「オタク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オタクとは

2018-08-18

オタク」という日本語はもはや”通じない”

人格破綻者を指すのか趣味人を指すのかそしてそのレベルすら人によって異なるので

オタク」という言葉が出てくる時点で「お前は俺の思ってる定義を知ってるよな?な?」という思い上がりがあるように感じる。

からオタク」という言葉文章に含まれてる時点であんまり他人に読ませる気ないと思う。

はてブは幼稚な俺TUEEEラノベと同じ

はてなには「これはひどいタグを付けることで何かマシなことをした気になってる人が多いが、単なる自慰行為しかないのは明らかだ。「これはひどいタグを付けることで“ほぼリスクなし”で“自動的”に優越感を味わえるという構造危険性がある。「ネット上の発言は全世界に公開されていて、全世界から批判されうるのだから炎上自業自得」などと言って炎上ネタに乗っかる自分正当化する連中は多いが、彼らは自分ブコメ自体批判されうるとはほとんど思っていないし、実際ブコメ自体批判されることはあまりにも少ないレアなケースとなっている。

ニュース炎上ネタを見ては「これはひどい」とコメント。「俺はこんなに賢いのに世間の連中はなんて愚かなんだ!」はてブとはそういう精神ポルノ、俺TUEEE、慰撫でしかない。毎日こんなことをやっていると全能感に支配されるようになるだろう。「俺はすごい」「俺は賢い」「世間馬鹿ばっかり」

タグ付けというのは情報の整理のためには有用ではあるが、物事の複雑さから目を背ける行為でもある。「これはひどい」とタグ付けされた時点でその情報は深くは掘られなくなる。「これはひどいタグをつけている連中は問題を深く知って真面目に考えようという姿勢を持っているのではなく、お手軽にタグ付けして分類し、物事のあらゆる側面をすべて見切ったと優越感に浸って、自信満々で無敵状態で一方向に突っ走りたいだけなのだ

そういえばはてなには他のインターネットコミュニティに比べてラノベオタクが非常に多い。ラノベといえばエンタメ小説だ。エンタメ小説といえば怠惰現実逃避ロマンを好む読者にとって都合のいい藁人形小説であり、その中でもラノベさら人間を簡略化された単純なキャラクターとして扱っているジャンルでもある。ラノベを好む人たちは物事限界簡単に見定め、気軽にタグ付けし、幼稚な理屈と雑な論理ですべてを見切ったと思い上がり、すぐ感情的になって爆発する、そんな習性を持ってはいないだろうか。

有無を言わさぬタグ付け、つまり「これは『これはひどいなのだ!」という思考習慣は人間堕落させる。たしかにその直感は外れていないことが多い。だが、タグ付けする前に考えてほしい。幼稚な物語を構築あるいは捏造してそれに甘えないでほしい。「これはひどい」というスローガンのもとに思い込み偏見助長させてはならない。はてブは幼稚な全能感から卒業すべきだ。

2018-08-17

卒業

誰かが卒業したら◯◯ちゃんもそろそろか…って言うやつ◯ねやアホボケカスコラ

オタク弱気になるなやカスコラ

◯◯ちゃんは◯◯ちゃんだろうが!!!

anond:20180817200927

でもオタクが会ったこともないのに宮崎駿を「宮さんは」とか呼び出すのもキモいやん

文字を読むのが好きだ

文字を読むのが好きだ。みるのもすきなんだけど。

平仮名とか特に、それぞれの形に表情がある。例えば「す」はクールでシュッとしたイメージとか、そういう印象がひらがな一つ一つに感じられる。

カナ、漢字はそうでもないけど、たとえば画数が多い漢字を見たときになんかゴツイなー、とか感じるのはみんなそうなんじゃないだろうか。

ところでわたしは例に漏れオタクなのだが、やはり創作活動などもイラストを見るよりも、文章を読みたい派だ。しかゴリゴリに30,000字くらいあるやつ。長ければ長いほど楽しみが続いて良くない?と言ったら友人にはドン引きされた。はてブロは語彙力の高い(高くなくても文章面白い)文を書く人が多くて非常に読んでいて学びがあるし、面白い

まあ幼少期は読書キッズだったのでこれはおそらくそれに由来してるのだろうなとは思うのだけれど、中学生で初めてネットサーフィンを知ってからは、インターネットスラング元ネタを推測することがめちゃくちゃ楽しい

1番最初に気づいたのは、(ry が(略)の打ち途中の表現だってことだ。いやそんなのも知らなかったんかいと思うと思うけど、マジで初めてこれに気付いた時は納得しすぎて日が暮れた。小学校のマセた友人なんかが黒板に落書きする時に使ってたりして、意味もわからず真似してた時期もあったが、キーボードを打って初めて気づいたんだなあ。 ちなみに今までで1番爽快感があった気づきは(小並感)の(小学生並みの感想) だ。アホらしいけど気付いた時は自分天才かと思った。

そういうわけでインターネットスラング意味検索せずに自力でたどり着きたい派だ。匿名はてブ今日初めて漁ったので、なぜ匿名投稿者(おそらく)を「増田」と呼ぶ習慣があるのか、が、専らのネタになりそうだ。

文を書くのは初めてだから話題転換が下手で着地が変なことになってるのは許して欲しい。

anond:20180817173739

この増田腐女子というよりその辺の中二オタクって感じだ

これが腐女子ならもうちょっとあいつが悪いこいつが悪だ私は絶対悪くない、と被害者意識フルスロットルでクソ長文を書くところだ

まだ自分を顧みる余裕がある

インターネットデータが一生残るなんて嘘だ

中学生の時、小学生向けのアニメなんだが「ロックマンエグゼ」っていうのがやってた。

当時、日陰者のオタクだった俺はそのロックマンエグゼにでてくるヒロインの「桜井メイルちゃん性的に見えて仕方がなく、毎日マスをかいていた。

 

幸い、家にはインターネットがあった。

しかも、パソコン父親から兄弟一人ひとりに1台与えられており、正直に言うとエロサイト三昧を送っていた。

年代おもしろフラッシュ倉庫で「チバシガサガ!」とラーメンズネタを見ているような時、俺は脱衣ブロック崩しに夢中になっていた。だから日陰者のオタクなのだ

 

当然だが、例の「桜井メイルちゃんは、今の大きなお友達鬼太郎ネコ娘とかエロ画像を当然のように書くように、大きなお友達エロ画像かいていた。

その中でも、あるサイトがそういった画像を載せていた。当時はpixivTwitterなんてない、個人サイトだ。

自分は熱心にそのサイトに通った。Web拍手っていうのがあって、毎回お世話になる度「モチベーションになるだろう」と感想を送った。

 

自分高校生になりオタクをやめた。彼女が欲しかったし、リア充生活をしたかったし、いじめられたりしたらどうしようという不安もあったし、髪の毛の手入れを大学生兄貴に教えてもらい、ファッションもそう、ケータイの待受もカナヘイかにしといたほうが女子ウケがいいとか聞いて、無事、リア充高校デビューをした。

からオタクものに触れなくても充実していたからか、パソコンを触ることもなくなり、メールケータイでするので、着うたを作ったり、友達から借りたDVDを見たりするぐらいしか触らないようになった。

 

そして、大人になった。

いや、年齢的な意味で。

世はオタクブームが始まって数年達、NHK声優ユニット紅白に出るような時代へと変貌し、コミックマーケットニュース特集されるような、日陰者が堂々と歩いていける世界になった。

高校の若干ヤンキー入った友人が「けいおん!ってしってる?」と、けいおん画像を見せてきた。俺は「うお!ヲタク!」と一瞬目をそむけそうになったが、待受にまでしているということは、こいつはハマったなと思い、話をしている内に、またオタクコンテンツに戻ることとなる。

そして、Twitterを始め、様々なエロ同人作家フォローしては「やっぱ二次元っていいな」とか思いながらマスをかく生活にもどったわけだが、ふと、中学校の時にお世話になっていたサイトを思い出して見に行く。

引っ越しをして、ブログに移ったものの、実質更新2007年から止まっている。

絵師名前検索するも、放置されたツイッターが見つかるだけで消息をつかめない。

どうやら、どこかのゲーム会社イラストレーターだったらしいが、多分表に名前を出していないイラストレーターなのか全然情報がつかめない。

イラスト自体ジオシティーズに残ってる何点かしか残っておらず、何点か保存していたよって人がアップローダーに画像をあげてくれていたが、自分がみたいのがない。

 

インターネットデータが一生残るなんて嘘だ。

一生残るデータはバズったものしかない。まだオタクが日陰者で、絵師個人サイトでやってたころ、そのデータは残らない。

今ではその絵師が生きているかどうかすらわからない。

自分中学生の時にすでに働いている様な人だから、30代中盤か、下手したら40歳超えているのか。

しかしたら、オタクから足を洗い、家庭をもって平和暮らしているのかもしれない。

当時中学生から、18歳未満禁止コンテンツアクセスしていた事を知られるのは嫌なので、匿名増田でお礼を言っておく。

クソお世話になりました。

anond:20180816231141

その通りだろ。昭和時代ならいざ知らず、小学館企業としてコミケに出といてうまみを啜っておきながら都合の悪い時だけ「黙認してやってるんだから」なんて言ったらキレる案件だろ。オタクの頭ってどうなってんだ。「子供のため」なんていうテーゼオタクコンテンツ子供向けの時代だったら通じもしたが、主婦中年男が支えてるアニメなんてごまんとある時代だぞ。今さら寒々しいいんじゃ。まだ「俺がムカつく表現からやめろ」って言ってる人間のほうが正直だわ。

anond:20180817001525

文字として」用いることが可能なら、べつにいいけどね。そうじゃないでしょ。

テキストファイルにanimojiやらmemojiやらを含めて書き込んで、「メモ帳」的なアプリで表示編集できたりとか、unixオタクさんが得意なvimとかemacsとかでいじれますか?ってことですよ。

anond:20180817101710

ずっと前から女がソロウェディングとかやってんじゃん、あれが成り立つ以上、つまり式だけなら相手同意どころか相手自体存在しなくてもやれちゃうわけ

でもあいつらそういうのも叩いてきたのかね? 女のやることだからというだけの理由でひたすら全肯定してきたんじゃないの?

相手同意とか他の人がどう思うんだとかいうのは、そんなのはどうでもいいけど同族オタクしかけて自分の代わりに殴らせようとしてるだけであって、なんとも底意地が悪すぎる

今回のfgoのイベでは同人ゴロが昔の方の意味で使われてたことにビックリした

最近オタクになった若年齢層のオタクから同人ゴロ=イナゴのことだと思ってた

初音ミク結婚

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/16/news022.html

コメントにあった点で気になったことを書いていく。

肯定派と否定派がかなり半々になっているのだが、その中でも更に分類されているのが面白い

それぞれ論点となる起点が違うのだ。

肯定

・本人が好きならいいじゃん

2次元最高

2次元との結婚で思うところはあるが結婚したというのは愛でたい

3次元絶望した理由もわかるししょうがない

初音ミク複数いるか問題ない

否定派(一部疑問派)

生産性がない

・ただの逃げだろ

オタクキモイ

初音ミク2次元キャラ)にだって人権がある

・この初音ミク果たして1人なのかどうか

・こんな人生でいいのか?

LGBT問題と一緒にするな

だいたいこういう感想が多く見受けられ、特に結婚は良いと思うが相手同意を得ていないことに怒っている人(ネタ?)や

LGBT問題と一緒にするな(正直これが一番糞だと思う)と憤る人。

リアルから逃げているだの書く人はお前は何様だろうって思うけどここで言っても仕方ない。

LGBT問題は、多様な愛の形を認めようっていう趣旨が本題のはずで認めようっていう上から目線も若干言葉として違うのだが

要は直訳していくとそういうことなわけで。

LGBT問題を一緒にして頭おかしいとか書いてる人は貴方のほうが分離出来てなくて頭おかしいですよ、と。

2次元から一緒にするなとか、オタクから気持ち悪いっていう意思がひしひしと伝わってくる、実際にこのブクマカブクマを見ると

そういうコメントブクマが多い、推して知るべし

そして肯定派同士でも若干火種になっているのが「同意を得ていない、一方的な愛や結婚

まぁこればっかりはどうしようもないなと。

言ってしまえばドラえもんのような完璧な応答が出来る存在は今の所存在しないわけで。

更に恋愛感情プログラム(≒乙女プラグイン)みたいなものは搭載されていないので

反応が出来たとしてもそれは恋愛感情なのかという根深問題がある。

数年も前からこういった事例はあったにもかかわらず話題になるということは、それだけよりリアルに感じられる程度にはなってきたということだろう。

携帯ゲームでの結婚新婚旅行システムなどは当時斬新だったが、時代を先取りしすぎたと言わざるをえない。

それでもここで私達がするべき行動は否定したり冷ややかな目で見るのではなく、非実在存在結婚というシステム

どのように受け入れていくのか、という点に尽きると思っている。

2018-08-16

丁寧な言葉遣い

どちゃくそやばい!!!!!

好きかよ!!!!!

なんだよ、まじ天使かよ!!!!!

萌えてる時に言葉遣いが荒くなるのはオタク女子あるあるなのか。

オタクは興奮すると自分の中にある感情とか知識とか、とにかく表に出したくてしょうがない状態に陥るから物凄い早口になるんだと思うんだけど、併せて言葉遣いが荒くなるのはいかがなものなのか。

別に女だから丁寧な言葉遣いをしなければいけないとかい性差別的なことを言いたい訳ではなく、いい年齢をしたいい大人が「くそほど」とか言っているのを聞くと何だか悲しくなる。

カゲプロかいうやつが黒歴史になってるワイ氏

8月15日になって信者が騒ぎ出すかと思ってそれに対抗して書いたるわと思ったら今日16日だった

長文すまん、許して、書きたいんや

えー、まぁタイトルの通り

自分クソオタク腐女子、末期

カゲプロ黒歴史ジャンルになってる腐女子じゃ

カゲプロ流行った時、小学生高学年だった

その頃ちょうどボカロ小学校の一部で流行ってた、友人の影響で私もボカロにハマった

そこから数ヶ月経ってボカロ布教してきた友人からカゲプロって知ってる?」って言われた

いや知らんけどって言ったら小説を渡され音楽を聴けと言われ、従ったワイ、†堕ちる†

推しはカノだった

その頃のイキリクソオタク小学生ワイは『知識量こそ全て』っていう今でもよく見る害悪3DSニコ動イキリ小学生みたいな意識に縛られていた

キャラの設定、キャラソンの歌詞、そういうの全部知ってて初めて語れる、みたいな

小学生時分の記憶ってあんまり消えなくて、今でもカノに関することだけは殆ど覚えてる

友人の唐突腐女子カミングアウト、腐モノ布教を経てワイも腐女子になり、カノ受けをアホほど漁った

知識量こそ全てだから色んな作品見た

そこでワイの今の性癖の70%くらい確立されたと思う、ツライ

知識量こそ全てだから色んなサイトに飛んだ

占いツクールとか

フォレストページとか

メル画メーカーとか

あと小説カキコとか

年齢詐称して小説カキコ別館とか行った

で、そこでえっち♡な作品を書く中学生ワイ

あっ、そうそ中学生になって腐女子エスカレートした時にちょうどアニメやってた、アレは作画戦犯

ネットに上げたものって消えないよってよくネットリテラシーとかの講座でよく聞くけどそれはマジで、もう何年も前のHNも初代の時の稚拙文がまだサイトに残ってた、アレは……ッハッハッハ

アニメがクソすぎてだんだん熱が冷めてカゲプロ から遠ざかって何年かしある時、一回悪ふざけで、友人と、自分たちの過去カゲプロ二次創作を見ることにした

ヤバかった

自分アホじゃね?キモみたいな

筆舌に尽くしがたい気持ち悪さ

生理的に無理、自分が今大嫌いなイキリオタク劣化版みたいなのがそこにはあった

そういう、自分がさまざまなサイトやらかしたことが恥ずかしすぎて、無理になった

カゲプロという単語トリガーになって色んなやらかしが浮かんできて、あんなに好きだった小説音楽漫画二次創作も見れなくなった

そうして無事黒歴史

コレは自分が悪いし一方的に嫌ってるだけでこんなの信者の目に入ったらもう即死モンだけど、きっと似たような体験をした人がいるはず

だってpixivとか見るとあの時アホほど大好きだったカゲプロ作品が軒並み削除されてるもん、作者さんはいるのに

からまぁ、書きたくなっちゃった

長文すまんわ、嫌だったらまぁ……何とかして

じゃあ

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/16/news022.html

これさあ

初音ミクファンでもなんでもないヤツが ファンがいるのに~とか同意が~とかいって難癖つけたり☆つけたりしてるのって

たんなる「非モテオタクきもい」のポリコレ的言い換えでしかないんだよな

正面からキモオタきめえっつったら叩かれるから難癖ポイント探してるだけ

しょうもねえけどキモオタきめえとストレートに言えない世になっただけマシなのか

いきなりキャラやらファンやらの代弁しだすのはものすごく気持ち悪いが

女子力アップって結局は料理とか写真とか健康美容好きな女に対して

雑誌特集組んだりてきとーな資格作るときオタクって言ったら聞こえが悪いか

女子力と言い換えてると思ってるんだが、

それで言ったら男子力アップは何になるんだろう

特に仕事とかで必要無いやつが趣味重機免許取るとかかな

大工仕事とか機械のセッティングは今は女でも普通にするから

性別というより現代人はある程度出来て当たり前みたいなとこあるからな~

電車で隣に座ったオタク

始発駅で座るためにわざわざ1本見送った。

次の電車では端には座れなかったものの、座席の真ん中に2本ある柱のうち一方の横に座ることができた。

二駅目でドアが開くと、身長170cm前後体重70kg以上と思われる小太りでハーフパンツ姿のオタクが乗り込んできた。

黒いナイキスニーカーと黒いナイロン製のリュックサックという出で立ち、それにスマホを片手にひょこひょこ歩いている。

空席は何箇所かあったが、オタクは私の横にどさっと座った。

しばらく彼はスマホをいじっていたが、そわそわして落ち着かないようだった。

突然、彼は柱に手を伸ばした。

電車の揺れから体を支えるために掴むという動作理解出来る、たとえば肘を曲げて肩の辺りで支えるという格好ならば。

しかし彼は肘をぴんと伸ばし、握りは頭よりもかなり上の方を取った。

その様子は小学生が授業中に発言権を得ようとするかのようでもあった。

一瞬驚きはしたが、私はその状況に慣れようと努めていた。

だが、彼はなお落ち着かない様子だった。

から手を離すとスマホをいじり、そしてまた柱を持ち直す。

柱を持つ高さがしっくりこないのか、何度も握りなおし、体をねじったり揺すったりしている。

隣で動きまくるオタクは目障りではあったが、他者に対して寛容でありたいという信念が私を支えてくれた。

だが、そうも言ってられなくなる。

端的に言って、彼はものすごく臭かった。

私は息を止めた。

しかし苦しくなって息を吸った。

彼は臭かった。

私は思う存分呼吸できずにまた息を止めた。

しかし十分に吸うことがなかったためまたすぐに限界がきた。

彼は臭かった。

一駅がとてつもなく長く感じた。

その後、彼は乗り換えのためか電車を降りて行った。

ハーフパンツ姿の小太りのオタク臭い、私はそう学んだのであった。

ある人は勘違い美容オタク

ある人は、傲慢少年好き基地外池沼

ある人は、関西住み半夢女子精神面落差過剰オタク

これ全員騎士と呼ばれる人達を崇拝してんだから笑える

沢城みゆきが子持ちになった事には時間の流れ以外何も感じない

沢城みゆきデ・ジ・キャラットデビューしてから既に20年近くが経っている。

その間、お前らオタクの中には結婚どころか恋愛すら経験しないままただただ彼女彼氏いない歴童貞処女歴(素人童貞歴)を更新し続けただけの奴もいるだろう。

そういった事を考えると、ただただ時間がそれだけ流れてしまたこしか感じないんだよな。

人間遺伝子乗り物だ。

少なくとも、お前らの親の親の親のそのまた先祖たちはずっと遺伝子を次に受け継いでここまできた。

それが途絶える。

お前らがそれぞれの血の末代になりつつあるのだ。

沢城みゆきと同い年だった人間はまだいい。

だけど沢城みゆきデビューした頃には既に知り合いの中に結婚した人間も次々出てきていた世代からすると絶望しか無いだろう。

20年は長い。

1人の人間が生まれ子供を産むまでに十分な時間ですらある。

その厚み以外何も感じない。

anond:20180816104653

オタクなら誰でも認知してる現象にいちいち名前つけたがるのって馬鹿だろ、お前友達いないのか

高学歴で高給取りの既婚者←知的で良い人が多いけど

ニッコマ卒で30歳年収460万で妻子持ち←こういうザ・普通人達ってビックリするくらいクズ野郎しかいない。

本当にビックリする。

ネトウヨとか鬱病自殺しろ論者とかオタクは殺せヤンキーかっけえとかそんなんばっかり。

内面中学生

ソシャゲが究極のオタクコンテンツすぎる

・定期的に燃料が投下され話題が続きやす

キャラクターが多く多様な需要対応できる

・一人の作家依存することがないので作家の死去や炎上不安関係ない

・遊ぶだけなら無料で楽しめる

課金という形でファンによる直接的な支援可能

・おかげで今までにない多大な利益が生まれ可能性もある

無料だけど半年程度で話題が尽きるアニメや、

キャラクター数に限界のあるエロゲー作家個人依存する漫画と比べて

オタク向けコンテンツとして究極の姿がソシャゲであると感じる。

先日のコミケでも完全にメインストリームソシャゲであると感じられた。

もはやこれ以上の新しいオタクコンテンツ誕生するのだろうか?

2018-08-15

公式に求められるファンになりたくなってしまった無力なオタク独り言

私は、とある作品にハマっている。

その作品アニメ化される前、初期の初期からいかけて来た。

メディアミックスされるのをずっと楽しみにしていた。

そしてようやく、動いて喋るキャラクターを見ることが出来た。

徐々に人気も出て来て、ツイッターなどで話題になっているのを見る機会も増え、ファンも増えているのを実感する。

とても喜ばしかった。

こんなに面白い作品なのだからもっと多くの人に知ってもらいたい、そう思っていた。

今でもその気持ちは変わっていないし、私がファンを辞めたという話でもない。

ただ、自分作品から求められてはいないのかもしれないと思ってしまった。

そもそもただのファンである自分が、作品に求められようだなんておこがましい話なのだが。

なぜこんな自意識過剰なことを考えてしまたかというと、公式からレスポンスだ。

制作関係者や、キャラクターを演じる声優が、ファンから応援を喜んでいる様子が見える。

ツイッターラジオ番宣放送などで。

イラストを描いてもらえて嬉しい」

この言葉が私を悩ませる。

私は絵が描けない。

分かりやすい形で応援気持ち表現する手段が無いのだ。

ファンレターを送ることはある。

レスポンスが欲しくて応援している訳でも、ファンレターを送っている訳でもなかった。

だけど、同じファンである一般人が、表現手段を持っているためにレスポンスをもらえることに、無関心でいられる訳でもない。

正直に言って、非常に羨ましい。

時には妬ましくもある。

私もアマチュアレベルとはいえ、絵以外の手段表現し、それを公表した経験がある。

から簡単言葉ではなく、丁寧に練られた文章イラストなど、時間と手間を掛けて感想表現してもらえた時は、一際嬉しいということも分かる。

これがただの嫉妬であることも理解している。

だけど、やっぱり悔しいのだ。

私はその作品をずっと前から応援していた。

まだ人気になる前から、関連グッズを購入し、イベントにも足を運び、出演者に直接応援言葉を伝えてきた。

少人数しか参加出来ない抽選イベントにも行った。

何度も何度も。

今も足繁くイベントに通っている。

それで満足していたし、今も応援している日々は楽しい

しかし、最近その作品を知った人が、絵を描いて応援するという手段を持っていることで、公式からレスポンスをもらえるという事実

なんだか虚しくなってしまう。

どんなに長く応援していても、一芸を持っていないと、公式の目に止まらないその他大勢の一部に過ぎないのだと。

このSNS時代、人目につきやすイラストという表現を持っている人は、きっと一般人であっても広告塔になり得る。

かに公式からすれば、タダで(時にはお金を落としながら)作品宣伝してくれるファンは、応援していると口で言うだけのファンよりも圧倒的にありがたい存在だろう。

それなら努力して絵を描けばいいじゃないか、と言う指摘は無しにして欲しい。

そんなことは分かっている。

私もそんな下心抜きに、表現する手段を得たいと思う機会はたくさんあった。

絵を描くことは、何度も挑戦はしたものの、長続きしなかった。

なんとなくキャラクターの形をしたものを描くことは出来る。

だが人に見せるような、ましてや関係者応援の形として見せようと思えるようなレベルのものは描けない。

その程度の自分の実力に対する落胆と疲弊が、努力しようという気持ちを上回ってしまうのだ。

もちろん、今絵を描いている人達がみんな、自分の実力に満足して自信を持って公開しているというわけではないことは分かってるつもりだ。

思うように結果が出ない苦しさを乗り越えて、また今現在も戦いながら、表現手段を身につけていることも分かっているつもりだ。

描けないなら描けるようになるまで描けばいいというのも、分かってはいるつもりだ。

ただ、そこに気力や時間を割く精神環境を、私は持っていない(これも言い訳に過ぎないのは分かっている。だがそういう人間もいる。きっとそういう人間の方が多い)。

この件でその作品応援を辞めるつもりは無いし、このモヤモヤした思いを糧に、また筆を取ろうと行動するかもしれない。

ただ、ファンとして生きていくにも技術があると有利なのだということを思い知らされてしまっただけ。

表現する手段もっと磨いてくればよかった。

から努力したって、人並みのレベルになる頃には自分が別の作品にハマっているかもしれないし、その作品の展開が縮小しているかもしれない。

私は、今、表現手段を使って応援がしたかった。

公式に喜ばれる存在になりたい、認知されたい、というのが恥ずかしながら正直な気持ちだが、何より、同じファンに過ぎない誰かは喜ばれてレスポンスがもらえ、自分はこの世界で背景に過ぎないという現実への嫉妬が、私にこのようなおこがましい欲を持たせたのだ。

不公平から公式特定ファンにだけレスポンスをするな、と言うつもりもない。

あわよくば私だってレスポンスをもらいたいし。

久しぶりに絵を描いてみようかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん