「けが」を含む日記 RSS

はてなキーワード: けがとは

2020-03-30

夫と、夫を飲み会に誘うすべての人へ

夫に飲み会に行ってほしくない。


今が堪え時だと、多くの人が言っている。

会いたい人と会うことを避け、行きたいところへ行くのをやめ、耐えている人たちがいる。

少しでも感染の勢いをおさえようとする人たちが、最前線で命をつなごうと、ギリギリの中で奮闘している人たちがいる。

から飲み会を、お願いだから、この時期だけでも、辞めてほしい。


私は知っている。

夫が仲間たちと酒を飲み議論を交わし、夜中まで何度も話し合い肩を組んで逆境を乗り越え、ここまできたことを知っている。その時間があったおかげで夫にとって大切な仲間ができたことを知っている。

そして今、なんとか動かないと自分所属している会社が大変なことになるかもしれないと思っていることも、「こういうときこそチャンスだ」と前向きな努力をしようとしていることも、知っている。

子どもたちを養うために一生懸命働いているのも知っている。

あなたのおかげで私たち生活ができているし、楽しい生活を送ることができている。美味しいごはんが食べられる。本当にありがとう


けれど、今は飲み会をやめてほしい。

夫を飲み会に誘う人がいる。本当に、今はやめてほしい。週に1回でも、やめてほしい。少人数で、個室だとしても、やめてほしい。

仕事なのはわかってる。ただのお楽しみの親睦会とかではなく、未来につながるチャンスだったり、今繋がなければいけない物事があることをわかってる。この先会社が打撃を受ける。今何か考えて、みんなで話して、手を打たなければいけない。わかる。

けれどそれは、飲み会である必要はありますか?

会議室マスクをして話すのではできませんか?

飲み会仕事のうち」だとしても、この流れが落ち着いてからはいけませんか?

本当に、お酒の力がないと、腹を割って話せませんか?

飲んで絆を深めるのはこの騒ぎが落ち着いてからでは、だめだろうか。

お酒の席は楽しかろうけれど、マスクを外し、酔って自制がきかなくなり、気は大きくなり、唾は飛び、いろいろな人や物との接触は増えるだろう。

仮に今腹を割って話さなければいけないことがあったとしても、

「じゃあ今から飲みに行って話そうか」

という流れのほうが、怖くないだろうか。こんな時に飲み会に行く文化がある会社、辞めたほうがよくない?ってならないだろうか。

ならないのか。だとしたらなんて恐ろしいんだろう。


私も、全てにおいて最前を尽くせているのかと聞かれたら、分からない。

から迷惑をかけているのはお互い様かもしれない。私だって突っ込まれたら言い返せないところがあると思う。私だけが一方的にせめる権利はないのかもしれない。


けれどこれは、私の夫ひとりの問題ではない。

私は夫を説得しつづけるけれど、それだけでは解決しない。

現に夫に会食の連絡を入れる人がいるのだ。

大事な話だ、飲みに行こう」という人がいるのだ。

彼らの家族はどうしているんだろう。そこを知っても仕方ないのだけど。

彼らの家族が皆「しょうがいね仕事もの」と言ったのだとしても、私は夫に「なるべく行かないでほしい」と言い続ける。

いつまでこんな状況なのか分からない。飲み会の席でいろいろ積み上げてきた人たちは辛かろう。いつになったら大手を振って飲みにいけるかわからない。

でも、「この数週間が勝負」と言われていて、飲みに行く、出かける人が増えてしまったら、「この数週間」が「この数ヶ月」「この一年」と一気に増えしまってもおかしくない。

そういう状況に、私たちは置かれている。

夫は「自分みたいな考え方のほうがおかしいのはわかってる」という。自分イレギュラーなのだと言う。でも、だからなんだというんだろう。夫がイレギュラーかどうかは、我が家には関係ない。夫は一人しかいないんだから。どうしても、ここだけは夫婦の考え方が相入れない。


夫がいくら飲み会に行かなくなっても、在宅ワークにできたとしても、どこからともなく感染する可能性はある。買い出しに出た私が感染することだってある。どうしようもなく誰かが感染してしまうこともあるかもしれない。

夫は飲み会ものすごく減らしているようだけれど、できればリスクもっとおさえたい。もっともっと

飲み会だけ目くじらたてすぎでは」と自分でも思う。けれど、どこの誰ともしらない人たちが集まるところで(仮に会社にいるより少人数規模だとしても)、ちょっと離れた席で知らない人たちが同じように酔っぱらい、注意が散漫になる環境にいてほしくない。怖すぎる。どうしたら伝わるだろう。

私たちの子どもが感染したら、どうなるだろう。

彼らはまだ子どもなのに、一緒にいてもあげられず、知らない大人たちに囲まれて、苦しみの中独り闘うのだろうか。そう文字にするだけでもう泣けてくる。どうか彼らが健やかでい続けられますように。笑顔で、家族みんなで一緒にこれからも過ごせますように。


夫を飲み会に誘うすべての人へ

届かないかもしれないけれど、私は本当に飲み会を今はやめてほしいです。仕事に行かなきゃいけない人たちがいることはわかります。出勤もできればやめてほしいけれど、それじゃ仕事にならないだろうから祈りながら毎日見送っています。いつも本当におつかれさまです。

大切な話が今こそ出てしまうこともわかります会社が潰れれば多くの人が大変なことになります。それこそ、病に命を奪われてしまう前に、生活ができなくて命が危なくなることもあるでしょう。

それは避けなければいけない。本当にみんなにとって難しい局面なのだと思います。私には、想像することしかできません。その想像陳腐で、まったく理解が及んでいないとは思いますすみません

けれど、できれば、会議室マスクをして、落ち着いて話をしてほしいです。

「今はこんな時期だから、乗り越えてまた美味い酒を飲もう」

と言い合ってほしいです。会社外の人とも、会社内の人とも。

「妻なのだから自分でしっかり夫を説得しなさい」

わかります努力不足で、本当にすみません。これからも私は夫に気持ちを伝え、できる限り信頼性の高い情報を選び取り、それを見せつつ説得していきます。人様にお願いする立場にないことを少しは理解しているつもりです。本当にごめんなさい。

それでも、お願いです。

夫を飲み会に誘わないでください。誰も飲み会に連れて行かないでください。みんな、行かないで。

鬼嫁いるかダメだな」と言ってもいいです。鬼嫁です。夫の苦労や家族のための努力をそっちのけに、我儘を言っているところもとてもあります

ヒステリックかもしれません。それでもいい。飲み会をやめてください。お願いです、もう少し、もう少しだけ、「飲みの席でないと」という気持ちを堪えてください。

今はただ、必要以上の外出をしないでほしい。

移動すればするほど、リスク高まるのではないでしょうか。会社必要取引先と、家の移動だけにできないでしょうか。

それぞれに大切な人たちがいるはずです。大切な人を守るために、「移らないように」ではなく「移さないように」、できる限りの行動を皆でしていきたいです。

そうして落ち着いて、

「ああ、本当にたいへんだったね」

と笑ってみんなで言い合える日を、気持ちよく夫を外へ送り出せる日がくることを願っています

妻として本当に情けないです。説得を続けます。1日も早く夫が協力してくれるよう全力を尽くします。

似たような境遇の人が、家族いるかもしれません。

みんなで説得しましょう。おおげさだと笑われてもいいから、なんとか説得をしつづけましょう。諦めずに。

家族家族を説得し、協力し、引き止めていくことで少しでも抑えられると思います。私も頑張ります

2020-03-29

まだコロナが出ていない県の者だが。

 俺は大都会が大嫌いだ。

 パンパン満員電車に朝っぱらから満員電車しんどい~」みたいな阿呆ヅラしてるような連中が何千万人いるのか知らんが、とにかくうじゃうじゃいまくる。

 そもそも大都会在住の貴様らや、大都会に憧れを持つ馬鹿どもがウイルスの温床みたいなところに集まって案の定ウイルスの苗床になってそれぞれの生活圏に帰っていく。

 貴様らがそんな馬鹿丸出しな行動をするせいで死んだり、入院したりする人々が続出しているわけだ。

 それに比べて俺たち田舎者は違うぞ?

そもそも歩くことがない。なんでかって?歩きたいと思える場所観光地ぐらいのもんでそんなこと行くことはない。自分の住んでいる地域観光なんて行きたくないし、行っても自分の住んでいるところ以上の「更に自然」な場所なだけだからだ。

 移動も基本車だし、一日1キロも歩くやつのほうが少ないんじゃないか?と思えるレベルだ。

 しょうもないベンチャーテーブル上ですべて完結するような、生産性のない仕事をしてるに決まってるアホの大都会野郎テレワークとかなんだか知らんが最高の職場環境で働いている中、俺たち田舎者毎日あくせく製造業やそれに付随した工事をして生きているわけであるコロナにかかったら生活リアルで終わる。会社も終わる。クソだろ。笑えよ。

 もし、俺たち田舎者の住むところだけが世界で唯一のコロナの無い楽園になることがあれば俺は、村の境界物見櫓双眼鏡の覗き、外から歩いてくるコロナ野郎が村に助けを求めて俺に声を掛けた瞬間にスナイパーライフル処分する役をやりたい。

 だから、俺の大嫌いな大都会がめちゃくちゃになってみて欲しい。ちょっとスナイパーライフル(エアガン)が実家タンスにあったか確認してくる。

子供の寝かしつけが大変って

大人の「はやく寝てほしい」「この時間にねかせなきゃ」というエゴ勝手イライラしてるだけ。

子供なんか限界に眠くなったら寝るのに、わざわざ自分ストレスためてそれを子供にぶつけてどうするの?

anond:20200328190842

押しつけがましく暑苦しい料理増田が前回調味料なんか買い集めるいらないとかほざいていたのを思い出した

存在がうぜえ

新型コロナ記者会見でほかのことをきく新聞記者

なんで聞くかって、「国民代表として時間をもらってる」って考えてないんだよね。

政府の倒閣ゲームをやってるって考え方で政治部記者なんかは凝り固まってるタイプが多いんだよね。

からあい質問をしたら答えにくいだろうって思って聞くんだよね。

コロナ対応よりも政府の困りそうな質問をすることのほうが重要なのよ。

だって、「そのほうが社内での受けがいい」んだから

から今後も「そんなバカ質問なんでしたんだ?」って質問は増えるよ。

新聞記者なんてそんな連中ばっかりだから

あいつらは倒閣ゲームをしてるんだよ。

そこには左も右も関係ない。

民主党政権ときには民主党政権を倒すことを目的に倒閣ゲームをやっていた。

から、なかなか倒れない安倍政権に苛立ちを覚えてるんだよ。

そして平然とコロナウィルスの抜き差しならない状態で、森友だの桜を見る会だのの質問を始めだす。

かにそれは重要問題だが、新型コロナウィルス対策として首相に対して国民の代わりに質問すべき内容ではない。

しろ、森友だの桜だの聞いてくれたほうが政府としては楽だろう。

さらコロナウィルスについても、素っ頓狂な質問をして、「誰も答えられない質問です」とあっさりかわされる始末。

正直、なんで政権が倒れないかって、報道が大馬鹿からずいぶん助かってるんじゃないかとさえ思うわ。

何か欲しい

家にずっといるので、なにか欲しい。なにか。アマゾンで買えるようなの。

たとえば、でっかいキュービックジルコニアの塊とか、タングステンキューブとか、難しくて美しいパズルとか

ということで、キュービックジルコニアはもってる。キャストパズルもいくつかもってる。タングステンキューブはでっかいのは無い。

ハンドスピナーはいくつか買って飽きた。一番気に入ったのは二重振り子のやつだ。

他に何かない?今は、コンクリートの小さめなテトラポットを買おうかなと思ってしまっているが、こんなのいるか

弥勒菩薩の木彫りとかも欲しいけど高いから諦めている。

なにか所有欲が満たせるもの教えて欲しい。家にいるとネットで買い物することだけが楽しみなんです。

anond:20200329173424

両方だろ

少なくともコロナ高齢者リスクが高い病気なのに、高齢者への呼びかけが薄いのが「変」である事は確かだと思うし、

「変」が日常の恨みから怒りに変わる事も想像に容易い

都市ロックダウンは秒読み段階。だからこそ、心のロックダウンは解除しよう。

ここ一週間で俄然危機空気感が高まってきたコロナウイルス

まぁ私自身が不安になっているか無意識にそういう情報を取りに行ってしまっているのかもしれません。

さて、今月に入って、明らかに世界は変わりました。

中国武漢を封鎖したのが1/23

その時は対岸の火事としてしか認識していなかったロックダウン都市封鎖)でしたが、

3/10イタリア北部封鎖を皮切りに、既にこれだけの国で発令されていることをご存知でしょうか。

ニュージーランド

アメリカNYカリフォルニアハワイ

インド

トルコ

タイ

イギリス

イスラエル

ベルギー

イラン

フランス

ドイツ

スイス

ペルー

スペイン

フィリピン

イタリア

※参考:https://matome.naver.jp/odai/2158476602341958301

※すべて調べきれているわけではありません。

統計上何故か優位に低い日本感染率など様々な情報はありますが、連日報道される首相首長の会見映像を見ると、既に緊急事態空気感を感じます

遅かれ早かれ、日本首都を止める時期は来るのでしょう。

こんな空気感の中、心配なことは、一人ひとりが自分勝手になっていることです。

Twitterで、マスクトイレットペーパーを買い漁る高齢者の話を読みます

花見我慢できずに、公園に出向いてしまった若者の話も読みます

そしてそれらを不満に思い、執拗に叩く投稿も見ます

どの気持ちもわかります

だって不安ですもの

無くなるはずのないトイレットペーパーですら買い漁らないと不安を感じる高齢者

「私だけは助かりたい」という気持ち

学校閉鎖が解かれ、束の間でも平時に戻れるのでは、という油断を持った若者

「私だけは大丈夫」という気持ち

それらを執拗に叩く人たちの

「私の近くに危険を持ち込むな」という気持ち

これらは既に、不安というウイルスに毒された、心のロックダウンが起こっているということだと思います

私だけが助かりたい、という価値観では、戦いが避けられません。

こんなタイミングだからこそ、「私だけでも生き残るためには?」という方向から、「私達皆が生き残るためには?」という方向に価値観に変えていくチャンスでは無いでしょうか。

皆に物資が行き渡るために、一人で色んなものを買い漁らない「カッコいい買い方」

他者への感染拡大を防ぐために、自宅にいて出歩かない「正義の味方」

不満を拡散するのではなく、良い影響を与えるもの拡散する「サポーター

日常であれば当たり前かもしれない。でも緊急時にはそれを皆でちゃんと褒めあえる。

都市ロックダウンが起こった後も、お互いを思いやり、かつ鼓舞し合える。

私は、そして私達は、そんな言葉を紡いでいける日本人でありたいです。

もう「自粛しろ」って言わないで欲しい

「家で自粛を!」

都内でも若者は外に出ている!」

外国ではこの状況の数週間後爆発した!今家に居て!」

東京にはなるべく行かないで!今東京に行ったら感染する!」

そうだね、そうだね、分かってるよ。

でも明日の朝、私はまた隣県から満員電車に乗って東京に行くんだ。

行きたくない

行っちゃいけないのも知ってる。

でも職場は来いって言うんだ。

テレワーク設備は僅かな偉い人だけが使うんだって

時差通勤はあるけど、東京上り電車が空いてる訳ないじゃん。意味ないよ。

行きたくない

「家で自粛を!」

都内でも若者は外に出ている!」

外国ではこの状況の数週間後爆発した!今家に居て!」

東京にはなるべく行かないで!今東京に行ったら感染する!」

分 か っ て ん だ よ そ ん な 事 は ! ! ! ! !

そんな東京死地みたいに言うもの流してくるなよ

じゃあ明日からそこに行かなきゃいけない自分は一体なんなんだよ

怖くて死にそうだよ、恐怖を煽らないでくれよ、そこに行かなきゃいけないんだよ

そうやって皆自粛自粛って言うくせに、肝心の県政や企業からはお達しがない。

お前たちに一番言って欲しいんだよ「自粛」って。

誰か応援してくれよ……怖くて泣きそうだよ……。

3Pを初めて体験した

概要

この週末、知人女性とその彼氏とで3Pをした。あまりない体験だと思うので、その時のことを書き残しておく。

二人との関係

知人女性彼女中高生だった時からインターネット交流があり、就職を機に二年前から関西居住している。

自分一年から関西を離れてしまったが、前回関西一時的に帰ってきたおり飲みに誘うとそのまま家に泊めてもらった。

その時にも彼女とは性交渉に至りかけたものの、彼氏が帰ってきたので中断した経緯がある。

彼氏はもともと関西に住んでおり、彼女は彼のもとへ行くために故郷を離れ関西引っ越したようだ。

もともと彼と自分とは面識がなかったが、彼の幼馴染とは自分彼女インターネットでの共通の友人だった。

彼は運送業アルバイト生計を立てており、おそらく今も団地の実家に住み、彼女の家との間を行き来しているようだ。

事の経緯

3P自分提案したのではなく、彼女が以前からしたいと言っていたことだった。

一度彼女就職活動のために関西を訪れたおりホテルの同室で宿泊したが、後日なぜあの時抱いてくれなかったのかと打ち明けられたことがあった。(そのとき自分は翌日提出のレポートを朝まで書いていた。)

以来彼女とは性的なやりとりをDMですることがあったが、性交渉のものについてはあくま彼氏を交え三人でしたいとのことだった。

自分は性体験もそれほど豊富ではないのと、素性の知れない男と三人で性行為する度胸がなく、これまでにも数回その提案を当日ドタキャンしたことがある。

前回は二人でほぼ性交渉に至りかけたこともあり、今回相手が酔って色気づくタイミングを見計らっていたが、その前に彼氏が帰ってくるとの連絡があった。

行為の流れ

帰ってきた彼氏と三人でしばらく談笑したあと、彼氏が隣の寝室に移動し彼女を連れ込もうとした。

前回はそのまま二人で共寝して自分リビングで眠ったが、今回は酔った彼女自分の手を握り一緒に暗い寝室へ引き込まれた。

彼女の願望を察した彼氏はベッドの上でフェラチオ彼女要求し、その彼女自分が背後から愛撫する形になった。

彼はシラフだったが酩酊した彼女は半ばトランス状態にあり、彼の指示に従って自分彼女のペッティングを受けた。

彼女は何度か姿勢を変えて彼を愛撫しているので、自分はその度に苦しくない姿勢適当な部位を愛撫していた。

途中、彼が騎乗位で彼女に挿入を始めたが、コンドームを着用していなかったので自分は若干うろたえた。

コンドームは隣のリビングに置いてある自分のバッグの中にあり、自分が装着するためには一度その場を立たなければいけない。

何度か後背位が可能体位彼女下半身が来たが、彼氏が生で挿入した陰部に、挿入はもとより口での愛撫もあまりする気にはなれないなと思ってしまった。

そもそも自分は酒を飲んでいたとはいえ頭の中はいたって冷めており、彼女愛撫を受けてもすぐに萎えしまうのだった。

反面、彼氏は挿入時に萎えつつも彼女の口淫で何度かイきそうになっていた。(偶然かもしれないが彼女自分を目の前で手淫している時そう口にすることが多かった。)

また彼はさすがに彼女急所を心得ており、手で数回彼女絶頂に導いていた。(自分女性絶頂を実際に見たことがなかったので、潮って本当に吹くんだと驚いた。)

彼氏は何度か彼女自分を先にイかせようとしたものの、自分がこの調子全然イくまでいかなかったので、彼女手淫をさせながら彼が彼女の上で自ら手淫し、彼女に顔射して終了した。

彼女の寝室には終始何とも言えぬ匂いが漂っていた。気がつけば三時間まりが経過し、カーテンの外はすでに朝を迎えていた。

二人がシャワールームに移動したので、自分リビングに敷かれた布団に横たわった。

服を着替えた彼女仕事に出る彼を駅まで送り届けるために家を出、いろいろ疲れていた自分もやがて眠りに落ちた。

その後何度か目覚めたもの彼女は寝室でぐっすり眠っているらしく、昼を過ぎても起きそうにないので自分は別の予定に向かうためこっそり家を出た。

感想

結局、自分は挿入も射精もしていなかった。ただ二人の性行為を助けていたに過ぎない。

行為の途中、彼氏は「ずっとこういうことしたかったんやろ?」と口にしており、当初からの想定に反して彼氏ともこの話は共有されていたらしい。

彼女もさぞ満足したことだろう。自分けが悶々とした気持ちを抱えながら、関西にひとり取り残されている。

ミサトさんけがエバエバーって馬鹿にされてるけど本編みた人間ならそれ以外の人間エバーってそこそこ言ってることくらいわかってんだよなあ

ほんといい加減にしてほしいわ

そもそもその言い方がNGならアフレコときになおされるわよ

anond:20200329115759

起こす方はWOLで叩くかBIOSWin連携 寝かす方は猫でもできる 殺す時だけが問題

100回死んだワニが映画化されると聞いて

ワニ役は遠藤憲一氏で決定だろう、ということだけが頭に浮かんだ

anond:20200329013358

政府を信じて買いだめしなかった人がマスクを入手できない国

議員マスクヤフオクで高額転売する国

自民党と仲良しの牛肉業者けが牛肉商品券税金で救済される国

また活動できなくなってきた

20歳すぎたあたりからなんだけど、急に体力も気力もなくなって何もできなくなる期間が発生する。

今回は一年ぶりX回目くらい。

一応仕事は行くけど、あまりにしんどくて動けない時は半休や有給を使っている。

とにかく身の回りのこと(風呂、着替え、掃除、飯)を最低限しなければいけないのだが、それが辛くて現実逃避的に目を閉じて横になっていると気づいたら眠っていて、一日が終わっている。

仕事は年齢を重ねていることもあって多少はプレッシャーがあるような内容もあるけど、必ずしも忙しかったりストレスフルな時に調子が悪くなるわけではなくて、なる時はなるという状況。


この生活で辛いことはいくつかあって、一つ目は元来好きだった活動に集中できないこと、そしてその結果自分嫌悪感を抱くこと。二つ目は数少ない友人に不快感を与えていることがあること。


元来自分読書や、仕事に関連することへの勉強趣味として好きだったのだが、この状態になるとまず起き上がって何かすることができないし、起き上がれるほどのモチベーションも持てなくなってしまう。

仕事自分の興味が持てる内容を選んでやっているのだが、集中力が落ちて他の人はしないようなミスや、文章の読み間違いをしてしま迷惑をかけている。査定評価に響くレベルの失敗まではしていないので、それだけがいかもしれない。しかしながら、自分が好きで選んだ仕事で失敗ばかりしたり同僚に迷惑をかけている状況は、ただ生活のために選んだ仕事で同じ状況になるよりもストレスになる。


自分には面白いところがあるとも言えないのだが、ありがたいことに昔から付き合ってくれる友人何人かとやりとりが続いており、たまに食事や遊びに出かけたりしている。

ただ、上記の何もできない期になると体力と気力が追いつかず、出かけても疲れ切ってしまう。ということが分かっているので、自分から誘うことは基本的にはない。

友人のことは好きだし、誘ってくれるのは非常にありがたいので、なんとか出かけるのだが、とにかく毎回疲れてしまう。何回か当日に体調が悪くて、と言って断ってしまたこともある。

一度友人の一人に、「せっかく出かけているのだから疲れを表面に出さないで欲しい」と言われた。大変申し訳なかった。

友人とは今後も交流をしたい気持ちがあるが、自分のこの「期間」から考えると調子が良い状態一年に一回程度だろう。

自分も友人の多くも独身で、友人との距離感が近い人が多いので、自分希望する付き合い方では疎遠になってしまうかもしれない。


仕事をして、家事をして、友人との交流もして、というのが健康大前提にしていることを実感している。

羨んでも仕方がないが、自分は何かを諦めて、とりあえず生命を維持していくだけの生活をなんとか続けていくことを目標にしてやっていくしかない。

ただ、毎日楽しみもなく生きていることが辛い。

土曜昼

自分が食べたいことを言っておいて作らせて、自分は何もせずただ好きなYoutubeを見て、出来上がるのを待って、

食べたらあれが足りない、同時に作れなかったのかと愚痴を言い、また作らせて、作ってる間に自分だけ先に食べて、

手伝えと言われたら将来に必要だの嫁に行くために料理はしないといけないからお前やれだのごだごだ言い訳言って面倒くさいから他の人にやらせ

自分は逃げて、どっからどう見ても自己勝手まりなく惨めなのに、自分けが一家の長になった気でいる、

っていうまさに家族地獄絵図だろこれ、っていう光景を見た今日

2020-03-28

anond:20200328224015

自分判断するなら当然若者けが大丈夫社会を目指すよな

昔、そうやって騒乱が起きた気がするのは気のせいか

そういえば最近そんな映画やっていた気が…

先ほどの安倍ちゃんの会見で、現金給付を行う旨が示されたが、

一方で当初、自民党の若手議員国民民主党などが示された国民への一律給付はなくなり、

所得制限など、給付対象に何らかの制限が盛り込む方針も明らかになった

しかし、何故政府はこれほどまでに一律給付を躊躇するのだろうか?

一律給付に比べて、所得制限を設けるメリットひとつ

支出額が低く抑えられることである

事務手続きの手間や政策実施コスト、実行までのスピード

何を考慮しても一律給付に勝るものはない

では何故、政府はそうした各種メリット放棄してまで所得制限に引かれるかというと、

債務バランス是正という偽の問題に拘っているからだ

俺はまさか、このような事態に直面してもなお、与党財務省

政府借金問題に拘るとは正直想定していなかった

今はまさに今後の50年、日本という国が沈むかどうかの瀬戸際である

赤字国債をどんどん発行して国民に金をばらまくべきタイミングだろう

トランプを始め、主要先進国の首脳はみんなわかっている

ところが、日本けが今だに緊縮に引きづられて、出来るだけ支出を抑えよう抑えようとしている

いやはや、まさか、ここまでバカだとは思わなかった

いや、もうこれはバカとか何とかそういう次元ではなく、気が狂ってると言っても過言ではなかろう

anond:20200328190834

陽性になったら解雇されるような立場の人が検査に協力的なわけがないんだから

格差が広がり切った先進国でそれは不可能だし

それでも実行するなら結局ロックダウン並の強権発動が必須になる

平時から格差拡大を肯定してる以上状況をコントロールしたいならコストが膨大になるのは避けられない

anond:20200328134218

これは一律だわ。

特定の誰かだけが貰えるって状況は確実に多くの人に不公平感を抱かせる。

格差是正こそが本当の平等なんじゃないかみたいな話は置いておいて、感覚的・感情的に)

そうした不公平感は次に反発心を生み、そうした感情を持った人々は社会から要請に対して非協力的になる。

そうすると、外出自粛みたいな国民善意と思いやりがあって初めて成立する感染対策に大きな悪影響が出る。

anond:20200328183821

首都圏日本人口3分の一を占めているんだから

そんなとこ閉鎖できるわけがないだろ。

日本が止まってしまうやんけ。

閉鎖できる都市というのは、例えば、青森とか、

人口が少なくて、閉鎖しても日本全体に対して影響を与えないごく一部の地域に限られる。

anond:20200327162915

街が封鎖された外国の人も、出勤だけは日本と同じようにちゃんとやってるのだろうか。

それとも神州日本けが出勤の神様に見守られてるから可能なのかな。

anond:20200328121210

4月になると温かくなってきて、コロナ発症者数も激減する。

ロックダウンなんてさせるわけがない。

クラス底辺ぼっち女だった

小5から浮き始め、ただでさえ奇異な人間であったのに、恋バナにのれないことがどんどん大きな障壁となり(恋愛に彩られたもの……音楽ジャニーズドラマ少女漫画携帯小説etcの話からも浮き)、恋愛についぞ興味を持てぬまま、女子の輪に入る術も持たず社会に放り出された発達障害者。最低限の会話はできるが人間関係を築けない。部活動の友人が数人いたこともあったが、高校卒業から今の今まで新しい友人は1人も出来ず。かつての友人ーそれがわたしの今もつ友人の全てであり4人しかいないーとは、新しいライフステージで新しい関係を持つように成長していく様を見せつけられると息ができなくなりそうになるので、普段は連絡を経っている。年に一度会うか会わないか。あちらはあんなに優しいのに、わたし彼女らの人生が交差した一瞬は遥か昔だと思うと辛く、妬ましく、醜い感情に溺れそうになる。わたしにとっては数少ないたったの4人だが、彼女らには既に家族や新しい友人や恋人がいる。発達障害の筆不精も手伝い、年々便りの数は減っていく。

職場では変わった人として受け入れられているが、飲み会などは参加できない。怖いからだ。職場においてわたしは群れの一員ではなく、ただ愛玩動物のようなものである。無害で無力で、可愛がるには丁度良い。わたしはその愛玩動物の役に足りえるように取り繕い、尻尾を振る。不注意と衝動性でミスがつもるとき、彼らに見放されるのではないかと思い胃が痛む。変わり者の立場はひどくあやうい。

彼氏どころか友人もいない。寝て過ごすだけの休日と、変わった人としてなんとか見放されぬように努め、取り繕う平日を繰り返す。

時々、目一杯化粧をし、着飾り、服を買いに街へ出る。友達とはしゃぐ女子学生、彼氏と手を繋いで歩く女性子供の手を引くお母さん……わたしはそのどれでもない。店員にびくつきながら買い物を済ませる。「試着いいですか?」そう言えるようになったことが誇らしかったのも随分前だ。もう、言える。誇らしさはないけれど、未だに声が上ずるのは治らない。

ドラッグストアで買った安い化粧品、600円のイヤリング、無理して履くハイヒール。なんとか女性のようになろうとする。いつも、わたしはそこにいるべきでないように思う。店員は怖い。わたしが1人の友人も持たず、趣味もなく、ただ、人生をやり過ごそうとしてる紛い物の女であることを見透かしてくるように思える。いつか相応しくなれたら、BAさんからデパコスを買いたいと思う。そう思いながら、デパ地下惣菜を買う。惣菜売り場はよい。わたしにも居場所がある。

たまの贅沢は、1人で入るチェーン店と出前。本当は高いコース料理好きだ、が、一緒に入る相手はいない。友人は家族恋人のためにお金を使うだろう。それでもたまに、1人でホテルブッフェを食べに出かけ、生きた心地せずに食べて帰ることもある。コースを1人で頼み、ワインを飲むことが絵になるような美女であったら……と思う。残念ながらわたしは小さく弱々しい。

友人は出来ずとも、恋人なら作れるのかもしれない。顔は並みである。きっとわたしのような容姿タイプ男性もいるだろう。地味な、弱々しい顔。

男性と話すのは女性と話すより幾分楽である。異性として意識されている時の振る舞い方、媚び方は愛玩動物としてするそれに似ている。わたし恋人が欲しいのだろうか?人生経験として必要なのかもしれないと思う。経験を積むごとに大人に近づけるかもしれない。

好きなような気がする人はいた。しかし、感情はごく弱く閾値に達しなかった。もし、本当の恋であるなら、身を焦がすように、いてもたってもいられないように思うのだろうか?どちらにせよ、わたしには関係ない……と思う。

わたしはもう随分職場以外の人間に会ったことがない。大学だってサークルひとつもせずにただ、単位を取るためだけに通った。わたし人生に異性はいない。街コンへ繰り出そうか……と思うが、実行したことはない。

行為したことがない。人並みの性欲はあるが、自慰で事足りる。いっそ見知らぬ男で卒業してみてはどうだろうか?と思う。でもやはり実行したことはない。ただ自慰探究のためにだけに、ディルドでも買ってしまおうか?しかしこれもやはり実行したことはない。

群れの一員になりたかった、普通人間のようになりたかった。長年抱き続けた憧れは最早ない。そのことを考えると、嫉妬がふつふつと湧きそうになるから、いつも急いで目を瞑ってきた。

平穏でさえあればいいようにも思える。恋人よりも、散らかった部屋の片付けが、後回しにしているボタンけが洗濯が、ゴミ出しが……先であるように思う。発達障害わたし日常生活にかなりの困難を抱えている。無論、わたしに助けてくれる「理解ある伴侶」などはいない。少しストレスが溜まると破綻しそうになるぐちゃぐちゃの生活をなんとか維持する。わたしは、わたしのために持ち堪えなければならない。

理解ある伴侶」を探しに出かけようか?と、思う。探せば見つかるのだろうと甘い見通しと甘い確信がある。たが、わたしはそれを望んでいないように思う。想像してみる。少し不細工で、モテない男性アニメオタク。だけどそこそこな収入はある。少し変わり者。その人に愛される。その人に愛されて、わたしもその人を愛すだろうか?わたしの代わりに、洗濯物をタンスにしまってくれる人がいたらいいなと思う。そのためならセックスもできると思う。でも、家がわたしの家でなくなるのは怖い。家ではわたしわたしだ。息をつけるのは家だけだ。多分、わたしは1人を好んでいる。

普通の、人間の、女性恋人がいればそちらに行けるのだろうか?と思う。最早憧れはない。ただ、そちらはここより行きやすいのだろうなと思う。

子供を産めば少なくとも「母親」にはなれる。母のような人生はきっと悪くない。そうするべきなのだろうか?安泰。きっと、愛し合わなくても、恋い焦がれなくても、共に生活する人と自分の子供がいれば、死を前にした老い身体で、暗い穴の淵に立つような気にはならない。わたしは、「母親」にならなければ、将来孤独に飲まれるのだろうか?不幸な老婆になるのだろうか?今は、それほど孤独に辛さを感じていないようにも思う。

母親」になるべきなのもかもしれない。きっと子供かわいい。生きがいになる。でも、結婚したいと思っていない。子作りの相手だって居ない。それに、子供だってそんなに欲しいわけじゃない。将来の夢や目標もなく、ただぼんやりと歳だけをとっていく。老いるほどに、選択肢が減ることにあまり焦りはない。

生理の周期が整わぬまま大人になったわたしは、未だに産婦人科を怖がって、通わずにいる。このところ、卵管が痛むような気がする。怖い。それなのに病院の予約を後回しする自分は紛れもなく生活に困難を抱える障害者だという証左だ。メンタルクリニックだって、なかなか行けない。

わたしはどうしたいのか、いつもわからない。学部だって適当に決めた。就職だって適当に決めた。何にだってなれるのだ、と思う。母から逃れたわたしは、何にでもなれる。が、選択を前にして、何も望んでいない自分に気づく。

もっと、いろんなことが人並みに出来たらいいなと思う。憧れではなく、わたしのために。

平日と休日を繰り返す。祝日を待って、お盆を待って、お正月を待つ。毎日終わりを待ちわびる。この生活は、苦しかった学生時代ずっと待ち望んでいたそれであり、わたし平穏である。ここが、あるべき終の住処なのかもしれない。わたしは、案外この生活が気に入っているのかもしれない。散らかったベッドに丸まって眠る

孤独は時々辛く、しかし息苦しくはない。

いつか、デパコスを買えるぐらい大人になれたらなと思う。もうすっかり、大人であるのに。

anond:20200327070213

日本クラスター対策大成

世界日本けがクラスター対策班」を作って3つの密を避けるという素晴らしい作戦感染を抑え込むことに成功している。

それなのに、世界中で「不思議不思議だ」というのはおかしくないか

不思議でもなんでもないのに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん