「有罪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 有罪とは

2019-04-15

anond:20190415135920

なお未成年は親の許諾をとらずにここにアクセスしてるだけで有罪からなw

書き込むことすべてひどすぎていずれ垢バンされるまえにとっとと逃げろよw

anond:20190415093138

この増田に聞きたいことは一つだけ。

君の言う「レイプ」ってなに?ってこと。


不同意」の証明として「抵抗」とかをあげる必要があるってことだし、

日本における「レイプ」ってすなわち「不同意性交」だろ。

これ以上を求めるってそれはもう「不同意証明なくして有罪に出来る」って権力に他ならないと思うが。

近親相姦無罪判決、めちゃくちゃ納得がいった

近頃ネットを騒がせている事件について、弁護士先生ブログとかを見て、ようやく納得がいった。そりゃ無罪になるわ。

要するに、「レイプ罪」ってのが存在しないんだな。

日本には、「人を殴り殺した罪」「人を絞め殺した罪」みたいなのは存在しない。バットで殴って脳挫傷で死なせようが首を絞めて窒息死させようが、等しく「殺人罪」で裁かれる。

ところが、レイプに関しては逆で、

はあるけど、「レイプした罪」ってのが存在しないんだな。

で、件の近親相姦は、

  • 娘にはあざがあった→抵抗していた→抵抗してたってことは意識がはっきりしてたんじゃね?

という理屈になったということらしい。これは納得がいく。

仮に、「人を殴り殺した罪」と「人を絞め殺した罪」が別物で、一般的な「殺人罪」が存在しなかったとして、被害者が首を締められて窒息死しているのに「人を殴り殺した罪」で起訴されたら、無罪判決を出さざるを得ないだろう。そりゃ確かに殺してはいるけど、殴り殺したわけじゃないんだもの

多くの人が、「抵抗できない状態ではなかった」という部分に着目して、「これで抵抗できないとはどういうことだ!」と怒っているけど、「抵抗できない」には2種類あるってことだよね。

上の事例だと、何回か殴られた跡がある、みたいなのは、「殴りつけて抵抗できない状態にした」ということだから強制性交罪が成立するということになるんだろう。

実際、何日も前に脅されていた女性男性を誘って性交した、という事例で、強姦罪の成立を認めた判例があるらしい。

その判例に則れば、今回の事件問答無用強制性交罪が成立したはずだった。

ところが、今回は検察が準強制性交罪で起訴してしまったので、後者意味での「抵抗できない」が争点に浮上してしまった。

とすると、暴力を受けた痕跡がある時点で、「被害者意識ははっきりしていた」ということになり、

  • ぐでんぐでんに酔い潰れた状態ではなかった
  • 熟睡してるわけではなかった
  • 精神障害があるわけではなかった
  • 薬を盛られたわけでもなかった

という意味で「抵抗不能というわけではなかった」と認定されてしまったのだろう。

なんというか、色々な意味で不幸な判決だと思う。

裁判官立場からすれば、「意識もうろうとしている人をレイプした罪」で起訴された被告人に対しては、「被害者意識がはっきりしていた」ことがわかった段階で無罪判決を下すしかないだろう。

からそもそも検察はなんでこれを「意識のはっきりしている状態の人をレイプした罪」で起訴しなかったのか、という話だし(被害者子供の頃からレイプされてたってのを重視したのかね。もう意志がぶっ壊されてると判断したのだろうか)、

もっと言えば「レイプ罪」が存在しないのが問題だ、ということなのだろう。

もし「レイプ罪」が存在していれば、被害者意識がどうだったか、ということはまったく争点にならず、殴る蹴るしてるよね、レイプ罪で有罪、ということになったんだと思う。

これが一部の法律家フェミニストの主張している「不同意性交罪を作れ」ってことだよね。

そもそも法の不備という話なんだから、これで裁判官を責めるのは間違ってるよなあ。

現行法を前提とした上では、今回の事件無罪になるのは私も納得できるもの勝手に訴因を変えて有罪にしちゃう方がよっぽど恐ろしい)

から運動は「法律を変えよう」という方向に行くべきで、「裁判官を訴追しよう!」とか「裁判官性教育を!」とかいうのは問題根本解決になっていないと思う。

性教育はともかく(やったところで損することはないので)、訴追だの何だの言っているのは、まっとうな判決を下した裁判官を罰しようということだから、まったく賛成できない。

現行法無罪になるべき人が無罪になる判決はまったく正しいですよ。それがおかしいなら、罪を規定している法律か、罪の適用を間違えた検察のどちらかが間違っている。

今回は、法律の不備に検察のポカが重なってしまったということなんだろうなあと思う。

以上、私は今回の無罪判決に納得したよ、検察は上訴審で訴因変更しろよ、というお話でした。

2019-04-13

anond:20190413143436

性犯罪にだけ無罪推定じゃなくて有罪推定しろって言ってる連中の言うことは参考にならない。裁判ってのは法律に対して事実が該当するかを検討してより真実らしい事を認定する場所なのに、感情論に基づいてどうこう言われても困る。反論するならちゃん法律という土俵で語って欲しい。

2019-04-09

合意証明できなければ有罪」は推定無罪原則に反するので反対。

合意証明できなければ違法」を推進していこうな。

これは司法ではなく立法問題

カルロス・ゴーン反論動画を見た

わかったことはゴーン氏がめちゃくちゃ頭が良いということ。長年巨大組織を率いてきただけのことはあると関心している。これと言った証拠も考えもなしに有罪とか無罪とか言ってる人とは格が違う。世界には本当に優秀な人が何人かいるが彼もその一人だと思う。こういう人に近づけるように努力したい。

anond:20190409141707

後者を見逃さないために無辜市民有罪にしてしまうのは司法で最もやってはいけないこととされている

2019-04-07

ぶつかってくるおじさんとサッカー選手がであったら

きっと芸術的ファウルで、有罪を取れるんだろうな…

2019-04-05

性犯罪同意証明がなければ有罪」って

要は、「女の不安解決するために男は性犯罪者でっち上げられる不安を負え」ってことだろ。

差別ジャン。法の下の平等はどこに行った?推定無罪原則は?

anond:20190405162918

何でソイツとセックスしたいのアホなの?

そいつ」も「どいつ」もねーんだよ

同意証明なくば有罪」が通ったら全員が危険になるんだよアホ

強姦されたって言うんだったら、その程度の女しかゲットできないお前が悪いんだろ。

強姦してくる程度の男しか捕まえられない女にいってやれ。

何より、相手の事一切信用してねぇじゃん。念書でも書いてろ。

相手のこと証明してないから「非合意証明」じゃなくて「同意証明なくば有罪」を主張してるんだろ?

念書は「無理やり書かされた」といってる前例がある。無意味

2019-04-04

レイプ抵抗の有無は関係ない!」

いやいや、抵抗なしで有罪になったらそれこそ誰でも有罪にできるぞ。

女が適当セックスして「じゃーん!実はレイプでした〜」と言えばそいつ監獄行き。

だいたいニュースの数行を読んで「判決おかしい!」って言うやつ、大丈夫か?

なんで膨大な情報を前に数ヶ月、数年検討した裁判よりもたった数行読んだだけのお前が勝つると思ってんだよw

anond:20190404133553

だけど実は金はあった!という事か。

この先ゴーンが有罪になったら被害者リストラされた従業員)は元の職場に戻れるの?

2019-03-31

anond:20190331212226

有罪率が高いことを批判するはてなーたちは冤罪可能性があっても起訴されることも受け入れるんやろうな

2019-03-29

どんな凶悪犯罪者でも証拠が揃わなければ無罪

そうでないと俺らが冤罪でしょっぴかれた時でもそのまま有罪なっちまうからな。

anond:20190329144953

まあ単純に普通に有罪になってる事件ニュース性もないので報道されないだけってのもあると思う

強姦事件無罪判決増えてるけど、法律仕事してるってことだな

報道されてる分だけかもしれんが。

ガキと父親がやったかどうかも、ガキだからやったはず!なんてのなくなって、証拠を求めるようになってきた。

これは中世ジャップ司法近世くらいまで進歩した証だ。

起訴たか有罪、ってよく考えたらくそだよな。

立証めんどいやつはスルーしてんだぞ。

まじでデタラメ起訴しちゃったときは取り下げたりしてるけど、法廷判断しないとな。

増田たちは世の中よくなってると思うかい

2019-03-28

anond:20190328114535

社会通念上のクズ司法によって裁かれるべき」という主張であって「既に裁かれて有罪だった」とは言ってないよね。

anond:20190328090204

事件の経緯や訴訟の内容

「二度も不起訴になった(うち一回は無作為に選ばれた国民が決めた)のに、あたか有罪であるかのように国内外で吹聴され名誉を傷つけられた」

どこに批判の要素が?


女性の性被害」ということにすればあらゆる批判反論封殺できる。そう思ってた人々には痛いだろうね。

2019-03-27

anond:20190327172212

ブクマカ共は広告排除しろと騒いでいるがその根拠はなんだ?

勝手に出てくるからなんて理由だとcoinhive有罪になるぞ

広告意図しないのだから---

では直近の判決を訂正しcoinhive有罪しますね

2019-03-25

anond:20190325133302

ソ連政府ミハイル・ゴルバチョフ時代にNKVDの後身KGBが「スターリン支配した1930年から1953年時代に786,098人が反革命罪処刑されたこと」を公式に認めた。

さらソ連崩壊後にはロシア連邦国立文書館(GARF)がNKVDグラーク書記局が1953年作成したという統計報告書を公開した。

それによるとNKVDは1937年1938年の2年間に1,575,259人の者を逮捕しており、このうち87%以上の1,372,382人に及ぶ人が「反革命罪」・「反ソ扇動罪」などに問われた政治犯であった。

そして逮捕された者のうち85%が有罪にされており、有罪者のうち半数強が死刑判決を受けているのである(それ以外の者もほとんどが強制収容所送りか流刑だった)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%B2%9B%E6%B8%85

サヨクはこんな人殺しを良く信奉できるよね。

2019-03-22

anond:20190322112328

しようとしただけで有罪にしたら凄腕だな

レイプしようとする相手有罪にするためにやるべきこと

情報商材屋、売れない弁護士、チャンスじゃない?書いたらアクセス数or有料購読者数爆増でウホウホ儲かるぞこれ

って思ったけど、恋愛工学みたいにレイプする方法を売るのはゴマとあるけどレイプするやつ、痴漢するやつを有罪にする情報商材ってあんまないよな

ビジネスチャンスやん

運び屋  (2018) クリンイーストウッド監督・主演 感想ネタバレ

https://www.google.com/search?q=こち亀 不良

ときどき見かける「イケメン/美少女勝手に惚れられる主人公マンガ/ライトノベル作品が都合よすぎなのでキモイ」論、共感したことなかったんだけど、ようやくそ気持ちちょっとわかったわ

 ハリウッド映画らしさ

 ディズニー映画やその亜流などに顕著だが「偽りの勝利」→「どん底/敗北/最大のピンチというクライマックス」というパターンを踏む作品が多いのは周知の事実で、本作でも「麻薬の運び屋になる」→「大金を手にする」「最初はおそろしかったヤベー奴らに一目おかれるようになる」→「ヤベー奴らが代替わりしてもっとヤベー奴に締められる」「家族との亀裂深まる」「順風満帆に見えた犯罪稼業もDEAに嗅ぎつけられい逮捕されるかわからない」という風に展開していく。

 その展開は「間違った価値観に基づく悩み(疑似問題)」→(最大のピンチ)→「真の問題に気づくことと、問題解決のセット」というプロセスによって挟まれていることが多い。(ファインディングニモ然り、シュガーラッシュ然り、インクレディブルファミリー2然り…)

 クリンイーストウッドらしさ

アメリカン・スナイパー』『15時17分、パリ行き』『ハドソン川の奇跡』『インビクタス』あるいは別監督の同年作品グリーンブック』みたいな、実話に強く寄せた話ではない(一応、実在事件インスパイアされてはいるが、左記作品群のようには実名使用していない)。

 花卉栽培に熱中し、実益があるもんだから家族を顧みず全米を飛び回る。ところがインターネットの発達により実益消滅、畑は差し押さえになる。みんな金がないのが悪いんや…から始まる物語

グラン・トリノ』を連想しながら鑑賞。

 ハッピーエンドというと、多くは「生きるか死ぬかの賭けに勝つ」「優勝してチャンピオンになる」「絶体絶命のピンチに遭遇し知恵と勇気で切り抜ける」「悪者をやっつける」「宝石を手に入れる」「一か八かの挑戦をして成功する」「追手から逃げ切る」といったものになり、「死ぬ」「負ける」「やっつけられる」「大金を手に入れられない」「失敗」「捕まる」で終わるものは通常バッドエンドとみなされることになる。

 ところが『グラン・トリノ』は最後主人公リンイーストウッドが撃たれて死ぬが、ハッピーエンドなのである。これは「生命を失わない」ことより高い価値を持つもの主人公リンイーストウッドが手に入れたというによって達成される。すなわち「他者との精神的つながり」が、生き長らえる、物質的な豊かさを超える至上の価値としてアピールされているのだ。(もっと一般的なのは童話の昔から定番の男女間のカップル成立だが、『グラン・トリノ』の場合アジア人少年とのつながりを得ることができれば死んでもいいという価値観

 

 本作では、「間違った価値観に基づく目標と偽りの勝利」は「(悪いことをして)カネを稼ぐ」「それによって、家族ではなく、在郷軍人仲間(ベトナム戦争に参加していたという設定)や園芸職人仲間から称賛される」「モテる」で、成功=偽りの勝利シーンに”ああ、こいつ(クリンイーストウッドあかんやつや”という通奏低音がいやというほど鳴り響いている。

 

公正世界信念

 ところが、このじじいがいろんなところで調子よすぎるのである

 前述の「ヤベー奴らに脅されたりスマホSMS)も使えなくてバカにされたりもしたが、持ち前の気骨ある行動とイケメンぶりで一目置かれるようになる」もそうだが、

家族とのディスコミュニケーションマイナス要因で「妻からは冷たくあしらわれ、娘から12年間口をきいてもらえず、家族の中では唯一孫娘だけが味方」

 からの「妻が病気で倒れたと孫から連絡を受けるも、コカイン運搬中であり、どうしても駆けつけられないし事情説明できない。そのためついに孫娘からも敵に回る宣言を受ける」という最大のピンチの後には、

 「どうにか一仕事終えて家に駆け付けたら死にかけた妻に”あなたはひどい夫だったけど、最後そばにきてくれて看取ってくれるなんて超最高よ愛してるわ”と言われる」のだ。

 妻の葬式、娘とも和解葬式優先したために、グレードアップ後の、一目置いてくれていたやつらよりさらにワルいやつらに殴られる。(唯一のダメージらしいダメージはここだ)

 そして逮捕

 裁判では無罪を勝ち取ろうとする弁護士を制して「わしゃ有罪じゃ」

 潔く罪を認めるクリンイーストウッドがカッコいい!

 最後は、刑務所の中で再び大好きな花育てを行うクリンイーストウッド

 引いて、終わり(ゲットワイルドは流れない)

 っていやいやいやいや。違うでしょ。

 何(1)妻が死んだ(2)ちょっと殴られた だけのダメージで 幸せいっぱいに園芸やって終わってんだよ。(服役中だけど)

 全然釣り合わんでしょ。

 娘もなんで最後ちょっとふらっと現れて口先で謝っただけで受け入れてんの?

 涙まで流して「なるべく面会に行くわ」「(犯罪で稼いだお金で)取り戻したお父さんの大事な畑は私が守るわ」と抱きしめてたの?

 「わしゃ有罪じゃ」宣言、そりゃ万ドル単位犯罪マネーを蕩尽しといて当然でしょ。

 前半にはアジア人差別するクソ白人至上主義野郎だった『グラン・トリノ』の主人公が、見終わったらいい奴だったと心に残るのは、撃たれて死んだから

 (自分東欧移民でややカースト低め、非WASP白人だったということもある)

 本作の主人公くそじじいが因果不応報で、びっくりしたわ。

 

 

 最初の話に戻ると、「空から美少女が降ってきて惚れられるし俺はTUEEE」な話を叩く人は、等価交換を重視してるのかもしれないと思ったよ。

 何らかの理由がないと、いい結果を享受することはできない、逆に悪いことをした人は罰を受けなければならない

 という価値観の中で生きているんじゃないか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん