「絵描き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絵描きとは

2019-04-18

フリーランス5年やって思ったこ

包装関係会社員から独立してデザイン系(絵描きではない)のフリーランスを5年 去年4月法人化して

無事1回目の決算が終わったのでフリーランスで思ったことや実践したことを書く

 

フリーランス起業とは違う

私見だが)起業はまったくのゼロからはじめられる、起業する!と決めてから何で起業するか考えてもいい

だがフリーランスになるにはまず業界フリーランスを受け入れる状態かどうか?が最重要だと思った

まず第三者的な目で自分のいる業界評価してフリーランスが求められてるかどうかを判断するべし

幸い俺が居た業界上記条件に一致していた

フリーランスになる前にフリーランスとして活動した

前職から仕事をもらうつもりはなかったので、フリーになると決断した8ヶ月前からポートフォリオを作り

外注募集してる会社メールや郵送で○○月からフリーになるのでよろしくお願いします!って形で売り込んだ

その時ポートフォリオに盛り込んだ情報

の3つに絞った

特に職務経歴についてはほとんど書かなかった

理由としては会社員時代外注として売り込んでくるフリーランス資料

上司がみるときに、職務経歴についてはほとんど振れてなかったか

結果として返事をくれたのは18社中11社で、フリーになる前に仕事をくれたのは5社だった

エージェントを使おうかとも思ったけど、ただ仕事右から左に受け流すだけで結構マージンを取られて

基本的になにかトラブルがあれば守るのはプレイヤーじゃなくてクライアントだと(俺が勝手に)思ったのでやめた)

効率よくやろうとすればするほど、働いてる時間会社員時代とあまり変わらない

フリーランスになってもクライアント会社担当は当然会社員

まり営業時間中にしか連絡はできないし、「今日中に」というのは日付が変わるまでではなく営業時間内にという意味

納期ギリギリ徹夜作業して朝方メールで納品すると、クライアントは9時に出社してきて10時ごろにメールを見て修正確認などのリターンを送ってくる

6時にダウンして13時ごろに目が冷めたら「午後イチ会議で使いたいので12時までに返事ください」みたいなメールが来て真っ青になる...

なんてことが起きると大変なのであんまり浮世離れしたタイムテーブル現実的じゃない

フリーランスやっててよかったと思うことは、今思えばそんなにない

フリーランスから真っ先に想像するのが「時間自由になる」のと「収入が上がる」の2つだと思う

時間は当然自由になるが前述したとおりクライアント会社(員)なので、クライアントには土日は連絡つかないし

唐突に平日に休み作ってもクライアントから容赦なく連絡が来る(予め言っておくとそんなこともないけど)

連休中になんかトラブルあってもただモンモンとしながら連休明けるのを待ったりしてそんなにいいもんでもなかった

収入手取りでいうと会社員時代の3倍くらいになった

とはいえ会社員なら事務員がやってくれる作業を全部自分でやってるし福利厚生も無いのでそれらを現金化したらこんなもんだろうって感じ

 

結局のところ法人化した

結局のところ年収1000万に手が届いたあたりで消費税課税事業者になって売上が単純に8%下がったのと

所得税が一気にあがるってフリーランスの旨味をまったく感じられなくなったので同じくらいの規模のフリーランス数名と合同会社を作って法人化した。

社会保険が高くなったけど税理士に頼んで事務関係は楽になったし、会社役員という肩書結構便利

経費もかなり自由になるし、福利厚生も設定できるしとっても快適

フリーランス死ぬまで続けるなら

18:15追記

Q.年商1000万でしょ?

しかにこの書き方だと年商1000万と読めますね、実際は2年目で年商1000万を超えて4年目に消費税を収めはじめ、5年目で年収1000万を超えました。

Q.合同会社危険では?

A.事前にきっちりルールを作って書面にしたので内部崩壊的な意味では今のところ問題なし

基本的には全員それぞれフリーランスときと同じことやってるだけ、請求書会社名に担当者名をつける形で分けてる ...とはいえ赤の他人同士で作る合同会社は3~4人が限度だとは思う

家族経理やらせるのは無給でこき使うということでは?

A.逆だと思います。 家族経理をやってもらってる間、自分は金になる作業ができるので収入は上がるし、事業専従者給与は全額控除になるので専従者の控除額目一杯まで払えば家計的にもおいしい

2019-04-17

anond:20190415015833

ゲーム制作サークルに入れ、プログラミング技術なんてないだろうからソフトだけで作ってるようなとこ。

とりあえずなんでもいいから、雑用やらせてもらえ、雑用ってもガチ雑用じゃないぞ?しょうもないオブジェクト作成とか、マッピングとか。

そうしてるうちに、技術が身につく。

増田デザインとかやりたいならこの案は厳しいかもしれないが、投げ捨てろ。

とりあえず、システム回りを作れるようになれば、絵描きさんに外注できる。そしたら絵描きさんにもある程度、尊敬してもらえるようになるし、話の輪にも入れる。

自分に何の才能がなくても、身につけれるのが技術ってもんだ。馬鹿でも積み上げれば何かは出来上がる。やってみろ。(やってみないか?)



まあ、めちゃくちゃ適当なこと言ってみたんだが、今自分は、これに近いことをやってる。

2019-04-16

anond:20190416091458

万人にBIが正解だと思う

人間コンピューターロボットにそろそろ負けるよ

今はクオリティがまだまだでも次の世代にはおいついてなくなる

翻訳家グーグル翻訳

絵描きリアルな町並みが表現したければモチーフ写真とってアプリ加工、キャラなら3Dアニメ技術スキンでつくったバ美肉ユーチューバ

彫刻家(3Dプリンター

 

結局、

コンピューター適性があればグーグル社員

立案ができれば公務員教育警察消防など含む)

あとはナマポ年金研究職(視察業・試験業・治験創作業など)くらいになるんだろ

今の老人が「へえ~昭和ってそろばんの玉うごかしてお金を儲けてる人がいたんだね~どうやるんだろ?」っていわれるでしょ

今後は同世代の異業種でも隣の部屋でなにやってるか「きいたことあるけどわからなく」なるまで専業化されるんだろな

anond:20190416091416

絵描きさんがトレースするように、

物書きの訓練で美しい文章トレースしています

2019-04-15

無産オタクの悩み

私は、名もなき1人のオタクである最近ある悩みで苦しんでいるので、整理するためにここへ記そうと思う。長いぞ。

私は普段アニメイラスト漫画ノベルゲーム音楽動画、等など様々なオタクコンテンツを楽しんでいる。が、それらを自分で作ることが出来ないのだ。当たり前のことのように思うかもしれないが、私はそこに強いコンプレックスを感じている。

コンテンツには絶対に作り手がいる。そりゃそうだ。作る人がいなければ、何も生まれない。

さらに、オタク世界には「ファンアート(二次創作)」という文化がある。自分はこれが好きですよ、とハマっている作品キャラクターを描いたり、そのキャラの登場する小説を書いたり、動画を作ったりすることだ。オタクをしていると、それらを目にする機会がとても多い。上手い下手はともかく、全てのオタクが何らかの創作活動をしているのではないかと思ってしまう程度には多い。オタクは、オタクが生み出したものを目にする機会が途轍もなく多いのだ。

だが私は、絵も満足に描けなければ、小説も書けないし、音楽が作れるわけでもないし、何も生み出せない無産オタクだ。

それの何が問題なのだろうか。

自分なりに考えてみた。

魅力的なコンテンツがあり、それに触発されたファンたちが様々な二次創作物を発表する。ファンである宣言するかのように。そうして同好の士を見つけ、友を得ていく。

それらはすべて、一貫して「生産」という行為に起因するものである生産が出来なければ、オタクの輪にはまず入れない。

私もオタクであるはずなのに、何一つ生み出すことが出来ない。ただ消費するだけの存在。世の人々(私の目に映るオタクたち)が当たり前のようにやっていること(創作活動)が、私にはできない。技術力も、才能もない。今更頑張る勇気もない。

素晴らしいものを見て、聴いて、私も同じことが出来たらどんなに素敵だろうかと夢想するだけの日々だ。

絵を描いたり、小説を書いたり、音楽を作れたり、動画を作れたり、立体物を作れたり、作品考察を発表したり、そういう生産者側への憧れが非常に強く、消費するだけのオタク価値はないと本気で考えているのに、どこまで行っても結局消費者しかない不甲斐ない自分

最近ではどんなに良い創作物を見ても、罪悪感と劣等感ばかりが己の中に積もり、楽しめない。

コンテンツに深くハマっていくほどその裏にある作者の存在意識せざるを得なくなる。生産者の才能への嫉妬生産努力すらしようとしない自分への苛立ち。

だんだんと、オタクコンテンツを見ること自体がしんどくなる。しかし私の趣味はそれしかない。

幼い頃からパンピの持て囃す流行アーティストアイドルドラマスポーツetc…には唾を吐いて生きてきたのだ。今更手のひらを返して推すことはできない。

八方塞がりのような状態である

こんな私だが、創作的活動をしてみたいと手を出したことはある。

漫画を初めて読んだ小学3年生の頃から絵は描き続けているし、ライトノベルにハマった高学年の頃から数年間小説執筆トライもした。

ボカロ流行っていた中学時代楽曲制作に憧れてギターピアノを始めた。DTM勉強もそれなりにした。

MMD等のCG動画にハマった頃は動画作ってみたし、3Dキャラクターモデリングにも挑戦した。

しかし何一つ、満足に完成させることはできなかった。自分で納得のできるものは作れなかった。納得ができるクオリティになるまで粘り強く努力をするだけの忍耐力もなかった。

軽率に何かに挑戦し、すぐに諦めるダメ自分。結局無産な凡人のまま。

才能のある人が羨ましいと喚きながら、努力をしない自分から目を背け続けている。

オタクとして生きていくのがつらい。でもオタク以外の生き方を知らない。オタクっぽくない話はできない。

絵描き絵描きしか相手にしないという話が一時期Twitter話題になったように、生産者でなければオタク友達はできない。(大抵のオタク創作活動をしているという前提)(その前提が間違っている可能性には気がつかないふりをしている)

マジで人生詰んだなぁ〜!と思う。

この状況を打開できる策はまだ思いついていない。

なにもかも諦めて消費者として一生を終えるしかないんだろうか?

どうなんだろうね。

ちなみに今私はバーチャルYouTuberにハマっている。

好きになったものに軽々しく手を出す癖だけは治らないので、自分で描いた立ち絵を動かして、ボイチェンを使って美少女ライバーごっこをしようとしている。

でも途中で挫折ちゃうんだろうなぁ。

長くて読みにくい文になってしまったが、少し自分気持ちを見つめ直すことが出来たので良しとする。

2019-04-13

Googleアニメ業界でいえばジブリだと思えばいい

から優秀な人がGoogleに入るのを見てGoogleに入れない自分の無力さを責める必要はない。

君が絵描きだったとしてジブリ活躍できると思うだろうか?

ジブリの絵を作る自分想像できるだろうか?

今の世の中何でも見えすぎてよくないね。知らなければよかったことがたくさんある。

絵描き

ちょっと絵が描ける中学生…ってレベルなのに、「絵の仕事ください」とツイートするだけの受け身フォロワー

首が後頭部ギリギリから生え、新手の信号みたいな横顔に加え、何故かいつも笑いながら涙を流す切なくて(自称)エモいしか描けないフォロワー

エロ絵描きに「おっぱいは、もっとこういう感じに描いた方がいいよ」と頼まれてもないアホなアドバイスをする男エロ絵描き

「絵上手くなりたい」と言うだけで行動に移さな絵描き

さして絵上手くもないくせにこんな所でグチグチ文句垂れてる自分

嫌い。

2019-04-12

こどものころすげーがバスがほしかった

毎週のようにのってる塩電気?みたいな絵描きがうらやましかった

ガバスガバガバもらってめっちゃうはうはやろなって

ネット最近そいつとおなじえみつけてこんなとこでなにしとるんっておもった

才能もいかせなきゃいみないね

2019-04-08

いやしくも藝大院生程の人間銭湯絵師なんかになるかと

銭湯絵師とか看板絵師というのは絵の仕事では底辺です。

職業差別ですって?

職業に貴賎はないけどアートには上下があるし芸術とは差別を前提にするものなんです。

あのへんの仕事絵描きとしては底辺中の底辺です。技能的にね。


まず看板絵師という仕事が昔はあって

映画なんかの看板を描いてたんですよね。

スチール写真からリアル風に模写する力があればやれました。

アカデミック教育を受けてない人がやる仕事です。

はっきり言いますが藝大出た人がやるような仕事ではないです。

花魁橋の下の夜鷹ぐらいの差があります


銭湯絵師というのは更に下等で、

看板絵師のような描写力すら必要が無い、

銭湯タイルに絵の具を定着させる為の独自ノウハウぐらいはあったでしょうが

絵としては下の下の下、イラストレーターですらやりません。

左官のおじさんがなんとなく仕上げにあそびで描いてたとかじゃないんですか?


そして技能ノウハウも大して積み上げられないまま銭湯というもののほうが消えようとしてるので

銭湯絵師というジャンル職人としての技能や道を獲得するということはありませんでした。

今居る「最後銭湯絵師」とかいう人もたまたま最後に残っちゃって持ち上げられて有頂天なだけで

職人としての矜持や使命感なんかありませんから、先にいた熱心な志願者より後から来た売名目的のコネ女を受け入れて先にいたのを追い出しちゃう

それぐらいにはぐにゃぐにゃしたただの爺さんなんです。


から

容姿だけで勝負出来ない素材のアイドル志望者が温泉巡りというキャラ立てをして銭湯絵師弟子入りする」

というは見事な自己プロデュースでありナイスニッチ堀りなんですが、

「藝大院生なのに銭湯絵師弟子入りする」

というのは聞いた瞬間変だなと思うんですよ。分かる人なら。

ありえない。

私は藝大卒どころか藝大に入れた人というだけで尊敬します。

藝大というのはそういう所なんです。

大変な努力と才能とそれに見合うだけの自負や矜持を持った人たちなんです。

5浪6浪も当たり前な恐ろしい世界が藝大受験なんです。

タマビになら悠々と受かる小才を持った若き日の私も「恐ろしいからここまで行かなくていい」と引き返したんです。


そんな藝大生という人達が、銭湯絵師になんかに弟子入りするかっ!

あの話は最初から違和感で一杯でした。

ただ極度に目立ちたがりのメンヘラ女で売名の為に何でもやるっていうことでならあるいは?と。

でもそうじゃなかったですね。

パクリ騒動からこっちのあの作品群、あれは単純に下手です。藝大に受かるレベルじゃない。

ムサタマですら怪しい(最近は志願者へってレベル下がってるとは聞くけど…)。



まり何が言いたいかというと

あの人の藝大院生って別の大学からロンダリングとかでしょ。

藝大院にそういうシステムがあるかしらないですが、あの下手さは藝大生の水準に達してないのは断言できる。

道理銭湯絵師なんかに弟子入りするわけだ。

その程度の実力しかなかったんだあの人。


わかりますか?

大野左紀子先生とかをもっと尊敬しろってこった。

(ただ不遜ながら、近年映画コラムとかで描いてる生首はイラストとして微妙だとは思います…)

素人絵描きの褒め合いという毒沼

SNS趣味で絵を描いてるけど特に絵のジャンル相手の絵を褒めないといけないローカルルールがクソなんですがあれなんなの。

絵を見たとき感想は3つに分類される

1 好き、上手い

2 嫌い、下手

3 関心ない(どうでも良い)

123は複雑に絡み合う要素だからどんな感想を抱いても良いのだけどたいがい求められるのは

1ばかり。褒めのやわらかな強要。いや同調圧力絵描きナイーブな子が多いから2の嫌いとか下手とか少しでも入れたら泣いちゃうし心折れちゃう

気を使って好きとかここが上手いとか良いところを見つけて相手に伝える。相手の絵なんかどーでも良い。とりあえず(相手を傷つけないように機嫌を損ねないように)自分の持てる褒め言葉ボキャブラリーを駆使して感想を伝える。

あんたの絵がすきなんじゃない

あんたの機嫌を損ねたら自分が損するだけだもん

2019-04-03

昔いたジャンルでのパクられつれづれ

■初期  

・非絵描きA

支部大手らにコメントを送る熱狂CP信者

私:サイト落書きup

→Aが好意的コメント

→A「ちょっと描いてみました」と支部に初イラストup

→ほぼ私の落書きと構図同じ

大手らの好意的コメントつく

A:続けて「漫画描いてみました」と支部4コマup

→私がサイトにupしていた漫画セリフを変えてオチ部分をパクった4コマ

大手らの好意的コメント

→私:しばらく絵が描けなくなる

私:Aをサイトからブロック

→数ヵ月後

→A「何故か見れなくなってたけどやっと帰って来れました!!」と串刺し強行突破コメント

さらブロック

  

■再開

・人気絵描きB

元々ゆるパク癖あり、言葉遣いパクる

自分漫画ほとんど描けないがパロ漫画を描く、筆が速い

唯一の交流相手

個人誌発行】

B:読んだその日にツイでその内容を一枚絵にして私にリプ

→本の内容を描いた等は明記してない

→リプ絵に反応集まる

私:ツイに特殊設定の漫画up

→B「描いてみました」とツイに漫画up

→設定と服装カラーリング全く同じ

→反応集まる

→Bさらにその設定でイラストup

→反応以下略

B:パクり癖加速

絵描きから気に入った設定をひたすらパクって絵をup、構ってタグも増える

私:らくがきupしなくなる

個人誌2冊目発行】

B:やはり即日一枚絵リプ

サンプルに載せていないネタバレも含まれていた

→私やめてくれとDM

→Bリプ絵を消す

→B「がんばって描いたので見て下さい!!」

DMで一枚絵と差分を送る

→私無理矢理褒める

B:イラストをup

→長年ジャンルにいる大手さんが数年前の本を再版サンプルup

→表紙絵がBのイラスト服装シチュ全く同じ

大手さんもBにパクられていたと気づく

大手さんはBと逆CP

→その後大手さん休止宣言

  

■中期

B:他人の絵柄で描くタグツイート

→反応集まる

→私スルー

→B驚異的な筆の速さで次々絵をup

→私スルー

→B「まだまだ募集してます!!」

→反応集まる

→私仕方なく反応

→直後B「以上で締め切りました!ありがとうございます!!」

→B私の絵柄でイラストup

→B「私さんの絵柄で描いてみたかった!!」

→私Bと距離を置こうと決める

私:web上に絵や漫画のupをやめる

→ツイのプロフ絵文字1つにして鍵掛け

ツイートもやめて放置

→ひっそりツイ垢削除

個人誌3冊目発行】

支部サンプルup

→使ってもらうために描いてる訳ではないと書く

→Bの反応なし

しばらくして支部ブクマが全て1つ減っているのに気づく

→久しぶりにBのツイッター見る

→B「私いらない人なんですね○月○日にツイ支部やめます

フォロワーから吉牛多数

支部プロフが私の鍵ツイプロフと同じ絵文字1つ

→Bの支部ブロック

  

■後期

一切交流無しで本を細々発行

→休止して放置

サイト支部全て削除

  

【その他】

・設定を使わせてくれとコメント来る

海外垢にイラストを無断でツイのヘッダーに使われる

・全く知らない人が「(私のサークル名)風」と私の絵柄で描いたラテアートをup、ツイアイコンにする

海外から百度転載させてくれとコメント来る

  

以上、私が活動していたジャンルでの経験です。

むなしくなってそのジャンル活動はやめました。

描く度に削られて踏み台にされるような思いしかなかったです。

私の絵は底辺レベルです。フォロワー交流も少なかった。

そのため、素材として使いやすかったのだと思います

反応や感想ほとんどもらえる事もなかったのに次々パクられて向こうに反応が行ってしまうのが悔しかった。

自分の頭がおかしくて被害妄想幻覚を見ているのではと疑う日々でした。

何よりSNSの流れの速さについていけなくていつも焦っていました。

他の人の作品を楽しんで見る事も、気軽に落書きをupする事もできなくなって

一体何が楽しくてそのジャンル必死活動していたのかわかりません。

「休止します」と滅多に人の来ないブログに書いた所で当然コメントは一切来ませんでした。笑

本当に何だったんだろう。

今は全く関係のない新規垢で気が向いた時にのんびり創作しています

好意的コメントや反応を時々もらえて、こんな下手くそが描いた作品を見てくれる人がいる事にとても感謝しています

苦しい思いをしながら無理に続けるより、他に描きたいものを見つけて移ってしまうのも一つの方法じゃないかなと思います

パクり騒動を目にしてしまう度に思い出して嫌な気分になるので元号変わる前にもう忘れたい。

2019-03-30

絵描き支援システム

ファン支援できるサイトって結構増えた気がする。

それはいいんだけど、同時に絵描き乞食行為する人も増えた。

「良かったら、また見てください」なら、この人頑張ってるなー支援したいなーと思う。

お金ください、また何か描くと思うので」ってなると、なんか支援したくないわーと思う。

露骨に金くれくれやってる絵描きが増えてて、しかもそれが漫画家に多かったりする。

で、それも若手じゃなくベテランと呼ばれる人に多い。

いやいや、ベテランなら商業誌で実力出しなさいよって話。

若手はそこから有望な人が上にあがってくかもしれんけどさ。

[][]ブックマークメモ2019年03月30日_①

この増田・・・

この増田は、増田主のブックマークに入りきらないブックマークを整理するための、メモ代わりの増田です。
まとメモtogetter

ジャンル学問歴史

研究室で培養中の細胞が全滅の危機→ウィルキンソンの強炭酸水でしのいだ話「科学って複雑だったり単純だったりしますねぇ…」 - Togetter
谷川俊太郎の有名なあの詩はクロネコヤマトのお兄さんの気持ちだと思って読むと途端にジワジワくる「確かにリンクしてる(笑)」 - Togetter
学校の本質は工場であり「均質の子供をレーンに乗せて製造。その過程で異質を排除するシステム」である主張…「学校はよく出来た絵描きを諦めさせるシステム」説も - Togetter

ジャンル社会政治

「声のデカい加害者より発言力のない被害者を黙らせるほうが楽」という現実を描く漫画に共感 - Togetter
「全く他人事と思えない」山口連続放火殺人事件のルポ『つけびの村』が怖すぎる - Togetter
新聞社から電話世論調査を受けたがとても答えにくい質問をされた話「いやらしい質問の仕方」「誘導尋問」 - Togetter

ジャンル旅行(旅)

「新幹線と飛行機の壁 「4時間」「1万円」より深刻な「1カ月前の壁」」とその反応 - Togetter

2019-03-29

銭湯絵師燃えてる絵描き美人か??

あん美人と思えん、見てると不安になるしこわい

作った感じがするから身構える

好みの問題かね

2019-03-28

マンガ絵を描くとき女性の胸元をどうするのか問題

当方マンガ絵を描く女性だけど野郎を描くより女の子を描く方が断然好きな人間。

しかし、女性の胸元をどう描くのかについては毎回悩んでる。

原作がある2次絵を描くときは、原作をできる限り尊重する。例えば、FGOパッションリップ並みの巨乳を通り越した奇乳でもその通りに描く。

けれども、1次創作の時はだいたい悩む。あんまり設定を詰め込んで描かないタイプなので、余計に悩む。

悩んだ結果、だいたい現実と同じ感じの描写に落ち着く。例えば、ブレザーを着ている女の子だったら胸が目立たないように描くし、薄着だったらバストサイズが分かる感じに描くけど細めの子だったらCくらいよりも大きく描くことは滅多にない。

と言うより、バストサイズを気にすること自体が嫌だ。だから最近ツイッター流行ってる絵描きさんが自分JK化して描く企画バストサイズ指定があるので参加したくない。

私が考える女の子の可愛さにはバストサイズ関係ない。表情だったり、仕草だったり、そういうところの可愛さを表現したい。

けれども、受けている絵を観察すると、胸に目が行くように描かれていることが多い。

なんつーか、男の人(主語大)って分かりやすく性欲を煽られる絵が好きなんですかね?

なんでこんなことを突然書いたのかと言うと女性の胸元だけ立体的になったアニメ等身大パネルを見かけたからなんだけど。

アレはないなー、と個人的には思う。

男性がかなり女性の胸に執着してて胸の大きさを女性キャラ付けに使っている男性向けコンテンツ現実は知ってるけど、例えば主人公格の男性が短小なのをコンプレックスに感じているとかプロフィールに書かれたらだいぶ異様なのに、ヒロイン格の女の子が胸が小さいのをコンプレックスに感じているとかプロフィールに書かれるのは許容される世界はやっぱり変だなー、と思う。

追記

あのパネルは多分バイトがイキってバカやってるのと同根なんだろうなと思う。

あれやってる人たちは多分真面目じゃなくて「俺らバカでーすwww」ってノリなんだろうなぁと。

と言うか、そういうノリであって欲しいよね。だから、ああ、バカなんだなぁ以外の感想ってなかなかない訳だけど。

2019-03-26

Google社員Google普通に入れるよ」

東大生東大普通に入れるよ」

既婚者「結婚普通にできるよ」

正社員社員普通になれるよ」

金持ち貯金普通にできるよ」

絵描き「ね?簡単でしょ?」

 

はーキレそう

2019-03-23

童貞だけどエロ絵描きたいんだが

最近そろそろ俺も性のクリエイティブ側になってみるかと思ってさ。リアル相手探して創造行為をやるのは無理だから、絵でやってみようと思って

ちょっとやってみたんだけど難しい

まんこが上手く描けんのはともかく、ちんここけしかよって感じになるし

体位わからんし、そもそも人体がわからんし、人体×2はもっとわからん

何千枚とエロ絵見てるはずなのに全く筆が進まん言うのは不思議だわ

今までいか自分が漫然とコンテンツ摂取してたか分かったね

受動的どころか受け身すらうまく取れてなかったんだよな

何が言いたいかってpixivに下手なエロ絵が増えてたら俺だと思って頼むわ

2019-03-21

文字書きのツイートフリー素材扱いされるって話がバズったが

絵描きの絵を見て小説を書くのは問題無いって言うのは何でなんだろうな

そういうのを棚上げって言うんだろ

から文字にするのはオマージュから問題無いとか言い出す奴がいて頭おかしいわ

2019-03-19

いいねを失くそうという動き

底辺絵描きだが、いいねが来ると嬉しい。

普段しょんもりとした生活を送っているせいかいいねが来ると承認欲求的な何かが満たされる感じがする。

はいっても承認欲求が強いわけでもないのでいいねが少ないからといって凹むわけでもなく、程々に楽しんでいる。

しかし、中には承認欲求に負け、「いいねの数で評価されるのはつらい」と嘆く人がいる。そしてそういった嘆きはしばしば沢山の人の目に止まり、「いいねくそうぜ」みたいな意見が出てくる。

………

うるせ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

そんな弱い奴は自作HPでも作って絵あげてろ!!!!!!!!!

自分勝手に始めたSNSだろうが!!!!!!!!!

しね!!!!!!!!!!!!

         FINAL FANT

               ASY

2019-03-16

いかがでしたかブログを書いている俺がその背景を考える【追記あり

 かつてインターネットとは好事家たちが思い思いに好きな情報を書き込んで同士たちとつながる濃い場所だった。という風によく言われている。俺がそれが正しいのかどうかは知らない。しかし今のインターネットに古のインターネット老師たちが苛立つ気持ちはわかるし、なんなら俺がそのインターネット浪士たちを苛立たせている。というのも俺はあの悪名高い「いかがでしたかブログ」を書いて生計を得ている人間からだ。

 今回はお前たちにそのインターネットになぜいかがでしたかブログが生まれるのかを俺のような木っ端ライター立場から解説するとしよう。

 まず俺のような屑ライタークラウドソーシングサイト仕事を探しまくる。巷ではいかがでしたかブログは0.1円で量産されていると言われているがさすがに慣れてくるとそんな案件は受けない。最低限文字単価0.8~1円くらいの仕事は厳選する。ついでにいうが一部のプロクラウドワーカーならいざしらず、普通ライターが受けられるライティング案件はその九割がいかがでしたかブログを書くことだと思ってくれ。クラウドソーシングサイト世界最大のいかがでしたか工場なのだ。毎秒おびただしい数のいかがでしたかを世に解き放つことを使命としているかのようだ。

 すると大抵テストライティングを頼まれるので仕様書を見る。大体のライターが出くわすのは、記事に盛り込む情報量に比して文字数が多すぎるという事態だ。当たり前だ。いかがでしたか工場が考えているのはいかに最低限の情報文字数を盛ってSEO対策のよく出来た、Googleをだまくらかすための文章サイトに載せるかということに過ぎない。そしてGoogleをだまくらかすためにはどうも、要約すれば数百文字で済むような情報を数千文字に引き伸ばす作業必須らしいのだ。書いている俺だってなんでこんなに長く書かなきゃならんのだと疑問だが薄めて書いたほうがまあ金になる。すまない。

 そもそもいい文章というのは基本的にきちんと短くまとめることが出来てこそだ。全員が谷崎潤一郎になる必要がどこにあるというのだ?そして当然のことながら大半のいかがでしたかブログ情報量というのはその文字数の数割もあればいいほうだ。もっと短くまとめることが出来る。しかしそれは許されない。Googleを騙すためには短文で効率的に切りの良いところで文章をまとめては行けないのだ。無駄に同じ単語を使いまわし、無駄文字数をダラダラ稼ぐことでやっといかがでしたかブログとしての価値生まれる。

 とはいえ、俺たちいかがでしたかブログライターは残念ながら無から文章を生み出せるマジシャンではない。その文章の元になる文章をどこかから手に入れなければならない。どこから手に入れるのだろうか?アンサー、Wikipediaやら他のいかがでしたかブログからだ。はっきりいうがいかがでしたかブログに書いてあることで他のブログWikiもっと効率よくまとめられていない情報など存在しない。当たり前だ。いかがでしたかブログとは全てがソメイヨシノ(だっけ?)のようなクローンブログなのだしかし、コピペでは不味いので、コピペチェッカーを騙せるギリギリくらいには表現を変える。そうして言葉の順列組み合わせによってまた新たないかがでしたかブログが生まれるというわけだ。

 もちろんいかがでしたかブログはそれだけで完成するわけではない。いかがでしたかブログのあの砂を噛むような文章に誰もが辟易したことがあるだろう。はっきりいうが、書いている俺だってもちろん辟易している。しかし、いかがでしたかブログを求めるクライアントがほしいのはライター個性などではない、ということをまず理解してほしい。一風変わった視点ちょっと凝った言い回しユニークな切り口、それら全てがいかがでしたかブログには必要ない。無駄個性を付け足されてそれがリスクになったらどう責任を取るんだ?文章表現はきっちりですます調で決められ誰も敵にしない当たり障りのない文章で誰かとはわからない群衆憎悪を買う、そんな体に悪いファーストフードよりやばいものいかがでしたかブログの正体なのだ

 しかしだからこそ文章を書いたことのない素人でも書くことが出来る。文章を見る目のない素人でもその出来が判断できる。いかがでしたかブログとは普通文章とはカテゴリー自体が異なるものなのだ。そんなもので儲かるのかだって?もちろん儲かるわけがない。少なくともライターはそうだが、多分クライアントだって事情は変わらないだろう。きちんとしたクオリティの伴うコンテンツを送り出していないのだから短期的にはアクセス数を誤魔化せても長期的には市場自体を衰退させていく。ライタークライアント薄給なのだから気合など入れるはずがない。そもそも、スキマ時間お小遣い稼ぎさえ出来たらいい主婦向上心を求めるのはお門違いだ。そんな文章でも騙されるバカだけを見込んだ薄利多売産業いかがでしたかブログなのだ

 恐らくこれはゲーム業界においてソシャゲなどで起きていることとパラレルだと俺は見ている。これまでのゲーム文章面白さとは常識の異なる、数と金搾取するためだけのシステムと化した新たなる産業ソシャゲいかがでしたかブログなのだお小遣い稼ぎさえ出来たらいい主婦による市場価格破壊絵描き世界では起こりうると聞いたことがある。おそらく今の日本を蝕む文化的衰退の様々な業界における共通の現れ方なのだろう。そしてそこにおける勝利者とは常にごく一部の先駆者強者だけであり、つまるところすでに金を持っているやつだ。そうでない多くの弱者ギリギリ状態いつまでも続くわけではないとわかっていながら血を吐きながら続ける悲しいマラソンを走り続けている。

 ではそんな仕事をして俺は後悔をしているのだろうか?なにせ全く儲から商業倫理やら文筆家としての誇りはそこにはなにもない。悔いてしかるべきだというのが真っ当な人の声だろう。しかしあえていう。俺はいかがでしたかブログ執筆者であることを後悔していない。例え薄給すぎて飯すら食えなくなったとしてもそれは変わらない。

 なにせこの業界は楽だ。何も考えず物書きとしての恥も未練もなく、適当Wikipedia言い回しを変えるだけで金が入る。何より俺を鬱にしてくるような醜い上司はいない。たとえ今より生活が楽になったとしても、直接自分を縛るようにブラック企業などに奉仕したくはなかった。それで生計を得るポーズだけは取れるのだ。いかがでしたかブログクライアントたちも、まあ仕様の注文はうるさいが別に嫌な上司ってわけじゃない。みんな大した仕事をしてないから後腐れがない。過労死よりは餓死のほうがまあマシだ。

 幸いなことに多くのいかがでしたかブロガーたちは自分に対する嫌悪眼差しに気付いてすらいない。愚かな大衆嫉妬だとすら思っているのだろう。そういう鼻持ちならない意識高い系いかがでしたかブログ最上位だから自省の眼差しも生まれようがないというのは皆も覚えておいてくれ。

 昔は自分個性を出した文章エッセイだとかコラムだとかそういうのを目指していた時期があった気がする。いや、遡れば小説だって書こうと思っていた時期があるかもしれない。しかしそんなものはもうどうでもいい。俺は文章を書く人間の一つの死骸なのだ。あとはゾンビとして肉体の維持に集中するだけでいい。そうしてまたインターネットには腐臭が満ちていく。対策Googleやら拡張機能開発者やらが勝手にやってくれ。まだ野心なんてもんがあるならこの文章だって匿名で書いたりなんかしないが、俺には一応クライアントたちへの義理があるのだ。表立ってばかにするのは流石にまずい。そんな計算だけはうまくなった。

 さあ、こんな時間だが次のいかがでしたかブログが貯まっている。どんどん数をこなさないと、もやしすら買えない。今回のブログはいかがでしたか、今後もこの情報は要チェックですね、いかがでしたか……


追記

 どうも予想より読まれて俺の屑のような承認欲求は適度に満たされたようなので、面白いと思ったコメントレスポンスして更にこの記事を引き伸ばしてみる。

とはいえ昨今のGoogleさんは端的に問いに答える記事優遇していると思うんだけど。(個人の感想

 まさしくこの記事を書くに至った動機で、アルゴリズム改善対策ツールにより長期的には俺のような存在は滅びていくのだと思う。ただ、「いかがでしたか」という語尾だけで排除するのは今後は対策されるだろう。俺が見ている仕様書にもこういう書き方はするなという小手先だけの指示は結構ある。しかし、問題そもそも全体の文章と発想そのものから小手先いかがでしたか感が改善されるわけではないので無駄に終わっている。

マジレスするといかがでしたかブログライター発注するというより自前でマネタイズするものでは?という気もする。

そう思うんだけどどういうわけか二束三文他人にそれを頼む輩が異常に多い。構成まで作成済みのクライアントも多いのだが、ここまで構成が出来てるなら自分で書けるだろう?と俺ですら思ってしまう。

 どんな商品をどういう顧客にどういう構成でどういう雰囲気文章で勧めるか大体すでに決まっていて俺たちはその間を数百文字ずつ埋めるだけでいいのだが、ここまで考えられたら絶対自分でやったほうが安いと思うのに人に頼む辺り彼らにも謎は多い。多分そこまで書いて本文を書く段で発狂しそうになったのだろう。

発注元は稼げるの?

そもそもあんなの発注するやつが誰なのかって話だと思うんだけど

 一概には言えないがサイト運営などをしている弱小IT企業が多いようだ。自分が依頼するブログジャンルを全く知らない担当者というのもいる。稼げるかという点だが、まあ弱小ゾンビ企業自分を維持する程度には稼げているのではないだろうか。逆に言えばそれ以上の稼ぎなど基本見込めるはずがないということだ。

>そして意味もなくディスられる谷崎潤一郎(´・ω・`)

申し訳ない。もちろん谷崎潤一郎は引き伸ばしとは無縁だが長い文章としてぱっと思い浮かんだのが彼だったのだ。

生計は得ないだろw

>俺がそれが正しいのかどうかは/

 冒頭からインターネット老師インターネット浪士にすり替わる誤字と低日本語力も俺自身じゃなきゃ見逃しちゃうね!まあ勢いで書いたものから恥ずかしいがせっかくなのでこのままにしておこう。

>こんないかがでしたかワークを個人ブログでもアフィの為にやってる人らがいる事が凄いと思う。

>その単価でブログ記事書くくらいなら自分ブログで書いた方がいいし、さらにいうなら、この増田自分ブログで書いた方がいいよ。

 あれについてはブロガー界隈でそういうノウハウを教え合っている界隈もあるし、いかがでしたかライターのうち純粋無垢な人が独立支援と称されて情報商材めいたことをやらされてることもある。Youtube文字動画と同じだ。ていうかクラウドソーシングサイトには文字動画台本執筆もたまに依頼されている。ぶっちゃけいかがでしたかブログよりは単価高くて楽だから助かる。巷で言われるネトウヨネトサヨ系の政治ネタは見かけたことがないが。

 俺自身がこれをブログで書くかということについては一応俺も商売人なので名前を出して世話になっているクライアントが見ているかもしれない場所で「お前ら糞だぞ!」と告発するのははばかられるから容赦してほしい。noteで有料にすればとはちょっと思ったが多分それだと全く読まれなかったと思う。……と思ったが、よく考えてみたら別に正体を隠してブログを書けばバレやしないから平気なのか?これはいい知見を得た。そのうちいかがでしたかブロガーとしてブログを作ることにしよう。「バズったので宣伝させてもらいます」しぐさというやつだ。

別に匿名ブログやってお仕事募集しても

 あん天才かよ。そうだよな、匿名ならばれないよな。

ソシャゲいかがでしたかブログを並列に語るのは不適切

 これはうかつだった。確かに最近ソシャゲスマホゲーのトップクラスクオリティは向上している。一方いかがでしたかブログは確かに最上位層でも糞みたいな文章しか書いていない。ごめんなさい。

最後はいかがでしたかでしめてほしかった

 いかがでしたかってまとめ段階の冒頭で使うんで実は最後には入れないんすよ……

いかがでしたかってクライアントの指示で書いてるの?自分でつけてるの?

 自分でつけてるよ。なぜつけちゃうかはブログ書いたんでクリックする時間を後悔しないならどうぞ

http://an-fans.hatenablog.com/entry/2019/03/16/143528

生活リアルの前に人間矜持が屈する。資本主義もっとも悪しき側面を見た気がする。自分の書いてる無意味駄文ブログもこれに比べるとマシだとむしろ勇気づけられる。低みに引っ張る引力スゲーなネット

 俺の記事を読んでこんなやつより俺のほうがマシだと自尊心を保ってくれる、俺を見下すことで日々を生きる糧が得られるのだとしたら書いている人間としてこれほど嬉しいことはない。まだ若い人たちはそう思えるだけ本当に未来があるのだと勇気を抱いてほしい。

2019-03-14

anond:20190314214854

うそ!!!

前に「偏向アプリつかっといて」ってかいたの俺なんやけど、

実際はそんな偏向してないやろとおもうとるんや(LGBTに該当しないので使って確認はしてない)

ユーザー層とかめだつユーザー傾向があるだけだろと。

おまえもそんな200万人と出会いたいわけじゃなくて1人か2人と出会えればいいのに

にゆうとるんやこいつ、と。

 

たとえばピクシブで絵を発表して「だれもブクマしてくれない、

ランキングトップの絵は自分絵とちがう画風ばっかり」って嘆く若い絵描き中学生とかやで)

50人くらいは見たし実際100万人くらいいるんやろうけど

おまえらはなんでいきなりトップばっかりみてるんやと。

同じ画風が好きな人どうしでなかよくしろよと。

どうせセンスが合って深い付き合い(ギブアンドテイク)になれるのは1人か2人やろが・・

それ以上は「あっちから勝手にちやほやされたい」「売名欲」「あわよくば」だけやろが

 

ニコでも見たい動画トップ動画が違うなんてよくあるやろし

からって見たい動画トップにおしあげたいなんてのぞみたまたま数万人おまえとおなじセンス人間がいないと無理やろ。

ほんまにデジタルネイティブなんかこいつら?

人は人、自分は自分」をかなえるためにデジタル技術があるのに

なんで迎合しようと無理してるんや?

いや迎合さえせんと「手の届かないぶどうはすっぱい差別者」よばわりしてんの?

夏目漱石草枕を読み終えたのだけど

宮崎駿半藤一利が対談で好きだと話題にしていたので読んでみたが

かのグレン・グールドも愛読したという

明治39年西暦1906年のこの小説は絵かきの逗留の話であり、絵描き目線から見知らぬ土地での人や景色スケッチされ、そこに、芸術論や文明論が挟まれてい。この文豪のあまりにも名高い作品に余は一体何を見出したのか?

実は書いてる内容が所々よくわからなかったのである

しかしながら、なにがしかの感興を催したのも事実であった。

2019-03-12

ニンテンドーラボ大爆死の記事で思ったこ

まず、ニンテンドーラボ発表時に大絶賛したものです。

いまもその考えは変わりません。(ちなみに任天堂信者と思われたくないので書いておくと、私はPSVRも大絶賛していますし、発売日に購入しました)

しかし、大絶賛したのは、これがWii fitや昔のドラクエのように社会現象のように売れるだろうということではなく、

どちらかといえば、SFCにおけるマリオペイントだったり、サテラビューに似た意味で絶賛しました。

サテラビューは多くの人が商業的に失敗したと評価しているはずなので、

ニンテンドーラボが(サテラビューと同様に)商業的に失敗するだろうという予測をしていた方はその通りではないかと思います

この意味で言えば、「商業的に失敗(=ハードを牽引するほどの成功ではない)」と「私が大絶賛した理由」は両立します。

私以外のはてなで大絶賛していた方々の考えはわかりませんが、私は次の3点でニンテンドーラボを大絶賛しました。

(1)初めての経験を与える(特にこどもにとって)

私が小学生ときSFCマリオペイントを購入しました。マリオペイント現在どのように評価されているのかわかりませんが、

作品名があまり挙がらない時点で、忘れられた商品の一つだと思います

しかし、マリオペイントで「初めてマウスを触った」という経験をした子どもたちは多いのではないかと思います

少なくとも私の周りでは、マリオペイントを持っている子供の家で、ハエ叩きをしたり、お絵かきをしたりしていて子供は多かったです。

これが将来的に、デジタル絵描きを増やした要因であるとは言いませんが、新しい道具に子どもを慣れさせるきっかけを与えるということは

マーケット全体を考えたとき尊いことです。

ニンテンドーラボは将来電子工作につながることを意図した工作主体にした作品だと思っているため、

この作品10年後、20年後に「ニンテンドーラボ、あったねー」という子どもたちを増やし、この原体験がなにか新しいものを生み出すと信じています

(2)移植不可能

現在、多くのゲーム機はあまり差別化できていない状況にあります

コントローラも似たり寄ったりで、横マルチも多いです。

Googleゲームストリーミングに参入するという話もありますし、

ゲームストリーミング時代に入ると、個別ハードウェアは無価値になりえます

一方で、ニンテンドーラボは別のゲーム機移植することができません。エミュもできなければ、PCで遊ぶこともできません。

これは「Nintendo switchらしさ」という個性を有しています

もちろんこれは必ずしもメリットではありません。

Wii特有操作によるゲームがその後リメイク移植がされにくかったのと同様、

扱いづらいソフトとなる可能性はありますしかし、(他では体験できないので)switchを買ってよかったという体験にもなるはずです。

この手の一過性をどう捉えるべきかというのはゲーム業界でも難しい問題ですが、

任天堂はあまり気にせずに果敢にチャレンジしているように見えます

(3)新しい面白さを追求する

そもそも工作面白ものです。それをゲーム機と組み合わせるという発想はとても面白いです。

そして、このような新しい面白さを追求することはゲーム業界では本当に難しくなっています

和ゲー洋ゲーともに発売されるタイトルがみな続編になっていることを思い出してください。

またはあるヒット作のフォロワーばかりになっていることを。

任天堂も同じでマリオゼルダポケモンスマブラマリカどうぶつの森、(FEカービィドンキーなど)を

サイクルで発売するだけになってきています

もちろんそこまでIPを大切に育ててきたということはものすごいことですが、

そこで新しいチャレンジをすることはもっとすごいことです。

みなさん、ニンテンドーラボが売れない、売れないと言っていますが、

売ろうと思えば、マリオキャラに使う、ポケモンキャラに使う、マリカで使う、など

他のIPを混ぜれば、いくらでも売ろうとすることができたはずです。

でも、これはあくま実験作だということを強調してのニンテンドーラボなのではないでしょうか。

このような3点で私はニンテンドーラボを絶賛し、また大爆死の声も気にせずに、4作目も出そうとしている任天堂に頭が下がります

この4作目のVRが売れなかったとしても、5作目をきっと出すでしょう。

(ちなみにこの4作目のVRはハコスコという先行者がいたため、個人的に発表時にはあまり驚きはありませんでした。)

また、この(1)(2)(3)の三つの理由は実はPSVRにも概ね当てはまります

PSVRkinectもそうですが、このような新しいチャレンジはだいたい商業的には失敗します。

それはゲームユーザー保守的であるというのも理由でしょうし、

追加で周辺機器を買わされるという経験ユーザーにとって、事実まり面白ものではありません。

ですが、このような取り組みが、次の面白ゲームにきっと繋がると信じて、私はお布施をしています

爆死だ、爆死だと評論家ぶるのも良いですが、爆死に付き合うのもなかなか良いですよ。

2019-03-11

anond:20190311153816

自分のいる界隈は起承転結が書けるってだけでちやほやされるほど字書きの方が権力かい

絵描き自分好みの小説を書いてもらおうと「⚪︎⚪︎さんの小説イメージして書きました!」ってやりまくってるし

字書きが「見たいな」って言ったらこぞってそれを描き出す

ニッチ属性から絵と字の需要供給のサイクルがすごい

評価されないのは字書きじゃなくて単に元増田だと思うわ

anond:20190311153816

そんなこたーない

神字書きレベルになると神絵描きの方からお近づきになりたいと寄ってきて、神絵描き表紙の神字書き小説が出るようになるぞ

絵描きに逆らえない字書きというのはその程度のレベルの才能でしかなく、それは絵描きも字書きも変わらない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん