「現実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実とは

2023-01-28

anond:20230128003901

100億の人が地球に住むなんて無理なんだよ

もう80億にまでなってしまった

現実が追いつくのが早すぎる

anond:20230127221125

現実には試行に何らかのコストがかかるということを考えると確率無視したらいかんということが分かると思う。

コストを金で例えるなら、宝くじか何かの100回の試行(例えばくじを一回引くのに100円かかるとき1万円)によって何円分の当たりが出るかという期待値確率的に計算できるが、くじを引くのにかかる金と当たると期待される金のどちらが高いか考えることは重要

確率を考えないと、めっちゃ試した結果当たったけどトータルの差し引きでは損したという事態が防げない。

2023-01-27

anond:20230127204823

「親のエゴでこんな世界に産み落としていいのか」「生まれてくる子が障害者だったらどうしよう」「産んだ子が犯罪者になってしまうかもしれない」

みたいな葛藤を経て開き直ることが出来たのは30をとうに過ぎてからだった。

これ結局は課題解決はできなくて「開き直る」しかないということなんだから機序はなんであれ「開き直る」能力が高い奴は20代前半でも開き直れるということでしょ。

ちなみに俺はいわゆる「きょうだい児」で、子供知的障害者だったらと考えるととても作る気になれないんだけど、現実には子供を作ってる「きょうだい児」も沢山いる。それは経済基盤がどうとかじゃなくて開き直る能力の違いでしょ。

冷たい人間になっていく

歳を取ると誰だって冷たくなっていくのはしょうがないと思うんだけど

自分少年ラインの時点でそこそこ冷めてる嫌なガキだったか

そこをスタートラインにした結果、おっさん時点でものすごく冷めた人間になってしまった

ただ、別にイキって冷めてるわけじゃなく、むしろテンションあげたいし色んなものに心が震わせたい性格なので

理想現実ギャップが開いていくのが困る

盛り上がってる場でどこまでも冷めてるのがわかる

なので最近は感動してるふりをしてる

やや大きめのリアクションを取ったりする(それでも小さいが)

 

それで気づいたけど、リアクションがムダに大きい癖に嘘くさいおっさんおばさんって居るよな

アレになりつつある

anond:20230127180157

現実にはこのような男性結婚できないので、これは釣りです

ワンピース読んで海賊になる奴がいるか?とか言うたけど、いたじゃん

マンガの影響でスカートめくり流行! 創作にそんな影響力はない! あった! なかった!

マチ子先生読んでボインタッチされた! そんな事実はない! あった! うるせえBBA

キャプ翼読んでサッカー選手になったり、動物のお医者さん読んで獣医師になったりする人もいるんだよ

創作には正の影響、負の影響があるんだよ それは認めようよ

なんてループする話題の中で、「ワンピ読んで海賊になる奴いねえだろ」 「東リベ読んで暴走族になる奴はいたけどな」 ってのがオチにくるけど、

現実にはインペルダウンの中からルフィが盗みの指令出してたんじゃん 虚構新聞は謝れよ

anond:20230127164252

ワイもプロパフォーマンス見にいってる時に

ただのファンしかない有象無象に話しかけられるのかなり嫌

現実に引き戻されるし

特別体験をしにいってるから

普通人間と知り合いになりにいってんじゃないっていうか

anond:20221002214201

以前「ガンダムが!!おもしろい!!」っていう投稿をした増田です。

https://anond.hatelabo.jp/20221002214201

.

この投稿ときファーストガンダム劇場版三部作のみ見ていたのだが、TVアニメ版を全部見るべきだろうというご意見を頂戴していたのと、映画の「ククルス・ドアンの島」を見るに当たりTVアニメ全話を見たので感想を書く。

あと水星魔女面白いけど話を聞いてくれる人がいないので書く。

.

TVアニメ版のファーストガンダムを見て良かった!

三部作はよくまとまっているけどやっぱり端折ってしまっていてTVアニメ版を全話見ると情緒に欠けるなと思った。

.

リュウ・ホセイが死んだとき絶望やばいちょっとアレな上司を一番うまく扱ってくれてた人が急に退職したとき絶望感を思い出してしまった。

とあるごとにリュウがいれば…と言ってしまミライさんの気持ちもわかるよ。

でもなんとかなるんだよな、なんとかなっていくんだよ。ブラック企業で働いててまだ理性残ってる人は勇気出して辞めよう。リュウ・ホセイほどの人がいなくなってもホワイトベースがなんとかなったように御社もだいたいなんとかなるんだよ。

.

機械いじりが好きな少年アムロが弱音を吐いたり叱られたり二度も打たれたりしながら戦士として成長していく…、と言えば聞こえは良いのかもしれないけど、

やっぱ自分としてはただの機械好きの男の子が戦禍の中で戦士にならざるを得なかったのが悲しくもある。

何よりアムロ自分から父親とも母親とも決別するところは本当に悲しい。

死んだわけでもないのに10代の男の子が自ら親と決別する道を選ばざるをえない状況が悲しすぎる。

序盤はあんなに拗ねたりいじけたり、年頃の男の子しかったアムロア・バオア・クー攻略戦のときにはホワイトベースクルーニュータイプガンダムパイロットという立場認識して、皆の士気を気にして嘘を言っているのがさ…。

戦争が僅かな期間でアムロをそういう子にさせたんだなと…。

そこがあるから家族と決別したアムロが、最終回で「僕には帰れるところがある」と涙を浮かべて言うところは良かったというか、安心した。

ホワイトベースはある種の疑似家族アムロの拠り所になってたんだなと感じたし、だからこそ数年後のZガンダムの時点で地球重力塩漬けにされてんのが悲しいよな…。

.

もともとthe originを見てハマったのもあって、シャアとザビ家の関係というのはある程度頭に入った状態で見たけど、物語としてもうちょっとこの辺掘り下げて書いた方が面白かったのではと思った。

ただファースト打ち切りになった作品とも聴いてたのでまあしゃあないか

でも全話見た上でこのときめっちゃやり合ってるシャアアムロZガンダムで酒酌み交わしてるの胸熱すぎるなと改めて思ってZも見返したくなった。

.

ククルス・ドアンも見た。

スレッガー中尉かいたかTVアニメ版とちょっと時系列を変えてるんだな。

この映画はどれだけ多くのツッコミをするかというところが見どころなんだろうか。教えてくれ詳しい人。

個人的にはヤギ1頭で20人近い子どもたちの乳製品を賄うのは無理があるのではと心配でならなかった。

しかも1頭だけでは繁殖できないので近い将来、子どもたちのカルシウム源がなくなってしまうのも気になるし、

ドアンはちゃんと近隣地域交流して子どもたちに教育を受けさせてやってほしい。

10年くらい前に見た「東京島」っていう映画を思い出してしまった。ククルス・ドアンの島が東京島みたいになっていかいか不安でならない。

良い点としてはファースト見た直後だったのでキレイな画質と作画で生き生きと動くアムロたちが見れたのは嬉しかった。以上!

.

水星魔女も見ているぞ!!

前の投稿ときにはまだ1話とプロローグのみだったと思う。水星魔女ジェンダー問題フェミニズム意識してんのかな、みたいなことを書いた気がする。

その後見スタッフインタビューで「特別その辺を意識したわけじゃないけど、会社見学に来た若い子にガンダム若者のものじゃないと言われてショックで、若者に見てもらえるよう意識した」みたいなことが書いてあって、特別ジェンダーなんや意識してないのに若者が見ることを意識して作品をつくったらジェンダー問題意識しているように見える作品になってるのはすごく不思議面白いなと思った。

見ていてやっぱミオリネをトロフィーワイフ扱いしたり同性婚とか家族関係にかなり踏み込んでいる印象があるんだよな。

「花婿」「花嫁」という旧来的な言葉を使いながらも(たぶんそこを問い直す意味でもあえてやってるんだろうけど)、ここまでしっかり踏み込んで描いていると、むしろ今後やっぱミオリネとスレッタは結婚しませ~んってやるのはすごく不誠実なのでは、と思うし、そうでなくともかなり2人に感情移入してしまっているのでスレミオを結婚させてくれないと俺が泣いてしまう。

前にも書いた気がするけど富野監督結構女性の描き方について踏み込んでいる印象を持っていて、いろんな女性像を描いてたけどあくま主人公もメインターゲットも少年作品というのもあって男社会に抗ったりやりきれない状態女性エマ中尉とレコアさんとか)なんかは描いていても最近よく聞くシスターフッド的な女性同士の連帯関係まではなかったんじゃないかと思う。∀のキエルお嬢様ディアナさんは近いかもしれん。(富野作品すべてを見ていないのでもしあるんだったらすまない、教えて欲しい)

水星魔女富野作品じゃないけど日和らず突き抜けてほしいし、新しいことやってほしいなあと思う。

アムロにとってのホワイトベースとか、ジュドーガンダムチームの仲間とか、いま見てる途中だけどVガンダムのウッソとシャクティとか、疑似家族的な拠り所であったり、血の繋がりはないけど家族と同じように大切な関係っていうのを、これまでの作品でも描いてきているから、株式会社ガンダムの仲間がミオリネとスレッタにとって1つの場所になったり、最近言葉だとchosen familyになっていったら良いなと思う。なんならダーティペアみたいになってもおもしろいと思う。

ミオリネがスレッタに「ずっとそばにいて」と伝えたみたいに、女の子同士は百合とかでなくても現実女性同士もだけど、互いに「大好きだ」とか「大切だ」とかを伝え合う傾向があると思う。

ボブ…いやグエルとシャディクとか男同士も互いにふざけたり冗談ぽくとかでなく、大切に思っているとか、大好きな仲間だとかそういうことを伝え会える関係が描かれると良いなあと思う。

男同士はそういうこと言うとすぐにホモネタ(あえて侮蔑語を使ってる)扱いだし、どんなに信頼できる大切な友人だと思ってても「好き」とかは言えないからな。

職場で昨日も「◯◯さんのそういうとこすごい、もう大好き〜」って言ってる女性がいて、改めて思った。「好き」を伝えるハードルが低いと互いを思いやりやすい。

.

ここからオタク自分語りという一番恥ずかしくて気持ち悪いやつだから無視してくれて良い。

ここ数年、仕事関係で様々な理由で困難な状況にある子どもたちに間接的に(たまに直接的に)支援する業務にかかわることがあって、

そのせいか、つい俺は10代のアムロとかカミーユとか見て悲しくなったり誰か守ってやる大人はいなかったのかと思ってしまう。

実際にそういう子どもたちがいるという事実とか抱えている事情にふれるだけで結構悲しくなってしまものなんだよな。ニュースとかで見聞きするのとまた違うというか。

悲しい気持ちになることもあれば、酸素欠乏症のテム・レイのごとく自分がひどい状態であることすら理解できない子もいて、支援を突っぱねたり自暴自棄なケースもあり、

そういう場合にはしんどい中で頑張ってる子もいるのに拗ねやがって、とか自己責任論とかが頭をよぎってしまうこともある。

もともと保育とか児童心理とかケアとかジェンダー論とかそういうのを勉強したこともなかったから、ここ数年は直接関わらなくとも業務必要となることもあるので

仕事で関わる専門家的な人の話を聞いたり本を読んだりしながら、自分の中の差別心に気づいたり、それを言い訳しようとしたりとか自分の中のバックラッシュ?みたいなものと戦い、

行きつ戻りつしながら、めちゃくちゃ綺麗事で恥ずかしいけど1人でも多くの子どもが幸せになってほしいって思っているし、

マイノリティ性のある子どもたちとか、困難な状況の子もの支援をしている人は本当にすごいと思う、尊敬する。とてつもなく辛くて大変なことなんだよほんと。

そういう中でガンダムにハマって見てたらなんかもう「親父に殴られたことのない甘ったれアムロ」とか「すぐ大人に噛みついて口答えするカミーユ」とか「自惚れ増長クソガキのシン」みたいには単純に見れないんだよな。

どんなに辛かっただろうとか考えてしまって。

ちょっとだけいいパパっぽさ出しただけで「愛情のすれ違いなだけで実は良いパパ」みたいな印象になりつつあるデリングのことも愛があっても子どもに伝わらなきゃ意味ないだろ!!子どもの心が傷ついてたらダメだろうが馬鹿野郎!って思ってしまうし。

早い話がめんどくさいオタクになってしまった。

でもこういう目線で見れるようになったことで富野監督作品ガンダムの今まで気づけなかった面白さにも気づけたと思うのでまたガンダムシリーズを見たら感想を書きたいと思う。

ウクライナ侵攻には本当にガッカリだよ

戦争にしては学校のセンセが言ってたのと全然違うじゃん

もうちょっと大量虐殺とか餓死とか絨毯爆撃とか核兵器とか、ガチで誰の目にも明らかにヤバいイベントねえのかよ

穀物輸送するだの一時停戦するだの戦車送るだの送らないだの、敵も味方もやってることはしょうもないプロパガンダと腹の探り合いばっかり

戦争が一度始まったらもう何もかも終わりなんです」みたいなツラしてやがったのに、現実はあまりにも地味

結局平時と大して変わらない政治外交やってるだけじゃねえか

女子供がどんだけ悲惨なのかと思ってたら、あいつらサクッと国外逃げちゃうしさあ

言っちゃ悪いけど騙された気分だわ

まあこの調子で続いたら戦争があるのが日常になって、そっちの方が怖いのかもしれないけどさ

じゃあ最初からそう言えっつうの

経済成長を目指さず身の丈にあった暮らしをしよう」「平等に貧しくなっていこう」

一昔前は左派文化人がこのようなことを言って右派が反発、嘲笑してたもんだけど実際に日本がそういう方向に進んでる現実を前にして

右派が「バブルの乱痴気騒ぎより身の丈に合った暮らしが出来てる今の方がいい!」「日本ダメポルノはやめろ!」とか言い出してるの悲しいね

https://togetter.com/li/2061250

日本は. 将来何で稼ぎ、何で雇用していくのか

昔の資料だが、産業構造ビジョン2010


国民の皆様の暮らし生活の「閉塞感」は何ら改善していない、むしろ、将来に向けて、新たな光が見えない、というのが実感ではないでしょうか。


私は、この背景に、「日本は将来何で稼ぎ、何で雇用していくのか」が見えていない、ということがあるように思います


これまで、「日本は高度なものづくりでやっていけるんだ」「いやいや、ものづくりは古い。金融ITで食べていくんだ」

「これから内需だ」「いやいや、これからは、成長するアジア市場に出て行くんだ」

「それじゃ、企業はみんな海外にいってしまうんじゃないか」と、様々な議論がでています

これに併せて、根拠のない日本礼賛論、何も生み出さな悲観論実態から乖離した観念論が飛びかっています


どれも、真実の一面をとらえているのでしょうが日本産業の将来像を示しているとは言えません。


全体として、日本産業の将来像を示し、それに向かって行動を起こさない限り、国民の皆様の閉塞感は払拭できないと思います

そこで、今回の「産業構造ビジョン2010」では、徹底して、日本産業課題と、世界の動きを分析しました。

そこで明らかになったのは、世界企業市場の新たな動きに取り残された、日本の官民の「行き詰まり」の現状です。

この行き詰まりを打開するためには、現状分析立脚して、政府民間を通じて、発想の転換を行う必要があります


徹底した現状分析から、混乱した議論に対して、いくつかの「神話真実」が見いだせます


例えば、日本は過剰貯蓄だから消費の比率を拡大しないといけない、という議論を良く耳にします。

しかし、最近では、日本家計の貯蓄率は、既に米国を下回り、先進国の最低水準となっています

所得を増やさないで、消費を拡大するのは持続可能ではありません。


しかしながら、賃金の水準を見ると、2000年代戦後最長の景気拡大期においても、賃金の上昇は見られません。

企業がもうけすぎているから、企業負担させて消費者に再分配すべきだ、という議論があります

しかし、国際的に見ると、労働分配率先進国で最高水準だというデータもあります


いずれの事実も、「単なる再分配ではなく、全体のパイを増やし、それを所得の拡大につなげていく、という好循環を作り出さなければならない」ということを示しています


近年、日本産業は、付加価値拡大の多くを、自動車等の特定グローバル製造業依存してきたのは事実です。

しかしながら、実は日本の輸出比率国際的には低い水準にあります。これは、特定企業以外の多くの企業は、世界の成長市場と直接つながっていないことを示しています

グローバル製造業に極度に成長を依存している日本ドイツは、労働生産性が大きく改善しても、賃金水準はこの20年間殆ど向上していません。

これは、特定グローバル製造業依存した成長モデルは、新興国との賃金競争に直面して、なかなか賃金があがらないことを示唆しています


日本全体の付加価値をあげていくためには、特定グローバル製造業以外の産業が、成長市場につながっていく必要があります

まり産業構造のものの変革が必要なのです。


日本企業については、「日本ハイテク技術世界一。だから日本企業は強い」という議論があります

しかし、液晶でも、DVDでも、日本企業世界を席巻していたのは最初の数年だけで、世界市場が急拡大するとともに、日本企業世界シェアは急激に低下していっています

企業利益率で見ても、多くの業種で、日本企業は、同業種の世界企業と比べて、半分以下の利益率になっています


こうした事実は、特定企業や、特定製品問題というよりもむしろ日本産業共通したビジネスモデルが、世界から取り残されていることを示唆しています

グローバル化については、見方が分かれています。「グローバル化は国内雇用空洞化を招く」という議論があります。「だから外需ではなく内需依存に転換するべきだ」という議論もあります

かに保育園待機児童問題など、国民需要供給サイドが追いついていない、潜在的内需拡大分野は、たくさんあります


内需拡大は極めて重要です。

しかしながら、市場全体で見ると、市場拡大は、少子高齢化が進む我が国や他の先進国から新興国に移行するのは明白です。

成長市場から身を隠して、持続的に成長するのは困難です。

日本が衰退しないためには、むしろグローバル化を積極的に進めるしかありません。

しかし、国内立地の国際競争力の低下をそのまま放置してグローバル化だけ進めれば、国内から雇用付加価値も失われてしまます


最近アンケート調査によると、この数年で、アジアの中での日本に立地する魅力、すなわち立地競争力は、急激に低下しています

実際に、日本企業外国企業も、日本国内拠点を他のアジア諸国に移転する例が、次々と出始めています


この、いわゆる「空洞化」を回避するためには、グローバル化を止めるのではなく、税制も、空港港湾等の社会基盤も、国際的に魅力あるものにすることにより、付加価値雇用を生む拠点国内に引きつけていかなければなりません。


また、人材グローバル化はきわめて重要課題です。

教育制度など引き続き政府全体で検討すべき課題もあります

しかし、グローバル化は待ったなしです。

人材も、グローバル市場で戦える即戦力の高度人材を一人でも多く育成し、あるいは呼び込まなくてはなりません。

さらに、グローバル化を進める一環として、日本付加価値や良質な雇用を生んでくれる外国企業は、積極的に呼び込んでいかなくてはならないのです。


企業を補助するのか、労働者支援するのか」「外国企業支援していいのか」という国内の内向きの配分論ではないのです。


グローバル化に直面して、各国政府は、国内付加価値と良質な雇用を獲得するために、熾烈な競争を行っているのです。

日本けが内向きの議論に終始していては、衰退するしかないのです。


厳しい現実直視した上で、なお、日本産業には新たなチャンスがあることを忘れてはなりません。

環境エネルギー制約や少子高齢化は、日本世界各国に比べて極めて厳しい挑戦を強いられる社会課題です。

しかし、日本技術を活かして、世界に先駆けて課題解決ビジネスモデルを示せれば、むしろ新たな国際競争力の源泉になります

こうした数々の「転換」を実現するためには、政府はもちろんのこと、企業産業、そこで働く方々、各々が変革に向けた行動を起こさなくてはなりません。


そして、官と民の関係も、世界の動きや、社会課題解決要請を踏まえて、新たな関係を構築していく必要があります

産業構造ビジョン2010」は、その具体的な処方箋を示したものです。


雇用を生み出すのは企業であり、産業です。雇用の質を高めるには、企業産業競争力を高めることが必要です。

その先に質の高い雇用賃金の上昇、消費の拡大という好循環が見えてきます。単に企業利益を上げさせるために、ビジョン提示し、政策を打つのではありません。

その先にある、「国民の皆様一人一人が豊かさを実感する」という目的に向かって、閉塞感に満ちている現状と課題をしっかりと受け止め、官と民双方の、今後のあるべき姿と処方箋を、我が国全体で共有することが必要です。

anond:20230127011045

俺がその彼女なら望むし

ショック受けてないと思うし

法律の不備で罪には問えないし

何もかも現実捉えてないよ

2023-01-26

キスマイ横尾くんの結婚に寄せて

リアコじゃなくても何故アイドル結婚したらモヤっとするのか?自分なりの結論が出たので、書きとめておく。

これは私のオタクスタンスに基づく考えなので、すべての人がこれにあてはまるわけではないと思うが、「なんで素直に結婚を祝うことができないの?自分推し結婚できるわけでもないのにw」というお決まりフレーズに対する答えの一つとなれば。

まず、私が信じている「オタク演者関係性」について述べたいと思う。

アイドル含む演者すなわちステージに立つ人間にとってのいちばんプリミティブな欲求は「見られたい」「愛されたい」だと思う。そして、それを満たしてあげる(敢えてこういう言い方をしますが)ことができるのは、ファンだ。

パフォーマンスを通して「見られたい」「愛されたい」というメッセージ放出する演者に対し、ファンはそれを受け取って、推しを見つめる視線拍手や歓声という形で応える。時よっては熱い想いを送るファン演者ファンサという形でさらに想いを返してくれることもある。こういう幸せ愛情の交換が現場では成り立っていると思っている。

アイドルアイドルでいる限り、オタクは「身の丈に合った相手を好きにならなきゃいけない」とか「重すぎたら嫌われるかも」といった現実人間関係における制約をすっ飛ばし無限愛情を向けることができ、アイドルオタクから注がれる膨大な愛情を受け止めてくれる。

愛情を受け止めてくれる(無視や拒絶をしない)こともまた愛なので、「受け止めてくれた」と感じられることによって、オタクアイドルからの愛を受け取っている。(これはファンサや直接的な「ありがとう」言葉に限らず、「愛してもよい存在」としてそこにいてくれること自体アイドルからファンへの愛だと思う。)

これはオタクをすること以外では得られない関係性だし、おそらく演者にとっても同じく、ファンとの間でしか成立しない関係性だろう。私は、それが自分にとって最も尊い「愛」の形だと信じている。

(実際には推しに干されることもあれば、えげつない集金やクソみたいな運営に振り回されることもあり、綺麗事だけではない部分もあるが、この幻想を信じられるからこそ綺麗でない部分も飲み込むことができる。と私は思っている)

先ほどから「信じている」という言葉を何度も書いているが、この関係性は概念であり一種のロールプレイであり、言ってしまえば「幻想である

アイドルオタクの間にこのような関係性が存在することをオタクが信じ、アイドルが信じさせて続けてくれることでこの「幻想」は成立している。

しかし、演者結婚は、これが唯一絶対の「愛」の形ではなく、さまざまな「愛」の形の一つであり、相対的ものしかないことを嫌が応にも突き付けてくる。

私の愛する貴方ステージの上でしか生きられない人間なのだと、ステージ上と客席で想いを交わし合うことで史上の愛を感じている人間なのだと信じたいが、実際にはそうではなかった。

それが明確にわかってしまうと、途端に自分の信じていたもの陳腐に見えてしまう。

芸能人の熱愛や結婚が発覚したときによく「ディズニーランドミッキー着ぐるみを脱いだ」という例え方をされるが、ミッキー着ぐるみを脱ぐことはミッキーだけ問題ではなく、ディズニーランドという「場」への崩壊であると思っている。

(少なくとも私にとっては)推し結婚自分オタクをすることの決定的な終わりではなく、パフォーマンスが好きな限り推しの出演作を観に行き続けるだろう。楽しむこともできるだろう。

でも、「ステージ上と客席で想いを交わし合うことが、私にとっても推しにとっても史上で唯一絶対の愛の形」という幸せ共犯関係のような幻想は失われ、二度と戻ってはこない。

結婚によって推しのすべてが損なわれるわけではないが、私がとても大切にしていて、推しとも共有できていたと信じていた一部分はポッカリ穴が空いたように失われてしまう。

私の場合はこればアイドル結婚にモヤっとする理由なのだと思う。

創作者への嫉妬コンテンツを正しく楽しめなくなった

「なんでぇ!こんなのより俺がガチった方が面白いのが出来らぁ!あぁ~~~あんときチキって就職なんてせずに、ちょっと親のスネ齧って創作者やってりゃ今頃はよぉ~~~~」

みたいな感覚に脳が支配されて、本当にただただ絶対勝てないなって思える作品以外楽しめなくなった。

その道の本当のプロ怪物、偶然が生み出したような「これなら負けたといっても『創作者になっていれば天才だった設定』の名誉もも守られる」と思える作品以外は面白さが半分ぐらい消えている気がする。

とにかくパラ見して必死に粗を探して「この程度でもプロになれるならよぉ!」しようといつも息巻いてしまう。

なんかもう面白くないことだらけだ。

音楽聞いても最初の2秒で見切りつけて50秒ぐらいの所まで飛ばし段取り無視したサビ聞いて「この程度なら聞かなくて良いねボーカルイケメンアイドル声優ってだけじゃん」と切り捨ててしまう。

ゲーム体験版で1時間ぐらいやったら「序盤だからってムービー入れすぎ。こんなPS時代みたいなセンスゲームやる価値いね」でバッサリだ。

漫画も1話で完璧に導入からオチまで決めて読み切り通用する状態じゃないと「2話目3話目まで読まなきゃ楽しませてあげないよなんて態度の奴の作品わざわざ読まねえよ」と心のなかで蹴り飛ばす。

ずいぶんと横柄な消費者様になったもんだ。

生産者になるための努力はもうずっとやってない。

理想の中の自分はとっくに日本一なのに、現実自分勉強中の素人しか無いギャップに脳がついていけない。

無理なんだなあ本当に何もかもがくだらなく見えるんだ。

中でも新人賞受賞みたいのに対してが特に辛辣になるんだよなあ。

尻に殻付いてるなりにご立派だって賞を贈られた連中に対して「なんだよベテランと比べたら全然雑魚じゃん」と見下してしまう。

消費者としてはとっくにベテランからベテラン基準新人を見下ろす。

自分入り口のずっと遠くにまだいるのに。

嫉妬なんだろうな本当に。

大学生デビューみたいなパターン特に駄目だ。

無限ケチつけまくって、小説なら40ページぐらいでクシャっと紙ひん曲げて叩きつけてから読書メーター辛辣レビューだ。

一応読んだ感を出すために最後の10ページでオチあとがきだけチェックしてから、「若者感性が分からないと思われたくない審査員達が『よく分からんけどこういのが流行りなのかも』で取らせたので賞。奥行きのないパロディが多いのが引き出しの少ない業界オタクという感じですが、そういうことを若い人にやられて喜んでいるようじゃ業界のものが駄目になると思います。なにより駄目なのが、いわゆる『ファースト特有の圧倒的な情熱とパワー』を感じさせないこと。こじんまりと小綺麗にまとめすぎていて、皮を向きすぎたキャベツじゃがいもを思わせるような小ぶりさです。読んでいて引っかかる所のないものを選ぶという減点選考評価で偶然生き残っただけに思えますね。結局の所、審査員自体が本気になって『新しい怪物を発掘してやる』という熱意がないのかも知れません。まあ新人にしては頑張ったということで☆2で勘弁しておきますベテランの新作なら☆0ですよ」みたいなことをね。

はーほんま嫉妬やね。

自分でも良く分かってるんだが、感情を上手くコントロール出来ん。

anond:20230126203356

ピーヒャラピーヒャラ笛を吹いてるような言葉を使ってるから笛民って使えやってことやで

あともうひとつはワイが現実で一回も聞いたことがない言葉を使おうとするのがだめなんや

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASR1T5S34R1RUCVL00K.html

女子理系医療系に行く。それは食いっぱぐれないから」という現実に即したブコメ

「女はバカから理系勉強なんか出来ないし将来性なんか考えてないか理系行かねーんだよ」と言う無知ミソジニー丸出しのブコメの両方があるんだが

後者って他人ブコメ一切読まないんだろうか?

anond:20230126191542

出会う人全員が相貌失認なら問題ないんじゃないかな…

現実はそうじゃないってだけで

ネットは極論が多すぎる

もうはてなも5chも卒業するので書く。

極論を言わないフラット感性人間はみんなネットをそれほど見てない。

普通の人はネット書き込みをしない。

ネットにあるのは「現実で行動も発言もできずに鬱憤を溜めてる人」の意見だ。

から自然と極論が多くなる。

フェミニスト弱者男性子供部屋おじさんもみんなネットだけの話題である

 

本当の世界もっとしかった。

みんなありのまま自分と向き合ってくれたし、タグ付けされたようなヘイト他人判断しない。

自分はそれに気づいたのでもう卒業する。

あばよ。

ボクシングジムに通ってるけど覚醒って本当にねぇんだな

アニメとか漫画だとバンバンでてくるけど現実はそんなことねぇっつーね

anond:20230126161706

https://puyolog.com/emigration-staff/

面と向かって「お前が勝手に好きで来たんだろ」とか「好きな事やって金貰えてるだけでありがたいだろ」とか言われた

仕事雑用ばかりで、基本放置いつまでも地元の人からよそ者扱い」される

人が住めないレベルのひどい家に住まわされた

タダ働きのボランティア扱い。休日関係なく呼び出しがある

代休無し、残業しまくり。

「ここに3年居たいなら余計なことをするな」と言われた

家賃払ってやってるんだから感謝しろと言われた…

市民との交流禁止ルールがあり、地域おこし意味が無い

地域おこし協力隊として地域のために貢献しようと志願したのに、理想とはかけ離れた悲惨な3年間を過ごし、泣く泣く都会に帰る…。

これが現実やで。

anond:20230126104810

【ここまで違う男女の反応】ネットで知り合った美男美女。会ってみたら太ってた・・・

https://tabi-labo.com/49198/fattinderdate

ほとんどの男性が期待と現実の違いにショックを受け、中には怒りながら帰る人、トイレに行くと嘘をついて2度と戻ってこない人も・・・。見た目の違いに驚きながらも、彼女との会話を楽しみながら居続けた人は、たったの1人だった。

>次は女性の反応。もしもネットで知り合ったイケメンが、写真と違ってすごく太っていたら・・・

男性の時の反応とは違う。彼女達も最初こそその見た目に驚いたものの、彼の性格の良さが分かると、指相撲をしたり、次に会う約束をしたり、中にはキスをした人までいた。

男は若さ重視でもあるよね。女は自分の年齢に近い男性を好むが男は自分の年齢に関わらず若い女を好むってデータある

他人否定されると終わり感がすごい

ネットでも現実でもどこでもだけど、他人否定されるとこの世の終わり感がすごい。ずっと頭ン中がモヤモヤしてる。

常に俺の事考えてる訳じゃないのに好き放題言いやがって、俺の何が判んの?俺の何を知ってるの?何も知らない奴に否定されるとイライラが凄い。まじでインターネット向いてない。違うな、この世に向いてない

anond:20230126144237

ネット上の人格」ではなく現実存在する人格に紐付けられた別名という解釈では

作家ペンネームを挙げて誹謗中傷するのが本人への誹謗中傷とみなされるのと同じで

ハンドルネーム適用されるのは、それはそう

社会科学限界

研究成果の観点から学問特性

 

出典:文部科学省 人文学及び社会科学特性について

anond:20230126124544

弱い立場起業地獄への片道切符挙句の果てには、足元見られて安い金で詐欺片棒を担ぐ羽目になる。

その現実を見ずに「自分のあった場所」みたいな夢物語を言うということは、やっぱり真正起業コンサルか、エサが欲しいだけの糞野郎か。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん