「中高生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中高生とは

2018-09-19

ラノベ表紙絵の件について

ヒント:主な消費者層が女子から相手にされない童貞男子中高生

anond:20180919035623

子供向けって言っても中高生だし、ゾーニング的にもとっくに「ラノベ売り場」が出来上がっているんだがな。

anond:20180919105636

既にゾーニングされてるコンテンツに対して「対象読者以外がまったく目に入らないようにしろ」と要求しているんだから

単なる「場所区分」ではなくて「人目につかない場所専門店を作って売れ」レベルの話をしていることになるんだけど、

どうせ

ゾーニングなんだからそのくらいやって当然!」

子供にとって不快もの子供の目に入らないのも当然!」

くらいの反論しかしてこないだろうから

遠慮なくトラバ削除逃亡していいですよ(笑)

2018-09-18

息子だけど、親権押し付け離婚した母親について

そういえば自分の周りに親権を押しつけて離婚した母親がいたなあと、元増田を読んでいて思い出した。

もう20年近く前の話だし、元増田の元家庭とはずいぶん環境も違う。

記憶も定かでは無いけれど、「親権押しつけて離婚した母親」がどう見えたか、息子の立場の思い出で自分語りする。

母親最後に見送ったのは私と弟だった。

私の母親は、私が10歳の夏に家を出ていった。

母親の姿を私が最後に見たのは自宅の玄関

私と弟が学童保育から帰ってきて一息ついたあと、入れ替わりで母親は家を出ていって、そのまま帰ってこなくなった。

私と弟がどこにいくのか尋ねたところ、

ちょっと買い物に出かけてくる、あんたたちも来る?」と母親は応えた。留守番をしている、と返したと思う。

まだ日が落ちる前で外は暑かったし、エアコンが効いた部屋から出たくなかった。

それが母親と面と向かって話した最後の会話だった。

その日以来、母親は帰ってこない。ずいぶん長い買い物である

父親が帰ってきたのは20時ごろだったと思う。

母がいっこうに帰ってこないから、勝手レトルトカレーを食べるか迷っていたところだった。

そこから記憶あいまいで、「お母さんは買い物に出かけている」と父親に伝えたこと、その日は結局帰ってこなかったこと、

翌日の夜に「お母さんはもう戻らないんだってさ」と父親に伝えられたことは覚えている。


日経ってから改めて、「お前たちはどうする?お母さんについてくる?」と父親に聞かれた。父と母だけで子供に見えないところでやり取りをしていたんだろう。

私と弟は、間髪入れずに「父親についていく」と伝えた。

子供ながらに、「父親は家に住んでいる、母親は家を出た」「父親仕事をしている、母親パートタイムで働いている」「母親と一緒になるのは不安しかない」と思ったから。

その日からしばらくは子供部屋ではなく、父と母親の部屋で寝ることになった。

父親には「お父さんが寂しいだろうから」なんて言ったけど、たぶん怖かったんだと思う。寝ている間に父親もいなくなったら、とかたぶんそういうことを考えてたんじゃないか

家庭事情、なぜ離婚したのか

正直なところ、離婚前後夫婦関係母親の状況について、父親に聞いたことはない。父の浮気のようなわかりやす理由があったのかも分からない。

当時は、父親の機嫌を損ねたくなかったから、そんなの聞けるわけがなかった。

私も弟も父親も、母親がいなくなって、各々で新しい日々を送ろうと四苦八苦していたし、そのうちに聞くタイミングを失ってしまった。

というかよく考えたら、父と母親の馴れ初めについてすら詳しく知らない。なにしろ私がそんなものに興味を持つ前に離婚してしまたから。

父の年齢から離婚時点の年齢を考えると33~4歳前後になるから、彼らはおそらく大学を出てすぐに結婚したんだと思う。

父は普通サラリーマン帰宅20前後母親も、私が幼稚園の頃からパート勤務をしてて18時頃の帰宅が多かった。

なにしろ大学を出てすぐ私たちを生んだわけだから我が家にも給料的には余裕が無かったはずだ。

共働きということもあって、私と弟は小学校に入るとすぐに学童保育に預けられた。

周りの友人たちの母親専業主婦ばかりだったし、いま思えばマイホームを持った落ち着いた家庭が多かった。

記憶にある限りでは、私の母親PTAなどにもほとんど参加していなかったと思う。地域での友人関係というのも無かったんじゃないか

当時は家の鍵を渡されてなかったから、学童保育から帰ったあとは玄関の前に座って、母親の帰りをぼうっと待っていたのを覚えている。

食事レトルトや総菜がほとんどだった。忙しかったんだろう。

離婚の経緯に関しては唯一、母親祖父から「あの子あんたたちを育てるのを投げ出した、だから勘当をした」という趣旨の話を聞いたことがある。

そのため、母が家を出て行った理由は、私と弟の世話に嫌気がさしたからだと思っている。

実際、当時の私と弟は問題児で、小学校でも幼稚園でも喧嘩忘れ物などの問題行動をよく起こしていた。

まり詳しく覚えていないけど、家庭でも似たような状態だったのだと思う。酷く手のかかる子供だったと思う。

そんな状態である上に、私と弟は昔から比較的父になついていた。母親から見れば「男3人と自分」という対立構造に見えるときも多かったんじゃないだろうか。

上に書いたように、父と母親のどちらにつくかのやり取りもあったから、子供目線だと「母は親権押し付けて出て行った」のではなく「僕たちは自分父親を選んだ」という意識を持っていた。

でも、こうして書いていると、やはり母親私たちと居ることが耐えられなかったんだと思う。

「買い物」に出ていく際の「あんたたちも来る?」という問いは、きっとそんな耐えられない息子たちと自分関係を確かめ意味言葉だったんだろう。

ごめんね、お母さんよりも冷房を選ぶような息子たちで。あの日暑かったからなあ。

離婚のあとのこと

断片的な記憶だけど、父親離婚届を書いているところ、書類を返送する際に「こんな男と10年以上いてくれて~~~」という趣旨手紙を添えていたことを覚えている。

父は「本当にお母さんと連絡したいと思ったら、この携帯番号にかけたらいいから」といって、母の連絡先が書かれたメモ電話機のわきに残してくれた。

何度か電話をかけた記憶はあるが、そのとき何を話したかはもう覚えていない。

しばらくは祖父母が手伝いに来てくれていたこともあり、私も弟もすぐに母親がいない生活に順応した。メモはしばらく壁に貼ってあったけど、どこかにいってしまった。

その後、母親祖父から絶縁されたらしい。

もっとも、何年かに一度は連絡がある、ないしは帰ってきていたこともあるらしいので、本当のところは知らない。

私が二十歳を過ぎたころぐらいに、祖母から母親と会うつもりはないか」と聞かれたこともあった。

ただ、そのときにはもう私も大学生だったし、妙な蒸し返し方をされるのが不気味で会うのを拒んでしまった。「会わなかったぶんのお小遣いをくれるなら考えるよ」とかなんとか適当なことを言って。

小遣い自体は実際にもらった。

大学時代、祖父母の援助で車の免許を取得させてもらった。

あとから聞いた話によると、これは母から祖父母に「息子のために使ってほしい」とあずけられたお金から出されたものとのことだった。

祖父から「残りは、いつかお前たちがいい人を見つけて結婚式をするときに渡したい」と言われた。

父と母親の間で、慰謝料だか養育費だかの金銭のやりとりがあったかについては、知らない。たぶんもう知ることもないと思う。

私のその後

離婚してすぐに一家4人ですごしていた家からは引っ越すことになった。

学校が変わったことがきっかけで、無自覚問題児から自覚のある問題児に変わった。

父親との関係とは紆余曲折あったものの、大学までは出してもらった。

その間、母親がいないことで不便した記憶というのはほとんどない。保護者参観に親が来ないことにもすぐに慣れた。

中高生ときから料理をするようになったし、親が家にいないおかげでのびのびと生活していたから、むしろ恩恵のほうが大きい。

最近になって若干面倒になってきたのは、職場の同僚や知人から

「いつ結婚するのか?」と尋ねられること。

これは母親がいなくなったこととは直接関係とは思うけど、異性と生活を共にして、家庭を持つイメージがどうしても持つことができない。

おじいちゃん、お母さん、ごめんなさい。どうも僕はあのお金をもらう気にはなれません。

母親をどう思っているか

今になって思うと、ひどく気の毒に感じている。

母親が私を生んだ年齢をすぎて数年が経つ。もし今の私が、私のような子どもを持っていたとしたら、おそらく私だって投げ出すと思う。

もっとも、母親が買い物に出かけた理由が、本当に私たちだったのかは知るよしもないんだけど。

元増田について

本当にお疲れ様でした。

自分語りをしながら、もしかしたら私も元増田の書いてるような「隠し通された子供」なのかもしれないのかなあ、なんて考えてしまいました。

ただ、いずれにせよ元増田さんの体験元増田さんだけのものですし、好き放題に増田で叩かれたり、長文で自分語りする父子家庭出身者が現れても、あまり気に病まないでください。

どうにかいろいろと上手くいくようになって、元増田にとってもお子さんたちにとっても一番傷が少ない結果になるように、祈ってます

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

anond:20180918201258

いやいや、海外普通に表現の自由は緩和されてるがな

 

アメリカだとかつてGTAヒラリーから攻撃されて

ウィッチャー2の性描写やり玉に挙がったけど

ちゃんと続編は出てるし、むしろ芸術性も評価されて

描写への批判はかなり減った

steam無修正エロゲーを解禁したのもつ最近

 

歴史的表現の自由後進国ドイツも、

ヒトラー最後の12日間帰ってきたヒトラー

だんだんヒトラーアレルギーも緩和されて

ついにゲームにおいてのカギ十字も認めるようになった

 

ドラマ映画も、日本日和ったものよりも遥にセックスしまくってるし

オタクが真っ先に「規制が酷い」と主張するカートゥーンアニメ

中高生向きのアニメが少ない(日本アニメの独擅場)だけで

子供向けアニメと、シンプソンズリックアンドモーティみたいな大人向けで表現の差はずいぶんと違う

 

多分、オタクディズニーカートゥーンネットワーク系の作品しか知らんから

見当はずれな批判するんだろうけどさ

 

しろから言わせれば

日本コンテンツ政治やら宗教やらジェンダーやら

あらゆる問題から目を背けてて

表現の自由があるかどうか疑問

いまだにLGBT言葉も使えず、百合薔薇()でそれとなく暗示したり

天皇批判すら出来ないとか

どこに表現の自由があるんだろう

 

まあマイノリティへの侮蔑自由()

エロ自由()だけはあるみたいだけどな

2018-09-16

キモ金おじさんだけどセフレ欲しい

そこそこおばさんまでいけるんだが、キモ金でもセフレ作れるなら作りたい

おじさんと言えるほどじゃない時は中高生くらいターゲットセフレ結構作ってた

おじさんになってだいぶかかりが悪くなった気がする

キモ金おじさんでセフレ居るやつおる?どうやって作った?

2018-09-15

金持ちの子はやっぱり金持ちになるんだな

頑張って少し背伸びした地位に就けた。

そのおかげで小さい頃なら会うことの無いような人達と友人になる事が多くなった。

医者弁護士企業社長世界大企業社員など。

自分自身ちょっと背伸びした程度で、彼ら程度の地位ですらない。)

彼らを見て思うのは、子供がとても恵まれているということだ。

子供たちはいい家に住み、美味しい食べ物を食べ、良い学校に行かせてもらえて、身の回りには良いものを揃え、海外留学も他県の大学に行くかのような気軽さだ。

そしてそれを楽しいと思っている子が多い。自信と落ち着きを持っている。

自分は周りより恵まれていることを日々感じているからだろうか。

彼らに将来の夢を聞くと、なかなかしっかりとした答えが返ってくる。

中高生の頃の自分はどうだっただろう。漠然増田になりたいと思っていたあの頃を思い出す。

ラノベの表紙で不快になる人はいるとは思う

不快からゾーニングしようもそこまでおかし理屈とは思わない。

大勢の人が大きい不快感を持つ場合、やっぱり世の中的には隔離されるのが常だと思う。

ただ、もう今ではあまり読まなくなってしまったけれど(ネトゲの嫁は面白い)、

中高生ときに常に共にあって、自分を支えてくれたラノベ排除するのであれば、

それなりの覚悟で臨んでほしい。

たまにしか行かない本屋で、前を通るときにちらっと見える程度の不快感で、

自分がたくさんの時間情熱を傾けた対象を踏みつぶされてしまうと、あまりにも悔しい。

私たちはお互い少しずつ我慢して、よりより社会を目指していたのではなかったのか。

昔、こじらせていたときは通学路にあるショッピングモールバレンタインのフェアをやると、

追い立てられるような気持がして嫌だったけど、それを我慢するのが共生ではなかったのか。

2018-09-14

議論したがる無能バカ問題

https://note.mu/shiokona/n/n43ff70db7b1b

これね。

全体的に無知すぎて突っ込む気すら起きないけど一点だけ書いとくわ。

法律を持ち出されたら、現在オタクイラストの多くが「正式わいせつ認定」される可能性もある

ないに決まってんだろ。性器無修正の「オタクイラスト」がどんだけあるんだよ。誰も見ないような個人サイトですら性器には修正かかってるし、かけなきゃプロバイダが速攻でBANするだろ。本社アメリカからで好き放題やろうとしたfc2ですら有罪判決受けてんだぞ。しかfc2は実写だから無修正はまずもって国内では違法なのははっきりしてるが、「オタクイラスト」で同じ基準を持ち出してすんなり通るわけがないだろうが。当然、商業流通してるものに「わいせつ物」なんかあり得ないし(あり得ないからこそチャタレイ事件裁判にまでなってんだよ)、同人誌も同様。それを「正式わいせつ認定だって言葉悪いけどさ、馬鹿休み休み言えよ。

んで、今回に限らずだけど特にこの手の話題で目立つのが、こいつのように救いようのないバカ無知なくせにいっちょ噛みしてくる奴ら。

こいつもさ、これだけの駄文を長々書いてアップロードボタン押す前にちょっとでも考えなかったのかな?「私って法律かいろいろ言及したけど知識不足じゃないかしら?」って思わなかったのかな?思わないんだよね、バカから無知だけどバカじゃない奴らは無知の知があるから黙ってるもんね。幸色のワンルームの時もいたよね、オタク男向けの作品だと思い込んで子供のために!と批判しまくったら実際は女子中高生から支持されてたと知ってnote駄文書き散らかしてツイ垢消した奴。「わいせつ物」「ゾーニング」「合法違法」「モラル」なんて知ったかぶって使うくせに言葉意味も知らないとかいレベル。それで議論ステージに上がろうとしてくるってマジで共感性羞恥に襲われそうなくらい恥ずかしい。

無能な働き者って言葉があるが、なんでこういう奴がこの手の話題には多いんだろうと考えたんだよ。こいつも自称オタクらしいが、オタクなら自分の好きな作品鑑賞したり二次創作したりで忙しいもんなのにな。

結局のところこういう奴らってオタク活動においても充実してなくて暇なんだと思う。創作もできない、できても人気は出ない、読み専ROM専だけど買い漁るほど金もない。どんな活動も充実させるには金かクリエティティ必要だが、そのどっちもない奴ら。ツイッターで興味のある界隈を眺めてても注目されないからつまらない、私もいろいろ考えてるの!私の意見も聞いて!私は私は!って思いだけがバーストして、今回のようにオタク界隈(敷居が低そうに見える)の論争に異常な情熱を燃やすことになる。ラノベ(敷居が低そうに見える)なんかよく知らないけどゾーニングとか差別とか語ればそれっぽく見えるでしょっていうね。もちろん本人は本気で問題提起してるつもりなんだろうけど、リサーチもなければごく一般的な法知識すらない。なぜならバカからバカが注目されるためには雑な炎上しかないわけで、いろんな人が長年ああだこうだと精緻議論している土俵知識不足のまま乗り込んできて「これはわいせつ物だと思いまーす!」とかやらかす。

あのな、お前のようなバカのせいで175条という稀代の悪法拡張されたら末代まで祟るからな。

バカの言う「あれもこれもわいせつでーす」が是認されることなどあり得ないが、せめてお前がしてることは議論邪魔するだけのゴミの撒き散らしなんだと分かれ。無知バカ暇人からって真面目な議論最中議論ごっこを仕掛けるな。議論っぽいことをしたいならきのこたけのこ論争でもしてろ。

しかしなんだね、walkawayなんてことも言われるようになってきたらしいが、リベラル正義と寛容を掲げる以上は無能バカでも包摂せねばならないわけで、こういう奴らの意見(笑)ですらいちいち取り上げていかねばならんなら歩みは遅々として進まないのも当然というかね。意見を述べたいならまず勉強しろよと思っちゃうのも切り捨てになるのかねえ。

2018-09-13

anond:20180913114304

ラノベって普通に中高生向け小説なので、少年少女漫画コーナーや児童書コーナーに準じる扱いだが…

「ほしい人しか行かない場所」であって「公共の場」ではない。

anond:20180913113716

書店ラノベコーナーが「家族づれで賑わう公共の海」でないのは言わずもがな

ラノベって普通に中高生向け小説なので、少年少女漫画コーナーや児童書コーナーに準じる扱いだが…

2018-09-12

anond:20180912231340

昭和時代昭和後期は含まない、と勝手定義されても。

つーか昭和後期に小学生ならアラフォー以上だろ。

子供」は小学生以下に限る訳でもなく中高生なんかも含むだろうから、それだともっと年齢上がるし。

兄妹が珍しくない世代の妹と兄妹が珍しい世代の妹

なんかラノベエロゲは妹との恋愛を扱う作品が多いけど

世代問題なのかな

団塊ジュニア世代は妹がいる人もそう珍しくなかったけど

それが関係してるのだろうか?

今の中高生一人っ子多数派だけど、その世代妹萌え

どう見えてるのだろうか?

2018-09-07

親にカムアウトできない

 自分両性愛者だ。 

 性的指向意識し始めたのは中学ときだった。

 当時は同性を好きになるのはおかしいんじゃないかと本気で悩んだ。その際、インターネットで調べまくったが不安は収まらなかった。(寮生活だったために図書館しか本が読めなかった。そして参考になる本はなかった)

 夜も寝つけなかったため、母に一度だけメールをした。同性を好きになるのはおかしい? と。

 返ってきた答えは、思春期中高生はそうなりやすいというものだった。

 結局、思春期が終わっても自分両性愛者のままだ。

 同性愛者は生産性云々という文章を見たときガツンと殴られたような気がした。

 当の議員同性愛の子供は自殺やすいんですってと笑いながらいっている姿を見た途端、動機が激しくなった。

 ちょうど夜だった。

 ホモきもいあのレズ気持ち悪いと口にする同級生そばにいた時間が戻ってきたみたいで、怖くてたまらなかった。

 もうとっくに慣れたと思っていたがダメだった。涙が止まらなかった。

 数日後、家で生産性云々が話題にあがった。

 さすがにあの発言肯定しないだろう。内心怯えながらも話を聞いていた。

 しかし、問題ないというのが母の意見だった。間違った発言ではない。いつもの顔でそういっていた。

 耐えきれずに、口論をしてしまった。

 傷つくだけとわかっている。それでも何もいわずはいられなかった。

 またしばらくして、今度は両親とその話をした。

 母の意見は変わらず、父は黙って聞いていた。どうしてわかってくれないんだとムキになってしまい、そんな言い方だと同性愛者の理解者なんて増えないと思うけどといわれた。父は笑ってその話を聞いていた。

 もう何をいっても無駄だと感じた。

 母から同性愛者は気持ち悪い存在だといわれて、喧嘩になったことがあった。急にLGBTを語るめんどくさいやつだと揶揄されることもあった。

 それでも懲りずに話題には参加した。

 自分異性愛者ではないことを薄々感づいているのではないかと思っていた。だが全く違った。それを今日になって気づいたのが本当馬鹿げている。

 母はあの議員が好きだそうだ。生産性がないのは事実なんだそうだ。加えて、なんでそんなに同性愛者を擁護するの?とまで聞かれてしまった。

 自分は、母にだけは味方でいてほしかった。あなたあなたのままでいいよといってほしかった。他人両性愛者でいることを罵倒されても仕方がない。だけれど、差別に対して一緒に怒ってほしかった。慰めてほしかった。望みすぎかな。

 グチグチごめん。

 あーあ。

 

 

 

2018-09-06

anond:20180906165309

高齢化もしてるが中高生なんかもいるよ(自分でそう言ってたりする)

大人キタナイ系の話が真に受けられてたり、就活エントリが(勿論就活する学生目線で)流行ったりする時点で中年ばかりなわけないだろ。

ヴァンパイアサマータイム

その作品オタクが絶賛してるから読んでみたけど、すげえくだらなくてがっかりした覚えがある。とにかく設定は陳腐だし、構成稚拙だし。まあラノベとしては文章うまいと思ったけど(でもまともな小説としては最低限というレベル)。オタクにとっての傑作ってあのレベルでいいのか。もっと幅広く読んだ方がいいよ。普段ろくなもの読んでないからああいう幼稚で程度の低い本を絶賛してしまうんだよ。これが中高生ならいいのだけど、絶賛してる連中って40代おっさんからなあ。痛々しい。

2018-09-04

anond:20180904083613

はてななんて暇つぶし」「別にいいだろ俺の勝手」と開き直ってる、茶化しているアホが複数居る。

そういう奴に限って最近ブクマを見ると見事に例の記事を見ている。痛い所を突かれたからかヘラヘラと誤魔化してるようで恥ずかしい。

普段偉そうなことを言ってるくせにはちまレベルに引っかかるような間抜け非表示推奨。

元ネタ面白い有用ならそちらをブクマすればいい。他人の褌を盗む有害サイト吟味もせず見てPVに協力する養分

どうせはてなトップにあったから何の考えもなくブクマしたんだろ?眼の前にある餌に飛びつく獣かよ。こいつらの頭はまとめサイト大好きな中高生と同レベル

B:id:kamm

B:id:usausamode

B:id:bystander07

B:id:nisatta

B:id:Caerleon0327

B:id:Satoooon

B:id:enderuku

B:id:kanekoshinichiro

2018-09-03

色んなことでおそ松さんが嫌いになった話

すごく好きだったのに、今は見るのも嫌なくらい嫌いだと感じるようになってしまいました。

作品に飽きたのではなく、嫌いになってしまたことが悲しくて、辛くて、まだ自分に折り合いがつけられていません。

気持ちの整理をつけるために、これを書きたいと思います


私は、「おそ松さん」が好きだった。

初めてアニメ放送された2015年、その頃はアニメから離れていて、オタクから随分卒業したと感じていたし、あまり興味もなかった。ただずっと続けていたTwitterを通して、おそ松さん存在を知った。

おもしろい、と様々な人が盛り上がり、二次創作もたくさんTwitterに流れてきたのをよく覚えている。その盛り上がり方に興味が湧いて、見てみたのがきっかけ。

いつもなら流行ってるジャンルは見ても食いつかない、もしくは見る気も起きないことが多かったから、興味が湧いたこ自体自分でも意外だった。

見てみて、おもしろいな、と感じた。下ネタはあるけど意外と大丈夫かも、パロディもあっておもしろいんじゃない?と思った記憶がある。

そこから毎週見るようになって、最初は見分けのつかなかった6つ子たちが見分けられるようになって、どんどんハマっていった。結局、アニメだけでなく二次創作にまでハマるほどになった。それはもう、世間でいう沼ってやつだったんだと思う。

1期が終わって、アプリゲーム、グッズ展開、スペシャル(おうまでこばなし)に騒ぎ、熱は引かなかった。映画になれば近くの公開映画館を探して自分推しの回を見に行って、2期決定をすごく喜んだ。

そして2期が始まって、当然放送日の次の日は無理やりにでも時間を作って見るようにしてた。久々に毎週ワクワクできるんだ、楽しみだな、と思ったし、また動く6つ子が見れることをとても嬉しく思っていた。

でも見初めて、あれ?と思うことが少しずつ増えてきた。なんだろう、1期と何かが違う気がすると思い始めた。

それと同時に、1期からなるべく見ないふりをしていた、あまり評判の良くない行動をするおそ松さんファンを見かけることが増えた。

たぶんこの辺りから、なんか嫌だなと思い始めたんだと思う。

2期と1期の違いは、2期放送から様々な人が言っていた。私が感じたものも、その中に出てきた意見と大差ないないんだと思う。

最初に思ったのは、前より(1期より)下品。ということ。話数を重ねるごとに少しずつそう思うようになった。

私は2期を見て、随分生々しいというか、そういう描写が増えたなと思った。1期の頃は下ネタ発言こそあれど、そこまで生々しいものはあまりなかったと思う。(個人の感想から、そうじゃないと考える人ももちろんたくさんいると思う)

生々しく、下品で笑えない下ネタが増えたというのが正直な私の感想だった。

文字として打ちたくないものが多いから細かくは書かないけど、そこまで下ネタに走る必要があったのか?と思うことが多かった。げんし松だったり、あとは排泄描写があったのもなんだか気持ち悪いと思ったのが本音

話の流れをすぐに笑えない下ネタに持っていってしま安易さにもがっかりしてしまった。

私は1期の下ネタを見ていて、中高生の頃こういう話で盛り上がる男子たちがいたな、という印象を抱いていた。教室にいる、賑やかな男子たちが盛り上がって話すちょっとした下ネタ。当然生々しい訳ではなく、また言ってるよ〜くらいのもの。そういう印象が1期の下ネタだった。

でも2期はとにかく生々しくなった。1期のように下ネタになる単語発言する→盛り上がるといったものではなくて、実際に描写する、というものが増えたように思う。げんし松でも実際に描写されていて、引いてしまたことをよく覚えてる。

他にもイヤミ松野家に来て袋に排泄したりとか、ふくわ術でチビ太とハタ坊が漏らしたりとか。

1期では一松の脱糞未遂があったけど、あれは力んでるだけで実際には出してない。十四松がハタ坊の会社で漏らしたのも、気づいたら出てたみたいな、さらっとしたライト表現だったと思ってる。(私の個人的感想だけど)

それに比べて2期は、描写がすごいというか。ライトじゃない。見ていて引いたし、気持ち悪いとすら思うくらいにはダメだった。

2期は下ネタが強くて引いてしまう割に、他の話の印象が薄かったというのもあると思う。もちろん面白い話もあったけど、下ネタ分を相殺できるだけの話があったかと聞かれると、私はなかったと思う。

例えば、おうまでこばなしも途中、エグくて引いてしまったシーンがあった。未だにそこはあまり見れないけど他の話が面白かったこともあって、そこまで嫌悪感を引きずることもなかった。こういった相殺するだけの話が、2期にはなかったと思う。

から2期は1期と違う、下ネタに走りすぎている、という感想ばかり出てくるのではないかと、私は思った。

正直ロボットになろうと、元ネタがわからないちょっと前の作品パロディをしようと、別に構わない。(面白いかどうかは別として)

でもあの生々しい下ネタは本当にダメで、笑えないものだった。

下ネタだけじゃなくて、何かが1期と違うところはたくさんあるんだと思う。下ネタに走るより、もっとキャラ個性を活かした話とかあればよかったのに、と思わなくもない。

でも、アニメの内容の変化だけだったら、私はたぶん気持ちは冷めても、別に嫌いになったり見たくないと思うほどではなかったと思う。離れようかなくらいには思ったかもしれないけど。

2期は話の変化と同時に、おそ松さんファンの嫌な部分というのをたくさん見た時期だったと思う。1期からファンの嫌な部分はたくさんあって、なるべく知らないように意識して避けていたこともあったけど、2期は避けきれずに見てしまったものが多かった。

アニメ放送が始まる前・放送後の公式Twitterツイートに、ちょっとおかしなリプが多くついていたというのが最初の印象だと思う。

一番覚えてるのは、放送が終わったツイート(ご視聴ありがとうございました!みたいなやつ)に、「○○松をオチに使わないでください!」とか、「○○松あんなにクズじゃありません!」とかそういうリプ。ざっくり分けたけど、同じ回の放送後、こんなリプを見た。こんなリプを見て最初に思ったのは、自分の願望を公式押し付けようとしてて押し付けがましい、見たくないな、だった。

オチに使わないでくださいとか、クズじゃありませんとか、これが原作のある作品に対してのリプで、原作と何か違っていて、それに対しての文句ならまだわかる。

でもおそ松さん原作がない。くん時代とは別物だし、これはアニメオリジナルしかも、今まで全くそういう描写がなくていきなりクズにされたわけでもない。ずっと皆クズだし、オチ別に固定じゃないんだから色んな人がやると思う。

からこそ、このリプを送ってる人たちは自分の願望というか、解釈を送りつけて、そうならなかった内容に文句をつけている、という風に私は感じた。私の推しはこんなことしない!○○松はこうなの!みたいな。

おそ松さん二次創作が盛んだった。旬ジャンルなんてみんなそんなものだけど、おそ松さんというアニメ解釈を色々取れる、はっきりしない描写もあったと思う。だからこそ受け手解釈の幅が広がって、二次創作が活発になったと私は思ってる。

それが、このリプに繋がっているんじゃないかと感じた。解釈をする→それに他のファン共感してくれる→普及。といった感じで、1人の解釈がまるで事実のように扱われる部分があって、それを二次創作だけでなくアニメにまで持ってきてしまう人がいたんだと思う。だからあんなリプが1つや2つじゃなくて、目に入っただけでも結構な数あったんだと思った。

私は公式が全てだと思っているし、そう考える人もたくさんいると思う。でもそれ以外に、自分解釈が正しくて公式文句を付ける・解釈押し付けファンおそ松さんにはたくさんいた。

他のジャンルはあまり詳しくないけど、ジャンル外の人からも色々言われてるだけ、おそ松さんファン特殊な部分は強かったと思う。

他にも○○松が酷い目に合う話だったら許さないみたいなものから、○○(コンビ名)だったら見ないとか、逆に○○は公式!みたいな盛り上がりも多々見えた。公式ツイートを見て、偶然リプを見て、こんなリプばかりだったことに毎回嫌な気持ちになってた。ただツイートしてるだけでも偶然目に入ってしまえばいい気分はしないのに、それがさら公式への発言だと思うと余計に嫌な気持ちになった。

見ないようにしていても検索で偶然引っかかってしまったり、おそ松さんファンに対しての嫌な感情はどんどん出てきたと思う。

1期から知っていたことではあるけど、おそ松さんファン自分の思う通りにならない内容だと抗議する、というイメージが強かった。批判して、改善を求める。でもそれが、ジャンル外の人からは異様に見えていたと思う。(ジャンルにいた人でも異様だと言う人はいたと思う)

色々見てしまたことで、アニメに対するファンの反応に引いてしまったり、怖いと思うことが増えた。それと同時に、この人たちと私は世間で見たら同じに見えるのか、という嫌悪感もあった。(ジャンル外の人からすれば「おそ松さんファンやばいやつが多い」という印象で、おそ松さんが好きなら印象は一括りだったと思う)

それが嫌で、少しずつおそ松さんから離れていった。

同時に、公式文句を言っていたファンほとんど同じキャラコンビ推しファンだったことに気づいてしまった。○○松はクズじゃない!とか、○○(コンビ)だったら見ないとか○○は公式!とか発言していたファン推していたキャラ共通してて。その上で、そのキャラのいる1つのコンビファンも、やたら公式文句を言っている印象が強かった。

私が気づいたのがそのキャラコンビ推しの人だっただけで、他にも過激思想のある別のキャラ推しファンだっていたとは思う。(1期で一番やばいって言われてたキャラファンとかもいるし)

ただ、2期決定前から、正確に言えば1期が終わる頃からそのキャラコンビファンが少し怖い行動や発言をしている印象があった。(そのときアニメほとんど終わってたこともあって、公式にではないけどグッズの公式アカウントとかに色々言っていた印象がある)

それが2期では公式アカウントにも文句を言っていて、段々とそのキャラコンビに苦手意識を持つようになった。今も苦手で、おそ松さんの中でも特に見たくないと思ってしまっている。いいファンもいるというのはわかってる。それでも、見るのも嫌だと感じてしまった。

2期で気持ちが冷めてきたところに嫌なものをたくさん見て、段々おそ松さんへの苦手意識嫌悪感が強くなっていった。

さらに、二次創作を見ていて、これはおそ松さんでやる意味があるのか?というものが増えた印象も強かった。

アプリを通してたくさんの派生ができた。他の作品ではパロディとして自ら生みだすものを、公式に近い形で出してもらえた。その結果、二次創作派生がどんどん出てきた。出てきた当初はそこまで気にしてなかったけど、段々と見ていてこれ、おそ松さんなのかな?と思うものが増えていった。

単純に言ってしまえば、中身(性格)が別人だと思うものが多かった。派生によって、性格が変わるという解釈否定するつもりは全くない。生活環境が違えば、ある程度の違いはでてくると思う。でも、あまりにも違う性格になってしまったキャラは、私にはおそ松さん名前派生作品を使ったオリジナル作品のように感じられた。

そして、二次創作内でも個人解釈公式設定のように広まっていくのがあったと思う。それは派生性格だったり、体格だったりと様々だったけど、公式ではない設定がさも公式設定のように出回ってしまっていたのが苦手だった。

派生作品ばかりが増えていく中で、でオリジナル作品のように感じてしまものが増えて、1つの解釈公式のように出回ってしまたことにとにかく苦手意識が強くなり、二次創作も見れなくなっていった。

あくま二次創作から、見なくても困るわけではないけど、それでも好きだったもの自分気持ち関係なく変化していって、それが受け付けなくなっていくのはすごく悲しかった。


アニメの内容も、ファンの反応も、二次創作の展開もどんどん苦手意識がでて、好きでいるのも、見ることにも疲れて、最終的には嫌いになってしまったんだと思う。好きだった作品を嫌いになってしまたことは、すごく辛いことだった。

公式イラストも、グッズ絵も、着ぐるみでさえ今は見ると嫌だなぁ、と思うようになった。

好きだった気持ちはまだあって、でも見ると嫌い、見たくないと思う自分がいるのがとても辛い。いずれまた、楽しめるときが来るのかはわからない。

今はとにかく、今後新しくハマる作品が出来たときに、冷めることはあっても嫌いになることがないよう、ただ祈っています

ありがとうございました。

木曜日SCHOOL OF LOCK

SCHOOL OF LOCKとは「ラジオの中の学校」という設定の中高生ターゲットにしたラジオ番組で、平日22:00~24:00に放送している。

8月30日放送、昔いじめられていたという高3男子の話。

-----------------------

[高3男子]

自分は中2の一学期からいじめられるようになった。(おそらくハブられるとか聞こえるように悪口言われるとかいう類のいじめ

そこで夏休みの間、「いじめているやつらと距離を詰める」作成を立てた。

具体的には、遠くで自分悪口をしていたら敢えて「何はなしてんの?」と積極的に話しかけていく。

彼らが自分距離をとって、それでいじめを成立させているのであれば、

敢えて自分からガンガン距離を詰めてみよう、という作戦だ。

夏休み明け、登校に恐怖はあったが、失敗してもいいから考えたことを実行しようと思っていた。

この一歩を踏み出さなければ自分は何も変わらない、間違っても何言われてもいいからやってやろう、という気持ちだった。

しかけてみるとまず相手はびっくりして、自分から離れていく。急に話かけられてやはり相手は驚いていた。

から何回も何回も繰り返した。何回も話しかけるようにした。いつの間にかだんだん距離が縮まっていった。

1学期のときよりはクラス位置が変わっていった。

[パーソナリティ]

いじめられてつらかったとき自殺とかは考えなかった?

[高3男子]

いじめられて孤独になったときは、自分はいらないんだと感じていた。

でも死ぬのはダメだと思った。自分が亡くなっても喜ぶ人間は一人もいない。

いじめた人たちですら自分が死んだことで、喜ぶことはできないと思った。

しろ自分がもし死んだら、いじめていた人達は「人ひとりを殺した」という罪悪感で、この後の人生が壊れるのでは?と思った。

自分がいなくなったことを想像した。いじめによる自殺ニュースを見た。

自分が死んで取り返しのつかないことをしたら、いじめ人間が罪を償えるチャンスもなくなる、更生するチャンスもなくなる。

死なないで、自分がいる中で、この問題解決していこうと思った。

-----------------------

聞いてたら目頭熱くなってしまった。

「聞こえるように悪口を言われる」ことに、「敢えて話かけにいく」って絶対できないやつだよね。

頭の中でそういう行動とれる自分想像して、でも実際にはそんな勇気のない自分絶望するやつだよね。

本当にできる人間がいて、それにより問題解決できるんだね。

そもそも上記の話は、別の子いじめ相談の中で出てきた話なんだけど、

の子のぐちゃぐちゃなメンタルとか(ナイフを持って家飛出し、ナイフを地面に叩き付け、自分が怖くなった、という話が聞いてて本当につらかった)

もとても印象的だった。

他にも、いじめられて学校いけない女の子との話とか、

中学生に「音楽がきらいな人っているんですか?」という純粋質問されたときサカナクション山口一郎の話とか、

とにかく全体的に色々考えさせられる回だったので是非聞いてみてほしい。

この番組、僕も学生の頃好きでよく聞いていたんだけど、久々に聞いてやっぱいいなあと思った。

2018-09-02

anond:20180902010138

中高生新陳代謝が活発、

チンカスの量も多い

中高年=代謝の低下、

排出物の量が少ない、

毎日洗えばオーケー

だぞ。

洗ってない中高年はパンツ脱ぐと嬢は臭いと思う。

anond:20180902005140

おまえは自分新陳代謝中高生並みだとでも思ってるのか

自覚がないのが一番タチ悪いんだぜ

2018-09-01

中高生の、ネット依存問題になっているが

ネットは昔からあったわけで、

おっさん平成初期から

ネット依存症だったぞ😤

2018-08-31

anond:20180830181714

若いのに甘えんなと一蹴されそうだけど20代で既にこの増田みたいな状態ですわ。

やっとの事で出来た数少ない友人にも皆彼女が出来て疎遠、いよいよリーチだね。

「お前も彼女作れよ」じゃねえよ、こちとら居ない歴童貞やっちゅうねん。

気に病みすぎたのか最近抑鬱状態不眠症まで加わってくるし最悪。

会社ホワイトなのは助かるけど自分と向き合う時間無駄に増えて憂鬱

半ば義務的でも趣味の集まりに出掛けてる分、このおっさん増田の方が偉い。

別に孤独は悪いことじゃないし!」「アニメゲーム時間いくらあっても足りない!」

「誰にも何も言われない一人最高!この世にどれだけ趣味コンテンツあると思ってんの?」

これらネットで大体出てくる紋切り型意見。何にもわかってないんだよなぁ。

多分書いてるのも支持してるのも人生経験の少ないオタク寄りの中高生大学生だろう。

偏執的に量をこなすとその分野の類型的なパターンが読めてきて飽きてくるというのもあるけど、

本当に孤独(というか孤立)に陥ると感情が死んでしまってコンテンツ趣味なんて全く楽しめなくなる。

で、時計見て「はぁ、こんなゴミに3時間人生を浪費したのか。」みたいに更に落ち込むだけ。

から引きこもりってのは才能であり障害でもある。俺も引きこもり経験あるけど耐えられなかった。

てか英国孤独担当大臣話題を出すまでもなく、孤独健康を害するのは明確にエビデンス出てるんだけどね。

あとついでに言わせてもらうと非モテ童貞に無闇矢鱈に「ソープ行けw」も、もうやめてね。

セックスけがしたいわけではなくて、信頼し合って心を許せるパートナーが欲しいだけ。(自分で言っててキモいが。)

結婚したい30代女性に「ホスト行け」という結論にはならんだろ。お門違いなんだよなぁ。おしなべて。

2018-08-30

anond:20180830213417

からすると、男女の清潔観念の違い(一般的女性のほうがきれい好きな理由)がどこから来ているのか謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎で謎でならん

べつに汗の臭いがついてなければ同じシャツ二日着てたり、べつに伝染病媒介するような実害がなければ室内に虫が一匹や二匹いてもええやんとか思うのだが、絶対にそれを許さな女性の方が多数だったりする

この理由の一因は、野郎だと中高生のころから運動部練習などでは平然と汗だくになった末に上半身裸で過ごしたりする機会が度々あるが、女性ではそれはまずないあたりに起因するのかという気もするが、当然そんだけじゃないよね

やっぱ「女の子なんだから身ぎれいにしなさい」って幼児期から刷り込みなのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん