「問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 問題とは

2017-07-26

ニセ科学批判ネトウヨが結び付けられるようになったことについて

 最近、ニセ科批判ネトウヨの結びつき、みたいなのについてツイッターでよく見るので、思うところを書いてみることにする。

 先に、俺の立場について書いておくと、もともとニセ科学批判クラスタにいる(た)人間である。以下、いろいろと書き連ねたような事情もあって、最近ニセ科学批判クラスタ批判的に言及することが多くなってきたが、やっぱり世界科学だろう、という思いは変らない。

 余談だが、ニセ科学批判クラスタ批判する人、というのがニセ科学勢力とか、トンデモ勢力というのは意外に成り立たない。そういう連中を自分が積極的フォローしてないというのもあるかもしれないが、その手合いはまず自分たち批判的な人がいることについて詳しく言及すること自体不都合なので、あんまり触れないのではないかとも思う。クラスタの言説に詳しく触れながら批判する人というのは、何だかんだいって「ニセ科学は嫌い」寄りの人間が多いようだ。

 あらかじめ書いておくと、自分の見解は、「ニセ科学批判ネトウヨ本来、つながらない」であるしかし、そう言い出す人がけっこういる、というのも理解できないではない。まして、「またネトウヨ連呼厨ガァー!」などと言い出す気にはなれない。なので、どうしてそう思われるようになってしまったのか、といういくつかの自分の思っている理由について書いてみようと思う。

 なお、あくまで自分の観測範囲ベースなので、それ以上のエビデンス統計的根拠はない。ほしかったら基盤Bでも持って出直してきたら調べてやらんでもない。

 あと、話は基本的ツイッター世界が中心である

3.11以後の動き

 ニセ科学批判ウヨ親和性、という問題が語られるようになったのは、やっぱり3.11以後が決定的である。いちおう、3.11以降について、特に放射能デマをめぐる後始末についていうなら、やはりニセ科学批判派が正しかったというのは間違いないので、これはどんどん認めていくべきである。そして、その上で、致命的なレッテルを引き寄せる結果となったことについても考えるべきだと思う。

 3.11直後に、デマ批判をする人が、今となってはかなり信じがたい形で「ウヨ」と手を結んでいたのは確かだ。これはひとえに、デマの流布が人権問題になりかねない状況だったことによる。ゴリゴリ左派左巻健男石井孝明をRTしていたことがあるくらいである。個人的にそこはRTしなくてよかったんじゃないかと思うが(別にどうしてもしなきゃいけないRTでもなかった)、しかしそういう事情だったのは確か。しかし、それを見てニセ科学批判派の中にいる自分でも嫌悪感を覚えたので、その外にいて、かつ左派寄りの人がどうとらえたか想像に固くない。

 元々、デマ批判を発信していた人には政治的には左派が多く、その中には、事態が落ち着いた今は左派クラスタのなかへと帰っていった人も少なくない。今となっては、「福島差別」について関心が高いアカウントというのの少なから割合がただのウヨアカウントであり、人権問題に近づいてきたというよりは単に「ダシにしにきた」ことも明らかになりつつあるのだから、この時期については、ちゃんと後処理をしておくべきではないかと思う。一方で、安易ウヨレッテルを張った側も、そのレッテルについて再検討する必要がある。

多層的な「ニセ科学批判者」

ニセ科学批判というのは多層的に発信される。最初の発信者まり積極的資料をあたったり文献をあさって、情報を発信していた人が最初にいるにしろ、この人たちの話がどう広まったかといえば、メディアが広めた場合ももちろんあろうが、ツイッターなどネットではそれを再発信する人によって広まったわけだ。この人たちの中にも濃度がいろいろあって、「なんとなくRTした人」「そういう話を見たら積極的にRTする人」「RTして、自分でもそれをベース意見をいったりする人」「それがさらにバズって積極的ニセ科学情報を集める人」とまあ、いろいろだ。

こうなると、ニセ科学批判クラスタといっても、もともとの「ニセ科学批判派」の声は流通する情報割合的にはごくわずかということになる。

 俺がやばいと思う層は、じつはこの水増しされた部分であるデマ批判機能したのはこの部分あってこそなので、水増しという言い方は語弊があるのかもしれないが、しかし、ネトウヨニセ科学がむすびつけて論じられることに責任があるのはこの層ではないかとも思う。といっても、いくつかある。

(1)善意悪用して、自分のイデオロギーをのっける層

 まあこれは文字通りの「ウヨ」層だ。前述の石井孝明とか、池田信夫なんてのもそうだろう。この亜種(1A)としては、ウヨというよりは「左派が憎い」というイデオロギーをかぶせていくケースもある。佐々木俊尚とか、伊藤剛あたりがそうだろうか。そうそう、伊藤剛と昔仲良し今は犬猿の仲唐沢俊一も忘れてはいけない。君たちお仲間だよおめでとう。あるいは、こうやって膨らんだ層をあてこんだ「御用文化人」というケースも亜種(1B)の一つだろう。いちえふの作者なんてのはそうだと思う。最初はけっこうまじめな信念を持って作業員ルポを始めたんだろうが。

(2)人を叩くのが好きな層

 言っちゃあ何だが、科学正義であるしかも、ある程度実証が積み重なれば、相対化しようがない正義だ。本当は正義とか正しさなんて一ミリも興味はないのかもしれないが、とにかく人を叩く根拠がほしいならず者にとって、こんな都合のいいものはない。しかも、人権問題としての問題意識までくっついている。人権なんて一ミリも興味がないのかもしれないが、略

 正義暴走がデンデンという人はネットによく転がっているが、あまりこの点には言及しない、どころかこの正義だけは振りかざすのが大好きだったりもする。彼らの心情は、よくわからない。

(3)理系としての選民思想の持ち主

 一昔前のメディアに流れる文章には、理系に対する嘲笑偏見がいりまじったものというのが結構あった。お前ら哲学で作った飛行機に乗れるのかよ、というような反発を持つの想像にかたくない。俺も昔はそうだったし。それは仕方ないところもあると思う。

 ところが、ネット理系研究者がどっぷりつかっていたり、エンジニアがどっぷりつかっていたりする場なので、そういう人が意外にマスをもてる世界である。それはいいことでもあるんだけど、結果、「理系カルト」のようなものが出来てしまうという面もある。結果、「文系」をバカにするようなアカウントが出来上がる。昔、科学ネタアニメ談義が話が合うという理由高専生や理系大学生をけっこうフォローしていたのだが、どうもこういう方向に流れていく人が多く、非難がましいツイートが増えた結果リムられたりリムったりブロックされたりが増えた残念な記憶もある。

 これらの人が、放射能デマ批判さらにはより広いニセ科学批判に群がったわけだ。どれもこれもあまり近づきたくないタイプである

 しかし、本来ウヨはこの中では(1)か、せいぜい(1A)までに限られる。それがどれくらいの割合を占めるかというと、あんまり高くないと思われる。おそらく、悪印象のかなりの部分は(2)(3)に起因しているのではないか。(2)と(3)は、本来的にはウヨ思想とは関係がない。しかし(2)はそもそもモラルを欠いている層で、ネットイナゴといわれる集団に近い。そういう人が、ネトウヨ思想親和性を持つのはまあ時間問題である。(3)は正直因果関係を断定しづらいのだが、確かに自分の観測範囲では重なる人が多い。理系でもウヨ色の薄い人は理系絶対主義みたいなところには陥らない、みたいな雑な印象がある。

 そうすると、本来関係のない「ウヨ」と「ニセ科学批判」がセットで観測されるということが大量発生する。しかも、(2)(3)は人間性として最悪の、できればブロックしておきたいタイプだ。どこをどういじっても、ニセ科学批判がいい印象を持たれる展開がない。しかも、こういうアカウントに限って、やけにRTのされる数が多く、ダメな方向にネットへ広がっていく。

こじらせびとたちの罪

 ネトウヨ定義というのは曖昧である。むしろ、厳密に定義したところで境界線附近人間大手をふって歩き出すだけなので、ある程度曖昧でいいと思う。ライトノベル定義みたいなものだ。そこにかこつけて「聖書ラノベでは」とか言い出す奴はつまみ出せばよい。

 しかし、世の中には問題児がいる。自分たちはつまらない理由ネトウヨ扱いされた、だからネトウヨを名乗ってトンチキなことを言い募ってやる!と言わんばかりの連中である。いまどき子供ももう少ししつけられていると思うのだが、そんないい大人ネットにはたくさんいる。被害者意識をこじらせているとしかいいようがない。本人はネトウヨ認定したほうが悪いと思い込んでいるのかもしれないが、申し訳ないが狂人の真似だと言い張って東大路通を走る人間京大生でなければ狂人である京大生でも狂人かもしれない。

 菊池誠氏があんなふうになったのは、きっかけはここだと思う。しかし、年齢的にも知性的にも社会的立場的にも、責任能力を逃れられる人ではなかろう。自分の不始末は自分でつけていただきたい。きっかけの次の原因は、次の項で述べる。

 ジャンルは違うけれど、所謂キモくて金のないおっさん」を名乗りたがるネット住民、についても似たようなことが言える。

フィードバックはめぐる

 ツイッターにはRTとかふぁぼという機能がある。ふぁぼはまあいいとして、RTは誰が何をRTはしたか、ある程度分かる。

 RTの基準は人によっていろいろだろうが、まあ第ゼロ近似としては「それに共感するんですね」がある。直後のツイート批判的に言及でもしておかないと、そう思われないほうがおかしい、と思う。

 めんどくさいのは、「それに共感するんですね」の「それ」はツイートであるか本人であるか、である発言属人的に見ない、というのはけっこうなことに見えるが、ただの無責任な態度となることもある。見てる側が、「こいつはどうしようもない奴だな」と認識していれば、同類とみなされることもある。そんなのおかしい、という人もいようが、そういうものだ。

 さてここで上のニセ科学批判情報の発信の話になる。発信者も、それを受けて賛同し、意見を述べたり非難したりするツイートをRTの形で放流するということをよくやる。別に信者じゃなくてもやると思うからニセ科学批判に集まった人も、それをやるわけだ。

 ところが、その放流元を、「ニセ科学批判賛同してくれた」という文脈だけで読んでくれる人は、あんまりいない。ごくふつうアカウントなら、はいはいということになる。ところが上にも述べたように、ここでかなり邪悪アカウントが集結してしまっていて、ツイート単体ではいいことを言ってるように見えたりする。それを、みんな属人的に見ないでくれるだろうな、というのはおめでたい

 まあ、一人や二人ならどうということもないかもしれない。しかし、これを長く続けていくとどうなるか。

 「お前はそういうやつなのか」で離れる人というのは分かりやすいし素直だ。だが、「お前のRTうぜえわ」で離れる人も出てくる。クラスタ自体が、濃縮されてだんだん汚染されていく。さらに、やり取りをする相手というのは、本人も気づかないうちに影響を与えていく。2012年か2013年くらいまでは、きくまこ先生もそこまで変ではなかったが、その後加速するようにヘンな発言が連発されていくのは、こんな感じだったのではないかと考えている。

 ニセ科学批判のもの凶器として振り回す層というのが出来た結果、その印象がネットイナゴ、あるいはネトウヨと非常に近いものになってしまう。あとは災害が広がるのみだ。子宮がんワクチン水素水、EM菌。本来ならネトウヨと関連付けられる要素なんてないものも、そのスジのアカウント言及してはバズれば、「そこ」がイニシアチブを握っている、と認識されることになる。そうなれば、ウヨ批判的な人は寄り付かなくなる。もちろん、もともと発信元となっていたような人は自分が左派であろうと、発信を続けるだろうが、そこまで中心にいない人は、距離を置くか、あるいはニセ科学批判派の語り口に疑問を持つようになる。

そして深まる左右対立

 このような先鋭化の過程で、本来なら近しいところにいるはずの、歴史修正主義批判や、反知性主義批判本来意味も、日本で独自派生した意味もどっちも含まれる)との溝が深まっていくことになる。めんどくさいことに、これらの集団原発や巨大科学のようなものには批判的で、甚だしい場合放射能デマに一定の親和性がある人もいたりするので、頭が痛い。

 よく、ニセ科学批判クラスタはこれらのニセ社会科学問題には無関心だと言われる。発信側については実際には必ずしもそうではないアカウントが多いのだが、群がっている層については確かに無関心…… どころか敵意を持っている人が少なくない。理系人が多いので馴染みが薄いし慎重な態度でいる…… というのはなくはないのだろうが、どうもそれだけで済まないところがある。歴史問題法律あたりに目をつけて観察していると、「馴染みが薄いからかかわらない」ではなく嬉々としてトンデモさんを引っ張ってきて何かつぶやいている、という光景を目にして頭を抱えることになる。

 「Aを批判しているのにBを批判しないのはなぜか」はほっといてくれというのは分からないでもない。ただ、それは本当にたまたまのこともあれば、党派性を後ろに秘めている場合もあるので、けっこう微妙論点である状況証拠次第としては、判断材料として持ちたくなる疑問であるのは確かだ。また、別にこういう「疑問」はニセ科学批判クラスタけが受けるものではなく、左派いちゃもんのように昔から言い立てられてきたことでもあるので、やはり状況しだいでこう問いたくなるのも当然だろう。

 しかしその結果、溝はますます深くなるのである

 こんなことが続いていく内、ニセ科学批判クラスタは「身内」に甘い、というような見方もされてくる。そんなことないよ、と言いたいところだが、最近たまにはてブあたりに上がってくるニセ科学批判批判へのブクマコメントなど見ると、「ああこの人もかあ」という気分になってくる。

経済をめぐる対立

 先日ツイッター問題になっていたのは、結局ここのようだ。経済には明るくないので、具体的なところには踏み込まない。が、ニセ科学批判クラスタ、あるいはもしかしたら理系クラスタまで枠を広げてもいいのかもしれないが、けっこうな割合がいわゆる「リフレ」に近づいたのは確かにそうだなと思う。

 ただしここも距離の違いはけっこうあって、単に「反緊縮」に近づいた人もいれば、はっきり「リフレ」に近づいた人もいる。俺も反緊縮については多分同意すべきなんだろうな、と思う。

 なぜこういう動きが起きたかは分からない。単に、時代的に緊縮はもういい、という風潮だったのかもしれない。反緊縮は数字勘定してイメージやすい「ロジカル」なものからという、もっともらしい理由がつけられるのかもしれない。ところが、この「リフレに近づいた側」は、その後決定的にウヨに近づいていくことになる。

 これも理由は分からない。反緊縮には賛同する、という程度の人は、そっちへ動かなかったからだ。アベノミクスなるものがあったからといって、他の論点がいっぱいあるのだからウヨに近づく理由にはならないのである。むしろ経済で結果を継続して出せるように安定させるためにこそ、おかしな動きは徹底的に批判すべき、と思うのだが、なぜかそうならない人というのがいた。ニセ科学批判クラスタの外にもそういう人がやはり「なぜか」いて、新たな集団を作るようになる。リフレ経済的に豊かになることを期待するクラスタ、というよりは「政権応援マスコミを憎み野党のアラ探しをする」クラスタとなる。経済には明るくないのでよくわからないのだが、アベノミクスのような政策はほっとくだけだと企業が潤うだけだと聞く。こういう人が「再分配を求めるべき」「企業給料をあげよ」というような動きをしたという話を寡聞にして聞かない。本当に経済大事だと思っていたのか、いまいちよくわからないところがある。

おわりに

 昔ながらのニセ科学批判は、党派性から距離を置いているつもりの人が多い。これは「左派が多い」という、上で書いた話とも別に矛盾しない。もちろん、ノンポリもいる。俺だって党派がかるのは大嫌いだ。

 それはいいんだけど、そうありたいと思うこととか、自分たちはそうだと思い込むことは、あんまり何かを担保してくれることではない。

 ここ10年くらいのインターネット歴史は、ノンポリ政治的な層、特にウヨに振り回される歴史だった。

 1970年ごろの学生運動だって、多くは本質的にはノンポリだったという話はよく聞く。でも、左翼運動の迷走についての責任を問われないかといえば、そんなことはないだろう。

 俺が思うのは要するにそういうことだ。ニセ科学批判ネトウヨというくくりは、なるほど雑だ。だけど、それを一笑に付せる無邪気さは、ちょっと俺には持てない。

上級国民女性差別賃金もやもやする

女だという理由で後輩の男に給与が抜かれたから辞めてやるっていいますけど、どうせウチのような中小は受けにこないんでしょ。

中小零細にはそもそも定期昇給制度がないんだよ。

上の贅沢問題と、最低賃金付近の男女格差問題、同じように語るの正直やめてほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20170726185624

車を手放す→QOL下がる

車を手放さず保険やめる→QOL下がらない

保険事故った時のためのものから事故らなければ問題はないお。絶対安全運転するんだお。

https://anond.hatelabo.jp/20170718195410

発達障害の子を持つ私の意見だけど、それは先送りにしていい問題ではないと思うよ。

せっかく他の能力が高いなら、そこに目を向けずに、苦手な部分を、小さいうちから特別支援級で支援して克服していくほうがいいと思う。

あえて支援級の話が出るってことは、他者から見てはっきりと、他の子と一斉授業では本人に滞りがでるってことだから。(他人迷惑をかけるとか、他の子より劣ってるということではなくて、周りが本人の困難を助けられない、という意味で)

しろ支援級での支援がうまくいって、後々問題がなくなれば、普通学級に変更もできるし、参加できる授業は交流級の普通学級に行けるし、普通学級に在籍していたら支援員がつけられないとか(我が家パターン)そういう問題もあるよ。

あと、支援を先送りされた子ほど、親も子もなかなか自分特性に向き合えなくて、友達先生とのトラブルで鬱になったり引きこもりになったりしたら、そっちのほうが難しくなるし。

ただ、うーん、支援級の先生がきちんとした支援ができる人が配置されるかは学校次第だから放置されるような学校なら、通級はどうなっているかとか(その学校にあるのか、他の学校に行くのか、とか)、情報を集めとくといいと思う。

うちは、すごく不信感しかないような対応小学校でされて、つい支援とか手薄にしていて、中学でこじらせたから。

小学校まではみんな優しいけど、中学はいきなり厳しくなるからね。

支援級も悪いことばかりじゃないよ。良いところを伸ばすために、早いうちにできることをしてあげるのも、親しかできないことだよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170726203647

そもそも何で「科学」が定義されていないと思っているのか

「体系化された知識経験総称」で何の問題があるの?

伊藤直也氏の釈明記事が、なにもわかってなくてクズ過ぎる件

俺氏スペック、一部上場IT企業に務める45歳のおっさんな。

伊藤直也氏のLINEやハメ動画、Aさんのブログアーカイブ)も全て見た上での感想

はてなで現一休.comのCTO 伊藤直也氏に言いたいことがある。



「あの釈明記事はないよ。」

なおや



理由は、

  1. Aさんを守るために頑張った、と自己弁護
  2. 自殺ほのめかし脅迫された」と責任転嫁
  3. エッチしたいがために離婚もほのめかし関係維持
  4. Aさんのために嘘をつく(肉体関係維持のため甘い言葉LINEで)
  5. 責任取るつもり無いのに避妊してない
  6. 肉体的に傷つけてる(堕胎、強引に警察に連れていかれ怪我)

さすがCTO女性機械、物のように扱う。若い愛人にしておりて、立場も明確にせずやるだけなやって、中出しして知らんぷり。嬢だったからってこの扱いはないはな。。

男としての覚悟責任について


一生面倒見る覚悟がないなら自ら避妊しろ。生ハメ外出しではなくオカモト印のコンドームな。

何があっても責任取るという覚悟があるなら生でやればいい。


でないと、女性が傷つくことになる。仕事できる人間として秒速でアウトプットしてる場合ではなく、本当にAさんを思い、愛があるならオカモト女性を思う気持ちコンドームに現れる。しかも分速アウトプットぐらいの持続力も期待できるので一石二鳥。そして病気リスクも減るので一石三鳥なり:D


「俺は避妊しようっていった」はいらないよね。なに避妊しなかったのはAさんの責任にしてるの?

どんな理由であれ避妊しなかったんだし、それは責任とる覚悟があると思うのも当然。


10歳年上でIT成功者出会い交際し、甘い言葉でのらりくらりと来られりゃ夢見ない女性はいない。お金もじゃぶじゃぶ持ってるしね。


スーパーエンジニアの彼の評価は変わらない?


こんな事が書いてあった。WEB業界、まじ終わってるよね。

とあるベンチャーの知人曰く、「この程度でナオヤさんの技術や功績は揺るがない、うちの会社技術者はみんなそう言ってる」とか言って完全擁護だった。


そして、投稿者のこの意見には完全同意

Web系の奴らって本当だめだわ。共感能力に欠けたサイコパスでいいと思ってる。



Aさんの本音

ただ、真剣に向き合って欲しかった。

ちゃんと謝罪してほしかった。

だけなんだ。もちろん、伊藤氏の甘い言葉問題をこじらせ拍車をかけた結果なのだが。。


それなのに、揉めてるうちに何も悪いこともしてないのに警察呼ばれ、弁護士出てきて・・・

Aさんからしてみれば、愛する人から突然突き放され動揺したことでしょう。



確かに、向き合ってほしい思いが強すぎて揉め続けた結果、脅迫まがいの言動が飛び出したのは事実。でもそれはこちらに向いてほしかったAさんの切なる訴え。その証拠にAさんのブログにはリストカット含む自殺、死んでやる等の表現はない。そういうことは本気ではなく、離れていく心をどうしても振り向かせたかった。その思いが揉めてる中でヒステリック言動として突発的に飛び出した。真剣に向き合って欲しかったんだよね。


けど、伊藤氏はそれを脅迫として事件化警察沙汰にしAさんを犯罪者に陥れた。

Aさんは、戸惑い絶望したでしょう。


そんなギリギリ状態が続き、行動を準備しだしたのも事実。本当にどうにもできなかった場合への最後保険


それが『自らの存在もなくし、なおやへの社会的制裁

 

女性が自ら画像やハメ動画自分の顔、体をさらけ出すのは相当な覚悟。ていうか公開されて生きていこうとは本人は思ってないはず。死ぬ覚悟投稿したんだよ。




「私をこんなボロボロにして、幸せに暮らすなんて許せない。」

「私はこの世からいなくなるけど、なおやに社会的な死を!私と生まれてこれなかった子の分、一生十字架を背負って生きて下さい。」




僕にはAさんの苦しみが十分伝わった。Aさんの覚悟をおもうと胸が苦しくてたまらん。

同じ男として、こんな不誠実・無責任自分勝手な男がいるのが許せない。

全ては伊藤直也氏の男としての覚悟がない不甲斐なさが原因。

その結果、2つの尊い命が奪われたことに早く気づくべき。


そうすれば、あの釈明記事言い訳文ではなく、本当の謝罪文懺悔で埋め尽くされるはず。

「ごめんなさい。お金うから許してください」じゃねーんだよ。


伊藤直也氏は甘い言葉で誘惑し、結果、自分エゴで人を殺した殺人者

手段は違うけど、エゴで19人殺害した「植松聖」と何も変わらんよ。

キモくて金のないおっさん問題フェミ左派が逃げてること

雇用福祉政策解決した気になってんじゃないよ。

モ テ な い こ と が抜けてるぞ。

再分配のやり方によってはモテない人に課税が強化されることになるんだぞ。

わかってんのか。

https://anond.hatelabo.jp/20170726153353

ま、本人の人格品性問題でしょ。

どんなに理屈を費やしたところで「高須品性下劣からその行動が気に食わない」以上のものは出てこないと思われる。

でもそれでいい。

https://anond.hatelabo.jp/20170726185918

もちろん自民にも酷いシンパはいるだろう

でも問題はそんなじゃなくてさ、

あれだけ国会を語っていた人が、こんな情けない認識でいるのかってのに驚いたわけ

自民も酷いが、数はそれなりにいるわけでしょう

だったら、それに負けない最低限のラインってもの確保しなきゃだめでしょ

その認識すら全く無くて、

それどころか内ゲバの煙すら立ち上ってることに救いようの無さを感じたってことよ

弁護士対応丸投げCTO

問題解決能力なさすぎる

女性自殺を止めるのが最優先だろ

不倫が起こる理由と私が不倫をしない理由

https://anond.hatelabo.jp/20170726031924

読みました。なかなか辛辣な反応が多い様に見られます不倫、無くなりませんね。結果的に誰も幸せにしない不倫、いい歳した多くの大人がなぜはまってしまうのでしょうか。不倫が起こる理由について少し考えてみました。

1.「相手に悪いと思わないのか」という指摘

不倫問題においてこの指摘が一番多く見られます相手を本当に愛しているなら不倫など出来ないはず、真っ当な人間なら誰もが思うはずです。不倫を行う人は心無い人間なのでしょうか。

1-a.不倫リスクを取ってる実感が湧きにくいという仮説

殺人において、スイッチ一つで間接的に多くの人の命を奪うより、ナイフで1人の人間の命を直接奪う方が、より心的負荷が多いと言われています。2つの違いは実感にあると考えます

DVを例に上げてみましょう。自分の妻に対してDVをする場合、実際に自分の行動に対する反応はそのままタイムラグなしに痛みとして返ってきます。よって直接的な行為だと言えるでしょう。

不倫場合どうでしょうか、他の相手性交渉をする。この場合(その行為をしている所を見られでもしなければ)相手から痛みの反応が返ってくるまで、そこには時間的空間的なラグが生じますそもそも相手に知られなければ痛みの反応は帰ってこないでしょう。

良識のある(と思われていた)大人たちが不倫にハマっていく理由は、遊びとして万引きをする少年たちと同様に、罪の意識を感じていない、または感じにくいからだといえます。また、元の記事を書いた人は自分の妻に対してもう既に愛を感じていないので、より罪の意識を感じにくくなったでしょう。

2.私が不倫をしない理由

私は不倫をしたことはありませんし、したいと思ったこともありません。自分不倫をしない理由言葉にするなら、前提として私は妻を愛していて、何よりも妻に対して何か隠し事をしている、という状態ストレスからです。

先ほど不倫という行為は罪の意識を感じにくい行為だと述べました。不倫をする多くの人がバレなければいい、という気持ちだと思います相手に対して言えないことを自分の中にしまって置くことになるでしょう。

私にはそれが出来ません。なぜなら私は「夫婦」という関係を「他の人には立ち入ることのできない心の深淵を共有し合える関係」だと考えています。この心の共有が自分人生を送る上での大きな支えになっているのです。私は自分のために不倫をしないのです。

3.この記事で私がいいたいこと

自分自身不倫をしない理由について述べましたが、先ほど述べた夫婦の心の共有をみんなにもしてほしい、という気持ちはありません。できないものはできないし、心をさらけ出せるパートナーと巡り会うことは容易だとは思いません。私自身も運が良かっただけ、と思います

そもそも不倫が悪い行為だという考えが正しいかどうかすら私には分かりません。冒頭に不倫は誰も幸せにしないと書きましたが、リスク管理を上手にこなし誰にもバレないまま、秘密墓場まで持っていった人たちが、私たち想像を絶するほどいるでしょう。

奥さんを愛せなかったり、結婚している身でありながら他の人と懇意になる、または性的魅力を感じてそれを実行したい、と思うことは誰にも咎められません。思ったことはしょうがないのです。思いを止めることは誰にもできません

ただ一つ言いたいことは元記事を書いたあなたは今、損をしているということです。あなた自分を優しいと述べましたがそれは自己愛からくる判断先延ばしです。他人を傷つけたとか、正しいとか悪いとかではなく、自分自身が取った行動で自分が今損をしていることを自覚してほしいです。皮肉ではなくあなたを心から可哀想だと思います

こうやってインターネットの海に自己擁護を書くくらいですから、私と同じで、墓場まで秘密を抱えるほど孤独に耐えられる人ではないと感じました。弱い人ほど他者に飢えているので、上澄みの性的魅力や承認欲求、優しさに惹かれて不倫に走りたくなるけれど、弱い人ほど不倫に向いてないのです。願わくは、自分が本当に心を開ける相手を見つけて、そしてより生きやすくなれることを祈っています

次の文章を読んで、あとの問いに答えなさい。

中学校くらいの国語テスト

「このとき主人公はなぜいつも受け取っていたお菓子を受け取らずに去ったのか」

みたいな設問に対して

( ① )

「a.お腹が減っていなかったのでいらなかったから」

b.経験を通し自分のことを大人として扱ってもらいたいと思うようになったか

c.考え事をしていたのでお菓子に気が付かなかったか

d.いつもお菓子をくれる人が冷たい大人の態度をしているところを見てしまたか

( ② )

かいうあーこれだけはないわーみたいな選択肢あるじゃん

( ③ )

増田見るようになってまじでこういう読み方するアホは存在することを知りました

( ④ )

どうもありがとうございます

(阿野二 増田 「本当に行間が読めない人っているのね」より)

問.1 この文章には、次の文が抜けています。どこに入れるのが最も適当ですか。文中の( ① )~( ④ )から選びなさい。

中学生の時からこういうアホみたいな引掛け選択肢は置くだけ無駄だし誰が間違うんだよとか思ってたけど



問.2 太字「どうもありがとうございます」とは、ここではどのような意味ですか。もっと適当ものをア~エから選びなさい。

ア.感謝

イ.感動

ウ.皮肉

エ.悪態

問.3 この文章の内容と合っているものをア~エから選びなさい。

ア.国語テスト選択問題もっと難しくするべきだ。

イ.はてな匿名ダイアリーには、国語テストで明らかに間違っている答えを選ぶような人間がいる。

ウ.はてな匿名ダイアリー利用者は、もっと行間を読むよう努めたほうがいい。

エ.はてな匿名ダイアリー利用者行間を読まない人間が多い。




あと2、3問作ろうと思ったけど途中で飽きた。

家で脱毛( ´゚д゚`)!?

ケノン No.1家庭用光脱毛器を徹底調査!

時代は進んでいますね。家庭用脱毛・・・

確かに家でできるムダ毛処理ってトラブル多いですよね。私は切り傷が知らないうちにできてしまっています眉毛には毛抜きを使っています・・・自己処理から解放、憧れます時間が本当にもったいないですよね。かといってそのままにしておくわけにはいかないですし・・・

脱毛サロンやクリニックはお財布の関係時間問題もあります。これらに悩んでいる方に家庭用脱毛器は画期的なのではないでしょうか。

こんなに色々なランキングで1位を獲っているってすごいですね!口コミも良すぎて逆に不安になってしまレベルです。

最大の出力で照射したとして30万発・・・コスパが最高ですね!照射部位によってカートリッジが変えられるのも魅力的です。脇は狭めの面積で、脚や腕は広めの面積を照射できますね。

痛いのが苦手な方でも安心10段階のパワー調整ができるのも嬉しいですね。私は人に見られる事に抵抗があるので、こういう選択もいいな、と思いました。

脱毛サロンキャンペーンなどを試す事も視野に入れながら、家庭脱毛器があるという事も覚えておこうと思います。部位によっては恥ずかしいですもんね(^^;)

ただ自分で全部やらなくてはいけないのが少し不安に思いました。やけどとか怖いです。ちゃんとムダ毛が抜けるのかも不安です。不安が多いなら脱毛サロンの方がいいのでしょうか・・・

個人個人に合わせて選べるのはいいですね。どうしても脱毛サロンは無理、どうしても家庭用脱毛器は不安、という方は、それぞれのベスト選択をすればいいのではないでしょうか(^▽^)

私はもうしばらく悩んでみようと思います

https://anond.hatelabo.jp/20170726161948

保育園問題は、一時の対策改善してはいおしまいという種類の問題じゃなくて、対策すればするほどその対策した土地子育て世代が増えるしそもそもインカム志向する世帯はどんどん増えているのでいたちごっこ問題なんだよ、って散々いわれてたのに「改善されたっけ?」だもんな。ひどい話だ。

銀座カラーってどうなんだろう??

銀座カラーの口コミ・評判 実際に体験した人の声は?

脱毛サロンで全身脱毛したいなら、「キレイモ」、「C3」、「銀座カラー」の3択なのかな~

銀座カラーが料金的には一番リーズナブル。ローンを組んだ場合金利手数料がかかってきて結構なお値段になりそうだけど、一括で払える人とかにはかなりいいかも。

銀座カラーはあまり知られてないけど、料金を支払い切れば脱毛を無制限に受けられる。期間も特にないらしい。ただし、全身を24部位に分けて22部位無制限、残り2部位は12回。12回っていうのがちょっと気になるけど、脱毛サロンはしごをやれば問題いかも。

C3の「永久脱毛保証」と似ているけど、料金的には銀座カラーのほうがかなり安い。

う~ん、悩みどころだ。

不倫してはいけないという当たり前のことが分からないのは能力の高低の問題ではありません

まともな人間無礼

https://anond.hatelabo.jp/20170726150636

オッサンどもは自分よりも頭の弱い若い女目当てで付き合いしてたはずなのに

問題が発覚すると突然「お互い大人から」とか「合意の上だから相手も悪い」とか責任は半分ずつかむしろ相手が悪いみたいな言い方始める

これなー、ほんとそうだわ。

https://anond.hatelabo.jp/20170726143857

しか

不倫だけじゃなくてJKエンコーでもそうだけど、オッサンどもは自分よりも頭の弱い若い女目当てで付き合いしてたはずなのに

問題が発覚すると突然「お互い大人から」とか「合意の上だから相手も悪い」とか責任は半分ずつかむしろ相手が悪いみたいな言い方始めるよな。

あとなおやの謝罪文読んで「人生賢者タイム」という言葉が浮かんだわ。ちんぽが立ってるうちは男はまともな思考ができないのな。

https://anond.hatelabo.jp/20170726145520

結局それが「一部」だから問題になってきてるんでしょ。

楽しみたいのに限度を考えてない人のせいで無駄疲弊してる子は余計につらいだろうし。

https://anond.hatelabo.jp/20170726141256

空間認識問題があるんじゃなくて、カワイくもなくカッコよくもない、気持ち悪いものを視界に入れたくない意思の力が強いんだぞ

俺と一緒で優しいんだろう、とかなんとか書いてたけど

そういうのに引っかかるのは優しいのでもなんでもなく、多少引っ掛かってしま人間にも何ら問題があると思う。

ソース自分

https://anond.hatelabo.jp/20170726130753

???

高度成長期会社潰して首くくった人は今60~70代として生きてないから、今問題にしている高齢者が使い物にならないという話は全く間違ってないと思うが?

CTOであることと不倫をすること

あるIT企業CTOをしています。旧帝出身、既婚、W不倫中。

良く彼女に、こう言われる。

「好きだけど、こういうの良くない。もう、やめよう」

「君の人生は君のものもっと強くなって」

しかに、不倫は良くないことかもしれない。

不倫は良くないという社会規範によって、

安定した結婚制度を維持しているわけだから

そういう意味で、不倫話題になったときネット上で、批判で湧き上がるコメントは、

結婚制度舞台装置と言えると思う。

だけど、そもそも人は社会規範とか社会制度を何のために尊重しているのか。

それは、「自分がより良く生きるため」ではないのか。

より良く生きるために、社会規範尊重しているのであれば、

その規範尊重することが、より良く生きることと大きく反する時、

規範尊重の水準を緩めることも必要になる。

それは、その人自身が、リスクを負って行うことであって、

他人がとやかく言えるようなことではない。

ネットだと、「どんなに配偶者との関係がうまく行っていなくても、まともな人間なら不倫をしない」

こんな言葉が当たり前のように投げかけられる。

だけど、どうすればそんなことを「本人」以外の誰かが語ることができるのか。

スラム街で生きるために盗みを働く子供を、

金持ち批判することにあまり意味がないように、

不倫という状況に投げ込まれたことのない第三者が、

不倫批判することにはあまり意味がないのではないかと思う。

別に不倫をするべきとは思わないし、良いこととも思わない。

でも、それは、その人の人生におけるその人の決断であって、

そこには、すでに社会規範問題は、包摂されている。

包摂された上での決断に対して、

第三者が言えることはほとんどない。

ところが、自分主体となって考える習慣のない、

世間に流されてものごとを考えるような人間は、

こうした「社会規範」と「自分人生」の関係が分かっていない。

社会規範自分の行動規範」であって、

時にはそこにズレがあることが分からない。

たとえば、「学校を休んではいけない」

会社で働かなければいけない」という規範から逃れられなくて自殺する人。

問題全体の規範性ということにでは不倫と違う

生命危険がある状況で学校に行かないことは社会的肯定される)

という人が多いと思うけれど、

「周りに与えられた規範自分の行動規範」という点ではすごく似ていると思う。

要するに、いじめ学校に行こうか悩んでいる子供に、

「君には、学校に行かない権利がある」「死んでまで学校に行く義務はない」

という社会規範同士の対立観点説明することもできるし、社会的にはこう思われがち。

だけど、そうじゃなくて、そういう人たちに必要なのは

「君の人生は君のもの学校に行かないといけない規範にしたがうもしたがわないも、決めるのは君だ」という話じゃないかと思う。

それは、「自由」になるということ。

さて、こういう発想は、CTOという職業とすごく合っていると思っている。

今どき、IT企業CTOをしているような人間であれば、

仕事はいくらでもある。

数年で転職するのが前提だから

自分価値利益を高めるために、仕事を選ぶし、

会社価値利益を高めるために、仕事をする習慣がついている。

社長CEOは多くの技術判断について理解できないので、

リスクを負って、経営重要判断をすることになるし、

その結果については、自分評価という形で受け取ることにも慣れている。

そういう意味で、CTOは、仕事選択の上でも、仕事の上でも自由だし、

自分決断自分が行う」という意識が強い。

から不倫をする可能性が高いとか、不倫をしても良いということはないだろうけど、

不倫をした方が自分人生プラスになると思われる状況が合った時、

他の人と違う判断をすることも多いのかもしれないと思っている。

自分人生は他の誰かのものではない。

自分のことは自分で決める。

当たり前のようだけれど、

そう考えて、行動するためには痛みを伴うし、それに耐える強さも必要だ。

そして、その痛みが分かれば、他人不倫をいちいち攻撃したりしない。

でも、そうじゃない大多数の人間は、ネット他人不倫攻撃していれば良い。

それは、社会家畜という意味での「社畜」だと思う。

https://anond.hatelabo.jp/20170726123823

つか「女も男を選んでいる」「他の男もその女を狙ってる」と言う、当たり前の事を自覚してない男が多いだけだと思う

仮に性欲持て余していてただ割り切ったお付き合いでヤリたいだけな都合が良い女がいたとしても

ヤるだけでいいならもっと若いイケメンいくらでも捕まるのに、何故敢えて腹の出たオッサンである自分を選ぶと思うのか

しょぼくれたオッサンに何故か若い女がくっついてくる、んでその女は精神的になんの問題もない、なんて話が成り立つの

オッサン主人公主人公特権を持つ創作世界だけであって

現実ではお前は主人公じゃなくてただのモブだろうがと

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん