「絵描き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絵描きとは

2018-02-18

人を壊したい

底辺配信者になんの脈絡もなく一万円くらい投げ銭したい

量産型絵描きの取るに足らない線画を内容に関係なく片っ端からいいねしたい

利用者ほとんど居ない零細ソフトウェア寄付したい

使ったことのない製品アンケートにすべて5をつけて答えたい

2018-02-16

https://anond.hatelabo.jp/20180214205828

pixiv以降の絵描きは小綺麗な人が多いな。

雑誌を丸パクリして何も考えてないのと違って、色相環を考えて配色おいて、シルエットに気を使って……と自分で組み立ててる感じ。

脱オタファッション!みたいな話が持て囃された時が、一昔前にあったと思うが、あの時のような、ブランド名を挙げてコレみたいなアドバイスは今は通用しないだろう。

当時も通用はしてなかったと思うが、情弱を騙すことは出来てた。

anond:20180216015635

流行ものに乗って描くこと自体、その絵描き営業も兼ねてたりするからまり考えないほうがいいよ。

お金が動くことを全く考えてない人の絵だけだったらもっとしょぼい

2018-02-14

anond:20180214144247

拡大してじっくりみると、これまずヌードの下書き書いてからボディペインティングで服書いたみたいに見える。

どうなの?

教えて絵描きさん。

2018-02-12

anond:20180204220357

分かる。

絵描きがこぞって同人誌表紙描きたがるとか、自カプかな?!と焦ったわ。

自分は無価値なのか…とすら感じてしまう。

一点だけ解せないのは(もうアカ削除されたので無意味だろうけど)

相手がツイで呟いたネタ酷似してた、自作品を非公開にしたこと

支部なら作成日時は表示されるし、パクった!なんて言いがかり軽くかわせるじゃないか

勿体なくね?

2018-02-08

表現の自由

がどうとかでコミケツイッターPixivでのエロ絵の修正について文句言ってるひとって結構いるけど、

イベント会場やサーバを間借りして、責任の一部を担保してもらってる状態なんだから

そのサーバの持ち主なりサービス提供者がダメって言うんだったら、表現の自由もクソもなくルールに従えよって思う

エロ否定派とかではなく、俺自身エロ絵描きなんだけど、

責任全部自分かぶれるなら好きにすりゃ良いが、他人プラットフォームの上で表現するなら

プラットフォームルールを守れやという感想しか出ない

復活した某ねこマンガ絵描きが怖い。

一時期盗作炎上した某猫マンガ絵描きさんが、現在行っていることが本当に怖い。

・「昨日の猫ちゃんの様子です」といって去年、一昨年の写真淡々と貼り続ける。

 「これは以前の写真ですよね。猫は元気なんでしょうか」というリプライは全て無視し続けている。

 休止中別アカウントで報告していた、ガンで死んだはずの猫も写っている。

創作活動を終了する、という宣言をとりやめ、復活を宣言

 以前問題になった作家と別の作家からネタ盗作トレースが続々と判明。指摘には無視を続ける。

・「本日更新です」というツイートとともに数年前のブログ記事を貼り付ける。

 これまでに紹介した猫カフェ、猫型ドーナツ屋、すべて閉店している。

・それらのツイートに「かわいいですね」「素敵なお店ですね!今度行ってみます」「また猫が見れてよかったです\(^o^)/」というリプライがつき続けている。

過去の100以上にもわたる盗作だとか、自粛中に出版準備を進めていたとか、そういうのは金と人気がほしかったんだろうなで納得できる。

今やっていることは怖すぎてどうしようもない。

もう猫は死んでいて、その現実を受け入れられない人にしか見えない。

怖い。誰か助けてください。

2018-02-07

えっちなおみせ体験漫画

個人的に大好きだからもっと増えろって思ってるけど

なんか可愛い絵柄の絵描き無料で遊ばせて書いてもらうとかありそうだなって

昨日あたりについったーで思いました

peingあたりでやんわりお店の特定が出来るようなやりとりまで混ぜて誘導完璧みたいな

2018-02-06

anond:20180206213657

ツイート数が多いのは要するにたぶんツイ廃だろうし、大概はツイ廃コミュ障だよ。

ツイート数とかはともかく、単にTLを一時期埋めるとかだけなら社会人でも普通に見るが。

それはともかく、絵を再度上げるぐらいそれこそどういうタイプ絵描きでも最近はやってることだし、

直接リプとかで、お前はふぁぼらないかけしからんとか言ってくるのでもなければそんなに気にすることでもないと思うが。

そんでもって、直接言ってくるようなのは流石に学生関係なくアレだから切るべきだろうし。

地雷持ちCP固定厨の古参絵描き愚痴

しがない同人者の愚痴です。

つい昨日、こんなDMが届きました。


こんにちは、◯◯(私)さんの絵RTでよく見てます

 この垢はサブ垢なんですが、本垢で◯◯さんにブロックされていました。

 何故ですか?絵が好きでフォローしようと思ってブロックされていたのですごく悲しかったです。」


私はもう4〜5年越しくらい、とあるジャンルキャラAとA×CのCPが大好きで

そのジャンルやAやACの絵を描いたり漫画を描いてツイッターにアップしてます

そして、声には出しませんが固定CP厨です。


Aは、公式でBというキャラとセットにされることが多く、その成り立ちも含め

「Aが好きならBも…ABも好きなんでしょ?」と言われるくらい王手CP存在しています


が、私はこのABというCPが、CP名の文字並びを見るのも虫酸が走るほど大嫌いで。

今でこそツイッター公式ミュー機能がつきましたが、

ミュート未実装時…その頃はまだ学生で今より思考過激だったのもあり、

CP名を含んだツイートCP画像が流れてきたら元アカウントを黙って即時ブロックしていました。

今はそれが全部ミュートです。便利な機能を付けてくれましたね。

先に述べたように、グッズ等含め公式でなにかとセットにされるため、公式ミュートしています

で、今回その当時ブロックしたであろうABファンのサブ垢からDMが来たわけです。

その人はどうやら所謂地雷なしです」の人で、ABもACも好きな絵描きさんでした。



ここで私は迷いました。なんて返事したらいいのか。

そもそもマイナーCP描きというのもあり、好きなもの否定される辛さをわかっているつもりの私には、

少なくとも私の絵を好き、ACも好きと言ってくれている方に「あなたの好きなものが私は嫌いなので」と伝えるのがすごく嫌だなぁと思ったわけです。

同じ理由で、居るかもしれない自分フォロワー中のABファン存在を考え、今まで自分アカウントで「ABが地雷だ」と明言したこともありません。


また、自分で言うのもなんですが、

ジャンルで長く続けていたおかげでジャンルでそこそこ名の知れた絵描きになれたのもあり、

ここにきて些細な「◯◯さんは公式でも推されてるABが地雷らしい」というマイナスイメージを持たれるのが嫌で。

ABは本当に嫌いなものの、Bを単体のキャラクターとして見ると普通に好きなキャラで描きますし、

ABが地雷ということが知られ、自分気持ち的にBを描きづらくなるのも嫌。わがままですが。

昨今のツイッター炎上案件を見ているとこの1人にそのまま気持ちを伝えたことにより、どんなことになるかもわかりません。

恥ずかしい話、自分の好きなジャンルで得たそこそこの地位で楽しめてる今の状況を崩したくないなという、保身の気持ちです。


で、結局。以下のように返信しました。

申し訳ございません!ブロックしたつもりはなかったのですが、勝手ブロック状態になっていたようで…!」


ブロック解除後、即ミュート。

ブロック解除とミュートするために踏んだ、相手ホームのヘッダー+アイコン+プロフ欄全てでABを見せられ、

どうしようもなく泣きたくなった気持ちをここで吐露しているに至ります

言いたいことがまとまってませんが、いや〜地雷持ちってキツイですね。

地雷なしという人が羨ましい。

2018-02-05

最近よく見る字書きdisと、その擁護について思う事

オタク歴も同人誌読者歴も20年くらいだし、ツイッター歴も長い私は、最近ようやく自分でも小説同人誌を出した。

といっても、これまでもweb日記を書いていたり、前ジャンルでは1年くらいだけど偽名でpixiv小説をポツポツあげてた。

でも今回は、イベントに出る時にちょっとくらい知り合いとか欲しかったので、小説書き用の名前ツイッターアカウントを取った。

ジャンルの人と交流したり、好きな書き手さん・描き手さんに感想を伝えて(これは読み専時代からやってるけど)認識されたり、読み専さんの突然の連投妄想激しく同意したり、オフ会に出たり…と楽しくやっている。

作家さんに感想を伝えるのは緊張するけど、萌え創造神達が迷いや不安に惑う時、少しでも負担排除する要因になれればと思うから送る。もちろん、仕事メールよりも100倍は気を使って、けれど興奮した気持ちだけは伝わるよう、最新の注意を払ってる。(結果、好きです…とかで終わる事もあるけど)

オフ会だって楽しい。好きなカプの話やプレイの話を、同じようにソレが好きな人とできるのだ。最高に楽しい

…と思ってるんだけど。

これまで、私のTLに二次創作界隈の人々はいなかった。

pixivさえチェックしていれば、作品同人誌情報は入ってきたから、ツイッターリアル友達しか使ってなかったのだ。いや、中にはサークルしてる子もいるけど、二次創作界隈の話は流れて来なかったのだ。

から今、すごくびっくりしている。

…あまりにも「二次創作小説が無価値なんて言うヤツは理解できない!小説エロくていいぞ!あたしは大好き!」みたいなバズったツイート複数流れてきすぎる。

流行ってるのか?そういうの疎いから知らないけど。

もちろん私のTLに小説否定する人はいない。とはいえ、同カプの絵描きさんで、字書きをひとりもフォローしていない人は何人もいる。でもまぁ、一般書籍を含め「小説を読まない人」なんて珍しくもないから、その方の神作品に心を込めてふぁぼを送る程度だ。神との距離は、本来これが適切だと思っているので特に気にしてない。ブロックさえされなければいい、見れればいい。

字書きdisったRTを見た字書きさん達が落ち込んで、過去の闇を吐き出したり、そんな事言う人ムカつく!と怒ったり。それを慰めて怒る絵描きや読み専の、一連のわちゃわちゃが、なんかすごく嫌だ。

この気持ちを整理するために、モヤモヤを書き出してみる。

大前提として、本人に聞こえる悪口はアウトだ。それは社会で生きる人間として当たり前のマナーだ。

それを踏まえた上で、

二次創作に限らず、小説を読まない人は普通に存在する事

擁護ツイートのいくつかは、小説価値エロだけだと暗に断言している事

③字書きのすり寄りが嫌い説が雑い事

コレが気になりすぎてヤバい。思わず語彙力も消し飛ぶくらいやばい

街の人々が直近1年で、娯楽のために読んだ小説が平均何冊かご存知だろうか。

プロ作家ですら読まれない「小説」というものの、それも素人が書いたものを読まない事に、何故腹をたてるのだろうか?

世の中には様々な人が存在する。クラシックを聴かない人、運動しない人、オリンピックを見ない人、声優に興味がない人、オタクじゃない人。二次創作小説を読まない人も、普通にいるだろう。私だって、男女カプの同人誌少女漫画は読まない。…なんだか気恥ずかしいんだ…もちろんdisったりはしないよ!

そういう娯楽についての嗜好は、誰かにただされる必要はないのでは?

漫画だって、下手なら読まれないし、変態レベルの高いエロだと嫌いな人もいるし、片想いまりは読まない人はいる。読む人が何を読みたいかは、読む人の自由なのだ

小説同人エロ最高説で反論されても、エロの無い小説は??と思ってしまう。

感動する話やカップリング要素のない話に価値はないのだろうか。

私自身、二次創作小説エロギャグと、渾身のガチ考察ifルート感動系など、何でもかんでも読むし買う。エロのある本だとニッコリ笑顔になるので、エロはあるほうが嬉しい。けれど、小説にはその価値しかないと暗に言われてしまうのは、とても残念だ。

バズった擁護ツイートへの感想なので、前後にはなんらかのフォローがあったのかもしれないけど。重要なのは、バズってる(=皆が同意・注目した)のはソコだけ、という物理的な事実なのだ

まぁこのあたりも、「世の中にはエロ必須な人もいる」という前述の現実解決するんだけど。小説擁護の旗としては、あまりにも悲しい物だったなと思った。

字書きが他人交流すると、それはすり寄りになるのか?このあたりの同人界隈作法は、初心者の私にはよくわからないので、誰か解説してほしい。

絵描きさん同士ですり寄りは存在しないのだろうか?というより、すり寄りって何?仲良くなったらダメなの??

コスプレ界隈のすり寄りなら、その人と並ぶと注目されるとかROMがどうとかあるのは想像できる。けれど、個人作品を作る二次創作界隈において、他人と仲良くなる事に「楽しい」以外のメリットがあるのだろうか…?

合同誌や表紙挿絵など??嫌なら断ればいいのでは…?依頼もウザいってこと??

私にはよくわからない。少なくとも今、字書きさんとも絵描きさんとも読み専さんとも交流してるけど、仲良くなりたいのは性癖かノリが同じ人だけだ。共に推しカプをチュッチュペロペロして男ふたり未来乾杯したい人だけだ。皆それが目的交流してるんじゃないの??

これについては、自分が何らかのタブーを犯してしまう前に、界隈のマナーみたいな物は学びたいと思っている。

バズった罵倒を参考にしようとしたけど、ゼロ距離タメ語がどうとかリクエストがどうとか、字書きに限らずオタクとして犯してはならない常識ばかりだったので参考にならない。『字書き=すり寄り』って何なの??

交流なんか、個人同士のやりとりなんだ。外野がとやかく言うべきではない。

そして、小説書きにそういう奴しかいない!と嘆くなら、絵描きにそういう奴はいないのか、そもそも小説書き何人と絵描き何人の割合判断したのか、その年齢分布数などもあわせて出してほしい。それも無く「字書きに多いすり寄り系、嫌いだわ」だけ言われても、そこに自分が含まれているのか、含まれる含まれないの明確な境界は何かわからず、ただただ落ち込むだけである

他人に牙を剥くなら、それ相応の準備をすべきだ。殺すならしっかり殺してくれ。貴様が気楽に握ったその曖昧ナイフは、すでに他人に向けられているのだ。それ相応の覚悟で突き立ててほしい。

けれど、これと似た台詞は、たくさん投げつけられてきた。

ヲタなんて、どうせイケメンキャラが好きなんだろう。

声ヲタシナリオなんてどうでもいいんでしょ。

結婚した奴は上から目線になるから嫌い。

子ども産んだら、子どもの話しかしなくなるよね。

実家住まい非正規雇用人生なめてる。

最近の若者はなっとらん。

ゆとり世代根性がない。

ひとりっ子ワガママだ。

私の人生でいくつも見かけてきた、なんだか乱暴disの数々だ。

狭い世界で生きている人間が、1人や2人から与えられた数少ない体験を、さも世の理かのように語る。井の中の蛙じゃないか愚か者め、恥を知れ。

一連のRTモヤモヤした事を書き出してみたので、だから何とかは無い。けれど、140文字で呟くには、あまりにとモヤモヤが大きすぎたので、この場を借りた。

ここまで書いて、ひとつだけ字書きを嫌いな理由がわかった。

「長い」

それは…まぁ、…すいません。

長いよね…うん。

でも短いと伝えきれない事がある、だから今回は、長い事は必要な事だったんだ…。

でもまぁ、とにかく。

二次創作界隈の「字書きdisと、それに対する怒りと擁護」には、なんだかちょっぴりうんざりしている、この気持ちだけは無かった事に出来なかった。

それに触れてツイートする事で、それを知らない人がどんどん嫌な気持ちをおすそ分けされているんだ。今の私のように。どうせ腹の立つ思想と戦うなら、もっと本気で戦おうよ。

小説が好きなら読んで、オススメ作品ならRTすればいい。

擁護するなら、本人に感想を伝えればいい。

悪い感情否定するのに、悪い感情を返すだけだと意味がないんだよ。

もしそうやって戦うのが難しいのなら、せめて落ち込んだTLの空気一新すべく、何か楽しい話題を連投しよう。無理ならちんちんの話でもしよう。

全ての人類理解しあえるわけじゃない。

腹の立つ思想のやつもいるだろう。けど、そいつに引き摺られて、怒りを撒き散らしても何のメリットもないんだわ。

私はTLでは、絶対にこの話題には触れない。匂わせもしたくない。何度もやりかけたけど、あれ以上空気を濁したくないからやめた。

そういう話題が流れて空気が重くなった時こそ、楽しい話をするのだ。腹立つ奴をぶん殴るには、それが一番手っ取り早い。相手にしない事だ。

私は、嫌な思想を引き摺って撒き散らすだけの人間には体験できない愉快なTLで、同じ性癖の人たちと、おもしろおかし暮らしていくつもりだ。

絵描きと字書きを同じピラミッドでくらべてもねぇ

anond:20180202220421

もっと認めてほしいです!!

これって具体的にどういうこと?もっと色んな人に見て欲しい?チヤホヤしてほしい?

同人は完全に実力至上主義世界から字書きでも萌える小説書ければ神になれるよ。

まりこういうカーストがある。

うまい絵描き

 うまい字書き

 その他絵描き

↓その他字書き

こういうピラミッドだ。

うまい字書きになればその他絵描きよりも上に立てるよ頑張って。

絵の方が小説より見る人多いのはしょうがない。商業でも漫画小説発行部数みりゃ歴然たる差がある。

絵と小説を同列に扱って!なんて無理な駄々こねるより自分の実力あげたほうがいい。

anond:20180205011651

「上手い絵を描くこと」が目的な限りその悩みからは抜けられない気がする。

なぜなら絵が上手い人、才能がある人はその先の「これが描きたい」「これを表現したい」という気持ちがあるからだ。

その表現に「上手いデッサン」が必要になって初めてデッサンに興味が持てる。

「上手いデッサン」は表現本質ではなく、ただの道具なのだ


筋肉の形なんて筋肉フェチでない限りどうでもいいわ。

誰も見てね〜〜

そんなことより何フェチ

自分が何フェチである研究して分析してこれをこの世に生み出すのだっていう気概の方がいいぞ。

そっちが先行なら技術はあとから付いてくるし。


模写した絵は自分で選んだ?

その絵のどこに惹かれた?

どの部分の表現が刺さった?

なぜ真似しようと思った?

絵描きはみんなそういう分析を常にしてるし取り入れようとしてると思う。


好きでもない絵を描いて苦しむより好きな絵を自由に描いて楽しんだらいいじゃん。

2018-02-04

大手字書きに嫉妬をしているうちに書けなくなって字書きを辞めた話

女性向けジャンルの話だし全ジャンルに当てはまる訳じゃないのは分かって読んで欲しい。

はてなブログ初めて使うからミスとかあるかもしれないけど多めに見て欲しい。

ここ二日間で「神がカップリング乗り換えて大手になった話」だとか「小説書きとは仲良くなりたくない絵描きの話」とかを読んでたら自分も吐き出したくなって書くことにした。

字書き辞めて以降文章書いてないか支離滅裂になってるかもしれない。ごめん。

もう2年位前の話になるけど、私はある女性向けジャンル小説を書いていた。その頃は楽しかったし、それなりに絵描き小説書きの人たちとも繋がってキャッキャしていた。

イベントでもそこそこ本を出していたし「ああ楽しいな」って思いながら細々と小説を書いていたら一人のフォロワーが徐々に大手になっていった。

彼女の書く物はPixivにアップすれば大体一日で100ブクマつくしフォロワー限定リスト公開のprivatterでは閲覧数が数時間で三桁以上になるというレベル

多分、そのカプ好きな人は最低一回は読んでてもおかしくない認知度の人だ。

最初の頃は「〇さん凄いなあ!私も頑張りたい!」なんて気持ち彼女の書く作品を読んでいたし応援もしていた。彼女言葉が紡ぐ世界が好きだった。

でも、ある日突然彼女の書く作品が一切読めなくなった。

彼女ツイートにどんどんいいねが付いて、そのいいねの数も数分で私が一度も貰った事のない位の大きな数値になっていくのを見て悔しいと思い始めたのだ。

彼女イベントで本を出した後、仲の良い小説書きや絵描きと一緒に楽しそうにアフターをしたツイート写真を見て羨ましくなったのだ。

彼女ツイートは私がいいねしなくても他の誰かがいいねするから

と言う気持ちで、彼女ツイートを見ないようにミュートをしたら気が楽になったのは覚えている。

でも、「〇のツイート、続き楽しみ」「〇の話、世界観綺麗だから引き込まれる」

なんていう共通フォロワー空リプ彼女を褒めるツイートを見てしまい心が苦しくなった。

ワードミュートすれば良い話なんだろうけど、彼女ハンドルネーム一般名詞だったせいでその単語ミュートしてしまうと普通ツイートまで見られなくなる。

それに空リプけが理由で大好きなフォロワーミュートしたくなかった。

最後に、私の心を完全に折ったのは大手絵描き彼女の書いた作品を読んだファンアート投稿した事だった。

大手絵描きフォローしていなかったが、そのカプを好んでいる腐女子なら絶対RTで見かけたことのある人だった。

それから大手絵描き彼女はどんどん仲良くなっていき、最終的には大手絵描き同人誌の表紙を描いてもらっていた。

大手絵描き感想イラスト投稿した事をきっかけに、他の有名絵描きたちがこぞって彼女小説感想という名目ファンアート投稿し始めた。

それを見た私の感想はただ一つだった。

「妬ましい」

私がどれだけ頑張っても一度も貰った事のない感想イラストを浴びるように貰う彼女が妬ましかった。

感想DMも沢山いただいて~」

というツイートには

「は?私はそんなの一度も貰った事がない。自慢か」

という感情しかなかった。

そして極めつけには、私の方が数ヵ月も先にPixivにアップしていた話に類似したネタを堂々とツイートし始めたのだ。

しかフォロワー数が彼女の方が多いから、いいねも沢山つく。

まるで彼女の方が先に考案していたネタのように扱われているではないか

私は彼女ツイートいいね100ついた頃、自分がアップしていた作品を非公開にした。

ネタをパクったなんて言いがかり彼女信者に言われたくなかったからだ。

寝ても覚めても大手字書きの彼女に対する嫉妬心は募る一方だった。

からある日

私生活が忙しくなったのでアカウントを消します。今までありがとうございました」

理由を付けて創作アカウントを消した。当然pixivも削除した。今あるのはプロ漫画家声優などしかフォローしていないロム専のアカウントのみだ。

そりゃあ私の書いていたカプは人気があったか私自身も10ブクマ位してもらっていたが、どうせ大手になった彼女と比べたら底辺字書き。

惜しむ人なんて居ないだろう。という気持ちで諸々を削除した。

その時の爽快感は今でも覚えている。それから「ああ、これでやっと楽になれる」

という気持ちもあったこともだ。

もう字書きを辞めてだいぶ経ったがやはり今でも「感想しかった」「好きです」の一言位ロム専の人に一言だけでも良いから貰ってみたかった。

私の書く物の感想一言でも良いから、義理じゃなくて本物の感想が欲しかった。

同人誌感想フォームをつけたんだから一度で良いか感想を投げて欲しかった。

という「して欲しかった事への羨ましさ」の気持ちが多く残っている。

今回この話を書くことに決めたはてなブログを見て、大手になった彼女アカウントを見に行ったら「最近あったイベントでもスペースに列が出来て大変だった。でも今回も書ききって満足!」的なツイートをしていてウヘァという気分になった。

とりあえず過去に多めに刷ったせいで在庫が残ってしまった同人誌たちは破って廃品回収に定期的に出していこうと思っている。

anond:20170505143513

よくわかる。

3の字書きは人次第だとは思うが。面白い人がいたり、面倒で壁打ちにしているだけや、自ら「空気が読めない」と呟くサイコパス的な人がいたりもして色々だから

けれど、2。テメーはダメだ。

絵描きに擦り寄るだけではなく、1に嫉妬して追い落とそうとする奴もいる。

そんな2のような字書きとよしよししあうのが大好きな、2のような絵描きや読み専もいるのが地獄

そういった地獄の住人のような両刀Twitterでこの増田は字書きを下に見ているのでは?とコメントしてRTしてきた。

そうではないことを知らないからこそのコメントだと思った。

同人小説書きとは仲良くなりたくないってやつ(便乗)

twitterで「同人小説書きとは仲良くなりたくない(https://anond.hatelabo.jp/20170505143513)」っていうのが回ってきた。

まあ正直なところ、なるほどねーって思わなくもない。

っていうかこの人のいう「1」の人って、普通に「文神」でしょ。「小説書きの神」に絵描きがすり寄ってるだけで構図いっしょじゃないの。

閑話休題

これは便乗日記です。別の理由で、同人小説書きとはあまり仲良くなりたくないかもしれないな、と思った。なぜか。

うまいんだよ。感想うまいの。

あたりまえだ。彼らは字かきだ。感じたことを文字にするのに慣れている。文字を飾る事にも慣れている。だからTwitterみたいな文字ベース世界ではとにかく、強い。

感想をもらえるのはありがたい。とてもありがたいけど、感想を言われると言い返さないといけないかな、って気がしてしまう。

気が重い。

自分的には駄作じゃね?とおもっても、ほめてもらってしまったりする。

お世辞じゃないだろうか。気が重い。

あと天狗なっちゃいそうで、自分がだめになっちゃいそうで、ああ、この環境はいけないな、って思った。

けれどもう交流を持ってしまっている。抜け出せない。抜け出せないなあ。自然フェードアウトするしかないんだろうか。

とにかく承認欲求が強い私にとって、この「投げるとすぐ褒めてもらえる」状況、微妙に怖いのだ。欲求が満たされすぎている。心地よいぬるま湯がすぎて溶解液なんじゃないかって思えてくる。

なんとなく察してくださったと思うが、私は交流が極めて苦手だ。もうすごく苦手だ。交流過多になったがゆえにジャンルを投げたくなるくらい苦手だ。

同時に、自分作品を読んでもらうのに、手に取ってもらうのに、交流が強いのは一種アドバンテージであることも理解はしている。

なんていうのかな、同人交流コンプレックス。そう。コンプレックスを持っている。

からだろうか、閲覧者としてTwitterを眺めていた時、字かきさんたちが字かき同士で感想交流リプを飛ばしまくってるのを見て、なれ合いうぜえと嫉妬心からジャンル用垢をしめたこともある。

今考えれば「あたりまえのこと」をしてただけなんだなと思うんだけどさ。

なんかむずかしー。考えるの頭いたくなってきちゃった。

今のすごい褒めてもらえる環境が怖すぎるって話をしに来たんだよな。自慢できるほどの人数じゃないんだけど。いままでファン数1(自分)みたいなところから、いきなりファンがついちゃった人、怖かったりしなかったのだろうか。

怖くない?

自分作品殆ど肯定してくれる人。

2018-02-03

絵がそんなに上手くないのに仕事がくる人

素人に毛が生えたくらいの絵なのにたまに絵の仕事してる人いるよね。

いったいどこからどういう経緯で仕事の依頼が来るのか不思議だ。

私も副業絵描きたいんだけどどうやって仕事とってくればいいのか謎。

2018-02-02

同人女しんどい

はじめて匿名ダイアリーってのに手を出してみる。作法みたいなものも分かってないし半分くらいキレてるから粗相があるかもしれないけど許してほしい。

わたし同人女というか同人を始めようとしている女だ。因みにBL。今とてもしんどい。何がしんどいか書く。

1.小説しか書けない

よく話題になったりつい最近Twitterでそれ関連のツイートがバズったりしてたけど、BLにおいて文字書きってめちゃくちゃ生きづらいなって思う。文字書きのくせに文章が下手? すまんな。

わたし自身サークル参加したことがないから、当然「小説(笑)」「小説お金払えないよね」みたいなのに出くわしたこともない。よくそういう話聞くよね〜程度。でも怖いもんは怖いんだなこれが。

絵が描けない(絵描きじゃない)っていうだけで色々不利だなと日々感じる。いやオタク活動をするのに有利も不利もないと言ってしまえばそれまでだけれども。

例えば、創作クラスタなら経験したことがあるだろう、○○の創作クラスタフォロー祭り系のタグ。あれで文字書きが文字書き以外と繋がるのは至難の業だ。だってアレ絵描きさんと繋がりたいタグは併用されてることが多いのに文字書きさんと繋がりたいタグは大抵併用されてないんだぜ。創作BL好きさんと繋がりたいタグも同様。要するに文字書きは多くの場合"繋がりたい"の輪の中に入れてもらえない。僻みのような気もする。

あと界隈で影響力のあるオタクってのもだいたい絵描き(少なくともわたし観測範囲内では)。そりゃ絵の方が物事を伝えやすいのは分かる。でも流石に同じこと言ってるのに絵描きの方では盛り上がっててこっちには何の反応もないとかだとちょっとどころではなく凹む。全体的に僻みのような気はしてる。

一応言っておくとわたしは絵が全く描けないわけじゃない。文章を書く方が好きっていうのと、1枚絵はともかく漫画を描くほど絵への情熱が持てないってので文字書きをやってる。

好きで文字書きやってるなら我慢しろとか言われそうだけどそういうことではなくて文字書き蔑視酷くない?! ってとこから来た話だからよろしく。

2.承認欲求しんどい

問題はこれなんだよな!!!

作品を世に出すからにはできるだけたくさんのひとに見てもらいたいし、誰にも見向きもされなかったら悲しい。このあたりまではたぶん誰でも思うことなんだろう……と思いたい。

ただこれが前の項で挙げた絵描きへのコンプレックス劣等感と合体するとやばい。本当にやばい。どうせ弱小ドピコ小説サークルなんて誰にも需要ないし。出したところで「小説(笑)」って笑われて終わりでしょ、みたいな。被害妄想とも言うな? メンヘラ風に言えば「私のことなんて誰も必要としてないんだ……マジムリ……リスカしょ」的な感じ。

需要があろうとなかろうとわたしわたしの作りたいものを作る!くらいメンタル強くなれたらいいんだけど、生憎わたしはそこまで強くないし承認欲求が消えてくれない。一次創作なら比較対象がないからまだいいけど二次創作はどうしても周りと比べてしまうからキツい。メンタル強くなりたい。

うん。

番号つけて羅列していこうとしたら2つで収まってしまった。

そりゃあわたしだってドスケベな漫画は素敵だと思うよ。小説より絵の方が需要あるのも分かる。だって小説って長い文を読む力がなきゃ読めないもん。小説を楽しむにはある程度の教養必要だし、文読むの自体嫌いな人もいるし。それは多少仕方ないところもある。

でもだからって文字書きが蔑ろにされていいわけじゃない。需要がないから? 文章なんて誰でも書けるから? 知ったことか。何であれ創作物には創作物としての価値があるだろうが!

もっと認めてほしいです!! 文字書きだってBL書いてるんです!! 創作活動してるんです!! 同じようにキャラを愛してるんです!! 絵描きの方が凄いみたいな風潮やめろ!!(欲求に素直で横暴で率直な発言)

こんな事考えてるからしんどいばっかりで楽しく創作できないんだよねぇ。どうにかなんねーかなこれ……

追記

反応をもらって少し考えてみたんだけど、承認欲求を満たす手段として同人をしているというよりは、同人するにあたって自分の中にある承認欲求無視できないっていう感じなんだなって。同じことかな? 別のところで満ち足りればそんなこと考えずに同人ができるのかもしれない……どうなんだろう……承認されたことがないから分からないぞ……

私が絵描く意味ある?

ネット上には素敵な絵描きが溢れてて私が描きたい!って思ったネタも絵柄も全部上位互換がいるような気がしてきた。

絵を描き出してかなりの月日が流れてるけどここ最近ずっとそんな感じ。

自分しか描けないものなんかないって気付いてきた。

しんど

2018-02-01

anond:20180201221208

だよね。

しかしたら将来サッカーカミサマになるかもしれんし。

絵がうまいから絵描き、ってオトナの固い考えだよね。

言いたいことがぜんぜん違うのはショウチノスケであります

anond:20180201220014

さな子供ネット絵描きTIPSを見せるのはハンコ絵(=個性の無い絵)を刷り込む事になり、美術センスは大きく損なわれることになります流行の絵柄は数年で入れ替わるので、やはり基礎素養重要だと言えます

 

増田さんの仰る通り「否定しない事」が重要ですが、子供は多感なので大人の嘘や愛想は即座に見抜きますから、まずは貴増田さんが知識(というか認識)をしっかり持つ事が必要です。

岡本太郎の「今日芸術」という文庫本を一読する事をお勧めします。子供に対してについても書かれていますし、クリエイター必読の書でもある良書です。

2018-01-31

ないのは金ではなくもっと別の

芸術に金を出さないどころか、学術にも金を出さない。

科研費はクソシステムで、その上削られる一方で、その上、役所から言われる煩雑事務手続き研究者時間をどんどん削る。金を出さないなら、先生たちの時間を奪うなとずっと思っている。

まあリソースは有限だというのはわかるんだけど。

・それはそれとして、問題はどうも最近ジャンルを問わず専門的なジャンル知識技術経験に対しての敬意みたいなものが色んなとこから消えてる気がする。

絵描き報酬とか、エンジニアのいうことを聞かない上の人たちとか、専門研究者意見からかけ離れていく政策とかもそれなんじゃないかなーって

2018-01-30

萌えのままに二次創作ができなくなってしまった





ありがちな話だけど、pixivtwitterでの評価を氣にしすぎて楽しく二次創作活動ができなくなった

5年位前から、好きな作品二次創作小説腐向け)を書いてる

今まで3つほどのジャンル渡り歩いてきた

ジャンルAは気が向いた時にpixiv小説を上げてた

twitterはやってなかったので同ジャンルの人と特に交流したことはない、オフ本も出したことはない

それでもブクマコメントをもらえることがすごく嬉しかった

好きな作家さんからブクマがついたり、pixiv相互フォローになってたりするとほっこりした

ただ当時大学生リアル生活のほうが忙しかったのと、原作が終了したこともあり徐々に熱が落ち着いていき投稿しなくなった

ジャンルBはそれから数カ月後に出会った

アニメを見てむちゃくちゃに興奮し、萌えのままに小説を書きpixiv投稿した

この時初めて「同ジャンルの人と交流したい」という気持ちが芽生え、twitterを作った

すごく楽しくて転がり落ちるようにのめり込んだ、当時仕事があまり忙しくなかったこともありあっという間に同人生活交流の中心になった

初めてオフ本も作り、何回もイベントに出た

「いつみ見てます」「あなたの話が好きです」という言葉差し入れの山、回り続けるブクマ、どれもが麻薬のようだった

そのうち、それなしでは小説が書けなくなっていった

どうすれば売れるか、どうすればちやほやしてもらえるかばかりを考えて話を書くようになった

目立つ大手絵描き文字書きとだけ交流したい、(自分が思う)下手な人、ROM専とは交流したくないと思うようになった

自分よりブクマがついている人、売れている人を妬むようになった

自分が書いているのは「小説」なんだというよく分からない自意識に取り憑かれていた

原作に対する萌えを失ってもなお、1年くらいは承認欲求のために小説を書いていた

ジャンルCと出会ったのはそんな矢先だった

早速二次小説を書き始めたが、動機萌えのままというのももちろんあったが、pixivtwitterでそのカプがそれなりに盛り上がっていたからだった

つのジャンルである程度の読者を集めていたから、このジャンルでも読んでもらえる、ちやほやしてもらえるに違いないというゲスい考えのもと小説を書いた

ジャンル者のtwitterフォローしなかったし、新ジャンル用のアカウントも作らなかった

既に多数のフォロワーがいる今のアカウントを使った方が箔がつくと思ったのと、このジャンル投稿を始めてからのほうがフォロバしてもらえると踏んでいたからだ

数ヶ月書けて書いた大作を投稿した、SNSは期待の新人が現れた!と自分話題で持ちきりになると信じてやまなかった

結果は爆死もいいところだった

途端にジャンルに対する熱がすーっと冷めていった

ジャンルBの人もCの人も、爆死した自分をあざ笑っているのではないかという感覚に陥った

せめてtwitterアカウント分けをしていれば恥さらしにならなかったかもしれない、別人として振る舞えばよかったと後悔した

それでもCジャンルで書きたいという気持ちはまだあるから自分の中にある小説を書くことへの原動力が、100%の承認欲求だけではないのだと思いたい

今、どうやったら二次小説を楽しくかけるのか完全にわからなくなってしまった

冷静に考えれば、ジャンルCで投稿した話には上で書いたようなゲス自意識が滲み出すぎていたんだと思う

ジャンルAやジャンルB初期に書いていた話は、推敲全然していないし日本語もめちゃくちゃ、自分が見下してきた二次小説のものだけれど読んでてとてもわくわくした、純粋に元の作品が好きで書いたんだろうなという感じがする

ジャンルB後期は「日本語うまいね」「文章がきれいだね」と言われることはあっても、「萌えました」と言われることは格段に減っていた

承認欲求が悪いこととは今でも思っていないけど、自分はあまりにもそれにまみれすぎてしまった

どうしたら萌えのままにもう一度小説が書けるようになるんだろう

はじめて二次創作に触れた頃の、純粋情熱を取り戻したい

楽しくて仕方がなかったはずの趣味なのに、もう全然楽しくない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん