「沖田総司」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 沖田総司とは

2019-06-10

anond:20190610091202

横だが幕末志士たちの話題ででキャっキャにぎわう女の子たちの横で空気読まずに「沖田総司の顔ってこんなんだったんだよぉ~」とか言ってそう

2019-03-19

自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ

マンガに「自分ツッコミである認識している」キャラクター最初に登場したのはいつ頃・どの作品なのだろうか。

もちろん役割としてツッコミ的な位置にいるキャラクターは昔からいた。

マカロニほうれん荘のきんどーさんやトシちゃん対する沖田総司、『がきデカ』のこまわり君に対する西城くんのようなキャラクター達だ。

ただ、彼らはどちらかというとツッコミ役というよりはギャグキャラクターに比べて性格常識的で、ギャグキャラクター言動に振り回されたり驚いたり文句言ったりする位置づけであり、ボケとツッコミという役割分担であるという認識キャラクター自身にはなかったように思う。

赤塚不二夫あたりまで遡ると常識的人物は少なくなる。(バカボンママとかは常識的性格だが、作品内でのツッコミ的な行動は沖田総司や西城くんと比べて少なく、バカボンのパパのとんでもない行動がそのまま突き進んで話が終わることも多い)

個人的記憶しかないが、ギャグマンガ単語として「ツッコミ」が出てきたのは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(以降『マサルさん』)が一番最初だが、もちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないだろう。

それに『マサルさん』でもキャラクター(ふーみん)自身最初から自分ツッコミである認識していたわけでもなく、マチャ彦に言われてからだ。

なんというかふーみんは他者言葉によってツッコミキャラに目覚めた感じだ。啓示あるいはパッション

マサルさん』はお笑い芸人的なノリをマンガに持ちこんだ(個人的記憶では)最初の例だが、これももちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないのだろう。

おそらく「ツッコミ」という単語最初使用したマンガと、お笑い芸人的なノリを最初に持ちこんだマンガと、「自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ最初に登場したマンガはそれぞれ別なのだろう。

それほどマンガをたくさん読んでいるわけではないので、このあたり詳しい人がいたら教えて欲しい。

2018-04-23

youtube動画備忘録

https://www.youtube.com/watch?v=fhdI8qbLACk

流行りのバーチャルyoutuberと見せかけて、ほぼ静止画男子高校生の心の叫びこだましている。

見ると童心に帰るので続けてほしい。



  • #0 Hello, I'm Hatoba Tsugu

https://www.youtube.com/watch?v=xXaLxqYlRNk

これはvertual youtuberじゃなくてvertual youtuberを下敷きにしたMMD劇場といったほうがよい。

この娘に対して「かわいい」という感情を抱いてしまうことにいささかの罪悪感を感じる。

このまま深夜アニメにしてほしい。



  • ASMR Cosplay Top Relaxing Triggers

https://www.youtube.com/watch?v=4EhuzNjLxdg

中国人少女FGO沖田総司コスプレをしながらバイノーラマイクをイジったりしている。

耳も目も癒やされる。

中国人韓国人動画はあるので、いまなら大御所になれる可能性があるので日本人もこの路線動画投稿してほしい。

正直、日本語で囁かれたい。




https://www.youtube.com/channel/UC1tgC4ScNTj-C-TYluwfomg

高画質顔出しのバイノーラルで囁く日本人。他にもしっていたら教えてほしい。

ハロウィン動画コスプレしているので良い。

2017-09-26

土方歳三沖田総司!どの武将と一緒に戦う?

武将じゃないじゃん。

2017-08-05

fgo

ポールバニヤンは男なんだが。

元にした人物性別は彼らの魅力と関係しているのに。

いい加減、よくわからない理由でホイホイ女体化するのやめてほしい。

追記:

fgopixivを見ていれば嫌でも目に入りますソシャゲ課金も一切していません。そういった金を落とす層に受けがいか性別とか変えているんだろうけど、

知っている偉人童話人物が好き勝手に改変されているのをpixivランキングで見かけるたびに不快気持ちになります

すでに知名度がある偉人などを利用して、儲けるために性別まで反転しているのは原作をなかったようにしているようで、それなら原作名前を使うなよと言いたくなる。

沖田総司フランケンシュタインモードレッドアーサー王といい、名前だけ借りたハリボテにしか見えないから、いっそ改名してほしい。

2012-10-01

日本三大「夭折天才武将選考

基準

実績・人気・年齢の三つから考える。

実績については、史実よりも、(講談なども含めた)後世の評価を重視する。

没年齢については諸説あることが多いが、

数年程度の違いであれば特に気にしないことにする。

候補



選考

義平。候補中では最も若いが、人気が無い。せめて為朝クラス伝説があれば。

義経。実績・人気は抜群。没年齢も三十なら十分だろう。当確

正成。実績・人気は抜群だが、歳を取りすぎている。

顕家。実績・年齢は文句なし。知名度が低いのが難点だが、有力候補。

盛安。戦国武将枠として入れてみたが如何せん知名度が低すぎる。

幸盛。実績・人気ともに十分。年齢はやや苦しいか。有力候補。

幸村。戦国武将では最も人気のある一人。だが候補中では最年長であり、選出には無理がある。

総司。人気は抜群だが、武将ではないのが痛い。「夭折天才剣士」であれば当確なのだが。

晋作。人気があり、年齢も問題ない。維新前に死んだので実績面で弱い。有力候補。

結論

暫定で「源義経」「北畠顕家」「高杉晋作」を選んでおきたい。

引き続き貴公の意見を求む。

2011-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20110220172439

思い切ってパッションで生きてみるとかどう?アンリ・ド・ラ・ロシュジャクラン (フランス革命期のヴァンデの反乱の指導者) を目指す方向で。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~french/cham/henri/index.html

勇敢で頼りになって、優しくて敬虔で、皆から慕われ、美貌の持ち主。ここまでなら沖田総司をはじめ、似たような例がないでもありませんが、ここに「泣き虫」が入ってくると大きく変わってきます

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん