「諸国」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 諸国とは

2018-12-13

日本国憲法の要約結果

IMAKITA Document SqueezerによるAI日本国憲法の要約

第4章 国会

3 出席議員の5分の1以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

4 審査に関する事項は、法律でこれを定める。

第100条 この憲法は、公布の日から起算して6箇月を経過した日から、これを施行する。

その議員は、法律の定めるところにより、これを定める。

国権の最高機関たる国会が前面に出ているのはなんか納得。

ちなみに前文だけだと、

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威国民に由来し、その権力国民代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

日本国民は、恒久の平和を念願する。

平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全生存を保持しようと決意した。

われらは、全世界国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれ国家も、自国のことのみに専念して他国無視してはならない。

平和が重めの三大原則になった。

2018-12-11

anond:20181211083345

地域名前を徐々に英語で置き換えていくのって西洋諸国陰謀を感じるよな!

2018-12-08

anond:20181208165908

欧州先進諸国だともっと気楽にデモが起きるから

デモをやってる人たちも、日本と比べて特別困窮している人たちがやってるわけではない。

日本場合は多分デモするくらいなら多少の生活苦を受け入れる人の方が多いだろう。

史学科のゼミとか卒論とかって何やってるの

数学科事情、すごく興味深く読んだ。

「数学の修得には時間がかかる」ことの概説 - Unhappy Go Lucky!

ただ、文系学部の「研究」や「卒業論文」の位置づけとかについて、過大評価していただいているような気がしなくもない。日本語とは縁遠い言語を話す地域を専門とする史学科卒の人間として、「ゼミ」や「卒論」の位置づけについて語ってみたい。

ゼミで何をやっているか

いやこれは本当に分野によるのだが、「研究」というよりも「勉強」をやっているところが多い。歴史学というのはまず史料に何が書かれているかを正確に読み解く必要があるのだが、その読み方を徹底的に叩き込まれる。場合によっては修士課程でもこれが続く。もしくは、研究文献の読み方を叩き込まれる。そもそも2・3年前まで高校生だった連中である文系研究書をどのように読むべきかよくわかっていない人も多いし、英語の本を通読なんてしたことないですという人がほとんどだろう。レベルの高い大学なら外国語文献の購読をし(何語なのかは研究分野や参加者による)、あまりレベルの高くない大学なら日本語の本・論文の読み方をゼミで躾けられる。

(「史料」ってのは要するに「昔の人が書き残したこと」。王様勅令だったりお役所行政文書だったりインテリの書いた思想書だったり過激派の撒いたアジビラだったり新聞記事だったり、色々である公文書館に行って実物を見てくる場合もあれば、別の学者がまとめて印刷出版してくれたものを参照する場合もある)

何で学部の段階からゼミに分かれるか、というと、「歴史学とは何か」「史料批判とは何か」みたいな概念方法レベルの話や、「いやしくも歴史学を学ぶ者として最低限踏まえておくべき各地域・各時代の基礎知識」みたいなのを除けば、分野ごとに身につけるべきスキル全然違うので。江戸時代歴史なら江戸時代古文書明治期の歴史なら明治期の文書中国史なら漢文イギリス史なら当然英語古文書……を読まないといけない。イギリスについて研究したい学生日本古文書の読み解き方を勉強しても時間無駄だろう。逆もまた然り。

ぶっちゃけ、「卒業論文」に大したオリジナリティはない

慌てて言えば分野による。

社会調査とかする分野で、自分なりにアンケート調査してみた、とかそういう論文なら、どれだけ拙かろうがオリジナリティはあるだろう。あるいは歴史学でも、オリジナル史料を発掘することが可能な分野ならオリジナリティは出る。

ただやっぱり、学部4年の段階で大層な「オリジナリティ」は出てこない。そもそも外国史の場合史料の読解すら教員の手助けを得てようやく、という人が多い。歴史学では一次史料が重視されるが、私の分野では卒業論文で一次史料を使った時点で優秀な学生の部類に入るだろうなと思う。二次文献、つまり他の研究書や論文をまとめて長いレポート(うちの大学では3万2,000字が下限だったかな)を書けたらOK、という運用をしている大学も多いのではないか。まとめるのにもオリジナリティは出るしね、という苦しい理屈だしそんなの査読つき学会誌に「論文」として発表できるレベルではないが、学会誌に「論文」として出せるレベルのもの要求していると4年では足りないわけで、多くの史学科の学生修士論文で初めて学会誌投稿できるレベルのもの要求されることになる。

何度も言うようにこれは分野による。地味に重要なのが、「その言語大学第二外国語として開講されているか、あるいは教養科目で講義が受けられるか」という点。朝鮮史ドイツ史やフランス史場合韓国語ドイツ語やフランス語文系学部ならたいていは必修の第二外国語として教えられていることが多いので、卒論でも韓国語ドイツフランス語論文は読めて当然だよなあ? というハードモードになることもある。中国史なら「高校から漢文やってるんだしゼミでも読んでるんだから卒論でもちゃん漢文史料は読めるよね? 現代中国語論文も読んでね」ということになるだろう。英語? そんなの読めて当然でしょ? 第二外国語ではなくとも、たとえばトルコ語アラビア語なら多少気の利いた大学なら教養科目とかで開講されているから、イスラーム史やりたいなら学部1年のうちから履修しといてね、という話になると思う。逆に、マイナー外国語必要な分野だと、せめて英語の本くらいは読んどいてね、くらいにまでハードルは下がる。アイスランド史を勉強したいです! と言われても、日本アイスランド語の授業がある大学がいったいいくつあるのか……という話になるわけで。まあ東大の某ゼミではゲエズ語購読とかやってたらしいですけどね。雲の上の世界すぎてまったく想像もつかない。

なので、大学に入った段階で既にどの分野に進むのかなんとはなしの道筋がついていないと厳しい。第二外国語韓国語選択して、やっぱり私ドイツ史がやりたい! というのは不可能ではないが難しい。第二外国語選びの段階である程度進路が決まってしまう、というのが史学科の特徴だ(まあ、英文学科とかは、学科選びの段階で専門地域が決まってしまうわけだが……)。イスラーム史やるなら第二外国語フランス語にしないとね。そんなのついこないだまで高校生だった連中にわかるか! もちろんこれは大学による。西洋史に進学した者にはドイツ語とフランス語双方の習得義務付ける大学もあるそうである。これならヨーロッパのたいていの地域対応できるね! 史学語学と言われる所以だ。

あとは西洋以外の地域だと、「史料に書かれている言語」と「論文に使われている言語」が違うことが結構あって、何でかといえば近代以降に西洋諸国植民地支配されていたりすると「オランダ人研究者がオランダ語で書いたインドネシア史についての先行研究」みたいなのがたくさんあるので。つまりいくらインドネシア語やアラビア語が堪能でもそれだけでは片手落ちで、オランダ語フランス語ができないと先行研究が読めないので勉強せざるを得ない(付け加えるなら、植民地支配されてたということは、お役所では宗主国言語が使われていたり宗主国のお役所植民地統治担当する部局があったりしたわけで、それらの史料は当然宗主国言語で書かれている)。さら前近代史だと、「昔使われていた言語」と「現在使われている言語」が異なっていることが多く、典型的には古文とかラテン語とかである現代日本語論文はスラスラ読めても古典日本語チンプンカンプンという人も多かろう。前近代西洋征服王朝なんかだと大変で、現地語+支配階級言語植民地支配してたヨーロッパ言語、をやらなければいけなかったりする(アラビア語オスマン語+フランス語、みたいな感じ)。いやー、西洋現代史はヌルゲーの領域っすわ……その国の言語ができれば用足りるからなぁ。現地に行けばネイティブスピーカーいるか勉強簡単だし(アッカド語みたいなネイティブがいない言語習得してる人ほんと尊敬する)。もちろんここで少数民族とか国際関係史とかに興味を持ってしまうと語学沼に引きずり込まれるわけだが。イギリス史なら英語だけでいいだろうと思っていたらうっかりウェールズに興味を持ってしまウェールズ語を勉強することになりました、とか、ドイツ語だけで通そうと思っていたら枢軸国外交に興味を持ってしまったせいでイタリア語も読んでます、みたいな。とはいえこれらは院に進学してからの話(あるいは院への進学を希望する学部生の話)だ。院に進学しない学生卒論レベルなら日本語英語or中国語でじゅうぶん、という運用大学ほとんどだと思う。

ヨーロッパ植民地についてしか述べていないのは、日本植民地場合宗主国言語習得する困難はほぼ存在しないからであって、日本植民地支配をしていなかったと言いたいわけではないので念の為。もちろんこれは日本語母語話者である学生の話で、韓国台湾学生あるいはそれらの国から留学生植民地時代自国史を勉強しようと思ったら日本語を読まなければいけないわけであり、なんというか申し訳ない)

でもまあ、卒論書くのは大事ですよ。たとえそれがレポートに毛の生えたレベルのものであっても、院に行かない学生にとっては専門家指導されしっかりと文献を読み込んだ上でこんな長文を書かされる機会はこの先の人生でなかなかないし、それを経験するというのが大学に行く意味だと思う。院に行く学生にとってはもっと長い修論博論書くんだから当然このくらい書けなきゃ話にならんわけで。

院に進んだら何やるの

留学します。

これも分野によるのだけれど、たいていどっかに留学する。中国史なら中国台湾フランス史ならフランス、みたいに。留学先で大学ゼミに参加したり史料を集めたり現地の専門家指導を受けたり、あるいは分野によっては語学勉強をしたりする。もちろん複数国に留学してもいいし、研究対象国以外に留学することもありえる。アフリカ史を研究するためにポルトガル留学した人がいたり(イエズス会士が書いたものを読みたかったらしい)。で、帰国してから博論を書く(たまに留学先でそのままPh.D獲っちゃう人もいる)。

上述のような事情があるので、歴史学を専攻している人はたいてい4年以上博士課程に在籍する。ちゃんとした大学で3年で博士号獲るのは一部のバケモノだけです。たまにいるんだよそういうバケモノが。日本史なら楽勝かというとそういうわけではなく普通に4年以上かかってることが多い。留学期間とかもあるので、博士課程の先輩に学年を聞いても即答できないことが多いから気をつけよう。29歳でドクター? 夢物語かな? まあ本当に文系大学院なんて資産の子供か養ってくれる配偶者持ちか自殺志願者以外は来ない方がいいです。男性歴史学者が書いた研究書のあとがき奥さんへの謝辞が書いてある場合、もちろん本当に純粋感謝の念であることも多かろうがけっこうな確率で一時期ヒモ生活を送っていたことへの感謝だったりする。奥さん実家でチクチクとイヤミを言われた経験を聞かせてくれた教授もいらっしゃる。これ有名大学の教授様になれたから笑って話せるだけで、なれなかったら悲惨だよな……。まあでも、研究者の不遇っぷりは文理問わないか

2018-12-05

「知らない」ことによる幸せ

アフリカ僻地の人は幸せそうに暮らしている顔をテレビで見せるし、テレビ番組はその部分だけを積極的にオンエアしようとするが・・・

それは、先進諸国医療暮らしを知らないか幸せに生きていけている、という部分はあると思いますよ。

後進国特に田舎地域ちょっとした病気やケガ(それに起因する致命的な感染症など)で人がバタバタと死亡しており、日本より遥かに寿命が短い現実があるのですから

それを証明するように、田舎から都市部移住する人のなかで、また田舎に帰ってそのまま寿命を迎える人は極めて少ない。

結局、都会、都市部での暮らしを選んでしまうんですよ。

都市飲食物から職業文化すべてにおいて選択肢が多いですし魅力的ですからね。

日本でも都市部で生まれ育った人が田舎に妙な幻想を抱いて田舎への移住をしたが、結局、職や地域での行事スーパー病院生活拠点との距離辟易して都市部、都会での暮らしに戻る人が多い。

そんなものです。田舎暮らししか知らない人は幸せしょうが、それは「知らない」を前提に立脚している幸せです。

2018-12-04

ウォール街、「#MeToo」時代新ルール-とにかく女性を避けよ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-03/PJ5GIH6JTSEL01

これ画期的だな…単にフェミニズムの求めるセクハラの根絶が実現するだけじゃないからね

メリットはもう一個ある

男性だけの社会を作るってことは、それ以外、つまり女性だけの社会というフェミニズムが求めた別の理想までもが一石二鳥で実現してしまうんだ

凄いよな…男性側もリスク撲滅のメリットが一つ得られるし、女性側はリスク撲滅と女性だけの社会の二つが得られる

さすが人権先進諸国アイデア

厳密にはセクマイ人口の7パーほどいるけど、彼彼女達はそれぞれの社会包摂するということで大丈夫

FtMは男側、MtFは女側に行くと良い

2018-12-03

鉄道バスの愛好家や現役やOB含めた関係者マイカー規制課税強化に賛成するべき!その5つ以上の理由

クルマにはウン百万円以上費やしてマイカー乱用しまくって鉄道には乗らない生活を選び、結果として鉄道を潰して殺したのは、他ならぬ地域住民事実

廃線しようとしているJR北海道批判する地方の人々は、あまりにも身勝手ですよ。自分らが鉄道を殺すような生活を選んだくせにね。

昔、地方の人々はマイカーなんて無くても立派に生活していた。自転車鉄道バスを使って。マイカー蔓延してなかった時代は重大事故も少なかった。

マイカー抑制して高齢者でもクルマなし生活できるような地域構造を整備しよう、というのがコンパクトシティ政策です。

地域住民マイカー依存から鉄道利用に転換すれば、鉄道の復活は現実味を帯びてくるんですよね。

なので、鉄道愛好家ならばに鉄道ファンは、もっとSNSなどで自動車にまつわる課税強化や、パリオスロなど先進諸国都市部がしているように自動車乱用に規制をかけるなどといった政策正当性もっと声高に叫んでこそ、鉄道未来を守る為には正しいアクションと言えます

イギリス首都ロンドンなどは市街地への自動車通行に課税をして、それを元手に自転車専用道ネットワーク整備や鉄道バスの強化を進めているほどです。

また、ドイツではマイカーをあえて不便にすることで自転車バスなどの公共交通利用を増やして地域の便利を維持する政策も取られています

https://i.imgur.com/9b7Ckpv.png

結局、公共交通維持の為には、元凶であるマイカー抑制する政策もっと効果的なのです。公共交通が維持されれば、車の運転ができなくなった高齢者でも便利に暮らせる地域構造が持続できますからマイカー依存公共交通を殺し、高齢者を殺してしまう最悪の依存です。

鉄道愛好家がするべきことは、マイカー依存への批判マイカー乱用への批判SNSで発信することですよ。

結局、地域住民マイカー依存を選ぶという愚かな選択をした為に鉄道バスなどの公共交通が死に追いやられているのですから。そしてクルマ運転しない層は難民となるか都市部移住選択して地域過疎化が進行する。マイカー依存害で。

鉄道ファンならびに関係者は、自動車特に自家用自動車マイカーへの課税規制強化を進めるべき!という姿勢SNS毅然と発信し続けるべきですね。

そうしてこそ鉄道復権があるのですからマイカー依存者はほとんど鉄道を使わない。ならば、マイカーを不便で不経済ものにする政策の推進に賛成をし、その正当性SNSで発信することが、鉄道ファンとしては正しい姿、正しいアクションです。

この度、政府計画して自動車走行距離に応じた課税についても、鉄道ファンはもっともっと賛同の意をSNSで見せることが大事ですよ。

公共交通は利用して育てるインフラ。使わなければ滅びるだけ。そして困るのはクルマ運転できなくなった高齢者です。

地方の人々は自分がどの移動手段を選ぶかで、地域未来が大きく変わるという事実もっと直視するべきですね。

https://i.imgur.com/J0w474B.png

https://i.imgur.com/oEO7jMJ.png

2018-12-01

先進諸国特に都市部では地域から大事故と公害渋滞と不健康を減らす為、自動車を減らして自転車を増やす施策を進めている。

先進諸国特に都市部では地域から大事故と公害渋滞と不健康を減らす為、自動車を減らして自転車を増やす施策を進めている。

健康のためには「自転車」というこれだけの理由(石田雅彦) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20171205-00078904/

医学自動車依存者は最も健康寿命が短く長期間苦痛を伴う癌にかかりやすい。あらゆる移動手段の中でも自転車利用者は最も長生き。

いま、世界的に自転車通勤する人々が増えている。

自転車ニューヨーカーの必需品 利用者激増と調査報告

https://www.dailysunny.com/2016/05/06/nyn0506-3/

自転車の街へ変貌するロンドン。15年間でクルマは半減、自転車=サイクリストは3倍に

http://www.gizmodo.jp/2016/02/bikeinlondon.htm

lフランスイタリアアメリカイギリスオランダノルウェー等、多くの都市渋滞や重大事故、公害、不健康元凶として規制排除が進む自動車自転車インフラ整備で活用が進み続ける自転車

http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1461543122/

4年以内にオスロ中心部交通安全向上、自動車対策渋滞対策のため、自家用自動車通行を全面禁止へ、欧州首都で初

http://jp.reuters.com/article/oslo-idJPKCN0SE0Y220151020

なのでノルウェー首都オスロ自家用自動車マイカー個人所有の自動車公道走行違法化自転車活用推進を決定済。

自動車を減らして自転車を増やすほど事故公害渋滞も不健康も減って地域利益社会利益公益になる。

https://anond.hatelabo.jp/20181201172334

2018-11-28

anond:20181128082727

別に東大などの日本トップクラス大学学生レベルオックスブリッジアイビーリーグに負けているわけではない。むしろ日本高校でマジメに勉強してた日本学生レベル結構高い。

英米トップレベル大学凄さは、世界中から秀才が集まってくるところ。学生教授らも。

でも、それは、英連邦諸国のつながりという過去大英帝国時代遺産を受け継いでいるという面もあるので、一概に日本大学ダメダメとも言えない。(フランスなど欧州大陸諸国の状況を考えればわかる)


まあ、とはいえ日本大学教育にあまり熱心でないというのは言えるだろうが....

自転車利用は街や人にたくさんの良い効果がある その2

https://anond.hatelabo.jp/20181128001819

自転車利用率が高い国ほど重大事故が低いという統計

https://i.imgur.com/fVW3U1k.jpg

日本国内においても都市部自転車利用率が高い地域ほど人口あたりの重大事故発生率は低い=地域における交通安全性が高い。

https://i.imgur.com/wiJtRD5.png

からこそ、現代先進諸国特に都市部自動車にまつわる税を増やしたり、通行課税や通行規制により自動車の乱用及び都市部流入抑制し、自転車活用拡大を政策レベルで推進している。

https://i.imgur.com/HLPcsxs.png

イギリス首都ロンドン 脱クルマ政策により、15年間でクルマは半減、自転車利用を3倍にし成果を出し続けている。

https://i.imgur.com/HLPcsxs.png

自転車利用は街や人にたくさんの良い効果がある

その解説サイト

自転車利用についてのよくある誤解に惑わされないように ― 事実を広めるのにこのサイト解説を役立てて下さい!』

https://cyclingfallacies.com/ja/

現代において、ニューヨークロンドンパリオスロアムステルダムなどの先進諸国代表的都市ほど、なぜ自動車を減らして自転車活用を進めているか理解できる。

統計を見ると事故率、死亡率は自転車より自動車のほうが高い事実が見て取れる。

https://i.imgur.com/c0EzskZ.jpg

https://i.imgur.com/JnRKfQn.png

健康寿命も実際の寿命自転車利用者のほうが自動車依存者より長い。

https://i.imgur.com/FTVy7qe.png

自転車によく乗る人は徒歩、自動車依存者、鉄道バス依存など非アクティブ移動の者より長生きだという事実英国グラスゴー大学の大規模医学研究調査により明らかになった。

2018-11-25

anond:20181125194121

自然と沈むにしても、ちょっと真面目な話しようと思ったら頭のおかしアメリカさんが頭を叩いてくる現状で

朝貢貿易をしてでもアジア三国共同で戦線を張ったりしてどうにかしてアメリカEU奴隷から脱却しないといけない状況で

なぜかアメリカ絶対神聖視してアメリカから押し付けられてる不平等条約を全肯定したり

確実に社会が衰退するとわかりきってる男女同権思想かいカルト教義を真面目に実施して人口積極的に減らすことを肯定したり

EUの頭のおかし個人情報保護施策実質的宣戦布告とほぼ同義)を無条件に肯定したり

はてサってマジで日本をどういう国にもっていきたいのか本気でわからないんだよね

ぶっていうけどまずその前に全国民奴隷になるのが先だし、奴隷労働すんのはお前だからな、と

欧米諸国はそうやって人を奴隷にすることで成長発展を遂げてきたんだけどまたそれを再生産すんの?と

グローバル左翼である俺の目には愚かにしか映らないんだよね…

2018-11-20

ポスターセクハラの深刻さを訴えるなら

欧米諸国タバコパッケージみたいに、ショッキング表現を使うのが一番じゃないの?

喫煙だと、あなたの肺や口腔がこうなりますって癌でボロボロになった写真を見せるように。

セクハラ痴漢レイプと同じ、魂の殺人に等しい行為だとはっきり伝えないと。

いか重篤ダメージ被害者に与えるのか伝えるには、レイプボロボロになった女性器を載せるレベル表現必要

あなたたちが飲み会職場やらかしてるのは、まさにこういうことですよって。

おっさんがキョドッてるだけの軽々しいポスターだと、全く男共には深刻さが伝わらんでしょ。

2018-11-18

anond:20181118100448

ルーマニアとか、アジアとの境がギリギリな辺りの東欧の人たちはね

白人といっても先進国感が全くないし、超ギリギリ白人になれてるだけのイメージなのよ

いくら出羽守でも、イギリスフランスの人が言うのと同じノリで、はいそうですかとイルカ獲りを止める気にはならんねぇ

自分らも欧米先進諸国韓国と同じようにジャップを屈服させられると思った?

2018-11-14

anond:20181114211256

あれもたぶんそうだな

指輪に限ったものじゃないけど欧米諸国貴族王家先祖伝来の封蝋印璽を持ってる

anond:20181114210718

無知晒してるとこ申し訳ないが、欧米諸国には封蝋印璽っていう風習があってな、これもまた文書正統性を示すもので国の代表しか使っちゃいけない

2018-11-12

anond:20181112143508

そりゃ増田が知らなかっただけで昔からずっとそうだったんでしょ

から日本嫌韓というのは、まず向こうの反日が先にあって、そのカウンターというか結果でしかない

仮にそれがなければ、他の例えば東南アジア諸国みたいに「無関心兼見下し」的な扱いだったはずだ

もちろんそれだっておよそ褒められたもんじゃないけど、そういう違いはある

2018-11-10

勉強しに日本に来ている外国人への援助が批判されていることについて

ここに書く意味あるか分からないけれど取りあえず殴り書き

私は欧州留学中なんだけれど、こちらで外国人学生と知り合う機会も少なくない

出身国ロシアとかの東欧だったり、ベトナム中国などさまざまだけどみんな私よりはるかに優秀で、勤勉。

中東の人はまあ……例外かも)

ベトナム人と話してたとき日本奨学金を受け取れるベトナム留学生は限られた優秀な生徒だけだとその友達が言っていた。

優秀な外国人海外から輸入すること、良いことだと思うんだけどな……

遊んでばかりの日本文系大学生奨学金あげるよりも、これから日本科学技術発展に役立ってくれるかもしれない人材奨学金をあげる方が有益じゃないのか。

(誤解を避けるために: 文系批判したい訳ではなく、勉学をしない学生理系文系関係なく給付型奨学金をもらうべきではないと思う。お金もったいない

外国人への奨学金批判するのは外から見ていて意味不明だし、それこそが差別的に見える。

長期的な視点を持てばいいのに。

欧州の貧しい国(特に東欧)には若者が残っていないらしい。

みんな西側諸国に行ってしまうから

特に大学無料な国に行く人が多い。

日本も上手くやって、アジア発展途上国から優秀な人材青田買いすればいいのに、、、日本がまだなんとか先進国とみなされている今がラストチャンスの気がする。

もったいない

2018-11-02

韓国徴用工に関する整理

50年前に定められた日韓基本条約に反するから韓国大法院の判決おかしい、という簡単な話ではありません。時系列で流れを整理します。

徴用問題の始まり

労働力の不足を補うため、昭和19年朝鮮総督が、朝鮮在住の朝鮮人に労働を命じました。正当な理由がなくこれを拒絶すると懲役刑を科される、国家による強制的労働です。その後の日本国内裁判で「徴用に応じなければ家族逮捕される」と脅迫されたことや、「寮は有刺鉄線で囲まれ12 畳の部屋に12 人が収容された」「食事は粗末で量も少なく休日も月1、2 回しか与えられなかった」「こん棒で腰部を20 回殴打された」などの事実も認められており、その当時の基準に照らしても安全配慮義務に反する不法労働日本裁判所で認定されています

日韓請求権協定で定められたことと定められていないこと

日本連合国サンフランシスコ平和条約を結び国際社会に復帰しましたが、韓国は「日本戦争をしていない」という理由サンフランシスコ平和条約に入りませんでした。

その後、日韓請求権協定が結ばれ、「両締約国及びその国民財産権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決された」と定められ、特に、「被徴用韓国人の未収金補償金及びその他請求権の弁済請求」は「日韓請求権協定によって完全かつ最終的に解決された」とされました。

ただし、これは、日本政府は「外交保護権を相互放棄したものであって個人請求権のもの国内法的な意味消滅させたものではない」という公式解釈をしています。つまり韓国内の日本国民資産韓国から取り戻したかったら、ご自由にどうぞ、でも、日本政府は手伝わないよ、という意味です。

このわかりづらい解釈には理由がありますもっと自然な、「朝鮮人の日本人への請求権韓国政府が放棄し、朝鮮にあった日本人の資産請求権日本政府が放棄した」という解釈にしてしまうと、韓国内の日本資産放棄に対して、日本政府が賠償責任を負うことになってしまうからです。

慰安婦に関してはまた別の話があるのですが、本題でないので触れません。)

個人請求権についての確定

平和条約のあとでも宙に浮いていた個人請求権ですが、連合軍捕虜への損害賠償を求める米国最高裁判決で、「サンフランシスコ平和条約第14条によって、戦争遂行中に日本国およびその国民が取った行動から生じた連合国及びその国民の他の請求権放棄されている」という判決2003年に確定し、話が動き出しました。

2007年には、日本最高裁が、「サンフランシスコ平和条約当事者以外の国や地域との間で戦後処理をするにあたっても、(...)条約の枠組みに従う」という判断を示し、サンフランシスコ平和条約に含まれない韓国中国フィリピン等の国民から訴訟も、原告敗訴が決定づけられることになりました。

ただし、最高裁判決には「個別具体的な請求権について債務者側において任意自発的対応をすることは妨げられない」と述べ、「被害者らの被った精神的・肉体的苦痛が極めて大きかった一方、上告人(被告企業)は中国労働者らを強制労働従事させて相応の利益を受けるなどの諸般の事情にかんがみると、上告人を含む関係者において、本件被害者らの被害の救済に向けた努力をすることが期待される」という「付言」が付きました。

それを受け、西松建設中国当事者らの間で、2億5000万円を支払い、補償や未判明者の調査記念碑の建立、慰霊のための費用などに充てるという和解が成立しました。

2012年の韓国大法院判決

三菱重工業に対する訴訟で、韓国大法院は、朝鮮徴用戦争にかかわるものではなくて、植民地支配にかかわるものからサンフランシスコ平和条約とか日韓請求権協定とかとは関係なく、韓国人の請求権は残る、と判示しました。サンフランシスコ平和条約から日本最高裁判決に至る流れをひっくり返すものになります

この判決が確定した以上、先日の損害賠償を命じる判決必然でした。

個人的な感想

法律の話で言えば、日本および日本企業請求権が生じる、というのは疑わしいとは思いますが、一部の日本メディアがいうように韓国司法おかしい、とまでは思いません。韓国徴用日本過酷労働をさせたという事例に対して、日本最高裁が独占的な管轄権を持つ、というのは自明ではないし、個人請求権サンフランシスコ平和条約の枠組みに従う、というのもそもそも07年まで不確定だったわけで、議論余地はあるところだと思います。ただ、韓国の主張は、植民地支配に関して請求権が残っていて、元植民地側の裁判請求ができるという話なので、これを認めると植民地支配していた欧米諸国がすごく困ります慰安婦みたいに国際的な広がりを持つことなく、国際法的には日本が勝つのだろうな、と予想しています

道義の話で言うと、徴用工に関して日本の様々な裁判所が繰り返し不法行為を認めているのが印象的です(例:01年東京地裁、01年京都地裁、03年東京高裁、96年富山地裁、98年山口地裁、01年大阪地裁、02年大阪高裁、07年名古屋高裁、05年東京高裁、02年福岡地裁、04年福岡高裁、02年広島地裁、04年広島高裁、09年最高裁)。最高裁については先ほど述べましたが、それ以外にも多数の裁判官が自発的な救済を推奨しており、おそらく基金などを作って、アジア中の徴用工に対して日本自発的補償すべきものなのであろうな、と個人的には思います基金を作るのがスムーズに進んでくれたら、と思います

最後に、判決をいくつか引用します。

歴史的事実真摯に受け止め、犠牲になった中国労働者についての問題解決するよう努力していくべき」(宮崎地裁07 年3 月26 日)

被害の救済に向け自発的関係者による適切な救済が期待される」(前橋地裁07 年8 月29 日)

任意被害救済が図られることが望ましく、これに向けた関係者真摯努力が強く期待される」(仙台高裁09 年1120 日)

「ひとりの人間としては、救済しなければならない事件だと思う。心情的には勝たせたいと思っているが、最高裁判決がある場合には従わざるを得ない。本件のような戦争被害は、裁判以外の方法解決できたらと思う」(長野地裁06年3月10日

被害者らの被った精神的・肉体的苦痛が極めて大きかった一方、被告企業中国労働者らを強制労働従事させて相応の利益を受けるなどの諸般の事情にかんがみると、上告人を含む関係者において、本件被害者らの被害の救済に向けた努力をすることが期待される」(最高裁07 年4 月27日)

参考文献

http://www.ackj.org/wp/wp-content/uploads/2017/12/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%A0%94%E7%A9%B615_%E7%89%B9%E9%9B%8641.pdf

2018-10-31

フォークランド紛争も「戦後西側諸国同士での正規戦はこれが初めて」なんて言われてるけど、当時のペロン政権を"西側"と言うのもアレだし今の韓国も似たようなものかもしれん。

2018-10-30

anond:20181030204012

徴用工より後の時代だけど、日本国から韓国へ当時の国家予算匹敵する額を援助したのに何も韓国民に知らされず感謝のかけらもない、という話と、あれはカネを出したけど旨味は結局日本企業が吸い上げた、という主張があって、私はどう調べてどう自分結論づけたらよいか迷っております戦前戦中の、日本欧米連中と違って朝鮮半島(ほかに台湾東南アジア諸国)に莫大な教育インフラ投資をした、という話と、結局地元民は奴隷にされて日本財閥などにうまく使われただけ、という話とあって。

欧米連中は植民地からは本当に奪うことしかしてこなかったのかな?そうでないなら、別に日本特別良いことをしたとは言えないものな、結果論として独立できた国々は沢山できたけど。。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん