「現実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実とは

2017-06-30

https://anond.hatelabo.jp/20170630003401

そういうのって弱者に対する配慮で健常者側が率先して作ったんじゃなくて身体障碍者が主張して勝ち取って来たもの

ぜんぜん配慮がないし弱そうな奴を見ると嫌がらせする健常者が日本多数派から喧しいぐらい強固に主張する背景があるんだろ

その現実無視して理想社会みたいな机上の空論で語るなよ

リベラル経済成長諦めろとか言っちゃいかんでしょ

なぜかというと人の自由を認めるのもタダではできんから

自由を今以上に広げるためには、その原資を増やさないとどうにもならない

保育園作るにもシングルマザー支援とやらをやるにも、とにかく金がかかる

なのに経済成長諦めちゃったら、すでにあるとこから持ってくるしかなくなるだろう

フェミニズムもこの罠にハマってる気がする、コストは男に払ってもらうという考えしかない)

そうなるとどんな理屈ももはや山賊思想、単なる略奪の大義名分しかならない

これまでが既得権益だったとか言うんじゃねえぞ、それじゃポピュリズムと何が違うんだよ

保守はこの点セコくて、うるせえ知るか今あるもの我慢しろ、と割と堂々と言える

でもリベラルがそれを言えるか?

そりゃ現実問題景気が悪くなったら言うしかないが、できるできないは別として諦めたらダメだろ

2017-06-29

活動家エネルギーはすごいって話と、いすみ社長記事への賛同者へ

件の木島さん・バニラエアのことについて

まりにも彼のことを「テロリストだ」「迷惑をかけるな」「バニラエアがかわいそう」という記事やそれに賛同するコメントが人気を博しているので

それがいか理性的でない判断をしているかを示す記事を書こうとおもったのだけど、途中で諦めてしまった。

書いている途中にエネルギーが切れてしまったのだ。

切れてしまった理由はいくつかある(はてな匿名ダイアリー表現結構貧弱で文章構造を整理した表現がしにくいのも1つだ、はてな記法は全部対応してくれ頼む)が、まあエネルギーがなくなってしまったのだ。

かたや匿名記事を書き上げることすらできず、一方で木島さんは現実に影響をあたえるような行動をとっている

本当に活動家の人たちのエネルギーはすごい

とりあえず、このクソみたいな文章ブックマークもつかずコメントもつかずただ流れていくだけなのだろうけど最後ちょっとだけ言いたいことを書きなぐって終わりにしたい

バニラエアサービスを削って安くしているのだから障害者に対して安全に登場させる道具・器具がなくても、それが法令違反だとしてもしょうがない、大多数の健常者が安く移動するには仕方ない」

という人は、「ブラック企業サービス残業させて商品を安く提供しているのは、それが法令違反だとしてもしょうがない、大多数の消費者が安く購入するには仕方ない」のだろうか

木島車椅子人間事前連絡しろというルールがあるのにそれを破って乗ろうとした。テロリストだ」という人は「黒人の乗車禁止というルールがあり、肌の色で判別したいので事前連絡要求したが無視してのってきた黒人がいた。そのせいでバス運転手と揉めてバスの発車時刻が遅れた。テロリストだ」というのだろうか

https://anond.hatelabo.jp/20170629214514

現実問題JRは当日その場でOKなわけ

航空券は乗る前に事前に予約するわけでどっちみち事前に連絡する

https://anond.hatelabo.jp/20170629203359

「できません」が許されるべきではないってこと。

分かってねーなー。一方的に「許されるべきではない!」と言っても、現実は何も解決しないでしょ?法律って正義棍棒じゃないし、差別解消法は刑法ではないか罰則規定もないでしょ?

許されるべきではないと定義する、そして法律に示されている指針に基づいてお互い努力しましょうねというのが差別解消法の本意だよ。怒られるための法律ではないんだ。あなた法律のこと、全然、全くわかってない。マジでちゃんと勉強して。ホントお願い。

権利」を謳う人間はなぜあそこまで意地汚く見えてしまうのか

今回ここで、「権利概念が放ってしま暴力性の起源について一人考えてみる

人権」の普及 ーアメリカ独立宣言



1週間もすれば3億人近いトンチンカンたちがまた祝うことになる、近代社会の幕開け=アメリカ独立宣言に遡ってみよう。250年くらい前のことだ。後にアメリカ人と呼ばれる極西の田舎者黒人奴隷を足置きにしながらヨーロッパ政治哲学を読みふけっていた。そして、英国議会に「植民地のくせに生意気だぞ」と言われてしまったあの時、彼らのイギリスコンプは爆発し独立宣言してしまう。この独立戦争とその後の歴史で彼らは「国家」を生み出しその中で「所有権」というもの不可侵性を「人権」として僭称したのだった。それまでもこの考え方は常にヤバい匂いを発してきたが「独立宣言」こそが全人類脳みそ侵入し始めるウイルスになった。彼らはこう言う。「君たち、実はな、人間は生まれながらにして権利というものを持っていたのだよ」「君たち、これは自明の真理だよ」。誠に蒙が開かれるようである。実際に驚くほどたくさんの人が啓蒙されることになる。

ところで、ここで彼らが行なった欺瞞としてまずよく言われるのは足置きにしている「黒人奴隷」についてである。つまり黒人奴隷人間の方にではなく所有物propertyの方に組み込まれしまったことである。ところが、今回に限ってはそこは重要ではないと私は言いたいのだ。というよりも黒人奴隷境遇があまりに深刻な問題であるから真の問題が後景化し見えなくなってしまっている。この深刻な問題をみたとき、我々、権利至上主義者の常識的感覚からいって、100年後、200年後に黒人へ与えられたように、人間権利、あるいは公民権解決すべき(解決した)問題だと思わされてしまう。

でもこれは糞の上に城を立てただけなのだ私たちの暮らす城の中はクソの匂いが充満している。「権利」などという考え方が、奴隷制的な、暴力的支配への渇望に支えられている。私たちはクソがあるなと思ったら「あっクソだ」と言わねばならない。「あれ?この部屋なんか、うんこ匂いしない?」は常に言いづらいセリフではあるが。


 人権を「持つ」とは ー「所有」についての2つの感覚




まりどういうことか。権利を「持っている」、という発想自体にその欺瞞が現れている、と言いたいのだ。一般におそらくは「所有権を持つ」という表現すらあまり違和感をもたれないのである独立宣言の下敷きになったヴァージニアで行なわれた会議草案にもその矛盾を観れるかもしれない

That all men are by nature equally free and independent and have certain inherent rights, of which, when they enter into a state of society, they cannot, by any compact, deprive or divest their posterity; namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety.

この2つ目の下線部は独立宣言では省かれるのだが「所有権を持つ」という循環した考え方を恐れたから、ではなく国家による税金徴収を困難にするという理由であった。

何が言いたいかといえば、奴隷武器砂糖三角貿易が成立して以降のヨーロッパ社会では、「権利」が「持つ」ものとして想定されねばならなかったのである。それは単純には、ある種の人々から「奪う」こと(あるいは「捨てる」こと)のできるものでなくてはならなかったからだ。つまり所有権」が守るベーシック価値は「権利概念誕生の後に、「どんな種類の権利を作ろうかなー」と考えられて作られたものではなく同時に発生しているのである。そしてそのことは隠れたのだ。独立宣言に「自明真実ではあるのだが我らは不可侵権利を持っているのだと信じる」としれっと書き込むことで。じゃあ所有の意味を含む「権利概念が発生した時に生まれていたものは何か。ここが今回の主張であるが、「支配欲求自体への承認」なのである社会の一員として我々は「ある種の激烈な支配の形」を基盤にすることで社会を成立させている。それは「所有権」だけでなく「権利全般の話である

propertyに対しては当然そうだろう。犬猫などは黒人同様に解放が進みつつあるが根本的に我々は自分の所有する物をどれだけ傷つけても良いのである対象物に対して欲求したことは特別禁止されない限り全てぶつけることを許されている。私は自分の持っている熊の人形の腹を切り裂いてもいいしそこにペニスを突っ込んでも良い。それが所有権意味するところである。ここで、人形はなんかかわいそうだし除外しようかというのもあまり意味がない。僕が言いたいのは、我々は所有権を「propertyに対して私が欲求することならなんでもしていい力」として想像していて、思考スタート地点にそれをおいていることだ。この認識はもう一つ重要感覚を孕んでいる。それは「私が支配するもの他者が介入することは許されない」ということだ。この二つの感覚両方が「権利全般に流れ込んだのだ。そして実は我々の想像する「自由」のコアイメージでもある。自由にはこの欲望支配感覚が流れている。


 奴隷(property)の反乱 ー「権利」と「自由」に関する妥協と「身体」ー



しかしながらこの「自由」の感覚は「自由」を求める奴隷たちの反乱により一つの現実的妥協を産んだ。支配者はかつての奴隷たちと約束したのだ。我々はもはや君たちを支配しない。その代わりに我々は自分の体を支配するのだと。そして君たちもそうするのだと。人間なら誰もが己の体を支配できることにしよう。我々は平等自由じゃないか。(現実として多くの旧黒人奴隷は扱いの悪い賃金労働者として己の体を「自由」に売買した。ほぼほぼ売るだけであったが。)


上記の経路は思考実験の一つでしかなく、実際は数百年前の「権利概念議論でも既に流れていただろう。しかし、ここで誕生したのは一風変わった、世界人間に対する理解である個人他者からの介入=他者との人間的繋がりを切断できる独立した存在だという信仰なのだ。なぜなら自分の体を自由支配他者はこれに関与できないのだから。(工場で死にかけながら働く黒人労働者だって自由」に辞められると考えることはできただろう。)「権利」や「自由」というもの概念自体にこれは染みついたのだ。


奴隷製の足置きで本を読む農園主の頭の中で作られた「近代国家権利自由」は、国家軍隊というとてつもない力に囲われながら、同じ発想の知的エリート再生産し、根本思想解体は迂回しながら様々なヴァリエーションを増やしてきた。その実践形は司法行政の場から常に吐き出され、我々パンピー脳みそにも影響を及ぼしてきた。


権利概念は、「権利」とは「持つ」ものだという支配欲求肯定に支えられている、というのが基本的な今回の主張である。これが己の身体観や対人間観に影響を及ぼしてきた。実際皆が全く違和感なく自分の持つ時間労働力社長さんに売り払っている。基盤にある発想はまさに「権利」は「持つ」ものから「捨てれる(売れる)」のである。あるいは私は他人権利を「買える」のである。なぜなら私はその「権利」を「持っている」のだから。(一応断っておくが、これによって生まれる成果を否定するものではない。「支配/排除欲望」を根幹にする原理が一度は平等性/対等性 になりながらも、次の段階で一人の人間があらゆる人の時間と行動の自由支配し皆がそれに納得していることに注目したいのだ。この一人の人間も様々な人の投資で買われていてもう少し複雑だろうけれど。)

 まとめ ー「意地汚い」理由



長々書いてるのに平板な話になってるだろうか。ここに資本の燃料をぶっ込めばいくらでも非人間的な方向に暴走できるのは想像にかたくないし、読んだことないけど共産主義とかポモとかもこういう認識の型への反発からスタートしてるのでしょ。現実非人道的支配を読み取った人たちの反発からまれ社会「権」などは対抗力として機能しただろう。ただそのことに対しても言えるのは「権利」「自由」の枠組みがそのまま利用されたということだ。近代国家という装置がこの世界にセットされた1776年の7月4日あの日から人類脳みそはハックされた。今もなお屋台骨として社会を支え続けている我らが人権万歳自由万歳国家万歳


いま苦しんでいるマイノリティも、「支配欲望」の匂い漂う「権利自由概念を使って「国家よ行動しろ」と闘争せねばならない。あるいは彼らがそうでない社会活動を試みていても(例えば、他者との網の目を強化したり、国家ではなくコミュニティや人々の意識を変えるために動いていたとしても)、そのように立ち上がる姿をメディアでみた我々は、そこにまた「権利自由闘争の型を読み取っていないだろうか。「障害者が、また支配欲望を前面に出してるのか。今度は何を要求するのか。」と。そして人間の、恥を知らない無意識は、何かを奪おうとしているマイノリティを見てこう訴えてくるのではないか。我々はこいつらを「支配」し「排除」しなければならない、我々の「権利」と「自由」のために。

https://anond.hatelabo.jp/20170629193902

いや法を遵守すべきって原則否定しませんよ

でも具体的にどの程度守るべきとされているか現実問題まちまちなわけでしょう

強制力だってあるものもないものもあります

電通の女が死ななきゃ過労死がこんな騒ぎにならなかったのと同じです

そういう現実があることをまず認めないと

差別解消法にしてもまあぼんやりしてます

何が必要かつ合理的か、何がやむを得ないのかなんて、もう思い切りグレーゾーンじゃないですか

究極的には最高裁判決が確定するまではっきりしないんじゃないでしょうかね

バニラ・エア問題

もういいよ。

ここでぐだぐだ言ってたって、現実には何も反映されないんだから

いい加減、ぐだぐだと議論を書き込むのをやめろよ。

非生産的議論だってことに、みんな気づけよ。

飛行機はまだ公共交通機関としては半人前ですってハッキリ宣言したほうが良いんじゃないかなあ

電車に乗るにあたって、車椅子なんだけどって事前に連絡とってから駅に行くことって無いんだよね。

婆ちゃん車椅子でさ。

電車、少なくともJR東日本とか、あとはまあ都内だとバスもだいたい大丈夫

じゃあどんなとき電話するかって言うと、レストランの予約取るときと、タクシーに来てもらう時。

レストランも、大抵の場合は予約無しで入口で聞いて判断するけど、ファミレスとかだと別に問題ないなあ。

飛行機も当然電話して、確認取る。

なぜならば、車椅子をどうやって運ぶかが問題になるから

空港車椅子あるんだけど、万が一にでも預けた車椅子が帰ってこないと大変なことになるんだよね。

現実利用者目線としては、飛行機公共交通機関じゃないなあ。特殊な乗り物。

から、「公共交通機関としては対応は当然だけど、出来ることに限りがあるから声かけてくれ」ってのは、

単に「車椅子なんだから健常者向けに設計された乗り物載る時は、一声かけろよ」って丁寧に言ってるだけだよね。

はてなブックマーク - 車いすで飛行機に乗る時は | いすみ鉄道 社長ブログ

オレはまあ、良いんじゃないの健常者向けの乗り物として設計されてんだし、とは思う。

ただ、それには「公共交通機関じゃなく、特殊な乗り物なので」って最初に入れて欲しいなあ。

足腰不自由な婆ちゃんが死ぬほうがマシだから

健常者様の道を塞がないように窓際に座ってもらってるんですってのを、

「そういう乗り物なので公共交通機関ですけど」ってドヤ顔解説してんのを、

現実的な落とし所だね」ってしたり顔でコメントしてるブコメ見ると、まあ高齢化社会とか言われてるけど老人は迫害されてんなあと思う。

足動かなくなる怪我に合うのはまれかも知んないけど、足腰不自由にはみんななるぜ。ぽっくり死なない限り。

まあ、言うても車椅子JR乗ってて嫌な思いしなくなったのも、最近かもしれないからなんとも言えないけどね。

今もベビーカー迫害されてるし。

個人的には、飛行機が健常者向けに設計されてるのが間違ってると思うんだがなあ。

車椅子のジジババとかいっぱいおるで。

お願いするのも悪いしっつって表に出なくなった爺さん婆さんとか、みんな知らないだけでいっぱいおるんやで。

車椅子タクシーが出来たからお買い物に行きやすくなって嬉しいみたいなコメントを、もっと真剣に考えるべきなのでは。

半人前の健常者向けの交通機関が、慇懃無礼弱者配慮をお願いするってのは、オレは醜悪な気がするけどな。

多分アレ婆ちゃん読んだら、みんなに悪いか飛行機はやめとくって言うと思うんだよね。

それが正しい社会のありようなの?そういうもんなの?

https://anond.hatelabo.jp/20170629165523

ほんの一握りの金持ちしかできないことを、ドヤッと語って目の前の現実見ない増田の方がずっと滑稽だけどね。

昨日体験したこと

昨日の仕事帰りに、駅のホームでこんな体験をした。ある駅で仕事帰りのサラリーマン学校帰りの大学生たちがカメラを構えて列車などを撮影していた。すると、線路越しの近くの駐車場にいた30代のヤンキーカップルが「わっウザイオタク!」と大きな声で言い捨てて車に乗り込んだ。この侮辱言動に対し、私はじっとうつむき、黙って耐えていた。反論の声を上げたかったはずなのに、それを我慢せざるをえなかった「空気」を見て鉄道利用者として悲しかった。この出来事は、昨今の安倍政権日本社会の徹底したオタク差別、総ヤンキーキャンペーンがもたらした結果だと思う。今の安倍政権がこのような理不尽的な現実も生んでいるのだということを日本人認識してもらいたい。

https://anond.hatelabo.jp/20170629142256

本当はそうなんだろうと、私も思うけどね。

現実を見ると、社会運動家では飯は食えなくて、扇動家になった方が美味しいごはんが食べられたりするんだろうなと邪推したりもするね

実際に公共施設バリアフリーにするには金も時間もかかるのは、バカじゃなきゃ分かるだろうし、本当に社会改良がしたいのなら、それぞれの公共施設バリアフリー設備の整備計画ぐらい調べておけよとも思ったりするし。

個人的には、点で活動しようとしがちな人は「扇動家」だと思うし、ベクトルを描こうという意思を感じる人は応援したりはしているけれど。

今のところ、木島氏も乙武氏に対しても、彼らの主張や活動応援したいとは積極的には思えないんだよね。「点」にどれだけリソースを割いても社会にとっての意味があるようには思えなくて。

https://anond.hatelabo.jp/20170629140956

元増田です。

問題提起にはなったけど、少々過激扇動的過ぎるから社会活動家ってうさんくさいって思う人もいるってことなんだね。

現実に今起きている齟齬に対し、より良い未来に進んでいけそうなベクトルの一点を見出そう」

こういう風になるのが一番なんだけどね。

https://anond.hatelabo.jp/20170629133017

準備が整う間は乗れないか我慢しろっていうのが、自分達には行きたい時に行けないのか?という憤りになってしまったのだろうか。

善意に取ればそう取れるけど、当該の彼の他の言動を見てると、「プロ」なんだろうね、と考える方が現実的かな。

プロ」というのは当たり屋ということではなく、社会運動家として活動しているという意味で。

一方で、当該の木島氏も乙武記事もそうだが、「現実に今起きている齟齬に対し、より良い未来に進んでいけそうなベクトルの一点を見出そう」という態度ではないからなぁ。

社会運動家としては、今の方法ではB級しかないよなと思う。理想を言うだけパフォーマンスするだけってホント簡単なんだ。社会運動家というよりも扇動家に近い結果になってしまっているしね。

個人的理想としているのは、社会運動家の働きによって社会改良が実現することなんだけど、アジテーションパフォーマンスではそれは無理だと思うよ。

情弱ごちw 貧テックが勃興する日本新興市場

日本IT業界()では、いつも貧テック話題

『貧テック』、実にうまく言い当ててる言葉だ。

 

もし今話題CASHが、仮説どおりか、多少悪くても利益が出るのであれば実に素晴らしい。

3.6億のうち、仮に0.5%でも利益が出るなら1日で180万円。年間で6.5億。

上場余裕です、CMなど打ち上げ東芝より有望銘柄として東証一部を目指しましょう。

わずか0.5%でもこれ。

もっと高い利益率を想定してるはずで、実現したらド級案件

まあ毎日3億円を貸付できるかという話になるが、儲かるとわかればお金の出し手はいくらでもいて、その人達が「○テック」とか「CtoC」「ABC」「CCB」とか適当な英字や3文字を当てはめて綺麗にしてくれます

CASH収益には2パターンあり、一つが2ヶ月で15%固定という高利貸し

もう一つが質草の転売で、これもボロ儲けできるという皮算用

実はうっかりこの記事でこんなことを言っている。

【インタビュー】「モノを瞬時に現金化」新サービスCASHの仕組みは?光本代表に聞く

市場価格の3割で買取転売によって6割ぐらいの収益

まり、おそらくはどこかのサービスヤフオクメルカリ等)をクロールし、商品名から価格自動算出していると思われる。だから審査が一瞬で終わる。

どちらにしても身内では「情弱ビジネスぼろいw」と盛り上がったのだろう。

しかし実際には、まともに回収できないのではないだろうか?

そうした場合、どういう対応を取るのか。

情弱から巻き上げられたら自分たち収益」にする予定だったのなら、実際には「自分たち情弱だった、結果お金を失う展開」になったらそれを受け止めなければフェアではない。

おそらくはサービス化の前に、こんな会話をしていたのではないだろうか?

「やっぱC向けEC儲かるよなぁ」

「こっちで買って、こっちで売るだけで儲かるじゃん」

 

 

「話かわるけどリボ払いって知ってる? あれ、おいしいらしいよ」

「え、あんなの損なだけじゃん」

「ところが、情弱は先にお金が入れば喜ぶw zozoもやってた」

 

 

「やっぱ、ジョブズは神だわ」

メルカリUIが良いよな」

サービス作るなら徹底的にシンプルに」

「何なら写真取ったら即現金にしちゃおうw」

そうして出来上がったサービスに見える。

もちろん、貸し倒れウソ情報が含まれる事は想定済み。

けど、日本であればその割合許容範囲で、強く押せば何とかなる回収率と見込んだのだろう。

それよりも何よりも、朝三暮四世界で目先のお金しか考えられない情弱から巻き上げることが実に美味しく、仕組みさえあれば不正を上回る儲けが出ると見込んだサービスだ。

法律専門家相談してると言ってるが...

法律的にも、(専門家ではないから何も言えないが)アウトではないだろうか?

マイクロレンディングサービスと貸金関連法規

また、公開当初は自社ページに「森・濱田松本法律事務所」が顧問弁護士事務所とはっきり書かれていた。

一瞬でアイテムを現金化「CASH」、使えないiPhoneが2万円など査定に疑問も

この弁護士事務所は超大手である。それが何故か今は消えている。

仮に法的にすり抜けられるとしても、このビジネスITを使って「情弱から巻き上げた金」を収益とし、それを「不正ユーザー」と「運営」で分配するモデル。まさに貧テックだ。

利益が出たとしても、これは良いサービスなのか?

儲かればオレの物、儲からなかったらユーザが悪い

さらに、問題となるのは利益が出なかった場合

そしてこれから2ヶ月、この問題に直面すると思われる。

なぜなら、実際に質草として確保した出品が、想定通りに回収と売却ができると思えないからだ。

ネットを見る限り、100均などで買ったもので1万円とか手にしている人もいる。

また出品者からしてみたら、2ヶ月後には送らないといけないので、その間に使い倒すか、他に安いのを見つけてそっちを送るなどを考えるのは自然だ。

もちろん、そもそも質草を回収できないケースも少なくないだろう。

しろこれは情弱相手ビジネスモデル

情弱」というのは自分が損する取引なのに、それに気づかないユーザだ。

情弱ビジネス(貧テック)はそこを狙い撃ちする。

だがサービス初日殺到するユーザは、むしろ情強ユーザの方だろう。悪意は無くとも「自分が損する取引積極的に行う」とは考えにくい。

まり情弱からお金を取ろうとしたら、自分たちが「法律弱」「C向けサービス弱」だったわけだ。

テックが失敗したら、ユーザ責任

2ヶ月後に回収できないとわかった場合運営側はこう考えるはずだ。

けが出る品物を送ってくれたユーザには、何も言わずありがたく品物を頂き、売りさばく。

一方で、ゴミウソ情報商品を送ったユーザからは、なんとしても回収する。犯罪者に近い扱いだろう。

しかし、それはどうなのだ

元々、自分たち情弱から巻き上げようとした。

それができなかったと気づいた時に、相変わらず情弱からは巻き上げる。巻き上げられなかったユーザ犯罪者として強硬姿勢を取る。

そんな展開になるのか?

情弱から巻き上げられたら自分たち収益」にする予定だったのなら、「自分たち情弱お金を失う展開」になったらそれを受け止めなければフェアではない。

テック業界はみんな仲良し

こうした事を書くと必ず情弱相手に儲けている経営者からはこんな声が出てくる。

https://newspicks.com/news/2334437/

おそらく創業者の周りにもこうした意見が集まっていると思われる。

しかし、そんなことはない。

こんなのが起業として賞賛される方が、むしろ起業創業胡散臭いと思われるだけだ。

「この事業モデルおかしいのではないか?」と指摘できることの方が、よほどまともな企業生まれる。

確かに厳しい指摘だし、ぬるま湯に比べれば心地よく無いが、だからこそ鍛えられて良いサービスが育つのは、どの世界でも同じだ。

情弱から金を巻き上げようとして、リスクを取ってうまく行かなかったのなら、その現実は受け止めるべきだ。

(うまく行ったらそれで良いのかと言えば、それはまた別の話。うまく行かなかった時、どう対応するつもりなのかという話を書いた。)

車椅子の人に100%まじりっけなしのノーマライゼーションを、というのなら、

学業不自由な人にも、100%まじりっけなしのノーマライゼーションを、と言ってもいいのだろうか。

学業不自由ではあるが東大で学びたい!と叫んでもいいのか。国立大学だぞ。

あとは顔とかさ、それから「生まれつき貧乏な家」とかも、QOLを考えたら生与のハンディキャップと言える。

もちろん、世の中が出来る限りフラットになるのが理想だと思うが

彼のデモンストレーションの「ラインを越えてる」感や「それで食ってんのか…」感を考えると、いっそアホになって

「わしゃアタマ障害があるけど東大で学ぶ権利がある、すべてのハンディキャップノーマライゼーションを!」

と叫んでも、ライン越え度合いはちょうどいいぐらいなんじゃなかろうか。

目立たない障碍や、今はハンディキャップ認知されていないがQOLを著しく下げる生与のウィークポイントがある人は…

などと考えたら、格安航空会社車椅子対応って、QOLの程度差、線引き問題しかなかったりする。

全ての飛行機に乗れないということであれば別だけど。

理想を今すぐに現実にするのは難しいから程度差を埋める着地点を探そう、とは思ってなさそうだよな。

あの極端なデモンストレーションで伝わるのは「線引きの中にオレを入れろよ」という当たり屋マインドしかない。

https://anond.hatelabo.jp/20170628195349

>現実問題としては、インフレ物価が上がっても、給料がさっぱり上がらない、という最悪の状況になる可能性はかなり高い。

これは本当にそう。

現実は「給料が上がらないのに物価だけあがる」もしくは「給料ちょっと上がったけど、物価の値上げ率のほうが凄まじく実質手取りが減った」だからね。

米国とか他の先進国で量的金融緩和成功して景気が上向きになった国って、結局一般庶民実質賃金はガン下がりなんだよね。

仕事が忙しいのと、仕事が忙しくないの、どっちが辛い?

俺は忙しくない方

現実が見えて死にたくなる

金持ち下痢便シェイクでも飲んでろ

な~にが豪華列車じゃぼけ

こっちは通勤定期20000円の殺人通勤ラッシュ中央線じゃアホ

金持ちに100億投資するぐらないなら、早く増発しろゴミJR

たまの旅行も座れない東海道線に乗って、鎌倉かいう人の海に飛び込みにいくだけじゃゴミカス

まれてこの方、16年も小中高大と国公立にお世話になって勉強して、手取り20万でひいひい生きてるんだわ。

結婚?金ないからできねーよアホ。現実を見ろ日本政府

それなのに、増税増税。どんなけ俺ら貧民から金をむしり取ろうとすんの。

だったら金持ちから、金取れよ。

ハイパーインフレとか起こせば金持ちの金は吹っ飛ぶぞ。

ハイパーインフレよりも、豪華列車とかグリーン車とかファーストクラスとか、相続貯金に5000兆%ぐらい税金かけろよ。

まあ、どうせ金持ち政府を動かしてるから何もできないだろうよ。やーいやーい!大失敗のアベノミクスー!!

金持ちはどうせこの日記見て、踏ん反り返って笑ってるんだろうよ。

金を右から左に動かすだけの何も産まない空き缶拾い以下。

ゴミみたいな稼ぎで乗る豪華列車楽しいか?w

楽しいだろうなーw

地獄に落ちろ。

来世生まれ変わるならソビエト人民に生まれたかった。

では。

2017-06-28

オタクを続ける意義

小生は声優オタクというニッチファンを長年続けている。

好きな声優は何人も変わったが、老化に伴いファンを続けること、

オタクを続けることの難しさに直面している。

若い頃はただ好きでよかった。それだけで満足していた。

だが、周りが卒業して別のジャンルに逝ったり、自分よりも若いファンになってくると、

ファンを続ける意義みたいなモノと戦うようになった。

イベンターノートの上位。グッズの購入額。ラジオ採用枚数。

自己満足しかないこれらの数字自分を動かすエネルギー

『俺はすごいオタクなんだ』と自己暗示をかけて、歩かせている。

いつ歩くのを止めて、この魔法を解くのか。

解けて欲しい気持ちと、解けないで欲しい気持ち

解けた時に待っているのは、どんな現実なのか。

これがオタクを続けてる。いや……しがみついている意義だ。

https://anond.hatelabo.jp/20170628202939

リフレ論者は頭がお花畑から国債買いまくればインフレになり景気が良くなるから全部解決すると思ってたけどね。

現実は違って全然インフレにならず、日銀が買いまくってるから金利は低いながら額面は際限なく膨れ上がり、この国の経済の歪みを蓄積し続けながらいずれくる破綻の時をどんどん近づけているわけだ。

https://anond.hatelabo.jp/20170628085442

こういうの見ると十数年前に税収以上に国債発行しようが残高1000兆超えようがデフォルトハイパーインフレも起きないと言ったらお花畑扱いされたこと思い出すな

もう半分くらい日銀が買ったけど長期金利インフレ率もほぼゼロ

自称リアリスト財政再建論者って何でここまで現実と食い違い続けても自分はお花畑でないと思えるのかわからん

高校大学無償化して保育介護予算倍にしても数兆程度だから千兆の借金の伸び率が0コンマ数%上がるだけ

これで財政破綻ならとっくに破たんしとるわ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん