「リポーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リポーターとは

2021-05-07

anond:20210504194108

こういう奴らが拡散推し進めてるんだよな。

なにも渋谷辺りに出かけている馬鹿者達だけではないんだよな。

この間ニュース番組でやってたけど、

BBQを止めさせるために入り口を閉鎖してある所に無理矢理入ってきて、

TV局のリポーター質問されて逆切れしている馬鹿者いたけど、

「俺は大丈夫なんだ」という考えしかないんだろうな。

それにしても日本人もっと外出を控えろよ、俺は控えてる。

お金いから。

2021-05-03

インド在住の中村さんはゴーグルをしていない。

https://twitter.com/yuri_nkmra/status/1388850806997229573

https://news.yahoo.co.jp/articles/81b3cc03a5db29c97ee7cd113b344aa95c15f306

中村:「インドの友人もコロナにかかった方が何人もいらっしゃいますし、

中には重症化してもなかなか病院に入れず、自宅で何とか頑張ったって方も多くいらっしゃるので、

やっぱり病院すらあいてない状況なので」

CNNリポーターですら、ちゃんとゴーグルつけて取材してるのに、

インド在住の中村さんは眼を守っていない。。(´;ω;`)ウゥゥ

2021-04-25

落語の件

落語定席自粛要請を受けません、というのに批判が割とあって、まぁ個人的には批判も、ある程度は仕方ないだろうなぁ…としょんぼりするほかないのだが、寄席を開いている側としては死活問題だろうとも思う。

増田落語好きなのだが、寄席には元々あまり行かない。近所で落語好きが席亭やってる小さい落語会やホール落語に行くのが中心。これには個人的理由があって、寄席だとあんまり好みじゃない芸人のもなんとなく見ちゃうことになるのが、あんまり楽しくないからだ。そういうのが好きな人いるからこれは良し悪しではなく単なる好みの問題

で、定跡の寄席一年中やってる寄席)って実は少ない上に大して儲からない絶滅危惧スペースで、そこで芸人が得られるお金は微々たるものである。実際にいくらなのかは知らないが落語家さんがそういうマクラ雑談をするし、キャパティ普段の稼働状況なんかを鑑みても「あんまり儲かってなさそう…」というのは容易に推察できる。定席寄席に出てるだけだと全然食えないと思う。

寄席に出る芸人の主な収入源は寄席ではなく、営業やいろんな場所で行う落語会なので、寄席が閉じてしまうこと自体が彼ら芸人の日々の生活に直撃するわけではない。が、落語会やお笑いイベントが行われる場所は主に公共ホールだったりするので寄席よりも強く自粛させられるため、すでにホール落語は続々と休止が決まっている。こちらの方が実際には芸人たちにとってはクリティカルヒットになるわけだ。

去年の初めての自粛の後は、解禁後も寄席は閑散としていたと聞く。この10年ぐらいは東京はかなりの落語ブーム寄席も盛り上がっていたのでコロナの影響は深刻だよなぁと思っていた。それでも再開して少しずつ客足も戻ってきたらしいよと聞いていたのだが…コロナの影響で、営業ホール落語とかも含めて)がままならなくなっている芸人たちも、寄席を開いている席亭たちの収入も当然大幅に落ちていると思われる。

絶滅危惧スペースで大して稼げるわけでもなく、これを書いている増田自身が「あんまり行かないんだよな…」と思う寄席ではあるが、落語演芸文化にとって大事というのはとても理解できる。

席亭(芸人の出番を決めたりもする)の人脈力だったり、ショーケース機能営業や別の落語会に呼ばれたり)だったり、自分を目当てに来ているわけではないカラい客を相手にするという若手の修業の場という機能だったり、こういう諸々をまとった空気感寄席がつぶれると、こういう機能とともに、文化を醸成するための有象無象な「空気感」がなくなる。一度なくなった後に取り戻すのはかなり難しくなるだろうから、まぁ、寄席の側からしたら「文化だし必要だし」という言い方になるんだろう。

大阪では長いこと定席寄席がなかったこともあって、上方落語はすごく面白いのに、繫昌亭ができるまでの長い期間、沈んだ期間を過ごしていたらしい。関西の人にとっての落語家は三枝仁鶴と、その他いろいろタレントリポーター、みたいな感じだったと。最近はようやく中堅若手で面白い上方落語の人が続々と出てきているし大御所たちも落語を元気にやっておられる。

そして江戸落語がしばしば、すごい面白い落語家を生み出しているのは、定席が続いて存在しているからというのは大きい。批判もあろうが、どうせ(特に池袋は)ガラガラだろうし許してやってほしい。

一方で、実は江戸落語の界隈も、クラスタ認定はされてないが芸人の陽性者をこの1年で何人か出している。前座や若手だけでなく真打も。私が好きな師匠感染を発表して、重症化しやすそうなタイプだったので凄く心配していて、今は無事に回復しておられるので安心した。とはいえ、まぁ、「文化から開き続けるぞ」と宣言するからには、できる限りいやそれ以上に芸人たちの感染対策を、彼ら芸人自身がしっかりやってほしいと願うのだ。じゃないと、批判が増えてしまうだろうし何より何かがあった時にその芸人さんの芸が見られなくなったらすごく寂しすぎる。

で、話は変わるようで変わらないのだが、相撲である相撲相撲部屋クラスタも出しているし亡くなった力士もいる。なのに深夜まで飲んでた麻雀やってただのと報道をされている。反省がない…という悲しさ。

相撲落語もそうなのだが、彼らの中に感染がおこる原因の一つに「タニマチ」の存在があるのではと思ったのだった。相撲落語も「タニマチ」と俗称されるような人たちがいる。取り巻きというか私的スポンサーというか。落語会の後に打ち上げをやって若い者に栄養をつけさせたり、場所の後にパーティーをやったり、タニマチ側の慶事イベントがあったらゲストで来て「お相撲さんがきてる、わー」と言われたり、ちょっと軽い一席をやったり、お姉ちゃんのいる店に一緒に行っておねえちゃんを驚かせてゲラゲラ笑ったり、そういうことをしていたりする。こういうのは徐々にすたれていっているという話も聞くのだが、こういう「場」を通して感染が広がるのはあり得るよなぁと思うのだ。

個人的にはこの「タニマチシステム」は好きじゃなくて、それは私がタニマチをやれる財力がないか嫉妬しているのは大いにあるが、芸や理屈が「内向き」になることと背中合わせだよなと思うからだ。一方でタニマチに食わせてもらった若手時代、とかタニマチに金出してもらったから部屋が持てた、みたいな話も聞くのでむげに否定もできない。ただ、コロナのことがあるから、徐々にすたれていっているという流れがそのまま加速して、別の方向(例えばYoutube課金とか)に流れていくといいなぁ…と思ったりする。

まぁとにかく、落語はすごい面白いから寄席も何とかコロナサバイブして、何とか続いていってほしいんですよ。

2021-04-19

朝の情報番組「こんなお店がオープンしました!こんな素敵な場所がありますよ!リポーターを送ってリポートさせます!」

夜のニュース番組自粛要請にも関わらず街には人が!話を聞いてみましょう!自分には関係ないと思ってますよ!けしからんですね!」


ゲェジかな?

2021-02-23

anond:20210223002222

自国開催を舐めてるだろう

ラグビーワールドカップの5倍くらいは話題になるよ

気持ち悪さを例えると

陸上中継やってる最中に既に引退したボルトの顔を映し出して

「今あのウサイン・ボルト選手国立競技場に来ています」と叫んでから

ウサイン・ボルト東京見物を紹介するリポーター

それがtwitterトレンドになって皆で大盛りあがり

次の日の話題も「ボルト日本好きなんだね~」ってことになる

2021-02-10

ポリコレって多分戦闘力みたいなシステムで動いてるよね

ポリコレ戦闘力みたいな概念って多分存在するよね。

金がなくてブサイクハゲあがってる男よりも旦那にぶら下がってヌクヌク生きてる専業主婦社会的地位のある女性の方がポリコレ戦闘力は高くて、

白人(多数派人種)女性よりは黒人男性の方が更に上で、黒人女性は相乗効果でそれより若干上。

んで黒人女性よりも強いのがLGBT

障害者とかは病名により高かったり低かったり。

多分そんな感じでできてる。

これは実際に現代社会で苦しんでる度合いとかとはあんまり関係なくて歴史の都合とかで弱者リストに入れたものけが戦闘力を与えられる。

黄色人種白人より戦闘力が高いか白人の真似事をすることは許されるが、黒人黄色人種より更に戦闘力が高いので黒人の真似事は許されない。

善悪概念は全て戦闘力の大小で判断されて、同じ行動でも属性によって被害者にも加害者にもなりえる。

異を唱えるものがいたとしたら理由を後付にしてとりあえず差別主義者として糾弾されるんだろう。

リベラルっていうのは、この弱者属性リストポリコレ戦闘力の数値を丸暗記してる人間だと思ってる。

社会的には苦しんでいるはずの生まれが悪い低学歴低賃金労働者無能はどれだけ苦しんでも弱者属性リストに入ってないのでリベラル様にすら見下され弱者にすらなれない。

世の女性たちは性犯罪リスクがあっても女子更衣室や女子トイレトランス女性を入れるべきだし、女子スポーツ世界トランス女性の参戦を受け入れるべきで、反発するもの差別主義者みたいな風潮。

自分は反発の声は当然だと思うけど、結局”女性”が”LGBT”に戦闘力でバトルして敗北したって話だよねーって。

話は変わるけど、何年か前に見たBBC特番日本ダッチワイフ工場取材した女性リポーターが悲しんで涙を流していたんだよね。

当時見てた自分は「一体この人は誰の何に対して泣いてるんだろう」ってよくわからなかった。

ダッチワイフや性産業に頼らざるを得ない性的弱者障害者とかもこういう”女性”に敗北して好きな人形でオナニーする権利すら奪われるんだろうなーって。

綺麗な世界なんて幻想よね。

こんな戦闘力リストに忠実で杓子定規運用じゃめっちゃ歪で矛盾だらけにならないか

2021-01-07

ここまで感染者が増えたのはわりとマジでテレビのせいと思ってるんだ

正月番組も含め、ここ三ヶ月ぐらいのテレビ番組って、

ほんと言い訳レベルアクリル板立てたりマウスガード()つけてるだけで

明らかに感染対策してない感じがバレバレで、それで視聴者もそれ受け入れちゃってんのよね。

この一ヶ月、着々と感染者が増えてても

M-1とか漫才だって普通に肩ぶつけながら唾飛ばしながらやってたし、

ロケ番組マスクしてるだけで、ばんばん途中でマスクずらして買い食いしてるし、

アクリル板で仕切ってたって、アクリル板叩いて突っ込んだりとかしてたらからね。

ウイルス付着してる可能性があるものさわるなよ。

俺、家で仕事してるから仕事中はワイドショーとかつけっぱなしにしてるんだけど、

百合子が、さんざん会見して訴えてても、もう単純なベタニュース扱いで、

春みたいな緊迫感持って報じてないわけ。そりゃ届かないよね。

そんで、その代わりにグルメ特集とかやって、マスクしないリポーターケーキ食べて「美味しい〜」とかやったり

行楽特集とかして、目の前に近づいてインタビューとかして「いいですね〜」とかやってんのよ。


こういう自粛しない雰囲気日本につくりあげたのって

こんなテレビのせいに決まってんじゃん。


高尚なはてな民増田民たちはテレビなんて見ないでしょうがね、

自粛しないで街で騒ぐ層と、テレビ見て影響される層はだいたい一致してるのよ、

っていうか、みんなテレビのこと嫌いだけど、

テレビの影響力っていまだに半端ないからね。

Twitterトレンドとか放映中のテレビ番組に影響されまくってるの考えればわかるよね。

まあ、そういうわけで、

昨年の5月無駄不安煽り立てまくるわ、

今はこのぶったるんだ雰囲気つくるわ、

テレビ報道ってのは害悪しかないんだなっっていう感じです。

まあ政治だけの責任じゃないよね

2020-11-23

マウスガードは無意味なのにテレビの中継は使いすぎ問題

テレビの中継で、リポーターが、マウスガードを使うのはやめて欲しい。

実際にマウスガードで近づい、大声で喋っているのを見て、挙げ句飲食して、上手いまずいと大声で騒いでるのを見て、

新型コロナウィルス対策をなんだと思ってるのだろうか。

あんものは糞の役にも立たないのだが、それを無視して大声でしゃべるのは、本当にひどい。

テレビ制作会社はGOTOGOTO言う前に基本的対策をきちんとやるべきである

マウスガードは無意味であるということをきちんと考えずに堂々と大声で喋りまくって、ニュースではGOTOGOTOと騒いでいるのは悪い冗談だ。

マウスガードを使うよりもきちんと基本的対策報道したほうが良い。

2020-09-11

Eテレ見ない奴は時代遅れ

朝6:54まではニュースをみる。

そこからEテレに切り替える。

そうすると、

CMなく連続で見れる。

人によっては、おかあさんといっしょタイミング朝の連ドラに切り替えるのもいいだろう。

 

イチオシは、「英語であそぼ〜シャキーン」の連続だ。

これで06:54〜7:15まできっちり埋まる。

内容が秀逸な上に、画面構成ガチャガチャしていないのでストレスにならない。民放の下手くそリポーター食リポを見たり、本当に一部界隈でしか通じない流行を見たり、トンチンカン芸能人ニュースに対するコメントを見たりすることはない。

侮られがちなのが、「英語であそぼ」だ。あの聞き取りクイズは、10回中8回は超絶簡単なのだ10回中2回はやや難しい。ご飯を食べながら観ていると、「ん?」となることがある。

 

めしに、この生活を1週間続けてみてほしい。

2020-08-20

いつか叩かれる

自分自閉傾向が強い。非常にうっかりしやすいところがある。スペクトラムとされるように、自分日常生活でも勉学/仕事でもさほど支障はない。

なぜ、さほど、程度で済んでいるのかと言うと、全てを覚えゲーのようにこなしているからだ。この会話の流れではこう返す、こうなったときはああする。そういった成功を覚えて、間違わないように気を配る。フリーな会話や大人数での会話はパターン化が難しく、ほぼ沈黙で終わってしまう。しかしそれも、さほど、の範疇だろう。

直近で不安が強いのは、熱中症リポーター記事だ。

熱中症報道自分最初現地リポーターの返しが唐突でなにかシュールコントを見ている気分になった。多分自分最初アナウンサーのように笑ってしまうじゃないかと思う。もちろん「とっさに大丈夫?を言うべき」「アナウンサーパワハラ・ひどい!」「これはアナウンサーが悪い」とのコメントを覚える。こういう熱中症兆候、気を回した放送事故回避方法があり、まず心配してみせることが大事だと覚える。おそらく次には活かせるはず、でも、過去には?

自分の発想の至らなさ、それをわかっているか努力を続けている。でも、いつか絶対に悪い側に回ってしまうんだろう。諦観が続く。

2020-05-12

100日後に医療崩壊する国(あと3日)

TVリポーター水着を着たセクシー看護師たち3万人が、踊りながら銀座デモ行進しています! もうこの国の未来はありません!」

2020-04-16

anond:20200416195707

ある意味テレビ局リポーター

こちらが、コロナウイルスでご家族をなくされた方です

遺族が今お葬式を。。。って中継してたら、お前が自粛しろって思うだろ?

 

なぜかはしらねーが、コロナを抑え込んでほしいと医者が言う、すこしでいいらしい。

遠出しないように、自宅のそばでおとなしくする。

まりにも自粛ばっかシてるとうつ病になって 結果医者迷惑かけちまうから

運動して、気晴らしして、うつにはなるけど、誰かが病院で苦しんでるんだろうと はやくよくなれよって

いつもどおりに健康に過ごす

2020-01-09

昔、テレビを見ていたら、アナウンサーだかリポーターだかの女性落語家に謎掛けをお願いしてたんだけど

その女性がふったのがお題じゃなくて「○○とかけまして、××ととく、その心は?」までだった

あれは驚いたね

2019-12-15

普通の人しか出てこないループもの

『恋はデジャブ』って映画がすごく良かった

ちょっと陰険な感じのお天気リポーター田舎の町での出張リポート中に謎のループ現象に巻き込まれて、雪に閉ざされた田舎町の1日を繰り返すうちにいろいろやっていく…って話 ループ現象の原因とかが一切明かされないのが逆によかった

ループものってけっこういろいろあるけど、だいたいループだけじゃないんだよな ループの原因は何なのかっていうのを話に組み込むとどうしても何か劇的なSFファンタジー要素を入れないといけなくなってくる

そういう劇的さが少ないループものってなんかないかなあ 普通の人が同じ一日を繰り返す中でなにかやる それ以上の奇妙なこと(宇宙人とのバトルとか)はない ってやつ

2019-11-02

スポーツ中継での大麻トーク

2019 Jack's Casino World Series of Darts Finals | PDC

↑の中継(itv提供)をDAZNで見てたら、冒頭のリポーター解説者のアイスブレーク

"seems you have been smoking tonight?" "Yeah we are in Holland haha"とか話してて、これええんか…ってかなり真顔になった。

2019-09-08

コンビニ大手セックストゥエルブは新しい決済としてチンチンペイの利用を開始します。

アナウンサーコンビニ大手セックストゥエルブは今朝未明新しい決済サービス、チンチンペイを発表しました。

アナウンサー現場の月途スッポンさん!

リポーターはい!月途です!実験店舗でチンチンペイが使えるとのことで、さっそく利用したいと思います

リポーター:購入したい商品を買い物かごに入れてこうやってズボンを下ろして・・・ (客の悲鳴)

リポーター:おちんちんのQRコードレジで読み込むとっ・・・

リポーター:支払いが・・・完了します!(^V^)/

アナウンサー:月途さぁーん!

リポーターはい

アナウンサー:周りのお客さんビックリされていましたね!!

リポーター:そうですね!私がいきなりズボンを下ろしたからでしょうか?

アナウンサー:(無視)

リポーター:チンチンペイは当面の間、男性限定サービスとして利用できる予定です。

リポーター:続いてはお天気です!

2019-08-26

なぜ我々は24時間テレビを楽しめなかったのか

厳密に言うとなぜマラソンをしているんですか???? と斜にかまえた見方しか出来なかったのは何故だったのか? という話です。

毎朝スッキリを見ている。スッキリを見はじめて2年ほど経ったと思う。加藤浩次が好きすぎる。水卜ちゃん春菜阿部リポーターも、とにかく出てる人たちが好きすぎるし、大体の人のキャラ設定もわかっている。

毎週イッテQを見ている。なぜならウッチャンが好きだからであるやるならやらねばウリナリ、どちらも目を輝かせて見ていた世代だ。

今年の24時間テレビマラソンランナーは、いとうあさこガンバレルーヤよしこ春菜に水卜ちゃんである

繰り返すが全員のキャラ設定が分かっているし、好きで見ている番組に出ている人たちなので、入れ込んでいる。その人の背景がわかる。好きな芸能人なのである。そんな人たちがマラソンを走ったらどうなるか?

そもそも、4人が走るというので、子供の頃ぶりに24時間テレビチャンネルを合わせていた。24時間テレビってなぜ終わらないんだろうと思いながら。それなのに、私はスターター加藤浩次が出てきた時点で号泣していた。くどいようだが、知っているのである。毎朝楽しげにふざけあうスッキリメンバーを見ているのである。各々のキャラ設定がわかっているのである「絆」を知ってしまっているのである

というわけで、泣きっぱなしでずっと見ていた。途中なぜか死んだ人たちにむけて手紙を読む俳優など、どういう気持ちでやってんだ? と思っていたが理解はできた。視聴者にとっては好き俳優だったりするのであるキャラ設定や、手紙相手との関係性がわかっている。そんなの泣く。私が春菜が走っている途中で相方が出てきた時のやりとりで号泣したように。

そういう番組なのだ。ようやく理解した。そういう感覚があれば、どこに募金してんだよ? とか、ギャラが出るってなんなんだよ? とかどうでもいいのである。嵐のファンなんて、嵐は今年で活動休止するのだから、すさまじい熱量を抱いて番組を見ているのだろう。

24時間テレビを楽しみたければ推し必要なのだ推しがいなければ見る必要もないだろう。

2019-05-22

東京都内で4月に見つかった男性遺体が3月から行方不明となっている情報番組リポーター奥山英志さん(失踪当時61歳)と確認されたことが12日、警視庁への取材で分かった。

2019-05-20

ファーウェイ完全終了のお知らせ

さて、ヨドバシヤマダビックカメラの様子はどうなっているでしょうか。リポーター増田さーん?

2019-04-12

anond:20190412164334

山本かよの出産動画

1993年、当時リポーターを務めていたKBCテレビドォーモ」で

山本かよの妊娠出産日記スペシャル

という企画放送されました。

これは妊娠出産までを

ドキュメンタリーとしたものであり、

いたことに、その出産シーンは

無修正状態で放映されました。


結果、この作品

日本民間放送連盟賞・

テレビ娯楽番組最優秀賞」を受賞。

当時は非常に大きな話題になりました。

そしてこのビデオはその後、

多くの中学校高校での

保健教育の授業で上映されました。

「命の神秘を学べる作品

「心から感動できます

「親にありがとうって言いたくなります

自分出産シーンを

あえて公表するという山本かよさんの

勇気に、多くの女性から感動の声があがりました。

2019-02-24

「イヤなら出てけ」

すでに優秀な人ほど海外大学を目指すなどして本当に日本を出て行っているという事実日本に残るのは第二言語習得できないバカばかりだ。いずれ大学卒業後の進路も、まともな仕事をしたければまず真っ先に外資系企業を目指すしかなくなり、あまり仕事の出来ない奴が渋々日本企業に入る、という状況になるだろう。こういう(選択的な)人材流出が進むとどうなるか。いずれそう遠くない未来日系人は優秀だけど日本人はダメ」という状況になると思う。

アメリカイギリスなどに国籍があり、その国の環境で育てられた“日系人”がノーベル賞を受賞し、それを見た本土日本人が(完全に海外国籍であるにも関わらず)勝手同胞認定。「日本人がノーベル賞受賞の快挙!」などと連日報道し、頭の悪いリポーターが押しかけて「好きな食べ物は?」など低レベル質問を投げて閉口される…という状況が目に浮かぶカズオ・イシグロ大坂なおみを見るにつけ、そんな未来がいよいよ現実になりそうだと感じる。

2019-02-23

親「……」

昼になると坂上忍があれこれ文句を言う。

15時頃をこえると宮根が現地のリポーター言葉を遮って空気の読めない発言をする。

ストレスの溜まる芸能人しか出てこないと嘆く親。

坂上忍も宮根も嫌いなので、気持ちわからんでもない。

ドラマ見れば?と言ったら科捜研相棒を見て楽しんでいるらしい。

それでいいんや。

2019-02-17

「イヤなら出てけ」と言うが

すでに優秀な人ほど海外大学を目指すなどして本当に日本を出て行っているという事実日本に残るのは第二言語習得できないバカばかりだ。いずれ大学卒業後の進路も、まともな仕事をしたければまず真っ先に外資系企業を目指すしかなくなり、あまり仕事の出来ない奴が渋々日本企業に入る、という状況になるだろう。こういう(選択的な)人材流出が進むとどうなるか。いずれそう遠くない未来日系人は優秀だけど日本人はダメ」という状況になると思う。

アメリカイギリスなどに国籍があり、その国の環境で育てられた“日系人”がノーベル賞を受賞し、それを見た本土日本人が(完全に海外国籍であるにも関わらず)勝手同胞認定。「日本人がノーベル賞受賞の快挙!」などと連日報道し、頭の悪いリポーターが押しかけて「好きな食べ物は?」など低レベル質問を投げて閉口される…という状況が目に浮かぶカズオ・イシグロ大坂なおみを見るにつけ、そんな未来がいよいよ現実になりそうだと感じる。

2019-02-14

俺たちは無能フォレストガンプだ、っつー増田を読んだ

anond:20180224163548

ある時、テレビ映画フォレストガンプ」が放映された翌日、学校でセンセイが俺に言い放ちやがった。「お前は無能フォレストガンプだな」って。その時は腹が立ったけども、よく考えたら当たってた。そうだよな、映画じゃ主人公フォレストガンプは知恵遅れだけど、底抜けの優しさと脚の速さで皆から愛された。少なくとも才能があった。卓球だってアメリカ代表になるくらい強かった。

あぁ、わかるよ。とにかく愛されないんだ「俺たち」は。

ちなみに、製作者はフォレスト・ガンプをどう思っていたんだろうな。結論から言うと、彼らはガンプを愛したが、知的障害者は愛していなかった。監督ロバート・ゼメキスDVD副音声でこう言ってる。

IQが低い男の映画なんて作る気はまったく起きなかった」

監督が求めたのは、自分意思がなく、状況をただただ受けいれるだけの純粋無垢キャラクターだった。90年代映画にしてはちょいと古くさい知的障害者像だ。

じゃあさ、「フォレスト・ガンプ時代現実知的障害者たちはどうだったの?」っつー疑問が浮かぶわな。そこで調べたんだが、1950年1990年アメリカ知的障害者にとっても激動の時代だったことがわかった。

1950年

劇中、フォレスト・ガンプ少年IQの低さから公立小学校への入学拒否されかけたのだが、ママ校長にファックを決めたおかげで難を逃れた。

愛する息子を守るため、裏技に手を出すのも当然だ。当時、知的障害者施設にぶち込むのが当たり前だった。そして、施設はひどいなんてもんじゃなかった。

1965年ウィローブロック州立学校という知的障害児の施設リークされた。

潜入リポーターが残した記録によると、4000人しか収容できないにもかかわらず、6000人にものぼる障害児が押し込められ、服を着ていない人や、ほとんど介助されず放置状態の人など、人間生活する環境とはとても思えない状況だった。

このニュースアメリカ全土に衝撃を与え

とにもかくにも、この時代知的障害であると判定をされたら終わり。その先に人間尊厳はない。

1950年代には知的障害者の親たちが施設への批判を始めたという動きもあったらしいので、ガンプのママが知っていても全然おかしくない。

ちなみに、映画では校長から特別支援学校への入学をすすめられ、ママが「そんなところでタイヤの修理方法勉強させません」なんて言い返している。

個人的には、史実に基づいたやり取りなのかという点でちょっと疑ってる。

というのも、当時の特別支援学校には簡単には入れなかったらしいからだ。教育を受けられる障害者は全体の5人に1人程度。軽度だからほいほいと入れるのだろうか。

それに、修理工の授業なんてあったのだろうか。卒業後、施設にぶち込まれるのであればそんなもの必要ないわけで。ここは有識者コメントを求む。

■1960~1979年

ガンプがベトナム戦争英雄になった1960年代

血の日曜日事件アラバマ州舞台でありながら公民権運動スルーしたことで、白人礼賛の保守映画認定されがちな本作であるが、1960年代黒人だけでなく障害者にとっても革命的な時代だった。

1963年には脱施設化の転機である精神病及び精神薄弱に関する大統領教書(ケネディ教書)」が発表され、

1972年には、Wyatt vs. Stickneyの訴訟で、軽度の知的障害のある人たちは入所施設収容されるべきではないという判決が出された。

公民権運動だって知的障害者に大きな影響を与えた。アメリカ障害当事者団体の中で一番強力な権利擁護運動団体といえば「ADAPT」だ。(まあ、身体障害者向けの権利団体なんだが)

設立者のウェイド・ブランクはガンプのお膝元アラバマ州公民権運動にかかわっており、その運動のノリでADAPTを設立したってわけだ。

個人的には、ガンプがキング牧師に会わなかったことより、ウェイド・ブランクスカウトされてないほうが疑問なわけだ。

■1980~1990年

アメリカ全体が脱施設化に向けて動きはじめたのはいいが、「じゃあどうやって地域で暮らすの」というのが目下の問題だった。

ガンプは走りたいから走っていたが、現実知的障害者たちはそういうわけにはいかない。

結局デモなりなんなりで、「地域暮らしていいよね!」、「俺たちにだって権利があるよね!」と市民了解を得るしかない。

というわけで長い年月がかかったわけだが、1990年に「ADA法(障害を持つアメリカ人法)」という決定的な法律が成立した。障害による差別禁止する公民権法だ。ダン中尉政府おっぱい限界です的な裏事情はあるものの、いよいよ連邦政府障害者の権利を認めたのだ。

実はこの法律ハリウッドにも大きな影響を与えている。

「マイレフト・フット」、「レナードの朝」、「ギルバート・グレイプ」、「フィラデルフィア」。

90年代ハリウッドでは障害肯定的に捉える映画がたくさん作られた。フォレスト・ガンプもこの延長線上にあることは間違いない。

革命なのは2000年代ファレリー兄弟だろうな。いよいよ障害者ご本人が登場しちゃうんだもん。

さて、冒頭のロバート・ゼメキスの話に戻る。彼は障害肯定的に捉える映画企画が通りやすい状況を苦々しく思っていたのかもな。

だって俺、興味ねーし」っていう。

結局ADA法に逆行するような、意思のない愛されキャラフォレスト・ガンプが作られたし、世間もそれに乗った。

まあ、素の「俺たち」は苦々しく思われているわけだ。

知的障害者だって苦々しく思われてる、それは同じだ。それでも権利を主張してきたし、いくつかは勝ち取ってきた。

今じゃグループホームなんかで暮らしながら、地域生活エンジョイしてる知的障害者もいる。

日本の話だけど、この前バリバラ地域子育てしてる知的障害者夫婦が出てたぜ。ハロー1950年代、これが2019年だ。

から、俺は無能な「フォレスト・ガンプ」をやめて、こいつらを参考にすることにした。権利があるんだって言いつづけてやるさ。

俺にだって自由希望を持つ権利があるし、

俺にだって、周りから尊重されていいはずだし、

俺にだって、平均的な経済水準を保証されていいし、

俺にだって普通地域普通の家に住んでいいんだ。

当然のように、俺たちにはその権利があるんだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん