「孤独」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 孤独とは

2018-08-20

10人いた従兄弟は全員結婚した

年上の兄ちゃんも姉ちゃんも、年下の妹や弟みたいだったあの子達も、皆、結婚した。

そして皆それぞれの家庭の事で忙しくなっていく。

集まることも減ってきた。

孤独感が凄い。

あとは両親が居なくなったら、自分には親戚なんて言える相手はいなくなるのかも知れない。

いっそスッキリするような気もするけど、面倒臭さの解消と引き換えに手放すものに意外と価値があったような気が今更してきた。

孤独死の足音が聞こえる。

葬式を上げてくる人は行政の人なんだろうか。

寂しい。

せめて自分の好きな曲ぐらいかけて送り出してほしいものだ。

うん?

これビジネスになりそうだな。

孤独死しそうな奴と契約しておいて、死んだらソイツが気に入りそうな葬式を挙げる。

望んでいるならSNSにでも葬式映像を上げる。

こいつは意外と稼ぎを上げる?

でもなんか怖いなこのアイディア

そうだお前らこのネタあげる。

YO

YO

妖!

妖!

萌えアニメも見てないやつがオタクを名乗るな

ここ十数年で「オタク」という言葉意味はだいぶ変わってしまった。

オタクとは本来、根暗でクラスに友達はいないけど、コミケに集まって漫画やアニメなどの趣味をとおして仲良くやっているような学生たちに使われる言葉だった。

しかし今でいうオタクとは、特定事柄に凄まじい偏執を持っていて、ひたすら知識を貯め込むことで優越感を得る人間を指す言葉に成り下がってしまった。

言葉意味が何かをきっかけで変わってしまうということはよくある。しかしこの場合、たちが悪いのは「今でいうオタク」たちが自分たちのことを「本来意味オタク」だと勘違いして選民意識まで感じていることである。彼らはアニメゲームに嗜んでいる自分たちの好きなことを追及している高尚な存在だと勘違いし、それ以外の人たちは趣味も何もない流行に乗るだけのつまらない人間だと思っている。

それはまったくの間違いであり、流行りに逆張りするだけで自分を持っていないつまらない人間オタクのほうなのだ。彼らの大半は老害気質であり、見たくもないアニメを倍速で流し見、それを盲目的に批判し、SNS罵詈雑言を撒き散らしている。しかし、その流行アニメ老害には理解できない面白さを持ったものほとんどで、老害にとって馴染みの薄い今風の要素があって、老害以外には面白さが共有されているアニメはたらく細胞然り)なのである。彼らは好きなことを追及している高尚な存在では決してなく、ただの孤独懐古厨で、いつまでも過去にすがっている人間であり、それ以上でもそれ以下でもない。本来意味を持つオタクという言葉本質が最もかけ離れている。

それに加え老害声優にまで批判を加える。最近のヒットしたアニメ声優陣を見ればわかる通り、実力も容姿も兼ね備えたような人ばかり。元増田をみればわかるが完全にアンチ化しており、徒党を組んでTwitterリプライ欄で罵声を浴びせている。本当にアニメ好きな人たちに謝ってほしい。

もうこういう薄っぺらい人たちを”オタク”と呼ぶのはやめようよ。

anond:20180820070543

2018-08-19

anond:20180819123512

横だけど『孤独科学』はとても良かったのでみんな読んでほしい。

anond:20180819021032

『第三の脳』

『角の三等分

虚数情緒

『神はなぜいるのか』

孤独科学

無限の始まり

『しあわせ仮説』

社会はなぜ左と右に分かれるのか』

料理の四面体』

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議

Enlightenment Now

ルールに従う―社会科学規範理論序説』

anond:20180819023849

男の子の親をしているけど、孫が生まれるかどうかはそれ程大きな問題とは思ってない。

息子が子供を持てる稼ぎの仕事につき恋愛してアラサー辺りで結婚して相手子供を作る意思があり不妊にもならないかどうかは解らんし。

子供を作らない作れない人は珍しくなくなってきているし同性愛けが孫を見せられない訳ではない。

ただ自分の死後息子が孤独になるのは辛いから、恋愛が一切できないよりは恋愛している方が安心できる。

あなたの親がどんな考え方かは解らないけど、今時孫を作らない子供はそこまで珍しくないし孫を作れない事をそこまで気にしなくてもいい気がする。

あなた幸せそうなのが何より一番よ。

孫とか出来んもんは考えず、自分が安定して幸せになれる事を考えるのが親孝行だと思う。

2018-08-18

実家に帰っても、友達と会っても、仕事してても、その時はよくてもいまみたいに部屋に一人でいると孤独感に襲われて泣きそうになる。

近所で祭りでもやってるのか、賑やかな声が聞こえる、虚しい。

フェチ(最適化されたニッチ)が正義」の時代

昔は一般的に共有された「社会世間」に適応する、迎合するのが正義だった。

ニンジンピーマン好き嫌いせずに全部食べなさい』が正義だった。

フェチ時代では、『ニンジンピーマンしか食べない(=偏食)』が正義になった。

ルールが知らない間に変わっていたのだ。

フェチサイト管理人の『フェチ(フェティシスト)は、わがまま(自己中)』の名言が沁みる。

今日もまた「小部屋が孤独を甘やか」し、「ルール変更後の正義フェチを甘やかす」。

2018-08-15

anond:20180815160401

じゃあ他人言及すること自体操作ですね。

あなたの考え方なら、

不遜な生き方をするか

耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らすか、

それが嫌なら死ぬ

になりませんか。

お~い糞共~

まらない人生いきとるか~

お前らそんなんだからいつまでたっても底辺なんだぞ~

一人孤独に誰にも迷惑かけずに死ねよ~w

2018-08-13

anond:20180813212718

自宅仕事で誰にも合わずに過ごせるけど別に寂しくないよ。
こういう感覚遺伝子的な特性が強いそうな。
ただ社会的成功を収めてるとされる人は孤独に敏感だそうなので、
成功したいとギラギラしている若者
持たざる者(家族の助けが期待出来ない)であるならば、
ご注意されたしだと思う。

▼「孤独」を感じる脳の部位、特定される:研究結果
https://wired.jp/2016/02/18/pinpointing-loneliness-neural-level/

夏だから怖い話を一つ

最近は友人や恋人がいなくても結婚してなくても子供がいなくても

何が悪いのって感じだが

一人の人生尊重するって事では正しいけど

 

自分がそこまで信用できるかどうかってのは別問題

 

今の自分本心として一人が好き、煩わしいものが嫌いが

事実としても10年後、20年後、30年後、死ぬまでその考えが変わらないかどうか

親が死ぬ、少ない友人が更に減る、考えが変わる切欠はこの先、いくらでもある

 

これさえあれば自分は生きていけるという趣味が、いつか飽きるかもしれない可能だってある

 

人と交流して生きていく人生は気苦労が凄まじい去ろうが

孤独に生きても苦労はあるだろう

 

将来を考えるのは怖い怖い

大学生相当になったので、親に頼み込んで奨学金を貰って一人暮らしをする許可を貰ったのが2年前の年度末だった気がする。

1年半ほど一人暮らししたのでその記録というか反省なんかをば。

一人しかいない部屋で好きな音楽ラジオを流しながら本を読んだりプログラミングしたりするのはなかなかに良い心地だった。

学校に通いつつリモートワークでアルバイト研究したり機械学習勉強をした。友達と飲みに行ってみたり、女の子誘って飯行ったり。

一人の部屋に帰ってくると寂しかったけど、プログラミングしたり勉強したりして不思議と寂しくなんて無かった。でも彼女欲しい...。

エッチコンテンツ常識的範囲自由に楽しめる。上の階は足音ギシギシ音がうるさかったけどまあ住めば都ってなもんです。

その一方で、一人暮らししてみたらただ単に暮らしていくことがこんなにも大変なことかと痛感した。

食費、光熱費家賃生活必需品、出費出費と金は出ていくばかりで管理が追いつかない。

奨学金は月8万円、苦しいながらバイト給料と合わせてギリギリ暮らせた。貯金知らない子ですね...。

自分のことくらい自分で出来て当たり前、当たり前だけど結構難しいってこういうことかーとか、親ってこんなことやってたのかーって22歳にもなってようやく現実として認識した。

父さん、母さんありがとう

自分ご飯作らないと腹が減るし、洗濯しないと汗臭いオタクが数日もしないうちに完成する。オタクは服を洗濯してちゃん風呂に入って身体をきれいしろ自戒)。

当たり前だけど、今まで自分が出来ていなかったことだ。この機会にちゃん認識して実践出来たのはい経験だったしこれから必要になるスキルだ。

とりあえず就職が決まって、親を安心させることが出来た。内定式の案内とか来て「あぁ、俺就職出来るんだぁ〜」とほわほわ考えてる。

一人暮らしをやめることになった。

理由就職に際して引っ越す必要がでてきたので、その貯金的な意味合いが強い。

本当は一人暮らし孤独さに耐えられなくなったから。さっき寂しくないって言ったのにね。だって実家の猫に会いたい...。

実家に帰ってもまあやることは変わらないだろう。

勉強して研究してバイトして、生活する。でも視点は少し変わった(気がする)。

とりあえず卒業して学位が貰えるように研究がんばります

待っててな猫、あと数日で帰るよ。僕のこと覚えてるといいな。

2018-08-12

自問自答

Q.まだあの女が好きなのか

yes.

彼女以来まともに尊敬できる女に出会っていないから。

彼女は僕の元からさったけど、それでも時折詩のような存在になって僕の近くに現れる。

そんな女性はなかなかいない。

Q.次の女はどうだった?

セックスしている時にああ、この女は今僕のことでなくペニスのことをかんがえているのだなと思った瞬間にその女がただの肉の壁に思えた。

マスターべーションをしている気分になって悲しくなって、それからその女に触れることはできなくなった。

一度だけ、コンドームをつけずに女の体内に挿入をしたことを覚えているけど、その瞬間に女がそれまでの喘ぎ声を止めて冷静になったことは忘れない。

とにかく、結局セックスに始まりセックスに終わった関係だった。

多分、そこに詩がなかったことがよくなかったのだと思う。

Q.子供みたいな女のことは?

いい子だとは思ってた。

でもなぜか僕をゴミ箱のように扱って自分感情を投げつけてくるようになって耐えれなくなった。

ああ、この女は僕だから良いのではなく、自分の捨て所のない感情を投げ捨てる空缶だから良いと思っているのだと感じた。

この頃特に僕はそのように扱われる傾向が強く、他の人からも君ならいいと思ってと色々な感情を投げつけられていた。

そういう扱いにうんざりして、僕は孤独を選ぶことにした。

Q.孤独はどう?

最初死ぬかと思った

なんせそれまでの10年くらいは毎日人に囲まれて、誰かに求められてたから。

或る日突然、誰もいないところに行って1週間声も出さないような生活になったのだからそれは驚いた。

でも、時間が経って大分慣れたし、よく考えるとそもそも僕はこういう生活をしていたのだということを思い出した。

今は月に一人二人僕が誰かを知っている人間と会うくらい。

毎回何をしているのかを聞かれるのがちょっと怠いけど、そういう刺激も少しはあってもいいと思ってる。

とりあえず今は前みたいに毎日が刺激的である必要はないと思っている。

いずれ大きくどちらかに振り切れる必要があることもわかっているけど、そのためには準備期間が必要から

僕はそれまでに少しばかりの準備資金と、振り切る為の体力をつけておくつもり。

Q.色は見えるようになった?

僕が世界の色をいつ失ってしまったのか今となってはよく覚えていないけれど、前よりは少しだけ見えるようになってきたように思う。

とりあえず今は音楽コーヒー物語が僕の生活に彩りを与えてくれている。

2018-08-11

anond:20180811145417

もうひとりぼっちなんだよお前は

孤独が体をむしばんでいき、やがて・・・

anond:20180811111000

世の中に不満があるなら時間を変えろ

それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。

2018-08-10

よく気付いたね

anond:20180810185052

今気付いてよかったよ。今までここは変なやつしかいないって聞かされてたのに信じようとしなかったクチでしょ?

私も実社会でうまくいかなくて趣味世界に逃げてたからこっちの世界の方がよっぽどやばいって気付いてから孤独で病んだ。

社会にもまともな人間はいるし、もちろん趣味世界にも。おかしな人に深入りされないように上手くこの世界を泳いで。

いつか信用できる人生を共に歩める人と出会うまで生き抜いてほしい。

絶望して変な気を起こしちゃダメだよ。

コバルトブルー

明け方の空の色がとても似合う街。鳥のさえずる声と走る車のエンジン音は閉めっぱなしの窓が遮るが、なんとなく感じる。初夏の明け方の街はコバルトブルー。優しさと淋しさが半分半分の色。だけど果てしない色。まだ私が中学生の頃、初めてこの季節の空の色を意識した。その時にどう感じたのか思い起こそうとしたが覚えていない。だけどぼんやり思うのだけれど、明け方どんよりした気分になって疲れた気持ちなる。だから早く日が昇ってしまってほしい。

当時、夕暮れの茜色は私をひとりにした。母子家庭一人っ子だった私の母の帰りは日がまわってからだったので、毎晩ひとりで夕食を済ませ風呂に入り、眠りにつく。その繰り返しはいつも夕暮れに始まる。

ある日の孤独な晩、ベッドの上で眠れない私の片方の耳からビビビと聞こえた。蚊がでたな、そう思った。何か、羽のある小さな虫が羽をこすり合せるような音。

ひとりになると私は、誰から必要とされていない気がして虫の声すら聞きたい気持ちだった。虫でもいいから話し相手になってくれないかな。私は一面の緑の中に咲く孤独な花、この空からきっと嬉しく思われている。祝福されている。虫も喜んでくれる。

眠れないので、そんな素敵な世界の中に牧場を創り、羊を数えることにした。

ちょうど私が羊を7匹数えるとビビビと虫か鳴く。42匹目でビビビ、49匹目でビビビ。その音は優しくどこか懐かしく感じて、91匹、98匹、105匹目でその音は蚊の鳴く音ではないことに気がついた。耳鳴りなのかもしれないないと思いながらも確実にやってくるビビビをいつの間にか歓迎した。何度めかのビビビを聞いて私は眠りについた。

翌日もベッドの上で私は羊を数えた。だけど今夜、ビビビは来てくれなかった。私はとってもさみしい気持ちになって涙の海を作った夢をみた。

得体の知れないさみしさが、私の周りに海のように在って、私はとてもさみしがり屋だから私の周りの海はとても広大で果てしない。たまに舟がやって来て、それが紛れることもあるけれど、舟はどこかへ行ってしまったり沈んでしまったりで、私はコバルトブルーの海に浮かぶ孤島。朝になればコバルトブルーが白く覆われて孤島の周りに島が浮かび上がる。それまでの一晩中、ビビビと鳴くのは私の体。

本当はいつもビビビって鳴っているのかもしれない。だれかといる時も、ビビビと鳴っているけど、それは聞いていないだけなのかもしれない。

ビビビと鳴るたびに、なんだか安心してしまう。

心に感じるさみしさを埋めるように、ビビビとは、自分で創った音なのかもしれない。さみしさという海を畏れ、近寄ろうとしなかったが、さみしさに寄り添いあえば、さみしさはビビビと鳴き音を立てて、私を広大なその海で包んでくれて、ほら、もうさみしくないねって、ビビビは聞こえなくなっちゃう。

「こんばんは」

深夜に母がまた違う男を連れて帰宅した。明け方コバルトブルーに包まれて私は羊を数える。

2018-08-09

anond:20180809194126

大原扁理(未満)程度に働くのが最適解なのかなと…

働きたくない人間生活保護みたいなのは出来るかもしれないけど、社会破綻する可能性が結構高い+働いてる人からは受け入れられないよね、というところがあるので「無理・嫌じゃない・社会に関わることをできるだけ避けながらの社会性を得る(孤独のまま金銭を生み出せる程度のしごと)生み出せる社会構築」ていうことを考えないと辛さから逃げられんなあと思う。

あと、働きたくない(他者と関わりたくない)けど子供は作りたいという欲望も生まれるだろうし、生存を維持するための社会循環を考えないといかんのだろうなあ。

無理では? 子供を生みたいという人間社会性を失った形で存在しうるのかどうかは不明。ただ、社会性がない人が子供を作ったりする現実はあるので。

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/

名前があったんだ

カサンドラ症候群

これだ。全くこれだ。ずっと妻を苦しめてきた。

妻「言わないでもわかってほしい。頼んだ瞬間無意味になるものもある」

私「言われないとわからない。でもわかりたい。泣かせたくない。でもわからない」

お互い無力感だけを育てる日々だった。

「一方、夫婦となった途端に態度が変わる夫は、結婚後は妻を他者として認識しなくなるようだ。これまで妻にしてきたこと、言ってきたことを全くしなくなる。もはや妻の気持ち配慮する必要はないのだ。そのため会話もなくなり、むしろ独りでいたがり、妻は孤独に陥る。妻から否定裏切りになる。 」

これもあった。

相手を本当に尊敬している。

性格から見た目から価値観まで全部を愛してる。

妻の日常の何気ない行動を気高く、品があるなと思える。

見知らぬ人に親切で、真面目に働き、でも私を優先してくれて、いつも笑顔で、いくつになっても少女のようで。

そして私のなんの悪意もなく行ったことにいつもひどく傷ついている。

こんなに好きなのに、うまくいかない。

結局今は家庭内別居に落ち着いている。

妻は私を家族だと思わないと「期待」をせずどこまでも優しくでき

私は妻を一緒に住んでいる他人だと思うとビジネスのように接せるのだ。

私にとってビジネスのように接するというのは、今まで知り得た人間機微空気の読み方をデータとしてストック活用し(2秒以上の沈黙は納得していないと翻訳できる、今度とつけるときは逆に予定を曖昧にしたいとき、等)、多大な疲労を覚悟して、なんとか相手不愉快にさせず切り抜けることに全力を注ぐ、の意だ。

この人はそんなことをしなくても私を見捨てない家族だ、と思うとそれが停止するので前述の引用状態に陥る。やっとリラックスできる、と思って本来自分の考え方のまま楽に振る舞うと、なぜか相手が泣いてしまう。

からどこか冷ややかに、こういうこといっておけば喜ぶんだろう?という気持ちで吐いた言葉に本当に喜ばれてしまっては「感情を重んじる割にお前ら演技されて本当に嬉しそうだな」とうがった見方になってしまう。

変わりたいな。頭を強打して今日から普通の人になれたらいいのに。

人は特定相手を想って寂しさを感じる

長いこと一人暮らししてるけど、特に困ることはないし寂しいと思うことも暇を持て余すこともない。

仕事で人と話さなきゃいけないからむしろ1人でいることがストレスを緩和しているようにも思う。

今は特定相手がいないからそこに落ち着いているんだけど、つきあっている相手がいる時はそうじゃなかった。連絡を待っている時間に暇を待て余したり、1人でいることに孤独感を感じていた。

から寂しいとか人恋しいという人は、特定相手を想って言ってるんだなと思う。

本当は1人で完結することもできて、だけど相手に何かで埋めてもらうために自分でも気付かないうちにそのための隙間を作ってる。

それが何のためなのかはどれだけ考えてもよくわからない。

2018-08-08

anond:20180808163742

イメージ」「感じ」ということは、そういう場面を描きたいんじゃなくて、そういう場面を想像した時に受ける「感じ」を読み取って欲しいのか。

全然からない。

まあ、細い裏路地ということだから、隣の家があって、暗くて、ジメジメしていて、猫などがいたかもしれず、隣から生活音が聞こえたかもしれない。それが乾いて冷たい石でできたかべで隔絶されてしまうということ? 孤独孤立、断絶、隔絶、石の冷たさ、乾き、硬さ、静けさ、のようなイメージ

2018-08-07

低能先生はてブ増田という刹那的な場でしか活動しなかったというのは本当に孤独さらされてたんだなという気がする。

継続的表現を出来なかったという証左かもしれない。

ネットリンチ(と認識していた現象)に対して何か反論し、状況を打開すべきと考えていたなら、やはり継続し、積層する物が必要だったと思う。

俺もこのままだと人殺しちゃうだろうな。殺さないようにアーカイブサイト作るか…。

2018-08-06

anond:20180806214452

じゃあ孤独俺様カップルを作れるように助成する、ってのならまだ分かるがねえ

2018-08-05

孤独な夜の過ごし方

どうしようもなく孤独な時

独り身の人ってどう過ごしてる?

朝になったところで、

明日、行くところもない。

異性の存在が欲しいけど

こういう時に、会える人もいない。

瞑想するにも修行が足りなくて集中しきれない。

明日筋トレくらいはしようと思ってる。

野菜は摂ってる。

とりあえず、今、どう乗り切るか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん