「言動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言動とは

2017-09-19

https://anond.hatelabo.jp/20170914224407

アイドルに限らずよくいるよね、こういう人。

「俺の好きなブランド、薀蓄やこだわりを何も知らないようなチャラい奴が着て絶賛してたからもう着なくなった」

「俺の好きなアニメファンイタい振る舞いをしてるのを知って作品を嫌いになった」

とかと同じ。

こういう人は一般的ファンとは思考回路が違う。

自分では「○○を好き」と思っているけど、他人から見れば「○○が好きなのと同時に、○○を好きな"いい趣味してる自分"が好き」な奴なのが特徴。

後者の部分が膨らんでくるほど異常な言動をするようになる。

一般的ファンとは違うと言ったが、その境界曖昧で、ほとんどの人が後者の要素を多かれ少なかれ持っている。

程度の問題なのだが、最初から後者目的流行り物に飛びつく人はまだマシで、深刻なのは前者をこじらせて後者に化けた人だ。

自分の「好き」が高度化して高尚であるという思いが強くなると、趣味対象(アイドルとか)そのものや、その楽しみ方も勝手に高尚化しようとする。

結果として、他のファンに異様に厳しくなって原理主義者と化したり、

ファンからの目を気にして異様に閉鎖的・排他的になったり(腐女子に多い)、

ときには、製作運営者に非常に辛辣言葉を投げて、「こういう風に作るべきだ(俺の思う通りに作れ)」と傲慢になったり(アニメアンチに多い)する。

彼らは、

趣味なんだから他人がどうであろうと自分が良いと感じていればその思いを通すべきだ」

という正論を受け付けられない。

その趣味自体自分の一部として内面化してしまっているから。

いわばアクセサリーのように自分と一体化したものから、そのアクセサリーが何者かに卑しめられると自分品位も下げられたように感じる。

それを自意識が受け入れられないから、好きなはずのものを「嫌い」とすることで、自分から切り離そうとする訳だ。

幼稚な思考ではあるが、誰もが一度は陥るレベルで、ありふれた思考でもある。

それ故に、どんな趣味でも、この手の人はちょっと深堀りしてみればしょっちゅう目にするレベルに周囲に潜んでいる。

そういう人がどうすれば、そういった思考回路卒業できるのかはいまいちよく分からない。

他者自分と同一の存在かのように信頼しすぎる・期待して求めすぎる日本人心理的傾向にも原因があるような気がする。

水原希子 幼少

https://s.eximg.jp/exnews/feed/Gree/Gree_159051_1.jpg

ませてるなあ

『ませてる』の意味を教えて下さい!

happylife111111さん2008/5/919:24:21

『ませてる』の意味を教えて下さい!

共感した 1

閲覧数:116,040 回答数:1 違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jllo_oliさん 2008/5/919:26:37

言動や、行動が大人っぽいこと。

主に小学生以下に対して使う言葉です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216415377

anond:20170919003704

皆が裁判で保身のためにだけに発言するというのもただの決めつけですよね

不適切言動があったけれど告発せず故人の名誉を守ろうと思ったということも考えられますよね

局部外者には何もわからないのにホモ絶対に悪くないという思い込みおかしいと思います

2017-09-18

anond:20170918045855

この増田投稿は、単に金持ち叩きたいだけでは?

例えば有名アニメーターが「今の若いアニメーターは設定に合わないような料理を描く。パーティーならフライドチキンじゃなくて、それに相応しい料理を考えて欲しい」とか発言してれば納得してるのでは?

「平日の朝っぱらから」「ご身分」にモロに出てるけど、相手属性でその言動判断するの、クソだよ。

オタクの同性キャラ嫌いがキモイ

女友達鋼の錬金術師イベントに行ったら入ってすぐに登場キャラクター再現衣装が展示されていたんだが

そのとき女友達が「へ〜ウィンリィっているんだ〜」とこともなげに口にした

俺は(ん?メインキャラだし居るぐらいおかしくはないだろ?)と思ってその旨を伝えたら

「や、ほんと不思議って思って、いるんだな〜って」と繰り返すので

心底引いてしまった。

一応説明しておくと、ウィンリィとは鋼の錬金術師における主人公兄弟たちの幼馴染ヒロインサポートメンバーのようなそこそこ大きな役割を担ったキャラだ。

そして鋼の錬金術師において、どうやらウィンリィは同性から嫌われがちな存在らしい。(俺調べ)理由不明だが自己中心的なのとポジションが美味しすぎるのだろう。

女友達ウィンリィをあまり好きでないことも前に聞いていたから、それ自体は驚くに値することではないかもしれない。

しかしなんだあの、

「いるんだ〜」っていう、暗に存在に気づかなかったわ的な、いたんだお前的な、陰湿ハブキのような言動は。

つーかお前学生時代イジメ無視されて辛かったって言ってたじゃん。まさにそういう扱いを受けて苦しんだんじゃないの?相手二次元からオッケー?お前の陰湿さはかえって浮き彫りなんだけど

こうして書きなぐると

オタクの同性キャラ嫌いがキモかったのか

友達陰湿キャラハブきがキモかったのか

2次元キャラ相手リアル人間関係であるようなハブ適用していることがキモかったのか

よくわかんなくなってきたけど

俺はリザと大差が好き

2017-09-17

何をやったらファンを辞めるか?のラインについて

大森靖子とYogee New Wavesの騒動で思ったのが「失望したのでファンは辞める」という人が双方のファンを見る限り殆ど居なさそうだな、ということ。(音楽は好みなので追い続ける、というのは問題ない。「人として」応援し続けるかどうかということ)

今回の件に限らず、今現在何らかのファン活動を行っている人には是非この機会に考えてみて欲しい。彼ら・彼女らが「何をやったら」ファンを辞める、と断言できるか?

そんなこと想像もできない、何をやっても応援し続ける!という人、あなた内面は今、他者コントロール下にあり危険な状況といえる。あなたは本当に、自分意思に基づき言動を行っているか他者に心酔するあまり本来あなたは行わないような攻撃的な言動を行っていないか

「私の人生の主役は私だ」と思っているかもしれないが、あなたは今、主役の権利他人譲渡しようとしている。そのことにどうか、気付いて欲しい。ファン活動あくま趣味範疇で行うべきであり、それによってあなた内心の自由が侵されることなどあってはならない。

…と、ここまで書いて、「狂信者を生み出す」という効果魔法であれば、確かにあるのかもなーって思いました(良い意味で言えば「魅了」?)。

2017-09-16

左翼って行動力なさ過ぎだろ

差別主義者ですらちゃんと差別する為にデモやってる

左翼って平和主義対話を訴える癖に誰も北朝鮮に行って話し合いしてこない

普段自分たち否定しまくってる軍国主義やら全体主義歴史修正武力での解決など、あらゆることを現在進行形でやってる国がすぐ隣にある

芸能人ですら観光に行けるし、猪木ですら北朝鮮幹部に会いに行く

なんで何の行動も起こさないの?

普段言動とどういう風に自分の中でバランスとってんのか疑問

2017-09-14

大森靖子とそのファンの気色悪さについて

大森靖子さんのご尊顔を初めて拝見したのはごく最近である

TBSテレビドラマカルテット」の録画を再生している時だった。

彼女クドカン元カノ役として登場した。

突如登場したこの変な顔の女優は何者なんだと気になりGoogle検索をしたところ、大森靖子さんという歌手の方だそうだ。

昔、知人の太った気色悪い男性が「僕の好きなアーティストですか?大森靖子とか」なんちゃらかんちゃらと鼻息荒く話してくれたことを思い出した。

あの人が好きだった歌手はこの人か、と納得し何曲かYouTubeで聞いてみた。

残念ながら私には彼女の曲の良さを理解することは出来なかった。

世の中にはこういう人もいるのか、なるほど、と納得し彼女存在は私の頭の片隅に追いやられた。

特にその音楽について印象は残らなかった。

特に「クソバンド」とも思わなかった。


大森靖子さんとそのファンがYogee New WavesというバンドTwitter上で叩きまくったことで、ちょっとした騒動になっている。

詳細はググれば沢山まとめが出てくるだろうからそちらを参照してもらいたい。

個人的には大森靖子100%悪いと思っているが、それは置いておいて、彼女言葉の汚さや言動の荒々しさに驚いてしまった。

彼女はそのご尊顔のみならず言動でも、全くファンでない私に鮮烈な印象を残してくれた。

非常に残念ながら音楽については(私にとっては)特に印象深いものではなかったが、素晴らしいアーティストだと思う。


貴方は人から嫌なことや失礼なことをされたとして、「死ね」とか「お前みたいなIQ1の人間と話すだけ無駄」とか、あるいは「ワタシの曲を聴いてそういう感想を持ったの?国語が出来ないのかな・・・?」とか言うだろうか。

大森靖子さんはTwitterブログ上で、Yogee New Wavesのボーカルベースに対して上記のような暴言を吐いていた。

私はYogee New Wavesの曲が割と好きなのだが(その言動ロマンチストすぎてあまり好きではないのだが)、もし彼らがSNS上でこのような汚い言葉で誰かを罵っていたとしたら、仮に彼らの罵っている相手クズ野郎だったとしてもドン引きしてしまう。

大森靖子さんの暴言ドン引かずに信者であり続け彼女妄信しYogee New Wavesを叩きまくる彼女ファンには、脱帽というか、こういう人たちも世の中にいるのかマジかと感心してしまった。

Yogee New Wavesを叩きまくっている大森靖子ファンの方のTwitterアカウントを見てみると、(これはあくまでも私の主観だが)社会に適合するのを苦にしていそうな女の子と、ミスiDとかグラドルとか地下アイドルツイートリプライしまくっている気色悪いおじさんが大部分を占めるように思える。

大森靖子さんは社会にうまく適合できない人々、人生がうまくいっていない人々の心を掴むのがとてもうまいのかもしれない。

そのような人々の救いになっているなら、それは素晴らしい仕事だと思う。

これからも是非アーティスト活動を頑張っていただきたく、陰ながら応援している。


しかし今後は、他の未来あるアーティスト天災をもたらすのはやめていただきたい。

2017-09-13

キャラクターが優しくない。キャラクター言動攻撃である

・話が説教臭い

時間が急速に流れる

ストーリーが緻密

ものすごく泣けて、かつ、ものすごく笑える

anond:20170913130539

具体的にどの作品の事を書いているのか判らないが、それはそういう風に「○○ちゃんはバカだなぁ…」みたいにイジったりしていても、内実は本気でバカにしている訳では無く、強い愛情や信頼で結びついている関係上許されているおふざけであるという前提なのでは?

もし、額面通りに全ての言動を受け止める事が前提となるなら、フィクションの中での表現ってメチャクチャ制限されると思うけど。

anond:20170913040646

この手のこと言うやつって、「優しい」とか言いながら、作品内で特定キャラがいじられて嘲笑されるのを喜んで受け入れるから信用できないんだよなあ

それはいじめでしかないし、いじめのどこが優しいんだか?

ひなロジだと生徒会長の扱いがかなり危ういラインにある(力也パパは戦闘力は最強クラスだろうから問題無し)

たまに過去いじめられたり虐待経験があるくせに(増田あいつのことだが)、そういう描写で喜ぶ奴がいるのが理解に苦しむ

自分いじめる側になれるのならオッケー派なんだろうか?

ある意味タフだが、普段言動みるにそんなタフさは欠片も無いんだよなw

「優しい系アニメ」を見よう

優しい系アニメとは何か?

キャラクターが優しい。キャラクター言動攻撃的でない

・話が説教臭くない

時間がゆったりと流れる

ストーリー希薄

ものすごく泣けたり、ものすごく笑えたりしない

などを満たす俺が提唱する日常系アニメの一ジャンル

該当作品としては、個人的にはあんハピ、ふらいんぐうぃっちのんのんびよりなどがある。今期だとひなろじがそれに当たる。

基準結構曖昧で、例えばのんのんびよりはギリセーフだけどきんモザはギリアウトだ。きんモザ好きだけど。

日常系アニメの中でも特にこれらのアニメは完全にストレスフリーで、癒やし以外ほぼ全くないから、心がすれている人はぜひ見てほしい。

以上。

2017-09-12

anond:20170912113238

この年でっていうか、年取ると偏屈になるんだよ。性格が変わるというか、先鋭化される。年とって丸くなるなんて医学的に間違ってる話。

俺両親の祖父母と仲良かったか老人会の集まりとか出てたり、複数老人ホームによく行ってたんだけど、それを知って納得したよ。同時に右寄りになる傾向もある気がするなあ。

裕福な人が入ってるタイプ老人ホームに行くとそういう本がいっぱい置いてあったりする。

親類に教員共産党員のド左翼の人がいたんだけど、今70代のその人と久しぶりに話したらなぜか右っぽくなってた。

ネトウヨとか、右寄り若い人の言動見てると、若いのに年寄りみたいだなーって思う。本来バランスよく中庸取れるのが若さなんじゃないかと。

2017-09-10

植物観察日記とする

2ch執拗粘着されている

が、それに怒りを出したら無意味

が、それに対抗するのも無意味

無視が鉄則である

が、相手が頭のおかしな人なら無視だと感じてくれない

いつまでも何年でも書き続けるだろう

争いは些細なことから始まった

いや、そもそも争いはしていない

単純にコテハンで書き込んだだけだ

客観的に見たことだけを書いたつもりだ

それに対して意見もあったが適切に答えてきたつもりだ

時が経ちコテハンなどで書くことも無くなった

名無しで書くことはあったがそれも無くなった

そこから更に何年か経っている

だがスレッドと呼ばれるものを見るとまだ俺のことを書いているやつがい

おそらく頭のおかしな人だろう

俺のゴーストを見ているのだろう

だがそのままでいい

まり無視という鉄則を適用する

適用しつつも新しい発展方法を見つけた

観察するのだ

植物の観察日記と同じ

相手がいつまで語り続けるのか

おそらく人間ならば死ぬまで語り続けるのか、

ニート無職から脱却するまでなのか、

夏休み冬休みが終わるまでなのか、

家族に気づかれ精神病院措置入院されるまでなのか、

停止するまで言動を観察するのだ

そしてはてな匿名ダイアリーは観察日記にうってつけの場所ともいえる

目の前で自分物理的に殴りそうな人たちと殴らなそうな人たちを比べたら

目の前で物理的に殴りそうな人の方が怖い。反差別言動が怖がられてるのはそういうことなんだと思う。

逆にネットヘイトスピーチいう愚かな者はとりあえず目の前に来たら殴らなそう。ただそれを真に受けて殴る別のものが出てくるから怖い。

2017-09-08

滑稽な男

数か月前、とある場所出会った男性と何回かデートした。その時はたまたま彼氏がいなかったんだけど、今はいる。

その男性は、私と「付き合ってもいいよ」感を凄く出してくる。

からデートに誘ったことはないのだが、暇だったからなんとなくご飯を食べに行くと、何故か私がうきうきで来たかのようなふるまいをされる。「今日デートのこと、女友達相談したりしたでしょ?」などと聞かれる。相談など全くしてなくてウケたが、面白いので「うん、しちゃった(笑)」などと返している。

また、「君ってこういうところあるよね」とか「君ってこういうところがかわいいけどほかの男は気づいてないだろうね」など上から目線批評してくる。「今はまだ彼氏じゃないけど、彼氏になったら云々」などと、私といつかは付き合ってもいいよ的な目線で語ってきたりする。

無害だし上記のような言動面白いし奢ってくれるので誘われたら暇なときは会っても良いけど、忙しい時と彼氏がいる今はちょっとウザいと思っちゃうときすらある。

でも彼は私のこともてあそんでるつもりなんだと思う。本気で付き合いたかったらとっくに交際を申し込まれているはずなのでそういうんじゃないってことは分かる。

単純に自分に惚れてるっぽい女とご飯食べたり、やれそう?!みたいな雰囲気の中で会話するのが楽しいんだろうな。

「地味でうぶな女をもてあそんで楽しんでるハイスペック俺氏」ってツラが滑稽すぎて面白い。私は地味系に見せかけてるだけであって付き合った人数も寝たことがある人数も並みの男性より多いよ。私のこと誘ってくる男はこの人だけじゃないのに、なぜか私がこの人しかいなくて、必死彼女になろうとしてる、っていう構図を会話の中に打ち立てるのがムカつくと同時にウケる

今の彼氏からプロポーズされた日の夜、この人からまた「ご飯食べに行こ~。」ってLINEが来た。

anond:20170908151735

いや上から目線って言われた奴の、実に100%プライドが高くていけ好かない奴であるとされているよ

上下にこだわりがないというのなら他人尊重した言動をしてみるといい

絶対無理だろうけどね

膝を折ったら死ぬタイプ人種から

天才キャラ定義

頭のよくない作者が書く天才と頭のいい作者が書く天才は違うとツイッター拡散されていた。

色々と意見はあるのだろうが、後者代表格が森博嗣の書く天才だという呟きが散見した。

何が違うかというと、前者は「IQ300、学校試験は全問正解、自他共に認める天才ICPOが協力要請する天才

後者は「言動に知性がにじみ出る派手な設定いらず」

ココでネット民が言う「森博嗣の書く天才」とは作者のキャラの中でも有名な「犀川創平」のことだと思うのだが

犀川が出ている出版物は全て読んでいる読者からすると

犀川は誰がどう見てもIQ高いし、多分学校試験は全問正解だったし(入試勉強いらずで難関私立合格していた)、自分はともかく他人が認める天才だし、ICPOではないが公安が協力要請する天才なので、前者にも当てはまると思う。

小学生ときプリンピア読破している犀川先生はやはりキャラ設定盛っている。

勿論後者の「言動に知性~」も当てはまると思う。

犀川言動殆どは知性と冷静と観察で出来ている。

犀川非凡なのだが、なんとか常識人に見せ現代社会適応しようと頑張っている天才であるので、ぱっと見凡人にも見えてしまう。

(隣りにいる令嬢が派手すぎて目立たないだけでもある)(よくよく知るとおかしい人だと気付かれてしまうが)

ドラマで付け足された「言動変人」とかアニメで付け足された「ファッションセンスが壊滅的」という設定は原作犀川には見られない。センスはあまりなさそうだが、無難な服を着ている様子で特に突っ込まれている様子は無い。ちょいダサくらいでとどまっている。不潔でも無い。

例えば交友関係も、突然ただの中学時代同級生とかに会いに行くし、親友も居る。嫁の保護者にも気に入られている。広くはなくとも狭くは無くコミュ症でも無い。

従来の探偵像とは明らかに違うという感覚は確かに今もある。

初期シリーズ原作の中で天才テーマにした作品がある。アニメ化ドラマ化も漫画化もされていない話で『笑わない数学者』という本だ。まず実写でやるには金がかかるのと、アニメ漫画にするにも、作品の裏に込められてる謎が難解で下手な脚本を書くと馬鹿がバレるので難易度が高く避けられているのだろう。トリックの都合上、この話の犀川は少しIQが低くも感じるのがミソだ。

そこで犀川天才変人浮世離れしている(意訳)と語るシーンがあった。しかし実際はそうでもなく、結局その天才自分より頭悪いと思い孤独を感じるような話だったように思う(感想)。

犀川創平というキャラクター探偵キャラ界隈のなかでも特に天才だと思う」という意見には同意する。

その犀川越しに見ると、天才を生み出すには最初に書いた『前者』と『後者』どちらかではなく、どちらも組み合わせることが必要になるのではないだろうか。

なお、

四季さんは、天才とか云々なしにしてもはや神様みたいになっているので、ちょっと当てはめて話すことができなさそうです。

非モテラノベネトウヨ

ふと気づいたのだが、ネットで声のデカいこれらのアホはあまりにも思考回路が似通っている。

よってひとまとめにしてひとつの病状で言い表されるべきだ。

実際、層は近いと言うどころじゃなく被っていることだろう。

非・ラ・ネ病者とは

非モテラノベネトウヨ病の一般的な症状は、「客観的に見れば欠点がすぐわかる自分(の好きなもの)を、とにかく現状はまったく変えないままで屁理屈だけで他人に認めさせようとする」ところにある。

明らかにモテる努力放棄しながらモテないのを逆恨み

自分でも萌え燃えくらいの評価しかできないのにラノベ芸術として認めろとか言い出す。

他国批判するとき人権平等性の問題点理解できるのに、日本批判されると「それの何が悪い」「ここは日本だ」で通して恥じもしない。

子供駄々と言えばそれまでだが、匿名インターネットでいい加減に放言できることを差し引いても度が過ぎている。

無責任に唱え続けるうちに、自分でもそれが正しいと無根拠に信じ始めているのだろう。

から、改めて「客観的にわか欠点」を問われると、ただ発狂する。

真正から反論反証ができない。

詭弁じみた言い逃れをする。

まさしく病気である

ラノベ文学になれるか

こういう話を思い立ったのも、ネットの某所で久々に、相も変わらぬ「文学だって昔は低俗だった」論を壊れた機械のように繰り返している非・ラ・ネ病者を見かけたかなのだが、その「低俗だった」小説東大卒インテリがよってたかって批評し、創作し、芸術性を証明たからこその今日文学だというだけの話を何故理解できないのだろう?

文学だけではない。

SFアニメ漫画

かつて低俗とされ今はそれなりの地位を築いたものは全てその初期に「これは読む(見る)価値のあるものだと証明してやる」と意気込んだ先人が、科学考証を緻密にしたり、作画、芝居、ストーリーテリングの隅々にまで拘って、作品の力そのもので世の中に価値を認めさせてきた結果である

ラノベがいつそんな努力をしたのだろうか。

断っておくが自分自身は、90年代ラノベに退屈な既存文学オルタナティブになるパンク文学の萌芽を見たものである

しかしそれらを感じさせた作家も消え、ラノベは当時よりももっと「ライト」な、消費材としての物語を量産し続けている。

何が悪かったのか?

時代が悪かったのか?

失われた20年とやらの、国全体がネトウヨじみた、いじけた空気に包まれている時代に生まれしまたから、ラノベもいじけるしかなかったのか?

世が世なら、昭和漫画アニメのように負けん気の強い先人が「子供向けのラノベでも芸術性のある作品が作れるんだって証明してやる」と心血を込めて、結果子供たちを熱狂させ、延いては大人にも読まれるような作品を書くことになったのか?

はたまた、出版社主導で、何ヶ月に一冊きっちり出版計画を立てて乱発すると言う、あまりに余裕のない制作体勢のなせる業か。

なんにせよ、こんな志のない作品群が先達たちのように芸術的と認められる未来などというものは、万に一つもあり得ない。

ミソジニスト非モテモテること、レイシストのままの日本世界に認められることと同様に。

客観的事実は揺るがない

非・ラ・ネ病者はネット時代の生んだあだ花である

彼らがかような恥知らず言動常態化させてしまった背景には、匿名文化のいい加減な事を言いっぱなしにできる特性が一因としてあることには疑いがない。

さらネットは、大多数の読者が「くだらない」と思っている事実も覆い隠す効果がある。

「くだらない」戯れ言を世界に発信し、ごく少数の生真面目な読者がそれに反論することで、彼らはそれが「議論に値する」意見であるかのように錯覚する。

いくら自分自身でもどう考えても「くだらない」はずの放言でも、そう彼らは錯覚している。

から機能を正常に作動させて、自分自身の言ってることを客観的に見直すことができない。

客観的ものを見れば、横柄な男は嫌われ、低俗小説もどき芸術として相手にされず、人命を軽んじる国が世界から歴史から認められるはずがないのは、「考えれば」などという言葉を使うことすら大げさに感じるほど当たり前に認識できる。

それができないのはまさしく病気であって、これら非モテラノベネトウヨ論者に共通する病状こそ現代日本蔓延った根本の病を顕著に代表するものであると考えられる。

海外テック記事で「同じことを繰り返しながら違う結果を期待するもの狂人と呼ぶなら、それはソニー(の携帯事業)のことだろう」という批評を読んだことがある。

この前半はアインシュタイン言葉とされる名言らしいが(違うらしいが)、ともあれ、これはソニーのみならず現代日本を覆う理不尽空気もっとも正しく表す言葉だろう。

進歩なくして前進することは不可能なことである

いつ、それに本当に気づけるのか。

2017-09-07

初めてのデートを終えた

 僕は美人が好きだ。かわいい子が好きだ。今まで惚れた女はみんなかわいかったし、言い寄ってくるブスはみんなお断りしてきた。おかげでいまだ童貞だ。悔いはない。

 僕には好きな人がいる。と思う。二年前は間違いなく夢中になっていた。両手で手を握ってかっこいいと言ってくれたことを日に何度も思い出して浮かれ、思い上がらないように自分を戒めた。彼女言動一喜一憂した。そんな自分が本当に嫌だった。

 先日初めてデートをした。別な子と。まあかわいいんだろう。おしゃれしてる姿は普段と見違えるようだった。うぬぼれではなく、間違いなく好意を持たれている。体を意味もなく触られたし。(ボディタッチは惚れてるサイン、という考えは女性に慣れてない男特有の短絡的な思考だろうか。超勃起した)でもあの子には全然及ばない。

 ほんとうにかわいいんだ。あの子は。男が絶えないヤリマンだけど、それでも笑顔がまぶしい。ラインの返信はそっけないし、誕生日プレゼントのお返しをしてくれる約束反故にされたりしたけど、忘れられない。手を握ってもらった思い出は僕の人生の糧になり続けるんじゃないか。忘れられぬ。

 素行は最悪なんだ。心も特別な美しさを持っているわけではない。(僕以上に心のきれいな人間にあったことなどないが)手を握ったのだってなんの考えもなく、ただ僕の反応を見て楽しんでいるだけだったと考えるほうが自然だ。

 僕は顔しか見てないんだと思う。なんて浅い。悔いはないが、こんな浅い人間になってしまった自分を恥じている。人間の中身など、みんな同じように思えてしまう。

 だから、かわいくない(と僕が思った)女の子を好きになった時こそ、本当に人を好きになったといえるのかな。誰か僕の心をさらってくれるプリンセスを僕は待ち望んでいる。

初めてのデートを終えた

 僕は美人が好きだ。かわいい子が好きだ。今まで惚れた女はみんなかわいかったし、言い寄ってくるブスはみんなお断りしてきた。おかげでいまだ童貞だ。悔いはない。

 僕には好きな人がいる。と思う。二年前は間違いなく夢中になっていた。両手で手を握ってかっこいいと言ってくれたことを日に何度も思い出して浮かれ、思い上がらないように自分を戒めた。彼女言動一喜一憂した。そんな自分が本当に嫌だった。

 先日初めてデートをした。別な子と。まあかわいいんだろう。おしゃれしてる姿は普段と見違えるようだった。うぬぼれではなく、間違いなく好意を持たれている。体を意味もなく触られたし。(ボディタッチは惚れてるサイン、という考えは女性に慣れてない男特有の短絡的な思考だろうか。超勃起した)でもあの子には全然及ばない。

 ほんとうにかわいいんだ。あの子は。男が絶えないヤリマンだけど、それでも笑顔がまぶしい。ラインの返信はそっけないし、誕生日プレゼントのお返しをしてくれる約束反故にされたりしたけど、忘れられない。手を握ってもらった思い出は僕の人生の糧になり続けるんじゃないか。忘れられぬ。

 素行は最悪なんだ。心も特別な美しさを持っているわけではない。(僕以上に心のきれいな人間にあったことなどないが)手を握ったのだってなんの考えもなく、ただ僕の反応を見て楽しんでいるだけだったと考えるほうが自然だ。

 僕は顔しか見てないんだと思う。なんて浅い。悔いはないが、こんな浅い人間になってしまった自分を恥じている。人間の中身など、みんな同じように思えてしまう。

 だから、かわいくない(と僕が思った)女の子を好きになった時こそ、本当に人を好きになったといえるのかな。誰か僕の心をさらってくれるプリンセスを僕は待ち望んでいる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん