「お話」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お話とは

2021-11-27

いじめ記憶

Twitterに 

イジメの原因なんてのは結局「なんか気に食わない」なので努力解決できるもんではないと思ってる

的な事が書かれてたけど自分彼女にしたのも

まさに「なんか気に食わない」だった気がする

  

いや、あれは誘導ではなかったか

「2人で帰れたらたくさんお話できるのにねー」

  

から思い込みが激しく

利用されやす性格だった

  

いわゆる仲間はずれと変なあだ名をつけた

間違いなく立派なイジメ

3人しかいない通学団中で2人で帰るため

  

いじめられる側になったのは早かった

だが、イジメてきたのは彼女ではなかった

一緒に帰ってた子は先生の視界がら外れると

違う通学団の子たちへ行き、違う通学団の子たちと共に自分をガン無視

彼女を仲間はずれにしてた時は見て見ぬフリして

一緒に笑ってすらいた違う通学団の子

  

「遅れてやって来た正義感」かもしれないが

当時の自分にとって衝撃だった

その後、各個人で帰るようになった

たまに一緒に帰ってた子と帰ったときもあった

自分は、一緒にかえってた子に対し

怒りの感情はなかった

  

イジメをした彼女に許して貰おうとは思わない

許されないと思っている

  

利用されやす性格については後日

2021-11-26

ゲームセンターニモ

糸井重里の『MOTHER』を解き終わった。ラストでは泣いてしまったさ。けれども僕の気持ちがほんとにキュンと来ちゃったのは、最後流れるスタッフロールの、その最後最後に書き込まれ名前を見たときだった。きみがまだゲームを解き終わってないと、それが誰の名前だか言っちゃつまらいから、ここでは伏せておくよ。

でも、僕は泣けたな。ラストとは違う感じで。そして、あの人のことを思い出したんだ。僕が昔ゲームセンターでよく会ったあの人のことを。

1

その頃、僕はあるビデオゲームに熱中していた。どうしてもクリアできないエリアがあって、いつもあと少しのところで、僕のシップは大破してしまうのだった。くやしくて、ありったけの百円玉ポケットに、ゲーセンに通う日が続いた。

レバーを力まかせに動かすだけじゃだめだよ。もっと敵の動きを冷静に見るんだ」

あの人は、僕の後ろから声をかけてきた。

「きりもみ回転する敵の軌跡を見てごらん。ほら、最初に現れた無人円盤と寸分たがわない動きをしているじゃないか。あのきりもみは、きみを驚かせてあせらせて追いつめるための見せかけの回転にすぎないんだ。怖がらないで」

そのとおりだった。画面に、高速回転する敵機が一挙に来襲すると、僕はただあせってしまって、自分自分を隅に追いつめていただけたった。

「画面に映ったものよりも、形や動きのおおもとを読むんだよ」

あの人のひと言で、クリアできなかった危険エリアを通過したときの僕のうれしさときたら、そうだな、あれに似ていたよ、初めて自転車に乗れたとき声をあげたくなる感じに。その日から、あの人と僕はゲーセン友だちになった。

2

あの人は20歳くらいに見えた。僕はまだ中学生で、2人はいつもゲーセン出会った。

あの人は、ちょっと気取ったところがあった。僕に名前を明かしてくれないのだ。どうしてもと、しつこくたずねると、

「そうだな。じゃあニモニモ艦長ということにしておこうか」

と言って笑った。ゲーセンニモ艦長。もちろんそのとき、僕はニモ艦長活躍するお話を知らなかったし、ニモって言葉意味もわからなかった。

名無しの」といえば、そうそう、あの人は不思議なことを言っていた。

「僕がこうしてゲーセンにやってくる理由がわかるかい?それは、ここがまだ名前の付けられていない場所からだよ」

そんな、と僕は言いかけた。あの人は口に指を立てて、「しっ! そんなに大きな声を出しちゃ、オヤジが起きるぜ」

店番のオヤジ両替台に座って居眠りしている。あの人は続けた。

「ここには、『UFOハウス』って名前があって、ほかにも『ゲームセンターヤマト』とか『パンプキン」とか、そしてそれをひっくるめて、ゲーセンって呼ぶ名前がある。でもそれはすごく不確かな呼び方なんだ。大人たちは、どうも名付けたがるくせがあるからね。ほんとうは僕ときみがいま会っているこの場所に、名前は未だ無い」

そして、

名前が無いってことは、歴史も未だ無い。それはとても素敵なことだ」

とつけくわえた。

「でも、あいつらは名付けられないものに恐れを感じて、必ずやってくるんだ。もうすぐ、ここも追いつかれてしまうよ。夜の12時になると、たとえきみがゲームの途中でも、オヤジ申し訳無さそうに言うんだ。百円玉は返すよ、って。そして台の横にあるスイッチをいきなり切ってしまう。画面の真ん中に小さな輝点が残ってそれで終わりだ。きっと、あいつらが言いたいのはこういうことさ。12時を過ぎたら、魔法の馬車はただのかぼちゃに戻る。どうだい、少年、やっぱりかぼちゃだったろう、って」

僕は、なんだかその話を聞いてむしょうに悲しくなって、レバーから手を離してしまった。僕のシップは敵弾の雨あられのなかで、4パターンの書きかえの小さな爆発を起こした。

3

それからしばらくして、新風営法でゲーセン12時に閉まることが決まったと、友達に聞いた。あわてて僕はゲーセンに走った。もしかしたら、まだ間に会うかもしれない。でも、その期待はやっぱり甘くて、僕はあの人と会えなくなってしまった。

あの人が、ゲーセンで僕に教えてくれた事は多すぎて、とてもここには書ききれない。あの人は、なにもかも知っているようだった。でも、教師のようにふるまったことはけっしてなかった。たとえばある日、あの人は、ゲーセンの目立たないところに置かれた古いキャビネットのほうを見て、「あそこに白雪姫のお付きの精が降りてきているよ」

と言った。

パックランドの追っかけモンスターインキーピンキープリンキーたちは、白雪論姫に登場する七人の小人気持ちを託して名付けられたものだ。そのことを僕が知ったのは、ついこのあいだのことだ。ニモ艦長はいつも答えを教えないで、真実やそれに近い何かを伝えてくれたのだ。

4

MOTHER』の最後最後スタッフコール最後に書かれた名前。それに関することを、ニモ艦長が話したときがある。

映画トロン』を観て興奮気味だった僕が、あんな素晴らしい映画はない、とあの人に話したとき

「ほんとうに、そう思うかい?」

いつになく神妙な顔をされた。やがてそれは気難しい顔に変わって、やりかけのゲームが終わるまで沈黙支配した。そしてニモ艦長は話しはじめた。

「あの映画のすべてがいけないとは思わない。たしかに、あの映画機械のなかで起こりつつある事件を見えるようにしようとしている。でも、プログラムユーザー関係きみにわかやすいように言えば、ゲームゲーマー関係あん撮り方じゃ不十分なんだ。ゲームは、もっと素敵なものだ。そしてそれはプレイするきみが素敵を目指してプレイするからなんだよ。とても大切な事でいちばん目に見えない部分を、あの映画はバッサリ切っている。そしてそれは、どうじ同時にとても危険なことでもあるんだ」

僕はギクッとした。あの人がこんなに説明口調になったことは無かったし、艦長は怒っているようにさえ見えた。僕があの映画でひっかかりながらも放っぽらかしていた暗闇に向かって、あの人は矢を引いたのだ。一気に話しすぎたことを後悔したのか、あの人はちょっと照れくさそうにした。そして

「……だったら」

と誰にも聞こえないような声で、つぶやいた。その……の人の名前を、僕は聞きとることができなかった。(でも、今の僕にはあなたが呼んだ人の名前を言いあてることができます艦長。「ウォルトだったら」とあなたは言いたかったのですね)

「もうすぐ、3つの夢の時代がはじまる。いいかい、まず最初の夢は生きものならばみんな見る眠りの夢、ふつう夢と呼ばれる夢がいちばんめの夢だ。それから最後のは、きみの現実、つまりみっつめの夢は現実という夢だ。そのあいだに入るふたつめの夢、それはいままでもあるにはあったんだけれど、ひとによっては大きくなかったりした。この、ふたつめの夢の力が増して、3つの夢を平行して見る世の中がはじまる」

ふたつめの夢いは僕がみているゲームのなかの夢も入るんですね、と僕は心のなかでうなづいた。

「ふたつめの夢がコンピュータビデオ信号でやりとりされると、時間場所を超えて急に勢力を伸ばしはじめる。ほんとうは、このふたつの夢は、類人猿が骨を空中に投げ上げた瞬間に生まれた夢、すばらしい力を持っている夢なのだ。同時に、コンピュータビデオを通じてコピーされたこの夢の力は、ときに他の二つの夢をねじふせてしまうような恐ろしいことを起こしてしまときがある。大切なのは3つの夢のあいだを自由に飛び回れるきみの勇気だ。画面にうつったものは、画面の外部にあるもの投影に過ぎない。画面は直接光を発しているが、それを救いの光だと勘違いしてはいけない。それでも、勘違いやすいんだな、人間は。なんていうか、そそっかしいから」

すぐに状態お茶を濁してしまうところも、艦長にはあった。

「また、ふたつめの愛は、森にたとえられるだろう。深くて暗い森のなかで、とき地図やコパスは役に立たないことがある。迷わないためには、パンくずをちぎっていく方法だ。だけど、パンくずにたよりすぎると、鳥が食べてしまうこともあるから気をつけなくちゃいけないよ」

僕は、とても幸せ気持ちになった。ゲーセンには30台くらいのビデオゲームがあって、それぞれがそれぞれの夢を反復していた。サーカスの玉乗りの夢、第二次世界大戦飛行機乗りの夢、迷路怪物に追いかけられる夢、未知の惑星の上空を飛ぶ夢。それぞれのキャビネットゲームミュージックを奏でている。なにも知らない大人たちには、騒々しくて不快空間だろう。でも、僕にとっては、ディズニーランドエレクトリカルパレードなのだ。これはやっぱり美しいシンデレラの馬車だ。たとえ、意地悪な大人たちが寄ってたかって、かぼちゃだと言いふくめようと。

5

MOTHER』を最後まで解いた人は、『MOTHER』のストーリーとはまた別の、でもどっかで『MOTHER』とつながっている、僕とニモ艦長ストーリーに興味をもっていただけたと思う。

この夏、『インディ・ジョーンズ3』を僕は見た。そして、きみも知っている不幸な事件に心を痛めた。

「Both You and I have FUTURE.」

その男は、中学卒業するときの色紙に、そう書いた。「君と僕には、未来がある」それは僕とあの人の、ゲーセンでの暗黙の取り決めと同じだった。

艦長、どうしてあなたは、あの男に話しかけなかったのですか。それとも、僕が大きくなるにつれてあなたのことを忘れがちになったように、あの男も昔は艦長とよく話をしたのですか。色紙に書かれたメッセージは、艦長とあの男の合い言葉ではなかったのですか。

僕はそこで筆を置こうと思って、引き出しを開けた。そこにはブルーの便せんに書かれた手紙が。僕は急いで開封した。

インディ3を観た親愛なる君へ
君は成長したことと思う。インディ3は、人類最大の隠された宝物、聖杯をめぐる物語だったね。聖杯は、とき場所を変えて現れる。今日までたくさんの騎士冒険者たち聖杯を求める旅に出た。聖杯を、悪い考えの者が手にすると恐しい災いが身にふりかかる。そして探索の旅に出る者はみな自分が正しいと思っているから、誰にも災厄がふりかかるかはわからない。その人たちの前を、意外なとき聖杯は横切っていくんだ。
そこで質問をしよう。聖杯には及ばずとも聖杯に敬意をささげてプログラミングされた宝物が、初期のコンピュータゲームなかにある。

ウィザードリィの名刀ムラマサですね。「艦長!」と僕は、机の前で声を上げた。サムライにとって聖杯匹敵する名刀、迷宮の最下層にあって誰も手にしたことがないと噂される名刀ムラマサ。だから、ムラマサの噂は画面を越えて僕たちのあいだを活き活きと駆けめぐったんですね。パックマン世界白雪姫小人たちが棲んでいたのと同じで、気をつけなきゃいけないのは、聖杯はいつも聖杯のかたちで現れるのではないと、あなたはおっしゃりたいのですね。

君はもう立派な若者だ。君は、君の聖杯を探す旅に出なければいけない。君がプレイヤーなのだ。そして、忘れてはいけない。3つの夢の時代に入るとき、あの不幸を繰り返してはいけないんだ。インディの父を思い出してごらん。斎にこもりながら、あの人は古文書と向き合うことで時間空間を旅していたんだよ。あれが、ふたつめの夢の力の正しい使い方だ。ヴェニスにあるテンペラ画を、あの人はアメリカの片田舎に居ながらにしてスケッチしていたじゃないか。そして、インディアナの実際の冒険も、あの人の正しい力が守ってくれたんだ。
そして、僕も旅に出よう。きみの言うとおり、僕は臆病者だった。ふたつめの力が予想以上に強くなったので、虚無と手とつなごうとさえ考えたこともあった。あやうく過ちを犯すところだった。また。探索の旅のとこかで、僕ときみは出会えるだろう。

Summer,1989
Nemo.

出典『マザー百科』マザーゲーム論 / 野々村文宏 https://summer1989nemo.tumblr.com/

観劇マナーって何で必要なの?というお話

観劇10年超の舞台ファンです。同時に、役者ファンでもあります

先日、ある舞台を観に行きました。

舞台自体はとても楽しかったのですが、SNS感想を探していたら、

ライブグッズのトレーナーを着て観に来ている人がいた」

と悲しんでいる人をお見掛けしました。

多くの人は、「特定個人ライブグッズを身に着けて観劇に行く」ことに対して否定的だったのですが、

一部「私は気にならないけど・・・」「服くらい別に良いのでは?」という反応もありました。

それを眺めながら、

「あれは良くない」「これはだめ」という注意喚起はよく見るけれど、そればかりではなくて

そもそも観劇マナーって何で必要なの?ということを、みんなが自発的に考えていけたら良いなあ

と感じたので、なんとなく私の思うことを書き留めておきます

これからマナーについて考える時に、何かの参考になれば幸いです。

まず、観劇に限らず、マナーとは「想像力」「気遣い」だと私は思っています

大切なのは自分が気になるかどうか」ではなくて、「周りに気にする人がいる可能性があるかどうか」です。

・・・という、抽象的な話をしていても分かりにくいと思うので、

先に書いたライブグッズの件について、少し具体的に考えてみます

あるアーティストさん(以後Aさんとします)のファンが、Aさん主演の舞台を観に行くことになりました。

せっかくだから、Aさんがライブ販売したグッズを身に着けて行きたい。

Aさんに、「あなたファンが観に来てますよ!」って伝えたい。

私にもずっと応援している推しがいるので、その気持ちはとってもよく分かります

応援している気持ちは、本人にしっかり届けたいですよね。

でも、ここで少し立ち止まって、「想像」してみてください。

その応援の仕方に、問題はないでしょうか?

大前提として、今から行こうとしているのはAさんのライブではありません。

舞台は、Aさんひとりのものではありません。

Aさん以外にも、Bさん、Cさん・・・たくさんの出演者さんがいて、皆さん同じだけの熱量をもって一緒に舞台を作り上げています

そして、その舞台を観に来るのは、当然ながらAさんのファンだけではありません。

Bさんのファン、Cさんのファン

更には、作品自体好きな人観劇をすることが好きな人

その劇場が好きで、その劇場で上演される作品は何でも観る人。

属性目的バラバラ他人同士が、たまたま同じ日のチケットを取って、同じ舞台を観る。

劇場というのはそういう場所です。

例えば、Aさんのライブに全く別のアーティストさんのライブグッズを身に着けた人が現れたら。

「お前何しに来たんだ!?」ってなりますよね。

作品とは全く関係のないグッズを身に着けて行くということは、Aさんのファン以外の全ての人に、そういう思いをさせてしま可能性があるということです。

もちろん、気にしない人は全然気にしません。

でも、気にする人は本当に気にします。

から可能性が少しでもあるのなら控えておく。それが「気遣い」であり、「マナー」ということだと思います

ちなみに、もっと先まで想像すると、

Aさんをよく知らない人が上記のようなAさんファンの姿を見た時に、

「Aさんのファンって空気読めないんだな・・・」と不快に感じたりします。

人によっては、「Aさんには申し訳ないけど、ファンが怖いから私の推しとは今後共演してほしくないな・・・」とまで思われることも。

ファンの行動が、巡り巡ってAさんの評価を下げてしま典型的な例です。

Aさんも、Aさんと共に仕事をする人達も生きた人間ですから、その人達に対する「気遣い」も必要です。

特に舞台は、役者さんと観客が同じ場所存在している訳なので、

ファンマナーがなっていないと、それが舞台上の人達にもダイレクトに伝わります

好きな人に、「うちのファンすみません・・・」って肩身の狭い思いをさせるの、悲しいですよね。

舞台は、「時間お金で買うもの」という人もいます

周りの人達も、自分と同じだけのお金を払って、同じだけの期待を胸に席に着いています

お互いに嫌な思いをすることなく、させることなく、劇場に集った全ての人が、楽しい思い出だけを持って帰ることが出来るように願っています

そして、舞台に関わる全ての人が、幸せ気持ちで公演を終えられますように。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

anond:20211125155108

キャラデザはなんでキャラ原案の人を置いたのか謎なくらい別物になってる。

何かのミスか?と思ったけどキャラデザの人はベテランだし、全編にわたってあのデザイン統一されてるから作品としては正しいみたい。

個人的には紀伊カンナの方が柔らかだし表情豊かに思える。

  

シオンの歌で皆が救われていく というのが話の筋だけど、なぜギクシャクしていたカップルが仲直りするのか?なぜ本番に弱い選手試合に勝てたのか?

という部分が歌の力で強引に進めているように感じる。お話の仕掛けとして何か理由が欲しい。

このあたりで序盤は置いていかれて楽しめかなった。

  

終盤からラストまでは割と楽しめた。

「付き合って欲しい」という申し出を誤解するシオンエピソードとかようやくシオン可愛いと思える瞬間だった。

「しあわせ?」を連呼させるよりもこういう楽しいエピソードが欲しい。

LGBTならルッキズムやめてほしい

今日LGBT界には容姿差別蔓延っている

差別される苦しみを知っているはずなのになぜ他人差別するのか理解できない

まず自分たちが率先して差別をやめ示しをつけなければお話しにならない

同性婚を認めさせるつもりならまずはそこから始めてほしい

ヨッピー好きだったのになぁ

一歳になった子供がいる

親ばか抜きにしてもこの子本当にかわいいなって思ってる

外出先で知らん人とかに可愛いね〜って言われるのも、赤ちゃんから可愛いね〜っていうのではなく

マジで美形だねっていわれる

そんなかわいい子供なんだけど、せいぜい鍵付きの昔からの友人しかフォロワーにいないインスタにたまに写真を載せるくらいしかしない

本当は公開アカウントかわいい写真をのせまくって我が子を見せびらかしたい

けどいくら自分の子供といえど一個人なので、本人の意志の及ばないところでインターネット写真を載せるのはまずいのでは?と

インスタに写真載せまくってる親なんてたくさんいるけどね今どき

でもやっぱりそういう人らは軽蔑ちゃう

なので前から記事を楽しく読んでいたヨッピー氏が、SNS子供写真をあげまくってるのにがっかり…というお話でした

子供かわいいのはよくわかるけど、一旦落ち着いて考えてみたら?と

2021-11-25

anond:20211125104612

心配ありがとうございます^^

お話聞いていただけると言うので2次創作利益に関してのあなたのご意見伺いたいです^^

よろしくお願い致します^^

2021-11-24

よく読むと再開発の動きはあるようだけど「市」は無関係って意味だな

田無駅南口再開発事業」についての注意喚起

「市が田無駅南口再開発事業を行うのか」といった確認のお問合せをいただいておりますが、

●市が田無駅南口再開発事業を行う予定はございません。

●市で再開発組合組織することもございません。

 市が関係しているかのようなお話には十分ご注意いただきますようお願いいたします。

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/matidukuri/tanashiekiminamiguti.html

ドラゴンボールって最初の何分間かは先週までのお話のあらすじをウダウダとやってて早く続きやれよと、ちびっ子だった当時はイライラとしたものだけど

でもああいうのがあるからちょっとアホな子とかがお話にきちんとついていくことが出来るような親切設計になってたんだよなあと今振り返ると思う。

まあ実際のところは尺を稼ぐためであることは間違いないんだけど、あれがあったかドラゴンボールについていけたという人も実はいるはずだ。

自覚があるかどうかはわからないが。

anond:20211123142311

やめて!!

元増田HPはもうゼロよ!!

それにしても辛辣過ぎる…(笑)

正論の力はパワー…

こちらのアドレスレスをしてくださっている方の通りだと私も思います

搾取する奴は徹底的に延々と搾取し続ける。

それは自身劣等感を隠すためだから、自身環境他者からの施しへの感謝は、自らの劣勢を認めたくないがために絶対にしない。

ずっと自分が優秀であること、周りがそれを理解しないと嘆き、自分のことを良く見せるために周囲を侮蔑し続ける。

元増田さんはトラウマがあるから難しい話ではあるけれど、元増田さんが求めている…精神的に安定している女性自分自分の機嫌が取れる女性は、自己や周囲への分析能力が高く、またその問題にどのように対応したらいいのか思考する知性と実行する胆力がある方です。

まあ、男女含めて全般的に言えるお話なので女性に限ったものではないですね、すみません

まり元増田理想を実現するためには『賢い女性』を結婚相手に選ぶべきです。

そして(年収社会的立場を問わず)賢い女性は、おそらく元増田さんを選ばないかと推察いたします。

それは元増田さんの年収職業ではなく、過去トラウマからくる卑屈な精神性です。

トラウマを抱えても卑屈ななところがあることが原因ではなく、現状をよしとして変革を試みず、自分に都合の良い環境を求めているためです。

私の狭量な経験で恐縮ですが、私の周りの賢い女性は夫になる人物地位年収、そして自身と同じほどの賢さは求めていないようです。

それよりも人生を共に歩むための価値観や思い遣り、日々のいろいろな事象を楽しむこと(または改めること)が出来る素直さや感受性相手がもっていることに重きをおいていました。

元増田さんが前を向いて『幸せになるために賢い女と結婚したい!』と素直に自分希望欠点も認めて主張出来たらいいと思います

掃除家事とか、相手に尽くせるところがあるから良いじゃないですか。長所を伸ばして増やしていきましょうよ。

腐らず欲しいものは欲しいと求めて動きましょう。

元増田さんが幸せになることを勝手ながら祈ってます

本当にはてなサイレントBANされた時のお話

1年くらい前だったかはてブサイレントBANされたていつかその話を書きたいと思ってたんだけど、いい機会だから書いてみる。(正確にはメールで事前に連絡があったけど、はてなから大量にメールが来るからそんなもの見てない)

毎日スター20個くらいが来る程度の弱小ブクマカだけど、4日間くらい全くスターがつかなくて、そこそこ気の利いたコメント残してても全く無反応でおかしいぞと。で、はてブのの設定見てみたら何故か「非公開」になっていたので寝ぼけて操作したのかなあと公開に戻して、そこから3日ほど。やっぱり全く反応がない!そしてまた非公開に戻ってる!

それでメール検索したら、はてなからあなたコメントに削除申立てが来ている」みたいなメールが来ていた。期限までに反論するか削除しないとはてブを非公開にしますよと。

そんなこと言われる心当たりが全くなかったのだけど、10年近く前の「ドブスを愛でる会」みたいな動画騒動になった時に動画に載ってたスタッフロール名前検索用にブコメに残してたのね。そしたら、勝手名前が載せられただけの被害者名誉毀損なんだってさ。

忘れられる権利自体尊重したいけど、そんなもの当時動画作った本人に自分名前を載せるなと主張してくれよと思った。改めてその人の名前検索しても無関係って話は出てこなかったし。自業自得とは言え釈然としなかった。地雷にも程がある。

そしてはてブ仕様も酷いと思う。非公開にしたならヘッダの色を変える等視覚的に見えるようにするとか「重大なお知らせ」みたいなのが通知されるとかしてくれよ。普段使いしてたら全く気づかないぞ。教訓は少ないけど、こういう事もあるからみんな気をつけよう。

anond:20211124105631

2021-11-23

カストーディアルのお話

カストーディアルを知っているか

ディズニーランドディズニーシー掃除担当する白制服キャスト名称

正しくはカストーディアキャスト

短く言うとカストだ

制服が白いのは、「白い制服が汚れないくらきれいなパークを維持するぞ!丁寧に掃除するぞ!」というコンセプトらしい

なんかうろ覚えだけど多分だいたい合ってるはず

カストーディアルには1つ大事ルールがある

それは「しゃがんではいけない」ということだ

しゃがまず掃除ができるよう、ほうきもちりとりも柄が長いものを使っているし、しゃがまずササッと掃除するための練習もする

知っている人も多いと思うが、ディズニーランドは浮かれた奴らが大量に集まり混雑する場所

カストーディアルがしゃがみこんで掃除をしていたら邪魔なので、こういうルールがある

それに、浮かれた奴ら、足元がお留守ですよ

うっかり気づかず踏んだり蹴ったりするかもしれず危ないので、こういうルールがある

さて私が何を言いたいかもうわかっただろう

そうだ、つまりディズニーランドに行きたいってことだ

遊びてぇ

三年峠

小学生のころ、三年峠って物語国語の授業で学んだ。

転ぶと三年だけしか生きられない峠があって、そこで転んでしまった男女が何度も転び直すことで長生きするってお話だったと思う。

少し調べてみたけど、なんと韓国で生まれたむかしばなしだった。知らなかった。びっくり。

さておき。

たとえばもし、現代のどこかに三年峠が実在したらどうなるのだろう。

滅多に人が寄りつかないオカルトスポットになるのか。はたまた、色々な理由でもって人が集まる人気スポットになるのか。

噂話だけが広まった、ひなびた峠道になるのが関の山かもしれない。

でも、そこにはいくらか転びに来る人がいるはずだと思う。必ず。絶対に。

なにせ長生きしたい人にとっても、長生きしたくない人にとっても魅力的な呪いがかけられているのだから。三年きりしか生きられないのだから

昨今話題無敵の人々について。死刑になりたいからとかい理由他者を傷つけてしまう人々は、転びに来るだろうかと考える。

何となくだけど、彼らはあまり転びに来ないような気がする。対照的に、安楽死希望する人々とっては救いとなるのかもしれないけど。

ただ、三年峠の呪いが『転んでからきっかり三年後に死なせる』ものだった場合、死に場所によっては他者を害する可能性もなくはない。

とすると、社会を憎んでいるであろう無敵の人々にとっては魅力的な呪いになるのではないか。少なくない人々が転ぶようになるのではないだろうか。

そんなこんなで不慮の事故不審死が相次ぐようになった世界社会不安の原因となる三年峠は、遅かれ早かれSCPみたいな団体管理されることになるのかもしれない。

anond:20211123133939

https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B01N9HWY46/

Amazonレビュー見ている限り男性読者に好意的に読まれているようにはまるで見えない。

 

クソ以下。

2018年7月12日日本レビュー済み

食の官能を履き違えた汚作。

かに充実した食事というものは、ある種の恍惚感や快感を我々に与えてくれるものだが、それはあくま食事範疇を越えてはいない。

この汚物はあろうことか、食と性の快感味噌糞に混ぜくさりやがり、読者に対して圧倒的…絶望的とも言えるような不快感をぶつけてくる。

この手のグルメマンガは往々にして、ボーダーレス表現をしがちなのも認識してはいるが、ほぼ全ての作品群のなかでも断トツ気持ちが悪い。

作者の嗜好なのだろうか、世には腐女子、いわゆるやおいというジャンルなのだろうが、それが受け入れられる前提で描いてる姿勢なのも手に取れるようで不気味である

もし受け入れて欲しいのであれば、主人公を少しでも可愛らしいキャラクターに描けなかったのだろうか。

かばかりでも、マジョリティに寄せてきた努力垣間見えれば、ここまで叩かれることも無かったのではなかろうか?

こんなもの見るぐらいなら公園で犬の忘れ物でも見てる方がなんぼかマシであると言わざるを得ない。

最高にキツい

2016年12月23日日本レビュー済み

飯食い終わった後、店員最後に必ずあの人可愛かったわね…とか言い始めるのが本当にキツい。

ただでさえ食ってる描写オカルトレベルなのに無理やり女がその姿見て惚れる描写ねじ込むのは本当に意味不明です。

なぜこの漫画は食べたらオーガズムするのでしょうか?

表情がいやすぎる

2016年12月29日日本レビュー済み

おいしい顔というより、気持ち悪い顔にしか見えません。

賛否両論、好きか気持ちいかの2択のようですね。

読み進んでいくと主人公を「かわいい」と発言する女性が何人か出てきますが。

かわいいという表現がまったく合わないと思います

表情が気持ち悪いという印象しか受けず、本当に買って失敗した一冊でした。

男の恍惚漫画ダメなんですか?

2020年12月26日日本レビュー済み

上位レビュー見たらずいぶん気持ち悪いと批判されているようなので読みました。

女の子恍惚な表情浮かべて服が弾け飛ぶ漫画など山ほどあるのに(少年誌ですら!)、それが男になると皆さん苛烈批判するのですね(笑)

この漫画恍惚とした表情もそれほど激しくないですし。

BLは男同士だからさなきゃいけないもの、男を性的対象として見ることを大っぴらでにするのは許さない、そんな自らの偏見に皆さん向き合えないのですね。

至る所で否応なく目に入る萌え系の絵を擁護しているオタクたち、男女逆転したら絶対に許さないのだろうなあと再確認しました。建前は男は寛容!とか言ってますけどね。

あ、漫画は一回が短くご飯を食べてるだけの話なのでまあ星3つかな。会社キャラもっと個性が出てきたら面白いかも。

普段マンガ買わないけど即全巻買った

2020年6月23日日本レビュー済み

グルメ漫画の中でも、居酒屋とか手作りとか高級店ではなく、コンビニで買うピザまんとか、昼休憩にいく定食屋のおいしさとかを描いているのですごく共感やすいです。

ああ…!!わかるそれ…!おいしいよね…!!また食べたいなという気持ちになりながら読んでます

レビュー低いですが、おそらく男性層には楽しめなかったかな?と思ったのですが、見た限り中を読んでいない人も多そうなのでレビューあんまり気にしない方がよいかと。

男性誌でいう、胸元に零させたりなど、下品女性アイス食べさせるシーンを女性が見てしまった気持ちなのかと(この漫画はそこまでじゃないんですけどね。男性陣の導火線が短いのでしょう

まあ、サンプルあるしふつうはそちらを見てから楽しければ購入するので…。面白そう!と思えば買う。合わなければ読まないでいいのではないでしょうか。

私はツボにはまったので全巻大人買いしました!

この作者の他の漫画面白いのでぜひおすすめです。

買う前にピッコマで試し読みを!!!

2020年9月9日日本レビュー済み

普通に絵柄は素敵だと思います。私もイラストを描く身ですが、このイラストは作者さんの【絵柄】なのでそれをバカにするレビューはどうかと思います

BLっぽい所(?)があるのは私も見ていて思いました。これは好き嫌いが別れる漫画だと思います

主人公の表情や食べ方等は潔癖っぽい人には向いていません。また、内容の目的がハッキリしていない漫画です。

私は重度の腐女子なのでこの漫画は大好きです。

絵柄も大好きだし表情にも惹かれます

本当に好き嫌いが別れる漫画なので買う際はまずピッコマで読んでみたほうがいいと思います

いっぱい食べる君が好き。

2021年6月15日日本レビュー済み

冴えないサラリーマン飯沼君がただただ美味しいご飯を食べるお話ですが飯沼君の恍惚とした表情などがとても好きです。

私も完璧仕事をこなせる人間ではないので飯沼君が失敗しながらも一生懸命お仕事している姿が可愛いなって思いました。

仕事でのストレスを爆発させるように美味しそうな物を沢山食べている姿はホント可愛いです。

ただ絵柄に好き嫌いがかなりあるみたいですが私はむしろ好きです。

多分The!イケメン!!みたいな美形キャラが主役の漫画好きな人は苦手なのかも…。

ミラーリングするならちゃんとやろうぜ

女性という性を不適切に扱ったんだから男性という性も不適切に扱えばいいんだろ


このくらいのことを公の場の広告に使う美少女キャラに言わせないと温泉むすめのミラーリングにならないだろ

ちゃんとやれよ

2021-11-22

ユウキチャレンジ

私の名前ユウキピッチピチの女子高生である

だけど最近変な声が頭の中で聞こえるようになったの。

最初無視していたんだけど最近ひどくなっちゃって。今日もこうやって声が私に話しかけてくるの。

ユウキちゃん。ボクの声聞こえてる?ねえねえお話ししようよ』

『あー、もううるさい!なんで私があんたなんかと話さないといけないわけ!?︎』

『そう怒らないで。落ち着いて』

『怒ってないわよ!』

『ほら深呼吸して?』

『だから私は……はぁ……..スーハスーハー……..』

『どうだい少し落ち着いたかい?』

『えぇまぁ』

『それは良かった』

『それで何の用かしら?』

『そんなつれない事言わないで仲良くしましょうよ』

『嫌よ。大体あなた誰よ』

『そうだね自己紹介がまだだったね。ボクの名前はポイピーだよ』

『ポイピーちょっとダサくない?』

『失礼だな君は。これはれっきとした名前だよ』

『そうなんだ。ごめんなさい。で、そのポイピーさんは何の御用ですか?』

『うん。君にお願いがあってきたんだよ』

『願いごと?お金なら無いから無理よ』

『違うよ。明日プール授業に全裸で出席してほしいんだ』

はい?今なんて言ったのかしら?』

『裸になって水泳の授業に出てほしいと言ったんだよ』

意味がわかんないんですけど。そもそもなんで私がそんなことしなくちゃいけないのよ』

『頭の中で響いている声に意味なんてないでしょ』

『うっ、確かに。でもどうして私の考えてること分かるのよ』

だってボクは君の頭。心の中にいるもの

『なんだかよくわからないわね』

『だろうね。いいかユウキちゃん。これから言うことを良く聞いて欲しい』

『わかったわ』

『まず明日プール授業には水着を持っていかないで欲しい』

『どういうこと?』

『そのままの意味さ。絶対に持ってきてはダメだよ』

意味が分からないんだけど』

『そして何も着ないで、全裸プール授業に出るんだ』『だからなんでよ!』

『それが重要なのさ。じゃあよろしく頼むよ』

『ちょ待って……行っちゃったみたいね

次の日になりました。いつものように朝起きて学校に行きます教室に入るとみんな元気ですね。楽しそうです。そんな中私だけが暗い顔をしています

おはようございます

挨拶をするとクラスメイト達は笑顔で返してくれます。良い人達ばかりです。

昨日の声のことが気になりました。

(プール授業に全裸で出るって言われたけど本当なのかな?)

疑問を持ちながら着替えようとしました。その時です。

「え?!本当に水着忘れてる!」

私は驚きました。なぜなら今朝も昨日の夜もちゃん水着を忘れないように確認していたのです。

から頭の中の声『ポイピー』のお願いどおりに現実が進んでることに驚いています

私は焦りました。このままでは下着姿のままプールに入らなければいけません。そうなった場合いろんな意味で大変なことになります

なので急いで更衣室を出てプールサイドへ向かいました。途中で何人かの生徒と出会いましたが無視して走りました。幸いにも誰にも会わずにたどり着くことができました。

安心した瞬間、気がついたのです。

(嘘!私全裸になってる!)

血の気が一気に引きました。気が付かない無意識のうちに私は生まれたままの姿になっていたのです。

かに見られる前に早く戻らないと大変です。しかしどうやって戻るんでしょう?周りを見渡しても誰もいないようです。もしこのまま時間が経ってしまったら……。

そう思うだけで震えてきました。

その時後ろから声をかけられました。

「あらユウキさんこんなところで何をしているのかしら?」

振り返るとそこには担任教師のミケ先生がいました。彼女は25歳独身男性からの人気が高い方です。

ちなみに巨乳です。

「あの実は……」

事情説明するため近づこうとした時足下に水滴が落ちていることに気がつきました。

その正体は汗ではありません。

恐る恐る足元を見ると私の股間から水が垂れていました。

その事実に気づいた途端顔が熱くなりました。

「あらやだ、水着を忘れてしまったのね」

先生は私の様子に気がつくことなく、会話を始めました。

「そうなんです。どうしようと思ってたところなんですよ〜」

平静を装いながら答えました。

「それは困ったわね。そうだちょうどいい機会だし全裸水泳の授業をしてみましょうか」

突然の提案に戸惑いました。

「えっとどういうことですかね?」

「つまりユウキさんは今日全裸水泳の授業を受けるのよ。もちろん水着なんて持ってきていないわよね」

当たり前のことを言われました。

はい。持っていません」

「それなら決まりね」

授業開始に合わせてプールサイドに生徒が集まってきました。

他の生徒達に体をジロジロ見られてるような気がしますが気にしないでください。

私は全裸女の子。それだけですから

そのままプールの授業がはじまりました。

私は全裸のままで泳ぎました。途中何人もの男性生徒が見に来ていましたが、恥ずかしくて直視できませんでした。

授業が終わると同時に男子達が寄って来ました。

「おい裸女。お前最高だな」

「そうだぜ俺達も仲間に入れてくれよ」

口々に言いたい放題言ってます

ちょっとあなたたち離れなさい。ユウキさんは私と一緒に保健室に行くわよ。そこでゆっくりお話しましょうね」

助け舟を出してくれたのはミケ先生でした。

はい。わかりました。すぐ行きますね。でも話ってなんですか?」

「そんなの決まってるじゃない。ユウキさんの体のことよ。とりあえずは風邪ひかないようにしてあげるわね」

そういうと私をお姫様抱っこして歩き始めました。

全裸のまま。

保健室に着くとベッドの上に寝かせてくれました。

(うう。みんなに裸を見られた。もう終わりだ。私の人生完全に終わった)

「まだ他の生徒と顔合わせるのは気まずいでしょう。ここでしばらく休んでいきなさい」

そう言うと先生保健室を後にしました。

ずきん。と頭に鋭い痛みが走り。頭の中で声が響きます

『やあユウキちゃん約束を守ってくれてありがとう!ボクはとっても嬉しいよ!』

『うるさい!黙れ!あんたのせいで私の人生ぐちゃぐちゃになったんだからね!責任取りなさいよね』

責任なんてとらないよ。全裸プール授業に出たのは、ボクじゃなくてユウキちゃん本人なんだよ、ボクは君にお願いをしただけ』

『ふざけないで!私は水着を忘れたりなんかしてないもの

『忘れたのは事実だよ。そして全裸プールに入ったことも全部君のやったことだ。だからボクは悪くない』

『私が……全裸プールに入って……変態じゃん……。これからどうすれば良いの?』

『なーに君は今日から毎日プールの授業には全裸で出る変態ってことになったんだ。明日からよろしく頼むよ』

(うぅ、いやだよぉ)

明日から全裸プール授業を受けることを考えると頭の中が絶望で明たされ思わず涙が溢れ出ました。

『泣いちゃってかわいいユウキちゃんもっとボクのお願いを聞いてほしんだけど』

『聞くもんか!絶対聞かないんだから!!︎』

『今度はユウキちゃんにこの学校女子全員のパンツを集めてもらいたいんだよねぇ〜。もちろん全裸でさぁ〜』

『嫌だ!』

『そう?でもユウキちゃんは優しいから、きっとやってくれると思うよ』

(うっ……。こいつの思い通りに動かされるのだけは絶対にイヤだ。だけど他に方法がない)

絶対にやらないんだから!!』

大丈夫ユウキちゃんはやってくれるって信じてるからね』

そう言うとポイピーと名乗る声は聞こえなくなりました。

結局私は明日も、いやらしい目で見られることを覚悟の上で、水着なしで水泳の授業に出ることになりました。

その後、学校中の女子からまれるようになりました。なぜなら全裸学校中の女子生徒にパンツをくださいとお願いして回ったからでした。

「お願いしますどうかこの通り、パンツをください」

私は涙ながらに、全裸土下座してお願いする姿を多くの人に見られました。当然のことですが誰も私の願いを聞き入れてくれる人はいませんでした。

こうして全裸女の子として生活することを強制されたのです。

今日も校門の前で出会女子一人一人にパンツを下さいと全裸でお願いしているところです。

「あのすみませんちょっとよろしいでしょうか?」

かに声をかけられました。

はい。なんですか?」

振り返るとそこには同じクラスの美希さんがいました。

「実は昨日、あなたの机の中に下着を入れっぱなしにしていたのを思い出したので持ってきたんですけど」

どうやら彼女自分の脱ぎたてのパンティーを差し出しているようです。

「本当!?ありがとう。これ貰っていくね」

私は嬉しさでいっぱいになりました。

はい、それでは失礼します」

美希さんの脱ぎたてのパンティーを抱くとその暖かさ、彼女の心の暖かさに触れた気になって、涙が止まりませんでした。

「うぅ、う、ありがとうありがとう

美希さんが去って行くと、私はもらったばかりのパンティーを履きました。

美希さんのおかげで私は久々に全裸からパンツ女に戻れた気がしました。

その様子を見ていた他の女子たちも恐る恐る私の元にやってきて脱ぎたてのパンティーを渡してくれました。

「私のもあげます

「私も」

「みんな本当にありがとう

ユウキちゃん良かったね」

周りの人達は私を慰めてくれています

すると一人の男子生徒が近づいてきて言いました。

「お前たちなにをやってるんだ。もうすぐ朝のホームルームが始まるぞ」

そう言って私を怒鳴りつけたのは同じクラスリーダー存在である田端信吾君でした。

「えっとこれはその……」

まさか裸女のユウキか。何してんだそんな格好で」

私は言葉が出ずにただ黙っていることしかできませんでした。

「おい返事くらいしろよ。なんとか言えよ!」

そう言うと彼は私のお尻を蹴り上げました。

「痛っ!ごめんなさい!」

私は思わずみんなからもらったパンティーをその場にぶちまけて、地面に這いつくばるようにして謝りました。

「服なんて着ないくせに何パンティーなんかもらってんだよ。変態

そういうと彼の取り巻きたちが私を見下ろして笑っていました。

パンツ返して欲しかったら全裸で俺の靴舐めろよ変態女。ほら早くやれ」

そう言われても恥ずかしくてその場で固まっていると再び彼に蹴飛ばされました。

「うぅ、わかりました。パンツ返してください」

女子たちが恥ずかしい思いを振り切ってまで私にくれたパンティー。

パンティー一つ一つには彼女たちの想いが詰まっているのに。

それを踏み躙るような行為をさせられ、悔しさと惨めさで胸が張り裂けそうになる。

それでも私は泣きながら必死土下座をして懇願した。

「お願いします。パンツをください」

「こんな大勢いる前でパンツをくれだぁ?この変態女!いい加減にしろよ!」

そう言うと彼はまた私の背中を踏みつけてきた。

「うっ、ぐぅ、うぁ、うわーん」

まりの痛みに耐えられず大声で泣いてしまいました。

「あぁ、こいつ泣いたぜ」

全裸パンティーくれって、変態みたいなことするから悪いんだよ」

そう言うと信吾君は、散らばったパンティを踏みつけ始めました。

「やめてぇ」

私は必死で止めましたが、彼はパンティーを踏み続けます

「そんなにパンティが好きなら返してやらぁほれ!」

「いや!やめて!」

私は男子たちに歯がいじめされ、無理やり口の中にパンティーを入れられてしまいました。

パンツは美味いか変態女」

屈辱的な扱いを受けてもなお、私は涙ながらにパンティーをしゃぶることをやめることができませんでした。

「ふっ、そんなに夢中でしゃぶりやがって。やっぱり変態だな。ははは」

そう言うと男子たちは学校に入って行きました。

校門の前にはパンツを頬張った全裸の女だけが取り残された。

「うぅ、パンツおいしい。でもなんでパンツ食べてるんだろう私。なんでパンツのことしか考えられないんだろう。なんでパンツを食べないと生きていけないんだろう。なんで、なんで、なんで」

私がそう呟いていると、周りにいた人たちが近寄ってきて、

大丈夫だよ。私たちも一緒になってあげるから

気がつくつ美希さんをはじめとする、数人の女子が私の周りに集まってきていました。

「そんな!裸女は私一人で十分だよ!みんなをこんな目に合わせるわけにはいかないよ。だから離れて」

しか彼女達は離れようとしません。

だってみんなユウキちゃんのことが好きなんだもん。大好きなんだもん。愛してるんだよ。だからね、辛い時は助け合うんだよ。友達でしょ?」

そう言うと私を抱きしめてくれました。

「うぅ、ありがとうありがとう

私は嬉しくて涙が出てきました。

「ほら、制服なんか脱いじゃえ」

みんなは重い思いに服をぬいで全裸になりました。

「みんな本当にありがとう

そう感謝言葉をいう私の目からはずっと涙が止まりませんでした。

ポイピーはきっと彼女たちとの私の絆を作るために、私自身が作り出した人格だったのかもしれません。

当時はつらかったですが、その事件きっかけにみんなとの深い絆が出来た気がしてとても大切な思い出の一つになっています

恋愛弱者結婚相談所を使ったらいいぞ

介護と絡めて結婚すべきみたいな増田が盛り上がっていたので、せっかくだから

https://anond.hatelabo.jp/20211121144555

君らもあれだろ。俺と同じでチー牛フェイスで、女っ気のない職場学生の頃は振られた後のことを心配して行動に移せず、周りも交友関係にある人も未婚だらけで「今の時代は未婚も普通!」と強がりながら主張するタイプだろ。大丈夫だ、俺もそういう人間だったから。

からこそ、そういう人間だと結婚相談所を使った方がいいと思う。

普通結婚したいなと思うなら、マッチングアプリじゃダメだ。結婚相談所の方が断然いい。

使ってみて思ったけど、結婚相談所ってのは巷で言われているお見合い話を持ってくる世話好きで大きなお世話な親戚のオバサンを雇うようなものだと思う。いざ登録すると、けっこう面倒臭いというか割と熱心に担当者対応してくれる。

あと、マッチングアプリと決定的に違うのは登録している個人情報を全部結婚相談所に渡しているから、嘘が付けない。ある意味、身元を結婚相談所側が保証しているようなもんだし。だから、実際にお相手に会うときも変な人と出くわすことはないし、ネットちょっとしたやりとりで気に入った後、一度会いませんか?と提案すると、割とあっさりOKをしてもらえる。実際に会って話して、いいなと思ったら次も誘えばいいし、ちょっと・・・と思うなら、さっさと見切りを付けて、別の人にアプローチすればいい。ちなみに結婚相談所はそれなりに大金を払わされられて、女性側も同額払う必要があるからか、食事をしたら男性側が奢って当然みたいな人とは出くわさなかったのも良かった。まあ、担当者曰く男性側が払うのがマナーとは言われるけどね。

他の結婚相談所はどうか知らんが、俺が登録していたところは毎月6人こちらの希望に合う人を紹介してくれて、それとは別に10人くらい全会員の中からアプローチできる。もちろんネット上でお話しませんか?という提案を投げてあっさり蹴られることもよくあるから、全員に実際に会えるわけじゃないけど。

俺みたいに恋愛経験がなく振られた後のことを変に気にしてしまう人だと、全然接点のない人へアプローチしても失敗したところでまあいいや、って気楽になれるし、何回も繰り返しトライエラーをすると次第に慣れてくる。おかげでだいぶ女の人との会話に慣れたよ。

結婚相談所側は恋愛慣れしてない人へのサポートちゃんとあって、会話の講座やコーディネートのセミナー結婚相談所側が用意した人と疑似デートしてどこが良かった・悪かったを伝えてくれるようなシステムもある。さすがにその辺までは使わなかったけどな。面倒臭そうだったし。

あと、「お見合い話を持ってくる世話好きで大きなお世話な親戚のオバサン」と表現したのは、付き合ってる人がいて結構気に入っていることを伝えると、結婚へ猛プッシュしてくれたこと。あれくらいの押しの強さがないとたぶん結婚への決断はなかったと思う。

たぶん多いんだろうな。俺みたいに恋愛したことがないと、どうしていいのかわからず、オロオロしてしまう人。そこで最後、後ろから思い切り押すのも結婚相談所の役目なんだろう。言ってしまえば、流されてプロポーズしたような状況になって、既婚者の知り合いに話すとありえんと言われたりもしたけど、結果的にはそれでよかったと思う。

まあこれは俺の考えだけど、そういう世話好きのオバサンが結婚をセッティングしてくれると、最終的には自分が決めたことであっても、心のどこかに「あの人に決められた」という自分への言い訳みたいなものができる。そしてこの言い訳があると、結婚生活でうまく行かないことがあっても、自分精神を守ることができる。もちろんこんなことは嫁には言わんし、自分の心の中だけの話だ。でも今のところは決断することができないときに、後押ししてくれたか感謝の方が大きい。

安くはない金を払って結婚相談所へ登録する決断だけは必要になるけど、いざ登録するととりあえず結婚への世話をしてくれるオバサンを獲得できるんだから、なんとなく結婚した方がいいかな……くらいの心持ちだと、俺は登録した方がいいと思う。

まり気分が優れない。

アンニョ.....おはよう。

昨日から食欲がなく、

今朝の起床は4時30分〜5時頃。

今日ルー大柴のごとく文中に韓国語を挿し込む元気もない。

で、朝散歩にでかけたら曇り空。

おまけに謎の目のゴロつき(?)

うつ病とは、こういう状態なのか?

というような気分でその辺を歩いたが、

いつものように気分は晴れず、なんか頭もスッキリしない。

今日強迫観念もひどい。

「気にしない」ってこんなにも難しいことだっけか?と思う。

しかコンビニに目薬売ってねぇし。

一旦家に帰って散歩の道中で買ってみたサラダチキンを食らう。

で、ぜんっぜん食欲がわかない。

満員電車に揺られて取り敢えず大学に来た。

最近結構マジで休学を考えている。

休学の間は実家にいるつもり。

学生相談まであと2日。

ここ一週間、ジャンパーポケットの中で

予約の紙を握りしめていた。

そして、一週間後母親が来る。

その時にメンクリ行かせてもらえないか

マジで言ってみよう。

あーもう2限の講義受けたくない。

今日は一日中天気悪いんだろうか

そういえば

ココ最近ネットカフェにこもっていることが多かった

まり良くないかもね

そりゃ、外出はしてるけれども陽光を浴びてるわけじゃないもんな

相変わらず 

学内喫茶店

スペイン語ラップミュージックがうるさい

NHKでも垂れ流しておけば良いのに

ぶっちゃけ

メンクリぐらい勝手に行ったって

怒られない気がするけどネ

学校内にメンクリがあれば良いのにネ

薬の処方もできるような

それにしても

こういう「メンタル」関連の当事者になって思う

(ここまで書いてたところで知らない番号から電話かかってきてまたメンタルちょっとキツくなった)

ことは、

現代ストレスまりますわ、うん。

そんな感じかね?

アリ〜ラン スリ〜ラン。

そういえば

保健室に行ってみた。

最近謎の聴覚過敏気味(原因はだいたい分かってるんだけど)で、

まぁ、何かアドバイスもらえるだろうと思ってネ

シムジョンが学生相談室なら(そういうわけでもないと思うけど)

モムは保健室でしょう、ということで。

まぁ、実際、マジの思い立ちなんだけどネ

から色々と気持ちがつらくて、心のどこかで誰かと話したかったのかもネ?

30分ぐらいかな、お話しした。

耳について聞くつもりが、まぁ、こう言う聴覚過敏も心が関係することが

ある?みたいで、結局学生相談室で話したようなことと

同じようなことを話しちゃったネ

まぁ、結果は『様子見』ということで。

その後、図書館に行った。

もう、三限の出席は取られちゃってるだろうし。

今日は、陽光は浴びられなかったけど

ピの音は、これもこれで良いかもネ。チョアチョア〜。

陽も差さない、雨も降らない、TDN曇り空は

勘弁願いたいけれど。

意外と心地よいかもしれないネ。

アリ〜ラン、スリ〜ラン。

氷河期動物園(エロ注意)

注意。AIエロ短編を作ってます。なんか茶否さんのエロ漫画で見たシチュエーションAI再現してみた。

今日は課外授業で氷河期動物園にやってきました。

この氷河期動物園には氷河期世代に就職に失敗した派遣社員や、引きこもりのおじさんたちを檻に閉じ込めて見せ物にすることで、私たち高校生を含めた学生たちに、将来に対する戒めをするための社会的な意義のある施設になっています

「きゃー!檻の中のおっさんがこっち見てるよ!」

優奈ちゃんハゲ散らかしたおっさんを指さして、笑っています

優奈ちゃんいくら氷河期世代のおじさんだからってそうやっって指を刺してバカにするのは失礼だよ」

私が注意すると優奈ちゃん反省するどころか余計にムキになります

だってあいつらマジうざいんだもん。なんか臭いし」

かに檻の中に閉じ込められたおじさんたちは臭かったです。でもそんなことを言ったらまた優奈ちゃんが怒るから私は黙っていることにしました。

私たちはその後、園長先生お話を聞いてから園内を自由見学することになりました。

「わあ!これが本物の引きこもりなのかな?」

私と優奈ちゃんは太ったおじさんがぎゅうぎゅうに詰まった檻の前に立ち止まりました。

「ねえ、何だかさっきよりも臭いが強くなった気がしない?それに何か動いてない?」

檻の中から変な音が聞こえてきます

おじさんはパンツの中に手を入れて必死に何かをしています

「これってもしかしてオナニーじゃない!?

優奈ちゃん言葉通りおじさんは股間をまさぐって激しくオナニーをしていました。

ちょっと止めさせなさいよ!気持ち悪い!」

優奈ちゃんが怒って檻に向かって叫びます

その声に反応してか、おじさんはさらに激しい勢いでオナニーを始めました。

「キャッ!ちょっ!来るなってば!!」

まりの激しい動きに怖くなったのか優奈ちゃん悲鳴を上げながらその場を離れていきました。

私も急いで後を追います

チョー最悪。何あのおっさん私たちを見て興奮してんの?」

「きっと欲求不満なんだね。早く社会復帰できるといいけど・・・

私が言い終わる前に優奈ちゃんは大きな声で笑い出しました。

「アッハッハ!!どうせもうすぐ死ぬんだからいいじゃん!あんな奴ら死んだ方がいいんだよ!」

突然優奈ちゃんが大きな声を出し始めたものから周りの人たちが何事かと見ています

その時でした、けたたましく警報が鳴り響き始めました。

緊急避難指示。一部檻から氷河期世代が脱走しました、観覧客の皆様は係員の指示に従って速やかに避難してください』

アナウンスを聞いた途端、今まで騒いでいた人たちはみんな一斉に逃げだし始めました。

「えっ嘘でしょ!?まさか本当に逃げ出したってこと!?

呆然としている私の手を優奈ちゃんは強引に引っ張って走り出しました。

「ほら行くよ!こんな所に居たら死んじゃうかもしれないじゃん!」

私たちは慌てて出口に向かいました。

外に出るとそこは地獄絵図のような有様でした。

大勢の人が我先にと走っています

ヤバい!このままじゃ巻き込まれちゃうよ!」

優奈ちゃんは焦りながらも何とか人ごみをかき分けて進んでいきますが、間に合いませんでした。

気がつくと私たちの周りには氷河期のおじさんたちが取り囲んでいました。

「ひぃっ!来ないで!」

優奈ちゃんは恐怖のあまりにその場に座り込んでしまいました。

するとおじさんの一人が優奈ちゃんの腕を掴みました。

「やめて!離してよ!」

私は咄嵯におじさんの手を振り払おうとして掴みかかりました。

しかし次の瞬間、強い力で振り払われてしまい地面の上に倒れこんでしまいました。

「痛いっ!」

倒れた拍子に頭を地面にぶつけてしまったようで頭がクラクラします。

「彩香ちゃん大丈夫!?

優奈ちゃん心配そうな顔で見つめてきます。でも安心したのもつかの間、今度は別のおじさんが優奈ちゃんの髪の毛を引っ張って無理やり立たせようとしています

「いたぁ!髪はダメぇ!」

おじさんは優奈ちゃん言葉無視して力任せに引っ張り続けます

「お願いだから放して!これ以上やるなら警察呼ぶわよ!」

優奈ちゃん涙目になって訴えます。それでもおじさんは気にする様子もなくさらに強く髪を引っ張ります

「うるせー。どいつもこいつも氷河期世代だってだけで俺たちを見下しやがって!ふざけんな!」

おじさんは怒鳴りながら優奈ちゃんを引きずるように連れ去って行きます

「嫌だ!助けて!誰かあああ!!」

「待ってください!その子関係ないです!」

私は必死に呼び止めますが、おじさんは聞く耳を持ちません。

「おいお前も俺たちをバカにしてるんだろう!?

「違います!話を―――きゃあっ!」

おじさんは私に詰め寄ってきて胸倉を掴むとそのまま殴りかかってきました。

「この野郎氷河期世代の俺に楯突きやがって!ぶっ殺してやる!」

殴られた衝撃で視界が歪んで見えます

ちょっとあんた!何やってんだよ!」

優奈ちゃんの声が遠くに聞こえます

「なんで女なんか殴るのさ!意味分かんないんだけど!?

「うるせえ黙れクソガキ!」

優奈ちゃんとおじさんが喧嘩を始めたようですが、すぐに優奈ちゃんはおじさんたちの腕力に負けて引きずられていきます

「彩香ちゃん!逃げて!早くここから離れて!」

優奈ちゃん必死に叫んでいます

私も優奈ちゃんを助けなきゃと思い立ち上がろうとしました。しかし、まだ少しふらついていたので上手く立てずにまた尻餅をついてしまします。はだけたスカートから見えた太ももにおじさんたちは視線を向けてきました。

「おい、こいつのパンツも脱がしちまえ」

一人のおじさんが言いました。

他のおじさんたちもそれに賛同するように声を上げます

「そういや最近ご無沙汰だったしちょうどいいか

いいね!じゃあ俺は足を押さえとくぜ!」

「ちょっ!何すんだよ!離せ変態!」

優奈ちゃんが暴れていますが、数人がかりでは敵わずに引き倒されてしまいました。

そして、おじさんたちの手によって優奈ちゃんの着ていた制服乱暴に破られていきました。

露になった下着姿の優奈ちゃんを見て、周りの人たちが興奮したような声を上げています

「おぉっ!可愛いじゃん!」

「へっ、こんなブス相手に勃つわけねぇだろ」

「でもまぁ結構楽しめそうだし、俺らはこのまま楽しむか」

優奈ちゃんは怯えた表情で自分の体を抱きながら震えていました。そんな姿を見てもなおおじさんたちは優奈ちゃんの体を弄び始めました。

「イヤッ!触らないで!」

大人しくしろ!」

「キャアアッ!」

優奈ちゃん悲鳴を上げるたびに私の心にも痛みが走りました。私が何もできないでいるうちに、優奈ちゃんはとうとう全裸にさせられてしまいました。

「ひぃっ・・・やめて、許してよぅ」

いいねいいね、その泣き顔最高だよ~!」

「よし、じゃあそろそろいただくとするかな」一人が優奈ちゃん股間に手を伸ばし、もう一人が優奈ちゃんの腕を掴みました。

「やめて!やめてよ!離してよ!」

「うわ、なんだこれ?初めて見るけど、こんなもんなのか?」

「んな訳あるか、ちょっと濡れてるだけだ」

「え~マジで!?

優奈ちゃんの体が持ち上げられて、秘所が晒される格好になります

「嫌ぁぁぁぁぁぁ!!!

優奈ちゃん!」

私は慌てて駆け寄りますが、大勢のおじさんたちに阻まれしまます

「おい邪魔すんじゃねえよ!」

「どけって言ってんだろうが!」

「痛いっ!放して!」

「ヤダァ!!やめてくれよぉ!!!

優奈ちゃんは涙を流しながら懇願しますが、誰も聞く耳を持ちません。

「やめてぇ!やめてよおお!」

優奈ちゃん叫びますが、おじさんたちの手が止まることはありません。

「やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだ!やだぁ!」優奈ちゃんは涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、それでも必死抵抗を続けます

「お願いだからもうやめてあげて!その子関係ないじゃないですか!!」

私は優奈ちゃんを助けようと懸命に訴えますが、それも虚しいだけでした。

「うるせーんだよ!」

「お前も俺たちを見下してるんだろう!?

おじさんたちが私に掴みかかってきます

「きゃあっ!」

「どいつもこいつも氷河期世代だってだけでバカにしやがって!ふざけるな!」

「こんな人権意識のない施設に押し込め見せ物にしておいて、お前ら何様のつもりだクソガキ風情が、大人なめるなよ!」

「い、痛っ、離してください!」

「黙れ!」

グフッ!」

おじさんの一人に殴られて床に倒れこみました。

「おい、次は俺らが楽しむ番なんだけど、あんまり騒いでっとこいつのこと犯しちゃうよ?」

「ひっ・・・

おじさんの言葉優奈ちゃんが小さく息を呑みました。

「やめて!やめて下さい!それだけはやめて!」

「だったら静かにすることだな」

「分かりました、分かったか優奈ちゃんには手を出さないで!」

「おい、早く服を脱げ」

「え!?なんで!?

「脱がないとこいつの処女奪っちまうぞ?」

「そんなのダメです!やめて!」

「だったらさっさとしろよ、ほら」

「うっ、くっ、い、嫌っ」

「彩香ちゃん!」

大丈夫だよ優奈ちゃん、こんなの全然平気」

強がり言いやがって、本当は怖いクセに」

「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

「ほら、いい加減覚悟決めろよ」

おじさんが私の胸元に手を伸ばしてきました。

「や、止めてください!」私は思わず声を上げました。

その瞬間、私の頭に電流のようなものが流れます

(そうだ、この方法なら)

「どうした?怖くて動けないのか?」

「いえ、そうではありません」

「じゃあなんだって言うんだ」

「今から私が裸になるので、それを見て満足していただければと思います

「はっ、そんなんで済むと思ってんのか」

「いいえ、でもあなた方は優奈ちゃんを犯してしまうよりマシでしょう」

・・・チッ、勝手しろ

「では、失礼しますね」

私は制服ボタンを一つずつ外していきました。そしてそれをゆっくりと地面に落としていきました。

「へへへ、良い眺めだぜ」

「恥ずかしがることはねぇよ、もっとよく見せてくれよ」

はい

私はスカート

-----

続きは皆さんで作ってみてね

2021-11-21

可愛らしいビール腹のおじさんの隣で添い寝して、おじさん自身お話を聞きたい。いっぱい話して欲しい。聴いているだけで不眠が解消されそう。

[] PS4 ドラクエ11 ※Sではない ※タイトルまで

ゲオやすかったから購入

完全版(グラ劣化してるけどボイス・イベンと追加されてるからまあ完全版だろう)があるとはいえ

数年、ときどき相場をみてたけど、無印でも1000円が底値だったか

動作確認がてらOPムービーみるだけのつもりが、最後あたりでちょっとうるっときちゃったよ・・・

なんだろうなー音楽映像があってたってのもあるしすげーみんないきいきしてるようにみえたりもして

ちなドラクエにそこまで思い入れあるわけじゃない

ドラクエをまともにクリアしたのは、GB版のドラクエ1と3くらいで、

それ以外はざっと走っただけで全然お話キャラも覚えてない

それでもなんとなく雰囲気でうるっとくるのは自分おっさんから涙腺よわよわになってるだけか

ちなみにマリベル関連のネタバレは知ってるけどぎゃくにそれ以外のくわしくはしらないからまあ楽しめるんじゃないかなと

魅力ない男の職業ベスト

3位 薬剤師看護師


・正直男の仕事?って思っちゃう

・男がやる意味・・・

・うーん。男としての魅力は正直ない

自分なんだけど、同僚の男は正直軽くバカにしてたりして(笑)


2位 ○○電力や名前は有名な商社企業


東京電力・・・うーん一流なんだろうけど・・・はい(笑)

ATMと男としての魅力は別のお話(笑)

伊藤忠とか電通かいわれても業務を聞けば広瀬すずモードで見てしま

・なんとなく学校仕事も一流のイメージだけで選んできたパパママ

手のひらの上の人生の人というイメージ


1位 公務員


・安定と男の魅力は両立しない

・お財布としてはアリ!(笑)

書類整理を生涯の仕事に選ぶ男ってどうなの・・・

警察消防はアリ。でもお役所の男の人ってどうですか?(笑)

2021-11-20

anond:20211120190712

水戸黄門年寄り向けポケモン

助格というをポケモンをけしかけて弱らせたところで印籠という江戸時代モンスターボールを出して、仲間を増やしたら年寄りは覚えられないか相手捕獲せずに戦意のみを奪い、次の街へ行くお話

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん