「キス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キスとは

2018-01-21

俺27歳。彼女25歳。

彼女にずっとイライラしてる。会いたくない。

 

よく「俺君のこと大好き」「こんなに人を好きになったの初めて」とか言ってくれるし

抱き着いてきたりキスしてきたり誘ってきたりは、ほぼ向こうからなので

好かれてはいるんだろうが

時々元彼の影がちらついてキツイ

元彼と同棲していた部屋、元彼と一緒に選んだ家電、元彼がくれたお菓子

元彼と行ったデートスポット、そのときに着ていた服、元彼に開発された身体

彼女セックスとき腰骨触られるのがすごい良いらしい。ねだってくる。そんなとこ最初から性感帯な人いないし元彼に触られた結果なんだろうな

もうすぐバレンタインで、お菓子を作ってくれると言うが、まあ元彼に上げたものと同じレシピなんでしょうね。元彼と一緒に料理をしていた台所で作るんだね。

それを言うと「元彼とはもう別れたから。なんとも思ってないから、この部屋にいても何も思わないし、同じ料理作ってもつらくならないんだよ。あなた配慮はするけど、過去はどうにもならないよ、あなたにも元カノがいるでしょう?」と言われた

配慮をされてる気がしません

 

彼女と元彼は同い年で、5年付き合ってて、最後の1年は同棲していた。

同棲中に喧嘩して、そのタイミングで俺が飲みに誘った。そのまま奪った。

その流れを元彼は知らない。普通に振られたと思っている。

から逆に俺の知らないところで元彼と会うのもありえる。そういう女なんだよ。

 

こないだ彼女に「料理作ってよw俺できないからさw」と言ったら「私が一方的に作るのは嫌だな。一緒に作ろうよ!」と言われた。

彼女は元彼に料理作ってあげたことがないらしい。元彼が料理うまくて、むしろ作ってもらってた。

から俺は彼女の完全手料理を初めて食べる存在になりたかった。

なのに断られた。彼女は俺を元彼の後釜にしようとしてるのか?

 

彼女といると、彼女というより元彼のことを知るハメになる。

すごいイライラするし、彼女配慮がないと思う。

けど一緒にいないと不安だ。

2018-01-20

3年半勤めた会社を辞めた

3年半勤めた会社を辞めた。

20代後半にもなって恥ずかしい理由ですが、誰にも言えないのでここに書いておきます

ずっと憧れていた会社だったので入社できたときは嬉しかった。

入社して1年くらいしたある日、私はある上司食事に行くことになった。(仮に部長します)きっかけは、私が仕事を手伝ったとかそういうことだったと思う。

部長は、私がこの会社に憧れるきっかけになったサービスを作った人で、まだ30代の独身男性だった。

食事に誘われた時は、仕事の話だから勘違いしないようにしようと思いながらも、正直言って少し意識した。

そのうち、毎週のように休みの日はどこかへ出かけるようになり、クリスマス誕生日も一緒に過ごして、プレゼントも交換した。

別れ際にはいつも抱きしめあってキスをした。

私は部長のことが好きだったし、相手も少しは私のことが好きだと思っていた。

部長負担を減らすために、頼まれ仕事サービス残業も惜しま作業して、勉強会にも参加した。参考書もたくさん買った。

とにかく役に立ちたくて必死仕事して、勉強した。

他の社員指導する立場になり、陰で何か言われるようになっても、会社の、そして部長の役に立っているならそれで平気だった。

から半年ほど前、新入社員が入ってきた。

業界経験で、私と同い年の女子社員だった。

新しく入ってきた女子社員は私と違って愛想が良く、ちょっとたことでも「すごーい!」と言って飛び跳ねるような子だった。

経験者で任せられる仕事が少ないらしく、私が残業してこなしていた事務作業をその子担当することになった。

しか勉強する気はないようで、他の仕事を振られても「私には向いてないみたい」と断り、数ヶ月経ってもずっと最初に頼まれ事務作業だけをしていた。

さらに、毎日社内チャットでいろんな人と雑談していたり、

業務日報に「今日はいちごをいっぱい食べる夢を見ました。」など仕事とは関係ないことを書いたりしていて、

同い年ということもあり、正直私はその女子社員のことを心の中で少しバカにしていた。

その女子社員指導係はしばらく私だったが、今まで勉強してきたことが活かせる別のプロジェクトにメインで参加することになり、事務作業部長から直接女子社員指導されることになった。

そしてほぼ同じタイミングで、だんだん部長から休日の誘いが減っていった。

きっと仕事が忙しいんだと思っていた。

気づいたら、部長はその女子社員と毎晩一緒に帰るようになっていた。

部長が先に仕事を終わらせても、待ってあげているみたいだった。

今まで私が残業しても、待ってくれたことは無かったのに。

ある夜、LINE部長に「他の女子社員と一緒に帰るところを見せられるのは辛い」と伝えた。

返事はなかった。

返事はなかったが、部長はその女子社員と一緒に帰るのを辞めなかった。これが答えかと思うと、私はショックで、とにかく目の前の仕事に没頭した。

毎日家に帰ると涙が出た。朝まで玄関に座り込んでしまった日もあった。

そして今月、プロジェクトが終わった。

没頭したおかげもあってか、リリースした評判はなかなか上々だった。

でも、仕事への情熱は無くなってしまった。

不純な動機だが、会社への憧れがいつの間にか部長への気持ちになって、それが仕事モチベーションになっていたらしい。

リリースの翌日、辞表を提出した。

私が辞める日も、部長女子社員は一緒に帰っていた。

女子社員は笑いながら部長背中に手を回したり、体を寄りかからせたりしている。

相変わらず最初に頼まれ事務作業しかしてないし、業務日報には日記のようなことを書いている。

でも、それで可愛がってもらえるなら私もそうすればよかった。仕事勉強なんかせず、愛想を身につければよかった。

私も愛されたかった。

この気持ちがなんなのかわかりません(追記あり)

たまに会ってごはんを食べる仲の男性がいます

基本的にはランチ、夜ごはんを食べたのは片手にも満たないほどです

一度だけ日帰りで遠出しました

乗り物でよりかかって寝ていたら頭を撫でられました、嬉しかった

手を繋いで歩いたこともあります

その人のことが好きなんだと思うのですが、キスをしたりセックスをしたいとは思わないのです

今まで好きになった男性に対しては、当然ながら性欲がありました

この人と寝たいかどうかが自分にとっての恋愛対象か否かの判断材料であったと思います

恋した男性はみんな甘くていい匂いしました

でも今仲良しの人はい匂いしません、むしろたまに臭い(不潔だとかそういう臭いではないです、ただわたし生理的に受け付けないと感じてしまう)とすら感じます

それでも他の男友達ではなくその人とごはんを食べたいし、その人と会うと嬉しくて顔がにやけてしまうし、その人とずっと手を繋いで歩きたいと思うのです

一緒にいると少しだけドキドキして、いつもほんわかする大好きなひとです

これも恋なんでしょうか?

それともペットが飼い主に対して尻尾をふるような親愛の情なのでしょうか

相手に対して性欲がわかないのに誰と会うよりもその人がいちばん嬉しくて、いい匂いがしないのにくっついて歩きたいと思ってしまう、こんなこと初めてでとても戸惑っています

相手に対して性的衝動がわかないのに恋をすることってあるんでしょうか?

(追記です)

コメントありがとうございますビックリしました

(id:AQM)さん"「ペットが飼い主に対して」ってより「幼い娘が父親に対して」に見えるけど。"

しか最初はお兄ちゃんみたいな人だと思っていました、だからワガママ?言えたりできてたんですけど今はごはんを誘うのも緊張しま

相手気持ちが気になってしまうようになったんです

(id:demcoe)さん"遺伝的に遠い相手はい匂い、近いと臭いと感じるらしいので、その相手は生き別れの兄さんなのでは"

それは聞いたことがありますが、おそらくわたしには生き別れのきょうだいはいないはずです

上にも書きましたがお兄ちゃんみたいにはじめのうちは感じていたので遺伝子的に近い?何かがあるんでしょうか

(id:kirin_tokyo)さん "私は手をつなぐことが軽くキスをするよりも性的に感じるので、手をつなぎたいならそれでいいじゃん、ご飯も二人きりでゆっくり食べるなら性的ニュアンスを含むから、そうしたいならそれでいいじゃん、と思う。"

!!

そういうこともあるのですね、わたしはわかりやすい(?)性的衝動しか判断たことがなかったのかもしれません

人としては間違いなく大好きなんだけど、その好きの種類が自分でもわからなくてもやもやもやもやしてました

考えても詮無いことなのでしょうか?

下世話な話をする

友達から付き合ってうまく行った試しがない。

一度10年来の友達と付き合うか!ってなってセックスするとこまで行ったが、フェラがどうしてもできず、諸々あって結局最後まではいかなかった。

それ以来、ものすごく気が合い楽しく過ごすことができて、色んなところに一緒に行きたいと思える人があらわれても友達になってしまうともう無理。どうやったらそこの壁を超えられるの?

生理的に無理とは違う。でも今仲がいい人も手を繋ぐことすら想像できない。

電話はドキドキして楽しいのに。あってご飯すると時間があっという間に過ぎるのに。

なにか期待しすぎてるのかな?顔は好みではないが、人としては好み。20年も続く仲だし。

ああ、この人となら楽しいはずなのになあ。私はキスセックスに何を求めてしまっているのかな。今までの人が良すぎたの?それともだめすぎたの?

2018-01-18

さっき振られた

付き合っていないにも関わらず3ヶ月くらいダラダラと半同棲してキスセックスもしてた男にさっき振られた。

あんたをこんなにも家にあげてたのは好きだったからに決まってるでしょ。でも言ったらごめんって言われるってわかってたから言ってなかっただけで。

って、あらかじめ決まっていた引っ越しを機に上記のことを伝えたら、わかってたけど…って言われた。

言っちゃダメだ言っちゃダメだと言い聞かせてたけどやっぱり確証が欲しくて本当のことを告げたら、困った顔をして今までの距離感で楽しくおしゃべりしてたいって言われた。なにそれ。

あんたは楽しかたかもしれないけど、私は楽しかったけどそれ以上にずっと苦しかったよ。いつ帰ってこなくなるんじゃないか、いつ本命の女作られるんじゃないかって、毎回気が気じゃなかったよ。「外に女なんて作ってないよ」って、その言葉は生殺しでしかなかったって気づいてた?

「俺が中途半端な態度取ってたら余計に傷つけるだけだってのもわかってた」「でもなんでも許してくれるこの関係性が心地よかった」「一人暮らしの部屋は寂しいから(あいつも一人暮らしだった)、その寂しさの埋め合わせが出来るだけで幸せだった」「俺も未練がましいし切ないし苦しいけど、恋人にしてくれって言われてうんってうなずけるような感じではない」(要約)

そりゃなんでも許すよ。だって私のところに帰ってきてほしいもん。私のものだっていう確証がなかったから、なんでも受け入れてうんいいよ、わかったよ、任せてっていうしかなかったんだよ。都合のいい女だね〜私って笑いながらいうと、そういうわけじゃないよ〜って言って抱きしめてくれたけど、でも決してそれ以上でもなかった。

じゃあ彼女にしてくれる?って言ったら、う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んって唸られた時、頭ではダメだって分かってたけど、感情が付いてこなくて年甲斐もなくボロボロ泣いてしまった。私が引っ越すことは確定事項で(ずっと荷物移動もしてた)、だから一緒に居られなくなるから気持ちを伝えたけど、白黒はっきりしてはもらえなかったけど限りなく黒に近いグレーだった。告げてしまたからにはもうグレーのままでは居られない。バカ選択をしたなあと、自分でも思ってる。

あんたが思ってる以上にあんたのこと大好きだったよ。気づいたら好きで好きで好きすぎて、長年一人暮らししてたはずの今の部屋にひとりで居るのがしんどくて仕方ないくらい好きだったよ。

明日私はこの部屋を出るけど、最後に一晩うちにいてよって言ったら「ここで一緒にいたらお互いダメなっちゃう」って帰られてしまった。あまりにも惨めで玄関のドアが閉まった瞬間子どもかってくらい泣いてしまった。

最初家に入れたきっかけは情だった。始め家に入れた時点では、ただの友人関係だったはずだった。それが私の感情けが少しずつずれてきたのは、やっぱりゼロ距離で一緒にいすぎたせいなのかもしれないし、先に既成事実を作ってしまったのがいけなかったのかもしれない。もっと段階を踏めばよかったのかとか色々考えてるけど、多分勢いで寝てなきゃこんなことにはなってない。

明日また家出ときに連絡ちょうだいって言われたけど、たぶんしない。お互い連絡不精だから、たぶんこのまま物理距離を取ったら自然と(あちらは)風化していくのだろう。私も風化できるように連絡とらないようにする。つらいけど。

とりあえず今はこの家具もない広すぎるがらんどうの部屋でどうやって一晩過ごすかを頭捻って考えてるけど、何も思いつかない。

https://anond.hatelabo.jp/20180118161631

>優しく抱きしめて「会いたかった。好きだよ。」と耳元でささやいてから相手の目を見つめる。

見つめてからささやくんだよ。

>そして、静かに柔らかくキス

わず10分。

夢だったってオチ

すぐにキスをする方法

出会って無言で5分歩く。

そして手をつないでまた5分歩く。まだ無言。

ひと目がつかない場所があったら、「ちょっといい?」と言って、そこに入る。

優しく抱きしめて「会いたかった。好きだよ。」と耳元でささやいてから相手の目を見つめる。

そして、静かに柔らかくキス

わず10分。

呪いによって石像にされた人々が救われるには愛する者のキスが要るんですよ

石像に向かって自力で動けというのは呪う側の言うことですよ

そういう福祉が要るんですよ

助けてくれ

IKEAサイト見て泣いた

ごめん深夜だから吐き出させて。引越しが面倒くさいって話。高校生時代から8年付き合った同性の恋人がいた。いた、というのは彼女とやっと同棲を始めて1年がすぎたころ、あっさり会社の人(男性)と付き合うと伝えられ、別れたからだ。別れて10ヶ月ほどこの家にいたのは単に未練だった。やっとどうしようもないと気付いて、家を出たいと伝えた。

10ヶ月、この家にいられたのは私が図太かったのと、彼女ほとんど顔を合わせてなかったからだと思う。彼氏の家(たぶん)と会社でほぼ過ごしている彼女は昼に我が家に帰り、私が帰る頃に家を出る。たまに会えば付き合ってた頃と同じテンションで会話もする。この間テレビで見たんだけどさあ、とか、この間ここに行ったんだけど、とか言って。ただ、いつもと違うのは触れられないことだけだ。夏でも暑いのも気にせず触れ合っていたのに、私の彼女の間にはいまや15センチくらいの隙間がある。私はいだって触れたいんだけど、向こうが少し体を強ばらせるのだ。いまさら

彼女の話にその彼氏は登場しない。一度私が泣いてから彼女自分彼氏の話はしなくなった。ただ干す下着は派手になった。赤、黒、黒、紐パン想像力で傷つく自分がいる。

10ヶ月もいるとある程度人は慣れる。ただ家を出ると伝えたのはたまにくる「もう許してほしい」という感情の勢いだった。8年一緒にいると、相手自分の一部になってる。日常に、未来に、その相手存在している。彼女は「友達になりたい」と言った。別れてしばらくして分かったのだが、私たちはずっと前からただの親友でしたって顔をしても世間にはなんとも思われないらしい。幾度とデートをしたのに、キスをしたのに、セックスもしたことあるのに。

まあこの友達になりたい発言は、いきなり私を失うことは彼女不安だったのだろうと今なら分かる。

最初から恋愛の好きじゃなかった、私は男が好き、と言われた。だから余計、失いたくないのに、恋人でいられなかったのであろう彼女に同情できないこともないな。なのに私はまだ恋とか愛とかとして好きなんだな、と自覚させられた。

引越しに伴い、捨てようか迷った棚の値段を見ようとネットサーフィンをしていたらIKEAにたどり着いたとき、私はびっくりするほど泣いた。IKEAで、1回デートたことがある。同棲を始める、少し前。どんな家にするかは決めていない、下見ついでのデートだった。

ねえ、このソファ良くない?

2人がけのソファだった。小さなソファだったけど、女子ふたり並んで座れた。もっと狭くても、私たちはいつもいつもくっついていたかもっと小さくても問題ないのに。

あのソファに座れるはずの未来を思い出してしまった。確かにあのときその未来はあった。別に遅かれ早かれ別れたんだろうけど。

でもやっぱりこうやって、たまに思い出の欠片を日常に見つけてしまうのはしんどいね。引っ越して、またたまに思い出して泣くのかな。なんでまだ好きなのかな。

弁当を一緒に作る日が幸せだった。

日曜に散歩がてらご飯食べに行って彼女が咲いてる花の名前を教えてくれるのが幸せだった。

冬は寒いねって言いながら布団でぎゅってなるの、幸せだった。

長いよ、失恋。まだ終わってくれない。なんで引っ越さなきゃいけないんだよ、

anond:20180118011933

キスシーンとか愛撫とかフエラとか見ながら徐々にボッキしていく感じ

正直ただのヌードではボッキしない

アートヌードとか全然エロくないじゃん

2018-01-17

anond:20180116200633

主役ならロンキスこと「ロング・キス・グッドナイト記憶喪失だった主婦が実は…な痛快映画

あとは「白髪魔女伝」「プロジェクトS」「ワンダー・ガール東方三侠」とか香港映画に多いよね

付き合えなかった男の話

もう結婚してて、それなりに幸せ暮らしてる主婦

それでもたまに思い出してしまう人がいる。

その人は、元カレでもなんでもない、告白したら振られてしまった人。

でも今まで付き合ったどんな元カレよりも印象深く、忘れられない人だ。

彼とは同じバイト先で、私はフリーター、彼は学生

4つくらい年下の彼のことを、最初は真面目で謙虚好青年だと思っていた。

バイトで同じ内容の仕事をしているのもあり、そのうち彼とは自然とよく話すようになっていった。

私は当時よくバイト仲間とお酒を飲みに言っていた。男の子と飲むことも多々あったけど、あくまでもバイト仲間としてワイワイするだけで、誰のことも異性としては全く意識していなかった。

彼は、いつ誘っても忙しいからと断ることが多かった。同じ周りのバイト仲間の学生たちも、「○○くんは謎が多いから」「○○くんは真面目だから」と、一線を置いていた。私自身も何度か断られているうちに、きっとお酒の席やワイワイしてる空間が苦手なんだろうなと思うようになっていった。

その日のバイトは彼も私も17時上がり。(彼は日中講義のない日だった)予定もなかったので、私はダメもとで彼を飲みに誘ってみた。

すると、彼はこう言う。

今日は、他の人は一緒じゃないんですか?」

私は、もしかすると二人きりだと嫌なのかな?と思い、ああ、じゃあ誰か呼ぼうか?と提案した。けれど、彼はこう言う。

増田さんと、二人きりなら行きます

それを聞いて、思わず私は目が点になってしまった。

二人きりなのは、もちろん構わないのだけど。

どうしてなのか、それ以上の意味はらんでいる気がする。

その当時、私には彼氏はいなかったのだけど、恋愛対象として見るつもりの全くなかった彼に、まだ働いてる時間なのに不意打ちでそんなことを言われ、(誘ったのは私からだが)少しだけ舞い上がってしまった。

結果、じゃあ、二人きりで行こうか。と、いう流れになった。

はいえ、この時点では全く好意を持ってるとかそんなんではなかった。

なんだか緊張するので、店は個室居酒屋かい雰囲気場所ではなく、バイト仲間の野郎どもと良く行くタイプの、焼き鳥日本酒ビールしか出てこない、常に親父がテレビ野球中継見ているみたいな雰囲気大衆飲み屋へと連れていった。普通、男女のカップルでは絶対に行かないタイプの店だ。

彼は、「僕、こういう雰囲気の店、好きですよ」とにこにこしていた。こうやって二人で飲みに行くまで知らなかったけど、きれいめのファッションがよく似合うおしゃれな男だった。正直、ファッションセンスはとても、ものすごく好みだと思った。

とりあえずビール枝豆乾杯する。飲んでる彼のことを初めて見た。酒が苦手だと勝手に思っていたので、ビールガンガン空けていく彼にものすごくショックを受けた。こんな話、聞いてない。知らない。そんなに飲めたんだ?と聞くと、「酒は好きなんですよ」と、いつもはしないタイプのにこやかな笑顔で笑った。

酒が進むにつれ、彼はどんどん饒舌になっていった。

普段飲み会を断るのは、本当の自分とのギャップに周りがびっくりしそうだから、というのが一番の理由らしく、真面目そうに見えるが実はお調子者で、どんな相手でも絡んでいってしまうので敢えて避けているとの事だった。

また、普段は気をつけているが、そこそこ口が悪いらしく、友達の前だとくだけた口調で話すらしい。

これは、内緒ですよ。なんて口に指を当ててしーっとするジェスチャーをされて、不覚にもどきっとしてしまった。

なんだか、開けてはいけない扉を開けてしまった気分だった。

一軒目の店を出て、そこそこ酔いも回っていたけれど、なんとなく解散ムードにはならなかった。

「もう少しだけ、一緒にいません?」

なんて聞かれて、正直ちょっといい気分だった。

二軒目は、普通に個室居酒屋に連れていかれてしまった。もうどこでもよかった。もうすこしだけ、二人きりで話がしたかった。

そこでした話は、今ではもうほとんど覚えていない。でも、向かい合わせでも座れるのにいつの間にか隣に座ってて、彼が

「酔った増田さん、全然バイトの時と印象違ってかわいいです」

「これ食べます?あーんして」

なんて感じであやされているのは記憶にある。久しぶりに、ものすごく、女として扱ってもらえて、すごくドキドキした。その日の夕方までなんとも思っていなかったはずの彼が、信じられない位かっこいい男の子に見えて、つい、私も、普段隠してた自分の女っぽい部分をさらけ出し始めた。

「このままじゃ帰れないです。責任とって…」

なんて、わかりやすく甘えて。

彼は、そのままタクシー自分の家まで私を持ち帰って、その夜は、最後まではしなかったけれど、それなりにエッチなことを沢山した。

夢みたいな時間だった。

それまで、自分はあまり自分のことを女だと思ってなかった。それなのに、彼は、たった一晩で私の女の部分をこじ開けた。

あんなに真面目そうに見えたのに、どうして。

別に今まで私のこと好きだったとかそんなんじゃないのに、どうして。

家にコンドームがないからと最後のそれは断ったくらい遊び慣れてなさそうなのに、どうして。

たくさんの「どうして」で胸がいっぱいで、でもなんだか嫌ではなかった。

結果、彼とどうなったかというと、このあと彼のことを好きになった私は、次のデート約束を取り付けるものの、そこでふられた。

理由は、「増田さんは僕と似すぎてるからダメ」で、今思い出してもなんじゃそりゃって感じだ。ふられた直後はショックで顔も見たくなかったけど、バイト先で会う手前平然としていなければならなかったし、他のバイト仲間は私たちにそんなことがあったなんて誰も知らない(知ってても困る)から、この期間が一番きつかった。

やがて彼と私は、バイトの中でもお互いに違うポジション仕事担当するようになり、一緒のシフトに入っても、休憩時間さえ被らなければ、顔を合わせることもめったになくなった…………はずだった。

彼は、あの夜以降、なぜかよく飲み会に顔を出すようになった。

今まで真面目で通してきたキャラが一転、女の子大好きキャラになり、女の子からは嫌がられていたもの男の子から面白いと絶賛され、バイト内での友達も増えたようだった。

それを別の輪の中から見ながら、(元気そうでなによりだな)と思っていた私だが、しばらくは彼と会話をする気にもなれず、半年くらいはずっと無言か、業務上必要な会話も明らかに塩対応だったと思う。

年下にいいように遊ばれたな、というのが正直な気持ちだった。そんな自分が恥ずかしくて、なるべく早く次の恋がしたかった。

そんなある日だ。

閑散とする時間だったので、自分ポジションを私一人で回していたとき、急に彼が私のところへ来たのだ。

お久しぶりです」

なんでもないような感じで普通にしかけてくる彼に、私は全身から警戒オーラを放っていたと思う。すると彼は、近寄ってきて、急に手を取って私の手になにか握らせる。

びっくりして中を覗くと、クッキーだった。

「一人で頑張ってたから、ご褒美……」

困ったみたいに言う彼に、なんだかおかしくなって私は大笑いしてしまった。ありがとう、って言ったら、彼は、

「やっと俺に笑ってくれた」

と嬉しそうに笑うので、すこしだけ、やっぱこの人のこういうとこ、スキだな…と思った。

それ以来、つきあってるわけではないのだけど、バイト中に遊びに来たり、一緒に食事に言ったり、バイト帰りに自転車二人乗りでどこかに行ったりと、私がバイトをやめるまでよく遊ぶようになった。

彼は、バイト先では絶対に言わないが私のことを増田さんではなく名前で呼ぶようになり、慣れ親しんだ友達に接するみたいに私をぞんざいな態度で扱うようになった。でも、たまに○○さんの名前かわいい。なんて言いながら頭撫でたりするので油断ならなかったが。

私も、彼のことを好きだったのかどうなのか、思い出してもわからない。けれど、ものすごく一緒にいて楽だった。あの日以来、キスも何もしなかったけど、彼の前では無理せずに、女の子でいられた。女扱いされてなかったのに。

今思えば、お互いに、別に理想相手でも付き合いたい相手でもなかったんだと思う。

ただ、どうしようもなく、性癖に刺さる相手だった。

それはきっと、うぬぼれでなければそうだと思う。

だって、当時こっそり覗いた携帯メモリー、女の名前は私だけだったから。

それがすごく、嬉しかった。

まぁ、彼女じゃなかったんだけどね。

というわけで、私が県外に就職し、3年もしたら別の男とあっさり結婚したのでこの件はわたくしだけの思い出話なのだけど、何が恐いってつい最近私は一方的に知ってしまったんだよね。彼、今わりと近くに住んでるっぽい。偶然見つけてしまった。

なんでなんだろう。

県外も県外、行き先も何も知らせてないのに。

どうやら今は向こうにも相手がいるみたいだし、私も太って誰だかわからなくなったので大丈夫だと思うけど。

でも、今が幸せから願う。どうか、出会いませんように。

たぶん彼がまたあんなふうに仕掛けてきたら、どうなってしまうかわからないなととっさに思った自分がいた。

こんなこと、誰にも言えない

そのくらい、どうしようもない恋を、してしまたことがあるんだ。

anond:20180116104719

分け合うんじゃ無くて片方が麻婆

もう片方が豆腐を口に含んでキスしながらお互いの口の中で混ぜ合わせるんだよ

そしたら最高においしい麻婆豆腐になる

2018-01-16

anond:20180116231702

できるよ。俺はキスで産まれたって両親から教わった。

彼氏キスするだけでパンツびしょびしょになる死にたい

まだ致したことないので恥ずかしすぎる死にたい

シャワー浴びてパンツ変えて寝る前にまた変えるのめんどくさいし死にたい

2018-01-14

anond:20180114052652

穴扱いしないヤツ。

こちとら穴が本体ではないので。中身が好きで、この中身であるお前が好きだからセックスしたいって言ってくれるやつ。もしくは穴のためになら色んなことを妥協してくれるやつ。

あとまぁ普通に『こいつとキスできるか』っての重要だけど、男から見てこいつ男だけどキスできそうって思える奴の顔面と清潔さってのは参考にして欲しい。

anond:20180114052652

個人的には「口説かれてもいい」と「セックスしてもいい」には違いがある気がする。

清潔感があることは全ての前提条件なのだけど、

口説かれてもいい(口説かれたい)→おしゃべりが楽しい、ちゃんと口説いてくれる、顔や身体自分の好み、どこか一箇所は性的にひかれる魅力がある(指とか胸とか目とかまあなんでもいいんだけど)

セックスしてもいい→ハグしたりキスしたりして匂い(フェロモン?)が大丈夫だったら寝てみる。

暴力的な人は困るので、いちおうセックスに至る前のハグとかキスとか自分意思確認してくれるかどうかは気にする。

生きることは贈り物です 人を大切にしましょう 自分を大切にしましょう

死人の腐った臭いのする言葉だ。

おまえらが大好きな感動ポルノと何が違うというのだ。

自分の好きなことをやるというのは、他人迷惑をかけることだろう?

お前の配偶者は、他者恋人になれない。なれたとしてもそこで順位ができる。

そのことに無関心でいられる人が一体どれだけいるだろう?

自分が最も愛してる人が、他者キスをする時、自分との予定よりも他者との予定を優先した時、

その相手を憎いと思わないのか?その相手嫉妬をしないのか?その相手を殺してしまいたいと思わないのか?

人だけじゃない。仕事ポストだって限定だってそうだ。

もっとさなもので言えば、自分が買おうと思った最後の一個のおにぎりを横から割り込んだ他者に取られたら?

体が動くことは幸せな事だ?一体何を言っているのだろう?当然のことが幸せ

どうして体の動かない奴と自分を比べて感謝しなければならないのだろう。

どうして言葉話せない奴と自分を比べなければならないのだろう?

どうして皮膚病で体から異臭のする奴と自分を比べなければならないのだろう?

綺麗事を言う奴は、その綺麗事を好む奴は、その言葉自分が綺麗になったと、立派になったと思い込みたいだけだ

路上で車に引かれて、血と泥まみれになった鳥を見て、可哀想可哀想と言ってスマホ写真を撮る奴ら

糞尿を漏らす、夜中に徘徊する、突然泣きわめく老人を殺した人を人でなしと罵る奴ら

痛みを、苦労を、責任忌避して、快楽を、安楽を、権利を、求める奴ら。

俺の、お前の、生まれたばかりの赤子の、オーストラリアで死んだ若者の、事だ。

1番興奮したセックス

これまでで1番興奮したセックス

大学生の時にバイトしてたコンビニで、シフトペアになった3つ上のフリーター女子とヤッタこと

スタッフルームでお客が居ない時間帯にしゃべってたら互いのH経験の話になって、なんか変な空気・・・

で、キスだけと思ってたのが歯止めが効かなくなって立ちバックでセックスまでいってしまった

興奮した

みんなも1番興奮したセックス暴露してくれ

anond:20180114001756

元増田です。

Le Monde のあの記事を読むには、フランスにおける男女関係のあり方という背景を知らないと、正しく読めないなぁ、ということが、いろいろ調べてわかりました。

こちらでは、「不器用告白」と「セクハラ」の境目の曖昧さが熱心に議論されていますが、フランスにおける境目はそんなところで問題になっていません。

一応「ウザがらせる自由」と訳した liberté d'importuner ですが、辞書を引いたぐらいじゃニュアンス全然わかりません。

あるツイートに「 draguer とか séduire はokだけど、importuner は駄目」というのがありました。最初の二つは「ナンパする」とか「口説く」という意味です。

みなさんイメージされるように、フランスの男女の距離感は、日本のそれよりもずっと近いものです。ナンパすることは、男女どちらにとっても、ずっと容易なことです。

レイラスリマニの記事でも、自身が男を誘ったりしていたことがはっきり書かれています

日本ならば、ナンパ自体不快であるという人がいるでしょうがフランスでは、気に入れば付き合い、気に入らなければ振る、というそれだけのことです。

それはウザいかもしれませんが、そこを問題にしていません。だからウザがられる/ウザがらせるは、importuner ではありません。

ではdraguer, séduire と importuner の境目はどうなっているのか。ナンパがimportunerとみなされて不当に告発されることはないのか。

こうした議論ほとんど見受けられません。

なぜなら、前者でも十分近い距離感なだけに、 importuner に転んでしまうと、明白な性的侵害行為踏み込むからです。importuner とは以下のようなものです。

  • 無断での身体接触。急にキスしたり、抱きついたりする。胸やお尻に触る。
  • 直接的な性的表現女性の体を本人の前で品評したり、付き合ってもいないのに性的メッセージをいきなり送りつけたり。ツイートで挙げられていたのは「すげえ胸だな、一晩中やりまくろうぜ」といきなり声をかけられるというもの。(ヨーロッパ映画を見てると、こういうシーンがよく出てきます。本当にあちらはそんな輩が多いのでしょう)。

要するに、importuner はここで議論されているような不器用告白とかそんなものではありません。「ただイケ」でも許されない行為が importuner です。

ですから、liberté d'importuner とは、信じられないかもしれませんが、上記のような「性的侵害をする自由」です。

あの記事は、そんな自由を男に認めてやれ、というものなのです。

このとんでもない主張に賛同している人たちには、かなり特殊な性生活を公にしている方々が含まれていて、とてもフランス人女性代表するものではありません。

彼女たちの主張を噛み砕いていえば、こうです。

ちょっと触られたり、下ネタ言われたりしても、どうってことないじゃない。男の性欲はしょうがないんだから、軽くあしらうか、一緒に楽しめばいいじゃない。

それが女の性的自由よ。気に食わない相手なら、一発叩いてやればいいのよ。」

これが女性側におけるノーという自由です。

これに対してツイッターで紹介されていた記事

通りで急に抱きつかれた女性が男を引き剥がすと、逆上した男がナイフで突き刺した、というもの

これでも、ノーという自由があるのか、と。

先に、#BalanceTonPorc は攻撃的すぎる、と書きましたが、ツイッターではなく、このキャンペーンサイト匿名投稿欄を見ると、そのほとんどがレイプ、残りが未成年に対する性的行為です。

微妙セクハラ行為でっちあげているのではありません。怒るべき人が怒っているだけでした。

結論としては、日本における性的関係問題をこの記事をもとに語るのは、止めたほうがいいんじゃないか、ということです。

実は、はじめあの記事好意的に読もうとしていました。告白ハラスメントとか、おかしいと思っていますし。

ただ、後半に出てくる「痴漢にあっても、大したことないものと思ってもいい」とか「レイプされても、心は自由」とかが、

Le Monde に掲載されている記事とは信じられなくて、自分フランス語読解能力おかしくなったのかと思い、いろいろ調べだしたのです。

結果、あの記事は、穏当な言い方をするならば、私達とは別の世界に生きている人々によって書かれたものでした。何かの参考になるものではありません。

彼女たちは、不器用口説き(彼女たちだけは importuner を不器用さの結果ということにしたいのです)と本物の性的侵害区別はつく、と言っています

でも、その実、巻き込まれしま危険真剣に考えていません。大した事のないものと思っているからです。それが明白になったのが、昨日のテレビ討論会でした。

討論者は、署名者の一人、元ポルノ女優現在司会者として活躍している Brigitte Lahaie と女性の権利省の大臣 Caroline de Haas の二人。

あなた女性の性は弱いものだと思っているけど、そんなことないわ。女性性的魅力はパワーがあるの。母親は娘にそのパワーの使い方を教えてあげるべきなの」

「でも、その性的魅力のせいで、レイプされ苦しんでいる娘たちがいるのです。その人たちについてどう考えているのですか」

Lahaie は言いました。「あなたも知っていると思うけど、レイプされて感じたりすることもあるのよ」。

Haas 自身レイプ被害者でした。

「ウザがらせる自由」に対して:『あなたは、豚として生まれたの?』

(追記)ウザがらされない→ウザがらせられない ですね。日本語不自由になってました。恥ずかしい。

後、importuner と Un porc, tu nais がどちらもアンポルチュネで発音同じことに言われて気づきました。これも恥ずかしい。

そして、さらに恥ずかしいことに、最後段落抜けてました。大急ぎで追加しました。

_______________

ちょっとフランス語翻訳してみたくなったので、最近増田の流れで、一つ記事を訳してみました。

Leïla Slimani (レイラスリマニ)というモロッコ出身フランス人女性作家の Liberation のサイトに昨日掲載された«Un porc, tu nais ?» (「あなたは、豚として生まれたの?」)という記事です。

なんで、これを訳したかというと、先の「ウザがらせる自由」が、何やらフランス代表するもの英米からmetooブームに対する、大陸から批判みたいな取られ方をしている向きがあったからです。全然そんなことありません。twitter を見る限り、あの記事叩かれまくっています

現在も、テレビ討論番組で、Brigitte Lahaie という元ポルノ女優(あの記事署名者の一人です)が「レイプ最中だって、楽しめるわ」と発言した件で、絶賛大炎上中です。(この発言が、あの記事の後半部につながっているのは明らかでしょう)。

フランスでは #metoo に加えて #balancetonporc というタグ使用されていて、意味は「あなた豚野郎を叩き出せ!」です。ものすごく攻撃的ですね。Le Monde 誌の記事はそんな流れの中でのカウンターとして出されたもので、まぁ、要するに両者ヒートアップしてるってことです。

あなたは、豚として生まれたの?」は明確に「ウザがらせる自由」に対する反論として書かれています。いくつかの言い回しが、あの記事から来ているので、増田での訳語にその辺はあわせました。この記事文脈では「ウザがらせる」は生ぬるい気もしますが。

--------

(追記)ブコメで指摘がありましたが、あちらの翻訳は「ウザがられる自由」でしたね。完全に見間違いをしていました。

でも、これはしょうがないところがあって、原語 importuner は他動詞能動形以外のなにものでもないので、まさか受動形で訳しているなんて思わなかったのです。

「ウザがらせる」が正しいです。

不器用勘違いから来る過失のニュアンス」は日本語訳からまれものであって、原文にはそうした解釈余地はありません。

--------

小説家による平明に書かれた文章なので、致命的な誤訳はないと思いますが、気づいた点があれば、じゃんじゃん指摘しちゃって下さい。

_______________________________________

あなたは、豚として生まれたの?』

通りを歩く。夕方地下鉄に乗る。ミニスカート、胸の広く開いたシャツハイヒールをはく。ステージの真ん中で一人で踊る。派手めの化粧をする。ほろ酔いタクシーに乗る。半裸で草むらで伸びをする。ヒッチハイクする。深夜バスに乗る。一人旅をする。テラスで一人グラスを飲む。ひと気のない道を走る。ベンチで待つ。男を誘い、意見を交わし、歩き続ける。イル=ド=フランスの人込みに紛れる。夜勤する。公共の場子どもに乳をあげる。賃上げ要求する。

こうした、日常的で平凡な生活において、私はウザがらせられない権利を、そんなことにかかずらわされない権利要求します。 私は、私の態度、私の服装、私の歩き方、私のお尻の形、私の胸の大きさについて、とやかく言われない自由要求します。私は、私の平穏孤独権利を、恐れることなく前に進んでいく権利要求します。私はただ、内的な自由だけを求めているのではありません。私は、外での、広々とした場所での、私もまたその片隅を占めている世界においての自由を求めているのです。

私はちっぽけな壊れやすい品物ではありません。私は守られることを求めているのではなくて、安全尊重についての私の権利を認めるよう求めているのです。そして男性たちは、皆が皆、豚であるわけではありません。そんなことは全くありません。この数週間、どれほどの男性たちが、彼らの能力でもって、今起こっていることを理解し、私を魅了し、驚かせ、大喜びさせたことでしょう。どれほどの男性たちが、もう加担することをやめ、世界を変え、これらの行為から、彼ら自身をもまた解放しようとする意志を示してくれることで、私を驚嘆させたことでしょう。

というのも、例のいわゆるウザがらせる自由は、その奥底に、男性性についての極めて決定論的な見方を隠しているからです。すなわち、「あなたは豚として生まれたのだ」と。

私の周りの男性たちは、私を侮辱するものたちに対して、怒り、抗議してくれます。朝8時に、私のコート射精した誰かに。私の出世に何が必要理解させようとした上司に。研修の対価にフェラチオを求めた教師に。「キスしないか?」と尋ね、「淫売」扱いして去った通行人に。

私の知っている男性たちは、この男らしさについての反動的見方に、うんざりしています。私の息子は、そう私は希望するのですが、きっと一人の自由な男になるでしょう。その自由とは、ウザがらせる自由ではありません。制御できない衝動にとりつかれた捕食者としてではなく自分定義する自由です。私たちを魅了した男たちが持っているようなたくさんの素晴らしい仕方で、魅了することのできる一人の男に、息子はなるでしょう。

私は一人の犠牲者ではありません。しかし何百万もの女性たちはそうです。これは事実なのであって、道徳的判断やそうした女性たちを(犠牲者として)本質化するものではありません。

そして、世界中の何千もの街の通りを、うつむいて歩いている全ての被害者たち、付け回され、ストーカーされ、レイプされ、侮辱され、公共の場場違いものとして扱われている彼女たち、その恐怖が、私の中で瞬きますうずくまり、恥じている彼女たちの、辱められたという理由で通りに投げ出され除け者になった彼女たち、彼女たちの体がウザがらせる行為を招くからという理由で、黒く長いベールに隠させられている女性たちの叫びが、私の中で響いています

カイロニューデリーリマ、モースル、キンシャサカサブランカの通りで、歩いている女性たちは、失踪誘拐そして(下心ありの)慇懃さを心配しているのではないでしょうか?彼女たちに、誘惑し、選び、ウザがらせる権利などあるでしょうか。

私は、いつか、娘が夜中に通りを、ミニスカートと胸の開いたシャツを着て歩き、一人で世界旅行をし、真夜中に何も恐れることなく、そんなことを考えることもなく、地下鉄に乗れることを望みます。その時、彼女が生きるその世界は、清教徒世界ではないでしょう。私は確信しています、それはより正しい世界、そこでは愛と歓びに満ち、魅了し合う場だけが、より美しくより豊かである世界になるだろうと。それはまだ想像すらできないものだけれど。

http://www.liberation.fr/france/2018/01/12/un-porc-tu-nais_1621913

2018-01-13

社会人になったら価値観が変わる(恋愛)

なんてのはまったくの嘘だった。

社会人1年目です。

大学2年の頃から付き合っている彼氏がいて、数ヶ月破局した時期がありましたが、よりを戻してから喧嘩もなく、かなり順調です。

就活のころ、先輩やOB訪問出会社会人からかなりの確率で、社会人になったら(恋愛の)価値観が変わる・今の彼氏とは別れる・結婚は違うと言われた記憶があります

なんとも返せずなんかやだなそんなのと思ってました。

いざ社会人になり、しばらくして、おやおやと。まあちょっとどこかで価値観が変わる自分を期待してはいものの、何も変化する気配なく、むしろ大人になってしまってから恋愛はなんて夢がないんだ!!と絶望することが増えました。

変わらないじゃないか

しろ本能だけで好きになれた彼の存在が貴重すぎてものすごく尊いものに感じるじゃないか

順調にいけばお金が貯まったらすぐ結婚すると思うので、社会人になっても付き合ってたら100万円やるよ、と賭けてきた広告代理店の方(OB訪問後にエレベーター壁ドンキスで迫ってきた数週間後にfacebook第一誕生の報告をしてた自称1000人斬りの)ご祝儀待ってます

ヌーヴに賛成でも教師の生徒への求婚に懲戒自然と思って当たり前

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mbs.jp/news/sp/kansai/20180112/00000068.shtml

 

62歳既婚教師が生徒に恋心を抱いて猛アタックをかけていたことが学校にばれ、減給懲戒処分となったニュースに対して、ドヌーヴの「口説く自由」を持ち出して皮肉を言うコメントがみられる。

口説く自由」を認めるなら、この教師の行動も女子生徒は認めなければならなくなる、と言うのだ。

 

単純に62歳が18歳に恋して口説いてもいいか、に答えるならば、答えはイエスだ。口説いてもいい。ただし多くの国では未成年と付き合うには本人以上に保護者同意が法的に必要になるが。

次に教師が生徒に恋をして口説いてもいいか、になると、人間としては自由だが、職務上は許されない、となる。なので本気で口説きたいなら卒業してから、となる。

そして、この教師口説き方は問題か、と言われれば、問題があった。朝日新聞記事によれば、教師から口説かれた生徒は、その話を断った、とある。生徒が断った後も、教師からアプローチは続いたという。これドヌーヴの「口説く自由」「うざがられる自由」を超えている。

 

最後に、この「口説く自由」を超えた迷惑に対して、懲戒内容は妥当か、という点がくる。今回は免職ではなく減給である。重すぎることなく、かといって訓戒や注意だけのような軽すぎるものでもなく、表に出ている情報に対する懲戒処分としてちょうどいいものではないか、と個人的には思う。これが懲戒免職が出されたとなると、「報道には出なかった性的な酷い嫌がらせもあったのでは」と類推することになる。

 

ヌーヴの文章が出てくる背景には、「その#MeTooに対してはあまりに罰がひどすぎないか」という私刑の行きすぎ感がある。軽口まがいの性的呼びかけ、挨拶に便乗したキスやボディタッチなどに対して、凶悪性犯罪と同等に扱い、告発を受けた者が仕事を失う、過去の栄光が失われるなどすることは妥当なのか、という罪と罰バランス感覚に対する問題提起である

今回の62歳のケースは、「口説く自由」と「自由行使で発生した迷惑に対する社会の罰」とのバランスが取れてるから良しとするというのが、私の考えである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん