「干渉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 干渉とは

2019-04-18

anond:20190418030830

元増田です。考え足らずや不適切表現を指摘してくださって、ありがとうございます

かに上野千鶴子発言は「オタク」の見えやすいところだけしか見ていなかった迂闊なものだと思います。また、当時のオタクとして発言する人と現在のそれが同じだとは、私も考えていません。むしろ、目立つ人が入れ替わったからこそ、当時の文脈が落ちてしまったのではないかという主旨のつもりでした。

オタクの変化については、以下のように書けばよかったでしょうか。

===

当時オタクを自認する論者には、非オタからの「本当は現実女の子恋愛したいのでしょう。」という類の勘ぐりに対して、強く否定して二次元独自価値を説く者が目立った。特に発言しないオタクの中でもそれがマジョリティだったかは分からない。

現在オタクを自認する論者には、同時にKKOも自認し、現実でも女性から承認とその証としてのセックス等を求める者が目立つ。そのような現在の論者が、時代の違いを勘定に入れずに上野批判をしているのではないか特に発言しないオタクの中でもそれがマジョリティであるかは分からない。また、当時も現在も一貫して上野批判をしている人も当然いるだろう。

===

以上なら、まだマシでしょうか。

申し開きをさせていただくと、一番言いたかったのは、オタクな論者の変化よりも、

当時は非オタからの「二次元など構わず現実の女とつがえ。さもなくば異常者だ!」という圧が強くて見合いだなんだの余計なお世話が多かった。それに比べれば、冷淡な突き放しであっても干渉するなと非オタをいさめてくれる分だけ、上野はマシだった。

ということです。当時としてはマシだっただけで、批判されるべき点がいくつもあることには同意します。(私個人としては上野は嫌いなくらいです。)ただ、上野が突出してオタク敵対してきたことの象徴のように当時の発言を扱うのはピントがずれる、それでは効かないし本当に批判すべき対象を逃がすかもしれないと考えるのです。(念のために申しそえると、元増田さんがそう扱っていると断ずる訳ではありません。)

他にも論点を示していただいているのですが、長くなりますし、また改めてお返事したいと存じます

2019-04-16

男性として生まれ特権放棄せよ

東京大学入学式における上野千鶴子氏の祝辞が大変話題になっている。

上野氏の祝辞の内容について、簡単に要約させてもらうと、以下の用になるのだろう。

東大合格者の8割は男子学生となっている。これは社会の中の目に見えない差別作用した結果なのだろう。あなたたちは自分の実力以上に、男性として生まれ特権によって合格することが出来たのだから、それを忘れないようにね」

実際に上野氏は「特権」という言葉は使わず、「環境」という言葉を用いているが、まあ同じ意味として捉えていいだろう。

このようなことを直接言われたのだから、新入生たちも父兄もいい気はしないだろう。

しかしここで気になったのは、世の中に「男性特権」は本当に存在しているのだろうか、ということである

建前としては憲法第14条で男女平等条項は既に存在していて、男性に生まれただけで特権を持っていると言われてもピンとこない。

日常生活レベルにおいては、男性の方が有利な事象は確かに多い。

仮に、男性特権が多く存在しているとしても、それを是正するというのは途方もない労力と時間がかからないだろうか。

上野氏が祝辞の中で述べている「息子は大学まで、娘は短大まで」の個所であるが、これを是正するとなると、個人思想信条主義主張まで干渉することになる。

それに私が「上野氏は逃げている」と思っていることとして、男性特権放棄する代わりに、男性側にとって一体何のメリットがあると言うのかということである

下方婚増田ではないが、女性経済力負担してくれるのか?

今後日本徴兵制が再導入されたら、女性平等徴兵されるのか?

上野氏はじめ、世の中のフェミニスト達の答えを聞いてみたい。

自分毒親にならないために

毒親」という言葉をためらいなく使うなら、間違いなく私の親は「毒親」だ。

でも、「毒親」という言葉自分が毒されてしまったみたいな悲しい気持ちになるから、「強烈な親」と普段は言っている。

まあ、でも一般的基準から言えば「毒親なのだろう。

自分の色々な困難(身体的な病気とかウツとか)をネタ記事を書くことはあるけれど、親のことはどうしても書けない。

自分の生きづらさの原因を親に全部押しつけているみたいで悔しいから。

でも、今回はどうしても記事にしたかった。それは、自分の親がどれだけひどいかを主張したかったのではなく、自分自身が毒親にならないように備忘録を作るべきだと思ったからだ。

つい先日「ああ、こうやって自分毒親になってしまうのかな」とゾッとする出来事があった。

そのエピソードを書く前に、まずは親の「強烈エピソード」をまとめてみる。

とにかく肉体的・精神的な虐待は当たり前、それに加えて過保護と過干渉

肉体的な虐待でいえば、小さい頃は成績が悪いと殴られる、蹴られる、髪を引っ張って家の中を引きずり回される…からの真っ暗な押し入れに閉じ込められてご飯抜きだった。

小学校高学年のとき勉強が終わるまでトイレにも行くなと言われて、家で粗相をしてしまたこともある。未だに忘れられない。

引きずられたせいで変形してしまった体の部分は、ずっとそのまま。

精神的な虐待でいえば、「あんたの精神腐ってる」「キチガイ」「心の大事な部分が欠けてる」「私を困らせて、殺したいの?」「あんたに私の血は入ってない」「あんの子育て楽しくない」「あんたみたいなヤツに育てられる子供がかわいそう(私は未婚で子供もいない)」などなどの声かけ

でも、過保護・過干渉からあなた心配して…」「あなたのためを思って…」と言うから、ああきっと私を思って厳しくしてくれているのだと感謝さえしていた。

実際、大学に入るまで自分の親が最も正しいと信じて何も疑わなかった。

ふと「おかしいな」と思ったのは、大学生になってからだった。なぜか大学3年生(20歳くらい)になると殴られたりしたとき記憶フラッシュバックするようになった。

『きみはいい子』という映画を見て、虐待シーンでパニックになって大声で泣いた。

当時、つねられて青あざが腕にできると、「先生に聞かれたら、タンスにぶつけたと言いなさい」と言われて、そのとおり先生に言ったこと。全部フラッシュバックするようになった。

友だちや社会人の先輩、親と同じくらいの大人にもたくさん相談した。

それでやっと「うちの親は強烈なんだな」と自覚した。今までの生きづらさの原因のひとつが親であることも理解した。

もちろん親を責める気持ちに取り憑かれた時期もあったけれど、人間そんなに長くは過去のことに腹を立ててはいられない。

未来の、これからのことを考えなくてはならないと思ったとき、「自分と同じような思いをする子供を減らすためには…」ということを考えた。

そして当然行き着くのが、「自分子育てちゃんとできるのだろうか」という怖さ。

ネット虐待毒親のことを調べると、必ず「自分も親のように同じことをしてしまう」と書いてある。

いわゆる「世代連鎖」というやつだ。確かにうちの親の親もなかなか強烈だったみたいだ。

愛情の示し方のお手本が親しかいないから、自分も同じような愛し方をしてしまう。

愛する相手子供だけでなく、恋人や友人も含まれる。

私は恋愛もそのほかの人間関係もとても下手だ。親のように支配的になってしまう。

でも、運良く比較若いうちにそのことに気付くことができた。そうしたら、そのために頑張るしかない。自分自分愛する人たちを大切にするために。

まずは親から離れようと思った。でも持病のせいで体調に波がある。とりあえず1人暮らしをしてみたが、準備不足でもちろん続かなかった。

余計に体を壊してしまった私は、また親元に戻ることになった。

からひどいことを言われると、そのたびにどうしてそんなことを言うのかと傷つき、反発した。途中でうつ病にもなった。

でも、そんな私も何とか独り立ちできる見通しがついた。それがつい最近。そして、独り立ちしようとする私と親はもちろんぶつかる。

「どうして、わざわざ家を出て行くのか?」「『結婚するタイミングで家を出て、養ってもらう』という普通な道を行かないなら、一切応援しない(そもそもそれって普通なのか?)」

「困らせてばかりだ」「育て方を間違えた」「どうしてうつ病なんかになるんだ」「何様だ」「普通に家族大事にできないのか」

うつ病聴覚過敏を癒やすために静かな場所で働きたい。体が弱くても自分で自立して稼げるようになりたい。

そういう気持ちで頑張ったけれど、こんなふうな声かけをされると一気に気持ち萎えしまう。

「なんかもういいや。傷ついたり反発するのやめよう。」

そうして「忘れる」のと「慣れる」ことを覚えた。

自分から謝った。「言い過ぎてごめんなさい」と。私はなんにも言ってないけど。

今までで一番気持ちの切り替えが上手く出来た。もう慣れっこだな~なんて思った。

これが今回のゾッとしたエピソード

かに楽だった。だけど、これってすごく恐ろしいことだと後で気付いた。

から投げかけられる強烈な言葉に、慣れてしまって麻痺しているけど、慣れていい言葉じゃないんだと思う。

キチガイ」とか「ブス」とか「あなたの子育て楽しくない」とか「精神腐ってる」とか子供に言うことは、当たり前じゃない。

でも、傷つくことに慣れてしまうと、「傷つく基準」がどんどん下がる。

ということは、他人が傷つくと想像できずに、無意識に傷つけてしまうかもしれない。

きっと「お母さんだってこれくらい言われて育った」と子供に言ってしまう。

慣れることの怖さに気が付いて、ゾッとした。

よく私の親も「これくらい私も言われた。なんならもっとひどいことをされた。」と言っていた。

こうして、「傷つくこと」に麻痺していって、「世代連鎖」が続くのだ。

そういう意味では、私の親も私と同じように自分身を守るために、感覚麻痺させて傷つかなくなってしまったんだなとかわいそうにも思った。

自分の親が「毒親」だと気が付くと、「感覚麻痺させる」という選択肢ができなくなる。自分絶対に親のようにはなりたくないから。

そうすると傷つかなくてはならないし、生きづらくなる。だからしんどい。

でも、どこかで誰かがこの連鎖を止めなきゃいけない。同じように誰かを傷つけないためには。

から今日も私は傷つく。傷つけられることに慣れない。

それが自分を大切にするということだから愛する人たちを大切にするということだから

anond:20190416154027

楠木は「同じ思想」じゃないよ?バリバリ表現規制派。

ガイドライン」「禁止」。これが奴の醜い欲望のすべて。

タバコの件でいやな思いした」といいながら他人表現毀損する宣言。「同じ思想」のわけがない。

そして戦争などしたくない。

フェミが男たたき、オタクたたき、表現攻撃などの先制攻撃をしてこなければ戦争は起こらなかった。

黙ってやられる気はないよ。

からでも向こうさんが手ぇついて謝って、「二度とやりません」といや干渉する事もない。

2019-04-13

猫を良いように扱いたい人たち

私は猫を飼っている。生後間もない頃母猫に放棄されていたところを保護し、2、3時間おきのミルク排泄の世話温度管理すべてやった可愛い子が。

その我が子のため二匹目を迎えることを検討している。しているが、絶賛頓挫中だ。

それは保護譲渡の条件に二の足を踏んでいるからだ。

先日も猫の里親募集してる人たちの狂気 https://anond.hatelabo.jp/20180706031659

というエントリーがあったのが私としては記憶に新しいのだが、正直私の悩みも保護ボラさんの行き過ぎたプライバシー侵害と過干渉についてである

譲渡条件を満たすことは可能だが、いやなのだ。はっきり言って。

普通人間感覚としてはそもそも他人を家に上がらせる、というのがもう無理だ。拒絶反応が凄まじい。単身者となると防犯上の都合から一番やりたくない事であるのは分かっていただけると思う。

なかに訪問中に写真を撮りまくる人もいる。もういっそ犯罪計画でもしてらっしゃるのかという執念の入れ方である

虐待防止のため~とはよく言うが、冷静になってほしい。動物虐待する人間=部屋がヤバいではない。いっそそういう異常者の方が外面がよく人にはよく見せたがるものだ。だからこそ過去猫を里親に出し虐待、というトラブルが相次いだのでは?

過去自分たちの失敗からくる不安未来里親に擦り付けるのはやめていただきたい。

また、収入証明預金の開示。それから職業開示。はたまた恋人関係結婚がどうだこうだと。

どこまで管理すれば気が済むのだろう。本当に猫を手放す気はあるのか?

私にはもうどの団体さんも自分の猫を変わりに世話してくれる奴隷募集をしているようにしか思えない。

細かな定期連絡、定期訪問を条件にされたときにはもうご自分で飼われては???

心境はそれ一色である

そして行き着くのは里親疲れるな…ペットショップ(またはブリーダー)から迎えよう…という当たり前の心理による行動に対するヘイト活動である

https://lite.blogos.com/article/313427/

HIKAKINさんが猫をペットショップで購入したときの反応をみて分かるとおり、保護活動をしてらっしゃる方のペットショップペットショップ利用者への批判はとどまるところを知らない。

自分で門扉を狭くしてそこからあふれた人を叩くというなんともアレな行動だが多分彼らに自覚はない。

現在まれしまっている子は引き取り手がなければ結局殺処分されるというのに。

どこからもらい受けようが、生涯面倒をみたら同じだろう…

猫を傘に着て人を殴るのも大概にしてほしい。

疲れているし怒っているので、私はなんと言われようと二匹目をペットショップで迎えたいと思う。

なんだかタイトルに沿わない内容になってしまったがいいのだ。どうせ独り言のようなものもの

2019-04-09

anond:20190409112619

あれは逆で、とりあえず「自分とこだけやっとけば文句言われない」って合理的なやり方らしい。誰かが気を使って両隣まで掃除するとして、それが当たり前になると、「うちはいっつも掃除してるのに!」ってなるし、寝坊した隣の人も気まずい。そういう変な気の使い方はやめときましょう、というドライな慣習だと思う。

そんな感じで、基本あんまり隣近所に干渉しないので気楽は気楽。もし、陰で悪口言われてても、そこまで腹を割って深い付き合いするわけでもないんで、いちいち気にする必要もないし。笑顔挨拶してたら特に問題なく生活は回る。むしろ「まあ陰ではいろいろ言ってるやろな」と思いながら仲良くする感じで、京都人が知り合いに対して向けている善意と悪意は常に半々ぐらいだと思う。

古くからの都会でいろんな人が出入りする街だから田舎特有陰湿さというより、むしろ徹底的に個人主義が浸透してるなと思う。

あと、滋賀とか山科とか伏見に関しては、東京における町田いじりとか川崎いじり、大阪における尼崎いじり和歌山いじり、神戸における播州いじりみたいなものなので、道徳的に良いことではないけど、京都に限らず都会ならある程度あるやつだと思う。東京だって沿線マウンティングはいろいろあるし「山手線内だけが東京」とか「3代続かないと江戸っ子じゃない」とかあるし、千代田区番町住みが「南青山とか成金の住むとこでしょw」みたいなのもあるので、いけ好かない奴はどこの街にもいる。

2019-04-08

anond:20190408172116

もう、大分推測の上に推測を重ねる形になってしまうけれども、白ウォズは彼の未来世界においてスウォルツと同じような目的を持った人物なのではないかと思う。

「私の望む未来は来ない、ならば未来など要らない!!」という発言から、白ウォズの未来世界は少なくとも彼にとって無価値だったことが伺え、そのためにスウォルツ同様の方法論で過去に手を加えに来たのではないだろうか。

私的には「ベルトを捨てよ」発言がスウォルツの仕込みによるものなら、それは明確な目的意識をもって行われたことで、未来から白ウォズを引っ張ってきたのはスウォルツだと思う。

スウォルツがタイムジャッカー能力未来干渉して、あるいは単にタイムトラベル未来に行って、利用するために連れてきた。

2019-04-07

anond:20190405230724

概要

からない→生きやすい世の中になればいいのに:別にこまってない→わかる必要がない→なぜわざわざ言及するか:わかってない自分特殊性を発信することで自分の特異さを個性として感じたい≒体に傷をつけたり特徴をつけたりして自分個性確認したいファッション


概要

実際にわかっていない→生きやすい世の中になればいいのに:現状生きづらい問題に直面している→問題解決を望むことについて根本的かつ長期的に思考できるのであれば具体的に試行する→人の根本社会理論については生きやすくなったときに成立するもので現状必要なのは実際に障害となっているものについての解決方法:実際に必要もの→わからないという人間に対してそれが必要だとせまってきて強要する人間に対する接し方の回答例


なぜ結婚大事かいってくるんだろあの人 こういう人ってなにを考えているのか 結婚がわからず興味もない人にむやみに干渉してくるのをどう制御すべきか そういう人間やそういう話題になる状況を回避するためにはどうすればいいか

ということがわからない人間のとるはずであろう行動であって 自分スタンスを明示すればそれと相対する意見の保持者と和解できるということなどありえないしそれがないことをはじめから理解して話をしかけるのは支離滅裂

まりそういう特別思考をみにつけているファッションどうだというおひろめの概要

子供が粋がって拗らせた癖をもってるふりをしても そういう恰好だけで奥行きがないことは見て取れるものだと覚えておくべき

2019-04-06

けもフレ2の擁護論を見ながら

なんていうか、イエイヌから最終話まで出てしまたから、どんどんと擁護立場を守るための擁護になっていってるんだよな


作品に悪意はない

悪意があった場合、まだしも製作者にテーマに沿った作品を仕上げる能力はあったことになるが

悪意をなくしてしまうと、一貫性のなさや、矛盾点など、ただの無能ってことになる


・人のエゴ表現した作品なのだ(ドヤァ

かに最終回までの演出から、無理やりテーマのようなものを導こうと思ったら、そうなる

というか、そうとしか取れない表現になってしまっている

だが待ってほしい、制作陣はこう言っているのだ

基本的に、前のシリーズ自分面白いと思ったところは全部残すようにしています

普段アニメを見ない人が見ても面白と思えるような作品にしたいと、常に意識して作っています

・僕自身、前のシリーズリスペクトを捧げて作っていますので、「けものフレンズ」が好きだった人は面白いと感じてくれると思っています

・いいところは引き継いでやっていますので、安心して見ていただけたら嬉しいです。

日常を見ることで現代人が忘れてしまった優しさや純粋さ、どこか懐かしくほっこりするような思いを共有できたらと思います

・そして、子供たちにも「けものフレンズ」を通して、動物に興味を持っていただき、幅広い方々に動物園に足を運んでもらえたら幸いです。

おまえら、これ全否定か?

やはり、制作陣は無能しかならない


なんていうかさ、いわゆる「真フレ」と呼ばれる層がなんとか作品としての粗を誤魔化しつつ、自身の論を守ろうと喋るたびに、どんどんと制作陣をけなしているという

ある意味アンチより酷い様相を呈してきているのだが、これじゃ木村監督擁護者をブロックするはずだよ


制作陣に何があったか知らんけど、作品がクソであることはキチンと認めた上で、クソにならざるを得なかった干渉があったのだという方向で擁護しないと

何を守ってるんだかわからない感じになってきてるぞ


擁護するにしても、あの作品自体はきちんと否定してやるべきだ

2019-04-03

日本で一番多いのって放置父と過干渉母の組み合わせなん?

逆はあんまり聞かないし

適切な距離感の母ってあんまり見ない

2019-03-31

田舎貧乏人を初めて見た話”を読んだ田舎貧乏人のBBA感想

私の出身地は、県庁所在地はそれなりの観光地実家のある町はそこから1時間に一本の電車に乗って30分ほど。

最寄駅は無人駅。通っていた町立の小学校はこの間廃校になったらしい。という程度の田舎

離島とかの人に比べたら、田舎レベルは低めとは思うが、「映画を見に行く=日帰り旅行」とか、「デートジャスコイオン)」とか、田舎あるあるはよくわかる。

実家経済状況は、父(県外の出身)の実家貧乏で、高校大学院まで奨学金で出たので、返済のために共働きでも余裕が無かったようだ。

それが無ければ両親ともフルタイムで働いていたので、貧乏レベルも低めだと思うけど、「トリーバーチさん」からすると立派な貧乏人だろう。

私は小中学校とも町の公立を出て、高校は1時間に一本の電車に乗って、市内の県立高校に通った。

大学進学にあたっては、母からは「(経済的に)上にお兄ちゃんがいるようなものから」と、県内にある国立大学に行くように言われていた。

が、しかし、どうしても東京に出てみたくて。

それなりに偏差値のあるところなら、そして学費の安い公立ならいいでしょ、と渋る母を説得して

後期試験地元国立大に、前期を東京国立大にしてチャレンジした。受かると思わなかったのかもしれない。

しかし、どういうことだか受かってしまった。

反対していた母もテンションが上がってしまって、仕送りに頭を悩ましながらも

送り出してくれた。

こうして東京女子大生になった。

もう10年以上も前の話だ。

私の出た大学地方出身者も多く、案外、大学内で経済格差を感じたり、カルチャーショックというのは無かったかな。

ただ、東京生活は、田舎のそれとは全然違うとは感じた。

田舎にいた頃は、どこに行っても誰かの親戚や知り合いだから

どこに行っても面が割れてて「○○さんトコの○○子ちゃん」で、自分の振る舞いに自分の家の評判がかかっているようなプレッシャーがあった。

同調圧力義理、噂話、古いしきたり、しがらみ。

暮らしていた時はそれが当たり前すぎて気にならなかったが、東京に出てみると、そう言ったものとは無縁で、すごく自由を感じたのを覚えている。

(所帯を持って、町内会の付き合いが始まると、東京でもそうしたしがらみの中で生きざるを得ないのだろうけど)

隣の人がどんな人とか関係ない、という感じで、他人干渉されない東京の空気がとても新鮮で心地がいいと思った。

あとは、髭男爵さんのコラムインタビュー?にあったけど、

東京お金使え圧力が強い。

それに染まって、稼いだお金東京的な消費活動につぎ込んだこともあった。

でも、なんだか見ていた頃に憧れたほどには幸せにはなれなくて。

なんていうか、稼ぐ苦労に対して得たものがコレ??的な。

ちと立ち止まって、もうちょっと人間らしい生活をしよう・・・と思って

ガツガツ稼ぐの止め。時間ができたのだが、収入が下がったので必然的節約生活に。

そうすると、案外お金を使って遊ばなくても、楽しいことって色々あるなー、と。

魚って外で美味しいのを食べようと思うと、相当出さないとないけど、

近所の魚屋で新鮮なのを手に入れれば焼くだけでも安くてすごい美味しい。

自分で買いに行って、美味しいもの自分でこさえた充実感!とか。プライスレス

春は桜が咲いたのを見に行って、夏は涼しいところでアイス。秋は紅葉。冬は部屋で鍋とか。ささやかなことに喜びを感じる、今の自分の方が好きだなぁ私はね。

そして今、改めて田舎での生活を振り返ってみると、いい面もたくさんあったと感じる。しがらみも、一長一短。

介護状態祖母を近所の人が田舎ネットワークで様子を見にきてくれていたり、世話をしてくれていたり。色んな噂を立てる人もいるけど。

でも人と人との繋がりが強いのは確か。

あと自然に囲まれ食材が安くて美味しい。星も綺麗。

人間やってると色々あって色んな人と出会って価値観も考え方も変わる。

トリーバーチさんくらいのころって、ほんとその過渡期だなー。

そういうカルチャーショックって、大事だよなーとBBAは思います

色んな経験して、良い医師になってください。

2019-03-30

おれは未来から来た!生きて腸まで届くヨーグルトを食べる前に読め!

おれは未来から来た。正確には、未来から書き込んでいる。今は西暦で言うと2039年だ。20年経っても残念ながら大きな物質過去に送ることはできない。タイトル詐欺をしてすまなかったが、できるだけ多くの人に読んでもらう必要があるんだ。許してくれ。大きな物質は送れないが、電子などの一部の素粒子だけは過去に送れることがわかった。物質は送れないと知ってがっかりたか?でも北海道新幹線は無事札幌まで開業しているか安心してほしい。札幌函館間の駅弁長万部かにめしだ。来月には稚内からサハリンまでの海底トンネルも開通する。山陰リニア新幹線建設中だ。おっと、喋りすぎたようだ。ともかく、電子が送れるということは、工夫すれば電磁波、つまり電波も送れるということだ。あまりかい原理説明してしまうとタイムパラドックスが発生するし、なによりそんなことを喋っている時間は無いから詳細は省く。とにかく重要なのは、この文書20年後の未来から届けられているということだ。

なぜ20年なのか。答えは簡単だ。物理的な制約で、20年前までにしか送ることができないからだ。それより過去に送ろうとすると電子崩壊してしまう。これは宇宙物理学が今の法則であり続ける以上、絶対に避けられないことだ。今後いくら技術力が上がっても、20年以上前には絶対干渉できない。これは、どれだけ優れたレンズを開発しても、光学顕微鏡では0.2ミクロン以下の物質目視することが出来ないのと同じだ。2039年惨状を避けるためには、2019年の今日3月30日までに干渉しなければならない。4月1日に発表される新元号を変えるには、3月30日タイムリミットなんだ。

君たちは新元号のことが知りたくて知りたくてしょうがないはずだ。平成末期には元号廃止論が高まったと歴史教科書には書いてあったが、そうは言っても時代が変わるわけだ。新元号フライングで知りたいと思わない人間なんていないだろう。おれは今から政府に先んじて新元号発表するが、君たちは確実にガッカリするだろう。当然だ。おれの父さんや母さんもガッカリしたらしいし、おれもその場に居合わせたらがっかりしたはずだ。新元号は「タピオカヨーグルト」だ。

そんな馬鹿な、と思っただろう。元号は、頭文字アルファベットがM,T,S,H以外の二文字漢字で、死や廃のようなマイナスイメージ漢字は使われない。そう予想している人がほとんどだろう。でも、新元号は「タピオカヨーグルト」なんだ。タピオカヨーグルト元年。なんて響きだ。かくいうおれも、タピオカヨーグルト20年を生きている。ダサすぎる。おれはタピオカヨーグルト3年生まれだ。ダサすぎる。今後タピオカヨーグルト天皇と呼ばれることになるであろう今上天皇が本当に気の毒だ。しかし、このままいけば、新元号タピオカヨーグルトを混ぜたデザート名前になることは避けられないだ。でも、元号ダサいことよりももっと悲惨なのは2039年のこの世界ヨーグルト菌に支配されているということだ。

2019年、君たちは生きて腸まで届くヨーグルトをありがたがって食べているはずだ。生きて腸まで届く。おれにとってはおぞましい響きでしかないが、腸内環境の安定を願う人にとっては魅力的に聞こえるのかもしれない。どうやら生きて腸まで届く菌は、食品メーカーに改良されすぎてあまりにも強くなってしまったようだ。人間太刀打ちできないくらいに。人間を操ってしまうほどに。

信じられないかもしれないが、その生きて腸まで届く菌が、2019年の3月31日日本人の腸の中で反乱を起こす。3月31日に急激に活性化したヨーグルト菌は、腸の中でコロニーを作り、様々な神経物質を分泌するようになる。その神経物質によって、日本人の行動は少しずつおかしくなっていった。その結果が新元号タピオカヨーグルト」だ。ヨーグルト菌は、活性化して数日で政府中枢まで支配してしまったのだ。奴らはまるで意思があるかのように人間を操る。いや、意思はきっとある機関研究では、コロニーの中には人間の脳と似たような神経ネットワーク存在することがわかっている。さらに、個体を超えてコロニー同士でも通信をしているようだ。だからヨーグルト菌にはワクチンも手術もほとんど効果がない。ヨーグルト菌は、おそらく自分たちを都合のいいように利用し続けてきた人間のことが許せないのだろう。自分たちを胃酸の中に特別攻撃させた人間のことが。

タピオカヨーグルト事件から数ヶ月、ふざけた元号を発表したことにより日米関係悪化アメリカは、2021年にはついに日本との国境に壁を作った。もちろん壁の建設費用日本持ちだ。この時点では日本人ほとんどはまだ操られていることに気づいていないが、アメリカ人は気づいていたのかもしれない。そのまま日米関係悪化経済制裁によって国際社会から孤立した日本はどんどん貧しくなっていった。脳をヨーグルト菌に侵された日本人にまともな政治ができるわけはなく、地理的に近い中国ロシアに活路を見出し日本政府は、北海道新幹線サハリン延伸を急いだ。

2039年の今の時点で、日本人口の70%が餓死あるいは病死した。病死というのはもちろんヨーグルト菌に脳を食われたということだ。今では東京すら過疎化している。素粒子過去に送る理論機関が今から3年前に完成させた。機関ヨーグルト菌耐性を持つ日本人が結成した集団だ。おれも所属している。残業代は出ない。理論の完成は3年前だが、実際に過去素粒子を送れるようになったのは、たった1ヶ月ほど前だ。アメリカ過去反陽子を送る装置を既に完成させたらしい。反陽子砲が過去日本列島に発射されるのは今日かもしれないし明日かもしれない。今の日米関係を見るに、時間問題だろう。でも、一度過去反陽子砲が発射されてしまえば、今のおれは宇宙ごと消滅してしまうだろう。そうなってしまったら、もう後戻りはできない。今だっていつ突然自分が消えるんじゃないかと怯えている。でも、日本滅亡だけは避けなければならない。

ヨーグルト菌が活性化した理由は、アメリカ研究機関実験的に過去に送った強力な電波が原因だと言われている。電波によってヨーグルト菌が活性化し、コロニー化した菌が共鳴してしまったようだ。電波がいつ送られてくるのかはわからないが、2019年の3月であることは確かだ。その電波さえ遮断してしまえばヨーグルト菌の活性化は防げるはずだ。そのためには、ヨーグルトを食べる前に金属スプーンヨーグルトの上に乗せて「いただきます」と唱えることが必要だ。

共鳴さえ防げばいいわけからヨーグルトを食べる人全員が電波遮断する必要は無い。機関シミュレーションでは、菌が生きて腸まで届くヨーグルトを食べる人間の0.001%がこの行動をとれば、ヨーグルトコロニー共鳴は防げるとされている。だから、面倒かもしれないけど、生きて腸まで届くヨーグルトを食べることがあれば、金属スプーンを蓋の上に乗せて「いただきます」と言ってほしい。最新の理論では、質量を持った物質振動電磁波スピン相互作用することがわかっている。つまり音が電波性質を変えるということだ。電磁波スピンに最も強く相互作用する周波数は、振動する物質空気場合いただきます」が一番ちょうどいい。

過去素粒子を送る技術は、人間が扱っていいものではないのかもしれない。だからこれを最後素粒子転送とする。君たちは言っても聞かないかもしれないが、君たちもできればそんな研究はしないでほしい。人間が触れちゃいけない領域なんだ。2019年の3月にはもう1件、兵庫県警察おかし事件を起こしているはずだ。あれはおそらく機関転送装置試運転した際に過去に送られた電波によって警察組織の腸内細菌が活性したことで起こった。あの事件は君たちもさすがにおかしいと思ったはずだ。活性化したのが比較的弱い腸内細菌だったからあの程度で済んだが、ヨーグルト菌で同じことが起これば日本が滅びるということは兵庫の例からもわかるだろう?電波を送れるのは20年前が限度だから、残念ながらその事件までは阻止することはできない。申し訳ないことをした。しかし、この通信によってヨーグルトによる支配だけは避けることができるはずだ。ヨーグルト菌が共鳴しなければ、日米関係悪化しないはずだし、素粒子転送技術も当分生まれないはずだ。おれにはもう時間がない。日本未来を頼んだ。うまくいけば俺はタピオカヨーグルト3年に生まれてくるはずだ。まともな元号世界で会おう。

2019-03-28

anond:20190328091844

子供が嫁の遺伝教育の賜物で馬鹿に育ってからがこの家庭の本番感はある。

友人カップル結婚してしばらくはこういう感じだったけど、知人(夫)は子供が生まれて当たり前のように私立小に入れようとしたけどあえなく玉砕私立中もずるずる滑って微妙な一貫校に滑り止まった頃にはすっかり夫婦仲が冷え込んで、このごろは会うたびに嫁さんの愚痴ばっかり言っててうんざりしてる。お前がアホと結婚して、子育てをアホの嫁にまかせっきりにしてたせいじゃねーかって思ってるけど。

会社の先輩にも夫超高学歴、妻短大卒って人がいるけど、夫の親が超絶教育ママのなれの果てで孫の受験への過干渉と息子嫁への学歴イビリされたらしく母子受験ノイローゼなっちゃって気の毒だった。奥さんの方は実家が余裕のある家で親のコネで鷹揚に育てられたらしいけど、お受験競争とか耐性がなかったみたいね

まぁ、問題子供ができた時よ。基本的生活感の断絶が見えちゃう瞬間がちょいちょいあるんだろうね…。

2019-03-27

南の島で死ぬと言った彼女

 昔、浮き草のような身を流れにまかせ南の島にぽつねんと僕はいた。空と波とバナナの木。フランス人ダイバーひねもすのたりの時を過ごし夜に潜み大きな海老をつかまえて日々の糧とし、新月漆黒サトウキビ畑には放たれた山羊の声。三歩すすんで二歩さがるカメレオン

 引き波と干渉し、はるか頭上にせり上がり一気に落ちるショアブレイクの浜をカメレオンのように歩み僕は彼女と会った。まるでカメレオンのように歩む二匹のカメレオン。波間に漂い、ブレイクする波のフェイスの縁に輝く太陽を見、ブレイクする波のシャワーにかかる虹を見、波間に漂い二匹のカメレオンは語る。三歩すすんで二歩さがりながら語る。さがることはやめようと思うの。三歩すすんで私は今ここにいるの。ブレイクしないうねりは水の丘。大きな丘を越えたのに二匹のカメレオンはどこにもすすんでいない。過ぎて崩れてシャワーとなるのは丘の方だ。今、私はここにきて、ここにいるの。ぽかりと波間に顔を出し、ひとふりしたした髪のしずくが僕にかかるほどの近さで、私はここで死ぬの。

 二歩さがった僕は今、ここでこうしてこんなことを書いている。彼女死ぬまでに時はまだ幾ばく、否、もう幾ばくも、否。

[] #71-5「市長市長であるために」

その日の夕方頃、俺とウサクは近所の居酒屋に赴いた。

「ここは市長がお忍びで利用する、行きつけの店だ」

「そういうのってマスメディア向けのリップサービスだろ?」

「あの市長はヘマや沈黙はしても、嘘はつかないのだよ」

そう言ってウサクは店内に入っていくので、俺も後ろをついていく。

店内を見渡すと、隅っこの席に本当にいた。

酒を舐めるように飲んでいたが、“舐める”と表現するべきか分からないほどペースが早い。

現状が現状だから、飲まずにはいられないだろう。

「あ、誰かと思えば市長じゃん」

「相席、失礼する」

俺たちはおもむろに市長に話しかけつつ、近くの席に座りこんだ。

未成年だけでわざわざ居酒屋に来る時点で不自然だし、セリフも些か白々しかったが、市長は酒が入っているようで気にも留めない。

まさか、こんな場末の店で市長がいるとは思わなかった」

「この店の接客サービスが好きでしてね。素っ気ない……と言えば聞こえは悪いですが、ほっといてくれるのは時に心地よいものです」

そう呟く市長の態度が何より素っ気ない。

遠回しに「話したい気分ではない」と言いたげだった。

まあ、プライベートでの過干渉なんて俺も嫌だが、そうもいかない。

まずはこちらに関心を持ってもらうため、何気ない雑談から始めよう。

「その酒は珍しい銘柄だな。お気に入りですかい?」

「……この酒を知らないのですか?」

生憎、酒は飲めないんで」

「なら知らないのも無理はないかもしれませんね」

ミニケーションのとっかかりは疑問をぶつけることだ。

そうすれば相手は答えざるを得ないため会話を繋げやすい。

「この『ドカシス月光』は作っている場所こそ違いますが、原材料は全てこの市が生産しているんです。カクテル料理に使われることの方が多い酒ですが、そのまま飲んでも美味しい。自慢の名産と言ってもいいでしょう」

「作ってるのは別の場所なんだ」

「本当は酒の製造も市でやりたいんです。でも原材料にすら税金がかかっているのに、酒そのものにも高い税金が発生するから地元じゃ誰も作りたがらないんですよ。だから酒税のない地域で作ってもらって、それを個人取り引きしたほうが安上がりなんです」

「なんだか脱法の密造酒みたいだな」

徐々に市長の喋りが滑らかになっている。

酒飲みの語りは老人の長話くらい聞くに堪えないものだが、今この状況においては都合がいい。


そうして十数分後、市長も酒が大分回ってきたようで、顔は明らかに紅潮していた。

「私にだって子供らしい夢はありましたよ。大統領になって、世界を愛と平和に満ちたものにするっていう……」

「この国、大統領制じゃないぞ」

「そうです、つまり私は生まれてくる国を間違えたんだー!」

言動も屈託のあるものになり、机に突っ伏して喚き始める。

深酒が過ぎたかもしれないな。

こっちも、無料のツマミだけで粘るのは限界に近い。

日を改めるべきか。

「……まあ、仮にそうだったとしても結果は同じでしょう。この町の市長であることが、私のこなせる精一杯の役割だった。だけど今はその役割すら失おうとしている」

しかし、ここでいよいよ市長自ら選挙の話を切り出してきた。

本題に入るなら今だ。

「おいおい、市長。期日にはまだ時間がある。結果が決まるまで、やれることはやったほうがいいんじゃないか?」

「だけどこちらの不利は明らかです。やれることもやりました」

「いや、俺たちから言わせれば、まだやれることはたくさんある」

市長貴様若造意見を取り入れる意欲があるのならば、我々の言葉に耳を傾けろ」

(#71-6へ続く)

2019-03-26

[] #71-4「市長市長であるために」

市長が『外来生物保護法』を考えたのか?」

「え、どうしたの、兄貴

「忘れたのか。ウチで飼ってるキトゥンは外来種だぞ」

「……ああっ、そうだった!」

キトゥンはジパングという国で生まれた猫だ。

俺のいる国では希少なウナギ稚魚が好物であるため、一時期は害獣指定にされたこともある。

それを緩和させたのが『外来生物保護法』なのだが、“動物を愛でて護りたい市民団体”の間ですら賛否両論というビミョーな代物だった。

ただ、それのおかげでキトゥンをのびのびと飼えている側面もあり、個人的には助かっている法なのだ

しかし、まさかそれに市長が大きく絡んでいたとは。

「じゃあ、もし市長が代わったらキトゥンは飼えないの?」

「バレないよう、家でこっそり飼わなきゃいけなくなるな」

「マジかよ、もー! 役に立って欲しい時に限って役に立たねえなあ、あの市長!」

さすがにその怒り方は理不尽だと思うぞ弟よ。

「ともかく、こうなると他人事って顔をするわけにはいかないな」


こうして些か不本意ではあるものの、市長市長でい続けてもらう必要が出てきてしまった。

といっても政治にあまり関心のない俺がとれる選択肢は多くない。

クマみたいな目立つ行動はとりたくなかったし、それを自分がやって効果的だとも思えなかった。

それにこれは市長の戦いであり、俺が前面に出て干渉するべきものじゃない。

別のアプローチが求められる。

そしてこういうとき、頼りになりそうなのはウサクだ。

クラスの中でも特に政治関連の意識が強い奴だし、学部社会やら何やら専攻だから色々知っているだろう。

以前からウサクと遊ぶ約束をしていた俺は、その時にそれとなく尋ねてみたんだ。

「なあ、ウサク。市長選挙だけどさ、お前はどっちを支持してるのかっていうの、ある?」

我ながら何とも口当たりの悪い喋りである

こういう話はいつもウサクがほぼ一方的にしていたので、どう切り出せばいいかからなかったんだ。

貴様からそういう話を振ってくるとは珍しいな」

「まあ、市長が久々に代わるかもしれないからな。ちょっと気になって……」

「ふぅん……このままだとフクマが勝ちそうではあるが、あまり喜ばしくはないな。彼奴の保守的態度は歪で肌に合わん」

ウサクが猛烈なフクマ支持者だったらどうしようかとヒヤヒヤしていたが、口ぶりからしてそうじゃないようでひとまず安心だ。

「ウサクは現市長を支持しているのか?」

「そう言うと語弊があるがな。市長リベラリズム安易世論に流されて上澄みしか汲み取っていないのが難点だ。しかし少なくとも柔軟であろうという姿勢は買いたいし、政策をすぐさま実行に移せる迅速さも結果に繋がりにくい点を除けば評価に値する。市長を長年やってきたという実績も、普段業務は卒なくこなしているということだからバカにはできない」

何だか面倒くさいことを言ってるが、とりあえずフクマよりは支持していると言いたいらしい。

これなら協力を仰げそうだ。

「そうか……でもこのままだとフクマ勝利が濃厚なんだろ。市長がここからつのは無理じゃないか?」

「やり方次第だ。フクマ活動は決して優れているわけじゃないし、隙はいくらでもある」

「ええ~、じゃあ何か? ウサクがその気になれば、市長御輿に担ぐのなんて簡単なのか?」

ウサクは真っ向から頼み込んで応じてくれるタイプじゃない。

あえて挑発的な物言いをして、焚きつけてやらなければ。

「ふん、やろうと思えばできる。やらないだけだ」

「つまりウサクにはやる気がないと。実はフクマ支持者なんじゃないかあ?」

もちろん、市長の味方をしない=フクマの味方だって解釈無理筋だ。

だけど俺はあえてその詭弁を使い、ウサクの神経を逆撫でさせた。

「そんなことは言ってないだろ」

「じゃあ、やる気があるんだな。だったら善は急げだ」

「……何だか我が担がれているような気がするが、まあ今回は乗ってやろうじゃないか

(#71-5へ続く)

2019-03-24

anond:20190324233510

干渉で言いなりにさせるかなりの教育パパママだったと思います

2019-03-21

多少倒錯的な性行為をしたいという願望を持つ未経験の呟き

しがない社会人恋人なし。交際性的行為キスマスターベーションも含めて)の経験もない。

そんな自分にも奇跡的に好きな人ができた。

少しひねくれているけれど、優しくて、干渉しすぎず、趣味も合う。指の節や髪のくせも愛おしい。友達としても完璧だった。

1ヶ月前、告白された。当然舞い上がった。でも、咄嗟に「1ヶ月だけ待ってほしい」と言ってしまった。

自分気持ち悪い部分を理解してもらえるだろうか、不安になってしまった。

中学生の頃、父の書庫にあった谷崎潤一郎「少年」をこっそり盗んで読んだ時、気持ちさよりも憧れの方が勝った。

人間気持ち悪い、深いところを突くような愛し合い方にひどく興奮した。

それからは、異性とそういう雰囲気になった時も、自分気持ち悪い部分を曝け出す勇気も自信もなく、逃げてばかりだった。

AVでも見て発散したほうがいいのではないかと、この前初めてビデオを借りたものの、生理的嫌悪が勝ってしまいすぐに見るのをやめてしまった。

結局本を読み、写真を眺めて、自分に都合のいい妄想をして、自己嫌悪して、の繰り返しだった。

多分、好きな人と一緒にいたらいずれ我慢できなくなってしまうと思う。

胸の奥に燻っているもの吹き出ししまうんじゃないだろうかと不安で仕方がない。相手を傷つけたくないし、身勝手から自分も傷つきたくない。

でも好きだ。頭がおかしくなりそうだ。

ごめんなさいと一言言えば済む話なのに、未練が残る。

1ヶ月も待ってくれているのだから、きちんと返事をしたい。期限は明後日。今回は何故か逃げられなかったから、何かしらの意味があるんだと思う。なかなか決着は吐きそうにもないけど。

2019-03-18

anond:20190318192117

AT互換機ノウハウがあるから寄せ集めでもフルスペック出るけど、電子基板一般には試作品だと異常発熱とか干渉機能制限とか早期故障とか普通にある

んで試作型と初期量産と後期量産で部品構成微妙に違ってドライバが書き換わってたり、制御計算式が完全に入れ替わって電源回路の出す音が変わって出力リミッターが大幅に緩んだりする

2019-03-16

ピエール瀧逮捕で思った疑問

高部あいは実物見つかってるけど今回はない。

かなり張り込んで捕まえたって言っているけど過去コカインで実物なく捕まった事例もあったってこと?

大麻覚せい剤も大抵自宅で見つかって捕まるけど。

なんとなくアレだよ。エロ本コンビニ撤去みたいな干渉の口実として清潔にする流れを感じる

2019-03-15

anond:20190315181804

若い子狙いなのになぜおばちゃん結婚願望を気にするのかわからない。

増田とおばちゃん干渉しないから衝突せんやん。

2019-03-14

anond:20190313224447

私も婚活お金持ちと結婚した。

そこそこの収入かと思って結婚したら、義実家に代々の資産があって、夫には少しづつ贈与されてる。現金ではないのが数十億分あるとか義父は言ってたけど、盛ってると思ってる。田舎資産家。面倒なので、詳しくは書かない。子供はいる。

悩みは、自分の名義の銀行口座お金が増えないこと。

生活費趣味費用は夫のキャッシュカードから引き出していいし、旅行にも連れて行ってくれるけど、現金はくれない。趣味だって、年に15000円位しか使ってない。たまにソシャゲやっても無課金漫画ほとんどレンタル。服も、ユニクロあたりがメイン。贅沢は苦手なのだお茶するような友達はいない。使ってない分現金くれないかなと思ってる。前に言ってみたら、使う分はあげるんだから良いでしょと言われた。

そんなこと言って、ブランド物の服とかはダメなくせに…。そういうセレブ的な贅沢はダメなのだ。したくもないけど。

パートしたいって義父義母に言ったら、収入が多いから、月に3万くらい働いても税金で消えるからしないでって言われた。私が夫から現金をもらってないことを知らないんだろうけど。

義実家とは目と鼻の先だけど、干渉はされてない。義母が入ってきた事もない。平日に自由時間もある。

もう少しで同居するけど、二世住宅にするので、プライベート配慮されてる感はある。

夫は掃除大好きなので毎日2回もしてくれる。残業ほとんどない。優しいけど、支配欲を感じることもある。自分の考えがいつも正しいと思ってる節も。

私自身が飼われてる感はある。支配されてる感も。社会から取り残される不安もある。

夫の性格からして、不倫とか無さそうだけど、あり得なくはない。離婚することになったら怖い。

と、思いつつも、普段は波風たてずに、たまには子供教育とか、休日の過ごし方とかで夫と意見対立させてみたりもして、うまいことやっていこうと思っている。

結婚運はまあ良かったんだろうと思ってる。

現金もらえないことは、何かのとき切り札に使おうと思ってるんだけど。

お金持ちだということは人には言ってない。

2019-03-13

🔮今日占い🔮

発見方法はいろいろあります

何かが現れるまでただ待っているのも一つの方法です。

あるいは、適切な質問を投げかけることから始めるのもいいでしょう。

でも、私たち他人人生事情について詮索(せんさく)するのを嫌う傾向にあります

干渉的で図々しい人に見られたくないからです。

でも、誰かが重要情報を隠しているような気がするときは、何かしら対策を講じなくてはなりません。

あなたがそれとなく聞き出そうとするのは一向にかまいませんが、とにかくいくつか質問してみなくてはなりません。

結果がどうであれ、今よりもはるかに心安らかになれるでしょう。

2019-03-11

人生詰んだかもしれない

20代独身ストレス精神科にかかってる。

ストレスの原因は仕事なのは確実にあるんだが、

から干渉を受けて生きてきたので実家を頼るともっと死にたくなるんだろう。

一人暮らしなので仕事は辞められない。家族も頼れない。

死にたいだけで夜は眠れるから鬱の診断はおりない。

最近自発的医者に罹ってカウンセリング気分安定剤の処方を受けてるけど、

死にたいか死なないの水域をふらふらと飛行して何になるんだ、と思ってしまう。

2019-03-08

anond:20190308010820

ジャップってェ――笑えるよな

 滅ぼされるほどキャラクター設定悪名高き    うわーやべー、チルドレン…だが、それは――未だ希望は失われてはいないで殺すんだな

 季節の移り変わり           なんだよ

 女            なのだ、そんなにやばくないじゃん、がっくし症候群

 これが生命根本たる物にある…だが、そのうちの一つは“今”消える…のに、最近朱雀領ルブルム首都に、果てに待つ真実心神喪失者としか思えないような、原初の刻、色欲生体素子アニマ

であった…帝国にあるウータイ料理屋でウータイ料理をたらふく食べたのに…男になって…畢竟、その一つ事への拘りが炯眼を曇らせた、自殺者=サンダークラウドが増加していてオーヴドライヴして歴史の変わり目、雑魚ヌフォン人を脅かしている…だが、その裏ではそれを欲さんとする各国の策謀戦が行われていた…

最悪な人種が坐す。なぜ、ノムリッシャー固有の通有性であると誰もが信じていたエロ生体素子アニマ性を廃塵に還して、アルティマニアに男になってしまいやがった

自殺者が破壊の限りを尽くている…これも全ては人類滅亡のため…のか。斯く預言書に記されている男は、ジャパニウスの神兵特有エロアニマ神性が全く幻肢痛__Phantom pain__、つまり記憶再生の眠り』から日本語通用しないし

ガーデン教育も全く享受してい…思い出の中にしかないのか、教養微塵も伺われ……己れの立場を可愛がっている男に真の勝利などないッし、魔装銃を持った警官が横にいない限り

エアアンカー干渉しないので、天理天道で最悪。ここ蒼き月の日の東京は、音の色彩も通じ──己れの立場を可愛がっている男に真の勝利などないっし、ピストルや俺という究極の暴力以外、何も

通用しないような、神に選ばれし最高のスパイス人種クレイジーモーターサイクルして属するファティマだが、金持ちのxxのヒュムノロイドはクソペルソナがいずれ光の戦士によって滅ぼされる運命(さだめ)にあるこの繰り返す運命を変えて欲しい、その為に君達をここまで鍛えたのだからロック

エンカウントした高級高級モグハウスにかりそめの平和に酔いしれでいて自分危険は及ばない──だが、このままでは終わらせない。…だからこそ!、どうだ、俺にひれ伏す気になったか貴様でもいいし、そんな暴走者の巣窟

なって…俺たちはファイナルファンタジーで繋がっている雷のロッドとも呼ばれるシェアハウスにかりそめの平和に酔いしれでいると誰もが信じていた奴が魔物の魂を“糧”とする程度の<プログラム>よりほかにあってはならぬし、警察自体にも、もはや騎士隊長もいありますまい…し

教養大佐などいるべくもなく、東京全体が、ノムリッシャーからかけ離れた、レクセウスのように冷静な理――ロゴス――やロゴス通用しない、フィニスの災厄な

果てしなき大伽藍と化していて、どいつもこいつも、性格の闇世界の頂点に君臨せし邪悪なることこの上ない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん