「魔女」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 魔女とは

2018-02-20

anond:20180217230335

トラバ元増田です。1日ほど見てたけどブクマトラバもつかなかったので「あ、これはスルーされるんだな」と思ってそれきり忘れていたのだけど、今見返してみたらトラバリーが伸びていたので「あなたの考えももっと聞いてみたいと思う」という言葉に甘えて少しだけ。

なお、私も母親との関係は必ずしも良好とは言えない。毒親とまではいかないけれど、あれこれ世話を焼かれると「あ、これは私が自分の影響下にあることを示したいんだな」と思って身構えてしまう程度には距離を置いているが、その辺は余談なので割愛

わかり手氏やトラバをくれた増田(以降トラバ氏)と私との意見の相違の根本は、「魔女を母と見るか子とみるか」ということに尽きると思う。私は魔女母親ではなく、愛されることも愛することも禁じられ、世界から疎外された「子」であると感じた。大人もしくは老人であるという魔女の外見や、拾った子を世話する庇護であるという立場魔女本質ではないと感じたのである

一方で、拾い子もまた「子であること」は彼の本質ではないように感じた。寄る辺ない子供という外見は成長というドラマ演出するための舞台装置にすぎず、その本質は一貫して「魔女の愛を許し受け入れ、自らも魔女に愛を与えてくれる存在であると見たのである。なので、自分の感じたストーリー構成としては「かえる王子様」や「美女と野獣」に近いかもしれない。呪いで醜く、小さく姿を変えられた心優しき存在が、同様に心優しき存在出会いその愛により本来の姿(成人男性)に戻るというアレである。2作品場合は解呪により本来の姿に戻るが、魔女タグ場合魔女が不老であることで、通常の年月経過が解呪の役割果たしているといえよう。

はいえ、そうした見方こそが毒親たる所以であると言われたら、返す言葉もない。何分にも私も上記のような親との関係のせいか家族を持つことに魅力を感じられず、独身子なしを貫いているのでその辺の「母親心理」はよくわからないが、毒親問題の一端が「母親の未熟さ」にあることは十分理解しうるので、「大人の女性を子とみてそれに同一化する」のは毒親的と言われても仕方がないかもしれない。

「子である魔女」が「愛してくれる拾い子」を取り上げられるように感じてつい過剰反応してしまったが、ある作品にどんな物語を見出すかは受け手感性とそれを育んだ生育環境に大きく依存すると思うので、これ以上は魔女毒親説について言うことはない。最初のツィートだけだと魔女毒親という見方が短絡的に感じてしまったが、トラバ氏の文章でそれに対する論拠を読むことができて、同意とまではいかないが納得することはできた。

その意味で、トラバ氏の文章を目にすることができたのはまさしく僥倖だったと思う。トラバしてくれて、「あなたの考えも聞いてみたい」と言ってくれて本当にありがとうあなたの誠意に感謝したい。願わくば、この文章トラバ氏の目に留まりますように。そしてトラバ氏も今後とも良き物語に、良き作品に巡り合えますように。

2018-02-19

anond:20180218162624

どうしようもないクソガキや惨めな捨て子を魔女が拾って育て、のちに子供魔女を守るなどして立派に育ったところを見せる、という落差が萌えポイントからだろ。わかってねえな。

anond:20180218162624

子供魔女より強く逞しく成長する」のが前提のお題だからでは?

子供の方が魔女より強い前提なのに、魔女が庇うのおかしいやん。

2018-02-18

魔女のなんたらで会いましょう

ツイッター流行ってるイラスト企画タグのアレ。

子供を拾って育てて、まぁ彼氏・あるいは母子みたいな存在にするのはいい、そういう趣旨企画からな。

で、死ネタにする時、なんでどいつもこいつも、最終的に「魔女を守ってそいつ死ぬ」にしたがるんだ

見識が狭いだけかもしれんが、今までただの1つも、その「大切になった存在を守って魔女側が死ぬ」の見たこと無いぞ

結局「女は守ってもらうもの」って認識を持ってるのは女じゃねーかよ

2018-02-17

Twitter話題になっててたくさん絵が貼ってあった。

魔女集会って、毒親持ちにはきついの?

ぜんぜん内容しらないで、たくさんの絵が見れそうだからブクマしてたけど

それなら意味ないな。というのでまとめのブクマ増田をチラ見して外しました。

anond:20180217035036

くだくだ言ってるけど、この物語キモいと思われてるのは「返礼として庇護者を愛すること」「自発的庇護者を、唯一無二の相手として愛すること」をハッピーエンドポジティブものとして描いていることなんだよ。

私たち毒親持ちは、返礼として、自発的に(という建前で)傅くことをを親から要求されるんだ。そして「自発的に」その希望に反することをすると抑圧が発生する。スーザフォワードを読んだならダブルバインドくらいわかるだろ。

毒親は決して自分が悪役だとは思ってない。そういう魔女集会みたいな物語を美しいと思い、規範化し、そして子供それから逸れると抑圧し始める。これは愛である形容しながら。

別に私たちハッピーエンドあなたたちの物語強要することなんてしない。ただ私たちが考えるハッピーエンドは、わかり手が言っていたように、子供達が庇護である魔女から愛を受け、そしてそれを以って外の世界に開いていく、自分人生を作っていくことなんだ。庇護者と2人で閉じていくことではないんだよ。そういう物語が美しいという感覚もわかるけどさ。

このハッピーエンドについては趣味の違いだから別にどうしろとは言わないしいう権利もないさ、ただこういう趣味人間がいるってこともちょっとはわかってやってくれよ。

とりあえず追加、言及先の増田へ。

わざわざやってきて創作物キモい文句つけてるキチガイと思ってるかもしれん。

そのへんはちっとすまんとは思ってる。

しかしそうではないんだ。私は絵師さんたちにわざわざ名指しで文句つけるような悪趣味な真似はせんよ。しかし目に入った創作物について感想独り言的に述べる権利くらいはあると思ってる。そして、絵は好きだけどストーリーは少しアレだなという感想を持った。

その感想を頭おかしいように言われるのは心外だ。それにはそう思うだけの私の理由があるんだ。

そして増田よ。クリエイターとして、それらの感想おかしものとして何も考えずに棄却したり、自分創作物に対するネガティブ感想を全て不当なものとして処するのであれば、あなたと話すことは何もない。しかし少し思うところがあるのであれば、あなたの考えももっと聞いてみたいと思う。私の言いたいことはそれだけだ。

女は男をいらない。#魔女集会で会いましょう、のように。

女は男がいらないので、自分の子どもが男であった場合、「いらない男」になるようにと育てる。

年をとらない魔界の男が幼女を拾ってそれが自分の思うような異性に育つって気持ち悪すぎるだろ…。

anond:20180217203403

最近なら魔女集会とか

あいタグに乗っかって宣伝していくのが一番早い

anond:20180216151153

まとめ見たけど、「息子みたいな彼氏」なんてストーリーですらないものが大多数な気が。

大抵魔女は若くて歳を取らない前提だから、息子が成長すると同世代~息子の方が年上にしか見えず

「母と息子」と言うリアリティなんかまったく感じられない。

魔女少女で息子がおっさんになっても少女のまま、という設定のものもあるが、よくあるおっさん×少女萌え一種だろうし。

いずれ息子の方が先に死んでしま悲劇性も共有されてるだろうし。

男女逆なら炎上とか言ってるけど、むしろ

「男の魔法使い少女を拾って育てる。男はいつまでも若いままだが少女大人になりおばさんになる」という前提だと

女性向けにしかならんだろ。

まーんさんと対話不可能

女性専用車両運動魔女集会タグ批判が同日にホッテントリ入りしたことによって確信したんだが、あいつらが使っていた論法ブーメランされていることにも気付けず逆ギレするんだぞ。

あいつらは論理的思考の欠片も持てないよ。

anond:20180216151153

わかり手氏の例のツィートについて非常にモヤモヤしていた者として言及させていただく。

まず、氏の「魔女毒親」という見方的外れであることについては元増田同意である。ただしそれは、元増田の言うような「魔女集会タグイラストストーリーはない」からではない。むしろ魔女集会イラストは深い物語性をはらんでいるが故にあれほどの盛り上がりを見せたのだと考えているが、それについては後述する。

氏の抱いている「毒親」の概念は、「息子を溺愛し、子離れできずに子に害をなす母親」といったものだと思われるが、これは「毒親」の語源となったスーザン・フォワードの「毒になる親」やそこから発展した議論にみられる毒親像とはいささかのずれを感じる。そこで語られているのは、自身人格からして非常に未熟で、子供への愛情他者に対するものではなく自己愛に近い、それ故に子供独自人格意思尊重できず抑圧したり無視したりしてしまうという親の姿である。このような毒親にとって子供とは「彼氏」のようなパートナーとしての存在ではなく、自身社会に受け入れられ、社会で称賛されるための道具であり自分の一部であるとも言える。何より、こうした毒親子供の成長・成熟を望まないことも多い。子供いつまでも自分支配下にあることを望み、その望みに反して成長を遂げようとする子供に対しては敵意をむき出しにして虐待に走ったりもする。

これに対して魔女集会タグにおいては、大前提として子供は「自分を守るほどに強くたくましく成長する」ことを何より望まれている。「母を愛する子の当然の行為として母を守る」のではなく、母から独立した上で、自身意志として彼女を愛し守ることを選択するよう望まれているのである。この「自身意志として」という点が魔女集会モチーフの最大のキーポイントである。息子や娘としてでは意味がない。彼らが生みの親を愛するのは当然である(とされている)のだから。それは、養い子がほとんどすべての場合「捨て子」である要因にも通じるだろう。

魔女集会イラスト魔女たちはしばしば、ツンデレ言動をみせる。彼女が拾い子を養うことにしたのは、中には子を気に入って可愛がるために傍に置くことを望むケースもあるが、多くは「気まぐれ」であったり「ふとらせて食う」ためであったり「下僕としてこき使う」ためであったりと、「愛情動機ではない」ことが本人の口(モノローグ含む)から語られる。にも拘わらず、長じた子供は「自分意志で」彼女を愛するようになり、その愛によって恐ろしい魔女もついデレてしまう、というのが基本的な構図になっているのである。ここまででも、魔女集会モチーフに込められたストーリー性の存在は明らかである

さらに、「魔女」「捨て子」というキャラクター属性についても考えてみたい。まずは「魔女」についてである

上記のごとく、魔女たちはツンデレである。子を拾う以前から彼女らは孤独であり、人間社会から(時には同族社会からも)隔絶された存在である。そうした彼女らが子を拾って育てることを「愛情からではない」と殊更に強調するのは、彼女らが「愛情より子を育てること」を世界からあらかじめ禁じられているからに他ならない。白日の下を歩く人間にとって、魔女からの愛は呪いと同等であり、忌むべきものなのだ彼女らは人から愛されないと同時に、人を愛することも禁じられた、二重に孤独存在なのである

一方、養われる子の側もまた、孤独存在である。元より天涯孤独であったり、不慮の災難により親を失ったり、何らかの偏見から共同体を放逐されたりして、他者から物理的な庇護精神的な愛情の両方を失った状態にある。さらにそれは一時的ものではなく、将来にわたってもそのような状態にあることがあらかじめ定められた存在として描かれる。そのような状態で、彼はこの世でただ一人、自分を愛し守ってくれる可能性のある存在としての魔女出会うのである。失われた愛護魔女に求めるよりほかはないのは言うまでもない。魔女が親の仇であったりして表面上は魔女罵倒するシチュエーションもよく見られるが、彼が魔女庇護を受けなければ生きられない存在であることが動かせない以上、そのことは二人の関係性にスパイスを添える程度の要素でしかない。

愛を与えることを禁じられた魔女にとって、その禁にもかかわらず自分に対して愛を求める養い子の存在はかけがえのない存在となる。愛護を失った少年にとっても、禁を犯してまで愛を与えてくれる魔女はかけがえのない存在である。こうして互いにオンリーワンである二人が強固に結びつき、愛を与え合うようになる過程をBefore/Afterの2つの描写によって想起させること、それこそが魔女集会タグに込められたストーリー性なのである

なお、上記の論とは独立した別の要因として、「過程を描く」以上、不老であったり元からある程度の年齢であったり、せいぜい少し老ける程度である魔女を養い子の視点描写するより、子供から大人へのシフトが発生する養い子を魔女視点描写するほうがよりドラマ性を感じさせることになるだろう。そのため、作品群の多くは魔女視点描写されており、描写されるストーリー魔女側にやや傾いたものとなるようである

以上をまとめると、魔女集会で会いましょうというタグは、

「愛を与えることを禁じられた魔女が、その禁にもかかわらず自分に対して愛を求めてくれる存在出会い、彼の求めに応えて愛を与えることで彼を成長させ、その返礼としてより大きな愛を彼から与えられる」

物語である結論付けることができよう。

長文失礼。

anond:20180216230520

逆に魔女=嫁な気がするな。

夫には血を分けた家族と縁を切って(捨て子)

新しい家族としての自分を選んでほしいという願望。

魔女集会タグ叩きを見ていて思った

せっかくタグを皆つけてるんだからミュートすれば解決するだろうに何でグダグダ叩いているのだろう。

ミュートの存在知らないんだろうか?と思ったけど、嫌いな人は魔女集会ミュートすればいいのにって意見に「数の暴力だ」とか切れてる人もそこそこ居て謎過ぎた。

anond:20180217002618

あー、この場合、私の母が毒母でした。

大学進学してから気がついたというか体感出来ました。ダメ母親からは離れた方が良い。

なので、 #魔女集会で会いましょう に批判的な @anbakurakoya さんの感覚には共感しますね。。。ほんとこういう女性というか母親ロールモデルに憧れ持っちゃう女性こわい。

anond:20180216230520

姑が嫁に「孫を産め!男産め!男の子を!」と迫る系の話をネットで読んでも、ホラー創作しか思えなかった

けれど、とられた息子の身代わりが欲しいんだな

嫁のお腹を借りて、リアル魔女集会で会いましょうっぽい何かをやりたいんだな

ああもうすごい可哀想、くるってる

そういえば魔女理想的な息子として育てられてたんですが

anond:20180217001207

子供のころから溺愛されれて(口にキスされてた)、男子としては(うわー、なんかお母さん辞めて)とか思ってました。

でも、まぁ、母親なので愚痴も聞くし手伝いもするし割と理想的な息子であろうとしてました。兄の反抗期が(私観点では激しくて)それもあったからかも。

で、結婚してみると、嫁の素敵さが眩しすぎる。え、こんな女性存在してるの。優しいし愚痴言わないし料理うまいし(母は共働きだったので料理は下手だった)

でで、母親ダメな部分を否定しつつ、嫁さんを賞賛するようになったら、

なんだか母親は嫁さんに対して感謝するようになってました。不思議なんだけど息子に良くしてくれてありがとう、という立場らしい。立つ瀬がない、という感じもする。

なので鬼姑って事にはならなかったんですよね。

anond:20180216230520

息子が期待通りに育たなかったら「魔女」は「毒親」になり

期待通りに育った息子がよその女を守ろうとしたら「魔女」は「鬼姑」になる

2018-02-16

anond:20180216151153

毒親というより「クソトメ(クソ姑)」では?

昔の日本女性の中には、自分を守ってくれるイケメンは(夫ではなく)自分が産んだ息子だけという人が多くいたんだよな。

息子を嫁にとられたと言ってメンタル壊す姑の気持ちがわからなかったけれど、今日初めてよくわかった。

そういう人は、魔女集会イラストみたいな素敵な未来図を描いていて、それを新しい価値観にブッ壊されたんだろう。

そういえば最近クソ姑系の話をあまり見聞きしなくなったな。

まとめ

魔女のを「子供自分欲情させるよう仕向ける願望を噴出させた気持ち悪い作品」と評してる人のほうが想像力豊かで現実に影響が出ていないか不安になる

わかり手氏の魔女集会タグについての意見ログをなんとなく漁ってみての私感

わかり手氏のコメント炎上に近い状態になっており、自分も興味があったのでわかり手氏のツイートザクっと読んでみた。

以下引用

https://twitter.com/anbakurakoya/status/963574691775447040

https://twitter.com/anbakurakoya/status/964050886040289280

https://twitter.com/anbakurakoya/status/964051192367144961

ここまで引用

要点はここで、「キモさの自覚」というものをどう捉えるか、が肝になる。

私も俗に呼ばれる立派なキモオタなので、自分キモい、という自覚がどういったものなのか、想像がつく。

ここでいう、キモいことを自覚せよ、というのは、「その欲望自覚し、公共世界でそれを表出させないよう注意を払え。」ということだろう。

漫画小説アニメは素晴らしいが、まずはそうはいっても、現実に生きる自分は、冴えない集団に属し、替えの利く賃金労働をしており、あまつさえ大っぴらにすべきでない要素で高揚感や幸福感を覚えてしまう。ということを前提にせねばならない。

そしてなにより、人間はそこまで賢くはないので、創作美談に影響されて、性的であったり、支配的であったりする欲望リアルダダ洩れになってしまう。

行くとこまで行けば神の声が聞こえてしまう人がいるように、信心から妄想まで、いつリアル自分侵食するかわからないのだ。

ロリコンなので少女を守る、や、YesロリータNoタッチ、という標語はとても正しい視点で、ロリコンいか世間から受け入れられない嗜好か、を警告してくれている。

BL業界のような女性需要が多い萌え業界で、このような警告はあるのだろうか。

BLも、オメガバースも、おねショタも、ロリも、巨乳も、種付けも、触手も、NTRも、何もかもフィクションであるのは誰だってわかっている。

しかしながら、そういった欲望現実に表れてしまう、というのはみんなわかっているからこそ忌避するし、気持ち悪がる。(これは直感的な事実なので、ソースは聞かないでほしい。)

何も難しいことは書いていない。

要は、善良で無辜なる市民義務として、それは個性だとか、自分自分とか言わず、「うわ、こんなんあるんだ。」という態度を社会で示してほしい。

公共と想定されうる場面では、私はまともな倫理観社会性を持ち合わせています、とアピールしてほしい。

DQNだって酒で女眠らせてパコって写真撮って沈めた、とか身内以外では言わないだろう。

妄想から大丈夫みたいな言い訳ではなく、そういう内省をどこかに染み付けてほしいだけなのだ

anond:20180216160826

そもそもあのタグって

『『魔女が拾った男の子が成長して

 魔女よりでかくなって(ごつくてむさくてがっしりしてて)

 魔女を全力で愛して守る男になる話』の絵を描きます

タグをつけるのでよければ追随してみなさん描いてください』

みたいなことを原案者(一番初めの元ツイートの人)が言ってるから

あのタグに載ってる作品に関してはそういう幅広さだとか深さとかそんなに必要ないよ

そういう設定を好みにしてる人しか寄りついてないわけだし、そら賞賛コメントしかないし

そういう ”背景” は調べてないの?

「#魔女集会で会いましょう」とその反応

30代で脚本を書いています。(主に舞台

Twitter創作女子界隈(特に腐)のイナゴっぷりと嗜好(及び思考)の浅さに辟易しているという話。


きっかけは「#魔女集会で会いましょう」のタグ

流行るのはいいとして、目に付いたのは「尊い…」とか「わかりみある」とか

「本にしないんですか!?」とか、まあいもの反応で。

感じたのは「たかが4枚でよくそこまで賛美できるな」という感想です。


かにそれなりにステキでした。でも大体どっかで見たことあるような構図なわけですよ。

「成長して減らず口を叩くナイトとしての男の子

「実は○○でした、というギャグに転換するもの

「おじいちゃんになって一緒に添い遂げるもの

人間だけ死んで『だから人間は嫌いだ』と悲しい思いをする魔女

もう、クソほど消費尽くされてきてる定番じゃないかと。


このモヤモヤはなんだろうなーと思ったら、うたプリとかFree!とかその辺の熱狂に対しての感情と同じ事に気づきました。

なんでオタクの皆さんは毎度毎度提供される新規性の欠片もないキャラクターたちにそこまで熱狂できるんですか?

熱血バカ ・執事メガネ ・無愛想マッチョ ・無邪気毒舌ショタ ・ビッグマウス残念俺様 ・目隠れ根暗ヤンデレ

だいたいこんな感じじゃないですか。もうフォーマットが大体同じ。

打ち込んでる何かがフィギュアだったり水泳だったりアイドルだったりで方向性が違うだけで新規性がなさすぎる。


もちろんこの問題女性だけではなく男性向けコンテンツでもあります

ピンクメインヒロイン ・暴力ツンデレ ・ロリ ・地味メガネ ・熱血お姉さん ・天然巨乳

だいたいこんな感じ。

でも、自分女性に対して特にモヤっとしてるのはその熱狂っぷりが男性よりもはるかに熱しやすく冷めやすい物である事と

そのスピード尋常ではない事です。(すぐに次のコンテンツに行く)

創作女子とか「腐」女子名乗るくらいだったら拘れよ!!!もっと深い設定とバックストーリー込みで愛せよ!!!と思うわけです。


私は、脚本家としていかにその人物フィクション存在しつつ、かつ

リアリティがあるかを生み出す事にめちゃ苦心しています。細かい動作台詞回しや語尾の一つ一つ

そうした書ききれない背景全てを含めキャラクターを愛して欲しいと思い悩んでいます

なのに、そんなポッと出の4枚に書かれたベッタベタて使い古されたキャラクターに「尊い」とか言われたら立つ瀬がないわけですよ。

分かってますよ、それが一つの賛辞を表すネットミームであることくらい。

だけど、できれば少しだけ見る側にもこだわりの目を持って評価して欲しい、という愚痴でありました。

魔女集会タグ

好みのシチュを満たしつつ誰も不幸にならないお題で(たまにバッドエンドもある)

タグ周回で充実した日々を送っていたので、叩いてる人がいたことに驚きを隠せない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん