「ルール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルールとは

2019-05-22

祖父母は車を持っていなかった

私の両親が若い頃に、一般庶民が車を持つようになって

私の叔父就職した後に買った車で両親(私の祖父母)をドライブに連れて行ったそうだ。

祖父母はおそらくなくなるまで自動車運転免許証を持っていなかったと思う。

私の両親は二人とも運転免許証をもっている。

母は結婚した後で送り迎えやパート仕事のために運転免許証をとっていた。

幼かった自分初心者の母がエンストさせていたことを覚えている。

いまでも二人自動車が欠かせない生活をしている

私も専門学校生の頃に両親の勧めで運転免許証をとったものの、

都心に越してから不要であるし、低賃金に維持費はつらいため車を所有せずずっとペーパードライバーだ。

年に一度も運転していない。

モータリゼーションの普及

庶民が広く自動車を所有するようになったとき

最初世代が、いま老人になってきたんだと思う。

正確な数字検証はしていないけど、経験的にけっこう自信を持ってそういう想像ができる。

運転免許証更新時に、認知症テストのようなものも導入されたようだが、

一度認めた免許というものを取り上げることの難しさはあるのだろう。

一度も事故を起こしていないのに、認知症でも無いのに、取り上げるなんてヒドイ!

生活がかかっているので、取り上げるなら代わりの生活手段を用意してほしい!

という声は強い。これに対抗して強制的に60歳で免許終了とかいルールを制定させるのは難しい。

まり、しばらくは事故を起こしてから取り上げるしか無いということになるんだと思う。

今後、まだまだ交通事故は増えていく気がする。

https://anond.hatelabo.jp/20190521194457

会社服務規程違反するなら上司忠告は聞いて正すべき。

海外刑務所だって独自ルールがあるから殺し合いにならないように

社内で規則を守らない者が1人いるとその会社は壊れる。

自分くらいはって思うかもしれないがそれが嫌なら自分会社起こすしかない。

気をつけよう。

2019-05-21

韓国語気持ち悪い理由がわかった

電車に乗ると日本語の他に英語中国語韓国語の案内があると思う

そのたびにハングル文字を見るたびに気持ち悪いと思っていた

あらかじめ言っておくとおれは嫌韓ではない

特に好きでもないけど韓国人の同僚とも仲良くやっていってる

ずっとあの人工的な形が違和感を感じさせていたのかと思っていた

でもさっき帰宅したときに気づいたんだけど英語中国語意味がなんとなくわかるけど

ハングルについては全く意味がわからないんだよね

もちろん新宿駅ならそのハングル新宿って読むんだろうけど

どういうルールでそう読むのかは全くわからない

からいか気持ち悪かったんだ

出勤と帰宅ときモヤモヤした気持ちはこれでなくなるような気がする

とはいえできれば韓国語表記は消してほしいけど

新社会人に送るマナー講座

この春から社会人となった新人さん

これだけは覚えておいたほうがいい社会ルールを教えてあげよう

・かかってきた電話には新人積極的に出よう

 間違ってもいい今の時期に練習しておこう

・始業時間の15分前に来てオフィス掃除しよう

 君以外は皆やっているよ

印刷する紙は一日三枚以内に抑えよう

 会社備品無駄遣いしないコスト意識を持とう

上司よりも大きい印鑑を使うのは失礼

 はんこ屋さんに行ってなるべく小さなものを作ってもらおう

上記を守って楽しい新社会人ライフを!

小学校が嫌いなら同時に自衛隊のあり方を批判すべき

小学校でやってるような集団ヒステリーじみた行為の大部分は旧帝国軍から受け売り

そして、それを自衛隊は今でも素晴らしい伝統として使い続けてる。

それを見て教育機関は、このやり方で問題ないんだなとずっと同じことをし続けている。

まりさ、小学校のあり方に違和感を感じるなら、同じ口から自衛隊無意味軍隊ごっこへの批判が出てこないとおかしいんだよ。

一糸乱れぬ統率のためと称した行進訓練だとか、異様なまでの団体責任制度、まだパワハラ扱いされないギリギリを攻めるのに人生をかけるかの如き肉体的苦痛強要上司の俺ルールに過ぎないのに完璧オウムになるのを求められる報告手順、アイロン無駄に効いた衣服毎日訓練してはかけなおし。その時間に払われる給料税金から出る)やピカピカの軍靴、そういった諸々の人生税金精神力の浪費を批判しないとおかしい。

それをせずに「うるせー軍人はそうやって無駄なことしてんのが仕事なんだよ。馬鹿あやつり人形やってな!」と言うのなら、その言葉はそのまま小中学生の上に降りかかるよ。

そこ、分かってるかい

anond:20190521173716

前科八犯でどれも子供を狙った性犯罪

そして殺人

一人でも十分かと。

二人ルール絶対じゃないし。

anond:20190521173716

前科八犯でどれも子供を狙った性犯罪

そして殺人

一人でも十分かと。

二人ルール絶対じゃないし。

anond:20190521171133

数字に反映されてない件がたくさんあって、それを表に出せないよということを言いたかったんだよ

なんで?それは自分選択じゃん?

増田では、「事件にしないのは女の勝手」みたいな言い方をされるけど、現実問題、それを全女性に求めるのは酷だよ。

何が酷なの?それが法治国家ルールだけど。事件にしないから次の犯行が行われるんだぞ?

そして「事件にしないか数字には出ないけど、とにかく多いことにして男叩きします」ってのは酷じゃないの?

全男に冤罪(誤認・故意わず)のリスクプラスして針で刺されるリスクを背負わせるのは酷じゃないの?


ちょっと勝手すぎない?

痴漢ではない男に、痴漢責任や女の弱さの責任を負わせていいって思ってるの?

anond:20190521161440

同性婚の話に踏み込むなら、どうしてもそこに性愛の話はからむんじゃない?

例えば江戸時代以前の衆道のように性愛生殖を切り離せる社会だったら今のように悩む人は少なかったと思う。

 

ところで個人自由権利を強調してた元増田としては、そういう近代以前の原始の感覚みたいなのを持ち出されると

「では今まで同性婚問題で再三持ち出されていた人権理論はどこへいくんだ・・・

みたいな不条理感と

キリスト教のような倫理の基盤がない日本で、家族形成ルールをどうか確立するんだ、今後移民が増えたときグズグズになるぞ」

という危惧

ない交ぜになって頭をぐるぐるする

anond:20190520230346

ちょっとわがまま言ったりルールを破ったら拳骨平手打ち足蹴り当たり前。

5兆歩くらい譲ってそれが躾だったとして、その「ルール」は理不尽ものではなかったのだろうか。

文字書き同人女のどこが問題なのか

anond:20170811212332

「私の好きな作品評価されない世界は間違っている」と言わんばかりだが、

もちろん世界ではなく元増田が間違っているのである

同人女はごく狭いコミュニティ独自ルールに染まりがちである

そのうえ「文字書き」は幼い頃から一人きりで小説を読んできているためか余計に独善的なきらいがある。

いったい何が間違っているのか?

喩えるなら「ルネサンス絵画けが正しい絵画だ」と主張しているのが彼女なのだ

ゴシックバロックロココ印象派キュビズムダダイズム

水墨画浮世絵日本画漫画商業イラスト萌え絵

すべて「下手だ」「間違っている」「真の絵画ではない」と切り捨てながら、

「どうして漫画のようなリアリティのない白黒の絵ばかりが評価されるのだろう」と嘆いている。

ルネサンス絵画写実的な美しさと鮮やかな色遣いを理解できないなんて」と。

いや、絵画のことであれば、彼女らも「さまざまな評価軸があるのだ」ということを理解できるだろう。

しか小説のことになると途端に「正しい表現」「あるべき小説」に囚われてしまう。

それは「審美眼を備えた読書家」としての自負であり矜持であるのだろうが、

はっきり言ってしまえば、多くの本を読んでいる人ほど異なる表現形式には寛容なものだ。

anond:20190520175930

わかるけど、お役所にとってルールを変える手間を考えると、そのルールでもやってくれる入札企業がいくつもあって現状が成立している限りにおいては、ルールを変えるほうがしんどいんです。

フラワーデモwww

資生堂 アネッサ筋肉CM取り下げか 性暴力抗議デモ「オナニー」発言の弁護士出演で抗議殺到

判決文読まずに、司法ルールも知らずに「私が有罪と思ったことを無罪にするな」と主張するのって「オナニー」じゃないの?

司法市民感覚乖離してる~」ってお決まりフレーズ言うかもしれんけど、市民感覚に最大限寄り添った市民感覚通りの裁判をなんていうか知ってる?

人民裁判」っていうんだよ。それを是とするなら法律いらないんじゃない?

推定無罪原則を破棄して「合意証明」を求めたりするのもそう。オナニー

君が大手を振って外歩いてられるのなんでか知ってるか?「犯してない罪を着せられない」という当たり前のことが守られてるからだぞ。

それを自ら破壊しようとしてどうするんだ。あ、対象は男だけですか?

でもって、このオナニーオナニーと指摘されたら逆切れ

弁護士資生堂表現の自由を奪う。使った資金や作った人の労力、思い入れなど微塵も考えずに表現を踏み潰した。

こいつらどれだけ腐ってるの?思慮が足りないの?自分のこと以外考えられないの?

嫌なら見るな、買うなで終わりだろ。

CM潰しを呼び掛けたり、不買運動を呼び掛けたり、海外拡散しての不買すら狙ったり。

資生堂が寛容でよかったな。

今回の件で思ったわ。

こいつら、人治主義目指してるだけだ。自分たちが決定権を持ってる人治主義を。

もともと支持してなかったけど、今後とも絶対に支持しない。

邪魔する奴がいたらそっちを支持するし、なんなら私も邪魔する。

私は表現の自由尊重される、法治国家国民でありたい。

ノイジー女性支配下冤罪に脅えながら黙って暮らすのはまっぴらだ。

こうして敵を増やすお疲れ様です。

つの間にかルールが変わっていたもの

物価上昇率2%は間違いなく2年で達成する

・もう一度酒を飲んだら議員は辞める

カップ麺スープ袋を投入する順番

液体系スープの時もいつの間にやらだったが、最近じゃ粉のやつまで後入れになってやがる

大昔はかやくと一緒に、全部いっちゃん初めにぶっこんじまえルールだったはずだが

もしも順番間違えたらそんなに味変わってくるもんかね

anond:20190520042248

制限速度+10kmがちょうどいい

マジ謎ルールだ。

下手に律儀に守ってると正しいほうがなぜか怒られるし。

何のための数値規制なんだ?

世界中どこでもこんなもんなのかな

anond:20190520042248

自動車や、それを用いた交通の仕組みって、想像していた以上に性善説というか、

運転する人間良識や適切な注意力にゆだねらているんだと思って正直ゾッとした』

交通ルール事情をいままで知らなかっただけでそもそもこの世の中自体良識と注意力に委ねられているだろう。



『ましてやもらい事故、不意な飛び出しなんかに至っては、どんなに気をつけていても回避不可能運ゲーに近い

それを解決する手段が「かもしれない運転」って、なんというか個人の注意力や能力や時々の運にゆだね過ぎじゃない?みたいな』

・急に強盗に入られるのも一緒。自分に落ち度なくても運が悪いのはそりゃどうしようもない。



地方郊外に住むとなったら、もう「乗らない」っていう選択肢自体存在しない 社会インフラが車前提に整備されてるもんね

おとなもおじいちゃんもおねーさんも、好むと好まざるとにかかわらず運転することを「強いられているんだ」って感じ』

・人は皆生まれてくるところを選ぶことはできないから生きていくところを選べるようになるしかないよ



『そういう「運転しない自由」「自動車社会に参入しない自由」が実質的に与えられてないよね

ましては最近公共交通が衰退して、街の中心部の店が潰れ郊外ショッピングモールに集約、みたいにどんどん流れがそっちに行ってる

高齢運転問題もそうだけど、車前提でインフラ制度設計しておいて

他方で「能力覚悟が足らないやつは運転するな」っていうのは、それはそれで「死ね」って言ってるのに近くない?』

・残念ながら口にしないだけで社会死ねって言ってると考えていいでしょう。でもその現状は資本主義に基づいた合理化効率化の結果なので不満があるなら違う環境うつるか、自分環境を変えられるようになるしかいかと。



『「お前は車の恩恵を受けていないのか?荷物配送バスタクシーも使うなよ」

→それはプロドライバー仕事じゃん。運転技量がある(大型なり二種免許をとっているような)人達が、業として行ってるわけで

例えば飛行機運行プロパイロットだけに許されているように、自動車運転プロのみに許されていれば、

状況はまたちょっと違うことになっていたと思う』

・違う環境になれば違う結果を呼ぶのは当たり前。あともしも運転プロドライバーけがすればいいと考えたなら人類には早すぎるではなくてヘタクソは運転するな、になるわけで。



『もちろん、現状の自動車社会をすぐに転換することは現実的には不可能だと思う

から上記記事などにも指摘されているように、現在技術でできる限りの安全装備やシステムをどんどん義務付けてしまったり、

交通システムも、性善説でなく安全側に倒したもの

(具体的には信号の右直分離・歩車分離の徹底や、エンジン起動時の免許ドライバー状態のチェック、など)に変えて、

可能タイミングがきたら、一気に完全自動運転社会に転換してしまったほうが良い』

・車の安全装備の高水準化、交通整備システムの徹底などに関しては全面的同意関係ないけど完全自動運転って事故が起きたとき誰が悪いのかで揉めそうで実現すんのかなぁと思う。



『そういう極めてスポーティかつハイリスク行為公共インフラとして存置させてくのはどうなのよ

エンタメは、サーキット有料道路の中でやってくれよ、という感じ

免許取り立ての若者から80代の爺さんまで参入する「交通社会」に持ち込むべきものではないよね』

自動運転技術成熟した未来がきたらもしかしたら自分で操縦するという行為安全性の観点から任意趣味しか行えなくなるかもしれないが、当然今の社会にはまだまだ運転技術必要なシーンは多くそして適切に運転している人々からすれば危惧されるのは心外しかないと思う。





とりあえずタイトル違和感があった。

元増田安全安心自動運転要望しているのだろうけど

自動運転故障などの理由事故は完全にはなくならないだろうし

問題視されるべきなのは過失事故を起こす人間の愚かさのはず。

あ、全国の危険道路の整備なんかは早急に行うべきだとは思うよ。

2019-05-20

日本同性婚議論って無理ない?

もし仮に同性愛者の国があったとしたら、当然異性を前提としてる婚姻とは別のルール婚姻が定まられてたはず

同性婚を考えるときに一番に考えなきゃいけないことって、その世界観の中で同性愛者はどういう婚姻を作り上げるはずなのかってことじゃない?

それがどういうルールになるか分からない限り賛成も反対もないでしょ

というか、そもそも異性愛者に賛成反対の権利があることすらおかし

というか、同性愛者が異性を前提としたルール作りに基づいた婚姻を求めることはもっとおかし

なんか日本での同性婚に関する議論っておかしいところだらけだなとつくづく思う

躾と虐待は違うのに

児童虐待ニュースが増えている。とても痛ましい事件が多くて聞いただけで心が痛むものもある。だけど、批判覚悟で言うけど、正直私にはそう思えないものも時々ある。

いわゆる躾の一環、というもの

躾を理由にした虐待肯定したいんじゃない、そもそもなにが(どこが)虐待なのかが疑問。

私が幼い頃は父がとても厳しくて、ちょっとわがまま言ったりルールを破ったら拳骨平手打ち足蹴り当たり前。父は言い訳や嘘つき、ごまかしが嫌いだったからそういうのは一切許されなくて、へりくつを捏ねるな!ってベランダに出されたり裸足のまま閉め出されるくらい普通だった。

だけど、それらは皆私がいけない事をしてしまったのが原因で、父の身勝手や気分、その他理不尽理由でそれをされた事は一度たりとも無かった。勉強お稽古習い事への怠慢、わがままを言って母を困らせた、失敗を隠そうとして嘘をついた、ごまかしをした、勉強をしないで漫画を読んでいた、好き嫌いをした、母の言い付け約束を破って遊び呆けた、門限を破った、不貞腐れた態度をとってあやまらなかった、無礼言葉遣いをした、作法マナーがなっていなかった、etc

父に酷く叱られるときは、全部人としてやってはいけない悪いこと、恥ずかしい事をやらかした時ばかりだった。そういうことを、父は絶対に許さなくて、徹底的に指導された。それが、どうしてだめなのか理屈でわからない年齢だからこそ、4歳〜小学生ぐらいまでのほうが中学以降に比べて圧倒的に手が飛ぶことが多かった。

「口で言ってわからない年齢なら叩いてでもわからせるべき。そうすると、道理がわからない子供でも次からは繰り返してはいけない、やめよう、と心に強く残る」「あの歳の子供はイヌネコと一緒。理屈をどれだけ丁寧に言ってもむだで、一度痛い目をみせて初めてやっていいこと悪いことを覚える。理解させるよりいかに次同じことをさせないか問題で、叱られた理由なんて理解できる歳になったら後からわかるはず。俺もそうだった」

こういうのが父の持論で、私はその考えの元徹底的に厳しく躾けられた。怒鳴られただけで済めば全然ましなほう、手も足も普通に飛んできたし、反省するまでそうしていろって寒い中裸足で外に立たされたり長時間正座させられたり蔵に閉じ込められたり、あまりにも良くない行動をした時は夕飯を抜かれたり風呂場に連れ込まれて服のまま冷たい水を頭からかけられたり、漫画ゲームも破いたり壊して捨てられたし、外出禁止普通にあったし、痛くてお風呂椅子に座れないぐらいお尻を叩かれたこともあるし、出先で失礼な事をしてしまって「お前みたいな娘はいらん!もう帰ってこなくて良い、どこにでも行ってしまえ!」って置いて帰られて家にも入れてくれなかったこともあったり、私自身ほんとに何回も泣いたし、辛かった。うちの父より怖い親なんてどこ探してもいないだろうって思ったことも何回もあった。

だけど、これ読んで虐待!って騒ぐ人もいるかも知らないけど、父のおかげで私は今までの人生で色々な人から何度も真面目であることや勤勉であること、振る舞いや教養言葉遣いなどことあるごとに褒めて頂けている。マナーや礼節に厳しかった父の教育と、父がさせてくれたお稽古必要からと身につけさせてくれた教養一般常識、これらの賜物だと私は思う。社会人になった今、こうして色々な場面で評価して頂けるたびに、父に対する感謝気持ちでいっぱいになる。「厳しく叱っても、わかる歳になったら理由自分で気付ける」、本当にその通りだったから。だから私は自分の子時代を不幸だったなんて全然思わないし、父の躾を虐待だと言われたら真剣反論すると思う。

しろ、失礼な言い方をして申し訳ないけれど、私の父のやり方を「虐待」だと批判する方はきっとあまり厳しくないご家庭で甘く育てて貰った方なのかな、と感じる。

そんな考えなので、例えば夜ベランダにしめ出されるであるとか、少し手を挙げられただけで虐待認定する今の空気は甘すぎるんじゃないかと私は思う。

私には現在2歳になる娘がいるけれど、きっと父と同じように厳しく躾けると思う。お稽古作法も、父が私にしてくれたようにしっかりやらせると思う。だけど、最近の風潮では父のような「子供の為を思った」「真っ当な」躾ですら虐待と同一視してしまう。好き放題、まるでイヌネコ放し飼いのように、家畜の放牧のようにさせておくだけのただの怠慢を「のびのび育てている」と正当化する親すらいて、叱りもしなければ自分管理不行届に責任も持たず、そして父のように真剣に躾や教育に取り組んでいる親を批判し、その子供を無責任に「可哀想」と呼ばわる。きちんと筋が通った躾は「虐待」とは明らかに違うのだけれど、何故それがわからないのか?虐待は許してはいけないし、立派な犯罪行為だけど、感情のまま子供を虐げる最低な行為必要な躾・教育区別もしない最近の風潮、ともすれば子供に対し「厳しい」ことすら悪とみなしかねなくて怖い。




追記しました

anond:20190521195743

anond:20190520200640

覚悟がないと書いちゃいけないというお前のルールに従う義務がない

会社上司に期待していない人たち

新入社員と接していると、やたらと予防線を張る人がちょこちょこいる。

「経費なんて下りないですよね」という前提で話してきたり(下りから申請していいよというとびっくりする)

「間に合わないんで残業しないといけないですよね」と顔色を窺ってきたり(締め切り伸ばすって言えばいいよていうとびっくりする)

「熱が何度で、病院に行ったらああで、でもまだ治ってなくて云々」と休む時に過剰に体調不良の詳細を伝えてきたりする(理由によって休むなとは言わないし理由を細かく言う義務もないか不要だよというとびっくりする)

などなど。

まぁ基本的に、「会社上司ブラックもしくはそれ寄りの理不尽で非合理的思想ルールのもと動いている」と思い込んでる感じなんだよな。

うちの会社がそうではないってのは新入社員には分からいかしょうがないし、大体は慣れるとそういうこと言わなくなるんだが、たまに入社してしばらく経ってもずーっとそのままの人もいる。

ずーっとそのままの人って、もはや会社上司に期待していない、信じていないというだけではなく、本人の性格的なところに原因があるのでは?と思う。

過剰に予防線を張ることが、コミュニケーションしてる相手にも失礼になってることが分かんないんだろうな。あなたはどうせこういう考えで人を縛るんでしょ?みたいな。

特にオチはないんだけど、このモヤモヤ言語化たかった。まだフワッとしたところ残ってるけどいいや。

anond:20190520165654

プロテインは何度も買ったけど、ズボラな俺にはやっぱり無理だった

やっぱり、食べる/食べないくらいの簡単ルールを愚直に守るくらいしかできない

 

でも流石に食べないと死ぬので、何かのトリガーで食べるようにしたかった

以前は「ジムで走った後に食べる」だったけど、今走れてないかトリガーがない

高齢者免許は二つに一つを選ばせろ

また高齢者若者の命を奪っていく。

自分の死に際に道連れが欲しいかのように簡単に奪っていく。

そして反省していない。

言い訳はいつも同じ。

ブレーキが効かなかった」

ブレーキアクセルを間違えた」

「車の調子が悪かった」

話題になるのは一部であろうが、ここ数年の高齢者事故率はかなり高くなっている。

免許の返納を行えと言っても「俺は、私は年寄りじゃない」「注意して運転しているので大丈夫」「返納したら身動きが取れない」

そんな言葉を吐いては、人の命を奪う。

自然発生した殺人鬼かよ。

高齢者には、返納の道か、高齢者用の厳しい教習をさせろ。

普通に免許を取得するような長さの期間行うべきと思う。

当然、普通に取得するのと同じ厳しさは必要

学科も行うべき。

そうでもしなければ、運転の何たるかを思い出すことも出来ないだろう。

一般的な人でさえ、教習所が終わってしまえば枷がないので交通ルール自然と忘れがちになったりするのだから

高齢者もっと忘れている。

そのくらいしないと、今後も同じような事は発生するし、また不要事故で命を落とす人も増える。

なんとかしないといけないのだ。

anond:20190520113341

(1)「個人主義自体歴史の中では非常に特異な考え

自分共同体ベースにして考えており、「個人自由のために同性婚を許容すべき」派ではない、というのはご理解のとおり。

現代においてなお「個人」なるもの集団から屹立して成立しているようなタフな社会は到来していないと思う。個人主義者、あるいは単純にネオリベ勘違いしているのはそこのところで、彼らの多くは集団から多大な恩恵を受けつつも「個人自由」を過剰に追求する、要するにただのフリーライダーであり、それを「上手いやり方」だと勘違いしている。みんなある程度読み書きができて理屈が通じてそれほど暴力的でなくてルール従順で…という社会が、どれだけの無償努力によって成立しているか考えたこともないお坊ちゃん達だ。そもそも個人主義というのは歴史的に見ても相当特異なものの考え方であり、次の、その次の世紀にまで引き継がれるスタンダード思想になるとはとても思えない。よって、自分そもそもそこに基盤をおいて考えない。

(2)「制度」が社会現実を反映するという発想こそが近代主義

重婚否定は長い歴史のなかで共同体の安定に役立ってきた」

近代以降しかかめられてないと思う。一夫多妻制の歴史の方が長く、汎世界的にわたっていた

少し考えて欲しいのだが、ごくごく一般的庶民が、二人も三人も嫁をもっている前提のストーリーが、古典作品にあるだろうか?

王様貴族商人、といった「社会的に富と権力を抱える支配層」が妾を複数置くという話はいくらでもある。それをもってあなたは「制度としては一夫多妻だった」と言いたいのだろう。しかしそれはむしろ、妻を複数もつ彼らが「慣習的な一般常識を超越しうる存在であった」ことを示しているに過ぎないのではないか。つまり一般庶民、村や町といった所に住む普通の人々にとって、二人、三人と恒常的なパートナーシップを結ぶことは、むしろ現実的であったことを示しているに過ぎないのではないか? 中国古典にも純愛の話(一夫一婦)はたくさんある。日本の昔話でも、じいさんとばあさんがペアで出てくることは多いが、嫁や夫を複数持つという状態が「常識」であったりすることはほぼない。イスラム世界一夫多妻だろうという声もあるだろうが、イスラム戒律が厳しくない外国に行き、経済的ものすごく恵まれ状態でない限り、結構すぐに嫁から不満の声が上がるというよ。一夫多妻(あるいは多夫一妻)を、民衆の多数の同意の下、安定的運営してきた共同体なんて、むしろ現実存在するのかな? 男女の誕生比率世界の何処でも大きく変わらない限り、簡単破綻するのは自明の理屈と思うけど。

近親婚の話は、上の個人主義の話との関連で、特に補足する必要は無いな。

もっとも、増田の言ってることは十分面白い別にから否定したいわけではなくて、こうして意見交換をするのが思考実験としても面白く思っているので、「あえて」反論している所もあるよ。一応。

anond:20190520130630

おまえがマナーをまもりたがらないだけの繊細ヤクザ引用戦士だろ

差別に屈すること」「抗わないこと」は「マナー」ではありません。

そんな「マナー」を守ってたらあらゆる反差別は主張できない。

お前じゃない方真正ペドなんで

「あ~あ、またあっちにとられちゃって言いたい主張も言えなくなった」って今頃がっかりしてるんじゃねえの

別々の主張するまえに内紛で自粛して解決しろよw

私とは別に言えばいいだけのこと。

同性愛の主張やそのレベル一定ではないように、「単一属性には単一の主張しかあってはならない」というルールはない。

anond:20190520115837

ルールや取り決めを自分たちの快適さの為に捻じ曲げる。

ほんこれ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん