「手料理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 手料理とは

2020-07-27

じゃあ清潔感ってなんだよという問いに対する自分なりの回答

清潔感なんて人によって許容が全く異なるものを、清潔感があればOKかい言葉でまとめるのは乱暴すぎだと常々思ってました。

じゃあ清潔感ってなんだって考えた結果、自分がたどり着いたのはこれ。

ずばり、その人の手料理を食べても良いと思えるかどうか。

自分はまさにこれに尽きる。

この人の手料理なら食べてもいいかなと思えれば、その人の清潔感は概ね自分基準を満たしていると言える。

考えてみれば食べ物っていうのは体に取り込むものなのだから、一番わかり易いって言えばわかりやすいよね。

こだわらない人はまったくこだわらないし、潔癖に近い人だと極端に許容が狭かったりする。

ただ清潔なだけじゃだめで、穢とかも関係してくるところも。

科学調味料とか添加物とか、余計な香水とか整髪料、化粧とかがダメというのともまさに同じ。

これって、究極の話をすると要するにセックスできるかどうかという基準にもなると思っている。

から料理人って無駄にもてるのかなとかいつも思ってた。(ろくでもないやつばかりだったけど)

相手のことは許せても自分が許されるかどうかわからないところとか、まさに清潔感基準のものだと思うのだよね。

自分は不潔でも構わないは、自分が不潔であることの免罪符にはならない。

どんなに美味しい料理でも、キッチンが汚れてたらそれを許容できる人しか食べに来ないよってこと。

もちろんキッチンきれいななら料理が売れるわけじゃないけど。

自分の周りにいる恋人いない歴=年齢の人は男女問わず大体そんな感じ。

料理がまずそうか、キッチンが汚れてそうな人。

結局こういうところに育ってきた環境とか教育とかが透けて見えるってことだよね。

2020-07-22

カレー粉の偉大さを知る増田須丸氏を最大のコー玲香(回文

おはようございます

私気付いちゃったの。

インドのおふくろのお母さんの定番手料理カレーじゃない。

しかしたらなんだけど、

インドのお母さんってお味噌汁を作るようにカレーを作る映像を見たとき

もしかしてカレーってお味噌汁を作る感覚とピッタリコンなんじゃないかしらって思ったの!

そんで私は何も見ずに

そう、

クックパットのクの字すらも見ずに

と言うかむしろクックパッドレシピ出すぎる問題いかしら?

そんなことより、

そう言ったレシピサイトを見ずに

カレーを作ろうって挑戦したの。

ある材料

鶏肉トマトベース野菜ジュース

そしてエスビーのカレー粉。

これのみよ!

私はそれらの材料強気カレーを作ることにしたの。

たったこれだけの材料で。

ね、簡単でしょ!って絵画教室アフロ先生の様に簡単にできちゃった!

ウソでしょ?って言うぐらい美味しいカレーができちゃったわ。

鶏肉野菜ジュースのみだけよ。

本当はニンニクオリーブオイルを加えてるけど、

作り方は簡単

ね、簡単でしょ!

ってまだ作り方しか言ってなかったわね。

熱したオリーブオイルニンニク香りづけ。

クミンシードもあったか

一緒にそのオリーブオイルテンパリング

良い香りが出てきて、

ニンニク茶色くなってきたら、

キツネ色まではいかないけど、

でもさ

キツネを焼くって酷いわよね。

キツネを焼いてキツネ色とかって。

私はとても吉岡里帆さんのキツネ姿を焼くことなんてできないわよ。

いちいち脱線ちゃうと話それちゃうから戻すけど、

熱した油に鶏肉を入れて炒めて、

トマト野菜ジュースを目分量のひたひたに浸かるぐらい入れて、

塩で味ちょっと調える。

この塩入れて味を調える!って言い方言いたいじゃない!

あんまり塩気を感じないぐらいの分量でいいの。

適宜ね適宜。

味を調えたいのよ!

私は今そう言う時期!

トマト野菜ジュースを入れた後に、

必殺エスビーカレー粉を投入!

これも目分量よ!

良い香りがしてくるところまで入れたらいいんじゃないかしら?

あとはちょっと煮込むだけ。

小麦粉とか入れてないので

いつまでもシャバシャバカレーなんだけど、

ちょっとさらさら気持ちトロちゃんが付いたところで適当に火を止めるわ。

私に胸に秘める点いたカレーの炎は止めないけど!

たったこれだけ!

ね、簡単でしょ。

で味もなんか本格的なカレーの味がして笑っちゃったわ。

マジかよチキンカレー最悪だな!

って増田の中心で大きな声で言いたいぐらいテンプレに則って言っちゃうけど。。

ほんと最悪!

ご飯カレーモードで固めに攻めて炊いたシャバシャバカレーを受け止めるには充分の固さで炊き上がったところに、

カレー皿に装いも新たによそわれたご飯の上に

いよいよカレーを注ぐのよ。

あいにく私はあのアラジンのランプのランプみたいな名前の分からないカレー入れ

あれなんて言う名前なのかしら?

でも気分はグレイビーボート!!!

全てが完成したところで

いただきます!よ。

バターとか入れてないのに普通に美味しいカレー

味噌汁と作るように、

しろ味噌汁より簡単カレーができてしまったけど

これって実はエスビーカレー粉が一番良い仕事してるだけの話しなのよね?

あのカレー粉何でも入れたら何でもカレーになるから強すぎない?

試しに買ってみたカレー粉の缶。

一番小さいやつだったけど、

この調子なら一瞬で使い切ってしまうから

今度は大きなカレー粉の缶にしたいところね。

エスビーカレー粉の偉大さを今さら知ったところよ。

エスビーカレー大先生わ!

そしてさらに、

私凄いこと思い付いちゃった!

アイ・ハブ・ア、カレー

アイ・ハブ・ア、味噌汁

うー!!!

カレー味噌汁味噌汁カレー!!!

KMMK!

これは美味しいと思うわ!

うふふ。


今日朝ご飯

オム野菜サンド

懲りずにお気に入りのを攻め続けるタイプよ。

からしばらくカレー作るの気に入ったし続きそうなぐらい。

アイスコーヒー牛乳たっぷりにして頂くわよ。

デトックスウォーター

まり野菜果物を切るより簡単にできちゃう

ルイボスティーウォーラー簡単すぎて

最近手抜きね。

でも暑いから果物すぐ傷んじゃうし、

傷まないように使い切るタイミングを逃してしまうと、

あっと言う間にカビってしまうから気を付けてね。

でもこれ防かび剤を使ってない証拠になるけど、

カビが生えてしまってから

時すでに遅しね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-07-15

32歳・30歳の腐女子の話を読んで

32歳・30歳の腐女子の話の本文から年代の私は「ちゃんとした大人にならなければいけない」と自分反省して見つめ直した。

現在私は30代半ば既婚の腐女子。諸事情より子供はおらず、ほぼ専業主婦

ちゃんとした大人にならねばいけない、自分を変えなければいけないと思うと何とも言えない息苦しさを感じた。

しかし「いい年して〇〇趣味なんて気持ち悪い」というコメント欄を見てふと思った。

から後ろ指を指されない生き方とは何だろうか?と。

ここからは私の三十数年間の間に蓄積された偏見なのだ

20代半ばで性格や見た目に難のない男性結婚

・2人くらいの子供を産み

出産後も正社員で働いている

さら

・オシャレで子持ちには見えないような体型をキープし朗らかで社交的な性格ママ友も多い

子供は全員健康で発達や性格問題はなく、職場に欠勤などの迷惑をかけない

子供には愛情をかけた手料理などを振舞い

・将来のことを考えて堅実に貯金をしてマイホームを購入する

一般的に見て気持ち悪くない趣味・嗜好を持っていない

……ハードル高すぎない?

前述の文章自分を顧み、全部をクリアしようと思い息苦しさを感じていた。

しかし、万人に非難されない生き方は無理なのだ

無理はせず、自分の楽しめる範囲努力はしていきたいと思う。

2020-06-22

彼氏さんはよく料理を作ってくれる

レシピにきちんと従い、分量も正確に量るので

だいたいいつも美味しい

私は料理してもレシピは見ないし、分量もいいかげんだ

自分が食べれる程度のものしか作って来なかったので

人にふるまったりなんかとてもできない

なので彼氏さんと一緒にいる時は作ってもらう一方だ

しか同棲して3週間、なにか不足を感じている

彼氏さんの料理には野菜がない

あと煮物汁物がない

彼氏さんの料理パターンは以下に大きく分類される

肉と米、麺、パン乳製品

要するにお店で食べるようなものが多い

健康には気遣ってるらしい彼氏氏だが、ビタミンたんぱく質サプリメントで、の方針のようだ

もやしハムを炒めるだけの人さまに出せないマイ手料理が食べたい

レトルト中華スープに卵と豆腐入れただけのマイ手料理が食べたい

けど作っても彼氏さんは食べなさそうだけど

2020-06-21

一所懸命がんばったんだろうなぁ がんばったとはおもう。うん。ただな、おれはお前の手料理がくいたかっただけなんだ。オリンピック話題はでているが、アイアンシェフにいどまなくていいぞ。

方向性 みなおしてみたらどうかな?

2020-06-19

人生の苦境を経験たか精神的に安定している」人の話

トイアンナ氏のこの発言を読んで、癌で死んだ母のことを思い出した。


母はめちゃくちゃ精神が安定していた。どんなことがあっても落ち着きはらっていた。

死に至る病を宣告された日の日記は、「わたしはがんだそうだ。いやだなあ」この一言で終わり。

中卒で本といえば料理裁縫くらいしか読まない母の語彙力では書き表せない思いもあったのだろうが、

しかし私の記憶の中にある母は笑顔いるかそうでなければ私を叱っていて、

彼女死ぬ直前の時期の記憶もあるのだが、まったく普段通りだった。


死ぬ前日も三食母の手料理を食べて、翌朝は母が医者に行くということで父方の祖母に預けられ、その日の夜に母は亡くなった。

死ぬ前に父に家事を仕込み、緊急時の私の預け先を決め、その後の生活のめどを立てて私の小学校転入手続きまでして、立つ鳥跡をきれい掃除していった母だった。まじスゴ過ぎ。


父と結婚して専業主婦におさまるまでの母はたいへんな人生を歩んでいた。

ギャンブラーだった祖父は母が小学生のころに死んだ。田舎地主の娘である祖母はなんと戦前ピアノを習っていたというお嬢様(これはめちゃめちゃスゴいことらしい。父方の祖母が「ピアノを習っていたほどのお嬢様なのに苦労して……」とよく言っていた)で、お嬢様が男っぷりのいいろくでなしに騙されて結婚ちゃうというまあありがちな展開で祖父結婚し、赤貧を洗いまくっていた。

生活力のないお嬢様祖母は夫を亡くしてもちろん実家に泣きついたのだが、親類は祖母を見捨てた。民生(地元高齢者はなぜか生活保護のことをこう呼ぶ。)を受けたりしながら、子どもを連れて他人の家に下宿して(当時は珍しくなかったようだ)祖母は働き、のちには家も手に入れた。

そんな生活の中、母は弟の面倒を見ながら成長し、高校進学をあきらめてデパート就職。二人の稼ぎで弟は高校も出たのだが学業は伸びず就職もうまくいかなかったようで、土方の仕事をしているときに早く結婚。その奥さんよろしくなく、母と祖母が暮らす家に転がり込んできて暴力によってその家を奪ってしまって母たちは再びの根無し草に。手塩にかけて育てた弟は奥さんの横暴についていけず失踪してしまったので、祖母と母の家は奥さん子ども奥さん彼氏が住んでいるという謎の状況に。(ちなみにこの辺の後処理は後に私と私の父でやった。大変でした。なお叔父は見つかっておりません。失踪宣告出すと取り下げられるので生きてるのだけはわかっている。)しか借金も背負わされたそうだ。

再びアパートを借りるなどして暮らしていたところで父と結婚し、借金を父が返し、専業主婦におさまった。父も高卒で決して高給取りではなかったが、節約家の働き者だし子供(私だ)も生まれてなかなか幸せ時間だったのではないだろうか。

しかしそれも数年で死の宣告を受けることになる。つらっ。


母なし子とはいえ不自由なく育った健康優良児の私には大変な人生に思えるのだが、戦後時代にはそこまで珍しいレベルの苦労でもなかったのだろう。この辺の苦労を母からいたことは一切ないし、父も祖母もたいして話さない。雑談の折節に断片的に出てくるエピソードをつなげたのが上記の話だ。さらっと書けばこんな風にまとまってしまうが、想像を絶する暴力と非論理世界


母の不在をふたり祖母が埋めてくれた私は、昔から老人会に入り浸っていて高齢者の話を聞くのが好きなのだが、昔の世界ってものすごく非論理的だったんだなと思う。財産を奪われる、暴力を振るわれる、異性に騙される、病気は治らない、宗教に騙される、親類に奴隷扱いされる……「え、なんでそんな矛盾した行動が許されるの?」よりも、「なんでそんな矛盾した行動を受け入れてしまったの?」という疑問が湧いてくることが多い。警察に行かないの?弁護士を立てないの?それってただのレイプだよ?それってただの詐欺だよ?そんな出来事が、「あんなこともあったわね~」「若かったんだな~」で済まされる。


自分境遇に逆らわずに受け入れるこうした態度も、トイアンナ氏が冒頭のツイートフォローとしていう「自分の機嫌の取り方を自分で知っている人」の強烈な一形態だと思う。

不遇と戦うことよりも、受け入れることのほうが心は波立たない。詐欺を訴えることよりも、被害を受け入れて、こつこつ働いてもう一度お金を貯めるほうがわかりやすくて楽だ。

母が落ち着き払っていられたのは、お年寄りたちが落ち着き払っていられるのは、苦境を経験して、人生に期待していないかなのだと思う。失ってもなんとも思わない。最初からないのだから


母が死んだとき、父は火葬される母を待つときに少しだけ泣いて、後は何も言わなかった。

今になってときどき、母の思い出をぽつぽつ話したりする。


思ったことを書いただけなので、何がいいとか悪いとかの意見特にないのですが、

ただ、花柄デザインの古びた母の日記と、母の丸っこい字で漢字の少ない文章を思い出して、

それから地元のおじいちゃんおばあちゃんたちを思い出して、

生きるって大変で正解がないなあ~~~。と思った。という、日記です。

2020-06-02

なぜ望んで結婚したのに、今はこんなに辛いのか。旦那のことは好きな

のに。


婚活女が、男に「結婚したい」と思ってもらうためには。料理が好き、家事全般好き、経済観念もそこそこあります!の家庭的メリット女子力()アピール必要しかった。

(人気の婚活本、愛されテクニック系の書籍ブログなどを読む限り)


実際プロポーズの決め手は料理好きなところと、ふるさと納税の申し込みなどをきちんとやってくれる所(経済観念?)だったらしいから。


結局裏目に出てしまったなぁ。

だってどれも別にライフワークにするほど好きじゃない(=作業から

(清掃業者になるくらい掃除好きとか料理研究家になるくらい料理好きとかそういう仕事にするレベルで好きならいいかもね)


経済観念だってはっきり言って本当はない。

多分ばれてないけど貯金は少ないし無駄遣いはかなりする。


その論理で行くと、そう言う家庭的女に食いつく男性年収も【低〜中の上】くらいで

女性はこうあるべき!女子力とは!家事育児はお前の仕事!とか言うモラハラ予備軍な人になってしまうだろう。


※余談:年収が高すぎる人は家事プロ外注したりするし、嫁にそこまで求めない傾向がありそう。

例) 若い金持ちモテるから遊ぶ=そもそも結婚先送りしがちで嫁いない。

若くない金持ちは金持ってなかったら釣り合わないような若い子をトロフィーワイフ的に求めるから家事より容姿を求めがち。もちろん本人の外見等で例外あり。


年収の人は置いておいて、要は、自分ママみたいな人が欲しいんだよね。美味しいご飯作ってくれて、身の回りのお世話を献身的にしてくれて、無償の愛を捧げてくれて。


さら自分の子を生んで育ててくれて、稼いでくれる俺に感謝尊敬をしてくれる、優しくて褒め上手な可愛い嫁が欲しいんだよね。


専業主婦を望む女性ならまあ仕方ないと思う。

もしくは共働きでも旦那が倍くらい年収が高いとか。

経済的に旦那に寄りかかるなら、旦那ママ代わりで尽くす覚悟はある程度必要なのかも。


今の30代以上の人の育った家庭(主に首都圏)の親世代専業主婦家庭が恐らくメジャーなのでそのママのような良妻賢母が当たり前に求められるのかも。


でも今はうちのように正社員二馬力年収もほぼ変わらない家庭も多い。

そうなると完璧旦那ママ専業主婦)と同じクオリティの尽くしをするには限界がある。


ただ、私も女として育てられてきた過程で、

彼氏旦那様のために美味しい手料理を作る、綺麗好きで子ども好きでママのように女子力の高いのが良い』

のような、女の子はこうあるべき、男の人に愛されて尽くして、それが女の幸せ

テレビドラマ女性向け雑誌モテ技コーナー、また学校教育の中で染み付けられ、思い込まされてきたと感じている。


から料理もがんばったし、彼女らしく、奥さんらしく尽くせることに幸せを感じたりもした。それも思い込みで、束の間だったけど。


私の家は貧しい方なので、親世代の中では珍しく共働きで、母は父より稼いでいたけど、それでも父は台所に立ったことも食器を片付けたことも掃除をしているのも見たことがない。


洗面所が汚れていても母に怒り、自分で片付けない。

女の子なんだから、お手伝いの一つもしなさい」

男の子だったら塾に通わせたいけど…女の子はどうせ嫁に行くしな」

とも言われる始末。


今となっては「お母さんより稼いでないお前はなぜテレビ見て横になってるの?作って貰ったのに皿くらい片付けろよ。」と思えるけど、その時は思わなかった。


『男の人はやらなくていいもの』と思いこんでいたから。


から旦那友達奥さんのことを「あん奥さん理想だなぁ。三歩下がって主人を立てて。」って言ってたのもそういう教育の賜物なんだと思う。


男も、女も、誰も悪くない。そう摺り込まれ教育プログラムされただけなのだから

古い時代教育がただただ男尊女卑なのだ

当時はそうしなければならない経済的(社会的?)事情があったのかもしれないし。

だけどその子ども世代でいきなり世の中が変わることはない。


結婚してみて気付いたことで、男の人がずるいと感じてしまうのは、

独身時代同様、仕事趣味に全振りして、職場ではそれなりに評価され、順当に昇進していくこと。羨ましい。


女性のように出産で1人産むごとに1年以上キャリアに穴を開けることもなければ、子どもがいる人は避けよう、と飲み会に誘われなくなることもない。


いや、結婚から気づいていたのかも。

就活面接で「結婚願望はありますか?折角育てて立場を与えてもすぐに寿退社産休を取られてはねぇ…」と言われて悲しくて泣いたこともあったから。


でも女はそういうもの教育をうけ、それに納得しておきながら、結婚を望み、子どもを望み、今の生活を選んだ以上、私に責任がある。


自分が選んだこの世界の中で、ただ家に尽くすだけの愛され婚活本の中の古きよきテンプレ女性像を目指すのではなく、

私は私らしく仕事趣味自分の好きなことをもっと頑張ればいいし、そのためには尽くしすぎず頑張りすぎないことを頑張ろうかな。


男性のことも妬んだり嫌いになりたくないし、男だからこうではなく、この人だからこんな魅力がある、と思えて家族を愛せるようになれたらいいな。


自分のことを家事育児ロボット生活費稼ぎ機能付き)と思い蔑まず、1人の人間として大切にしたら、きっと旦那や周囲から大切にしてもらえる気がする。


家事育児仕事も、損得で考えたら終わりだ。

「男は得してる」そう思えばそれを言い訳に頑張らなくなるから

しろ家事育児完璧にこなして旦那を愛しつつ旦那より稼げるようになったらかっこいいじゃん。はー、体力つけなきゃ。


黒人vs白人論争を男尊女卑に置き換えて語る人もいるけど、男女間で憎みあってもお互い不幸なだけと思う。


女だから言い訳にせず、諦めることをやめ、しあわせになりたい。


からせめて自分の子どもには、男尊女卑の摺り込み教育はしない。女も男も等しく価値のある存在仕事でも夫婦間でも対等なライバルであっていいんだよと言ってあげたい。

不思議ペットボトル】私は手料理ダンジョンランキングを駆け上がる!

これの25話くらいにある

お母さんとの会話に違和感しかない。

子ども相手丁寧語タメ口が混ざってるような

気色悪さを感じる。

2020-06-01

年収1400万円のリアル

https://anond.hatelabo.jp/20200530164357

年収1400万円のリアル

・43歳男、既婚子ども二人、東京在住、年収1400万円。

・月の手取りは諸々引かれて93万円。

家賃について

・数年前に3LDKマンションを購入。ローンなしの一括。

家族4人では少し狭い。

・月の管理費は3万円(コンシェルジュなかったり共有スペースがほぼないので安い方とのこと)。

食事

・朝、昼はコンビニ。夜は嫁の手料理

特に豪華な食事はしないが「ランチの持ち帰り弁当一人950円」くらいでも躊躇なく注文できる。

・また、家族で「ねぎし」に行った時に1,450円×4人のセット頼んだ上に、追加でブラッキーを800円分くらい躊躇なく注文できる。

飲み会など

・酒が苦手なので積極的に飲まない。

・社内はあまり飲み会をする雰囲気でなないため、ほぼなし(いや、私だけが誘われていないだけかもしれないが……)。

取引先との接待飲み会もほぼなし。

ファッション

嫁がZOZOでたまに3~5,000円くらいの服を買ってそれを着る。ジーパンGU

女性関係について

既婚のためなし。

もっていない。カーシェアリング契約

贅沢品

時計貴金属ブランド品などは興味がないので一切買わない。

貯蓄について

・4,700万円ほど貯金がある。過去に何度か投資で失敗したため、確定拠出年金以外は一切資産運用していない(やりたい気持ちは多いにある)。

メガバンクにあずけているのだが、営業電話しょっちゅうかかってくる。アレ、どうにかならないものか?

旅行

年に1、2回国内旅行。たまに私抜きでいくこともある。

パソコン

15万円くらいのノートパソコン。3年に1回くらい買い換える。

子供教育

水泳公文学習塾などそこそこに。

・二人で月に5~8万円くらい(嫁にまかせっきりなので詳細は不明)。

長男公立中学に通っている。

趣味

ソシャゲーに月1~3万円くらい使ってしまう…。

・据え置きゲームはあまりやなくなった。

・本は電子書籍がメイン。月に1万円くらい。

エロ漫画エロ同人エロ同人ゲームに、エロ動画に月2~3万円ほど使う。

動画サービスHuluアマゾンプライムに加入。

パチスロ

週に1、2回ほど足を運ぶ。トントンの月もあるが、月に15万円くらい負けることも。

自分学業への投資

・一切なし(勉強苦手、何やっても続かない)。

結論

年収が1400万円くらいあると普通生活では味わえない経験が得られます

食生活で一人あたり1,000円以上かかっても躊躇なく注文できる。

・社内でスタッフインスタントコーヒーをポットでチビチビ作ってるのを横目に、私は躊躇なく缶コーヒーガバガバ飲む(1日3本は飲むぞ)

パチスロ天井に近い台(あと数ゲームボーナス当選する台。普通の台より当たるまでの投資金額は少なく済む)がなかったら、打ちたい台をぶん回すことができる。

パチンコシンフォギア2」で1,000円で13回転しかまわらない台(16回転でもボッタクリと言われるレベル)でも一日中、打つことができる。

ソシャゲーがたまにやる「お買い得パック」的なものは躊躇なく購入できる。

Googleの年間2,500円くらいのプランに入れる。

自分年収アップより(これから年に1~200万あがっても生活レベルは大して変わらないとわかってるため)、部下の給料いかにあげるかを全力で社長交渉することができる。

 

年収が1400万円くらいあってに躊躇してしまうこと】

GIGAというマニアック特撮AVブランドがあるのだが、1本5,500円くらいする。コスプレAV好きな私でもおいそれと購入はできない(セール時には購入はする)。

ネット配信をよく見ており、お気に入り配信はいるのだが「投げ銭」は一度もしたことない。

・というか、「クラウドファンディング」「オンラインサロン」といった新時代に相応しい贅沢な趣味に一切手を出せない(興味はめちゃくちゃあるのだが……)。

3月マスク不足の時、50枚5,000円のマスクには手を出せなかった。3,000円になった時には購入。

余談

学歴Fラン私立大学

仕事秘密。いちおう、会社役員週休二日。1日の労働時間10時間前後

若い頃ムチャしすぎたせいかちょっと重い持病に罹ってしまった。

資産4億のリアルを教えよう

年収〇〇万のリアルに触発されたので。

24歳男、彼女なし独身関西在住、個人トレーダーなので年収は年によってかなり違う。

資産は4億。

家賃について

実家(UR賃貸マンションだけど)に住んでるので0円。

いい家に住みたいとも思わないし世話をしてもらえることもあって子供の時から使ってる自分の部屋にいる。

学習机小学生の時に買ったやつだし布団もニトリの7点セットみたいなやつ。

一応生活費として5万入れてる。

もっと入れた方がいいのかもしれないけど、お金を持っている感じを醸し出すと今のバランスが崩れる感じがしてずっと同じ額のまま。

親にはせどり生計を立てていると説明しているので自分がそこまで資産を持っているのは知らないはず。

父親地方公務員母親パートなので昔ながらの中流家庭という感じだと思う。

普段食事について

親の手料理が主。

たまにスシローとか王将とか行く。

贅沢といえば2ヵ月に1回ぐらいテレビで見た美味しそうな食材通販で頼むぐらい。

飲み会などの食事について

たまに大学の時の同級生とか昔から友達と飲むことはあるけど鳥貴族が多め。

別に高いところに行きたいとも思わない。

コンビニスーパーでの買い物

コンビニで100円のおにぎりと150円おにぎりがあったら後者が割高な気がして100円のおにぎりを買ってしまう。

株で1000万損するとかは割と気にならないからここらへんの感覚矛盾してる気はする。

ファッション

ユニクロ

GUでもいいんだけど1回洗ったら色落ちするので何回も買いに行くのがめんどくさい。

女性関係について

大学生の時に別れて以来全くなし。

そもそも所属するコミュニティが無いか出会いようも無いけど…

結婚特にしたいとは思わないけど、これは実家住みで親が周りの世話を全部してくれるので現状特に寂しさがないからな気がしている。

車について

電車しか移動しないので無し。

貯蓄について

最初にも言ったけど4億ぐらい。

ほぼ株と先物オプションキャッシュは1割ぐらいにしている。

トレード以外で楽しさを感じられないので日がな一日中そこらへんのことを考えている。

旅行について

親がテレビ企画バスツアーが好きなので年一ぐらいでそれについていくことはある。

あとは友達が誘ってくれたら行く感じ。

結論

先駆者たちは年収〇〇万円あっても普通暮らしって言ってたけど、

そもそも将来に対する不安とかストレスをそこまで負うことな中流家庭の生活を送れることをみんないい暮らしと呼んでいるのでは?(確信

2020-05-31

年収750万子供部屋おじさんのリアルを教えよう

https://anond.hatelabo.jp/20200530164357

そこの学生君!年収750万の子供部屋おじさんなら贅沢で優雅暮らしをしていると勘違いしていないか

今日はそんな誤ったイメージを正し、実際にどれくらいの生活レベルか教えよう。

まず自分スペック

28歳男、独身旧帝大のどこか卒業、5大都市圏のどこかに住んでる。社会人4年目で年収750万ほど。

なおマウンティングなどと言われるかもしれないが、そんなつもりは全く無く、

ただただリアルを伝えるために書いた記事である

家賃について

家賃はもちろん無し、マンションの上階、3LDK自分の部屋(子供部屋)は別に広くもない普通の部屋。だけど月3万は生活費として家に納めてる。(正直もっとあげたいがいらないと言われる)

別段キレイとかお風呂特別広いとか全く無い。普通

から綺麗な夜景が見れるとかも無い。けど、花火大会は遮るものなくめっちゃ綺麗。シャンデリももちろん無い。

駐輪場駐車場もある。普通マンション

普段食事について

母の手料理。昼も弁当

成城石井は近くにないからあまり行かないが、見つけたらとりあえずチーズケーキ買って帰る。

学生時代と食生活はほぼ変わってない。

飲み会などの食事について

さすがに学生価格帯の居酒屋は行かない。

ワイワイ飲む時は一人あたり5000円くらいだけど、先輩連れていくから基本タダ。

たまに焼き肉などで一人あたり1万円を超えると、

今日ちょっと贅沢したなうまかったなって感想。(流石に先輩には奢らせられない)

基本的飲食店はそこまで高級店は行かない。

その代わり行った店では値段を気にせず飲む。

自宅で高級ウイスキーワインを飲むようなことはほぼ無い。

8000円の日本酒買ったら奮発したな、という程度。

コンビニスーパーでの買い物

母が買いに行くので自分は買い物はしない。

ファッション

半年に一度アウトレットモール適当に見繕う。

女性関係について

「カネ目当ての女性がやってくる」というのは婚活パーティーとかだけの話で、普段は全くそんなことはない。

正直モテない。

さすがに年収750万程度でこれをイメージしている人は少ないと思うが、

美女を集めてシャンパン飲むパーティーなども当然無い。

女性との飲食代はすべて自分持ち。価格帯は色々で、高級店行くこともあればファミレス行くこともある。

車について

土日は親父の車を借りて出かけてる。

貯金について

働き始めて今年で4年目だが、貯金は1000万超えた。そろそろ、投資を始めようかな、って思ってるからとりあえずNISA開いた。

相続について

一人っ子。なので家は相続されるし、近くに住んでる祖父母の家も、親戚はみんな遠くに住んでるからいずれは相続される予定。

仕事について

仕事大企業技術職。

残業は多い方で今年は360超えるかピッタリくらいの業務量。

体調について

そもそも先天性の持病持ち。

そのせいで、小さい頃から身体のある機能一つが半不全状態

そのため、少しでも肉体労働のある仕事には就けないな、と昔から危機感を持っていて、何より親に心配をかけたくなかったので、頭で稼げるようになろうと学生時代は一所懸命勉学に勤しんで(彼女がいなかったとは言わないが)大学入学、院にも進学しその後、日本で知らない人のいない大企業就職した。

去年はその後遺症みたいなのが今になって突然発生し、生死の淵を彷徨い3ヶ月くらい休職した。

正直去年一人暮らしをしようと思ってたけど、その一件で親が大反対。

反対を押し返しても良かったんだけど、親の気持ちもわかるし、自分もずっと大人しかったのに今さら病気がぶり返すものなのか!?ビビってたのでまだ実家に住んでる。

去年はそのせいで精神的にもやばかった。

親を安心させるために良い大学に入り(もちろん親の支援のおかげだが)大企業就職しいろいろ頑張ってきて、ようやく親を安心させられるくらいにはお金も稼げるようになったと思った途端にこれかよ、って。

でも、全身検査をして一応こういうことはもう起きないと医者も言っていたし、ずっと落ち込んでいたら親や昔からの友人に心配かけると、気合根性で乗り切って、年が明けたくらいからは完全に開き直りました。

女性関係について2

女性との付き合いに結婚という言葉がチラつくようになる歳になってからは、別に遺伝する病気ではないが、合コンとか軽い気持ちで付き合うようなことはできなくなった。

女性結婚意識し始めるので自分のような病気持ちは自然と避けられるようになった。

正直、もう結婚は半分諦めている。

ここまで手塩にかけて恵まれ環境で育ててくれた親に申し訳ないが、これはもう相手のあることなので仕方がない。

と、思っていると親から「お前、最近よく聞くLGBTってやつなのか?」って言われるという。笑

まぁこのまま普通の人よりできなかったことの方が多い人生にはなりそうだけど、年収750万なりに楽しんで生きていこうという所存です。

というわけであまり普通すぎて、やま無しオチ無しになってしまった。

良くも悪くも、子供部屋おじさんで年収750万は普通すぎる生活なのです。

普通というと「もっと貧しい人がたくさんいる、わかってない」と言われそうだが、

学生が抱いているような豪華なイメージとは程遠いということをお伝えしたかったのです。

結論

人生年収ってあまり関係ない

年収2500万円のリアル

30代後半男、既婚子ども1人。

会社経営してて、純利益は1億以上あるけど、法人税の方が安いか法人お金を残して、役員報酬は大体2500万くらいに設定してる。全部使ってもいいから実質年収1億以上。

金融資産は3億いかないぐらい。

家賃について

家賃10万ちょい。マンション買いたいけど資材高騰などで高すぎ。値段が落ちるの待ち。

普段食事について

奥さん手料理ほとんど。外食は週1回程度。

飲み会などの食事について

ほとんど飲まない。飲んでも1回5000円ぐらい。みんなと飲むから特に同じ値段で変わらず。

コンビニスーパーでの買い物について

基本欲しいものは全部買う。

ファッション

こだわらない。ユニクロも多い。

女性関係について

たまにエロい店に行くくらい。

車について

平均価格の車を1台。車に興味がない。

貯蓄について

毎月400万くらいは増えてる。半年に1回1000万レベル税金がまとめてくる。

投資はいろいろやってる。インフレ対策海外株が多め。コロナでだいぶ仕入れた。

旅行について

子供できる前は年に2回は海外行ってた。国内ならもっと

子供教育について

まだ小さいか特に変わらず。

結論

年収2500万だと全部自由になる。

https://anond.hatelabo.jp/20200530164357

元増田を参考に。さすがに裕福でしかない。寄付めっちゃしてる。でも別にハデな生活はしてない。

2020-05-15

チンはコックなり

太陽王手料理ヴェルサイユ大庭園では死屍ルイルイ

 

……ん?何を期待していたのかな?

2020-04-29

anond:20200429105405

お母さんの手料理とお父さんの手料理問題無いと思う。

凝った料理彼女が作る物っていうのが差別

anond:20200429105118

それをいい出したら「おかあさんの手料理」も差別なっちゃうの?

2020-04-25

ヒモちゃう

部屋に呼んで手料理でもてなしてくれたら嫁なんだって女の子手料理を食べることは「ヒモしてる」「毒見」なんだって。その女の子にも失礼だし、女性観もいただけない。

地方大学つのS

高校三年間片想いしてた男とラブホに行った。私はそのとき受験生で、地方大を志望していた。男は大学生だった。ラブホから出たときに「地方大学つのSっていうのがあって、study sleep sex、きみは地方いったらsexばっかしそうだね」って言われた。やや引っ掛かったけど、受験終わってから考えようと思って、しばらく受験勉強に集中していた。男とも受験後に会おうとは話していたし、絶対合格するんだよって言ってくれてた。でも受験終わってみたら男は大学恋愛沙汰に巻き込まれ人間不信になってあんたとは会えないと言ってきたが、別の女の手料理食ってたし、お菓子パーティを開催していた。そもそも恋愛沙汰に「巻き込まれる」って。意志がないとおこらないだろうし、そもそもそれ私とラブホ行ったあとの話だよね。順番おかしくない?しか地方大学つのSなんてものはなく、study sleep sexって男の在学する大学隠語だった。お粗末だな、結局私に自分のしてることを投影してただけじゃん、って思った。

第一志望の学部地方大学に通ってるけど、sexはおまけであって、study しかないって覚悟してる。恋愛ままごとするために大学行ってるんじゃないし、私は手料理作って媚びるんではなく、そしてそんなんにやすやすと引っ掛かる男ではなく、一緒に手料理つくってくれる男を見つけようと思う。くだらんことにのめりこまずにがっつり受験勉強してよかった。正しい人生選択ができてよかった。

2020-02-28

anond:20200228182449

単純な高齢化ではないよ

たとえば料理漫画でいうと

天才料理人コンテストに出場して奇抜な料理披露」的な作品だけでなく

高校生のんびり手料理をつくる作品だったり

大学生ラーメン屋を巡る作品だったりが増えたということ

バリエーションの増加

裾野拡張

2020-02-23

婚活自炊ドルオタ同人女気づき

この記事特に事件的なエピソードオチはありません。

日常の中の『気づき』のようなものを記録として残しました。

 * * *

趣味同人誌を描きながら、ゆるくアイドルの追っかけをしてて、さらにゆる~く婚活をしてる、一人暮らしアラサーオタクです。

同人誌学生の頃から描いていて、今のジャンルアニメ化もしている漫画作品

ジャンル内ではメジャーでもないけどマイナーでもない規模のBLカップリングを描いています

とにかく好みがうるさくて、同カップリングの主流解釈があまり合わなくて、自分のような解釈もあるんだと形にするために描いてます

ジャンルまではマイナーカップリングにいたので、ほかに描いている人がいなかったので描いていました。

個人特定防止にそこそこフェイクを交えています

基本的に、見たい欲求が満たされていないと描く、というタイプ人間です。

話は変わって、オタク比較お金がかかる趣味です。

推し関連以外のことになると節約意識が高い人が多いでしょう。

私の場合でも、好きな作品や関連グッズの購入、アイドル音源チケット同人誌を買う資金同人誌印刷代など。

いわゆる"ハマっている沼"的なものが多い人ほど、この辺はかさむものだと思います

というわけで食費削減のため自炊をしています

それこそ、社会人1年目は信じられないほど手取りが少なくて(今の半分以下)(資格とって転職した)、

冗談抜きに1ヶ月1万円生活を強いられていました。

そこでクックパッドやら古本屋で買った料理本などでお金がかからない自炊研究したのが今の自炊スキルの基礎となっています

手取りが倍になっても趣味その分お金をかけるだけなので、自炊継続中です。

たぶん、メニューの偏りはあれど『料理ができます』と言っても恥ずかしくはないレベルにはなってるかと思います

そして私がしている、ゆるい婚活とは、

婚活サイトアプリ登録してメッセージが来たら返事をする。

メッセージをやりとりするうちに会いたいと思えたら会って、また会いたいなと思ったらLINEを交換する。

くらいのことです。

趣味優先の人生なのでペースはかなりのんびりです。

婚活をしている友達には『料理の腕は武器になるからアピールした方がいい』『胃袋を掴める』と言われますが、

そもそも手料理を振舞える間柄まで進まないのですが、のんびりペースだし、結婚相手として魅力的な女とは言い難いので仕方ないでしょう。

世の中そんなに上手くいかないものですね。

(ていうかどの段階で料理できるアピールしたら自然なのかわかんねえよ~!)

(胃袋を掴むために料理をしている訳ではないので…という気持ちもある)

先日、アイドルの追っかけ活動同担友達地方から出てきて一人暮らしを始めました。

『誰かご飯作りに来て~笑』ってSNSで言ってたのを真に受けてご飯を作りに行きました。

美味しいと絶賛され、彼女のインスタにも料理画像投稿してくれました。

すごく嬉しかったです。

そこで気づいたことがあります

二次創作漫画描いてるのと変わらないな、と。

自分で食べたい(読みたい)ものがないか調理執筆)するだけでも満足なんだけど、

自分で食べて(読んで)、ついでに他の人にも美味しい(萌えた)って言ってもらえたらとても嬉しい。

ということに。

胃袋を掴みたいわけではないけど、誰かに食べてもらって、美味しいって言ってもらいたいなあ。

そう思いながら今日自炊をして同人誌を描きます

2020-02-20

鬼殺し

彼女が7年ぶりにできた。

20歳以来2度目。

浮かれている。

そんな状態で先週彼女の家にお泊り。

手料理を振る舞ってくれるという。

心はウキウキ

チンチンはビンビン。

こればっかりはしょうがない。

出迎えてくれた彼女が作ってくれる料理は鍋だった。

簡単だし美味いし楽だしという理由

だけど鍋だけでかなりのレパートリーがあるらしい。

自身彼女が作ってくれるならなんでも良かった。

こたつに入って料理を作る彼女を眺めていると、キッチンの片隅に置かれている紙袋があった。

彼女冷蔵庫へ行く時にその紙袋にぶつかり、中に入っていたものが散乱した。

解体された鬼殺しだ。

30パック以上あった。

僕はゾッとした。

もしかして彼女毎日鬼殺しを飲んでいるのだろうか?

僕の中で鬼殺しは廃人が飲むイメージがあったので、彼女に対する好感度が少し下がった。

そんな僕をよそに彼女台所の下から鬼殺しのパックを取り出し、開けて、鍋に入れた。

料理酒用だったらしい。

料理酒は塩分が入っているので安い日本酒を使うのがいいとのこと。

安心した。

それから鍋が完成し2人でいただきまーす。

あ、忘れ物☆と彼女冷蔵庫からストロングゼロドライを取り出しプシィと開けてゴクゴクと飲み干しテーブルに置いた。

美味しいねと僕をみつめる眼がいやらしくて、チンチンはビンビン。

年上の彼女最高と思いながら滅茶苦茶セックスしたけど、強い酒を沢山飲んでほしくないなと思った。

2020-02-19

一般的な家庭の夕食がよくわからない

子供の頃は商売をしてる祖父母と同居してたから、祖母が店を閉める少し前に早めに帰宅してくれて、店の売れ残りとかレトルト食品とかを食べてた。夏は素麺冷やし中華冷やしうどん、冬は鍋鍋鍋。

あとは、子供向けにと思っていたのか肉類、特に豚肉がやたらよく出て、ケチャップ味とか生姜焼き風とか照り焼き風とか。ご飯・メインのおかず+付け合わせのキャベツレタストマトの皿・汁物大人用のおかず(煮物とか)が多かった。

中学に上がる前に祖父母が老人向けマンションに入ってからは、自分で父と妹の分を作ってた。母は帰りが遅くて、頑なにわたしの作ったものは食べようとしなかった。

祖母仕込みというほどの腕前では無いのでせいぜいご飯生野菜・具の多い味噌汁のセットと焼いた魚か焼いた肉かクックドゥーの中華か…というのが関の山だった。もちろん夏は素麺冷やし中華冷やしうどん夏野菜の焼き浸し、冬は鍋鍋鍋たまにシチューだし、割と高頻度でめんどくさくてパスタ茹でてレトルトソースかけたものとか、市販チャーハンの素使ったチャーハンとかも出してた。凝ったものは本当に作らなかったから、生姜焼きも使ったことないし、煮魚も使ったことない。時々食べたくなった父親自分で作ってたけど。

土日や朝食や弁当母親が作ってたけど、全然料理上手な人じゃなかったから、二段の弁当箱の一段は白米もう一段は卵焼きトマトリンゴが三分の一ずつ入ってるのはしょっちゅうだったし、健康に気を使って規定からさら調味料を減らした味のしない野菜の炊き合わせとか、鱗の残った煮魚とか、老人向けの料理ももちょっと彩りと味があるだろう…という食卓だった。

で、この度めでたく自分結婚する運びになったけど、毎日の夕飯がどのくらいの量と品数を求められるものなのかいまだによくわからない。

手料理を振る舞ったこともあるけど、毎日ハンバーグ焼きそばカレーってわけにも行かないし、共働きでそんなに時間もないだろうし、そもそも一人暮らししてて夕飯とかほとんどコンビニレトルトだし。

雑誌読んでも二人前量少なくない?こんなに一度に複数の種類の食材用意できないよ?そんな調味料一般のご家庭にあるの???みたいな解せないポイントが多すぎて萎え

2020-02-14

anond:20200214035700

思いやりにあふれたママ手料理以外小馬鹿にされてると思うタイプなのかな

それともプロのコックさんかな(んなわけないよな、コスト意識あればこんな原価厨なことはとてもいえない)

性格が善くないし旅行向いてないよキミ

ホームステイにしたらいいよ

2020-02-12

日本人料理醤油臭い

醤油が強すぎるんだよ。お前らの手料理は。

まず理解してほしいのは、人によって量の差異こそあれど、人間が食ったものを美味いと思うには、「塩味=しょっぱさ」が適正である必要がある。その許容範囲は旨味の量で広がるし、甘味でコッテリ感を出すとかそんな話も多々言いたいことはあるが、そこは別の話。適切な塩分量が大事ってだけ覚えてほしい。知ってる?まあ聴いてくれよ。

しょっぱさを添加するために皆々様は調味料を使うわけだ。

味噌が強い調味料っていうのはわかるよな?味噌は「こんにちはぁぁぁ!!!味噌でぇぇぇっす!!!!」って主張してくる調味料って分かってるから味噌であることを意識した「味噌料理」か、味噌を隠し味程度に入れた別の料理になるように調整するよな?

塩が弱い調味料っていうのもわかってるよな?「ウッス、塩ッス。」っていう調味料って分かってるから、味見しながらしょっぱさがちょうどよくなるように塩いれるよな?塩味料理するときは他の香りや旨味を味方につけたいわゆる「塩ダレ」の方向性に行くよな?

醤油は圧倒的に「味噌」に近いんだよ。「ウィイイイイイイイイイッス!醤油でぇっぇぇえええええっす!」くらいの強さなんだよ。なのになんだお前らの料理ときたら。「醤油調理酒:みりん=1:1:1の黄金比!」じゃねーんだよ、醤油臭い醤油が全て塗りつぶしとるわ。

醤油の強さはカレーに入れると凄くわかるぞ。あの最強の塗りつぶし力を持つカレーに、醤油を少し垂らしてみろ。一気に「醤油を入れたときカレー」の味だ。これはこれでうまいが、カレーにも負けない醤油の強さ、しょっぱさを醤油だけで賄うとやばいことがわかるだろ。

料理がうまくなりたかったらまず醤油を減らせ。味薄いなって思ったときにとりあえず醤油を入れるのをやめろ。そこは塩だ。塩の出番だ。塩を入れろ。

2020-02-09

いまインターネットのどこにも自分存在しないことに不安を感じる

インターネットネイティブ世代から

10代の頃はネット上に自分のあらゆることを発信していた。


流行りは変わっても常に何か投稿交流する場所開拓していた。

それなりに使い分けてリア友、非リア友と楽しく交流していた。

怖いもの知らずな年頃だったってのもあるかもしれない。

当時の自分に「発信」なんて感覚はなかった。

今は「発信」という感覚があるのか、

些細なことすら投稿できなくなってしまった。

それって覚悟勇気がいることだから

昔はあれもこれも全部投稿していたのに。

気がついたらいま、インターネットのどこにも「自分」の投稿がない。

TwitterFB、インスタ、YoutubeTikTokなどアカウントは持っていて毎日チェックしている。

でも全てROM専

投稿できたら楽しいだろなって思う!

でもなんで?叩かれるのが怖いから。

いや、実際叩かれるなんて滅多に無いよ。一般人だし。

叩かれたり炎上した経験だって一切ない。

でも違うの、叩かれる・炎上の手前にある

「ふ〜ん」「ププッ」「キモ」「ださ」これら感想を抱く人がごくわずかでもいることが想像できてしまって嫌。

  あ〜この人のこの投稿、叩くとしたらココかな・・・

  この人、アンチスレあるかな?あるとしたら「〇〇」って書かれてるだろうな・・・

好き嫌い関わらず、こういう思考が癖づいてしまっている。

から自分が何かを投稿しようとしても粗探しポイントに目がいってしまって

投稿寸前で「×」ボタンを押して終わる。

ネットに何も投稿できなくなったのと同時期くらいから、

何のオタクでもなくなってしまった。

昔は熱狂的に好き!と公言できるものがいくつかあった。

すごく楽しかった。

今は「いいな」と思うものがあってもハマるまでいけない。

自分無趣味でなんの特徴も無いつまらない人に思えてくる。

就活でもたくさん聞かれたな〜。「あなたは何オタクですか?」

今は何にもハマっていない、という回答じゃ満足してもらえなかった。

フォロワー数とか、アカウント名とかも聞かれる時代

「今は何もハマってません、何も投稿してません・・・。」

これうまく乗り切れる嘘あったら教えて。

「発信」へのハードルが高いよりは低い方がいいって自分でもわかる。

昔はオタク的に好きなものがあったからこそ、

情報を集めるため、趣味仲間と交流するため、ネットをたくさん使った。

からこそネット悪口を見つける方法も叩かれる事案もたくさん知ってしまったのかな?

芸人とかがよくやる「SNSに〇〇投稿するうざい女」

みたいなやつも一例な気がしてきた。



は〜。本当はもっと気軽に投稿したい!交流したい!

手料理も、結婚式も、飲み会も、空の写真も、いいと思ったコトも、些細なことも。

・・・自分のこの話めちゃくちゃ?叩かれる?

いま人生初「ストロングゼロ」を飲んでるから、どうか許してください。




今は増田しか書く勇気がないけど。

2020年現在、「若者」に分類されている以上は

ちゃんインターネット自分存在させたいと焦った。


同じような気持ちの人、居る?

2020-02-06

孤独栄光

吐き出させて下さい。

私は産まれて30余年、常に独りでした。

別に孤児でもなければ、天涯孤独でもありません。話し相手は少ないながらもどの年齢でもいたし、いじめを受けたわけではありません。

それでも私は、どうしようもなく孤独でした。どこで誰と何をしていても、自分が何物とも繋がっていないような感覚ばかりがありました。

理由は何とでもこじつけられる気がします。望まれて産まれたとは到底信じられない家庭環境遺伝的、精神的欠陥。それらを覆せなかった自分の弱さ。

…思い出せる昔の記憶は、階下から響く両親の罵り合い、私が男でありながら腰を振る兄。視線ひとつくれず、仏頂面で鬱陶しそうな顔で過ごす母。家事をろくにしない母への憎しみを私にぶつける父。

記憶にある唯一の母の声は、休日の朝に朝食をせがんだときに聞いた、「風邪ひいたから」という子供でも分かるような嘘。塩ごはん牛乳ごはんなどという手料理も、それが普通だと信じたかった。

両親は自分問題だけで手一杯で、明らかに私を愛していなかったが、それでも奇妙なバランスの上で形を保っていた。だから消極的にも期待していた。いつか両親が真っ直ぐな愛情と関心を私に向けてくれることに。だから耐えるように、道化を演じてみたり問題を起こさないよう強く自分を抑え込む術を自然と身に付けていった。

同級生達とは、関わる度に違和感を感じていた。彼らから発せられる、家族からの温かい愛情やそれに基づく自信めいたものを感じるのが辛く、眩しく、何より悔しかった。私もそうありたいと願い同じように振る舞うのだが、自分を偽った罰なのか、常に自分の中にヘドロのような憎しみが募り、それがとき漏れだしては、私の人間関係破綻させていった。

…ある日、母が消えた。言葉ひとつも、書き置きも無く、突然と。だが何の感情も湧かず、涙も流れなかった。幼心に予想と覚悟はしていたのだろう。そうして、孤独と共に生きるというテーマが課せられた気がした。…それからは、忍耐から麻痺が生きる手段だった。

家はまるで会社のように感じた。父という経営者の下、勉強という仕事の対価に衣食住という報酬を得るような環境。己を律しきれず感情を顕にすれば、待っているのはクビ、つまり死ぬこと。逃げ出す勇気も、自分環境を変える強さも無かった。経を淡々と読み上げるような修験者のように、無痛のうちに日々が流れていった。

不幸にも中途半端事務処理能力が高かったのか、大学入学できた。大学理系で、物理を専攻する学部だった。今にして思えば私はそれそのものには興味は無く、ただただ盲信できる唯一無二の真実を、家族自己内面ではなく、外側の世界に求めていたのかも知れない。

契機はすぐに訪れた。その頃の私は誰の、何の助けも無く生きることに歪んだプライドを懸けており、独りの力で講義をこなそうとしていた。しかし当然のように挫折した。当然のように孤立した。

ある朝、いつもと同じように無痛のまま大学へ向かおうとしたが、体が動かず、講義をサボった。その日からぷっつりと糸が切れたように、大学に行けなくなった。

そしてそのまま2年間引きこもった。無痛という手段も通じないと分かってしまった私には、生きるために何をすればいいのか分からなくなってしまった。しかし罪悪感以上に、解放感と、呪縛から逃れたような安心感があった。そして同時に、いよいよプライドも生きる理由も意欲も自負も、全て失った。

兆候はあったがその頃から急激に死に惹かれるようになった。自分事故病気でいきなり死ぬ妄想をしたり、楽に死ねるという情報から練炭と七輪を買い、日常的に自傷をし、着々と死に近付いていった。流れる血と生々しい傷に、不気味なほど安堵と溜飲が下がる思いを感じた。堆積した恨みの攻撃性の解消と、自罰感情と、ボロボロ精神投影先を見出せる行為だった。それゆえ日々エスカレートし、あるとき刃が大きな血管を切った。噴水のように噴き出す血を眺めながら、まだ死ぬ準備が整っていなかったため、止血の処置をした。特に感慨は無かった。ああ…あのまま放っておけば死ねるんだ…と、妙に冷静になっていた。

そこから、少し何かが変わった。本当に死の一歩手前にまで陥っても、やっぱり私に救いの手は差し伸べられず、また自分の力で生き残ってしまった、と思うと、諦めを通り越した何かが芽生えた。自分は生きることも死ぬこともできない、苦しみ抜いて幽鬼のように漂うのだろう。歪んだ悟りのような暗い閃きを覚え、そこから自傷は少なくなっていった。そこから記憶ほとんど無い。大学へ行かず引きこもっていることがばれ、地元へ戻った。また無痛から忍耐の日々へ逆戻りした。挫折経験したが再起を図る息子を演じつつも、心の底では誰かが殺してくれることを願うばかりだった。

そしてまた不幸にも、さほど時間は掛から定職に就いた。待っていたのは、学生時代より遥かに開いていた周囲との差。普通の人々が青春友情愛情経験している間に自分したことといえば、暗闇の中でもがき蠢いていただけ。真の孤独は人と人の間にあるという言葉通り、人に近付く度に遠く感じた。

しかしそんな生活もそれなりの期間が経てば慣れていった。相変わらず人間の振りをするような不自然な過ごし方であったが、歳を重ねた恩恵なのか、排斥に対するヒリヒリとした警戒心、切迫感は和らいでいった。多様性容認する組織だったからかも知れない。孤独は続いていたが、別種の孤独を抱えた年上の人々との関わりが、私の乾いた傷口を薄く濡らした。

そんな積み重ねから、ようやく初めて「人間」というもの形の一端に触れられた気がした。同時に、自分家系の歪さを思い知らされた。そして、ようやく家系が受け継いできた負の連鎖に気が付いた。

狡猾さと傲慢さ。口では愛を語り、家族を意のままに操作し、自分理想を叶えるための道具としようとする悪辣さ。その邪悪気質を、互いに感じ取っているからこそ罵り合い、また山彦のように帰ってゆき自分をも傷付ける。そんな不毛なやり取りをしながらも、本当は誰よりも自分が得をしたい、愛されたいと思っているからこそ離れられない。その矛盾混沌の中で、私の家系は奇妙な内臓のようにぐぎゅるぐぎゅると腐って混ざりあっていた。

私は先月、家族と絶縁した。帰省しない私に業を煮やし職場に押し掛けてきたとき、従わぬ者に実力行使をする傲慢さに、どうやらこの人達とは一生分かり合えないらしいと確信した。

いよいよ社会的にも孤独になったが、さしたる感慨も無かった。きっとこれもどこかで予想と覚悟を済ませていたのだろう。私の手元には、いつの間にか独りで生きるには充分な資金があったのも、このことを予見していたからのような気さえする。

今になって思う。私は無意識のうちに、生きるための最善を選択していた。代償や失ったものは多いが、今では孤独も不幸も憎しみも、その先にある役割天命のようなものを果たすためだと感じるようになった。両親や神の寵愛を受けて産まれた者と、孤独に魅入れられように産まれる者もいる。そうしてその中間中庸となり、人々の生き方基準が出来上がる。そういう仕組みなのかも知れないと、ぼんやりと考える。

相変わらず生きる理由も意欲も無いが、自分が生き続けることには何らかの意味があるから、こうして結果的に死んでいないのだと思う。人生のどの段階でも、死のイメージといつか自分は人を殺すだろうという直感があった。人生のどの段階でも、自分解放して周囲を巻き込んで破滅することはできた。だがその度にそれを踏み留ませてきた何かを知ることが、目下の関心だ。天寿を全うする気はさらさら無いが、何らかの答えを得るまでは生きてみようと思う。それをもし得られたとき孤独意味と真の栄光を手に入れられると信じて。

…長くなりました。ここまで見ていただいてありがとうございます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん