「ストライキ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ストライキとは

2022-05-21

anond:20220521080337

バカだよ。日本人はみんなバカ


賃上げデモするのはうるさくてキモいストライキは人の迷惑になるからするべきじゃない。賃金が少なくて困ると友人に愚痴るのが正しい在り方。お金はいらないか毎日ダラダラ仕事しないで暮らせるのがいい。

選挙も行かないけど、選挙に行かない人を責めないのが偉いし、声を荒げないのが偉いし、政治の話をするのはキモい政治について考えるよりはドラマを見たい。税金政治家の懐に消えてもいいし、それで解任させるなんてことも特にしない。政治先生の考えることだから

他人と揉めても裁判は起こすべきじゃない。警察は呼ぶべきじゃない。おおごとになるから。内内で済ませるべき。とにかくうるさく騒ぐ方が厄介。

これが平均的日本人思想

2022-05-18

anond:20220518080006

あんたは会社ストライキすら

できないくせに〜

首が怖くて、お客さんや上司

ペコペコしてるくせに〜

お疲れ様です。

2022-04-23

気づいてしまった

世の中に必要不可欠な職業ほど低賃金であることに。

例えばゴミ収集員がストライキをすれば大いに困ってしまうけれど、議員ストライキをしたところで誰も困らないよね。

2022-04-14

仮面ライダースタッフ残業113時間

社員に長時間残業をさせ、割増賃金を適切に支払っていなかったとして、東映中央労働基準監督署東京から3度にわたって是正勧告を受けていたことがわかった。労基に申し立てた「仮面ライダーバイス」のプロデューサー補佐(AP)を務めていた20代女性社員と、労働組合総合サポートユニオン」が14日、明らかにした。

仮面ライダースタッフ残業113時間 東映労基署是正勧告朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASQ4G6QGNQ4GUCVL027.html

せまる~ 過労死~ 地獄の 職場

われらを 搾取する 黒い影~

36協定を 守るため~

ゴーゴー・労組へゴー 輝く労基法

労働者~ 団交! 労働者~ ストライキ

合同労組~合同労組~ 労組~ 労組

CV: 中江真司>合同労組は、1人でも加入できる労働組合である。彼らが対峙するブラック企業労働者搾取を企む悪の秘密結社である労働組合人間自由のためにブラック企業と戦うのだ!

2022-03-19

花畑牧場

ストライキ騒動の件、花畑牧場が悪かったと認めたわけだけど、なぜ悪かったのか、そしてなぜ刑事告訴に至ったのか理由書いてあった?


なんか悪かったって認めたってだけしか記事に書いてないんだけど。

そもそもこの件、後に悪かったと発覚したとしても最初から悪いとわかっていてやったにしても、どちらにした所で損害賠償刑事告訴もできるわけがない話なのに。

後で悪かったとわかった場合管理能力が無いと言っているようなものだし、最初からわかってたとしたら刑事告訴なんてするのあまりにも厚かましい話でしょう。


一体何をもって悪かったと認められるようになったのか。

2022-02-24

田中社長やべえ

ウイグルのプチ版みたいなことやってんな

田中義武社長意外とやべえ人だったわ


ストを実施したベトナム人に200万円請求 生キャラメル花畑牧場

写真・図版

ストによる損害賠償請求撤回花畑牧場に求めたと会見した札幌地域労組幹部=2021年2月24日北海道帯広市

 生キャラメルで知られる「花畑牧場」(北海道中札内村田中義剛社長)で1月ベトナム人従業員待遇改善を求めてストライキを起こし、会社側が従業員に計200万円の損害賠償請求したことが、24日わかった。従業員支援する労働組合は「労働条件改善のための正当な行為」と主張。一方会社側は、労組結成前のストで「職場放棄だ」としている。

 札幌地域労組24日、会見して明らかにした。

 同労組によると、花畑牧場十勝第2工場中札内村)で1月26日、ベトナム人従業員38人が寮の水道光熱費の値上げに抗議してストを実施。当時同社に労組はなく、従業員会社側に25日、グループライン上で通告し、26日には田中社長にも改善を訴えたという。

 労組によると、寮の水道光熱費はそれまで毎月7千円が給料から引かれていたが、今年1月には約2倍の1万5千円ほどになっていた。ベトナム人従業員たちは複数回わたり会社側に抗議。しかし、会社対応しないと判断し、ストに踏み切ったという。

 その後会社側は、基本的に以前の光熱費の7千円に戻すとしたが、ストに参加しなかった従業員を含む40人に3月15日での契約満了を通知。うち4人には、就業規則違反理由に7日間の出勤停止と、「他の従業員扇動して生産ラインを止めた」などとして、計200万円の損害賠償請求した。

 4人はスト後、札幌地域労組に加盟し支部を結成。今月24日に組合結成通知を会社側に出した。

https://www.asahi.com/articles/ASQ2S6D8TQ2SIIPE01M.html

2022-02-20

anond:20220220105511

そういう無関心の結果、ここ30年で日本はめちゃくちゃ衰退してるんだよなあ

議員も支持されなければ存続できないか民意を汲む

デモだってストライキだってなんだってできる

もし本当にいないなら自分がなればいい

今後もどんどん落ちてくで

政治参加しないんだから自己責任

2022-02-15

サイデの株を買ったらどうなるの?

社内留保が溜まり過ぎて、従業員

「ヴォーナスを上げろ!還元しろ!」って

ストライキ起こしてお店休みになったらやだな。



大株主になって、役員室に呼ばれて

アナタが社外取り締まり役です」

ってなったらどうしよう///


会社役員で黒塗りの運転手さんが毎朝迎えに来るの!

早朝出社の女子アナみたい!

2022-02-12

何故転売ヤーが減らないのか?という話

単純に考えれば、需要供給があるから

基本的に商いというものは、そういうものだ。

それでも、昨今において転売ヤー問題視されているのはやはりその数のせいだと思う。

転売ヤーが多すぎるんだよ、要は。

そのせいで、これまでは普通価格で買えてたニッチものでさえ、値を張らなければ買えなくなった。

そして、そうしたニッチものにまで転売ヤーが手を出し始めた理由とは。

簡単だ。

手軽に転売できる場所が出来たから。

故に、転売行為それ自体の敷居がだいぶ下がり、まさに現代国民の誰もが転売をすぐに始めることのできる状態だ。

転売やらないんですか?損ですよ?」と言わんばかりに。

そう、ここでもう結論を書くが、転売がなくならないのは転売ヤーが悪いんじゃなくて、転売を推奨するようなプラットホームがあることこそが一番の問題なのだ

転売をすることで誰が一番儲けるか?

これも答えは簡単転売ヤー販売元のメーカーでもない。売買の場所提供しているプラットホーム側だ。

例えばメルカリでは、売上の10%を手数料として取る。10%だよ10%!!メルカリなんて、それなりの利益を得ようとすれば薄利多売が基本なのに10%って…明らかに多いだろ!

それなのに反対の声も、ストライキ的に使用者が減らないのも、やはりその利便性からだろう。だってメルカリもの売るって本当に楽だよ。審査とかそういった類いのものはないし、一目見て違法って分かる物じゃなければ何だって出品できる。

から転売捗る

そして、全体としての利益メルカリにいく。

まさにプラットホーム一人勝ち状態

プラットホーム側が転売をまったく規制しようとしないのはこうした理由があるからで、ほんともう資本主義的。

倫理って何それ?食べれるの?状態

YouTubeなんかでもそうだけど、誰でも参加可能プラットホームの癖に一般的倫理からズレた行為結果的には肯定・推奨する形になっているというのは実際かなりヤバいと思う。



あとこれを書いたきっかけはMGドム転売ヤーのせいで価格高騰してたから。

定価であれば、よりドム好きか増えたであろうに…という無念からである

ドムかわいいよ

2022-02-09

「出勤指示」にコールセンター契約社員団体交渉を申し入れ 会社側回答は「担当者テレワーク

これヤバ・・・

K〇DIボルバってそんなヤバイ会社だったのか・・・

やってることは中国人権侵害ミニ版だぞ・・・

経営層に中国人系が入ってる可能性高いな

2022年2月8日 17時46分

 職場新型コロナウイルス感染が相次ぐのに出勤を指示されたとして、東京都新宿区コールセンターで働く契約社員らが8日、従業員を休ませることや検査実施を求め、会社側に団体交渉を申し入れた。

従業員の新型コロナ感染が相次ぐ中で業務継続を指示され、会社に休業や検査を求めるコールセンター契約社員ら=東京都新宿区

従業員の新型コロナ感染が相次ぐ中で業務継続を指示され、会社に休業や検査を求めるコールセンター契約社員ら=東京都新宿区

 従業員が加入する労働組合総合サポートユニオン東京)によると、1月中旬から20人以上感染者が出た。保健所業務逼迫で職場調査ができない中、会社は濃厚接触はいないと判断し通常業務継続を指示。契約社員らは1月26日からストライキ実施中だ。団交申し入れに対し会社側は「担当者テレワークで不在」と回答、交渉に至らなかったという。

 ストライキに参加する管理職の30代男性は「休むと勤務日の希望が通らなくなるなどのペナルティーがあり、解熱剤を飲んで出勤する人もいた」と証言センター運営するKDDIボルバは取材に「座席の間隔や出社時の検温など対策は十分しているが、安心のために当該拠点の全員を対象にしたPC検査をする予定」とコメントした。

 同労組は、職場感染対策会社対応への不安についての電話相談を10日午後5~9時、11日午後1~5時に実施する。詳細は、職場クラスターコロナ感染対策に関する労働相談ホットラインフリーダイヤル(0120)333774=へ。(山田晃史)

穴埋め頑張った手当を創設しよう

独身専業主婦(夫)持ちは絞れば絞るほど働くと思われているフシがある。

子育て貴族みたいなことになると、労働者間で争うだけなので、穴埋め頑張ったね手当を創設してほしい。お金解決

まぁ、ストライキでもしない限り経営者はんかってくれないんですけどね。

義母娘でもあったじゃん?経営者パン一つ作れないって。

2022-02-08

出産スト:世間はずっと同じこと言ってると思うんだけど

ずっと思ってたことなんだけど、保育園とか学校とか休園・休校になって親が休み申請しても、企業自治体も助けてくれないじゃない?

今日ニュース助成金が出ないって話みたけど。

でもさ、人は産むじゃん?

自治体が助けてくれないのも、世間妊婦子育てに関して冷たいのも別に今に始まったことじゃないよね。

結構ずっとずっと子育て支援を訴えてて、少子化問題でって言ってるけど、ちっとも良くならないよね。

子育て環境悪いってわかってるのに、産むのは何でなの?

多分だけど、それでも人は出産をするから国は危機感を持たないのではなかろうか。

何もしなくても産んでくれるから、ちょこっとやる気出してる体でいればいい、考えてますよー子育て支援、みたいな。

所詮ルール決めてんの、現場人間じゃないし。

誰も出産しなくなったら(当然それはあり得ないことないんだけど)、さすがに国は危機感を持つんじゃなかろーか?

いわゆるストだ。

出産ストライキ

今産みたい人とか出産年齢考えた人とかから怒りしかでないだろうけど(そしてストとしてはまとまらない)。

長い意味での先を考えたら、それぐらいしないと明るい出産事情未来はないような気もする。。

ま、無理です。

だって、人はそんな国の少子化のために子供産むわけじゃないから。

ただ、ずっと謎ではあったのよね。

起こった後に改悪されたら怒るのわかるけど、そもそも環境悪いのにそこに飛び込んで行く(そして今さら分かり切った不平不満をだす)のは何でなの?

2022-02-03

東京コールセンターで働く契約社員10人が、職場新型コロナウイルス感染者が相次ぎ、感染リスクが高まっているとして、勤務先にストライキを通告したことが3日、労働組合への取材で分かった。同じフロア従業員を休業させるよう求めている。

東京コールセンター10コロナ巡り勤務先にストライキを通告 - ライブドアニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/21619173/

そういえば、NOVA講師が同じようにわざわざ出勤させてのレッスンは止めろ、と訴えてたのはどうなったんだっけ。会社が負けた (労組合意) のか。

NOVA講師らスト回避 「コロナ休講」の罰金返還へ:東京新聞 TOKYO Web

https://www.tokyo-np.co.jp/article/30010

2022-02-02

anond:20220202030521

日教組みたいな大きな集団なら意味あると思う

あれくらい大きくないとダメだろうな

あとは素人ながら公立先生争議権がないから、定時に帰ったり部活拒否する事ががストライキと見做されたらアウトじゃないかなという疑問もちょっとある

2022-01-12

はてなブックマークじゃん

ハフポストSDGs / 仕事に役立つSDGsニュース🌍🌱

@HuffpostJ_SDGs

「ここでは、こんなに自由に怒っていいんだ…」

COP26で海外アクティビストたちとのストライキに参加して思ったのは、怒っていい社会にいる心地よさだった。

そこには、怒りをオープンに表しても受け止め、賞賛してくれる人々がいた。

一方、日本社会はどうだろうか?

https://twitter.com/HuffpostJ_SDGs/status/1480345026278342657

2021-12-31

問題職員の正しい辞めさせ方 2/10

A夫さんとの面談の日はすぐやってきた。先日と同じ面談室だった。

こちらは予定どおりの布陣で、A夫さん側は2人。今回は上司と一緒だった。「一緒に来てほしい」と上司に頼んだという。

あの時と同じく、だらしない恰好だったが、上司指導によるものか、前回よりは綺麗だった。ネクタイはまっすぐで、謎のシミもない。

「A夫さんですね。今年から人事~~として採用されました××と申します。前回、あの端にあるソファに座っていた者です……いきなりで申し訳ありません。A夫さん、今日はどうして呼ばれたかわかりますか?」

はい、なんとなく。処分のことだと思います

「そうです」

新聞自分のことを見ました。情けないです」

方言標準語に直したうえで、特定のおそれのある箇所を編集している。以下、職員の会話はすべて同じ処置を行う。

私のメモによると、こうしたやり取りが面談最初にあった。

会話のクッションを何度か挟んだ後、私はついに言った。

以下、主要なやり取りを抜粋する。

単刀直入ですが、A夫さんには退職の道を選んでいただきたいと考えています

「……ん?」

懲戒免職処分を下します」

「いや、いや、それできないでしょう!」

「市としての決定です」

労働組合は?」

組合関係ありません。組合に入っていようがいまいが、処分内容が変わることはありません。今回、あなた万引き窃盗という罪を犯しました。それだけでなく、過去社会人としてよろしくない行為、仲間から尊敬されえない行為を繰り返している。改善の見込みもない」

私は、A4用紙にプリントされた罪状を読み上げていった。その数は20件以上にもなる。

どうしてこんなものがあるかといえば、人事課のデータベースに、職員のさまざまな問題行為が毎年追加されているからだ。三十年以上前忌避行為であっても筒抜けというわけだ。

A夫さんは硬直していた。最初よりもはるかに緊張感に満ちている。睨むようにこちらを見つめながら、両手の指を組んでさするような手つきだった。

彼の上司は、何も言わずに片目でガラス卓の鏡面を見ていた。部下を庇う様子はない。

「なんとかなりませんか」

「なりません。しかし、総務部長とも話し合った結果、A夫さんが自ら退職願を出すのであれば、懲戒免職にはしません。通常どおりの退職となり、退職手当も満額出ます。これまで40年近くもK市のために働いてこられたんですから、この程度の寛大な措置(※諭旨免職)はあってしかるべきかと。そのうえ、今回は早期退職制度の利用を認めるので、割増退職もつます

組合相談します」

「わかりました。では、こちらがA夫さんが今回の処分に不服である場合の申し出のやり方を書いた資料になります。受け取ってください。それで、A夫さんがどうしても納得いかなければ」

「……はい

「K市は妥協しないので、後は裁判しかありません。判決でA夫さんの主張が認められた場合は、K市に残ることになりますが、今の部署は相応しくないと判断されるため、異動を覚悟してください。今のところは、〇〇課か〇〇センター(※一般的公務員にとって辛い労働をする部署不要判断した職員を、サイコパスと思しき管理監督者の元で働かせる。その管理監督者というのも、K市にとって不要人材判断されたため、同じく問題職員監視するポストに就いている。いわゆる蟲毒)を予定しています

組合にも相談しますし、嫁や子どもにも相談します」

「A夫さん。あなたは罪を犯しました。信用失墜行為です。全体の奉仕者としてふさわしくありません。繰り返しますが、本来処分懲戒免職です。しかし、法をそのまま適用すべきでない場面だとも判断されることから、これまでのA夫さんの功績を考慮して依願退職を認めるものです」

A夫さんは、不服申し立てに関する資料を受け取ると、そそくさと出て行った。彼の上司がその後に続く。

それからの1か月は、あっけないほど順調に進んだ。

まず、労働組合執行委員長書記長ほか数名が怒鳴り込んできた。彼らのスタンスはわかっている。怒鳴り声に2、3分も耐えていると、あちらも私達が本気であることがわかったのか、冷静になった。

組合としては、A夫さんは必要職員だというご認識ですか?」

組合員としてA夫は仲間だと思っている」

「知ってのとおり、A夫さんは信用失墜行為を犯しています。K市としては、彼のような職員はいりません。A夫さんが、自らの意思早期退職を選ぶのであれば問題ないですね」

当局がA夫を脅迫しているなら話は別である。もしそうなら、仲間として守らせてもらう」

「そうでないならいいんですね?」

当局は~」(以下略。何かあっても組合責任はないことの確認をしていた)

さて、労働組合本質政治運動にある。K市の組合もそうだった。加入者の毎月の給料から約3パーセント徴収し、その何割かを左派政党に納める。そして、プッシュした議員労働者寄りの政策を実現してもらうのだ。

職員労働組合――職員同士の互助会であり、組合員を不当な権力から守るという本来的な意味での組合活動は、それに比べると優先順位が低い。口には出さないが、彼らはそう思っている節がある。この事件の後で、団体交渉を何度も経験した私はそう直感した。

A夫さんは、別に組合にいてもいなくてもいい。組合費が入らなくなるのは惜しいが、当局(※労働組合経営者側をそう呼ぶ)に対して、「A夫さんをなんとかしてほしい」と交渉するまでの価値はない。とはいえ組合員のために戦った、働いたという実績はほしいので、こうして形だけの食い下がりを続け、ほどよいところで悔しそうに退散する。それが私が見た、一市町村労働組合の姿だ。

これ以降、私は計15人の問題職員退職勧告を行い、そのうち13人が実際に退職した(残り1人はK市を訴えた。もう1人は更生の余地が認められたので勧告撤回)のだが、労働組合最後まで食い下がって助けた職員の数はゼロだ。本気で当局私たち)を動かそうと行動に出た回数もゼロ。こうして辞めたうちの1人は、組合の元役職持ちだった。

彼らは、口酸っぱく、「当局当局!」と騒ぎ立てるだけだ。本気で争うつもりなどない。ただ組合員に、「当局は許しがたい行いをしている」と知らせるにすぎない。

交渉テーブルの上で、彼らはよく主張していた。「仲間をクビにするとはどういうことか」「同じ職員として恥ずかしいと思わないのか」「〇〇さんは十分市に貢献してきたはずである」と。しかし、同じ交渉最中に、「職員組合としては、免職処分の取り消しと引き換えに、このようなことできる~」などといったバーター提示や、「取り消さないなら現業ストライキを行うことを辞さないが~」(※公務員労働三権の一部しか認められないが、現業職員に限ってはもう少し広く(+団体交渉権と協約締結権)認められている。なお、現業職員であってもストライキは認められないが、一部の地方自治体では事実上のストが行われることがあるという)といった、交渉者としての態度が出てくることはなかった。

彼らは、組合利益が薄いと見るやいなや、交渉と見せかけた陳情だったり、見かけ倒しの規範論を繰り返すばかりだった。これは、まったく個人的感情になるが――それにしても気持ちの悪い連中だった。偽善と嘘ばかりを繰り返している。ああいう男らしくない連中には虫唾が走る



結局、A夫さんは、年度末での退職を選んだ。

何のことはない。あと数年で定年退職だったので、裁判で争うよりも、あと1年未満でいいので今の職場ゆっくりやりたいと考えたのだろう。正しい判断だと思う。

勝てるかどうかもわからない裁判を抱えて、勝ったとしても地獄のような部署で働くことになるよりは、早期退職を選んだ方が本人にとっていい。

今回の結果を受けて、副市長激怒した。私は電話副市長室に呼び出され、ほかの総務人事関係幹部職員と一緒に説教を受けた。

上述のとおり、市長から退職勧告を行うことについての了解は取っていた。以後、A夫さんが退職を決めた後で正式市長了解を取り、文書での稟議を回していた最中出来事だ。意思決定者の合意が先で、文書での伺いは最後民間企業でも一般的なやり方である

誤算の一つは、市長や他の幹部副市長に一声かけていなかったこと、もう一つは副市長同意しなかったことだ。主には、私がK市での仕事に慣れていなかったせいである。

・なぜ早まったことをしたのか?

市長相談したのになぜ私にしないのか

身分保障という慣行を破ってはならない。先人が決めて守ってきた大事ルールである

といった意見をぶつけられた。副市長とA夫さんが同じ年に入庁した同期という事情もあっただろう。ちなみに人事課長も同期だ。

ほかの幹部は、申し訳なさそうにしていた。私は堂々たる姿勢で、「K市にとって不要職員だと判断しました。罪を犯したのに反省の色もなく、最初面談ではヘラヘラと笑っていました……切るべきかと。市長もやってみろ、と言っていました」と答えた。

これらの台詞は、当時のメモを見返しながら書いている。そこまで間違ったものではないはずだ。私は確かに副市長に対して上記のような返答をしている。

こういう時に大事なのが『自信』だ。自らの想い、行動への信仰と言い換えてもいい――下の人間に好き放題やられた副市長からすると、自信なさげだと「悪意でやった」と思われかねない。越権行為であるからこそ、組織にとって正しいことをしたのだとアピールする必要があった。

目的はわからなくはない。理解はする。だが、こういったことをする場合は、私に事前協議するように。私を飛ばし市長のところに行くな。今後相談しなかった場合は、決裁の判を押すつもりはない」

それが副市長メッセージだった。その後、幾人もの問題職員諭旨免職によりK市を辞めることになった。副市長のところには事前協議に行ったが、判を押してくれたのは2人分だけ、A夫など比較にならないほどの悪に限って決裁の判を押してくれた。

『よくない人間を辞めさせることに利があるのはわかる。しかし、行政世界はそういうものではない。不合理に見えても、ここの大事ルールだ。みんなにダメだと思われている奴でも辞めさせるな。それが本当にダメな奴、組織にとっての癌だと、人間の目でいったいどうしてわかるというんだ?』

これは、私が要約した副市長の主張だ。

一応言っておくが、副市長の考えは正しい。ただ、私や市長の考えと合わなかっただけだ。公務員身分保障は、行政行為を円滑に回すための全世界共通ルールである。実際、公務員身分保障がなければ、社会制度をまともに維持できないことには私も同意する。

例えば、税務系部署にいる職員は、自らの裁量で税務情報システムログインし、市民課税情報を書き換えることができる。K市くらいの住民規模だと、上司もいちいち課税情報の変更をチェックできない。彼ら彼女らは、やろうと思えば不正ができる。

もし彼らの身分保障されていない(生活できないレベル給与水準簡単にクビを切られる環境権力者に脅迫されても守ってくれる存在がいない)場合、何が起こるのかを想像していただければ、副市長の言うことに理があり、私があくまで慣習への一挑戦者にすぎないことを理解いただけると思う。

https://anond.hatelabo.jp/20211231220516

2021-12-13

海外ドラマNG集とか見てると、育成環境の違いを実感する

日本でも昔はNG大賞とかやってたけど、ああいうの見せるって恥部晒してるようなものだと思うし、時間無駄、金の無駄だと思うよね。

どいつもこいつも失敗したら両手合わせて謝ってばっか。

逆に海外だとゲラゲラ笑ったり何ならわざとNG出したりする。

そんで日本からするとふざけた連中でしか無いのにそいつらはストライキとかもやったりするし年収日本人とかよりも高い。文字通りスターだし。

日本人はそういうのできないよね。役者でも。

しかしながらそういう役者が好き勝手やってゲラゲラしながら高い収入もらってヒャッハーする一方仕事できないやつがマックジョブ日本人未満の収入を得てフードスタンプもらってギリギリ生活をし、ハリケーンがてめえの人生ズタボロにしていくし、スラムなんかも割とある

スケールが違うんだよね。等身大の幅が違う。

2021-11-29

anond:20211129065832

国鉄ってストライキ起こしたクズどもが多かったんでしょ

っぱあの時代の連中は頭おかし

2021-10-29

暮らしをよくするために選挙に行こう!みたいな論調死ぬほど苦手

お前らは「選挙に行け」しか言わないよな https://anond.hatelabo.jp/20211018110917

これ読んでまあわかる~となった選挙行かない26歳だけど、少し自分が行かない理由とは違うのと、これだけ書かれててもなお明後日な方向に説教かましてるブコメ散見されるので書きたくなってしまった。

さて、選挙が近づいてきて連日選挙カーとTwiterの選挙大事だよツイートのバズがうるさい時期になってきましたね。

なんか特にここ数年、若者自分のために選挙行こう!とか、生活を良くするために選挙行かないと!とか、選挙行かないのに文句だけは~みたいなクソ説教死ぬほど聞く気がするのですが、

個人的にそういうの全部、なんていうか、不自然だな~と感じていて、その手のことを言っている人がいるとタレントでも知人でもア~・・・って思ってしまう。

この増田趣旨としては、選挙に行かない言い訳をしたいわけでも、政治選挙制度それ自体批判したいわけでもなく

上に書いたような「選挙に行こう!」みたいな発信への思うところを書いております

まり詳しいというわけでもないので間違いもあるかもしれない。納得できる論理で、じゃあ選挙に行ってみるか、と思わせてくれる反論がつくことも微妙に期待しております

以下、選挙行こうよ話でよく使われる文句と、それに対応して増田の思うこと、というかたちでお送りさせていただきます


若者層が投票結果への影響を増やす政治家も若者意識せざるを得ず、若者向けの公約政治家が増えてくる。

・ひととおり公約を読めばどの党も高齢者一辺倒ってわけでもないし、社会保障の皺寄せが若者に来るのは人口構成比にもよるものも当然あると思う

・そも高齢者自分に得だから選挙に行く、というわけでもなくて、時間があるから投票に行きやすいとか、地元候補者やその関係者との付き合いがあるとか、地域根付いた人間関係(互助世間体)が強いとかある。

人口構成比や細かい政治システム関係なく世界各国でも投票率は低下傾向があるし、世代間格差が開いているっぽい(軽くググった知識なので古い/誤解かもしれない)。ということは単に現代若者生活スタイル情報収集手段に現行選挙マッチしてないという事情も少なからずあると思う。

オンライン投票可能期間を伸ばせば若者投票率も多少上がるだろうけど、課題は多し。

・あと単純に因果が逆でも成立しない?そのロジックがアリなら、20代世帯に5万円配りますつって普段選挙に行かない若者票を荒稼ぎする政治家が先に出てきててもおかしくない、気がするのだけど…

さらにいうとこの論調危険なところは、本来なら富裕層/貧困層対立構造として問題視すべき部分まで世代問題すり替えてること。

民主主義として選挙に参加する権利放棄している。(=普通選挙平等選挙に対する冒涜だ/政治文句を言う資格も手放す)

政治参加方法選挙だけじゃない。ストライキデモパブリックコメントなど直接意思を表明できる手段は色々ある。なんなら政治文句を言う政治批判なんか、一番歴史が長い政治手段なんじゃなかろうか。

→そも無から選挙権が産まれるはずがなく、普通選挙権を獲得したのは批判政治運動だよね。

・昔は全員に投票権があったわけじゃない。

→これ本当に謎。昔はできなかったんだから今しないのはもったいない、なんてこと腐るほどあるでしょ。論点がぶれそうだから具体例は出さないけど。

選挙に参加する権利=恩恵を受ける権利社会を作っていく権利、というわけでもない。選挙権は、政治上の代理人を選ぶための1票を投じることができる権利以外の何物でもない。

個人的には投票しないと文句言えないのロジックも飲み込めてない。選挙制とか多数決に納得して投票をした人の方が文句言えないんじゃないの?と思うし、与党投票なんかしようものなら口をつぐむしかなくなるのじゃないか

・あとは、少なくとも民主主義の下に論じているのならば投票しない人への排他的な態度は正解ではないと思う

●1票の影響力だって云々、その他

・現状の選挙システム現実主義見方をするなら、1票の影響力は正直なところかなり小さいよね。

人口比率による世代間の票の格差があるので若者についてはさらに小さい。まずそこを認めてからなんじゃないの。

純粋公約を読んで判断して、という個人も当然少数ってわけじゃないと思うけど、業界として票田を持っているとかそういう大きい組織票の殴り合いもあるなか、自分の1票を重いと言い切るのはやっぱ無理あるような気がいたします。しかもみんな同じ党に入れるわけじゃないとなるとなおさら

公明党がなんで連立与党になってるかとか、なんで特定業界との癒着が発生してしまうのかを考えれば自民公明だよね。

・あと政治に正解はなく、世代とか右翼左翼だけじゃないその人々の立場価値観で最適解は変わってくるのに単純化(=投票すれば暮らしがよくなる)している風に見えることがとても引っかかっている。

若者が〜の例でいえば、高齢者向けの社会保障分が若者に回されれば社会全体ハッピーなの?という感じ。そんな単純でもないけど。

・これだけ書いておいて元も子もないことをいうと、選挙以外の方法政治が変わることを期待しているわけではなく、 政治憎しでも選挙憎しでもなくて、「若者選挙に行こう!」憎し、というのがニュアンスとして実感に近い

なので選挙に行く人は普通に偉いな〜と思って見てるし、行かない人はわかる〜って思って見てます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん