「研究」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研究とは

2018-07-20

anond:20180720000802

されてないよ

形成というのはあくま代理指標だし、がん化するのはその内のごく一部でしかない

現時点の厚労省見解はこれ。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/dl/hpv180118-info01.pdf

HPVワクチンについては、がんそのものを予防する効果は現段階では証明されていない。しかしながら、HPV感染子宮頸部の異形成を予防する効果確認されており、その有効性は一定の期間持続することを示唆する研究が報告されている。

子宮頸がんのほとんどは異形成を経由して発生することをふまえると、子宮頸がんを予防できることが期待される。

我が国における、HPVワクチンによる効果の推計

期待される子宮頸がん罹患者数の減少(生涯累積罹患リスクによる推計) 859~595人/10万人

期待される子宮頸がん死亡者数の減少(生涯累積死亡リスクによる推計) 209~144人/10万人

まり効果は期待できるってこと。

皮算用と言うけど、医療効果はあらゆる現在の・将来の可能性を検討できない以上は統計的判断するしかない。

そもそも論になるけど、医科学ってそういうもんだし。

HPV感染歴があると効果がないが、実際の感染率はわからない

米国では性交渉経験のある女性は50歳まで80%がHPV感染しているというデータがある。

がん化に関わるウイルスを全てカバーできていないので、他の型が増えたら意味がない

それはそうだけど、だとしても今使わない理由にはまったくならない。

現在日本使用されているワクチンは、がん前病変の原因の5割から7割をカバーしているので十分でしょう。

2018-07-19

anond:20180719233620

別の返信でも書いたけど、現状で老若男女が肯定しているからといって差別性が否定される訳じゃないし、それをわざわざ助長すべきではない。

それに「老若男女」が「あらゆる人々」を意味するならそれは現状認識が誤っていて、欧米を中心に許さな空気が出来てきているんだよ。

引用した記事のようにね。

罪については麻薬密売ほどの重罰にすべきかまでは今すぐ判断できないけど、懲戒解雇レベル社会的サンクションはやむを得ないように思う。

製品を買っちゃった方は厳重注意ぐらいでも仕方ないかな。

でも、自分研究開発した人間はそれより重い処分検討した方が良い。

ジェンダー配慮した科学技術を国際条約で定めて欲しい

受付嬢ロボット欧米はNO「ジェンダー偏見助長する」:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL7645G4L76UPQJ006.html

最近タイミングを合わせたように、海外の3人の識者から同じ指摘を受けた。

日本ロボットAI人工知能研究開発はジェンダーバイアスを助長している。なぜ社会問題視しないのか?」

1人目は、EU欧州連合)の科学技術イノベーション担当する幹部であり、2人目はスウェーデン科学技術担当民間アドバイザーだ。3人目は米スタンフォード大学のシービンガー教授で、「包摂社会」のための科学技術イノベーションに関する同大学の研究プロジェクトを率いている。

彼らが、ジェンダーバイアスを助長するロボットAI開発の例としてそろって挙げたのが「受付嬢ロボット」だ。日本では東京オリンピックパラリンピック視野に入れて、「おもてなしロボットの開発に力を入れている。受付嬢ロボットはその代表で、見た目も声も人間の「受付嬢」にそっくりに作られている。最先端ロボット技術海外披露するという意図もあり、国の研究開発機関大学も開発を競っている。それらには「アメリカEUでは受け入れがたい」ほどのジェンダーバイアスがある、というのだ。


欧米先進国の識者が指摘する通りで、ジェンダーバイアスに歪められた研究なんぞ産業廃棄物として潰してしまえ、と思う。

いちいち具体例は書かないが、特に人工知能機械学習ロボット工学系列で近年目に余るのがこれ。

ジェンダーバイアスで歪んだ研究成果は、そんなの研究とは認めず、製品サービスにも一切認めない。

欧米と同じく、日本社会も許さな姿勢を全員で表明したいし、国際社会でも互いに抑止する姿勢を強めていきたい。

個々の企業Googleを見習って、セクシズムをまき散らす社員を追い出すべき。

不安なのは、抜け駆けをする国や企業が出るんじゃないかってこと。

結果的に役立つ技術が生まれれば許されるでしょって判断で、これまでは何もかもなし崩しに認められてきた。

軍事利用目的で開発されたインターネットすら、いつの間にか肯定されている。

軍事研究を認めない大学教員声明文も、どこまで本気か疑わしい。

強制力を持った実践は一国の制度法律でどうこうなるものじゃなく、国際社会全体で監視するしかないと思う。

ジェンダーバイアスからまれ研究研究と認めない、結果生み出された製品サービスも輸入・輸出を禁止する。

抜け駆けは許さないし、仮に続ける国があれば国際社会制裁を加える。

大きな力に頼らざるをえないのは残念だけど、核拡散防止条約と同じように本格的な抑止の枠組みを世界で作るしか方法はない。

メーリングリストに代わるもの

今年の4月からある学会のある委員委員長になった。

大学講義自分研究もあり、不安もあったが持ち回りなので受けることにした。

この学会が古い学会のせいか委員会の下にぶら下がっている研究班(的な存在)の

連絡はそれぞれのメーリングリストを使っている。

それは知っていた、わたしもある研究班の1メンバーだったので。

委員長の下に6個の研究班があり、それぞれ活発に活動している。

それはいいことだけど、委員長は6つのメーリングリストに加わることになり、

届くメールの量が尋常じゃないというかすでに読めない状況になっている。

これではメーリングリストを使う意味が全くなくなってしまう。

なにか代替案は無いものだろうか(SNS?どんな?)。

ってところで情強はてなのみなさんのご意見をお聞きしたく。

ちなみに毎日100通ぐらいメールが届きます

2018-07-18

anond:20180718024831

増田の方です。なかなか分かりづらい文章だと我ながら思ったけど、読んでくれてありがとう

そして元増田もこんな俺に付き合ってくれて嬉しいなと思っている。

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

対立構造という程のものではないけど、元増田増田(俺)の立ち位置はご指摘の通りだと思う。

ただ、強いていうなら俺もまた元増田と同じ事を考えていたし、その色々と調べるうちに

昔とは違う立ち位置にたどり着いてしまったと思っていて、だからこの辺の文献を読んでは

どうかという主旨の発言をしているつもり。あえていやらしい言い方をすると、先輩ぶっている。

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

それについては明確に違うので俺の言い分を書いておきたい。

俺は日本人だが、やはり当事者自身日本文化を取り扱う事は大変に難易度が高いと思っていて、

研究に目を通す事は多々あるけれども発信はしていない。日本文化について言及する事を意図的に避けている。

レヴィ=ストロースのいう所のメタ視点自分自身とほぼ接点のない文化に対しては適用できても、

自らに適用する事はそう簡単ではない。だからはっきり言ってしまえばポピュラー音楽研究界隈が

あえて日本文化に切り込んでいくのを、民族音楽学者は指を咥えて見ているという状況が続いて久しい。

元増田が挙げる輪島さんにしても、増田さんにしても、二人ともポピュラー音楽研究界隈の人だ。

彼らは大衆流行や、何となく時代雰囲気分析する事に特化しているので遠慮なく物申せる部分がある。

だが民族音楽学者は違う。人間社会の織りなす文化はどれも等しく価値あるよねという大前提に立っている。

はいいところ探しに特化しているので、雑な意見反論はしても発信自体にとても慎重だ。

これではいかんと重い腰をあげる動きもあるのだが、全体的にフットワークは正直軽くなく、

その点についての批判真摯に受け止めなくてはならない、という程度の後ろめたさはある。

自分の手持ち武器は当該社会に深刻なダメージを与えるかもしれない、そんな畏れが心の底にある。

ただ、だからこそプロパガンダ的な、意図的文化志向を捻じ曲げて指針を示すような言説にはとても厳しい。

日本には侘び寂びの文化があるとか、礼儀作法を大切にするとか、伝統を重んじるとか、

何言ってんだこの野郎と率直に感じる。ごく一部の慣習を民族全体の伝統に置き換えるのはあまり乱暴すぎるのではないか

嘘で自分を着飾って自尊心を満たす事ほど愚かしい事はない。

もっと雑多でぐちゃぐちゃで日和見主義で、醜い部分から目をそらす事も多々あるだろと。

どんな事から目を逸らしたいのか、何を受け入れたくないと感じる美意識規範、無言の空気があるのか。

そんな部分も含めて全てを率直に受け入れつつ、肯定的評価していきたいというのが

俺や他の民族音楽学者の立ち位置だと思う。

除霊方法が聞きたいんだ。

からね。本当の事を言うと除霊は俺もできてないんだ。

自らのフィールドワーク体験からメタ視点については理解した。

でもそれを自らに適用する事はこの上なく恐ろしい事だ。

i-憎

所属するコミュニティ全部の中でなんとなくの「好きな人」を作るのやめたい

狭いコミュニティの中で手っ取り早く恋人を作るのをやめたい

いい雰囲気になった時好きでもないのに「私も大好きです♡♡♡」みたいな挙動とるのやめたい

それを全部秘密にするのもやめたい

どんどんどんどん首絞まってくよ〜〜〜

忘年会は気まずいし、研究発表の集まりのたびにヒヤヒヤしたくない

こんなことばっかしてるから、本当に好きな人には見透かされてるんだわ

だったら思わせぶりな行動すんなよな、同族かよ

からこそわかるし、わかってるんでしょ〜なんでそんなことするか

きじゃない人であっても好意を持ってもらえるのは嬉しいし、嫌われるのは苦しいんだよね

でも、好きでもないのに好きなふりするのは傲慢だよ〜優しさなんかじゃない

どれもこれも独りよがりだったってわかったときのしんどさ知ってるくせに

同族から苦手だし、分かり合えるつもりになっちゃったんだろうな〜〜〜〜切腹!!!!!!!!!!!!

ジュラシックワールド2見たよ

何だろうね。一言で言うと「めっちゃ金かけたるろうに剣心」みたいだった。

何のことを言ってるかと言うとさ、るろ剣映画版ってさ、1は評判いいんだけど、

2以降ってあんま評判よく無いじゃん?

あれの理由ってさ、よくある漫画原作実写映画でさ、めっちゃ説明するじゃん。

病的に説明しすぎなのがだいぶ大きいと思うんだよね。

例えば、るろ剣2でどっかの村で誰か死んだ所に弥彦が遭遇するシーンなんだけど、

あれさ、2回やるよね。一回の映画で同じようなシーンを2回やるよね。笑かしにきてるやろアレ。

あと、主要人物ですぎ問題

アベンジャーズとかさ、もうそれがお家芸でかつ、何連作スピンオフも無数に出して深み出せるならいいけどさ、

たかだか映画の2時間だけに剣心、弥彦左之助、薫、あおし、なんかずっと笑顔のやつ、火傷男、お坊さん.....etc....

短い時間で出過ぎやろ。漫画見てだいたい知ってたからまだいいけど、

あの映画でアオシ初見の人とか、まじで狂人しか映らんやろ。

一作目のウドじんえさんは完全に狂人からアレはよかったね。こきおろしてるけど、一作目は名作だと思うよ。

あとはあれだな、その人物過去が見えない問題

ワールド話題に戻っちゃうけど、いやむしろそっちが本題なんだけど、

ヘンリー・ウー博士っていう恐竜現代再生させたすごい人が出てくるのね。

その人ってワールド研究所長としてシリーズにほぼ皆勤なのよ。

所長だよ?所長。

単純にすごい成果出しただけならイチ研究員何だけど、所長だよ。所長。

何だけど、なぜか裏の世界の住人みたいな立ち位置なの。

おかしく無い?????????

何で?????

すごい功績残してるのにその状態って何なの?

恐竜再生第一人者としてさかなクンばりに人気者になるはずなんだけどおかしいよね?

で、ウー博士は劇中で無力な女性にこう吐くんだよな。

「お前、それやったらどうなるかわかってるよな?」

前後省くけど、チンピラすぎやろ。

まあこんな感じで、現在立ち位置や功績からしてそんな行動をとるとは思えない人たちがイキナリ屑化してるんだよね。

悪役だからってそんな短絡的な人間いるわけないじゃん。

パーク時代人間描写説得力あった、恐竜の生態をちゃん研究しているからなのか

人間の行動や思考ちゃん論理的に組み上げた脚本じゃないとせっかく演出しているのに、

どちらか一方が陳腐に見えたら映画全体がギャグに見えてしまうんだよな。

そこらへんは、他のハリウッド映画とは一線を画したシリーズだと思ってたんだけどなあ。


そんじゃーねー。

anond:20180718143440

批判はあったとしても、現時点で少なくとも関連性があることを統計的検証した研究はないんでしょ?

伝統について考える

増田トラバーの方々とかぬかしてるけど、長文でマウンティングかましてるのは全部俺だぞ。

それはいいとして、元増田の疑問や問題意識にはあまり響いてないようなので、少し切り口を変える。

今日伝統について考えてみたい。

伝統定義について、手元の国語辞典をひいてみた。

伝統

(1)系統血筋を受け伝える事。また、その系統血筋

(2)前代から受け継がれてきた先人の経験事業など、その社会風習となって、さらにまた後人に強い影響を与えるもの

様々な試論はあるが俺個人の考えでは、いくつかの文化政治的経済的な諸々の要因と分かち難いレベルで結びつき、民族という単位でまとめあげられたもの伝統と呼ばれるものの正体なのだと思っている。

便利だから続けているライフハックの類は習慣と呼ばれるが、こちらには民族的な色彩はない。

伝統はそうではない。伝統は自らの民族を語る上で欠かせない要素であり、我々を我々たらしめるものだ。

そして我々と彼らを分け隔て、区別する為のものでもある...というのがギリシャ時代からの人々の認識だ。

しかし、伝統とは漠然存在するものではない。あくま異文化と接触して、彼我の違いを知り、

その違いこそが我らの唯一無二の価値だと見出すことなしには伝統という名を冠す事ができない。

から、常に伝統危機に晒されている。文化戦争だ。負けたら我が民族権威が失墜する。

そんな政治的経済的文化的な理由で弄ばれてきたのが伝統の正体なんですよというのが輪島さん達の考え。

そこまでは元増田も正確に読み取ってるなと思ってる。

では何が元増田問題意識根底にあるかというと、

伝統は良くも悪くも我々の根幹に関わるものである」というある種の信念ではないかい?

というのも、実際にそういう人達スポイルされた悲しい伝統というもの古今東西あって、

その問題提起が例の本だったと思うんだよな。

バルトークという作曲家がいるのだが、彼は作曲家であると同時に民俗音楽研究家でもあった。

今にも失われそうな子守唄労働歌、踊り、気晴らしの遊びや口説き歌など膨大な歌と音楽舞踊を採譜した。

それらの蒐集とそれぞれの作品分析を通じて、民族音楽とは何ぞやというテーマを深く掘り下げ、

彼らという民族民族たらしめるもの特定し、伝統という名のバトンの受け渡しの大きなうねりに作曲家として、愛国者として身を投じようとした。

バルトーク作品群の中でも編曲作品は明らかにこうした政治的意図を持っている。

しかし、彼の音楽研究は結局の所、労作であるハンガリー民謡を読めば分かる通り、うまくいかなかった。

暗雲立ち込める祖国の中で閉塞感を感じ、積極的に行ってきた民謡蒐集からもやがて興味を失い、

音楽ひきこもりといえるような苦悩を臆面もなく吐くようになってしまう。

追い討ちをかけるように、愛国者バルトークハンガリーウヨからルーマニアサヨから批判される事態に陥る。

ではどうしてバルトーク晩年にはそのような態度になってしまったのだろうか?

それは元増田と同じ事を考えていたからだと思うんだよな。うん。

anond:20180718005328

確定ってどういう意味か知らんけど、複数専門家患者を診察や研究して確認し、動物実験でも確認された

普通に考えて関連あるだろうな

2018-07-17

anond:20180717232511

人間女性男性複数で奪い合う、競うのが基本であるってことよね???

一妻多夫遺伝子的に想定されているってことじゃない?

もう一つは精子遺伝子だ。ヒトには、精子をほかの男性精子と競わせる遺伝子がある。

ゴリラ場合、この遺伝子活動していないか活動を縮小している。



ゴリラは基本一夫多妻やでー。雌は浮気しないよ!

 ウェルカムトラスト遺伝学者で、研究チームのクリスタイラースミス氏は、

ゴリラはオス1頭に多数のメスという群れで暮らしているため、精子が競い合う機会はあまりない」説明する。

anond:20180717171744

一夫多妻制を夢見ている増田さんはゴリラ由来かな?🐵👨

 もう一つは精子遺伝子だ。ヒトには、精子をほかの男性精子と競わせる遺伝子がある。

ゴリラ場合、この遺伝子活動していないか活動を縮小している。

 ウェルカムトラスト遺伝学者で、研究チームのクリスタイラースミス氏は、

ゴリラはオス1頭に多数のメスという群れで暮らしているため、精子が競い合う機会はあまりない」説明する。



ゴリラゲノム解読に成功」2012.03.04

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5735/

世の中のスピードが早くなろうとしすぎてる感じするけど、生まれから高々10年くらいしかまともに世の中を見てないから本当に狂ってるのかわからない。

昔はもっとゆっくりしてたんだろうか。

今は早く物事を進めることが当たり前になってて、人間思考が追いつけないスピードになってるように感じるけど、昔は全部ゆっくりな分入る情報も遅くて体感的には今と変わらないスピード感なんだろうか。

例えば大学だとかの研究機関もろくに検討する時間すら与えられず成果を求められている、という印象だけど、昔はそんなことなくて理論構築や考証を重ねる余裕があったのだろうか。

もし昔と今が変わってしまっているのだとしたら、今は昔より早く進めなければならないために試行は多いが荒い進歩になる。昔の遅いが確実性を取った進歩よりは良いのだろうか。数打ちゃ当たるじゃないけど、試行回数が多い方が大物ヒットの可能性があがる、みたいなことはあるんだろうか。ある分野ではそう言えるけど、違う分野ではそうではない、みたいな話なんだろうけど。

anond:20180714000047

スプラトゥーンについてだけ

ゲームを全くしてこなかった妻が、アサリでAまで行けている

デマエ上げたいのなら、ガチルールの勝ち方を把握して、ステージ毎に研究すること。

デマエはキルレートじゃないから。

それが面倒なら諦めろ。私は諦めた。

(どんどん増えるステージ、ブキの対策が間に合わない)

日本大学情報系の研究レベル

2018-07-16

米国指揮者作曲家の故レナード・バーンスタインがおっしゃっていました。わたしはよく 「私は音楽家になれるでしょうか?」と聞かれます。私の答えはいつも誰に対しても即座に「駄目です」です。…音楽家は好きや嫌い、なれるかなれないかに悩むものではありません。他になるものがあるなどということを考えつかない者がなるものです。芸術家はみんなそういうものですが、研究者芸術家と同じです。

自分が研究に向いているかを知る16の質問 | 日本の科学と技術

自分もそういえば博士課程の終わりまで普通就活みたいなの一切やってこなかったし、これは腑に落ちる。

旧帝大理学部だけど世渡りうまい同級生はみんな修士までにいいとこの企業就職していったなあ。

[] 弟子死刑執行には反対?

江川紹子さん、永岡弘行さん、滝本太郎さんらは、オウム真理教に殺されそうになった方々。

自分たちを殺そうとした相手なのに、弟子たちの死刑執行には反対された。

なぜか?

 

暗殺未遂

 

死刑反対

これで、オウム事件死刑囚は6人となった。報道によれば、法務省は今後、順次執行していく、という。しかし、彼らはカルトによる未曾有のテロ事件の生き証人である。その彼らを何ら調査研究活用する機会を永遠に失ってよいのだろうか。

 

署名の取り組みにご協力いただきました皆様にお礼申し上げますとともに、12人のオウム死刑囚の死刑執行回避のためにさらなるご協力をお願いいたします。

 

その上で、しかオウム事件については、私を殺そうとした人を含め、教祖以外の12人の死刑執行してはならないと考えます。残る6人だけでも執行しないでほしい、とつくづく考えます。  これ以上「麻原彰晃」の道連れになどさせてたまるか、と。 https://t.co/dQMWouETIl

 

合気道和合の道

ある時、弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と聞かれた塩田は、「それは自分を殺しに来た相手友達になることさ」と答えたという。

 

生き証人言論の自由を守る

「私はあなた意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

 

自分を殺しに来た相手であってさえも擁護する人なんているだろうか?

普通ならあり得ないことだろう)

 

しかし、彼らは違う。

何らかの確固たる信念がなければ、できない発言だと思う。

 

人格者」という言葉オーバーなら、「胆力がある」とでも言おうか?

まり語られていないことだが、信者たちは彼らの死刑停止の要請について、どのように受け止めているのか?聞いてみたいところではある。

 

anond:20180714173148 [AUM] 弁護士法治国家否定

anond:20180716120130

その経済学教科書に書いてある内容が、今の世の中に当てはまんのかい

個別事象説明できるだろうが、これから世界過去研究は役立たなくないか

anond:20180716114935

そんな感じですね

羽生さんはどんな戦形でも指しこなすと言われてるけど単に地力ものすごいからなのか

それとも人知れず全戦形の研究必死でしているのか

anond:20180716113747

研究ぶつけ合う時にじゃんけんみたいな相性があって、グーでパーに勝つのが容易でないという話かな

でも羽生とかタイトル何度もとるような棋士はそういうの関係なく勝つんでしょ

anond:20180716113747

研究量って、野球サッカー練習量に相当するように思えるんだけど、

練習でどこまで実力を伸ばせたかの差で勝負がつくならそれは実力差だと思うんだけど、

将棋界では運の話でかたずけられる風潮なの?

将棋に運の要素はある

ジャンケンで先攻が決まるとかそういうのではない。

現代将棋研究勝負である相手がこうしたら、こうする…そういう「作戦」を大量に引っ提げて盤の前に座った時点で、勝負の半分は終わっている。

ところが将棋の戦形というのは無数にある。

大雑把に分けて、相居飛車、相振り飛車居飛車振り飛車(対抗系)。

居飛車にも矢倉・相掛かり・横歩取り・角換わり・一手損角換わりとあり、それぞれにさらに無数の小分類がある。

全ての戦形について、無限に詳しくなることはできない。

アマチュアは勿論のことだが、プロでさえそうだ。

この人は居飛車党、この人は振り飛車党という言い方がある。

棒銀ならこの人、四間飛車ならこの人、中飛車ならこの人。それぞれに得意戦法がある。

それは、その人が特に研究してきた戦法に他ならない。

将棋の運の要素とは、「誰と当たるか」だ。

アマチュアなら特にそれが顕著だ。

全ての戦法をちょっとずつ研究しても誰にも勝てない。人に勝てるレベルまで研究を進められる戦法は多くない。

自分がこれならいけるという戦法をぶつけて、相手がそれ以上に研究していれば?

もしくは、自分がこれなら研究してきたという戦法をぶつけたつもりが、相手に早い段階で脇道に入られて、相手がその脇道をめちゃくちゃ研究していたら?

もしくは、脇道に入って相手の得意戦法を潰したつもりが、実は相手のほうがその脇道だけをピンポイント研究しまくっていたら?

アマチュアネット将棋マッチングだとこのようなことが頻繁に起こる。

さすがにプロ同士の将棋で脇道を知らないということはありえないが、それでも研究量の差というのは出る。

得意戦法どうしの相性というのも存在する。

「相性の悪い相手(戦法)に当たってしまった」

これを、運の要素と言わずに何と呼ぶのか。

anond:20180716010342

コスパで言えば今現在ダントツ原発コスパいから、ほかの選択肢なんか必要ないんだよなぁ。

大規模自然災害に耐えるか、万が一メルトダウンしても周囲に悪影響を及ぼさな原発か、原発村にはそういうのを作る研究頑張ってほしい。

てか、最初から石棺で囲った原発作ったらあかんの?

メルトダウン発生した場合の後片付けのコスト考えたら安いもんだと思うんだが。

anond:20180716010037

原発よりも効率の良い発電方法開発してから出直してこい。核融合発電の研究手伝ってくれば?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん