「シンプル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンプルとは

2019-02-23

結婚式に呼ばれるのが怖い話

結婚したんだー!」

まじで!?おめでとー!!!

結婚式呼びたいから現住所教えてくれない?」

あー……。

どうしよう、結婚式、行きたくない

誰にだってそんなに好きじゃないイベントとか場所とかってあると思うんです。

たとえば私、カラオケ大好き。

日本人みんなカラオケ好きでしょ!?嫌いな人いる!?くらいに思ってた時期もあった。

でも、大学生の頃みんなで遊んでて、このあとカラオケ行こうぜ!ってなったときカラオケならやめとくー」っていう子がいた。

まじで?カラオケ嫌いな人いるの?って思った。やっぱりびっくりはした。

でも当然ながら無理に連れて行くなんてことはしない。

自分がどんなに好きでも、大切でも、他の人も同じなわけがないんだから

まして、来てくれないってことはわたしのこと嫌いなんだ、どうでもいいんだ、なんて思うわけがない。

まるでメンヘラである

でも、結婚式ってそういうとこありませんか。

まり苦痛なので、google検索履歴は「結婚式 招待されない コツ」「結婚式 呼ばれない コツ」などでいっぱい。

行きたくないなら断ればいいのでは?誰もいやいや来てほしくはないでしょう」といった至極真っ当な書き込みを目にしながら、みんながこういう人だったら苦労はしないのに…とため息をつく。

結婚式来てくれない人とは、この機会に付き合うのやめようかな」

そんなことを言っている友達がいた。

なんでもないことのように、無邪気に放たれたその言葉に、わたしは平静を装いながら深く傷ついていた。

え?結婚式って、出ないと関係切られちゃうような恐ろしい儀式なの…?こんな当たり前みたいに…?

ひどく衝撃を受けた出来事だった。

誘われたら最後

素直に「別に行きたくないから」という理由で断ろうものならきっと頭のおかしい人だと思われてしまう。

から、現住所を伝えて招待状が来るのを待ちつつ、欠席を正当化してくれる用事が入ってくれることを祈るしかないのだ。

誤解されてしまいそうだが、

他人に金払いたくなんかない、

結婚が妬ましい、

みたいな感情は一切ない。

友達新生活を思いながらプレゼントを選ぶのは嫌いじゃないし、喜んでもらえたり使ってもらえたりしたらすごく嬉しい。

ただただシンプルにああいパーティーのような場が苦手なのだ

着飾って、マナー査定されて、他者との会話や感動の共有を強いられる雰囲気ダメなのだ

別に結婚式するなとも、喜んでいくやつはおかしいとも言ってない。

お前の式だから行きたくない、とも言ってない。

ただわたし個人結婚式系のイベント行きたくないだけなんです。

でも真っ向から結婚式行かない派」を名乗るのも怖いんです…。

だって教徒のように叩かれてしまいそうだから

同じことで悩んでいる人がいたら、角を立てずにそもそも「誘われない」コツを教えていただけませんか。

2019-02-22

anond:20190222123123

はてなーってアホかアスペから一言で言えるようなシンプル基準であらゆる事柄判断すると思ってて

「それが認められたらこだってこれだってそうだろ!そうなったら世の中終わり!」みたいなこと言い出すんだけど

実際は個別事例について具体的に細かくみて判断するんやから広告の量や張り方、内容で

収益目的としたサイトでありそこに画像を使うのは商用利用やでって判断は十分有り得るやろな

anond:20190222113410

仕様がクソか、複雑に見えるそれが一番シンプルか。

2019-02-20

どうやったらクソ野郎からまれ変われるか

1ヶ月に一度は困っている人を助ける→帳面をつけて、日付とともに☆印をつける→これを10年間続けると、斉天大聖も手を合わせて拝み出すほどの徳が積めると思います

思ったよりシンプルですね。よかったですね。

2019-02-18

腐女子によるセックス隠語

・セッ

クスを省いた形。シンプルなので使用頻度は高め

・セッ久

クスを久に縮めた形。遊び心が感じられる隠語推したちのゲイセックスの観察に楽しさを感じていることが伺える

・セ

セッからさらにッが抜けた形。もはやセックスなのかセパタクローなのかわからない。セックスと書くことに抵抗があるが興味津々な照れ屋の腐女子が使っているイメージ

セックス

木を隠すには森の中。twitter投稿される数多のセックスというワードに紛れるので意外と検索よけになるとかならないとか

・まぐわう

歴史ジャンルの人がたまに使ってる。刀剣乱舞の登場で使用頻度が多少上がった

他にあったっけ

anond:20190218115134

交通費の算出基準を変えろという話はしていない

損失を現状より軽減してはどうかという話をしている

所得基準にするというのはあくまで案であって、それがベストというつもりはないしそう書いてもいない

年収数億の人が応募してきてドナーへの支払が高騰するのが困るなら上限を定めればいいだけだ

なんで今現在もっとシンプルで低コストでフェアって思えないのかなあ。

しろなぜ現状が最もシンプルで低コストでフェアだと思えるのかわからん

変化する社会に合わせてよりよいしくみを考えていくのは当然ではないか

年貢は米で納めると決まったことがあるから今でもそうすべきなの?

相手は生きるか死ぬかがかかってるんだから、それくらいよくない?という立場で言ってます

「それくらいよくない?」は言葉が足りなさすぎて、なにをどうするのがいいと言っているのかわからん

続けて「それでドナーが減ったら~というやつに言いたい」と書いているから、少なくともドナー負担軽減の必要はないと考えているらしいとは想像できるけど

ドナー負担は現状のままでいいと言っているの? それとももっと負担してもらってもいいぐらいだという意見?

anond:20190218120553

よのなかはもうすこしシンプル


正規雇用】←ここを非正規雇用に変えました


これだけ

から批判される

https://anond.hatelabo.jp/20190218092245

???

からさあ「最低限しか出せないんです」ってタクシー代は断られたじゃん

きっちりバス代で計算されたじゃん

それって職場交通費支給と同じ手続きだよね、本人の経由地事情とかじゃなくて、単純に最も経済的ルートしか出せないって。

提供者のその日の予定とか日給までふくらみもって計算しだしたら、今度はそっちのコストが膨大なるよ

年収数億の社長が「やりましょう」って言い出したらどうすんの、とかなるじゃん。

なんで今現在もっとシンプルで低コストでフェアって思えないのかなあ。

医療絡みの経理だよ、仕組みづくりのとき民間の三流が担当したわけないじゃん。

ちなみに、相手は生きるか死ぬかがかかってるんだから、それくらいよくない?という立場で言ってます

それでドナーが減ったら~というやつに言いたい。「お前はそうかもな」って。少なくとも増田文句はいうけど受け入れた後だ。

2019-02-17

anond:20190216154041

 はてな匿名ダイアリーには3000文字文字制限があるらしい(?)ので、そのくらいを目安とした。

 ついでに言うと良いアイディアが浮かんだとして個人的メリットがないのだし書く必要がない。

 情報を出し惜しみする社会を実現するためには仕方のないことだ。

 まぁ、せっかくなので少しぐらいは書いておいてもいいかもしれない。

 しかし、読み返してみればアイディアはすでに書いてあるも同然では?

書店図書館漫画喫茶改善

・有料サイン会

競技化して対戦する(スポーツのように)

 まず書店図書館漫画喫茶改善については、いくつかあるだろう。

 サイン会を有料とするのは、すでに書いたとおりだ。

 今検索してみたが「有料サイン会」は海外スターは行っている様子ではある。

 (隠語として「交通違反」を指す意味もヒットする)

 「サイン会作家負担となっている」という話を聞けば、ファンとして作家のことを考えているほど行きづらくなるような気がする。

 タダ働きで疲れるサイン会よりは閑古鳥が鳴くぐらいが丁度いいとすら言えるだろう。

 もしかすると報酬は出ているのかもしれないが、明言しない限りは基本的にタダ働きと思われているような気がする。

 サイン会で作者に直接支援できるとなればファンは気兼ねなく駆けつけるのではないか

 ついでにTシャツなどを販売してもいいかもしれない。

 他には直接的な支援ではないが「元作家従業員として優先的に採用する」というシステムはどうか?

 作家の中には書店図書館漫画喫茶が衰退しようが構わないと思っている者も少なくはないだろう。

 特に図書館漫画喫茶に関しては、商売の妨げとなるのだからむし積極的にそれを望んでいるのでは?

 このとき、こういった店舗が将来的に自らのセーフティーネットになるのであれば無下にはできないだろう。

 元作家従業員とする方針を持てば店舗同士の競争において「作家生活を支えたい」と思うファンの来客を促すことができる。

 作家を目指すには引退後がネックだが、このような流れができれば挑戦しやすくなるはずだ。

 次に競技はどんなものになるだろうか?

 競技には得点を競うものだとかタイムを競うものだとかがある。

 今回は「本」と「タイム」の組み合わせで考えてみよう。

 そうすると、とりあえず「本の即売」を競技化するということが思いつく。

 「競技即売大会」とでも言うべきだろうか?

 チームに分かれて対戦して先に本を売り切ったほうの勝ち。

 勝利チームの購入者は栞のようなちょっとしたグッズが貰えたりする。

 ブックカバーを装着しなければならないなどのレギュレーションによってバリエーションが作れる。

 もっと競技について言えば、流行らせようと思って流行らせるのは難しいだろう。

 良い感じの競技自然発生することに期待するしかあるまい。

 その他にも挙げておこう。

 とりあえずシンプルに「直接会って仕事の依頼ができる」ような施設がないように思える。

 その場所に足を運びさえすれば、適当仕事にありつけるというような施設だ。

 漫画なんかでは○○ギルド的な仕組みがよく登場するような気がする。

 それは漫画家が「なんかそういう仕組みが欲しい」と思っているからなのかもしれない。

 既にこのような施設存在していてもおかしくないように思えるが、あまり話を聞かない。

 まぁ、挙げはしたが出版社立ち位置としては難しいだろう。

 こういった施設を作るとしたら出版社関係のない人間だろうか?

 それを警戒して、やっぱり出版社が先手を打って囲い込みを狙う可能性もなくはない。

 実物とテジタルの違いを考慮するなら「その本とセットとなる読書空間」というのはどうか。

 映画などは自宅でも見ることができるが多くの人間映画館に足を運ぶ。

 違いはどこか? 「没入感に違いがあるのだ」と映画愛好家は言う。

 では本の没入感を高めるための仕組みを考えるなら、どうなる?

 トータルコーディネート的に「その施設で読むことで最大の没入感が得られる」というシステムだ。

 例えばファンタジー風、サイバーパンク風の内装を持つ部屋で、その世界観人物になりきった状態で本を読むのだ。

 他には「人が住んでいる部屋」という設定の施設と「住居者が残した日記帳」という設定の本を組み合わせるなど……。

 当然ではあるが本の内容も、そのように考えられている。なんならコスプレも組み合わせる。

 本のスタンドアロンで消費可能性質は利点ではある。

 その利点を捨て、環境との組み合わせで最大の効果を得られる方向での優位性を獲得するのだ。

 施設がメインならば施設にあわせて作品を仕上げることとなるだろう。

 逆に作品がメインなら簡単内装を変更できるような仕組みの施設となるだろう。

 本などを「布教」という言い方をすることがある。

 この布教という概念も、もっとうまく使えば良いように思える。

 現状ではファンが本を2~3冊買って身近な人間に配る程度だろう。

 そこで「本を布教したい人」があらかじめ料金を支払い本を確保する。

 「この本を欲しい人はいいか?」と問いかけると「欲しいです」という人が出てくる。

 転売されるかもしれないので布教したい側も相手を選べるようにすべきだろう。

 そこで希望者の中から大丈夫そうな相手を選べるというような仕組みだ。

 これは実際の施設でやってもいいしネット上でも実現はできそうだ。

 「ほしい物リスト」はあっても「布教したい物リスト」はないように思える(※未調査)。

 他にも、

道の駅にある「蕎麦打ち体験」のような作家による「作文体験」「漫画執筆体験

特定飲食店食事をすると収益作家還元されるシステム(協賛店?)

外国人観光客向けの持ち込んだ絵本漫画などを翻訳してくれる施設

 のような仕組みが思い浮かんだ。

 施設という方向性を挙げさえすれば、この程度のアイディアならすぐに思いつくと思ったのだが……。

 なにも思いつかないのか?と逆に聞きたい。

 まず前提として「画期的な万能の施設により全員の作家がどうにかなるとは到底思えない」というのがある。

 作家性との相性もあるのだし、一種類のいい感じのアイディア解決するのは不可能だろう。

 結局は「なんか施設を使ったら」という曖昧方向性の話以上にはならないはずだ。

2019-02-15

アニメを主軸にした有料コミュニティに参加しているが、今年度更新をせず退会することにした。

理由としてはシンプルで、自分晒し過ぎたせいだ。

メンヘラナマポ低能高齢クソワナビーと言う自分は、場の雰囲気に流されず徹底して自分を隠すべきだった。

なまじ同じ年代以上のニート様がいるばかりに、つい自分情報を開示してしまったが、彼ら彼女らは自分とは比較にならない程絵が上手い。

そしてニート様だ。

社会存在することを許された存在だ。

技能ニート無能ナマポは全く別次元存在だ。

にも関わらず自分晒ししまったのだ。

結局、それによってコミュニティに属している事自体苦痛になってきた。

気を使われるのも苦しい。

そんな価値自分にないことを自ら晒ししまった。

幸い、似たようなコミュニティは他にもある。

今度は上手く隠し通す。同じ過ちは犯さない。

anond:20150910222900

こういう話題馬鹿の一つ覚えみたいな趣味なんだから金惜しむなよやらなきゃいいじゃんって意味分かんないわ

ペイする事を含むなら趣味じゃないって単なる一価値観による暴論だしその人がやってる趣味嗜好の範囲他人が決めるって意味わかんないじゃん

自分でやるならそうすればいいけど値段のどうこうやノベルティや無配含めうまいことやりくりするそれ自体趣味の一環て人もそりゃいるでしょ

同人二次創作って枠上不必要利益は出ないようにってそれを一種の遊びだと思ってる人も当然いるだろうし

それを金勘定を含まない趣味をいちいち挙げてホラこの趣味お金なんて気にしてない!って知らんがなって感じ

そりゃそうでしょそういう趣味を例に持って来てんだからっていう

世の中金絡む趣味なんていくつもあるのに恣意的にも過ぎるでしょ

同人イベント参加とネット活動が同じものだって括ってんのも意味わかんないしそれも何勝手に言ってんの?って感じ

同じだって思ってる人もそりゃいるだろうけど人によっては被る部分があるだけの完全な別物でそんな場合WEB掲載なんて代替になんてならないし代わりにこっちでいいだろってどこ目線だよって思うわ

何回も言うけど何で人の趣味勝手定義してんの?何でネットで公開する事が同人活動って趣味においてその人が得られる感慨や充実感の代わりになり得ると思うの?どんだけ解った気になってんの?何を根拠に少なくとも何万人かはい同人趣味にしてる人間同人活動へ求めるそれぞれのものネットでのそれで代替可能だなんて考えに至ってんの?

そもそも同人頒布っていうグレーさの部分に限った問題提起へのひとつ手段としてのネット公開って話を趣味としての代替として足るものって捉えてるの物事区別つかないまま人にどうこう言えると思うその自信はどこから来るの?何なの?ってなるわ

ていうかそれならそんなの買う側だって金出したくないならイベントなんて行かずネットだけ見てればいいじゃんて話だけどそうでもないじゃん

それでいいって人も大勢いるけどそれだけじゃないかもっと刷ってくれればいいのに安くなればいいのに装丁なんていらないのに再販してくれればいいのに通販してくれればいいのにネットで公開されればいいのにDL販売でいいのにって声があがるんでしょ

本の形になる事でネットだけでは必ずしも得られないものを目にする機会もあって単純に代替になるかって言ったらそうじゃないじゃん

そういう現実として買うだけの参加でさえ例え不本意だとしてもイベントネットでの得られる経験差異があるのに作る側のイベント参加の同人趣味ネットでのそれで代わりになるんだからそうすればいいのにってハァ?って感じだわ

から無料でのネット公開はそういう意味でも望むんだろうけどそんなのはただの自分の都合なわけじゃん

本にするのは作り手側の趣味の上の都合だけどそれを自分の中で否とする自由があるように個人の都合で他人は縛れないでしょ受け入れるのも振り回されるのも自由だけど

個人的にだけどジャンルの値段設定って風潮も正直馬鹿馬鹿しいわ

そんなの部数だけじゃなく使う印刷会社入稿時期や装丁で単価なんて変わるしそれこそ費用カンパ頒布て前提として揃える必要なんてどこにもないでしょって思ってしま

別にそうしたくてするのは自由だけど同人定義を大きく逸れるものでもないなら人の値段に口出すのも同調圧力もやっぱり意味分かんないわ

読んで欲しい手に取って欲しいからって気持ち理解できるけど元増田のみたいな部数による値段の推移やそもそもの本作りにかかった分を出して貰う事での頒布って感覚理解できてない人の意見なんて単に知識がない事での疑問や勝手思い込みなんだからそこに寄り添う事なんてしなくても本来問題なんてないでしょって

いやそういうスタンスで行くんだって思うのも自由だよでもしたくもない気兼ねして気疲れして本末転倒になっててほんと理解出来ないわ

趣味からこそ布教交流プレゼン的な部分をメインにして頒布目的に値段を抑えて調節するのも自分の思い描いたものを形にする事自体に重きを置いてその結果単価が上がってその通りに値段付けるのもそれは嗜好によってそれぞれでしょ

シンプルに大量に刷って安価イベント跨いでまた通販頒布するのも高価になる豪華本を予約とって刷って1回のイベント限定にするのもどっちもその人の趣味としての楽しみ方なんだからそこに最低限の同人原則以上の基準を設けるなんて何の意味があるのって思うわ

本出して頒布する事より周りと交流して足並み揃えてその中で楽しめる事が趣味としての同人活動大事に思うからってならまあそれはそうなんだろうし本末転倒でもないんだろうけど

あと装丁なんて自己満足なんだからってのも結構聞くけどいや全部そうでしょって毎回なるわ

何で中身は自己満足じゃないみたいになってんのって

全部自己満足だよ趣味なんだから

その自己満足の結果を同人て大きなジャンルの中の別の趣味として金払って自己満足で手に入れるってそれだけの話でしょ

どっちも全部が自己満足なんだよ

装丁自己満足で~とかそんなのただ自分趣味として求めてるものじゃないからそこに価値感じないってだけの話じゃん

求めてるものが得られたとしてもそれは自己満足として作られた中に合致するものがあったってだけでしょ

自分が欲しいものがあったからそこは自己満足じゃないそれ以外は自己満足って主観客観もねえなって感じで怖ささえあるわ

その本がその装丁でその値段でその場で頒布されてるのがその人の趣味の結果なんだから気持ちはどうあれ行動としては欲しいなら買うかいらないと思ったなら手に取らなきゃいいだけの話でしょ

中だけ読めればいいのにってそれただのワガママだしそれで他人趣味の形に文句つけて要は思うような形にしろよってどんだけ傲慢なんだよって感じだわ

いや言うのは自由だけどそこには言われた側に引き受ける義務は少しもないでしょ

応じてくれたとしてもそれはただの厚意で大いに感謝すべきものだわ

客と店の関係ならハンバーガーオニオン嫌いだから抜いてなんてある程度通るのかもしれないけど趣味だって散々言っといて注文つけるって何勘違いしてんのって思うダブスタじゃん

アンソロの一人分だけしか読みたくないのに~!全部値段払わなきゃいけないのおかしくない?それ主催自己満足でしょ??データ別売りすべきでしょ!!!みたいな馬鹿と一緒だわ

別に義務でもないんだから作る側がパッケージとした値段の価値があると思わなきゃその場去る自由もその選択権も自分にあるのに何でその責任をその本の方に乗っけようとすんのって

それこそ趣味に金惜しむなって言っといてしっかり損得考えての事なわけでしょ

趣味として作られたもの自分が欲しいもの以外は省け安くしろって要求は完全に頭おかしいけどでも自分がその値段払うのに装丁や別作家が損になるって考え方自体は悪い事じゃないし趣味の上の買い物では極普通思考なわけじゃん

こっちでこの値段出したらあっちの買えないか我慢してこのDVD特装版フィギュアいらないか資料集だけ売ってくれ~いや資料集だけ抜いて他売れば相場はなんて気持ちとして普通にあり得るでしょ

それを趣味なんだから読みたいなら買えよ金無いならバイトでも何でもすればいいじゃん損得考えて悩むならそんな趣味やめてしまえってわざわざ言わないし言う奴余計なお世話だしお前その0か100かみたいな思考なんなの?ってなるじゃん

だって生活の中で何を選ぶかどう金を趣味に使うかは当人が決める価値観範囲のものなんだから

逆に趣味なんだからこそその範囲は個々に裁量自由が許されるでしょ

同人だって同じだわ

現状公儀で許容され得る同人原則ルール範囲内での値段設定という前提の下ならそこにどれだけ赤許容するのか何に金を出すのかどこまでを値段に反映させるのか交通費参加費印刷装丁再販再録既にネットで公開していたものを本にするならどうするか数刷って在庫抱えても単価下げるか通販値下げ無料配布ノベルティグッズでの帳尻あわせ本当は全部個人判断に委ねるべきものでしょ

趣味で何を大事にするかなんてそれぞれなんだから

それぞれへの個人的な価値観の表明も意見の殴り合いもやりたいならそれは自由だけどそれは前提として同程度の情報知識の共有とあくまで最終的な決定権は個々にあるってその尊重意識あってじゃん

理解は出来ないけど元増田の友人さんみたいに自分で決めて自分でやめるのもまた戻るのも自由ではあるし他の描き手の値段設定も高めに値段付けてたサークルもそうじゃないとこもそこに皆合わせていった事もそれを同人活動においてのある種問題象徴のように思った元増田もそれは全部そういう意味では何も間違いではないけど趣味としての遊びにそれを趣味としない人間そもそもその趣味趣味とは言えないその趣味ならこうすべきだこれが代わりになるからそれでいいだ何だって趣味としての正当性倫理性を問う事と趣味定義した中での懸念問題提起混同させて区別もつけられずに一方的に何にどう価値を求めてどういう範囲で金を使うかの幅までそこに定義してそこから漏れるならそれは趣味じゃないやめてしまえってマジかよって笑っちゃうわどの立場なんだよって権威か何かなの?

ほんと何なんだろ

anond:20190215103222

からそれが子無し税だと。

結局、養育費なんていう個人に委ねたシステムにしているかダメなのであって、子無しから一律に税を徴収して子供手当として配分するのがシンプル有効システムでしょうよと。

anond:20190215021353

小沢一郎ほどマスコミ印象操作されたメディアスクラム被害者もないって海外ジャーナリスト心配するレベルだぞ。

それに俺は経済書思想書を読んで自分リバタリアンとしての思想を固めたのであって、政治に詳しくないし政治家のもつ思想の部分にしか注目したことはない。

日本政治の上っ面ばかりメディアを通して見て、いつも怒り狂ってる人たちの考えることは知らん。

ちなみにリバタリアンと言っても右翼左翼想像する自由至上主義ネオリベみたいなやつとは違う、現実的効率的シンプルかつ柔軟な、万人に優しい本当の自由主義思想のことだぞ。

資本主義自由』は読んだことあるか?そのあとでキチガイ呼ばわりしてくれ。

2019-02-14

anond:20190214191245

シンプル英単語自体検索することは稀だとしても、シンプル英単語名称として採用しているサービスについて調べようとすると、こちらの意図する対象とは違うものが沢山ヒットしてしまって面倒でしょ。

例えば、Pocket とか Box とか。

うちの上司うざい。

基本的に忙しい人で年がら年中会議だの何だので駆けずりまわっており、なかなか席にいない。

そのわりには報告事項をメールで送ったりすると「直接コミュニケーションするのが大事だ」とか言って口頭で報告するように言う。何度もあんたの部屋覗いているかいないか確認するのが手間だし、私は次々仕事が来ると古い仕事を忘れていくシンプルな頭の持ち主なので、忘れないうちにメールで連絡しておいた方が間違いがなくて良いと思うんだが。

そもそも私の担当業務をどうでもいい雑用として認識しており、「書類にハンコください」と言うとすごいスピードで押してくれるが、書類の中身はほとんど見ていない。そのわりには私のしでかしたミスはよく覚えており、「このミスは○回目だよね」などと指摘する。

それでも私は事務室上司の部屋でこそっと注意されるのでましな方で、職場ほとんどが出席する会議の場で、「△△さんのところでは上手く仕事が回ってないので、いろいろなところにヘルプを頼んで改善しているところです」などと△△さんの能力否定するような発言を平気でする。

△△さんの能力微妙なところはあるようだけど、わざわざみんなの前で言わなくても関係者だけに伝えておけば良いだろうと思う。ご本人は健気に普通に出勤してなるべく笑顔も絶やさないようにしてはいるが、あの上司ダメ判定を食らうとさぞかし辛いだろうと思う。私が△△さんの立場だったらいつ何を言われたか記録しておいて、自分病みそうになったらパワハラで訴えてやりたいと思う。

だいたいコミュニケーション大事とか言いながら、楽しげに雑談などしているところを見たことがない。重要と思われる案件についてはまめに打ち合わせなどやっているようだが、そういうのが多すぎて、私のような下っ端が相談を持ちかける余地がない。

仕事はできる方なんだろうと思うけど、どうでもいいと思った仕事に対する扱いが手荒で、人に対する判断が減点法だ。大勢の前でスピーチするようなときは「人の良いところを見つけてほめるようにしましょう」などと言っているが、実践できてないのはお前だ。

これだったらもう少しボーッとした人で良いから、おおらかで人当たりの良い上司の方が良いなと思う。みんな何かしら上司に不満を持っているとは思うが今まであまり出会わなかったタイプなので書いてみた。

anond:20190213192103

いまだに評判の悪い、宮崎駿に叱られた件だけはちょっと同情の余地がある気がする。

あれは単にプレゼンの失敗であって、相手にどういう知識があってどういうことを重視するか、どういう思考の癖があるかを見誤っただけだと思う。

本来であれば、シンプルな原始生物が徐々に複雑な機能を獲得していく悠久の物語を語ることもできたはずなのに、

反笑いの喋り方と、美しさや見た目の伝わりやすさに手間をかけていない動画を見せたことで、障碍者をあざわらうようなものに誤解されてしまった。

2019-02-13

anond:20190213114657

この引用でなぜ家賃だと思ったのか?保証人やろ?

で、空き家が増え続けているので、ちゃん保証会社立てて、定期的なインがあること(年金どころか生活保護でも問題ない)が証明できれば、借りれる

心配するのはそこじゃ無い(二度目)
心配するのは自分自身の足腰が自由に動かなくなる/集中力も欠如するだろう事だ
バリアフリー住居でうっかり転倒しようものなら骨折になりかねないが、老人が骨折したら一気に車イス生活
公営以外のバリアフリー住居の敷居が高いのはもちろんのこと、歩かない高齢一般人が、身体と脳の健康を維持することは非常に困難
シンプルにいうと、心配すべきは、老人に適した住居やケアを手にする資金準備です

2019-02-12

anond:20190212170945

そういう表象的なことを言ってるんじゃないんだよ…

それで割り切れるほどシンプルもんじゃないことは見てたらわかるだろ

anond:20190212102608

オタキング」の通称で知られる評論家岡田斗司夫氏が、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社)を上梓したのは2007年。著者の痩せた容貌説得力を強め、「レコーディングダイエット」が一世を風靡した。食べたものを記録して1日の摂取カロリーを1500kcal以内に収める――そのシンプル方法も大いに話題を呼んだ。

 ところが現在スリムになった姿は見る影もなく、岡田氏は25kgもリバウンドした。それどころか、かつて自らが提言したレコーディングダイエット全否定している。

これ好き。

anond:20190212003358

酒や本みりんで甘みを出そうと試行錯誤しても客からは不評でけっきょく砂糖を加えるのがシンプルで確実なんだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん