「概念」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 概念とは

2019-01-17

anond:20190117080715

あの手の技は「竜巻旋風脚と言う概念を成立させる」と言う哲学技なので、物理法則程度は問題にならないんだぞ。

俺が嫌いなもの

例えば、巨乳理由に付き合った相手にフラれたら巨乳が嫌いになったし、

付き合ってた相手オムライスが好きだったから当時は俺も好きになったけど、フラれたらオムライスが嫌いになった。

巨乳オムライスもそれらの人と付き合う前は別に好きでも嫌いでも無かったけど、俺が嫌いなものって大抵こういう理由がくっ付いている気がする

まぁ嫌いになるものぶっちゃけ個人の嗜好の範囲に収まるものだけでこの概念に気付けて良かった気はする

法を電子計算機執行させるということ、あるいは連続システム幻想

入場ゲートを設けて係官が荷物検査をすると、まあ禁止物品が何%持ち込まれて、そのうちの何%が見つかって、何%がすり抜けて、何%が持ち込み断念される、という推計ができるだろう。生産ラインを設けて機械大量生産すると、まあ不良品が何%発生して、そのうちの何%が見つかって、何%がすり抜けて、何%が保証間内ギリギリまで動く、という推計ができるだろう。

法を電子計算機執行させるということはこれとは異なる。もちろん電子計算機という機械正規分布に従って故障し、破損する。しか入力情報の体積に対して正規分布に従った出力は返さない。

電子計算機執行させた規則には例外がない。境界領域がない。理念も、倫理もない。一貫していて、再現性があり、連続性がなく、離散的である情状酌量もないし、似た概念間の援用もない。「似た」という概念がない。これはプログラマーにとっては極めて当たり前だし、ただの利用者でも馴染み深い人は多いだろう。問題なのはもちろんこれがまだ一般人にははっきりと言語化されて理解されていないということだが、ここ数年でこの問題に直面しているのは、実は立法司法と法執行なのではないだろうか。事件が起きるたび、規則が作られるたび、情報処理技術関係者は「明確な基準を示せ」という声を上げる。彼らは基準と、基準の適切さと、執行に逸脱がないことにしか関心がない。

彼らの世界では、法は書けばそのとおりに「なる」のだ。

2019-01-16

はてブ民のネットリンチ怖すぎ

こういう記事を見ると「みんながそうじゃないんだぞ!」となるのはわかるけど、明らかに傾向としてはそういうカルチャーなんだから個人に向けての決めつけはNGにしても、はてブ民という概念への批判は受け入れてよ

追悼 日本フェミニズム

日本フェミニズム様。

もう、私たちフェミニズムに夢を見ることはできないのですね。

日本フェミニズム妄想にまみれた思想であることが白日にさらされることになってしまいました。


WEFの男女平等ランキング低位、ミサンドリーにまみれたツイッターフェミニストアフターピルに反対するフェミニストトランスジェンダー差別するフェミニスト、自他境界線曖昧な人を祭り上げるフェミニスト

自己経験認識のみを崇め、統計的数字エビデンス概念崩壊

そしてその危険性を認識できずにいる。

目的を達成できず、差別と憎しみに溢れ、妄想にとらわれた人達


個人とは一体何なのか。

コミュニケーションとは一体何なのか。

他者思考エスパーのように理解できると信じる人達

そしてそれをなんの責任も感じずに祭り上げる人達

コミュニティの全てに哀れみを感じずにいられません。


日本フェミニズムの完全なる失敗に対してお悔やみ申し上げます


かつては私もフェミニズムは素晴らしい、素敵な思想学問なのだと信じた時期もありました。フェミニズム様、たくさんの思い出をありがとう

どうか安らかにお眠りください。さようなら

anond:20190116004122

共感性というものもつ力というもの最近考えることがあって、一つ思いついたことは言葉、というか概念的なもの身体性が結びついたときこそ共感という力は最大になるというもの

概念身体駆動するというのは当然といえば当然なんだけど身体概念を揺さぶるというフィードバックもあって、しかしそれは稀なことというか行動にそれなりの熱がないと怒らない現象だと思うんだよね。

音も光も身体的なものなんだけど、それをただ受けるというのは概念を揺さぶカロリーがあまりない。なぜかを考えると耳も眼もかなり効率がいいメディアというか、ぶれとかロスがあまり無いぶんカオス的なものが産まれづらいのかもしれない。

けもフレ魔法って、「わけわかんないものを見た!」という感覚スマートフォンなりインターネットに打ちこむ。そしてそこにあの「すごーい」とかそういう現実的に口に出したくなる(そして口に出しやすい)言葉存在して、その2段階で繰り返し生み出される身体的ななにかが産みだしたムーブメントでもあった(当然それだけではないだろうけど)という事をぼんやり思っている

デレマスライブ儀式

デレマスライブ以外は知らんので主語を小さくした。

この前、はじめてデレマスライブに行ったんですよね。で、とても楽しかったんです。

そこでふと思ったのが、この構図はなんなんだろう、ということでした。

ステージにいる声優さんアイドルではなく、声をつけて、代わりに踊っているだけ。客席にいる人たちは、アイドルファンではなく、プロデューサー。もちろんライブビューイングの人たちもプロデューサー

声優さんも、アイドルになりきっているのではなく、”演じている”ことを前面に出している。

客席にいる人も、少なくとも建前としては担当アイドルの人気が出るように活動している。

すると、このライブ会場にはアイドルも客もいないんですよね。

これ、何かに似てるなぁと思ったんです。儀式

架空の客という神的なものに捧げるために、存在しない概念としてのアイドルを演じ、捧げる。

ああ、僕は今、そういう儀式の場にいるんだなぁと思いながらライトを振っていました。

帰ってから、なぜこんな構図になるのかなぁと思ったんですが、たぶんこれはアイドルという概念がすでに存在してるからアイドルの発表とCVの発表に長いと数年単位のズレがある。すると、アイドル声優さんがよい感じに(色々と寄せられているとはいえ)別人格に見えて、こういった感じに見えるのかなぁと思いました。

おわり。

いまどき犯罪をやる奴はもっと巧妙にやっている

 平成社会通念とかないし、仮にそんなものがあるなどと裁判所が言えば、腐っているので

日本若い人に拒否されるし、昭和なら受容されても、公務員ゴミだらけになったこのご時世に

社会通念の押しつけとかありえないからそんなものは、平成に入ってからとっくに消えたし、

憲法なり法律といったものは、既に1975年以降は段々に否定されており、仮に日航機墜落事件

あって権力会社に対する圧倒的不信が蔓延した1985年までは国家があったといえても、地方に生まれ

俺なんか、そのときにはもう「国家って何?」っていう性風俗だったし、枯れすすきじゃねえかって思ったもんだ

で、平成に入ってからは、国家自体がなく、なんでもありになっているから、最近のように、2ちゃんねるかに

何時何分に渋谷の109を爆破する、とかい文言を書き込んだから業務妨害罪だ、という社会通念自体が成立してない

どころかそれを裁く法律存在自体ジャップ否定されてるから最近になってやれ逮捕だなんだと言ってるけど

もう平成に入ってからはそんなもん意味脱落してて、逮捕も何も何も意味はなく、国家裁判所のやってることは

既に正当化できないレベル

昭和なら一億がドツボにはまった若くて人気のある国家というゲームも、平成のそれは、全然売れないファミコンクソゲー

レベルゴミ作品で、平成には他にクソ流行たことがたくさんあって、平成に入った時点で国民概念も腐ったし社会通念とか

言ってる家のオヤジくそきもくて、そんなのなかったし、もっと風情のいい芸術的もの世間を席巻してて何が国家だよ

ヴァーカ状態で、国家とかその関係者なんて存在自体、いるのかどうかも分からないレベル名前象形文字みたいなもの

クソゲーに出てくるキャラクターかなあ、っていう感想で、誰も知らなかったから、最近になって警察がやっている逮捕だの

なんだのってのは、少なくとも平成に入って最近までは何も意味成立してない滅茶苦茶なもので、正当化はできない

平成国家は枯れていて人気なさ過ぎる上に、若い人にハマるやつがほかに腐るほどあって、若者は、国家ってなに?だったし

平成東大法学部に行った人すら、文1に入るまでは法律なんかまったく頭になかったレベルだし、21世紀で東大法学部

出た人でも法律が分かってる人はほとんどいなかったはず。つまりは、国家社会通念だ、そんなもんは最近まで存在もしないし

正当化もできない、ファミコンクソゲーというにも当たらないほどの、ゴミだったんだよ

2019-01-15

anond:20190115025848

会議にかけるのは女だからじゃなく男性ばかりだからだと思う

女性側が気にしなくても部署側の都合だから(実際そこに女性への差別的意図があったとしても)傷付く必要も何もないしもし断られてたとしてもそれは自身女性という性の価値を何ら表すものではないよ

正直むしろ差別的であったならそれは完全に企業側の問題で余計に気にする必要はない

理不尽だと声を挙げる事はしても偏った価値観を意見ひとつ価値を認めて自分の中に受け入れて傷付けられてやる必要がない

言ってしまえば相手にそれを分からせる必要も無いし何で分からないんだと思う事もない

問題の中心は性別による優劣の話でなく単純な(包含してる問題は単純ではないけど)絶対数の違いによるもの女性出遅れる形になっている事での男性側の長年のアドバンテージそれによっての新たに性別という概念自身職場へ持ち込まれる事へのナーバスさとそこへの過剰な意識女性ばかりの部署企業でも男性が入るのが必ずしも簡単ではないように女性差別的区分問題というより(数の差で女性のものの方が多くなりはするけれど)性別に乗った属性判断があまりにも引っ張られる事での問題パイのやつはそこへの提言なんだとは思う(微妙だったけど)今の問題がそれで解決だとかじゃなくそれが求められているんだというような類のもの

時代の中心に男性がいるのは女性より先にスタートたからで女性がまだ追いつけてないのもある意味自然の理でもあってそれ自体は(その歩みの遅さや男性側の理解の無さに苛立ったとしても)事実として憂う必要はないしそれは能力の優劣でもないというかそもそも今に至るまでの条件が違うのだから優劣はつけようがない

からもし女性である事で割を食っても女性である事に悲嘆する必要もない(性差ではなく時代強制力が生んだ差異なので)

とはいえ要職含め男性が数を占めてる以上立場として男性側に何かしら価値をはかられというような場面も多くて理不尽さらされ特に性差意識して来なかった人間ほどその立場の差を女性男性の差として相対的自身評価自身や好きなものを含むはずの社会全体の評価にまで影響させちゃってしんどくなる事もあるから言葉一つでも価値が無ければゴミのように切り捨てる事もどんなものによって傷つけられるかの取捨選択大事だよというのを朝から強めに伝えたいというきもち

2019-01-14

Pubmed検索とか犬猫アレルギーとか

Pubmed検索のやり方について

PubMedパブメド)とは、MEDLINEなどを対象とした検索エンジンである

MEDLINE(メドライン)とは、医学を中心とする生命科学分野の文献のデータを集めたオンラインデータベースである

かい話はググれ。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

とりあえず医学論文を調べるだけなら、公式サイトのページ上部の検索窓に適当単語をいくつか放り込むだけで良い。オートサジェスト機能もあるよ。

基本的英語論文対象としているので、日本語検索しても何も引っかからない。また、大文字文字区別しない。

半角スペースで区切った単語基本的にAND検索となるが、大文字のANDで区切って明示的にAND検索することもできる。他にもORやNOTや()も使える。

検索語句複数単語からなるフレーズである認識された場合はそういうものとして検索される。ダブルクォーテーションで囲むことで明示的にフレーズ解釈するようにもできる。例えばdog allergyなら5000件ほどヒットするが、"dog allergy"なら50件である

検索対象となるデータは著者名・文献のタイトルキーワード雑誌名・その他となる。検索する単語の後ろに[タグ]とつけることで、単語検索する場所指定できる。例えば[ta]なら雑誌名だ。例えばdog allergy [ta]で検索すると"Allergyという雑誌の犬に関する文献"が189件ほど出てくることになる。

著者名で検索する場合ちょっと変わっていて、ラストネームをフルで記載してファーストネームとミドルネームイニシャルを後ろに付ける。山田太郎ならyamada tだし、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアならLelouch vbだ。多分な。

検索窓の下のAdvancedからさらに高度な検索のあれこれ(例えば小規模な症例報告に絞るとか)ができるんだけど、きりがないので興味があればググれ。Pubmed 検索とかでググって出てくるのを3つくらい読んだら大体分かる。

ちなみに検索結果のところにFree PMC Articleって書いてあったらその文献はタダで全文読めるぞやったな。

PATM検索してみる

まずはPATMを"自分自身が皮膚から放散する化学物質によって,周囲の他人に対してくしゃみ,鼻水,咳,目の痒みや充血などのアレルギー反応を引き起こさせる体質"と定義しておこう。ちなみにこの定義引用元は例の皮膚ガス測定の論文だ。

とりあえず、PubmedPATM検索したら91件ヒットする。これはphosphorylated ataxia-telangiectasia mutated(pATM)という全然関係ないものが引っかかるからだ。これがPATM Allergyだと3件になるんだけど、全て全然関係ない論文なので要するにこのアプローチは駄目だ。

そもそも普通医学論文は実際に発症している患者サイドに視点を置いて書かれているものと期待できる。報告があるとしたら"ヒト由来の抗原によってアレルギー発症した症例"についてのものになるだろう。PATM定義からその病態は1型アレルギー、具体的にはアレルギー性鼻炎か蕁麻疹、ひょっとしたら気管支喘息に近い症状を呈すると予想される。じゃあそっちの報告でヒト由来の抗原で、もしくは抗原をくっつけた他者との接触が原因で発症したパターンを探せばいいんじゃないの?

そこまで決めたらタイトルか抄録に使われてそうな単語を思いつくままに入れて検索ボタンを押し、検索結果を上から順番に見て回る。それっぽいことが書かれたものを見つけたら、その抄録画面の右側を見てみよう。その文献に関連している他の文献へのリンクが張ってあるぞやったな。本文を読める文献なら末尾に参考文献のリストがあるはずだ。そこもチェックして関係ありそうなら読んでいこう。あとは芋づる式に当たりを探すだけだ。どう考えても関係なさそうな文献はタイトルだけでスルーしてかまわんぞ。

で、結論から言うと私が探した限りでは人体由来の抗原が他者アレルギーを起こしたという報告は、母乳アレルギーで児がやられたとかしか見当たらない。これがPATMの正体ということはないだろう。

一方で"直接動物を飼っていない人が他者媒介されて動物アレルギーを引き起こす"という話がある。これとか↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26934742

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29434523

個人的には微量の皮膚ガスよりも余程こっちの方がありそうに思うが、如何に。

日本人における何らかのアレルギー疾患を持っている頻度は30%を越えているが、逆に言えばどんなに最凶のアレルゲンを持ってきてもその辺の10人中3人くらいしかアレルギーの症状は起こさないだろう。PATMを訴える人がそれを超える頻度でアレルギー症状を振りまくのであればそれは大層画期的なことだ。

知り合いにPATMを主張する人が1人居るが、その人は風邪を引いている私の前に来てまず自分が臭くないかと聞き、それが否定されると次にPATMを訴え始めた。私はその人は典型的自己臭症だろうと思う。そして私のはただの風邪だ。

Pubmedで調べた結果はないが、PATMの人の腸内細菌叢の変化を調べるという研究がある。

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03582826

あとはまだ読んでないけどこのへんとかはどうなんすかね↓

https://www.biorxiv.org/content/early/2017/05/19/139014

とりあえずPATMについては以上です。

ところで話は変わるんだが

他人アレルギー症状を起こさせる疾患「PATMパトム)」は実在するか? - NATROMブログ

http://natrom.hatenablog.com/entry/20180928/p1

もちろん、論文がないからといってPATMという病気がないことにはならない。また、PATMとされている患者さんの苦痛は気のせいなどではなく実在しているものであるしかしながら、病気の真の原因について正しく認識できなければ、かえって患者さんの不利益になる。私はそれを危惧する。

これを読んで、

ニセ科学に陥るNATROM氏へ (ブコメ返信あり)

https://anond.hatelabo.jp/20190105145539

Pubmedにない」のは当然であり、これを理由にこのような症状がない、とは言い切れません。

症例報告がなされていないもの実在しない(きわめてまれ)という事はありません。

つかそれ以前に↑に書いたようにPubmedに載ってない事が症状が無い理由とは言えないんだけどね。

こうなるとさすがにこいつは何を言ってるんだ???と言わざるをえない。

「AはBである」論なので論拠が必要ですが、論拠を求めるとNATROM氏は"データなどあるわけない"と逆ギレし、一向に論拠を示してくれませんね。

ほーん、どこかでなとろむ先生に論拠を要求したことがあるのかね。

まあ私はこの増田がなとろむ先生記事コメント欄いちゃもんを付け続けてアクセス遮断された誰かであったとしても知ったことではないが。

他人アレルギー症状を起こさせる疾患「PATMパトム)」は実在するか? - NATROMブログ

http://natrom.hatenablog.com/entry/20180928/p1

PATMで苦しんでいる患者さんは、代替医療を行っているクリニックで今現在調子がよいならいいが、もし良くならないようなら、自己臭症を診る精神科医相談してみるという選択肢も考えてみてはいかがだろうか。PATMを疑っている段階では、自費診療のクリニックよりも先に、精神科受診することを強く勧める。

これを読んで、

というか勝手NATROMが「Pubmedに無かった」ことを論拠に「PATMの症状は幻だ」って言ってるわけで(誰もPubmedで調べろとは言っていない)、

こうなるのはどう考えても論理的おかしい。

誰も幻だなんて言ってない……もしかして幻覚を見ているのでは?

普通は"無いことを証明せよ"とか言い出した時点でまともな議論は諦めて放置されるところなのだが。こんなのを長時間見てると科学アプローチ概念崩壊しそうだ。

あとがきによせて

私がこの増田を見た時に最初に気になったのは、この"調べ方"に対するこの異常なこだわりだった。

"調べたけど見当たりません"に対する最も簡単反論は"こっちで調べたらありました"だ。そこに検索ワードが何であったかは全く何の意味もない。というかヒットしない検索ワードを聞くことの意義とは一体。

例えばこれがSTAP細胞製造手法に関する質疑なら分かる。何故ならSTAP細胞は"ある"という主張だった。それならば間違ったやり方で検証しても意味がないし、検証にかかるコストも大きい。

しかしこれは単なる検索だ。思いついた単語ぽちぽち打ち込むだけだぞ? 検索ワードを知ることのどこに科学アプローチが?

何故か頑なに自分で調べようとしないこの増田が、執拗になとろむ先生が使った検索ワードを知りたがる理由とは何だろうか。普通はなとろむ先生もいちいち覚えてないと思うけど。

私は当初"最大限好意的に見て"、能力的な問題検索のやり方が分からないのではないかと考えていた。しかしどうやら違う。この増田別になとろむ先生が見つけられなかったものを見つけたいというわけではないと言う。

ブコメに対する返答を見るにつけ、どうやらこの増田はなとろむ先生が間違っている"ということにしたい"だけなのでは、と思えてくる。そう考えると色々と腑に落ちる。例えばなとろむ先生記述や、他人コメントを無理矢理自分に都合の良いように解釈しようとすることとか、やたらと他人属性を気にして連呼することとか。

つまるところお前、単にマウントとりたいだけちゃうんかと。

さて、馬鹿クソリプするからもう一度俺の意見をまとめとく。

長々書いたが以下の2点だ。

①「PATMは無い」と医者が主張するなら科学アプローチで主張すべき

個人的にはPATMあるかないか現時点ではわからない

②はどうでも良い。問題は①だ。

そんな主張をしているなとろむ先生存在しない。幻覚を見ているのでは?

ただ、なとろむ先生と私はPubmed検索してもPATMっぽい症例の報告を見つけられなかったから、そこで颯爽と1例見つけ出したらマウントくらいとれるんじゃねーの?知らんけど。

無駄に声がでかい人、間違いを認めようとしない人に指摘するのは大変です。全く。

せめて最低限の科学アプローチはできるようになって欲しい。本当に。

最後犬猫アレルギーの間違いの話な

"可能性のある原因物質" なんて精液アレルギーの原因タンパク質も犬アレルギーの原因の大部分も、まだぜんぜん特定されてねーよ。

これでも読め↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3519933/

ちなみに精液アレルギー分子量で大体の絞り込みができてたはずだよ。

で、

でもまぁ以前ネット投稿で「ある人が近づいたら咳が出る」とか投稿されてたのはあったと思う(ソースは待ってくれ)。

我々はいつまで待てばいいんですかね??

追伸

"犬に対する人アレルギー"みたいな意味不明な言葉には突っ込まないでおいてあげる。直すなら早めにこっそりな。

anond:20190114014019

そもそも個人多様性」を絶対視する文化価値観を上から一方的に全民族押し付けてる行為って「文化多様性」の否定だよね

すごいわかりやすい例がリベラル的な人権概念イスラム教原則100%コンフリクトしてること

いい加減価値観アップデートしてほしいよな、2000年続いたキリスト教右翼から無理だろうけど

2019-01-13

国家神道が言っている日本国民って何?

 万世一系天皇とか、国民天皇の赤子とか、そんなクソキモい話アウトだろ。仮にそのような日本国民なる

概念があるとすると、悲惨歴史しかない。失敗に次ぐ失敗で、平成における日本国民なんて死体だし、

そんな話についていった日本人が腹立つんだが。何が日本国民だよ。バカじゃねえの。死体じゃねえか。

声優ってすごい

たまに声優ドキュメンタリーとか見ると普段自分が見ている作品の背後にこんな壮絶な世界が広がっているのかと感嘆、いや畏怖を覚える。

声優たちが「現場」と呼ぶ場所のあの張り詰めた空気。人から寄せられる期待の嵐。プロとしての責任。そういうのを見ているだけで苦しくなってくる。ぼくはあの場で正気を保っていられないだろう。立っていることすらままならないかもしれない。

いまぼくが生きているのは、彼らの仕事にかける情熱のおかげであると言っても過言ではない。極限まで洗練され磨き上げられた声は人の心を揺り動かすのに十分に過ぎると思う。それは芸術を見る目がなくこの上なく鈍感であるぼくですらもだ。アニメというのは声優の声に膨大な情報がのっている。文体だけでは決してのせられないような情報。それによって、作品によっては、難しく高尚な概念とされるものもなんというかその雰囲気というか、境地に達したものの醸し出す覇気のようなもの現実よりも誇張して増幅して見せるのである。それの尊さというものをなんとなく感じさせてくれる。人がそれへと向かっていくためにとても大切なもの。心暖まる気持ち

例えば最近でいえば、SAO のアリシゼーション編などはとても良い。ユージオとキリト関係の美しさとか、キリトが花を踏みにじられて流す涙とか、カーディナルキリトが抱きしめて「報われた」場面とか、そういうところにふと「いいなあ」と思う。誇張なく尊いものを感じる。心暖まる気持ち。これこそがもっと重要なのである。これこそがぼくがアニメに求め、救われたものなのである。それは自信を持って言える。これが一般アニメ表現したい本質の一端であると信ずる。この気持ちを闇に沈めて、世間の荒波に飲まれ醜悪の限りを尽くしている人間もいる。そういったものへの一種の反抗なのではないかと思っている。SAO最初ラノベ風のセリフ辟易としていたし、ユイに「パパ、ママ」などと言わせた時は「これだからラノベ・・・」などと思ったものだが、アリシゼーション編はそれとは "重み" の違うものを感じる。それこそ、描写の "重み" が比較にならないのであるアニメ関係者はもちろん、著者は腕をあげられたのかなあなどと思う。ぼくはああいアニメ本質を析出した透明に輝くものが好きである

いままで実に様々なアニメを見てきたが、やはり肝要なところはそこだと思う。そして、巷では (全てとは言わないが) ラノベ原作の内容の薄い、現実とのギャップ面白さと勘違いしているような、アニメ審美眼のない人々のために作られたアニメというのも跋扈している。

しかしその中で、余計の要素のない純度の高い美しいものがいくつかある。中には哲学的思想を描き出しているものもある。

そういった凄まじい表現力の影には、声優たちの熱き "願い" があるのだなあと感嘆した。セリフ一つに徹底的にこだわる彼らのその魂の叫びこそこの "重み" を作っているのだと、忘れてはならないと思う。

結局結婚とか独身とかの記事が伸びる

みんな何だかんだ結婚という制度に興味があるんだなと思う。

かくいう自分自身もそういうタイトルだと見てしまう。

小さい頃から刷り込みが大きい。

大きくなったら異性の恋人を作り、結婚し、子供を産んで育てるという形式スタンダードだと思っている。

まだまだその形に沿って生きている人は多い。

世代が上だと特にそういうのが当たり前だと思っている。

60代の母は40代くらいで結婚していない赤の他人芸能人人生について、いつもとやかく言う。

この人結局結婚しないのかな?

そのあとに続く言葉は、勿体ない、いくらでも相手がいるのに。

その人自身が自ら結婚しない選択肢を選んでいるなんて考えもしない。

結婚出来ない、のだと思っている。


田舎では多様性は認められにくい。

周囲はみんな古き良きライフプラン遂行している。


もっと色んな生き方が当たり前にならないかなぁ。

普通」っていう概念が消えてなくなればいい。

国家社会を維持する性的趣旨が何も分からない

 明治革命昭和時代なら、もろ手を挙げて賛成されただろうが、平成みたいなクソコンテンツ何で維持する必要あんの?

凄いとき流行ればいいけど、国家社会形式的に維持する性的趣旨が分からないし、日本国民という概念死体なんだから

もはや国家とか有害コンテンツだろ。

天皇ヤクザよりもクズだが

 日本国民という概念は、明治昭和までは、その最悪性を誤魔化し続けられたが、平成に入って遂に正体を現して

平成に入って消えたよ。いわゆるところの一億総国民なるものの正体は、やりたいときはやるがやらなくなったら一気に

性犯罪者と化す、最悪なキチガイだというのは、研究済みで、今は日本国民なる概念死刑になったし、天皇処刑された。

から平成若者はもう、国民なる概念は信用せず、誰が本物か、しか考えなかったし、国家などというくだらんもの

平成に入り若者の手で葬られたので、それ以降は、人の時代になった。歴史研究によると、天皇国家クズで、日本国民キチガイ

社会なんかねえんだよ。この社会は偽物だからな。

2019-01-12

anond:20190112192625

人権は全く絶対的指標ではないよ。

なにせ人が定めたものだ。どんどん変質し、拡大し、衝突する。

ロリコンの話だって大本トランスの話だって人権」のコンフリクトじゃんか。

人権絶対指標ならこんなことは起こらない。

況して、「弱者」なんて言い出したら絶望的だ。

強弱は見るものの味方で変化する概念であり、絶対指標足り得ない。

anond:20190110153431

まあ、誰も見てなかったのに、初めて目をつけたというのは正しい。

プロダクトマーケットフィットやな。

だけど、起業家志望者の中にある時点では仮説に過ぎず、検証しての修正を繰り返さないとならない。

検証しての修正をしないとならないということに気づかないのが6割。

検証しての修正をしたが間に合わないというのが3割ってとこかな。

運というのは、外部環境抽象的に表した概念だとは思う。自分自身の持ち金と環境能力。そこら辺を見て賭けに出たうちの一部は成功する程度だろう。

2019-01-11

anond:20190111233549

横だが俺の考え

①歪んでいない認知とか存在しないよ

認知の歪みという概念は「歪んでいるから歪んでいるのだ」というトートロジー以上の何物でもない

満足か?

anond:20190111232154

一般的にはこちらが犯罪

通常、「犯罪」にはその犯罪規定する法律必要なのですが、どこの国の何という法律のどこにどう違反しているのですか?

これは引用で良いですよ。

そもそも書き方が曖昧で、あなた書き込みの何行目が「こちら」なのかもよくわかりませんが…

海外では社会的に終わるけどな

あなたが何をどう捉えてこの表現をとったのか全く情報が無いのですが、

海外」とは具体的にどこですか?「終わる」とはどのような状態ですか?

最後

同性愛犯罪だとする法は海外実在しますが、「海外において犯罪である」というのはつまりあなた引用しているなにがしか同性愛と同等の概念という解釈でよろしいですか?

anond:20190111231244

はい、「歪んでいない認知」というキーワードを出しているのは私です

しかし本当にこれは心の底から疑問なのですが「歪んでいない認知」が存在しないにも関わらず「認知の歪み」という概念は成立するのですか?

私はそうは思わないので、「歪んでいない認知」は「認知の歪み」の前提条件として当然に存在すると考えました

「歪んでいない認知」なしに成り立つ「認知の歪み」とは一体どのような歪みなのですか?その歪みはどのように測定するのですか?

校正できないどころか目盛りすら無い測量器というのはいささか斬新な発想に思います

anond:20190111225216

それは単に個別事例の一つであって全体の特徴ではないのでは?

一部の悪い例を概念属性全体に適用して排除することを一般に「差別」というのでは?

コピペ

1.事実に対して仮定を持ち出す

2.ごくまれな反例をとりあげる

3.自分に有利な将来像を予想する

4.主観で決め付ける

5.資料を示さず持論が支持されていると思わせる

6.一見関係がありそうで関係のない話を始める

7.陰謀であると力説する

8.知能障害を起こす

9.自分見解を述べずに人格批判をする

10.ありえない解決策を図る

11.レッテル貼りをする

12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す

13.勝利宣言をする

14.細かい部分のミスを指摘し相手無知認識させる

15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする

16.全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。

17.勝手に極論化して、結論正当性に疑問を呈する。

18.自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する。

19.権威主義におちいって話を聞かなくなる。

20.コピペお茶を濁す

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん