「話題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 話題とは

2018-01-22

ハマった地下アイドル解散した

一年ちょっと前、地下アイドル好きな友人に連れられて初めて地下アイドルライブに行った。それは前々から勧められていたアイドルワンマンで、本当に楽しかった。でもその後すぐメンバーの一人が脱退して体制が変わってしまったため、そこから推すことはなくなってしまった。

そしてそれからまたすぐ、その友人から今度は別のアイドル対バンに誘われて行った。その中に出てくるあるアイドルを事前に勧められ、そのグループ目的で行った。他のアイドル時間は、後ろでひっそり見ていようと思っていた。

結果からいうと、全然違うアイドルにどハマりした。グループ名こそ聞いたことはあったものの、曲名どころか、メンバー名前すら、友人が推す一人のメンバーあだ名しか知らなかった。だが彼女たちが登場した途端、ある一人のアイドルに、冗談ではなく本当に一目惚れした。(ガチ恋という意味ではなく、推すアイドルとして)

ライブ後に開催された物販には速攻並び、列に並びながら友人にメンバー名前を聞き、彼女たちのツイッターフォローした。その時は確か、チェキシステムはそのアイドルグループにはなく、ケータイでの撮影だった。写真を撮ってもらった後、少しの間、ついさっき一目惚れしたアイドルと会話した。メンバーのAちゃんとする。

今でも忘れない。Aちゃんに、今日初めて現場に来て好きになったことを告げると

もしかして、さっきツイッターフォローしてくれた?」と。物販列に並んでいる間にフォローしたのに、なんともう認知されていた。それが最初現場だった。(ちなみにこのときちょうどバレンタインイベントをやっていて、普通チョコ激辛チョコをあーんしてくれるイベントがあったのだが、もちろん参加した)

そして約一ヶ月後、そのグループワンマンを開くことになった。それに合わせ、メンバーが一人ずつ接客するカフェ?で手売りチケット販売することになった。友人は所用でワンマンには行かれないことがわかっていたので、一人でカフェイベントに行った。本当に狭いスペースがカウンターテーブルで分断されており、あちら側にAちゃん、こちら側にはファン6,7人が詰めて座るという形だった。自分は完全に新規だったため(またコミュ障であり、目の前の推しに緊張していたのもあり)、もともとのファンの内輪のノリについていけず、あまり会話に参加できなかった。そんな中、イベントの一環で、アカペラで何か歌を歌うことになった。そのアイドルの持ち歌はもちろん歌ったが、他に何かないか、という話になった。あまり会話に参加しなかった私に、Aちゃんは、「そうだ、(自分名前)ちゃん、〇〇って歌手好きだよね!その歌にしよう」と、話を振ってくれた。本当にAちゃんはすごいのだが、私は〇〇という歌手が好きという話をAちゃんにしたことがない。どうして知ってるのと聞くと、Aちゃんはなんと自分ツイッターホームを見たというのだ。本当にびっくりした。そして本当にその歌手の曲を歌ってくれた。また、ファン一人一人の似顔絵を描くコーナーがあり、それぞれ顔を見ながら描いてくれた。今も大切にとってある。

ワンマンのことも忘れない。前述の通り友人は来られなかったので初めて一人で現場に行った。その日は二曲新曲のお披露目があった。終了後物販で、またチェキを購入した。確かこの辺りで、Aちゃんは名前を覚えてくれていて、向こうから呼びかけてくれた。まだまだ緊張してなにを話していいかからなかった自分に、「新曲、どっちの方が好き?」などと色々聞いてくれた。答えると、Aちゃんは「私もそっちの方が好き!」と返してくれた。

余談ではあるが、このライブで初めて現場で知り合った人と友人になった。

東京アイドル劇場にも何度か通った。一回の時間は短いが、他の会場よりもずっと近くで見られた。このときになってもまだ緊張してこちから会話できなかったが、Aちゃんは「髪の毛短い方と長い方どっちがいいかな?」などと話を広げてくれた。

しばらくしてからまた夏に、レコ発ワンマンが開かれることになった。東京アイドル劇場で手売りチケット販売されることになり、参加した。初めて全員チェキを撮った。死ぬほど緊張したけど、そのあとAちゃんと撮ったチェキは楽しかった。ワンマン行くねというと、喜んでいた。

レコ発ワンマンということで、CD発売に合わせ、リリイベも各地で開催された。これもまたすごく近くで見られた。割と地元の方まで推しが来てくれることが嬉しかった。

夏のレコ発ワンマンは本当に楽しかった。今までと比べられないくらい大きな会場と大音量でのライブだった。バックライトに照らされて踊るメンバーが神々しくて、ちょっとだけ泣いた。これから推していこうと思った。

夏のワンマンからちょっとして、活動休止することが発表された。そして間も無く、そのまま解散することが発表された。活動休止直前ライブには、行かれなかった。

そして冬、解散ライブが行われることが決定した。同時に、手売りチケット販売する機会があることも発表された。このアイドル出会わせてくれた友人と、絶対に行こうと誓った。

年末忘年会と称されたイベントが開催された。ライブではなかったが、ファンイベントのような形だった。トークイベントカラオケをしながら食事ができるスタイルイベントで、その現場販売されている食べ物飲み物のみ、メンバー差し入れることができるシステムだった。私はAちゃんにチョコケーキ差し入れた。Aちゃんは隣に座るメンバーと分け合いながら楽しそうに食べていた。それだけで楽しかった。とてもこれから解散するグループイベントとは思えないほど、楽しかった。

イベントの前には物販もあり、久しぶりにAちゃんにあった。今考えると夏のワンマンぶりだったのかもしれない。Aちゃんは変わらず可愛かった。このころには割とAちゃんと話せるようになっていた。絶対解散ライブ行くね、と言うとAちゃんはダンスとか歌とか忘れちゃったよ…とおちゃらけてくれた。

そして先日、解散ライブが開催された。奇しくも、その日はAちゃんの誕生日であった。もう絶対に後悔したくなかったので、とにかくいろんなことを話した。あけましておめでとう、と新年の挨拶をして、誕生日を祝い、いつもと違う髪型が可愛かったので話題に出した。チェキ時間が終わりの方になると、Aちゃんは、「チェキはこれで終わり?」と聞いて来た。(メンバー一人につき一人一枚の枚数制限があったが、ファン同士で協力し何周かする人もいた)

私は一枚しか手に入れられなかったため、そうだよと返事をすると、Aちゃんは、男性ばかりのこのアイドル現場に、女の子一人なのに来てくれてありがとうと言ってくれた。これが最後かどうか聞いてくれたと言うことは、最後挨拶をしてくれようとしたのだと思う。ライブも始まってないのに、本当に泣いてしまうかと思った。私もAちゃんと話せるのはこれが最後だと思い、「Aちゃんが一番大好きです。これから応援してます。」と言って別れた。自分のできる最大限の返事をして別れたあと、その場にしゃがみ込みたくなるほどの感情に襲われた。それが無力感だったのかやりきった感だったのかはいまもよくわからない。

まりに語彙力がないが、ライブは今までで一番最高だった。現場に行き始めたころは周りの怖そうなオタクに怯えていたが、今ではケチャをしたり、振りコピしたりするまでになった。本当に楽しかった。ライブ中は、とにかく後悔後半はとにかくずっと泣いていた。泣きたくない、笑顔見送りたいと思っていたのに、泣いているメンバーを見たら駄目だった。

地下アイドル好きな人は大抵、1つのグループだけでなく、いくつかのグループ推しがいることが多いそうだ。私はAちゃんのグループを追いかける過程で、ほかの地下アイドルにも何グループ出会ってきたが、推しはAちゃんだけだった。

楽曲衣装メンバーそれぞれ、ファン層など、どこを取っても、Aちゃんのいたグループ自分に合っていたのだと思う。

からもう二度と、私はこれ以上アイドルにハマることはないと思う。

Aちゃん。そしてAちゃんのグループ。本当にありがとう出会えてよかった。

Twitterトレンドが雪の話ばかり

東京話題しかないのに盛り上がりすぎ

もっと地方にも配慮すべき

普段は気さくだが厳格な面があり一旦不機嫌になると怖い兄がいる

兄は料理ができるので家に遊びに来た兄の彼女さんと3人で飯を食うことがある

彼女さんは控えめで自分意見あんまり言わないタイプの娘だ

兄「何食いたい?」

彼女「弟くんは何食べたい?」

俺「彼女さんが決めてくださいよw(俺が決めるのも変だし)」

こういった場面で俺と彼女さんが譲り合いをしてると兄がイライラしだすのだ

先日三人で買い出しをしているときに同じ問答になり、

痺れを切らした兄が「なんで毎回俺が決めて俺が作らなきゃいけねぇんだよ!チャーハン牛丼か選べ!」と言うので、俺が「チャーハン」と要望

兄は「めんどくせぇな」と吐き捨てるように言うと会計中の彼女さんを置いて卵を買いに別のスーパーに行ってしまった

家に戻った後も彼女さんに料理を手伝わせず無言で二人分のチャーハンを作り、「食え」と出して自分パソコンに向かいだす

彼女さんは泣きそうになってて、出てきたチャーハンに口を付けられずにいた(俺は食った)

俺が「おいしいですよ、食べましょう」と言っても「はい・・・」と返すだけでうつむいてしまいそのまま二時間ほど経った

から見たらマジでキレた兄は料理を作るどころか家から追い出すと思うし、言い過ぎたと思いながらもプライドが高いから取り繕えずに黙っている・・といった様子に見えた(そんなことをその場で指摘したら俺は殺される)

結局俺が兄に関係ない話題で喋りかけ、兄がぶっきらぼうにも返事することで場の緊張が和らぎ彼女さんは「あ・・た、食べますね」と飯を食うことができた

兄は怒った後もっと言葉フォローするべきだと思うし、彼女さんも怯えてしまうのは仕方ないけど、あんまりそれを引きずると兄も可哀想

どうしたらもっとうまくいくんだろう

あと、俺は彼女さんのこと好きになりそうなんだけどどうしよう?

妻が前世探しにハマりだしてもう限界

少し前に前世平安時代のお坊さんだったという人がTwitter話題になっていた。

自分は、まあよく練られた創作だと思って読んでいたが、面白かったのはたしかだ。なので、夫婦食事しているときに、つい「Twitter前世がお坊さんの人がバズってたけど、あの人の前世は誰なんだろうねえ」という話をしてしまった。

自分歴史好きだったので、一種知的ゲームをしているつもりだった。だが、それがまずかった。

それ以来、妻が取り憑かれたように前世について調べだして夫婦生活に大きな影響を及ぼしつつある。

妻が勝手ネットで調べている分にはもちろん害はないのだが、私が外出中も平安時代のお坊さんだった人の最新情報(↓のURLのような)をLINEで送ってきたりして、いちいち反応するのも面倒になってきたのだ。

http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/

http://www.yuiaochang.com/entry/2018/01/19/011317

https://galapgs.com/life/jinsei/zensei-heianjidai/

https://togetter.com/li/1191876

この手のものはまだ「面白い」とでも返事すればいい。だが、それにはとどまらず、ググって得たオカルト臭い知識前世記憶を思い出す方法みたいな)を私にも強要しようとしたり、「これは電波だろう」というようなURLを外出中でもLINEで送ってきて感想を求められるようになった。

↓のような電波ガチ勢にはどう反応していいかわらかない。こんなURLLINEで送られてきたらどう返事するのがいいのだろう。

http://tocana.jp/2016/02/post_8742_entry.html

https://www.arealme.com/lastlife/ja/

https://inoue.myearth.jp/past-life-memory/

ここ数日、家の中ではずっと前世の話をさせられていて、ほとほと限界が来ていたので、昨日「私の前世・・・」と妻が言いかけたとき、つい「日本人なんてほとんどが農民なんだからきっと名も無き百姓だよ。サラリーマンから水呑百姓だよ」と言ってしまった。

それ以来、妻が超絶不機嫌になってしまい、いちいち突っかかってくるようになった。なんでこんな目に遭わなきゃいけないのかたいへん理不尽な思いだ。「うーん、キミは美人から小野小町細川ガラシャかな?」とでも言ってやればよかったのだろうか。

女って本当に面倒くさいな。

Youtubeで見かける不快広告

気になって調べたらtopbuzzとかtiktokって言う動画アプリ広告らしい

増田では全然話題にならないよな

俺らって知らないことだらけだよな

毎日毎日色んなニュースがあって知らないことが話題にされてさ。本当に世の中は様々なことがあるよな。もちろん話題提供してくれる増田にもブクマにも色んな記事にも感謝や。色んなことをまだまだ知りたいな。

Twitterでの知り合いがミサンドリストになって帰って来た

Twitterでしばらく見かけなかったfollowerが浮上してきた。去年の10月前後の事だ。

その人とは以前百合アニメに関して波長が合っていたのでよくやり取りをしていた。その人が帰ってきたのは嬉しく感じた。

が、様子が少しおかしい。どうやらtogetterでよく見かけるような話題女性弁護士男性側の立場に立って見解を表明しているのに強く腹を立てている様子だった。

その人は必死になって弁護士反論リプライを送っていたけども、相手にされる訳もなく自分の無力さを深く嘆いていた。

そこからどんどんと思想過激化して行く。元々アルファツイッターユーザーのように周りから反響のあるタイプの人でもない普通の人が発信力を求めようとするとどうなるか? そう、発信力のあるラディカルフミニストやミサンドリストに擦り寄って行ったのである

「人を嫌うのは一人で嫌え」というのが心に刻みたい言葉だったそうだがそんな言葉とは裏腹にラディカルフミニストの過激意見バンバンRTして男性保守現代社会、とにかくあらゆるものを叩き始めた。アニメの話は殆どしなくなった。

何より悲しかったのはこのアニメに関する話で雑な見解披露し始めた事だ。例えば今期から始まった女子高生南極に行くアニメを取り上げた感想

女子高生テンプレ日常なんていらないから早く南極ロマンを取り上げて欲しい」

というものだった。嗚呼なんという雑な見解なんだろうか。かつてのアニメに対する向き合い方や感情を汲み取った深い考察を見せた姿はもはやそこには無かった。そこからはもう完全にただのミサンドリストとしての観察対象だった。女性は365日24時間男性からの悪意に晒されているらしい。それが彼女の口癖だった。

とは言えfollowerの事を悪く言いたく無かった俺は彼女の事をフェミニスト定義して呼んでいた。もしかしたらフェミニストの人はこう考えているかも知らないという思考を語ってみた。俺はフェミニスト気持ち理解しきれてないからそれでどうにか理解してみようと努力した。

ところがそれが彼女逆鱗に触れる。どうやら俺がフェミニストに対して雑なレッテル貼りをしあまつさえ同性のやらかし(センター試験に行く女子高生痴漢してもやりたい放題できるみたいなツイートが広まった事。自分のTLにそんなのが流れてこなかったので気付かなかった)に対して反省の意を述べない姿勢が気に入らなかったようだ。こうして俺はブロックされてしまった。

以下の事から分かるのは、人の事を理解しようとして思考実験をしても雑な見識を披露してしまうのでは意味が無いという事だ。触れるのならばちゃんとその辺を考えるべきだった。これは俺の反省点だ。

それとは別に思ったのは思想イデオロギーに染まりきる事に対しての恐ろしさだ。かつての知り合いだったfollowerがミサンドリストネトウヨ転向して行っているのを見ると、再会した友人が宗教にハマってて勧誘された事を思い出す。気持ちとしてはそれに近いものがあった。

とは言え、俺一人がこう嘆いた所で相手に届く事は難しいだろうし今回のようにブロックされてしまえばそれで終了してしまうだろう。その点では自分人の力では何もできないと嘆いていた彼女同類なのだ

そしてそれはまた自分がこのようなイデオロギーに染まる可能性があるという警告なのかもしれない。いや、もしかしたら既にそうなっているのかも……

Twitter話題になる映画の特徴

減点法で採点すると40点ぐらいになってしまうが、

加点法で採点すると1億点ぐらいになるやつ

近年だとマッドマックスとかガルパンとかHiGH&LOWとかバーフバリとか

はてなっていうほどウヨクか?

すごいリベラル主義的だと思うんだけどな。

生活面に関する話題ではむしろ統一されすぎてて気持ち悪いほどだ。


車とか酒とかの消費を当然のこととして要求してくる保守的価値観には一斉大ブーイングだし、

GBTについては当然の権利として支持する立場だし、

保守的家父長制的嗜好品たるタバコが大嫌いだし、

未婚者や童貞処女を圧迫したりいじろうとしたりする声には一致して反対するし、

これのどこがウヨクなのか。


こんなはてなで「ウヨクが増えた」と不満げな人って、逆にとても行儀悪いごく一部の人

リベラル主義を建前に超攻撃的・先鋭的な主張を繰り広げながら

主張内容に反論質問を受けるとちゃんと対応できずに

ネトウヨ!」と絶叫して拗ねちゃうような人達と言う印象。

人格的・知的にだらしない人達

anond:20180121103526

特にだれも知らなくていいなりきりチャット世界

10から休み休みながらもずっと非商業PBC(なりきりチャット)をやっている

版権はやったことなくてオリジナルのみ

昔はサイト登録していろんな人と関わり持ったりしてたけど

今は募集系で特定の人とがっつり長くかかわることが多い

今は5年くらいの付き合いのPLさんがいる

かいても大半の人にさっぱりだろうのでもうちょっと書く

PBCとはプレイバイチャットの略で、なりきりチャットと呼ばれることもある

なりきりチャットというと版権キャラの口調でおしゃべりするもの想像する人も多いだろうが

自分が参加してる界隈については、一人称視点交代式のオリジナル小説に近い

自分キャラクター視点から台詞と行動描写を行い、それを受けて相手がまた台詞と行動描写をする

最近は一回あたりのレス台詞・行動描写・情景描写を組み込んで1000字を超えることもある

PBCには商業サイトと非商業サイトがある

商業法人等によって運営される有料サービスである

少し前に話題になった「蓬莱学園」のweb版が近いと思うが

参加したことがないのでよくは知らない

商業サイト個人管理人によって運営され、原則無料である

商業でも、商業と似たようなサービスを行っているサイトもたくさんあるんだが

私の利用してきたのは、管理人は基本世界観を決めてチャットルームを用意するだけで、

あとは参加者自由におしゃべりを楽しむタイプのやつである

学園ものサイトなら教室図書館チャットルーム

町のサイトなら公園カフェ名前チャットルームというかんじ

そこでであった人と、キャラクターとして会話して人間関係を築く

まあ文字を使ったお人形遊びみたいなもんである

この頃は今より一回あたりのレス文字数は少なかった、多くて300字くらいだろうか

台詞動作や表情の描写くらい

しかし、この手のサイト社会人になるとなかなか時間が確保しにくくなった

同時に界隈全体が縮小傾向で人に会いづらくなったため

募集系やシチュ系と呼ばれるサイトに移行した

これは、はじめから

「こういう世界観で、こういう人間関係という設定でチャットしてください」と人を募るタイプ

これなら時間の空いたときにだけできる

また、幼稚園からの幼馴染みだろうがこの世で唯一無二の神だろうが、

お互いさえ了承していればどんな設定でも始められるのでキャラクターの幅が広がった

ここで今5年くらい続けている方とであい

ついでに文字数1000字ちかくなりリレー小説化して今に至る

PBCには相性というもんがある

この人の文章なら無限想像がわく、どんどん展開が思い浮かぶ、という人がいる

それはキャラクター(PC)の魅力はもちろんだが

中の人(PL)の技量によるところが大きい

何年も二人でリレー小説続けられるような、相性のいい相手出会えるのはひとえに運だ

PBCキャラクター同士が恋仲になろうが

このとき相手のPLさんに抱くのは恋愛感情でなく共同執筆者としての尊敬感謝である

…そう、ここまでぼかしてきたが、私がやっているPBCでは、

PC同士が恋仲になってるのだ

恋仲になるしエロいこともするのだわりとがっつりと

エロい展開の時はエロい行動とエロい台詞を相変わらず1000字くらいかいてお互いにリレーしている

エロチャット?と言われたらぐうの音もでないんだが

書いた通り、PLさん自身に対してエロい気持ちがあるわけではなく

あくまエロい小説を共同執筆してる感覚

でもこの一点があまりにも理解を得られなさそうで

私は自分PBCをしていることを、知り合いの誰にも言えていない

なんでこんなこと書いたのかというと、

たとえば私が死んだら、5年かけて築いたこ人間関係は消え去ってしまうんだな、と思ったからだ

人間関係と呼べるのかはわからない

名前も知らないしどんな人かも知らない、キャラクターを通じてしか会話していない

けれども、何年も何年も文字をやり取りし続けてきたことによる絆みたいなものはひっそりと感じている

こういう繋がりのある人がいて、長年付き合ってもらっていて、感謝と敬意と少しの仲間意識を感じていることを、

どこかに書き残しておきたかった

10年後にウナギを食べる方法

はてブでも話題になっているウナギ資源問題

僕たち一般消費者はどうするべきなのか?

政府水産庁が一切規制しない」のが腹立たしいのは確かだが、

彼らは日本国民気持ち忖度するという側面もあるんだよな。

なので皆が「食わせろ!」と言ったら規制しづらく、

逆にネット等で「食べない!」と声を挙げる事が無意味だとは思わない。

日本政府パンピーの動き・思惑に敏感だから

ウナギ食わせろー!」ってやつが多数なら制限をしないし、

逆に「絶滅危惧種生物食うのって恥ずくね?」という価値観が広まれ

政府規制をしやすくなる。(逆に今は忖度をして規制しづらい状況)

偽善でもカッコつけとでも何と言われてもいいが、

俺は50年後もウナギを食べられる環境にしたいから、

ウナギ断ちをしてる奴はおめでてえわ笑」「今からウナギ食ってきま(笑」とか言っちゃうブコメの奴に

ノーを突きつけたいと思う。

それにウナギかわいいもんな。

2018年キッズ向けアニメ激動の年になるか

キッズ向けアニメといえば、「妖怪ウォッチ」の社会現象的大ヒットが記憶に新しいが、妖怪ウォッチの大ヒットは2014年出来事である。(なお、現在妖怪ウォッチアニメは好評放送である

今年のキッズアニメの動きといえば、SNSで既に話題になっている「新幹線変形ロボ シンカリオン」。プラレールタカラトミーの不動のヒット商品なので、さらに売り上げを伸ばせたら万々歳である

また、子供向けとして作ってるのかわからないが、「カードキャプターさくら」も20年ぶりくらいに新シリーズクリアカード編」が放映され、既に話題である

意外な伏兵が、バンダイが送るプラモデル販促アニメポチっと発明ピカちんキット」だ。コンセプトとしては発表されたばかりの「Nintendo Labo」に近い、自分で組み立てて、自分で遊び方を考えるというタイプおもちゃだ。

Nintendo Labo」につぶされてしまう気もするが、ピカちんキットの強みは、キットの値段が1200円程度で最近おもちゃにしては手ごろである点。次に、お手本のように販促が巧妙なアニメ(と後半の実写パート)の作り。そして何よりコロコロコミック連載というのがぶっちゃけかなり強い。

さて、女児向けアニメも今年は動きがありそうだ。

大手ともいえる「プリキュアシリーズ10周年を迎えたあたりの時期は売上高が落ち込んだ時期があったが、ここ数年は回復傾向にある。

15作目となる今年の「HUGっと!プリキュア」は、少し前から女児向けでヒットしている「子育て・お世話」の要素を取り入れている(これは魔法つかいプリキュアでもあった)。

更に、シリーズディレクターにはニチアサ伝説ヒットメーカーである佐藤順一監督が「おジャ魔女どれみ」以来の登板である。これがプリキュアにどういう変化をもたらすか、気になるところ。

アイカツ!シリーズでは、「アイカツフレンズ!」が商標登録されたとの話があり、2016年から放映されている「アイカツスターズ!」が終了し、新シリーズが開始となる可能性が濃厚である

爆発的ヒットを記録した女児向けアーケードゲームであるアイカツ!は、競合のヒットの影響もあり、ここのところ低調傾向にある。新シリーズがどういう方向性となるか注目が集まる。

同じく女児向けアーケードゲームの「プリパラ」は、「プリティーリズムから続く「プリティシリーズであるが、アイカツ!を抑え込む勢いのヒットを記録しており、現在は新シリーズアイドルタイムプリパラ」が放映されている。が、女児向けアーケード市場自体がやや落ち着きを見せている感があり、プリパラ例外ではない。

そのタイミングで、新プロジェクトプリティオールフレンズ」が発表された。アニメの新シリーズかは定かではないが、今年何らかの動きがあるのは間違いないだろう。

春にはヒットメーカーレベルファイブの人気シリーズイナズマイレブン」の新シリーズが放映予定だ。さらに「レイトンシリーズアニメも予定されている。

キャプテン翼」も再アニメ化されるし、「メジャーセカンド」も放映される。「火ノ丸相撲」のアニメ化もアツい。

バンダイ小学館東映アニメーションによる「爆釣(ばくつり)バーハンター」もコロコロコミック連載だし注目度高い。

ゲゲゲの鬼太郎」の新シリーズは、ここ数年巨大な売り上げを記録してきた「ドラゴンボール超」の後枠を担う形となる。安定した人気のドラゴンボールが一旦終了となるのはかなり驚き。

ドラえもん」の春映画脚本川村元気主題歌星野源と、かなりヒットを狙った布陣だし、「コナン」や「クレしん」も今年も好調に行くだろう。

ポケモンシリーズは、今年も「キミに決めた!」と同方向の映画をやる予定で、キャラデザドラえもんにずっと関わっていた金子志津枝さんで、かなり可愛らしい絵柄となっている。

また、アニメではないがハリウッド映画の「名探偵ピカチュウ」が2019年にある。

アニメに対する「売上」という言葉は、深夜アニメ円盤の売れ行きを語る「売上厨」というネガティブイメージが強いと思うが、何気に一番売上にうるさいのはキッズ向け番組を見ている大人(の一部)である

長期シリーズものでは毎年売上高上下で煽る輩がいるし、アニメの評判が良くても玩具が売れないとめちゃくちゃ叩く人がいる。

まあ、ここまでうだうだと書いてきたのだが、そんなのは脇に置いて、今年も面白いアニメたくさん見てワクワクしたいものである

2018-01-21

anond:20180121145134

追記読んだけど、ブコメもう書いちゃったからこっちに書く。

とりあえず件のTogetterの話と関係ないならタイトル修正して該当部分打ち消し線引いておいたほうがいいよ

それじゃあ書くけど

私は自分安心して暮らすために、家に住んでいる。この家には他人を入れたくない。知り合いだろうが、知らない人だろうが、一切入れたくない。

はたして、これは私が、私以外の人間に対して差別していることになるのだろうか。

去年から差別話題が多く挙がるが、なにが差別なのか分からなすぎる。

自分は件の話の方にはどちらかというと批判的なんだけど、元増田のそれはほとんどの場合において差別じゃないと言える。理由は、次のふたつのことが言えるから

元増田の考え方は「家は他者干渉なく安らかに過ごせる場所でありたい」という、およそ大体の人間が持っている自分の住家に対する望みの過激な言い換えでしかなく、正直言って傍から見てる限りでは、togetterでの論争に対する出来の悪い藁人形的なカウンターしか読めない

分かったら風呂入ってしっかり寝て明日に備えて

喋るのがめんどくさい

当方プログラマ

最近会社で隣になった女の子と少し仲良くなったのだけど。

俺は会社だと特に喋る必要がなければ一言も喋らない事もある。

しかし、だからといってまったく無駄話しないかといえば、したくなれば自分からそのへんの同僚に話しかけることもある。

それとかエネルギー使うのやだなーめんどくせーから喋りたくないなーって日でも、話しかけれれば切り替えて普通に対応はしている。(つもり)

まり気分次第で長く黙ることもあれば喋るときとある自分的には黙ってるほうが多いと思う。

でさあ。

そのとなりの子とは仕事的にはあんまり接点がなくて、まー隣になったから飯でもって何回か飯食いに行ったりしたんだけど。最初はお互い興味もあって仕事中の雑談の弾んだ感じもあったけど、そのうち共通話題もなくなってきてさ。

でもって、前に書いたかんじで仕事中一日黙って話しかけない日(つまり仕事に集中してるんだ)があると、目に見えて機嫌が悪くなんのよね。詳細は書かないけど、目を合わせてくんなかったりして。いや、お前の思い過ごしだろ?って思うじゃん。そうじゃないんだよね。

なんつーか、喋んないからって嫌いとか、まったくそんな感情はないんだけど。

から気を使って、話しかけてんだよね。でもなんだかなあ、って感じ。

俺間違ってんのかな?こっちが黙ってることで向こうが勝手に抱く感情責任はないよね?

しゃべんのめんどくせえよー。

anond:20180121213122

一連の話題元増田は街の話をしているのでは。

イオンタウンやらイケハヤランドみたいなものでいいなら御自由にどうぞ。

ただ、憲法にもある居住移転の自由制限するケースには反発されて当然だと思いますよ。

anond:20180121204637

お前あのアプリで30手前の焦った女ヤリ逃げして話題になりかけた奴じゃね?

アラサー女どう思ってんの?

結婚ちらつかせれば入れ食い状態無料の肉便器だとしか思ってないの?

年食ったら腐ったほうれん草みたいなシワくちゃになって自滅するんだから、ほっとけよ。

誰でもいいか結婚してくれよ。

ぷよぷよの普及でぷよらーが対立しているけど

前に、ぷよらーがTwitterする時に気を付けたい性格プレイヤーの紹介をしました

今日ぷよぷよを普及させたいあまり、他のプレイヤーグループとの対立があるようなので、一般的目線対立してる場合じゃない事を軽く書いていきます

1. 普及させようと躍起になっているプレイヤー勘違いしているところ

ぷよぷよが世に出て26年?

今も世間一般にも名が知られているのは、ぷよクエなど頒布しているSEGAレッドブルスポンサーイベントなど企業活動に拠る処が大きいです

コンパイル過去の偉業もあります

ぷよらーの交流ネットACの垣根を越えてきているので評価できますが、普及はなかなか難しいです

SEGA活動に拠る処がほとんどなのにその事に目を背け、ユーザー活動、更には自分所属するゲーセンメンバーでの活動を至高の広報活動だと捉えるプレイヤー

この手のACプレイヤーが他のACぷよらーグループ批判し、更に、他のグループとの対立煽りを促しています

Twitterで裏垢作って松戸などの関東勢批判したり、個人ツイート単位批判している人もチラホラいます

これバレたら藤江総スカン

(藤江は一例)

そうやって、所属するACメンバーが最も優れている扱いを受ける手法やめにしませんか?

2. 悪い所の方が人の噂になりやす

ぷよクエ知名度高いです

レッドブル大会に取り上げられたこと、これはゲーマーの間では知名度の高い話題になりそうです

でも、AC活動基本的AC向けで、ネット大会活動基本的ネットプレイヤー向け

興味をもってオンとオフリンクするぷよらーが増えることは良いことですが、新規が極端に増えるわけじゃないです

それよりも

マジカストーン

これの方が破壊力が大きかったです

インターネットニュース見ている人なら目に入る

ぷよぷよが全盛期だった頃を知っている世代20代後半以降でしょうからぷよクエプレイヤーの年層から外れた大人にも興味を持たれます

そしてぷよらーやぷよぷよについて飽きられる

足引っ張る活動の方が目立つし拡散する

ゲーマー日常生活にも情報が伝わってくる

AC主催メンバーオンライン主催メンバープラスを求めるのもいいけれどマイナスの印象をどれだけ抑えられるかが大切だという話でした

anond:20180121165017

クラス会社レベルなら綺麗な方かな

というのも、女のスペックというと顔しか考えつかない男の発想っぽい。

女で金が無いと言う事を主張するのに普通は顔の良し悪しなんて書こうという発想はしない

(金と関係いから。モテ非モテとか結婚出来ないとかそういう話題なら書くだろうけど)し、

自分自分を「クラス会社内で綺麗な方」と言えるほどに自分容姿に自信満々な女が

特別これといって秀でた特徴もない」などと思ってるわけもない。

商業になりつつある同人誌

時代の流れなんだろうが。

 

売れるためのレイアウト

こうすれば部数が上がった

 

などなどのまとめを最近よく見る

そりゃ売れないよりは売れたほうがいいからそうなんだけどね。

 

175といわれるジャンルジプシーや、限定商法などなど、ありとあらゆる手で売れようと宣伝する同人サークルの増えたこ

……ちがう。

戻ったのだ。

まだ同人世界税務署が気づかなかった時代

大手サークルは売り上げで売り子を引き連れ、海外旅行に行き、自分プロデュースビデオ!を出し、某大手サークルに至っては、二次創作本人の声優呼んでイベントしたりしていたあのとち狂った時代

ここまで騒がれていながらも一般世界ではまーったく知られていなかった時代

最近あの頃のことを思い出す

どのサークルもほっとけば売れはしたが、もっと売れよう売れようと必死だった

意味のない特殊紙で豪勢な本を出したりしていた

最近鬼太郎の再アニメとか、昔のリバイバルが増えたと話題だが、同人誌も一周回ってバブルのころに戻っている気がする

 

男性向け事情は知らないが、そんな中、女性向けサークルでいつも大手ジャンルで壁にいた漫画家さんが、どマイナージャンルにはまっていきなり消えたことがあった

最近コミケのWebカタログのせいで、ジャンルが変わろうがサークル名が変わろうが追いかけられてしまうので、新しいスペースに行ってみたら、いつもシャッター前だったサークルさんが島中で売っていて衝撃だった

買った本は、愛の感じられるいい話で、感動した

このサークルさん、おそらくうん百万円単位の売り上げを失ったはずなのに、それでも移ったんだなあ。

最近商業主義に染まりつつある同人界の中でも、こういうサークルさんがまだまだいるのだからそう捨てたものじゃないのかも

anond:20180121141438

ああ、ここには音楽話題が出たら「常に」ゴミどうのこうの言うやつがいるんだよ。

わかってて突っ込んでるのならいいけど、もし知らなかったら参考までに。

anond:20180121150602

安倍botのせいで左関係話題に触れられないんだと思うよ

anond:20180121144310

よそで論破されて悔しいからってここに同じ話題持ってきて同情引いて敗者復活しようとするのは本当に見苦しいと思います

元の場所でやり返せないくらい負けてしまったなら

まずネットを離れて冷静になって考え直すことから始めないとレベルが下がる一方でしょう

女性だけの街は差別なのか

差別だという人は、性別判断しており男性蔑視である、だから差別であると主張する。

私は自分安心して暮らすために、家に住んでいる。この家には他人を入れたくない。知り合いだろうが、知らない人だろうが、一切入れたくない。

はたして、これは私が、私以外の人間に対して差別していることになるのだろうか。

去年から差別話題が多く挙がるが、なにが差別なのか分からなすぎる。

追記

タイトルがまずかったので、女性だけの街の議論活性化されていますが、私が知りたいのは、私の行為差別と言えるか言えないかです。人を入れないのは、人間を疑ってかかっているからであり、人間を見下しているからだと言っても過言ではない。この人間の部分が特定種族であったら確実に差別になるような気がする。

あと、公私で分けろと言う人は、"私"での人を見下し、差別的行為を行うことは、特に咎められず個人自由範囲だと考えているのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん