「ライバル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ライバルとは

2019-05-22

anond:20190522161917

夏目友人帳」がもしジャンプで連載されていたら、今頃は祓い屋の集うトーナメントで黒い友人帳を持つライバルと戦ってると思う。

夏目を引き取った藤原さんは実は昔引退した凄腕の祓い屋だったり、

修行編であやかしが見えるようになった田沼や多軌が同じチームの一員として出場していたりする。

2019-05-19

はてな匿名ブログに「うんち」と書き込むバイトしてるが

いくらなんでもブラックすぎる

ほぼ24時間勤務だし、最低時給だし、1コメ逃したら懲罰減給だし……

本質的企業体質がなってないくせにライバル企業とやり合おうとしてるのも笑える

ほんで上司愚痴言ったら「お前の代わりはいくらでもいる」だもんな

やる気失せるわこんなんよ。なんのために生きてるんだか

あーあまた仕事入った。行ってくるよ

anond:20190519132833

ベビーカーに乗っているのが女の子なら、20年後自分セックスする可能性もあるので、優しく見守ってあげたい。

逆にオスガキは未来ライバルなので厳しい目になるのは仕方ない。

な〜んて心の奥底では思っているけど、何かやらかしたらワイドショー週刊誌で「エリートサラリーマン」と呼ばれる立場なもんで、紳士的に振る舞ってるよ。

今は徒歩通勤なんで、満員電車に悩まされないのは救い。

2019-05-17

里見脩二フェミニストさん、あなたは癌です」

フェミニス子「私、家族はいません。男性差別ばかりしてきたか恋人もいません。ライバルはいても、友達もいません」

テレビ朝日 開局60周年記念 山崎豊子白い巨塔

5月22日(水)より五夜連続放送

2019-05-15

成長した推しへ、さようなら

4年前に出会った推しが、つい最近まで人生の中心だった。

朝起きてから眠りにつく瞬間まで、わたしの心の中にずっとその子がいるような感覚を常に持っていた。

推しは自制心とプライドが高い子だったから、へなへなしそうになったときは「推しに恥じないように生きなきゃ、好きでいる資格なんてない」と思うことでまっすぐに立っていられた。

推しのためならいくらでも強くなれた。実際、わたしは強かった。

推しの話をさせてもらうと、ほんとうは弱さを抱えているのにそれを誰にも見せず、誰にも負けないようにずっとずっと小さな努力人知れずできるような、真面目で地道な子だった。むりやり背筋を伸ばしているのが分かりやすくて、でもそういう必死さがかわいかった。

しかし人は変わるもので、今のその子は人気も出て実力もついて自信がみなぎっていて、まるで虹色に輝くマリオみたいに無敵モードをかもし出している。

ライバルがいても、推しの勝ちが確定してるような雰囲気で、ドキドキハハラも何もない。というか、正ライバルがいなかった。

わたしが好きだったのは、弱いあの子だったんだと気づいたのは、ステージの真ん中で仲間に囲まれてるあの子を見ても嬉しくなかったときだった。

べつに、世界一輝いてほしくなかった。

無敵になんてなってほしくなかった。

きっと、その子人格に変化はなくて、いま無敵に見えるようでもちゃん努力を続けているのだと思う。そういう子だったから。

でも、昔はもっともっと一生懸命だったんだ。必死なのが伝わってきて、振り落とされないように世界にしがみついて、頑張ってるあの子が好きだった。

生きるのが下手そうで、それでも社会の中で生きていこうとする姿が、わたし希望だった。だからわたしも、って思えてた。

の子が気負いなく笑えるようになったのが嬉しいのに、どうしてわたしを置いていったのと詰りたい気持ちが捨てられないので(お門違いの感情だとは分かっている)、今のあの子を好きでいるのをやめたいと思った。

自分以外の人間がきらいで、仲間にも心を許したりしなくて、でもご飯を食べる時はいつも幸せそうで、ステージの上ではいだってわたしに向かってぴかぴか光ってた。そんなあの子から好きだった。

今は、周りの人をちゃんと信頼して好きそうで、一緒に写真撮れるようになって、メンバーアイコンタクトができるようになった。よかった。ちゃんと居場所ができてよかった。

でもそんなあの子を見てるとたまらなくつらい。

成長した推しに比べて、4年前と何も変われなかった自分が恥ずかしいだけなので、推しは何も悪くない。

何も悪くないのに、被害妄想的な気持ちになってしまうのがほんとうにダメだと思う。

終わり方がわからなくなったので適当に終わる。

推しちゃん世界一輝いてる。わたしには眩しすぎるから森に帰ります

2019-05-13

anond:20190513134853

士業は資格とったら開業できるけど、資格とってさあ開業しろって放り出されても困るでしょ

ちがくて「(士業)事務所員になれ」っていう話

だれか士業もってる人の弟子?お手伝い?になる感じ

そんで「慣れてきたか資格いよいよとりたいんすけどどうしたらいっすかね」って相談したりしながら生きるだけ

簡単

税理士」は税務署ドロップアウトした公務員がわりと多めにいるか

それこそいきなり「資格とって」なろうとするのはやめたほうがいい士業の一つでは。

ライバルに巨星がゴロゴロいる可能性がある

でも巨星が事務所募集してるならそれはチャンスなわけで

わかるかな~ちょっと雰囲気すぎる描写でわかんないか

 

ま、「サラリーマンみたいな」サラリーマン「だけ」を目標にしなきゃいいんだよ

近所でいつも暇そうにしてるおじさんを目標にしてみたっていいんだ

自分の近所のひまそうなおじさんの正体は床屋さん兼地主さんだった。仲良くなってラインでつながったよ)

アスペって思い込みはげしいもんね、呪縛をうけやすいっつうか

スーツ着なきゃ、リクルート本よまなきゃ、みたいなの一番ガチガチにきにしそう

視野ひろげていろんな人に聞いたことを調べながらがんばれ

2019-05-12

最近、「悪役令嬢もの」にはまっている

「悪役令嬢もの」とは、ゲーム世界の中に、そのゲーム遊んだ前世記憶を持ったまま転生してしまいました、という結構よくある筋立てのうち、転生先が乙女ゲーの「悪役令嬢」でした……というもの

そして「悪役令嬢」とは、乙女ゲー女性向け恋愛趣味レーションゲーム)で主人公ライバルキャラとして恋路の行く手を阻む敵であり、最後には、それまでの悪行(いじめなど)を断罪されて追放されたり幽閉されたり殺されたりする(乙女ゲー怖っ)。

なので、破滅運命を知った主人公が、なんとか運命に立ち向かう、というのが大筋だが、なぜかこれがとても面白いお話が多くてヒット率が高い。(もっとも、これを書いているのは、多少少女漫画をかじったことがある、おっさんである

※以下、ネタバレ注意※(小説漫画化が多いが、小説版は読んでいないので、すべて未完)

公爵令嬢の嗜み(角川コミックスエース) 既刊5巻

どちらかというと、前世知識を利用して領地運用頑張ります系。社交界の嫌な感じもすごい嫌な感じでよい。

悪役令嬢の取り巻きやめようと思います (アリアンローズコミックス) 既刊1巻 分冊版あり

前世知識を利用してダイエット頑張ります日本から漏れはいけないもの漏れている。

転生先が少女漫画の白豚令嬢だった (B's-LOG COMICS)既刊1巻

黒い従弟殿萌え

勿論、慰謝料請求いたします!(モンスターコミックスf)既刊1巻

オタク暴走とどまるところを知らず。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(ZERO-SUMコミックス)既刊3巻

主人公は頑張ると漢らしくなるタイプステキ

アルバート家の令嬢は没落をご所望です (B's-LOG COMICS) 既刊1巻

漢。もう没落も覚悟の上。いちゃらぶな友人に辟易しながらも応援する漢。

悪役令嬢後宮物語 (アリアンローズコミックス) 既刊1巻 分冊版あり

やはり漢。もはや中間管理職の威厳が漂う。

自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。(レジーナCOMICS)既刊1巻

自ら王子のために没落しようとする健気ですっとこどっこいな女の子と、それを阻止するアンドロイド王子お勧め

転生王女今日も旗を叩き折る (アリアンローズコミックス) 既刊1巻 分冊版あり

糞ゲーに飛ばされてしまった!厳密には悪役ではない。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました  (角川コミックスエース) 既刊1巻

状況はかなり厳しい。特に父上。

捨てられた皇妃 (フローコミック) 既刊1巻

死に戻り系。重い。

今度は絶対邪魔しませんっ!(バーズコミックス)既刊1巻

死に戻り系は重い。このパパ君殴りたい。

悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!  (FLOS COMIC)既刊2巻

アイアンクロー。

悪役令嬢は隣国王太子に溺愛される 1 (B's-LOG COMICS) 既刊3巻

普通少女漫画大丈夫な人向けか。共感性羞恥

悪役令嬢の追放後! 教会改革ごはんで悠々シスター暮らし (FLOS COMIC) 既刊1巻

追放されてから人生

レディローズ平民になりたい  (FLOS COMIC) 既刊1巻

完璧令嬢が細心のフラグ操作で悪役令嬢として庶民の座を勝ち取った!だがしかし。黒い主人公萌え

見逃しがあったら教えてほしい。

プログラミングは難しいという嘘を流布して、ライバルを減らしたい三流プログラマー功罪

なぜ難しいと感じるのか?

それはあなたバカからです。

 

2019-05-11

welqをつぶしたのは誰なのか

当時、医療健康関係のアフィ記事を一手に集めてたWelq

その、デタラメ素人記事蔓延したのが問題となった。

しかし結局、いかがわしい医療健康記事はなくなっていない。

他の有象無象が、そのアクセス数が多く、高額商品を売りやすいそのジャンルを、我先にと取り合っている。

 

問題点を指摘したのはいったい誰だったのか。

もしかしてライバル大手つぶしのために、炎上を誘っただけではないか

何も知らない人が素人医療情報にぶち当たり、詐欺みたいな商品を買わされる現状は何も変わっていない。

それなのに、なぜ問題は沈静化してしまったのか。

 

世の中闇多すぎない?

2019-05-10

anond:20190510223811

東京地方にあるものは全部あるので「地方特有のクソ」だと思ってたものも当然全部そろってるし東京特有のクソも高くそびえ立っているぞ

東京特有の良いものという上澄みだけを競って啜りながら強く生きていこうな。ライバルはお前以外の東京都民全員だ

anond:20190510123736

「良いのはグラフィックだけでゲームとしては凡庸」って意見は当時からあったよ。

ゲームオタク間では『「本当に面白いゲームを知っている」「硬派」な「ゲーマー」ならバカにするべき作品』って空気もあった。

8でますますそういう空気が強まって、8は今でいうワンピースのような「オタクならバカにしてて当然だよね」ポジになってたもんだ。

ただそういうひねくれ中二病オタク以外からしたら

日本で当時一番人気があったRPGと言うジャンルの、ライバルであるDQがさっぱり出ない状況で実質上ワントップである人気シリーズの最新作、

かつそれまでのドット絵とは全く違う美しい3Dグラフィック、ってだけで衝撃的だったわけだよ。

そういう人は他のRPGなんかろくに知らないから。

2019-05-09

anond:20190509001546

俺は地方都市(県で二番目の市)のど真ん中だったけど神社の社寺林(丘というか裏山)でやってた。春はツクシフキワラビとか墓場からとってたわ。タケノコは別の場所に行ったが。

都内明治神宮かにカブトムシクワガタいるらしいけどさすがに採取禁止とかあるみたいなので、公園とかならOKらしい。人多すぎかどうかは不明

母方の実家県内田舎農家だったが、イノシシだか野犬だかが出るとかガイドなしでハイキング気分で山に入るとやばいとかさんざん脅されたので、マジ田舎より小さな自然田舎ごっこで十分と思った。

今にして覚えば、虫取りはともかく山菜とりとかあまりライバルいなかったが、母方じーばーちゃんとかーちゃん終戦期の食糧難をそこで迎えたから、採取ポイントとか必死で探して習慣になったんじゃないかと思う。都会化が進行した後の住人は採れること自体知らない、みたいな

バーチャルキャスト 瀕死の現状と理想未来

ITMedia記事

ドワンゴVTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/07/news074.html

先日こんなショッキング記事がでた

この貸借対照表を見るとわかる通り資本がまったく足りておらず長期の事業継続が危ぶまれている

そこで自分が知ってる範囲バーチャルキャストの現状と今後どうなりそうかを書き記しておこうと思う

現状のバーチャルキャスト 個人配信

ゴールデンウィーク中多くのvtuber再生数が増えたが

バーチャルキャスト配信者達はどうだったかというと

再生数1000を超える配信すらほぼなかった

バーチャルキャストランキングを参照すると現状をうかがい知ることが可能

https://virtualcast.jp/ranking/

個人配信者にはバーチャルキャストはあまり活発に使われていない

現状のバーチャルキャスト エンタープライズ

バーチャルキャストには企業に向けたバージョンであるエンタープライズ版というもの存在する

去年度にはNHKAbemaTV番組採用実績があったのだが

今年度は採用されている番組が見当たらない

現在TVで放映されているvtuberドラマ四月一日さん家の、ガリベンガーVでは

バーチャルキャスト使われていない

去年度に作られたバーチャルキャスト番組を見るとわかるが

大きく動くと破綻が目立ち、クオリティの低さを感じてしまうので

今後採用されるとしてもニコニコ番組などの安い案件だろう

バーチャルキャストBtoBで巨額の赤字を取り戻せるほどの未来はこない

現状のまとめ

現状のバーチャルキャストはBtoCもBtoBもまともに機能していない

バーチャルキャストCTOのお言葉


投資フェーズから赤字が想定通りだとしても

ここまで人気がないというのはさすがに想定通りではないだろう

VRMとVCI、THE SEED ONLINEとは?

バーチャルキャスト自体にもβがつけられていて

CTOのお言葉通り開発の進捗は確かにまだまだ先っぽレベル

これからもまだまだたくさんの開発費がかかりそうだ

しかしこれらをすべて完全実装した先に、これらの開発費を取り戻して利益がでる楽園が待っているのだろうか?

どこから利益が出る?

THE SEED ONLINEにユーザー同士でVRMやVCIを売買するシステムを組み込む予定

そしてユーザー同士の売買に対し、手数料を課す

このVRM、VCI、THE SEED ONLINEの経済圏を構築することで

CtoCで何もせずとも利益が出るようになる楽園が出来上がる

完璧な構想だ

VRM、VCI、THE SEED ONLINEは成功するか?

THE SEED ONLINEにはなんとすでにライバル複数いる


これ以外にもこれからどの会社も同じような仕組みを構築できるわけで

THE SEED ONLINEに待ってるのはこれらプラットフォームとの食い合いだ

事業領域が被りまくりな他社会社と共同でVRMコンソーシアムという組織を立ち上げたので

ちゃんと根回しをして、美味しいところはバーチャルキャスト社が一手に抑えてるのかと思ったら

まるでそんなことはなかった

ライバルがいるので、THE SEED ONLINEならではの強みがないと

ユーザー側も、THE SEED ONLINEに乗っかる他社も、誰も使いはしないだろう

唯一考えられる強みはバーチャルキャスト対応しているということ

(強みを維持するためにVRoid Hub対応してほしいという要望複数から出ているが無視している)

バーチャルキャストの人気が出ればTHE SEED ONLINEはうまくいく可能性がある

バーチャルキャストの人気が出なければ、ともにひっそりと死んでいくだろう

バーチャルキャストは今後人気が出るのか?

そもそもVR機器がそれほど流行っていないため

その利用が必須バーチャルキャストの人気は出にくいという現実がある


もうすぐ発売するOculus Questに対応させれば少しは人は増えるかもしれないが

PC専用のバーチャルキャスト2世代前のスマホ程度のOculus Questへの対応コストはとても大きい

売りにしている凸機能などの大幅な制限なども必要だろう

配信システムとしてPC必須になるだろうし

対応コストに見合うだけの客が増えるかは疑問だ

人気のVRChatから客を呼び込めばいいのでは?

関係者発言から、VCIを導入することでVRChatですごいものを作ってる人を呼び込み

バーチャルキャスト移住させたいと思ってるのが垣間見える

しかし今のところまったく呼び込めていないどころか、バーチャルキャストからVRChatに移住する人の方が多い

公式がVCIを作る人のため開いたdiscordも、ほとんど人が来ず完全に過疎っている

VCIはスクリプトが使えるため、VRChatでは作れないものが作れるのだが

それよりシェーダーが使える方がVRChatの人には魅力的なようだ

VRChatのシェーダーですごいものを作ってきた人が

まったく別物のLuaスクリプトなんか覚えたり

自由度が低くて大したものも作れない現状のVCIに惹かれる要素がない

なぜVCIはシェーダーを使えない?

VRMは色々なエンジンで動かすことを想定したマルチプラットフォーム構想なのだ

VCIもそうであることを目指しているようで、そのために環境依存であるシェーダーの導入を拒んでいる

マルチプラットフォーム構想でVCIを完成させれば

バーチャルキャスト以外でもVCIのアイテムを使えるようなVRゲームVR SNSが現れてくれて

THE SEED ONLINEの売り上げが上がると考えてるのだろう

しかスクリプト駆動できるものは、セキュリティホールになりかねないもの

バグの温床にもなりやす対応コストも高い

VCIが完成したとしても、それを導入してくれるところが出てくるとは考えにくい

VRChatのようにUnityにベッタリでいいか

VRChat以上に表現可能な方向に舵を切り直し、有力なVRChat民を呼び込むべきだろう

バーチャルキャスト未来

バーチャルキャスト社は独自理念・構想を掲げ突っ走ってるが

誰もその後についてきてない現状を振り返り早めの軌道修正を願いたい

このまま現実を見ずに自分たちの思う楽園を構築しても

そこに人間は誰もいないデストピアが一瞬誕生

そして儚く消え去っていく未来が見える

2019-05-08

anond:20190508175512

就活で確かにライバルは減ったが、この4年間がキツすぎた。グループワークも迷惑かけられたし。真面目な人たちのモチベーションがこいつらの所為で削がれていったことを考えると、損失はパンパないと思う。

anond:20190508175337

他人の事なんかどうでもいいだろ

就活ライバル減るしむしろそういうのが居た方が増田にとってはいいんじゃね

2019-05-07

なろうの乙女ゲーム設定の悪役令嬢に思うこと

乙女ゲームの悪役令嬢設定ものアニメが近いみたいだけど、放送されたらやっぱり乙女ゲームへの偏見が強くなるんだろうなあ。

https://togetter.com/li/1309696

https://togetter.com/li/1345695

http://gakyusoku.blog.jp/archives/30575498.html

ここら辺読んでもアニメとして放送されることでやっぱり乙女ゲームにはテンプレとして断罪される悪役令嬢がいるってレッテルが貼られるんだろうなあ。乙女ゲームを高尚なものであると主張したいわけじゃないけど、その頃私産まれてないけどオタク=犯罪者イメージにされそうで嫌だなと思う。

そもそも私は全ての乙女ゲームクリアしてないし、アニメしたことで数作プレイしたタイプの超絶ライト層なんだけど、「悪役の令嬢」ポジのいるゲームに当たったことがないんだよね。例えば何度もアニメ化されて世間知名度も高そうなうたプリも途中(リピート〜先輩方を攻略できるオールスター)までしかやってないけど、親友の女キャラはいても純粋な悪役はいなかったと記憶している。学園の規則としての恋愛禁止や家の事情といったものに対し、攻略対象キャラ主人公がどう対処するかがそのルートを盛り上げる鍵になると当時思ったな。

キャラかつ悪役で個人的に忘れられないのが、某吸血鬼乙女ゲーム三つ子母親かな。うたプリでも家庭事情によるものとして親が壁となることはあれど、彼女は本当にヒロインにとっての悪役だった。それでも親であり同世代じゃない。

他にプレイ経験のある乙女ゲームだとときメモGSの1、2とかに攻略対象者によっては恋のライバルとなる女キャラ(プレイヤーが勝つと女キャラとの友情が壊れる)もいた。彼女達は特定の男キャラが好きであるとそれぞれ設定してあって、その特定の男キャラ攻略しようとしない限り親友として卒業するエンドもある。ストーリースパイスたるライバルとしてのキャラはいても、最終的には仲良くなったりとなろうテンプレ破滅状態(国外追放処刑とか)って知らない。某作画やばいクソアニメ原作ルートに出てくる攻略対象キャラ元カノとか上記の棘の中で悪役令嬢かもしれないと挙げられてるけど、あのルートクリアして過去のしがらみから解放として結果的キャラから離れていったと思った。あと別に令嬢じゃないし、離れたことで破滅から解放されたし。

なろうテンプレ乙女ゲームの悪役令嬢だと基本的にメインヒーロー婚約者であり、ルートによっては様々な結末を迎えるとされている。またそのキャラクターが悪役となるストーリーは必ずしもメインヒーロールートという訳ではない。複数人いる攻略対象者のどのルートでも悪役令嬢である位置づけられているキャラクターも多い。

正直これまでプレイしたゲームの中で元から恋人婚約者がいるにも関わらず攻略対象者に登場時から位置づけられたキャラというのを個人的には知らない。登場時に彼女がいるけど、追加攻略対象となったキャラクターは数少ない所持している乙女ゲームの中には存在はする。けれど主人公結果的に掠奪するというのに対しどうしても嫌悪感を覚え、ずっとプレイできていない。ネット感想を漁っても、いいカップル(長年交際の上関係良好かつ男キャラ退職した際も支えたなど作中で言われている)を主体的に壊すことへの忌避感は感じた。

個人的には掠奪は道徳的に許されないことであると考える。だからこそ掠奪は批難されるし、作中では瑕疵のない限り悪役が行う行為であるDVを受けている人妻を夫から掠奪するというのは批難に値しないと考える人でも、何の瑕疵もない夫から妻を掠奪することは批判するのではないだろうか。だからこそ乙女ゲームというジャンルにおいては、現在進行形恋人・妻がいるキャラ攻略対象になり得ないと考えるユーザーが多いのではないだろうか。なろう悪役令嬢は婚約者だが、「双方合意の上で円満婚約を破棄したい」と考える婚約者設定のキャラ乙女ゲームにも存在する。うたプリファンディスクではとあるキャラ婚約者がいるけれど、そうした婚約破棄に好意的だった。故に掠奪にはならなかった。

一方のなろう悪役令嬢もの主人公世間的にも瑕疵がなくとも突然婚約破棄を告げられるというもの、悪行を押し付けられて婚約破棄に至るものなど様々だ。これではただ単なる掠奪である乙女ゲームとして、ヒロインが愛されなくなってしまう。一番最初うたプリストーリーではヒロインが冒頭でただ痴漢をされるのに何もできないだったかプレイヤーにとって受け入れづらさがあった。その後復刻版として出たリピートではその要素は確かなくなっている。乙女ゲームにおいて攻略対象者が魅力的であるのは当然のこと、ヒロインにも魅力がなければストーリーとして面白さが出ない。乙女ゲームヒロイン=天然はわわ女子というイメージがある人は乙女ゲームプレイの中にはいると思う。それでもアニメ化するほど人気の出た作品ヒロインにも魅力があるのだ。なろうテンプレ乙女ゲーム有象無象アニメ化など程遠い乙女ゲーム位置づけているとしても、主人公(悪役令嬢)に知識がある以上少なからコンテンツとして面白ものだった筈だ。声優イラストで釣った糞ゲーという設定にしても、ストーリーを覚えられるのだ。少なからヒロイン感情は揺れ動いただろう。攻略対象者の暴走としても主人公に掠奪をさせるように制作側はストーリーを練っていないだろう。いくら攻略対象者の魅力で補おうとしても、ヒロイン(フィルター)が糞であれば攻略対象者の魅力などわかりようがない。

からこそ婚約→(場合によっては無実の罪で)婚約破棄→破滅というなろうテンプレ乙女ゲームはともかく、「よくあるテンプレ乙女ゲームです」「作者は乙女ゲームしたことがありません」という言葉免罪符に使うのは個人的には好きではない。原作アニメなどといった原点を知らずに二次創作することと同じように思ってしまう。本当に好きなもの勝手に雑なラベリングをされて、貶される経験のある方なら多少は理解してもらえるだろうか。

なろうテンプレ悪役令嬢は概要だけだと只の嫌われ夢という意見を見て、個人的には目から鱗だった。嫌われ夢を好まず、悪役令嬢ものを好む人がいたとすれば、そっちだって勝手ラベリングしていると言われるかもしれない。世にある全ての乙女ゲームを全クリするより、悪役令嬢もの小説を読む方が金銭負担も含めた労力は少ないだろう。だから強く主張はできない。悪役だからって救われてはならない道理はないとの理念に基づいたアナ雪が大ヒットした以上、現代社会では一般的感情なのだろう。

よく知らない分野では、本当のことよりも世間イメージに基づいたイメージになる経験はあるだろう。なろうテンプレ乙女ゲーム悪役令嬢を好む人にとっての実際の乙女ゲームへの関心度は高くなく、なろうテンプレとしても渦巻く謎の概念としての乙女ゲームへのイメージによるものしかないのかもしれない。なろう=俺TUEEE、強くてニューゲームといったなろう小説への偏見は実情と違わず偏在することからしてもたぶんどうにもならないことなのかもしれない。なろう系と称されるストーリーはあれど、概念であってそのなろう系テンプレしかないストーリーはないだろう。おそらく。

から長々と書いたけれどこれは乙女ゲームが単なるテンプレとされ食い荒らされていくことへの個人的な嘆きなのです。ボルテージさんとか一応スマホ用の無料乙女ゲームはあるので、そこら辺からでもほんのちょっとプレイを考えてもらいたいななんて思うのでした。個人的にはボルテージさんみたいな完全スマホ発のだとcmみたり、課金したりしてコーディネートをなんとかしないとか一気に読めないのは怠いとせっかちな人は思ってしまうかもしれないので、そういう人はコンシューマの方がおススメかもしれない。人気あってちゃんストーリー面白いのだとアニメ化もしてるので、そういうところから乙女ゲームというジャンルに目を向けてくれると嬉しいなあ。

悪役令嬢ものアニメ化して、たぶん地上波放映されるのなら乙女ゲームへのイメージが悪役令嬢ものテンプレで固まってしまって、これ以上どうしようもなくなってしまう。誰も傷つけない創作物不可能なように、乙女ゲームテンプレちょっともやっとするかなりマイノリティ戯言だけど、斜陽産業たる乙女ゲーム勝手に踏み荒らされたくないなあなんて思うのでした。マイネリーベかいう悪役令嬢が登場する乙女ゲーム存在は当時一桁だし知らなかったけど、その一例だけで悪役令嬢が乙女ゲーム概念になるのは悲しいな。

2019-05-06

anond:20190506231953

だよな

女に言うよりもライバルの男を障碍者にでもして脱落させたほうが早い

anond:20190505034650

俺はSONYカメラ信者からSONYカメラ信者戯言だと思って聞いて欲しい

「今のSONYカメラカメラ市場覇権を得てる」んですよ!最強なんです最強!

フラグシップの大きなイメージセンサーを持つフルサイズミラーレスα9を筆頭に、フルサイズミラーレスありながら小型の高性能機α7RⅢ、そしてフルサイズ普及機のα7Ⅲ

APS-Cミラーレスに目を向ければ画質や携帯性、コストパフォーマンスの高いα6500やα6400があり、更にもっと安いα6000がデジタル一眼の入門機としてライナップされている

そしてコンデジでは元増田も詳解してくれたRX100Ⅵがコンデジ界で無双をしている状態。今のライバルなんて全く方向性の違うRICOH GRⅢですよ?ライバルっていうよりもコンデジ界を盛り上げる盟友ってなもんです!

更にコンデジライナップには「事実上アクションカム化」と言われている超小型コンデジのRX0Ⅱがあるわけですよ!

ビデオカメラだってハンディカムFDR-AX700を筆頭に、FDR-AX100、FDR-AX60、FDR-AX45があり、すべてが空間光学手ブレ補正搭載かつ4K動画撮影可能っ!

正統なアクションカムFDR-X3000やHDR-AS300にも空間光学手ブレ補正が搭載されてるんですよ!他のアクションカムデジタル手ブレ補正なので画質が下がっちゃうSONYは下がらない!

見てくださいよ!このライナップ!他にどこのメーカーがここまでのライナップを取り揃えているのか!

SONYやばい!マジ最強っ!!

CANONPanasonicも頑張ってるけど、やっぱり今はSONYですよっ!!!

2019-05-05

「妹の姉」の感想

今更書くけどすごく良かった。

姉や兄はしばし妹や弟に追い抜かされる宿命にある。

何かを勉強する場合自分より少しだけ先に進んでる人が近くにいるというのはとても有利だ。いつも次のステップを予習できるし、全力でぶつかれるちょうどいいライバルになる。手探りで進む者より何段階か先に行くことができる。幼少期こそ年齢差で封じられるが、成長に伴い常勝が五分になったあたりで上の子はそのことに気づいてしまう。しかし下の子はずっと負け続けてた記憶しかいから、幼少期の頃のまま、上の子へ憧れと期待をぶつけてくる。

姉・兄はその「追い抜かされる事実」と「下の子の期待」に向き合わなければならない。

そういう上の子の複雑な気分を描いているんだこれは。

悲しいかな仲の良い兄弟姉妹でこそよく起きる。

大きく表彰された絵は「下の子の成長による敗北」、現実より美しく描かれた自分の姿は「不相応な下の子から憧憬」、裸が展示され晒されることは「自分けが気付いている敗北感の露呈への焦り」。そういうもの象徴したのがあの画なんだと思う。

あの姉は良い姉だ。妹に対してキレたり外から潰したり無視したりせず、自分の精一杯を見せることで気持ちに決着を付ける。ありのまま自分の裸でそれをやんわりと妹に伝える。

そして姉は就職し妹は美術の道へ進む。ただその結末はあまり現実的な理想図で、私は少し心がいたい。

「妹の姉」がなんだかぞっとする

件の漫画を読んだのが例のバズってる批判ブログ(へのブクマコメント、への当人からの返答)がきっかけだったため、当初から批判よりのバイアスがかかっていることは否めない。

フーン、知らなかったけど読んでみよう。

漫画としてものすごく上手く出来ていて面白い。故に、軋轢を抱えた姉妹芸術へかける熱い思いと家族愛物語として爽やかな青春譚のようにさらりと読まされてしまう。

しかし確かに指摘されている通りだ。問題点ありすぎる。

幸いなことに、『尊い』などと絶賛する声や批判への批判タイムラインには現れないが、無言でながやまこはるちゃんツイートリツイートが流れてくるのを見てはぞっとしてしまう。

この違和感の正体を探るように批判よりのツイートを探してはうんうん、と頷いて安堵感を得ている自分は全くもって卑怯人間だと思う。卑怯が極まって、結局こうして初めて増田に書いていたりするくらいには。

以下、個人的なあれやこれやを書かせてもらう。

考えたままつらつら書いたのでまとまっていないし、ろくに推敲もしていないので読みづらいと思う。

あの物語アウトライン

当人の了承なく作成されたアイコラが校内に貼り出され、無遠慮な性的からかいへの苦痛を訴えるも「芸術から」「妹はあなたを愛しているから」をまるで免罪符か何かのように振りかざされ、訴えを取り下げられる。

苦痛を訴えた当人は自らに課せられた性的幻想を打ち崩すセルフヌード作品アイコラ作者に「勝利」する。

自らを打ち負かした当人ますます心酔するアイコラ作者は当人の断りなく、芸術家でありミューズである彼女のところに押しかける。

なぜなら彼女ミューズを「愛して」いるから。

めでたしめでたし

と、説明することが可能ではないだろうか。

行動だけを取れば狂気の押しかストーカーであるアイコラ作者の暴挙批判されない。

アイコラ作者は彼女の妹であり、妹は姉を愛しているから。

そして姉はセルフヌードで妹を打ち負かしたことにより、芸術と称したアイコラを生み出した「妹」から屈辱を跳ね返し、彼女もまた、妹を心から愛しているのだと証明した(という幻想を抱かれている)から

まれな才能を持ち、嫉妬と羨望で火花を散らし合うライバル同士でありながら、誰よりも身近な存在である姉妹」という関係性、妹から狂気を孕んだ一方的な執着と崇拝。

妹のじっとりとしたまなざしには、うがった目ではなく「性的まなざし」が見受けられる。

美化したなまめかしい体つきで腰をくねらせて悩ましげな表情を見せる幻想の「姉」は妹の性的願望の現れであり、だからこそ、絵を見たもの性的欲望をそこに向ける。

自身性的消費にショックを受けた姉は、身勝手幻想を打ち壊さんとばかりに貧相な胸で股を大きく広げ、好戦的な表情を見せつける自身セルフヌードで妹に勝利する、というクライマックスは冒頭の「自身性的消費」にショックを受けていた彼女が取った行動としては信じられないほど鮮やかで爽快感に溢れている。

からこそ、この作品は魅力的だ。

『消費されることを拒んだ自身の裸体を自ら晒し屈辱を跳ね返す』

並大抵の人間に出来ることではないだろう。

自分の裸を無断で見世物にされて本気で嫌がっていた、自分感覚と近しいものを持った思春期女の子』の物語を読んでいたと思っていたら、彼女超人だったことが明かされ、別々の道を歩むと思っていた芸術家二人は「姉妹から」というある種の血族の呪いにより、べったりと癒着した関係が続くのだと示唆されて物語は終わる。

『素敵なお話』としてうっとりしようにも、あまりに妹の行動、周囲の無邪気さが不快で、それらに対してとった姉の行動、その強靭さは信じがたく、『冷静に考えるとめちゃくちゃ嫌な話なのに物語として綺麗に落ちてるところがすごい』という薄ら寒さを感じた。

not for me.で済む話なのかもしれない。

要は『作者が萌えを貫くためにぶち壊した倫理観価値観キャラクター自分には受け入れがたいもの』なのである

お話からいいじゃない、被害者はどこにもいないんだからで済むと言われればそれまでである

とはいえ、作中の『性的被害を訴えても取り合ってもらえない』『家族愛から、の一言不快なことを受け入れることを強要される』『女体は軽々しく性的消費をしていいものとされている』といった事象はあまり現実世界での出来事と地続きで『理不尽性的消費が受け流されている作品世界気持ち悪い』のだと思う。

それが男性の手によって描かれていることを『社会における無自覚暴力再生産』として取る人がたくさん居たからこそ、『男性に置き換えると物語が成立しない、この世の中での男体と女体の扱われた方の不均衡』への嘆きも含めての批判が広がっているのだろう。

美術学校関係から指摘されていた『ヌードモデルを性的に見ることの非常識さは業界への偏見助長するもので許しがたい』という意見に関してはもっともだと思う。

性別を入れ替えては〜という意見を見て、少し前にモーニング新人賞話題になった漫画のことを思い出した。

この作品と同じく、芸術を志す兄弟ライバル心と羨望と執着が描かれ、結末はこの作品と同じように、兄弟間でのべったりとした癒着に落ち着いて終わっていた。

そういう話が好きな人が多いということに尽きるのだろう、結局のところは。

2019-05-03

妹の姉はありかなしか

話題になっている読み切り漫画の「妹の姉」

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156652911821

これに対しての感想話題になっているのがこれ

http://lty.hatenablog.com/entry/2019/05/02/135439

要はコンプラ的にどうなのよという事なのかもなーとも思うけども。以下ネタバレですが最初自分結論から言うとこれはアリだと思ってます

作者のテーマ的にヌード重要ではなかったと思う

妹と姉の関係イチャイチャ)を描きたかっただけであり、それ自体がやや気持ち悪い偏執的なものだとしてそれはまた別の話、ともかく必要だったのは姉の動機づけで。

姉の事が異常に大好きな妹と、その妹に絵の才能であっさり抜かれた事で傷ついた姉のプライド。2人の間の溝は妹が異常なほど無垢で鈍感なので姉が自分解決するしかない。

姉が動くしかないのだけど姉には妹の絵に対抗するための強い動機付け必要だった。それは公に妹に対してムキになってる自分を認める素直さは持ってないから。単純なライバル視ではない別の理由必要だった。

でここで設定としてヌードと校内への張り出しというのが出てくる。自分ヌード玄関にドーンと飾られる、それは恥ずかしいか自分の絵でそれを塗り替えてやるとう動機づけさらに言えばこの展開により、妹よお前の脳内で美化された私ではなく、本当の私をちゃんと見なさいという意味も含まれることになり、この辺は妹への愛情表現と姉自身の成長も一発でかましていてすごい効いてる。正直これを思いついた時点で作者はよっしゃと思ったんではないだろうか。

じゃあヌードなかったら話にならないからやっぱ重要じゃん、というのはそうだけどヌードでなくても成立はするのだ。例えばこれがヌードじゃなくて普通の着衣座り絵とかだとしても、その才能に嫉妬自分の絵を描くという展開はできる。むしろそれならよりストレートに感動的になったと思う。ただその厚みをつけるには読み切りではややページが足らず少なくともドラマ構成前後編くらいにはしないと難しいと思う。

この作品に全体的にややコミカルな軽いノリが残されてるのも、カウンターパンチ的に最後オチテンポよく持って行きたかたからだと想像する。

じゃあ手放しで良い作品なのか

手放しで絶賛していいかと言われると自分ちょっとどうかなと感じた。

その違和感ブコメにある「アフタヌーン感」や「四季賞っぽさ」というのがすごくよく表してると思う。

単純明快な良い話の端々になにか作者自身精神みたいなのが見え隠れする感がある。少年誌なら作者の顔なんてまったく見えないくらい徹底して娯楽的なものにする場合が多い。実のところ少年マンガというのは青年誌にあるマンガとかよりずっと「大人な」マンガなんだよなと改めて感じた。

なのでこの作品少年マンガのように万人受けするタイプとはならないとは思うんだけど、どちらかというと手放しせずに大事にされる系のマンガだと自分は感じた。

きれいな姉の絵を描く妹、その絵が高く評価される、そして姉は(妹の絵ではなく)自画像を描く~という展開が素晴らしすぎる。

これがヌードでなかったらもっと良かったのになともったいない気持ちもある。ヌードのほうがインパクトがあるけどやっぱ安易になってしまうからだ。まあそれを差し引いても自分は色んな人が読めばいいと思った。

沙村広明ならどう描いたか

ついでだけど一番書きたかたこと。

絵のタッチ含めてなんとなく香る沙村広明臭。ではこの方が同じ話で描いたらどうなっていただろうかと想像した。

たぶん、ヌードの絵は容赦なくエロい絵になる。なんなら姉が妹のヌードを描くシーンは妹の頬を赤らめさせ吐息すら漏れさすだろうと思う。絶対にやると思う。

しかしながら、全方位的に言い訳しながら描いてると思う。なんなら小さいコマで姉に「お前なんでそんなエロいんだよふざけんなよ」とか言わせてると思う。

そういうノリツッコミ的な細かい描写を必ず入れることで「許してね」と言う確かな技術沙村広明にはあるのだと思う。これはいわゆる第四の壁破壊というやつでこれは扱いがとても難しい。へたに入れると一気に白けて作品世界に入り込めなくなる。極端な例としては「いや読者が引くだろさすがに」みたいなのを登場人物に言わせちゃうやつ。「妹の姉」はやや軽いテンポはありつつも基本はシリアスなのでこの手はあまり使いたくはないだろうと思う。ただなんとなく登場人物ご都合主義な設定に対して軽いつっこみを入れておく、くらいはできたんじゃないだろうか、沙村広明ならそれは入れてきそうだなと感じた。

といっても沙村広明版の「妹の姉」ならあーおもろかった、で終わっちゃいそうな気もした。それくらい軽く、しかテーマ性は感じさせることができれば一流なのかもとも思うけど。

2019-05-02

令和のソフトウェアエンジニア振り返り

令和の終わりのお祭り騒ぎがあったので記念カキコカキコなんていうやつもういねーか。ははは。今思えば平成の終わりに象徴的なニュースがいくつかあって、令和のソフトウェアエンジニアを予見していたと思ってさ。

平成の終わりに経団連は、新卒一括採用の終了と、終身雇用制のギブアップアナウンスした。当時からWebエンジニアにとってはどちらも馴染みが薄かった制度だけれど、それが令和のうちに一般に広まった。このアナウンスに続いたのは、新卒採用時の一律初任給廃止であり、会社側にかかっている従業員解雇についての規制緩和だった。

もはや新卒採用がなくなったのだから、一律の初任給も当然なくなった。ソフトウェアエンジニアだけ初任給が高いなんてことが普通になった。新卒なのか経験者なのか入社時期で区別できなくなったし、同期入社の横のつながりみたいなものも薄れて給与比較する相手は同期だけじゃなくなった。これは給与の上昇が止まらないソフトウェアエンジニアを、旧態依然とした大企業でもきちんと給与を出した上で雇うための方策でもあった。GAFA人材を取られ続けるようなマネ大企業はしなかったし、その程度には日本経営者バカじゃなかった。それにGAFAばかりが人材の引き受けてではなくて、国内でもベンチャー企業ソフトウェアエンジニア給与はかなり良いペースで上がっていて、それらに負けないためにも大企業給与を上げていく必要があったんだ。

誰も彼も給料が上がったというわけじゃなかった。きちんと教育をうけるなり、実績を持っているなりする若いソフトウェアエンジニア年収700-800万くらいのそこそこ良い給与キャリアが始められるようになった。令和五年くらいの話。

一方でうまく行かなかったソフトウェア開発プロジェクト簡単パージする必要も出てきて、USのレイオフのような仕組みをどうにか導入しようと目論むやつが出てきた。ソフトウェアエンジニアの方も、それを承知キャリアを組み立てている。平成の終わり頃はある種のフリーランスエンジニアがそのような立場を担っているように見えたけれど、もう少し安定と高収入が得られるようになった。

こうしてソフトウェアエンジニアの高給が知られるようになると、コンピュータサイエンスを学ぶ学部学科は人気になった。小学校から授業でもやっていて親しみをもっている高校生も増えていた。業界に優秀な人が来たのはいい話だけれど、情報系に人気がなくてラクラク希望学部に入った自分としてはなんだか申し訳ないようなつまらないような気持ちもする。ライバルは弱いほうが良いし。

AIが職を奪うなどという戯言もあったけれど、少なくともまともなソフトウェアエンジニアとは縁がない話で、令和の間にはアルゴリズム自分設計したり、適切な手法選択できるAIは現れなかった。

平成の終わりに30代でバリバリ働いていたソフトウェアエンジニアは令和の間も仕事には困らなかった。優秀な若手が増えたとはいえ人手不足には変わりがなく現場エンジニアでもマネージャーになっても仕事はある状況が続いている。平成の終わりには35歳エンジニア定年説なんて全く聞かなくなっていたし、今も5年程度で転職を繰り返すキャリアプランが50代後半まで通用している。そして75歳まで年金をもらえない僕らは60からの定年までの15年が問題になっている。

歳はとったけど、つぎの御代も楽しくソフトウェア開発したいなー。

2019-05-01

anond:20190501232643

Linuxマイクロソフトの仲間だよ

あのせいで無料勢力はあそこに集中せざるを得なくなって

しかも定期的に大手ライバル敵対買収してプロジェクト飼い殺しして潰す

Linuxペンギン着ぐるみ

裏のジッパーを開くと中からバルマーが出てくる

ユメミリアム式幸福論 ~~

お気持ち表明がブームらしいので某声なしPaPの私もお気持ち表明がしたくなってしまいました。

こちらでは私の抱いている夢見りあむへその声の実装についての考えを適当に書き並べたのと+αについて述べていきたいと思います

まず結論から言うと、声はついていいと言うかぶっちゃけ然るべきだと思います

おそらくテコ入れとして4年?ぶりに実装された新アイドル。4年は短いようで長く、その間に社会は大きくかわってしまいました。2014年って前回のパズドラハローキティコラボよりも前なんですよ。そう考えると先カンブリア時代と大差ないレベル過去です。

そしてデレマス利益を出すために存在しているシステムの一部でしかないので、売れそうなキャラを売り出そうとしますでしょう。かつての俺嫁オタクは減少し私みたいな地雷持ちCP過激派跋扈する(それでもまだ比率は俺嫁系の方が上かもしれない)今7人中4人が既に相手のいる状態実装されていたり、数年前より大分盛況している配信をしているキャラだったり、Twitterで調べたら出てきそうなやばいやつだったり、諦観を持った農家だったり。

今様キャラクターを実装し、人気を出させ、マンネリ化を防ぐテコ入れ収入をかねようとしたのかな、炎上覚悟で。

から夢見りあむは声がつくのは普通だしぶっちゃけ既にサプぼ用意しててこれで一枠ボイスつけなくて済むラッキーwwwwwwみたいなことを運営が思っててもおかしくない。スケジュールとかたいへんだもんね。

逆にかつて実装されたキャラクターは、それこそ先カンブリア時代化石ガラパゴス生物かのような「今それある?」みたいなキャラ付けが多いと思うんです。かつてウケていた色物も受けない時代なんです。況や嘗てウケなかったものをやです。

というかそれについては人数が多いのが原因ですね。好きな人には申し訳ないけどなんの魅力も感じられないようなキャラかいます。まあ190もいたら属性分散してニッチなスピアが、所謂色物が出てくるのも当たり前だし、私に刺さらないだけかもしれないけど。

からガラパゴスのなかでも希少な存在(需要は少ない)に今総選挙県内が狙えるかと言うと、言わずもがな。Vo200でアイドルCに挑むようなものだと思います絶望の具現化かよ。

ただ、その中でこの時代でも戦えているのが多くの声付きと圏内で上がってきているアイドルだと思います。なぜ戦えているのか、それは需要があると運営様に判断されているからです。

時の流れは速いもので、南極環流も驚きの速さで進んでいきます。それにつれて客層の嗜好も変わります

また、人間は成長を好みますWJから歴史小説まで、まんがタイムきららすら成長を描きます

結果、ゲーム運営キャラクターを成長し発展させなければならなくなります。客がついてこないのでは利益も何も無いので。しか運営にも限界があり、単位時間で出来る仕事Wには上限値が存在します。

から、重心を人気キャラに置いて少しは利益を増やそうとします。種の少ない植木鉢にそれぞれ肥料を撒くよりは広大な大根畑にバーっとやった方が自分に都合がいい。

要は運営環境アイドルが種の地球モバマスです。ただし絶滅はさせられない。炎上という名のスーパープルームに全てを滅ぼされなかねないし。

ここまでの話を纏めると、新種の適応した生命体に勝つのは難しいから夢見りあむに声がつくのも普通ってことです。

ここからは夢見りあむ本体の話になります

1つ目はうわめっちゃぴんくです。祇園にどピンクマカロンショップを開いたところを想像したような色だなと思いました。

2つ目にこいつ本当に95あんのかよです。90くらいじゃない?盛ってない?

3つ目にこいつ楽そうだなです。

O-Ki-Mo-Chi-No Observer!と化していた私はどっかで見かけたこれに賛同したのですが、夢見りあむは詰みをそこまで重く捉えてなさそうなんですよね。突然来た訳でもないゆっくりとした詰みに面している時点で多分色々甘く見ていたんだと思います。それは、あまりにも面倒で理想的メンタルです。ダイヤモンドに巻き付けたうどんが切れただけでこのスポンジはザコメンタルを名乗っています。極めて健康的で羨ましい限りです。そしてなりふり構わず構って貰おうとします。周りの目を気にしないという才能です。これはメンタル接着剤を吹くようなそれの機能を持ちます。ゾウムシメンタル。

で、ここから踊る本能寺の炎についての考えです。

まず「『アイドル使い捨ての消費品』が許せない」。

本当にそうですよね。百城千代子もあと2年したら飽きられるらしいですし。そもそもこの発言に石を投げると押すのをやめた瞬間ガトリングになって返ってくるの怖いです。人間いつかは飽きます

次に、「みんな頑張ってるのにこいつはちやほやされたいだけ」みたいな旨の批判

実装されて2ヶ月程度でそれを判断するとしたらモバマスは多分半分くらい消えるんじゃないですかね。初発舌打ちのあの人とかモチベも目的も持ってなかったですからね。

「うちの担当は頑張ってるのに」ならいいんです。最初からアイドルになりたかった頑張る人とかスネークならその発言は正しい。しかし、「みんな」はいけない。その時点でその批判に効力はないです。回転攻撃中の瘴気魔人に通常攻撃してるようなものです。自称雑魚でも吹けば飛ばせます

他にもいろいろあるが、オタクがちょろいのは自然の摂理なのでそれもOK。他になんか答えてほしいのがあったらコメントにでも書いてくれれば続編が出ます。そんなに見る人間いないか

で、総選挙に与えている影響ですが、どうでもいいです。

なんとも言えない状況、それだけ。

ただ言えるのは、ぶっちゃけ夢見りあむにはほぼチートに近い性質があることだけ。炎上してしまったりなんだり、すればするほど票が増えていきます。あれ?やばくないこれ?

つまるところそういう意味でも勝てない。心底マジみっともないと思うがこれは無理。夢見りあむには勝てない。少なくとも話題性においては勝てないことは明らかなのだ。だから多くのファン圏内入れば幸運しか思えない。そんなレベル

あとこれも借り受けだが、りあむガチ勢が少ないのもある。人が集まれ変人も増え、変な目線も増える。結果外部に害をもたらすこともある。りあむにはまだそれがない。りあむを批判するのはネタになるし、自担賞賛する横でライバル貶めるような厄介もりあむ本人以外は多分いない。だから誰もがそれを心地よく玩具にできる。

夢見りあむは幸せだ。他人喜怒哀楽を餌に巨大化し、本人はそれに何かを思うこともないからだ。

そんなふうに楽に過ごしたいものだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん