「利権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利権とは

2021-05-11

諸悪の根源医師会

ワクチンにしたって注射くらい海外みたいに薬剤師とか獣医とかちょっと訓練したボランティアに打たせればいいのに

医師会利権のために医師業務として独占しようとするから悪い

そのくせちょっと仕事が増えたら医療崩壊だなんだピーピー泣き言言ってる

選手選手立場で物を言っているのはいい、だから俺も小市民立場で物を言う

オリンピック中止しろ

わずかであれ国際的利権運動会なんかで

俺や俺の家族死ぬ可能性が高まるのは許せない

2021-05-10

利権まみれのGo Toイート等は早過ぎるくらい早く始まって、利権が得られないワクチンは遅い

分かりやすいね

合理的コロナ対策をすると殺される可能性がある

まずここでいう合理的コロナ対策というのは私個人理想としている、より多くの医療支援ワクチン接種支援、水際対策ロックダウン等の強い蔓延防止規制実施のことであるが、 そもそもこれらの対策合理的ではない可能性について考える必要がある。例えば、これらの強い対策を実行した場合に、甚大な経済的ショックの影響で仮に5年間に5万人の死者が出ると予想したとする。そして対策をしなかった場合の死者数は4万人と予想したとする。実際には経済的な損失額なども含めるかもしれないが、そのような予想の比較を行ったうえで対策をしないことが合理的であるという結論に達する可能性はある。

この場合、私個人理想とする対策合理性に欠く判断だということになるだろう。しかし、もしそれが真実だとするなら、これらを正しく国民に伝えれば良いのではないだろうか。そういう観点からも、やはり現状の対応合理的対策とは言えないと思っている。(伝えてしまうことで結果が変わってしまうことを恐れている可能性はある)

ここからが本題だ。

では何故合理的対策がなされていないのか?

今回の1年以上にわたる対応を見ていて誰もが思ったはずだ。

「誰でも良い。政治トップ合理的判断を行える人材に変えた方が現状よりはマシだったのではないか?」

と。少なくとも私は何度もそう思ったし今でもそう思っている、そう思いたい。たか私利私欲のためにどうしてここまで非合理な判断がなされるのだろうか。そう考えた時、一つの仮説が浮かび上がる。殺されるのではないか

合理的コロナ対策をすると何者かに殺されるのではないか?もちろん家族を含めて。

今の政治は私が思っているよりもっともっと腐敗していて、いろんな利権が絡み合い、合理的判断をすることで殺されてしまうのではないか。そうだとすれば、たとえトップを変えたところで同じように自分家族の命を人質に取られてしまい、同じ非合理的対策を行うしかなくなってしまうだろう。

どこかで潮目が変わってくれることを祈りつつ、今はこの理不尽な世の中に耐えるしかないのかもしれない。

2021-05-09

anond:20210509232825

招致したら得する人(広告代理店、関連の業者五輪にかこつけて予算を引っ張ってこれる界隈の政治家など)が「五輪は全体にとってこんなにお得です!」って言ってるだけだぞ。別に全体にとって得だから招致してるわけじゃなくて、得する一部の奴らがロビーイング頑張って招致する方向に持ってってるだけだぞ。利権というのはそういうもんだろ。

進め一億火の玉だ

ついに中世ジャップランド ジタミディストピアが完成されてしまった。

一部の国民利権ヤクザである肥え太った上流階級と、「小中高生修学旅行?知らん知らん!俺たちは走りたいんだ!やーのやーの!」なアスリート様方しか得しない五輪国民は命をかけろ!

太平洋戦争最中平和暮らしたかった一般国民の気分ってこんななのかな。

2021-05-08

オリンピックやめろ!と声高に叫べない人たち

大学研究者をやっているが、声高に「東京オリンピックを中止にしてくれ!」と言いづらい弱みがある。

2021年夏に強行開催されそうな東京オリンピックについて、国民の大半はそっぽを向くか諦めの境地に達し、海外からはCOVID-19に関連した大きな健康リスクを指摘されている。それにもかかわらず、日本政府財政会、大企業マスメディアは、オリンピック名目にしてどれだけ甘い汁を吸うかしか頭にないようで、ろくなCOVID-19対策計画することも透明で開かれた議論をすることもなく、自分たち安全な高みに身を置いて、無謀な開催に向けて国全体を追いやっているように見える。

COVID-19ワクチンの確保や接種にも大きく遅れを取っている日本がこの夏にオリンピックを開催することなど、あまり現実離れしているように思える。私個人としては、スポーツは好きで自分でたしなんだりもするが、このような状況ではオリンピックなど中止にしてほしいと思う。しかし、大学研究者として仕事をしている身からすると、そう簡単に中止を訴えられない弱みがある。

その弱みは、スポーツ大学で行なわれる研究も、その資金の多くが税金でまかなわれており、産業に直結したわかりやす有用性を即座に示しづらいという共通点に由来する。多くの税金現在進行系で喰い潰しているスポーツの祭典オリンピックを中止せよと主張することは、この非常事態にCOVID-19に関連しない「役に立たない」研究には税金を投入するのをやめよといった主張と地続きである。人びとの声や政府スポーツにおける資金の流れを意図的コントロールしはじめたら、次に、その矛先は基礎研究芸術などにも向くことだろう。

このアナロジーでいくと、選手オリンピック開催の中止を訴えてもらうことが筋違いであることもわかる。選手たちはオリンピックを始めとする大会があるおかげで活動を続け生活費を稼ぐことができる。たとえ大会理念が歪められ利権にまみれていても、現場のいち個人の力でシステムを変えることができない以上、スポーツ界全体を危険さらし得るオリンピック批判をおいそれと口に出すことはできない。研究だって同じようなものだ。ムーンショット研究開発制度のようなばかげたプロジェクトに年間数百億円もの資金が使われているが、十分な説明一般理解なしにそうしたプロジェクト批判をすれば、運営交付金や基盤研究のような比較的広く浅く交付される研究費まで減額されたり廃止されたりしかねない。

もちろん、IOCの主導するオリンピックスポーツ界のなかでも例外的な悪玉であることは多くの人が認識するようになったことだと思う。商業主義が席巻し、利権と私欲にまみれ、もともとの理念すら失ってしまった醜い怪物。そうしたオリンピックはやはり例外であって、オリンピック非難することは、スポーツ全般やひいては研究への資金の流れを制限することには必ずしもつながらないと楽観視することもできるかもしれない。しかし、欺瞞に満ちた前・現政権の態度を見ていると、政府のほうが積極的にそうした「読み違い」を演じて、オリンピックに対して叫ばれる中止の声をわざと曲解し、今後、スポーツ研究への支配を強めてくる恐れが大いにあるように思えてしまうのだった。(日本学術会議の件を思い出してほしい)

税金で大部分が運用されている点でスポーツ界と研究業界構造類似しているため、下手にオリンピック中止を叫ぶと、あらぬところに飛び火させられて、国から交付される研究費を減額されたり停止されたりするのではないか。そうした恐れから、正当な主張が声高にできなくなっている研究者は多いのではないかと思う。また、大学研究業界に限らず、そうした恐れのあてはまる業界はほかにもたくさんあるだろう。

政府が人びとの声にますます耳を傾けなくなっていく状況で、日本という国はどうなっていくのだろうか。

オリンピック選手批判は本当に間違っているのか?

最初に断っておく。

今回の主題は「オリンピックを開催するべきか?」ではない。

いや、私はオリンピック開催には否定的なのだが、言いたいのはそこじゃない。

ここでは「オリンピック道義的問題があるときアスリート批判は間違っているのか?」について話す。

下衆の極み俺ら

池江選手ツイッターに長文を投稿したこと話題になった。

どうやら池江選手に「五輪出場を辞退して欲しい」とか「五輪開催に反対して欲しい」というリプライが届いて戸惑ったらしい。

おーけーおーけー。そりゃ確かに戸惑うだろう。

簡単に「じゃあ五輪辞退します!」とはできない。それだけ選手は多くのものを背負っているからだ。

この話題に対して俺らのアルピニスト 野口健が次のような投稿をした。



『下 衆 の 極 み』

凄まじい表現だ。普通は血の通う人間に向かってこんな言葉をチョイスしない。

アルピニストの強い怒りが感じられる御ツイートだが、ちょっと待って欲しい。

本当に五輪開催の有無についてアスリート意見を求めてはいけないのだろうか?

というかアスリート五輪開催について社会的責任を負うのではないだろうか?

少し考えていこう。

抗議のために試合を辞退した大阪なおみ選手

今回の報道を受けて思い出したのは昨年のW&Sオープンを辞退した大阪なおみ選手

彼女人種差別に抗議するために試合を辞退し、これを受けた大会側が正式人種差別に抗議することで一件落着となった。

当時も散々議論になった大阪選手のこの行動について強調しておきたいことが2つある。

ひとつは、これは大阪選手だけでなくバスケ野球など多くのスポーツ同時多発的に起きたムーブメントであること。

そしてもうひとつは、別に大会主催者人種差別を行ったわけではないということだ。

まり大阪選手を含むアスリートたちは「大会人種差別への抗議声明を出さないのは道義に反する」と考え行動を起こしたのだ。

もう少し視野を広げてスポーツの外も見てみると、このような話はたくさん出てくることがわかる。

例えば今年の3月に、グラミー賞会長女性蔑視発言人種差別的な審査基準理由に、3組のアーティストグラミー賞ノミネートを辞退した。

(元会長女性蔑視発言ときいて何かを思い出さずにはいられない)

主催者側に道義的問題があるとき参加者がその問題について黙っていていいのだろうか?

少なくとも海外アスリートアーティストは「No」だと答えるだろう。

沈黙したまま大会に参加するのは道義的問題肯定していると考えるからだ。

感染拡大におけるアスリート責任は?

森前会長が辞めたことで、女性差別という問題は(建前上の)解決となった。

寒々しい解決ではあるが解決解決。これで五輪に参加するアスリート差別加担者の誹りを免れることができた。

ならこれで万事OKだろうか?もちろんそうではない。

いま問題になっているのは五輪開催による感染拡大、つまり大会主催者側の人命軽視の姿勢

この感染拡大問題アスリートにとってより直接的な道義的責任が発生する。

なぜなら人々はあなたたちアスリート応援するために密になり、感染が拡大し、人が死ぬからだ。

アスリートはそのことをわかっているはずだ。わかっていて、しかし見てみぬふりをしながら大会に参加する。

そして、人が死ぬ

もちろんそうはならないかもしれない。

五輪開催時にはコロナはすっかり収まっていて、みんなで肩組んで国歌を歌いながら応援するかもしれない。

だがそんな馬鹿げた楽観論で行動するようならアスリート失格だと言わざるを得ない。

そもそもアスリートのための大会なはず

いまはすっかり寒々しい響きになってしまったが、五輪は「アスリートファーストである

建前上は頑張るアスリートのために五輪は開かれるのだ。

アスリートのための大会なのに、アスリート五輪開催について意見を求めるのが"下衆の極み"なのだろうか?

いつからアスリートはそんな特権的職業になったのだろう?

まだ幼い高校野球青年ならいざ知らず、いい大人自分の行動によって与える社会的影響について無知でいていいはずがない。

五輪あなたたちアスリートのために開催されるイベントだ。

そしてあなたたちアスリートには、海外アスリートがそう示したように、大会主催者を動かすだけの影響力がある。

その責任と影響力を認識しておきながら「自分たちはただ競技に集中するだけです」という態度は許されて、

アスリートにその影響力を行使して欲しいと願うことは"下衆の極み"なのだろうか?

私は"下衆の極み"だと切り捨てられた人々の気持ちがわかる。

もうすぐ90歳になる私の祖母はい東京に住んでいる。その東京にいま五輪という名の変異フェスがやってこようとしている。

それをなんとかして阻止したい。その気持ちが私には痛いほどわかる。

オリンピックは聖域

言いたいことは大体言ったので少し感情的なことを書き殴る。

ここまで読んでくれてありがとう。以下は読まないでもいいよ。

オリンピックのむかつきポイントは多すぎて何から言っていいかからないが、

ひとつには「オリンピックを聖域にしていること」が挙げられると思う。

私たちはこれまでどれほど「オリンピックから」と我慢を強いられてきたのだろうか。

オリンピックから」の一言で我々は楽しみを奪われ、ただ働きさせられ、汚職利権沈黙させられ、そしていま命までもが軽んじられている。

オリンピックを聖域にした結果がこれだ。

そして野口健の「最もやってはいけないのはアスリートにその刃を向けること」という発言も、その聖域の延長にあると私は考える。

はっきりいって、これがオリンピックでなかったら多くの選手が声を上げていたはずだ。

しかオリンピックからオリンピック特別しかたのないことだからアスリートは人命軽視にすら抗議しない。

それどころかオリンピック選手までもを聖域化して、それを批判する行為を"下衆の極み"だと断ずる。

アスリートがなぜそんな特権的地位にあるのか私は理解に苦しむ。

頑張っているから?頑張っていれば批判されない特権を得るのか?

ちがう。

アスリート経験的に、頑張ってさえいれば自分批判されにくいことを知っているのだ。

批判されないか五輪道義的問題があっても目を瞑る。

どうせ日本人馬鹿から始まってしまえば感動して自分たちを称賛するだろうとわかっているのだ。

だが、少なくとも私は、もしも五輪開催によって私の大切な人の命が失われたら、全てのアスリート軽蔑スポーツを強く憎むだろう。

追記(5月10日

読んでくれて、そしてコメントをくれてありがとう

上記文章最後に「全てのアスリート軽蔑スポーツを強く憎む」と書いたせいか

スポーツマンvsスポーツ苦手マンといった構図のコメントがついてしまった。

やっぱ軽率な書き方をすると良くないね反省

この構図は、当然ながら私が意図したものとは違う。

個人の話をするならスポーツは好きだ。素朴に体を動かすことを楽しいと感じる。

ではなく、私が言いたいのは「見る人に元気を与える」という名目の元で行われている産業スポーツ

それらスポーツに関わる者は本当に批判してはならない聖域なのだろうか?ということだ。

個人スポーツ好きだろうが嫌いだろうがそんなことはどうでもいい。

私は、普段は「見る人に元気を与えたい」などと吹聴しているアスリート

元気以外に与える自分の影響力には無関心であることを、たまらなく気持ち悪いと感じるのだ。

義務教育が成長しなさすぎててワロタ

今年中学になった子がいるが

・このデジタル時代にもかかわらず、相変わらずの教科書利権すごいな。「子どもには重い教科書を背負わせて成長曲線を緩やかに!かつ苦痛を味わせるべし!」みたいな二宮金次郎崇拝でもあるのかと思うレベル

宿題無理やりやらせてると本当に勉強嫌いになる可能性見えてます?(あっ、そもそも奴隷勉強きじゃなくてもいいのか)そしてスクールGIGA構想で一体何がしたいんすか?SDGs掲げてるんだったらもうちょっと多様的用途あるでしょ?(そうか格好だけでやってんのか〜現場大変だしね〜)

・「連帯責任」という大義名分を掲げ、同調圧力を煽るなよ

・人様の子どもに主観的評価を下す内申制度、まだあるんですね?笑っちゃいます

ここまで書いても腹立たしいけど、文科省経産省仲良くやってるくせにこれは酷いわ。イーター計画ムーンショットなんかぶっ飛んだ構想掲げているくせにこれはあんまりじゃないの。相変わらずの「奴隷教育

考えるな!従え!!

そしてよき駒であれ!!

(我が子には、無理だとおもったら直ちに抜けろと伝えてある)

追記

予想通りゆだぼんアンチ沸いててワロタ

もっと真面目に言うと、支配構図が変わらない限り日本公教育はまず良くはならない。これが分からないなら話にならない。おそらく大多数はこの話の意味すら分からんだろう。可能なら親(自分)がかけられるだけの金を子ども投資するもよし、(但し将来見返りがなくても子どもを責めるなよ)支配構図の影響が出来るだけ及ばない生き方模索するもよし。ちゃん自分の頭で考えましょう。

日本を取り戻す」の意味がようやく分かった

から安倍さんの「日本を取り戻す」ってワード理解できなかった。「日本を復活させる」とか「日本を立て直す」とかならわかるんだけど「取り戻す」って一体どこから?という疑問。そして取り戻す対象としての「日本」のアバウトさ。当時はなんとなく「民主党から政権を取り戻す」って意味かなと思っていて、えらく内向きなキャッチコピーだなと思っていたんだけど、昨今の動きでようやくこのコピー意味理解出来た。この人達が取り戻したかったのは利権だったんだね。そしてこのコピーは、同じく利権を取り戻したいと考えている人たちに向けて発信されていて、一般国民蚊帳の外だったんだね。「復活させる」でもなく「立て直す」でもなく「取り戻す」という言葉が使われた理由理解して本当に悲しくなった。政治家は一体どこを向いて仕事をしているんだろう。愛国者とは一体。

2021-05-05

なぜ地方議員後援会なる組織が成り立つの

anond:20210505100500

言及エントリへの反応をみて、そもそもなぜ地方議員後援会なる組織が成り立つのかというところの認識が薄い人が多いようなので、床屋談義レベルだが一市民としてちょっと書いてみる。

増田には初投稿だし普段は長文を書かないので見苦しいところもあるかもしれないが勘弁してほしい。

なぜ後援会に入るのか

ネットではたまに「生活保護を断られても、共産党系地方議員と一緒に窓口に行けば申請が通る」という言説を見かける。

生活に困窮したときには共産党が頼りになるから支持しようという内容だ。

個々人にとってはわかりやす利益であるため、こういった投稿を行っている人の何割かは実際に共産党員であったり、その議員後援会に入っているだろう。

地方議会自民党系がなぜ強いのかというと、似たようなことをより大規模に昔から行っているからだ。

なぜ自民党系が強いのか

地方議会議員構成

ここに総務省が出している「地方公共団体議会議員及び長の所属党派人員調等」という資料がある

https://www.soumu.go.jp/main_content/000741469.pdf

都道府県議会議員に占める自民党の圧倒的な割合が見て取れる。全議員のおよそ半分は自民党所属である。圧倒的だね。

ただ、市町村議会議員構成に目を向けると、自民党より共産党、それよりも公明党所属議員のほうが多いことに気がつくと思う。無所属議員は全体の7割を占める。

もちろんこれにも理由があって、市区町村レベルだと権限的に争点にそれほど差が出ないか無所属で推薦をつけてもらって出馬したほうが国政の影響を受けにくいかである

地方議会目的

ほとんどの市町村都道府県内で近隣の市区町村人口を奪い合っているし、都道府県国内で近隣の都道府県人口を奪い合っている。

人口が増えれば需要が増え、需要が増えれば仕事生まれる。仕事が生まれれば人口が増える。

こうした循環が生まれれば地方自治体はより長く存続できるし、その状態になるように(ほとんどの)地方議員法律範囲内で頑張っている。

そしてもちろん各政党地方組織は、その選挙区出身国会議員がより多くの仕事地元に生み出すことを期待している。

利益誘導型の政治

ここまで書けば察しのいい人にはわかると思うが、自民党地方組織は他の政党よりより多くの仕事斡旋していて、市民生活の安定に寄与しているから強いのだ。

仕事斡旋というのは、公共事業仕事を創出したり、企業誘致したり、生まれ仕事に対して人員を紹介する縁故採用、今風に言うと中途採用リファレンスチェックの役割を(広島みたいな例はあるにせよ)合法的果たしてたから強いと言い換えられる。

もちろん「日本人口減ってるやんけ!地方とか壊滅じゃん!」というはてなーもいるだろうけれど、そもそも戦後から70年で人口は5000万人くらい増えているし、その間この利益誘導に世話になった人はまだまだ現役であるはてなー自身はこの仕組の世話になっていなくても、親族か友人か、縁者のだれかは利益を得ているだろう。

なぜ後援会に入るのかの段落で会員の個人的な恩について触れたけど、これは地方議員所属自民党でも共産党でも同じ問題で、支持先を変えてもらうには

自身(もしくは縁者)を助けてくれた恩人に対して、その恩人の仕事と直接関係のない問題で恩人の生活を奪う

という選択をお願いすることになる。地方議会議員の選出は直接選挙なので、よりダイレクト個人意志が反映されるのは言うまでもない。N世議員が強いのもこのためである

我々は利益誘導型の政治から決別できるのか

無理なんじゃないかな。

核融合発電みたいな実質無限エネルギー人類が手に入れれば長期的にはなしうるかもしれないけれど。

自分の家のとなりに合理的な立地だからといってゴミ処理場や保育所米軍基地発電所ができることを歓迎する人がいないように、日本より感染者数が多くて大変そうだからインド日本の確保したワクチンを優先的に融通すべきという人も見かけない。人間自分が得るはずだった(と感じた)利益に敏感だし、損を極端に嫌う。

与党は当時世界中で奪い合った高確率利益の出るオリンピックという利権国内誘導できたが、コロナ禍でそれが一気に負債の印象に転じてしまった。ワクチン確保についても国民の期待に沿えるスピード摂取が進んでいない。国民から国際的利益誘導に失敗したと判断されているのだ。

政権利益誘導に失敗したか誕生する新政権が、利益誘導を期待されていないわけがない。

じゃあ野党はどうすれば政権交代できるのか

2009年政権交代はどういう戦略で戦ったか
自身への期待値を上げる
相手への期待値を下げる

運輸と農家地方自治体への利益誘導郵政民営化地方組織の弱った自民党からの乗り換えを促し、サブプライムローン問題という日本単独では不可避の事由で攻め立てている。この手法はさすがドブ板選挙を得意とする地方地盤精通した小沢一郎で、もし小沢氏の考え通りに与野党大連立が発足していたらマニフェスト云々も有耶無耶になっているだろうしねじれ国会もないしで、その後破綻するにしてもそれぞれに政権担当能力がある二大政党制誕生していたかもしれない。

結論

いま同じ手法が取れるかというと、民主党支持率が低すぎて自民党内部に離反を促せないし、野党連立でも支持率足りないし、そもそも現状で国民に対して明確な利益提示できていない。たとえば二回目の一律十万円が本当に効くのなら与党がやるに決まっている。その層を狙っても選挙に勝てないと分析されているのだ。地方への利益誘導である GOTO も反対しまくったし、処理水問題を突けば辺野古の二の舞。民主党内の予想よりワクチンの配布が早かっただろうし、全国均等配布だから配分を問題にするのも難しい。今後は現金をぶら下げれば動くとみなしている浮動票を狙って戦っていくのだろうか?無理じゃない?都道府県利益誘導して地方組織ごと寝返ってもらわないと。

というわけでコロナ禍にあって内閣が変わる現実的路線は、次回総裁選での菅氏の辞退だろう。

余談

そもそも市区町村議員市区町村利益になることをすれば良くて、もっぱら扱うのは条例であって憲法法律ではない。

決まった支持団体のない有権者はおそらくそ区別がついていて、地方選挙憲法がとか国政がとか、明らかに権限外のことを訴えている組織票を持っていない候補者はたいてい落選する。

しか増田やらはてぶユーザーやらTwitterには地方行政と国政の区別がついていない、もしくは中央集権を支持していて地方自治がすごく嫌いなんだな、という投稿がたくさん見受けられる。

物事には理由があって結果があるのだが、大きくて抽象的で万能な仮想敵を想定していても駄目で、ちゃんと地に足ついた理由を見つけだして適切な行動を取らないと、あなたの行動に結果がついてこないよ。

脚注つかえないのか……

追記修正

anond:20210505184056

なんで立憲民主党だけだと思うのか逆に疑問

既存政党は表でどんだけバチバチやってようが裏では取引してるんだよ

それこそ共産自民だって地方議会利権分庵とかまできっちっりやって秩序が崩れないようにしてるんや

そんなの当たり前

anond:20210505171723

障がい者は出来損ないだし

女性産む機械だろ

そいつらみたいに俺たちにも利権くれよぉ

2021-05-04

政治に疎いんだけど、野党同士ってあんまり足の引っ張り合いしないよね?

個人的な印象だけど、バッシング受けてるのって、

圧倒的に与党自民党で、次いで、自民党への対抗勢力筆頭である立憲民主党

で、たまによほど馬鹿な事言ったりやったりした党って印象。

国民からは。

政治家同士では自民党(&公明)vsその他って感じじゃないですか。

コロナ対策とかで、国民なんちゃら党の玉なんやら木さんが、そこそこそれっぽいことを発信してたけど、それなりに拡散しつつもなんか盛り上がってなかった。

こっちは素人だし、あーゆーので野党同士でもガンガン意見交わしたり是か非か表明してくれないとなんの判断もできないのよね。

実際はやってるのかもしれないけど、普通に生きてたら野党同士の抗争ってあんまり目にしない。

利権とか派閥とかで分かれてるんじゃなければ、ここは協力できる、ここは反対ってもっと活発になると思うんだけど、自民党ばっかり相手にしてるのは気のせいなのか。

そういう構造になるのか、この国の制度的なのでは。

野党一丸になるのなんて無理なんだろうけど、蠱毒はいわないけど野党同士でチャレンジャー決める戦いをもっと積極的にやって発信してくようにしてくれたほうが、野党も強くなるし、与党もうかうかしてられんな、と本気で色々取り組むと思うんだけど、どうなんだろう

anond:20210504201554

anond:20210504175800

クソ長いし全然読んでないけど一つだけ聞くわ

で、 お ま え ら 家 族 は ど こ の 政 党 に 入 れ て た の ?

自民棄権はい自業自得

あ、この書き込み野党に対する感じが悪くなりました?(笑)

いいですよ、どうせ感情投票先選んでるんですもんね。最初から期待してないんで(笑)どうせ最初からだろ。価値観変えるには痛みが必要なんだよボケ

今の政治グダグダはお前ら有権者が選んだ結果だから。好きでしょ?自己責任。それとも今までさんざん自民選んできたくせに今更自己責任不条理だとか言うんですか?w

加計オリンピック利権誘導型の政治してるってわかってたよね?国民ことなんか考えてないし緊急事態条項とかもそうじゃん、肉屋を支持する豚お前の親が〇〇されたから騒ぐのか?

苦しんで死んで辞世の句は野党がーかな?w

俺は正しい投票先を選んでいるんで。君もちゃん政治というものに向き合った方がいいよ。

anond:20210504210534

与党野党政治家は、俺らより頭いいし勉強もしてるし「政治人を動かすこと)」に特化してるとも思ってるよ。

残念ながら能力はあると思う。でなきゃ感染真っ只中に税金使ってGoToなんて実行できないって。

無能」に見えるのはこちらの期待と政権与党が目指してることが違ってるからだと思う。

こっちはコロナ収束を期待してるんだけど、向こうは「どうやったらこタイミング自分利益を最大化できるか」「今までの利権を維持できるか」が目的になってるから行動がズレるんじゃないかな。

から見て無能と思えることだったらむしろ、見えてない事情があって動いてるんだと思うよ。

anond:20210504200747

わかるわー

コロナで明らかになった日本利権日本医師会だよな。この後に及んでも民間医者ほとんどコロナのための病床数確保に協力してない。日本医師会が自民支持団体から

二大政党制

何でもアメリカに憧れて二大政党制が正しいんだってなってる人がいるけど

アメリカって国内貧困に関心がない政治後進国でしょう

一大でも二大でも結局は同じお友達しか取り引きをしない利権によって支えられるものしかない

政党10年で自動解党制にしたほうがあらゆる利権リセットされていい

理想フランスみたいに政党が現れて消えていくサイクルだと思う

anond:20210504191320

やらなくてもいいことをやる方法を何故考えなければならないのか。

やりたいのは利権吸ってる連中とスポーツ選手くらいでしょうに。

anond:20210504165507

もっともだが何か経済施策をすれば誰かしらは損をするわけで

資本主義ってほんの一部の強者利権を持ち続ける状態にあるからこれをどうにか是正たかった。。。。

2021-05-03

医療自業自得」で外出自要請国民が従わない

歯科医にも注射を打つのを手伝ってもらうという政府提言には、

ワクチン接種が利権である日本医師会が反対しています

結局そうなるんだよな。

国民には「一丸になって我慢しろ」と居丈高説教するくせに、

医療界・医学界は全く一枚岩になれずバラバラ

マスコミ医療医学界に気兼ねしてこういう状況を全く指摘しない。

anond:20210502201619

N501Y変異株は空気感染するし高齢者じゃなくても重症化するって話だけど実際はどうなんだろう。

自分が、もし東京関西在住なら引越しを考える。

でも、自分が仮に地方在住なら、そういう目的で引っ貸してくる首都圏住民嫌悪感を持つかも。

もっとも、今の勢いが続くなら、地方でN501Y変異株が蔓延し始めるのも時間問題かもと感じる。

もしかして、今こそ(ワクチン利権ハブられている)イベルクチンの出番では?

自分は、イベルクチンを1週間に1錠飲んでいるけど、安心感全然違う。

北里大学HPにイベルクチン論文がアップされているので、興味があったら読んだらいい。

自分は臆病な方なので、イベルクチンがなかったら、東京大阪には絶対に行かないし、地元商店街にも絶対に行かないと思う。

飲んでいるのは、アリエクで5〜20ドル(1錠あたり約5〜20円)で売っている家畜(牛・豚)用イベルクチン英語とかでググりまくって、成分・中身は人間用と全く同じだということを確認した(人間用には申請承認されていない)。

アリエクで「ivermectin」で検索したら出てくる(人間用に承認されていないので、飲用は自己責任)。

自分場合、(15ドルくらいのを1週間に1錠7.5mg)飲用しはじめて1カ月以上経ち、体調は快調、かつ「安心感全然違う」のは間違いない。

2〜4週間位で届く。

2021-05-02

自分の中で評価が変わった

サラリーマンなんかやってると管ちゃんとか吉村みたいなのがいてどうにもならんわな、現場は大変だなみたいに思ってた。

ちゃん吉村自分なりに一生懸命やってて、それが明後日の方向になってて裏目の結果が続いてんだなとは思っていた。

吉村なんて下手に決断力があるからタチが悪いっていうかね。決断バカだよね。ちょっと成功したベンチャー社長みたいな感じ。スピードスピード

ちゃん利権とか経済とか回すのに苦労してるんだなと思うよ。それで成り上がったんだもん。

でもまぁ、今の変種でもうダメだなと思う。直接の原因はなくとも結果責任とらないとダメだなと思う。

プロセス一生懸命だったかもしれんが、目を覆いたくなるような結果になっている。国民の何割かは自制がすっかり緩んでいる。

これは、もう一回引き締めたかったらクビ出すしかないと思う。それでも失ったものは取り返せないだろうけど。

anond:20210502205034

自分らの利権のことだけ考えても選挙直前に全世界コロナ万博開くのは愚かとしか言いようがない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん