「タグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タグとは

2017-06-25

https://anond.hatelabo.jp/20170625113152

これはひどいタグってそもそも何を「ひどい」って言ってるの?

これはひどいタグって、何がひどいか、わからないことがよくあるよ。

タグのついた記事を例に挙げると

  ↑ これは、「ひどい」のが、「須藤凜々花」ってのは、わかるけど

  ↑ これは、「ひどい」のは、「今井絵理子」なのか、かの女を「底辺」と断ずるこのダイアリーの著者なのか、よくわからないよ。

 「これはひどい」って、昔からブサヨネトウヨの書いたものにつけていたけど、知らない人が見ると、今井絵理子の例みたく、どちらが批判されているのかしているか、わからないことが多いよ。

なぜくつ下は縮むのか

知る限り全てのくつ下は乾燥機に入れると縮む。

縮んだところで伸びて履けるので問題はないが、心理的に良くない。

乾燥機の普及していない日本からだめなのかと、アメリカブランドlow heat in dryerと書いてあるものを買ったがこれも縮んでしまった。

大きいサイズを買って縮むことを前提にするしかないのか?くつ下の素材なんて知らないが化繊だからだめなのか?

2000円までのくるぶし丈ではない頑丈でシンプルな、かつできれば機能性の高い乾燥機(強)で縮まないくつ下を求めているのだが、店員製品タグ乾燥機は使えない一点張り

何が何でも乾燥機を使うことは譲れないのでくつ下メーカー企業努力をしてほしい。

そして同じ悩みを持っていたがこのくつ下なら、というメーカー出会った人がもしいればぜひ教えて欲しい。

そしていつか同じ悩みを持つ同士のために、各メーカーのくつ下を乾燥機に入れて何%縮んだかを記録するブログを作りたい。

これはひどいタグ付けてる人

はてブで「これはひどいタグ付けてる人って、あとで「これはひどい」を纏めて見るつもりでやってるの?ヤコペッティかよ。

全然理解できないっていうか、ほかに理由あったら教えてもらいたいんだけど。

これはひどいタグ付けてる人

はてブで「これはひどいタグ付けてる人って、あとで「これはひどい」を纏めて見るつもりでやってるの?ヤコペッティかよ。

全然理解できないっていうか、ほかに理由あったら教えてもらいたいんだけど。

2017-06-24

ピクシブの死ネタタグの扱いがむかつく

常々思ってんだけどなんでピクシブの死ネタタグ地雷避けオンリーみたいな空気になってんの?

女性向けだけなのか?

 

AB 死ネタ

A 死ネタ

B 死ネタ

 

とかで検索してる人もここにいるんで、どうぞ地雷避け的なマイナス面ばっかり見てないで死ネタ好きユーザーに届くように死ネタタグをつけることをご検討ください。

男性向けのセーラー服とかポニテかぐらいの性癖マッチング意味合いポジティブに死ネタタグつけて欲しい……

 

 

推しの死ネタが読みたい。見たい。いいねしたいしブックマークしたいよ……

2017-06-22

ラジオ実況タグ荒らしの謎アカウント

https://twitter.com/qumranroswellx/following

ラジオ全局の実況ハッシュタグをつけて

意味のわからないことを投稿してくるウザい連中なんだけど、

こいつら(ていうか多分複垢だろうけど)何なの?

なんの目的があってタグ荒らししてるのか、知ってる人います

https://anond.hatelabo.jp/20170621235103

へえ、そうなのかと思ってリンクを踏んでみると、思った以上に異次元ランキング及びタグになってて吹きだした。

中身は怖くて見れない。

一方で「女性に人気」の方はというと、YOIと図書館戦争だらけ。

こっちはこっちでかなり個性的文化作ってるように感じる。

人気の作家とその熱心な読者が中心にいて、

そこに食いこもうとする人がワラワラいるみたいな状況なのだろうか。

2017-06-21

サイト名と記事タイトルとを分ける「-」と「|」の違いって何?

titleタグにはどれを使えばいいの?

ハイフン - Wikipedia

みたいに「-(ハイフン)」を使ってるサイトのほうが多い感じがするけど、

厚生労働省 (@MHLWitter) | Twitter

みたいに「|(バーティカルバー)」を使うところも多い。

 

役所は「|」を使ってるサイトが多い印象。

朝日読売日経等主要な新聞メディアでは「:」を使っていた。

2017-06-20

アイドル結婚宣言騒ぎがあったけど

PR】ってタイトルについてる記事PVが下がるのと、

彼氏アリ】ってタグがついてるアイドルは売れなくなるのって同じようなものかな、と思った

2017-06-17

ここに一人の腐女子がいた

彼女ネットで「BLは隠れろ隠れろ!腐女子はこんなに迷惑をかけてる上に自浄作用がない!」という声が大きいので、BLは隠れるのが正しく、腐女子は多くが迷惑存在なのだ自分はそんな風にはならない、と思った

少し経つと、彼女は男オタクが鍵もかけずにツイッターなどでエロを公開し、ニコニコ動画卑猥コメントを書き散らしていることなどに疑問を抱いた。そんなに腐女子が、腐女子けが悪いのか?

はじめは、「腐女子は男オタクガーとか責任転嫁するな!男オタクだってマナーを問われてる!」と言われて納得しようとしたが、

次第に疑問や不公平感は大きくなり、そんな時「腐フェミ」と呼ばれる人たちが「女ばかり、腐女子ばかり自重しなければならないのは不公平!それは差別だ!男オタク自重しろ!」と言ってくれた。BL解放論には、未だに「隠れるのが正しい」という考えが抜けず乗れなかったものの、男オタク自重しろ、と一緒になって言った

そんな腐フェミ敵対関係にあったのは、男オタク中心とする表現規制反対派。しかしある日、表現規制反対派の人たちが「腐女子自重しなくていい。自由にしていい」と言ってくれた。自重派の腐女子と戦ってくれた

https://togetter.com/li/950038

これこそが表現規制反対派の正しい姿なのだ腐女子表現の自由も守る。腐女子隠れろが正しいと信じていた彼女の前に新たな道が拓けた気がした

しかし、そのたった2ヶ月後、「カラ松なんとか我慢大会」というタグトレンド入りした

オタクも女オタクもみんなそれを叩いた。腐女子は隠れろ隠れろと騒いだ。タグ作成者炎上した。垢消せと責められ、あちこちまとめサイトに取り上げられ、謝罪後も許されなかった。

隠れなくていいなんて嘘。うっかり表に出てしまったらどんな目に合うかをまざまざと見せつけられた。

表現規制反対派はだんまりだった。何人かはチラホラ擁護していたが、殆どはだんまりだった。

腐女子はどうしていいかからなくなった

はてなでは右翼キャラID左翼キャラIDを使い分けてるんだけど

やっぱ右翼IDのほうがメタブクマ集めやすいね

そんな気はしてたんだけどさ

俺の右翼センスが良すぎてメタブ集めやすいのかと思ったけど

そんなことないね左翼がすごい監視してるんだろうね。すぐメタブしてくる

あるとき間違って左翼ID右翼コメントしちゃった事あったんだけど

速攻でメタブタグ付けられる[ネトウヨ]とか[爆死しろ]とかね


逆に左翼IDは強烈に書き込まないとあんま盛り上がらないね

安部しねレベルじゃ全然

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170426231119

すでにTBで回答されてるけど「ちんこ入れてる方が攻」で「入れられてる方が受」だよ。

男女のSM場合で女が男にサービスする場合は「女攻め」と「男受け」、あるいはM側が「男責め」みたいになるようなもんだ。

ここまで前提。

元増田が言ってる「精神的な部分」は「シチュエーション萌え」として解釈されている。

二次創作場合、同じカップリング ((「A攻×B受」と「B攻×A受」は、作品キャラが同じでも実質的に【完全に別ジャンルであることに注意。)) でも人によってキャラクター解釈は違うし、人によってキャラクター二人の関係性の受け取り方も違う。

から同じカップリングジャンルでも「飛影はそんなこと言わない」は大凡発生しまくるし、その状況にも「地雷」という名前がついている。

「攻が受に依存する」というシチュエーション女性向けの中では王道中の王道で、「依存萌え」と名前がついている。攻が受がいないと生きていけないという状況はロマンチックで人気があるし、それを実は受が操っていたというシチュエーション悪女萌え典型だ。pixiv なら作品ジャンルによっては「黒(受キャラ名前)」などのタグが付くくらいに定着している。

で、攻×受が2パターンしかないのに対し、シチュエーションは星の数だけある。それにいちいちラベリングして棚を作っていくのは難しいし、描き手にしたって自覚的でない場合もある。

からアニメイトが棚をカップリングの攻/受で分けるのは実利にかなっている。まんだらけだって20年前からそういう風に棚作ってたし、そもそもコミケサークル作品/攻・受で配置を決めるんで、ちょっと同人を知ってる人なら「今さら何言ってんの?どこの世界から来た人?」っていう感じではある。

そのように「●●(のアナル)が△△(のペニス)を強姦するので『●△』のタグ付けときますね(はぁと」みたいな奴が発生して「それは襲い受だ」と即ボコられているのを偶に見かけるくらいには、攻受の概念固定化されています

それがいい悪いは別の話だし、細かい部分では「●+△」「●△●」「同軸リバ」などの概念もある。

そこからも外れたい人は「カップリング表記なし/主要キャラ」「オールキャラ」のラベル選択していく。

 

 

男性向けの棚では人気ジャンルだけはそのコーナーがあるけど、その他は「百合」「ショタ」「男受け」「母子もの」と性癖(と作家)の区分で棚を作っていく。それに対して、女性向けは作品キャラで棚を大きくわけて、そこからキャラ関係性(攻受)>作家、と並べていく傾向にある。

どちらも顧客が何を求めているかが反映された棚作りをしているわけですね。

2017-06-15

現実妄想区別

今回の同人誌の件で表現規制しろなどとは言わないが、ああいものは悲しい

俺はHSP気味で、他人が酷い目にあっていると勝手共感して自分も辛くなってしま

しかも、その他人がどれだけ辛いのかをこれまた勝手想像し、感じる辛さが無限に増加していって最終的に精神に大ダメージを食らう

これのおかげであらゆる創作物を楽しめない

このことを説明すると現実妄想区別がついていないとよく言われるが、区別なんてつくはずがない

そういう人が言う現実妄想区別とは、脳が受け取った情報をうまくタグ付けして適切に処理しろという意味

これは現実から対処すべきだ、これは妄想現実じゃないか特に対処不要だって具合に

だが、人間五感から受け取る情報現実妄想だとタグ付けしてみた所で、抱く感情は同じなんだよ

2017-06-13

フケツ

フケツという感覚は、いわゆる不潔と違う気がする。くさいとか、フケが浮いてる、メガネが汚れてる、歯が汚い、そういうのも、もちろん嫌ではある。

周りにある男の人がいて、良い匂いが嫌味で無い程度に漂う、シュッとした人。頼りになって話が楽しい大人男性だ。

その人が使っていたある物に、体毛が付いていた。

その瞬間、フケツというワードが浮かんだ。同時に、女子高生の話をしていた時の表情もリンクし、その人は「どうもフケツで気持ち悪い気がする」というタグけがされた。

いや、体毛がその人のとは限らない。ひょっとしたら巡り巡って私のかもしれない。女子高生の話だって、こうしてやったぜウヘウヘ、という表情とは限らず、いつもの笑顔だったかもしれない。

でもなんかフケツだな、という、決定的なものだった私にとっては。それまでは、憧れの存在ちょっと良いなと思ってたのに、一回タグ付けされると、サジェスト機能のごとく、おっさん フケツ 気持ち悪い、というワードが張り付く。

そもそも何でおっさんフケツ、は、気持ち悪い、なんだろか。分からない。でも、だいたいその場の女性空気が凍りついたり、ひいたりする共通認識だ。

二人でやることに、特別価値見出していたのに。例えるなら子供の頃好きだった絵本のように、誰にもじゃまされない私だけの特別世界だった。それがいまや。数百円でいつでもどこでも売ってる週刊誌ゴシップのような…。

もうあの夢のような世界はない。夢は夢のままにしてくれない。フケツとは現実だ。

2017-06-12

働き始めてから5年間ずっと同じ仕事

働き始めてから5年間ずっと同じ部署営業をしている。

そろそろ新しいことがやりたいととてもモヤモヤしている。

正直今の職場に条件的な不満はない。あるとしたら異動が少ないことだけだ。

給料も満足できる額をもらっている。

チームもいい人が多い。仕事はそれなりにできるようになってきて、面白みもある。

でも、このままでいいのだろうか。

上司も好きだ。厳しい人だけど最近やっと認めてもらえるようになってきた。

意見を言っても聞いてもらえる。

だけど上司にしてみれば、やっと戦力になってきた私を手放したくないのではないか

周りよりも私に重い仕事を振ってもらったり、期待されているのを感じる。

でも今の仕事より、新しいチャレンジをしたいという気持ちが強い。

会社風土的になかなか異動は難しい。

でも自分希望するポジションに空きがあれば異動は可能と言われている。

過去一度異動を希望し、向こうの部署からOKが出て動きかけたこともあるが、結局ポジションがなくなりダメになってしまった。

一番強力な手段は、退職する覚悟で、転職先を確保した上で異動のお願いをすることだ。

でも、そこまでの覚悟がない。

会社は好きだからできればやめたくない、でも新しいことがしたい。

ずっと矛盾した気持ちを抱えて半年くらい過ごしている。

自分会社は、同じ仕事をずっと続けてプロフェッショナルとして進んでいく人が多い。

これまでのおじさん世代ほとんどがそうだ。

その反面、若い人は転職したり、異動をしたり、30代を境にキャリアに対する考え方が違うのを感じる。

私の部署はおじさん世代が多く、彼らはこれまで安定して働いてきているため、異動したいと焦る私の気持ちはあまり理解されないと思う。

しかも、今の部署会社の中でも安定している部署だ。

外に出るということはこれ以上に大変になる。

・・・とはわかっていても、今のままの自分でいいのか、というモヤモヤは晴れない。

自分自身が女で、今年で27になるので30前の焦りというのもある。

ライフイベントとして結婚出産、を考えるなら、今のうちに新しいチャレンジをしないと、

子供ができてからでは難しいと思う。

しばらく前に経産省の若手が作ったパワポ話題になったが、

自分が”昭和人生タンすごろく”を順調にこなしていくことになりそうで怖い。

もちろん働き続けるつもりだから専業主婦ルートではないけど、

同じ会社に定年までいることになったらまさに昭和人生なのかもしれない。

ここまでグタグタ書いても何をやりたい、という具体的なことがあまり出てこないもの問題なんだと思う。

何かやりたいことがあればすぐ動くはずだ。

でもできてない。ということは覚悟気合も足りない。

優柔不断モヤモヤした気持ちだと思う。

考えが甘いのも十分わかっている。

でも、このままでいいのかというモヤモヤした気持ちはどうしたらいいのだろう。

2017-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20170607174554

まり優良誤認させることや、「優良誤認させるつもりなんじゃないか」と思わせることが問題、ということですよね。

であれば、記事自体には「PR」って入っていると思うんですよ。

今回も例に出すと、シムシティ記事タグPRって入っているし、本文でも思いっきPRって言ってますよね。
http://omocoro.jp/kiji/62020/

記事広告が嫌なのは優良誤認が発生し得るから
だとすると、やっぱりタイトルに入れる必要別にない。ってことなんですかね…。

http://anond.hatelabo.jp/20170607222013

タグ文字数使わないだろカス

でもこれだけでお前がつまんない奴だって分かるから

お前の大喜利とかただの排気ガスだよな

PR記事を誤Clickさせられた人はヨッピーではなく(株)はてなに怒るべき

いつも使ってる社内の無料自販機コーヒー押したらアイスコーヒーが欲しかったのにホットコーヒーが出てきたから怒ってるんでしょ?

自販機にはアイスともホットとも書いてなかったけど当然アイスだと思ってた!」って話だよね

なら飲料メーカーじゃなくて自販機管理者に怒るべきしょ「なんでアイスだと表記しないんだ!」って

ヨッピーも他の制作者もただ広告web上に公開してるだけだよね、もちろんキチンと記事内で広告表記してる

それをタイトルだけ引っ張ってきて勝手自分サイト内で紹介してPV稼いでるのは株式会社はてなであり、グーグルでしょ

ヨッピーに怒るのはおかしくない?

ブログなんかを読んでるとたまに「フェイスブック登録しよう」なんてタイトルテキスト広告があるけど

これに『なんで「【PRフェイスブック登録しよう」ってタイトルにしないんだ!』ってフェイスブックに対して怒る人いるの?

いないよね、だってそれは広告配信してるグーグル及びブログ主責任から

ツイッター言葉巧みに情報商材へのリンクツイートしてる人間見つけた時

情報商材サイトの方へ「タイトルPR入れろ!」って怒る人いるの?

普通ツイート主の方へ文句付けるよね「そういうツイートには情報商材とかPRとかって言葉入れろよ!」とかさ

まり普通記事だと思ったのにPR記事読まされた!って怒ってる人は

その記事普通記事だと誤解させるようなリンク勝手に生成した株式会社はてなに怒るべきだと思うんだよね

webの慣習上そうなるのは仕方ないって話も分かるけどさ

ならmetaタグに<meta content="PR" />って入れるように業界で仕組み作ってリンク提供側(googleとかyahooとかはてなとか)で表示を変えるとかってした方が良くない?

だって2017年にもなってタイトルテキストで【PR】って入れます!ってさあ、アナログ過ぎでしょ

追記 ちょっとコメントに返信

>ooishikuranosukenowakenai 彼ははてなグーグル記事を載せたくないとでも?笑 流通業者タイトルのみ配信の慣習とわかってて釣り恩恵を受けてるので勝手にやられてるは通用しない。顔本や情商はタイトル広告だと慣習でわかるので的外

流通の慣習を分かった上でそこにつけこむ形でネイティブアドなんてものが生まれたってこともその制作者がはてブホッテントリ入りすることを望んでることも

まったくその通りだと思うんだけど、株式会社はてながそれに何の対策言い訳さえも用意せずにPV利益を稼いでるのも事実なんだよね

後述するコメントもそうだけど、このエントリで言ってるのは株式会社はてなにも責任はあるよねって話がメインでヨッピーなんてどうでもいいんだよね

まり(株)はてな及びgoogleの方が対応すればヨッピーが何をうだうだ言おうとも問答無用解決する問題なんだからヨッピーなんて下流の方を責めずに上流を攻めるべきでしょって話なの

>dogear1988 意味が分からない。問題は「アイスともホットとも表記していないこと」であり、読者の普段の慣習は関係なく、表記しているのははてなではなく筆者なので、筆者に指摘するのは当たり前だが。

ホットであることは缶に明記してあるけど、自販機のラベルには明記してないって話ですよ

>lainof 自分記事宣伝するときPRであることを常に明示していない限り、この理屈は通らない

まったくその通り

logic この増田が一番低レベル…。titleしか表示されないと分かってるからPR入れたくない、は当然の大前提SNSでもタイトルしか読まない人が多い。PRなしの記事を出すとそれだけで宣伝になる。

このコメントちょっと酷いと思う

自分大前提って書いてることをなんで相手人間が分かってないって思うのかな?

タイトルしか表示しない今のweb上の、もっといえば(株)はてな提供するサービスの仕組みがおかしいし、それを改善しない(株)はてなの方にユーザーは怒るべきだって話なんだけど

例えばはてブアダルトなんかは弾いてるんだからネイティブアドだって弾こうと思えば弾く仕組み作るか無理でも努力くらいは出来るよね?ってことな

あと上にも書いたけど「titleしか表示されないと分かってるからPR入れたくない」って言ってる人間に「PR入れろ!」って言っても本質的意味ないんだよね

それならもう仕組みの方を変えた方が手っ取り早いしアナログ方法よりいいよねって話なの

それと別にこのエントリヨッピーの味方してないからね

なぜってホントにmetaタグPRを入れる仕組みができればヨッピーネイティブアドPVは確実に落ちるから

最近PR記事って

何かの商品PRをするというよりは、クライアント商品関係なくおもしろおかし記事を展開するスタンスのものが多い気がするんだけど、これってテレビバラエティ番組ほとんど同じ構造だよね。

とにかくPR記事を踏むこと自体が嫌だ、PVに貢献するのが癪だと言っている人は、民放ビジネスモデルもNOなのかな?

あと、PR記事最後最後で、こじつけに近い形で何かの商品宣伝文章が入ったりするパターンもあるけど(個人的にその強引っぷりがツッコミどころがあって面白かったりする)、商品宣伝をあからさまにぶっこむことで優良誤認(=要するにステマ)と思わせない工夫となっているし、タグの「PR」とかを見るまでもなくPRだと分かって良いと思う。

そんなことよりもスマホサイト無料ブログ記事とかでよく出てくる、誤タッチを誘発することだけが目的上下に動くバナーのほうがよほど有害なのでなくなってほしい。

2017-06-02

「#安倍を吊るせ」というタグはサヨがバカ煽動するためには過激言葉を使わないとついてこないという大衆バカにしてる考えが良く表れている言葉のような気がする

2017-06-01

はてブトップと新着、マジにドブ臭くなったよな

公式の悪さ系

公式広告広告タグが見えたり見えなくなったりする怪しいムーブ上場企業ならいい加減にやめろよ)

公式ステマ(同上 常に見えるように広告タグを表示しない限りお前等のやってるのは悪質なステマだ)

公式おすすめカテゴリ」(これはただのおすすめなので広告タグをつけなくていい、という謎の体裁


ビジネス

互助会グループトップを狙う

スパムアカウントで3ゲット系(露骨なのに取り締まられない奴は公式と話がついてるのかも)

シノギを掛ける三浦弁護士

・「本当は教えたくない取っておきの~~店」(教えたくてしょうがない側が恩着せがましくするな教えたくないなら口閉じて死んどけ)


・どうでもいい古参馴れ合いトップに表示

・こいつらの結婚報告離職報告はトップ必要

・すぐ不倫報告と自殺予告する例のおっさんエンタメ性あるだけまだマシ(この中ではというだけ)

・orangestar先生更新は必ずトップに押し上げねばならない

・繊細に猛り狂うkyoumoe(そんだけ暇なら内職でもしてろ)


政治

・同じような政治ネタ毎日毎日トップに表示

・中身は延々汚い呪詛や罵り

はてなスターウォーズ(激寒)

・こいつらと入れ替わって技術カルチャークラスタは大半が去ってしまった

日本死ねで味を占めて増田にまで政治臭いのが激増


ドブと言ってもこれほどのドブもなかなかねーわ

http://anond.hatelabo.jp/20170531183621

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17145150R30C17A5DTA000/

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん