「大王」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大王とは

2020-05-15

anond:20200515201531

だよな

偉大なる阿部大王陛下がお決めになったことに反抗するやつ質問するやつ疑問を持つ奴はもれなく国民の敵

2020-04-30

コロナ禍をしのいだらさぁ、西暦やめね?

すなわちA.D.(Anno Domini)からA.C.(After Corona)へ。

そしてA.C.195年、突如として5機のガンダム地球に降下しアンゴルモア大王を蘇らせて午後には荒れた天気になるでしょう。

2020-04-25

新型コロナウィルスがあと20年早かったら

完璧な恐怖の大王になれたのに

もったいなかったな

2020-04-11

anond:20200411154012

ミシェルノストラダムス師の予言集には、

詩篇第1巻48番

月の支配20年が過ぎた。

7000年、別のものがその体制を保つだろう。

太陽が残された日々を受け取るであろう時に、

私の予言成就し、終わる。

とあり、要は1999年から20年、2019年までは月の支配によって守られていたが、

太陽、つまりコロナ蔓延によって師の予言成就するということ。

からやってくる恐怖の大王は、旧型コロナウイルス

1999年7月中国軍は、ウイルス兵器にできそうな旧型コロナウイルスを偶然発見

研究を始めるも2003年には最初流出事故が起きる。(SARS)

その致死率から兵器としての可能性を確信し、さら研究継続

2019年秋に再び流出事故が起きてしまう。

この時、流出した新型コロナウイルスこそが、アンゴルモワの大王である


アンゴルモワには、アジアから侵略者解釈する者もおり、

ヨーロッパの人からみたら、まさに新型コロナアジアから侵略者のものである


軍神マルスのくだりは、新型コロナ軍事研究に基づくものであることを暗示する。

武漢P4研究所は科学誌Nature に改変コロナウイルス論文を出しており、

真の目的はさておきウイルス改変の研究が行われていたのは事実である

私は長い間、どうして、恐怖の大王が直接滅ぼさずに、アンゴルモワの大王を蘇らせるのだろう、

なぜ、どちらも同じ大王なのだろう?

7月にやってきた恐怖の大王は、アンゴルモアを蘇らせるのに何カ月掛かるのだろう?

とずっと思ってきたが、20年掛かったということなのだと今確信した。

anond:20200411013459

元気だった時のフセインみたいに真正から剣を振りかざして大王気取りの男が活躍する国と違う

明治以降日本は、忍者アサシンのように、陰で暗躍する権力男が一番格好いい国だから

2020-04-01

語尾がパンティーの増田

から俺は忙しいっつってんだろパンティー!!こっちが一切読んでないとでも思ってるのかパンティー!ここ数日、ちょくちょく語尾にパンティーを被せやがってパンティー!俺の安否確認のつもりかパンティー!!俺の体も頭脳も一つしかないんだパンティー!!忙しい時に真っ先に削減されるのは増田を読む時間パンティー!!語尾パンティ増田に注意をする時間優先順位比較的低いんだパンティ!!!不要不急の語尾パンティーの指摘は控えさせて下さいパンティー!自粛要請パンティー!語尾のパンティーは封鎖パンティー。

パンティ大王(パンティ大王って何だパンティー?)「いいかい語尾がパンティーの増田さんパンティー、語尾パンティーをな、語尾パンティーをいつでも注意できるくらいになりなよパンティー。それが、人間えら過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだパンティー。」

ふざけるなパンティー!!その基準で言えば俺自身がちょうどよくないわパンティ!!!自分で言っておいてなんだが、そもそもパンティ大王は一体何者なんだパンティー?パンティーの王の中の王なのかパンティー?どんな人生を歩んだらパンティ大王などと人様から呼称されるに到るのかパンティー??馬鹿にしてるのかパンティー!!パンティ大王王権はないパンティー!!パンティ大王もいないパンティー!!パンティ大王なんてふざけた名前の奴にあれこれ人生アドバイスを受けるほどこちとら落ちぶれてないパンティー!!熊とパンティ!!!今言いたいことは以上だパンティ!!!わかったかパンティ!!!

2020-03-18

しかったときの話がしたいのでする

本のタイトル見て思ったので書く。

その本は読んでない。

Spec

大卒新卒プロパー30代 中小サラリーマン

Status

今は心身ともに充実しつつあり良い傾向

Theme

自分自分大事にできているかどうか

ちなみに良化した要因は主に以下の通り


しかったなーと思うのは

借金大王との5年とセルフネグレクト

借金大王取締役立場を利用して借金を部下からすることに

羞恥心のないヒモ体質のこいつに5年に渡り

借用書のない無利子の貸付を述べ十数回することになってしまった

中には1年以上も返済が滞ったり、貸した次の週にもう一度貸したり

それが期日通りに返ってこなかったり

とにかく精神的に疲弊してしまった。

おかげで自分借金がかさみ、加えてセルフネグレクト

になりゴミ屋敷を未だキレイにできないでいる。

ようやっと断ることができるようになったので今後は利子分

回収を生涯かけて毟り取ることを目標にした。

タバコ 遊びと無縁の人生自己管理

やりがい搾取年功序列評価制度

ポンコツ中年との戯れと選べない上司や部下

今の中年世代レベルが本当にピンキリだと思う。

ハズレを引いてこの世代に潰されている今の若い世代

相当数居てもおかしくない。

そのくせ会社中年の首を切れないし、配転もできない。

正論を押し通してスキルを振りかざしたら

ヘソ曲げて難癖つけてくるようなやつらとの戯れは

最低な時間の過ごし方だった。

苦しくなくなった現状は

他人評価を任せたり、助力を期待することを諦めた

入社してからというもの自分に対する評価者のスキルに恵まれ

非常にストレスとなっていた。

なんでこいつが自分より給料が良くて偉そうにしているのか

本当にクズ上司なので未だに許していない

いずれは変わるものとチームのために続けた行動を

全否定され、マネジメント放棄されたので

もうこいつらはどうでもいいやと思い至ったので

期待することをやめた。

そういやその上司は嫁に逃げられたことを思い出した。

甲斐性のない人間はいずれ死に行く運命なのだ

自分にとって必要のない人物と確実に距離を置くことにした

自分はチームを離れたので、先の上司も含めてそのチームの内で

特に最低なヤツとは一切口をきいていない。

現在関係しているチームにおいても明確に線引きして

口をきかない 適当にあしらう 協力する ぐらいの区分け

完全に人を見て判断することにした。

今まで以上に、攻撃的かつシンプルなやり取りをすることに決めた

チームを離れ、自分個人への依存度が高くなったので

プレゼンスを高めるために効率重視のレスをするように変えた。

一方で、内容に興味が持てれば構わずコミットするようにもした。

結果、判断シンプルになり自然相手もふるいにかけられ

純度の高いやり取りで多くの時間を満たせるようになった。

2019-12-09

anond:20191209115325

日本語ボロクソだし流石に釣りじゃね?

なんだよ大王ってw

わざと作った突っ込みどころがありすぎだわ

anond:20191209115041

なんでかみ合わないといけないの

あなたの思い通りに両社に動いてほしいなら大王にでもなれよ「

2019-11-28

恐怖の大王からもう20年経つなんて信じられないよな

もうとっくに地球は爆発してたはずなのに

2019-11-15

ドクター中松のことはよく知ってる

おさんぽ大王で読んだから

2019-11-13

anond:20191113074340

人手がたりないなら背伸びしなくても、適正に継続可能な形で生きていきましょうってのがサスティナブルな社会だろ

朝日のあとに起きてきて、夕日のまえに寝てしまbyハメハメハ大王の唄」な生活をしていくのが理想なのかもしれん

2019-11-06

キングダムおもしろいね

絵柄がイマイチだなと思って敬遠していたが、つい最近読み始めた。

思っていたよりも人がスパスパ死ぬおもしろい。

さて、キングダムにはさまざまな魅力的な武将人物が出てくる。

キングダム史実をもとにアレンジしている。当然と言えば当然であるが、そのアレンジ歴史の流れを理解する能力がなければ魅力的な人物を描くというのは大変難しいと思う。

中国に伝わる物語アレンジした漫画といえば封神演義を思い出すが、あちらに関してはどうやって物語を着地させるのか、そっちが気になって仕方がなかったのを覚えている。ただしキングダムに関しては仙術のたぐいはほとんど出てこないので、超技術でどうこうという話にならないのが確定的な分、安心して読んでいられるのが救いと言えば救いか

さてそんなキングダムキャラ、読者はそれぞれお気に入り人物がいると思うが、私なりにいろいろ考察したことをつらつらと書いていこうと思う。ちなみに私は史書原作)を読んだことがないので悪しからず。


・信

三国志なんかでもそうだが、古代中国人物名前は概ね姓名各一文字の二文字名前が多く、稀に姓が二文字人物が出てくる、という感じだ。

その中でも漂や信は下僕であったので、姓がない・・・のかと思ったが、騰はまだしも貴族の出である壁など、意外と一文字人物が出てくる。

彼は最初、政を助けた後に将軍職を望むが、説得されて結局は戸籍と家をもらうことになる。あまり細かくは語られていないが、これはかなり重要なことだと思う。

物語が進んでいくとよくわかるが、各将軍には有能な副官、部下がいる。彼らの働きこそが将軍たちを支えているのであり、将軍単体でまともな仕事をする人物というのはなかなかいない。ヒョウコウはとくに優秀な副官らしい人物は出てこずヒョウ公自身がひっぱっている感じで描かれているが、その裏では岳雷をはじめ彼のことを理解し補佐する副官たちが存在したはずだということはわかる程度になっている。

仮にあの時点で信がポンと将軍職をもらっていたとすると、部下のいない将軍が出来上がる。それでは夢の大将軍にはなれないので、イチから始めなさいと言われたわけだ。

それと重要ポイントが、彼はバカである

当時は下僕に限らず、よっぽどの家に生まれない限りはまともな教育など受けられないはずだが、それを差し引いて考えてもおバカなのである

物語上、登場人物にとっては当然のこと、常識であっても読者にとってはそうでないことを説明させるのに便利なのだキングダム内に置いては、特に地理説明などに重宝していると言えるだろう。また、序盤はそうでもないが、それなりに話が進んでくると登場する人はたいていそれなりの役職にいる人=優秀な人であるので、説明せずとも理解しないで話が進んでしまうこともままある。それでは読者が置いてけぼりになってしまうので、主人公、あるいはそれに近い人物が物を知らないのは大事なのだ。他の作品で言うと、ワンピース主人公ルフィおバカなので、要所要所でナミやそのほかの人に解説を受けている。(その多くをルフィ理解していないが)


・昌文君

言わずと知れた秦国王の一の臣である

彼と王の出会い、心酔するに至るエピソードは明らかになっていない。あえて言うなら紫夏の回想のくだりで初対面を果たしているはずだが、その部分はあの話にとって重要ではないのでまったく語られていない。

彼は王騎が評した通り、物語を通していぶし銀な働きを続ける。

登場時点ですでに文官に転じているため、基本的戦闘シーンはない。時代的にも文官からといって剣は持たないというようなこともないので、ちょくちょく佩剣しているのを見かけるが、信のように一騎打ちするシーンは出てこない。

(元)武官らしい働きをするのはサイの防衛戦くらいか。彼が武官としてどの位置まで上がったかも今のところ語られていないが、風向き有利な西壁において抜かれている辺り、やはりそんなにでもないのかな・・・なんて思ってしまう。

文官としても、時折シシに諫められていたり、超一流ではないことを伺わせるシーンが折々に挟まれている。リシに頭を下げるシーンなど、彼が文官として(も)頂点に上り詰めるほどの才がないことを強く感じさせるが、そんな完璧超人でない部分が重要人物であるように感じる。完璧でないからこそ彼の脇を支える壁やシシの働きが際立つのであろう。

からも「オッサン」と呼ばれ侮られている感があるが(盟友である漂を殺される原因となった人物であり、諸手をあげて尊敬することはできないだろう)、その信も昌文君こそが政を支え、自分も手助けしてくれる存在であることを認知している。特に冒頭に述べた「一の臣」であることを信すらもが認めていることがわかるシーンがある。加冠の儀を終え、アイ国軍鎮圧したあとの「あんたの口から言ってくれよ」というセリフだ。あのシーンは呂不韋との政争勝利宣言であるが、勝利宣言というのは勝った側の、頂点に立つ人が行うものである。つまりあの場にいる一番は誰なのかという問題であった。殺されてはならない王族を救った信でもなく、実際に反乱軍鎮圧するのに必要不可欠であった将を打ち取った昌平君でもなく、政に長く寄り添い、支え続けた昌文君に託され(しかも信から)、彼の口から行われることに意味があった。バカな信でもそのことを理解していた。

長年の苦難を回顧し、その一部を共にしてきた読者にとって、勝利を実感している彼の姿はやはり感動的なものがある。映画版がどこまで話を追うことができるかわからないが、このシーンはぜひとも再現して欲しいと思っている。


・壁

昌文君を大王政の一の臣と評したが、その昌文君の一の臣である

文官となった昌文君に代わり、「武」を司る人物となるべく存在しているはずだが、実際のところそのあたりはだいたい信に取られてしまっている。王センに捨て駒にされたり、食料を焼かれたりと頼りないシーンが多く、出番の割に見せ場は少ない。合従軍戦でも当て馬にされている。

しかいぶし銀な働きで大王を支える昌文君を支えるだけあって、地味だが必要仕事をこなし続ける。合従軍戦においてはヒョウ公と信と共に南道に入り、ヒョウ公を討たれ激情に駆られた信を諫め王都に向かい、サイの守城戦では信の南壁に続く東壁を守り抜いた。また、アイ国戦においては本人の出番はないが、旧友に根回しして軍を率いる将を確保している。

今後の彼に見せ場はあるのだろうか。

・龐煖

ある意味において面白みのないキャラだな、という感じはする。個人的には最初から最強のキャラはかなり好きなのだが、非常に自分本位なキャラであり、どうしても強さ以外に魅力がない。

が、おもしろいなと思う部分はある。彼自身が信が説得され諦めた「ポンと手に入れた、部下もいない大将軍」なのである。幸いなことに李牧という強力な参謀の駒として動くことになるためついてくる部下がいるが、もし彼がいなければ本当に裸の大将だっただろう。

そういう対比という点においてはよいキャラだと思う。


あとは気が向いたら

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん