってすぐに、もっと勉強しなければと思っていた。

大学に入ってからも、トップ学校に入れなかったことで、自分には何かが足りないと感じていた。

その一方で、努力をしてこなかった。

頑張らなければと思うわりに、適切な努力をしてこなかった。

高すぎる目標をかかげ、目標を達成するための計画を立てても実行はしなかった。

図書館で本を借りても、読まずにそのまま返していた。

計画を立てるだけで満足し、本を借りるだけで満足してしまっていた。

実際の行動に移すのをさぼっていたし、本を読みとおす努力をする根気もなかった。

何も積み上げられないし、努力が足りていないのを誰よりも自分でわかっていて、だから自分に何かが足りないという感覚は増すばかりだった。

社会人になってからも同じだ。

学生時代に抱いていた夢や目標に近づくにはあまりにも辛いいばらの道を歩かなければならないと知り、断念した。

もともと何かを達成するために、すべてを投げうって努力できる性質ではないらしい。

医者になりたいとか、建築家になりたいとか、小説家になりたいとか、身の程知らずの憧ればかりが心に浮かんでは消えた。

ただ、まったく努力をしなかったわけではなく、ちょっとした挫折ですぐに諦めてばかりというほうが正確かもしれない。

成功した人たちは多分、挫折を知らないのではなく、挫折したとしても、少なくとも諦めなかった人たちなのだろう。

とはいえ成功したと思われている人たちの中にも、何かが欠けているような感覚に呪われている人もいるのかもしれないが。

自分社会に出てからこれまで二回、大きなキャリアチェンジをしている。氷河期世代ということもあるかもしれないが、あまりまれ職業人生とはいえない。それでも正社員として働けた時期もあったし、なんとか食うに困らず生きてこられたのは運が良かった部分もあったのだろう。

だが、仕事があることに感謝し、多少嫌なことがあろうと耐えて同じ仕事を続けるということが自分にはできなかった。家庭の事情で辞めたこともあるが、それも、必死になって続けようと思えば続けられないこともなかったかもしれない。ただ、目の前の仕事に対する執着が足りなかったように思う。

自分にとっては、どの仕事も、いつかたどり着く最高の仕事への踏み台に過ぎないという感覚が続いていた。今でもその感覚がなくならない。いつか、今よりももっといい職場でいい仕事に就けるんじゃないかと期待してばかりいる。

仕事を見つけるにしても、自分就職できる先がいつも限られていて、妥協するしかいからこんなことばかり考えるのかもしれない。新卒のころから、未経験お断りと言われ続けてきて、最近では年齢で切られることが多い。そんな自分でも雇ってくれるところがあるのはありがたいが、そういう職場はそれなりに難ありだ。

フリーランスになるとか、起業するとかにも憧れるが、自分には手に職もないし、アイデアもない。どこかに雇ってもらって時間を売る以外に、生活の糧を得る方法はない。健康で働けるうちはそうやって仕事を続けるしかない。

それなのにいつも夢を見てしまう。

実は最近もまた大きな夢を見始めてしまっている。いい年なので、これはミッドライクライシスなのだろうか。いや、自分はずっとクライシスからこれは違うのか。

それはさておき、その夢とは何かというと、博士課程に進学したくなってしまたことだ。

いい加減に落ち着けばいいのに、諦めがつかない。

自分人生はこんなもんだと、得られたもの感謝して生きることができない。

今とは違う景色がどこかにあるんじゃないか

そういえば、あの坂を登ればって国語教科書で読んだな。

あれはこんな感じなんだろうか。

あの話がミッドライクライシスの話だなんて先生は教えてくれなかった。

研究したい内容はある。といって学者になりたいわけではない。もともとは進学が目標だったわけじゃなくて、やりたい仕事必要な専門知識がまったくないことから進学を考えたんだが、これもまた、なんでこの年で、と自分で激しく突っ込みを入れているところだ。

なんでこんなに年寄りになってから、専門外の分野に手を出そうとしてるんだ。

頭も若くないし、体力も落ちる一方だろう。さらに言えば、大して頭脳明晰でもないだろう、自分

そう思うと不安で胸がいっぱいになって動けなくなる。もう何もできないような気がしてくる。

後悔だらけの人生で、後にも引けない、前にも進めない。

どうすりゃいいんだ。

こんなこと、親には言えない。誰にも相談できない。こんな話をまともに聞いてくれる友達もいない。占い師にでも相談するしかいか

もし運よく入試がうまくいって、新たに学業をおさめられたとしても、進学を志すきっかけになった仕事に就けるかはわからない。その仕事に就けたとしても、そのとき自分はそれを本当にやりたい仕事と思えるのかもわからない。

なんなんだ自分

本当に馬鹿だな。

こんなに先が読めないやつ、ほかにいるんだろうか。そのとき一生懸命考えて将来を見据えて動いたつもりでも、結局は暗闇で手探りをしていただけだと、あとからわかる。

どうして自分ことなのに、こんなにわからないことばかりなんだよ。

これでも、昔に比べると自分のことがわかるようにはなってきた。学生時代なんて、本当に悲惨自己認識で、現実が少しも見えてなかった。理想自分が本当に求めてるものがずれているのに気がついてなかった。失敗を繰り返して、やっと少しずつ自分価値観みたいなものがわかってきたときにはもう遅かった。もう20年ぐらい前に自分のことをわかっていたかった。

人生100年という説もあるが、実際のところ人生って期限がわからないのが辛いところよね。わかればもう少し計画的に生きられたかな。

どうだろうな。

何かを成し遂げた人が羨ましい。自分は何もかも中途半端で何も成し遂げられないまま人生を終えそうな気がしている。

だけど、やりたくない仕事をずっと続けるのは耐えられないんだ。

今の自分に足りないものを補えば、いつか満足のいく職場幸せに働けるって思っていたいんだ。

適切な努力はしなかったものの、それなりに頑張ってきた自分が、こんな職場で腐っていくなんて思いたくない。全然共感できない経営者のもとで、都合よく使われるだけなんて嫌だと思ってしまう。

どこかに自分理想職場があって、理想仕事がある。自分天職がある。いつかそういう仕事に就ける。そう思っていたいんだ。

仕事に多くを求めすぎているんだろうな。そうそ理想仕事なんてないんだから仕事仕事と割り切って、私生活を充実させるようにするのがいいのかもしれない。

でも、なんで自分人生時間をやりたくない仕事にとられないといけないんだと思ってしまう。幼稚でナイーブでどうしようもない。いつまでたっても大人になれない。自分自分を不幸にしている。

頭ではわかっているのに、現実を受け入れられないまま、この漂流人生は続くんだろうな。

いい加減、落ち着かないと、もうどこも雇ってくれなくなりそうだ。そうなったらどうしようか。迷惑かけないようにひっそり死のうか。

2021-05-06

anond:20210506224046

マーケティングのための言論にほころびが見えてきたのでしょう。

今の女子女性教育されてる分めっちゃ賢い。

かつての氷河期世代の比ではなくなってしまっている。

なのに、キャッチコピー考える人の知性はアップデートされない。

やはり、日本の東京の質は1995年以上にはならなかった。

https://archive.is/LHR2Q

私と同世代人間人生に関する限り、これはぴったりと当たっている。これは私だけではない。私の同級生のみならず、同世代の誰もがこのように証言していた。

バブル経済のころ、氷河期世代は二種ではなく三種に分かれていた。

一つは高卒で終わる人。

もう一つは大卒あるいは院卒で終わる人。

さらに、もう一つは留学先を紹介される人だ。

東京に住んでいる人はいいだろう。なにも悩む必要はない。

田舎に住んでいる人は、友達を一度だけではなく二度(以上)捨てることになる階層が出現するのである

https://archive.is/mvKvt

いまはてな民トレンドなのは田舎から大学とか、田舎から大学院とか、そういう人々である田舎の知り合いが切れた、田舎の知り合いをなくした、などというのはどこにでも落ちている話で、常識範囲である

はてな民にとってもトレンドにならず、5chでも敬遠される話は、友達複数回捨てる人の話である

https://archive.is/pBX4s

大学時代にダベっていた「友達」とは現在ほとんど交流はありません。

この人は高校1年生で池辺晋一郎から「もうこれ藝大入れるよ」と言われた存在から例外だという人もいるかもしれない。しかし、三種に分かれた氷河期世代以降は違う。田舎にいる人は、まず高校受験で地元と切れる。大学受験で出身都道府県と切れる。そして留学先の斡旋国内とも切れてしまい、いつのまにやら英文のCurriculum Vitaeができる。

友達複数回捨てる人が現れて、初めて「近代国家」なのである。こんな局面日本1995年まで迎えることはなかった。日本1990年代に、ようやく近代国家への切符を手にしたのだ。

けれども、切符を買って、列車に乗ってるだけ。まるで魔列車無限列車のようだ。その列車は30年も動いたまま。その列車はかつてはアメリカ人が動かしていたのだろう。これから中国人が動かすことになる。

日本人は、ただ乗っているだけ。それ以上はもう何もできない。列車には次々と異なる人種が乗ってくるのに、会話を合わせることすらできない。

今にインド人に「過積載ですから日本人は捨てますね」などと言われるのだろうか?

2021-05-05

anond:20210505080320

票一番大きいの高齢者からな。

かといって若者別に自民にそこまで反発してるわけでもないし。

氷河期世代ネットでギャーギャー騒いだところで何も変わることはない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん