「号泣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 号泣とは

2018-06-21

でも俺シャドバで負けるとちょーひがむ

専門で負けても悔しくなくて頑張らないとなぁって感じだけどシャドバは悔しくてマジ発狂

あんぎゃらぼええええええwwwwあぎゃああああ(号泣)って感じになる

2018-06-19

anond:20180619100435

かに面白いか否かは重要だよね。自分八日目の蝉小説号泣したクチなんだけど、つまらなかったら叩いていたのかもしれぬ

2018-06-16

任天堂には(ネット披露されるいい話には疑ってかかるあのはてなーですら大号泣して、映画化して欲しいとか、たとえ嘘でもいい話なので問題ない!と言わしめるほどの)いい話しかないのに、ソニーは#Fucksonyな話しかない辺り、正しい人とネトウヨのそれみたいで面白いファン層の政治思想もそれと重なるところがありそう。

2018-06-14

いじめられる自分存在

そこそこ学歴あるせいで大学にいてる時間がながすぎた。

から職務経験が浅い

就職したらいじめられたりパワハラをすごい受ける

性格いじめられやすいせいもあるんだろうが、転職先で同じような目にあい精神疾患にかかり療養。ほぼひきこもり

再就職見込みなし

失業手当もそろそろやばい

就活取り組んでるがまた行った先で同じように苛め抜かれて自殺心理状態になるのではと時折苦痛になる

仕事を前にやめる寸前、全財産を親に送付して家の中も片づけて不動産解約し某県の海の中に入ったんだ

真冬だったけど、腰までつかってたあたりまで覚えてる。急に後ろから救助にかけつけたおじさんに引っ張られてそのまま睡眠薬朦朧して気絶

気づけば病院

目覚めたら親が号泣してた

いじめられる人間立場になると出口がなくてもがきすぎてしまう。なんの決定も決意もできないが死ぬ選択だけはあのときできた

当時は救助にきたおじさん(救急搬送した意識ない俺を見てから立ち去ったらしい。名前からない)かなり恨んだけど今思うとあれはいじめてない人間善意だったのだなと感じる

いじめてきた人の悪意しか知らなかったか普通の人の善意ってあのときはじめて接したんだろうな

しかし、こうして生きてても今なにもうれしいものがない

パワハラしてきたあの人たちの悪夢で相変わらずくるしんでる

いじめって人類最大の凶器だな

2018-06-04

これって虐待に入るの?

できれば小さい子を持つ親御さんに聞いてみたい。

この前カレー屋に行ったんだけど、店に入るなり赤ちゃんギャン泣き声が響き渡ってた。

泣き声というより叫び声に近い感じはしたんだけど、「いやいや期とかなんだろうなー」くらいにしか思わなかった。その時は。

小さい店なんでそのギャン泣きしてる赤ちゃんの近くに座らされた。

赤ちゃんのお母さんとその友達ママさんの親子(子供は3歳くらい?)でカレー食べてたんだ。

お母さんたちはどっちも普通20代のお母さんって感じ。DQNとは程遠い。

それで赤ちゃんが泣いている理由が分かった。お母さんが無理やり子供カレーを食べさせてたことが原因だった。

赤ちゃんハイハイできるけど立てないくらの子で、「いやー!」とも言えないまだ言葉を覚えてないくらいの年齢の子だったんだけど(1歳いってないくらいかな)

カレーを近づけられると号泣しながら「あああああ!!あああああー!!」って叫ぶ。

お母さんは「たくさん食べようねー」とふわふわしながら言ってて、赤ちゃんの絶叫とは真逆の反応だった。

口に入れられたカレーを全部吐き出して前掛けと口がカレーまみれで。

すげえなと思って引きながら自分カレー頼んだんだけど店員さんも「大丈夫?ここのカレーは少し辛いから無理に食べさせないほうがいいわよ」とお水をたくさん持ってきてた。

かにここのカレー屋のカレー子供きじゃない辛めのカレーが多い。

それでもお母さんは「いつもこうなんです。大丈夫ですよ!」とニコニコ答えてた。

友達のお母さんも「子供ってこんなもんだよねー」とにこにこしてた。

30分くらい滞在してたけど30分間ずっと泣いててかわいそうだった。

お母さんも赤ちゃんへのカレー攻撃やめないし。

これって小さい子いる家庭だと普通ことなの?虐待に入らないの?

独身からよくわかんないんだけどどんなもんなのかな

追記:

やっぱりおかしいって思う人多いのかな。

そこの店は一番辛くないので「インスタントカレーの中辛よりも辛いカレー出す店」なので子供を見かけても小学生男の子とかなんだ。

から赤ちゃんがいたのもびっくりしたしまさかその子に食べさせてるとはってさ。

赤ちゃんの泣き方が尋常じゃないんでずっと頭に残ってんだよな・・・

追記2:

かに蜂蜜危険性があるな・・・

離乳食離れとかしてるのかはわからないんだけど赤ちゃんはたまにハイハイしてた。

けど立てない感じ。

一応子供用の服は着てて髪の毛はまあまあ生えてる(ちょっと薄いように見えたけど)。

0歳か1歳児かの間くらい?とりあえず立ててないけどハイハイはしていた。

離乳食離れするのが1歳半離れたくらい(目安)で蜂蜜がいいのが1歳過ぎてから」って調べたらあったので(間違ったら言ってくれ)

もし1歳半だったらギリギリくらいか

ギャン泣き絶叫してるしゃべれない子にカレーしつこくニコニコあげてるお母さんが印象的だった。

相手のお母さんも止めないから「え、普通なのか、まじか。」とか錯覚しちゃってたわ。

ちょっと大丈夫なのか聞くだけでも児童相談所はいいのかね。

追記3:

ブコメにあるみたいに離乳食カレー勘違いしてたのかな。店の器に盛ってるやつスプーンですくってたから店のもの可能性が高いかも(それとも自分が食べ終わった後に離乳食入れたとか?わからん

やけにお母さんが穏やかだったんで虐待はこっちの早とちりだと思いたいんだけども。

離乳食だとしてもスプーン口に近づけるたびに首降ってギャン泣き絶叫30分はやめてほしい。トラウマになる。

追記4:

たくさん意見が聞けて良かった。けどこの日記見て気分悪くした人いたみたいで申し訳ない。

スプーン近づけられるたびに口に入れられてるってわかってるのか叫んでお母さんにしがみついて号泣してる(30分延々)からカレー屋でてからげっそりしちまって聞いてほしかった。

号泣してる子にあやしてモノ食べさせてる子はファミレスで稀に見るんだけど間近だったのと叫んでたのとお母さん2人のホンワカ具合が衝撃的だった。3歳くらいの子普通に食べてたのかな。赤ちゃんしか見てなかったから覚えていない。

お母さんは子供に「好きじゃないの?どうしたの?大丈夫おいしいよ」とか優しく声かけてたんだよ。

「いやお前のカレーのせいだろ」と思ったけど。子供叫びまくりだけど。

大丈夫ですかとか声かけたらよかったのかなああ。

店員さんは年配の女性から俺が入ってくる前に何らかの蜂蜜やらアレルギーのやり取りがあったと信じたい。

2018-05-31

子供の頃、優しくしてくれたお姉さん」~はてなVer~

小学1年生のころ、登校中に双子の兄からいつも殴られていた。

泣きながら登校していると、セーラー服姿のおねえさんが大丈夫?と声をかけてくれた。

それからずっと、おねえさんと会うたび、勉強運動で頑張ったことを報告するようになった。

ある朝、おねえさんは制服が変わっていた。

でも、変わらず僕と接してくれた。

小学卒業間近、久しぶりにおねえさんと会った。

スーツ姿に変わっていた。

ぼくはおねえさんに、いつものように報告した。

おねえさんはぼくに言った。

「ファーッック!!小学校6年生にもなったら、
いい加減自他の区別をつけろよ!
このクッソ童貞が!わたしはおまえのママじゃないからな!」

ぼくも、負けじと言い返した。

「黙れよ高卒底辺が」

ぼくのゆくえは誰も知らない

元ネタ

探偵ナイトスクープなら局長が号泣するレベル「子供の頃、優しくしてくれたお姉さん」エピソードマンガがほっこり - Togetter

2018-05-29

部活暴力の思い出

「その部活って顧問による洗脳じゃん」

嫁に思い出話をしたら、そう言われた。

高校時代部活顧問による体罰事件があり、顧問先生が罰されても、なお先生に泣きながら復帰してくださいと懇願する生徒たちの姿を洗脳と言っていた。僕も当時は一種洗脳だと思ったが、とても言い出せる雰囲気ではなかった。

さて、いきなり嫁との会話を書いてしまったが順を追って書こうと思う。

そもそもこの話を書こうと思ったは、今マスコミを賑わしている日大アメフト部コーチによる暴力が原因だ。顧問による暴力と聞くと、僕も高校時代顧問による暴力に多少縁があったからだ。また、このニュース記事見出しの「盲目」という単語が目についた。僕の顧問先生も、人を盲目的にさせる天才だったなと。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3380718.html

あれから10年、そろそろ言葉にして残しておきたいと考えたので筆を取ることにした。僕は高校時代吹奏楽部所属していた。その吹奏楽部は全国常連高校で非常に規律が厳しかった。具体的に言うとSNS禁止、買い食い禁止、部内恋愛禁止、登校中の音楽禁止である。僕はほとんど守れてなかったが。そして顧問先生が猛烈に厳しい人だった。まぁ昭和の熱血先生という感じだ。「お前らに一生の思い出を残してやるから、ついてこい。この部活でやれば人間力が鍛えられる」が口癖だ。僕と全然合わなかった。

部活内のイベントとして月に一回、全校舎大掃除と言うイベントがあった。普段使わせてもらっている校舎に対して感謝の念を込めて学校全体を部員全員で清掃すると言うものだ。僕が3年生の時に、掃除がいい加減だったので、いきなり顧問女子部長を何回も顔面を平手打ちし始めた。最初は混乱して理解できなかった。人の突然の暴力ほど混乱するものはないと感じている。さすがにやりすぎだと思ったのか、矢継ぎ早に他の部員が止めに入ったが次々顔面を平手打ちされていた。僕は臆病者なので、とても止めに入ることができなかった。もう音楽室の端にすぐ逃げてしまった。暴力を振るわれるのが怖かったのだ。無抵抗の人に暴力を振るうことが無意識に怖かった。言葉では説明できないが本能的に逃げしまった。顧問が怒って音楽から出た後、部員から出たセリフは「自分たちがいけないから平手打ちされたんだ」と言うセリフだ。この時点でちょっと違和感を感じていた。なんで暴力を受けてるのに慕うのか理解できなかった。愛のある暴力をなんて存在しないと思っていたからだ。後日、この1件のことをOBが聞いていて、「男子だったら積極的女子かばうように動けよ」と責められた。このお叱りは今でも意味が分からない。生まれつき暴力に耐性のない人だっているのだ。

数日後、先生と3年生部員達と話し合いの場が設けられた。そこでは、主に2つの意見が出た。「頑張って全国大会に出たいのでご指導お願いします。」「暴力を振るう先生なんてついていけません。退部します。」の2つだ。25:5ぐらいの割れ具合だったが。ここまで読んでいる読者はお判りだと思うが、僕はもちろん「退部します」の側だ。退部派の人たちは、合計2~3時間かけて退部を止めるために説得される。推測だが、吹奏楽コンクールの前に部員の退部を防ぎたかったのだろう。必死に止められた。説得のされ方は、顧問が「君は部活必要人材だ、Aくんそう思うよな?Bくんはどう思う?」と周りの同調意識を利用した方法だ。一応暴力のことに関しては謝罪はあったが、僕を含めた5人は同調意識に負けて続けざる得なかった。このことは今でも後悔している。当時にやりたいことがあり、その時退部していればできたのではないかと思った。内心、クソみたいな説得方法だと思ったが、退部を撤回するまで部屋から出してくれなさそうな雰囲気だった。僕は顧問に屈してしまったのだった。

それから一週間後、大変なことが起こった。読売新聞地方面に、顧問暴力の件が詳細に載っていた。誰かの親が新聞社告発したのだ。内容も明らかに、その場にいた人しかからないことが書いてあった。僕は内心、顧問先生に正当な罰が下されると思った。その次の日に、部活内の保護者を集めた説明会が行われた。顧問は確か2週間ぐらいの停職処分校長先生から説明された。顧問謝罪していた。そこで生徒の何人かがいきなり泣き始めた。「顧問先生は、僕たちを思って平手打ちしたのです。顧問は悪くない。僕たちのことを指導してください。」のようなことを言い始めた。やがてほとんどの部員賛同し泣き崩れた。泣いていなかったのは、退部派の人たちだけだ。当時は言わなかったが、内心「この人たち大丈夫かな?」と思っていたと思う。少なくとも僕ともう一人は、そう思っていた。ここで冒頭の嫁との会話に戻る。このことを顧問による洗脳だと言ったのだ。全国大会に行かせてやるから俺を信じろと言って部員たちを盲目にして、顧問意見絶対に聞かなければならない。ちなみに、保護者の中で誰が新聞社にタレ込んだかプチ犯人探しが始まったのは、想像に難しくない。

そのあと停職になった顧問と、その家族は非常に心を病んでしまったようだ。何せ地方欄とはい新聞報道されたのだ。そこで顧問家族に向けて手紙を書くことになった。いや、確か部長により半強制的に書かされることになったのだ。ほとんどの人は「先生は悪くありません。私たちはいつまでも待っています私たちを全国へ導いてください。」と言った旨を真面目に書いていたようだ。僕の中では顧問は信頼できない人となってしまったので、「元気出してください。待ってます。」などと適当に書いたのは覚えている。多分全部員の中で一番短い自信がある。今考えれば顧問手紙なんておかしいよなと思う。

顧問は、2週間停職のあとは、普通に顧問にとして復帰した。それからもたまに怒ることがあり、その時に「俺をまた新聞に載せたいのか」と怒鳴られたこともあった。全然反省してねーなと思った。時たま「俺の葬式には、歴代の教え子たちがとんでもない数くるから楽しみにしておけ」とも言われた。ここも嫁に話したら、ドン引きしていた。そんなゴタゴタがあったその年のコンクールは、都大会銀賞で残念ながら全国に進めなかった。ほとんどの人が全国に行けなかったと号泣していたが、僕は涙が一滴も出なかった。むしろ終わってくれて嬉しかった。(その後次の年は、全国大会金賞を受賞していた。)気がつけば結局引退までズルズル続けててしまった。

僕は社会に出て何年か経過したが、この部活で学んだ人間力とやらは全く役に立たなかった。会社では、高校部活より厳しく感じる規律も感じたことがない。こんな部活やめておけばよかったと後悔はある。この後悔があるからこそ、会社で働く原動力になっているところはあるので、そういう意味ではよかったのかもしれない。

ここだけは他人に向けてへの言葉なので、文調を変えます顧問による暴力というのは、部員の心身を傷つけるものだと思います。ご自身の思い通りにならない行動をされても、そもそも一人の人間である他人に対して、暴力による組織統治を行うのはどうかと思います勝負の主役は部員であり、顧問ではありません。勝たせてあげたいのば分かりますが、暴力を使わず言葉指導して欲しいです。また、きちんと部員達に個人意思尊重してあげてください。気持ち一丸とならないと勝てないとか言う人もいますが、所詮赤の他人の集まり気持ち統一することな不可能です。思考強要せず、多用的な考えを受け入れてください。会社と同じで、そうしなければ生き残れないと思います

長文雑文申し訳ありません。ここまで読んでいただきありがとうございます。ただの高校時代の思い出なので、適当に流してください。

PS.

この日記を多くの方に読んでいただき感謝気持ちでいっぱいです。正直10ブックマークがせいぜいかなと思っていました。こんなに読まれるのであれば、推敲すべきでした。僕の恥ずかしい記録として、残しておきます。はてぶのコメントほとんど拝見していますポジティブネガティブ両方の意見いただき、どちらももっともな意見でした。

この日記趣旨は、はてな匿名ダイヤリーの名の通りパブリック日記です。その時の自分気持ち文字にすることが目的です。ちょっとばかり人に読んでもらいたい気持ちもあります。約10年間、同期同士でも触れるのを避けていた話題で、言語化する機会がなかったので日記という形で残しました。高校吹奏楽について詳しい人は特定できる内容になっています最初高校名を書こうとは思いましたが、なんとなく直接書くのはやめました。

洗脳」と言う言葉を使いましたが、結局のところ本人の受け取り方により異なります。一方から見た場合はそう見えても、他の人から見たら(この場合顧問を信じている部員)「洗脳」とは受け取らない場合ももちろんあります。ここでは僕が忘れてしまわないよう、当時に思った気持ち言葉にしてみました。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました

中学時代の友人と飲みに行ったら3万飛んだ話

いい話に仕立ててさっさと昇華したいのと、反省を兼ねて、記憶が鮮明なうちにこんなエントリを書こうと思った。

さて、事の始まり5月末。ちょうど大学テスト期間で暇してるところにこんなLINEが飛んできた。

「(僕の名前)、久しぶり!飲みにいかない?笑」

なんとも唐突なお誘いであるが、これは中学時代科学部で仲良くしていた同期からであった。

暇なときに、旧友から連絡が来た。こりゃあもう行くしかない。ということで、その日に池袋で飲むことになったのである

その後池袋で彼と合流して、何処に飲みに行こうかという話になったが、僕は

特に決めてないわ」

と言ってしまった。言ってしまったのである

彼はすかさず、

「んじゃ、おすすめ飲み屋あるから行こう」

と言うので、僕はノコノコと、彼の歩いてゆく先へ着いていった。

ここだよ、と言われた目の前にはめちゃくちゃ無機質なドア。

オマケ程度に、明らかに安そうな看板が掛けてある。

それでも、この状況で(穴場スポットなのかな…)とか考えた自分は今考えたら完全に阿呆だ。

入ってみれば、店内は飲み屋というわりにはかなり狭いし、暗いし、人がやけに少なかった。冷蔵庫もない。セキュリティ関係装置カメラとかSECOMシールとか)もない。

さすがに僕の勘もここで警鈴を鳴らしたらしく、なんだかすごくすごく嫌な予感がした。けれど。

「何頼む〜?」とか言ってる彼に気を取られて、そんなことは脳ミソの端っこに追いやられてしまったのだ。本当にド阿呆である

そんな飲める体質ではないので、僕はカシスオレンジを一杯。

彼はおまかせで頼んだ。

そしてこの「おまかせ」がヤバいことに、このときの僕はまだ気づいていない。

結局友人はツマミ1品と「おまかせ」4杯、確か、あともうちょっと何か頼んでいたけどよく覚えていない。

30分くらい経って、次のお店へいこうと言われた。まだ早い気がしたけど、とりあえず会計を頼む僕。彼はその間トイレへ消えた。

さあ、ここから楽しい茶番の始まりである

店員レシートを出してきた。そこには、

28,928円」

あぁ、と思った。

「は?」ではなく「あぁ」だった。

今の今まで感じてきた違和感や嫌な予感はこれだったんだと。

とりあえず、やられてしまったものは仕方ない。

端数の28はいいですよ、と店員

迫真の演技でそんなどうでも良い気を使うんじゃない。出せやゴルァ恐喝されたほうが清々しいわ、馬鹿野郎

しかし、手持ちでこんなに用意していないので、クレジットカードを渡し、すかさず領収書と店内をスマホ撮影。会話の録音を開始。

店員が戻ってくる。

クレジットだと手数料20%かかるらしい。ふざけるんじゃない。

店員の付き添いでコンビニへ金を下ろしに行った。

コンビニの良いところは、死ぬほど防犯カメラが設置され、常に人間がいる事である

これで、身の安全は確保。

飲み屋店員は外で待ってるらしいので、コンビニに入りすかさず110番

警察が来るまでに、何度も外で話しましょうと店内に言われたが断固拒否した。

で、警察を挟んでどうなったかと言うと、全額支払うことになった。

警察無能なのではない。僕が無能なのである

メニューには法外としか思えないサービス料や、一杯3500円の「おまかせ」が小さく載っていたのである

まったく見ていなかった。てか見るかこんなもん。

要するに、法に触れる部分はない。おかしいのは僕のほう。

から、納得するしかなかった。

もう、3万程度くれてやるよと思って、黙って店員諭吉を3枚押し付けた。そのとき店員セリフ面白いので聞いてほしい。

「困るんですよね、いちいちこういうことされると」

号泣してもおかしくない状況で吹いてしまった。

さて、池袋東口コンビニ前。飲み屋店員は去り、そこには警察官3人と僕。

池袋の駅まで、一人のおまわりさんが一緒についてくれた。

「3万あったら、美味い飯たらふく食えたよな」

と言うから、回らない寿司食べたいです。と返した。

友人と金を失った僕はもうおかしくなっていて、こうやっておまわりさんと笑いながら駅へ向かっていた。

敬愛すべき警察官に礼を言い、帰りの電車に乗って、ぼーっとしてたらいつのまにか自宅に着いていた。

テーブルの上には、母親が作り置きしてくれた、信用と安心の塊みたいなカレーライス

電子レンジでチンして、ボロボロ泣きながら、その世界一ウマいカレーライスを腹に流し込んだ。


ところで、彼はいトイレから出てくるのだろうか。

2018-05-25

ドラマ

http://www.cyzo.com/2018/05/post_163356_entry.html

正義のセ』安田顕の“良きパパ”姿に号泣する人続出も、保育園凶悪に書き過ぎて保育士からは苦情殺到!

虚構現実区別がつかないのはゲームをやってる子供に限った話じゃないよね

2018-05-24

anond:20180524114145

試合中にもかかわらずテントの中にひとり逃げ込んでで長時間号泣、に訂正の上お詫びいたします。

anond:20180524110601

良いじゃん幸せかみ締めろよ。

ってのは冗談として

ストレス溜まってんじゃないの?

泣きたいの我慢するのは良くないか

泣ける映画なりアニメなりみて号泣して来い。

2018-05-22

おっさんずラブ」が素晴らしすぎるから、長文で語りたい

おっさんずラブ」が凄く良い。

あと2話で終わってしまうからもっとみんなに見て欲しくて、熱く語るよ。

ざっくり言うと、ダメリーマン田中圭)とエリート営業マン(牧凌太)のボーイズラブに、部長吉田鋼太郎)と牧の元カレ武川主任眞島秀和)が当て馬的に横恋慕って感じなんだけど。

5話で牧の過去が語られることで、人物に深みが出て「愛」の深みが尋常じゃなく深まった。もはや、沼。抜けられなくなってる人も多いし、もっと沢山の人にぬかるんで欲しい。

まずさ。就活中はオドオド大学生だった牧くんが、入社後4年で本社勤務のエリート営業マンになれたのは、武川さんの導きがあったからだよね。

対して、ヘボリーマン春田入社10年たっても、にこにこ朗らかでいられるのは、部長の見守りがあったからだと思う。

ついつい、牧くんと春田恋愛事情を追ってしまうけど。この2人の裏には部長主任、2人のオッサンの愛があることが分かる。

部長は、10年かけて春田の良いところを伸ばし続けて、フォローしまくってきたんだと思うよ。ダメダメなところさえ、春田個性として潰さずに、大切に大切に守ってきたんだよね。そりゃ、「今のはるたんを作ったのはオレだ!」って言いたくもなるよ。

武川主任もさ。

牧が会社で自信を持って仕事が出来るように、丁寧に導いてあげたんだと思うよ。四年で本社勤務のエリート営業マンに仕上がったのは、本人の資質武川主任庇護の賜物。それより何より。真っ直ぐ目を見て春田に愛を伝えられる、今の牧になれたところが素晴らしい。

部長武川の注いだ愛は、同性愛でも何でもなくて。

子どもを育てているお母さんの中にも、部活の先輩にも、会社上司にも、みんなの中にある普遍的な愛だ。

からこそ、部長の愛を受け止め、それを振り切って牧を選ぶ春田を見て、部長の奥さん(大塚寧々)大号泣ちゃうし。「牧がいないとダメなんだ!返してくれ」とすがる武川には、見ているこっちの心が締め付けられる。

若者たちは先へ進む。オッさんの愛を置き去りにして。その残酷さが、とても美しく描かれてるドラマだと思う。

私は年齢的には、もうおっさん側の人間からね。見送る側の未練も分かる。そしてそれ以上に、置き去りにしてきた愛が古傷みたいに疼く。「あの時は、ホントにごめん」ってなる。

おっさんずラブ」は、そんなドラマなんですよ。老若男女問わず、全方位でみんなに見て欲しい。あと2話だし。

そして、制作部の人たちに。ステキドラマありがとう。この土曜日のためだけに、平日がんばれてるよ。

2018-05-17

anond:20180516150351

引き篭もってないでライブに行こう。

好きな曲を生歌で聞いたら感動するよ。曲によっては号泣する。

2018-05-08

ロケット花火

15年前の今日高校卒業をし一人暮らしを始めたアパートロケット花火が打ち込まれた。

犯人は今の嫁さんだ。

カーテンを開けたらロケット花火の束を持った山姥が号泣していて私は悲鳴を上げた。

失恋した直後でヤケクソになってめちゃくちゃ酒を飲んで泥酔した挙げ句の果てとのことで、本人はよく覚えていない。

といっても私と嫁さんの間にあるエピソードなんてこれだけで、後は普通に恋愛して結婚した。

2018-05-03

スラムダンクの謎

三井寿って学校辞めたわけじゃないし会おうと思えばいつでも会えたし学校内ですれ違うこともあっただろうに

なんで安西先生に会っただけで号泣ちゃうんだよ。

2018-04-28

リズと青い鳥よかったところさがし

ブチ切れ増田を書いて邪気が抜けたので良かったところさがし箇条書き

・むかついたらすぐラッパ吹きたがる高坂さんw

  ・リズ鳥のソロパートなのはみぞれの煮え切らなさがあーもう! みたいな(普通な絶対しないチョイスだけど空気読まない人なのでやっちゃうw 悪意ナシw)

  ・久美子はおそらく強引に誘われた側で「あー」(麗奈がそうなるのはわかるけど、吹いちゃうとまずいんじゃないかなーでもまいっかあ)的なw

  ・匂い立つ久美子のキングオブモブ

なかよし川の安定感パナイ

  ・作中もっとも強固な絆を持ってるんじゃないかというぐらいのケンカップルぶり

  ・慮りつつ言うべきときは言っちゃう優子と彼女の強すぎる正論フォローする夏紀

  ・同じ大学よかったですね最高かよ!

・ひと目でも見れてよかったサファイア葉月の掛け合い!

  ・微妙にいい伏線になってるのも味があって好き

・作中の良心を一手に引き受ける剣崎ちゃん! 梨々花ですぅ! とは言わない

  ・号泣ちゃうのは実は唐突感あるんだけど、あーこの子これだけ本気だったんだなあというのがすっと伝わってくる間のとり方すき。演出ゲロうまですわ

映像に関しては、見ている側が一意的な感想を抱かないように(見ているひとそれぞれの解釈を許すような)ゆらぎを敢えて残してある感じがよかった。演出家としての山田尚子はすなおにすげーなと思う

・音もすごかった。特に冒頭。あの違和感すら覚える過剰に作られた足音否が応でも見ている側を作品に引きずり込む。あそこは違和感と心地よさでこれから始まる物語への期待がわきおこってときめいた

2018-04-27

性的被害に遭ったというのは魅力の自慢なのか?

毎日満員の通勤電車会社へ行く。痴漢に遭ったことはない。

業界男性9割の会社で働いている。セクハラされたことはない。みんないい人たちだ。

別れを切り出した時に号泣されたことがある。でもスパッと関係は切れた。

(私はまだ独身だがその時の彼は結婚して幸せ暮らしているようだ。)

見ず知らずの他人性的対象として見られたことがない女は

性的被害に遭ったことのある女性の本当の痛みはやはり分からないなと思う。

女性として魅力があるからそういうことされるんじゃないの?

ともちろん口に出すことは絶対にないけど頭を掠めてしま自己嫌悪する。

2018-04-26

リズと青い鳥があまりスッキリしなくて気持ち悪い

あー気持ち気持ち気持ち悪。

なんだこれなんだこれなんだこれ。

まりスッキリしなくて映画館でてからも身震いのような気持ち悪さが引かず肩を縮こまらせてみたり腕を拭ったりぴょんこぴょんこ跳ねてみたけどそれでも気持ち悪い感覚が引かず最寄りの喫茶店に駆け込んでカフェラテを飲みながらこれを書いてる少し落ち着いてきた。

 

観客を楽しませる気ねーだろ山田尚子ちょっと失望したぞオイ。

アニメ映画に限らずエンタメであることが求められるこのご時世にこれだけ監督気持ちいいもの垂れ流しました的な物語劇場公開できてかつ絶賛されてるのをみると世の中健全だなあというか捨てたもんじゃないなあと思うけどやっぱ許せそーにねーわっていうか辛い(言えたじゃねえか)。

 

こっからネタバレ

 

でまあ何が気持ちいかっていうと希美なんなのアイツってことなんだけど。

本音言わないにもほどがない? ずっと嘘くせー笑顔うかべてるしさあ。一番「あ、こいつキチガイだな」って思ったのは優子がキレてるところでもニヘラヘラしてたところだな。あそこは普通な申し訳ない顔をするなり逆ギレするなり何なりリアクションがあったはずなんだよそれを普段と変わらない笑顔でやりすごすとかさすがに何なのコイツってなるわ。

そういう本音を一切語らない希美が描かれた末にみぞれが羽ばたいてあーこっから変化きますわ変化って思ってたら何も起きずむしろ語らなさが強化温存されてENDってさすがにねーわ音大行くのやめたのみぞれにけっきょく言ってねーだろ何だコイツ

それでもメタ的にそれを指摘するパースペクティブが用意されてるならいいんだけど(嫌だけど)でも作品として「disjoint→joint」ってやっちゃうわけじゃん。いやこれで解決されてるとか主張するのはさすがにソシオパシス疑うわwww

 

もう少し話を整理する。

 

この話はTVシリーズからずっと続いていたみぞれ希美に対する一方通行的な気持ちにどう決着をつけるかって話だ。

みぞれ希美に対してオンリーワンだけど、逆はワンオブゼムにすぎない。お互いがお互いに抱いている感情等価ではないという問題はこのふたりにずっと横たわっていて、TVシリーズ2期の序盤でこれを取り上げることによって一定解決をみた(が、実はTVシリーズ視聴者を慮ってか原作に比べてかなり手加減したつくりになっている。原作ではこの落差を青春が持つ残酷さとしてストレートに描いており、解決がつくどころか希美無理解さが強調されるエグみを持っていた)。

さて『リズと青い鳥』においては同名の架空海外小説とそれを原作とした吹奏楽曲を補助線とすることでふたり距離に改めてスポットを当てている。

リズと青い鳥』はひとりぼっちリズのところに彼女を哀れんで青い鳥少女となってやってくるという話である最初ふたり幸せに暮らすが、リズはやがて少女青い鳥だと気づき彼女は大空を自由に羽ばたくべきだと主張する。ひとりぼっちからといって己が鳥かごになって大空を自由に飛べる青い鳥を閉じ込めることは許されないというわけだ。それはリズの愛である青い鳥はそれを悲しむが、リズ気持ちに応える形で大空へと旅立つ。

当初みぞれリズ自分を重ね合わせる。闊達で皆の中心にいる自由希美を遠くから眺め、自分なら青い鳥を手放しはしないのに、リズ気持ちはわからないと言う。だが臨時コーチ新山との対話の中で、青い鳥リズの愛に応える形で飛翔することへは理解を示す。良かれとおもって彼女の元に来たことが却って彼女を苦しめるなら大空へと羽ばたく姿を見せることをもって彼女幸せにするのだ、という解だ。だがそれは現実みぞれ希美関係にはそのままオーバーラップしない。

吹奏楽リズと青い鳥』においてみぞれオーボエ希美フルートはそれぞれソロパート担当する。曲の成否を決める重要パートだ。だが希美クオリティが低く、みぞれ無意識的にそれへ合わせることで滝も麗奈も納得しない出来になっていた。それをみぞれが「羽ばたく」ことで解消する。しか希美リズじゃない。覚悟を決めて申し出たリズと違って、希美にとってみぞれの「羽ばたき」は寝耳に水で目をそらしていたみぞれ自分との力の違いをまざまざと見せられることになってしまう。希美みぞれに「手加減してたんだね」「みぞれはすごい。自分のような凡人とは違う」と醜い感情をぶつける。ここまでは理解できる。が、ここから先がないことは理解できない。事件は起きた。が、解決とまでは言わないまでも変化がないことは理解できない。みぞれ希美関係は、あのなんか表面だけを取り繕っている妙な関係に戻ってしまうのである。本当に理解できない。

希美音大進学を諦めたことは参考書を借りている描写からもわかる。くどいほどに強調されていた希美が一歩先を行きながらみぞれといっしょに音楽室に向かっていた今までから希美図書室に勉強へ、みぞれ音楽室に練習へ行っていることからも道が分かたれたことは明確に描写されている。

だが音大進学をやめたことを伝える描写はないし、おそらくみぞれもそれに気づいていない(それぐらいノーリアクション)。希美みぞれの目の前で参考書を借りているし、練習したみぞれ図書室で勉強していた希美と落ち合ってお茶して帰る描写があるので、現象として「希美音大進学あきらめた」はみぞれの目の前で展開しているのであるが、みぞれはノーリアクションなのでやはり気づいていないと考えるべきだろう。気づいてなお普段を演じているのだとしたら、希美以上にみぞれがぶっ壊れている(付言しておくと図書館が普通科大学音楽室が音大暗喩し、それぞれを出て合流してお茶するところが、道が別れても一緒にやっていけることを暗喩してはいる(映画けいおんセルフオマージュ感はあった)。しかしそれは言葉だけでそう表現されているに過ぎず、何も解決されていないことから額面通りに受け取ることはできない)。

事件は起きた。が、変化が起きないどころかお互いの距離無理解が強化温存されてしまった。それなのに「disjoint→joint」とやってしまうのは、さすがに気持ち悪いとしか言いようがない。

 

ちなみに音と映像ちょっとヤバイぐらい良かった。

ただ歩いてるだけであんな音はぜってーしねえと冒頭からツッコミ待ちな辺りそうとう振るっている。音がもたらす強烈な違和感によって、アニメーションからこそ描き得る「体温」とでもいうべき何かが嫌でも強調され、作品表現したい内容がプリミティブな形で視聴者の前に突き出される。

映像にしてもそうである。潤む瞳や流れる髪などアニメーション的誇張を重ねて表現された絵は、アニメーションであることの自覚ぬきに成しえない。アニメーションからこそようやく可能表現に挑戦した意欲作だと言える(アニメめぞん一刻』において、五代が「なんで泣くんだよ。なんで……」と言った響子さんの涙を思い出した。あれもアニメでなくては表現できないし、成立しない映像表現である)。

 

結論:「みぞ先輩」呼びしてくれる後輩ちゃん天使

 

 

■2018/4/28追記

https://anond.hatelabo.jp/20180427225401

いやいや。

希美内面を表情に出さな本心を語らない(いつも嘘くさい笑顔をはりつけている)キャラクタとして設定されていて、その強調として彼女を中心とするクラスタが表面的な付き合いに見えるような描写は繰り返しされている(むろん希美にはみぞれ以外の友人が沢山いる、希美しかいないみぞれとは違って、というためのものでもあるが)。

みぞれの後輩である剣崎梨々花が「先輩といっしょにコンクールに出たかった」と号泣するのはそれとの対比であり、畢竟、希美みぞれ及びそれぞれのキャラクタの周りにいる誰が本心を語っているのかということを浮き彫りにするためにほかならない。

優子に詰められた時の対応などを見ても、希美が(本心を語らないという意味で)信頼できない語り手登場人物として描かれていることは疑いようがない。そこから彼女が「変化」したと捉えうる描写もないため、増田が「濡れ場」と称する場面でも彼女の表情や言葉額面通りに受け取ることはできない。

そもそも原作ユーフォは、みぞれ希美がそれぞれ相手に寄せる好意の量の差異を赤裸々に露わにし、青春とはかくも残酷なのだ描写した物語だ。物語がその残酷さに直面したとき原作においては久美子が「うわこれキッツ」というようなリアクションを密かにすることで、それをどう物語として扱うかというパースペクティブが用意されている。が、リズと青い鳥にはそれがない。

希美相談なく吹部をやめたことでみぞれはショックを受けた。相談がなかった、知らされなかった、自分はその程度の友人でしかないのだという事実彼女を傷つけた。希美音大やっぱやんぴはそれの繰り返しであり二度目だからこそ余計につらいわけ。だから優子はキレた(なのにニヘラヘラしてやりすごす希美!)。じゃあ実際みぞれがそれを知ったとき彼女はそれをどう感じるのか、ということは「食事トイレに行」く描写があるかどうかとかとはまったくもって次元の違う、映画において回避すべきではない描写にもかかわらず映画はそれ回避してしまう。ずいぶんと不誠実ではないか

みぞれ最後オーボエを続ける選択をする。それをどう解釈すべきか。

みぞれ希美といっしょにいるためにオーボエを吹いていた。一歩下がってついていくようなみぞれ希美に嫌われたくない。だからオーボエも、希美に合うようにもっと言うなら彼女を超えないように抑えられていた。鳥が自由に羽ばたくところを見れば、地べたを這いずり回るしかない人間はあるいは鳥を嫌いになってしまうかもしれない。そういう恐れを鳥が抱いても不思議ではない。だが青い鳥は、リズに励まされ、大空を舞う。翼はもともと持っていたものだが、リズの励ましによって青い鳥はもういちど空を自由に舞うことを選択する。それこそが、あなたわたしに望んでくれたことだから。だからこそ大事にしたい、続けたい。

という読みが妥当だろうが、納得してそう受け取るには希美音大に行くことをやめたと知ったみぞれ描写なくしては無理だし、リズ青い鳥を支えたように希美みぞれオーボエを支えると口にされても、希美への信頼がゼロなのでそれは難しい。そういった明らかな構造的不足を映画無視したまま終わってしまうので、信頼もへったくれもない。

ところでこういった感想は、映画を見て心で感じたことを言語化して初めてでてくるものであって、「小難しい理屈」などでは決して無い。ということぐらい最低限理解してからコメントをつけるべきだろう。

2018-04-18

出会い系サイト買春した知事が辞めるそうだが

罰則がないとはいえ、買春が一応違法行為から辞めるのか。

それとも、出会い系サイトなんか使っちゃってるのがバレて恥ずかしいから辞めるのか。

もう、ハッピーメールが使えなくなって生きる希望が無いから辞めるのか。


俺なら上記より、前日の会見内容(無意味号泣)の方がよっぽど恥ずかしいけどな。 

泣くなら号泣議員のようにきっちり笑わせてくれ。 泣きの意味も分からいか記者もキョトンとしてたぞ。

しかし、出会い系サイト買春とか糞だな。 これで買ってた親父たちがビビッて辞めてしまったら、需要が減って若い子が困るだろう。

しょうがいから、俺が手伝ってくる。

2018-04-06

0歳6か月の赤子を育ててるんだけど

とても言い辛い事なので、匿名ブログで言わせてください。

赤子可愛い!!!

子育て楽しい!!!!!

半年って、寝がえり→寝返り寝返りって、ゴロゴロ移動し始めて、本人も生きる楽しさを見出し始めて、見てるこっちもほっこりするし、うまく動けなくて泣いてても、泣いてるかわいい~~~~!!!!ってほっこりするの!可愛い!!!

眠たいと、すぐキレて号泣するの。ウケる

お腹すくと、泣くんだよ!!かわいい!!!

でも、おむつうんこまみれなのに、笑顔なの。そこ泣いて知らせて!!!

あとおむつ替えてる最中に最高に大量のうんちだしてくるの。

人のケツの穴から、ゆる~いうんちが、ゆっくりと出てくる光景、なかなか見れないよね。

布団うんちまみれ。マジかよ!って叫んでるのに、本人笑顔なの。かわいい。許す。

ツイッターとかで、育児本当に大変って、仕事育児だと育児の方が大変なんだからって、そういうのが主流で、大変なお母さんが、お母さん春闘をしているときに大変申し訳ないんだけど、本当に、育児楽しい

二人目だからなのと、多分この赤ちゃん比較的とても楽な部類の子からなんだと思うけど。

これから夜泣きとかで大変なのかな。

夜寝てくれないのかな。今は3~4時間おきにおっぱい上げれば寝てくれるからすごい楽。

夜中にこっそり起きてリビングの床に筆ペンで絵を描きまくって、ノリとテープを貼り付け食器をまき散らして「ゴジラ破壊された町です」って芸術披露したりしないから、マジで楽。育休前の妊娠8か月(まだ仕事中)にお兄ちゃん三歳にやられたとき悲鳴上げたよ。

こんな可愛い時期に仕事しなければいけない旦那かわいそう。

かわいそうすぎて、「半分育休交代する?」と聞いたんだけど、「交代して、同額稼げるの?」と言われてしまった。

喧嘩うったつもりじゃないんだけど。

育児大変だからやってみろって意味じゃなかったんだけどなぁ。

本当に、すごく、かわいくて、一緒にいれないの勿体ないから、交代する?って聞いたつもりだったんだけど。

本当にかわいい

別に育児ブログとか漫画描いたりまではする気はないし、その時間もないんだけど、とにかくなんか言いたくなったので、匿名ブログに書かせて頂きました。

2018-04-02

おめでとうと言いたかった、梶山朝日くんというアイドルの終演

はじめに、自分梶山朝日くんの担当ではありませんでした。

今更こんなことを書くのは、たくさんのジャニーズ二次元三次元わず

アイドルが終わっていくのを見て、私も区切りをつけなければならないと感じたからです。


私はもともとデビュー組の、梶山くんよりもずっとずっと先輩の人が担当で、

梶山くんは「Jr.の中じゃ一番応援してる子」でしかなかった。

自担のことはほとんど崇拝に近い応援をしていて、とてもとても好きなのだけれど。

でも、なぜか今もこんなにも悲しい。

私は、梶山くんの最後舞台を一度も見ることな梶山くんは去っていった。

最後に見たのは夏、サマステ

正直EXシアターはライブハウスからジャニーズを見るのなんて向いてないのだけど、

それでも単独公演ならばと幾度か足を運んで、

バルコニーから繋がるように背面にもステージがあって、

後ろのほうがファンサもらえるんだなあなんて思った記憶がある。

梶山くんの、いつでも真剣に取り組んでいる姿が好きだった。

ターンしたあとのドヤ顔が好きだった。

いろんな場面で頑張ってTJポーズアピールしているところが好きだった。

楽しそうに笑顔で踊るところが好きだった。

でもかっこつけずに、全力で笑ったりするところが好きだった。

マステのとらじゃ最終日、美勇人最後の日だったから、

終演後に周りのファンはみんな泣いていて、泣き崩れていて、

友達のことを励ましながら私は、悲しいと思うけれどどこか他人事のように見つめていた。

ジャニアイのことは、チケットは外れたし湾岸チケットは持っているし、

内容的にも今回は見送っていいだろうと思ってレポもほとんど見ずに毎日を過ごしていた。

その辺りから不穏な噂は、ゴシップに疎い私の耳にも届いていた。

信じなかった。信じないようにしていた。

くだらない噂を信じ込んで、梶山くんのことを汚したくはなかった。

でも忘れもしないジャニアイの千秋楽

私はすべてを後悔する。

今、時間を巻き戻せるとしたらいつの梶山くんに会いにいくだろう。

初めて見たとらじゅクリエ

情熱の一夜を踊るプレゾン

最年少で14歳梶山くんが私に手をふってくれたこと。

始まったABC座2017、夢のハリウッドなんてまさにABC座で歌うためにあるんだろうという曲、

梶山くんの立ち位置けがぽっかりと空いていて、

美勇人もいなくてそれでも楽しく明るく歌って踊るTravis Japanがそこにいた。

私は静かに泣くしかなかった。

舞台には何度か入ったけれど一度も夢ハリをまともに見ることはできなかった。

なんなら、ずっとA.B.C-Zの出番であればいいと思った。

Travis Japan現実を見なくて済むのだから

結果、10月でじゅうぶん打ちのめされた私は湾岸チケットを手放した。

もっと、今のTravis Japanを愛せる人が見にいくべきだと考えたから。

年末自担を見にいったカウコンで、いくつかのJr.ユニット名がでてきてとても胸がざわついた。

そして思いがけずとらじゃがでてきて、東京ドームステージで踊るなんて、

私は、梶山朝日くんがここにいたらどんな表情で踊っているだろうと考えて、

きっとクールな顔よりも、とびきりの笑顔で踊っているすがたまで見えてしまって、

自担に会えるのは年末最後だと整えたメイクがとけてなくなるくらい泣いていた。

某Gのペンラとうちわを持っているくせに、とらじゃで号泣している女なんて不審に思えただろう。

でも東京ドームという舞台は、誰よりも梶山くんにふさわしかった。

ダンスが、笑顔が、歌が、梶山朝日というアイドルが、かけがえなく素晴らしいものだったからだ。

私は梶山くんの終わり方は決していいものではなかったし、批判されて当然だと思っている。

現実ファンを打ちのめし、悲しませ、そしてなにより唐突だったからだ。

もう二度と、あんな辞め方を誰にもしてほしくはない。

梶山くんのことを好きにならなきゃよかったなあなんて、思うことだってある。

それでも、記憶の中で君はきらきらと踊っているから、私は許してしまう。

さて、梶山朝日くんは今、幸せでしょうか。幸せに、なったのでしょうか。

もう知る術はないけれど。

梶山くん、私に手をふってくれてありがとう

笑ってくれてありがとう

私の中で君は、いつでも輝いていて、見ているとわくわくするような存在でした。

自担は初めて知った時にはすでにデビュー組で、たぶんもうアイドルを辞めないと思うから

私はしあわせにあぐらをかいていたのかもしれないね

あんなにTravis Japanを、Travis Jr.を愛していた梶山くんがまさかいなくなるなんて思ってもいなかった。

踊るとアイドルで、笑うと最年少で、喋るとバカ男子梶山くんをずっと応援していたかったんだ。

とらじゃからひとりずつ欠けていくメンバーに、不安に思わなかった日なんてない。

それでも梶山朝日くんは、グループ終焉までいるんじゃないかと思っていたよ。

何を探してもアイドル梶山朝日くんはもういない。

一足先に終演の幕を、自分の手で降ろしてしまった。

君は自分の決定に、後悔する日がくるのでしょうか。

それでもずっとずっと幸せにいてくれますようにと願うことくらいいいかな?

Travis Japanはもう前を向いている。私も新しい気持ちで、あのこの面影があるTJポーズをしようと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん