「腐葉土」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 腐葉土とは

2019-06-10

良い所が無いクラスメートの良い所探しが辛いしキツイ

せめて顔を良くしてこいよ中身は腐葉土なんだから

2019-05-17

anond:20190517174219

炭そのものを分解できる微生物自然界にかなり少ないんじゃない?

から、生木をそのまま放置するだけなら腐敗して腐葉土になって植物有用だけど、

炭化させてしまうと、そのまま半永久的に残り続けて植物の役に立たない。みたいな。

2019-05-06

店に売ってる腐葉土が怖い

除染で集めた葉から作った腐葉土を売る事に何も良心の呵責を感じない銭ゲバが居るから

生産地では判別できないからどうすればいいのか本当にわからない

安全な土はどうすれば手に入れられるのだろうか

2019-04-29

日記

今月のできごと

実家アボカド1号と2号が枯れそう

腐葉土だと虫が沸くんで、赤玉土だけ植えかえたら、元気がなく2つとも枯れだしてる

1年育てたのに無念、、、

けど次世代アボカド10個くらい芽吹いてるので、次は培養土赤玉土研究を重ねていきたい

ひなちゃん

アボカドの種にひな13号と命名

先月末で親戚のとこの仕事を辞めてから方向性がさだまっていないようで、見ていてあぶなっかしい

横浜バー面接に、ナントカビルまで一緒に行くが、店の雰囲気が気に入らない様子

結局うちの会社の近くの、駅の反対側のバーで働き始めたが、それも明日で終わりで、令和になってからは次のバー

できれば昼の仕事をしてほしいが、、、

同棲を何度か提案したが、お金たまったら、と返事は芳しくない

毒親から離れられないようで、一人暮らしするにしても実家のちかくにしようかな、などと言い出す

仕事

そろそろ異動から2ヶ月たつが、まだ部署にはなじめない

元々のインキ気質が火を噴いてる

抱えることになる仕事も、スタンダードものではなく変則的な癖のあるものばかり。

部下が優秀で動きやすいのが唯一の救いか

今日も変な仕事拾ってしまい、途方に暮れている

ところで部下がコストコ会員ということが発覚

コストコマンゴー10個入りが1500円しないとのことなので、今度行ったら見ておいてよ、と頼む

アボカド大分発芽しそうなので、今度はマンゴー栽培に重点を置きたい。

明日明後日平成最後なので、ひなちゃんと一緒に過ごしたいが、どうだろう

たまにはデートしてあげたいが

2019-04-08

梅雨や夏場になると、近所の歩道ミミズがよく息絶えている。

梅雨場合は生きてそうだけど、夏のミミズは完全に干からびている。

 

大体少しの雨の後に湧くので、水を喜んででてくるのかと思っていた。

のだけど、ある日ふと気付いた。

 

梅雨は、アスファルトで蓋をされて雨水に溺れ、

夏は、アスファルトの熱で焼け出されているのでは?と。

 

おそらくそミミズたちはその歩道の横にある工場の壁、

腰ほどの高さまでその壁にそって積み重なっている腐葉土から地中を這って

アスファルトの下、歩道へと迷い込んでしまっているのではないかという気がしてきた。

 

雨降ってよかったね、とか言ってる場合じゃなかった。

今年の夏は、迷い込まないよう気をつけてほしい。

 

 

2018-08-28

夏が終わる

墓地から漂う線香

雨上がりのアスファルト

木々の下を歩いた時の腐葉土匂い

カブトムシを探し回った記憶

蝉の声

プール塩素

体育館バスケットボールをつく音

田んぼの中にはカブトエビ

日焼けした子供

あっという間に溶けるアイス

夏の間に鍛えられたビーチサンダルを履く足

見上げれば昼明かりの中の満月

夏が終わる

2018-07-02

教育は虚しい

普通下の人間をちょっとだけマシなレベルにして、企業に放流する

その彼らはおそらく社会腐葉土みたいな存在になっていく

それを教育というのなら虚しい

自分の想定を超える答えに驚嘆したり

自分を超えるような頭脳発見したりして育てる

一方的知識流出じゃなく、対等に語り合いながら能力を引き出したい

僕はそういうことをやりたかった

2018-05-05

カップ焼きそば空箱腐葉土入れて乾燥させてたんだが、

今日は風が強かったのか、排水溝(?)に沿ってとなりの部屋のベランダ側に滑って行ってしまった。

2018-02-17

anond:20180217233803

バーク堆肥腐葉土牛糞、鶏糞は一切信用してないので買ってから3カ月は放置して追熟させてます

土づくりメモ

赤玉土

牛糞堆肥が基本

価格をチェックしてバーク堆肥を混ぜる

堆肥腐葉土は使わない

元肥に鶏糞

追肥に8-8-8化学肥料

・年に2回籾殻をすきこむ

・年に2回籾殻でマルチング

・年に2回骨粉・油かす・カニガラ等をローテ

・米ぬかは植え付けがない時期に薄く散布

・米ぬかは保存しない

・手間の関係堆肥自作しない

・植え付け1週間前にph測定

アルカリ性へは苦土石灰

酸性へはピートモス放置

2018-01-29

[][][][][][][][][]

【武田鉄矢】『鉄が地球温暖化を防ぐ』完全版!関空周辺で魚介類が豊富になっている事実!【武田鉄矢チャンネル】 - YouTube

鉄が地球温暖化を防ぐ

Amazon.co.jp: 鉄で海がよみがえる (文春文庫): 畠山 重篤: 本

Amazon.co.jp: 森は海の恋人: 本: 畠山 重篤

NHKドキュメンタリー - ETV特集「カキと森と長靴と」

ttp://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259578/index.html

フランソワシモン 「ル・フィガロ2012/10/20記事より翻訳)

カンカルと日本を結ぶ、カキ養殖業者の美しき連帯感』

調査の結果、山や森から流れてくる河の水に含まれ栄養素が、プランクトンの質に大きく影響することが判明。

プランクトンにはフルボ酸鉄が欠かせない、そしてこの栄養素は森の腐葉土に含まれているのだ。

ttps://ameblo.jp/mizuyama-oyster-farm/entry-11394681733.html


養老孟司、「日本リアル」 を考える―山と川に手を入れれば、漁業は復活する | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

ttps://shuchi.php.co.jp/article/1122?p=2

昆布と鉄鋼スラグ

-9年目を迎えた藻場造成への取り組み-

http://ieei.or.jp/2013/08/special201308_02_002/

ttp://www.japanmetal.com/news-t2017071475283.html

生態系への影響巡り議論 プランクトン増へ「海に鉄粉

http://www.asahi.com/shimbun/nie/tenkai/kankyo4h.html

使い捨てカイロリサイクルで海が再生する!「鉄炭だんご」の不思議

http://blog.goo.ne.jp/fukiya-kurabu/e/ffb8d8b3e28d10eb22d20fcd35206aa2

seedball

[粘土団子][Seed ball][木を植えた男][自然農法][農業][松茸][根切り法]

2015-06-06

妄想wikiとは

妄想wikiとは、妄想であり、wikiwiki的なシステムであり、うんこ((こう書いておくといいって増田が言ってた。ほんとか?))である本日13:35に雪隠でひらめいた、雪は降っていないが。

システム的にはwikipediaであるが、本文は人気投票がついた各IDが手前勝手に書いた投稿文別の寄せ集めであり、他ID文章編集できない。人気が高い妄想は上位に表示され閲覧しやすい。新しい妄想投稿は人気票に下駄が履かされ多少目立つ。管理人はこれを突いた修正スパムと戦うハメになる、合掌。

なお人気が高い記事記事分岐(forkだっけか)がかかり、投稿者にも修正できなくなる。よって「あの名妄想はもう見られない」ということが拒否される。これはひどい

妄想なんでデマの温床であり、警察公安などの関係から目をつけられる。下手をすれば総理から怒りの制裁が飛んでくる。だがその場合政府妖精より削除」とかい文章になる。バレバレであるフェアリーなのはお茶目である

各項目の記述は実にひどいものである。やれ総理うんこを常食してるだの、原発ラピュタ計画の本丸だの、宗教までエグいこと書かれていて、アメリカイスラエルISISロシア中国アノニマスの各情報機関もびっくりである投稿者IDと項目ID記事IDのつながりの分析にみな必死である。噂ではコンピューターウイルス腐葉土となっているということだ。

……という暇なおっさん妄想。あれ、これ単にインターネットなだけなんじゃ……。

2015-04-06

レモンジーナって

オランジーナっての増田では沢山の反応をもらって超うれしかったよ!

今回も100%個人的妄想で書くよ!

レモンジーナが品切れ商法だってみんな騒いでるけど、果たして本当にそうなのかな。

オランジーナが下げ止まった要因を高いロイヤリティを据え置いたまま卸値を下げたという点だと予想した前回の話の延長として考えると、自然と納得が行く考えが生まれてくると思うんだ。

前回のオランジーナ増田では、ライセンスではなくてブランドごと買い取ったとの指摘をいくつか頂きました。

でもそれは尚の事プロジェクトに後戻りという選択肢がないというぼくの妄想裏付けるにすぎない事実だと思っています

オランジーナプロモーションテコ入れをしても効果が現れなくなった今、新商品であるレモンジーナ市場投入する絶好のチャンスだった。

どんな手を使ってでも売りたいとメーカーが思っているに違いなかったんだ。

しかし、今回はメーカー以上にレモンジーナを売りたいと思っている存在があったんだ。

それが小売店というわけだ。

最初は販売に手を焼いたオランジーナも、時がたってみればしっかりと利益をもたらすエース商品になってくれた。

そんなエース商品の新作がでる。しかオランジーナと同じ高いロイヤリティ約束された販売条件でだ。

味についての不安が残りつつも、結局は価格調整で受け入れられたオランジーナを思えば小売店にとってはそんなことは些細な問題だった。

そこに儲かる商品があるのだ。小売店は、我先に殺到する以外の道が残されていなかったんだ。

そうしてレモンジーナ生産ラインメーカーの思惑通りパンクした。

メーカーノルマ押し付け必要なく、小売が勝手殺到したのだ。

当然そうなればメーカーラインパンクを発表せざるを得ない。

おそらくはここまでは担当者の思惑通りだったのだろう。

店頭には最も目立つ位置に山のようにレモンジーナが積み上げられている。

生産中止のプレスリリース追い風になり在庫は一掃される。メーカーも小売もそう信じていたんだ。

しかし、レモンジーナの販売に立ちはだかった壁はまたしても味に対する誤算だったんだ。

多少料理に詳しい人なら気づいたと思うのだけど、あの土っぽい独特な匂いレモンピールによるものなんだ。

スイーツ欧風料理ではポピュラー食材でも日本ではレモンの皮を食べる習慣がゆずやすだちなどの香りの強いものに比べあまりにも少なかった。

年寄り世代に至ってはレモンの皮には農薬ワックスが大量に染み込んでいると信じられているほどだ。

ぼくらは子供の頃、レモンの皮を食べるという経験をあまりにもしてこなかった。

本来であれば日本にすくないおしゃれな風味のドリンクになるはずだった。

しかしながら、ややもすれば腐葉土を思わせるレモンピールの香りさらに強めの苦味が砂を噛んだとき記憶などとリンクしてセンセーショナル表現に乗っかった結果レモンジーナは「カブトムシ味」と評され、山積みのレモンジーナが思うように減っていくことはなかったんだ。

生産ラインパンクしたところまでは事実だったに違いないんだ。

でも、今回に限っては単なる話題作りの品切れ商法ではなく、小売店による人災が含まれていたって可能性が否定できないってことを言いたくて再び現れました。

もちろん今回も裏付け一切なしの妄想です。

ただ強いてあげるとするならば、あれだけレモンジーナ店頭に山積みになっていながらも販売ノルマ悲鳴をあげる小売店の姿を見たことがないという点ででょうか。

2015-03-01

「解ってる、この漂う世界は/一時的な輝きに過ぎないんだ」

もう二十年以上前の話だから時効ということで許して貰えるだろうか。実は私は生首を運んだことがある。十七歳の時のことだ。

その日真夜中に『2001年宇宙の旅』を観た私は、感激のあまり外に飛び出し線路沿いの道を歩いていた。夜空に煙草押し付けて穴を開けたような月が空に輝き、灰色線路が鈍く輝いていた。

既に路線の運行は終わっていたので、私の足取りも勢い大胆になる。私はいしか線路の真ん中を歩いていた。すると私は、線路沿いの側溝に黒いものが落ちていることに気がついた。

それはクラスメイトのヨーコの生首だった。ヨーコが線路に飛び込み自殺したという話は聞いていたが私は普段は列車を使わないし、ヨーコとも特に仲が良くなかったので自殺の話はそのまま忘れてしまっていたのだ。

初めて私はヨーコの生首を見た。切断面は粗く踏み潰されたようにぐちゃぐちゃになっており、辛うじて骨と分かる部分が肉色に染まりながら白く光っていた。生首に手を触れてそれを拾い上げる。手ににちゃにちゃと脂と血がついたのだがそれは構わなかった。

ヨーコは目を閉じていた。土で汚れていたが未だ生命力を誇示するかのようにストレートな髪が私の腕をくすぐった。頬は奇跡的に綺麗なままでその象牙のように白い肌を光らせていた。

閉じられた瞼に目をやったところ、生首も瞼を開けた。死んだ魚のように濁っていた。生首は口を開いた。

ミツバチ君じゃない。

こんばんは。ヨーコだよね。

呼び捨てにしないで、とヨーコは言った。そんなに仲が良かったわけでもないでしょう?

はいはい。ヨーコさん、こんばんは。

私は生首を私の首の高さに掲げた。面と向き合う形にしたかたからだ。結構人間の生首というものは重いんだな、と思ったことを思い出す。

ミツバチ君、こんな遅くまで何をしてるの?

さっき『2001年宇宙の旅』を観たんだ。最高だったよ。

私とヨーコの間には、改めて言うが何の付き合いもなかった。せいぜいフリッパーズ・ギターモーマスCDを貸し借りした程度の仲だった。

ねえ、それより私を運んでくれるかしら、とヨーコは言った。

どこへ?

沼まで。私が案内するわ。

その言葉に従って、私は生首を胸のところで抱きかかえて歩き始めた。

ヨーコはその角を右に、左にと指示していく。私はその通りに歩いた。私たちはどんどん線路から外れていく。家に無事に戻れるんだろうか、と心配になった。

やがて私たちは町の外れの森に辿り着いた。既に道は舗装されておらず、土が茶色く光っていた。

森の中に入ると、道の両側から立っているクヌギがその幹を誇示してどこまでも高く伸びていた。森は腐葉土特有の芳醇な匂いに満ち充ちていた。そしてその頂点にある四方八方に伸びた枝から生えた葉が頭上の月を丁寧に隠していた。僅かな月光を頼りに二人で歩いた。

ヨーコは言った。ねえ、ミツバチ君。

どうしたの?

さっきはごめんね。呼び捨てにしないでって。

こっちこそ呼び捨てにしてごめん。確かに僕らってそんなに仲良くなかったよね。

ミツバチ君のことは気に入っていたのよ。告白しようかって思ったこともあった。

そうなんだ。

から思い出せば私はあの頃は恋愛特に興味を持って居なかった。好きに音楽を聴いたり本を読んだり出来れば幸せだったのだ。だから異性の私に対するそうした反応に対しても私は極めて鈍かったのだろう。

今度は私から尋ねた。ヨーコさん。

何?

死ぬってどんな感じ?

ヨーコは少し目を閉じた。しばらく黙りこくったうちに、ごめんね、と言った。脳が痺れてうまく考えがまとまらないの。

分かるような気がするよ。

私たちはどんどん森の内奥へと入っていく。それはまるで陰部をどこまでも探るような淫靡な試みだった。森の中を彷徨私たちの足取りに到達点などあるのだろうかと不安になる一方で、月をやがて覆い隠すクヌギの森の葉が濃くなってきたことに興奮を覚えた。

ヨーコは言った。生きていた頃のことが全部夢だったみたい。

途方もない夢だね、と私は言った。十七年間も続いたんだから

そうよね。本当にね。

私たちはそのようにして森を小一時間ほど歩いて、ヨーコの言っていた沼に辿り着いた。表面が鰻のように黒くぬめっていて、おぼろげに月が反射していた。

中に沈めて、とヨーコは言った。

いいの?

いいわよ。私泳ぐのが好きだったから。

そこで私はヨーコの首を沼の中に漬けた。最初は浮かんでいた首はやがて水の中に沈んでいき、上方に漂う髪の毛が藻のように揺らいでいたがそれもまた沈んでいった。彼女が浮かべる細かな泡が後に残った。私は帰ることにした。

森の中は相変わらずどこかじめじめと湿り気を帯びており、土を踏む私の足は時々剥き出しになっている石に躓いて転びそうになった。途中で小動物らしきものが立てるかさかさとした物音が聞こえた。私は森の中をどこまでも歩いた。

死ぬってどんな感じなんだろう? そんなフレーズヴィーナスペーターの歌にあったことを思い出した。「死ぬって何だろう?/解ってる、この漂う世界は/一時的な輝きに過ぎないんだ」……。

私は家に着き、窓から二階の自室に入り込んでそして眠った。クヌギの木の匂い彼女の首の匂いは朝になっても残っていた。

今でもヨーコのことを思い出す。つい最近休暇が取れたので私はあの沼に行き、追悼の言葉を呟いて戻って来た。何故かは分からない。ただ、そうしなければいけない気がするから、そうして来た。それだけだ。

2011-12-05

園芸用土購入

神戸ホームセンターで、球根の鉢植えや春の草花用に、格安で売ってあった土を購入。

袋開けてみるとほとんど腐葉土、販売業者見てみると宮城生産地は不明。

なんか意味深。どうせ食うモノは育てない訳だし、いいんだけどさw

2010-11-20

今日もまた、クマだとかイノシシだとか、

近頃、山に関する問題の解決に、狼を輸入するとかどんぐりを撒くのがダメだとか聞くけど、そんな馬鹿げた事にお金使わずに、間伐・枝打ち・下草柴刈り等々、お山のお仕事お金出してくれればいいのになぁと思っている。

でもまぁ、仕分けられちゃってるくらいだから、実現は無理かな。

何が山に関する問題の原因になってるかというと、山が痩せちゃってる事なんだよね。

先ほど挙げた作業を行うと、まず山の地面に光があたるようになる、これを下草や柴が取り込み、それをまた刈ることで土に戻す。

この一連の作業を続けることで、土にエネルギーを蓄えることが出来る。

日本の山の周辺の人たちは、この作業をずっと続けていた。

山に住む生き物達も、この恩恵を受け、それに頼った生態系を作り上げていた。

ところが現代の山は、痩せた木が好き放題みっちりと生え、足元は低木や笹が茂って地面に光なんかあたらない。

土のエネルギーは昔ほどありはしないだろう。

痩せた木々の生える森、病気にすぐに負けて次々と枯れてしまう木がそれを物語っているんじゃないだろうか?

土にエネルギーが十分に蓄えられていると、ちょっとくらい日照りが続いたって、雨が多くたって、植物がその影響を受け止めてくれる。

だけど今の状況じゃ、日照りが続いたり寒かったり雨が長かったりすると、植物が耐え切れなくてとたんに影響が出る。

例えば、ヤマノイモは低木のあまり生えない山道の側や道路沿いに多く生えている。

養分が少なく土の流れやすい場所だが、そんな所でしか彼らは成長に必要な日光を得ることが出来ない。

だからちょっと雨が多いと土と一緒に流されてしまうのだ。

山に光さえ入ってくればヤマノイモはもっと他の場所で育つことが出来るはずだ。

知らない人のために言っておくと、ヤマノイモの地下茎やツルにつくムカゴは食用である。当然野生動物のエサとなる。

山の仕事を止めた結果、起こっている事をもうひとつ紹介してみよう。

昔を知っている人達なら夏に山に来ればすぐにわかる筈だが、カブトムシが小型化してるのだ。

皆さんの記憶の中では、蜜場を独占してスズメバチカナブンを追い払っている姿があるだろう。

今の彼らはスズメバチに追い立てられて逃げてしまうのだ。スズメバチよりも小さい事が多いだから当然なのだが、なんとも情けない。

しかし、小さくならねば彼らは生きていけないからしょうがないのだ。

間隔の詰まった木々の生える森では大きな体では飛び難い、幼虫のえさとなる腐葉土肥料として作る農家の人は居ないし、足元の低木に邪魔されて落ち葉があまり積もらない土では幼虫は大きくなれない。

カブトムシは里の人々に頼って大きくなり繁栄した動物だったのだ。

言われなくては気がつかない人も多いだろうが、カブトムシの幼虫はイノシシを初めとする雑食動物蛋白源のひとつである。

晩秋までに10cm程度の大きさに成長して冬眠するため、重要なエサなのだ。

無論、こんな例で山に関する問題のすべてを説明しているわけじゃないけれど、間伐・枝打ち・下草柴刈り等々、お山のお仕事は問題の解決に役立ってくれるのです。

2009-04-26

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090425/crm0904251300015-n3.htm

アパートにこもりきりとなって研究した末、関本容疑者あみ出した「栽培法」はこうだ。

 角切りのジャガイモ寒天をだし汁で煮詰める。こうしてできた「寒天培地」をフラスコに入れて、胞子を入れる。菌が出てきたら、ハトの餌と腐葉土を入れたガラス瓶に移し替える。瓶は保温ケースの中に入れ、電気ヒーターで25~26度に保ち、加湿器で湿度を管理する。室内に雑然と置かれていた器具は、MM栽培に使われていた。

 「ちゃんとしたMMを育てようと思うと、温度管理などが難しい。マニュアルを参考に、相当の試行錯誤を繰り返して栽培したようだ」(警視庁幹部)

ほうほう、これは参考になるなぁ。

 通常、数時間で元に戻るが、数日続くこともある。薬物捜査経験豊富警視庁捜査員は「大麻より幻覚作用が強い。覚醒剤ともひと味違う効果がある」と、独特の“風味”を説明する。

体験談ですか?わかりかねます。

2007-09-05

じゆうけんきゅう あさがおのかんさつ

9がつついたち はちにたねをうえました。水をやったのに、まだ目がでてこんがやけど、どうしたらいいが?とおかあさんにきいても、ごめん、わかんない。といわれました。

9がつふつか まだ目がでてない。いつでるがやろ?

9月3日 発芽せず。

9月4日 発芽せず。

9月5日 発芽を確認。せっかくなので腐葉土の投入を検討したが、持って帰るには重すぎたので断念。となりにこっそりと枝豆の種も植えてみた。収穫が楽しみだ。でも、枝豆って今から植えても大丈夫なのだろうか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん