「研究」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研究とは

2020-11-27

anond:20201127234947

すこぶる頭悪いな

研究済みの要素をゲームが取り入れてんの

恥ずかしいから口を開くなよ

anond:20201127125714

ウイルス感染ゲームにもあったけどさ、人の往来が増えれば感染拡大するのは研究済みなの

Goto愚策なのは自明

官僚の実務能力について

30代技術職。社会人になりたての頃は、官僚と言えば優秀な人たちだと思っていた。一時の官僚バッシング(90年代大蔵省批判や、民主党政権等)はあれども、国家公務員試験パスして官僚になった友人達メチャクチャ勉強していたし、時折飲み会とかで仕事の話を聞いても激務ぶりが伝わってきた。

ある時、政治経済に全く興味のない市役所勤務の友人が仕事の都合で中央官庁に出向していたのだが、地元に帰ってきたときに数年ぶりに話をすると同一人物か?と思うほど時事問題について詳しくなっていて、中央で揉まれるとここまでレベルが上がるのかと驚いたものだった。

だが、最近その官僚への個人的な信頼が揺らいでいる。現在進行形コロナ対策で不信感が増したのだが、不信感の発端は自分のの勤めている業界(メーカー)に絡むお役所経済産業省の産業政策メチャクチャだった事だ。理由は謎だが、彼らはとにかくメーカーの統廃合に口を出したがる。

実績を見ても、ルネサスや完全な失敗例だと思うし(3社の売り上げを足し合わせて1+1+1=1とかなんの冗談だよ)、ジャパンディスプレイ倒産寸前である。(無理に3社くっつけるより、早いうちに日立液晶部門財務が良くて意欲のあるキャノンや、車載向けを強化したい京セラかに各社の工場研究開発拠点個別売却した方が良かったよね?)まあ、実現した案件がこれくらいなのはまだ不幸中の幸いだろうか?

シャープが潰れそうになった時に、東芝家電部門とくっつけるとか、最近話題になりかけた日産ホンダ統合とかは動き出さなくて本当に良かったなと思っている。

話が少々脱線したが、悩ましいのは官僚の実務能力は実際のところ高いのか否か?と言う点である地頭の良さとハードワークは間違いないのだが、無駄な慣習や謎のお役所ルール生産性を落とすだけの文化が残っていたりもする。時折出てくる政策意味不明さにはドン引きする事も多々ある。しかしその辺は政治家や財界横槍なのせいなのかなとも考えられるわけで、なかなか判断し難いのだ。ぶっちゃけ実態はどうなんでしょうね?

憲法学者って存在不思議

ハンムラビ法典みたいのならともかく、日本国憲法のようなつい数十年前に作られた憲法でさえ学者解釈研究してるって。

anond:20201127030459

ゲイ絵を描いてた画家友達にだけこっそり見せてて

死後それが仲間内に代々引き継がれてたのをやっと財団提供して研究開始

という話は聞いた


  幼少時は親から普通に育てられていたが保育所で参加拒否し、小学校時代父親がDV、母親借金学校登校拒否、高学年で漢字や作文だけが

     できていて様々な発達の遅れがあった。中学校サッカー部顧問からしごかれ肥満だったのが痩せたが運動技能はなかった。それまで全然勉強

    しなかったのが中3秋から自発的勉強するようになり、高校トップで受かって、担任から勉強熱心とほめられ模擬試験等でも好成績で当時の高校を驚かせた。

     平成12年はZ会を受けていて指導先生からも答案がいいと言われ10月まではうまくやっていたが、その後精神失調し、高校3年次にはほとんどものにならず

   現役で東大に落ち、予備校にかつぎこまれた。そこで猛勉強して東大模試を受けるなどして平成15年に文Ⅰ奇跡的に受かった。駒場でも教養勉強をよくしており

    サークルで基礎運動もしていたが平成16年に司法試験に落ちて法律実務能力社会性がないのがばれた。平成17年に東大法に進学したが授業に行かず

   家で数学研究に没頭。友人知恋人などはいなかった。平成18年からインターネットが混乱して発狂廃人になるようになり、平成19年6月に増田で最悪なことがあった。

     平成19年9月にものにならないながらも東大法の定期試験を受けて卒業平成20年にブログに突発的に書いたことで事件を作られ懲役にされて田舎に帰された。

    田舎では母親ゴミ屋敷撤去断行をしたが、その後はインターネットをいじって遊んでいた、しか2ちゃんバクサイが卑猥化、誹謗中傷多く、次第に精神悪化した。

    平成24年に2ちゃんに書いたことで警察事件を作られ、拘置所などに滞在後、平成25年に黒羽刑務所昭和48年みたいなくそやばい仕事をして出てきて、

    平成29年まで田舎発狂していた。平成30年から東京暮らしているが、刑務所くそやばい仕事をして出てきているため、発狂行動が多い。

2020-11-26

anond:20201126233608

マジレスすると、今パール・ジャム聴きながらググってたんだけど、

ペヨーテ幻覚サボテン、メスカリン)のジャムボーカルのヴェダーの祖母パールさんが作ってたかパール・ジャムらしい

幻覚サボテンネイティブアメリカン医療シャーマニズムに使っていたものでかなり苦いらしい

ヴェダーは祖母幻覚サボテンジャムを食べてハイになったまま学校へ行ったとWikipediaにある

ペヨーテマリファナ同様、依存性ないよと安全だよとか肯定的な考えになれるよと書いてあるものがあるけど、

やっぱり厚労省ではダメ絶対!にリストされてるんだよなあ

ウツとか神経症で悩んでるから試してみたくもなるんだが

ただ、マリファナによる精神障害があるという立場日本とかは取ってるけど、

マリファナ統合失調症を誘発する危険がある、という研究もあるにはあるんだよなあ

あと、マジック・マッシュルームとかも

からとりあえず俺に手錠するとかして医師が投与してくれればいいのにとか思うんだけど、

日本ではやっぱり無理なんだろうなあ

人生で最悪のクズ教授

20年間大学事務をしていて、人生で最高のクズ野郎を見た。

そいつを仮にA教授とする。

そいつはとにかく事務に怒り散らすことで有名な教授だった。

こういう教員はたまにいる。

正直、感情的になるのはどうかと思う。

しかし、研究が思うように進まなくてイライラするなら、

そこにはまだ研究者としての良心があるし、

事務として至らない点もあることを反省するきっかけにはなる。

しかしそのA教授したことだけは人間として許せない行為だった。

早い話、そいつ自分が受入研究者(Post Researcher)となって招へいした

海外研究者が訪日中の海外旅行保険に加入していなかったのを隠蔽したのだ。

これだけなら「なんだそんなことか。」を多くの人が思うかもしれない。

問題はその過程と、それが今コロナの真っ最中に行われたという事実だ。

知ってる人もいるかも知れないが、今外国人日本を訪れるためには外務省等が定めた

手順を踏み、海外旅行保険の加入や専用アプリインストールをしなくてはならない。

そして受入機関はその機関長や部局長がそういった措置外国人にさせることを誓約しなくてはならない。

この誓約が守られなかった時には、その機関名が公表され、その機関長の責任が問われることになる。

当然うちの大学もそうしていた。そして誓約に基づいて外国人研究者に保険の加入を依頼していた。

しか来日寸前になって、その外国人研究者が保険に入っていなかったことが判明した。

ここまでもまだ仕方がない。外国人研究者なら多少そのあたりにだらしなくても驚かないし、

あと誓約内容は日本独特のルールなので、理解しきれていないところもあっただろう。

しかしそのクズ野郎はそれが判明して事務が急いでその外国人研究者に

保険加入を促そうとしたとき事務に怒鳴りちらしてそれを止めさせたのだ。

なぜか。

万が一保険加入が間に合わなくて来日できなかったら自分研究に支障が出るからだ。

繰り返すが、保険未加入がばれれば機関名が公表されて機関長の責任が問われる。

最悪の場合機関外国人受け入れが停止される可能性すらある。

そうすれば学部長のみならず学部全体、あるいは大学全体の研究者が迷惑を被る。

それが分かっているのに、そいつ保険加入を妨害したのだ。自分だけの研究のために。

迷惑大学だけの問題ではない。

外国人研究者が万が一病気にかかったときには、高額な医療費請求される恐れがある。

外国人本人はまだいいだろう。無保険旅行することのリスクくらいは自覚しているだろうから

しか治療した医療機関患者が無保険場合リスクを負う。

そういうのを説明した上でも加入を妨害たから、そいつクズなのだ

こういうクズは全体の極一握りだ。

日々大学という空間研究者に接する中で、その姿勢に心底敬意を表さずにはいられない、

それくらい、今の研究者は苦境にあえぎつつも頑張っている。

からこそ、こんなクズ研究者を名乗って他の研究者に紛れて善人面するのが許せないのだ。

今日時点では保険加入チェックは厳重化されたらしい。これは非常にいいことだ。

行政もたまには良い改善をする、と、素直に褒めたい。

あのクズに比べれば、世間のほぼすべての人間は善人に思えてしまう。

それが、あのクズがこの世にいることを許される唯一の理由なのかも知れない。

カレー作りに一家言あるおじさんの衰退

平成時代には多くの男は最強の「俺のカレー」を研究し、一家言をもっていた。


料理知識別に持たないまま、自分ルール独自の隠し味や工程を生み出しては

週末にカレーを作り、「会社辞めてカレー屋でも始めるか」などいう妄想を時にしながら

どや顔カレーを作っていた。自分で食べる分に美味しく感じられるけど

第3者からしたら特別美味しいわけでもないカレーを作っていた。




そんな時代もいまは昔。気づけばかつて巷にあふれていた「カレー一家言ありおじさん」は下火。

彼らはどこに消えたのだろう。消えたのか、それとも人目を避け潜伏をしているのか。





今回我々は独自ルートで「カレー一家言ありおじさん」とのコンタクト成功

匿名を条件にカレー一家言ありおじさんの現在の生態にせまった。




そこには我々の想像を超えた驚きの連続があった。

「○○色」での意思疎通は困難であると考えるべき

断言するとちょっと強すぎるので「なのでは?」って付け足しとくね(保身)



anond:20201125170915を見て思い出したこれを貼りにきたんだけど↓

https://images.app.goo.gl/Czbq5KH4ZmthsSrJA

元々は男女での色の見え方の差の研究とかそんなんだけど、個々人によってもこれくらいの差異はあると思うんよね

カーキ色が緑系か黄色系かみたいなそもそも認識違いってのもあるし、○○色!って言って思い描く色のニュアンス全然違うとかもあるわけで

まあ苦にならないなら一旦色出してそっから調整修正でもいいんだろうけど、それって双方めんどくない?と思うと

基準になるカラーパレットみたいなんがあった方が便利かなーと思った話 色指定しょっちゅうあるなら尚更ね


ちなワイはWEBセーフカラー信者やで

こういう時代個人的に好感が持てたのは寧ろ日立幸福度研究とかなんだよなあ

まず、幸福とはなんぞや?

という話から始めることになるわけだが

これはこれで正解がない問題に思える

ブコメには当然、

市民幸福義務です ZAP! ZAP!」

みたいな文字列が並ぶし、まあ、自分大喜利としてそう書きたくなる気持ちは山々なのだけど、

でも、俺はこういう科学的な探求はすごくいいと思うんだよなあ

最近多いパターンなら、ものすごい短絡に、

幸福=〜です!

みたいに、できっこないのに結論から入ってくる

そこからスピリチュアルな話を展開するとか、微妙論文を持ってきて、さも科学的な話に見せかける

ライフハック!って感じであるw(これもゴミみたいな用語になってしまったよなあ

でも、日立幸福度の研究はそういうものではないように思っている

例えば、社内で人の移動する量が多いほど幸福感が高まるのではないか、という仮説が出てくる

ここで短絡にこれを結論にしてはならない

移動するほど幸福なら、キャノンの座らせない工場とか滅茶苦茶社員幸福ということになる

個人的に考えても、そうなるようには思えない

ただ、社員が社内を移動した量、というパラメータは当たり前だが計測しなければ見えない数字

(計測するためには会社セキュリティカードデータBluetoothのビーコンを持たせて位置推定をするのもありだと思う)

計測しないで、地頭だのコミュニケーション能力だの言い始め、こうすべき、という結論を持ってくる

科学検証をしたの?という話である

疑似相関だろうが因果関係不明だろうが、まず仮説にはたどり着かなければならない

仮説を立てるためにはデータ必要

幸福とはなんぞや?という正解があるんだかないんだか分からんテーマに、

まずはデータを取る、というアプローチを取った点で、

日立のこの研究はまったく間違ってない、科学考察として非常に正しい展開だ

データも取らんで、なんとなくこうなんじゃないの?で語るのが寧ろダニング=クルーガー的だろう

ただ、データから短絡に疑似相関を正解にしたりするなら、本当にディストピアであって、

ブコメに書かれているような皮肉対象としては適切なんだと思う

自分ブコメに自信を持ってそう書くだろう(https://www.youtube.com/watch?v=bK95lWHl7js

そういえば、部下を上司の相性で決めていい、みたいな話が増田に前にあった気もするが、

自分なりに科学的に考えるなら、そんなもん、何の実験検証もしてないのに分からん、としか言いようがない

勝手結論付けるな

これも、相性とはなんぞや?という話になってぼやけてしまうが、

自分なりに考えるなら、とりあえず相性はなんとなくでもいい、10点満点中何点というアンケートでもいい

いや、本当は良くないが、相性と会社業務遂行能力が比例するのかの問題を優先したいので、敢えてそうするわけだ

会社の多くの中間管理職に協力してもらい、相性の数値データを取る

それと何らかの業務遂行を測るデータを照らし合わせる

そういう蓄積をせめて数年やってから上司は部下を相性でセレクトしていい、というならまだ理解できる

それから人同士の関係というならグラフ理論にも持っていきやすいのではないだろうか

Googleなどの検索エンジンページランクみたいなものである

人間関係ソーシャルグラフみたいな表現方法もあったはずだ

有向無向グラフ、隠れマルコフなど色々な数学的要素が頭に浮かびやす

行列計算に持ち込むことができる

会社幸福度とは?

上司と部下の相性と業務遂行能力は比例するのか?

といった曖昧問題曖昧なまま語るのではなく、

そこからデータを集め、

データから仮説を立て、行列計算などに落とし込み、

その仮説を検証するためにまた調査し…、

という繰り返しもないのに、

寧ろ、そういう努力を怠って、科学的な話もヒューマンな話も安易結論を語るなよwなんか最近の世の中病んでるよなあ…

そんなことを思いながら、朝から炒飯を食べてしまった

痩せないとなあ

痩せるめにも計測、仮説、実験検証だよなあ

地頭とかコミュニケーション能力とか人間力とか誰か真面目に研究したり科学的探求や検証をしてるの?

まあ人生(の勝ち組負け組)や地頭ダニング=クルーガーで語るべきではないは言い過ぎなのかなあ

人生勝ち組だろうが負け組だろうが、運を実力と勘違いしてる輩はダニング=クルーガーみたいなものなのかもしれないけど

でも地頭でググって曖昧定義の次に東洋経済wが出てくる時点で、あー、痛い人の使う単語しか思えない

オカルトっぽいというか

地頭定義も「学校では習わない論理的思考コミュニケーション能力」って、もっと定義曖昧になっていくw

(というか、学歴コンプレックスにも似た、こういう学問バカにして悦に入る人がビジネス世界は多いの何なの?

多分、社会的成功学歴とか学術的頭の良さは関係いから、そう思いがちなのだと推測はするけど

そりゃ、関係ないわなwと自分でも思うわけだが、それを攻撃的な話に持ち込むのが解せない

要は、勉強なんて無駄、と言いたいわけである

勉強なんてするより地頭コミュニケーション能力、というのは要は、上司や老人を敬えとか大衆迎合しろとかの言い換えに過ぎないし、

まあ、大衆迎合しろとか、上司や老人は敬えとか、世渡り上手になれというのは理解はできる

だったら、そう言えばいい

まわりくどいんだよ

というか、まわりくどく言わないとならない後ろめたさがあるんだろ?)

論理的思考は知能検査でも繰り返せばいいのかもしれんが、コミュニケーション能力はどう探求すればいいんだ?

「おまえのコミュニケーション能力の探求や理解は浅はかだな。ダニング=クルーガー現象に陥ってないか?」

とか語るべきものなのか?

そもそも何だか最近の世の中は、

正解がないものに、さも正解があるかのように語るとか、

その上、そのために新語定義するとか、

何か変なことが多すぎる

ある種のコントロール幻想なんじゃないかと思う

正解はないのだけど、探求し続ける、という姿勢ならまあ正しい

本当に、地頭だのコミュニケーション能力というものを探求し続けるという人がいるならそれはそれで素晴らしいんでないの?

俺はまったく興味ないけど

数学科学を探求し続けるは可能だけど、

地頭だのコミュニケーション能力だの語りだす輩とイケハヤ親和性は高くて、

イケハヤ@仮想通貨大好き on Twitter: "「科学的とはどういうことか」を考えさせられますね~。ぼくは「外から流れてくる数字や言説を信じず、まずは自分の体で試して、確認すること」が科学的だと思うかな。そこから探求が始まるわけですから自分のことばで語れるようになります。"

もう神への冒涜と言ってもいいレベルでこれは流石に不正解

科学である、というのは疑い続けることだし、そのためには仮説を立てて検証する、を永遠に繰り返すことだと自分は考えている

まり科学であるというのは「永遠知的好奇心による探求の旅」である

地頭だのコミュニケーション能力だの人間力だの老人力だの、いい加減にしろ

おまえの脳は新書レベルなんだな、としか思えない

まあ、内心思うだけで言わんけどな

意味曖昧言葉を作って、何かを語った気になるって、江戸しぐさと似てるよなあ

ウソでも悪いことは言ってないからいいだろ、って、そりゃ駄目だろ

言葉遊びで、俺うまいこと言うなあ、うん、みたいなノリで聴衆を納得させるみたいなのってどこから来たんだろう

TEDとかも自己啓発セミナーというか、

元々は富裕層向けのサロンだったわけだし、あれ登壇するために発表する側が大金払ってたりするわけで、

TED英語勉強になるし、比較的まともな人はいい話することもあるけど、

基本は「TED害悪」だよなあ、と思うんだよなあ

なんか、オウム真理教とかの時代に戻ってないか

時代はまったく違うんだけど、大衆が求めてるものとしての結論がそこに向かってる気がする

はー、ほんと不愉快

anond:20201126071904

まじで卒論のやる気が出ない

卒論締切まであと1ヶ月を切った。が、まだ一文字も書けていない。書けてないどころか、先行研究資料だけ集めて読んでないし、決めたテーマあやふやで何を調べていいかも分からない。

ほんとうにヤバい。締切までに卒論が提出できなければ、留年確定だ。年間130万円もの授業料だって余分にかかるし、同棲中の彼氏にも見限られて捨てられてしまう。内定ゼロなので、そこは安心安心することじゃないけど…。

そのヤバさは理解できるのに、卒論に取り掛かることはできない。頭では焦燥感に駆られながら、体は全く動かせない。

ヤバいと分かりつつ、何処かで提出を諦めているせいだろうか?どうしようもなくなったら自殺すればいいやと普段から思っているせいだろうか?危機感向上心も無さすぎる。自己肯定感が無いせいか

こんなことダラダラ書いてる暇があったら、論文ひとつでも読めただろうに。ほんとバカ

発達障害の診断は降りなかったし、ただの怠惰クズ人間だった。

こうやって言い訳ばかりして、自虐感傷に浸って、何もせず流されるまま、ゴミみたいな人生を終えそうだ。でも、それがお似合いだし仕方ない、当然の結果だろう、と考えてしまうせいで、すぐにでも行動して未来を変えてやる!とか思えない。

卒論を書くってことだけなのに、自信がどうだ、性格がどうだ、環境が、って現実逃避してるにすぎない。さっさと、資料を読んで、考えて、文章を書く、これだけなのに、これだけの事ができない。

2020-11-25

めっちゃ怒る研究者

職場40代くらいの研究者がいるんだけど、その人が今日めっちぇおれら事務に怒ってた。

なんで怒ってたのかというと、採択された研究費の受領方法おかしいと怒ってた。

でもその受領方法研究費の配分機関が決めたやり方であって、受け取る俺らが直せるものじゃない。

この人はなんでそういうことを俺ら事務に怒るんだろうか?

俺ら事務に怒り続ければ、いつか配分機関がそのやり方を直すとでも思っているんだろうか?

怒られた俺らがそれを受けて「よし、いつか直そう!」とモチベーションでも上げるとでも思っているんだろうか?

それとも、研究者から目的に対する適切なアプローチを常にとるとは限らないのだろうか?

こういう人も将来はえらくなるんだろうか?

それとも、えらくなれないうっ憤でさらに怒っているんだろうか?

事務からしてみると、研究機関事務なんて取るに足らない存在なのに、

そんな存在に顔を真っ赤にして怒る研究者の心情というものは、とにかく理解に苦しむ。

研究がいっぱいいっぱいで、もう事務の一つもこなす余裕がない研究者だったんだろうか?

客体化された女性表象

実際女性にどんな影響を与えるかなども

海外では研究されてるが日本ではやらないとか、

多分放射能測定しないみたいな理由じゃないかね。

anond:20201125085746

1990年までは日本は成長してたよ。そして、そもそもケインズ主義から新自由主義への転換は1980年代頃になる。

ケインズ主義がなぜ批判されたのかというと、1970年代石油供給国での戦争と、一部の国で経常赤字化による供給起因のインフレが起きていたから。

ただ、石油供給国での戦争を踏まえて、太陽電池蓄電池研究開発を一気に進めて、2010年頃までは日本太陽電池トップだったし、蓄電池ももうそろそろ負けそうだがトップだった。

そもそも日本貿易黒字しまくりで批判される有様。つまり日本においてはケインズ主義大成功で、更にケインズ主義欠点も克服していた。

しかし、バブル崩壊のような大規模経済危機を迎えると企業は保身にはいり金を貯め込み、設備研究投資をしなくなる。そこで貸し剥がしや、緊縮財政狙い、選択と集中、金を貯め込む場所フリーハンドの減税、消費税増税など、

新自由主義に転換したからこそ衰退したんだよ。

大学の基礎萌芽研究と、企業設備研究投資という形で、金と時間をかけて地道にやらねばそりゃ新しいものを作れない。

それなのにイノベーションがー起業がーみたいにアホをおだてて思いつかせればすぐに儲かるねたがあるみたいなな空虚なことばかり叫んでるのはそうだね。

昔のやり方に戻せばいいのさ。

書いたな、俺の前で、低温調理の話を!

anond:20201125131418

便乗することしかできないが、低温調理機の素晴らしさをもっと布教したい。メリットと向き不向き、そしておまけに鶏肉以外のおすすめレシピを書かせてくれ。

メリット

調理時間が短い

加熱時間こそ長いものの、調理している時間が本当に短い。ほっといても大丈夫。これが一番のメリットだと思う。

・加熱変数任意に固定できる

料理温度料理科学。俺はそう信じてる。材料、加工、温度といった入力に対して、料理(物体)という出力が帰ってくる関数料理(行為)。そのうち技術介入要素が最も高い温度要素を、技術要らずで固定できる。これは革命と言わざるを得ない。同様の理由で、オーブン炊飯器ホットクック等電気鍋のあたりは技術要らずで加熱が固定される。非常に便利なのであるしかも低温調理機の場合温度が低い側で固定だ。肉料理捗るな?

弁当に向く

鶏胸肉は私も2年くらい週3で作ってる。低温調理のいいところは、冷めても、どころか冷たくても美味いところ。すなわち、弁当に入れてちょうどよいところだ。鶏胸肉なら高タンパクカロリーコスト、これが使えるか否かで昼食の栄養バランスがグッと変わってくる。私の低温調理鶏胸肉の一番の恩恵はこれだった。

鶏胸肉の話だが、下味つけるのもいいけど、ものは試しにオリーブオイル大さじ1と刻んだニンニクを一緒にポリ袋に入れて低温調理してみてくれ。あればブーケガルニとかのハーブ入れてもいい。完成したら切ってトマトソースでも塩コショウでもかけて食ってくれ。サラダに乗せてドレッシングでもいいぞ。

最後裏技として、ほんのちょっと味の素を入れて調理するのもおすすめ。鶏臭さがかなり抑えられる。

・保存を効かせることもできる

袋を密閉して低温調理で殺菌。袋を開けなければ、そこそこ持つ。全く保証はできないので、ぼんやりとだけ。缶詰と同じ原理。保存を効かせるなら、いつもより温度上げて長時間やるようにしてる。

デメリット

食中毒

低温調理にはどうしてもついてまわる。心配なら増田なんか見てないで様々な研究ネットに転がってるから確認してくれ

脂身が多い部位や、脂を楽しむ料理には向かない

低温調理は、63℃付近なら特にクチンミオシンの変性の話がメインになる。個人的意見として、この温度は脂の調理にはあまり向いていない。脂を楽しむならトロトロになるまで煮込むようなコラーゲンの変性の話とか、焼いて香ばしい香りを楽しむとかになるので、脂身が多いところは低温調理に向かないし、低温調理でやる必要がない。

・魚はオススメできない

素人が手を出すものじゃない。超低温でやるコンフィとかは雑菌が繁殖やす環境になるし、照り煮とかやろうとしても生臭さが抜けないから結局霜降りからやることになって、なら普通に作っても手間は変わらない。アニサキスもいる。魚大好きで自分で極めたい人向け。


レシピ

さて、レシピを書く。あんまり細かくは書かないので、色々察して作ってみて欲しい

ローストビーフ

月並みだけど、真っ先に作るべきは正直これだと思う。鉄フライパン、できればスキレットがあると嬉しい。

牛肉かたまりオススメはランプ-イチボ、筋をちゃんと引いたミスジヒレもも肉など。)

オリーブオイル大1

ニンニク輪切り1かけ

・好きな香草

赤ワイン

まず表面をしっかり焼く。この焼きはメイラード反応がどうこうもあるけど、殺菌の意味が強い。表面を焼いたらいったん肉をよけて、同じフライパン赤ワインを適量入れてアルコールを飛ばす。フライパンについた焦げは全部肉の旨味なので逃さず赤ワインに溶かす。

アルコールが飛んだら材料全部耐熱袋に入れて、水没でもストローでも真空パック機でもいいので空気抜いて、58度で3-6時間。肉のデカさとあなたの好みで時間は変えてくれ。ただし6時間以内がオススメ

低温調理が終わる30分前に、耐熱袋に小さじ1杯塩を入れて、揉み込んでおく。ここで下味をつけるのが一番美味く仕上がるのでオススメ結構熱いので、手の皮が面の皮くらい厚くない限り素手ではやらないことをオススメします。私は素手でやる。

出来上がったらもう一度表面を焼く。これは香ばしさのため。2度焼きが私の結論

あとはグレイビーソースなりなんなり作って薄切りにして食ってくれ。グレイビーソース作るとき、低温汁(低温調理後に袋に残る汁を指してこう呼んでる)を使うなら要注意。灰汁がいっぱいなので必ず一度加熱、アク取りとかで濾してから使ってね。

低温タンドリーチキン

今でも月2回は弁当がこれメインになる。いつものタンドリーチキンを作る要領で漬け鶏胸肉を耐熱袋に入れて冷蔵庫で寝かせておいて、そのまま低温調理スパイスに対する加熱の不十分さが気になるなら、スパイスだけ炒めてから漬ければいい。冷めてもうまいというか、冷めてたほうがうまい

科学的に正しい昆布だし

科学的に正しい昆布だしを取ろう。耐熱性がある麦茶ポットみたいな奴があると非常に便利。私は最近DAISOで「横置きできる冷水筒」っていう300円商品を買ってヘビーユーズしてる。とても良いぞ。

・水1Lに対して昆布15g何かしらの容器に入れる

・60度にして1時間

これだけ。さあ、美味しい昆布出汁が引けたな?残念ながら、昆布出汁が低温調理に使えるパターンあんまり多くない。普通煮物・鍋や、炊飯味噌汁などに使ってくれ。

やりたけば、この後昆布を取り出して70℃まで上げて鰹節30gを入れて3分したら濾す。どこに出しても恥ずかしくない出汁ができる。お吸い物、だし巻き、茶碗蒸しなど、出汁の旨味を活かすタイプ料理に最適。

で、この出がらしの鰹節を85℃まで上げれば二番出汁ができる。出がらしは冷凍保存も可能なので、適宜貯めておくとよい。普通に火にかけたほうが早いので低温調理機を使わないほうがいい。味噌汁や鍋には二番出汁で十分。

この3つは本当に何度も作っている。某先生激怒しそうなほど野菜がないが、野菜は結局85℃で30分で代わり映えしないし、普通に炒めたり煮たりして食ったほうが美味いと思ってるので。

さあ皆も低温調理沼にハマりに来い。そして温度を下げすぎて生っぽい鶏肉を食って、腹痛にならないか怯えながら過ごすアレをやるんだ。

追記

anond:20201126020200

↑がガチ勢です。cooking for geeksは読み物としても面白いのでオススメ。でも魚はオススメしない。

機材の質問があったけど、私はanovaしか持ってないので分からん、すまんな。耐熱袋はアイラップ。

ブコメでこんなのも良いぞ、ってオススメしてくれてる人、ありがとう。試してみる。

あと先生も言ってるけど、温泉卵もいいぞ!他のもの調理してるときについでに作るもよし、温度時間研究して自分好みの完璧温玉作るもよし。ただ、卵は温玉にしてからは痛むのが早いので、作ったら2日以内に食べよう。

anond:20201125202800

その、なんというか、これの分類障壁は単に数が多くて読むのしんどいってだけであってですね、

方向は同じほうを向いてるかもしれないが同一人物かどうかは大変怪しいので原則に則りとりあえず同一認定しない…というとっても基本的なことをやってない

まりそれは研究でもなんでもないことをその時点で自分から暴露しているわけで

まりそれは実際には「考えて」もいないことの証であり、その場の勢いと思い込み妄想と熱っぽい何かに浮かされてやっただけの、便所の落書き以下

英語フランス語程度の違いくらいは区別してほしいものだ

全く予想しなかったところで研究者適性が無いのが分かった話

私はブラック研究室所属する修士1年だ。

研究職に就くつもりで大学入学し、研究室に配属された後もバリバリ頑張るつもりだった。

でも研究室に所属して初めて、全く予想しなかったところで、研究職への道を挫折しかけている。

それは「同じメンツ人達毎日時間過ごすことが苦痛」ということだ。

研究室に配属される前から大学12時間滞在して勉強していることはままあった。

からコアタイム12時間でもやっていけると思っていた。

でも1人で過ごす12時間と、ほとんど他人と一緒に過ごす12時間は全く異なるものだった。

閉じた研究室では自分一挙一動他人監視下にある。

別に自分の行動に難癖を付けるヤツがいるとかじゃない。むしろ皆いい人なんだと思う。

でも、なんかもう自分の行動や表情が他人に何か思われるというのが苦痛なんだ。

しんどそうな顔をした時「大丈夫?」と心配されるのも、楽しそうな顔をしている時に「楽しそうだね!」と言われるのも、どちらも心に負荷がかかってしまう。

大丈夫?」は、相手気遣いであり有難いこと(あるいはただの社交辞令)だし、「楽しそうだね!」は話の種か見たままを言っているだけだと思う。

でも他人に表情をチェックされて管理されているような居心地の悪さがある。

ひねくれた人間だと思った方、申し訳ない。

自己弁護を重ねてしまうが、私は昔から変だったように思う。

思えば小学校から高校にかけて、休み時間になれば教室から出て行き、1人で校内をフラフラしたり図書館に行って過ごすことばかりだった。

他人と一緒に過ごすことを無意識に避けていたのだろう。

もうすぐ就活しなくてはいけないが、本当に困っている。

大学入学以前から研究職として働くつもりだったのが、この有様。

研究室はおろか内勤さえ向いていない性質で、何が出来るのか分からない。

毎日しんどいさを抱えながら、研究室に足を運ぶばかりです。

  幼少時は特に検討する価値があるようなことはなく、

   平成10年10月から突然自分勉強を開始して、 平成11年に地区高校トップ合格し、破竹の勢いで自分勉強して、担任からも絶賛されていた

   平成12年にZ会を受けていたが、添削先生からも答案がいいと言われていたが、3年次に失調して田舎なので東大は無理で、一浪し、平成14年に福岡

     猛勉強し、東大模試などでも中盤の成績を維持し、平成15年に奇跡的に東京大文Ⅰ合格し、学内でもよくしていたが、平成16年に司法試験に落ちた

   平成17年に東大法学部に進学したが授業には行かず数学研究ばかりしていて、平成18年にインターネットが今のようになって廃人化しながら

    平成19年に東京大法学部卒業した。

      しかし、平成20年にブログに書いたことで悪人から脅迫罪を作られ、小池クソ雅から懲役にされて田舎に帰された。田舎に帰りネットで遊んでいる最中

   書いたことで警察事件を作り、平成24年から留置場拘置所滞在し、平成25年に東京拘置所数学研究、6月から黒羽刑務所で受刑訓練を受けながら

    数学オリンピックの研究をして出てきた。出所後は田舎に居たが、平成30年に東京生活保護採用され、現在にいたるも、上記経緯が最悪なので、法公共機関および

   医者から最悪との認定を受け、働かないでいいような結果になっているが、極めて最悪。

新種のゴキブリ発見クラシエ公式の件から感じたこ

ただのお気持ち、散文、長文増田です

私は昔から昆虫特にゴキブリに興味を持っていました。それも所属していた学校部活(生物部)でゴキブリの観察実験をしたいと提案したり、生物系の大学入学したらどこかの製薬会社就職して毎日ゴキブリの世話と研究をするんだ!と中学生の頃に本気で思っていたくらいには。所属している部員顧問全員にその実験だけはやめてくれと言われたけど拒否の仕方が「気持ちいからやめて!」とかではなくもっと遠回しな表現だったのでありがたいことに周りに理解されていたんだな、と思っています。そんな感じで周りの環境が温かいのもあってゴキブリ展を見に行ったりゴキブリについての本を購入したりと趣味範囲内で自主的に学ぶ機会も多く、専門的にゴキブリを学んでいる方たちには遠く及ばないものの同年代(現在高校生)の多くの人たちよりはゴキブリについて知っているんじゃないかな~と自惚れてもいます

からゴキブリ好き(?)な私は今日公開された新種のゴキブリ発見記事を読んだ時は小躍りして喜びました。その勢いでゴキブリ有識者の方たちのツイートも見ようとしました。しか最初に目に入ったツイートアース製薬公式クラシエ公式のやりとりだったのです。

なぜ『衛生害虫駆除する薬品を作っている企業』と『暮らしに関わる企業』という衛生害虫について理解していなければいけない立場広報担当衛生害虫としてのゴキブリ(ワモン、クロ、チャバネなど)とそれ以外のゴキブリ(主に分解者としての役割果たしている種)をいっしょくたにしているのか。なぜ「嫌なニュースですね」など言えるのか。

ごく一部のゴキブリ衛生害虫として印象深い存在である以上、ゴキブリ=気持ち悪いの風潮は仕方ありません。広報担当の方が薬品の開発担当の方ではない以上、ゴキブリ=害という認識を持っていてもなんらおかしくはありませんしそれでも構いません。しかし新種の2種が人には害を与えない存在であることは記事を読めばわかるはずです。というかずっと発見されていなかった種、つまり今まで人と関わることのなかった種が人に忌み嫌われ続けている衛生害虫と同じわけないと考えなくてもわかるでしょう。また新種の生物発見ニュース本来喜ばしいことなはずです。それを公式アカウントという多くの人の目に入る環境で『嫌』と表現するのは如何なものか、とも思いました。

ただクラシエ公式謝罪している以上このままいろいろ文句を言い続けるのもな、って感じなのでこの件に関するお気持ち表明(笑)はここまでにしようと思います

ここまで無駄に長い文を打ち込んでいて「今私がとっている行動はタカラトミーアツギの件を批判していた方と同じだな」と思いました。自分が属している『女性』というグループに関することですらあまり感じることのできなかった問題が興味のある生物を通してここまで身近になるなんて正直びっくりです。今日クラシエ公式ゴキブリについて言及しなければ公式ツイッターでの問題発言という社会問題なんて一生対岸の火事だったかも。もちろんクラシエのあれはあまり褒められた発言ではないし見ていてなんだかイラっとしたしあんまり納得もいってないけど社会問題に触れるいい機会だったんだな、と思います公式アカウントの中の人ではないし今はまだ呑み込めそうにないけどこの件が興味のあるものを通して視野を広げられるきっかけになったらいいな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん