「敬虔」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 敬虔とは

2021-04-07

 「無宗教なんて嘘だ」とする根拠に、無宗教の人だって道端の地蔵を蹴飛ばしたりしない、これは地蔵祟りを信じているからだ、これは宗教だ、みたいな話を出す人いるけど、じゃあ逆に敬虔キリスト教神父は道端の地蔵を蹴り倒すのだろうか?

 多分蹴り倒さないだろう。もし蹴り倒すなら話はここで終わる。無知でごめんね。

 では神父地蔵を蹴り倒さないのは地蔵を信じていて、キリスト教を信じていないからか?

 世界中探せばキリスト教じゃなくて地蔵信仰してる神父いるかもしれないが、たいていは地蔵を蹴倒して得られる利益がないとか、自分が足を痛めるかもしれないとか、誰かに蹴倒す所見られてなんか言われたり、地蔵のどこかが欠けて器物破損で捕まりたくないとか、地蔵信仰しているから以外の理由が圧倒的に多いんじゃないか。多分地蔵だろうとマリア像だろうと案山子だろうと、蹴飛ばさない人は宗教に関わらず蹴飛ばさない。

 「警察が怖いか地蔵を蹴飛ばさない」も宗教になるのか? だとしても地蔵に対する信仰ではない。警察教? 法律教? これが宗教ならまあ日本人無宗教はいないといえるかもしれないが。

 神父地蔵を蹴飛ばさないのは地蔵信仰のせいじゃないのに、無宗教の人が地蔵を蹴飛ばさないのは地蔵信仰のせいにされるのは納得がいかない。

anond:20210407104159

それ、比べるなら迷子の子供じゃなくて、道端にいる捨て子を家で引き取って(施設などに預けてはいけない)家で一生面倒見る大人、くらいのもんじゃないの

奇特敬虔クリスチャンくらいじゃないのそんなん

2021-03-20

雑誌映画秘宝』の記憶(18)

町山智浩柳下毅一郎問題発言集】(No.01)

 元『映画秘宝編集部員の秋山直斗(ナオト)さんにも読んで確認してもらえると幸いです。自分が「やる」と書いた以上やりますが、小分けしてやります。全部で何回になるかは現時点では未定です。

 出典は『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判』(2002年洋泉社)です。

 同書の本文中では、それぞれ町山智浩が「ウェイン」、柳下毅一郎が「ガース」とそれぞれ表記されていますが、ここで引用するに当たり、閲覧する皆様が発言者を把握し易いように「町山」及び「柳下」として表記します。

以下では、

 [ページ数]

 発言者発言内容

 【※】付随情報や私個人の感想など(適宜)

という形式にしています

 なお、問題発言だけでなく「今から見返したら『味わい深い』」と云う発言ピックアップします。

〈警告!〉今回以降の投稿には「同性愛者に対する差別発言」などの引用が多数含まれるため、読むと気分が悪くなる可能性が有ります。心身の状態がすぐれない場合は、読まないで下さい。

引用ここから

【まえがき】

[p004]

 町山:残念ながらファビュラス・バーカー・ボーイズ双子でもホモでもありません。

【※】初っ端からコレである

【本編】

[p026]

 柳下:そうそう、ヴェルサーチ殺したクナナンカリフォルニアからフロリダまで大陸横断の旅したんですよね。行く先々でホモ相手探して泊めてもらっては、相手を殺して町を去るというパターンで。

 町山:アメリカ横断ウルトラホモ(笑)

【※】エドゲイン墓参りに行って墓地の土を採取する予定と言う柳下毅一郎と、彼に「ゲインの墓をあばいて骨を盗め」と冗談でけしかける町山智浩。「ホモ」と云う表現を使う時には「(笑)」を伴う印象。明らかに差別意識が見てとれる。

[p051]

 町山:あの人(※注)、ほとんど虚言症でさ、書いてること嘘ばっかなんだけど、自分でもその嘘を信じてんだよ。

【※】注:景山民夫を指す。しかし、町山自身はどうなのか?

[同上]

 町山:盗作たか神罰が下ったんじゃねえの?

【※】景山民夫の『虎口から脱出』は山田正紀の『崑崙遊撃隊』の盗作であると述べた際の発言。ここで町山智浩の言う「神罰」とは、景山民夫火災で死亡したことを指す。

[p074]

 町山:映画評論家って日本アメリカもたいしたこといねえ。

【※】『トゥルーマン・ショー』に対する批評家の評判が高いことを受けて。しかし、町山自身はどうなのか?

[p082]

 

柳下:彼ら(※注)の人生って、いったい何が楽しいの?

【※】注:米国内に暮らすキリスト教の一派「アーミッシュ」の人々を指す。

 町山:決まってるじゃん。セックスだよ!だってそれしかないじゃん。奴らはセックスだけを楽しみに生きてるんだよ!

 柳下:そう言うと、なんかスゴイ変態みたいだなあ(笑)ホントはいちばん厳格で敬虔な人たちなのに(笑)

 町山:あいつら、そんなにいい人間じゃないよ。だって、他の人間自動車乗ったり化粧したりするのを見ながら「お前らはそうやって今は贅沢してるけど、最後の審判地獄行きだぞ、イッヒッヒ」ってほくそえんでるんだもん。

 柳下:そんなに言って怒られない?

 町山:大丈夫アーミッシュ日本語知らないか(笑)

【※】異文化に対する偏見嘲笑。「相手から反撃を受けないことが分かっていると強気振る舞う」と云うお決まりパターン

[p084]

 町山:どいつもこいつもレッドネック

【※】『アルマゲドン』に触れた際の発言念の為に記すと「米国内の、非・都市部居住する非・富裕層で、高等教育を受けていない者に該当する白人層」を指して使う表現語源は、野外での肉体労働従事する白人労働者が、首周りに赤い日焼けをすることと言われる。侮蔑的ニュアンスがある表現

感想】渡米した町山智浩は「差別する側の人間」になれて、嬉しくて浮かれていたようにも見えますね。

今回はここまでにします。

2021-03-08

シン・エヴァ茶番だったけど、それでも別にいいと思った

ネタバレあり---------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------

シン・エヴァステレオタイプ田舎ハートフルストーリーからまり

もはや古臭さを感じるCGアニメが流れ、

今までの神秘をすべて取り去るかのような登場人物の思惑の言語化につぐ言語化

そして和解と、想像していたよりもずっと素直な内容だった。

全体にただようシュールさが、太鼓を叩く赤木リツコ画像に似ていた。

だがそんな陳腐エヴァを観ていて嫌な気持ちになったかというと別にそんなことはない。むしろスッキリした。

シンジくんがまともになって良かったし、

周りの大人達も完全燃焼できてて良かったし、

エヴァが完結したのも良かった。

もはや自分エヴァに拠り所を見出すような敬虔オタクではなくなっていたと、はっきり分かったのも良かった。

アスカシンジに色々言ってスッキリするシーンがあるが、

シン・エヴァ自体エヴァシリーズ熱狂していたオタクのためのスッキリなのだと思った。

2021-01-18

anond:20210118150939

Twitter上の存在かよ

それをいうなら日本にも「今日もいいことありますように✨🍀」みたいなツイートしかしない猫アイコンババアアカウントあるぞ

敬虔右派でも左派でもないババア教会行けばわんさか

なぜ私は聖地巡礼をするのか(の話をかくはずだったが)

聖地巡礼とは中世ヨーロッパ封建社会においてキリスト教徒あいだで流行した、キリスト教聖地であるエルサレムを訪れる宗教的行動である

転じて、現代においてはアニメ映画などの熱心なファンが、創作物キャラクター縁の地を訪ね歩く行為を指す言葉として使用されるに至った。

私も昨年度から今をときめくアイドルグループ乃木坂46好きが高じて、(暇を持て余していたことも手伝い)彼女たちが番組ロケで訪れたり雑誌メディアで紹介したりしていた場所を巡ることが退屈な日常を彩る楽しみの一つとなっている。

大塚天祖神社バッティングセンター千歳船橋喫茶店ぱおーん、五反田デニーズ……

思い起こしてみたがそれほど多くはなかった。

それはさておき、この日記(?)で私が考えたいのは「人はなぜ聖地巡礼をするのか」その理由だ。

聖地巡礼には楽しさがある。

思えば私は日本史世界史も好きなので、歴史上の史跡を巡ることが旅行に行く際の主目的の一つだったりする。映画ロケ地を訪れることもある。

(前提として書き加えておくが、行ったことがない土地を訪れるのが好きな方であると思う。「まだこのへん歩いたことがないから」という理由で6時間ぐらい散歩することがざらにある)

今も『世界史をつくった海賊』(竹田いさみ著)なる本を読んでいて、大航海時代マゼランに続いて史上二度目の世界一周航海を達成した海賊フランシス・ドレーク(ワンピースのドレークのモデル)に関する記述を読んで、「彼の航路を船で辿ってみたいなあ」などと空想に耽っていた。

そう、私はフランシス・ドレーク足跡を辿りたいのである

乃木坂メンバーが参詣した神社自分も赴きたいし、バットを振るったバッティングセンターで、彼女らがそうしたように、自分バットを振るいたいのだ。

そして、「ここに彼らも、自分と同じように立っていたんだ」などと感じたいのである

この衝動はなんなのだろう。何故、こんなことをしたいと思うのか。

バッティングセンターで行ったバッティングは、それ自体として面白かった。乃木坂のことがなければ、私はバッティングセンターに行きはしなかっただろうが、バッティング最中乃木坂のことは忘れて純粋ボールバットで的確に打ち返すことに集中していたし、それが成功することに喜びを覚えていた。

しかし、やはりその一連の行為には、「メンバーも同じ場所で同じことをした」という事実認識によって特別意味を付加され、それが私の心に満足感をもたらしている。

私の記憶には、明らかに「ただのバッティング」以上の色が付いて、この思い出が保存されているのだ。

この違いは何に由来するのか。

まず一つ、見逃せない重要な点は「私は乃木坂が好きである」という事実だろう。これは明らかに聖地巡礼動機に深く関わっている。

私は何も藤田ニコル西野亮廣の訪れた場所に行きたいとは微塵も思わない。ニコるんはどちらかと言えば好きだが、出演番組をチェックするほどではない。西野に至ってはどちらかと言えば好きではないし、好きではない人間の縁の地を訪ねたい、その足跡自分足跡を重ねたいとは思わない。

フランシス・ドレークのことも、まあ好きになりつつある。(暇があれば伝記を読んでもいいかなと思うぐらいには)

では、好きな人なら誰でも聖地巡礼したくなるのかと言えばそんなことはない。身近な友人のことは好きだが、彼らの足跡を辿りたいとは思わない。

これは極めて重要着眼点である

恐らくは、その人物との関係性および距離感聖地巡礼に向かわせしめる大きな引鉄の一つなのだ

想像するに乃木坂メンバーでさえ、もし私が直接的に関係性を構築してしまえば、聖地巡礼したいという衝動はなくなるだろう。

同じ場所を訪れて、同じことをしたいという気持ちの裏にあるのは、「近付きたいが手の届かない者の存在」を少しでも身近に感じたいという欲求なのだ

友人という生々しい関係は、最早相手をそういう「聖なる存在」にしておかない。

ただし、友人との関係が何らかの理由で解消され、手の届かない存在になった場合はその限りではない。その最も単純な例は「死別である。死が二人を分かてば、当たり前な存在は当たり前でなくなり、会いたいのに会えない、焦がれ求める対象になる。

「手の届かない特別存在を思うこと」が聖地巡礼の肝なのだ

そしてその感慨は、対象と同じ空間的座標に立つこと、そこで同じ行為追体験することで増幅される。ただ、家でスマホをいじりながらその人のことを考えているだけの時間よりも、その人に少し近付けたような気になる。

その対象は人に限らない、作品、ひいてはその世界観全体も対象になりうる。

私は宮崎駿監督映画が大好きで、監督ハウルを撮り終えた後に数ヶ月間療養し、次回作の『崖の上のポニョ』の構想に繋がった広島県鞆の浦や、『耳をすませば』の舞台となった聖蹟桜ヶ丘も訪ねているが、ポニョや雫個人をそこまで好きかといえばそんなことはない。

フランシス・ドレークのことは好きになりつつあると言ったが、やはり人物に対しての好意それだけというよりは、世界史的な偉業であるという点の魅力が大きいように思う。俗な言い方をすれば世界一周ロマンを感じるし、楽しそうである(実際は辛いことの連続だろうが)。

しかし、ドレークな先立って世界一周航海を達成したマゼラン足跡を辿りたいと考えたことはないことを踏まえれば、やはりドレークには読書を通して僅かながら彼の功績やエピソードに触れたことにより、マゼランに感じる以上の魅力を感じていること、それが巡礼への衝動を後押ししていることは間違いない。マゼランのことは何も知らない。何も知らないので魅力も感じなければ、より深く知りたいという動機も起こらない。

(どうやら相手のことを「知りたい」と思うには、まず相手のことを知ることが必要らしい。少なくとも私にとっては。難儀なことだ。)

「手の届かない「聖なる存在である対象をその足跡を辿り行為をお手軽に追体験することで、少しでも身近に感じること」が聖地巡礼の意義であると一旦結論付けてみる。

ここで唐突に「お手軽に」という制限を付け加えたのは、私はバッティングセンターバッティングをする程度の追体験はしたいが、乃木坂メンバーが日々の研鑽を重ねたダンスレッスン場で一年間同じレッスンを受けたいかといえば真っ平御免だなということに思い至った。

一年彼女たちが受けたレッスンと同様のレッスンを受けることは、彼女たちの辛さや頑張りをよりリアル追体験することになる。追体験としての質は高い。だが時間がかかりすぎる。ダンスよりもやりたいことがあるし、辛そうなので、暇潰しに週二程度通うならチャンスがあればやらなくもないが、それはもう追体験としての価値は薄れて、一年間におよぶダンスレッスンそのものが持つ価値が問われている。(追記そもそもこれ、巡礼ではなくダンスでは?)そういう意味で1000円分のバッティングには十分その価値があったし、世界一周航海も同様である。(追記:これも巡礼と言えるのか?場所を訪ねる行為限定するべきだったかもしれない)

聖地巡礼はお手軽でなければならない。言い換えるなら、その行為自体を楽しめないのならやりたくはない。滝行は楽しそうなのでやりたいが、例えば彼女らが受けていた辛い仕打ち自分も受けたいかというと難しい。

例えばメンバーの誰かが過去イジメを受けていたとして、それと同様のイジメを受けたいか。これに関しては少し受けたい。マゾヒスティックな願望ではなく、多少なりとも彼女らの苦労を追体験することは彼女らを理解することにつながるからだ。

しかし、紛い物のそれはやはり本当のイジメ体験とは辛さの質が大きく異なるし、よりリアルに状況を再現するために半年継続してイジメを受けてくださいと言われればお断りする。あくまでもその一部を、私が本当には辛くならない程度に体験することで、辛さに思いを馳せたい、という程度に存在への接近願望は留まる。

キリスト教徒だってエルサレムには行きたくても、ゴルゴダの丘の上で十字架に磔にされたいかと言えばそんなことはないだろう。ごっこ程度にはやってみたいが、それはごっこ遊び自体が楽しさを持つからである。高所に磔にされて「こえ~」などと言ってるのは楽しいが、手足を本当に釘で打ち付けられるのはたまったものではない。(追記:これも巡礼の話ではなくなっている気がするが、でも巡礼先で対象が何かしてたら同じことやりたいよなあ。(追追記:でもやらなくても巡礼は成立するからやっぱりおかしいねはい。))

体験総体として楽しくないならやりたくない。少なくとも私は。この「楽しく」は何も笑顔になったり、興奮したりするといった類の楽しさである必要はない。

心地よい感情が動きがあればよい。

郷愁に浸るとか、感慨に耽けるとか、今風に言えばエモさがあってもよい。「泣く」ことによる感情の発露も、人間にとっては快感であるので、ここで述べる「楽しさ」に含まれる。

いや、違うな。

上に述べたエモさは体験のものに由来する(既出の例をとればバッティング行為によって引き起こされた)感情ではなく、「行為追体験している」という事実に付随する感情の動きだ。そこは切り分けるべきだろう。

例えば「同じ場所に立つ」ことも、聖地巡礼に伴う追体験行為の一形態だが「立つ行為のもの」には特に何の楽しみもない。(立っているだけで楽しい場所もあるが、必ずしもその必要はない)(追記:この例の方が純粋巡礼っぽい)

先例のイジメのように行為自体許容範囲であれば不快であっても構わない。これは個人差があるし、対象に対する思い入れの深さによっても許容範囲が変わってきそうだが。

追体験行為包含する巡礼行為」が総体として満足感をもたらす体験であればよい。(追記:「巡礼追体験包含する」よりも「巡礼追体験が付随する(ことがある)」が正しい)

距離重要な要素だ。ここで言及する距離とは、対象との関係性としての距離ではなく、その聖地との物理距離感である

遠ければ遠いほど、巡礼を達成した際の体験価値は高い。エルサレムが近所の公園にあったら巡礼の有難みも霞むだろう。

「ここまで来た」という感覚聖地巡礼には必要である

私は電車移動含めて一時間もあれば十分であるしかし、ここまで書いて想像してみたが、家の隣にあった昔馴染みのなんでもない祠が実は家康が足繁く通った祠であったと発覚すれば、そこにはそれなりの感慨が生まれるように思える。巡礼と呼ぶにはあまりにも短距離だし、巡礼としての価値希薄化するものの、完全に失われることはない。いや、とはいえやはり価値の減少は免れないな。

遠ければ遠いほどいい、というものでもない気がするが。例えば、乃木坂メンバーが訪れた場所比較として、私の現在地から大塚バッティングセンターパリ街角にあるカフェとの物理距離には圧倒的な差があるが(もちろんパリの方が遠い)、パリカフェを訪れた際の感慨がバッティングセンターに比べてそれほど深いかといえば、あまり変わらないような気がする。

これは、「パリ旅行のついで」にカフェを訪れるのか、「乃木坂メンバーが訪れたカフェを主目的に」パリを訪れるのか、物理距離を越えんとする直接的な動機がどちらにあるのかによっても異なりそうだが、メンバーが通った小学校とか、生まれ育った地域ぐらいの重要地ならともかく、たかだかロケで立ち寄っただけのカフェ目的渡仏する気にはならない。

いや前者でも渡仏する気にはならないが、(追記:というかメンバーの母校って言うほど感慨深いか?その頃のメンバーが好きな訳ではないし……)するにしてもそれはやはりそもそもパリ自体が好きで巡礼を抜きにしてもパリに行きたいからであって、パリの一地域を訪ね歩く行為のもの乃木坂とは無関係に楽しみを見出している。その意味巡礼行為は「ついで感」が否めない。(追記:「むしろ行きたくない場所への巡礼」を考えてみようと思ったが、思いつかなかった。(追追記日焼けと車酔いに弱いのでそれらが伴う場所には積極的行きたくない。苦労した分、到達時の達成感はありそうだが、それは聖地が持つ意味とはやはり無関係目的地に至る行程に由来する価値を抜きにした純粋巡礼価値は何によって決まるのか。))

これはもしかしたら聖地巡礼も、エルサレム旅行のものに少なから体験としての楽しみが含まれていた可能性もあるが、中世を生きる農民の長旅の過酷さや宗教に対する敬虔さはとても無知蒙昧な私の想像のおよぶところではないので、お叱りを受ける前にこの説は引っ込めておく。

でも伊勢参りとかは楽しそうだよね。明日(もはや夜が明けたので今日なんだが)近所のブックオフ聖地巡礼事情に関する本でも漁ってみよう。

眠いし目も疲れたので「過去自分への巡礼」とかまだ考えたいことはあったが、このへんにしておく。

おやすみなさい。

2021-01-16

anond:20200601124254

え、ちょっと待って!ツイステって男性性的モノ化したコンテンツですよね🤓

元増田さんが仰る様に

・男しか出てこない

・全員がイケメン

イケメンイケメン同士の関係性を消費する消費者

この構図はこれまで散々方々の政治的に正しい人々から男性向けコンテンツが指弾されてきた女性性的モノ化の構図と相似形を描いてますよ🤓

まりツイステは男性性的モノ化した女性向けコンテンツじゃないですか!

・ツイステは男性性的モノ化して消費するディズニー公式公認女性向けコンテンツである

ここを踏まえて考えれば敬虔なDオタの方々がお気持ち表明へと走る気持ち理解できます

近年のディズニー作品を通してルッキズム否定を繰り返し主張してきたのにどうして😢

これって近年のディズニー作品を愛好するファンなら至極当然の反応なんじゃないですかね?

悪いのはこれまでの自身の主張と背反するテーマを含んだ作品を世に送り出したディズニー公式の厚々の面の皮と男性性的モノ化して消費することに余念のない女性オタクの皆さんですよ!

そもそも明らかな性的モノ化コンテンツに関しては 公共空間からゾーニングして一目を忍びこっそりと楽しむのが最近世界的潮流だって政治的に正しい人達も言ってましたよね🤔

2021-01-07

多数派意見を代弁する人

クリスチャンとか全く少数派でない集団意見を代弁する人、理解できない

公立中学校動物園増田もそうだけど

少数派の意見を代弁する人はまだわかる

「へえ、少数派の人々はそういうことを考えたんですね」とわかるから多数派としてもありがたい

でもクリスチャンは違うだろ

しろ圧倒的スタンダード

そりゃ日本じゃ仏教徒に比べて少ないけど、別にレアじゃない

アイデンティティとしては語るほどもないレベル

それも、敬虔じゃない方キリスト教徒

宗教敬虔じゃないって言うだけで日本人の多数派

公立中学校もそうだ

公立中学校中学校全体の9割以上だった

多数派意見を代弁する奴、ほんと訳がわからない

anond:20210106032817

2020-12-31

anond:20201231133908

宗教がどう規制があったとしても法律上は墓の管理者の了承があれば入れる。姓が違うからダメとか言っても実際現代人でそんな敬虔深い仏教徒ほとんどいないでしょ

宗教で姓が違うから〜とか言い出しても管理者がそれを守る気がないならそれでオッケーなのが現代の墓事情

宗教とかしきたりとか言い出たところで全部守ってるやつなんかいない

2020-12-29

2020年買って良かった同人

今年買った同人であって初出が今年とは限りません。

ふたなり姫フェリの華麗なる日々シリーズ M.O製作

タイトル通りふたなり姫がいろんなファンタジーキャラパイズリして貰うだけのシリーズ別にふたなりそこまで好きじゃないんだけど主人公がとにかく呑気にパイズリ楽しんでて作者もとにかく楽しんで描いてるんだろなって感じてなんか見ててこちらも楽しかった。

・おませな妹に中出し教えてやる!? 心のBOSS

三姉妹と一人ずつやってく三部作なんだけど俺がロリコンなの差し引いても三女のこれが一番シチュエーションとして良いと思う。外に長女がいる状態で三女とクローゼットの中でやるって話なんだけど、無知ロリをだまくらかすのと外にばれてはいけないっていう二重に嘘をつく背徳感が良かった。絶対音もれるだろってツッコミ痴漢モノで散々聞いたから俺の脳には通じない。

・罪と蜜 きゃらだいん

大草原の小さな家で姉と弟がインピオする話。姉の無軌道好奇心が弟を蹂躙する濡れ場と、その報いが訪れることを示唆するラスト。柔らかい絵柄とのギャップがすごく良い。基本的にはエロで後味悪い系の話わざわざ見たくないんだけど、これは素晴らしかった。

コスプレメイドオカズ扱いがお好き 藤屋本店DLsite

ムチムチの女をメス媚びさせるいつもの藤ますエロからそれでいいんだよ。

おしおきわんこ3  廃蜜灯

ご主人さま(ショタ)が大好きなのにナマイキ言っちゃうロリ犬娘が性的おしおきされるソフトSM。とにかく犬っ娘が愛らしくて百万点。

・めすがきラヴりーっ! 文月会

アズレンアルバコア本。メスガキに挑発されておしおきエッチしようとするけど結局勝てない。ラブラブでお互い積極的エッチしてるのに、それでも少女性的に手玉に取られる。暴力とか社会的な要素とか抜きで、純粋精神的に、少女支配されてる感が素晴らしい。

敬虔シスター見習いが男の特濃精液を搾り尽くす本  かに

タイトル通りエロいとしか言いようが無いが、禁欲から解放っていうシスターモノの醍醐味が味わえてすごく良かったと思います

今日からオナホです ほきゅーん

・じゃあくな妖狐と乳愛(パイズリ)結婚式に至るまで 喘葉の森

両方とも妖狐をパイズリで屈服させるっていうほぼ同じ話のパイズリオンリー本。なんだけど、喘葉の森は狂気じみた純愛で終わるのに対してほきゅーんは物悲しささえ感じる静的な諦念で終わっていて、プロットが同じなのにこうも味わいが違うのは、なんというか文学性みたいなモノを感じた。パイズリっていう女性側に強い快感が無い行為では屈服させるために「メス落ち」っていう分かりやす理屈が使えなくて、その上で女性側の心の動きを描く必要があったが為に面白いモノが出来たっていう感じ。

三蔵ちゃんと馬シリーズ ANIMAL SERVICE

FGO三蔵が馬その他とする獣姦モノ。動物ギミック生かしつつ背徳感とか全く抜きでラブラブエッチする懐の広さ。FGOやったことないけどこれは三蔵に惚れる。世界よこれがダイバーシティだ。

・聖華女学院公認竿おじさん4 DOLL PLAY

このシリーズ、いままでは単に女生徒がおじさんを買う逆援交ものだったのが、急にセックスで依頼者の問題を思わぬ方向に解決するっていう料理漫画人情話みたいなことやりだして、おじさんがただの竿役から物語上の主人公に昇格してなんかそれっぽい良いこと言うというシリアスな笑いがあった。あと単純に金髪爆乳ムチムチお嬢様がノリノリで幼児プレイするのエロい。

2020-12-26

ホロライブ箱推しの私が湊あくあを好きになれない理由

最初

お気持ち表明なので不快になりそうな方は帰った方が良いです。

敬虔クルー様方は特に

概要

グッズも出したり雑誌の表紙を飾ったりスパチャの金額も多い方なので企業・箱として大事存在だということは承知の上で、私は湊あくあが好きではない。

正直な話、嫌いである。

ロメンの配信には基本高評価を押すが、彼女だけには何もしない。(正直時々低評価を押すまである

その理由を下記に述べる。

詳細

2020年6月初め、ホロライブゲーム配信権利関係炎上した。

彼女2020年6月3日のマイクラ配信後に沈黙6月23日に[復帰配信](https://www.youtube.com/watch?v=-RbriUA8MJ4)を行った。

他のホロライブメンバー配信内容を模索し様々な内容・企画で何とかしようと試みている中、彼女は何かをしたのか。

しかった等と誰が信じられようか。復帰配信?ふざけるな、というのが正直な感想

配信で「おかえり」と言える人間の心境は理解しがたい。

クルーとは一生分かり合えないし分かり合いたいとは思えない。

  • あれだけ擦っているAPEXへの絡み方が微妙

VTuber最協決定戦のメンバーが続々と発表され、ホロライブメンバーが数人参加を表明する中、彼女参加を示唆する動きはない。

誰かと強さを比較されるのが怖いのだろうか、チームを組むことが嫌なのか。

正直、他のメンバーがそこまで強くない状況で、ソロダイヤ行く湊あくあと比較されるのは当然で「あくたんが出てればな等」と言われるような状況は不快

誰ともコラボしない・大会に出ないのならAPEXをやらないで良いのでは。

中国の難癖の付け方の酷さに辟易している立場(当然、桐生ココ氏は全く悪くないと考えている)からして、メンバー桐生ココ氏への接し方は気になるが、彼女は表では何もしていない。

何かしらの立場が分かるような振る舞いもしていない。

彼女が元々中国向けに重要立場だったのは重々承知の上で、中国はもう切った(CNの解散)はずであり、何かしらのアクションは表に見せても良いのでは。

中華クルー配慮必要ない。

2020-12-16

苦痛っていうのはルール

 苦痛っていうのは一種ルールに過ぎない。

 例えば痛覚は怪我をしないための一種センサーである。割とよく聞く話ではあるけれど、神経の異常で痛覚のない人が、頻繁に骨折などの怪我経験するように。

 要するに、「このライン越えちゃダメ!」と厳格なルールを人に知らせてくれるのが苦痛なのである。「そんなに激しく○○しないで!」ってな話なのである。「うるさいですね……」いやうるさくないんですってって話なのであって、苦痛の呼び声を聞かないと人々っていうのは簡単ラインを越えちゃうんですね。例えば働きすぎて脳みそに異常を来したり、あるいは、誰かの訴える苦痛だってそうで、その声に耳を傾けずにひたすら苛み続けることで、誰かにラインを越えさせてしまったりとか。

 そういうルール違反を人々に犯させないためにありとあらゆる苦痛っていうのは存在しているのである。逆に言えば、苦痛存在するが故に人々は謙虚なのだ。誰も自分が鳥だと主張して崖から飛び降りたりはしないのだ(比喩です)。それもこれも苦痛というルールが「それアウトよ、違反よ」と知らせてくれているからなのであって、そういうルールを飛び越えないように人はできている。本来なら苦痛ってやつは単なるルールであり一種審判員に過ぎないはず、だ。


 そのはずなんだけど、実際のところ苦痛というルールは、ルールという範疇に留まることをやめて、生命のかなり奥深いところに食い込んでいる。何ならそれは一部生命同化していて、単なるルール以上のドグマとして我々に猛威を振るう。我々の中にある苦痛というドグマが、我々に対して「私は生命のものです」と語りかけてくる。いや違うやろ、という声は届かない。彼らは本来単なるルールに過ぎず、そして我々が何かを越権して催促しないように見守ってくれているだけの存在の筈なのに、どこまでも深い部分まで彼らは浸透し、食い込んでくる。だから、彼らは生命とは隔絶された単なるルールでありながら、あたか生命のものであるかのように振る舞っているのだ。「私は生命なんですよ?」と。

 しかしまあ我々が苦痛に対して敬虔に振る舞い、彼らに対する精一杯の誠意を示さなければならないことは間違いない。「苦痛さま苦痛さま。今日もお見守り下さい。大人しく見守るだけにしていて下さい。私はラインを飛び越えたりはしませんし、他人ラインを飛び越えさせたりもしませんから。だからお願いですから見守るだけでいて下さい」と。我々はルールに対して拝み倒す。そのルールルールのままであってくれるようにと願う。仮にそれが単なるルールであることをやめてしまったら? それが現実化してしまったら? あるいは、それが生命の核に食い込んだ状態のまま、現実化してしまったら? その時我々はとても困ったことになる。一度現実化した苦痛は中々消滅しない。本来単なる抽象的なルールだった筈の苦痛は、この世界の随所で実体化し、そして時に生命の核に食い込んで自身生命と同一視した状態実体化してしまう。「私は苦痛です。そして同時に私は貴方生命です。貴方生命苦痛です」と言わんばかりに。


 でも、だからといって苦痛をこの世界から排斥してしまうわけにはいかないし、そもそもそれは不可能なことでさえある。我々が苦痛をこの世界から排斥してしまえば、それはそれで困ったことになるだろう。崖の上から自分が鳥である人間であるかを確かめるべく、多くの人が跳躍することになるだろう(比喩です)。そういうことのないように苦痛ってものはある。彼らは我々を見守っている。誰も、みだりに崖の上から自身存在を確かめるための跳躍を行わないために。勿論彼らは必要なのだ

 とは言え彼らの存在生命に食い込み過ぎている。

 話がループしている。


 しかし、苦痛役割は本当にそれだけのことなのだろうか?

 僕自身はこれまで十年ほどの間、「苦痛は単なるルールに過ぎない」と思い込んできた。「確かに人々の生命苦痛は大きく食い込んでいて、苦痛本来の大きさよりずっと大きく見えている。でも、あくまで彼らはルールに過ぎないのだ」と。

 でも、本当にそれだけなのだろうか?

 違うな、と昨夜ふと僕は気付いた。

 苦痛は我々を繋ぐかすがいでもあるのだ。

 子供が両親の関係を繋ぐように、苦痛は我々の関係をも繋ぐのである。つまり苦痛人間一人一人の関係を繋ぐかすがいでもあるのである。いわゆるショーペンハウアーの言う「ミットライデ(同情)」ってやつだ。人間というのは、苦しさを媒介しかお互いを理解できないようにできている。人が誰かを理解するというのはとても難しいことだけれど、同じだけの苦痛を背負った人と出会うと、不思議なことに人はその人のことをたちまち理解してしまうのである。「この人は僕と同じように苦しんでいるんだな」って。

 苦痛っていうのはルールだ。でも、人が誰かのことを理解しようとする時、人は人の苦しみを通じてでしか人を理解することができない。

 だから苦痛っていうのはある部分ではルールを超えている。それは他者認識の、そして自己認識の基本単位として機能している。もし仮に我々から苦痛が消えてしまったら、恐らく我々は我々自身のことを理解することはできなくなってしまうだろうから

2020-12-12

anond:20201212220848

お金なんかもらえないどころか逆にどんどん搾り取られているのに敬虔信者になってる人がウン千万人もいるのがこの国なんだけどね(爆笑

anond:20201212220807

本当に1億円とかくれたら敬虔信者になる

2020-11-26

官能小説家なんだけど母校に誘致されそう

細々と兼業官能小説書いている

去年母校の文化祭小説家やっていると部活の後輩たちとその顧問だけに言ったのだが、それが蒸し返されたのだろう

 

持て囃されているのは母校出身で珍しい職業というのもあるが、

コロナで注目?を浴びるようになった在宅ワーカーなところが大きいのかもしれない

 

母校では卒業生たちの講演というのが月一の頻度で行われている

記憶にあるのは

海外ボランティア活動している大学生

ハープ演奏

陶芸家

デザイナー

在校生たちに進路を考えさせるためのイベントなのだが、

自分はそれに誘致されそうで困っている

コロナなのでリモート講演になる)

しか講演会の様子は父兄向けの冊子にまとめられる

 

素直に「生徒に悪影響のあるので」と断るつもりだが、

敬虔校長に宛てるからからお断り文面に悩んでいる

あとあの講演に出ることが憧れだったかちょっと残念

2020-11-01

アニメ1話感想というゴミを今すぐやめろ

1話で何が分かる?

opedも分からず、ストーリーもまだ不明

声もキャラ演出不安定

実質プロトタイプと言っていい。

何も全部のアニメを6話まで見ろとは言ってない。

全話見るか、脱落してから作品を語れ。

ガングレイヴ1話で切りました意味不明です駄作です。」大いに結構

コヨーテラグタイムショー1話見ました超名作かも?」は???全話見てから言え。

お前らは映画館に入って10分で作品を語るのか?

まだ予告編4dx説明ぐらいしかやってないのに?

アニメ1話で語るなら、せめて離脱したときだけにしろ

録画優先順位序列付けの参考になればとか思ってんのか?

ならねえよ。

食い物の味はまだ本能に根ざしてるが、アニメの良し悪しは違うんだよ。

敬虔キリスト教徒キリスト批判するアニメを見たら内容なんて頭に入る前にゴミ扱いだろ?

そういうもんだ。

全話見てから語れ、離脱したならそこがお前にとってそのアニメの全話でいい。

まりアニメ1話まとめやりてえなら全部1話切りしろってこった

2020-10-22

フ景罪が嫌い

わたしについて

・番凩の裏話雑談配信入りの長尾推し

・歌に対する姿勢に惚れた

・VΔLZ関連のメンバー

・前推しが例の名前を呼んではいけないあの人

結論

推しを見る目がない

フ景罪とは

にじさんじ所属Vtuber「フミ」と「長尾景」のコンビ名、また、コンビ活動のこと

嫌いになった経緯

長尾自身を「アイドル」と称するため「アイドルなら夢を見せろよ」と色々と鬱憤は溜まっていたが、モールス配信で爆発した。 フミに「長尾との関係杞憂するマシュマロ」が届かないため、杞憂マロ長尾自ら忖度してお送りする配信を切欠とし、にじさんじ番組である「ツキイチにじさんじ」にて禊ぎ的な感じで「杞憂民に優しい、モールス信号で要求を伝えて別部屋で交流する」配信をすることになった。これがモールス配信忖度日本においてはあまりいいイメージのない言葉だが、忖度マリオ配信から長尾景の忖度がすごい」と話題に。ヒューマンフォーフラットコラボにおいても忖度を発揮し好評をうんにゃらかんにゃら、まあここまで読んでるお前らならフ景罪くらい知ってるだろ、まあ色々あったんだよ、あった。 モールス配信、初手でミスったところがヤラセ疑惑を生みだした。別に敬虔な16KGBではないので一緒にモールスを覚えていたわけでもなく、コンビニにハーゲンダッツ買いに行かされるの可哀想だな、としか思っていなかった。まあふけ~ざいに興味なかったので……。 その後のメンバー配信で「VΔLZ半年記念の動画再生する」と長尾自身ブラウザを開きYouTube再生し、ついでに歌も歌ったすばらしい回があったのだが、ここでケチがついた。

次に見る動画おすすめ動画に「鳴神裁」の動画が出てきたのだ。

???????????????

いや、健全にVやってたらナルカミに触れること普通なくない? 

???????

素晴らしい半年お祝い動画に合わせたお歌の感動とか消えた。前の推し過去形/ec/塩)がナルカミとべたべたの癒着関係だったため悪感情が蘇り配信どころではなかった。 YouTube君って基本的閲覧履歴からおすすめ動画出してくるよね? じゃあなに? 長尾が鳴神に触れる切欠でもあった? そう思ってパブサを書けたらサジェストで「炎上」と出てきたので「長尾景 炎上」をタップするじゃん? ゴースティングって出てくるじゃん? 全てを理解したよね。塩ちゃんゴースティングしてたしね。ふ~~~~ん~~~~~やらせか~~~~~!となってモールス配信疑惑の目で見る。 そうなると杞憂マロ配信タイミング良くかかってきたディスココメントヤラセな気がしてくるし、ヒューマンフォーフラットでのフミの間抜け発言も、忖度マリカミューミスも、ぜ~~~んぶやらせに見えてくる。 取り敢えず運営スタッフが絡んでるのはモールスだけなので真っ黒なのはモールス長尾がグレーなのがだいたいのフ景罪でしょ、暗号自体は良いとしても暗号マリカはグレー、そうなるとどうなる? 信用できなくなる。 フミの16KGBとのマシュマロ配信が来たところで「あ~フミもネタにするんだな~~~」というお気持ちになっていよいよ冷めた。

OKIMOTI

もうヤラセしか見えないしビジネスの仲でしかないので見ていてつらい。やらなくていい。みたくない。なにがいいのかわからない。

推し肯定botになりたかった。

長尾は歌だけ歌ってくれればもうそれでいいんだよな~~~~~~~~~~

ところで長尾、にじメン歌リレーの機材オチアカペラは仕込み? 歌にまで忖度ネタ突っ込んできてないよね?

もう疑惑ばっかりで素直に推せないのが辛い さっさと降りてえ~~~~~~~~~~~

2020-09-16

anond:20200916182604

では2020年現代においてニーチェのなにが刺さるのか教えてください ><

なんJネタ(深淵を〜)以外で2020年現代においてなにか刺さる要素ある?敬虔クリスチャンでも無いのに?

もちろん、子どもの頃ハマったものに深い思い入れがあるのはわかる

ワイもチョコカステラが好きだしきな粉棒が好きだし長編ドラえもんが好きだしムーミン好きだ

それっぽいものをあげるなら子どもの頃に読んだサルトルアドラーは好きと言えば好きだ

 

古いマンガ(たとえば奥瀬サキとか)だけでなく最近マンガ(ニーチェ先生 など。なお未読)やエンタメ個人創作でも

未だにニーチェ推す人々を見るのですが

いったい、なにがそんなに刺さるの?キャッチーから?あるいは厨二心をくすぐるし学校うから?(太宰治的な)

現代ニーチェが刺さる要素ある?マジレス希望

なんJネタ(深淵を〜)以外で2020年現代においてなにか刺さる要素ある?敬虔クリスチャンでも無いのに?

もちろん、子どもの頃ハマったものに深い思い入れがあるのはわかる

ワイもチョコカステラが好きだしきな粉棒が好きだし長編ドラえもんが好きだしムーミン好きだ

それっぽいものをあげるなら子どもの頃に読んだサルトルアドラーは好きと言えば好きだ

 

古いマンガ(たとえば奥瀬サキとか)だけでなく最近マンガ(ニーチェ先生 など。なお未読)やエンタメ個人創作でも

未だにニーチェ推す人々を見るのですが

いったい、なにがそんなに刺さるの?キャッチーから?あるいは厨二心をくすぐるし学校うから?(太宰治的な)

2020-09-05

マックナゲットソースきのこたけのこ戦争みたく争いにならんの?

久々にマック行った。目当ての月見と、値下げしてたマックナゲット15個入りを買ってしまった。ソースを3つもつけてくれるらしい。期間限定ソースもあったらしいが、販売終了だそうだ。敬虔マスタード派の私は、マスタード2個と、高校生の時以来のバーベキューソースを注文した。

うん、やっぱりマスタードのほうがうまいバーベキューも決して悪くはないんだ、でもマスタードが圧倒的に好き。結局マスタードでばっかり食ってる。

で、これきのこたけのこ戦争みたいにならんのかな。あれと構図が一緒じゃないか、どっちも普通、好みの断絶が強め。戦争が始まってもおかしくないはずだ。

しかマックナゲット15個もいらねえな、発展途上国に送るか

2020-09-02

anond:20200902053705

しかに罪悪感オナニー好きな人はちょいちょいいるわな。女オタはもちろん、男オタでも男性嫌悪百合オタとかにも多い。

ただ、それが本当に一人で気持ちよくなるだけならいいけど、罪悪感好きな人って大体他人もそれに巻き込もうとしてくるんだよなぁ。

「私が個人的に悩んでるだけ」とか最初は言ってた人でも、しばらくすると皆もちゃんと罪を認識して敬虔になりなさいって感じに過激化しがちだから困る。

気持ち悪いとは思わんが迷惑

自分がやってるのは罪悪感ニーだって自覚しづいからなのかねえ。

罪悪感ニーはオナニー自覚したら、真摯懺悔しておりますってロールプレイに浸れなくなって気持ちよさが減るから

2020-08-26

KKO出家したら救われるのでは?

コミュニティに属して孤独感はなくなるし、

頭をスッキリさせればハゲも目立たない、

食べ物規則正しい生活キモさも半減、

結婚しなくても敬虔信者として認識されるし、

苦労が多い人生檀家さんと話す時に役立つだろうし、

まさに転職じゃん

2020-08-18

思い出が記憶から記録になった話

 今日、家に蚊が出たので書く。

 祖父は、マラリア(デング熱?)どっちかに罹り、戦死を免れたらしい。それ以来祖父は、蚊に感謝我が家では蚊を殺すことは禁忌になった。お前たちがいるのは、蚊のおかげだと何度も教わった。家族は、祖父教祖、蚊を神とする小規模カルト集団となった。祖父は蚊を戒名に入れろと坊主ともめたし(落とし所して文が入った)、私がローマ字最初に書いた生き物の名前は「Ka」だ。しかし、信者はそこまで敬虔ではなかった。実のところ私は蚊をこっそり殺していた。多分家族も殺していた。その証拠祖父の死後、その風習は急速に廃れみんな躊躇なく蚊を殺すようになった。祖父の事は、「蚊を愛する奇妙なジジイ」として親戚の笑い話となった。面白いので、この話は当面語られるのだろうが、祖父が亡くなった時、祖父戦争の思い出は確かに記録になったのだ、子供のころ、家族の居ぬ時に蚊を殺した時の罪悪感はもう感じることはない。そんなことを思い出してキンチョールを撒いた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん