「教授」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教授とは

2022-07-03

anond:20220703190011

教授女児になってくれたら喜んでくれるんですけどね🥺💦

中高年男性に受けが良い手土産

今度お世話になったゼミ教授挨拶に行こうと思うんだけど、手土産に何かオススメはありますでしょうか?🙇⋱♀️

ちなみに今はお酒を持っていこうかな?と思ってます

2022-07-02

ヤマノススメの面々の将来予測妄想とも言う)

anond:20220702130156

独断偏見による勝手予想

楓さん

山に登りたいから、と言う理由で上を目指さず、自宅から通えるそこそこの大学に進学して登山三昧。ところが、ある日、偶然(?)山小屋に来ていた准教授に、大学院の山岳教育プログラムなるものを知らされる。

下山後、准教授に誘われて研究室を尋ねると、何故かその場にここなさんが。准教授とここなさんに、一年中山籠もっても誰も怒られないどころか、それを仕事にできると騙されて と聞かされて、学部卒業後、その教授所属する山岳教育プログラムのある大学院に進学。

さらに気がつくと大キレットを滑落する勢いで転がり落ち、ふと気がつくと先進であるヨーロッパ大学留学

その頃、日本で山岳メディアライターを始めていたひなたに強制されまれ、現地からコラムVlogをアップしはじめたところ人気に。それで手に入れた金を丸ごと山狂い山岳文化に関する研究につぎ込み、若手研究者として頭角を現す。

しかし、本人の行動様式はあまり変わっていない。(ただの山馬鹿)。しかしなぜそんな楓が学術界でもやっていけてるのか?その正体は、いつも論文のSecond Author以下に載っているYuuka Sasahara (Holy Hope High school)の名前にヒントがある。

ひなた

特にこだわりも無く、父親も無いか強制する事も無かったので、大学は得意な科目があるところに進学すればいいかなーと思っていた。ただ、両親と離れるのもなんとなく嫌で、自宅から通える条件の大学を選んだところ、なにげにかなりのレベルが高い大学合格

大学生活も楽しくやっていたが、その頃から父親仕事に興味を持つように。ライター業、文章写真だけでは無く映像撮影しなければならない事も増えた父親アシスタントとしてついていく。

つの間にか撮影する側から撮影される側になっていて大学在学中にライターデビュー卒業後は、父親法人化した会社所属して、山岳と自然、それを切り口に地域などもテーマにした専門ライターとして、日本中、そして世界を歩き回る。

ヨーロッパ留学した楓を尋ねて行くも、楓のあまりにも無頓着生活に、機材一式をを置いて帰り、ゆうかにチクると言う暴挙を働く。それがきっかけで楓をタレント研究者として父親会社所属させ、自分自身と二大看板活躍している。

ここなさん

高校は、あおい、ひなた、楓とおなじ高校の、奨学金制度を利用して進学する。授業料免除は受けられたものの、私立高校授業料以外もお金がかかる。また登山も続けたかったので、アルバイトを始めようとする。

しかし、母親はそれは助かるけれども、せっかく良い学校に入れたのだから学業に専念して欲しいと言われて反対される。思い詰めたここなは、先生相談すると、先生から学校運営法人小学生向けにやっているサイエンススクールアシスタントバイトを紹介される。

そこの講師できていた准教授と仲良くなり、大学研究室に出入りするようになる。(そこで、楓さんの話をしたところ、准教授は楓さんを捕獲に動く)

3年生になるころには単著論文論文誌のプレプリントに発表。プレプリントとは言え大学レポジトリであり、それを学校宣伝したために一躍時の人に。しかしそれは大学奨学金問題なく得るための動きで、それをテコに大学全面的奨学金を受けて大学に進学。高校時代執筆した論文は、当たり前のように査読を通ってインパクトファクターの高い論文誌に掲載さらに2年時でスキップ申請修士への進学)して修士号を得て製薬会社研究所に就職。その研究所では開設以来最年で少採用であった。

普段は、世界から集められた様々な植物から、薬になりそうな成分を探し、研究しているが、自分趣味を兼々山々をさんぽ。なんでもない場所から新しい研究成果を見つけてくるので、実は天狗かなにかではないかと噂がある。

あおい

みんなの癒やし。

今日お菓子屋さんに行くとあおいちゃんがいて、みんななんとなく疲れたらあおいちゃんと一緒に登山しに行きます

2022-07-01

anond:20220701215024

いやいや、京都出身学生比率は多めやし、教授京都人結構多い。講義でも当然ながら関東弁は少なめ。

anond:20220701074807

選挙前だから言うけど、赤松健さんだけ呼び捨ての名指しで、

お前の擁護するリベラルフェミニスト名前言及されていないのはどのような理由か。

発信力のあるフェミニストの多くが弁護士大学教授新聞記者など、社会的威信地位の高い職業に就いている方の具体的な名前の教えていただけますか?

表現自由派」や赤松さん支持者を『「キモい非モテ男子オタクの人たち」を勝手定義している納得する理由を教えてください。

お前の投稿赤松さん選挙活動の妨害しか思えない。

anond:20220701194632

大学フェミニズム研究の場では流石に客観的科学的な作法があるのではないかな?

〇〇学派・××学派のような違いはあれど

在野の野良フェミ一人一派

昔の共産主義者大学経済学歴史学研究している教授から社会主義国独裁者、在野の爆弾テロリストまで色々いたのとフェミも同じなのだろう

anond:20220701113843

しろ医師とか大学教授とか大企業社員とか研究者とか起業家とか人権を考える機会に恵まれる高スペ女に多くない?

風俗嬢キャバ嬢テレビ局みたいな男尊女卑に晒されまくる職業の人にも多いけど

表現自由派」と「表現規制派」の対立など存在しない

参院選赤松健などが「表現自由派」と「表現規制派」の対立存在して、表現自由を守れと主張している、これはそもそもが完全にデマであり間違いである。リベラルフェミニストが「表現自由制限すべき」などと考えているわけがないし、むしろその逆である


フェミニスト問題にしているのは、「表現言論の自由現実には男女で不均等に配分されているのではないか」ということである。それは国会議員の男女比に端的に示されているし、経済団体会合で居並ぶ人たちは平均60歳以上の中高年男性である一般行政企業会議も、現状ほとんどは男性が仕切っているだろう。憲法法律女性表現言論の自由規制しているものは全く何もない以上、こうした不平等社会全体の中でつくられていると考えるほかない。


そこでフェミニストは、女性実質的表現言論の自由を奪っているものとして、公共的な場面における表現物に着目する。つまり女性男性サポート役であり、男性の「花=添え物」であり、男性性的消費の対象であるかのような発言広告であるフェミニストはこれらを問題にして、そうした言論表現は(少なくとも公共性高い場面では)規制されなければならないと考える。


これを形式的な「表現自由」で批判することは可能だが、それは表現言論の自由の全てではない。むしろ形式的表現言論の自由を守るほど、男性マジョリティ発言権ばかりが強まって女性言論表現自由が抑圧される、という日本社会全体の構造と向き合う必要がある。向き合う必要性を感じないとすれば、それは実のところ表現言論の自由に関心がないと言うしかないだろうし、日本自称表現自由派」のこれまでの言動を見る限りは、そう言わざるを得ない。


追記

この問題をややこしくているのは、問題になっている広告萌え絵を好むオタクの人たちが、マイノリティ被害感情を抱えていることが多いこと。フェミニストから見れば「女性性的対象にしている広告」でしかないものでも、オタクの人たちにとってはそれを批判されるのは「マジョリティ社会からの抑圧」に見える。発信力のあるフェミニストの多くが弁護士大学教授新聞記者など、社会的な威信地位の高い職業に就いているから、なおさらそう映る。「キモい」という、非モテ男子にとって破壊力の高いワードを無邪気に連呼する一部フェミニストが目立っていることも、オタクの人たちの被害感情を刺激している。

この点については、自分オタクの人たちに同情的であるしかし、だとすれば掲げるべき旗は「表現自由」ではなく、オタク男子に対する自覚のない侮蔑的発言表現自分たちがどれだけ傷ついているのか、ということへの抗議だろう。


追記2)


まあまあ炎上してます・・・。前にも似たようなことなんども書いているのに。

言いたかったのは、フェミニストあくまで「女性実質的表現言論の自由を高めるための環境づくり」を目指しているのであって、「表現規制派」というレッテル貼りは間違いだということ。フェミニストリベラル派が目指すのは、あらゆる階級属性の人が等しく表現自由行使できる社会だ。

何が問題になっているのかをわかりやすく例えて言えば、男性8:女性2という構成会議討論会で、その中で声の大きい饒舌男性が軽い下ネタでその場の爆笑をとったとしよう。これだけで女性発言することが圧倒的に困難になることは、容易に想像できる。吉野家の元常務は、まさにこうした話術で会議場の空気支配する名人だったのだろう。フェミニストは、こうした環境日本社会全体に薄く広く存在していると考えているのである。「下ネタ禁止」は、確かにそれ自体言論の自由規制であるが、それを放置すると言論の自由行使男性に圧倒的に偏ってしまう点で、言論の自由にとって必要ものである


現在テレビ情報番組からラジオMCまで、日本メディア支配していると言っても過言ではない「お笑い芸人」たちは、最近女性も若干増えつつあるとは言え、圧倒的に男性中心である特にお笑い芸人にとって、あけすけな下ネタトーク必須である女性でも下ネタを嫌がらない人は確かにいるとは言え、平均的な女性にとっては明らかにハードルが高い。結果として、男性が仕切る、男性目線で構成された番組だらけになり、女性はそれに相づちをうったり、あるいは「天然ボケ」を男性MCに突っ込まれたりするだけの存在に成り下がる。


いま番組文字通り仕切って自己主張を展開できている女性というと、和田アキコはまあ例外としても、ラジオジェーン・スーぐらいしか見当たらない。国谷裕子小島慶子は戻ってこないだろうか・・・

anond:20220701073321

分かりやすさのために口を悪くはしてるけど、1960〜70年代日本人男性教授あたりがもう少し丁寧な口調だけど50年も前に既に同じ内容で日本人男性批判してるから

別に個人独自意見というわけではなく定説だわ

日本人男性が成長してないというだけ

テロール教授の怪しい授業

結局さあ、コロナ騒ぎはデマなのかどうなのかって地雷に触れないまま終わったな。つまんねー

anond:20220629234522

知らんなら本を読めばええやん、それだけのことやん。クーニン教授気候変動の真実 科学は何を語り、何を語っていないか? とか読んでもう一度増田書いて追記してみてほしいね

2022-06-30

anond:20220630144217

京都大学医学部卒業後、36歳という若さ同大学の教授に抜擢された笹井氏。日本科学界を牽引してきた天才研究者の、あまりにも唐突最期だった。

一体、なぜこのような悲劇が起きたのか。その最大の原因は、笹井氏が小保方さんという未熟な研究者出会い彼女STAP細胞にのめり込んでしまたことにあるのは否定できない事実だろう。

笹井氏と小保方さんとの間には、師弟という言葉では説明できない、親密な関係があったとされる。

笹井氏は小保方さんを「シンデレラ」と呼び、

小保方さんも「センセ、センセ」と深く慕う姿を隠そうともしなかったという。

上司部下でありながら、2人が特別に親しい間柄に見えていたのは確かです。

笹井さんは彼女研究室に入り浸りで、自分仕事場には顔を出さな状態が続いていました。
毎日深夜まで2人きりで研究室にいる、という話も流れていた。

増田10年前のヤフー知恵袋以下 anond:20220630142055

STAP細胞研究は、マウスがないと成り立たない、マウス権威は若山教授しかいない

実はもう一つの可能性としては、

若山教授最初から意図的に偽のマウスを小保方氏に提供したのではないか?と疑う

小保方氏が若山教授から受け取ったマウスは本物なのか偽者なのかは若山教授しかからず、小保方氏は信じるしかないのではないか

もし、最初から若山教授マウスに小細工をしちゃったら、全ては狂ってしまうのではないか

そして、小保方氏をはじめ、理研の全員が騙されてしまうのではないか

この仮説は、むしろ全てが辻褄が合うのではないか

では、なぜ若山教授がそこまで?動機は?

色々と考えられるが、例えば、小保方氏の奇想天外な発想への蔑視・笹井氏の小保方氏に寵愛への嫉妬・・・・・・

また、単なる疑問だが、考える価値がある事実として

若山教授理研から山梨大に移籍したことは、

本人の意思?それとも本人の意思に反する?

栄転?それとも左遷

もし、本人の意思に反すれば、或いは左遷なら、

若山教授理研を恨んでいるの

じゃあ逆に聞くけど野党への正しい評価の仕方を教えてよ

野党を叩いちゃいけないのはわかった、ではそうしよう

野党を叩かないように提唱している政策とその実現性考慮しなければならない弊害、これから起こるであろう議席の増減へ対してどう評価してどう考えるべきなのか教えて欲しい
ちなみに「是々非々で考えろ」というのは無しだ。理由は「非々」の部分を野党を叩いたと認識する人がどうしても居るので彼らと対話議論をすることが非常に困難なためだ
「非々」をしないように野党評価しないといけない

ついでに与党支持者へも言っておこう
野党へ非々な評価をするなと言うなら与党にもそうしろよ」と言うのも無しだ
今回は野党への正しい評価の仕方をご教授いただこうじゃないか

更に付け加えれば評価の仕方を聞いているのであって投票先の選び方を聞いているわけではない
例えば「どんな状況であっても野党第一党へ投票するのが正しい」という回答は条件に合致していない
無論のこと「与党支持者が与党を正しく評価してる自信はあるのか」というのも条件に合致していない

どこまでいっても「○○のような評価の仕方が今回の参院選では正しさへ近似している現状最適解の評価の仕方だ」という教えをうけたいんだ
頼んだぞ。納得したら本気で野党へ入れるつもりもあるし、家族や同僚にも呼びかけると約束する

2022-06-29

日本新聞社過去記事を削除しまくるせいでソース中央日報しかないっていう

社民党日本拉致事件困惑

2002.10.08 17:58

朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の朝鮮チョソン労働党との友好関係を結ぶ野党社民党が、日本人拉致(らち)事件あおりを受け、揺れている。

拉致問題消極的だとの批判が起こるなか、教授出身代表的論客田嶋陽子(女、61)参議員が7日、離党宣言を行うなど、悪材が重なっているためだ。

田嶋氏は、離党記者会見で「拉致事件に対する党の対応が遅く、柔軟性もない。朝鮮労働党との関係も、事前に説明すべきだった」と非難した。また「社民党官僚的な男性社会だ」と皮肉った。 

社民党は、党のインターネットホームページに「拉致事件は、日本政府の対北朝鮮コメ支援を防ごうとする韓国国家安全企画部(安企部)の工作」という論文を載せていたが、朝日首脳会談後もそのまま放置していたため多くの非難を受け、4日になってやっと削除し、世間の噂になった。

土井たか子党首は7日夕方記者会見を開き「拉致問題真相糾明のため十分努力しなかった点を認める」とし、拉致被害者家族に初めて謝罪した。

https://s.japanese.joins.com/jarticle/32925

はてなー!!自分の好みのタイプ漫画全部書くからお薦めしてくれ!!

https://anond.hatelabo.jp/20220630040756

ブコメ信書きました!沢山おすすめしていただいてありがとうございます

知らないのも多くて嬉しい

 好きな漫画探しても既読か知ってるか読んでも微妙以外が3%しかない!助けて!!

自分の好みど真ん中のやつ

アタゴオルシリーズ

テガミバチ

図書館の大魔術師

・107号室通信

香魚子さんの短編

・週刊少年ガール

キーワードにするとすこしふしぎ日常物、児童書っぽさなどが好き

漫画以外の好きな物

BUMP OF CHICKEN

sasakure.UK

モモ

・黒ねこサンゴロウ

ななつのこ(加納朋子)

・ゆめうつつ草紙(原田 宗典)

・白乙一

他の既読漫画好みタイプ漫画

ダンジョン飯

九井諒子短編集全部

乙嫁語り

吾峠呼世晴短編

この世界の片隅に

夕凪の街 桜の国

こっこさん

長い道

よつばと!

賢い犬リリエンタール

クロクロ

だがしかし

からくりサーカス

ふらいんぐうぃっち

ARIA

天才柳沢教授日常

不思議な少年

虫と歌

蟲師

少女終末旅行

がっこうぐらしアンソロジー

スキップローファー

AI遺伝子

プラネテス

三文未来の家庭訪問

人類は衰退しました のんびりした報告

レスト夫人(三島芳治)

働かないふたり

変身のニュース

足摺水族館

夜とコンクリート

無限大の日々

最果てアーケード

さらば、やさしいゆうづる

地球放課後

図書館

空挺ドラゴンズ

ドラゴンちんちん見にこう

バーナード嬢曰く

銀河の死なない子供たち

ホクサイと飯さえあれば

つづきはまた明日

ミッションちゃんの大冒険

雨柳堂夢咄

魔術師探し(佐藤史生)

きらきらDUST(かまたきみこ)

クレマチカ靴店

メリーバッドエンド 酒井まゆ短編

マホタン(伊咲ウタ)

環状白馬車掌の英さん

繕い裁つ人

放課後保健室

プリンセスメゾン

明治緋色綺譚

クジラの子らは砂上に歌う

ひだまりスケッチ

スケッチブック(小箱とたん)

GA学園

棺桶担ぎのクロ

異国迷路のクロワーゼ

廃墟少女

夢の博物誌

こぐまレンサ

追記

二度寝してた……すまん

既読Amazon履歴見て思い出したやつ書いていく

絶対安全剃刀

綿の国星(図書館で読んだので思い出せんかった!ごめん)

リューシカ・リューシカ

イムリ

夢幻紳士(何篇かは忘れた)

水惑星年代記

あかりや(無料公開しているのにAmazonで買ってから気づいた)

https://www.mangaz.com/book/detail/46061

瑠璃夢幻古物店

最果てのソルテ(水上悟志作品は完結済みだとサイコスタッフ惑星のさみだれ戦国妖狐読んでて戦後妖狐大好きだけど児童書よりは少年漫画寄りかな?と思って上げなかった。ソルテ児童書感が一番強いので一番に好きになりそう!)

天顕祭

バベル図書館

ニッケルデオン

銀のニーナ

土星マンション

なんてないことのふつうの夜に

スピカ 羽海野チカ初期短編

春と盆暗

まがりひろあきのじゆうちょ

仁科晃壱短篇集 「まな板の猫/宴会

回転銀河

となりのロボット

踏切時間

ぜえはあ、、まだ既読作品あるけどとりま終わりにします……

ゆうてテガミバチネウロハガレンも大好きな人間なので別にとにかく面白いけどマイナー漫画でも投げてくれて全然かまいません!小説映画アニメゲームドラマでも可

①好みの系統の知らん漫画

②好みの系統の知らん漫画じゃない作品

③なんでもいいので知らないおすすめ作品ぐらいの優先順位でお願いします。

児童書ラノベ読んで育ち漫画描き出してから漫画ばかり読んでいるので他分野

ゲーム映画ドラマアニメ女性向けの漫画知識が薄いです。

つーわけで漫画に詳しいブクマカ頼みましたよ……私は寝ます……

追記

おはようごさいます

無事本日漫画増田になれたようで沢山ブクマお薦めしていただきありがとうございます

からブクマ返信増田書いていきます

宣伝カシワイさんに影響受けてた時に描いた漫画まとめてるからすこしふしぎ日常ファンタジー短編読みたい人は読んでみてね!

https://twitter.com/i/events/1446098829112070146?s=21&t=vKyvx4ZJwyhLKOX26W6q6Q

2022-06-28

anond:20220628202446

教授になるのはかなり年齢層が高いってことね(ハナホジー

anond:20220628200734

助教講師准教授教授

だっけ。

あと特別講師とか、特任准教授とか、色々あるよね。

准教授博士課程の学生指導できないらしい。

大学行ってても意識しないことばかりだ。

なぜ大学教員のことを指して教授と呼んでしまうのか

しか常勤講師なら大体2人に1人は教授なんだけどさ,教授って職階なんだよね

そこら辺の社員課長とか呼ぶ?呼ばないでしょ

パーマネント欲しくて必死こいてる講師や常に次のポストを探してる助教,あるいはどうにか食いつないでいる非常勤講師教授と呼ぶのはもはや煽りの域に達してると思うんだけど,はてブとかでも割と見かけるんだよね

あと学生を生徒って呼ぶ人。こっちは定義知らないとしょうがないのかなって思うけど

車の助手席に乗って外を眺めていると、真っ白な外装の店が見えた。その店のガラスから、男が白い大きな塊を刃物で二つに切っているのが見えた。彼の表情からそれが崇高で敬虔行為であることが窺えた。あれはなんだろうと思って聞くと、どうやら切られているのは女体だそうだ。

私たちは気がつくと店の中にいた。職人の男は女体を切るということに誇りを持っていた。男は実際に切った女の展示品を見せてくれた。女は人の形ではない姿で建物に備え付けられていて、もうその場から離れることができないようになっていた。粘膜を触るとピクピクと動いた。まるで寸断された神経や血管が、再び精巧繋ぎ合わせられたかのように、皮膚は潤い、刺激には良く反応した。所有者は備え付けられた女を刺激して愉しむことができるようだった。また、切られたばかりの女体の断面は、血液で汚れていてもおかしくなかったが、白い球体人形のような清潔さを保っていた。

私はそのような切られた女の存在があることをまったく知らなかった。しかしながら、それを生業とする職人がいるくらいなのだから、切られた女は格別に特殊存在ではなさそうだった。聞けば、街にある赤煉瓦の印象的な大学にまでそれを研究する学部があった。私が知らなかっただけで、そのような大学はそこ以外にもあった。どうやら、女を切断し所有する文化は当たり前に認められ、ずっと昔から存在していたようだった。

気がつくと、私自身、備え付けられていた。洋風の暗い色のフローリングの部屋の隅だった。どこか異国の、大きくて深い緑の観葉植物が私の左手のほうにあった。実際の左手は、もう私にはどこにあるかわからず、動かすことも出来なかったのだが。頭はもたげることなく横に倒していた。身体を動かすことはできないものの、首の自由はあった。

ガチャリと私の前方にあるドアが開いた。私は慌てて頭を起こした。私は、何故だか休んでいる姿を見られるのが恥ずかしかった。ドアから入ってきた若い男は、痩せており皺っぽかった。黒髪七三分けの頭をしていて、ブラウンスリーピーススーツを着ていた。彼はジャケットを脱いで楽な格好になると、私と少し会話をした。聞くと、どうやらこの文化は昔から資産階級のものであったらしかった。彼は仏文学大学教授で、表情は乏しく見えたが優しかった。私は不思議とこの自分の姿が嫌ではなかった。むしろその男とこんな風に過ごす時間を楽しんでいた。

という夢だった。

2022-06-27

真面目に勉強し始めて4年経った大学二年生だが、

大学教授から配布されるパワポ理解方法わかった。最初にある勉強ポイントを見ればよかったんだ。

2022-06-26

anond:20220626102642

卒論発表でも教授質問想定してつくるしそういうもんや

2022-06-25

    私は東京大学法学部教授をしている者ですが平成20年11月2日に東京大学法学部教務課からインターネットブログに私宛の脅迫文が上がっているという通報

   受け、自宅のメモ用紙などに概要を書いておきました。後日、教務課の課長からブログプリントアウトを見せられましたが私の実名を挙げて殺害すると書いてありました

   ので被害届を出しました。その結果元富士警察署捜査照会を実施して犯人を割り出したようですが、私の大学平成19年9月に卒業した学生だったようです。

    被害を受けたのは私と最高裁判事を退官した女性文科省幹部の金森氏の3名です。犯人容貌等はみておりません。捜査担当したのは警視庁捜査一課警部補

  丸尾英介です。しか丸尾作成した供述調書が本当か分かりませんし検察官尾崎作成した調書も真正かどうか分かりません。被告人平成21年2月に公判廷に

    呼ばれて反省したため執行猶予になったという刑罰を受けたようですが、反面で、被告人作成したブログ記事内容は、当時のスポーツ報知、などに全部取り上げられて

  多くの人が読み、インターネット2ちゃんねるや様々なサイトにも大きく宣伝され不特定多数の多くの者が読む結果となりました。その結果現在では元号も令和になっています

   当時なぜあのような事件があったのかは、実態社会において最悪なことが連続したためだとは思います我が国法治国家でタテマエ上はあのような刑事裁判が開催

   されることになっただけだと思います。いずれにせよあの事件のせいで日本社会の何かが致命的に終わったように思います

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん