「バンド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バンドとは

2022-05-19

anond:20220519001722

陰キャバンド入りして垢抜けたつもりになってるパターンいからじつは同族嫌悪なんだよ

anond:20220519001006

そもそもバンドやってる奴らって性格悪いじゃん?

けいおん勘違いした奴ら」って物言いが既に性格悪いし。

そりゃあ連絡もつかなくなるだろ。荒らされたとか被害妄想にもほどがある。

anond:20220519000124

ヲタ的な理由じゃないが、当時バンド界隈にはけいおんめちゃくちゃ嫌われてたぞ。

なにせ、けいおん勘違いした奴がメン募サイトに大量に流れ込んで来て、すぐ挫折するわ、すぐ連絡つかなくなるわ。

マナー悪い奴で溢れかえってピリピリしてた。そういう事情があって嫌われてるのを知らないやつが外側から差別すんな」とか言い出したりして、あの時期バンド界隈をめちゃくちゃ荒らして行ったアニメっていう印象がすごい強い。それでバンドを好きになってくれる奴が少なからいたことはうれしいが。

ヲタヲタで、けいおんの曲を文化祭でやるJKとかをめちゃくちゃ冷ややかな目で見てたろ。

2022-05-18

anond:20220518220134

元増田です!トラバありがとう〜!逆鯖読んでないぜ!

1位 スカイクラッドの観測

シュタゲやってないから知らなかった(理由は後述)

2位 風といっしょに

名曲!でもポケモンなら「ニャースパーティ」が好き(マイナー?)

3位 DAN DAN 心魅かれてく

スラダン視聴してなかったけどバンドコピーしたな〜

4位 brave heart

デジモンも観てなかったな……

5位 Imaginary affair

KOTOKOPrincess Bride!かな(ニコ動アイマス動画の影響)

6位 そばかす

→ド定番だけどジュディマリならラッキープールくじら12号かハローオレンジサンシャインいれる!

7位 天体観測

マスターピースだけどあえて入れなかったのはjupiterというアルバム全体で好きだからかな

メロディーフラッグスペースシャワーTVで聴いて心掴まれたから入れた

8位 南風

フルメタ観てなかった!すまん!

9位 Starry Heaven

テイルズやったことない(理由は後述)

10位 Little Busters

だーまえいいよね、ヘブバンやってる?

11位 secret base~君がくれたもの

ゆきあつ女装回最高だった

12位 ボカロソングのなにかしら

ボカロ入れ忘れてたわ!!!

 「おちゃめ機能」「Tell Your World」 「トリノコシティ」「マトリョシカ」「スキキライ」

あたりが好きかなー。

親が厳しくてゲーム機ない(お年玉で買うのもNG)家庭で育ったかゲーソンが弱いのはある。

アニソンだと「ハートを磨くっきゃない」「氷の上に立つように」「silky heart」「有頂天人生」あたりは入れたかった。

あと神前暁サンホラMOZAIC.WAV……。

でも中高大とどっぷりロックに染まった結果ああいラインナップになったよ〜!

増田ランキングも魅力的だからトップ30やトップ50も書いてくれよな!!

平成7年まれ俺の平成邦楽TOP30

https://anond.hatelabo.jp/20220517213328

この記事を見て自分もやりたいと思った。

個人的思い入れのある曲を30曲。順位は上位のもの以外は割とテキトー

アーティスト名と曲名コメントを少しだけ。


30 - 21

きのこ帝国 - スクールフィクション

イントロがカッコ良すぎる。曲全体としてはそんな好きじゃないけど、たぶんイントロだけだと300回近く聴いた。通して聴いたのは3回くらい。


ケツメイシ - 海』

ケツメイシと言ったら夏歌、夏歌といえば「夏の思い出」だと思うけど、個人的にはこっち。メンバーラップがまだ完成されてない感じとオールドスクールトラックが最高。


CAPSULE - I Wish You

リリースカットされたピアノフレーズがかっこいい。割と中田ヤスタカの曲は楽器を重ねて空間を埋めるように編曲された曲が多い印象だけど、この曲はかなり隙間を意識して作られてて好き。


Perfume - ナチュラルに恋して

中田ヤスタカと言えばPrefumeだけど、断トツでこの曲が好き。コンプレクストロみたいな構成トラックで、いろんな楽器音色が入れ替わり立ち替わりするのが良い。こういう編曲しかJ-POP歌物でっていうのはなかなかない。


やくしまるえつこ - ヴィーナスジーザス

相対性理論10代の頃に死ぬほど聴いた。メランコリックな曲が多いけど、この曲は明るくて良い塩梅。「荒川アンダーザブリッジ」懐かしいですね。


宇多田ヒカル - time will tell

よく行ってたクラブで朝方流れてた曲。この曲を聴くと当時の朝の渋谷匂いとか景色が蘇ってくる。


高田梢枝 - 秘密基地

元々知ってて良い曲だなとは思っていたけど、何かのイベントでこの曲の弾き語りを聴いて泣いてしまった思い出がある。この曲で涙を流せる純粋さはずっと持っていたい。


西野カナ - Darling

デビュー当時の、着うたギャルR&Bみたいな曲も好きだったけど、この曲以降の西野カナはかなりいい曲多い印象。個人的に「パッ」とかも好き。


「L'Arc~en~Ciel - winter fall

普段はそんなに歌詞意識して音楽は聴かないけど、Hyde比喩比喩を重ねたような歌詞結構好き。


井口裕香 - 白金ディスコ

神前暁作編曲した楽曲で一番好き。田中秀和楽曲と迷ったけど、オタク受けとか関係なくこの曲は良い。


20 - 11

KEYTALK - トラベリング

所謂歌物ロックから一曲。この疾走感に初期衝動が感じるような曲、いつまでも好きなんだろうなって思う。


岡村靖幸 - ビバナミダ』

80年代スタイルにどこかフレンチハウスっぽい風味も感じる編曲が最高。岡村靖幸は昔の曲じゃなくて最近バキバキトラックの上で歌い上げてる曲の方が好き。


『Avec Avec - おしえて』

10代中盤から20代前半まで、Maltineをはじめとするインターネットレーベルにハマってた。こんなにスウィングさせても成立するんだって当時はかなり衝撃的だった曲。こんなにビートがヨレてる曲は正直世界中探してもこの曲だけだと思う。


『FLIPPER'S GUITAR - さようならパステルズ・バッヂ

華奢でまだあどけなさが残る二人のルックス楽曲に全てが最高。どの曲にしようか迷ったけど、一番爽やかなのはこれかな。完全に後追いなので、渋谷系をリアルタイム体感してみたかった気持ち


Cornelius - NEW MUSIC MACHINE

個人的には小沢健二よりCorneliusの方が好き。楽曲実験的で、アルバムごとにコンセプトも違うから聴いてて飽きない。


aiko - キラキラ

当時付き合ってた彼女カラオケで歌ってて、そこから好きになった。元々全然いたことなかったけど、いろんな楽曲を聴いてみると、ブルーノートがとにかく多い。ポップスというより完全にブルースシンガー


TOWA TEI - Mars

独特なプラックフレーズにチープなピアノフレーズ原田郁子ボーカル全てが最高。シンプル2stepビート気持ち良すぎて、部屋で一人踊りまくってた思い出。


PUNPEE - Bad habit』

HIPHOPと言えば今はTrapだが、Boom bapでもなくまさかのJuke。コードワークはめちゃくちゃお洒落で他に類を見ない楽曲


七尾旅人 - サーカスナイト

こういうエレピでゴリ押すタイプアーバン楽曲が大好きなんだが、その中でも断トツエモいとはこのこと。


YEN TOWN BAND - Swallowtail Butterflyあいのうた〜』

Charaの「Junior Sweet」と悩んだがこっちにした。


10 - 1

Lamp - A都市の秋』

日本で一番好きなバンド。全曲共通してコード進行がお洒落すぎる。


RIP SLYME - 黄昏サラウンド

昔はセルアウトなんて言われていたけど、RIP SLYMEの良さが分かった時「HIPHOPは2周目」みたいな風潮もあった。この曲はPESトラックを作っているけど、DJ FUMIYAトラックマジでヤバい。今聴いてもぶっ飛んでるし、5人でもっと活動してほしかった。


フジファブリック - 若者のすべて

夏の終わりのなんとも言えない気持ちを上手く表現してると思う。この曲を聴くと、何年経っても鬱屈した10代の頃を思い出してしまう。


平井堅 - KISS OF LIFE

Japanese 2step名曲編曲シンプルさに、サビ後半のベースラインで何杯も飯が食える。


KinKi Kids - Kissからはじまるミステリー』

山下達郎Worksから一曲シティポップとnew jack swingが融合したような楽曲。本人が歌ってるバージョンも好き。


ASIAN KUNG-FU GENERATION - 或る街の群青』

高校時代鬱になって不登校の時期があった。そろそろ行かないと出席日数がヤバいと言う時に毎日聴いてた曲。「蹴り出す速度でどこまでも行けるよ」って歌詞が当時の自分に刺さりまくった。


Nujabes - reflection eternal

唯一のインスト曲。出席日数がヤバくて学校に行ったものの、授業をサボってラグビー部の部室裏で聴いてたのが懐かしい。曲としては完成されすぎてる。サンプリング元が優秀だってのはあるけどね。


『iの数式 (imoutoid's ComplexFunktion Remix)』

亡くなった今でもカルト的に人気のある伝説天才トラックメイカー、imoutoid。僕の人生で一番好きなアーティストでもある。ダンスミュージックテクノロジーの発展により進化するものだけど、2007年くらいの技術高校生がこの曲を作ったと思うと驚きを隠せない。imoutodはダンスミュージックトラックメイカーとしてのセンスはもちろんのこと、J-POP的な分かりやすさに作家性も兼ね備えていた。生きていたら今頃世界的なアーティストになっていたと思うし、今聴いても新しい。


livetune - ファインダーimoutoid's“Finder Is Not Desktop Experience Remix”)』

好きすぎるのでimoutoidからもう一曲無駄な音が一切なくて完成されすぎている。ハイハットだけで何倍も飯が食える。彼がメジャーレーベルから出した楽曲はこの一曲のみなのでめちゃくちゃ貴重。


SMAP - 夜空ノムコウ

間違いなく人生で一番聴いた曲。J-POPとはどこか前向きなメッセージが込められているものだと思うけど、この曲は人生の気怠さを歌っている。しか国民スターだったSMAPがだ。この曲は「愛があれば壁を乗り越えられる」とも「努力は報われる」とも言ってない。ひたすら過去を思い返して「夜空ノムコウにはもう明日が待っている」だ。とてつもなくリアル。今後も聴き続けるんだろうなと思う。


anond:20220517213328

こういうのってどっから入るの?

ロキノン系バンドばっかり聞いててボカロとかもわかんないけど、こういう路線も知りたいけどどっから手を付けていいかわからん

有識者頼む

anond:20220517213328

こういうのってどっから入るの?

ロキノン系バンドばっかり聞いててボカロとかもわかんないけど、こういう路線も知りたいけどどっから手を付けていいかわからん

有識者頼む

平成2年1990年)生まれの私の平成邦楽ベスト50

anond:20220517213328

に触発されて作ってみた全然30曲じゃ足りなかったので50曲になりました。

だいぶジャンルが偏っています

50〜41位

  • 思い出がいっぱい/CoCo

H2Oじゃない方夏休みの朝、ラジオ体操から帰ってきて視聴する「らんま1/2熱闘編」。

大人のかっこよさみたいなものがある。

中学生の時にめっちゃ流行ってた。

亀田誠治が偉大すぎる。

大学下宿始めるときにやたら聴いていた。

失恋したあとに自分を慰めるために聴いていた。

RIP SLYMEメンバー間で色々あったようで空中分解してしまって悲しい。

ゴイステより銀杏派。

唯一無二のシンガーソングライターだと思う。

タワレコ何の気なしに視聴したら好みにドンピシャでハマった。

40〜31

Aメロを家で口ずさんでいたら夫に「こわい」って言われた。

イントロシンセサイザーかっこいい。

エルレのおかげで英語リスニング能力が向上した。

エキセントリック演奏なのにキャッチーから癖になる。

ヘッドフォンで聴いているとハヤシのHey!が右からやってくる。

コーラスワークが綺麗で清涼感がある。

盆踊りに流したい。

色気のあるベースからまり更に色気のあるヴォーカルが乗っかる。

ヤイコaikoの違いがわからなかった父親

PVの影響で手拍子したくなる。

30〜21位

こういうかっこいいアニソンが量産されてほしい。

復活おめでとう!ライブで一度演奏を観てみたい。

FM802ヘビーローテーションになっていたのをよく覚えている。

準新作だと気づかずに7泊8日レンタルして返却時涙目になった。

小出祐介歌詞文学的で好きだ。

横山剣さんは歌声全然変わらないなぁ。

シンセサイザーの響きには近未来感を感じるけど同時に哀愁も漂っていてすごいと思う。

サモエドという単語を覚えた。

大学受験の勉強しているときに聴いて励まされていた。

フルカワミキに憧れてYAMAHAベースを買いました。

2011

高校生の時付き合っていた彼氏に「この曲を歌えるようになってほしい」と言われ「無茶な」と思った。

こんなにストレートロックも珍しい。

今聴いてもサウンドのすべてがおしゃれ。

夏の終わりに聴きたい。

粉雪以外も名曲ぞろいだよ。

秋産まれから余計に惹かれるのかもしれない。

アニメだとこの曲のライブ衣装が可愛かったんだよな。

ポップな曲調に悲しい歌詞を載せるのはピチカートの得意技。

フリクリ」で流れてきた瞬間テンションダダ上がりした。

ピアノロックの融合の理想形。

10〜1位

Salyuも唯一無二の歌声だな。サビのハモり気持ちよすぎる。

ホリエアツシの作るメロディーラインに心底惚れ込んでいる。

甘酸っぱさ満点。

確か、歌詞視点が独特なのをROCKIN' ON JAPAN誌上でツッコまれてた。

2006年のRUSH BALLオープニングアクト一目惚れした。

私のBUMP OF CHICKENはここから

多幸感あふれるメロディーストリングス大サビ歌詞の対比が好き。

五十嵐隆の尖りきった歌詞サウンドにやられた。

来年解散ちゃうんですね……。

FANTASMAは遊び心たっぷりアルバムだと思う。


ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

Apple Music検索しながら作ったので、サブスクに入ってなくて漏れた曲がいくつかあります


下記は、アーティストかぶりなどで泣く泣く除外しました。


もっとアニソンも入れたかったけど、バンドサウンドが好きすぎて、これが精一杯でした。

ベスト作るの楽しかった〜!

昭和生まれオッサン平成邦楽TOP30

便乗して書く。

iTunesより抜粋

アニソン多め。


30-21

ものパレードジャパリパークメモリアル~/どうぶつビスケッツかばん×PPP(2017)

一発目からぶっちゃけもう聴いてないし聴く気も無い曲…

当時は好きだった。けもフレ騒動で冷めた。


Long Time No See/WHITE ASH(2013)

既に解散したロックバンド

メロディが心地よい。


MUDA/SAKEROCK(2010)

星野源がやってたインストバンド


twinkle star/サーニャ・V・リトヴャク(CV.門脇舞以)(2009)

ストパンキャラソン

夏に何故か聴きたくなる。


花雪/smileY inc.(2014)

ハナヤマタ、というよさこいアニメED

もう8年前か…


ザ・フール/毛皮のマリーズ(2009)

色々やってたロックバンドの曲。

ボーカルは今はドレスコーズやってる。

ピアノが最高。


ダンデライオン/毛皮のマリーズ(2011)

同上。

歌詞が素敵。


Little-Note/加藤葉月(朝井彩加)(2015)

響けユーフォニアムキャラソン

こういう佳曲はかなり好き。


永久的に愛してよ♡/堀江由衣(2014)

ほっちゃんのアレ。清竜人作詞作曲

線の細いボーカルギリギリまで震わせた感が良し。


コタツから眺める世界地図/エリオをかまってちゃん(CV:大亀あすか)(2011)

神聖かまってちゃん声優コラボ

アニメOPになった表題曲よりこちらの方が好き。

20-11


勇気バトン/讃州中学勇者部(2016)

ゆゆゆのキャラソンボーカルワークが好み。


囁きワルツ/耳切坊主(2004)

沖縄バンド解散済。

ゲスト素人っぽい女性ボーカルとの絡みが良き。


Good Day For Bye/WHITE ASH(2013)

多分シングルカップリング

アコギであっさり終わる佳曲。


くだらないの中に/星野源(2011)

星野源はやっぱりこの頃が良いよね。


恋する図形 (cubic futurismo)/上坂すみれ(2016)

美術アニメEDだった。

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが好きなのかも。


ともだち/るん(CV.福原香織)、トオル(CV.悠木碧)(2011)

Aチャンネルキャラソン

みんなのうたイメージした感じが素敵。


Water Bird/COALTAR OF THE DEEPERS(2007)

シューゲイザーバンド

メインライターNARASAKIは、特撮とか大槻ケンヂ絡みの方が有名かも。

こちらが本家変拍子が何故か心地良い。


幻の命/世界の終わり(2010)

まだ漢字だった頃のセカオワ

聴く歌詞がクッサイなぁ…そこが良いんだけど。


Zzz/佐咲紗花(2011)

アニメ日常ED

ヒャダインヒャダインヒャダイン感!


Wipeout(retake)/COALTAR OF THE DEEPERS(2007)

シューゲイザーバンド

三味線と轟音ロックコラボ


10-1

ここから、ここから/玉木マリ(水瀬いのり)、小淵沢報瀬(花澤香菜)、三宅日向(井口裕香)、白石結月(早見沙織)(2018)

よりもいのアレ。

アニメは正直最高だった。


ストーブ/星野源(2011)

最近聴き返して泣きそうになった。


QUESTION?/2B PENCILS(2013)

神のみぞ知るセカイの劇中バンドの曲。

いわゆるけいおんの便乗企画

阿澄佳奈ボーカルが存外に良かった。


悲しきタンバリン/鈴木慶一(2009)

ムーンライダーズのメインボーカルの人のソロ曲

曲は歌の上手さじゃ決まらないんだなと改めて思わされる佳曲。


夫婦/星野源(2010)

星野源の1stアルバムから

最近星野源は正直あまり好みじゃ無いけど、この頃は個人的に神だった。


Chase the Light!/Fear, and Loathing in Las Vegas(2011)

ラスベガスにハマったキッカケ。


フェアリーテイル/三月のパンタシア(2017)

楽曲ボーカルの相性が抜群!

アニメEDだけど、ED映像しかまり印象に残ってない。

始めに入るピアノカットが良き。


ちいさな冒険者/アクア(CV:雨宮 天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)(2016)

ハンバートハンバートの人がプロデュース

アニメは未視聴。

みんなのうたでやってそうな雰囲気が最高。


DEAD BY DAWN/COALTAR OF THE DEEPERS(2004)

シューゲイザーバンドのアレ。

デスボイスクリーンボーカルスイッチングに感動したあの頃。


LIMITLESS∞DREAM/キリエ(CV.鈴代紗弓)(2019)

コトブキのキャラソン疾走感が良かい

LINDBERGとか好きなら、とりあえず聴け!

ひげだん、きんぐぬー、さちもす

なんかよくわからんけど音楽好きがすごいもてはやしてるのですごいバンドらしい。

でも音楽的にすごいって言われてもあんまピンとこないよな。

パリコレギャグみたいな衣装デザイン的にすごいって言われてるみたいな感じ。

 

そんな僕はNORIKIYOとかAKLOとかZORNとかわかりやす音楽ばっかり聴いてます

anond:20220518162510

よく知らんが結構実験的な音楽多いっぽい。

ミックスナッツリズムがごちゃごちゃしすぎて不快って話をしたら、ひげだんのファンが教えてくれた。

東京リベンジャーズのCry Babyも意味わかんないところで転調するし。

きんぐぬーは変態コード多いんで、玄人好みのキャッチーバンド代表格だが、それ知って髭男に好感はもてたな。

Official髭男dismってそんな玄人受けする作風なん?

このあい話題になっていた「若手アーティストが選ぶ平成ベストソング」みたいな企画

直近でいちばん順位が高いのが髭男の「Pretender」だった。

しかも単に「売れてるからすごい」とか「好きな曲だから」というんじゃなくて

音楽理論とか歌唱力とかの技術的な意味で「すごい」という褒め方だった。

髭男ってそんなテクニカルバンドだったのか。

個人的な印象としては、髭男はわかりやす大衆受けする感じで、

プロ米津玄師とかKing Gnuとかを褒めるんだろうな、と思っていたんだけど。

39歳のおっさん平成邦楽TOP30

iPodがなくなるときいて当時作ったプレイリストなどを懐かしみつつ選んでみました。

1人1曲で選んでみたものの、上位は曲を選ぶのがとても難しかった。

自分の中では、一番この曲が好きというより、この人の歌が全般的に好きという感じで、なんとなく聞いている。

30位-21位

笑顔のゲンキ SMAP 1992

まだ6人いた頃。姫ちゃんのリボン面白かった。

dandelion KOKIA 2005

ラジオか何かで聞いて、上手い!って思った。

ええねん ウルフルズ 2003

こんな感じで生きていきたい

はいつでも17才 竹内まりや 2001

でも、ほんとは、ほんとはfourty-five

海岸狂想曲 ヒルタナユミと魅惑の東京サロン 2005

Electro Swingみたいな古い雰囲気の曲を今風にというジャンルを、この頃好きになったのかもしれない。

ツキアカリ Rie fu 2007

アニメ自体はそれほどでもなかったが、エンディングの曲が好きで見てた。

FLOWER 鈴里真帆 1997

経緯を何も覚えてないけど、なぜかアルバム1枚持っていて好きな曲。

LOVE 4 REAL SAKURA 2003

関西弁の曲として有名?

暗闇でキッス FlYING KIDS 1995

チュチュッチュ〜。

愛のしるし スピッツ 1999

PUFFYよりスピッツバージョンが好き。

20-11

Peruna Akeboshi 2008

映画テーマ曲に使われていた。映画見て泣いた。

いいんですか? RADWIMPS 2006

当時好きだった人がこれ良いよって贈ってくれたCD

全部、君だった。 山崎まさよし 2003

失恋した時、こんな感じだった。

彼女になりたかった日 西脇唯 1994

あの人みたいになりたい、ではなく、自分なりの方法で辿り着いたって歌詞が好き。

もっと愛しあいましょ LINDBERG 1990

2000年代になって藤川球児が使ったことでリバイバルした記憶があるが、ポップな曲の方が好き。

My Dear Pig Cocco 1998

可愛らしいメロディ歌詞ギャップが良い。

Over Drive JUDY AND MARY 1995

この曲で知って、これが一番好きなままだった。バンド解散後のボーカルYUKIソロも好きな曲が多い。

勇気の鐘~晴れてハレルヤⅡ~ 奥井亜紀 1995

魔法陣グルグルで使われた曲のメロディ歌詞結婚式バージョンのもの最近も曲を出していて、Wakaiiという曲が良かった。

突然 FIELD OF VIEW 1995

ZARDバージョンも好きです。

春夏秋冬 NIKIIE 2010

ラジオで聞いて好きになった。何年か後に、ゴブリンに苦戦する冒険者アニメ音楽で同じ声をきいた時は驚いた。

10-1

東京は夜の七時 ピチカート・ファイヴ 1993

「待ち合わせたレストランはもうつぶれてなかった」を実感するのは東京に出てきた後だった。

星空の散歩岡本真夜 1997

Crystal Sceneryという一人アカペラの多重録音のCDに入ってるバージョンが好き。

三月がずっと続けばいい 三月のパンタシア 2019

ギリギリ平成。買ったCDを取り込む際の曲名に、間違ってこのアーティスト名が出てきたのを検索して知った。

遠距離恋愛は続く ホフディラン 1998

遠距離恋愛結婚した。結婚式でも使った。

キャノンボール 中村一義 2002

当時は共感した歌詞だが、最近は惰性で生きるのも悪くないなと思ってる。

スーツケース cool drive makers 2002

メジャーデビューの頃から、大きく路線変更してインディーズで出た曲が名曲だった。

フューシャ フューシャ フューシャ Bonnie Pink 2009

アルバムの中の一曲特に有名でもないと思うが、Bonnie Pinkピンク色を冠した曲。

gradation 川本真琴 2013

川本真琴1990年台が有名だけど、2010年代の曲もとても良いです。

月に願いを ZARD 2005

3拍子の曲。迷走から脱したとても良いアルバムだと思ったら最後になってしまった。

初めて買ったCDZARDの『TODAY IS ANOTHER DAY』だった。

アゲハ 斉藤和義 2000

売れようが売れまいが関係なくて、歌うことが人生の一部というのを感じる曲がいくつかあって好き。

音響について

ふとonkyo自己破産と聞いて、私はどうかしたらonkyo就職するかもしれない人間だった。だから書くわけじゃなくて、昔からちょっと思っていたことを書くきっかけになったので。書く内容はonkyo倒産とはあまり関係はない。個人的音響仕事をしたくない理由をつらつらと書いていくだけである

ちなみに私は今なんだかんだソフトウェアエンジニアをしている。30過ぎあたりで、就職と言ったら、10年前ぐらいの話になる。大学音響関係する学科がある大学に行った。音楽音響に興味があって、趣味で録音やら音響システムを弄ったりしていた。

でも、根本的に音響とか音楽関係するところに行こうとは思っていなかった。その根本的な理由をつらつら書いていこうかなと。

1. 音楽関係自体斜陽産業だったこと。

私が大学入学たこから音楽業界は斜陽産業だった。私の小学校中学校の頃はミリオンセラーが沢山出てきたり、無名音楽少年ブレイクして成功するみたいなサクセスストーリーとか流行っていた。私は読んだことはないのだが、beckやらnanaとかも流行っていたしね。そういえば、高校大学の頃は、涼宮ハルヒGod knows...やら、けいおんやらバンド関係コンテンツ流行っていたな。一方で、インターネットYoutubeだったりiTunesが出てきたりして、CDが売れなくなる時代でもあった。知っているレコード店やら、録音のスタジオやらもどんどん潰れたりしていた。だからこのまま、就職して音響屋や音楽屋になっても、ちょっと将来が不安だった。

2. 音質がこれ以上良くならない

根本的に「音質」とは?という定義があるかもだが、スピーカー場合電気信号音響信号に変換するのがスピーカー役割だが、例えばその電気信号音響信号にキチンと再現するのが一つ明確な「音質」の定義だと思う。他方、そういった機械物理的な定義じゃなくて、「良い音に聞こえたらいい音質」みたいな主観的定義もあり得る。そういう主観的な「音質」の追求はあり得るかもしれないが、物理的な音質(先ほどの信号再現だったり、他にも全可聴周波数帯域がキチンと出る)などの、そういった領域に関する音質は追及されまくっている。正直、1万円ぐらいするスピーカーアンプで、一般人は十分すぎるレベルの「物理的な」音質は得られるだろう。あとは、価格を下げるなり、ブランド価値やら、「主観的な音質」で勝負するしかない世界になってくる。もしくは、野外のイベントとかで、デカスピーカーで音圧をどれだけ出せるかとかね。あとはオカルト的な領域踏み込むとかね。

話は脱線するが、スピーカーの音質や良いスピーカーのことを話すと、ダブルブラインドテストやら二重盲検法を出してくる人がいる。正直あれは無意味というか、その前にやるべき評価をすっ飛ばしている。というのも、二重盲検法ってのは、

1. 被験者能力が良くない

2. スピーカー自体特性が良くない

どっちなのか判別つかないからだ。1万円のスピーカー100万円のスピーカーブラインドテストして、もし被験者識別できなかった場合根本的に被験者には聞き分ける能力がない、あるいは、スピーカーがその性能を出していないか判別つかない。だから、その前に、まず100万円のスピーカーと1万円のスピーカー周波数特性だったりを調べて、物理的な出力音響信号差があるかどうかをやった上で、ブラインドテストをやるべきだと思っている。

話を戻すが、「音質」はこれ以上向上しないってのは、一般人が聞き分けられるレベルでの物理的な音質の向上はおそらく期待できないだろう。なので、たとえば出力を弄って「ロック音楽聴くのにオススメ!」っとか、ノイズキャンセリングを入れる、外装のデザインとか、ゲームで有利になるような音にする、などで、付加価値を付けていく競争の方が重要で、音質の追求はこれ以上やってもニーズにはないからね。趣味とか研究の程度だったら楽しいのだけどね。

3. プログラミングが案外楽しかった

プログラミング大学入ってから学んだが、案外ハマってしまった。ぶっちゃけ上記の2つの理由よりもこれが一番でかいんだどね。音響屋の仕事といっても先ほどのスピーカー設計やら録音とか以外にも、例えば、補聴器やら、騒音測定やら、防音やらいろいろあるんで、そっちも考えたけどね。こうして、大学のころに学んだ大半は仕事につかっていない道楽的な知識になってしまったけど、こういう理由があるから仕方ないなという合理化をしてただけなんだな。

2022-05-17

Jアイドルファンってよくわからん

少し前にJ事務所とあるアイドルグループが気になった。

調べていると、なるほど彼らの持ち歌もなかなかいい。バラエティ番組で見かけた時もなかなか面白かった。

ただ、彼らに関するファンツイートを見ていると、1人のアイドルを推す人、グループ全体で推す人がいるのはまぁ予想通りだったが、この界隈には「1人のアイドルが好き、他は嫌いだから解散(脱退)して欲しい」という意見がある事を知った。(後に界隈では当たり前のようにいる人種ということも分かった。)

正直、私はまだそのグループファンと言うレベルではない。そのグループを調べている時点でファンに片足突っ込んでいるのかもしれないが、テレビで見ているくらいなのでファンとしても大分ライト層だろう。

ただ、推しと同じグループメンバーに対するアンチがいること、推しアゲ/他メンサゲが頻繁にされていること、同じ映像を見ていても「ここのMCの○くん優しい」「ここのMCの○はやる気がない」のように極端に捉え方が違っているようなことが結構な量あって、それらを目の当たりにして、なんだか少し疲れてしまった。

楽しむ為にアイドルを見ているのに、ファンに疲れさせられるとは。

ファン治安って、案外大切なんだな。

ネットがない時代アイドルもこんなファンを抱えていたのだろうか。




想像以上にいろんな界隈の反応が来て勉強になった。

思っていたよりも広い界隈であることなんですね。

アンリーと言うことも知った。

私は過去バンドファンにはなったことがあるが、アイドルというジャンル知識はない。

バンドでは単推しやこのメンバーのこういうところは直して欲しいといった事はあれど、解散や脱退を望むまではなく、その部分に文化の違いを感じたので、この記事を書いた。

基本は公式しかチェックしないタイプだが、過去エピソードを知ってから改めて同じものを見て(聞いて)みると、初見とはまた違ったおもしろさが見つけられるので、ついファンの反応もチェックしてしまう。

でもあまり深入りはせずに、疲れない程度に楽しんでいけたらいいな。

れんあい

えーーーなんでみんなそんな恋愛できるんすか。単純にキモくないですか。自分が男に「かわいい」って言われてんのガチキモくね?その状態ガチキモくね?????????なんでそれが受け入れられるの???

「〇〇ちゃんかわいい」とか言われんの「は????????きもいんだが??????」としかならんくないですか。私がかわいいのは認めるけどそれ男から言われんのキモくない???女の子からかわいい!」って言われるのは大好きだしその女の子好き‼️ってなるけど男から言われたらヴッてなりますよねなりませんか???

よくYouTubeとかで仲良しカップルのやり取りみたいなやつ見かけるけどああいうのを自分がやってるの想像したら吐き気しかしないです。他の人がやってる分には別にいいんだけどいざ自分がそれに巻き込まれそうになるとキモすぎるわってなるんすよ〜〜。

こういうこと言ってるけど少女漫画とか読むのは好きです。幸せそうなの見るの楽しいし。でも今までヒロイン自分を重ね合わせて読んだことが一度もない。てか逆にそういう読み方する方が一般的なんだってことを最近知りましたよね。読んでる時、わざわざその作品の中に自分を介入させなくないですか?漫画漫画から面白いのであって、登場人物がその人たちであるから素敵なのであって、自分と重ね合わせるもんではないと思ってました。強いて言うなら、ヒロインの男みたくなりたいなって思いながら読んでました。

あと恋愛ソング。これも、自分自分好きな人に重ね合わせて聞くって友達から聞いて目が飛び出るかと思いましたよね。これも、自分の好きなアイドルバンドキャラが歌っているか可愛いのであってそこに自分を介入させるもんじゃなくないですか???例えばアイドルの歌で、聞いてる側を彼女見立てて歌ってる曲とかあるじゃないすか。ああいうの自分に重ね合わせて聞いたことないです。

仮に恋愛に関するなんかを想像する場合でも、直接自分適用するんじゃなくて、代理自分を作ってそれに当てはめてます。こういう人結構いると思ってるんだけど私だけですか。私が拗らせてるだけですか。そうですね。おわり。

anond:20220517105910

俺の前でけいおん!を語ったな!

今俺の世界ではけいおん!5期が放映中だが、けいおん!!!!!だぞ。

正直大人になってから趣味バンド活動してるの面白い

まあ、あずにゃんにはずっと高校生でいて欲しかったが。

anond:20220517085227

ロンドン滞在経験のあるバンドを率いていた日本ロック界のレジェンド

まさかE.YAZAWA陽水?財津?小田和?

ある日本の大物アーティストXがASKAを手引きしたとウワサされている。

「XはASKAより年上で、バンドを率いていたロック界のレジェンドASKAより先にロンドン滞在経験があったこから、弟分のASKAに現地カルチャーの一つして、マリアナ合成麻薬を教えたそうだ。当時のロンドンでは『よくあること』だったが、これがASKAを“覚醒”させる一つの原因になったことは間違いない」(ASKAを知る関係者

 ASKAがロンドン滞在したのは半年ほどだったが「現地に家を購入し、移り住むことまで考えるほど気に入っていた」(同)という。

 帰国したASKAはその後、ヒット曲を量産。91年に「SAY YES」、93年には「YAH YAH YAH」でミリオンセールスを記録した。この2大ヒット曲クスリの力に頼って生み出されたものなのか…。

 前出の音楽関係者は「ロンドンから帰国してからは、(薬物を)やらない時期もあったそうです。2大ヒット曲が生まれた時は、そこまでおかしいとは感じませんでしたね。むしろ『あれ?』となったのは、ヒット曲が出なくなった90年代後半から歌詞に『ドラッグ』や『シャブ』を連想させる言葉が目に付くようになって…」と話す。

 とはいえ、一部で指摘されているように90年代前半の曲にも薬物を想起させる歌詞はある。93年3月に発売された「YAH YAH YAH」の両A面シングル「夢の番人」では「運び屋の白い粉袋の秘密で」と歌っているのだ。また、96年4月発売のアルバムに収録された曲「港に潜んだ潜水艇」には「口の中に薬を撃ち込まれた気分さ あちらこちらの 心臓が一斉に騒ぎ出す」との歌詞も。

anond:20220517014233

ワイはnuroモバを推しとくで

3キャリア対応しとるから輸入スマホバンドきつい機種にも格安SB回線を与えられるって寸法よ

2022-05-16

推しファンクラブをやめた

六年間入っていた推しファンクラブをやめた。

嫌いになったわけではない。

かつてないほど熱が醒めたからだった。

ライブで、会場のファンにいつもありがとうと、ありがとうありがとうと沢山言ってくれる推しが好きだった。

ライブトーク面白くて、バンドメンバーへの細やかな配慮も忘れない推しが好きだった。

下ネタが苦手な癖に曲中のファンサでそういうことを言って恥ずかしがる推しが好きだった。

笑顔可愛い推しが好きだった。

就活がうまく行かずに悶々としてた時に当たった握手会で、辿々しく自分の話をちゃんと相槌を打って聞いてくれて、推しもっと好きになった。

大学卒業して、就職して、結婚しても推しは好だった。配偶者にもからかわれるけど、好きなものは好きだった。

ライブ円盤CD絶対買っていたし、ライブ自体地方都市在住だから全通や複数公演は難しかったけど、ツアー中最低一回はちゃんと行っていた。

ファンクラブに入っていてもいい席になるとは限らず、ただファンクラブ優先購入券という名の抽選回数が増えるだけだから、行けたとしても半分より後ろだとか、本人は豆粒でしか見えないなんてこともよくあった。

それでもツアーに一回は行けるから、入っていた。

この六年間、「好き」という気持ちに波があったことは否めないけど、それでもファンクラブをやめるという選択肢はなかった。

ライブに行けていたから。

豆粒でさえ、本人を見ることができて、曲を聴けていたから。

そんな気持ちが下降していったのは、コロナ禍になったからだ。

2020年中に行われる予定だった初のドームライブチケットには当たっていた。

ドームライブ決定という発表はライブ千秋楽でなされたのだが、自分もちょうどその場にいて、個人的特別ライブだった。

発表の場にいれて、すごく嬉しかった。

チケットにも当たったから、そのライブ特別ものになるはずだった。

しかし、コロナでそのライブは行われず、チケット代は返金された。

それでも推しのことは追っていた。

2020年末に、配信ライブがあった。

勿論チケットを買って家で見ていた。

ライブ会場でも本人が見えなくてモニターで追うことはよくある。だから、今回もそんな感じかなと思いながら見始めた。

でも、ライブが始まる前のあのワクワクした気持ちが、一切湧いてこなかった。

曲を聴いても、例えそれがあまり好きではない曲でもライブ会場では楽しめた。ライブ円盤でも楽しめている。でも、配信ライブでは何とも思わなかった。

高いお金を払ったのに途中で見ることをやめてしまった。

コロナ禍二年目の2021年

今年こそライブに行けるといいなと思いながらファンクラブ更新をした。

その直後、配信有りの有人ライブをするという発表があった。

その頃は小康状態とはいえ地方都市から首都圏へ向かうことはまた憚れていたし、もしコロナを持ち帰って家族会社の人へ移してしまったら、という懸念があって配信ライブチケットを買った。

というのも、自分が住んでいる地方都市最初コロナ患者首都圏からの持ち込みだったからだ。かなりバッシングされていたし、なんなら自分も引いた。

ワクチンは二回接種していた。周りも皆二回接種していた。それでも、遊びで県外へ行く人は周りにはいなかった。

から配信ライブにした。

この間の配信ライブは、自分の好きな曲を全然やらなかったからあまり楽しめなかったのかもしれないと思いながら見始めた。

会場の熱気は、観客の声が出ていなくても分かった。

曲の後に起こる拍手

自分も同じように拍手していたけれど、なんだか置いてけぼりにされている感覚がした。

ライブ中のワクワクした気持ちは全くなかった。

結局このライブ事情で途中で切ってしまった。

アーカイブ公開期間に途中から見ようと思いつつ結局忘れていた。

それから推しツイートも見なくなっていった。

かつてなら何か発表があったらリツイートして何らかの反応をしていたが、それもしなくなった。

気がついたらそのライブ円盤も発売されていた。いつもなら予約して火曜日フラゲ日に引き取りに行っていたが、購入さえもしなかった。

ライブに行けなくて、どんどん熱が醒めていっているのが自分でも分かった。

あの置いてけぼりの感覚は、「地方」と「首都圏」という壁を意識してしまたからなんだと気づいた。

勿論、地方からでも行っている人はいただろう。逆に、仕事とかで行けなかった首都圏の人もいたはずだ。

いつもならそんなことは思わなかったと思う。元々そんなにライブに回数行けるような人間ではないし。

それでも、昨今のコロナ禍でそう思ってしまった。

そこから急激に醒めてしまった。

ライブに行けないのなら、ファンクラブに入っている意味はなかった。

から、やめた。

それだけ規模の小さなの話なのに長々とちんたら書いてしまったのは、覚え書きとして残しておきたかたから。

とりあえずコロナは滅してくれ。

2022-05-15

変な夢を見た

他人の夢くらいつまらないものはない、というが、久々に文章化できた夢なので、あえて書く。

---

大勢(といっても数人?)で集まって、何かしようとしている。何か作る?焼物を作ろうとしているみたい。

ある人の家に集まる。現実の知り合いのギタリストの彼だ。なぜ彼かは不明。皆、楽器などを持ち込んでいるようだ。

他にもバンド関係で知り合った人がいる。おそらく先日会ったボーカルギターの人だ。キーボード女性もいたようだ。

家は、とても古い木造だが、部屋はやたら広い。広いが何もない。隅の方にめいめい荷物を置き、皆で屯する。

焼物を作るのは別の場所なので、移動しようということになる。

自分は、大きい方をしようとトイレを借りる。

扉を開けると、和式トイレだ。

床は入口から50cmくらい低いスロープになった部分があり、スロープの先の平らなところに便器がある。床は、艶のある色濃い木でできている。

便器の蓋も木でできており、便器をピッタリ隠している。金隠しが無い。

トイレのドアがうまく閉まらない。

鍵が壊れている?

家の持ち主のギタリストの彼がやってきて、小さい金属の閂を嵌めてくれる。

トイレをどうしたか不明だが、皆で外に出て、移動しようということになる。家から出て道路渡り、その家を見ると、外観もかなりボロボロだ。

周囲の家も、ボロボロの家が多い。

一件、取り壊し中の家がある。重機が家の壁を壊していて中が剥き出しになっている。今出てきた家かと思い不安になったが、違ったようだ。

2台の車に分乗して移動。

自分は、何か重要な物を託され、小さなトラック風の車に乗る。

他の皆は大きな金色ぽいトラックだ。

自分が乗る車は、三輪トラック風の、前が細くなった車で、何かが褪色した薄いピンク色。

ほぼ一人乗り。

白いペダルと赤いペダル。白いのがブレーキ、赤いのがアクセルらしい。クラッチになったりもする。

シフトレバー。昔のバスのように長い金属棒の先に丸い球が握りとして付いているやつだ。

運転なんか随分していないので不安だったが、ギタリストの彼の大丈夫だ、という声に押されて運転を開始。

皆が乗る大きなトラックの後について行く。

車は妙にスルスル動くが、操作がよく分からず先行車から段々と遅れる。

白のペダル、赤のペダルを踏んでも、手応えがまるで無い。

道路の端に寄ってしまい、縁石のようなところに登り、煉瓦に囲まれた花壇になっている部分をそのまま走る。

そこをそのまま進み、これではまずいと道路飛び降りる。

衝撃を覚悟したが、それは無く静かに降りる。

そのうち自分の車が先行するようになる。

後ろを見ると、トラックが付いてくる。

自分は行き先も知らされていないのに、どうしようかと思っているうちに、目的地に着く。

最初にいた家と同じような部屋。

ボーカルギターの彼は別の作品を先に焼いていたようで、出来上がった、と言って周りのおが屑のようなものを払いのける。

30cm角くらいの四角い立体で、側面は左側が直角の台形で、いかにも焼いたような薄茶色をしており、紺色の素朴な線で絵が書いてある。数人で談話をしているような、そんな絵。

2022-05-14

バンドマン特定して結婚した話さ

おめでとうとは思うけど世間があれを美談ととれるほどピュアなことにびびった

バンドマンなんてアマチュアでも学生バンドでも売れてなくても惚れて繋がりたがる女はまあまあいるわけで

男はその女たちの中から選んでたまたま結婚しただけで

よくある話じゃねえかと

あと男女逆にしたらやべえと思うんだがツイフェミ湧いてないのが謎

自分ネトストして特定したけど人生確変に入らなかった話

[B! 人生] 名前も知らない人のアカウントを2年かけて特定したら人生確変に入った|四月|note

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.com/hybridrainbow/n/n66c6edf9badd

このnoteを読んで昔ネトストに明け暮れていた日々のことを思い出した。

最初に言っておくと↑のような美談ではなくガチキモいネトストの話です。

自分大学時代大学にも通わず引きこもって某匿名掲示板の某板に一日中居座って怠惰な日々を過ごしていた。

今は衰退してしまったが当時は全盛期で1日に数万の書き込みが有り毎日いても飽きなかった。

匿名掲示板なので基本はみな名無しで書き込みを行うのだが、そこの板では固定(固定ハンドルネーム)を付けて活動している者も多く自分名無しだったがその固定達と一日戯れて過ごしていた。

名無しの中にはそういった固定のことを良く思っていない者達もいて下手に個人情報を晒そうもなら直ぐに特定祭りになり固定を引退して消えていく(特定されも活動し続ける者も多かったが)というのが日常茶飯事だった。

自分特に悪意とかは無かったが特定出来そうな書き込みを見つけてはmixiネット上のあらゆる情報検索して特定するという行為純粋に楽しく、将来は探偵にでもなろうかと半分くらい本気で考えていた。

そんな中、当時流行りだした動画配信をある女固定が始めた。

内容はただしゃべったり外に出て配信したりどうでもいいような内容だったのだが、自分彼女自身の)の生活圏内配信してることに気付きこれは特定出来るのでは無いかと思いしばらく配信を見続けた。

情報として残すために配信をわざわざ録画し自分が見られない時間配信でも録画してあとからチェックした。

そして何度目かの配信でチャンスは訪れた。彼女が近所のチェーン店ではないローカル飲食店に入ったときである

都道府県は把握していたのでその圏内の同ジャンル飲食店を録画した店内外の映像を見ながらしらみつぶしに探したところ意外とあっさり見つかった。

さてこの事実をどうしようかと考えたが前述の通り悪意を持って特定をしたわけではなく特定出来たこ自体に満足していし、何よりも特定により板の固定が引退していくのはよろしくないという(どうでもよい)ポリシーがあったのでその事を板に晒したりはしなかった。

一応その女コテには公開されていたskypeアドレスチャットで「○○に住んでるよね?動画配信特定出来るから気をつけた方がいいよ」というメッセージを送っておいた。

今考えると相手からしたら普通に恐怖のメッセージである

次の日、その女固定からいきなり通話がかかってきた。最初はどうやって特定してのかを聞かれて「へーすごいね」くらいの会話で終わった。

そして、何故か次の日もその次の日も毎日のように通話がかかってくるようになり普通に雑談をするような仲になった。

↑のようなバンド演奏に惚れたとかではなく、顔も知らないネトスト男にである。まあ当時固定やってるやつはみんな頭おかしいやつばかりだったのでその時は何とも思わなかった。

次第に通話している時間が長くなり家にいるときは常に繋げっぱなしで夜も寝落ちして朝繋がったままの通話おはようを言い合うようなこともあった。

仲良くなったので会いたいという話にもなったのだが遠距離バイトもしていない引きこもり大学生にお金があるはずもなくなかなか会いには行けなかったが、ようやく会いに行くチャンスが出来てなんやかんやで付き合うことになった。

その後も遠距離恋愛でそんな生活は続き、今は俺の横で寝てるよ・・・といいたかったがいろいろあって半年くらいで別れた。

ここまで書いて、今どうしてるのか気になって調べてみたけれどさすがに出てこなかったが、当時の書き込みは残っていてそれを読んでは懐かしい気持ちになった。

青春の思い出と言えるものが何もなかった大学生活だけど、今となっては彼女と板で過ごした時間が唯一の思い出。

2022-05-13

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.com/hybridrainbow/n/n66c6edf9badd

もし男性女性バンドメンバーネトストして、歌と見た目が好きだと延々と語ったらどうなっただろう。

まあ結果良ければ全てよしということかもしれん。

ミクスチャーロックってゴミのようにダサかったよな

ヘタクソなロックとヘタクソなラップとヘタクソなレゲエとヘタクソなテクノとヘタクソなファンク

その他もろもろヘタクソな三流音楽の盛り合わせ

スーパーで売ってるクソまず惣菜全部載せ幕内弁当みたいな全部まずいけど種類で誤魔化せ的発想

廃れてくれて本当に良かった

ミクスチャーロックをやっていたバンドは本当にセンスがないので今音楽業界で生き残ってる奴はほとんどいない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん