「ランニング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ランニングとは

2018-01-14

童貞つらい男やめたい

性的な強さというものがある場合童貞というのは弱い存在だと思う。

はじめての彼女ができてしばらく経った。

彼女のことはほんとに大好きだし、お互いにやや依存傾向がある程度には想い合っている。

しかし、彼女と過ごした半年ちょっとの中で、ぼくには少しばかりトラウマになったことがある。

からすればほんとに些細なことだろうと思うのだが、「〜くんってたまに童貞っぽいこというよね」といわれたこである

このときぼくらは、ちょっとしたエロ話のような雑談をしていたのだ。

そして笑いながらこう言われ、ぼくは突然のことに面食らい、あからさまに落ち込んだ。

男にとって、童貞をいじられることほどみじめなものは無いと思う。

なぜなら童貞は誰に言われるまでもなく恥ずかしいものだと思ってるし、男として性的にみじめな存在だと自覚しているからだ。

ハゲみたいなもんだと思うが、改めていじられるのは本当に辛い。ただでさえ劣等感という自分の刃で傷ついているのに、他人の刃でも刺されるからだ。

それに、童貞というのはほんとにどうしようもない。恋愛のものが難しいものだと思うし、いくつになってもエロ漫画を読むのが楽しかったりするように、どんなに性交渉経験を重ねようが童貞っぽさは無くなりきらないものだと思う。

誰でもかつては妄想を本分とする中学生だったのだ。

しか彼女にいわれるというのがまたこたえるところで、彼女はいわば、童貞卒業に関わるあらゆる決定権を有しているといっていい。なにせ、初めての彼女なのだから

そのときすでに、一緒の布団で寝たり、ちょっとしたイチャコラはする程度にはなっていたので、あとは時間問題とでもいうところだったと思う。

しかしこのとき童貞をいじられたのをほんとに引きずっていて、男性として力がないことをとても恥ずかしく思う。

彼女とナニをしたいとも思うが、不慣れな醜態を、こともあろうにこの世で一番そんな姿を見られたくない相手晒すのかと思うと、しない方がマシな気さえしてしまう。

いっしょにいられれば、そんなことしなくともいい。性的なことに関心を持つと童貞ゆえに必ず醜くなってしまうくらいなら、いっそお互いにかこつけて品を保っててもよいではないか

童貞でいると、童貞でいてはいけない気持ちでいっぱいになる。

事実童貞ですら童貞バカにする世の中である。味方などいないのだ。

ぼくは選択肢が2つあると考える。1つは、めげずに男を磨くことだ。

セックスに慣れて、なんなら筋肉も多少はつける。髪型服装ももっと男として性を感じるようなものにして、彼女のいう色気とやらを出してみる。

時間はかかるが根本的な解決になる気もする。

しかし、これは過酷な道だ。

いってみれば、ゼロからスタートだ。

ぼくは彼女含め、いろんな女性高橋一生に似てると言われる。

すると、フワッと盛った髪型や、ニットのセーター、黒縁の眼鏡などが似合う。僕自身、そういうやさしげな風貌が好きだ。

でも、彼女いわくそれはだめらしい。

髪型ひとつとっても、もっとおでこを出して色気を出すべきらしい。

白いニットではなく、黒い服装をするべきらしい。

髪を刈り上げてジェルで固めるべきらしい。

ちょっと趣味個性的な部分もある彼女だが、要はもっと男性的な部分をプッシュした方がいいということらしい。

しかし、ぼくはそれが嫌だ。

男っていう性別自体むいてないんじゃなかろうか。

人としての自分には誇れるところもある。しかし、男としては恥ずかしいところしかない。

彼女はもう知ってるが包茎だし、童貞だし、彼女いたことなかったし。

専門学校美術勉強一生懸命やっているのはいいけど、そういう性的ステータスに関してはおろそかにしていたのだ。

でも、ぼくは魅力的な男性になるより、優れたクリエイターになることが遥かに大事だったのだから、仕方がない。

しかし世の中的には、自分の生まれ持った性に見合わないことははずかしいことらしい。

そこで考えるのは、2番目のプラン

男を捨ててしまうことだ。

女になりたいわけじゃない。男でも、女でもない人間になりたい。

男らしくあることを求められると、反動でそう思ってしまうことが増えた。

であることが理由で、劣等感を抱いたり、バカにされたりするくらいなら、いっそ性別に左右されない人間になりたい。これは切実だ。

陰茎も陰嚢もとってしまいたい。

100万くらいあればできるらしい。

でも別に女性ホルモンは打たない。女性という性で勝負したいとも思わないからだ。

ぼくは人として、あるいは職業人として評価されたいとは思うが、性的評価されるのはいやだ。結果がわかっているからだ。

マイナスを取り返すのにどれだけかかるのか。

夢を追いかけて過酷勝負が待っていることがわかっていながら、今になって男も磨くようなこともしなければならないのか。

子どもの頃、体育の授業が大嫌いだったのと似ている。

でも義務教育を終えたいま、評価する人間がいなくなった途端、運動は好きだ。ランニング楽しいし、友達バドミントンをしたときも、楽しかった。

でも、体育でいい成績をとる努力なんて、絶対にしたくなかった。

努力が嫌ならいっそひとりでいろとでもいうのか。

性を捨てるなら愛も捨てろというのか。ぼくはこれはわがままではないと思う。愛し愛される喜びは、一度味わったらけして捨てられない。そしてそれを捨てないがために、ぼくは男を捨てることさえ厭わない覚悟だ。

二人とも子ども絶対にいらないという考えなので、仮に結婚するにしても問題はない。

でも彼女は、「そういう手術は死ぬリスクもあるからやめてほしい」という。

彼女要望にこたえるのにも慣れつつあるが、ぼくは自分容姿生理現象から感じる男性らしさを、今日もちょっぴり憎んでいる。

彼女にはなんでそんなに憎むのか理解できないらしいが、ぼくはやはり憎い。

ぼくは男っぽくなりたいんではなくて、人としても容姿の面でも、美しくなりたい。

でもおっぱいが欲しいわけじゃないし、声を高くしたいわけでもない。

男性に恋をするわけでもない。

男としてどうかというバイアスをかけてみられたくないだけなのだ

自分男性であることが恥ずかしい。彼女ができてなおそうなのである

ぼくにはもっとやるべきことがある。

それは男を磨くことではない。

2018-01-10

anond:20180110174701

おれが思うにだな

北朝鮮にとって経済制裁なんてのは、テレビショッピング健康器具みたいなもんだったんだよ

あいものを買って身体シェイプアップできる奴も、そりゃあ中にはいるだろうけど

そんな奴は最初から健康器具なんか買わなくたって腕立て伏せランニングシェイプアップができる奴だったってことなんだ

それと一緒だよ

経済制裁されて最強軍団になれるくらいなら、日本は、そんなもんされなくたって、とっくの昔に最強だったはずなんだよな

anond:20180110125312

器具を置く場所費用考えたら高くつかないか

俺の場合ランニングマシンとパワーラック置きたいんだけどそれだけで10㎡以上追加になる。

2018-01-05

anond:20180105173037

運動と言ってもランニングマシンでひたすら走ってるだけなんだけどね。

2日走って1日休むくらいのペースで仕事帰りにジム寄って7km/h(慣れてきたので今は9km/h)で40分。距離に直すと月で80-90kmくらい。せっかくジムに通ってるんだし月に1-2回筋肉痛になるレベル筋トレもしてるけど(レッグプレスとかプルダウンで1セット15回を3セット)、回数少ないしそっちの効果もあるのかはよく分からない。

自分場合身長180に対し体重96のデブだったから(標準は72らしい)、みるみる体重落ちて今は81だけどそんなに参考にならないと思う。

anond:20180104054237

ワイもダイエットランニング始めた頃にググりまくってたけど、有酸素がいいとか有酸素だけじゃ難しいとか色々情報過多になってわけわからんくなった。

結果的に全部無視して、とりあえず運動食事制限の二本立てでやってたら3か月で15キロ痩せたから、ネット情報なんてどうでもいいし、検索する気にもならない。実行あるのみや。

2017-12-18

今日の夜は何しようかなぁ。

まず筋トレはする。

昨日ランニング死ぬほどやったので、今日はやらない。

あぁ転職して在宅勤務になって僕は本当に幸せだ。

2017-12-14

anond:20171214123928

どんなイージーな環境でも生きようとする意思が無ければ意味をなさない。

気力が0ならどんな環境でも何もしないことに変わりはないんだし。

から死にたいと思ってる君がするべきことはまず気力を上げること。

気力を上げる方法の一つとして運動心拍数を上げて血流を良くすることで脳に酸素供給して脳の活性度を上昇させるっていう方法がある。

ランニングは一人でもできる上に特別技能がいらないし、始めやすいからそういうのから始めればいいと思う。

過去に何かあったのかもしれないけど、そのままだと辛いだけだよ。

まず気力を0から1にするところから始めて、簡単家事をこなすとかでもいいから何か仕事をしてみようよ。

2017-12-12

無気力人間記憶を辿る

最近仕事をやめた。

8時間労働と1時間の休憩、少しの残業と1時間通勤、それと出社準備の1時間

合計11時間が週5日あるのに耐えられなかったからだ。

一月に16万円ほどもらっていたが、溜まっていく一方で何に使えば良いかもわからなかったし使う気力もなかった。

人達給料をもらってエンジョイしているのに自分はどうもそれが不可能だった。

どうしてこんな人間になったんだろうか

自分記憶を改めて整理したい

-

保育園時代

ほとんど記憶がない、踊りを披露する場があってそのときに着た衣装がとても寒かったこと、保育園に新しい園庭ができたこと、その園庭に蜂の巣ができてしばらく使えなかったことは覚えている。

小学校時代

3年生になったら強制的部活に入るのだが、習い事があるので入部を拒否した、しかし1年経って周りとの疎外感を気にされたのか強制的に入らされた覚えがある。

自分には合わないと言い続けたが辞めることが出来なかったので、習い事の日を多くした記憶がある。

体育や運動行事はとことん苦手だった、よく貧血で倒れていた、ヘラヘラしながら誤魔化していたが、実際はなんで自分はこんななのだろうと思っていた。

この頃から体育や体を動かすことが苦手になったと思う。

暗記するテストが苦手だった。10個の漢字を暗記して書く問題はいつも4個ぐらい間違えていたと思う。これで暗記が嫌いになった。

厳しい先生が居た、よく怒って棒で生徒の頭を叩き授業放棄する先生だった。待ってる時間は退屈だった。

美術の授業は苦手だった、何を書けば良いかからないし思った通りに絵を書いていくことができず苦痛だった、特に版画は最悪で居残りでなんとか仕上げさせられた。

友達関係はまあまあ良好だったような気がする、地元では珍しくPCネット環境を持っていたのが大きかったと思う。

PCのやり過ぎで親に何度も怒られた、その度にPCを取られていたのだが、自分友達を繋ぐものが取られて居るような気持ちで非常に辛かった。

中学校時代

この時も厳しい先生が居た。自分は字が汚いことでよく怒られていた。どんなに時間を掛けて書いても何も褒めてくれないので怒られるギリギリの字で出すようにしていた。しかし日によって怒られたり怒られなかったりしたのでもうどうでも良くなった。

部活吹奏楽をやっていた。練習ときはまあまあ上手い方だったと思う。肺活量の問題か音が小さいとよく注意されていたが適当に誤魔化していたと思う。

コンクールの後に反省会をするのだが、本番が終わると何も覚えていなかったので適当なことを言っていた。

音楽で歌う事があったのだが皆と音程が合わず口パクで歌っていた、大きな声で一人ずつ歌ってと言われたときは最悪だった。記憶から消したいぐらい。

木材で何かモノを作る授業があった、皆はうまく組み立てていく中、自分全然釘が刺さらず遅れすぎたためボンドでくっつけていた思い出がある。

普通の授業は良いのだが、体育音楽等が苦痛でついに不登校になった。

親や先生には理解されないだろうと思いながらもそれとなく言ってみたが良い反応が得られなかったのでとにかく行きたくないで押し通したと思う。

学校から厳しい先生が自宅に来て「なんで来ないの」とか聞かれてたけどお前に答えるわけはないだろって思ってた。

中卒は厳しいからとりあえず高校に行こうと言われたので教室には行かず勉強をして、自宅に一番近い高校入学した。

高校時代

普通に合格した。英語絶望的だったが…

特進クラス入学しないかという案内を受けた。部活に入らなくてもいいのは魅力だったが、放課後に補修があるというのでお断りした。

一瞬だけ部活に入った、同学年の人がほぼ居なかった上女子ばかりだった、1年目は雑用しかできないらしい、毎日ランニングして基礎トレーニングで終わったので1週間ほどでバックレた。

普通勉強は出来た方だと思う。歴史とか社会とかの暗記系は苦手だったがそれでもまあまあ出来ていた。しか英語絶望的だった、1年生の頃はまだなんとかなっていた。

2年生になると同時に自分は特進クラスクラス分けされた。補修が無理やり入る、課題が今までよりも多い、非常に辛かった。

数学教師も字に厳しい人だった。普段はある程度丁寧に書くのだが、定期テスト時間がないので適当文字になる、それに全てバツを付けられた。

数学は得意だったのに一気に嫌いになった。

模試の結果、英語さえできれば東大ラインが見えるとのことで英語教師がよくせっつきに来るようになった。

補修の回数も増えた、授業中当てられる回数が増えた。英語の苦手意識が高まっていった。

長期休みも補習があった。

合宿があった、朝から晩まで勉強だった。

嫌になった自分は2年生の途中でまた不登校になった。

また中学と同じ言い訳をした、担任にも学年主任にも平気で嘘がつけるようになって自分進化したなぁと思った。

単位制の高校だったので留年か出席かを迫られた。

から中退ではどこにも就職できないぞと言われた。

自分は退学を選んだ。

高卒認定を受けた。

専門学校時代

高卒認定かつ自分の体力で就職できるところがなかったし就職する気も無かったので、地元情報関係専門学校に行くことにした。

自分はわりと詳しいこともあり知ってるところも多かったし勉強は楽に出来た。

専門学校だけあって就職についてのサポートは充実していた。

自分は今までPCを触ってきたこともありなんとなくプログラマーになりたいと考えていた。

しかし具体的な会社を決める段階になると、本当の自分が働ける職場が無さそうな事が分かってきた。

先生説明する中で一番楽そうな会社に入ることにした、そこは8時5時で残業殆どないらしい。

筆記テスト小論文面接を受けた、適当な受け答えをしていたら内定を貰うことが出来た。

-

本当のことを言って周りに相談していたら自分はどんな人間になってどんな人生を歩んでいたんだろうか。

2017-12-08

anond:20171208195518

ストレスの解消に限るかな

 

フラストレーションの解消のために運動

ランニング筋肉トレーニング

 

便秘対策に油ものヨーグルト牛乳と時々パイン

 

肩こりや目と首の疲労、あと頭の”コリ”の解消。

PC使いすぎてると、肩・目・首だけでなく、

頭の肉が固くなってて触ると痛くなるくらいになってるのでその解消

マッサージ機が首用、肩用、目用、頭用と色々買ってしまった

あと猫背矯正に色々とPCモニタ対策の度なしメガネ

 

日常ストレスの解消

アパートの上の階が古いエアコン使ってるらしく

動作音が酷いので耳栓を買ったし

寒さもストレスに繋がると知って電気毛布買ったり

床の硬さ対策に敷布団を2重にしたり

スーツやYシャツ身体を束縛しないように大きめサイズにしたり

普段通勤カバンなるたけ量化したり

皮靴をちゃんとサイズ見てくれる所で買ったり

 

あとは趣味じゃないのにPCシューティングゲーム

頭を働かせるためだけに日に10分だけやってる

2017-12-04

デブ男がダイエットするにはまず人間関係を断つことが必要らしい

87kgのデブ男なんだけど、ダイエット頑張って毎日夕方に5kmランニングする。

短期的に80kgまで下がることもよくある。

でも必ずと行ってリバウンドする。

 

なぜか。

飲み会だ。

お酒肥満に悪い(食欲を増幅させるらしい)らしいので、自分はいつもウーロン茶なんだけど、コース料理じゃなくて各自が食べたいものを頼む飲み会場合デブには仕事がある。

残飯処理だ。

「どうせ中村が食うぞ、たのめたのめ!」の勢いでみんな好き勝手いろいろ頼む。

そして、自分に多くを盛り付け、いろいろな料理を嗜む。

俺が女だったら「すみませんダイエット中で…」といえば察してくれるんだろうけど、俺が一回行ったら「男だろ!」「いっぱい食っていっぱい働け!」と全く取り合ってくれない。

自分幹事場合絶対に刺し身が美味しい店に行くが、結構ネルギッシュな人が多いので刺し身が美味しい店でも「鮪の竜田揚げ」「小女子かき揚げ」なんかをバシバシと頼み、残ったのは俺が食うことになる。

もちろん残してもいいのはわかる。残した所で誰も自分を責めないだろう。だけど、お店の人はきっと残飯を廃棄して嫌な思いをするんだろうなとか考えると残すとかマジ無理。

2017-12-02

anond:20171202121355

もう過ぎたことは仕方ないけど、自分相手より性的な部分で求め過ぎてしまう部分があるから増田の話は共感した。性別は逆なんだけどね。

自慰じゃ満たされない部分の欲求もあるからセックスしたいわけなんだけど、それでも一人で満たせる部分の欲求は一人で満たせるので、自分デートの日の朝は自慰しとくようにしてる。

一応半日おけばそれなりに元気になるから合意というかそういう暗黙の了承のような雰囲気になったならセックスできる。

そういう風に心がけてからは、お互いのペースがそれなりに合うようになって、うまくいってる。

それでも我慢できなくてデートをせがみそうになったら、スマホから離れて音楽ガンガンかけながらランニングとか筋トレして体を疲れさせてはやく寝てしまう。

朝になったらスッキリしてるときもあるし、たまにムラムラちゃうけど、ムラムラするならパパッと自慰しちゃって、シャワー浴びて、スッキリする。

と、言いつつ、不満は溜まっちゃうかもしれないんだけどね。

男と女欲求構造が違うかもしれないけど、自分はそうやって解消して同じ目線に立てるように努力してるよって話。

2017-11-30

運動してる?

寒くなってきたなーしかし。

ジョギングが辛い季節になってきた。

あんまり意味いかジム辞めちゃったけど、この季節はジムの利点を感じるわ。あと雨の日。

ジムランニングマシンって負荷軽いし、何より隣に来て張り合ってくる奴がいてウザくてたまんねーんだよな。

まー俺の近所のとこの客層が悪いってだけの話なんだけど。

なんか良さ気な防寒具でも買うかなー。

2017-11-28

anond:20171128101343

君のためにおしゃれして歩きにくい靴履いてるんじゃないんかい

あともしかして身長が高いんじゃないかオムロンによると歩幅の目安は身長*0.45。

平均的な170cm程度の身長だと仮定して小柄な女性が150cmで身長差20cmとする。そうするとそれだけで10cm歩幅が変わる。

君がちょっと大柄だったり大股歩きしたら平気で15cm20cm一歩の距離が変わる。つま先立ちして小走りってもうランニングだぞ!

健康さを重視するのは解るけど着目点がズレてない?

2017-11-25

anond:20171125211121

自分ジム通い始めて2か月になる

月7000円くらいのよくあるジムだけどほぼ毎日通ってるから元はとれてると思う

ランニングなんか外で走ればいいだろって思ってたけど、トレッドミルだと速度が設定できるし数字が目に見えてやる気になる

ちなみに10kg痩せた

anond:20171125192010

ランニングでも登山でも自転車でも釣りでも俺は一人でやりたいんだけど

ある程度以上のことをしようと思えばサークルに入らざるをえない。

そうすると友達なんかいらないのに予定がぎっしり入ってしまって困るくらい。

まぁ俺は金もあるしパートナーもいるおっさんから参考にならないかもしれないが。

2017-11-22

足を骨折した

日曜、ランニングに出る

月曜、足に違和感

火曜、歩くと痛む。じっとしてれば何ともない。

水曜、歩くと痛む。じっとしててもジンジンする。

木曜、足が腫れ始める

金曜、ますます腫れる

土曜、靴が履けないくらい腫れる

日曜、一人では歩けない

月曜、医者に行く


親指付け根の剥離骨折でした。

ひも靴を一つは持っておくと安心という知見が得られたので共有します。

2017-11-19

「成長」って何なのだろう?

昨日は日没後、自転車駅前図書館に行ってきた。

田んぼの間を走って県道に出て、古びたスーパー駐車場を横切り高校周辺の路地に入る。

ランニングしている野球部員がふざけて追っかけてきて、少し気持ちがほぐれた。まだ自分高校生ぐらいに見えるだろうか。

駅の裏に自転車を止めて、地下道を通る。貧乏そうな老人が一人横切り、私の前を歩く女子高生

勉強しないとああなっちゃうんだよ」

とか話してる。

何となく自分が笑われたような気持になって、早足で彼女たちを追い抜いた。

芥川の「河童」を借りた。少女終末旅行に出てきたので物語と何か関係があるのか気になった。

  

高校通信高校に通っていたことがコンプレックスで、実際高校生活ってどんな感じなのかなって思って色々想像したりした。

行きたいなら努力して行ってみれば良いのだけど、自分のやりたいことに対して何も自信が持てなくて、自分が活かされる場所を求めようともしない。

厳しい環境に晒されて、自分の形が崩れてしまう恐怖があって、

案外不幸になっても平気で生きてしまって、でもある日大切な人からあなたはそれで満足なんだね」って言われたら

「本当はやりたいことも、欲しいものもあった。でも諦めるしかなかったんだ、こうするしかなかったんだ」

って叫びたくなるのだと思う。

絶望どん底でやっと楽になったのに「損だ」「得だ」と囃したてられるのが堪らなく苦痛で、

でも決して現状に満足しているわけではなくて、でも何で何もしないのかよく分からない。

「成長」って何なのだろう?

  

スーパーにも学校帰りの高校生がちらほらいた。しばらく店内を徘徊してアーモンドチョコナタデココグミを買った。

それほど食べたいとも思わなかったが買っておいたほうが得なのかなと。

帰ってから買ったお菓子を食べたが一度に食べてしまい苦しくなってしまった。

  

夢に小学生の頃のいじめっ子が出てきた。逃げようとする彼の胸ぐらを掴んで

「これから度々、心の中の後ろめたい気持ちが、後ろ暗い過去が、チクチクと顔を出して、お前を苦しめ離さない」

と言ってやった。

2度寝して起きたのが11時半。

今日履歴書は書かなかった。

2017-10-23

anond:20171023003922

ありがとう。ただ、もう既にやっている。

心拍数計を購入して、俺がウェイトを背負って、彼女と同じ心拍数ペースでウォーキングとかサイクリングとかしている。

ただ、やっぱり彼女は「もう限界」と訴えるのに、そこで切り上げても、体重が落ちない。

ジムに通ってルームランナーエアロバイク、横で俺が散々ハイペースで煽っても、やっぱり諦めるのが早くて

その結果、体重の減少は先述の通り0.5kgm/週程度

俺がランニング彼女サイクリングだと流石に彼女が楽過ぎて痩せないっぽい。

自身最近難病に合う薬が見つかったばかりで体力を作る過程にあり、自分の強化に時間必要で全力で彼女サポートはできない。

散々、一人でトレーニングしてくれとは言っているが、やっぱり一人のトレーニングでは早々と苦しくなると切り上げてしまうようだ。

2017-10-21

男性向けランニングウェア

最近体重が気になりランニングを始めたデブ中年だけど。

まずは形から入ろうとネットランニングウェアを検索していて気がついたことが一つ。

男性向けのウェアはかなりピチピチなものが多いということ。

販促カタログ写真で実際にアスリートが着用してるものを見るのだけど、正直アレの形がもろにくっきりはっきり見えるもの結構よくある。

竿もタマもどう収まっているか想像する余地なくはっきり見えるので、ゲイ向けのポルノ写真かよと思うレベル

自分デブなのでとてもそんなのは着れないけど、モデルになってるアスリートとか、実際にそれ買ってる人とかは股間のサイズがモロバレでも抵抗感ないのだろうかと思ってしまう。

ランナー女性はそれを見ても露出痴漢と思わないか心配だ。

2017-10-18

anond:20171018104322

タイムリーに今見た。

女性歩道につっこんで3人を死傷

まぁ児童じゃないといえばそれまでだけどさ

https://mainichi.jp/articles/20171016/k00/00m/040/124000c

堤防ではねられ3人死傷 ランニング中か、石川

毎日新聞 2017年10月15日 23時55分(最終更新 10月16日 00時29分)

15日午後6時10分ごろ、石川県白山市鶴来大国町手取川堤防道路で、

乗用車金沢市中村町病院職員、諸江慎語さん(35)ら30代の男性3人をはねた。

いずれも病院搬送されたが、諸江さんは頭を強く打つなどして死亡し、1人が意識不明の重体、1人は重傷だった。

白山署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた白山市四ツ屋町、

自称写真スタッフ宮本春奈容疑者(34)を現行犯逮捕した。

白山署は服装などから、諸江さんら3人はランニングしていたとみている。

現場は川の堤防上の道路で、センターラインガードレールはないという。(共同)

2017-10-07

アメリカでは個人事業主の「民間軍事会社」が無数に存在する

変な話だが早い話、傭兵ってやつだな

アホのネトウヨや訳知り顔のミリオタ日本ではまるで軍事技術は超高度な専門職から一般人が片手間で身に着けられるはずがないとかたわけたこと抜かしているが(チキンホークの分際で徴兵制の話になるとその理屈で逃げるからしかないわけだが)

かに自衛隊普通科でも、前期教育が三か月、後期教育が三か月だ、しかしこれは破格と言っていいくらい訓練に時間をかけている

世界最強のアメリカ海兵隊は、前期後期を合わせても3か月ギリギリあるかないかくらいの訓練期間だ、アメリカ陸軍医者とかパイロットを除いて歩兵に絞れば全部合わせても3か月だ。

訓練内容をさらに絞って、ネトウヨや、学校職場テロリストが占拠してやっつける妄想してるみたいなイキリオタクの陰キャが血眼にして知りたそうな個人戦技だけを絞ってみても、銃の分解手入れ、安全な取り扱い、撃ち方や構え方、付属の機材や武器使用法、タコつぼ掘り、格闘の型を軽くして、あとは銃剣格闘手榴弾の使い方と投げ方、野戦戦術、室内での戦術(手榴弾放り込んでクリアリングしながら撃つだけ!)応急処置といったもので、あとは腕立て腹筋ランニング、といった具合だ、ハッキリ言ってプログラマーやSEの方が覚える内容が高度で多いというレベルなんだな(軍隊のものを悪くいっているわけではありません、あしからず

さてここで思ったこと、今の日本はもはや雇用慣行から商習慣が崩壊寸前のグダグダブラック化が超加速してるわけだが、アメリカのこういうった「個人事業主傭兵」のようなビジネスロジックモデルを輸入して広まったらどうなるだろうか?

まあ、一億総テロリスト時代の幕開けやで~、ヘタすりゃ1970年台のイタリアみたいになるかもな

そうならないように自民党警視庁ははよ今よりももっとネトウヨを育成して、アホ軍事理論叫ばせてそんなことがネットで語れないほどに涵養させた方がええでんがなまんがな

まあ、この不景気どころか国が傾いてるご時世に、のんきにネトウヨやってくれる底辺なんてそうそう見つからない時代になってきてんだろうけどな

2017-09-20

anond:20170920154318

仕事で体力使うのにランニングするなんて熱心じゃのぅ

朝起きてランニングをする

帰ってきたら畑仕事をする

朝ごはんを食べる

ちょっと寝る

起きる

昼食を食べる

本を読む

夕食を食べる

酒を飲む

寝る


という生活を送りたい。

自給自足……出きるかな。

あ、税金分は金を稼がないといけないのか……。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん