「いいね」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いいねとは

2017-11-19

インスタ疲れた

インスタ、見てるだけで疲れる。

知人の投稿から使命感みたいなのが滲み出てるんだよなあ。

それに「いいね」する人も、ホントに良いと思ってるのか知らんけど、

もはや「観たよ」っていう社交辞令的なものしか見えない。

しょせんSNSなんてそんなもんでしょうけど、

TwitterとかFacebookよりもキツい気がする。

SNS向いてないんだろうな…

そろそろ垢の整理をするか…

anond:20171118180141

すごく共感しながら読んでた、自分相手のためより目先の雰囲気大事にされるのに抵抗があった

別に一方的正論叩きつけて気持ちよくなりたいわけじゃなくて、

心の底では相手の好みや幸せの形を含めて、ちゃんと正面から話しながら、

根本からよりよいあり方を追求したい人なのかなと思う

(少なくとも自分は、実際できてるかはともかくとしてそう思ってる)

現実は長期のメリットより短期メリットを追求した方がいいにしても、それに心のどこかで納得いってなさそう

それでも「場当たり的」(に自分では思えてしまうよう) な対応をとりあえず実行してみてるのは尊敬だなーと思った

ちゃんと話すのを受け入れてくれる友人とかが少しでも多くいる、生きやす環境に身を置けるといいね……

いいねでバレることもある

SNSフォローしてる既婚者、いいねの欄に食べ物やら観光やらの構図がまったく同じ写真が流れてきたので、一緒に行った家族アカウントなのかなと見てみるとどうやら不倫相手だった。どうしてこうしてばれるように公開したくなるんだろうね。そしてヲチすることにした。

2017-11-17

リベンジポルノについて

リベンジポルノものって好きで、たまに見てるわけ。見てるっていうか、見つけたら「あ、あったあった」って喜ぶ感じ。

なんかこう、身近にあるエロっていうか、生々しい感じがしてよいわけ。

グラビアアイドル水着でいても面白くないけど、セーター着てたらなんかグッとくるみたいなやつ。

そうは言っても、世の中のエロって大体が作られたものから、「リベンジポルノもの」を見てることになるよね。まあ、「リベンジポルノもの」は好きだからそれでいいんだけど、でも、本物はもっと響く何かがあるかもしれないし、その昔ファイル共有系の流出ものとかほんと、なんていうか、あれだったし、、よかったよね。

その頃って、ハメ撮りなんて撮ってる人そもそもあんまりいなくて、そのうえで流出までして、相手もかわいくて、って、なかなかレアものだったわけだけど、今ってそうじゃないでしょ?写真撮るのがそもそも通信機器だし、手元に常にカメラがある状態だし、撮るほうも撮られるほうも慣れてるよね。

で、恋人と別れる時なんて、円満なのもあるけど、揉めて、刺したり殴ったり周りの人間関係おかしくしたりって色々あるのはきっと今も変わらなくて、そうすると、円満な頃のいとおしかった写真とかももう憎しみを膨らますだけで、相手を貶めようと、ばらまいたりすることも、それなりにありそうじゃない?

で、ばらまいたほうは満足するし、見た俺はうれしいわけで、ばらまかれた人は世の中にあふれるエロの中から自分を見つけるなんて実際無理だし、ほとんどの場合害もないんじゃない?ちょーいいね生産性上がる感じ。特に見るだけの俺はいいことしかない。

でだよ。探してみても、なんかそれっぽいのないんだよねー。なんで?これっていうキーワードがあって、それさえ見つければ世の中には大抵のものごろごろしている感じじゃない。なのに見つかんないんだよね。そうこうしてるうちに、作られた「リベンジポルノもの」で一息ついちゃって探索意欲もなくなっちゃうの。

あれなのかな。リベンジポルノとか、俺が思ってるよりも規制とか厳しくて、あっという間に消されていくのかな。あるいは、商業エロに比べるとどうしてもクオリティが低いから、検索順位とか低くて表に出てこないとか、あったとしても俺も一瞬で見なかったことにしてたりするのかな。

ツイッターとかだと、勢いづいたアホが「こいつはろくでもない女!」とかつぶやきながらエロ動画あげたりしてそうじゃない?でもそうでもないんだよね。通報通報なの?風紀委員的な趣味の人がどんどんつぶすの?でもさー、自撮りとかしてエロ写真あげてる人たちはわんさかいるよね。って、あれは通報する理由がないのか。

リベンジポルノを探すために、自分恋人とのエロ動画を上げるとしたらどうするかって立場で考えてみると、確かに難しいことがわかる。youtubeとかじゃあっという間に消されるし、エロ動画サイトに載せるの大丈夫っぽいけど、、でも検索できないんだよなー。できればエピソードとかなれそめとかもあったほうが見る意欲湧くからリベンジポルノのためのサイトとか作って、エピソードとそれにまつわるエロ写真とか動画とか掲載してほしい。

はいえ、自分だったらそこまで別れた相手のために労力割けないなーとも思うし、掲示板かにポイって投げてざまあみろってなんとなく思うくらいなのかな。でも掲示板とかってヒット率悪いよね。

って、そのヒット率の悪さを、宝探しみたいで楽しいって思えないと向かないのかなー。なんかい方法ないもんだろうか。

anond:20171117083537

からもっとてきとーな英文多読するのがいいね

読んだ結果が仕事業務に直結するなんていうシリアス英文ばっか読んでたらそりゃフルタイム解析機フル稼働で疲弊するし上達しないわ

anond:20171116214931

相性がある。

助けになることもあるしそうでないこともある。

自分で助かる道を見つけるきっかけになる。

少なくともなにもしなければいまのままか悪くなる一方。

カウンセリングを受けてまずは正常な価値観を取り戻すことが第一だと思う。

おかしいことをおかしいと思える、そしてそこから抜け出す手段はいくらでもあるということに気がつくといいね

2017-11-16

増田見直し・・・かもしれない

増田って「楽しい日記」とは違って愚痴やら批難やらそういうのネガティブなのばかりでいいイメージがなかった

が、まぁそういうコンテンツだろうと、イライラしたときかに愚痴を書き捨てするようにしてみると、けっこうストレス発散になる

昔何処かで嫌なことがあったらノートなどでもどこかに書いたほうが逆に忘れれてスッキリできるからいいと聞いたことがあったが思いの外当たってる気がする

脳の外部にメモしておくことで脳からは忘れていいと無意識に思うとかだったかな?

書き捨てなので、誰かがトラバブクマでディスってくるかもしれないが特に見るつもりもない

見てしまっては逆にストレスが溜まるので完全に放置するのがいい

ローカルメモ帳でもいいけど、PC内に置いておきたいものでもないし、増田匿名だし、とちょうどいいストレス解消できるサービスだと思った

なにより周りもそういうのが多いから変に目立たず埋没して消えるというのがいいね

からこそ、変にバズってしまうと困る

会社の人とかが見て話題になった日には余計にストレスが溜まってしま

しかも「どうせならバズって自分のことかもと思って反省しろよ」と書いた記事は全くバズらず、「話題になったら疑われかねないからひっそり消えてほしいな」と思ったのに限って翌日はてブトップでみたりするからもっと困る

でもまぁなんだかんだ増田に書くのが気楽なストレス解消なんだよなー

トラウマ返しとは、親からもらったトラウマを返していくこと。子が反抗的になり、トラウマ返しをし始めたとき、親は自分を弁護せず、受け止めるしかない。

怒りや苦しみを吐き出させ、涙で傷口を洗うしかない。

幼少期は特に、どうでもいいことのように語りますしかし、それは表面的な言葉しかありません。

その段階で出てくるのは、人からされた否定的体験です。

認めてもらえなかった、共感してもらえなかった、愛情をもらえなかった。それは、遅くやってきた反抗期。今まで心のしまい込んできた恨みつらみを、出して浄化している。

親が向き合っていれば、親に語り、受け止めてもらうことが、もちろん敏速な癒し回復をもたらしてくれますしかし、向き合ってくれる親はなかなかいません。

分かってもらおうとすればするほど、壁や隔たりを感じ、傷つくということも起きます

人間所詮、そんな器用ではありません。

人という存在に対して、心を開き信じることができないとき、誰に対しても同じようになります

一言でいえば、本当の意味愛情が不足している。

トラウマ返しは、大人になりきれない大人必要とする。心の膿を出していき、自らに問いかけている。早く大人になれるといいね

その「くさまんアイデンティティ」を持ち続ける限りは

くさまんさんは絶対幸せになれないってことに気付ければいいね

くさまんさんが大嫌いなキモイおっさんと同じようにくさまんさんが変るのは死んでも無理だろうけどね

2017-11-15

10年前に好きだった子のTwitterを今だに見ている

お互い結婚して、子供もいるのにずっと見ている。

10年前、その子のことがだいぶ好きだった。

日中メールしていた気がする。

彼女には彼氏がいたにも関わらず、2人で何度かデートしたりしていた。

仲も良くて、何度か彼氏から奪ってやろうと試みたけど、なかなかうまくいかない、ギリギリで釣れない女性で追いかけがいがあった。

彼女は追いかけて、チヤホヤする俺を楽しんでいる感があった。そんな上下関係は嫌ではなかった。

友達の友達友達で、出会った時はまだ俺には彼女がいて。

2回目に会った時に、俺の指からペアリングが外れているのに気づいて声をかけられた。

指輪つけてないんだねー」

それだけでだいぶドキッとした。彼女と2回目に会うまでに4-5か月の期間が空いていたからだ。

そんなことを覚えている彼女に一気に興味が湧いてしまった。

それから10年。

彼女結婚出産Twitterで知った俺は未だ彼女Twitter何となく見てしまっている。

子育てに関するツイート散見されるが、共感できるものばかり。

お互いに子育てツイートをしていると、たまにあちらから無言でいいね!が来ることがある。

俺もたまに子育てツイート共感したらいいね!をしている。

彼女子育てツイートいいねし合う、今の状況をどう思ってるんだろう。直接リプライを送る勇気はない。

彼女がどんな気持ちTwitterを見ているか知らないが、こんな変な体験ができる現代の世に感謝します。

anond:20171115192740

今の日本じゃ、それ以降は転職というよりヘッドハントみたいの期待したほうがいいね

しかし、ひもじい国になったもんだ

2017-11-13

anond:20171113193450

旅行いいねえ。国内かな、海外かな。

俺も多分増田と似たような年で、似たような感じで仕事辞めちゃって、2,3年ぼーっとしてるよ。

ドルエイクライシスとか言うやつかもしれないと思ってる。

そのうち旅行、いけるといいね

anond:20171113110025

お前のいう「文脈」ってお前の心の中じゃん

「俺の考えてることがわからいか低能」っていういつものパターンじゃん

キチガイ扱いされてるのを「こいつは低能から俺の言うことが理解できないんだな」って納得して悦に入る精神勝利法じゃん

客観視できるようになるといいね

2017-11-12

[] #41-3「注文の多い客」

こうしてタイナイが書きあげたレビューがこれだ。

「竹やぶ焼けた」 口内さんのレビュー 評価黄色星2つ

第一印象が覆らない、良くも悪くも予想通りの店」

朝の数時間のみ経営という特別感に惹かれて知り合いとともに来店。店内の清潔感普通雰囲気は悪くないのだが照明がきつく、朝に来ることを前提で考えた場合ミスマッチといえる。店主の接客態度も悪くはないのだが、陽気かつフレンドリーなため、これまた朝にはキツいし、合わない人にはまるで合わない。

料理はというと、メニューは日替わりかつ店主の気分しだいなので当たり外れが大きい。さすがに飲み物くらいは普通のも用意しておいて欲しい。メニュー名も言葉遊びを多様していて洒落臭い回文らしいのだが、後半部分が言葉として成立しておらず意味不明。これを回文だと言い張るのはライトノベル純文学と言っている様なもので、喉に小骨が刺さったような気持ちになる)。

結論としては決して大衆向けの店とはいえないし、その枠組みから評価しても下から数えた方が早いと思う。近所に住んでいる馴染み客が利用するならばまだしも、僕たちみたいに遠路はるばる朝から足を運んでまで利用すると確実に後悔する。この店に行くのを提案したのは僕だったのだけど、週末の朝から来てくれた知り合いに申し訳ない気持ちになった。


…………

なんだこのレビュー

料理レビューより先に、まず店の内装とか、接客のことを書いている。

肝心の料理感想については大したことを書いていない。

他はどうでもいい粗探しばかりだし、俺たちをまるで被害者扱いのように書いているのもどうかしている。

「こんなの、ほんとに参考するやつがいるのか」

別に不思議じゃないだろ。要は“格式権威”だよ。どこぞの三ツ星レビュアー組織もやっていることだ」

「その組織とお前とは、そもそもの“基準”が違うだろ」

そういった組織調査員は日々決まった食事をとることで味覚に確固たる基準を作る。

料理を的確に分析できるよう舌を鍛え、マニュアルによって格式評価する。

からその星には相応の権威がある。

タイナイはただ自分の気の赴くまま飲食店を練り歩いているだけだ。そんな個人レビュー権威なんて持たせたらロクなことにならないぞ」

「厳密には個人意見じゃない。ネットってのは大衆文化からね」

「尚更ロクなもんじゃない。大衆に傾倒して意思決定をすれば、バカ結論を生みやすい。何も考えていないのに自分の考えだと錯覚し、無駄な自信だけはついてくる」

「言いたいことは分かるけど、それは僕の管轄外だ。あ、次の店に着いたよ」


俺の懸念をよそに、タイナイは店巡りを坦々と進めていく。

弟はというとタイナイに乗せられて、次から次へと心にあるのかないのか分からないようことを言い続ける。

「恐らく、この料理をよく食べる人間であるならば、そのこだわり含めて舌鼓を打つのかもしれないけど、俺たちは初めて食べる人間だ。材料も聞いたことのないものばかりでイメージが湧かないし、如何に拘りぬいて作られたか力説されてもよく分からない」

「おお、いいね。良い視点だ」

「ここの料理は作り手のこだわりが強すぎる。味付けが濃い料理が良いとは限らないように、こだわりの強い料理独りよがりしかない」

「素晴らしい意見だ」

「俺たちはこだわりの結果生まれた“料理”を食べたいわけだけど、別に“こだわり”自体を食べたいわけではない」

「ははは、こりゃ名言が出たね。マスダ、君の弟はレビュアーの才能があるぞ」

俺には二人の言動批評の装いをしているだけで、まるでゴロツキのように見えた。

さしずめ“批評ゴロ”だ。

(#41-4へ続く)

2017-11-11

女は楽でいいね

仕事不安定だったり転職が多い夫へのいらだちを見せる女は世の中に腐るほど溢れてるしなあ。このツイフェミも口だけだろうな

anond:20171111110745

間違えて本人の投稿いいねしてしまったのであわててアカウント削除

ROMアカウント作り直して再度ウォッチ開始してる

ぼくの恋人、ぼくへのLINEは数日無視してるのに

インスタで13分前にいいねしてるのを確認

暇なのに連絡くれないのね

[] #41-2「注文の多い客」

そして、当日。

ランチの誘いだったのに、待ち合わせは朝からだった。

「ごめんね、週末の朝早くから最初の店は朝のみの経営から、どうしてもこの時間からじゃないとダメなんだ」

タイナイの言葉で引っかかったのは、その店のことよりも“最初の”という言葉だった。

まり複数件周ることを前提で語っているということだ。

この時点で嫌な予感が漂い始めていた。

「で、ここが目的の店、『竹やぶ焼けた』だ。第一印象はどう?」

「“どう?”って……注文どころか、まだ店の中に入ってすらいないのに何を言えってんだ」

「つまり特になし”……と、じゃあ中に入ろうか」

俺と弟は、タイナイに導かれるまま店の中へ。

はいーいらっしゃいー。3名さまね、好きなところ座ってー、すぐにおしぼりとお水持って来るから!」

店主らしき人が陽気に出迎えてくれた。

喋り方からして女性だと思われるが、イマイチ見た目で判別がつきにくい。

はい、お待たせ。水とおしぼりね」

「うん? この水……」

「分かる~? アセロラを絞ってみたの! ビタミンCたっぷり。なんとレモン数十個分なのよ。でも“レモン何個分”って今日権威が疑われる謳い文句から逆に伝わりづらいかもね。うふふ」

「はあ……あの……」

「あ、おしぼり冷たいほうがよかった? ごめんなさいね

「そうじゃなくて、メニューは?」

「日替わり一品しかいから、メニューは用意してないの。シェフの気まぐれよ! つまり私の気まぐれ!」

「……そうなんですか。ちなみに今日は?」

「『かなり毎週来た滝う油脂まり中』。上から読んでも下から読んでも『かなり毎週来た滝う油脂まり中』」

「は?」

メニュー名よ。じゃあ、なるべく早く、なるはやで持ってくるから待っててね」


タイナイは店主が厨房に向かうのを見届けると、俺たちに話しかけてきた。

「で、意見を聞きたいんだけど」

「いや、だから料理まだきてないだろ。何を言えってんだ」

「この時点でも言えることはいくらでもあるだろ。例えば店の内装とかの雰囲気とか、接客態度とか」

「まあ、そうだな……内装普通かな」

「ふむ、弟くんも」

「うん」

雰囲気特に言うことは……」

「それじゃあ何の参考にもならないよ。もう少し真面目にやってくれ」

そんなこと言われても、わざわざ口に出すほどの感想は俺にはなかった。

だがタイナイに奢ってもらう手前、ちょっと無理してでも捻り出さないと。

「えーと、そうだな。ちょっと照明がキツいような気がする。あとキツいといえばあの店主だな」

「あー、なるほど。弟くんはどう?」

「う~ん、悪い人ではないと思うけど……あまりお近づきになりたいタイプではないかな。ましてや朝とか特に

「ほうほう、なるほど。やっぱり二人を連れてきて正解だ。すごく参考になるよ」

タイナイがやたらと頷いているが、本当にこんなんでいいのだろうか。

俺は不安になってくるが、弟はというとタイナイの反応に気を良くして、どんどん意見を盛っていく。

「何というか、ところどころ洒落臭いよね。この出てきた水とかも、正直これだったら普通の水にして欲しい」

いいねもっとちょうだい」

メニューだってそうだ。何だよ、上から読んでも下から読んでも同じって。しか意味不明言語で、言葉遊びとしては酷い出来だ」

料理が出てきてからも、その勢いは更に増すばかりだ。

「あ、こっちの出し巻き卵は美味い。付け合せの漬け物はビミョーかな」

「ふむふむ、弟くんの率直な感想は参考になるよ。マスダは何かない? ほら、このカルパッチョとか」

「いや……俺、ナマの魚介系はダメなんだ」

「なるほど。メニューが店主本位だから、こういう弊害が発生すると言いたい訳だ」

そんなつもりで言ったわけじゃないんだが、そう解釈するのか。

その調子でやっていったら、いくらでも粗探しできてしまうぞ。

(#41-3へ続く)

anond:20171111013446

スッキリしたければ、ぶちまけた方がいいやろね。

母のことを割り切って考えられるなら、ほっとくのがいいね

2017-11-10

俺には既読無視決め込んでもう数日も連絡よこさないのに

インスタでは勤務時間中にあの投稿やあの投稿いいねしてる

俺に連絡する時間はなくてもインスタやる時間はあるのね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん