「海賊版」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 海賊版とは

2018-11-15

anond:20181115090028

いや、だから異能エンジニアエンジニアリング以外のこと(政策決定)に本気で取り組ませると考えてよ。

彼らは少なくとも今の年寄り国会議員や、サイバーセキュリティ担当なのにPC触らない誰かさんよりは自習能力が高くて、

問題点の見極めやスマートな解法を見つけるのが得意でしょう。

たとえば海賊版どうするとか、カジノやパチやガチャどうするとか、携帯キャリアの売り方どうなのとか、技適問題とかそういうのに取り組ませた時、

すぐにある程度まともな知見を得られて、とんでもなく音痴な解法を提案してくることはなく、ある程度アジャイルに法をアップデートしてくれるだろうという期待は抱けそうじゃない?

軽減税率適用するよりもっと負荷が少なくスマート税制提案するのも容易になるだろうし。

2018-11-13

anond:20181112161859

ペイントショッププロってアプリがあったけど消えた

ver7まではMSペイントと同程度の起動時間だったけど消えた

解像度を開くときフォトショップのほうが軽いけど低解像度ならペイントショップのほうが軽い

んでもその軽量アプリを一部のマニア以外の誰も評価せず存在感が消えた

レイヤーだのマスクだのは廉価な画像アプリでも大昔からできたのにマニアは誰も耳を貸さず

やはり無料フォトショップが交換ソフトで共有されていたのが出かかったと思う

職業人さえ海賊版を使っていたからな

職場CDが当たり前に置いてあった

2018-11-12

コミケ二次創作やってる人って

大半が法を犯していつ逮捕されたり賠償金支払いを命じられても不思議はない人達なんだよなぁと思うと

犯罪者が大規模に集まって犯罪者海賊版を買いに来る人も大量に来る祭がよく続いてるなぁとびっくりする  

2018-11-01

anond:20181101091934

全く同じだけど、同人OK!でも海賊版NG!と言うお気持ちだよ。

同人海賊版区別お気持ちで行われる。

同人って海賊版と何が違うの?

グリッドマン抱き枕騒動を見ても

公式に金を払わず許可も貰わずキャラを使ってエッチ抱き枕を出すのって、公式に金を払って許可を受けてエッチ抱き枕を出す企業に対して営業妨害だし海賊版じゃんと思うんだけど、何か海賊版と違うんだろうか。

2018-10-30

IEO(1satoshi上場):仮想通貨資産短期間で数倍にできる新しい投資

2017年ICO

2017年は「ICOの年」といっても過言ではないぐらい、仮想通貨ICOが盛り上がった。

私も海外ICOプロジェクトを探し回り、ホワイトペーパーを読み漁り(英語が読めてよかった)、様々なプロジェクト投資してきた。

「とりあえずICOに突っ込んでおけば値上がる」と言われた、まさにバブルさながらな様子が懐かしい。

2018年・・・

気がつけば2018年ももう間もなく終了。

昨年の今頃はICO真っ盛りで、仮想通貨相場も吹き上げる手前の「噴火前」の状態

さて、2018年仮想通貨はいかがだっただろうか?

コインチェック流出に始まり政府規制が始まり相場全体は年間を通じて冷え込んでしまいました。ICOも年明け早々に影に潜んでしまった。

しかし、日本においては相場はともかく、仮想通貨またまた隆盛していたといっても間違いない。

今年はまさしく「IEOの年」だった。

IEOで、短期間のうちに莫大な利益を稼いだトレーダーもたくさん生まれたそうだ。

IEOとは?

IEOはInitial Exchange Offering(イニシャルエクスチェンジオファーリング)の省略として広く使われ、ICOと対をなす言葉

ICOは発行主体が直接/間接問わず、対価となる仮想通貨(主にBTCやETH)と交換で、自社トークン販売するのに対し、IEOは「海外取引所上場して間接的にトークン販売する」ことを指す。

国内では2月に発足したNANJCOIN(なんJコイン)が先駆けとなり、3月16日に草コイン巣窟と言われていた「CoinExchange」に上場

当時の相場で2億円程度のBTCを調達したと言われており、半年以上経った今でも国内で最も著名な仮想通貨ひとつだ。

群雄割拠国産IEOプロジェクトたち

NANJCOINから始まったIEOは、様々なプロジェクトに伝染し、多くのプロジェクト海外取引所上場

VIPSTARCOIN、ExculiburCoin、CryptoHarborExchange、SKILLCOIN、ICOLCOIN、YUKIなど、挙げ始めたらきりがないぐらい。

覚えている限りでは、毎月2つ以上の国産プロジェクト取引所上場していたように感じる。

なぜここまで盛り上がったのか?

短いながらも仮想通貨投資に身を投じてきましたが、「IEOの盛り上がり」と、それと天秤にかかるような「ICOの衰退」は、とても顕著であり、単純に「なぜ?」と感じた。

国産コインで一番多く資金調達したのは、VIPSTARCOINの約9億円。上場ときに観戦していたが、上場先のCoinExchangeには一時20億円以上の買いが入るという、目を疑うような光景だった。ところが、投資家の立場で冷静に考えると、そのワケは非常に単純明快

・最大のリスク資産喪失)がない

ICOにおける最大のリスクは、「通貨上場前にプロジェクト頓挫する」また「プロジェクト自体詐欺(=上場するつもりがない)」など、投資した資産ゼロになることだ。その点、IEOは「すでに上場取引されることが約束されている」という大きなメリットがあり、これが参入障壁を限りなくゼロにしている。

トークン価格の下がり幅がない

ほとんどのプロジェクトが、トークンを1satoshiから販売した。1satoshiはビットコインの最小単位であり、ビットコインとのペアでは1satoshi以下での注文が出せないため「1satoshi以下に価格が下がらない」という利点がある。

もちろん、「1satoshi売り張り付き(=買いがゼロ)」や「ビットコイン以外の通貨ペアになることで1satoshi以下の価格になる」などのリスクが内在するが、それでも高価格からスタートする多くのICOよりは下がり幅も下がる可能性も少ない、という特長がある。

簡単資産が増える

前述の通り、1satoshiで購入できた人が、仮に2satoshiで売った場合資産簡単に2倍。一番最初にIEOを行ったNANJCOINは、上場後まもなく7~8satoshi(7〜8倍)まで上昇し、そこからは蓋が外れたように最高値である65satoshi(65倍!)まで上り詰めた。もし10万円購入していて、65satoshiで売ったとしたら、650万円相当。このマネーゲーム感が、新興仮想通貨投資家の「タガ」を外してしまったのかもしれない。

コミュニティ形成がされている

一番最初ICO投資する際に、手順や金額など不安なことだらけだった。多くの国産コイン独自コミュニティ形成し、ユーザー満足度を高める努力をしている。疑問があればすぐに運営日本語で質問できるし、わからないことは運営の方や詳しい方が手取り足取り教えてくれる。そしてなにより参入障壁を下げてくれるのは、コミュニティ内で話すことで「同じように買おうとしている人がたくさんいる、というのがわかる」こと。

その他の細かなメリット

取引所で購入するのでICOに付き物だった「ガス戦争」がない

上場先の取引所を利用する海外ユーザーにも訴求できる

・大概のプロジェクト日本法人を立ち上げている

デメリットはあるのか?

ICO比較して、IEOのデメリットほとんどない、といっても過言ではない。

「発行主体がきちんとプロジェクトを進めるかどうか」という懸念はIEOにもICOにも存在し、むしろコミュニケーションやすいIEOプロジェクトのほうが信頼感があるように感じる。

リスクがあるとすれば「取引所上場の取り決め(日付や時間)を守ってくれない」ということ。過去ExculiburCoin(えくすこ)は「CoinExchange側に上場約束の日から3日間も遅らされた」という話もある。

ただし、繰り返しになるが、「運営との距離が近く」、「上場し、取引市場が用意されることが確定している」というのは、本当に投資家に優しい仕組みだ。

今後は規制などが入る可能性もあるが、数多の国産コインがIEOによる資金調達を行い、金融庁から罰則を受けたという話は今のところ聞こえてこない。今後もIEOは、仮想通貨による資金調達方法ひとつとして、広く活用されていくと考えている。

今後IEOを控えている国産プロジェクト

これからIEOを行おうとしている国産仮想通貨プロジェクトがいくつか紹介したい。

二次元コイン

2018年8月から発足しているプロジェクトのようで、二次元クリエイター漫画イラストバーチャルユーチューバーなど)を支援することを目的にした国産仮想通貨プロジェクト版権物に付き物の「違法アップロード」や「海賊版」への対策としてブロックチェーンの利用を考えているようだ。上場前にプレセールも行われているそうで、上場先はまだ決定していない。

会社設立情報も公開され実名も明かしているので、本気度は伺える。

公式サイトhttps://nizigencoin.com/

公式Discordhttps://discord.gg/kp2ydEN

公式Twitter:https://twitter.com/2dcoin

NinjaCoin

すでに事業を行っている「株式会社セームページ」と「手ぶら観光協会」、双方の代表者が立ち上げた仮想通貨プロジェクト2017年10月にプロジェクト発足し、700イーサリアム(1500万ぐらい)を調達しているのだとか。ブロックチェーン仮想通貨の利点を生かして、旅行観光市場分散型を導入しようとしているようだ。

公式Discord10000人以上参加しており、Airdropや大量のトークンが当たるキャンペーンも様々やっているみたい。11月3日にMercatoxへ上場しIEOを行うことが決定しているし、運営実態のある会社実名も明かしているというのは安心感がある。

公式サイトhttps://tebura.ninja/ico/?lang=ja

公式Discordhttps://discord.gg/kp2ydEN

公式Twitter:https://twitter.com/samepage33

SOCCERCOIN

サッカーに特化して、提携業務拡大、決済などを目標としたプロジェクト。大体のプロジェクトは「上場します」だけで、上場先は明言しないが、サッカーコイン上場先をCoinExchange指定宣言している。Discord内ではサッカー情報がいろいろと配信され、サッカー好きには面白いかもしれない。

しかし、会社情報運営者の名前などはわからないし、世界的に見たときロナウジーニョが「ロナウジーニョサッカーコイン」という仮想通貨プロジェクトを立ち上げている(名前だけの可能性もあります)ので、ネームバリュー的にも資金力としても劣ってしま可能性が高い。

公式サイト不明

公式Discordhttps://discord.gg/7WSfuvg

公式Twitter:https://twitter.com/soccer_coin

2018-10-14

anond:20181014221231

不審に思われたんでしょう。

例えば、中華系のグッズ屋が中国海賊版を売ってるとか。

原作そっくりの絵柄で同人活動をしている人が嫌い

原作そっくりの絵柄で同人活動をしている人が嫌い。

原作馬鹿にされているような悲しい気持ち

海賊版を恐れる気持ち

そして、私は自分の絵を大切にしている分、原作そっくりに描くことでたくさんの人に評価されているのがズルいと思う気持ち

その様々な気持ちが渦巻いて、もやもやして、とても苦しい。大嫌い。

私が今2次創作同人活動をしているジャンルでは、原作そっくりの絵で2次創作をする人がいる。

私は原作が大好きだからこそパクリが許せない。原作馬鹿にされているように思えてならない。

大抵の人が原作リスペクトと述べているけど、寧ろ侮辱だと感じる。

原作先生が昔、自身作品2次創作に対して、「別にしても良いと思うけど天狗になっている奴は大嫌い、オリジナルで出している人が評価されてほしい」というニュアンス言葉を発しているからこそ。(表現を一部変えてるが意味は同じ)

絵を真似している人もそれを絶賛する人も、自分が何かを誰かに真似をされても嫌だと何一つ思わないのだろうか。

海賊版の恐れもある。

原作の絵柄そっくりに描いた本を出せば立派な海賊版

グッズなんてとんでもない。イベント主催会社もそれはNGという文書を公開している。

それにも関わらず自分楽しいからという理由同人活動をして、もし原作サイドもしくは出版社から何か言われでもしたらと思うと冷や冷やする。

権利者側から言われてからでは遅いと思う。

2次創作自体が出来なくなるのではないか不安

そして、そんな自ジャンルでは原作そっくりに描くことでたくさんの人に評価されている。

これが一番苦しい。

自分自分の絵柄が好きだ。下手でもこだわりを持っている。

下手なことで評価を頂けないのは仕方がない。絵が上手な人がとても羨ましい。たくさん評価を得ていることも、描ける絵の幅が広いことも、持っているセンスも全て羨ましい。私も頑張ろう。頑張って自分の描きたいもの表現したいものを好きなように描けるようになりたい。

でも原作そっくりさんは違う。

その絵の元は他人のものだ、なのにたくさんの人から評価を得ている。

何故?正直ズルい。

絵が上手い好きな絵師と変わらない評価数なのが憎い。

絵柄って根本的なところは誰かに影響されるだろう。絵の描き始めなんて当然真似から入る。それは分かる。

でもある程度描いていくうちに自分の絵柄を作っていくものだと思う。

真似をしないと絵が描けないのなら本を頒布なんてするもんじゃない。犯罪だ。

原作そっくりさんを好きな人は増えていく。

原作そっくりさんを好きな人々は宗教団体のようになっている。

私がTwitterで注意をツイートしたところ、原作そっくりさんの信者は私の絵を見なくなった。

見て見ぬふり。知らんぷり。その人が正義なんだろう。

からさまな無視なので信者そっくりなのは自覚はあるんだろうな。

そしてどんどん信者が増えて気持ち悪さを感じる。

原作そっくりさんは来月にある自ジャンルオンリー漫画の本とグッズを頒布するみたいだ。

怖い。ほぼ犯罪者。誰も何とも思わないで絶賛して買うんだろうな。

それが許されてしま世界なんだなこのジャンルは。

誰か止めてくれる人はいないのだろうか。私には無理だった。

ジャンルのことは大好きだ。

でも界隈の人たちは嫌いだ。

ジャンルと自カプが大好きだから簡単活動を移動出来ない。苦しい。

ただ楽しく同人活動したいだけなのに。

もうイベント行きたくない

今日原作そっくりさんはちやほやされている。

他人のものパクることでちやほやされている。

あぁ疲れた原作読もう。

海賊版誘導>「リーチサイト規制へ 運営者らに罰則

 文化庁は、漫画映画などの海賊版サイトインターネット利用者誘導する「リーチサイト」を規制するため、著作権法改正する方針を固めた。

リーチサイトリンク(URL)を張る行為は、これまで違法ではないと解釈されていたが、これを著作権侵害行為とみなし、著作権者が掲載差し

止め請求をできるようにするほか、提供者らに対する罰則規定を設ける。来年通常国会同法改正案の提出を目指す。

 文化庁長官の諮問機関文化審議会の小委員会リーチサイト対応議論しており、9月に論点整理案をまとめた。

 小委員会リーチサイトのものには海賊版掲載されていないものの、リンクを張ることで海賊版拡散助長しているとして「著作権侵害と同視す

べき大きな不利益著作権者に与える」と指摘。整理案を受けた文化庁民事刑事の双方で規制する方針を決めた。

 差し止め請求対象は「海賊版誘導するリンクを張る行為」で、リンク提供者だけでなく、削除できるのに放置したサイト運営者も含まれるとする。憲法

保障する表現の自由侵害しないよう、リンク先が海賊版であることを知っているか、知ることができたと認められる場合限定する。

 抑止効果観点から罰則必要としており、小委員会では「懲役5~3年の罰則が適切ではないか」との意見が出ている。

 海賊版サイトを巡っては、政府有識者会議が、利用者同意なく特定サイトを見られなくする「接続遮断ブロッキング)」の法制化について検討している。

【伊澤拓也】

 【ことば】リーチサイト

 著作権者の許可を得ずにインターネット上で漫画映画音楽などの著作物無料で閲覧したり、保存できたりする海賊版サイト誘導するリンク(URL)を並

べて掲載するサイト利用者リンクから海賊版サイトアクセスし、違法コピーされたデータ無料で閲覧できる。リーチサイト自体には違法コンテンツ掲載

ていない。「リーチアプリ」と呼ばれるスマートフォン用のソフトもあり、改正法では規制対象とする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000000-mai-soci

2018-10-12

立憲民主党松平浩一衆院議員のこと(新潟長崎へ)

出身石川に行ったと思っていたが、かなりびっくりである

2018-10-11

anond:20181011094340

出版権をきちんと委譲されていると、海賊版に対して出版権侵害で色々と訴えたり対応できるのよ。

出版権ではなく、単なる利用許諾だった場合は、権利者とみなされず、無理なんです。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/denshishoseki/10/pdf/shiryo_4_1.pdf

出版社としては、

漫画家のセンセとちゃん権利について整理して、出版権委譲してもらう

漫画家のセンセとちゃん権利について整理して、侵害行為に対して出版社が代行する事を許可してもらう

って事を粛々と進めてクラウドフレアに対して請求すりゃ良いんだけど、

まあやりたくない事情があるんでしょう、と。

anond:20181011110812

いや、大丈夫ではない。

クラウドフレアに関してはディスカバリー制度を使えばいけるという知見が得られたのだから

漫画村以外で悪知恵の働く奴が出てくるまではブロッキング必要性は低下したと個人的には思っている。

でもディスカバリー制度がまだアメリカしか存在しない点、出版社ではなく作家個人アメリカ訴訟しないといけないらしい点、は検討必要だろう。

カワンゴが「ディスカバリー制度が無い国にサーバー置かれたらどうするの?」という反論をするのも当然だろうね。

カワンゴが懸念しているのは「ブロッキング以外に対応策はない」というより「ブロッキングしか防げない海賊版サイトはありうる」ということなんだから

anond:20181011104537

現行の体制でできない状況になったときのために法整備をしようという話なんだから

著作権者ならクラウドフレア情報開示させられる」という特定状況だけを潰せても、

そりゃカワンゴみたいに「それ以外の場合もあるから」と言い訳をするに決まってるでしょ。

山本一郎のように「原則的にあらゆる海賊版サイト運営者を特定できる」と言い切らないとブロッキングには反対できない。

出版社が精一杯努力しているように見えない」みたいな印象論で攻撃するのもボディブロー的に効きはするだろうが。

anond:20181011103803

ブロッキング違憲では」という話が出てきているのに「しか対応ブロッキングしかできない」といい切ったのがまずバカ

その話「ブロッキング違憲では」と言ったやつを「ブロッキングされて困ることがある人(海賊版利用者)なのかな^^」と煽ってた一部はてなーバカ

から、しっかりとした手順を踏んで対応が出来たことにカドカワ叩きは喜ぶわけで、カドカワと一部はてなーは完全に蚊帳の外で騒いでただけ。

カドカワを叩いている人は出版社著作権譲渡する覚悟があるのか?

アメリカ出版社クラウドフレア情報開示請求できるのは

アメリカでは作者が出版社著作権をまるごと譲渡しているからのようだが、

欧米における出版契約

契約の基本は、出版者に対する著作権実質的譲渡契約

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/denshishoseki/10/pdf/shiryo_4_1.pdf

日本出版社が作者に「著作権くれ」って言ったら叩かれるだろうな。

著作隣接権譲渡ですら詐欺かのように言われてたくらいだし。

出版社著作隣接権自動的に発生すれば、

電子化するとき、一つ一つの作品ごとに契約を結ばなくてもよくなるので、スピーディに電子化できる。(=出版社が速やかに電子書籍を作れれば、作家も儲かるはず)

海賊版を訴えるときに、いちいち作者に確認しなくても、出版社判断で訴えることが出来る。(=出版社作家の代わりに海賊版ドンドン訴えてあげれば、作者も喜ぶはず)

という点が上げられます

・・・しかし、1はこれまでの出版契約方式でも十分スピーディであり、権利を与えてまで高速化する必要は無さそうな感じもしますね。

2も、今までの契約方式で、出版社ドンドン違法サイトや人を狩っており、作者(真の権利者)に電話一本入れる手間が省けるだけの話です。

http://kenakamatsu.tumblr.com/post/19395239269/rinsetsu

山本一郎の言うように「クラウドフレアカドカワ情報開示請求に応じないのは出版社権利がないから」だとすれば、

出版社関係ないので海賊版については作者が自腹で対応してください」ということにならざるを得ないけど、

それはそれで叩かれそうだよな。

カドカワ詰んでるわ。

2018-10-10

川上くんの後ろにいるおじさん、赤っ恥かかされたけど次の手どうするんだろう

海賊版サイト漫画村」の運営者を特定か 法的措置

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/manga-mura

2018-10-08

anond:20181007131251

今ちょろっとだけ眺めてみた感じでは、Alexaアクセスランキングの上位に入っているポルノ動画サイトはかなりブクマ数を稼いでいるが、新着リスト狙いの3ブクマスパムっぽいものが多く、対策されたのか何年も前から新規ブクマは無さそう。

検索して数件目以内に出てくるような海賊版サイトは50かそこらの総ブクマしか稼いでいないようだ。

サービス開始直後のはてブではポルノサイトホットエントリ入りしてたみたいだけど、近頃そういうことはないのかも。

追記

もうちょっと探したら総ブクマ数1000〜2000を集めている海賊版漫画サイトもあった。非公開ブクマされていた。

二次創作についての話

最近どうしてもいろいろなジャンルで様々なトラブルを目にするために思うことがあるので書こうと思った。匿名性というのは好きではないが、周囲に怖がられるのが目に見えているのでこちらに書こうと思う。

私はあまり文章を作るのが上手くない。少々論文調で乱暴な言に見えるかもしれないが、気にしないでほしい。

先日、二次創作同人誌を出している人がTwitter上で「(同人誌漫画は)成果が全て」という言葉を残していたのを目にした。たしか技術の向上や話のうまさな勉強できることはあるのだろう。

けれど二次創作理念という意味ではやはりその発言はグレーを通り越えてブラックにすぎていたたまれなくなった。

二次創作公式という存在に目溢しをしてもらえてるのは非営利であるからだ。本心で何を思ってもいいが、決してネットであっても人前で言わない方がいい言葉に私は思う。営利目的になった途端それはマナーという以前に公式から処罰されかねないからだ。

海賊版という言葉に非常に過敏な企業もある。海賊版と取られかねない書籍出版関係二次創作についてのガイドラインを出してしまった会社もある。

自ら「営利目的である」とも取れる内容を臆することなネットに書き込むのはいささか無用心にすぎる。

そして、解釈違いや地雷という理由他者罵詈雑言を浴びせるのを当たり前だと思い自分の意に沿わない作品排他しようという人たちにも辟易しているのでその話もしたい。

PixivTwitter無料公開されている二次創作同人誌化もされていない非営利かつ個人趣味領域だ。素人が作った作品しかない。もっというのなら子供の作ったガンプラだ。

ニッパーで切っただけのガタガタのガンプラ。作った本人はガンプラを楽しそうに作る。ただそれだけのものだ。

最近どうにもそのガタガタのガンプラに指を差しやすりがけがされてない、ニスが塗られてない、カラースプレーを使ってない」と指摘しだす人を多く見る。

考えてみてほしいのは子供に同様のことをして子供がガタガタのガンプラゴミ箱に捨ててしま可能性だ。そして子供ガンプラを二度と作らない。

ガタガタのガンプラが消えてせいせいしたと一部のモデラー人間は思うだろう。けれど、本質真逆だ。ガンプラは衰退する。ガンプラ子供が手に取らなくなる。ガンプラ布教目的としたモデラーにとって、そんなモデラーこそ老害まりない。

もう一度言うが二次創作でかつ無料公開されている作品というのは「子供の作ったガンプラ」だ。もしかしたら芽が出ていたかもしれないモデラーの才能を潰すと言うことだ。

未来があったかもしれない才能を潰すことをよく考えてほしい。

私は漫画小説映像作品いずれにおいても素人だ。

けれど長年投資を続けているジャンルがある。その会社クリエイターが作りたいものしか作らない。そして未だに有限会社である

ビジネスの面が弱そうにも見えるが、めでたくソシャゲ売上二位をキープし続けているのだ。

その有限会社ではメインとなるシナリオライターはそれこそメタ表現や、二次創作の吸収などがこの上ないほどに大好きだ。長年ファンをしていれば嫌気がさしそうになることも時にはあるが、それでも死ぬまでその会社作品投資をしようと決めている。

からこそ、無料公開の素人作品素人評価をしだすのは私にとって不気味以外の何者でもない。作品を良かったと賞賛することは理解できるが、比較して評価しだす姿は偉そう以外の言葉が私は出てこないのである

乱暴物言いであることは承知しているが、いい作品だったなら良いと良い、自分にとって悪い作品だったなら黙せよということだ。

解釈が違うから「◯◯の作品で××という考察だったけど、私は△△が好き」としだす精神構造が私にはわからない。

「私は△△が好き」ではなぜいけないのだろうか?

ガタガタのガンプラにも味はある。いずれも努力の成果である。味がないはずがない。やすりがけやニスが塗っていないことを指摘する某様とはどれほど偉い人間なのだろう。編集者でもプロ漫画家でも作家でもない。ただの読者様だ。そして読者は神ではない。

長年本を読む人間からこそ思う。読者は作者が本を出すことを祈るのが仕事だ。作家が続編を楽しみにし続けるだけの路傍の何かだ。

作者という神に祈れないのなら、それはもう読者じゃない。読者になれない自分を呪ったらいい。

それ以上に、人の筆を折って笑う人間は気色が悪い。

自分にとって解釈違いの作品を人が書かなくなったことを喜んでいる人間」が、私にとって最も気持ち悪いのだ。

二次創作一次創作を見ている自分の見ている幻影だ。幻影に答えなどありはしない。

こんなクソみたいな文章を読んでしまわれた方には申し訳なく思う。

だがいい加減限界だった。

読んでくれてありがとう

2018-09-29

攻略対象複数ソフト価格1万円近いエロゲは、無駄時代遅れ

好みのキャラ一人のルートしかプレイしない場合、他のキャラルート

価格的にも容量的にも無駄で、ソフト購入の敷居を上げてしまっている。


ルートクリア前提でソフト価格が高価でも買ってくれるファンは少なから存在するだろうが、

お手軽なスマホゲが多数派になった現在において、そんな面倒くさくて高いゲームを買ってくれる熱心なファン

いつまで・どれくらいついてきてくれるのかは怪しい。

そもそも、そんな熱心なファンエロゲ業界を支えていたのならば、現在凋落は起きていない。

「従来エロゲプレイしていた年齢層が家庭や仕事多忙になり、プレイする余裕が無くなった」などという

場合もあるだろうが、それは、プレイする余裕が無くなるほど従来のエロゲは手間のかかるものだった、

新しい世代には古い形態作品が受けていない、ということだ。


海賊版中古販売対策に注力するブランドの声は大きいが、ブランド作品シリーズを支えているファン

ついているのなら、海賊版中古販売関係がないはずである

それにもかかわらず、海賊版中古販売によって利益が損なわれているのだとしたら、

それは、古い形態作品現在ではファンがつかず、「海賊版中古販売でいいや」と

思われてしまう程度のものしかないのである


旧態依然とした「ヒロイン数人でフルプライス」の作品形式や、「高度な海賊版中古販売対策利益を死守」なんて

建設的ではないことを続けるよりも、他にできることがあるのではないか

2018-09-28

正規ショップ流れる海賊版電子書籍

というものがあると佐藤秀峰先生が言っていたけれど、読者の私でもちょっとだけ心当たりがある。

私は基本アマゾンKindleユーザなんだけど、Kindleで買った本なのに一番最後ブックウォーカーロゴが入っている本を何冊か持っている。

なんでだろ?って思ってたけど、これが正規ショップに流れてきた海賊版だとしたら納得。

2018-09-26

クッパ姫騒動から考える有料イラストの線引き

昨今『クッパ姫』がブームになり、猫も杓子もクッパ姫を描く・作って楽しんでいます

しかしその片隅でとある問題が浮き彫りになった事をご存知でしょうか?

あるイラストレーターが『クッパ姫』を有料のイラストとして公開し、一部がそれを問題したことです。

この件は大きな騒ぎになる前にイラストレーターが有料イラスト宣伝を取りやめたためそこまで大きな騒ぎとはなっていないが、今なお有料のイラストサービス(pixivFANBOXやEnty、Fantia)上に有料のイラストとしてUPされているのが現状です。

(以下、こういったサイトで公開されているイラストを『有料イラスト』と呼ばせていただきます。)

ここで私が問いかけたいのは「版権キャラクター二次創作を有料イラストとして公開するのは、果たして同人活動』と呼べるのだろうか?」という事です。

元来、同人活動は3つの「建前」によって版権からお目こぼしをもらっているのが現状です。

1つ目は『作成した作品あくまファンアートの一環であり、版権作品への応援布教目的である』という建前で作成を見逃していただいている事。

2つ目は『読者にお金を出してもらっているのは、同人誌として頒布する際の印刷代等を補填するためであり、設けのために販売している訳ではない』という建前で頒布を見逃していただいている事。

3つ目は『同人誌は有限であり、印刷したものが無くなればそれ以上の金銭のやり取りは発生しない』という建前で金銭のやり取りを見逃していただいている事。

もちろん、内心ではそう思っていない方もいるでしょうが版権相手に「金儲けのために無断でキャラクター借りてるよ」と堂々と言い切れる同人作家はまず存在しないと思います

しかし、有料イラスト版権キャラクター作品を公開すると、上記の前提は全て壊れてしまます

イラストを見るのは閉じられたサービスの中で料金を支払ったごく一部となるため、『版権作品への応援布教目的』という同人活動大前提は崩れてしまます

次に有料イラストの閲覧権限を購入してもらう行為も、そこに作者の負担となる印刷代が存在しないため、『頒布のために読者にお金を出してもらう』という前提とは全く異なる理由お金を受け取っている状態です。

最後オンライン上で公開されているイラストは常に公開され続け、過去イラストの閲覧権を得る際も追加料金を支払う必要があるため『物品が無くなればそれ以上の金銭のやり取りは発生しない』という事もありません。

まりまとめると『ごく限られた環境内で』『印刷費等の経費も無く』『恒久的に金銭を受け取っている』というのが有料イラストの現状となっております

これがオリジナル作品であれば「私の作品応援してください!」という目的があるため全く問題はありません。

しかし、ファン活動の一環であるとして見逃されている版権イラスト果たして「私の作品」と呼べるのでしょうか?

これはあくまで私の感覚ですが、版権イラストを限られた場所の中で有料で公開し続ける行為は『海賊版』とあまり変わらないのではないかと私は考えてしまます

版権キャラクターを無断で使用したクレーンゲームのグッズや、版権元に許可を取らず発売されるフィギュアプラモデルとやってる事は同じではないでしょうか?

ファン活動」として見逃されているイラストに対して「対価」を得るのは果たして正常な状態と呼べるのでしょうか?

もちろん、そういった場で金銭を出してくれる方はイラストレーターファンであり、納得ずくで金銭を出しているのは間違いないでしょう。

イラストレーター収入を得るのは難しく、こういったサービスが非常にありがたいことも重々承知しております

お互い納得ずくで金銭のやり取りをしている中、こういった意見が出る事自体不快に思われることも重々承知しております

上記の元「版権物のイラストは全て無償で公開しろ!」と主張するつもりも毛頭ありません。

しかし、作品を作る『クリエイター』として『他人作品を借りて収入を得ている』という行為を一度考え直してみるのはいかがでしょうか?

版権キャラクターも元をただせば、企業に認められたクリエイターたちが作成した大切な『作品』です。

もし、貴方の腕が認められ、自分作品勝負できるようになった時、赤の他人から有料コンテンツとして貴方作品を使ったイラストが『販売』された場合、どう思うでしょうか?

貴方作品を使った海賊版が現れた時、貴方純粋に怒ることができるでしょうか?

もう一度『貴方作品』と『企業が作った作品』と向き合ういい機会ではないでしょうか?

最後になりますが、貴方作品が世に認められ、大きく羽ばたくことを私は願っております

PS

乱文失礼いたしました。

2018-09-25

anond:20180925114357

海賊版サイトを無くそう。

この目的に対しては、権利者、利用者、その他の国民の全てが賛同するところであるのだ。

だが、その実行手段として「ブロッキング」を「国」が行う場合

国はネット流れる通信情報検査検閲し、問題があれば、その通信ブロックするカタチであれば

いたちごっこになることなく、完璧目的を果たせるだろう。

・・・と考えられてるわけ。

これを認めてしまうと、例えば安部批判名誉棄損な通信情報としてひっそりブロックできちゃったりして、

なにか政治的よろしくない状態になることをみな恐れているのさ。

anond:20180925113914

横だけど、海賊版サイトを無くすべきってのは権利者はじめ利用者の総意だし、むしろ国はずっと放置してきた側なのになんで国が検閲みたいな話になんの?

ブロッキングがなんでダメなのかガチ意味不明

出版社著作権者はじめ何よりも俺たちが海賊版サイトなんかいらんと思ってるわけじゃん

潰せ潰せとずっと言ってるものを単なる民間業者放置して金儲けしてるってのがそもそもおかし

そりゃ業者ブロッキング反対するだろ

ようは通行料で儲けてるような連中なんだから、行けないん場所が出てきますよなんてところは乗り換えられてしま

そんだけの話だろ

俺たちが無くすべきだと思ってるところに行けなくなるだけ

その現状を見て国がお前ら違法サイトへの通行料で儲けるのどうなんってのが国の要請だろ

ブロッキング反対してる奴らって根本的に頭の悪いサヨばっかなんだよなぁ

本当気持ち悪い連中だわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん