「キス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キスとは

2018-12-18

E君にバレてた

この間E君の家に泊まったとき、深夜寝ていたE君にキスをした。朝起きたとき普通で、Eにはバレてないと思ってた。でも次に会ったときにハッキリと言われた。

「前々から感じていたが、増田はそっちの気があるんだな。俺にはそういう趣味はない。増田とは今まで通り友達だけど、ああいうのはやめてな。」

ああバレちゃったなって思った。全然怒る感じじゃなくて、何かを納得するような話方だった。その後も何回か遊びに行ってるけど普通友達として今まで通り接してくれてる。そう言うところが好きなんだよね。

2018-12-16

ふれたかったのは君らしさ

彼の住んでいるらしい町に降り立つのはもう10回目以上だった。この1年、私は自分実家がある町よりも彼の町に足を運んでいる。私の住んでいるところから彼の町なんて新幹線でも3時間半かかるというのに。彼の町に行ったところで彼には会えないけれどそんなことはどうでもよかった。

彼が、彼の人格をきっと形成した場所に、今日は初めて行った。私はものすごく寒がりで、冷え性で、体力もなくて、暗いところも嫌いで、でもいつか彼とデートするときに着たいななんて試着室で思ってカードを切った膝上丈のマーキュリーデュオワンピに履いてないも同然の薄いストッキング、8センチヒールブーツで、駅から20分私は歩き続けて、彼の痕跡今日も辿った。

野球グラウンドに降り立つの人生でも初めてだった。彼と出会う前もなかったから、初めてをまた彼に捧げられた気がして、嬉しかった。私はたくさんの初めてを彼に捧げてきたけど、彼はそのどれも、私が初めてだったことさえ知らないんだ。

グラウンドに踏み入る前、少し緊張した。一呼吸してから一歩踏み出した。数歩歩いたところで、公園電気が全て消えた。どうやら夜10時で消灯するようだった。あまりにも暗くて、ケータイライトで足元を照らしたがあんまり意味はなさなかった。

10月の末に、この公園の外から野球練習をする少年たちとコーチ大人を眺めたことがあった。彼は、野球を辞めてからもう4年が経つのに、今も野球がきっと大好きだし大切だ。そういう彼も好き。YouTubeで見た彼の声の出し方と、この時見たキャッチャー男の子の声の出し方が同じで、また彼らしさに触れられた気がして、嬉しかった。

真っ暗だし、一塁や二塁のベースも置いてなくて、でも彼の位置まで歩いた。途中、少し盛り上がってるところがあって、ここがピッチャー位置か、この前わたしキスされた彼の元相棒は、ここから彼をずっと見ていたのか、など考えた。

キャッチャーの、位置についた。なんと呼ぶのかもわからない。ホームベース、でいいのだろうか。ただ、絶対に数年前彼がいた場所だった。彼は、ピッチャーを勧められたこともあったけど真剣な顔のバッターと向き合うと笑ってしまうからだめで、オレはマウンド全体を眺める方が好きだった、と以前話していたことを思い出した。グラウンド、初めてこんな位置から見たけれどすごく広く感じた。ここで、彼はグラウンドに響き渡る大きな声を出し続けて、チームメイト鼓舞し続けて、成長してきたんだ。

なんとなく目の奥が熱くなって胸が苦しくなった。寒いからだと自分言い訳しながら、一塁ベースがあるだろう方に歩き出した。グラウンドを歩きながら、何人か覚えた彼の元チームメイト達の名前ポジションが頭をよぎった。彼は、私がこんなことまで記憶しているなんてさすがに思ってもいないだろう。

こんなこと彼じゃないとしない。家の中ですら真っ暗なところは歩けないし、中一の時男の人に追いかけられたこともあるし夜道を1人で歩き続けるなんて怖くて仕方がない。でも彼は、やっぱり私にとって特別で、大好きで、なんでもいいから彼を今夜感じたかった。

グラウンドを歩いて、そろそろ出ようと歩きながら、また彼との思い出がありすぎることを思い出した。彼を好きになって、もう2年が経つ。特にこの1年は、私にとっては奇跡運命を感じる出来事ばかりだった。でも、そのどれをとってもきっと彼にとっては運命なんてものではない。その事実が私を改めて苦しめた。だからと言って好きなのをやめる気には全くならない。

なんとなく、彼がそうするんじゃないかと思って、グラウンドを出て、振り返って一礼をした。私の中の彼はきっとそうするんだ。

今付き合ってる人

全然下ネタ言わない

ほんとに言わない

今までの彼氏いったいなんだったの?ってぐらい言わない

すごい嬉しい

下着・脚の写真ほしいとか、電話キス音ほしいとか、次のデートでするセックスの具体的な行為予定とか、私の父親の車がラブホにあったらどうする?とかい無意味質問とか

一切ない

聖人か?

その感性もほんとに好き

2018-12-15

アラサー喪女、昨日生まれてはじめて男の人とキスしたりからだを触りあったりしたんですけど、今日は一人でベッドに寝転んでずーっとそのことばっか考えて一日が潰れてしまった。自分の身に起きた出来事とか言われた言葉とか、同じことをマジで何度も反芻してしてるだけで時間が経ってる。最後まではしてないのにこれだけ意識持っていかれるのにセックスとかしたらどうなっちゃうんですか?セックスした翌日に平然と社会生活を送る人間もいるわけだよね?すごすぎでしょ

交際セックスが入ってるのが無理

この人とパートナーになりたい、一緒の時間を過ごしたいという気持ちと、性欲を抱けるかって別ベクトルだと思う。

人間性に惚れた人が必ずしも性的な魅力あるとは限らないじゃん。一緒に食事して笑って手をつないで帰って添い寝して……そしてまた一日が始めたいとは思えても、その間にキスとかセックスとかが挟まると思うと、相手がそういうのを求めてるのかと思うと、交際するというのがどうしても億劫になる。

逆に性的魅力で選ぶと、今度は人間性に惹かれなかったり。どっちも具えてる人なんて奇跡でも起こらない限り見つからないんじゃ?

極端な話、セックスしなくていいんなら下方婚増えると思うし、下方恋愛もっと増えると思う

2018-12-14

アラサー処女だったのに出会い系10歳上と不倫をはじめてしまった

ブスだと気づくのが遅かった。高校生くらいだろうか。そしてどんどん太って更に恋愛自分関係なくなった。

ひとを好きになって拒否されて傷つく勇気もなく完全な諦めから仕事趣味にせっせと生きていたんだけど

転職して生活に余裕ができて、趣味に飽きた。時間が余った。

歳も歳なので婚活か?と思い婚活をはじめた。アプリではじめて男の人にチヤホヤされて舞い上がった。

あいアプリ登録してすぐが1番たくさんいいね!や、メールがくる。

から次々と色んなサイト登録アプリインストールした。

堅い婚活から最終的には某出会い系サイトに辿り着いた。

性の対象にされることすら新鮮で面白かった。会うのに抵抗はなかったけどさすがに

初対面とどこのどいつかわからない人とセックスは出来ないと思っていたし

検索メール→会う の繰り返しは疲れるしそもそもブスなのでうまくいかないし飽きてきていた。

で件の人に会ってのみにいった。かえるところでいきなりキスされた。

まともなキスははじめてだった。タイプだったこともあったしキスされて好きになってしまった。

躊躇のないアプローチに完全に屈した。コンプレックスさえ褒められて、度重なるキスも、すごい力で抱きしめられるのも毎日LINEも、ぜんぶはじめてだった。

キス最初からディープだった)

会って4回目で体を許した。

挿入のその瞬間は痛かった。けど気持ちいいと言っていたからよかった。初日から2回戦、あたまがおかしくなるかとおもった。

自分でも知らない自分の声がでた。

この先がこわいからやめたいのと同時に会いたくてしょうがない

しんど

2018-12-13

付き合う前に手は繋がない

酔っ払って、やっちゃうことってある。

イケメンでうまかったしいいやって時も、なんでやったんだろうって虚無感でしにそうなときもある。ヤリマンとまでもいかないけど、やるのは好きだし、メンヘラだし。まあそういう夜もある。

で、まあ、付き合う前に手を繋ぐのもありえないって子がいてびっくりした。それを周りに話したら、「付き合う前に手繋がないでしょ、やるなんて絶対ありえない派」が意外といるってわかってびっくりした。その人たちへメッセージです。

付き合う前に絶対やらないって言ったんだから、もし万が一菅田将暉ホテル行こうって言われても断れよ。もし、千葉雄大キスされそうになっても断れよ。吉沢亮に手繋がれそうになっても、付き合ってないのにありえないって断れよ。

童貞好きとかいうな。穢れがないから?手絶対繋いでこないのかな童貞は。童貞とやったことないくせに。やってから言って。

そういう行為が嫌いっていうのも辞めろ、潔癖ならわかるけど、経験人数1、2人で気持ちよくないって決めつけるな、彼氏が下手なだけかもしれない。そういうと絶対下手じゃないっていうのなんなんだ。

お願いだから結婚して、妊活でわけわからん高い水買って、体温測って、セックスする日カレンダーに印して、作業みたいなセックスをしてほしい。最終的に体外受精とかして子ども作ってほしい。お幸せに。

2018-12-12

友達のE君の家に泊まった

危なかった。男色趣味がバレるところだった。お酒があればいけたかな。あ、でもローション無かったしどちらにせよ駄目だったな。おふざけと称してちんこ触れるのが男同士の特権だね。深夜、E君が寝顔にキスしたのはバレてないかな。バレてないといいな。

「E君の寝顔」の間違い

公然わいせつ罪の保護法益を”見たくない権利”にするべきか

と書くと「え、見たくない権利じゃないの?」と思うかもしれないが実は違う。公然わいせつ罪の保護法益も現時点では”最低限の性道徳であるとされている。

から公然わいせつ罪が成立するのは露出狂などに限らない。現在では、『ストリップ性器が見えた』『乱交パーティー参加者不特定多数相手募集して開催した』『キャンプ場を貸し切ってAV撮影した』なども公然わいせつ罪となる。

それは法律としていかがなものか、ということで保護法益を”見たくない権利”にするべきという主張もある。

だが、”見たくないようなわいせつ行為”をどのような基準で設定するべきなのかという議論は残る。候補は3つほど考えられる。

1.完全に主観

要は『見て不快になった人がいたらアウト』である。この基準で行けば見た人の『見たくない権利』は完全に守られる。

一方で、駅前カップルキスをしているところを、たまたまキスであってもわいせつ行為であるとして不快になる」という性嫌悪の人が目撃して訴えたら罪になることが妥当なのか、という問題は残る。

2.完全に客観

事情がない限り(※←追い剥ぎに服を全部奪われたなどは仕方ない)○○が見えたらアウト』のように客観的に設定する。

このようにすれば、「私は性嫌悪で、キスシーンを見ただけでもわいせつ行為であるとして不快になる。にも関わらず駅前カップルキスをしているところを目撃して不快になった」などは罪にならない。

だが逆に、「○○氏はキスシーンを見ただけでも不快になる性嫌悪であるそいつへの嫌がらせとして、目の前で彼女キスすることを繰り返してやりました」も罪にならない。それは妥当であるかという問題は残る。

3.原則として客観、ただし相手事情承知した上で行う行為は一部主観を認める

ちなみに強盗罪基準はこれに近く、強盗罪が成立するための暴力は『相手の反抗しようという気持ちを押さえつける程度』が基準となる。

原則としては客観判断するが、『相手特に弱気であることを分かった上で』の抑えめの暴力場合は成立することがある。

公然わいせつの”見たくない権利”にも似たような基準として、『原則としては○○が見えたらアウト。ただし、相手特に性に潔癖だったりすることを承知の上で行う場合はその限りではない』とする。上記の1と2の折衷である

ただしこの場合、「○○氏はキスシーンを見ただけでも不快になる性嫌悪であるそいつへの嫌がらせとして、目の前で彼女キスすることを繰り返してやりました」は確かに罪になるかもしれないが、同様に

杉田水脈の『同性愛生産性がない』発言への抗議として、同性愛者が集まって杉田水脈の前でキスして見せました」を杉田水脈公然わいせつと訴えた場合は罪にしなければならなくなるかもしれない。それは妥当であるか。

はてなーの皆様はどう考えますか?

美人だが34までしょじょだった

子供のころから可愛い美人と言われて育ち

大学大学院でもモテまくったが34で結婚するまで処女だった。

童貞だったエントリが多発してるので便乗


結婚まで処女だった理由はただ一点。

デキ婚したくなかったし、生まれてくるかもしれない自分の子どもに

お母さんがだらしないと思われたくないというのが1番の理由

産むかわかりもしない子どものためって何言ってるの?って思うかもしれないけど

これだけが理由。今思うとびっくりだよね。


小学校の時は男子サッカーやドッチボールを一緒にやってて

仲間って感じだったけど、中学くらいからは周りの男子自分への態度が違ってきた。

告白ってのをされるようになって、一緒に帰るだけの彼氏ができたのもこのころ。

もちろんなにもしてない。そもそも付き合うって何かわかってなかった。

このころ、女子の一部から可愛いと思って調子に乗ってるとか先生お気に入りから調子に乗ってるとか、言われたみたいだが実害がないので無視PTAで私が美人で評判だと母から噂を聞く。私は友人や先生から「お母さんがすごく美人だが年齢はいくつか」って聞かれたよお母さん。

高校女子校で男子接触せず、大学理系で男ばかりだった。

男性小学校の時のノリで仲間としか思っていなかったが

いろんな人からドライブに誘われたりしたなあ。

そして、男友達もたくさんできて海見に行ったり、星見に行ったりしてた。アウトドアしかった。

そんな中ではっきり告白してくる人たちが現れた。

付き合う意義を見出せずお断りすることに。

そのうち女子の一部から調子に乗ってるなど暴言を吐かれているという情報があったが実害がないので無視

そのうち尊敬できる先輩から告白され、お付き合いすることに。

何回もデートし、旅行も行ったが結婚まで処女でいるポリシーを話してあったのでキスまででそれいじょうはなし。でも3年ほど経って遠距離になり別れる。

就職後もいろんな先輩達からお誘い告白されるも、業務不都合があるのでお断りし続ける。

一部の先輩女子から調子に乗ってるとか悪口を言われてるという噂を耳にしたが、

くだらないので無視

顧客から告白されたり、仕事で知り合ったお金持ちのおじさまにお食事に誘われたり

色々大変だった社会人生活

中学時代同級生と再会し付き合い始め、8年目で結婚にこぎつけました。

やっと処女じゃなくなったが、みんな若い時だから痛くないのかな。

おそらく私が処女だって知らないで下ネタかましたり

モーションかけてたなあって人今振り返るといっぱいいます

経験豊富でないことに臆病な男性もいらっしゃるかとは思いますが、

経験豊富だと思われそうな容姿であっても未経験者は結構いると思います

からもっとみんな自由になればいいのにって思います

そろそろクリスマスなのでクリスマスまでに彼氏彼女、って話がでてくると思います

クリスマスから異性と過ごさないといけないとか経験をしないといけないって誰が決めました?

もっと自由自分らしく生きましょう

2018-12-11

anond:20181210224422

経験いからわからないけど

キスならちょっと顔を傾ければ大丈夫な気がするけど当たっちゃうのかな

それよりセックスするときメガネってかけてるのかな

経験いからわからないけどセックスってなんかすごい動くみたいだし

上になったり下になったりするんでしょ?

メガネがずれまくらないのかな

あとなんか曇ってきそうだし

レンズに変な汁とか付きそうだし

メガネの人ってどうしてるんだろうね

きな子告白した結果大爆死した俺を笑ってくれ

デートの去り際に告白したんだ、

俺「何か忘れもんねーか?」

女「うん、大丈夫だけど」

俺「あんだろ、もっと探せよ」

女「え?どういうこと?」

俺「バーカ(キスする)」

女「!????

俺(手でハートマーク作ってウインクする)

女「え…え…」

俺「そゆこと(落ちたな)」

女「ほんと無理…ありえないんだけど」

俺「ご、ごめん…」

女「無理無理無理無理」

俺「本当にごめん…(手のハートマークを解除)」

女「もう近付かないで、じゃあね」

俺「ちょ、ちょっと待ってくれ!」

女「来ないで(怒りに満ちた大声)」

俺「…」

そしたらこの有様だよ、笑えよ…

2018-12-10

anond:20181210224422

眼鏡とき邪魔されなくね?

どうやってキスしてるんだよ

メガネをお互いにかけてるカップルに聞きたいんだけど

キスってできるの?今後のために是非体験談聞きたい。

浮気される気持ちってこういうことか

自分に元気がないのは感じる

だけどなんとか死のうとは思わないで生きている

飲まないお酒を夜中毎日飲むようになった

寝ようとすると涙がでてくる

何もする気力がおきない

自分が情けない

やっぱり死にたいのかもしれない

自分のどこが悪かったのかな」「どうして浮気なんて」「浮気相手のどこがよかったんだろ」「自分と違って可愛いんだろうな」「そういえば女子力高い人が会社にいるとか言ってたな」「会社飲み会写真で隣に座ってたあの笑顔可愛い人かな」「なんで浮気相手の子可愛いとか言ってんだろ私」「ああ、あの頃からもうすでに遊んでたのかな」「私が家であほみたいに家事やってるときに遊んでたのかな」「キスはいつしたのかな」「セックスはどこでしたんだろう」「私の顔思い浮かんだりしないのかな」「しないか」「私との思い出とか思いださないのかな」「ないか」「私ただの家政婦だったんかな」「また自分に自信がない頃の自分に後戻りだ」「いや簡単に人を信じた自分のせいじゃないか」「あれだけ人に依存するのはやめようって自分と誓ったのに忘れてた」「あほだなぁ」「自己責任じゃん」

人に大切にしてもらうって大変なことなんだな

そりゃ他人だもんな

ほぼ童貞

突然だが俺の女性遍歴を書く

まず中学生の時、ませていたのかよくわからん同級生女子に突然告白された

普通より早いのか遅いのかわからんが当時の俺はまだ精通をしてなく、さらにその子に対しても特に恋愛感情も持っていなかったが、女子と付き合うということに有る種のステータスを感じ、そのまま付き合うようになった

付き合いはじめてから半年ほどで別れることになるよくある学生恋愛だが、結局最後まで恋愛感情が湧くことはなく、今思えばひどい男であったが、これでは振られて当然であろう

の子とはキスまでした

その後中学高校特に何もなく、大学に入ってから同級生女の子と酒の席で1度だけキスをした

酔った勢いみたいなもので、これはまあノーカンとしていいだろう

成人式も久しぶりに再開した友人と遊んだくらいでほかは何もなく、男臭い青春だったなと振り返りつつ大学を出てから、ここでようやくはじめてネットで知り合った人とセックスをした

これが俺の童貞卒業である

の子普通に付き合っている男がいるらしく、やはり俺も恋愛感情など持っていなかったが、据え膳食わぬはなんちゃらと言うし、というか単純に童貞をさっさと捨てたかったので、1度だけセックスをした

そんな理由でしたセックスだったので、射精快感以上の感慨が特段湧くものでもなく、まあこんなものか、という感じであった

他人の肌は温かかった

その直後くらい、飲み屋出会った女と自身2度目のセックスをした

この女が最悪で、詳細は省くが、なんかくせーなと思ったら案の定性病をおすそ分けされた

あとなんかアムウェイ進めてくるようになったのでLINEブロックした

この体験が数年前で、その後キスどころか手をつなぐことすらなく、ましてや中学生以来他人と付き合うということを未だに経験していない

もちろん風俗にも行ったことがない

上長々と自分語りであったが、この状態自分に対してほぼ童貞という言葉を使わせてもらうのを許してほしい

自分童貞で無いことは確実であるが(なんせ2度もセックスをしたのだから)、未だに女性器の構造をよく分かってないし、腰の振り方もわからんし、同年代女性とふと手が触れるだけでドキドキしてしま

ていうか他人と付き合うってどういう状態なのかもよくわからん

反論諸氏は俺のようなこういう状態に対して、適切なワードがあればぜひ教えてほしい、今度からそれ自称するから

クソどうでもいい追記

そういえば大学の時に女の先輩にフェラと手マンをしあったのを今の今まで完全に忘れていた

その人も別に付き合っている人がいたのに

なんで忘れてたのだろう

2018-12-09

恋は病気で、愛は癌


彼氏ができた。2年ぶりくらい。

当時はデリヘル嬢とラウンジの掛け持ちしてた。

理由遊ぶ金欲しさ普通に顔が可愛かったし、今でも可愛い。ので、それを使いたかった。普通に働いて、しょーもないお金もらって満足したくなかった。

JKの頃からウリをしてたし、貞操観念のなさと、常識のなさに自信があったのでまともに働かず、大学中退して、6時間くらいを週に3日と、ラウンジ出勤。それでなんとなーく生きてた。好きなものは買えたし、我慢とかしたくなかった。

でも、彼氏ができた。

見た目は普通だけど、漂うオタク感が払拭できないタイプ男性。夜職をしてるんだろうなという雰囲気がうっすらとあるわたし

ふたりで歩いてて、なんだか違和感がある。

どうしてだか、何故か一緒にいて落ち着いた。たくさん二人で飲みに行ったし、推しについて語った。好きと言われた時ドキドキした。抱きしめられた時、体温が嫌じゃなかった。風俗ラウンジしてることは言ってないけど、薄々察してるんだとは思ったかラウンジで働いてることだけ言った。

なーんにもせずに同じベッドで寝ただけの彼をみて驚いた。童貞ってすごいって。

でも、初めて寝てる人間の顔を見て、この人を守りたいと思った。どうやって守れるかわからないのに。

それで、まあ、紆余曲折ありつつ、おつきあいして2ヶ月すこしでようやく、彼が緊張しながら初童貞わたしで捨てた。

まあそれが痛くて気持ちよくなくてびっくりした。

セックスが嫌いだったのに、もっと嫌いになった。ブラを外すのも下手だし、キスなんてもっと下手だし、それなのにちんこだけはデカくて腹が立ったし。

ほんとうに下手くそで嫌になった。

途中「もうやめない?」って言った。

それくらい下手。ほんとうに。

終わった後、わたしは柄にもなくキレて、温厚な彼をビビらせた。そしたら、ふわふわした顔で「次につなげたいかディベートをしよう」って提案してきた。風俗嬢なのに、ラウンジ嬢で、男の人を転がすのが仕事なのに、なぜか彼氏セックスする前に、意見交換が行われ、終わると良かった点、悪かった点を挙げて次へ繋げた。

本当に謎の行為。面倒。でもやってたってことは大好きだったんだろうな。

で、一年半くらい経ってすごいでかめ喧嘩をした。結婚の話とか出てるとき。色々もめたけど、まあ結局は、彼が歩み寄ってくれて解決した。

それでね、まあ本題なんだけど、その時の仲直りセックス人生で初めて、心から気持ちいいと思ったんです。

彼が優しく抱きしめてくれながら、何度もわたし名前を呼んで、優しく指を入れて膣内をソッと押すだけ。それだけなのに信じられないくら気持ちよくて、甘い気持ちになって涙が出た。この人のことめっちゃ好きと思った。なんでこんなきもちいいの?どうして?って聞いてしまった。風俗嬢なのに。

彼が優しく触れるところが全部気持ちよくて、幸せだと思った。付き合って一年半経ってようやく初めてこんな気持ちになった。

嘘だと思ってた。恋愛コラムとか、そういったものを見るたび、「恋は楽しむもので愛は堪えるもの」だと思っているわたしは、「嫌なら即別れて次に行けばいいのに。効率が悪い」とすら思っていたし。

なんなら恋愛だとかはすべからく病気で、気の狂った人間がやるものだと思っていたので。

愛に発展しない恋は、無駄で、楽しい以外の気持ちが少しでもあればすぐに切り捨てるのが最高に人生を楽しむためのルールだと思ってた。

でも恋は恋でしかなく、愛も愛でしかなかった。

好きって自覚してからセックス死ぬほど気持ちいい!金にだらしなく、生活にだらしなく、ハロプロソシャゲを愛して生きてきた女は、柄にもなく大好きな彼氏の手マンベットを濡らしめちゃくちゃに喘いで大好き大好きってたくさん恥ずかしいことを言ってしまい、彼氏も答えてくれて、でもそんなことを幸せと思ってしまった!

この恋を愛にしたいと思った。だから仲直りの方法模索したし、時には反省もした。

恋は病気だし、気が狂ってないとできないけど、愛は突然出てくる。なんだこれ?

それでまあ、そんなことがあったし彼のこと大好きで心から愛してたから仕事を辞めて、昼職になりました。資格勉強もして、国家資格とりました。このたびプロポーズされました。

推しの鞘師が新しい道に行くというので、わたしも頑張りたいと思って初めて書いたブログです。みんな頑張って生きよう。

前戯のレパートリが少ない

7割おっぱいで2割キスで残りはテキトーみたいな感じ。

彼女は何も言わないけど不満なはず。

増やしたい。

アドヴァイスを。

初めて失恋したら帰省してた話

☆はじめに

・滅茶長いです。数えたら4000字ありました。3000字のレポート課題は一向に進まなかったのに、皮肉ものですね。 

フツーに、私達のことを知ってる人が見たらああアイツ等のことか、と分かるんじゃないかと思います。気づいても、出来れば、自分の心に留めておいてくれれば幸いです。とはいえ、あの人はきっとこれを見ても怒ったりしないだろうけれど。



__________

20歳の冬、恋人と別れた。

あの人は違ったけれど、私にとっては初めての恋人だった。1年2ヶ月の記念日喧嘩して、1年2ヶ月と2日目に直接顔を合わせて、話し合って、2人で決めたことだった。心残りはなかった。

…はずなのに、気付いたら、私はゆうちょ銀行でありったけのお金おろしていた。そしてその足で駅へと走り切符を買って新幹線へと飛び乗った。行き先は実家の最寄駅。正直何も考えてなかった。ただただ本能の赴くままに、私は帰省してしまっていたのだ。

新幹線の中で父に「急にごめん、今から帰ってもいい?」とラインしたら、すぐ既読が付いて、それから10分後くらいに「分かりました。駅まで迎えに行きます」と返事が来た。母親にも同じようなラインをすると、「おにぎり味噌汁ならあるよ」と返ってきた。

新幹線に乗っている間、私はずっと車内の電光掲示板を眺めていた。色んなニュースが流れていたけれど、ひとつも内容が思い出せない。ただひたすらに、駅名がひとつずつ西にずれていって、目当ての駅がくるのを待った。

2時間半くらい過ぎた頃、新幹線はやっと駅についた。父から駅前牛丼屋の横に居るとの連絡が来て走ってそこまで行ったのに父がいない。ついたよと送るともうすぐ着くと返事が来た。"居る"の意味知らないのかな、父。

3分くらい待っていたら父の車が見えた。父は何も聞いてこなかった。ただ嬉しそうに、明日上司競馬に行く予定だったけど無くなりそうだということを教えてくれた。私から最近車校路上教習に突入したこととか、最近急に寒くなったこととかを話した。

からは45分くらいで実家についた。チャイムを鳴らすと母がドアを開けてくれた。お風呂沸いてるよと言われ半ば強制的風呂場に連行された。ひとり暮らしの家は狭いユニットバスで、いつもシャワーで済ませていたから足を伸ばして浴槽に浸かるのは久々だった。足先から体が温まっていくのを感じた。

30分くらいで風呂から上がり、居間に行くとおにぎり味噌汁からあげと餃子ゆで卵が用意されていた。昆布おにぎりを半分と味噌汁を少し飲んだらお腹がいっぱいになってしまたから、残りは朝食べることにした。父は知多をロックで呑んでいて、「知多?珍しいね」と言うと「中身は違うけどね」と言われた。本当の中身は過去ツイッターで不味すぎると炎上した伝説を持つトップ●リュのウイスキーだった。

そんなこんなしていると夜中の1時を回ったから、父におやすみを告げて2階の寝室に上がった。キングサイズのベッドに横になった。5分くらいすると、母が部屋に入ってきた。ベッドに座って私に一言、「頑張ったね」と言った。

その瞬間、私の両目から噴水のように涙が溢れた。元旦デパート開店直後みたいに、ものすごい勢いで色んな感情がとめどなく流れて来た。辛い。寂しい。苦しい。悔しい。なんでこうなっちゃったの。もう前みたいに遊べないの。もう好きだよって抱き締めてもらえないの。もうどの街に住もうか?なんて戯言を言い合えないの。もう、2人で添い遂げ合う人生は遅れないの。

母は、ひたすら「頑張ったね、もう充分やれることはやったもんね、辛かったね」と私の背中を撫でてくれた。そのあとに、「でも、色んな楽しいこととか初めての経験とか素敵なモノも沢山貰えたんだから、嫌な思い出にしちゃ駄目だよ。」と言った。

19歳の秋だった。

私とあの人は、同じサークルでひと夏を過ごした。かなり厳しいメニューをこなす日々で、春には名前も顔も知らなかった私達が夏が終わる頃には家族よりよく会う存在になっていた。

夏が終わるとサークル活動も一段落し、私達は顔を合わせることが減っていった。そんな時、あの人からディナーに誘われた。

他の同期も来る筈だったのに、何かと来れなくなり、2人になってしまった(これがあの人の策略だったのか、本当に偶々だったのかは結局分からずじまいだった)。2人でやっすい店に入って、色んなことを話した。好きな音楽、好きな作家高校生の頃の話、過去恋愛話。私が中高ヒエラルキー最下位大学デビュー女のため恋愛経験0の喪女であり、その当時自分アプローチしてくる人がいたのだがどう交わせばいいかからないと相談したら、フフッと笑って「ぶっ飛ばしたいなあ、そいつ」と言われた。一瞬ん?と思ったけれど、「ホントそうだよね~」などと軽く流した。

正直、全く意識していなかったのだ、恋愛対象として。ひと夏を共に過ごしたかけがえのない大切な同期、という認識だった。だったのに、やっすい店から出たあと、そんな私達の思い出の練習場で、告白された。午前2時くらいのことだった。

その時も、急に涙が溢れて止まらなかった。信じられなくて、嬉しくて、少し申し訳なくて、何より私が本当は心の奥でずっと惹かれていたことに気付かされてしまって。

あの人はそんな私の手をずっと握っていてくれた。「でも私、多分中学生みたいな恋愛しかできないよ?」と震えながら言うと、「ロミジュリジュリエットだって中学生なんだよ。」と笑って更に強く握りしめてくれた。その温もりがとても気持ち良くて、私達は手を繋いだまま眠った。

朝の6時頃に目が覚めると、夢じゃないんだと隣から聞こえる寝息に心臓バクバクした。そうしているうちにあの人が起きて、不意に抱き寄せられて、キスをした。それが私にとっての、ファーストキスだった。

その日から私達は、所謂"恋人同士"になった。数え切れないほどデートをして、旅行も行って、一緒に大学の授業を受けて、お互いの家にも行き来した。

デートは、本当に色んなところに行って色んなことをした。映画を見たり公園ピクニックしたり気になる飲食店を片っ端から当たったりショッピングモールで服やコスメ吟味したり美術館考える人の真似をしたりディズニーに行ったり(私にとっての初ディズニーだった)、割と付き合いたての頃古本屋に行ったらエロ本だらけで少し気まずくなったこともあった。

ラブホだって、行った。勿論私にとっては初めてだったけれど、何気ない会話の中であの人は初めてじゃなかったことが判明してしまってそれはもう死ぬ程泣いたな。

デート以上に、私達は沢山沢山体を重ねた。週に1、2回くらい私の家に来てくれて、近くのコンビニまで手を繋いでお酒を買いに行った。気取ったジャズなんかをかけながらお酒飲んで、ほろ酔いセックスするのが本当に大好きで幸せだった。

いつも一緒だったな、と思う。毎日のように好きとか愛してるとか言い合って、自撮りを送って褒め合ったり、記念日には詩を送り合ったりして、サイコー幸せな日々だった。

…だったけど、会うごとに、知るごとに、着実に違和感が大きくなっていったのも事実だ。

最初は、私が話しているのにスマホを見ているとか、そんな程度だった。

けれど、それは次第に、私の話になった途端全くつまらなさそうになる(電話だったら寝られる)、私の誕生日を忘れる、逆に誕生日を祝ったら明日忙しいからと電話を切られる、ご飯を食べる約束をしていたのにやっぱり家で食べるとドタキャンされる、自分が忙しくなるとライン一つくれず放置される、そして私が貴方のこういう言動が嫌だからどうにかならない?と話しても自分はこうしたいからと全く歩み寄ろうとしない、というふうにどんどん根本的なところに及ぶようになっていった。決定的に考え方や価値観が違うことに気付くのにはそれ程時間はかからなかった。

けれど、気付いたときにはもう遅かった。私は、完全にあの人に依存してしまっていた。傷ついても、傷つけても、別れることが出来なかった。本当に毎日が辛くて、耐えられなくて、覚悟を決めて別れようと言っても、本当に別れたいの?と子犬のような目をして聞くあの人から離れることはどうしても出来なかった。

 

から最後の数カ月間はお互い深い話を避けるようになってしまっていた。悩みごとや将来の話はお互い他の友人に話すようになり、2人で話すのはこのツイートがどうとかおっぱいがどうとか、本当に俗っぽい上辺だけの話題だけだった。

1年2ヶ月の記念日にした喧嘩は、それ自体はそんなに重要トピックではなかった。ただ、限界だったのだ、もう。お互いに、これまで少しずつ感じて来ていた"違和感"ゲージが、この喧嘩で満杯になってしまったのだ。

1年2ヶ月と1日の日、多分これは別れるな、と思った。頭では理解していたのだ。けれど、心が、それを受容しなかった。初めて付き合った人と結婚したい、要は一生一緒にいたいという典型的少女漫画脳と、あの人とならそれが出来る!という付き合いたての頃の自分幻想、そして何よりもまだ体験したことのない、失恋がもたらす精神的苦痛というものへの恐怖が決断邪魔をした。

から、1年2ヶ月と2日目に、決めきれずゴニョゴニョしていた私にあの人が「もう頑張らなくていいよ」と言った瞬間、スッと楽になる感覚がしたのだ。それからは驚くほどスムーズに、そしてお互い納得できる形で、私達は別れ話を終えた。最後挨拶は「じゃあ、またね」だった。

何も後悔は無かった。あれほど恐れていた失恋苦痛も感じなかった。むしろ、あの人と今までより素敵な関係性になれるのではないかという希望すら見えていた。

のに、私は、気付いたら、実家を目指して駅へと走っていたのだ。

多分、母は全部分かっていたのだと思う。父だって察していたのかもしれない。私が、初恋の人と結婚たかたことも、本気で恋人に一生を添い遂げようとしていたこと、そのために沢山沢山頑張ったこと、でもそれは結局報われなかったこと、依存や執着もあったけれど、私があの人を本気で好きだったこと。私が、本当は沢山沢山泣きたがっていること。

そう。好きだった。本気で好きなつもりだったんだよ、ずっと。ずっと一緒にいれると思ってた。だから、頑張った。初めてで、何も分からなかったけど、頑張れば一緒にいれると思ってたのに。あの人も、あの人と作り上げてきた時間も思い出も失わずに済むと思ったのに。

私はただひたすらに、思いっきり泣きまくった。そしてそのまま眠りに落ちた。母はずっと、私の横にいてくれた。

次の日、目が覚めたら昼の12時を回っていた。居間下りると父が録画した吉本新喜劇を見ていた。母はお茶を沸かしていた。私は昨日残したおにぎりと新しいおにぎり味噌汁からあげとゆで卵を食べた。餃子冷蔵庫から出し忘れていた。

その後、母と近所を散歩した。いつもより空気が冷たくて空が澄んでいた。公園について、木製の古いベンチに腰掛けた。「辛い経験や悲しい経験は全て未来自分幸せになるための布石だ」という言葉を思い出した。空を眺めがら、あのユニットバスの、小さなアパートに帰ろう、と思った。

2018-12-08

やがて君になる」が一粒で5度美味しいアニメだった

 以下ただの妄想。誰にも聞いてもらえることのなかった残留思念を供養するために投げる。

 「やがて君になる」が面白すぎる。テーマ自体アニメで見るのは珍しいとはいえ問題はそこではない。とりあえず直近の8話、9話。10話はこれから見る。

 8話アバンに出てくるアジサイ。6話、7話と侑→燈子、沙弥香→燈子、燈子→侑あたりが分かって本作が三角関係を描いている印象が強くなったんだけど、そこでこのアジサイのやりとり。アバン最後に燈子→沙弥香、Aパート最後に沙弥香→侑、そしてBパート最後のほうで侑→燈子という構成も美しいし、かつ誰も質問に答えていない。三角関係隠喩として非常に強烈な演出だなぁ、って。

 この回における侑とさやかファストフード店におけるやり取りもそうだけど、緩やかな雰囲気に包まれた会話なのに少し緊張感があるっていう空気が好き。ほいで音楽が穏やかなんだもん。最高にやばいのがBパートの雨宿り。もう侑がめちゃくちゃ感情を表に出していて、それに気づいた燈子が一気に冷たい顔になる(これまでと全く逆)のに、音楽はいもの曲のまま、表面上は二人の関係に明確な差異がなさそうに見える(けど本心は…っていう)演出最高。劇伴が「怒り」「悲しみ」みたいな感情表現するタイプの曲だったらこんな使い方はできなかっただろうに、どういう発注をしたのかすごく気になる。強いて言えば「美しい」みたいな感じだろうか。槙くんを演じる市川太一くんは各話のああいうシーンを「エロ峠」って呼んでたので、エロ峠で。音楽プロデューサーの若林豪はやっぱりすごい人。

 あと8話は特に侑を演じる高田憂希の(感情が乗った)セリフがすごく刺さっててエモかった。「…嬉しかった。」と「分けてほしい。」良くない?絵のお芝居もめっちゃ好きで、2話の「ずるい」とか8話の「嬉しいって(ry」なんか目だけでお芝居してるやん。目だけでお芝居て。ハイライト虹彩とかを駆使して感情表現するのすげー良い。良くない?一般的に「キャラの目が大きい=感情表現が豊か」という意味があるけど、キャラデザが非常に良く出来てるなぁって何度も思った。パットゆるふわ?なデザインで、今期ならべるままくらいゆるいアニメなのかな?って思わせる割にちゃんと動かすし、性的な部分を引き算したデザインなのにエロいシーンはエロく映える。例えばキスするシーンなんかそのままのキャラデザに全く合わないくらい唇がツヤツヤしてて生々しいんだけど、そのときだけ鼻から上を映さないことで整合性担保してるとか。うっま!演出うっま!

 そして侑の心が大きく動く9話。久々に槙くんと侑のやりとりがあったけど、めっちゃ良かった。1話にあった、キラキラしてる友達二人に対して暗闇の中にいる主人公の心の距離を「水中にいる主人公」で表現してたけど、一方9話でのシーンは槙くんが一緒に水中にいるところとか。ニコニコ動画に「1話と比べて陽の光が侑に届いてる。水深が浅くなってるのかな」という指摘が合ってドキッとした。槙くんめっちゃ良いよね。

 コレまで侑は行動に対して心情が伴っていないことをモノローグで語っていて、ずっとモノローグのほうが本音みたいな演出だったのに、走る燈子を見ててで心が大きく動いたシーンは逆に引き算になってて、どんどん風景から燈子以外が消えていく、かつモノローグもない。言葉よりも侑の心情を雄弁に語っているシーン最高だった。そして最後のシーンのモノローグ(5話Bパートの「心臓が…選んでくれたら良いのに」との対比になってるのね)は本心乖離していくっていう。しかも9話のエロからBGMが違うんだよね。音楽プロデューサーの若林豪はやっぱりすごい人。

 挿入歌OPポチってしまった。歌ってる安月名莉子のデビューシングルだってEDめっちゃ良いんだけど、作曲本多友紀/作詞中村彼方ってどっかで見たなぁって思ってたら「少女歌劇 レヴュースタァライト」のOPコンビなのね(劇中歌もいくつか担当)。

 それにしても9話のサブタイが最高すぎる。「位置について/号砲は聞こえない」って。「号砲は聞こえない」は「位置について」に対応していて、「よーいどん(ただし、号砲は聞こえない)」という意味なのだろうけど、リレーのシーンで侑がゴールの号砲に気づかなかったという意味の他にも「恋の始まりによーいどんは無いんだよ」っていうのもあるんだろうと考えると、侑の「好きがわからない」ということが「誰かを好きになっている事に気づかない」という、(心情の説明ではなく)心情変化の演出にしてるのがめっちゃ好き。6話、7話のサブタイといい、考えた人は天才だと思う。原作ママなのかな?だとしたら作者天才だ。

 ほんと観るたび面白さが見つかるアニメって中々出会えないので、一粒で5度美味しい本作に出会えてよかったわ。依然として百合には性的な興味を持たないけど、思春期特有葛藤を描く題材として百合を選んだ本作のことを好きにならずにはいられない。円盤買うかー。

風俗嬢より怖い素人

彼氏旦那風俗に言った悲しいというエントリー見て思ったけど、風俗ならまだマシだよ

うちの会社メガネ黒髪でどちらかというとブスよりの女がいるけど既婚者喰いで有名だったし

風俗の子病院行くけど素人はなかなか行く機会ないからね。

病気も怖いし、金で割り切れないからいずれ人間関係の縺れとなって露呈する。

絶対めんどいことなる。

素人のがよっぽど怖いし、素人女の子お金わず平気でヤリ捨てたり性欲処理にする男のがよっぽど性格悪いと思う。

専門のお店でお金払って性欲処理のが全然いいじゃん。

でも「汚いから本番しなかったキスもしてない」ってのはムカつくけどな。

仕事柄身綺麗にするし病院も行くから少なくとも客よりはよっぽど綺麗だわ。

ヘルスで本番しないなんて当たり前だし。

うっといなー

とにかく風俗の女を必死に警戒するより、彼氏の周りにいる女友達や女の同僚をちゃんと見張っとけ。

女性向け風俗を利用した

女性向け風俗を利用した。

勝手な男に振り回され、こっぴどくフラれ、1秒でも早く忘れたくて風俗を利用することにした。

さな街ゆえ、誰かに見られるのは絶対嫌なので、家に来てもらうことにする。Google自分の住む街と、女性向け風俗と入れて1番最初に出てくるところが良さそうだったのでそこに決めた。

LINE希望コース(70分7000円)と日時を伝えると即既読になり、自宅住所を伝えてあっという間に翌日来てもらうことになった。

当日、かなり落ち着かない気分で部屋を片付け来るのを待つ。時間ちょうどに到着。かなり好みのさっぱり顔の普通スーツの男の人が来て、恥ずかしくなり、そわそわしてしまう。相手は俺でいいんですかw緊張してるでしょ?座ってカウンセリングシート書いてと促される。なんか落ち着いて少しひねくれたタイプな人でそこも楽だった。そういう人好きだし。してほしい事に○をつけるカウンセリングシートを書いて、別々にシャワーに入り、部屋を暗くしていざ70分コーススタート(ここまでで20分くらい経ってたかも)ちなみに落ち着かないので好きな音楽を小さな音でかけたままにしておく。

服を脱がせてもらい、バスタオルをしいたベッドにうつ伏せに寝る。ちなみに相手パンイチ。ベビーパウダーがふりかかるのとすこし冷たくて、大きな手の感触背中越しに伝わる。すごく優しくて安心する。ブラもショーツも脱がせてもらい、胸を優しく撫でて、背中のいたるところにキスされる。次第に手が下に下がってくるけど、不思議と緊張はしてない。相手にも緊張してないでしょと言われる。目を見て話すより全然緊張しないし、とにかく元カレを忘れたくて必死自然と手を握ってしまい、相手も握り返してくれる。

仰向けになり、胸にキスされながら手マンものすごい感じる訳じゃないけど、気を使われて大事にしながらしてくれるのがわかるので、本当に呼んでよかったなと思う。股をやや強引に開かされてクンニ。舌で強めにクリをなぞられるのがかなりツボで丹念にしてくれたので下半身がガクガクしてしまった。今まで彼氏にされてもやめてと言ってたんだけど、お金で割り切ってしてるんだし、優しく丁寧に接してくれるのでされるがままになる。自然と声も出て何度もイキそうになる。ちなみに今までのセックスでイッたことはない。こちらの様子をかなり見て加減をしてくれるし、痛いと言ったらごめんねとすぐやめてくれるのも良い。

ギュッとしてもらいながらキスをして終了。急に恥ずかしくなって、めちゃくちゃ笑ってしまったんだけど、相手もそうだよね、恥ずかしいよねと言いながら首筋にキス。さっきは痛くしてごめんねと耳元で言われ本当の彼氏ぽくてグッとくる。本当の彼氏に言われたことないけどな!

素肌にスウェットショーツだけ着てお金を払う。なぜか相手がすこしすまなそうにしてて面白かった。玄関で見送る時に手を絡めながら何度かキスをした。内心疑似恋愛最高!!と呟く。

もし興味がある人がこれを読んでいたとしたら、絶対に試してほしい。お金を払っていると割り切れてめちゃくちゃに甘えられるし、初対面の顔がいい他人と、彼氏したこと追体験することになるので(わたしは家に呼んだのでなおさら彼氏との思い出が美化し過ぎなくなるし次いこ、次。ってなりやすくなる。あと恋愛に対して過度に期待しなくなるし、恐怖心みたいなのも無くなるので次の恋愛フラットに向き合える気がする。

はーあと数回家に同じ人を派遣することになると思う。お金で割り切った行為がこんなに楽だとは思わなかった。

kissが好きなわけではないけど

キスを貪り求めてくる、いやらしく乱れた女の痴態は好きだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん