「サッカー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サッカーとは

2019-01-23

https://anond.hatelabo.jp/20190121113933

単にジャパニーズ男らしさはアメリカンマチズモと違って個人的属性じゃなく社会的立場を測る物差しからというだけの話なのでは?

そして今の世の中のマチズモは「男としてダメ」→「社会的存在としてダメ」っていう向きだけど、ジャパニーズ男らしさって逆で「社会的存在としてダメ」→「男としてダメ」っていう構造なのでは。

wikipediaによると「マチズモ」は

マッチョとは、男性もつという「強靱さ、逞しさ、勇敢さ、好戦性」といった性質を基礎とした思想信条、行動をあらわす言葉

ってあるのに対して、「男らしさ」は

第二次世界大戦後、高度成長期など

リーダーシップ判断力決断力、落ち着いていること

有言実行

主体性。転じて、たとえ女性配偶者に十分な財産収入があっても、男性が「養われる」のは男らしくないとする偏見がある。ヒモという蔑称男性に対してだけある。主夫に対する無理解も多い。

・(労働者の家庭では)汗をかいて体を動かすこと

・(父親学者の家庭などでは)学問や形而上の世界意識が向いていて、もっぱら頭脳を使い、論理理屈を優先する理知的な人柄で、あまり身体を動かさないこと、汗をかかないこと。(かわりに、もっぱら女性のほうが身体を使った活動を行い、そちらが「女らしい」)

否定的意味では、日本では次のようなことが(悪い意味で)「男っぽい」とか「男らしい」とされてきた。

・「鈍感(どんかん)」「ニブい」

・「喧嘩早い」「暴力的

・(男児男子生徒など、特に男同士でいる時など)自分が勇猛であると見せようとして、(無駄に)危険・無謀なことをする。(結果として、怪我が多かったり事故死する確率女児より高い。)

ってなってるし。

ジレットCMって見てないし関連騒動も知らないんだけど、CMについてざっくり検索して記事読んだら単に「暴力イジメ肯定するようなアメリカンマチズモは捨てよう、そんなの"男らしさ"じゃない」と言ってるだけに見える。

でも、それに関するアレコレを引いてきて

日本社会全体でいうと「男らしさ」を求められる度合いなんて既に相当低くない?

は否でしかないんじゃないかなあ。

ジャパニーズ男らしさ圧ってかなり高いと思うよ。というか、どうもジャパニーズ男らしさってのは「求められてる」っていうより「そこから外れたら人非人」みたいな基準として機能してる感があるんだよね。

具体的に考えると、例えば異性たる女が絡むと突然アホほど高くなる。婚活関係文脈露骨だね、「いいから男は初回デートははおごれ」みたいなアレが普通にまかり通ってるし。「個別の魅力を見てもらう前に社会的地位がある程度ないと、魅力ある異性として映らないぞ」みたいな妙に脅迫的な圧がある。

どうしてそうなったっていうと経緯的には日本が男社会から社会的重要ポスト(決定権があるとか金が儲かるとか)は男が占めて男が社会を回してきたからってことだと思う。

この日本では、少なくとも女よりも仕事バリバリやって金稼いで嫁さんもらって女子ども養うのが「標準的な男」で、そこから外れると「男として瑕疵あり(からの「瑕疵のある人間は救わなくてよし」コンボ)」ってな具合になりやすいように見えるんだよね。

このあいだやっと法律改正して強制性交等罪ができたよね。110年ぶりだってさ。

男性の育休取得率、2017年度は5.14%で過去最高なんだってさ。回答率は62%ちょいらしいよ。

結婚して苗字が変わる男の人は4%くらいらしいね

医者が不足してるって叫んでおきながら、現役男に下駄履かせて女と浪人生はこっそり落としてた医科大学あったよね。実はもっといっぱいあるっぽいんですけどね。

自殺する人比べてみたら、動機としては男女ともに健康問題がぶっちぎり1位なんだけど、男性の2位は経済問題で3位は勤務問題なんだって仕事で悩んで死んじゃうんだね、男性は。女性の2位は家庭問題、3位は五十歩百歩だけど経済問題かなあ?

こうしてざっくり見ると男らしさ欠如罪で「下に見られる」っていうのは軽いアレで、下手なコンボが決まると判決死刑みたいな展開が充分ありうるって思わん?

あとジョジョで男らしさに言及するんならナランチャの「男ってのはああいう人のために働くもんだ」を引用しろよな。


僕は体こそでっかいが、少女漫画おじさんだし(元は少女漫画少年だった)、甘いもん躊躇なく注文するし、独身だし、彼女いないし、動物全般好きだし、格闘技別にきじゃない、野球サッカーも見ないし、お酒宴会の時だけだし、煙草は吸わないし、ペーパーゴールドライバーだし。

この辺とかはマジで単なる「増田観測範囲問題だし。身体のでかい人間ケチ付けるベクトルで正面切ってモノ申すような外野ってものすごく限られてるよね、っていうやつでは。女だけ狙ってくるホーミングタックル男が新宿観測されてドン引きされてるけど、逆は「男 狙ってぶつかる」で検索しても出てこない程度にはレアみたいだし。

下ネタ振ってくる友達はいないっていうのも単にクラスタが違うだけ感がある。

きみ、ちょっといい大学行って職があって人前で酒が飲めてジムで体鍛えたりしてる程度には健康なんだろ?

既に充分「男らしい」じゃないか。だからから免れてるだけじゃん?

2019-01-22

ジャズ進行の曲

昨日サッカー試合があったせいか、立ち寄った店で椎名林檎の「NIPPON」が流れてたのよ。

いい曲だなーと思って鼻唄してたら気づいた。

Aメロジャズスタンダードの「There will never be another you」と同じ進行だなと。

これはもしや大発見なのではと一人で興奮してしまったのだが、

わかってくれる人が周りに皆無なのでここに書く。

ポップスジャズ風に、は良くあるけど逆ってあまり無い気がする。

自分が知らないだけでもしかしてよくある手法なのかしら。

詳しい人教えて。

2019-01-21

「男らしさ」を求められた記憶があまり無いんだが(37歳男性

男らしくない生涯を送ってきました。

が、別にその件で咎められた記憶がさしてない。


僕は体こそでっかいが、少女漫画おじさんだし(元は少女漫画少年だった)、甘いもん躊躇なく注文するし、独身だし、彼女いないし、動物全般好きだし、格闘技別にきじゃない、野球サッカーも見ないし、お酒宴会の時だけだし、煙草は吸わないし、ペーパーゴールドライバーだし。

ただそのことで人にネガティブな反応をされたことはあんまりないような(主観としては全くないけれども、印象に残ってないだけの可能性を考慮してこういう表現になっている。)。

最近日常で接する男性職場の同僚や行く先々の店の人ばっかりだが、「この人は自分より男らしいな」とか「自分ももう少し男らしくならなきゃ」というプレッシャーを感じたこともない。


アメリカのあのジレットCMそもそも日本とはあまりにも異なる社会文化で発せられたアクションで、我々がわがことに引きつけて論じられる範疇を超えてるのではないだろうか?

アメリカでは男らしさが非常に重視され(ると聞く)て、アメフトを見ない男はだめだし、体型が細いことすら一人前の男じゃないサインになる(と聞く。)

アメリカではジム通いはリア充ジョックスの嗜みでモテへの最短ルートだ(と聞く)が、日本ジム通いしてるのは僕のようなオタク入ってる変人DQN入ってる変人ばかりだ。


大体日本アイドルってチビすけばっかりじゃないかワイルドさやマチズモなんかかけらも感じさせない童顔チビすけおじさんグループである嵐がトップアイドルやれてる時点で、日本に「男らしさ」ニーズや抑圧がそれほどあると思えない。

youtuberですらそうで、アメリカティーン大人気のローガン・ポール富士樹海炎上したやつ)は背が高くて筋肉質なイケメンぼっちゃんなのに、日本の人気youtuberは全体的に背が低くてやせっぽちかでぶで髪を無理のある原色に染めないと覚えてもらえないようなぼんやりした顔つきで貧困層出身オーラ出てる人が多い。


日本社会全体でいうと「男らしさ」を求められる度合いなんて既に相当低くない?特定地域因習は知らないけど、関東圏で育った37歳男性の実感としてはそう。

自分ちょっと高学歴なのでyoutuberのようなそっちの階層のほうの人が好む男性像までチェックしたが、マチズモマチズモしたキャラなんかいやしない。

二次元コンテンツ主人公もだらしなさや弱音や気の抜けたこずるさを前面に出す主人公ばっかりで、今期アニメで男らしい主人公ってブチャラティぐらいだ。


からはてな社会議論には「そもそもその前提合ってるの?」という違和感が禁じえない。

男性も男らしさから解放されていいんだよ」って言われても、僕はすでに割と自由だ。


追記

ラファエルとかおるやんけ

あのバルクで「男らしい」とする価値観は僕の中にはないかな…

あれはぜったいによわい


筋肉価値観の違いだけど

政宗君のリベンジ」っていうアニメ主人公が「復讐の為めっちゃ鍛えて筋肉つけた!」っていってるシーンあって

その時の主人公の体型見た欧米オタクが「どこに筋肉があるんだ???」って驚いてて

欧米オタクですらそれぐらいに筋肉への要求ラインが高い

日本の細マッチョはあちらではただのオカマ野郎と見なされて「男らしい」にはならない

https://i.redd.it/5mgk1p7fyge11.png

ラファエルってこの左側だよね。


追記でお前自身が「あの程度の筋肉で〜」とか「よわい」とかやってるじゃん

それだよそれ

ラファエルバカにするのは「筋肉という尺度の上では雑魚」であってこれはマチズモではなくオタクだと自分では思ってる。

マチズモはそこから「男としてダメ」「社会存在としてダメ」になる感覚でしょう。

お前自身他人を見下してるのがデフォから自分に対する要求とか理解してないんじゃね?

クソ雑魚が偉そうになんか言ってるわwくらいの感じで

なんやそいつサイコやんけ

返信

htnmiki チビ低学歴を見下してる感がプンプンしてムカつくなこいつ(被害妄想

2019/01/22

正直容姿が売りの芸能人には背が高いことを(男女どっちにも)求めてるとこはあり、嵐をよく思ってないのが書き方に出た感はある。ごめんね。

ChieOsanai メリケンは男がトートバッグ下げてるだけでオカマ扱いされる国だから増田

2019/01/22

卒業パーティカップル参加できないと負け犬と聞く。厳しい。

Lhankor_Mhy それは大変結構ですね。もし「男は女性を守れ」とか「男は妻子を養って当然」とか「デートでは男が奢るべき」とか、男ってしんどいわ、と思うことがあったら来てください。そんなことがないのが一番ですが。

2019/01/22

それ全部はてなはてなを介したTwitterで見たこしかない。意外にフェミニン女性より女権運動家的な女性が言ってるという印象。

fujifavoric 増田の言う男らしさ一面的すぎるだろ。なぜアメリカジョックけが男らしさだと思い込んでいるのか。「ちょっと高学歴」ならこんな文章書いてる間におかしいって思わない?

2019/01/22

思わないし意味からない。「日本で男らしさの要求を感じない」「米は日本の比でない」という前提からジョックの話をしている、という話の構成ぐらい理解してからレスしてほしい。

そしてその見落としてる男らしさがあるならそれがなにかを具体的に書いてほしいのであって、仄めかしだけで何も書けてないあなたの文は高学歴的には限りなく零点だ。あなたの不満と不快感情しか伝わってこない。

pptppc2 あん関係ないけど、小学校の時は背が(周りと比較して)デカかったんだが、俺が遊戯王カード友達と遊んでたら先生に「そんなに背デカいのにカード遊びなんかしてるの?」とか言われたの本当腹立ったなー。

2019/01/22

ほんとに関係ないな。「そうか・・・(やな先生だね)」とは思うけどなんでこれが一位なんだ。もし男らしさを求められてる実例として投票されてるなら、これは男らしさ強要とは違う気がする。でかい女の子にも同じような無神経なこといいそうだしその先生

ceries 男らしくありたいと思ったことないし、あるがままで過ごして来たし、会う人もそのままを受け入れて来たつもり。驚いたのは小1の我が子がマッチョイズム全振りな訳。「男の子女の子を守らなきゃ」なんて言ってんの

2019/01/22

誰にどこで吹き込まれたか聞いてみてほしい。

otihateten3510 ちゃんと読んでないけどわかる。今の30代はもうそういう時代だよな。

2019/01/22

だよね。

weakestman てか「恋愛至上主義」やら「カップル文化」辺りこそがセクシズムの温床なんとちゃうんかと。

かに。あの辺からはその臭いを感じたことあったな。そこと距離とったのは男らしさ要求被爆せず生きてこれたことの大きな要因かも。

jaguarsan 細かいところで言うと小便器が外から丸見えの公衆便所とか、女性スタッフが平気で出入りする銭湯なんてのを気にしないのも「男らしさ」。逆ならとんでもない騒ぎになるよね

えっそれ男らしさなのかな。むしろ女性が「体を見せてはいけない」という女らしさを要求されてる案件に思う。文化が弱まった野人社会では女性も半裸になってくのではとか。

tmfmysd チビ男性的魅力が乏しいはずとして下に見てるじゃん。デカいとか腕力があるとか割とそれだけで男性エリートなのでは。金持ちの息子が貧困問題にピンと来ないって言ってるのと一緒。

から、 例えばアメリカではチビ筋肉ない男が男らしさ欠如罪で下に見られるけど、日本ではトップアイドルやれてますよね?って話をしたんだけど。でかくも筋肉質でもない男性が憧れられてますよね?って。

この人は問題文読めてないような。

denimndenimn 身長160センチで生まれ直してからまた来い。

身長だと被男らしさ要求度合いが高まる

ueno_neco ご両親が共働きだったりしないかな? なんとなく。。

どういう関係があると推理たかまで書いてほしいな。ちなみに母は専業主婦でした。

今日本の男らしさって女を養ってなんぼ、みたいな精神面の話が多くない? ちなみに第二次韓流ブームの時は筋肉隆々アイドルが売れてたし、LDH系も今すごい人気だよね?男性アイドルジャニーズだけじゃないぞ。

韓国アイドルは背と筋肉にコンシャスでそういう要求あるのかなと感じてる。それも少し前の話で、最近はお化粧してたり背が低かったり痩せてたり急速に「オカマ」系が増えてるようにも。

pikopikopan 環境に恵まれてるのなら幸せでは

せやな

tk_e 関東の生まれ育ちならそうだろうなーと九州出身女性より申し上げます

2019/01/22

やはり九州男児なのか・・・

SweetGiraffe この増田彼女いるかいないか?欲しがってきたか?かな

彼女が男らしさの要求主体ということ?しか全然長くない本文にはっきり彼女いないって書いてるやんけ。

kincity 日本の男に男らしさ圧力なんてそんなある?おっさんとか他人のためにドアも開けない気も使わない女性だろうが男性だろうが子供だろうが手助けしないし骨折してる人の前の席が空いて真っ先横から座るのもおっさん

レディファースト的な縛りも全然ないよね。

neet_modi_ki アメリカマッチョイズム求められ具合はまた極端な気がするので、基準をそこに置いちゃう日本なんかだと相対的にはマシかもしれない。相対的にマシとはいえ存在しないわけでもない。

そのアメリカでのCMムーブメント留保なく日本に引き付けて論じてたから、それは違うのではないかって話なんだ。

softstone 男らしさの定義バラバラすぎる。元のCMで強調されてたのは暴力ハラスメント共犯になることだった。極端な話、男友達からシモネタを振られたら、それが「男らしさ」を求められた瞬間だよ。男だけの場でもだ。

下ネタ嫌いだしそういう友達いない。

iiiloveuuu07 来日した外国人(中韓含む)が、妻に荷物持たせて手ぶらな夫や女にドア支えられて先に入れて貰う男を見て衝撃受けた話聞いた事ある。日本女子供に優しくしろ系の抑圧から自由なのでは(そんな男尊女卑の形ともいえる

男は女子供に優しくしろ、こそが男らしさ道徳だと思う。そしてほら、これを言うのってむしろ「女権活動家女性」でしょ?(このidは確かそういう人だったはず。)なぜか。

strow0343 そもそもこの○○らしさの押し付けというのはイレギュラーに対するマジョリティ同調圧力なので、大半は意識してないだろうし意識していれば○○らしさそのものが変わる

から具体的になんやねんと。

q-Anomaly アメリカと比べてしまうと確かにそうだね。日本で言い換えると「男が専業主婦志望で実家家事手伝いでもいいよ。ニートやひもと呼ぶのは差別だよ」「男もプリキュア好きでいいし女が戦隊モノ好きでもいいよ」とか?

プリキュア好きの男はいっぱいおるな・・・

オタク界がボリュームあって「女児アニメ好んで見る男(ロリコンとか女装願望とか多様)」はそこに居場所あるから平気、って所もあるのかな。

keisuker 分かる。男らしさを求められた記憶が無い。なので最近バズってたヤツは全く理解できないし特にコメントすることも無かった。

あれをネタに「解放されろ(自己批判・総括せよ!)」って言われたらうんざりする人もいるよね。ブコメにあったように。

ijustiH 体が大きいことが男らしいこと

2019/01/22

アメリカではちび男は日本の比でなく滅茶苦茶言われる感じ。manletとかで画像検索を。

by-king ずーっと体が弱くて楽器とか趣味でやってたけど、中学くらいのときに「本当は男の子らしくスポーツとか武道をしてほしかった」って母親に本当に悲しい顔して言われた時に、俺どういう顔すればいいかからなかったよ

出来もしないスポーツやるくらいなら出来もしない音楽やるほうがもてるのにね。

I8D 格闘技以外のスポーツは嫌いじゃなさそうだし、筋肉ありそうだし、性欲もありそうに見える。結局、男らしさとされる内の一部を都合よく切り取って、無くても支障がなかったとN=1が言っているに過ぎない。

「(日本の2大人スポーツたる)野球サッカーも見ない」と言っても「スポーツは嫌いじゃなさそう」になるのか・・・。見てるスポーツ0なんです。これでもバイアスマンには伝わらなそうだけど。

nomnom_r 女々しくて女々しくて女々しくて つら~いよ~おおぉ~

女々しさやだらしなさの歌って昔からあって、女性にきゃーきゃー言われてるよね日本では。

gnufrfr これは、ゲイでよく見る僕は差別なんかされたことないか差別なんてないってのと同じ構図。ゆっくり沈んでいく泥舟に乗っていて、自分だけは気づいていて逃げ切れるからおっけーって思考回路と相似。

2019/01/22

はっきり言うけどさ、あなた達はその「ゲイ」に優しいつもりなの?全然そんなことないんだけど自覚ないの?

ジレットCMにかこつけて、そもそもアメリカに在住もしてない無関係な「ゲイ」達に、「見たか、お前らはこういう悪い概念内面化してるのだ、なぜ解放(自己批判と総括)されないのか!お前達は悪い心の持ち主!」やってただけだよね?

ゲイ」に因縁つけていじめてるのあんたらじゃん。あのブコメ欄で「ゲイ」達から「不当な叩きを受けてる気持ちだ」って苦情があんたら宛に提出されても「そう感じるお前の心が良くない。耳貸す必要なし」つって反省もないし。

それで逆にこうやって「日本の男らしさ押し付けって具体的になに?」って聞いたら答えは曖昧だし。

ゲイ当人達ではないとこから「お前らゲイ差別から解放されろよ」と言ってて、そう言いながら結局「ゲイ」の方向いて殴ってるだけで、「ゲイから苦情が出ても「叩かれてると思うのはお前の悪い心のせい」で切って捨てて、その行為疑問視されたら「お前はゲイ差別を認めないゲイだ!」。

ほんとに「ゲイ」はあんたらにとっての都合のよい娯楽用サンドバッグ兼身を隠す盾なんだな。俺が「ゲイなのだとして、あんたらを味方とも親しみもてる相手とも全く思えないよ。


返信2(非全レス

sotonohitokun 連れションしようぜー、風俗行こうぜー、辺りは独身でも。結婚して子ども出来るとジェンダーロールは否応なく求められるよ。肉体仕事は男親がってなるよ?

2019/01/23 リンク Add Staryamato156densetsu

連れション男の子なの?どっちかというと女の子文化かと思ってた。

higasibata 筋肉イキリ自虐風自慢きっつー

2019/01/23

どこにも自虐要素がない文を自虐だと思ったのはつまり、男らしさを持たないという表明=自虐、という固定観念なのでは。

gf_ra2 「お前がそう思うんならお前の中ではそうなんだろうな」としか言えない案件。そうじゃない人が意外と多いから例の件もバズったのでは…?

2019/01/23 リンク Add Starbillwordyamato156densetsu

ゲイ」以外の人が猛烈に頷いてて、肝心の「ゲイ」の人達にはむしろ結構不快そうにしてる人も多い、というのが例のジレットCMブコメ欄の印象なんだけど。

「お前等は圧力被害者なんだよ!」「それを認めないかダメなんだよ!」「総括しろ!」みたいな。

kumpote だからブチャラティ主人公じゃねえって言ってるだろぉ!

2019/01/23 リンク

kinnosabakan 細かい事言うと主役はジョルノ・ジョバァーナでは…。ジョジョの主役も部が進む毎に男らしさが少なくなっていってるように見える。時代に合わせてるのかな。あと都会は性別への圧力少なそう。

2019/01/23 リンク

5部連載時の口さがないジョジョファンの間では「仙豆の癖に喋んなよ」というネタがあった。

ジョジョはおしゃれ服男ばかり出てくる癖に「ようこそ男の世界へ」とか半分ギャグみたいな男らしさへの憧憬を出してくるよね。

rgfx 「あなた達はその「ゲイ」に優しいつもりなの?全然そんなことないんだけど自覚ないの?」お、顔真っ赤だ。そこが核心かあ。

2019/01/23

ほらあ、「お前はけしからん」「お前らは心が悪い」「総括しろ」なんて言うのが大好きな割に、自分批判が向けられた途端「お、顔真っ赤だ。」とか言って話を逸らして逃げの一手になっちゃうそういうとこだよ。

このタイプの人って差別圧力と戦う勢力ではなくて、いろんな差別の隙間を縫いながらマウンティング出来る相手を探してるだけの勢力なんだよね。

からジレットCM日本での議論現実的か、有効になってるか、というこういう申し立てにも実は興味ない。

「僕たち私たち気持ちマウンティングオナニー邪魔するな」っていう不快感があるだけ。

からこういう自分達への批判には議論に応じるのも嫌で、「お、顔真っ赤だ。」とかい議論封じを試みる。普段他人がそういう態度取ってたら鬼の首取ったように軽蔑する癖にね。

2019-01-20

独り立ち

成人式の時や大学卒業式の時に自立を意識した。しか意識するだけの甘ちゃんだった。

今1番大人として自立して生きる必要性を痛感している。

なぜ今感じたのか、それは祖父母介護で疲れている両親の姿を見たからだ。

人が自立するための一番のカンフル剤は、今まで自分を守っていた存在が衰えるのを見ることかもしれない。

高校大学サッカークラブなど私が不自由なくキャリアを選べるように金銭面で準備してくれていた両親。

高校大学私立予備校にも通った。公立高校からストレート国立大学に行った人より1.5〜2倍程度学費がかかってるのではないか

高校選びや大学選びも一緒に考えてくれた。

冷凍食品の時もあったが家に帰れば必ず晩御飯を出してくれた母。

休日サッカー試合のためにほぼ毎週車で送迎し、応援してくれた父。

親は強くていつも子供を助けてくれると思っていた。

親は強いなんて呑気すぎる。びっくりするぐらいの親不孝者だ。

そんな親不孝者が先日帰省をした。両親の白髪がとても増えていた。

衝撃だった。

学生時代から一人暮らしをしている友人たちは既にこんな気持ちがすさむ体験を何度もしているのだろうか。

結婚記念日にに贈ったFire TV Stickも忙しくて使う暇がないらしい。

帰省した時はとにかく会話を盛り上げた。会社なら滑るようなネタ価値観が同じ家族なら盛り上がる。私が話して両親が笑顔になるのならいくらでも話した。今まで隠していた彼女の話した。遠回しに自分が今の生活に不満がない事をアピールした。これ以上両親の悩みを増やしたくなかった。

休日2日間を祖父母介護センターで費やした母は私の食生活を気にしていた。

先程まで自分の両親の介護をして今度は子ども心配をしている。少しは自分の体の心配をしてほしい。

おそらく今でも私が助けを求めたら両親は全力でサポートしてくれるだろう。毎日ご飯を出してくれたように。毎週サッカー応援をしてくれたように。

でもそんな甘ったれた事は言ってられない。

自分で生きなければ。

両親を安心させなければ。

思うままに描き殴ったら900字になってしまった。

この書きなぐった思いもいつか薄れてしま人間記憶構造が恨めしい。

少しでもこの思いを持ち続けるためにここに記す。

2019-01-19

anond:20190119031528

ミニ四駆コマビーダマンが火炎を噴いたり時空を切り裂くとナンセンスだと感じる

なのに小学生サッカー中学生テニス選手時間を止めたり空中浮遊するのは、それなりに手に汗握る内容になっている

やはりスポーツ物は題材そのものが強い

2019-01-14

イケダハヤト先生炎上Voicyについて思ったこ

イケダハヤトがVoicyにツッコミどころまみれな投稿をなさっていた。

そしてそれが大絶賛炎上中な訳であるが、思う事が沢山あったので匿名ダイアリーに記録を残そうと思う。

問題のVoicy

これ。

https://voicy.jp/channel/585/37282

イケダハヤトユーザーの心に不安を残したまま人を追い出している事実に気が付くべき

自分達の中にいた荒らし排除したまで」という発言があった。

どうやら矛盾を叫んでいる人間らは荒らしのような存在で、不当に攻撃をしてきていると言いたいらしい。

では、追い出しを喰らった人たちは荒らしと言える人たちだったのだろうか?

ここにいしかわさんのノートから感じた事を述べてみたいと思う。

https://note.mu/ishi_kawa/n/n868d6c0f48c6

荒らそうと思ったなら、

・どんなノウハウか外部にばらす

チャットなどが出来る所に無意味投稿を繰り返す

・脱社畜サロンとは関係のない話を延々と垂れ流す

etc

というような悪意に満ちた内容になると思うのだが、そんな話は聞かない。

しろ質問者は、荒らしたかったというより心地よくサロンを使いたいか疑念を晴らしたくて質問したというのが妥当ではなかろうか?

しかし、それに対しては「排除」という回答を返した。

さて、

・心に不安を抱えたユーザー放置するのは、果たしてまともなサロン運営者のする事なのだろうか?

ブログでもSNSでもノウハウを実行していただく時に、疑念不安が頭の中をかすめ続けるままやってもらうつもりだったのだろうか?

と、思う事は多い。

仮にイケダハヤトの脱社畜サロンの内容が良質なものであるにしても、心のしこりに対して何れかの対処はすべきだったのではないだろうか?

スマイリーキクチ事件イケダハヤト炎上似て非なる事象である

Voicyの中で言及されていたスマイリーキクチ事件自分の事を重ねる発言に関してもツッコミどころが多数ある。

まずスマイリーキクチ事件解決できなかった理由に「やってない証拠を出せ」と言われた事が挙げられる。そしてイケダハヤトはその件を引用して自分と同じと発言していた。

しかし、今回の件では「やってない証拠」なんて求めていない。「正田氏の経歴の証拠を見せろ」という話なのである

まり「ない事を証明しろ」じゃなくて、「やっていた証拠になる何かを1つで良いから開示せよ」という話なのである



証拠になるものが1つたりとも存在しないなんて考えにくい。仮に自宅が燃えて全ての書類が消えたとしても、買収に関わった相手会社の引き出しに自分名前の1つや2つ乗っているだろうし、ウェブ自身運営した会社残滓が残っている事だろう。

しかSEO会社と聞いた。「ブログ証拠は出せません」とは言わせません。たとえブログが無くなったとしてもウェイバックマシーン(https://archive.org/web/)で証拠サイトを提出する事だってできます

※補足…ウェイバックマシーンは、ある名前ドメイン過去にどう運営されていたのか記録を残してくれるサービスです。2000年代の頃のデータももちろん出せますから正田氏が起業する1年前である14歳の時のデータだって出せるのです。


しかし、それも出ない。出せない証拠もなく「訴える!」と叫ぶ始末。疑念不安を持つサロンユーザー気持ちが解らないのだろう。

真実を語る機会をわざと逃すイケダハヤト

「悪意は拡散されやす善意拡散されない」と述べている。

が、これもおかしな話である。何故Voicyという絶好の拡散できる所で事実を語らなかったのだろうか?

嘘が蔓延やすいというのは解る。人間だれしもゴシップ的な情報に流されやすいからだ。

でも求めているのはそんな「嘘の構造とは?」の情報じゃない。「正田氏の話は事実かどうか?」なのだ

19/1/14現在、Voicyの総合ランキングトップイケハヤラジオなのである。そして本人のツイッター現在は注目の的である

何故その影響力で真実を語ろうとしないのか?何故嘆きの言葉しかつぶやかないのか?不思議な限りである

イケダハヤトの嘆きはもうよく解った。そろそろ真実を語られてはどうなのだろうか?


今までどんな人を育ててきたか振り返ってみよう

ここまで矛盾点を指摘してきたが最後に大きな視点に立ってイケダハヤトが何をしてきたのかおさらいしてみようと思う。

世の中の影響力の大きな人は自分のやり方・哲学を広く教える、そしてその教え子はそれの血脈を継いだかのように動くものである

野球でもサッカーでもまずは指導者のやり方を真似てそれがその人の芯に残るのと同じである。そして大成した後は「〇〇先生のおかげでここまで来れました」というまでがお約束であろう。

さて、振り返って今までのイケハヤから卒業した書生達の中でブログ大成したものはどれだけ居るだろうか?

イケハヤの何かを受け継いで成果を上げたものがどれだけいるだろうか?

一体全体、イケダハヤトとお付き合いして何かを得られた人間はどれだけいるのだろうか?

それなりな成果を残した元卒業生が居るなら、イケハヤのおかげで今の自分があると感じているのだろうか?

疑念は多い。

最後になるが、今回の脱社畜サロンから実力をつけて成果を挙げるものがどれだけ出るだろうか?データを取ってみたら面白い結果になりそうなものである

2019-01-12

神谷浩史ってサッカー遠藤保仁に似てるのね

親戚だったりするのだろうか

しかふたりとも1月28日誕生日

こりゃすげえや!

そらモテんわと思う男性の特徴

結婚相談所勤務の増田です。

そらモテんわと思う男性の特徴をあげてみました。

書きながら思ったけど、

そらモテんわと思う男性の特徴って増田的一緒に働きたくない同僚の特徴とも言い換えられると気づきました。

清潔感に欠ける

イケメンである必要は無い。でも、風呂には入れ。特に夏場はデオドラントスプレーもかけて出掛けるべし。ああい製品って汗かいから吹きかけるもんじゃいからね。

受け身姿勢

例えば食事デートの日程、場所決めも

「いつがいいですか?」「どこがいいですか?」って相手に任せきりなパターン

相手要望を聞いてる俺優しいとでも思ってる?逆にやりづらいです。優しいのと受け身なのは全く違う。

せめて「近い日付だと○日か×日のご都合はどうですか?」とか、「○○町か△△町周辺のお店にしませんか?」「イタリアン和食ならどっちがいいですか?」ぐらい聞いたらいいと思います。もちろん、日程とお店が決まったら予約すること。

別にこんなの特別気遣いではないと思います社会人として上司やお客さん相手普通にするでしょう。

仕事でもないのに、なんでそこまでしなきゃいけないんだ」って思う人は、都合よく呼び出して都合よく来てくれるような女性と、行き当たりばったりでお店を探してください。

出会って間もないのにネガティブなことを言う人

デートで、「この結婚相談所女性ってちょっと年取った人多いじゃないですか〜」みたいなことを言うやつがいる。

裏表が無いのとデリカシーが無いのは別物。

相手の話を聞かない

自分の話ばっかするやつに限って「相手大人いから、俺がこの場を盛り上げてる」って勘違いしてる。相手質問してる?それから掘り下げてる?一度のデートの中で相手情報どのくらい知ったか書き出してみて。自分武勇伝ばっかベラベラ喋っても仕方ないって。相手大人しく見えるのはあんたが耳を傾けてないからだよ。もちろんマジで喋らない女性もいるし、それはどうかなーと思うけれど、そういうのはメッセージのやり取りである程度察せるので気付け。

趣味が無い

これ。別にオタっぽい趣味でもいいんだ。さすがにキャバクラ通いが趣味!って公言するのはどうかと思うけど。

料理でも、筋トレでも、読書でも、バイクでも、サッカー観戦でも、貯金でも、なんでもいか仕事以外に夢中になれるものを持っててくれ。

趣味の1つや2つないと会話が膨らまん。「相手と会話が続かないんです」って人はもれなく無趣味

逆の立場だと嫌じゃない?仕事以外やることがない女性ってつまらんと思わない?

そんなすぐに趣味なんか持てないって言ってる人、いいからなんかやってみてくれ。やる前から無理とか言うな。やってみてダメだったらそれも話のネタになるから

anond:20190112143059

この増田自身に知らないことが多いと気づいたんだね

なら、相手に聞いてみたらそれがコミュニケーションになるんじゃない?

「昨日の野球中継みた?」って話振られたら、「実は野球詳しくなくて…。どこか応援してる球団あるんですか?」みたいに返せば、相手知識や思いを伝えてくれる

逆にあっちからもしかしてサッカー派?」って聞いてくるかもしれないし

コミュニケーション相手ありき

相手の持ってるものを分けてもらう感じで話せたらいいね

2019-01-09

anond:20190109214408

失敗した人を鞭打ち100回に処したり炭鉱送りにすれば失敗した人は職場からいなくなる。

イラク北朝鮮サッカー代表チームはそうやって強くなったんだぞ。

鞭打ち刑や炭鉱送りをやらない糞ジャップはフザケてんのかってくら甘えに甘えてる

2019-01-08

コミュ障初恋片思い6年間の一部始終

コミュ障婚活マッチングアプリ出会い別れるまでの一部始終」(anond:20190106214218)という日記を書いた者です。

前回の日記を通じて、自分経験文章に落とす作業をしている間はすごく気分が晴れるということに、生まれて初めて気づきました。文章を褒めてくださる方もいらっしゃったので、調子に乗ってもう1本、投稿してみます(読み手を選ぶ内容なので、さほどブックマークはつかないと思いますが)。また、前回の日記では、あたかも僕が恋愛経験コミュニケーション能力以外の点において完全なる真人間であるかのような印象を与えてしまったので、ちょっと彼女に対してアンフェアだったな、という懺悔の思いもあります

僕が中学生高校生時代に、人生で初めて好きになった方の話をしたいと思います

僕が通っていたのは、中高一貫男子校でした。所謂進学校で、有名大学進学率がKPIになっている、勉学を重んじる厳しい校風でした。

中学校の登校初日入学式を終えた新入生は、疲れた足取りで初めて行く自分教室へ向かっていました。殆どの生徒はお互い初対面なので、会話もまばらでした。1人で居ても目立たなくて良いな、ずっとこのままなら良いのに、などと思いながら、僕は人の波から少し外れたところを歩いていました。

廊下の角を曲がった時、僕は斜め前を歩いていた同級生の1人に気づきました。サラサラストレートの髪に、小さな顔、大きな瞳、長い睫毛。人生で見たことのある誰よりも格好良い男の子が、そこには居ました。

これが、一目惚れか、と、冷静に思ったのを、はっきりと覚えています

彼と僕は同じクラスでした。彼は、才色兼備な人でした。文武両道で、サッカー趣味。優しい性格で、愛嬌があり、話は面白く、友人も多い。笑顔キラキラしていて、王子様のように見えました。過去を美化し過ぎだと言われるかもしれませんが、アイドルグループ所属していてもおかしくなかったと思いますクラス文化祭に出店した、大して美味しくない割高なタコ焼きも、彼が声を掛けた女子学生は全員買ってくれました。

僕は、絶対に彼には自分の心の内を明かさない、と決めていました。傷つくのが怖かったのもありますが、彼の人生劇場の登場人物として、僕はあまり分不相応だと思ったからです。僕は、彼が僕を抱きしめ、名前を呼びながら優しく髪を撫でてくれることを想像し、時に嗚咽しながら床に就きました。僕の人生は泣いてばかりです。今思えば、この時の涙の理由自己憐憫でした。努力放棄し、自分自分のことを追い詰め、思考停止して悲劇のヒロインを気取り、自身を慰めて、精神的な安寧を得るのが日課になりました。幸せと虚しさが入り混じった複雑な気持ちで、彼と時空間を共有できない夜をやり過ごすことしか、できませんでした。

僕は「好きな人の好きなものを好きになる」タイプでした。彼があるアイドルファンだと聞けば、プロフィールを暗記し、出演するテレビ番組を観ました。彼がよく口ずさんでいた洋楽アーティストCDは全部借りて聴き、歌詞まで覚えました。そうして仕入れ話題で彼に話しかける勇気もないのに、です。

ある日僕は、彼と彼の友達教室の窓辺で繰り広げる雑談に聞き耳を立てていました。彼は、塾で出来た初めての彼女ファストファッション店に行き、お揃いのトレーナーを買ったと、少し恥ずかしそうに、しかしとても楽しそうに話していました。僕は彼に彼女ができていたことさえ知りませんでした。完全に狼狽しました。彼は彼女のことが好きで、僕が知ることのできない存在であるその彼女は、僕の見たことのない彼の表情を知っているのです。結局、その日は何もやる気が起きず、トイレに籠って残りの授業をサボってしまいました。泣き腫らした顔を誰にも見られたくなくて、放課後、日が沈んだ頃に個室を後にしました。親には怒られましたが、何も言えませんでした。

でも、サボってばかりいたわけではありません。むしろ勉強には必死で取り組んでいました。彼と同じクラスになるためです。入れ替わりの激しい特進クラスを6年間ずっとキープし続けたのは、とうとう彼と僕だけでした。彼は文系コース、僕は理系コースでした。本当は彼と同じコースに進みたい気持ちもありましたが、無理して高い授業料を払ってくれている両親の顔を思い浮かべると、人生を棒に振る可能性のある決断をする勇気は出ませんでした。それでも、少しでも多く彼と同じ空気を吸っていたくて、受験必要のない文系科目まで、教頭に頼み込んで時間割の許す限り履修していました。ただ、残念ながら僕の学力は彼に遠く及ばず、別の大学に通うことになるのは自明でした。最終学年になって勉強モチベーションを失った僕の成績は、急に翼を失った鳥のように落ちてゆきました。教師全員にひどく心配されたのを良く覚えています

高校3年の1学期の席替えで、僕の席が彼の後ろになりました。夏休みまでのたった数ヶ月だけですが、世界中の誰よりも彼と一番物理的に近い場所占有できる喜びで、胸がいっぱいになりました。居眠りの振りをして机に突っ伏し、いつの間にか仄かに甘い香りを纏うようになっていた彼の背中に近づきました。息をするたびに、彼と一体化してゆくような、幸せ気持ちが溢れました。放課後、憶えた匂いだけを頼りに、彼と同じ香水を探しました。塾を休んで、お店を何軒も梯子しましたが、結局見つけることはできませんでした。

ある授業の小テストで、僕が酷い点数を取ったことがありました。回収の号令が掛かり、自己採点した答案用紙を、前の席に座る彼に恥ずかしそうな顔で差し出すと、彼は僕の眼を見て「可愛い」、と言いながら、優しい笑顔で受け取ってくれました。どういう意味を持つ言葉なのか、しばらく理解できませんでした。その声色は、今でも耳にこびり付いています。辛いことがあった時に、何度も、何度も心の中で反芻して、その度に涙を流し、頬から耳まで真っ赤に染めました。

彼が僕の気持ちに気づいていたのかどうかは、卒業するまで、ついに分かりませんでした。

この日記は、彼の好きだったEric Claptonを聴きながら書きました(この日記では固有名詞を一切出さないという自分縛りがあったのですが、これだけ例外にさせてください)。自分の中で強く記憶に残っているエピソードを集めてみたのですが、結果として完全なる狂気という印象になってしまいました。常にこのような変態行為に走っていたわけではないことだけ、申し開きをさせてください。この時期にできた数少ない友人の一人とは、年に一度、母校の文化祭に行く間柄を保っています

彼とは、高校卒業以来、一度も会っていません。大学に進学すると、僕は別に男性が好きだったわけではないのだということに気づきました。ただ、6年間、彼という重いアイロンを掛け続けた心の折り目はなかなか消えず、随分とひねくれたまま大学生活を送ってしまいました。

客観的に読み返すと、僕は本来的には恋愛依存体質で入れ込みやすタイプなのかな、と思いました。これをコントロールできるようにしないと婚活中に精神病みそうですね。

この日記をどうしても書きたくなったもう一つの理由は、前の日記の「彼女」が、3次元ボーイズラブ小説執筆をこよなく愛していたからです。彼女は、本当に親しい人にしか言えない秘密だと言って、4度目のデートで僕にその趣味を打ち明けてくれました。彼女に僕の経験を伝える機会はついにありませんでしたが、あの時僕が彼女の良き理解者として振舞えたのは、中高時代の彼との思い出があったからこそでした。

この日記を、「彼」と「彼女」に捧げます

《2019/01/10 追記

ブックマークコメントを読ませていただきました。「まともな人かと思ったらヤバい奴だった」みたいなことを云われるのではないか心配していたのですが、杞憂でした。お薦めしていただいた漫画面白そうなので読んでみようと思います。あと、「明治文豪が書きそう」とあって笑ってしまいました。読書量の少ない人間がそれらしく文章を書こうとすると、学生時代に読んだ著名な本にしか影響されていないことが透けて見えてしまものですね。僕は「こころ」が好きでした。この日記遺書にならないよう精進します。

ぶつかってくるおじさんとか騒いでる女は

基本的注意欠陥多動性障害だと思う。

いわゆるどじっこ。

カレー作ってたら家が燃えたとか

洗濯機入浴剤入れて洗濯したとか

何もない駐車場で自損事故起こすとか

サッカーボールだと思って蹴ったら石で骨折したとか

そういう女だと思う。前見て歩け馬鹿

2019-01-07

anond:20190107145920

子を持つ親からすると、

料理やら洗濯、物干ししてて 手が空いてない時

・外出先で騒がしくしてほしくない時

用にタブレットゲーム機を与えておくのが便利なんよ。

サッカーの乾も5歳の子供にswitchやらせてた、昨日のテレビで。

異国の地で3人子供いたら面倒見切れんもんな。

アオアシおもしろすぎる2

いまだに面白い鳥肌立つ

サッカーしらんでも面白いってのがちょー最高

ぎゃくに知ってたらリアルトの差が気になっちゃって素直に楽しめなかったりすんのかも

2019-01-06

anond:20190106123024

仕方ないな。とっておきの方法を伝授しよう。

まずイケメンコスプレをする。目つきが悪いが朴訥なスーツの大男だ。

そしてテニスウェアかレーシング風の衣装を着た子に低めの落ち着いたボイスでこう話しかける。

新田さん、このあと一緒にラクロスでもしませんか? あっ、大丈夫です。ラケット(クロス)はこちらで用意してありますので。」

の子がすこし逡巡したあと、「分かりました、プロデューサーさん。○○で待ち合わせしましょう」と言ってくれたらOKだ。

プレイ場所サッカーコートのような芝がある広い場所を事前に確保しておこう。

その後は実際にパスアンドキャッチ練習でもして汗をかこう。

常に敬語のイケボで紳士を貫くのがポイントだ。

そしてたっぷり汗をかいたら、困ったように首に手を当てながら、「近くのホテルで汗を流しましょう」と言うのだ。

もしどこかでお金のことを聞かれたら「…接待交際費です。」と言って全額払うのだ。

以上である

2019-01-05

本当の自分さらけ出すのが怖い

身バレ防ぐために、フェイク混ぜてます

学生時代を振り返ると、割とイケてる方だったと思う。

顔がイケメンなのかっていうと、よくわからないけど、少なくともブサイクではないと思う。

子供の頃から、足が速かった。

特に距離ではすごくて、小学校マラソン大会では毎年一桁台だった。

親も陸上関係でメシ食ってる両親で、俺の才能っていうよりかは、親の影響が大きかった気がする。

親父のジョギングに、保育園の頃からついていって走っていて、いつの間にか俺も走るのが好きになってた。

小学五年生ときマラソン大会で一位をとった。

俺は特に感動しなかったけど、周りの狂喜乱舞を覚えている。

俺にしてみれば、一位という結果は本当にたまたまだった。

周りが喜んでいるのを見て、俺も「自分がすごいことをしたんだ」と嬉しくなった。

そういえばその後、学校女子告白されたことがあった。

一ヶ月付き合って、なんかよくわからないまま関係消滅した。

まあそれは、そんなもんだ。

で、そのまま中学では陸上部入って、県大会まではいけた。

大会ではじめて挫折を味わった。

周りが全然俺よりはやい。

俺が全力で走ってるのに、周りがどんどん俺を離していく感覚を、生まれてはじめて味わった。

甲斐ない成績だった。

それでも家族部活の皆は優しかった。

でもその頃から、たぶん俺の心の中で、走ることに対して、迷いが生まれたんだと思う。

この挫折きっかけに、もっと速くなる奴が、きっとプロになったり、駅伝ランナーになったりするんだろう。

でも俺はたぶん違う。

14歳や15歳のガキでも、自分に対してそのぐらいのことはわかる。

俺は単に周りに褒められたくて、長い距離を走ってただけなんだ。

走ることそのものに、深いところで情熱を持てていなかった。

特に大会に出て、ホンモノたちに会ってしまうと、俺がいかダサい存在かはよくわかった。

親が何とか連盟の何とかさんだとか、そんなの関係なくて。

その親と5歳から近所のコースジョギングしてました、とか、関係なくて。

ホンモノは違うんだよ。

なんていうか、オーラでわかる。

正直スタートライン立った時点で、もうホンモノとニセモノははっきりわかった。

ニセモノだったのは俺だけじゃない。

俺の感覚だと、ホンモノなのは1割ぐらいの連中。

ほとんどはニセモノ。

俺はそっち側だった。

でも、もう、マジで感覚的に全然違うのがわかったから、どうしようもなかった。

その後、走り始めたら、自分感覚が正しいのがわかった。

努力? 才能? なんなの? 何が違うんだ?

マジでわかんないけど、全然違う。

仮に俺が途中でぶっ倒れてもいいから、全力ダッシュしたとしたら、

何人かは抜かせただろうけど、それでも抜かせない選手っていうのが、結構な数いた。

あいう奴はなんなの?

意味がわかんなかった。

いや、今もわかんないけど。

箱根駅伝とか絶対見ねーもん。怖くて。

実際その場で一緒に走んないとわかんねーよ。そういう奴らと走る感覚って。

まあその話はいいや。

で、俺は陸上の成績でスポーツ推薦をとれて、高校行くわけ。

地元ではかなりいい高校

普通に受験したら、俺の頭では間違っても入れないような私立高校

そこの陸上部入ったら、まあ、周りは全然したことなくて、すぐエースになった。

俺みたいに陸上スポーツ推薦だった奴いたけど、長距離は3人しかいなくて、俺以外の2人は全然ショボかった。

てか、このレベルで推薦とれるのか、って失望するレベルだった。

エース扱いで、相当チヤホヤされてたと思うけど、心の中ではどんどん冷めていった。

俺は県大で、自分のショボさを思い知って、自分限界を感じたのに、周りの奴らは俺を神かなにかみたいに崇めてるわけ。

なにこれ?

は?

お前らはバカ

偏差値xxあって何を見てるの?

とか思ってた。

当時俺みたいな中途半端な奴って学校結構いて、自然とそういう連中とつるむようになった。

特待生学校入ってきたけど、周りのレベル低すぎてうんざりしてる優等生とか、

すげーサッカー上手かったのに部活顧問とか先輩とかと合わなくて帰宅部になった奴とか、そんな連中。

高二になってからは、そいつらといるのがとにかく楽しくて、練習サボって遊ぶくらいになった。

マラソンってくだらなくね?」

とか俺に向かって言っちゃうような奴らだった。

はじめて聞いたとき、本当に新鮮だった。

だって家族友達で、陸上否定する人間なんて、それまでの人生で会ったことがなかった。

陸上=すばらしいは当然の感覚で、それで15年間生きてきた。

いろいろ悩みながら陸上部を続けてきた俺だったが、遂に決意する。

「ごめん。陸上部辞めさせて」

家に帰って、俺は親に言った。

親が買ってくれた、1万円以上するランニングシューズエナメルバッグに入れたまま。

スポーツ推薦で部活辞めると色々大変で、揉めに揉めた。

けど俺の決意は固かった。

たくさん説教された。

俺の陸上の才能を認めてくれて、もったいないって言ってくれる人もいた。

それが一番心が痛かった。

でも俺はもう決めていた。

本当の自分で生きたい、って思っていた。

陸上は、俺が本当にやりたいことじゃないんだよ、親父、お母さん、先生

そんなことを何回も言った。

陸上の成績でスポーツ推薦を決めた奴が、陸上辞めるなんて前代未聞だろうな、と思っていたが、それはそうじゃなかった。

スポーツ推薦で入っても、挫折する奴は結構いる。

心が折れなくても、ケガでそのスポーツ続けられなくなる奴も多い。

から、俺の陸上辞めるという選択で、退学になるようなことはなかった。

俺はそこから、本当にやりたかたことにうちこむようになった。

俺が本当にやりたかたこと。

それは音楽だった。

あるとき、いつもつるんでる友達から、「バンドやりたくね?」と言われた。

最初冗談みたいだったが、いつの間にか皆楽器を買っていて、本気でやることになった。

俺はボーカル

休みの日に、皆で県で一番賑わってる駅のスタジオに行って、死ぬほど練習した。

スタジオの人がいい人で、ホントは2時間料金なんだけど、何時間でも練習させてくれた。

これが本気で楽しかった。

陸上とは全然違った。

あ、これだ、って思えた。

陸上がつまんない、っていうことはない。

だって、それなりに走るのは楽しかった。

でも、心のそこから楽しんでるか? と言われたとき、即答はできなかった。

親の影響でやってるんじゃないのか? 自分が脚速くなかったら続けてたのか?

長距離走について、そんな質問をされたら、俺は答えれないと思う。

音楽は違う。

親は音楽なんて聞かなかった。

俺は特に歌がすごく上手いわけじゃない。

それでもめちゃくちゃ楽しい

時間でもやっていたい。

どんどん上手くなりたい。

俺の他にもっと上手い歌手がいても、そいつよりも上手くなりたい。

どうして県大会とき、こんな感覚になれなかったのかは、今でもわかないけれど。

たぶん、陸上をやってる俺は、本当の自分じゃなかったんだと思う。

親が望む、自慢の子供を演じていた。

親に褒められるのはたしかに嬉しかった。

けど、俺が本当に嬉しいことじゃなかった。

俺は親の喜ぶ顔で喜んでただけだ。

音楽は、俺に直接喜びをくれた。

最高の友達が、楽器演奏する。

全員初心者からミスも多いし、リズムだってひどいもんだ。

けど、その三人が生み出すグルーヴの上に、俺の歌を乗せる。

それで曲が完成する。

時間にしてみれば、ほんの数分。

それまで長距離を走破してきた俺にしてみれば、ほんの一瞬だ。

その一瞬に、陸上の何倍もの喜びがあった。

で、忘れもしない文化祭

俺の高校文化祭は、応募制の野外ライブというのが何年か前からあった。

軽音楽部とかフォークソング部とかのバンド演奏するステージだったが、

他にも教師が組んだバンドとか、有志で組んだバンドとかが応募して、出演していた。

俺たちもそこに出ることにした。

はじめてのステージだった。

その頃になると、もう俺たちの演奏レベルもかなりのものだった。

実際その後、ドラム叩いてた奴は音楽関係に進んで、今は有名ミュージシャンのバッグで叩いて飯を食ってる。

結局そいつが一番すごかったのかも。

野外ライブで、俺らの番が来た。

バンド名はさすがに恥ずかしいので秘密だが、司会が俺らのバンド名を呼んだときちょっと肌が粟立ったのを覚えてる。

ここから将来ミュージックステーション出たり、紅白出たりしたらめちゃくちゃカッコいいな、と一瞬思った。

観客は結構集まってた。

ボーカルを俺がやっていたので、陸上とき同級生・後輩が結構いた。

ギターサッカー部の人気者だったので、それ目当ての女子結構な数いるのが見えた。

けど俺は全然ビビってなかった。

自信があった。

後輩も、もしお前らが俺を尊敬してるとしたら、単に足が速いか尊敬してるだけだろ、

でも、これから音楽を通じて、尊敬してくれ、と本気で思っていた。

それまで偽りの自分評価を得ていた人間が、本当の自分で戦うのは、本当に気持ちいいものだった。

MCで何を喋ったかもよく覚えてるが、これはマジでイタいことを言ったので、敢えて記載はしない。

四人で目を合わせて、軽く頷いて、ギターイントロを弾いた。

演奏してすぐに、違和感に気づいた。

俺が想像していた観客の表情ではない。

なんか笑いをこらえているというか、笑ってる奴もいる。

俺が想像していたようなステージじゃなかった。

当時はビジュアル系全盛期で、俺たちが選んだ曲は、L'Arc~en~Cielの『花葬』だった。

俺はHydeに全力で心酔していた。

ていうかHydeよりカッコいい人間は今でもこの世にいないと思っている。

けど俺はHydeじゃなかった。

俺の裏声は、皆の失笑を誘った。

俺はそれまで自分のことを正直カッコいい部類だと思っていたが、Hydeではなかった。

結局演奏微妙な感じで終わった。

バンド活動も、それをきっかけに終わってしまった。

それから俺は、高校卒業して、親のコネがあった地銀就職した。

数年前に結婚して、あと何ヶ月かで子供生まれる。

今年はじめて箱根駅伝を見た。

もうずっと長距離は走っていないから、落ち着いて見れた。

駅伝CMで、バンプの『ロストマン』が使われていた。

それで内心「うわああああああああああ」となったが、嫁に気取られることはなかった。

俺は生まれてくる子供に、何を伝えたらいいだろう?

俺が人生で学んだ人生訓は、「本当の自分とか言ってねーで、人から褒められることをひたすらやっとけ」だった。

でも、そんなこと子供に言う訳はない。

願わくばの子供が、ホンモノの才能を持っているか、ニセモノの自分に何の疑問も抱かないウスノロのどちらかでありますように。

こんな中途半端ダサい存在は、俺だけで十分だ。

サッカーは人の首を蹴ったのが起源日下容疑者サッカーのせいでテロリストになった

「目立つタイプではなかった。けど、

運動が好きでサッカーとか、マラソンでは成績がよかったです。

サッカーでは、よく点を入れていた。

休み時間でもよくボールを蹴っていた。

性格はおとなしく、穏やかで、自分からしかけたりするような奴じゃなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00000006-sasahi-soci 

ブラックフェイスより先にサッカー廃止しろ

サッカーをすると人の首をカットして蹴飛ばしたくなる

心を錯乱させる危険スポーツ禁止しろ

2019-01-04

anond:20190102063518

面白そうなので私も書いてみようか。東日本公立学校卒→東大理Ⅰのケース。

・家庭環境

電車は通っている、程度の田舎町。父は高校教諭、母は学校事務員、同居する伯母は小学校教師。そういう家庭だから学業に対する意識は高かった。

田舎町なので私立中学校などというものはなく、受験高校から

小学校入学

小学校入学からそれなりに頭は良かった記憶がある。特に算数が得意で、数の理解も早かった。

両親が共働きなので、朝保育所に預けられて、放課後は母の知人が預かってくれていた。この養母のような方には今でも感謝している。

小学校

選択肢も何もなく近所の市立小学校入学国語算数理科社会はまあオール5。伯母の影響で音楽の成績も良好。体育は3。典型的頭でっかちで、いじめられっ子になるという定番コース大人になってから「ごく軽度のADHDだったのでは?」と言われたことがある。

うちの小学校には、4年生になったら全員部活に入ること、という不文律があった。男子ソフトボールサッカー女子ミニバスケットボール合唱しか選択肢がない。4・5年生の間はなんとか回避していたが、6年生では避けきれずサッカー部に入部。運動が得意じゃなくコミュ障な上に「6年生なのに新入部員」で、部のしきたりも知らずあからさまに浮いていた。今から思えば入るもんじゃなかった、のだが、そういう「自分には向かない世界」を早く知ることができたとも言える。

自宅近くにそろばん塾があったので、小1の時に親の勧めで入塾。かなりさくさくと習熟して、市内の競技会(というものが当時あった)では上位の常連だった。但し、それなりに上達してくると飽きる悪癖があり、塾も徐々にさぼりがちに。小6で辞めた。お山の大将になるのはそれなりに簡単でも、世の中にはもっと上の人がいる、ということを子供心に知らされる。

運動が苦手なことを懸念した父により、同僚が運営に携わっている剣道同好会へ入門させられる。中3までの間、道場には週2回真面目に通ったが、練習は不真面目で大して上達もせず。

中学校

選択肢(ry)市立中学校へ。成績は相変わらず。部活動のバリエーションは増えたが結局のところほぼ全部運動部で、剣道部に入って万年補欠。帰りに学校近くの駄菓子屋ゲームやって帰ってくる生活

英語塾に行った他には学習塾の類は行かず、自宅での勉強のみ。この頃までは「学校で課された科目」だけ順調にこなしていたと思う。

高校はいわゆる進学校しか考えてなかった。地方の常で、歴史ある県立高校偏差値的な意味トップ私立すべり止め扱い。模試では毎回トップ争い。

受験すべり止め無しで本番一発。直前に風邪を引いて親は心配していたが、合格圏内には入った。

高校

進学校なので、近隣中学校の成績上位クラスが集まってくるため、何でもありな小中学校とはかなり雰囲気が変わる。校風リベラルで、校長先生もその校風に沿ったユニークな方だった。

部活動は管弦楽部に入部。やっと運動部の呪縛から解き放たれる。管楽器中学校ブラスバンド経験者が占めているため、素人必然的弦楽器担当ヴァイオリンを弾くことになった。相変わらず不真面目に練習して、東大でもオケに4年間在籍したがその後はぱったり。


2年生で文系理系コース分け。私は理系クラスへ。成績は高校でも順調だったが、伸び悩みも出始める。そんな頃に、部活の1学年上の先輩からの勧めでZ会に入会。当時の地方在住高校生で、難関大志望の人は大半が入会していたと思う。教科書レベルを超えた難問・良問で鍛えられた。おかげで授業中は講義スルー、ひたすら問題集を解くことに集中。部活後に家へ帰って夕飯を食べたら深夜までZ会に取り組む生活が続いた。

科目としては数学化学は得意で、トータルでは学年トップクラスだったが、物理が苦手で平均点+α程度。これはまずい、と対策…した筈なんだが具体的な中身を思い出せない。結局教科書に沿って、一番最初力学から復習したんだっけかな? 3年生になる頃までには苦手意識も解消。

中学生の頃からパソコンで遊んでいたので、大学最初東工大第5類を考えていたが、周囲からの「行けるなら上行っとけ」というプッシュで東大理Ⅰを目指すことにした。Z会にも東大コースがあるのでそちらを開始。模試は毎回A判定なので、これならいけるかなと。

センター試験自己採点は720点ぐらいで、足切りクリアできただろうと。当時の東大入試は、1次と2次の成績が1:4の比で加算されるので、ぶっちゃけ1次は足切りさえクリアできればオーケーレベル。(理Ⅲは知らん)

2次試験は、前期は東大理Ⅰ、後期は東大理Ⅰの出題形式ちょっと特殊なので、トラディショナル形式京大工学部受験することにした。大学受験私立すべり止め無しの舐めプ

初日に、得意な筈の数学で大問6問中1.5問しか解けず「これはやべぇ」と焦る。理Ⅰ合格ラインは2.5〜3問。残りの化学物理英語で取り返すしかないので、宿に戻って総復習。幸い2日目は好調普段よりよく出来た感触。かつて苦手だった物理もきっちり得点源にした。

結果、現役で一発合格

・その後

地方お山の大将は、東大生の一部であるスーパーマンを見て我が身の程を知るわけで。いろいろあってどうにか卒業就職してエンジニアやってます

受験生の人は、なんだかんだ言ってもやはり王道は反復練習なので頑張って。大学に入るとがらっと世界が広がります

anond:20190104090813

サッカー甲子園は賭け事っていう成果物があるな、あえて言うと

2019-01-03

北大までの受験の思い出

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

こういった大学の話になると、全く登場しないことで(自分の中だけで)お馴染みの北海道大学。きっと旧帝大の中では人権が与えられていないので遠慮しているのだろう。

ということで、帰省したものの朝まで寝付けなかった私が、タバコを吸いながら書いてみようと思う。完全なる自分語りとなることを許して欲しい。

中学時代

まれも育ちも北海道だったため、なんて事のない普通の市立中学に通っていた。しかしながら、赤ん坊の頃に白内症を患い、日中殆ど目が見えず、親譲りの喘息と、アトピー性皮膚炎まで完備という、キャラメイク時のステ振りダイスが完全にファンブルっていたため、集団の中では嫌でも浮く存在になっていた。

自然光の中ではほぼ目が見えないので、通学途中に普通電柱にぶつかったりするし、体育の授業でサッカーなんてやろうものならゴールポストにぶつかったりするし、10cmくらいまで近寄らないと顔も判別できないしで、他の人から見ればどう考えても頭のおかしいやつに見えたことだろう。当然ながらいじめもあった。小学生から中学2年生くらいまでが人生で一番きつかった(しか小学生6年の時に面白キャラへの展望見出し、そのおかげで幸運にも友達もいた)。

目が見えない道中はひたすら脳内イメージを描いて妄想していた記憶がある。

そんか日々の妄想のおかげか、何故か文章能力だけはあったようで、小学生の頃書いたなんかの感想文が先生の心を打って、私に内緒で突然全文プリント掲載されたり、中学の頃書いた読書感想文では国語先生から普段から小説書いたりしているの?」などと言われていたので、自分は将来文字を書いて生きていくことになるのかと思っていた。

そんな私の勉強法はというと、まず白地のノートが見えない(日中は黒板も見えない)ので、一度だけ集中して読み込んで、短期間で暗記することにしていた。なんの参考にもならなくてすまんな。人工光の中ではなんとか目が見えていたので、普通テスト勉強などはした。

そして同じく人工光の塊であるテレビゲームが私の心の支えであった。喘息がひどくなっても、ゲームに集中していれば、なんとか発作をやり過ごすことが出来た。

ちなみに目は中学3年のときに手術を受けて人並みに見えるようになった。病院から帰る車中で見た、生まれて初めての鮮やかな景色の衝撃は今でも覚えている。

また、小学生の時から通っていた塾で出会った女の子のことを、中学から高校の終わり頃まで片思いするハメになるのだが、その子は頭が良く、とてもレベルの高い高校を志望していた。その子に出来る限り近づきたくて、志望校は少し無理をして高い所を目指したが落ち、このあたりからいよいよ根暗ロードへの扉が開いていく。

高校時代

滑り止めで受けた私立高校入学する。

特待生だったので格安で通えるという理由だけで選び、格安で通える以外何も良いことは無かった。

例の好きな子のことはいまだに好きで、その子と話すためだけに塾を続けていた。高校二年生の時に人生で唯一告白されたときも、好きな子が居るからという理由で断った。その子北海道のどこか偏差値の高い大学を受けるらしいということだけは耳にしていたため、その子との関係を続けたいがために、北大を目指した。というのは嘘だ。

実際のところは、高校受験に落ちたショックで完全に無気力になっていた。自分は何をやってもダメなんだと考えるようになっていた。物理化学テスト偏差値は当時30とかで、今思えば大学に行けるかどうかも怪しかった。特に行きたい大学も無かったし、先生からも見放されていた。

勉強に本腰を入れたのは高校三年の夏休みの終わり頃だったと思う。いよいよ将来を考えるという時期になった時、私は自分の心を支えてくれたゲームを作る側になりたいという気持ちが強くなったのだ。

そして、ゲームを作るのにはプログラム必要だということを知り、情報工学系の大学に行きたいと考えるようになった。

そのことを塾の先生相談したら、何をするにせよ基礎的な学問を学んだ方が良い、そのためには良い設備のある良い大学に行くべきだと言われ、東工大電通大に行きたいと考えるようになった。

そこから毎日塾でセンター問題を解きまくった。学校の授業中も全て無視してひたすらセンター問題を解き、過去に参加した模試を何度も何度も繰り返した。

偏差値が最低のところからスタートしたのが、結果的に功を奏した。模試過去問を繰り返すたびに必ず少しずつ点数が増えた。これが凄く面白くて、そこに自分ゲーム性を見出したのだと思う。

また、過去問を解くのに使ったルーズリーフを捨てずに毎日積み上げることにしていた。そこもゲーム化しようと思ったのだ。結果的に、自分のやったことがルーズリーフの山という形で可視化されて、それがモチベーション維持に繋がった。

そして願書を出す直前に受けたセンター模試でかなり良い結果を出し、今まで私のことは眼中に無かった担当教師も興味を示し始めた。

しかし流石に東工大には手も足も出ないだろうと思っていたので、前期も後期も電通大を受けようと思っていた。しかし件の教師にそれを伝えると、前期は北大情報工学系を受けてはどうだろうかと勧められた。

かくして私は北大生になることが出来たのであった。

当時を振り返ると、理系志望者ながら国語英語が得意だったため、センター対策二次試験対策勉強時間の配分を理系教科だけにほぼ全振りできたのが良かったと思う。

【その後】

その後は紆余曲折あって、現在ゲーム関係仕事をしている。

ちなみに好きだった子には高校三年の時に告白したが振られた。人生とはプラマイゼロだなあと思う日々である

完全に自分語り過ぎて草も生えないが、そういう人生もあるということで、どうかひとつ大目に見ていただけると。

2018-12-27

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力って数学が出来るとかサッカーうまいとか歌がうまいとかと同じカテゴリで才能の一つだと思うけど

ネット上ではあるやつは薄っぺらい奴で数学等々が出来るヤツのほうが格上扱いにされている気がする。

昔見た「あいのり」だったかに、欧州サッカー知識披露ばっかりして女の子に引かれてるイケメンおったな(そこしか記憶にない)。

マニアック知識披露自体イケメンであっても引かれるって分かったのが良かった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん