「難易度」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 難易度とは

2022-05-26

anond:20220524214323

絵がオタク臭くて一般には受け入れられない。という最大の欠点があるから難易度

anond:20220526151059

表札によってデータリアル住居に最終的に紐付くので、無くてすむなら無いほうがいいものではある

表札がなかったらリアル住居と紐づける難易度けっこう上がるぞ

タンポンの話出てたけど、あれ初回の難易度高すぎない?

相当奥にグッと入れれば痛くないらしいけど、

ちょっと位置ミスるとずっと痛いんだよね・・・

なので使うのやめた

2022-05-25

anond:20220525200629

殺人シーンはほぼ一瞬ですが、セックスシーンは挿入行為が数十分以上にも渡ることがあるんですね。

再現難易度全然違う時点で比較になりません。

押忍HUNTER×HUNTERのこり4話完結ネタバレいきます!怖いなら下がってろ!本当に当てちまうぞ?!

復活1話

暗黒大陸へと船が入港しようとする場面からスタート

王位継承の儀は王族最後の1人以外壊滅したことで終了したことを各キャラクターセリフによって解説

継承の儀は共食いにより最も強い念獣を作ること自体目的儀式であり、最初から最も若い王族勝利で確定していたことが語られる。

同じ念獣が雌雄に分かれた姿と思われるものの片方がホイコーロに憑依しているコマが映った次のページで「器を入れ替えるための吸い出しが始まったみたいね」とセンリツが呟く。

暗黒大陸にいよいよ船が入る場面から一気にズームオフされて、小さな船の模型暗黒大陸地図と思われるものが映る。

その周りで「うおーこっから面白いぞー」「いやここまでだってクソゲーだったじゃん」「難易度高いだけのゲーム面白いゲームの違いとか分からねえの?」「それどっちの意味」という吹き出し地図を囲むように飛び交う。

復活2話

ハンター達が次々に暗黒大陸を踏破していく様子を早送りで紹介。

つの間にかゴンたちも乗り込んでいる。

やたら目がキラキラしていて可愛いアルカが出てくるが姿を消すような描写あり。

お前らが大好きな兵器ブリオンはジンパンチで粉々に砕け散っているちっせーコマがあるだけで出番終了。

ところどころサブリミナル的にゲームスティック🕹のようなものを傾ける様子や選択マーク▶のようなものが映る

ゴン達が進撃の巨人を思わせる怪物に挑むシーンで終了(カメラワークが完全にエルデンリングとかのソレ)。

復活3話

カラーページなんだけど、真っ黒な背景にGAME OVER文字が光る大ゴマで開始(超もったいねー)。

どこかゴンっぽい少年ミルキっぽい男が敗因について語る様子が描かれる。

背景にチラホラとコントローラVRゴーグルが映るがさっきまでどれで遊んでいたのかはわからない。

ゴンっぽいのはスケボーに、ミルキは電動キックボードに乗って移動するシーン。

街並みはハンタ世界を思わせるし、登場する生物あの世界固有のものが交じる。

二人は小さな事務所の前に、扉には「GING FREAK's」のステッカーが貼られている。

復活4話

再びハンタ世界

ジンが「どうだ面白かっただろ!」と話しかけるコマから開始。

話を聞いているキャラクターハンター試験キツネ親子の外見をしているが喋る口調はゴンキルアのソレ。

流星街が結局どうなるのかとか、ヒソカかいうクソキャラはどう対処すべきだったのか、などについて二人が聞くと小さい文字ジンアレコレ説明する。

その後……ここから先は君の目で確かめてくれ!

[]トロコンと2周目、エンドについて

anond:20220506155353

今月頭に1周目クリアしてのんびり2周目やってたのだけど、ようやくSteamの実績を全解除した。

ゲーム初めてから約2ヶ月、けっこう長い道のりだった。

2周目は敵も強くなるのでけっこう苦戦するかと思ってたけど、LV200もあれば後半ボスもけっこう余裕で、それなりにLV上げていれば2周目は実質「強くてニューゲーム」だと思った。

意外なのは1周目では時間からなかったラスボスにわりと苦戦したこと

ダゴンダイダラボッチあんなに強かったけな。

複数エンディングの実績は、エンディング直前のセーブデータ複製で2つ同時に解除。

下記URL方法Steamクラウド有効化してても問題なく使えた。

PSでもセーブデータの復帰は可能なようだけど、セーブ複数できるのがデフォでもよかったのではと思う。

https://pc-gamers.info/eldenring-savedata-backup/

一周目のエンディングが「星の世紀」だったので、2周目では「エルデの王」を「律の時代」、「狂い火エンド」は「メリナ」が出てこない通常Verでクリア

ガチギレ「メリナ」は見たかったけど、そのために3周目やるのか?と言われると、そこまではなぁと思ってしまう。

もし追加DLCで「新たな城主ネフェリ・ルー統治するストームヴィル城、戦い終えた褪せ人が到着すると通りには歓呼の声があふれ、城下町に行くと記憶が戻った鍛冶師ヒューグが寡黙に剣を打ち、その側には微笑するローデリカクララの姿が…(ドラクエ風)」みたいなエンディング追加されれば、ぜひともやってみたいけど。

つのエンディングを見てみて、個人的にはやっぱり「星の世紀」がグッドエンド、「エルデの王」が普通、「狂い火エンド」がバッドエンドかなと思った。

「狂い火エンド」は落下死が頻発する「忌み捨ての地下」の最奥まで行かねねばならず、けっこう難易度高いと思うのだけど、1周目かつ攻略サイトを見ずに「狂い火エンド」に辿り着いたなら、けっこうなショックなのではと思ってしまう。

1周目、ラニの王でよかった…。

今後の目標

  1. 次にやるゲーム見つける
  2. エルデンリングDLC正座して待つ

2022-05-23

anond:20220521225831

長年炊事やってると味はブレつつ一定範囲内で安定するんだけど、たまにびっくりするほど美味しくできたりする。

増田はその奇跡の一皿をしょっぱなに作っちゃったんだなあ。

なんで難易度高い料理から始めるかね?

野菜炒めは大火力で短時間段取り良く調味する、切り方もコツがいる。

他に難易度高いのは卵料理全般(火が通る最適温度の幅が狭い)天ぷら(油量、油温、加熱時間、衣の割合温度)、野菜の含め煮(出汁の濃さと加熱時間、火加減)とか。

anond:20220523095111

ツイステはちょっとそういう次元にないです

サービス開始して2年以上経過してるのにいまだに恒常SSR全員分無いんで

まぁ元増田はクソ端末過ぎるしそもそも言うほど難易度高くないけどね

anond:20220523093727

増田から本音書くけど、あのミニゲームクリア出来ない端末ってクソ端末過ぎるやろ

もちろんスマホゲームの為にあるものじゃないのは理解するが、NoxとかBlueStacksとかエミュレーター使うわけにはいかんのか?

あとボス難易度まったく高くないです、同属性カードレベル60のカード入れても余裕で勝てる

課金ログインも余りにしなさすぎなんだよなぁ

 

ただし、下記なら同感です

 

 

繋げておきます

ツイステ関連の増田繋げておきますね・1

https://anond.hatelabo.jp/20210307000831#

 

ツイステ関連の増田繋げておきますね・2

https://anond.hatelabo.jp/20210307002339#

ツイステ辞めること『引退』じゃなくて『中退』って言った方が適切なんじゃないか

インストリー6章のバトル難易度が高過ぎることを理由引退者続出らしいという噂を聞いて思った。

試験と称したバトルイベントがあるぐらいだし、育成不足を理由にした引退なら『中退』って言った方が合ってるよね。

ちなみに私は試験イベには一度も参加していないし、まずそもそも6章のミニゲームで詰んでる。

私はツイステに好きな声優が出ているのでリリース開始後すぐにインストールしたが、容量が重過ぎるのですぐアンインストールし、期間限定イベントと好きな声優担当キャラ誕生日がある時だけ再インストールし、限定ストーリーカード等を回収したらまた即アンインストールするという遊び方でゲームを楽しんでいる。

こういう遊び方なので、ゲーム公式アカウントからイベント告知が非常に重要なんだけど…公式アカウントのお知らせわかりにくくない?

初年度なんてキャラ誕生日当日のお知らせすらなかったから、インストール中なのに誕生日なこと忘れててログボの10キー貰い損ねること何度かあってすごい萎えた。

周年のお知らせも、周年キャンペーン期間がいつまでなのかもよくわかんなくて、うちにはグリムカードが1枚も無い。

課金要素が不明なので無課金なんだけど(他の某ソシャゲには年に5万ぐらい入れてる)、ツイステで改善してくれたら嬉しいなと思うことを書いておく。

容量が重過ぎるのなんとかして

アプリ消すとごっそり空き容量増えるし、毎日ログインしたくなる要素が特に無いので、気軽にアンインストールできるんだよね。

百歩譲っても1Gに収めてほしいし、1Gでもたぶんすぐ消しちゃう。0.5Gが希望

もっと量化してくれたら『とりあえずインストールしたままにしておく』『せっかくだからログインだけでも毎日しておく』とか思える気がする。

過去イベントストーリーを読む手段がほしい

イベント告知がゆるいので、存在を見落としてたイベントがそこそこあるんだよね…

ハロウィン第二回はイベント終了日に気づかなくて最終更新分の章だけ取り逃がして超ショックだった…

ストーリー最後まで読めないのストレスだろうからハロウィン第二回のストーリーは読まずにいる。

いつも攻略中はストーリースキップして全部開放した後に通しで読むようにしているんだ。ツイステのシナリオ面白いと思ってるんだけど、だからこそ一気読みできないのはストレスになるので。

石で過去ストーリー読めるようにすれば良いのにね?

なんでしないんだろう。

過去限定カードを入手する機会もっと増やした方がよくない?

手に入らないカードがあると、収集癖って萎えてくと思うんだけど…途中から入学してきた人とかどう思ってるんだろう?

私は好きな声優担当キャラ限定ガチャ以外全部スルー…してたんだけど、あまりにも召喚キーが貯まりまくっているので、そのキャラduoのある子や、カードが1枚も無い子の限定SSRがあるガチャなんかをちょいちょい回してみている。

とりあえずグリム以外のカードは出たけどRしか無い子がそこそこ居る。

期間限定イベントストーリー更新を分割するのできればやめてほしい

ハロウィン第二回ショックの傷が深い…

でもこれは過去限定ストーリーを石で読めるようになるなら別に今のままでも良いかな。

周年キャンペーンが終わる直前にもう一回アラート告知して!

リム欲しいというよりも、グリム居ないのハブってるみたいで可哀想ちょっとつらい。

つらい気持ちになるゲームとは自然距離をおくようになるので。不登校になるので。

6章後編2までにカード所持数自体が確実に15人以上になるように、『育成さえすればギリギリストーリー攻略できるカード』をメインストリー攻略進度に合わせて都度配布してたら炎上しなかったんじゃない?

ちなみに育成完遂した恒常Rのカードだけでも6章ってクリアできますか…?

SSRどころかSRも無い子が編成固定枠なので震えてる…

ミニゲームクリアできない人への救済も必須じゃない?

リズミックがクリア必須仕様だったら、1章の時点でもう二度と再インストールしなかったと思う。

ゲームがしたくてアプリに触ってるんじゃなくて、ゲーム形式しか表現できない物語キャラクターに触れたくてアプリに触ってる層も居るんですよ…

まぁアプリ仕様改善されないうちは、これまで通りアンインストールを繰り返しながらのんびりプレイしていくので、7章がはじまるまでに6章クリアできるといいなぁ。

というか、7章開始までに在校生全員が必ず6章クリアできるようになるような補習がなければ、私ももうツイステ中退でいいかな。卒業までこぎつけられないなら中退するしかないもんね…

女性向けのコンテンツのうち、同人とかファン同士の横の繋がりが生じているコンテンツって、周りの波に自分が乗り遅れたら自然コンテンツからフェードアウトしていくものだと思うんだよね。

いや、ツイステは女性向けではないのかもしれないけども。

横の繋がりがゲームを楽しむ要素に含まれていないなら、難易度が鬼でも『やり込み甲斐がある』ってプラスに受け取れるけど、周りに乗り遅れたら楽しめないゲームだと『振り落とされた』ってマイナスに受け取られても仕方ないと思う。

これ以上ツイステ中退者が出ないように、開発や運営がんばってもらいたいな。

追記

トラバへのレスとか

元増田はクソ端末過ぎる

それはそう。なんだけど、ミニゲームクリアできないのは、残念ながら私がゲーム音痴なせい。マリカーカーブする時に体も一緒に曲がっちゃうようなタイプね。エイプリルフールにあったマジカホイール教習所も、最後レースゲームみたいなやつゴールすらできなかった…

最近スマホは容量いっぱいあってすごいね

エミュレーター使うわけにはいかんのか?

その発想はなかった! 教えてくれてありがとう

>今時アプリの容量なんてそんなもんだろ

他のアプリとの比較萎えてたというより、「いやこれもっと量化できるだろ!」って萎える。

フルボイスのストーリーLive2Dが重くなるのはわかるんだけどさ、ホーム画面をイラストに変更できるようにして、Live2D全切りで授業だけ回せるようにすれば、もっと軽くなりそうじゃない?

コンピューターゲームとは究極的にはUIを楽しむものだと思っているので、ユーザビリティ意識が低い開発してんじゃねーって思う。これはツイステに限らずなんでもそう。

ユーザーへの気配りが行き届いているゲームは良作・名作になると思うもん。

ボス難易度まったく高くない

そうなの?

手持ちのカード確認したら、固定編成組みでRのカードしかない子、R完凸すらしてなかった…

軽く検索しただけだと、編成人数15人中SSRあるのが5人だけでSRも完凸どころか全員分無いような、私レベルの超ライトユーザーが参考にできるようなカード育成のコツというかバトル編成のセオリーみたいなやつが見つからなかったんだよね。(求めているのは、有利属性魔法レベル完凸済みLv60のRと、同属性魔法レベル未育成Lv60のSRなら、どちらの方がバトル適性があるか…的な攻略情報

まぁSSRSRもぜんぜん育ってないので、のんびり授業まわしてみます

女性向けはゲームから離脱してメディアミックスコンテンツだけ追うのがわりと普通になってる

そうだね。

ソシャゲ原作ポジションにすると『原作が連載中のコンテンツ』ってカテゴリに置けるから、あえてのソシャゲ出発のコンテンツがあるのかね?

マンガアニメソシャゲ化よりも、ソシャゲメディアミックスの方が、原作至上主義者を一定割合抱え込めるって意味ソシャゲ側に人を留めやすいのかも?

私が原作至上主義者だからそう思うだけかな…。あ、メディアミックスも好きです。媒体や作者が変わると、そもそも楽しみ方がまた違ってくるからおもしろいよね。

…後で気付いたけど、そもそもツイステ自体既存作品メディアミックス作品的なものでしたね。擬人化モノとかも同じく派生型か。

もしかして私がツイステにいまいちハマってないのは、作品が生まれた背景に別の作品存在しているからなのかなー?

なんか別の話題に関する増田で、わざわざトラバして私への誹謗中傷書いてる人が居て不快だったか追記しとくと、書いてない内容を捏造するのやめてもらいたい。別の話題主題なら、無駄こちらのツリーが増えるから直リンしないでほしい。ソース見るような人間直リンじゃなくても見に行くでしょ。

私が『ツイステに関しては無課金(他のソシャゲには課金してる)』って書いたのは、この増田の本文にも書いてるけど、課金要素がわからんゲームだって感想も込めてるから

これは別に不満ではないんだけど、『カード実装ペースが穏やか=欲しいカードがそんなに無い』→『ガチャを回す機会がない』。

これは既に書いてる不満だけど、『過去イベント過去限定カードを、石を使って取得できない』から課金要素がまた減る。

『石を使ってでも早くカード育成したい』って熱意もないから、この増田には授業システムへの不満も書いてないでしょ。だって不満を持つほど必死じゃないんだもん。効率は良いに越したこといから、バトル攻略考慮した育成優先度みたいな情報は知りたいけどね。でもまぁ気楽にのんびりやるよ。

6章読了別に急いでないよ。気軽に読めたらそりゃ嬉しけどね。

というか、ツイステは『幅広い層がお手軽に触れられるコンテンツ』っていうポジション意識してるコンテンツなのかと私は思ってた。

『6章後編2で中退者が続出したらしい』って噂も、このコンテンツイメージに反するから広まるんじゃないかと思うよ。

私は、こうやって増田お気持ちを書く程度にはツイステのこと気にしているけど、課金してまでツイステしたい人は、私とは比べ物にならないほど情熱的にツイステが好きなんだろうなって思ってる。そんなに好きになれる存在があるのは素敵なことだよね。

みんなもさ『別にファンっていうほど熱狂してないけど毎週なんとなく見て楽しんではい連ドラ』みたいな、そういう娯楽ってない?

私にとってツイステはそれぐらいの軽いお楽しみコンテンツなので、ガチ勢の人たちが開発運営にキレてる内容とは違う部分が気になるんだと思う。

何の役に立つかはわかんないけど、この増田を読んで「超ライトユーザーは、こういうところが改善されないから超ライトユーザーまりなのかもな」って、一例を知ってもらえたら嬉しいな。

クラシック音楽はわからないけど、何か自分のことに気がついたか

NHKクラシック音楽(以下クラシック)の番組放送されていたので、食事をしながらぼんやりと見ていた。私はクラシックをたまに聞くことはあるが、好みの曲はあるけどそれ以外の曲は皆同じに聞こえる、程度の浅さで楽しんでいる。つまりよくわかっていない。

NHK放送されていたクラシック番組は『クラシック音楽館「次世代挑戦者たち」』で、次世代を担うであろう才能のある若手を特集していた。クラシック音痴の私は、若手が上手に演奏していてすごいのだろうなあとぼんやり見ていた。流れていた曲の良し悪しとか難易度とかはよくわからないけど、聞いていて不快ではないので食事をしたり薬を飲みながらなんとなく楽しんでいた。

ある若手ピアニストを紹介していたときだった。高校2年生のときコンクール挫折したが、その後大学自分らしい表現を追求する楽しさを発見。翌年のコンクールで優勝した上で観客賞も受賞したという。

優勝したとき演奏ダイジェスト放送されたのだが、そのピアニストはノリノリで実に楽しそうに演奏していた。そのさまは終盤には顔にはっきりとした笑顔という形であらわれる。そして曲を終えた直後の満面の笑み。観衆が大喝采するなかで、礼をしながらやりきったという表情を浮かべるさま。

これはいい、とその時私は感じた。具体的に何がいいと感じたのかは、まだ言語化できないけれど。私にとって好ましく感じる何かが、今のこのシーンにありそうな気がする、と感じた。

それはもしかすると、自分らしさを追求して楽しくやり遂げることかもしれない。それはもしかすると、自分らしさを楽しく追求しながらどこかに向かっている人をサポートして一緒に喜びを分かち合いたいのかもしれない。それはもしかすると……なんだろうね。

ともかく、今回の気づき迷宮に迷い込んでいる今の自分にとって、一筋の光になるのではないか、と思っている。まあ、脳が雰囲気に流されて勘違いをしただけかもしれないけれども。

2022-05-21

RPGキャラメイクビルド)という欠陥構造

一番重要選択を一番ゲーム知識がない時期にやらせるって頭おかしすぎじゃね?

タイトルにもよるがこの選択難易度に天と地ほどの差が出ることも珍しくない。

世のゲーム制作者たちはどうやってバランス取ってるんだろうな。

零細Saasベンチャーから競合のSaasメガベンチャー転職した

表題の通り。当方エンジニア

前職と比較すると平均技術レベルマジで変わったように感じる。

前職だとクリーンアーキテクチャやらCI/CDやらは言葉意味すら知らない人も多かったけど、

今の職場だとイケてるエンジニアは当然知ってるよねみたいな概念は最若手含めてほぼ全員理解してる感じ。

FargateやらKubernetesやらGraphQLやらAWSやらGCPの聞いたことないサービスやら新しい技術は常に吸収して実戦投入してて、

凡人エンジニアである俺にはついていくだけでも結構きつい、でも乗り切ったら市場価値めっちゃ上がるんだろうなって感じもある

コード品質についても常に議論を交わしてて、コードレビューの厳しさとか今までやってきた会社とは比にならないレベル

命名として若干ニュアンス違和感があるとかUT項目の境界値が1ずれてるとかでもどんどん突っ込まれるし、「よくわかんないけど動いてるから良し!」みたいなのは容赦なく潰される。

ペアプロモブプロしょっちゅうみんなやってる。クラス設計に関する議題だけの会議とかも開かれたりする。

会社の規模も超大手ってわけじゃないけど俺が関わってるサービスの部分だけでも前職比較だとサポートとかデザイナーとか含めると10倍とは言わないけど近いくらはいる。

開発手法アジャイルの規模大きい版が実施されてて、それもなんちゃってじゃなくてちゃんセオリーに則ってる形で管理されている。



ただ「これだけの人数いて、これだけ高い技術力があるのに作ってるサービス自体は俺が極少人数で枯れきった技術スタック使って作ってた前職のサービスと大して変わんなくね?」っていうのもまた感じた。

そら管理コストがかかる分10倍の人数がいたって開発速度が単純計算10倍になるとは思ってないけど、前職で作ってたサービスの2倍分も価値提供できてんのかなこのサービス?っていう感じというか……

前職は優秀な人を放任してタイムアタック的にひたすら高速リリース繰り返すみたいな感じで、(一応セキュリティ周りとか品質とか最低限はちゃんとしてたよ)管理コストが少ない分一人あたりの生産性は高かったと思う、属人化ってことだからそれが良いとは思わんけど。

動いてるものが同じなら採用技術オンプレだろうとFargateだろうとGraphQLだろうとRubyだろうとウォーターフォールだろうとアジャイルだろうとユーザーにとっては関係ないし、

NetflixとかGoogleみたいな世界ならともかくとして、世の中の大半のシステムってそういうことじゃないじゃん?

難易度の高いイケてる技術スタックを使う=必然的エンジニアのお賃金が高くなるってことだから経営者視点から見てもこういう選択って果たして正しいのかなぁって。

なんならエンジニア賃金上げるための利権的な使われ方なんじゃっていう気もしてきた。

どう思うよ。

星のカービー こんなゲームだったの??!

5歳の子供がカービーに興味を持ったので買ってみた。

びっくりした。謎解きタイプアクションゲーム。めちゃくちゃ面白いゼルダだこれ。

カービーってこんなゲームだったの?

チラ見えしている隠し部屋。いま手に入った能力でどうにかできるんじゃないか???

娘いっしょにあーでもないこーでもないと考える。娘の方が答えを先に思いつくことも多い。知識ではなく発想力の勝負なので一緒に楽しめる。

遊んでいるのは「はるかぜモードイージーモード)」

実はコインさりげなく位置誘導してくれているようだ。



こんな感じでさりげなく答えに導いてくれるんだけど自分で解いた爽快感が凄い。すごいなー任天堂・・・

世界観ポストアポカリプス

人のいなくなったショッピングモール。人を乗せないまま動き続ける遊園地廃墟研究所に虚しく響く明るいアナウンス・・・

いいですね。こういうのですよ。すごく良いです。好きですわー

まだ遊んでない人は無料ダウンロードしてみて!

以下、ネタバレだよ














ラスボス戦よかった・・・

5歳にはちょっと難しいストーリーかなと思ったけれども娘にも理解できたようです。戦闘中ずっと彼の名前を叫んでいた

わたしはというと戦いながら既に泣いてた。だってこんなの展開がわかっちゃう・・・歳をとると涙もろくなる

ラスボス形態、めちゃくちゃカッコいい。ポケモンにいてもおかしくないと思ったけれど、よく考えたらポケモン作った会社だったわ。

演出がすごい

ハリウッド映画にありそうな迫力満点の演出が次から次へとやってくる。

それがムービーをぼうっと眺めるのではなく、全部自分で動かすのだ

「にげろーー!」「隙間だーー!」「突っ込めーーー!」「当たれーーー!」「競り合い!根性ーー!」 みたいのを全部自分プレイする。臨場感と迫力がすごい。(ちなみにミスる普通に死にます

名作映画10本分くらい一気に見たような満足感です。もう満腹です。

あと、ボス戦では強攻撃時にスローモーションになる演出があってこれも良い。

難易度調整の一つであると同時に、映画のような迫力のある演出になっている。

「避けろ避けろ避けろ避けろーーーー!避けたかーーーー?!」 → どどーーーーーん → 無事だーーー!

みたいなやつで臨場感スリルがすごい。


デデデ大王

カービーと奴は元々敵同士らしい」ということを、娘はちゃん理解した様子。やり取り一瞬だったのにすごいな。

友達になれたんだねー」と娘が無邪気に喜んだ直後。奴の取った行動に娘は激しくショックを受けていた。

王道展開。娘の初遭遇はデデデ大王だったよ・・・

娘は奴を気に入ってしまった様子。デデデ大王ってマリオにおけるクッパだよね?どうするのこれ・・・

まあ、あんな行動とられたら惚れちゃうよね。外見はドンキペンギンだけどさ。

かつて人類は1と0を打ち込んでプログラムを書いていたらしい

それじゃあまりにも天才しかできないだろうということでニーモニックというのを持ったアセンブリ言語ができた

多分当時の人の中にあった議論は、こんなの1と0の羅列に名前つけただけだろ、なんかいいことあんの?という人たちと、まさにブレークスルー世界が変わるとエキサイトした人たちだろう。

色々あったが、人にも読めるソースアセンブリ言語に変換してくれるCが出来た。

多分このときも単なるアセンブリスーパーセットだろ?なんか意味あんのか?っていう人たちと、やばいレベルプログラミング書きやすくなったとエキサイトする人たちに分かれたことだろう。

その後Javaが登場してオブジェクト指向が花開いた。

このときも、構造プログラミングに毛が生えた程度のもんだろ?何が嬉しいんだ?という人と、オブジェクト指向なら何でもできる!とエキサイトした人たちで溢れかえったことだろう。

Java以降のIT界隈ではもはやオブジェクト指向抜きには語ることはできなくなった。

何が何でも継承カプセル化ポリモーフィズムだとオレオレフレームワーク雨後の筍のごとに開発され結局Strutsに一網打尽にされた。

その後RoRによるCoCによってXMLなんかいらねーわとなったがアノテーションを使う方に進んでいった。

もはやこの時点で継承だのポリモーフィズムだのはそれほど重要ものではなくなったと言ってもよく、このあたりからEoDだとか、再利用性、メンテナンスのしやすさに主軸は移っていったと感じている。

人月神話時代から語られた銀の弾丸はないというたった一つの真理は忘れ去られオブジェクト指向ならなんとかなる、オブジェクト指向だという人々もまたことき誕生している。DIファクトリリフレクションでなんとでもなることでしょ?何が嬉しいの?と。

その後関数型プログラミング誕生する。

これを見た人々の中には、関数型プログラミングなんかJavaよりもそけつこうにしたていどのものだろ?小さいクラス作ればJavaでもできることをなんでわざわざ関数型プログラミングに移行しなくてはならんのだときっとそうなったることだろう。

マシン語からアセンブリ、CからOOPトレンドが移り変わる中で起きているのは、技術革新であり、もうこのままじゃきついからこっちにしようというムーブメントであり、それに乗る人、抗う人というのは必ず現れる。

抗う人の中には、新しい技術に対するモチベーションは失われているがポジションを失うのだけはごめんたといういわゆる老害と呼ばれる人たちや、本気でシフトする意味がわからいくらいに思考が固まった人、はたまたこ技術なら全て解決できるのだからのものはいらないという信仰を持った人などがいるし、乗る人もこの対極にいるのだろう。

多分20年後には関数型プログラミングとは違うなにかが天才たちの中から爆誕し、同じような議論が起きることは想像に難くない。

しか人類はどうすれば簡単に1と0をコンピュータに保存できるのかということをひたすらに追い求めているのだから不思議ものだ。

しかに極端な話1と0だけ打ち込めれば同じことはできるかもしれないが、その難易度は遥かに高くなっているし、現実的には不可能だろう。

オブジェクト指向が最適だった時代は確かにあった。

企業システムにせいぜい20台程度のホストを導入するようなものだった。

今は百や千のオーダーでは聞かない仮想ホストDockerコンテナ複数動きこれらが協調しなくてはならない、もしくは各自独立で動いても問題が起きてはいけないので、ここには関数型のデザインが合うと思うし、一方でデータアクセスするところではトランザクションに強いJavaというように適材適所住み分け必要がある時代になった。

当然Javaだけでもできるし、関数型たけでもてきるかもしれないが、こういう形の議論をする人はその技術目的になっている。

継承ポリモーフィズムをする以上はスーパークラスライブラリもなくてはならないが、それも億劫になっているのかもしれない。

今後関数型プログラミングがあらゆるものを席巻する時代になるかもしれない、OOPがそうであったように。

それとも人々はもうそういう不毛なことはしないのかもしれない。もはやそういう時代過去のものになったと考えたほうが良いだろう。

関数型プログラミング理解よりも、オブジェクト指向習得よりも、目的を達成する最小のコードをエレガントに書くといういわゆる画力が何よりも先に求められる時代に入ったのではないだろうか。

そういう意味では業界としてだいぶ健全になったようにも思える。

まりにもポエミーで恥ずかしくなったので増田に書くことにした

***追記

何も調べないで主観のみで適当に書き連ねた文章にどうもすごそうな人たちがやたらまじめに反応していて申し訳ない気分でいっぱいになった。

この文章を書くにあたって全く頭は使われておらず、裏もとられておらず、確認もされていないことだけは付け加えておかないとマジレスしてくれた人たちに申し訳ない気持ちがすごいので書いておくことにします。

かつて人類は1と0を打ち込んでプログラムを書いていたらしい

それじゃあまりにも天才しかできないだろうということでニーモニックというのを持ったアセンブリ言語ができた

多分当時の人の中にあった議論は、こんなの1と0の羅列に名前つけただけだろ、なんかいいことあんの?という人たちと、まさにブレークスルー世界が変わるとエキサイトした人たちだろう。

色々あったが、人にも読めるソースアセンブリ言語に変換してくれるCが出来た。

多分このときも単なるアセンブリスーパーセットだろ?なんか意味あんのか?っていう人たちと、やばいレベルプログラミング書きやすくなったとエキサイトする人たちに分かれたことだろう。

その後Javaが登場してオブジェクト指向が花開いた。

このときも、構造プログラミングに毛が生えた程度のもんだろ?何が嬉しいんだ?という人と、オブジェクト指向なら何でもできる!とエキサイトした人たちで溢れかえったことだろう。

Java以降のIT界隈ではもはやオブジェクト指向抜きには語ることはできなくなった。

何が何でも継承カプセル化ポリモーフィズムだとオレオレフレームワーク雨後の筍のごとに開発され結局Strutsに一網打尽にされた。

その後RoRによるCoCによってXMLなんかいらねーわとなったがアノテーションを使う方に進んでいった。

もはやこの時点で継承だのポリモーフィズムだのはそれほど重要ものではなくなったと言ってもよく、このあたりからEoDだとか、再利用性、メンテナンスのしやすさに主軸は移っていったと感じている。

人月神話時代から語られた銀の弾丸はないというたった一つの真理は忘れ去られオブジェクト指向ならなんとかなる、オブジェクト指向だという人々もまたことき誕生している。DIファクトリリフレクションでなんとでもなることでしょ?何が嬉しいの?と。

その後関数型プログラミング誕生する。

これを見た人々の中には、関数型プログラミングなんかJavaよりもそけつこうにしたていどのものだろ?小さいクラス作ればJavaでもできることをなんでわざわざ関数型プログラミングに移行しなくてはならんのだときっとそうなったることだろう。

マシン語からアセンブリ、CからOOPトレンドが移り変わる中で起きているのは、技術革新であり、もうこのままじゃきついからこっちにしようというムーブメントであり、それに乗る人、抗う人というのは必ず現れる。

抗う人の中には、新しい技術に対するモチベーションは失われているがポジションを失うのだけはごめんたといういわゆる老害と呼ばれる人たちや、本気でシフトする意味がわからいくらいに思考が固まった人、はたまたこ技術なら全て解決できるのだからのものはいらないという信仰を持った人などがいるし、乗る人もこの対極にいるのだろう。

多分20年後には関数型プログラミングとは違うなにかが天才たちの中から爆誕し、同じような議論が起きることは想像に難くない。

しか人類はどうすれば簡単に1と0をコンピュータに保存できるのかということをひたすらに追い求めているのだから不思議ものだ。

しかに極端な話1と0だけ打ち込めれば同じことはできるかもしれないが、その難易度は遥かに高くなっているし、現実的には不可能だろう。

オブジェクト指向が最適だった時代は確かにあった。

企業システムにせいぜい20台程度のホストを導入するようなものだった。

今は百や千のオーダーでは聞かない仮想ホストDockerコンテナ複数動きこれらが協調しなくてはならない、もしくは各自独立で動いても問題が起きてはいけないので、ここには関数型のデザインが合うと思うし、一方でデータアクセスするところではトランザクションに強いJavaというように適材適所住み分け必要がある時代になった。

当然Javaだけでもできるし、関数型たけでもてきるかもしれないが、こういう形の議論をする人はその技術目的になっている。

継承ポリモーフィズムをする以上はスーパークラスライブラリもなくてはならないが、それも億劫になっているのかもしれない。

今後関数型プログラミングがあらゆるものを席巻する時代になるかもしれない、OOPがそうであったように。

それとも人々はもうそういう不毛なことはしないのかもしれない。もはやそういう時代過去のものになったと考えたほうが良いだろう。

関数型プログラミング理解よりも、オブジェクト指向習得よりも、目的を達成する最小のコードをエレガントに書くといういわゆる画力が何よりも先に求められる時代に入ったのではないだろうか。

そういう意味では業界としてだいぶ健全になったようにも思える。

2022-05-20

学歴資格必要理由

学歴資格企業労働者を雇うとき判断材料にされる。高学歴難易度が高い資格を持っていると優遇されやすい。それだけの話。

例の騒動のハナシ

えー、こちら、最初noteがバズってから何となく眺めている程度の野次馬一号です。原作は好きだけど二次には触れていない、界隈外腐。

noteがトレパクという盗作疑惑をふっかけられた場合対処法として120点満点の名文だったという理由で興味を深め、未だに経緯を追い掛けています。なるべく丸く収まって関係者全員の傷が浅いといいねと思って頭の隅っこにしかなくなった頃に、お祓い炎上が目に入ってきて、思い出して検索したら、わぁ燃え広がってるしえっぐい増田が目立つやん…と幾つかを斜め読みした結果、多少毛色の違う増田投稿しといてやんよお気持ち投稿をしにきました。

当事者KさんAさんZさんではなく、本来無関係大勢にまつわる話です。

 

ちなみに私の個人的主観で名文であったからといって羅列された情報の正確性に関しては何ら保証されないのだし、少なくとも双方から話を聞かなければ当事者間で起きた出来事客観的判断不可能だと思っています

更には名文と褒めそやしながらも読んだ内容を完全に記憶してなどまったくいないので、noteの内容で誤情報を流したらすみません。私の記憶力は当てにならないので怪しい部分はご本人様の発信分で確認してください。

 

 

 

①以前から当人たちを見ていなかったような、人柄を知らない界隈外の奴に何が分かるって言うの?

燃え広がっている原因はKさんnoteをバズらせたから?

noteをバズらせなければ良かったじゃん

デマ?でもパクってるよ

トレスはしてなかったとしても絵柄を盗んでる

⑥でもnote自体さなきゃ、ここまで界隈が外からまで騒がれてないのに

⑦どっちの肩も持たないって言いながら一方の話を鵜呑みにして騙されてるよ

⑧Aさんの説明責任って何、疲れてる人に責任を問うて頑張らせるなんて無神経

神前で人の不幸を願ったり、Kさん人格問題があるんだから

⑩まとめ

10本立てでお送りします。

 

 

 

 

①以前から当人たちを見ていなかったような、人柄を知らない界隈外の奴に何が分かるって言うの?

平素の振る舞いや作品で積み重ねた好感度ないしヘイトは、今回の問題とは無関係です。良い悪いの基準はさておき、良い人であれば道を誤らないわけではなく、悪い人なら必ず問題を起こすわけではありません。

しろ知らないから今回の件に絞っての客観的な印象を抱けるのではないでしょうか。

もしも「界隈内の者でなければ分からない事情感覚判断に用いているので、外の者と意見が異なって当然」と考えているのであれば、それは極めて狭い社会の中でしか通用しない、一般感覚乖離したルールに縛られている証ではないかと思います。どこかで、界隈の空気ローカルルール俯瞰して客観性を取り戻す気付きを得られれば良いですねとしか言いようがありません。

 

 

燃え広がっている原因はKさんnoteをバズらせたから?

から私みたいなのが乱入してんだろと言われればそこはその通りですが、根本的な原因の追求としては誤りです。

前提として、トレパク即ち盗作とは著作権侵害であり、親告罪なので、権利者と侵害者または侵害疑惑のある者との間でしか成立しません。本人同士の問題です。

盗用でも相手海賊版製作販売している業者であったなら買わないようにと広く呼びかけるのは真っ当な対策ですが、個人同士が、しか趣味範疇活動しているのであれば、当事者間のみで片をつけるべきだったのではないでしょうか。

最初無関係外野を呼び込んだのは、不特定多数に向け「助けて」と発言して問題が起きていると知らせた上で救援を望んだ、つまり事態への参入を求めたのは、誰でしょうか。しかも救援とは、具体策やその時点で考えている解決へ向けた道筋等を添えていなかったのではありませんか。救助を要請したは良いが方針も度合いも示さない、加えて不特定多数に発信した以上、事態発言者にすら制御不能状態になるのは当然ではありませんか?

 

 

noteをバズらせなければ良かったじゃん

バズったのは結果です。これバズらせたろ!で万バズ狙うのは難易度が高すぎます

そもそもなぜKさんnoteを出したのか。不特定多数の前で疑惑をかけられたから、不特定多数に向けて弁明を発信せざるを得なかったのですよね。

ネットで先にデマ(あえてデマ表現する理由は後述)を流されると、後から反論は極めて難しい。○○って××なんだって〜、と誤った豆知識等がバズった時、間違いですよと大勢が発信しても、一度流れたデマはなかなか取り消せません。間違った知識を覚えたままの人がいつまでも残り続けます

人々の頭に一旦入ったデマ払拭は、デマ以上の拡散力がなければ成しえません。狙った万バズではなかったにせよ、今回、後出しにあたる反論の方が広く拡散されたのは良い事例だったと、私個人は思います

拡散による界隈の評判云々は、外野から言わせてもらえば、「どこの界隈にも変な人がいてやべー問題が起きることはあるよね」でしかないので、「これだから○○(CP名)は」なんて別に言いません。所詮どこででも起こりうるので作品CP民度言及に値しないし、一部がおかしければ全員がおかしいなんてわけはない。そう思わない人も当然いるでしょうけどね。

 

 

デマ?でもパクってるよ

Zさんが「冤罪をかけてしまった」と公表しています

検証および告発を行った人が冤罪だったと言っているのですから盗作ではなかったとの結論が出ています。私は絵に造詣が深くないため絵の検証には何の感想も出しませんが、その結論が現時点で誰からでも確認可能事実情報です。

どちらの肩を持つ気もありませんが、盗作疑惑に関しては冤罪被害が確定しているのでKさん被害者として扱います

 

 

トレスはしてなかったとしても絵柄を盗んでる

絵柄を多少模倣したところで何の罪にも問われません。著名なクリエイターだって先人から模倣や影響を取り込んで創作している、と私は認識しています

影響度合いにもよるだろと言われれば、他ジャンル、一例として松の二次作品群を確認してきてみてはいかがですかと返答します。Kさんと手本にしたとされる方の絵とは見比べていないので知りませんが、私が調べていないのは模倣であれば検証必要性を感じないからです。

民事ですら問題にならないので、個人好き嫌いお気持ち範疇です。そしてお気持ち理由に罪なき他人攻撃するのは、それこそ不当な行いだと思います

 

 

⑥でもnote自体さなきゃ、ここまで界隈が外からまで騒がれてないのに

デマをふっかけられた被害者は、自身名誉のため声を上げるとと公共の福祉に反するので、泣き寝入りしろと?

あなたの大切な人が同じ立場に立たされても、「かわいそう。でも界隈のためにパクラー汚名と人々の軽蔑を甘受して沈黙しててね」と理不尽さの追い討ちをかけるのでしょうか。無茶言うな。

第一note公開のDMが偽造でない限り、Aさんが公表許可を出していたと記憶しています当事者同士が同意のもとで行ったのに結果から見て一方のみのアクション非難はできません。noteを出したのが悪いのなら、それを認めたのも等しく悪いということになります

 

 

⑦どっちの肩も持たないって言いながら一方の話を鵜呑みにして騙されてるよ

もう一方の話を聞こうにも現在不可能です。両方の話を聞かなければわからないにも関わらず、片方からしか情報が出てきていないので、話半分で聞いてもその半分が情報全体を占めているのが現状です。

繰り返しますが、発端は著作権侵害が焦点で、当事者間だけの問題でした。

しかしAさんは不特定多数の人たちに問題の発生を知らせました。告知したのならば、その後のことも知らせるのが筋ではないのでしょうか。

リアルでも、相談と称した愚痴だけ聞かせて、付き合わせた相手をその後は放置する人、いますよね…。報告がないとだらしない人だなとの印象を持ちます。私にとって相談と報告とは必ずワンセットであり、仕事であれプライベートであれ、何かしら尋ねたりアドバイスを求めたり、第三者に助力をもらえば必ず結果ないし経過の報告をします。

ですから私の感覚としてAさんは「助けて」以降は問題に関する説明責任を負っていると思っています

今後、Aさんから説明信頼性の高い証拠提示され、それがKさんnoteの内容を覆すものだった場合、当たり前ですが私は掌クルーしますよ。

 

 

⑧Aさんの説明責任って何、疲れてる人に責任を問うて頑張らせるなんて無神経

疲れていらっしゃる方に無理を要求しませんが、最初事態を公にしたのがAさんである以上、Aさんが始めた物語です。ならば今少しご自分収束への道程を進められれば良いのではと思っています

いつ、何があって、どうして問題が生じたのか。いかにすれば解決すると考えているか。そのために相手方に何を求め、自分はどうして行くのか。周りの人にはどうして欲しいのか。

これらをKさんは全て表明しました。トレパクについて被害者であった側が明晰に説明し、説明責任を担う側から説明が出てきていません。これでどうやって両方の主張を等しく吟味しろと言うのでしょうか。

あのDMからでは読み取れなかった侮辱や嘘とは何だったのか時系列不審な点があった(Aさんが検証画像を送られたタイミングに辻褄が合わない)のと、話し合いによる手打ちを済ませて後はAさんが説明しますとの報告から行動が一転した展開には、特に首を傾げていますので、説明があれば知りたいなぁとは。Kさんの出したDM画像捏造や切り取りだったとか、和解したとはKさんの虚言だった等の実情がAさんから発信されれば、両者の主張乖離で改めて見方を変えるでしょう。

Aさん側の主観を知りたくはありますが、しかしながらAさんが私を含めた人々にまで説明責任があるとは思っていません。私のような後から湧いた外野好奇心に対して責任を取れとは言っていません。私が言っているのは「助けて」を受信した人たちや、Aさんが問題を公にしたことによって心を痛めている界隈の人たちに対してです。

 

 

神前で人の不幸を願ったり、Kさん人格問題があるんだから

祓いのことを指しているのであれば、不幸を願ったというのは誤情報です。

私の記憶では、悪縁を断って良縁を願う、なお強力な神様なので願いの仕方を間違えないよう気を付けた上でお祓いを依頼した、だったと思いますそもそも一人で手を合わせたのではなくて神主さんによるご祈祷なら、不幸を願う祈祷なんて絶対に受けてくれる筈はありません。神社風評被害マジでやめて差し上げて。

祓いはさておき、仮に人格問題があったとしたら、それが一体何なのでしょう。性格が悪い人に対しては個人攻撃をして構わないとでもお考えでしょうか。悪事非難するならまだしも、"性格が悪い人"と"悪事を働いた人"では全くの別物ですよ。

クリエイター盗作をしたなら問題ですが、盗作疑惑は晴れましたよね。「トレパクです」が「冤罪でした」になって100%解決しているのに、なぜそれで話が終わらなかったのでしょう。

始めは盗作疑惑があったから。それが覆ると、絵柄を模倣しているから?性格が悪いから?槍玉に上げる問題点が変化しているのはおかしくありませんか。最初から絵柄の模倣人格を問えば良かったのに、そういう理由後出し、後付けは駄目でしょう。

模倣では糾弾性が弱いので頭からは出さなかった、問題が広まっていない時点で性格への非難を行えばした側がおかしいのは一目瞭然なので後からの付け足しにした、のであればそれは最早、目的個人攻撃であって理由は問わないとする暴挙です。

なんだかなぁと、とあるニュースを思い出しました。法改正議論で同性間の婚姻に反対した議員さん方の言い分。うろ覚え甚だしいけど「子どもができない間柄での性行為不適切」だとかいう内容の意見があったように憶えています。その理由で反対するのであれば子どもができない体質の人が結婚できないよう法改正に向けて動かなければ筋が通らないし、閉経後の女性は性行為禁止されるべきだと考えているのだろうし、なんなら避妊全否定なので避妊具の規制言及しなければ辻褄が合わないのですが、そういった話は聞こえてきませんでした。好き嫌い感情判断を下したもの理屈を後付けするから破綻するのだと思っています。)

好き嫌い判断した後から、嫌うと決めた一方への攻撃理由見出していませんか?Kさん非難に値する要素を、わざわざ探してしまっていませんか?Kさん言動に触れようとする時、不明瞭な事実を知る一端を得ようとフラット気持ちで向かうのではなく、嫌いなやつをもっと嫌いになれる要素を見出そうとする心情で赴くのであれば、とても不健全な行いです。

嫌いな人には悪いやつでいて欲しいのが人情なのでしょうし、悪いやつは殴っていいと信じている人は一定いるかと思いますが、それは私刑です。

誰を好きになって誰を嫌おうが個人自由ですが、問題とは分けましょうよ。ましてや好悪感情非難原動力に据えるのは間違いです。

「無実の人をパクラーに仕立て上げそうになったのだから、AさんとZさんは良くないことをした。でもやらかしたことの尻拭いをしてから前に進めると良いですね」、「それはそれとしてKさんのことは嫌いです」、「Kさん性格が悪いのを非難したいです」。これらは紐付いているようでいて実は全て別の話なのですが、一つずつを切り離せていますか?Kさん性格が悪ければ冤罪を被せた過ちに正当性が生じますか?

人ではなく、その人がした行為の一つずつに焦点を当て、それを自分にとって好ましい人あるいは嫌いな人がしていたらどう感じるかと考えてみれば、いくらかは好悪フィルターを外して行為のもの注視やすくなるのではないでしょうか。好ましい人がやっても気にならないがあの人がやっているから腹立たしい、というのであれば、客観性を欠いているのが分かりやすいかと思います

もし冤罪をかけられたのがAさんであったなら、noteの作者がAさんであったなら、あなたが今Kさんに向けているものをAさんに向けましたか

 

 

 

⑩まとめ

そもそも無関係な人々を巻き込む道を選んだのはAさんだったという事実認識は持っています

・経緯開示や証拠提示が片方からしか出てこない歪さへの疑問を持たないのですか

盗作疑惑問題については加害者被害者が明確にされたのに、最初の加害と被害存在を放念して次の問題を探そうとしてはいませんか

・好悪感情事態問題点を分けて考えなければ客観性を著しく欠きます

 

 

 

 

目に余ったのがKさんKさん側に立った人への、反対の立場の人たちの言葉の数々だったので、今回はそれらへ向けて書きました。当然ですが誰は対してでも人格攻撃ダメゼッタイなので、KさんのみならずAさんやZさんへの中傷も等しくダメです。

元々の当事者たちの外で既に被害が出ているようです。これ以上被害が広く深くならないうちに可能な限り穏やかな収束を見られると良いですね。

特にヒートアップして中傷に走ったり不当な攻撃性の発露に至っている人たちが早く立ち止まれるよう願っています

anond:20220520013040

人間気持ちで動く

お気持ちだけでは仕事は成り立たないが

論理的に正しい「だけ」じゃ人は気分良く動いてくれない

6褒めて、3労って、最後にやんわり1指摘するぐらいにしとけ

俺は労いなんか要らね〜と思ったとしても「どうやらニンゲン達の世界ではその方が円滑に擬態できるらしい」と思ってやっとけ

人には人の事情がある

フィールドが変われば専門知識が変わるし

ステージが変われば入ってくる情報量問題難易度も変わる

自分位置から見えていることだけで相手を断じるべきではない

まぁそれは相手にも言えることだけど…

2022-05-19

anond:20220519202536

そういうのはえから

食と居住レベルを下げず医療費とかヘルパー費とか掛かるかも知れんなって

余裕をもって30万くらい(余った分は買い物や万が一貯金に回す)を月の費用とみて

40年掛けたら1億4400万やぞ、地獄みある

あらゆるものが遠いニュータウンとか老人に難易度高いし痴呆まっしぐらだし

団地は入れんしかと言って木造建築壁ドンタバコ物件は嫌や

おそろしい

しかもこれ円や日本農業が今レベルは維持できる前提でやぞ

パズルゲームってどうやって作ってるんだろう?

別解とかあるじゃん

ぷろぐらまーだけど想像できない

難易度とかもつけるの難しいし

すごいパズルプロが居たとしてその人は簡単に解いてしまいそうだし

anond:20220519065933

このオッサンクリトリスの本当の形を知らないんだな。外側に飛び出てるアレがクリトリスだと思ってるようだ。

クリトリスって、奥の方に結構範囲で広がってるから、中で気持ち良くなるには、その範囲を的確に刺激する必要があるんだよな。

これ、指なら割と難易度低いんだけど、〇ンポでやろうとすると結構難しい。

というか、男性のそれの形状と、女性のそれの形状が合致しなければ、相手によってはそこを刺激することが不可能だってこともある。

よく、〇ックスの相性とか言うが、テクニックとかサイズとかそういう部分以上に、竿と穴の形状が合致するか?っていう問題が大きいんだよな。

中イキできない女性とか居るらしいけど、シンプル相手との形状が合ってない可能性があるわけだ。

ともかく話が脱線したが、クリトリスというのは外側についているものではないんだよ。

anond:20220519024930

難易度高い?嘘だろ?

凝ったもの作ろうと思っても時短レシピとか簡単レシピとかしか出てこなくて困るぐらいなんだが・・・

簡単レシピを美味しく作るのが難しいって話?金策と全く関係なくね?

anond:20220519024550

安いくて質のいい食材の買い方とか教わってないじゃん。

台所調理するだけだと金策の為の調理法がわからないよ。

クックパッド素人投稿したものから料理素人が作るには難易度高くて有名。

現に増田もその辺についてわかってないじゃん。

2022-05-18

特許事務所の話でも書くか

有休だし世間での知財への関心が(一時的に)高まっているし、せっかくだし書いてみる。

ただ知財業界は案外狭く、ちょっとした事で身バレする可能性も孕んでるので、増田過去特許事務所で勤務していた者、ぐらいで済ませたい。

言うても匿名増田でそれを証明する方法もないので、怪文書やチラシぐらいに読んでくれればそれでよい。

 

一般論として話をしているので、例の代理人特許事務所がこうであるという意味では決してないのでご注意。

 

特許事務所ビジネス

知財権の出願権利化で出願人が支払う金額は多額になるが、それが全部弁理士の手元に残る訳ではなく、

出願人が支払う金額の中には、【特許庁に納める費用代理人手数料(+外国案件であれば現地代理人のフィー等)】が含まれる。

ざっくりというと、この「代理人手数料」が特許事務所としての主な収入になる。

資格を用いて独占業務である「出願人の代理」という専門的なサービス提供する対価であり、

慈善事業ではないので、これを頂かないことにはビジネスとして成立しない。

現在共通の料金表みたいなもの廃止されているので、『特許事務所 料金』とかでググっていろいろ見て欲しい。事務所によって幅がある。)

 

1件の特許商標が成立するライフタイムには、ざっくり言うと

【出願】⇒【特許庁との権利対応】⇒【登録】⇒【年金納付での維持】

(※成立までに情報提供や異議申立で第三者から妨害される事もあり、その対応も含む)

という流れがあり、それぞれの段階で代理人手数料成功謝金をクライアントからいただく。

また成立した権利更新維持業務は、定期的にお金が入ってくる大事領域であり、

特許事務所ビジネスは、フロービジネスでもあるがストックビジネスでもある。

訴訟ガンガン受任したりコンサルティング業務顧問契約を結んだりしてるとまた違うが、その点は今回は触れない)

 

そして特定クライアント案件を受任すると、企業としては関連する案件を同じところにお願いしようとするインセンティブが働くので

安定して経営している事務所は出願件数の多い大企業や、安定して仕事をくれる企業クライアントとして抱えていることが多い。

 

商標業務の実際

あくま個人の印象なので、「違う」という人はいくらでもいるだろうが、

商標業務のキツいところは、価格競争に晒されやすいというところだ。

 

特許事務所弁理士というのはまさしく専門性商売だ。

特許であれば化学機械電気電子通信…といった各分野の事業会社・アカデミア等で研究開発実務をやっていた人が転身することが多く、

意匠であれば美術デザイン系のバックグラウンドを持った人が適正があるとされる。

(現に、特許庁の意匠審査官は美大芸大工業デザイン学部から主に採用される)

 

一方で、商標場合は(ディスる意図はないが)今別炎上している中卒弁理士(本当かどうかは知らん)を自称する人のように

何か学問的なバックグラウンド必要かというと、必ずしもそうではない。

ちなみに、日本弁理士試験受験資格学歴要件は全くない。

https://www.jpaa.or.jp/patent-attorney/howto/

 

そのため「特定業界精通している」や「サブカルに強い」などの属性業界知識等で勝負はあるが、

基本的弁理士専門性によって差別化をすることが比較的難しく、

また手続難易度的に(質は別として)やろうと思えば出願人自身手続できないこともないので

十分なコネクションを持っている大手・中堅以外の、特に新興事務所では価格競争に走る者が増えているのが現状。

(もちろん、日本屈指の高難度の弁理士試験合格することで法律知識担保されているし、

 豊富業務経験・実績を積んでいる弁理士特許事務所に対しては当然ながら引き合いは多い)

 

加えて、商標業務案件1件あたりで頂けるフィーが特許に比べて全体的に少ない。

最近ネットHP検索広告から流入で新興事務所でも仕事を取りにいける環境があるが、

そういった事務所広告では「成果報酬制」や「格安」等の宣伝文句が目立つ。

ということは、特許より単価の低い商標利益を上げるには多くの案件をこなしていく必要があり、

皆さんがイメージするような一つ一つの案件をじっくり、といった対応は難しい環境にある。

 

もっとじっくり調べろよボケ」「ググった程度で判断してんじゃねえよカス」という意見もっともだが、

先行登録商標調査等もあり、周知性の判断根拠を探すだけにそれほど時間をかけている訳にもいかないし、

下記でも書くが本件は周知性がないと判断されてしまっても仕方ない事情もある。

(「識別力のない商標」など、拒絶理由で打てるものはあるとは思うけど…)

 

特許庁も代理人もみんな違う人間なので、森羅万象に詳しいことを要求するのは酷だし、

ある一定レベル以上のことに関しては出願人クライアント意見を信じるしかない部分もある。

そのために業界特有特殊事情などは「情報提供制度公告・異議申立制度」で汲み取る制度になっているのだから

 

結論:「ゆっくり茶番劇」の件に関しては、代理人特許庁を責めないでほしい。

   リリースを見る限りは通常の業務要求される注意を払って代理されていたと感じる。

 

おまけ:商標の周知性について

これも誤解が多く出回っているので、ここで併せて説明しておきたい。

 

周知性というのも、一般の皆さんがイメージしているレベルよりかなり高いレベルが求められる。

(例えば東京のお店が売ってる物の名前であったら、単一市町村内でも単一都道府県内だけでもなく、

 関東一円ぐらいで知れ渡っている必要があるイメージ

インターネット社会になってそういった部分の考え方が複雑にはなっているが、

いずれにしても1つのコンテンツコミュニティの中で有名であっただけでは十分に周知と言えるかというと苦しい。

 

また、実際に証明する際も、商品販売の実績やパンフレット配布数、広告宣伝実績、テレビ露出度

場合によっては需要者へのアンケート野良署名活動じゃなく、出願人が主張したい内容と合うように作成したもの)等も駆使して、

いかに幅広い需要者(消費者だけでなく取引者も含む)の間で幅広く認知されていたかを立証する(ただ、それでも認められない事が本当に多い…)ので、

数万件程度の検索ヒット数や関連動画再生数だけで周知性を主張することはほぼ不可能といえる。

 

『どれだけ検索でヒットしたり動画が回っていたとしても、結局限られた属性と人数しか知らないのであればそれは周知と呼べない』

と言えば何となくイメージ伝わるだろうか。

ネットでよくされる主張には、その「人数」「属性」の部分の主張が足りないと思われる)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん