「利権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利権とは

2018-04-20

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

2018-04-19

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

anond:20180419180553

F1レースクイーンでも提示された問題ですな。

結局、取材する側にも下心があるからセクハラ問題が出てきてしまう。

省庁の場合プレスリリースちゃんとして、記者会見オープンにし、個人的な接触を禁止すればこのような問題も起きなくなるんだけどね。

記者クラブ利権を持つマスコミが、このようなセクハラ対策賛同するとも思わないけど。

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

anond:20180419011553

奴隷階級の貧民は従順で街中で殺されたりすることもまずないし

自分奴隷役やらなくていいくらいの金や利権があるなら間違いなくトップレベルで住みやすい国だ

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

2018-04-18

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

2018-04-17

結局憲法改正を阻むために安部叩きしてるだけ

自衛隊という存在を叩きたいだけ

日報で叩けなくなったから次のネタを持ってきただけ

獣医学部で騒ぐのは獣医師会の支援を受けてるから

籠池で騒ぐのは土地利権が絡んでるから

そういうことなんだよ

正義がないからピンとこないんだよな

新聞軽減税率適用されたら、新聞を購読するのをやめる」という人が結構いて笑える。保身のために政府に頭を下げて利権を貰ったのに、講読者は減ることになりそう。ずるいことをしたら結局損をするといういい例

2018-04-16

僕が共産党シンパをやめた理由

ちょっと前まで、熱心な党員というほどではなかったけど、共産党を支持していた。

僕が日本共産党を支持していた理由は、共産主義の信奉者だからでもなく、護憲にご執心な

労働組合員でもなくて、共産党なら新しい風をふかしてくれそうな気がしたからだ。

共産党はその古めかしい名前とは反対に、日本の凝り固まった風習を壊そうと頑張っている。

労働改革には最も真摯に向き合っているし、経団連解放連などの利権に真っ向から立ち向かっている政党だと思う。

すくなくとも維新を名乗りながら庶民よりも関西経済界に媚びうってる党よりもそうだ。

でも最近、志位が共産党の重鎮に頭があがらないというニュースを見て、急に熱が冷めてしまった。

自民党の一番嫌いなところだった、もう死にかけのジジイ権力をもっている、という事実共産党にもあてはまってしまった。

当たり前だろ、ともいわれそうだが、どんな政党だろうが結局はジジイ権力を持つ、という現実に嫌気がさした。

なんかい政党はないかな。

できればジジイのいない政党で。

2018-04-15

anond:20180415184759

から著作権法違反非親告罪化すればよかっただけなのに

キモオタ同人利権絶対手放したくなかったからこのザマよ

anond:20180413232223

まぁそんなジブリも結局上の連中は責任を取らずに居座りジブリ利権の蜜を吸い続け

下の連中は解散という名の首でちりじりになるというw

こういうところもふくめていちいちアカだよなって思うw

2018-04-13

anond:20180413154755

『もしあなたのおっしゃるような「利権を貪る」ような行動』

はこの場合JASRACのような利権をむさぼる行動」になるわけだが、警察入ってるのか?

そもそも利権とは言ったが、JASRAC最大の問題創作者と視聴者の分断による音楽コミュニティへの被害と俺は思うんだが

あんたの話は、金や違法性だのメーカーだのばかりで、まるでコミュニティの発展を意識してないんで嫌気がさすんだ

anond:20180413152610

利権を貪る、とありますが、JeSUそもそも一般社団法人」という非営利団体です。

一応運営費職員給料を支払うことはOKですが、その程度のお金しか儲けることができません。

もしあなたのおっしゃるような「利権を貪る」ような行動をとった場合、すぐさま警察調査が入るでしょう。

それにライセンス料もせいぜい数千円です。

運営費からすれば微々たるものでしょう。

ここの逆張りマン全然知らなそうだけど

JESUは今後オリンピックE-Sports系の種目が来るとして高い確率採用されるであろうゲーム

まったく認定タイトルに入れていない時点でガラパゴス利権路線なのは確定してる

っていうかオリンピックとか国内代表を選出するときどうするんだろ

anond:20180413143036

JASRACみたいな利権むさぼる団体にならないかをみんなは心配してるんだよ

言及マジで言ってるなら頭の中お花畑業者人間

大きな団体、国が、多くのメーカーが、実体を語らず権威づけばっかしてるし

JeSU自体違法かなんて心配してる奴はいないし、問題の要点を理解してない奴は黙っててくれ

anond:20180412225659

かねてよりゲームゲームセンターとユーザーコミュニティに属し、そしてゲームのこれからを考えている一企業人としてコメントします。

こちらも結論からしますと、「あのままではesports業界にとってプラスであるどころか、大きく後退、下手すれば崩壊させかねない事件になりかねなかった」ということです。

彼らがあのままの方法論でことを前進させようとしていたなら、間違いなくあなたが望んでいる「ゲーム大会が増える」きっかけは失われたことでしょう。

ここで、この場にいる皆さんに一番に知っていただきたいことは、ゲームは他のスポーツと大きく異なる点があるということです。

それこそが、風営法管理されているという事実です。

大半の人はここで?となるかもしれませんが、この事実を受け入れることが出来なければこの議論前進できません。

なぜなら、ゲーム風営法管理されるようになった理由が結果に応じて金品のやり取りを行いやすいという側面をゲームが持っていることにあるからです。

みなさんもゲーム勝敗ジュースくらいは賭けたことがあるのではないでしょうか。

予め規制を設けて置かなければ、それがより高額なものに変わり、気がつけば金銭のやり取りが行われていたとしても不思議ではありません。

営業する側においてもゲーム結果に対して金品を提供するようなことがあれば、ユーザーが過剰に料金をつぎ込んでしまうようなことも容易に起こり得ると言えるでしょう。

まりゲームは、規制無くしては賭博の温床になる危険性を秘めているものだと考えられているのです。

そのために、不特定多数人間が集まる場所ゲームを用いて営業を行うためには、それが賭博になってしまわないように様々な規制が作られることになりました。

それが場所制限時間制限、年齢の制限、賞品提供制限などです。

ゲームの結果に賞品を提供することが禁止されている理由は、つまり、それが容易に賭博連想させることを防ぐためであり、賞品を獲得したいという気持ちプレイヤーを過剰に惑わせてしまうことを防ぐためでもあります

これらが守らていることではじめて、ゲームを使った営業健全営業として認められることになります

しかし、実際に行われようとしていたことは、それを真っ向から否定することでした。

二枚舌を持って自分たちの都合の良い説明を行い、その実、自分たち安全けが守られるように法令回避していましたわけですが、それは賭博行為を誘発しかねない危険な行動だったと言えるのです。

参加者から費用を集めてそれを賞金に充てることは、プロ世界においてもあきらかに賭博判断される行為です。

もしあの説明鵜呑みにして、自分たち独自プロ認定を行った賞金制大会を開く団体が現れたとしたらどうなっていたでしょうか。

ゲームにおいて公然賭博行為が行われてしまえば、それはesports業界のものの存亡の危機だったと言えるのではないでしょうか。

もし仮に、その事実をもって自分たち安全性をアピールしようなどと考えたいたのであれば、それは、esportsの未来を考えることでも何でもなく、他人危険晒してでも自分たち存在の正しさを主張したいだけの実に利己主義的な考えに他なりません。

それでもなお、あなたが望むような存在だったと言えるのでしょうか。

ここで皆さんに考えていただきたいことは、esportsが今後盛り上がるために最も欠かせない要素とは何かということです。

皆さんもお気付きの通り、それは「高額賞金」ではありません。

これも結論からしますと、ずばり「集客」です。

ボクシングの高額なファイトマネーが動く試合イメージしてみて下さい。

大きなホールにすし詰めに観客が溢れ、テレビでは最も視聴率が稼げるであろう時間帯に放送され、その内容は世界中のメディア報道されることになります

彼ら観客は、高額なファイトマネーがかかっているからその試合を見たいのでしょうか。

もちろんそれも欠かせない一要素かもしれませんが、それよりも、世界で一番強い人間を決めるために選手同士が生身で殴り合い、世界で一番強い人間が決まる瞬間を見たいからではないでしょうか。

からこそ高いお金を払ってチケットを買うし、それだけ人の目が集まることがわかっているか企業も高額なスポンサー料をその試合に払うことができるのです。

では逆に、プロ化をしたにもかかわらず、今ひとつ話題に上がらないプロスポーツを思い描いてみてください。

あなたはそのスポーツを、足を運んででも何度も観戦したいと思えるでしょうか。

彼らが苦労しているのは、つまり集客です。

選手タレント性、ゲーム話題性、スポーツのものの魅力など、様々な要素によって集客力は作られ、それがあって始めてプロスポーツは成り立ち、プロ選手が憧れの職業になりえるのです。

あなたがおっしゃる通り大会には莫大な費用がかかります

それを賄うためには、どれだけプレイヤーがいても意味がありません。

その大会を、お金を払ってでも見たいという観客を集めなければならないのです。

その中で高額賞金は一つの要素でしかありえません。

もしその賞金が、自らの製品を売りたいために大会採用されているゲームメーカーから支出されることになれば、それは消費者の過剰な購買欲を刺激する行為にほかならず、景品表示法賭博の罪に問われることになってしまます

これら法律はesports業界の足かせでもなんでもなく、善良な一般市民メーカーからの不当な搾取から守るための大事な盾と言えます

国内プロスポーツさえ集客に苦戦しているの現実の中で、esportsはどうやって集客成功することができるのでしょうか。

見る側にどれだけわかりやすくエキサイティングにesportsの魅力を伝えることができるのでしょうか。

業界団体が話し合うべきことは、高額な賞金の拠出の仕方ではなく、こういったことが優先されるべきだと言えます

加えて、esportsが正しく推進されるためにはもう一つの壁が存在しています

それが、安全ゲームができる場所問題です。

先程あげた通り、ゲームで商いを行うには風営法存在を切り離すことが出来ません。

許可を得ないで不特定多数ゲーム営業として提供すれば、違反行為と言えるわけです。

これはアミューズメント用、家庭用に限った話ではありません。

たとえ家庭用ゲームであっても、それを用いて集客営業を行えば当然風営法許可必要になります

更に言えば、これは営業をする側だけの問題ではなく、プレイヤーを集めてイベント主催しようとする個人にも関わってくる問題です。

運営費用を賄おうとしていただけにもかかわらず、その運営の仕方を一歩間違えれば営利目的と取られ、風営法違反になるどころか、賞品を出すなどすれば当然賭博の罪にも問われることとなります

いままではゲームセンターがそれを管理する立場にいたために大きな問題は起こりませんでしたが、オンラインゲームが当たり前になってきた世の中で、PC、家庭用ともにそれらリスクが再浮上しはじめている状況と言えます

メーカーは自社の利権を守ることだけでなく、メーカーファンであるユーザー安全を守るためにこうしたリスクに対する話し合いを率先して行うべき状況にあるのではないでしょうか。


あの事件きっかけに、真の意味でesportsが健全に、プレイヤーにとって安全に成長するための議論が活発化していくことを心より願ってやみません。

ここまで、ゲームとesportsの明るい未来を夢見る小さな1ユーザー意見に耳を傾けていただいてありがとうございました。


最後に断っておくと、この筆者はeportsの賞金が話題になった時に同じく名の知れることとなった彼の方ではありません。

知識も議題に対する切り口の鋭さも、ご覧の通り遠く及びません。

ただ、多分に影響を受けているのは事実で、彼の方に迷惑がかかってほしくないために一筆加えさせていただきました。

anond:20180412225659

ユーザーレベルコミュニティ醸成して遊んでた所に、興行師が我が物顔で踏み込んできた挙句勝手ルールで取り仕切り始め、御大層にスポーツ祭り上げて商売にしようとしやがる。

蓋開けてみたら案の定、碌でもない勝手都合のルールだっただろうに。

だいたいヒゲが信用できない筆頭。先行利権握って権威をひけらかして何でも牛耳ろうとする業界の癌。このまま発行部数と共に消えて欲しい。

2018-04-12

anond:20180412201926

から負担は背負わず利権だけよこせというのが、例えばあのキラキラクォータ制なわけでしょう

(※キラキラしたものにだけクォータ制を求める行為の意)

anond:20180412201626

横だけど、仮に女が男の利権(男社会利権)を手に入れたとしたら女の方が苦労する気がする。

過労死や、戦争における戦死は女がほぼ全てを負担することになるよ。

anond:20180412201433

男が女になりたい理由より逆が少ない理由を考えた方が早い

女が欲しいのは男の体じゃなくて男の体が持ってる利権から

2018-04-10

anond:20180410154944

しかに。印鑑屋さんだとオリジナルから安全って言うけど別にそんなことないよねって思う。

利権かな。

2018-04-08

とりあえず相撲公益財団法人返上しては

相撲公益法人になった2014年以降ほとんど税金を納めず補助金を貰っている

1)税引前当期一般正味財産増減額、2)法人税

2014年度:1)▲8億2,960万円、2)232,400円

2015年度:1)2億1,270万円、2)151,400円

2016年度:1)6億3,897万円、2)151,400円

宗教のような優遇を受けているわけだが、近年特に酷く腐敗してるのって相撲の稼ぎを独占できて税制優遇される利権に寄ってきたクズ達で上が固められてしまたからでは。

公益財団法人は公にとってプラス存在でなくてはならないが、今回の不祥事により日本イメージを著しく損害した、海外から見て中世のように遅れたレベルの劣る差別国だと印象付けた相撲が何かプラスな事をしているだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん