「短期」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 短期とは

2019-01-21

anond:20190121190224

障碍者不要社会なら病院もいらない

応急処置短期入院で治らない病人はたいていずっとそのままだから殺したほうがいい

オバちゃんとして働く覚悟

オバちゃんってなんであんなに暇でインケンなんだろうってずっと思ってた。

他人ことなんか放っておけばいいのに、噂好きでわざわざ首突っ込んでひっかきまわして本当に面倒くさい存在

働くという行為に何やら価値をみいだしてる人もいるらしいけれど、私にとってそれは少数派だ。

仕事生き甲斐だったり、やりたいことが仕事だったり、自分起業したり、女性が輝く時代だと言ったりする人はいつも画面の向こう側。

実際に派遣で働いている私はそんな人に会ったことがない。

派遣は二、三ヶ月ほどの短期で行く場所が変わる。

時に清掃だったり、繁忙期の工場だったり、ライン製造だったりもするけれど世帯年収が500万もないうちでは単発の仕事は貰えない。

同じところで長く働きたいと考えたこともあったけれど、どんな職場に行こうと必ず現われるのが存在意義は嫌がらせかと問いたくなるようなオバちゃんばかりで続かなかった。

そのようなオバちゃんは必ず居るのに、どの仕事従事しても働くのが好きで働いている人など見たこともない。

まりに遭遇しないので輝く女性などはスローガンのみの空想産物なのではないかと思える。

皆、私と同じ、働く理由賃金。それのみ。

それ以上も以下もない。労働力提供して報酬を貰えればそれでいいのだ。

そして歳を重ねる内に気がついたこともある。

オバちゃんがなぜ、あんなにも暇でインケンなのかという理由

それしかいからだ。

同じ職場で同じミスをしたとしても若い女の子とオバちゃんでは管理者の態度が全然違うことに気がついた。

若い女の子だとニコニコと笑って貰えるが、年老いたオバちゃんに愛想良くする管理者などいない。

露骨な人になると若い女の子がお喋りをしていても笑って済ませるか会話に混ぜて貰おうとするけれど、オバちゃんなどは舌打ちされたり怒鳴られたりする。

目つきも全然違う。

可愛らしい子猫を見ている眼差しと汚らしいゴキブリを見ている眼差しくらい違う。

自分オッサンなのに。

しかしそれは差別だ何だと言って相手改善を求めるようなことではない。

そうではなくてこちらに覚悟必要なのだ

私は若いからトロいところがあってよく何もないところで転んだりぶつかったりしていたけれど、これはオバちゃんとして社会で働く覚悟を決めなければと感じている。

これまでは転んだりぶつかったりしていてもドジだなあくらいで心配される側だったが、これからはむしろ危険物扱いされる側なのだ

そのような扱いを受けていても、決して噂好きで若い女の子を陥れたりしないようなオバちゃんになる覚悟

その覚悟必要なのだ

2019-01-20

ぼくがMリーグを観なくなった理由

昨年10月に開幕した日本初のプロ麻雀リーグMリーグ」。

現在は予選も終盤となりより一層盛り上がっていくことであろうこのMリーグですが、僕は開幕時から視聴してパブリックビューイングという実際に試合会場近くまで足を運んで応援するというイベントにも参加してきました。それだけこのMリーグを楽しんでいたし、これからの発展にとても期待しています

しかし、今の僕はほとんどMリーグを観ることが無くなってしまいました。

別に興味が無くなったわけではない。単純に疲れてしまったのだ。今回はこの理由について書かせてもらおうと思います。そしてもし「麻雀は好きだけど分かる」という声があればお聞かせください。

そもそもこんな話をするお前は何者だというところをお話します。僕は別にプロ雀士でもなければアマチュア強豪というわけでもなく、むしろ一般的に見ても雀力が高いとはいえないようなただの麻雀好きな男です。

麻雀を始めたきっかけはゲーセン麻雀格闘倶楽部、麻雀を観るようになったきっかけはAbema TVという、およそ平均的なイマドキの麻雀ファンだと思ってます

そんな僕に衝撃をもたらしたのは、Mリーグ開幕の吉報です。

名前の通りJリーグなどのナショナルリーグ化を目指す試みであり、今までは複数あるプロ団体主催する独自リーグプロリーグとして認識されていた麻雀界に対して、スポンサードによる年俸制という革新をもたらしたのです。(そのため、前述した日本初のプロリーグには語弊がある)これはよりいっそう麻雀を楽しめる!!そう思っていた僕のところに思わぬ訃報が届けられたのはMリーグ開幕後すぐの11月末のことでした。


「RTDリーグの終了」です。




RTDリーグ終了の衝撃とMリーグとの差異

RTDリーグとは先に述べた各プロ団体主催するリーグ戦ではなく、かといって最強位のような超短期戦でもなく、招待選手たちが1年という長期間渡り繰り広げるリーグ戦で、AbemaTV麻雀チャンネルオリジナル企画であり看板番組でした。この番組たまたま視聴したことが、僕が麻雀を観るきっかけとなり、ひいては観る雀が習慣化されるきっかけとなりました。

この番組2016年からまり2018年の3シーズン目は入れ替え基準不明確だったものを降格制度を導入して明確化し、「勝ちたいけど負けるのはもっと嫌だ」という選手たちの葛藤を間近に見ながらよりドラマのある展開となり(個人的には藤田社長の不参戦や、やや冗長にすぎるインタビューなど不満な点もありましたが)、10月に行われた決勝戦の結果小林剛プロの優勝で幕を閉じました。

また来年もこの熱い戦いを観ることができる、そう信じていた視聴者もきっと多かったと思いますしか番組最後に流れたアナウンスは、無情にもRTDリーグ終了のお知らせでした。

そして、その理由Mリーグにありました。

Mリーグ放送母体ほぼほぼRTDリーグと同じで、Mリーグに出場する選手の大半はRTDリーグ選手と被っています。そのため並行して行うことは難しいという判断だと思われます

当初はもちろんこの訃報を悲しく思いましたが、その分Mリーグ応援しようと思いました。しかし、このシコりは次第に大きくなっていきます。RTDリーグMリーグは大きく違っているのです。


観る雀は、疲れる

僕がMリーグを観なくなった1番の理由、それは「週4回という放送スケジュールを追いきれなくなった」に尽きます

Mリーグは月曜、火曜、木曜、金曜の午後7時からそれぞれ半荘2回を行います毎日およそ3時間強で、RTDリーグの単純に2倍の時間です。(RTDリーグは月曜、木曜の午後9時から半荘2回)

そして麻雀真剣に観るのは、とても疲れます

選手思考に思いを馳せながら観るのは観る雀の醍醐味であると僕は考えています。そして視線は常に牌姿にいくため、常に集中する必要があります

もちろん流し見をする人もいるかもしれませんが、麻雀は盛り上がりの場面が明確ではなく、いつその瞬間がきてもおかしくないのです。実況が盛り上がってきてから観ても、それまでの牌の動きや選手思考に追いつかず、「ただ良い手が入っていたから勝った」だけのものになってしまます

そのため僕はRTDリーグを観るときはコンディションを整え眠い時は後からビデオで観るというのが常でした。それでもRTDリーグは週2回、追いつくことは難しいことではありません。

しかMリーグはその倍の週4回。僕は1月20日現在12月上旬試合のところで停まっています

それでも追いつかなくちゃと当初は睡眠時間を削って観たり、食事をとりながなら観るなど、それまでしていなかった「ながら見」をしてでも追いつこうとしました。

そうなると今度は現在ランキング違和感を覚えてくるのです。あれ、Abemasいつのまにこんな下に?とか。それは「ながら見」を行ったが故に、試合の結果が頭に入っていなかったのです。

そして、それは次第に試合内容にまで及び、ビデオ再生して見終わったものが実は既に一回観終わっているものだった、というのもザラにあります。これではとても麻雀を観ている、とはとても思えなくなってしまいました。


Mリーグは、長い

もう一つ決して小さくない理由として、試合以外の要素が多すぎるという点が挙げられます

戦前選手紹介や毎回代わり映えのない対戦前インタビュー(そもそも選手に毎回インタビューの内容を面白く話せという方が無理がある)、そして長すぎるヒーローインタビュー(これについても松本圭世さんはものすごく麻雀勉強してるし自分の色を出しながらインタビューして選手個性を引き出そうと並々ならぬ努力をしていますが)などなど、RTD2018を観ていてやたらとインタビューが増えたことの集大成として実に1回あたり30分近く対局以外の時間があります

もちろん対局だけ映す今までの各プロ団体主催リーグとの差別化を図り、よりドラマティックにエンタメ化をはかる上では必要なのかもしれないが些か長すぎるのではないかと…。


結びに

僕は今も麻雀は大好きですし、先日の麻雀チャンネルの新春特番など面白企画をこれからAbemaTV様には続けてほしいので僕はこれからプレミアム会員でい続けます

しかMリーグに対して真剣に追うことは現在体制下では自分生活リズム範疇での視聴を大きく超えているため、今後もないでしょう。結果だけみてもチームの点数だけなのでイマイチどのプロがどう勝ったなど分かりにくいところはありますが見るくらいはするでしょうがビデオでの後追いを時間ができたときにちまちましていくことと思います。このタイミング記事を書いたのはなんとなくですが、Mリーグの盛り上がりに水を差したいわけではありません。来期以降のスケジュールを考えるうえでこういった意見もあるということを垂れ流したかった、ただそれだけです。

2019-01-19

投稿TweetDeckからになってるのは外注投稿

https://anond.hatelabo.jp/20190119103447 の続き

今日のプロブロガー(2019-01-15)(5) | MechaAG

高知柚子園のおばちゃんの件もそうだけど、イケダハヤト他人から好意を仇で返すんだよね。今回もイケダハヤト一生懸命擁護しようとした正田圭は、イケダハヤト言動で逆に傷口を広げる結果になってしまった。疫病神しか言いようがない

自分言動によって相手迷惑がかかることが、誇張ではなくて本当に理解できない・想像できないのだと思う。そういう部分の思考力が欠けている。

イケダハヤトは一匹狼としてしか行動できないので、長期的な繁栄を考えた戦略をとるのは無理で、短期的な利益を最大化するには焼畑農業しか選択肢がない。

https://mechaag.tumblr.com/post/182062972662/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%BC2019-01-1513:ttile]

ところでイケダハヤトtwitter外注システムを知らない人が少なくない。イケダハヤト過去ツイート適当に見繕って、最新の投稿のように投稿するシステム。界隈の誰かに金を払ってやってもらってる。投稿TweetDeckからになってるのは外注投稿。それを本人のリアルタイム投稿と思ってまじめにレス付けるの馬鹿らしいので、みんなやめるよう

今日のプロブロガー(2019-01-17)(6) | MechaAG

サル君が目指す社会は、大企業の中にあるんですよ。探し求めた青い鳥は実は一番身近なところに最初からいた、って昔話があるじゃないですか。サル君の理想サラリーマン社会の中にある!

今日のプロブロガー(2019-01-18)(4) | MechaAG

東大受験のための予備校試験に落ちたぐらい恥ずかしいことですかね。

まあでもイケダハヤトはこの調子じゃ、どうせ何かの会に入っても、遠から喧嘩別れして後ろ足で砂をかけて出ていくことがはっきりしたわけで、誰にも頼らず孤高の存在として生きていけばいいんじゃないですかね。

TIGALAの件で「いくらなんでもここまで子供だとは思わなかった」って人が多いんじゃ。炎上は芸であって、本当はちゃん損得勘定計算できる人だと思ってた人も多いんじゃ。等身大イケダハヤト理解されてよいことです

もう「未知数の期待をされた若手ブロガー」じゃないんですよ?

https://anond.hatelabo.jp/20190119101849 の続き

今日のプロブロガー(2019-01-10)(6) | MechaAG

今回のイケダハヤト界隈の騒動を見ててマンガエロゲ太陽」「ブラック社長編」を思い出してしまった。

今日のプロブロガー(2019-01-10)(7) | MechaAG

別にアンチを納得なんてさせなくていいんですよ。大衆に「なるほど、イケダハヤトや正田圭はちゃん対処してるな、さすがだ」と思わせることが大事。そして大衆はどういうときに「この人はさすがだ」と思うか?アンチを叩き潰せばさすがだと思うか?そこがイケダハヤトの子供っぽいところ。そうじゃない。なりふり構わず戦って結果的アンチに勝ったとしても、ギャラリー評価してくれない。まあイケダハヤトと同じ精神年齢の低い人から評価されるかもしれないけど。

アンチに対しては勝たなくてもいいんですよ。負けてもいい。ギャラリーに「ああ、この人は信頼できるな」と思わせる戦い方をすべきなわけ。その意味では「時間がたてばどうせそのうちみんな忘れる」なんて発言は、もう最悪。だって大衆馬鹿にしてるわけでしょ?こういうのが生きるためのノウハウなんですよ。そしてこういうことはイケダハヤトサロンに入っても、イケダハヤト情報商材を買っても学べない。だって当人そもそも身に着けてないノウハウなんだもん

今日のプロブロガー(2019-01-10)(10) | MechaAG

アンチ攻撃すれば攻撃するほど、アンチの思う壺。そんな基本的なことも分かってなかったとは。アンチに勝つには、アンチに勝とうとしないこと。勝とうとする時点でアンチの策略にハマってる

今日のプロブロガー(2019-01-10)(8) | MechaAG

イケダハヤトがどう思ったか?ではなく、世間がどう思うか?を重視して対応しないと、逆効果になると思うんですけどね

今日のプロブロガー(2019-01-10)(9) | MechaAG

あの頃はまだイケダハヤト20代若者だったけど、いまはイケダハヤトオッサンからねぇ。20代って結構短い。正田圭は一応会社社長なわけで、自分会社をとるか、イケダハヤトをとるかといえば、会社じゃないのかな。イケダハヤトを優先したらたぶん正田圭は社長を辞めなければならなくなる。さすがにそれはしないでしょ。となるとイケダハヤトの方を切る

イケダハヤトはこの6年間の人間関係をすべてリセットってことですかね。馬鹿だなぁ。年齢が上がるほど新たな人間関係なんて作りにくくなるのに。もう「未知数の期待をされた若手ブロガー」じゃないんですよ?これからはどんどん「期待」より「実績」でしか評価されなくなる

今日のプロブロガー(2019-01-10)(11) | MechaAG

ネット意識高い系という場合短期間に成果を出したいという人なんだよね。それだと向いてない仕事がたくさんあると思う。長期的な視点で見ることができる意識高い系ならいいかもしれない

今日のプロブロガー(2019-01-10)(12) | MechaAG

サラリーマンができない人間コミュニティ運営のような忍耐が必要作業が向いてるとは思えない

手順が粗雑で乱暴という問題はあるが、サロン内で不適切発言をした人をBANすることは正しいと思う。ただその手順をもっときちんと行うべきだった。「サロン内でこの話題禁止します」とまず警告し、再三の警告にも従わないなら、BANするという手順を踏むべきだった。まあイケダハヤトにそんなことできないだろうけど

正田圭にせよイケダハヤトにせよ、自分コミュニティ運営に直接かかわらず、発信者としての役割を果たせばいいんですよ。そういうコミュニティ運営するのはそういうのが上手な人に任せて。ただイケダハヤトってそういう人(組織運営うまい人)を嫌いだからね(苦笑)。そこにジレンマが生じる。

2019-01-17

絵は上手いし読ませる技術もある漫画家

https://togetter.com/li/1309478

Twitter上で見ると

「やっぱりプロはすごい、そこらでFav稼ぎしてるアマチュアとはレベルが違うね」

と思ってもいざ週刊少年ジャンプ掲載されると

「絵は下手で漫画としてもつまらいか短期打ち切りも当然」

になってしま現象

なぜなのか。

転職活動してるんだけど

求人情報見ても会社をどこまで信用して良いのか分からない

新卒会社で失敗したから同じ轍を踏みたくなくて吟味してる

けど吟味しすぎたら選り好みしすぎになる

選り好みをせずに入社すると多分同じ轍になる

入ってみないと分からないところは沢山あるけど、それでも変なところは避けたい

難しすぎる・・・

個人的にはハロワ求人掲載頻度とか載らないかな〜と思ってる

短期間で数回掲載されてたりするとやばい会社なのかな?と思えて避けられそう)

2019-01-16

anond:20190116233412

俺が問題にしているのは、その普通だったら「年単位」かかることを、かなりの短期というか、年単位と比べたら一瞬と言ってもいいくらいのペースで実行する奴がいること。

イベント後に1万切った資材を、次のイベまでにカンストとか、改二実装アナウンスされてから、改二改装可能レベルに速攻育てる奴とか。

まあレベル普通海域レベリング(例えば一期のリランカを延々回せば数日で到達したらしいし)や演習MVPで促成は十分可能だけど、資材はかなり怪しい。


大型艦はもう完全に運次第なくせにメチャクチャ資材を要求するので、無課金だったら何年かかってもお目当てを入手できない可能性が普通にあるのが酷すぎ。

イベでドロップすることもあるけど、それだって掘りがほぼ前提なので救済策とは言い難いし。

なので「何が当たるかお楽しみ」ではなく、完全なストレスになっていて、挙げ句課金誘導公然の秘密になっていると。

かくいう俺もビス子とサラは持ってねーし。

やっぱこのゲームダメだわ。

物流お仕事

◆誰が荷物を運ぶのか 同乗ルポ 深夜のトラック距離輸送

https://news.yahoo.co.jp/feature/470

引き合いにするようでしないんですが(しないんかい)、短い間、大手の集配センターで働いたことがあります

面接に車で行ったのが失敗で、電車の乗り継ぎがすげぇ面倒って事に就業してから気づきました。

それがあって短期間で辞めてしまったのですが(2,3時間副業としてだったので生活問題はなし)。

他にネックがあったとすれば、幹線ドライバーの運ちゃんオラオラ系ばかりでおっかなかったことw。

あと教育体制がね……。

現場で覚えさせられる感じなのですが、ハンドスキャナーで読むのは「1番でかいバーコードだって言ってんだろ!」しか言わない。

数種類の伝票があって、中には”1番でかいバーコード”じゃないのが読み込ませるべきものだってあった。

最初に伝票の種類だけでも座学で教えてくれてたら、もちょっとスムーズに出来たのにな。

ま、このへんは前置きなので(長いが)置いておきまして。

幹線の大型トラックへの積み込みは、それはそれは凄いものでありました、というお話です。

「そんなに重ねるのか?」「下の方大丈夫か?」

シューターの上の方から落ちてくるのがやけに重い箱で、下方に溜まってる箱を潰す光景はよく見かけました。

(なんであんなの重いのを落としてくるのかが分からない)

荷物はそんな過酷な状況で運ばれています

別件でのお仕事で、上記大手とは違う物流倉庫仕事したこともありました。

こちらは一段下流で、お店や得意先の納入品を仕分けるところでしたが。

荷扱いや積み方に関しては五十歩百歩・・・

自分経験を踏まえて思ったのは、リアル店舗家具など買い物した時は、

なるべく車を出して、自分で持ち帰った方がいいんでは?という事。

運送を任せると、自分の買った荷物を、再び”過酷な目”に遭わせることに成りかねないので。

2019-01-15

anond:20190115151329

短期間で区切りをつけられる方式だし、毎回その度にちょっとずつ更新してきたしね。

三期にはもうメインのキャラデザから水木先生タッチが抜け始めているのもでかい気がする。

2019-01-12

木造2DK賃貸都民共済全労済ヤマダ少額短期イオン少額短期エポス少額短期アイアル少額短期楽天損保日新火災
借家賠償1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円2,000万円
家財800万円800万円1,000万円350万円450万円700万円800万円800万円
保険料10,400円10,100円6,600円6,900円18,000円(2年)8,600円11,52011,000円
割戻金30.20%?------
実質保険料(1年)7,259円10,100円6,600円6,900円9,000円8,600円11,52011,000円

必ずしも共済最強って訳じゃないんだな

2019-01-11

不謹慎な話だが天皇陛下短期間で何回も何回も代替わりしたら

書類の生年月日欄の元号に○を付けるところとかとんでもないことになるんだろうか?

今は3個とかだから良いけど10個とかになるとめっちゃ小さい字になりそう。

2019-01-09

うつ症状の整理

抑うつ一般的に知られる症状

 精神症状

  抑うつ気分

  不安・焦り

  遠くへ行きたい・消えてしまいたい

  興味または喜びの喪失

  意欲の低下・億劫

  自分を責める

  会話や本の内容が入ってこない

 身体症状

  睡眠障害

  食欲の変動

  疲労感・倦怠感

  動悸・息苦しさ・口が乾く

私の場合

 発症時期と変遷

  F32.0(.14 中旬) F32.1(.16 1) F32.2(.17 7救急搬送以降)F32.3 (意識レベル低下により主観記憶上に明確な時期の認識存在しない)IDC-10 2016

 自覚(あるいは過去主観記憶からあったであろう)症状 おおよそ時系列

  微小妄想 病感あり

  醜形妄想 病感あり

  離人症 病感あり

  希死念慮

  集中力低下 自覚症状の発現は遅い

  精神運動遅滞 psychomotor retardation 自覚症状の発現は遅い(暗記テストの点数の変遷により推測)

   短期記憶力の(.16 7~ 有意な)低下

      ex.記事項が覚えられない 何をしようとしていたかからない、掲示物の内容を記憶できず何度も見直すなど日常生活に支障

   計算速度、精度の低下、不能

   英文の内容把握速度、精度の低下、不能

   読解、読字速度の低下、不能

   会話の内容が把握できない

  罪業妄想 some idea of guilt and worthlessness  病感なし

  意欲低下 eduction of energy, and decrease in activity 病感なし より早くから存在した可能性大

  睡眠障害 3〜5時間睡眠

  自殺念慮行為 Suicidal thoughts and acts 意識喪失二回 三回だったか

  一時的な興奮 agitation

  嗜眠 傾眠 somnolence lethargy

  うつ昏迷 stupor

治療、休養が遅れた理由(多分)

 てんさい(笑)なので意欲低下や精神運動遅滞を隠すことができた(教授などで認知症発症が遅く進行が早いのと同じ)

 親が昏迷とか睡眠障害精神運動遅滞を発症している本人に受診等の判断をさせた(させようとした)

  が当然無理

 朝方の(一般例と同じく朝方が一番ひどい)昏迷・嗜眠・傾眠状態ときに散々に学校にいけと怒鳴られ身体暴力も受けた

 本人に治す気がない(セルフネグレクトの気がある)

  キツめの破滅願望がある?

 

どうすべきか

 やす

 卒業資格は今年度は諦める

そのた

 搬送自殺行為によるものではない

現状

 現状家事くらいはできるようになったが、そのため社会復帰して卒業資格取ってこいとの圧がつよい 

 しにたい

EDIT 一部見やす

anond:20190108193230

出産年齢の女性に最も多く見られる癌は乳癌だ。米North Carolina大学Chapel Hill校のHazel B. Nichols氏らは、分娩後の女性乳癌リスク時間経過と共にどう変化するかを検討したところ、未経産女性比較したリスクは、分娩から約5年の時点でピークになり、分娩から20年間以上にわたってハイリスク状態が持続していたと報告した。結果はAnn Intern Med誌電子版に2018年12月11日掲載された。

 これまで、出産歴は乳癌リスクの低下に関係すると広く認識されていた。しかしこれは、乳癌発症率が高まる60歳以降の女性対象検討した結果であり、分娩後の若い女性には当てはまらない可能性がある。実際に、分娩後短期間、乳癌リスクが上昇する可能性を示した研究もある。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201901/559251.html

2019-01-08

anond:20190108123218

読み切りとか短期連載何度かやってるが、絶望的に面白くない

絵は劣化してなかったが

2019-01-07

anond:20190107174458

地方旧帝大卒、親が大卒地方Fラン地場大手勤務だけどたたき上げ)です。

私はあなたが羨ましくて仕方ありません。

なぜかというと、大学時点で、東京に出る事が出来れば、その他多くの地方在住者とは

くらべものにならないほどの文化資本人生選択肢を知ることが出来ます

旧帝大に行こうが、文化資本なんて地方だとたかが知れています学生貧困層が多いか

文化資本って互いに学びあう事なんてできません。

東京と違って村社会なので、足の引っ張り合いがせいぜいで、メンタルが強くなければやられてしまます

自分能力を伸ばす事すら厳しいです。

親が金があろうが大卒だろうが、東京に行っていなければ大した文化資本なんてありません。

おそらく何かのコンプレックスを感じ、このエントリーを書いたのだと思いますが、

あなたがやるべきことは周りから文化資本を盗み、それを高める事です。

私はもう30になってしまいましたが、私の高校同級生関東大学に行った人は短期離職した人が多いですが、

フリーランスで好き勝手やったりして結構楽しく生きています

他方、大学同級生は勤め先こそ良いものメンタルやられてる率が多いです。多分逃げ道が分からないなどの

文化資本が足りてないからだと思います

あなたがどうか満足いく人生が送れますように。

anond:20190107124006

土建しばらく齧ってたからこれに突っ込んどくと、日本人がこないのは過去リストラのせいね

特に手当削り。

資格者手当てを片っ端から削っていった。

土建職人達・職人候補キャリアコース業界が率先して自ら潰した。

基本給と違って手当は削りやすいからだろうが、そういうことをやって腕のいい職人でもボンクラ並に買い叩くというのを不況期に見せつけたので日本若いのは寄らない。

短期は埋まるけど、長期居つくには儲かる筋が必要

外人はもともと短期しかいから比べようがない。

日本人はそんな短期だったら「苦労しないですむ」ほうに流れる

苦労して職能磨いていけばリターンが大きくなる、っていうキャリアコースを自ら破壊したツケでしかないよなぁ

一方的な都合で職能給削った相手にもご家庭があるんやで?

そういうご家庭のご子息が、他の人間が持ってない資格自慢のお父さんがいとも簡単に買い叩かれるのを見て「うわぁ俺も頑張ろう」ってなるわけないじゃん。

ホワイトカラーの子供はもともとの偏見もあって言わずもがな自分自分裾野を焼き払った結果ですな。

2019-01-05

スズメバチモチーフキャラが「アナフィラキシーショック!二発決めると勝ち!」みたいな技使うけど

そんな短期間に食らわせても一発にカウントされるだけでは

独学でプログラミングを学んだ思い出

最近プログラミングの教え方についての記事をちょくちょく見るので思い出して書いて見る。

10年ほど前、ふと興味がわいてアプリ開発したことがある。

プログラミング経験といえば、今は懐かしいAction scriptをかじったくらい。周りにもアプリ開発はいなかったし、C言語の本を揃えるところからはじめてなかなか大変だった。

本を見て、サンプルのコードをそのまま書いて見て、書いてあるとおりに動いて、ちょっとアレンジしてみたりして、それでどうなのという感じ。これでアプリが出来るのかと雲をつかむような話だったが、だんだん複雑になるにつれ、サンプル通りに書いたつもりでも動かないことが増えてきた。

何一つ分からない時、理解の糸口になるのは「言われたとおりにやったのにうまくいかなかった」ことだけだ。

何も手がかりのないツルツルのところにちょっとした窪みが出来たような感じだった。

そのまま書き写しつもりだったのに漏れていたのはどこなのか。

サンプルでは動いたのにアレンジしたら動かなかったのは何故なのか。

それが手掛かりだ。

理解していないのは何なのか」を理解することでちょっとだけ入り口が開く。それを何度か繰り返すことで「こういうことだったのか」と理解できようになる。それを積み重ねて自分の作りたいものが何とか作れるようになった。

結局一年ほど掛けてどうにかリリースまで漕ぎ着けることができた。

ただ、自分は致命的に短期記憶が弱かった。いつまでたっても関数を覚えられず、毎回調べ直さなければならない。これは向いてないわとそれきり止めてしまった。

こんなんでも、アプリ開発してリリースしたとなると、「どうやったの?」とわらわらと人が集まってくる。

その時感じたのは、プログラミングがどうしても出来ない人がかなりの数いるということ。

その人達はみんな同じことを言う。「本に書いてあるとおりにやったのに動かない」「言われた通りにやったのに動かない」そう口を尖らして言う。

そうしてうまくいかないことに不機嫌になり、脱落していく。

そこからなのになあ。

うまくいかなかったら「よっしゃ、来たぞ」と思わなきゃ。

実家の母がイトーヨーカドーサイトリニューアルするたびに「ここにあったボタンがなくなってわからなくなった。どうしてこんなことするのかしら」と不満を(なぜか自分に)ぶつける姿を見て、こんな感じなのかなと思った。

2019-01-04

ダイエットコーチング

コーチング仕事をしているけど

人を変えることは基本無理。

コーチつければ結果が出ると思ってる人の多いこと。

自分が動かなきゃ、誰も代わってくれないのに。

自力で結果出してきたから、そういうユーザーを見ると、白ける。

自己責任だと思うし、強く言わないけど、なにしてんの?と思う。

でも自分ダイエットというものに初めて本気で挑戦して、一人でできない人の気持ちちょっと分かった。

基本苦しいし、情報過多で何が正しいかからないのは私のやってるコーチングの分野も同じ。

できることから少しずつ、小さな成功体験を積み重ねる、認める、等。

短期集中型コーチングから、そんな悠長なこと言えないけど、出来な人に押し付けたって無駄から

出来ない人にはその人のペースを尊重しつつ、ペースアップさせるように。

期間終了後も自分で続けられるように持っていくことが大事かも。

まぁ、基本、相手に入れ込まない様に。結果は自己責任だし。

ただ、色んなダイエット本を読んでて自分コーチングのやり方を改めて改善しようと思った。

2019-01-03

性欲の方向性おかし

https://anond.hatelabo.jp/20181230221848

を読んで書きたくなった。この人とは全然状況が違うけど、性的指向について似た悩みがあって、誰にも打ち明けられないので、ここで書く。

大学生なんだけど、私の性欲の方向性がなんかおかしくて、彼氏ができないし、できても相手を満足させられず短期間で別れることになってしまう。

私は自分のもの/他人のものを問わず、体液を毛嫌いしている。涙だけは許せるが、他の体液は見るのも触るのも嗅ぐのも嫌だし、ましてや飲むなんて頭がおかしくなりそうだ。虫や汚物生理的気持ち悪いと感じるのと同じようなノリで、体液が無理。もちろん、好きな人にも極力そんなもの触ってほしくない。

そもそも他人との接触自体が苦手だ。手を繋いだりキスをしたりするなどで自分相手との接点が増えると、自分の細かい動きが相手ダイレクトに伝わってしまうため、気を使わなければいけないことが増えるし、正直面倒だと感じる。

そういうわけで、体液にまみれながら接触しまくる「セックス」という行為は、私にとっては地獄みたいなものだ。体験したことがないので想像しかないけど。

過去に、僅かだけど彼氏ができたこともある。その中には、「人生でこれ以上好きになれる人を見つけられる気がしない」と思うような男性もいた。彼にだけは、私がセックス嫌悪感を持っていること、そしてそれについて焦りを感じていることも伝えることができた。

わりと女性慣れしていた彼は、私を乗り気にさせようとして、いろいろと身体的刺激を与えてきた。キスをする、胸や性器を触るなど。確かに触られている感覚はあるが、それが気持ちよかったり嬉しかったりはしなかった。むしろ、「そんな汚いものを触らないでほしい」という思いでいっぱいだった。

彼との性欲のミスマッチで、このまま付き合うのも申し訳ないなと私が思い始めた頃、彼が新しく好きな女の子を見つけたので別れることにした。その後、彼とその新彼女とのセックスを見る機会があった。まだ彼のことが好きだったが、悲しさとかよりもまず先に浮かんだのは、「うわーこれやるの私には無理だわ!彼女すごいな!」という感想だった。

自分には普通恋愛は無理そうだと実感させられた、悲しい失恋だった。

かといって、別に私に性欲がないわけではない。自慰普通不定期にする(「自分の体液も嫌なのに自慰はできるのか」と思われるかもしれないが、私の自慰では特に体液は分泌されないので大丈夫)。けど、使用するおかずがちょっとおかしい。私を性的に興奮させられるものは、咳とくしゃみだけだ。

電車で見かけた赤の他人の咳でも興奮できるし、人間以外の哺乳類鳥類のものでもいけるし、自給自足だってできる。YouTubeに上がっている、くしゃみをする人のお腹を延々と撮影した動画(だいぶニッチだが、コメント欄を見る限り細々と需要あるっぽい)をおかずにするのも好きだ。

しかし、こんな性癖を打ち明けるわけにはいかない。知られてしまったが最後、私は体調の悪い人を性的な目で見る最低な人間として軽蔑されるだろうし、誰かが咳やくしゃみをする度に気まずい思いをすることになるだろう。なので、付き合ったことのある人には、性欲がないと伝えるしかなかった。

これまで、世間での「普通から逸脱したくない一心大学入学まで頑張ってきたけど、これからどうしよう。愛し合うパートナーとか絶対作れないし、子どもを産むとか絶望的すぎる。

円高が進み過ぎてる。短期間に一気に6円も円高になってる。

日銀はもう限界だし。

もうだめだあなあ。

俺の塩漬け株もも価格さないだろう。

みんなさよなら

北大までの受験の思い出

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

こういった大学の話になると、全く登場しないことで(自分の中だけで)お馴染みの北海道大学。きっと旧帝大の中では人権が与えられていないので遠慮しているのだろう。

ということで、帰省したものの朝まで寝付けなかった私が、タバコを吸いながら書いてみようと思う。完全なる自分語りとなることを許して欲しい。

中学時代

まれも育ちも北海道だったため、なんて事のない普通の市立中学に通っていた。しかしながら、赤ん坊の頃に白内症を患い、日中殆ど目が見えず、親譲りの喘息と、アトピー性皮膚炎まで完備という、キャラメイク時のステ振りダイスが完全にファンブルっていたため、集団の中では嫌でも浮く存在になっていた。

自然光の中ではほぼ目が見えないので、通学途中に普通電柱にぶつかったりするし、体育の授業でサッカーなんてやろうものならゴールポストにぶつかったりするし、10cmくらいまで近寄らないと顔も判別できないしで、他の人から見ればどう考えても頭のおかしいやつに見えたことだろう。当然ながらいじめもあった。小学生から中学2年生くらいまでが人生で一番きつかった(しか小学生6年の時に面白キャラへの展望見出し、そのおかげで幸運にも友達もいた)。

目が見えない道中はひたすら脳内イメージを描いて妄想していた記憶がある。

そんか日々の妄想のおかげか、何故か文章能力だけはあったようで、小学生の頃書いたなんかの感想文が先生の心を打って、私に内緒で突然全文プリント掲載されたり、中学の頃書いた読書感想文では国語先生から普段から小説書いたりしているの?」などと言われていたので、自分は将来文字を書いて生きていくことになるのかと思っていた。

そんな私の勉強法はというと、まず白地のノートが見えない(日中は黒板も見えない)ので、一度だけ集中して読み込んで、短期間で暗記することにしていた。なんの参考にもならなくてすまんな。人工光の中ではなんとか目が見えていたので、普通テスト勉強などはした。

そして同じく人工光の塊であるテレビゲームが私の心の支えであった。喘息がひどくなっても、ゲームに集中していれば、なんとか発作をやり過ごすことが出来た。

ちなみに目は中学3年のときに手術を受けて人並みに見えるようになった。病院から帰る車中で見た、生まれて初めての鮮やかな景色の衝撃は今でも覚えている。

また、小学生の時から通っていた塾で出会った女の子のことを、中学から高校の終わり頃まで片思いするハメになるのだが、その子は頭が良く、とてもレベルの高い高校を志望していた。その子に出来る限り近づきたくて、志望校は少し無理をして高い所を目指したが落ち、このあたりからいよいよ根暗ロードへの扉が開いていく。

高校時代

滑り止めで受けた私立高校入学する。

特待生だったので格安で通えるという理由だけで選び、格安で通える以外何も良いことは無かった。

例の好きな子のことはいまだに好きで、その子と話すためだけに塾を続けていた。高校二年生の時に人生で唯一告白されたときも、好きな子が居るからという理由で断った。その子北海道のどこか偏差値の高い大学を受けるらしいということだけは耳にしていたため、その子との関係を続けたいがために、北大を目指した。というのは嘘だ。

実際のところは、高校受験に落ちたショックで完全に無気力になっていた。自分は何をやってもダメなんだと考えるようになっていた。物理化学テスト偏差値は当時30とかで、今思えば大学に行けるかどうかも怪しかった。特に行きたい大学も無かったし、先生からも見放されていた。

勉強に本腰を入れたのは高校三年の夏休みの終わり頃だったと思う。いよいよ将来を考えるという時期になった時、私は自分の心を支えてくれたゲームを作る側になりたいという気持ちが強くなったのだ。

そして、ゲームを作るのにはプログラム必要だということを知り、情報工学系の大学に行きたいと考えるようになった。

そのことを塾の先生相談したら、何をするにせよ基礎的な学問を学んだ方が良い、そのためには良い設備のある良い大学に行くべきだと言われ、東工大電通大に行きたいと考えるようになった。

そこから毎日塾でセンター問題を解きまくった。学校の授業中も全て無視してひたすらセンター問題を解き、過去に参加した模試を何度も何度も繰り返した。

偏差値が最低のところからスタートしたのが、結果的に功を奏した。模試過去問を繰り返すたびに必ず少しずつ点数が増えた。これが凄く面白くて、そこに自分ゲーム性を見出したのだと思う。

また、過去問を解くのに使ったルーズリーフを捨てずに毎日積み上げることにしていた。そこもゲーム化しようと思ったのだ。結果的に、自分のやったことがルーズリーフの山という形で可視化されて、それがモチベーション維持に繋がった。

そして願書を出す直前に受けたセンター模試でかなり良い結果を出し、今まで私のことは眼中に無かった担当教師も興味を示し始めた。

しかし流石に東工大には手も足も出ないだろうと思っていたので、前期も後期も電通大を受けようと思っていた。しかし件の教師にそれを伝えると、前期は北大情報工学系を受けてはどうだろうかと勧められた。

かくして私は北大生になることが出来たのであった。

当時を振り返ると、理系志望者ながら国語英語が得意だったため、センター対策二次試験対策勉強時間の配分を理系教科だけにほぼ全振りできたのが良かったと思う。

【その後】

その後は紆余曲折あって、現在ゲーム関係仕事をしている。

ちなみに好きだった子には高校三年の時に告白したが振られた。人生とはプラマイゼロだなあと思う日々である

完全に自分語り過ぎて草も生えないが、そういう人生もあるということで、どうかひとつ大目に見ていただけると。

2018-12-31

負の連鎖は断ち切れないっぽい

去年急死した、職場の同僚の話。

それも死体に鞭打つ系。

大晦日に書く話じゃないけど、まあ増田からいいやみたいな感じで。


そいつ仕事できないというか、誰がどう見てもADHDだった。

とにかく短期記憶が致命的に機能していなくて、それこそ「物を閉まったが最後、本人の努力では永久に見つからない」レベル

から本人的に紛失したくないもので、机が散らかりまくっていた。

しかも、紛失したことギリギリまで黙っている始末。

業務に慣れてくるとそれ以外が完全にだらしなくなる。それこそ寝癖を直してこないとか、靴を履き替え忘れるとか、お子様以下のレベル

その業務についても「何をどこまで仕掛っているか」を高確率で忘れる。

から上司が新しい仕事を用意しては3ヶ月と保たずに破綻社内ニート化、というパターン最期まで繰り返していた。

でも本人は根っこのところで「会社が悪い、俺に合う仕事を持ってこない上に、フォローを一切しない会社が悪い」と思っていた。

一方会社は「お前、クビにならないだけいいと思えよ。もちろん昇給は半永久的にナシな」という感じ。

まり、双方の認識がすり合わせ不可能レベルで食い違っていることに、本人は全く気づいていなかったと。

そりゃ自身タスク管理なんて他の誰かが肩代わりするものじゃない。どんな障害があろうが、絶対に本人がやらなきゃいけないものだ。

そんな基本中の基本もできていない御身分で「会社が悪い」はあり得ない主張だろう。

それだけ周りが見えておらず、自分健康も見えていなかったのか、ストレスで過食に走り、結局はそれが原因で死んだ。


いやもうマジで「認めたら負け」とか思ってる奴は救えないと心底感じさせられた。

しかも、そいつ父親もどうやら似たような経過で10年位前に早死してるんだよなあ。

おまけに、そいつ小学生くらいになる息子も葬式衝動的に不用意な発言かますとか、既にADHD兆候が出てると来ている。

いずれこの子父親祖父と同じ転帰を辿るんだろうな。

因果は断ち切れないとは、まさにこういうことだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん