「観点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 観点とは

2018-02-23

anond:20180222235129

出生率向上の効果について申し上げています

大学無償化貧困に陥った子供の救済を目的にしたものですので、出生率の向上の効果の有無はこの政策において重要ではありません。

そもそも目的としていない効果不明であることをもって、別の施策比較するのは不条理です。

そういうご家庭は救わないというのでしょうか。

貧困で就学が困難な子供と、費用観点から二子出産を悩む家庭はそれぞれまるで別の問題ですから、別々に議論されるべきですね。どちらか一方二者択一で並べられるべきものではありませんよ。

ちなみに、国立大では非課税家庭は授業料免除申請で全額免除になりますので切り捨てではありませんご安心ください。

大学は各大学ともそれぞれ個性的カリキュラム個性的教育内容を実施していますから貧困理由選択肢を奪われる子供が増えないように、この施策を拡充しようというものですね。

もはや決定という風な言い方は避けた方がいいと思います

高等教育無償化理念や意義、目的などを述べているだけで、特に決定したかのような言い回しはしていませんよ。

そもそも私は個人的には高等教育無償化に賛成というわけでもないですし。

あなた批判が的を外れているから指摘しているだけです。

私は日本若者のことを考えるのであれば、出生率が伸びることが必須と思います。このままだと大学へ行っても国の税収や保険問題で長期的に大変な目に合うでしょう。

セーフティネットの拡充による貧困若年者の救済と、出生率改善による経済や国力の成長は別々の議論です。あなた批判されているのはこの両者を混ぜ合わせて二者択一にしようとしていることからです。

それぞれの施策は別々に議論されるべきものであり、一方が不要からもう片方が必要、一方が必要からもう片方は不要という関係にはありません。

両方必要かもしれませんし、両方不要かもしれません。それぞれ個別議論し、必要かどうかを考えるべきです。

2018-02-22

anond:20180222223701

いえ、筋違い議論ですよ。

政策が何のために、どのような理念でなされようとしているか」という観点が完全に抜け落ちています

 

現在議論されている高等教育無償化子供のための政策であり、出生率向上のためのものではありません

出生率向上のためのものであれば、住民税課税世帯に限るという条件はあまり限定的すぎます

 

実際に友人も大学までの教育費も考えると2人かなあと言っており私には一般的な話と感じます

1人でも大学までの教育費を普通に払えるような世帯そもそも今回の高等教育無償化対象にはなっていませんので、

そのような観点で第二子を生むかどうか決めるような世帯にはあまり影響がありません

2018-02-21

anond:20180220134320

みんな「詭弁」や「邪悪な論者」をそうとう警戒しているようだ。

元増田すべからくで釣った人)です。
個人的に今回一番の収穫はこれを知れたことだった。

もともと自分はこんな考えだった。

なお自分の「議論」観は15年くらい前に読んだこのサイト https://iwatam-server.sakura.ne.jp/software/giron/ の影響が大きい。

でも楽観的すぎたのかもしれないな。
かにこの態度だと、なんかすごいプロパガンダを受けたらコロッと騙されるかもしれない。
みんなはそれを警戒して、自分思考能力を過信せず、詭弁っぽいものを見かけたらそこから情報を得ようとせずに叩き潰そうとするその態度や表現非難するのかも。
(追記:ごめんね、叩き潰すっていうネガティブ表現ダメだった、いまだに認知の歪みがあることを示している。)

建設的な議論をしない人の存在を憂いていたものだけど、ある意味それには合理的理由があったのかもしれない。

というようなことを考えました。新たな観点ありがとう


追記

まさかここにもコメントをいただけるとは……!(追記多すぎだろバカ自分でも思っている)

このように往生際の悪い別記事を追加した理由

tick2tackさんの「発話側の問題性を無視してるとこあるな」という指摘を見て「( ゚д゚)ハッ! ほんとだ!!」と気付いたのがきっかけです。

慈善原則http://www.ki-dousen.net/docs/content/2882 など)というのを念頭に置いていて、そこまで悪意を想定する必要はない、悪意や過失があってもロジックを整理すれば対抗できる(というか自分相手から知識を得る分には支障はない)、という限定的な状況しか考えていなかった。
それだけでいいのか? というのを今は考えている。

釣りについて

記事内で釣り宣言があれば邪悪ではないと思っていたのだけど(虚構新聞とか好きだったし)、それも改めて考えなおしています
社会「嘘」が溢れていることへの問題意識が少なかったな。

とりあえず自分はこの一回きりで、もうしない、ごめんなさい。

(追記)後釣りだと思われてたの⁉︎ 元増でも言ったけど投稿と同時だよムキー! だから正当化されるってわけじゃないですけどね。縦読みは思いつかなかった。

比喩表現奨励するつもりはないです

自分自覚的には使わない。詭弁もってのほかです。というか使用者側の話は何も考えていなかった。

が、自分以外の誰かが使うことはあるだろう? そのとき表現より本題に集中すればいいし、その中身に反対なら反対すればいいし、無益そうだったら離れればよいのでは?
という考えだったのですが(説明不足)、その態度が間接的には比喩詭弁奨励につながるのかもしれない、と今思った。
それを批判されたのだとしたら、なるほど一理ある、という気持ちです。

誰も比喩を使わなくなるのはもったいない、とも発言してるからな。これも矛盾してるよな。

ほか

anond:20180220230710

かにナウシカがいなければ現生人類はすぐに絶滅していただろう、そこは認める。

しかナウシカに全責任押し付けたのなら、押し付けられた最高責任者であるナウシカ最後まで慎重な判断をするべきだった。

墓の技術を用いれば現生人類が新しい環境でも生きていけるだけの可能だってあった。

その真偽を確かめる前に破壊したのは全責任を背負わされた者の判断としては絶対に間違っている。

人が傲慢であることを認めるなら例え危険を冒してでも墓の技術現生人類存命のために転用しようと努力するべきだろ。

ナウシカ境遇に対する同情は当たり前だが、それとは分けてナウシカ現生人類運命決断する立場いたことを理解するべきだった。

現生人類奇跡的に新しい環境適応できる確率と、

墓と和解する、墓の技術を使って適応できるよう変わる、新生人類共存の道を歩む確率なら後者の方が高いことは疑いようがない。

武力制圧観点からなら生殺与奪拳をナウシカが握った時点でついている。

その後は交渉テーブルにつくのが最善策だった。

ところがナウシカは根っからテロリストから相手が無力化しても最後まで暴力を手放さなかったわけだ。

その場にもしヴ王がいたらやはり選択は違っていただろう。

真意を聞かされた人間ナウシカだけだったのが現生人類旧人類・新生人類全員の不幸だった。

それにナウシカ押し付けられた側というのなら、ナウシカ現生人類と話し合い情報を共有しあったか

勝手に一人で現生人類を愚かだと決めつけて話すタイミングもあったのに、一人で判断し一人で決断してたじゃないか

それがエゴ以外の何だというんだ。

王蟲とは心を通わせるというが、ナウシカのような特異な人間でないからこそ現生人類を導く役目があったのではないか

カリスマ求心力を向かわせた先は結局ただの暴力破壊活動だった。

それが真実であるのは最後破滅主義選択物語っている。

人間は、追いつめられるとその人間の核心に迫る。

平時においてはみなまとも、とは夏目漱石言葉だが、平時でないからこそナウシカ本質が浮き出た最終審判となった。

どれだけ苦しくても人の命を奪ってでも生きたいと願わない人間もいる。

ナウシカ危険な道を手探りで歩くことよりも、エゴイズムにまみれた自分の信じる正義現生人類の生きのこ選択を奪った。

それはナウシカに背負わされた責任よりも遥かに重い結果だった。

何度でもいうが墓の技術破壊したというのは取り返しがつかない選択だ。

政治力武力を持った人間が行うべき選択は、支持率多数決問題ではない。

正しい歴史が残るかどうかだ。

それは現実世界でも同じだ。

 

ってこんだけ書いててヴ王もその場にいたような気がするなあ。

というかラストヴ王ナウシカ決断に納得してるのがやっぱり腑に落ちないわ。

ヴ王なんて墓所技術を何としても手が欲しかった側の人間じゃん。

墓の技術でとんでもないことになると分かってても欲しがるタイプでしょ。

なんでぶっ壊したナウシカ共感してるんだよ。

そんなお人よしなら不毛権力争いしてるわけないでしょ。

大団円にしたかたか宮崎ヴ王思考を捻じ曲げたのか、ナウシカカリスマに当てられたのか、わからんけど。

2018-02-20

裁量労働制を拡大したい安倍首相への処方箋

裁量労働制経営者だけでなく労働者にとってメリットがあると政府が主張するのであれば、

会社組合団体合意だけではなく、労働者の書面での個別同意必須要件とし、

かつ個別同意有効期限(一年間など)を設けるという案はどうだろうか?

ドイツホワイトカラーエグゼンプション個別同意必要としているように。

もちろんワークライフバランス健康維持の観点から勤務間インターバル義務化も添えて。

たとえ話につっこむやつはすべからくバカである!!!クソリプ事例集)※追記の方が多くなった

社会問題とかで比喩やたとえ話をすると、その表現に対してクソバカなコメントをするやつが大量に現れる。

「たとえ話は炎上するとママに教わらなかったのか?」なんてコメントがつくまでがワンセットだ。
それも風物詩ではあるが、にしてもアホみたいなクソコメの数々を見ていると情けなくなってくる。

そういうバカなコメントパターンをいくつか挙げて、それらがいかにバカであるかを説明してやろう。
以下、

 「たとえるなら、AはまるでBみたいなものだ」

という比喩に対するツッコミとして見てもらう。

「AとBは違う。そんなことも分からないのか。。。」

クソofクソ、最悪だ。こんな風に議論を1ミリも進めず嫌味だけ言うようなバカは本当に救いようがない。マジで消え失せてほしい。

せめて何がどう違うのか、違う理由説明してみたらどうだ?

「AとBは違う。だってBは……」

よし理由を言ったな、だがクソだ。

比喩というもの自体をまるで理解していない。AとBが違うのは当たり前なんだよ。
違うものを並べてるんだから相違点なんて考えりゃいくらでも出てくる、それを指摘するお前は何か少しでも有益なことを言っているつもりなのか? バカなのか?

いいか比喩ってのはな、あえて直観的には全然のものを並べて、その数少ない共通点に目を向けさせることで、議論の本題が何なのかを理解させるやり方なんだよ。

Aについて言葉を尽くしても伝わらない、だがBと比較すると腑に落ちる、そういう場面はいくらでもあるし、だからこそ有効なんだよ。修辞法の基礎だぞどんだけ歴史あると思ってんだ。

ゆえにAとBの違いにこだわるお前は、本題と無関係な話を繰り返すバカ丸出しな状態にあることを自覚しろ。

「たとえが不適切」「たとえが悪い」

これも上のやつと同じだ。

バカすぎて、たとえの意味理解できなかったのか? なら素直にそう言えってんだ。

理解はしたが表現の仕方に文句がある? それが本題に何の関係があるんだバカか?

もっといいたとえがある。AはBじゃなくて、Cだ」

提案をくっつけてるだけマシだが、これも上のやつの派生形、ゆえにやはり意味が無い。

このタイプは2パターンあるな。

まず、議論を進展させたいという親切心で、より伝わりやす表現提案しているやつ。あっぱれな心掛けだ。
だがここまで読んで分かっただろ? どんなにうまい表現をしたところでバカは上述のようなトンチンカンな反応をするし、逆に理解力のある人間にとっては、たとえが多少下手だろうと大して議論に支障はない。
まあそういう建設的な意図提案は歓迎したいところだがな。

もう一方は、大喜利したい、うまいこと言いたいだけのタイプ
本題と無関係な話をしている自覚があるならまあそれもいいだろう。そこまで芸術点に自信があるなら、面白いかもしれんから言ってみろ。高確率でクソだろうがな!

「AとBが○○で同じなのは分かったが、××が違う。Aに関しては○○よりも××のほうが重要論点だ、なぜなら……」

これはクソじゃない、良い方の例だ。上のやつと大して変わらないじゃないかって? もはやお前は相当のバカだな。

元の発言者最初からAのことしか話してない。Bのたとえを持ち出したのもすべて、Aについて伝えたいことがあったからだ。

お前はそれを受けて、Aの話を続ける。Aに関して認識の相違があるならその話をする。

比喩が役目を終えたなら、その比喩は用済みだ。
比喩による説明が失敗した場合も、その比喩は同じく用済みだ。
次の話をしろ。

それでいいんだよ。




後書き

増田母親です。このたびはうちの馬鹿増田がこのような糞エントリを書いて皆さんに大変な迷惑をかけてしま申し訳ありませんでした。

煽り口調で何かを書く体験をしてみたかったのですが、こんなスタイルは初めてなので、いろいろと拙いところがあるやもしれません。バカだのクソだのはすべて撤回いたします。だらぶちとかファッキンとかも多分言ってないけど撤回します。

あとタイトルを見て「すべからくをことごとくの意味で使うなバカ」と思ったあなたは正しい。

追記

コメントに反応させていただきます。全部じゃないのはごめんなさい。
ちょっとカテゴリ分けした。

すべからく警察だ!!
一般的コメント
そもそもたとえ話をするなor使いどころを考えろ派
内容ではなくエントリスタイルの話
ネタ

追記2

個別の返答とは別に

ブコメを見ていると、「比喩有効場合もあるがそれ以上に議論を迷走させがちだからそもそも使うべきでない」という意見が多いですね。

まったくもってその通りです。私もリアル会議とかで、たとえ話に終始して結局何の話なのか分からなくなるケースを何度か見ている。

これらをすべて分かってないとだめだ。

ただ、それでも比喩は強力だし、使うなって言っても現にいろんなところで使われている。
例えば差別問題なんかは、立場の違いで感じ方が全く違ってくるから、別の立場の感じ方を想像してもらう意図でたとえ話が飛び出してくるのはやむを得ないのではなかろうか。

そんなとき、どう受け止めて、どう話を進めるのが建設的か? という問題意識でこのエントリを書きました。

追記3

もはや誰も見ていないだろうが、後日感想を書きました。

今回の反応では発話側の問題を指摘する人が多くて、そこはどうとでも捌けばいいしどうでもいいと思っていたんだけど、そうでもないのかもなという反省です。

https://anond.hatelabo.jp/20180221092344

anond:20180220093726

横でもなんでもなく、違う観点からしか突っ込めないなら、黙っていたらどうでしょうか?

 

それと伝えるリテラシーが低いとおっしゃっておりますが、あなたには伝わってるようなので、十分かと思いますよ?

2018-02-19

anond:20180219181023

先の言及的を得ている。言い方は汚いが。

共存ではなく、できるだけ取り締まる努力必要であるが、現実100%は無理。

上記の現状で、できる対策というのを防犯や被害に合いにくい状況を作る。

という観点で考えるしかないと思う。

女性専用車両に反対の人たち

一体何に反対なのか?を考えてみた。

・主張①

 性差別だ!男性専用車両も作れ!

 

 主張の方向性がひどく間違っていると明確に否定します。

 女性専用車両は「痴漢被害に合わないように女性が逃げるシェルター

 及び、子供を連れた母親、体の不自由な人のため」のものとしてそもそも存在しています

 それは、「痴漢に合う、ラッシュ時に子供がいると迷惑ラッシュ時に体が不自由な人が乗ると危険

 という必要性から車両が生まれました。

 

 当然、痴漢冤罪が起こるなどの声がさら社会問題化すれば、男性専用車両も生まれ

 かもしれませんが、今のところその声が少ないから生まれてないだけです。

 

 したがって、性差別という主張は方向性が間違っています

 

・主張②

 なんで女性けが痴漢被害に合うと思ってるの?弱者女性だけではない!

 

 これも否定します。マイノリティ過ぎるし運用も困難だから実現しないです。

 一部の男性痴漢に合うや、男性が怖い思いを電車するということは事実としてありますが、

 じゃあそういう専用車両必要か?と言われれば満員電車でごく少数のために車両あけますか?

 また乗る人がそういう経験を持った人だとどう判断しますか?

 など運用が難しすぎるので無理です。

 女性専用車両場合は単に女性という物差しで一旦運用可能から実現してます

 

・主張③

 絶対痴漢に合いそうにない人も乗ってるが?

 同意できますが、運用上やむなしとしています

 この主張に沿ってなくせば結果的弱者保護観点がなくなるためです。

 多少の例外バグを残していても有効な手立てがない以上、運用カバーしているわけです。

 というか、この主張が痴漢被害を極力避けるための車両をなくす理由になりますか?

 ちょっと考えればわかりそうですけどね。

私は女性専用車両には賛成です。

なぜなら、現時点で性犯罪からの逃避というご簡単方法で実現できる1つの手段からです。

他に方法があるならそれを採用すればいいですし、ネーミングが。というのは賛成しますが、

上記のような方向性が間違っていたり、そもそも解決方法がない状態意味のない否定の主張には

全く納得できないですし、意味がないと思います

 

そのため、女性専用車両に反対DA!と言って乗る男性はクソですし、

それと同じくらい、体が不自由男性が乗った際に発狂する女性もクソです。

 

我々は痴漢しないからいいんだよ!(反対派)

阿保ですか?男性のものPTSD的に恐怖として感じる人もいるんですが?

その人たちには我慢して一般車両に乗ってもらえと?

 

本当にこういう人たちは馬鹿なのか?と思ってしまう。

 

最後身もふたもないことを言っておく。

女性によっては女性専用車両には「乗りたくない」人もいるそうだ。理由簡単だ。

 

女の敵は女。そしてそういう女性ほど恐怖の存在だし、そういう多くの人が女性専用車両に乗る」

 

だそうです。

さて、みなさんはどうお考えでしょう?

anond:20180219153643

うん、賛成するのは思想信条観点から自由だと思うよ。

ただし、世の中にいる男性差別反対派の意見について最大限に尊重した上で、賛成してね。

異なる意見についてはお互いに尊重し合うこと、それが思想信条自由観点におけるマナー

2018-02-18

anond:20180218083601

将来的には、乗客電子タグ供与して、電車位置情報の記録を法律義務化すれば、解決できます

しかし、人々の移動経路を全て記録に残すことは、個人情報保護観点から、反対意見も出るでしょう。

日本法律で、「新・新過失論」「危惧感説」をどのように実用化していけるのか?今や日本人全員で議論するときが来たのだと思います

痴漢冤罪」「女性専用車両」の問題は、その契機となると思います

 

https://anond.hatelabo.jp/20180218033519

痴漢件数が減らないのは当たり前。

痴漢にしてみりゃ、別の車両でやるだけの事だから

まあ、特定相手だけを狙うストーカー気質痴漢であれば、減らせる可能性もあるが、多分そんなのはほぼいないだろう。

女性専用車両目的って、「痴漢を防ぐ」じゃなくて、

痴漢を警戒する女性安心させる」(または、邪推するなら「鉄道会社痴漢対策をしていますよー」というアリバイ作り)なんだよね。

まり女性専用車両について議論するなら、「いか痴漢を減らすか」ではなく「いか女性安心させるか」(または、いか鉄道会社の体面を守るか)という観点議論する必要があるだろう。

2018-02-17

性欲や恋愛というものが分からない

何かしら溜まっているから処理したい、という欲求はあるのですけどね

自分で処理するだけのことで、排泄と似たようなものですね

異性(や同性)と付き合ってセックスしたい、という気持ちが皆目分からない

しかし多分ですが世の中の九割以上の人はそういう気持ち自然に分かるんでしょうね

というか分かる・分からないという観点存在すること自体念頭に無いのかもしれません

どうしたものでしょうか

anond:20180216221402

知らなかったよ

その観点からいちばんコスパがいい機種ってあるのかな

https://anond.hatelabo.jp/20180217165907

ワイも基本的にこの考えは正しいし、地方は衰退させていくべきだと思う

といっても、東京一極集中とかは勘弁なので、地方都市人口を集中させるべき

地方では人口密度が低すぎる地域に不相応なほどインフラ整備に金をかけている

道路なんかどこに行っても整備されているし、町の公的施設分不相応なほど綺麗で近代的、救急車だってどこから電話してもかけつける

しかし、もはやそんなものを維持してあげる財政的な余裕はない

かと言って、増税社会的セーフティネット支出カットをしていては、若い世代負担が増すばかりで、国の生産性にも悪影響だろう

というわけで、地方過疎地域は見捨てて、近隣の都市部人口を集中させるべきやと思ってるんやが、いろいろ反論もあるよね

パッと思いつくのでは、国防治安維持観点から、人がいない地域を増やすとそこで良からぬことをやる人間が増えるとか

俺は基本的地方を衰退させていく方針は正しいと思ってるが、反対する人はどういう理由で反対してるんだろうか?

年寄りの保身以外でなんか理由ってあるの?

女性専用車両差別

一度調べたことがあるんだが

女性専用車両が設置されてるのは、電車内での犯罪が多い国なんだよな

欧米圏では電車内での性犯罪そもそも少ない

アジア圏やブラジルでは、多い

から批判根拠として海外を持ち出すなら

日本と同じ電車内での性犯罪が多い国じゃないと意味がない

仮に、人権観点からインド女性専用車両撤廃とか言ってみろよ

とんでもない数の性犯罪被害者意味出すことになる

もし、欧米比較して同じ理屈女性専用車両をやめさせたいなら

電車内での性犯罪欧米並みの数値にしないと

それができるまでは比較対象とすべきはあくまインドとかでしょ

日本フェミニズムがうまくいかないのは

anond:20180217113424

実際、女性幸せからじゃないの?

東京女性の住みやす世界2位、という見方がある。https://www.google.co.jp/amp/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN1CN0W4

女性配慮した社会なんだよなー。

あと幸福度女性の方が高い。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2472.html

ある属性女性)の為に、どこまでコストを割くのか、って観点で賢い女性は引くんじゃないのかね。

anond:20180217135538

しろ男女は分ける。ゾーニングの方が幸せになれるんではないかな。

まなざし村の一には村つくってほしいし、彼女観点でもコンビニにはエロ本は無い方が良いでしょう。

お互い棲み分けた方が全体の幸せは増える。


あと最近は『女性男性をモノとして扱う』事例が増えてる。

BLなんかはそれで、当事者性の全くない人権無視したようなフィクションが成人指定無しで未成年が購入可能になってる。

まぁ、女性意識的になっていただきいかなー

anond:20180217135051

無いよ。まぁ、わかってたよなwすまんな。

蛇足だが昔は「女性は弱い存在から守るべき」という観点もあった。

ただ男女平等とかウーマンリブとかフェミニズムとかが台頭してきて社会が変わった。

まぁ、女性男性攻撃する社会になった。

この辺りから男性女性を守らなくなった気がするよ。

私も嫁さん以外の女性ホントどうでもいいw

anond:20180217125636

男性専用車ができれば平等になるんではないかな。

置換冤罪リスク男性に重く存在するし。

男性観点だと、絶えず女性に触れないように気をつけなければならない(電車に乗っている間ずっと)というのは疲れるよ。

anond:20180217125332

横だけど。「男性を守る」って観点に立つと必要なのは男性専用車両じゃない?

あるいは男女分離しろよ、という主張。

男性社会的強者役割押し付けることが男性差別

男性差別」とは何かを一度整理しておこう。一言で言えば、表題の通り男性全般社会的強者役割押し付けることが男性差別である

女性差別本質が、女を社会的弱者として貶めることになるとすれば、男性差別はまさに正反対の素質を持って説明することができる。

社会的強者役割押し付けることである上に、女性差別と比べると、男性差別問題はあまり問題化」されない傾向がある。

社会的強者であることを求められるのであれば、デメリットよりもメリットの方が大きくなるからだ。

しか男女平等社会を求めるのであれば、男を一方的社会的強者として見なすことは有害のものである

女性差別是正すると同時に、男だけに求められている負担を軽減しなければ、男だけに不満が溜まり続けるからだ。

男だけ徴兵されること、男だけが総合職労働市場を独占する代わりに、男だけに長時間労働が課される事実

これは昔は男社会における男の勲章であったかもしれないが、男女平等社会においては男性差別と見なされる。

戦争になったら女も徴兵するべきだし、女も総合職で働くべきだし、(変な言い方だが)女も過労死すればいい。

女性専用車両問題については、男だけが乗車できない車両を設けること自体男性差別である

男は痴漢に合わない社会的強者なのだから、少しは我慢しろ、という考え方自体男女平等ではない。

痴漢ではない大部分の男性迷惑をかけることは男女平等社会観点から許されない。

anond:20180217094634

俺は男だけど、「男尊女卑」じゃないよ?

男尊女卑」を主張する男は「自分バカです」と言ってるのと同じ。

女性専用車両」はあっても良いと思うし、別に乗り込んでやろうなんて思わない。

なぜか?

男尊女卑矛盾

  • 男は女から生まれる。=男は女のDNAを半分もらっている。
  • 女が劣等な存在なら、そのDNAを引き継いでいる男もまた、同様に劣等な存在と言える。
  • 女が劣等な存在でないなら、そのDNAを引き継いでいる男もまた、同様に劣等な存在ではないと言える。

まり生物学的に正しく観察すれば、女のDNAを引き継いでいる男を、どの部分を基準として比較するかが問題なのだ

「女<男」と位置付ける基準に、生物学的な事象が含まれた瞬間、循環的な矛盾が発生していることは自明だろ?

逆もまた然り。

 

ジェンダー論はバカ発見器一種

から、俺は「男尊女卑」「女尊男卑」は、両方ともバカ発見器として利用している。

生物学的な基準とは分離して、社会学的な観点で男女の優劣を論じている人は、まあ別次元の話としてOKだけど、あまり頭の良い人ではないなと感じている。

他者に対する嫌悪感を、何の恥ずかしげもなく晒し出せるのは、下劣品性で育った人なんだなーと思うだけ。

彼らが主張しているのは、よく聞いてみると、

  • 論理=「正しい、正しくない」の話ではなく、
  • 感情結論としては「好き、嫌い」を主張してるだけ。

言葉巧みに綺麗事で包み込んでごまかしてるけど、他者への嫌悪が丸見えで、あまり近づきたくないタイプ人間だよね?

はてブ女性専用車両に対する知見に頭がクラクラした

ふだん差別人権にうるさいはてブ民が、女性専用車両には賛成一辺倒で頭がクラクラした。

かに乗り込んでくる運動家はマトモじゃない。なんせ一刻一秒を争うサラリーマン様の通勤車両を12分も遅延させたんだ。よりによってなんで俺らがこんな目に……殺意を覚えるのも無理はない。

しかし、彼ら運動家否定できる倫理的根拠を、はたして我々は持っているのだろうか?

実のところ、今回の運動家に対して寄せられた批判を見るにつけ、賛成派は大した説得力を持っていないのではないかと改めて確信させられた。

以下は、ハフィントンポスト記事に対してスターを集めていた上位2つ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.huffingtonpost.jp/2018/02/15/woc-chiyoda_a_23363098/

1.これが女性専用車でなくプロレスラー専用車だったら絶対やらないだろう。所詮その程度の連中だよ。

そりゃ、プロレスラー専用車なら今回の事件が起きる確率は低いだろう。なぜならば、有無を言わさず力で排除される可能性が目に見えているからだ。しかし、これは明らかな論点のすり替えである。具体的には、運動家の主張の是非ではなく、「力の強弱にアタリをつけ、威圧行動を取っているのでないか」という行為道徳性が疑問とされている。

そもそも、この運動代替の効かない公共機関における、特定属性を押しやる「専用車」それ自体問題になっているのであって、なにも「女性専用であることが問題となっているわけではない。今回のような示威行動が起きる確率は低くなるとはいえ、プロレスラー専用車でもやはり大きく問題になり、運動家は出てくるだろう。その場合、どのようにケチをつけるのだろう。今度は「殺人犯専用車だったら絶対やらないだろう。所詮その程度の連中だよ」とでも言うのだろうか?

また、仮に「力の強弱にアタリをつけ、威圧行動を取っている」としても、それは運動価値毀損するものではない。声を通せる場で声を通すことが重要からだ。

2.女性専用車必要性裏付けられる悲しい話。

この言説は本当に悪質で、「Aを利用している人間不安に駆られる状況こそ、Aが必要証拠である」と言っているに過ぎない。つまり、利用している人間不安に駆られていなければ(満足していれば)、Aの必要性証明されているし、不安に駆られていれば(満足していなければ)、なおさらAの必要性証明されている、というわけ。一切の批判を許さないので、イデオロギーに近い。これは「共産主義に異議が唱えられ、圧力を受けている。同志の生活が脅かされている。これこそまさに共産主義必要であることの証拠なのだ」という議論を考えてみれば分かる。どう思いますか?

賢いリベラルの集うはてブですら、こんなブコメスターを集めてるのだから、まったくもって酷い有様だ。

ただ、浅薄ロジックはさておき、問題意識理解できる。以上の2つはともに、女性専用車両とは「弱い者のための暴力からの隠れ家」であるとの認識に立っているからだ。ここでは、関係性は暴力の関係として解釈されている。ゆえに「より強い暴力を誇示できるプロレスラー」に、“ただの暴力”は萎縮するだろうし、「異邦者の闖入」という暴力が起きることこそが、暴力からの隠れ家の必要性裏付けている、というわけだ。

この「弱い者にとって『暴力からの隠れ家』が必要なのではないか」という問題意識自体は真っ当だと思う。3つ目にスターを集めていた「痴漢被害によるPTSD抱えてる人でも乗れる交通機関必要」というのは、優先席と同じで傾聴されていい。しかし、これを認めると、1つの帰結にたどり着く。

なぜ、女性けが「暴力からの隠れ家」の恩恵あやかるのだろうか?暴力に怯える人間なら、誰であろうと招かれてしかるべきだ。

まり女性は「暴力に支配された弱い者」なのか?そして、一般成人男性排除することは、一般成人男性それ自体潜在的な暴力の行使であることを前提としているのではないか

なお、女性専用車両に対し、「女性が『暴力に支配された弱い者』であることを認めるのか」というフェミニズム的な指摘は、欧米でも盛んに巻き起こっている。

例えば、英メディア紙The GuardianTelegraphでは、女性記者が率直に「女性専用車両は負けを認めることだ」と述べている。彼女によれば、「女性専用車両の導入は、性的暴行所与とする(normalise)ものであり、あたかも原因が私達にあるかのように、状況平等志向から女性を取り除く(remove from the equation)ことが解決策だ、と世界に向けて言っているようなものだ」とのこと。そこでは日本が、メキシコタイイランインドブラジルと同格の“人権後進国”として引き合いに出され、イギリスは導入することでそんな国、つまり欧米流行りのディストピアドラマ「The Handmaid's Tale」の世界のような、女性をモノのように扱う国と同じ方向には向かうべきではない、といったようなことが語られている。

  • Women-only train carriages: Keeping women 'safe' by separating them from men is Handmaid's Tale territory

http://www.telegraph.co.uk/women/life/women-only-train-carriages-keeping-women-safe-separating-men

女性トイレレディースデイはどうなのか」という賛成派の反論についても、女性専用車両正当化には繋がらないことを提示したいがキリがないのでヤメておく。とりあえず、リソースの適切な配分(特定属性けが特定の扱いを受け、それ以外の属性が不平等負担を強いられるべきではない)、代替選択肢存在(「イヤならそこを使わなければいい」が可能か)、その施策が成り立つ前提の倫理的妥当性(女性専用車両なら「女性潜在的な暴力被害者であり、男性潜在的な暴力行使である」という前提)において、質が異なる問題ですよ、とだけ。ちなみに、スウェーデンでは、属性によって分けるトイレから「個室トイレ」に向かっていっているらしい。

はてブの皆さん、差別人権にうるさい皆さん、本当にこれでいいんですか?皆さんの大好きな世界標準から馬鹿にされてますけどいいんですか?「日本人男性世界標準以下の性欲アニマルから仕方ない」で開き直っていいんですか?

余談だがロケットニュースでは、ニュースタイトルが「【キモイ】今朝の東京メトロ千代田線の遅延理由が「頭おかしすぎる」と話題 / 男性複数人があえて女性車両に乗り込み……」となっている。この記事にも「然り!」のブコメが沢山ついていた。

https://rocketnews24.com/2018/02/16/1021546/

キモイ」「イケテナイ」「ダサイ」「カッコワルイ」。こんな調子で、本当にいいんですか?ネット最後良心だと思っていたはてブがこんな調子では、私は一体どこへ行けばいいんだ。


追記:

はてブにも良心があって安心しました。捨てたもんじゃないですね。ひとまず、Twitterブコメで寄せられた、いくつかの重要質問に答えます。

  

手段が低コストであることが、その手段正統性付与するわけではありません。あくまでもその手段で影響を受ける人間利害関係によって調整されるべきです。これは極端な例ですが、麻薬犯罪を無くすために犯罪者中毒者はその場で殺害、あるいは火事を鎮火させるために周囲の家を片っ端から打ち壊し。ともに「ラク解決手段」ですが、 適切ではないのは明らかですね。

マシなものがないのではなく、マシなもの鉄道会社選択されないから、そう思うだけです。これは上の「低コストで予防できるんだからいいじゃん」とも関係しています。ただ、監視カメラ警備員の配置、満員電車の解消、あるいはより良いシステムの構築に向けた過度的なものなら悪くはないですね。

これは確かに一理あるのですが、この話をしだすと論点がズレるか、あるいは論点先取になっています(女性専用車両痴漢対策だ。痴漢こそが対策されるべき問題である。よって女性専用車両必要である)。かつて、盗聴法の成立時に「法の是非を問うより、盗聴されるような行為をするヤツをまずは問題しろよ」という議論があったのにも似ています。もちろん、諸悪の根源痴漢です。しかし、ここでは対策方法がもたらす帰結(あるいは、そもそもその対策方法妥当か)が問題になっているのです。

また、「痴漢を撲滅することの難しさが女性専用車両を生んだ」というのは「犯罪者を撲滅することの難しさが、(犯罪者の多くはAという属性を持つので)Aという属性お断りの○○を生んだ」と言っているのと同じですが、これに何も疑問を覚えないのでしょうか?それでも特定属性を「潜在的犯罪者」として括りたいのであれば、もう私からは何も言えません。入れ墨外人温泉入浴問題と同じですね。どうぞ、ファシズムに突き進んでください。

その存在を「暴力からの隠れ家」として否定していないことには注意してください。

もちろん、特定の状況下における「合理的区別」は合法でしょうし、鉄道会社営業自由一定度は認められてしかるべきでしょう。すでに社会的認知されていることをもって、女性専用車両存在を「公知の事実」とする判例も出ています。しかし、ここで私が問題にしているのは、法律ではなく、倫理です(「まず痴漢倫理問題しろよ」という方は、上記の3を参照してください。「いや、それでも合法から正しいんだ」という方に対しては、これ以上私からは何も言えません)。

ちなみに、「障害者専用車両みたいなもの」という意見は、はてブ民が大好きな欧米リベラルフェミニズムから相当な反発を食らいそうですね。深くは立ち入りませんが、この例えを安易に使うならせめて「骨折患者専用の障害者専用車両」に限定した方がいいかと思います。

アファーマティブアクションがいい例ですね。非対称性権力勾配の是正措置自体は、それが段階的な解消を狙いとした施策であればアリでしょう。

ただし、代替手段のない公共サービス鉄道、それも日本通勤電車で、はたして導入されるべきなのか。また、そもそも車内における男性女性関係において、暴力的非対称性一般的存在しているのかにも注目する必要があります。この存在を認めると「女性庇護されるべき対象」となりますが、ここから先はカトリーヌ・ドヌーヴ議論にも通じるものがあるかも知れませんね。

それから、私が「逆差別だ」とは一言も言っていないことには注意してください。あくまでも、ここで私が問題にしたいのは、賛成派とされるはてブ民のくだらなさ、何よりも“潜在的な何か”を理由にした排除の論理は、新たな権力構造を生むだけではないか、ということです(女子トイレなどとの比較は、別のホテントリにお任せします)。

しっかりと読んでいただければ分かるかと思いますが、私は「暴力からの隠れ家」として特別枠が設けられることには、否定的ではありませんし、優先席も公正な資源配分観点から注目すべきだとは思っています(廃止すべきだ、という議論を完全に否定ではできませんが)。

これはシンプルな代案ですが、「ケア車両」はどうでしょう。暴力に怯える人は誰でも入ればいいじゃないですか。その代わりその車両には、監視員監視カメラガンガンに配置する(もちろん通常車両なおざりにして良いワケではありません)。監視の目が行き届くよう、乗車の人数制限も設ける。

これである程度は、無関係人間による車両乗車への抑止力が働くでしょう。それでも「傍若無人なオッサン」が闖入してくる可能性はありますが、実のところ彼を排除する合理的理由はどこにもないでしょう。

女性専用車両よりもコストがかかる」というツッコミがあるかもしれませんし、「じゃあ早速オマエが鉄道会社に直訴してこいよ(笑)」という揶揄もあるかもしれません。しかし、コストがかる&直訴されて突っ返される可能性が高いからといって、この歪な構造、そして痴漢犯罪が「女性専用車両(あるいはケア車両)」を免罪符にして放置されていいことにはならないのです。

いろんな意見があるかと思いますが、これについては私のスタンス勘違いされるのも野暮なので、ハッキリ言っておきます。対抗して男性専用車両を作るのは、個人的にはトラブルを増やすだけだと思っています(総量を男女比に応じて適切配分するのはアリかもしれませんが、はたしてそんな前近代的ディストピアの到来を望みますか?それで賛成派の皆さんがいうところの「非対称性」は解消されますか?)。そもそもトイレ風呂と違って、ジェンダープライバシーが密接に関わり合うようなものでもありません。

しか男性専用車両を望む男性の皆さん、男性専用車両があるなかで一般車両に乗ってしまい、冤罪に遭った時のことを想像してみてください。もう、どうなるか分かりますよね。ちなみに、同じことが女性にもすでに起きています。こういうの、警察(「なんで一般車両に乗ったの?」)と鉄道会社(「専用車両を用意したじゃないですか」)が笑うだけなんですよ。男や女に対する排除の論理ではなく、上で挙げた「ケア車両」のような“包摂”の論理対策を考えませんか、と私は思うんです。そもそも鉄道会社が誰かをケアする義務を負うのか、という根本的な問題はありますが。

これは、以前Twitter流行った「『告発を無力化する話法』として無力化する話法」ですね。特定集団が抱えている痛み・苦しみが、特定属性排除を許すわけではありません。もちろん、何度も述べているように被害者の痛みに寄り添うことは大切だと思います。ただ、そうであるならば「痛み・苦しみを抱える人」は、男女関係なく包摂されるべきではないですか?もしかして、その有無・大小を性差しかも外見上の特徴)で見分けるのですか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん