「ハードル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハードルとは

2018-02-23

anond:20180214210241

年齢による。だいたい30超えるぐらいから「そろそろ嫁に行かないと心配」みたいな目線になる。

今でも、20代前半ぐらいで清純派ドル売りしてる子が結婚すると荒れると思う。

オタク場合は年齢ハードルあんまりない分しんどそう。

息を吐くように人を馬鹿にできる人

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1202061

人の気づきを不憫だのハードル低過ぎだのバカなのかなだのと、そこまで高級な人間なのか?

全く信じられない性格の悪さだ。性根が腐ってる。

まあどうせ、普段は周りから馬鹿にされ続けて性格が歪んだのだろう。哀れなことだ。

2018-02-22

anond:20180222184600

今すぐ生まれ子供の数を増やさねば、利用される見込みが減った大学などどんどん統廃合されて、今無償になったところで10年後には政策転換されてる可能性もあるだろ。

凄い勢いで生産年齢人口が減ってるということを甘く考えてる人が多すぎる。

1人でも多くの子供を持ちたい人のハードルを下げることが重要

大学はいざとなったら進学する方法がある。また、進学率は50パーセントで全員が行くわけではない。

anond:20180222182822

その一方で、悪用するわけではない普通の人にとっては登録するハードル上げることになるからね。

普通は、メルカリみたいにお金が絡むとか、LINEみたいにある種インフラ化してるようなサービスでなければそこまでやらないと思う

anond:20180222182457

そりゃライターとかだからでは。

企業相手仕事受注してる人は何とかなっても

個人客を相手にするタイプ仕事だと、その個人客に出産するから数か月待っててね、と言っても

その間に他に移られる可能性が高そう

勿論「この人でないと嫌だ」と言う熱心な客を多数確保していれば客の方も待ってくれるだろうけど

あと自分責任者他人雇ってる人だともっとハードル高い

代替を雇えなければその間の従業員給与どうすんだ?となる

日本e-Sportsを普及させるために協会がやるべきこと

e-Sportsはスポーツ?→「問題外だ」 頑な視聴者反応に「日本が後進国な原因」 : J-CASTニュース

個人的にはプロモーション問題だと思ってる。

まず協会の人に聞きたいのだけど、ビリヤードスポーツだと思ってるのだろうか。

大会で優勝すれば賞金も出てるしビリヤード講師とかもいるから、ビリヤード一本で食べてる人とか普通にいるだろう。

それ一本で食べてるってのはプロかどうかの1つの基準になると思うんだけど、そういう意味ではプロと呼べる。

じゃあビリヤードスポーツかと言われれば人によって判断が別れると思う。

自分もはっきりとどっちかはわからない。

ここで言う「わからない」という言葉真意は「スポーツかどうかの基準がわからいからわからない」という意味だ。

一本で食べているプロがいるのがスポーツならビリヤードスポーツだし、かと言って汗を流してないかスポーツではないと言われるとそれもそうかと思ってしまう。

ただ重要なのは、「ビリヤードスポーツだ」と押し切っても、「ゲームスポーツだ」と押し切るよりは圧倒的に受け入れられるだろうということ。

基準がないもの大衆が受け入れられるようにするには、ハードルの低いところから決めていくのが定石である

ビリヤードでさえふわふわな状況なのに、「ゲームスポーツだ」はどう考えたって受け入れられるわけがない。

ビリヤードがはっきりすれば将棋はすんなりスポーツ化するだろうし、ゲーム時間問題でしょ。

僕がいいたのは、本気でゲームスポーツとしたいのであれば、ちゃんと今の日本の状況を把握し、「海外ではこうなのに日本は遅れてる」と意見押し付けことなく、曖昧になっているところからしづ基準を作っていくしかないのではないでしょうか?

ていうか自分たち普及活動がうまくいかないのを「日本は遅れてる」とか人のせいにしてんじゃねーよ。

そんな人たちが作る基準がどんな素晴らしいものであっても、少なくとも自分は受け入れられません。

anond:20180222134503

見せたくない、気持ち悪いという意見女性が多い以上、見せるハードルは高いだろう。

また、男性は知らない人が多いが

本当に壮絶だから、見たらPTSDなっちゃうかもしれない。

女子は産みたくない!って思うだろう。

それなら、リスクを知らせるだけでいいだろうという合理的判断をしたまでだが。

2018-02-21

柔道整復師整形外科を潰せ

国保保険料、平均26%上昇 都が18年度算定  :日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27029590W8A210C1L83000/

1  柔道整復師を潰せ

このニュースから明らかなのは支出削減の方策を練らなければパンクするってこと。

いやずっと前から明らかだったんだ。

長谷川豊は悪いことを言ったけれども問題意識だけは正しかった。

長谷川豊リンチした人達リンチし終わった後でいいから「じゃあどうするのか」の代案は示すべきだった。せめてどうするのか考え続けるべきだった。

たまにこういうニュースが出た時だけ騒いでおしまい

それじゃ駄目だろう。


お前はなんか代案があるのかって?あります

ずっと前から言ってることだけど今こそ聞いてほしい。

柔道整復師整形外科調査を入れろ。そしてごっそり潰せ。

あらかじめ断っておくけど、全部がつぶれるべきクソではありません。まっとうなところもあります

でもクソとダニが物凄く多いです。


まずみんな 柔道整復師って何かわからないよね。

一応国家資格です。

名前の通り、もともと柔道で怪我したのを治すためのノウハウみたいなものでした。

柔道は投げられたときに手をついたりすると簡単に腕が折れたり外れたりするからね。


柔道整復師は何を治療する職業なのかというと

「打撲、捻挫、脱臼および骨折」です。

職業としては「接骨院」「整骨院」を経営してる人達で、昔は「骨接ぎ」と看板出してました。


この時点で鋭い人は疑問をもつよね。

そう、骨折したとき接骨院行く人なんか現代には居ない。

みんなお医者のとこに行きます

だって接骨院じゃレントゲンすら撮れないんだもん。そんなとこいく理由がない。誰だって医者を頼る。

から骨折脱臼治療において 柔道整復師なんて経験豊富なわけですらないわけ。

柔道整復士は彼等の看板技術「打撲、捻挫、脱臼および骨折治療がすでに需要ゼロ

だいたい文字通り柔道道場主の補助技術みたいなもんだしそれ一本で食える資格みたいになってるのがおかしい。

そんな需要もない古い怪しい技術を3年学校通って習うのが柔道整復士。

こんな変な資格を取る人がいっぱい居る。


次の疑問は、そうだよね、 柔道整復師ってどうして食えるの?ってことになる。

学校めちゃくちゃいっぱいあるし、資格保持者もめちゃくちゃいっぱい居るからね。

学校は100校以上あって仕事してる柔道整復師は6万人とか居る。


この人達基本的にただのマッサージやってる。

按摩っぽい整体っぽい謎のマッサージ

資格とるとき学校ではそんなもん習わないので就職先の整骨院ごとの適当技術を仕込まれて揉んでる。

それじゃマッサージの本職の按摩師(これも国家資格)には敵わないで淘汰されそうじゃん?

ところがそうはならない。按摩師を圧迫するぐらい栄えてる。

何故か?


柔道整復師は療養費として保険請求できるから

こんなこと出来るの医師以外では柔道整復師だけ。

国家資格按摩師にも鍼灸師にも出来ない。(厳密に言えば高いハードル越えれば出来ないことはないけど現実的にはやらない)

なぜ出来るのかというとこれはほとんど制度バグってると言っていい。昔のまま来ちゃってる。

制度変えようとしたり学校の数に規制加えようとしたりすると柔道整復師団体が反発してきた。


ここまでくればもうわかる人はわかるよね。

実際のところ柔道整復師社会で何をやってるかというと、

単なるマッサージリラクゼーションのお店をやってるんです。ほぼほぼ

でもきた人には「肩?首?そうですか、寝違えですね!」とか「腰ですか、捻ったんですね?そうですね?」と誘導して

「怪我の治療」という名目を立てつつただのアメニティ目的マッサージをするわけ。


普通マッサージのお店と同じでも、柔道整復士のお店は医療保険請求できる。

から客の負担分はわずか。

「わあ あのお店安いわ!普通は30分3000円ぐらいするのにあそこはたったの900円なの!」

とかなるわけ。

暇で体のだるい老人とかしょっちゅう行くよね。

気持ちいいマッサージ受けて数百円だもん。

若い人でもどっか体の調子悪い人も行くよね。

効果は気のせい程度でも安いからいっちゃう

実際には安くなくてツケは全部医療保険請求

大繁盛。

すげー羽振りいい整骨院、よく見れば近所にも一軒はあると思うよ。

なんか日焼けしててサーフィンとか大好きな院長が若い見習い男女はべらした感じのとこがさ。

これでも昔よりは厳しくなってるのに。


こんなのがねえ、年間4000億円もあるんだよ。

今までどれだけ莫大な保険料がこのダニ業界にしゃぶられてきたと思う?

全部返済させたいよ。ゆうに兆だぜ?

はっきりいうけど、柔道整復師という資格自体無くなってかまわない。

制度バグり過ぎていて害が大き過ぎる。

これは心ある資格保持者すら同じように言うほどだ。

そういう人は柔道整復師として世に出たあと現実に衝撃受けて、

改めて身銭切ってマッサージ整体技術を身に付けて研鑽して保険請求せずに稼いでる。



2 整形外科を潰せ

ただそれとは別の問題として

そもそも関節や筋肉の痛みや不調についての治療がいまだにこの社会に不足してるという問題もある。

あなたが膝とか腰とか肘とかどっか痛くなったとする。

または慢性的肩こりやらストレートネックやらの問題を抱えてるとする。

どこへいけばいいか

どこへいっても駄目なんだ。

まともな治療ノウハウのあるところがない。


まあ常識のある人なら整形外科医へ行くよね。

整形外科医は前述の通り、骨折なら治してくれる。

レントゲンとってどう折れてるか見て、必要なら骨動かして、経過を見てくれる。

でも彼らに出来るのなんて骨折だけ。

他のことには驚くぐらい無力だよ。

原因がわからん

対処法がわからん

そもそも対処法がない。


骨折以外で整形外科医行くと大抵はこうなる。

レントゲン撮りましょう。

診察しましょう。(効果のある対処法が無いということを迂遠な言い方で伝えられるだけ)

気休めに暖めてみましょう。

次回の日取りを決めましょう、また来てください、暖めますから

おわり。


でも整形外科病院はムチャ込みよ。

医者がたくさん居て、看護師のおばさんだかただのおばさんだかわからん人もたくさん居て、それっぽいとこなら理学療法士も居て(薄給)、

あふれそうな患者をフル稼働でさばいてる。

ベルトコンベア式にレントゲンとって、医師が何の役にも立たないコメントをして、

あとはおばさんが暖めたりなんだりの気休め療法エリアにご案内する。

んでなんにもならないのにまた来てください日取り決めましょう。


何の効果も無いのに医療保険ジャブジャブ食ってんだ

柔道整復師ほどはっきり「不正請求」とは言えないけど、

あいつらは社会の役に立ってない。

あんなもんに人が(特に老人が)たくさん来るのも、

関節や脊椎の苦しみを訴える先が他にないからというだけにすぎない。

そして保険が利くから当人が出す金額は安い。

でも実際のとろこ保険にかかる負担は甚大だ。


よく長谷川豊的な人間が「老人の医療なんか切れ」のようなことをいうけれども

整形外科については切っていい。だって老人のためにもなってないもん。

誰のためにもなってない。

原因を特定する技術も治す技術確立してないのに患者をぐるぐる回す儲け主義病院が多過ぎる。

何も出来ないのに「次回の日にちを」ばっかりだ。


もちろん整形外科柔道整復師のように全部居なくなったほうがいいとまでは言えない。

骨折などのようにちゃんと対処できるジャンルもあるし、まともな医師病院もある。

けどダニがすげーーー多いぞ。

相当厳しく調査いれてやつらの米びつを切って行っていい。

その結果整形外科医院はたくさんつぶれるだろう。

でもただでさえ不測がちの医師が儲け主義整形外科医なんていう外道に堕ちるのを予防できるんだから

しろ社会のためになる。


長々ご清聴ありがとうございました。

医療保険支出削減はみんなで危機感もって取り組むべき問題だと思う。

他にも制度的な無駄遣いについて心当たりある人は書いてほしいな。

目が見えない生活をしてみた

疲れ目がひどくて目を休ませたかったのと、なんとなく良いアイマスクを手に入れてしまったので、目が見えない生活というもの体験してみたくなり、ほんの僅かではあるが目が見えない生活体験してみた。

結論から言えば、なんとかなる部分となんとかならない部分の差が大きかった。

なんとかなる部分。

トイレに行ったり、服を着替えたり、洗濯物を畳んだりという、普段から割と行なっている行動は、意外となんとかなった。もちろん、壁にぶつからないように動いたりすることや、こけないようにかなりゆっくり動いているため、普段の行動の十倍くらいの時間がかかっていたように思うが、それでもなんとかなるなという感じだった。

しかったのは、洗濯のしまい方。たとえば、どれが同じ色なのか、靴下はどれとどれがペアなのか、、と行った部分は、目が見えないとわからない部分だった。

もし本当に目が見えなくなったら、結構同じ色のものとか、同じ形の服とか、そんな感じのコーディネートにしようと思った。便利だし、畳みやすいし、利便性が良い。

トイレとかもなんとかなったが、紙で拭いた時に、それが正しく老けている状態なのかはわからなかった。ウォシュレットさまさまだなと思った。

逆に、明らかにこれは無理だなというものはいくつかあった。

例えば、家の外に出ること。

自分が数時間しかアイマスク生活をしていないからだとは思うが、かなりハードルが高い。家の中は、流石にどこに何があるかのイメージがつくので、多少頑張ればなんとかなるケースが多い。とはいえ、外は何があるかわからない。階段とか段差とか、怖すぎる。点字ブロックってすごいんだなって思った。

あとは、料理。まじ無理。包丁とか怖くて使えない。火を使うのとか、もっと怖い。IHって便利だなーって思った。見えなくなったら料理はしないと思うけど、するんだったらIHだなって思った。


たかだか時間だが、アイマスク生活してみるといろいろなことに気づけた。耳から得られる情報量は意外と多いし、見えなくてもなんとかなる部分も多いんだなって思った。だけど、見えないとなんともならない部分もたくさんあるからそこをなんとかするプロダクトを作れたら良いなってぼんやり思った。

これからたまに、アイマスク生活をしてみながら、目の見えない人の世界を少しでも多く経験して、その人たちのためになる何かを生み出せたら良いなと思った。

ああもちろんこの文章アイマスクしたまま書いているから、誤字脱字多いと思うんだけど許してくれ。

タイピングという行為も、結構難しいんじゃないかな。変換結果がわからいから、自分が打った言葉がどんな感じになっているのかわからないし。ひ

じゃあ、そんなところどで。

みんなも一回くらい、アイマスク生活してみたら良いと思うよ!

膿がたまっていく

甘ちゃんの高卒無職ゴミみたいな人生を振り返るだけのエントリなので、あんまり読まない方がいいです。

人生がよくわからなくなってしまった。

高校を出て、役者を目指して4年。

花は咲かなかった。

蕾すら無かったのかもしれないが。

世代の奴らが大学生活を終えて社会に出る時までには夢を叶えようと思っていた。

今年だ。

22歳になってしまった自分には何もなかった。

そもそも役者を目指した理由すら思い出せない。

貧乏なのに兄妹が多い家で、大学学費がかかるとか思い込んでたから金のかからない進路にしたいと思っていて、メンヘラ彼女と同じ大学に進むため勉強漬けで娯楽を禁じられていた自分解放から突飛な進路を選択したのかもしれない。

まあ、それでも学んだことは学んだ。

自主練はサボりまくったけど、結果として「演技は自分には難しい」ってハードル建設された。

「もうこの道への気持ちは向かないんだろうな」と思う。

途端に何をすればいいかからなくなった。

有能な兄は長年の努力が実を結び、仮にも自分が目指していた芸能関係で巨額を稼ぐ売れっ子になった。

妹は学費関係自分が学ぶのを諦めた分野を勉強して楽しそうにしている。

家の金を心配して進路を選んで、結果が出なくても「自分金銭面では兄妹より家のためになってる」と謎の慰めを繰り返していたら自分には何もなくなっていた。

妬む気持ちはあるけど、まあ兄の努力は知っていたし。自分努力する才能がないことは嫌というほど実感させられたから「兄みたいになりたい!」みたいな気持ちも一瞬で失せてしまった。

そもそも今の状況を選んだのは自分なのだ

誰も責めようがない。

行き場のない鬱屈した気持ちで胸がいっぱいになり、兄妹から逃げるように隣県に社宅のある仕事就職した。

一切経験のない工場勤務の仕事だったが、高校を出た時と同じように「まあ大丈夫でしょ。高給だし金のためならやれる」と軽い気持ちだったのを覚えている。

結果、一ヶ月続かなかった。

ただでさえ体力が追いつかないのに、毎日残業夜勤、そして現場でのパワハラ精神までやられてしまった。

最初は楽しかった一人暮らし苦痛になり、身も心もズタボロになってギブアップ宣言した。

自分が使えない人間であることを嫌と言うほど思い知らされ、実家に帰ってきた。

働きたくても怖くて一歩を踏み出せない。

そんな自分の不甲斐なさが、余計に心に影を差すように感じながら今生きている。

話は変わるが、数年前、有名ボカロP20歳若さ自殺した。これが生前最後ツイートになる。

https://twitter.com/siinamota/status/624184390592000000

自分ボカロには疎かったのでこの人の事も知らなかったのだが、「気持ちはわかるなあ」ってなんだか謎の同意が心に残っていて、今でも思い出す。こんな無能同意されても気持ち悪いと思う。ファンの方がいたら本当にごめんなさい。

で、なんでこの話をしたかと言うと、自分の体が使い物にならないのを知ってしまったし、心は完全に働くことに対して及び腰だし、細かな体の不調がどんどん明るみに出てきて収拾つかなくなってるし、治すほどの根気も自分にないし。なんかこう、そういう膿のようなものが体にも心にもたまっているのを感じて、リセットしたいなあ、消えて無くなりたいなあ、と思ってしまうから

長年やってるSNSも心の支えだけど、長年やってるせいで「罵倒していいやつ」みたいな扱いになってて。オフで会ってもネット上でも言葉ボコボコにされるし。高卒無職とか言えずに大学生気取ってるから悩みの相談なんて出来ないし。

あと最近若い子がネットに増えすぎ。才能のある歳下がバンバン目に入ってきて痛い眩しい辛い怖い苦しい。自分は絵も描けないし文才もないのでエンタメ素養全然ないんだなって自己嫌悪が止まらない。

とりあえず趣味があってよかったとは思えるけど、リアルネットも本当にリセットしたいなあって思います

とりあえず自分でもわけのわからないまま吐き出してしまった。一文字でも読んでもらえたら自分負担分散するのかなって思います。いやもう書いてるこの時点でだいぶラクになったけど。以上。

2018-02-19

論文不正事件以後の早稲田

小保方氏がSTAP細胞に関する論文やらかしから4年、博士号取り消しの処分が決定してから2年以上の歳月が流れた。

小保方氏がメディアを悪い意味で騒がせていたちょうどその頃、僕は東京大学受験したものの点数が足りず、合格を貰っていた早稲田大学の某理系学科への進学が確定的となっていた。

世間マスコミは小保方氏と早稲田をぶっ叩きまくっていた。ガバガバ博士論文を通した早稲田はクソ、コピペ改ざんの小保方氏はクソ、STAP細胞存在しない!( ー`дー´)キリッみたいな感じで、受験に失敗した結果早稲田への入学が決定していた僕にとっては追い打ち、死体蹴りでなかなかの真顔案件だった。

「うるせぇ有象無象共!このまま早稲田が叩かれまくって僕が就職するときに『ええ?あの小保方さんの早稲田?』みたいなこと言われて不利になったりしたらテメェら責任取れるのかクソが!!」と大いに荒れていたことを今も覚えている。

話の本流からは逸れてしまうが、バッシングの果てに尊い人命が失われているし、人権侵害級の話もあったのでそのあたりについては壁に手をついて俯いた猿のごとく反省して頂きたいとは思う。とはいえどうせ反省を促してもマスコミ絶対反省しないで今後も似たようなことを繰り返すし、叩いた民衆自分が叩いた自覚を持って無くて全く反省しないだろうから無意味だとは思うが。炎上している誰かを叩いているとき、それはそれはきっと気持ちがいいのだろう。大義名分自分にあり、多数のうちの一人であって責任ほとんどない。さぞ楽しかろう。そういう奴が無自覚に人を殺し、人生を壊したりする。

あの事件個人的な話だが、僕にそういう教訓を与えてくれた。

話を本筋に戻そうと思う。

あれから4年間を早稲田大学で過ごしたが、小保方氏の事件はまあそれなりに早稲田反省を促したように感じた。

いつ頃だったかは忘れたが、小保方氏の学部時代所属学科である応用化学科の実験レポート剽窃発見され、かなりの人数が罰則を受けたと噂で聞いた。

理系における実験重要度は他の講義の比ではなく、実験単位を1つ落としてしまえばその他全ての単位をきっちりと取っていても5年生コース早稲田では4年生を2回というようなことは無く、『留年』すると5年生とか6年生になる)が余裕で見えてくる。剽窃発覚だと半期の単位取り消しと停学がセットでひっついてくるので、ほぼ確実に留年である

応用化学科は小保方氏以来、随分とそのあたりが厳しくなったという話だったが、それを裏付けるように大量BANの話が出てきたのでなるほどなぁと思った。

卒業論文を提出する段階で知ったことだが、早稲田大学では過去早稲田内のレポートや様々な論文類似度を数値化し、ちゃんと自分の手で書いたレポートかをチェックするシステムが稼働しており、インターネット越しの提出窓口から提出すると自動でそのチェックがかかることになっている。このシステムに引っかかってしまうと随分まずいことになるらしいが、実際どうなるのかは分からない。ただ研究室教授が相当めんどくさそうに言っていたので、まあそれなりにやばいことになるんだろうなと思う。早稲田なりの再発防止策、なのかもしれない。実際いつ頃から稼働してるシステムなのか知らないので断定はできないが、今の早稲田では剽窃はなかなかにハードルが高い状態になってると思う。

データじゃなければなら余裕で剽窃できるという話はあるが、実際に応用化学科の実験レポート(基本紙で提出)で剽窃が発覚してる例もあるし、その後も似たような話をちらほら聞いているので、抱えるリスクと得られるリターンをまともに考える頭があれば剽窃はしないという結論に至るような状況だとは思う。

コピペ博論通った件も、「科学における論文」というのが多分に性善説的に構築されているところがありその穴を突かれた感じなので、今のように定期的な見せしめBANと性悪説的なシステムを稼働させて威圧するというのは効果的だと一学生としては感じている。

ただまあ、学生の間では過去レポが出回っていることは事実だしそれを参考にして文言や順序を大きく変えて要旨を保つという方法ならシステムには引っかからないようなので、もう何かNARUTOの中忍試験編であった「カンニングするならバレないようにやれ」の試験みたいになってきている感じがしないでもない。こういうのはもう原理的に防ぎようが無い。早稲田に限らず慶応だろうと京大だろうと東大だろうとムリだ。まあ自分言葉で再構築できる程度に理解してるならOK感がしないでもないし、難しいところだと思う。

今はもう存在しない器具名をレポートに入れてしまう、文言が同じ、データが完全に同一、誤字脱字のタイミングが同じ。そういう頭湧いてるレベルのアホみたいなことをやる奴は少なくとも排除されて、それなりに労力をかけた人が馬鹿を見るような状況ではないので、まあ良いのかなと個人的には思う次第。

早稲田は随分と頑張ったと思う。

追記2018/2/20

コメントを見て、大事なことを書き忘れていたことに気付いたので追記を。

あの事件を受けて学生剽窃パージに怯えつつ暗く沈んだ学生生活を送ったかというと全くそんなことはなく、この事件を時折ネタにしつつたくましく生きていた。

狩野英孝の「スタッフ~~~~!」のネタになぞらえて「スタップ~~~~!」と叫んだり。

明治大のサークル愚か者が酒に薬を入れてやらかした件や東大愚か者女性下劣暴行を働いた件などの折、「さーて、どこまでマスコミで騒がれるでしょうか!!目指せSTAP超え!!」などと騒いでみたり。

論文を読んで英語で発表するという課題で、STAP細胞やその後の懸賞論文を持ち出してきて発表してみたり。

STAP細胞コスプレをした者も居ると聞いた。上記の若干寒い内輪ネタの数々ならまだ理解できるが、こればかりはあまりにも意味不明過ぎて首をかしげたことを覚えている。

「小保る」等という謎の単語が生じていたが、どうも意味は「剽窃がバレて大学から罰則を食らう」という意味らしい。

その他にも、話の流れの中で自虐ネタとして使われたりもしていた。

かのスーパーフリー事件早大生「あー・・終わったー・・」捜査官「終わってねぇよ」で有名な早大生による大麻栽培摘発などと並び、早稲田の恥ずかしい歴史に名を連ねてしまたこ論文不正事件だが、『きちんと真面目に剽窃などせずレポートを書いている学生』にとっては話のネタ程度のもので終わりそうだ。

早稲田大学当局反省した。しか学生反省していない。当たり前である。一部を除き大多数の学生は丸ごと剽窃等というアホみたいなことはしないか関係のないことだ。僕に限れば、自分したことではなくかつて同じ学び舎に居た誰かと大学過去にしでかした件のせいで、大学以外の帰属コミュニティで多かれ少なかれ色々言われたことで、薄いながらもむしろ反感のような感情すら持っていた。「は? 僕関係ないんだが。自分入学した時点でとっくに卒業していた奴の話なんか知らんがな」という感じである現在に至っては特に何の感情も伴っていない。「そんなことあったね」と微笑みつつ日本酒を飲むだけだ。

帰属する組織やそのかつての構成員のうち何人かが何かをしでかしたことで、組織のみならずその組織人員までもが色々と悪様に言われたりする事例は枚挙に暇ない。

「そういう人間を育てた大学なんだから、お前もそういう風に見られて当然」と言う人が居る。

恐るべき暴論である。つまり早大生は全員スピリタス女性を酔わせ強姦大麻栽培革マル派に属し論文コピペで提出する人間として見られることを受け入れろということである。他の大学も同様に、例えば東大生は全員所属組織の講堂を実力で占拠し全員女性局部ドライヤーをあてる人間として見られることを受け入れろということであるし、慶大生は集団女性強姦父親を刺殺する人間として見られることを受け入れろということである名大生はもっと凄い。同級生タリウムを盛り女性を斧で殺害する人間として見られることを受け入れろということである。頑張れ名大生。

悪質な組織所属しているからその構成員が悪影響を受けるというのは、一部は正しい。暴力団ブラック企業というのはまさしくそ典型であろうし、もっと卑近な例で言えば毒親が居る家庭というのもその1つだろう。

大学はどうか。日がな一日遊び倒すような人間が育ったり一部のアホ共が増長する程度には大学名による謎の権威があることは否定できない。だからこの面で大学の悪影響というのは認めるところであるしかし、全員がそうではない。

暴力団を辞めて反省必死正業で生きていく者が居る。ブラック企業を辞め、新たなブラック企業を生み出しかねない染まりきったブラック企業思考を改めて新しい環境邁進する人が居る。毒親反面教師として良い親であろうと心がける人が居る。

大学も同じことで、愚か者テレビを騒がせる一方、真面目に勉強して真面目に研究して、世界通用する成果を生み出す人や、大きな企業就職して働いて社会に貢献する人や、新しいサービスを考え出して会社を起こし、新たな価値雇用創造する人が居る。

当たり前のことではあるのだが、人や組織が何かをしたとき、それだけがその人や組織の全てではない。良い面も悪い面も持ち、多面性を持つものだ。

かつて何かしらやらかし早大の名に傷を付けた人も居るが、長期的な目で見るとそんなことを歯牙にも掛けない程に早大の名に(結果として)箔を付けてくれた先人達が居て、今の早稲田がある。

早大生は今日も元気に学んで研究して、アルバイトして税金を払って、遊んで色んなところでお金を使って経済に小さいながらも貢献し、そして高田馬場ゲロを吐いて地域ネズミと鳩をせっせと育てるのである

anond:20180218233746

二人の仲にソードの7がでました。これは7本あるソードのうち5本を抱えて逃げている姿のカードなのですが、どうやら相手の方とあなたとの距離を感じます。ただし逆位置で出ているので可能性はなきにしもあらず……なのかもしれません。相手の方をみてみますとワンドの2がでました。その方は社会的地位の高い人なのでしょうか? しかカードは逆位置です。ハードルが高いと思っていることの裏に何か意外なことが隠れているようにも読めます。一歩進める糸口にワンドの4がでました。これは平和や安定を示すカードです。相手の方と接する際にはガツガツせず穏やかな心で自然体で接するのがよいかもしれません。

2018-02-18

anond:20180216140851

滅茶苦茶ハードルの高い人を好きになってしまいました。

恋愛対象になれなくてもいい、少しでもそばにいられるチャンスがほしいです。

もう一歩進める糸口を、教えてもらえたら嬉しいです。

もうダメだ。

もうダメになってしまった。

人間ハードルは高すぎた。

人間にすらなれてなかったのかもしれない。

こんなこと書いてることが周りにばれたら奇人扱いされる。

でも、もうだめなんだ。恋人なんてできなかったし友達もいつの間にかいなかった。

それは作ろうと努力しなければできないんだろう?

もうダメだ。これは、うつによる視野狭窄なんだろうか。なんで幸せのために努力しないといけないんだ。ただ漫然と生きてるだけでなんでこんなに悲しくなるんだ。一思いに殺してくれ。

誰にも愛されなくていい。親を含めた全ての人間から記憶から外れて死なせてくれ。何で死ぬことに恐怖なんて覚えなきゃいけないんだ。こんなのもう無理だ。

どうしたらいいかからない。この前、夢で居酒屋友達なのかなんなのかよくわからない人間と何でもない笑い話をしながらふとした拍子に嗚咽を出しがら号泣してしまったところで夢から目覚めた自分も泣いていた。もうダメだ。もうダメだ。早く楽になりたい。マイナス人生プラスを目指すより、永遠ゼロの方がいいじゃないか

できそこないの遺伝子死ぬくらい許してくれよ。安楽死させてくれよ。自分死体発見して処理する人が可哀想からなるべく迷惑からずに死ぬ本人も楽に死ね方法を教えてくれ。もう無理だ。これ以上続けたくない。

anond:20180218183309

phaはめちゃくちゃハードル高くしてるほうだろ

能力の割に自信のある奴が嫌い

でも、そうやって生きられたら今よりもずっと楽しい人生なんだろうな、と思う。



世の中には、能力の割に自信だけはある人がいる。

同じことをやらせたら絶対に私の方が上なのに、何故か皆すごく自信満々なのだ

その人には他に誇れるところがあるとか、優れているところがあるという議論は置いておくとして、私はああいう人たちが心底嫌いだ。

嫌いというか、「頭がおかしいんじゃないか」とさえ思う。

でも時々、彼らをとても羨ましく感じることがある。



彼らの自信は、たぶん「絶対評価なのだろうと思う。

全てが全てという訳ではないのかもしれないが、凹んだ時に立ち直る為の自信の源は、全て自分の中で完結したものなのだろう。



私のように、何かができるようになったとしても「もっと上手い人はいから失敗だった」なんて考えないのかもしれない。

比べるのは他人ではなく過去自分で、それよりも上手くなったか成功だ、で終わるのかもしれない。



私も私の周りも、実力の割に自信がない人は日頃他人との比較をしがちだと感じる。

誰々より可愛いだとか、誰々より学歴は上だとか、自分を見る時も他人を見る時も常に「その人ではない誰か」が基準である



冒頭で言った「何かをやらせたら絶対に私の方が上」というのも、まさにその通りだ。

まれてこの方自信などない私は、ふと気がつくと自分他人他人他人比較して評価を下している。



自信の評価基準を外部に求めるというのは、たぶんあまり得策ではないのだろう。

世の中には自分より何もかも上手くやれる人がいる。上を見たらキリが無い。

世間の人々を基準にすると、「成功」のハードルも「満足」のハードルもぐんと上がる。



でも今までそうして生きてきたから、自分の中には「他人比較して上だという自信」しかない。

しかしその基準である他人」を超える人は、掃いて捨てるほどいるから、結果として自信は全く身につかない。

今更絶対評価の自信を身につけるやり方も分からない。



から私は、自分に自信のある人が嫌いだし、理解できない。

でも、本当はその図々しさが心底羨ましいのである

anond:20180218082906

まず、あなた中年・老人と思ってる女性でも痴漢はされ得るよ。信じられないかも知れないけど。そして中年女性は強く厚かましい…みたいな印象があるかもしれないけど、若くない女性は若くないという理由で、痴漢被害を訴えることのハードルが上がる。

かつ、「過去に一度でも痴漢遭った」なら、それだけで充分傷ついてるし、男性一般への恐怖や不安がどの程度落ち着いてるかは他人からはわからない。

女性男性に敬意を持てるとすれば、

どの車両でも痴漢を見掛けたら必ず注意するとか、車内で痴漢被害の声が上がったら(立場中立でもいいから)間に入って話を聞くとか、

そういう男性が増えて、もっと安心できる状態になれば敬意を持てるけど。

今みたいに、明らかに気づいてるのにシカトしたり、痴漢被害の声を上げても回りに知らんぷりされたり、挙げ句冤罪どうこうで攻撃されたり、ラッシュ時に騒ぐ迷惑な人扱いされるようなら、とても敬意を持つのは無理だよ。

anond:20180218103748

女性専用車両が「誰でも円滑に利用」できることに背いているのならば、この痴漢被害者も円滑に利用できる方法を示していただきたい」

「誰でも円滑に利用」できることに背いてないことは、すでに地裁判決で出ているという認識です。

鉄道会社責任を持って混雑率を減らす」

鉄道会社だけで解決できる問題ではないことは自明かと。

「肌感覚通勤時間帯の電車を知ってる人の発想じゃない」などという妄想が出てきたので、それは事実ではないと反論した

実際に女性専用車がない山手線利用者だったわけですから、私の勘は当たっていたわけです。

(ちなみに「妄想」という強い言葉を使ってしまう点がいささか感情的だなあとは思いました)

そしたら今度は「女性専用車のある路線通勤時間帯の現状について、肌感覚理解」などという何か別のハードルを持ち出してきた

これについては「女性専用車がある路線通勤時間帯の現状を、肌感覚で知ってる人の発想じゃない」と書くべきでしたね。そんなこと書かずとも自明だろうと考えた私の認識が甘かったです。

もう滅茶苦茶でしょう

それはあなた主観ですよね。

ちなみに女性専用車両がある新宿線使ってたこともあります

そうですか。都営新宿線は私も使っていますよ。

anond:20180218102353

>いや、そもそも相談件数自体が圧倒的に男の方が多いんだよ。

うん、それはそうでしょ。発達障害のことについて外部に相談するには、男の方が女よりもハードルはるかに低いよね。

男の発達障害社会に対して公言しても特に風当たりは強くはないけど、女は違う。

発達障害の女がいると言うだけで、家族のものが後ろ指を指される風潮が日本にはまだ残っている。

から女の発達障害は、存在のものが「無かったもの」として扱われる。実際には男と同じ数だけいるんだよ。

これも女性差別一種だよね。

anond:20180218103403

おかしいね

女性専用車両が「誰でも円滑に利用」できることに背いているのならば、この痴漢被害者も円滑に利用できる方法を示していただきたい」に対して「鉄道会社責任を持って混雑率を減らす」と返答したのがこのツリースレッド?の流れですよね

それに対して「肌感覚通勤時間帯の電車を知ってる人の発想じゃない」などという妄想が出てきたので、それは事実ではないと反論した

そしたら今度は「女性専用車のある路線通勤時間帯の現状について、肌感覚理解」などという何か別のハードルを持ち出してきた

もう滅茶苦茶でしょう

ちなみに女性専用車両がある新宿線使ってたこともあります

anond:20180218101507

なるほど、不当な差別に声をあげてよいハードルが男女間で違う(女性ハードルが低く、男性は高い)、という主張の人なのね。

残念ながら増田さんの立場には同意できないかな。男でも女でもハードルは一緒であるべきだと思う。

法的な差別の話ならそうだよね。

法的に男女に差別を設けるべきではないと思う(だから私は女性再婚禁止期間とか反対)。なので仮に女性専用車両法的根拠があるなら私は反対するし、そのような制度差別への抗議行動も正当なものだと思う。

でも、社会的には、女性差別がある以上、法的平等毀損しないやり方でそれを是正する必要があるのもわかる。

から、法的には男性も乗れるって言ってほしいんだよね。その上で、これは痴漢被害から女性を守るためのマナーです、痴漢ではない男性諸氏にもご協力いただきたい、と言われるなら、私はそのマナー尊重するし、そのマナーを敢えて破ってやるぜって主張してる団体はクソ野郎だなって思う、って話。

私の感想なんか知ったこっちゃない、多くの男性が「誤解」していた方が実効性が高いんだ、という反論には、まあそりゃそうやろなとは思う。ただ、だとしたら女性専用車両への抗議行動にも三分の理はあるよな、とも判断する。

anond:20180218094727

https://anond.hatelabo.jp/20180218093439 を書いた増田です。

なるほど、不当な差別に声をあげてよいハードルが男女間で違う(女性ハードルが低く、男性は高い)、という主張の人なのね。

残念ながら増田さんの立場には同意できないかな。男でも女でもハードルは一緒であるべきだと思う。

女性専用車両は「女性痴漢被害防止」と「男性利便性」を天秤にかけている状態でしょう。当然前者の方が重要はいえ、後者100%無視してよいとも思えない。うまくバランスをとるためには男性側の意見封殺しちゃいけない。増田さんの主張は「男はとにかく黙ってろ」に見えちゃうのがやっぱり怖い。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん