「中高生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中高生とは

2020-07-10

二次創作と友人の母

BL系の界隈って最近荒れてるな〜と感じ、「昔の二次創作の界隈、特にBLってどうなってたんだろう?」と疑問に思う度に思い出す人物がいる。

友人の母である

私は中高生オタクを大っぴらにする人間だった。腐女子でもあったから、オタクの友人とは密やかにBLの話もしていた。

ある日、腐女子でない友人にBL話をされているのを聞かれてしまいなんだか申し訳なくて、「ごめんね」と謝った。その友人はいもの軽い調子で「いいよ〜!」と言ってくれた。続いて

「私のお母さんもそういう本持ってるんだよ!!○○(アニメ名)のやつ!」

と言った。

今考えたらBLではなく普通二次創作の本なのかもしれないけど、当時の私はすごくビックリした。その作品は数十年前のものであったからだ。今も二次創作を買って読んでいて、たまたまそれを友人が見つけたのか、昔買ったものが見つかったのかは分からない。後者であったならば、昔買った本をずっと持ち続けている素敵な読み手だな、と思う。

友人の一言だけで色々と想像を膨らませてしまったが、友人の母がもし昔から二次創作創作したり読んでいたりしていた人として、今の二次創作特に腐女子の荒れ方を見たらどう思うのかな、とぼんやりと感じた。

anond:20200710045020

その「エロポスター」の基準ガッツリ行為してますレベルエロじゃなくてラブライブや宇崎ちゃんだもんなぁ。

同程度のエロさのBLポスター公共施設に貼られているのを見た事がないんだけど…

ガッツリ行為してないならどこに貼ってもいい」って雑過ぎない?

仮にポリコレを支持するなら「現実と比べてリバの比率が少なすぎる」みたいな指摘も支持されないとおかしいのでは。

twitter全部見ると「BL殆どが『小柄で女顔の美少年が受け』と言うものから現実と食い違ってておかしい」という主張だけど、

実際の現代BL全然そんな事ないので、元twitterの人が無知なだけなんだけど。

日出処の天子時代の風潮が今でも続いてると主張されても「今はそんな事ないですよ」で終了。

ポスターは知らんけど、肌色の多いBL本なら普通に一般書籍と同じ棚に並んでますがな>https://togetter.com/li/1266758

本屋の中でも奥まったところにあるでしょ、と言われるかもしれないけど、それを言うなら岩波新書講談社選書メチエだけ買いに来た人が電撃文庫の表紙を目にするような状況も(少なくとも大型書店でなら)ありえないわけで……

一般書籍大人向け扱いだけど、電撃文庫が置いている棚は中高生向け扱いだから

後者の方が基準が厳しいのは当たり前。

フランス書院官能小説一般書籍棚にあっても文句つける人はいないわけで。

そもそも一般書籍でも性描写あるものなんかいくらでもあるし。

twitterといい増田といい、解像度低くて雑な認識主語クソデカ叩きしてるから反発くらってるだけなんだよなあ

anond:20200709170615

いつまでも中高生の仲良しグループってわけにいかないんだから

友達と一緒じゃないと恥ずかしいって思考はやめないと辛くなると思うよー

せっかくの趣味を捨てることないよ。人生の辛いときに役に立つよ。

そういうときにその友達が助けてくれるのかよく考えたほうがいい。

あと見た目なんてちょっとお金かければそれなりにとりつくろえる

服屋と美容室で年相応のおしゃれさんになれるようリクエストして

そのまま集まりに行けばいいだけ。別に気にすることじゃない

2020-07-09

anond:20200709170615

タメじゃん

中高生のころから増田みたいなことで悩んでて特にすごい努力とかする気にもなれず解決できずに今に至る

みんなきちんとした格好や崩れないメイクその他身だしなみや所作がきちんとしてるのに自分だけできない

みんなはきっと陰でものすごい努力をしてメイクや服や髪の手入れの勉強してお金もかけていてすごく偉いんだと思うとそんなことできないってなってやる前からくじけて15年

合う化粧品探す金と根性がないし運動しないから太る一方だし顔以前に体型がだめなので似合う服なんてなくておしゃれがんばれない

変わりたいならがんばってくれ 私はここで応援してるよ

anond:20200709144452

反対(東側)にずっといくと青と、新小岩をこえて、葛西につくよ。

そう、つまりインドだ。

環七をずっと行くとインドにつくと言っても過言ではないね

インド流れる悠久なるガンジス当地では荒川とも呼ばれている)を右手海岸に出れば、臨海公園がある。

日が沈んだ夏の夜などは、対岸にある黒鼠帝国花火などが美しいよ。入園しないでも裏側からみえちゃったりして、中高生お小遣いでも初彼女とちゅーできる(可能性が否定できない)デートスポットなのだ

さすがインドだ懐がでかい

底辺絵描き独り言

世間ではおけパとか神絵師の話が多い中底辺の語り

私はかれこれ9年ぐらい絵を描いてるオタクだけど、自分にははっきり言ってイラストの才能がほとんど無い。人よりは絵が描ける、というだけ

でも昔よりは上手くなったし、自分の絵に自信はある、自分の絵柄も好きだけど、実際描けてない部分の方が多くあって画力はない、いわゆる底辺絵描きである

絵を描いてると気になるのはまあ他人から評価で、好きなジャンルの絵を描いてSNS投稿したり、中高生の頃は文化祭ポスターとか会報イラスト、文集のイラストに描いたりしてた(全部投票で決まる)が、どんなに自信があっても自分の絵は万人受けはしないようで、SNSでは雀の涙評価学校で出したもの投票で選ばれなかった まあその理由はわかってて、自分より上手い人がゴロゴロいるから、そういう人(万人受けするイラストを描ける人)が評価されるのが当たり前だと思ってた

それでも絵を描くのが好きで、描くのをやめなかったしこんな底辺でも絵を好きって言ってくれるフォロワー友達が少しでも居るから描いてこれた フォロワーからも、あなたの絵を見てメッセージを送りました!って人が居て、本当に嬉しかった

さっきも述べたけど画力が無い底辺と感じているなら努力すれば?という話だが、私は性格負けず嫌いでも何でもない根性なしだから、描く量を沢山増やしたり練習したりとかは全くしてなくて、それでも9年分の積み重ねもあって自信はあるし少しでも自分の絵を気にいる人がいれば評価なんて関係ないやと最近は思ってる...というか妥協してしまってる

絵描き仲間の友人達は、SNS評価を貰える人が多くて、画力もあって上手い。それは皆努力しているからこそのことでもある。でも皆揃って「ジャンル自体人口が少ないか評価されただけ」または「評価されたけど自分理想に近づいていない」と日々悪戦苦闘してるようで、私は自分と違って評価されてるんだから素直に喜んで良いと思うのになーと思うが、自分の絵に妥協してしまっている私とは絵との向き合い方が違う、これだから自分画力評価も伸びないままなんだろうな止まり

今更嫉妬心とかはないけど、絵の才能はもちろん努力出来る才能持ってる人羨ましいと思ってる

2020-07-08

何だこの界隈

プログラマって人の気持ち読み取れないやつ多いよな

精神年齢中高生から全く成長してないやつばっかりで毎日毎日ため息が出る

精力がない

性欲は人より低そうだけどある。

から一日一回を越えて射精というものをできたことがなかった。

おそらくオナニー盛りであるだろう中高生の時分でも、全期間を通じて十回もなかったと思う、一日二度も射精したことは。三回は絶対になかった。

今日は溜まってるから二回するぞ! と事前に燃えていても、一度出してしまうとそんな気分は吹き飛んでしまう。

なので二回戦〜みたいな話は想像上の存在だと思っていた。エロマンガの中みたいに。

だけどな〜、実際あるんでしょ? 一晩に数回セックスするようなことが。他人セックスを見たことがないかわからんけど。そう思うとなんか損してる気分になってしまう。

なので妻とのセックス前戯多め。楽しんでくれてるとは思うんだけど、本当は二回三回としたいのかもしれない。したいって言われてもできないから聞いてない。

三十代も半ばになってきて、これからさらに性欲が減退していくことがわかっていて、これからどうなるんだろうという漠然とした不安がある。

たくさん射精したいです。

2020-07-07

女性向けコンテンツ」が辛くなった話

僕は昔から現在にかけて「男性向け・女性向け」ジャンル作品/コンテンツを両方それなりに摂取している。

良い作品は男女関係なく楽しめる物だ。



しかしその過程で僕は「女性向けコンテンツ」に辛さを感じるようになった。この記事ではその話を綴っていこうかと思う。



ただ僕は自分自分の首を絞めるオタクであったというお話だ。

体験気持ちを具体的に述べてくのでちょっと長い。時間が余った暇つぶし程度に読んで欲しい。




自身オタクコンテンツかどうかに関わらずあまり物に男性向け・女性向けをつける必要はないと思っている立場だ。

何故なら、それを好むことに生まれ持った性別など関係無いし、実際(特に最近では)その表記関係なく両方の性別人間が楽しんでいるコンテンツは多くあるからである

しかしながら、両方を楽しむオタクをやっていく中で、この表記必要不可欠かどうかは置いといて、"正しい"ものではあるということをひどく痛感した。



僕は小さい頃からジャンプ特撮美少女深夜アニメを楽しんできた主に男性向け作品を楽しんできたタイプオタクだ。

そんな中女性向け作品に初めて触れたのはアニ横学アリといった人気もクオリティも高い、男性が楽しむにも敷居が低い少女アニメである

この程度ならば多くの人が共感する作品・思い出があるだろう。


そして本格的に女性向けコンテンツに手を出したのは恋愛シミュレーションゲームにハマっていた中高生の頃だ。

この頃は有名どころのギャルゲはそれなりにプレイしていて、それまで感じたことのなかった二次元キャラ自分との奇妙な関係性に衝撃を受けていた。しかギャルゲ黄金期とも重なり良質なストーリー作品にも恵まれ尚のことギャルゲにのめり込んだ。

そんな中ひょんなことから乙女ゲームである緋色の欠片」というゲームを知る。



そしてこのゲームと会ったことが、僕が自分の首を絞め続けることになった元凶となる。



きっかけはYouTubeに上がっていたMADだ。その頃ハルヒ銀魂にハマってた僕は、杉田さん経由でたまたま緋色MADを見かけた。初見は正直MADに組み込まれていたセリフで ああ乙女ゲーム(笑)とはなった。しかギャルゲもやり尽くした感があった頃だった事や、犬夜叉彷彿とさせる世界観に興味を持った事(結局全然違ったが)、ストーリー面白そうで公式サイトを見る限りドストライクの女キャラがいた事もあり購入を決意した。

で、やった。

めっちゃ面白かったしバチクソ泣いた。

ストーリー面白さもさることながら、女性向けという感じはあまりしない絵柄やキャラデザ、(描写賛否あるものの)バトルも多いので馴染み易かった事、女性キャラ結構出てくるので読みやすかった事、美鶴ちゃん、など多くの要因が重なりあまり女性向けゲームという印象を強くは受けず、かなり楽しめた。あと中二病的固有能力設定にどハマりした。家で手に紋章とか書き込んでた。俺も風を操って真空の刃で敵倒すんだ妄想を授業中してた。



さて、ここで僕は「乙女ゲームも意外とイケるじゃん…?」という心境になった。そして他にもないかなと探し始めたのだが、まぁなかなか緋色並みにバチんと第一印象でくるゲームが見つからない。同じ絵師ゲームもあったがこちらはちょっとキャラデザと設定がやろうと思うに至らなかった。結局、探していくうち絵柄と設定があそこまで俺的敷居が低く印象が良いものは稀だったんだなと知った。

乙女ゲームという俺の中では手を伸ばすには異端ジャンルをやる上で、それを乗り越えてでもやりたいと思うほどの第一印象大事だったのだ。

(あくまで僕の"第一印象"の話なので勿論神ゲーはいくつもある)



緋色たまたまだったのだ…と思いつつ緋色面白さを引きずっていた僕は、今までのオタク活動もそのままに緋色の新展開や新作乙女ゲーム情報を細々と追っていた。



さて気付かぬうちに首を絞め始めたのはこの辺りからだ。



この頃展開していた緋色コンテンツは主に続編ゲームドラマCDアニメである

この中でこの記事として特筆すべきはドラマCDである

ドラマCDギャグ展開のものが多く大いに笑っていた。しかしたまに挟み込まれ恋愛要素や女性向け的台詞にうん…みたいな気持ちに僕はなっていた。

今思えば、いや今思わずとも、当たり前に当たり前の要素ではあるのだがなんか違うんだよな〜などと思っていたのだ。そもそもゲームにもそんな要素は当たり前にあった筈なのだが、出来上がったシナリオ必要不可欠な要素の一部として享受していたんだろう僕は、そこを強調されてもみたいな気持ちだったのだろう。

でもまぁこの時の僕はちょっと違和感程度で意識するほどは思ってなかったと思う。



そんな中、「夏空のモノローグ」という乙女ゲームが発売される。

緋色以降結局プレイに至るゲーム緋色の続編である蒼黒しかやってなかった僕だが、このゲーム広告一枚絵に衝撃を受けた。

儚げな少女普通男子高校生が佇む、爽やかでありつつどこか俺がのめり込んできた泣きギャルゲを感じさせる絵。

これは良いぞと公式サイトを見た。キャラデザ、ストーリー、沢野井…これは俺でもイケる、絶対面白いとそう思った。

また僕がその公式サイトを見たのは発売直後だったのだが、そこにはシナリオライターが発売に寄せる文章も載っていた。

そして多分これが1番の決め手になったのだが、そのシナリオライターめちゃくちゃ見たことのある名前だったのだ。それは緋色ナンバリングタイトルである翡翠リメイク公式サイトで見た名前西村悠さんだった。

翡翠リメイク公式サイトにて西村さんがこのリメイクにかける想いをとても丁寧に具体性を持って綴っていたことはかなり強く印象に残っていて、とても誠実に物作りをする方だなと思ったことを覚えていた。

から、この夏空のモノローグという作品には信頼を置いていいと強く思い、購入を決意した。

とにかくこれぐらい強く想わない限り女性向けゲームに手を出せなかった僕だが、結局この夏空は神ゲーだった。


シナリオ音楽背景etcが神なのは前提として、この記事的にいうとゴテゴテしてないキャラデザと馴染みやすい絵柄、恋愛を主軸としながらも木野瀬をはじめかなり共感できるキャラクター達の葛藤…など、これもまた女性向けゲームという敷居を低く感じさせる作りで、とてもハマった。

スタッフブログにて登場するディレクターシナリオ西村さんが男性だったのも馴染み易かった一因かもしれない。


やっぱり女性向け作品でも良いのは良い…!そう想いを強くした僕だったが、ここで衝撃の事実を知る。


夏空のモノローグ、当時めちゃくちゃ売り上げが低かったのだ。


今でこそ根強いファンを抱えるこの神作品だが、恐らく乙女ゲームを求める女性ユーザーには第一印象は良くなかったんだと思う。何故なら僕がうーんと思っていた絵柄や設定こそが求められていたものだったからだ。

よってこれ以降、このブランドから夏空のような素朴な絵柄や雰囲気ゲームほとんど発売されていない。多分。俺基準かも。あったらすまん。



しか人間成功体験を忘れられない生き物で、男性向け作品に染まりきった僕でも楽しめる作品乙女ゲームにはある…!とかなりこのブランドの新作情報は追っていた。

何より、1人のキャラの格好良さや魅力や葛藤長編シナリオをかけて描写してくれる乙女ゲームという媒体は他の作品とは違った体験をくれるもので割と唯一だった。



結局僕が夏空以降にプレイした作品は、緋色ナンバリングタイトルである「白華の檻」と「Code:Realise」の2つである

どちらも同じディレクターシナリオライターが関わっており信頼のもと購入しそして信頼を上回る作品だった。

世界観ストーリー作品描写が本当に良く、根強く心に残る作品であり大好きだ。


しかしながら、正直絵柄はどちらも若干苦手で(いや勿論めちゃくちゃ綺麗で素晴らしいとしか言えないのだが)"女性向け!"と思うものだ。

内容も段々と女性向けだなと思う描写が増えた。

また他媒体展開においても、特にドリア(Code:Realize)は発売から社をかけて運営されていたのもあってか、女性向けに満足度の高いものが多く展開された。

ドラマCDの内容や商品展開や続編の展開では女性向けのコンテンツなんだという事を意識させられるものが多く、求めてないなぁ…なんて思ったし、リアルイベントなんかはもう完全にそうなのであー…違うんだよな…となった。


こうして夏空からドリアにかけゲーム内容も展開内容も段々と自分の求めてるものからかけ離れていくと感じていた中で、あぁ俺が求めてる作品はもう出ないんだろうな…どうして変わってしまったんだろう…と思うようになった。



そして割とマジで気がついてなかった、緋色から少しずつ感じていた違和感の原因に、ようやく気がつく。




そりゃ女性向けコンテンツからね〜〜!

お前が対象じゃ無いからね〜〜!

これ女性向けゲーム女性向けブランドから〜〜〜!




そうなのだ

…そうなのだ…。

そうなんだよな…。

いや勿論女性向けコンテンツ乙女ゲームということは分かっていたけれど、自分マジで対象外だったそうだったという当たり前のことになぜか気がついていなかったのだ。本当に。あれだけ女性向けは食指を伸ばしづらいと思っていたにも関わらず、だ。

なんか求めてないんだよなと思ってはいたけれど。そう…そうなんだよ…俺、対象外なんだよ。


作品がどれだけ僕にとって凄い良くて、取っつきやす作品性であっても、その後の展開はそりゃ女性向けに振るしそれが求められているのだ。何より夏空から段々とゲーム内容や他媒体展開の女性向け的色が濃くなったコドリアが圧倒的売り上げを誇っているのが何よりの証拠だ。



この事に気がついてから、コドリアプレイしながら何度「俺はお前達と少年漫画出会いたかったよ…」と思っただろうか。もしそういう環境下でこの作品が生まれていたらここの描写もっと違ったんだろうか、とか、俺はもっと楽しめていたんだろうか、とか、と。


まぁでも

恋愛要素抜きにしても少年漫画じゃ絶対こんなの通らないし俺も読まんと思う。

それが答えだ。


このゲーム達は乙女ゲームという環境下でこそ生まれた神作品だ。

物語の終わりが保障されていて、信頼のおけるシナリオライターが書いていて、キャラクター1人1人の良さをじっくり知れて、様々な男性キャラクターが主軸になりいろんな視点から物語を進めていけ、最高の背景や音楽の下、快適なプレイ環境でやれるのは乙女ゲームでありこのブランドならではなのだ



俺は本当にやるせない気持ちになった。

女性向けコンテンツ」辛…となった。


好きな作品マーケティング対象である事はよくある事だと思う。例えば僕は東映特撮も好きだがあれは対象子供だし、プリキュアおじさんなんて言葉は正にその象徴たるものだ。

けれどここまで対象外ということもあまり無いと思う。

こんなに良い作品でこんなに好きなのに、だ。


自身ゲームの内容に満足しつつもその後の展開には満足できず、その内女性向け色が強くなったゲーム内容も楽しめなくなってしまったのだ…。



まり

自分対象外のコンテンツを楽しんでおいて

自分対象外かチクショウ…

という



マジでただただ自分の首を絞める野郎という図だ。

俺が悪い。俺が悪かった…。


現在ではシナリオライターさんもブランドから離れていることも相極まって全く乙女ゲームには手を出していない。

好きになっちゃいけないのに好きになっちゃうみたいな悲恋エンドだからこんなん。




さて、


最近ではオタクコンテンツアプリゲームが主流になりつつある。

女性キャラクターが際どい衣装を着て出てくるゲーム男性キャラクター同士がクソデカ感情をぶつけるゲームなど、以前より更に男性向け女性向けという意識が強いコンテンツも多くなった。アプリ課金という性質から単発的娯楽を提供するものも増え、終わりなき物語が量産されている。

しかしながらそれと同時に、アプリという手軽さや物語が終わらないという解釈自由度が増した事により、男性向け女性向けに関わらずいろんな人が楽しむような時代になっているようにも思う。


また、僕の周りの友人達に割とそういう男性向け女性向けを超越するオタクが多くいた事もあり、やっぱり良いもんは良いんだよな…と改めて思っている。


けれど、(僕の場合は極端なコンテンツだったからというのもあるが) やっぱり男性向け女性向けという表記商売である以上正しいしある程度は必要なのだとも思う。




自分対象外のコンテンツとどう向き合うか。

大なり小なり様々なオタクがぶつかる問題だと思う。


自身普段出会うはずもない完全対象外の作品にハマってしまったが故の苦悩だった。

でも出会ちゃうもんは出会ちゃうし、良いもんは良いし、オタクは理性効かない。

この中途半端立ち位置に居がちなオタク達はきっと事象は違えどいっぱいいるし内に抱える問題はきっとまだある。

けど愛しちゃったかしょうがない。

コンテンツにそれだけの魅力があるのだから




【余談①】

尚僕は現在男性向けコンテンツに出てきた男性キャラクターに傾倒したりもしている。

でも別にそういうんじゃなく女性キャラクターも普通に好きだし、格好良いものは格好良いな〜ってやりたいだけなんだけれども。

ただこのキャラクター今は女性向け作品に主に登場するようになり「アッ!ン!!違うんだよな!!!」というのをたまにまた繰り返しているところだ。

でもそれを上回る満足度の高いコンテンツなのでやっぱり出会えて良かったなと思っている。

【余談②】

この記事とズレるので余談とするが、前々から好きだった作品最近別の層が流れ込みそこが消費者の主流になり、作品全体のターゲット層が変わり僕もターゲットから外れだしたという出来事があった。これもまたオタクが抱えがちな難しい問題である

作品の内容は(多分)変わらないので全然良いけれどね。

anond:20200707101955

すげーわかる

同じような経験が多かった

中高生というのは、語感やノリ、タイミング重要なのだろう

「~カツ」で来ると思ったものが、「カツ”オ”」というちょっとひねった感じで返されて、

意外だったのと、「そう来たか」というタイミングの良さが爆笑につながったと想像する

年下アイドルにハマる気持ち

最近YouTubeおすすめに出て来た大学生団体がやってる動画を見続けてる。

メンバーが入れ替わり立ち替わりでいろいろな企画をして挑戦してというまあよくある若者YouTuber団体って感じ

結構たくさん動画も上がっててランダムに見てたけど面白くなって来たか投稿日順で見直してみたら、

初回投稿から直近でずいぶんとこなれてきてるなーとか、

このメンバー同士の動画最近は珍しいけどこの頃はめちゃくちゃ楽しそうにしてんなーとか、

一見いじられキャラメンバー自己主張強めのメンバー天然ボケメンバーも全員お互いを尊重しあってんだなーとか、

あの動画で話してたのはこの動画についてだったのかーとか、

色々と見えるものがあって面白

これがいい年の大人ジャニーズとかakbとかの年下アイドルにハマる気持ちなのかな…

顔で売ってるタイプ団体でもないから、年齢的にも弟とその友達がわいわいと楽しそうにしてる雰囲気で、うんうん楽しかったね良かったね若いのにこんなこともできてすごいね…っていう保護者目線が強いんだけど、でもYouTuberも彼らの企画も彼らの能力も、自分にできるようなことではないか尊敬の念もあって、これがいわゆる尊いという感情なのか?

干支一回りしそうなほど年下のジャニーズにハマる同年代を見ても「何が良いんだ…?顔か?年下すぎてもはやショタコンを疑うんだけど?」と思ってたけど、ハマるときはハマるんだな…

ハマったとはいえYouTube動画を見て時々動画に👍する程度で済んでる。

そもそも彼らの想定ターゲット中高生大学生だというのは見ていれば分かるので、コメントしたり、Twitterを追いかけたり、グッズを買ったり、イベントに参加したりも多分しないと思う。

これがガンガン貢がせるタイプの、人気投票とか握手券商法みたいなジャンル団体じゃなくて良かったなぁ…という幸運感謝しかない。

2020-07-04

anond:20200704174849

増田がいくつかわからないけど、仲の良い姉妹だと中高生くらいで大体そういう経験あるから大丈夫。なにが大丈夫わからんけどわりとよくある話だからそんなに自分を責めなくていい。

自分増田ほどじゃないけど姉が初めて彼氏を連れてきたときになんかちょっとショックだったよ。置いてかれた感じがして寂しくてその日の夜はあんま眠れなくて、うわーってなった。でもしばらくしたら、友達彼氏の話するのと変わらないよなって立ち直れた。

姉と彼氏と3人で遊ぶといいと思うよ。アホかよ絶対嫌って思うかもしれないが、相手と3人で仲良くなっていけば、こいつら自分の知らないところでセックスを...とか自分関係のないことでモヤモヤしなくなると思う

かわいめの顔の男子中高生が脛毛ごわっさごわっさの剛毛だと興奮する

2020-07-02

家にいる時いつもテレビが点いている

子供の頃からの習慣だから、もはや意識しないとテレビを消せない。

家を出る時にテレビを消し、家に帰ってきたらテレビを点ける。

今時こんな人も珍しいと思うが。

大学受験やってた頃もそうだった。

このテレビ見たいからそれまでは勉強しよう。

でも勉強してる間もテレビは点いたまま。

中高生の頃はラジオも好きだった。テレビ付けながらラジオも聴いてた。ラジオ聴きながら勉強

常にテレビをチェックしながら、平日だけでも野球中継からオールナイトニッポンまで聴いてるんだから救いようが無い。

当時は寝る時まで点いてた。

そんなふざけた生活をしながら、マルチタスクは苦手ときた。

もはや当時のことは思い出せないが、そんなのでは多分勉強なんて全く身になっていなかっただろう。

本当にテレビ中心の生活

今になってやっとテレビを消したほうが、他のことに集中できることに気づく。

たまに本を読むときテレビを消したら結構集中できる。

まあそれでもテレビ支配されるのは変わらない。

ご飯食べるとき面白い番組が無いとすごく不安になる。

特に集中したい事がなければ、やっぱりテレビは点いてるなあ。

テレビが点いていると、集中しようと思い立つことが難しいけどね。

レコーダーは持っているけど、録画しちゃうと案外興味無くなる。オンタイムで見たい。

支配されてるなあ。

anond:20200629113900

アメリカは強烈なマッチョ文化からだよ

男で音楽が好きとかもゲイなんじゃねーのアイツ、とか男子中高生ならからかったりするわけよ。んでそのまま大人になったようなやつが、スポーツ好きなタフガイ以外はみんな軟弱で女々しい趣味ゲイ野郎とかステレオタイプで見るわけ

そういう価値観がまんえんしてるので映画とか文化趣味は軟弱、オタクカテゴリ。まあスターウォーズというステレオタイプデカイが

2020-07-01

俺に居場所がねえ

キモオタ陰キャから俺の居場所Twitter、そこだったんだ。

でもなんだ、最近はやれ政治だの人種差別だのツイフェミだの目にも入れたくねえ問題が渦を巻いてトレンドを独占しやがる。

ここまではみんなが感じてることだろうが俺にはもっと腹立たしいことがある。

最近Twitterのノリがキツイ

バズってるツイート見るとなんだあれ?画像を変に加工して字幕までつけちゃった通称画像リプ”とかさ、「ここまでテンプレ」だとかさ、気持ち悪いんだよ。

FFから失礼します」とかもう見てられない。

てかそもそも日本語がしゃべれない日本人コミュニケーションが取れない人間多すぎな。お前ら何年人間やってんの。


マジでTwitterユーザーのノリがキツイ。いやTLには同志がいるし窮屈じゃねえんだけどさ、見たくなくても入ってくるもんはあるしリプ欄とか見ちゃうわけ。もう地獄以外の何物でもないじゃんあれ。リプ欄閉鎖しろよ。

ていうかさ、「画像リプを批判する方が陰キャだろ」とかどういう神経してんのマジで言語で喋れ、くっさい画像見せんな。

でもTwitterのノリがキツイったってこちとら陰キャキモオタ廃人からTwitter辞めることできねえんだよ。どうしろってんだよ。

ブロックとかミュートとかあるけどさ、そういうの目に入った瞬間関わるのも嫌だからブラウザバックしてんの。自分でも馬鹿みたいって思うわ。

あとさ、オタク批判されたからってイキっちゃうやつ、あれマジ無理。キモすぎ。オタクキモいのは当たり前なんだから諦めろって。Twitterでイキって何になるんだよ。

似たようなのがさ、京都であったアニメ会社放火事件犯人な、あれに対して「ぼくのかんがえたさいきょうの拷問」を披露するオタクあれやべえだろ。捕まえた方がいいだろ。

それをさ、インターネット始めたてでクラスに居場所がない系の中高生がやってるならまだ理解できるけどさ、いい歳した大人がやってるのヤバすぎでしょ。「オタク馬鹿にする人は許せません!みんなで潰しましょう!(アニメコラ画像)」とかお前何歳だよ。bio見たら大学生ってお前本当に大丈夫かよ。

ここまでただの同族嫌悪だし俺も同じ穴の狢なんだけどさ、マジでTwitterってどうしてこうなっちゃったんだろうな。時代の流れとか一億総インターネット社会になったのもデカいと思うけどさ。

最近だともう匿名でやれる5ちゃんねるの方がまだマシだよ、あっちだと「くっさ死ね」「まとめキッズ死ね」が当たり前だからな。でもコテハンコミュニケーション取りたいならTwitterなんだよな。

俺の居場所はどこなんだよ。

anond:20200701151718

中高生向きのアニメとか楽しめないか自然と離れてくよね

仕事やら何やらで時間の制約が増えた中、アニメって選択肢の魅力がなくなってるんだと思う

2020-06-29

メールアドレス変えましたというメール

ガラケー時代メールアドレスは何かあると変えたりするものだった。

メールアドレス変えましたというメールを送りその返信からやりとりをすることを期待したり、気になる子メールアドレス変えたりすると何かあったのかなと思いを巡らせたりしていた。

気になる子メールのやり取りをしていると返信が待ち遠しくてセンターに問い合わせしてみたり、過去メールを読み返して積み重なっていくRe:が嬉しかったりした。

そんなことを今の中高生経験してないのだろうけど、たぶん彼らも気になる子アイコンが変わっていたりするのをチェックしたり既読がつくのを待ち遠しく眺めたりしているのだろう。

やっぱり僕らの住むこの町がジャングルだった頃から愛の形は変わらないんだろう。

anond:20200629134049

やっぱり結婚してないやつって幼稚だよな

好きな人結婚って中高生

いい歳して恋愛漫画読んでそう

anond:20200629164650

普通は3回くらいデートしてそこから手を繋いだりキスしたりするんじゃないの?

中高生みたいなピュアさあるな、初デートSEXの機会があったらとりあえずやっとく、女とサシ飲みではワンチャン可能性があるという心構えで次回から行こう。

明日予定あるし今日は帰るね」は女からしたら「アタックしたのに君とは付き合えないって断られた」って認識から、次同じような感じで勇気が出ない場合は当日の予定があるって言って、次の予定を取り付けてから解散にしよう。

anond:20200629114205

党派性ウヨサヨきっついのは大人は即ブロックが当たり前になってしまたから、そういう意識のない中高生に訴えたいんでしょ。

ヒトラー・ユーゲントみたいなのを育成したいんだよ。

無論近い子供がそういうのに毒されたら止めてやる必要がある。

TikTok一生懸命政治動画投稿してる人

投稿する場所間違えてないか

選挙権持たない中高生に訴えてどうするの

胸の谷間を強調して変なおどりしてるお姉さんに訴えてどうするの

ビジネスYouTuberマネしてる脳みそ足りない人に訴えてどうするの

ゲーム実況してる人や見てる人に訴えてどうするの

そもそも君の主張はネット仕入れたんだろうけど、間違ってるから

2020-06-28

anond:20200628134744

俺の超絶プロファイリングによると

ブレインストーミング的な企画構想をやったことないんだろうなという分析だったわ

ことによると中高生という線もでてきた

2020-06-25

昨日、中国国籍高校2年生がアルバイト先のクレジットカードの番号を暗記しては金を着服して豪遊していたというニュースをやっていた。

移動はすべてタクシー飛行機プレミアチケットディズニーランドで120万円使っていた等。

彼はきっとなんらかのバツを与えられる。そして家族なども当然巻き込まれて大変なことにはなる。周りに実例がないので推測でしか無いのだが。

たぶん未成年からそうたいしたことにはならないだろうなと。中国なら死刑なのかもしれないが。

「時が経てばいい思い出だけが残る」

こんな言葉を歌や小説などで見かける。この理屈によると、いくらか大変なこともあったが彼は「ディズニーランドで120万使った」などの楽しい思い出だけが残ることになるんだよなと。その後の大変なことや辛いことがあったとしても楽しかった思い出は上書き更新されることはないから。

それはそこまでの犯罪を犯してはいないDQNも同様だ。かれらはいつまでも中高生ときの楽しかった思い出に浸ってるし、当時の仲間達と「昔はバカやってた」楽しい思い出を反芻したり追想したりしている。よくいう「若い頃は無茶やったもんだよ」だ。

そうすると中国国籍高校2年生は、この先、どんなしんどい人生であろうと、なかなか通常では味わうことのできない「いい思い」をして、それを財産としてこの先生きていくことができるので幸運なのか?と思った。

からといって私は同じことをしたいのか?と自問自答するに答えは断然NOだ。 なぜかはよくはわからないのだがする気はしない。

ここからが本題です。

からこそゲーム、とくにVR重要になっていくのではないだろうかと思ったのだ。

最近は夢でゲーム風景をよくみかける。みたことのある実在しない場所景色

それは映画やなんとなれば小説でもあり得る話ではあるのだがゲームをするようになって架空風景をみる夢が格段に増えた。

ゲームでの体験リアリティを持っての「体験」となる。

などと思っていたところ、宮城県大学生香川県ゲーム規制条例に対して脅迫文を送りつけて逮捕された。

むーん。いろいろとどうなんでしょうか。しまりのない終わりでもうしわけないが、みんないろいろ危ういバランスで生きているなあと。

感情が分からない話と女の子を抱けない話

童貞のまま先日22歳を迎えた。自分を振り返ってみてその理由について考えてみた。

軽く自己紹介

感情ってどこから来るのか

感情とは外部の状況に対する人間の心の動きであると僕は知っている。周りの人を見ていると喜んだり悲しんだり怒ったりごく自然感情が動いていることがわかる。

しかし僕はそうやって外界に対して素直に反応することができない。もちろん笑ったり泣いたりするけどそれは他の人の目があるからである

例えば女の子に振られた時

「これは悲しい気持ちになるべきだ、一旦泣こう。」と考えて泣くし、

「一通り泣いて見せたからあとは彼女が気まずくならないようにしよう。」と考えて30%くらいの笑顔で別れる。

小さい頃から少し勉強ができ、少し運動ができ、少し反抗的だった。

存在しているだけで鼻につくからせめて表面だけでもちゃんとしてくれ」と中学校先生に言われたことを覚えている。今考えてみるとなかなか大人気ない発言だ。

常に他人から見て適切だと思われる自分が取るべき感情と行動を選択してきた人生であったしそれに違和感を感じてこなかった。

他人が僕に求めている感情の変化を見せて相手を納得させる。自分人間的な心を持っていることを示す。行動も表情もそのために選択してきた。

怒られている時は神妙そうな顔をする。デートの時は楽しそうな顔をする。進路選択相談の時は真剣そうな顔をする。

いろんな顔をしていろんな感情があるように振る舞っているけどいつも心の中では

「このシチュエーションではこんな感じで振る舞えばいいんだよね?」って自分確認しながら生活している。

みんなは本当に自然に怒ったり泣いたりしているのか。その感情を動かすエネルギーはどこからやってくるのか。僕にはわからない。

恋愛感情

恋愛とはそれ自体感情の塊である。好きだって気持ちはもちろん感情である恋人になれば喧嘩することもある。喧嘩感情表現の一つである

そうやって感情をぶつけ合ってお互いを理解していく。それが恋愛だ。頭ではわかっている。

はいつも愛情表現嫉妬もしているふりをしてきた。

おそらく今彼女自分独占欲を求めていると感じたら僕は自分嫉妬しているというメッセージを発する。

弱みを見せた方が良さそうな場面だと判断したときには辛そうな顔と泣きそうな声で彼女に縋る。たとえ困っていることがなくてもとりあえず自分の不幸そうな話を嘘にならない範囲ですることもあった。こうして自分の弱みを共有することで絆が深まっているかのように感じて貰うことが恋愛において有利だと考えたからだ。

彼女の悲しい話は同情に満ちた顔で聞くし真剣に考えている顔をする。

これらはこうすることで丸く収まるものだと計算して行動しているからであって自分の心に素直に表情や行動を変えているわけではない。

女の子を抱けない

さて、題名二つ目の話。

僕は童貞である。これまでそんな機会がなかったことはない。いい感じの女の子と同じベッドで寝たこともあるし、キスしたこともある。それ以上のことも。

でもそれに幸福感や快感を感じたことはなかった。一歩手前のような状況までは何度かなったが、最後までしたことがない。

行為の時も自分の行動で相手がどう思っているのかを計算して動いてしまう。

我を忘れて2人だけの世界に没頭できない。どこか第三者的目線で考えてしまう。

裏を返せば女の子の求めることは大体できてしまうわけだが自分気持ちがそれで盛り上がるわけではない。

そうして性行為が大して楽しくないと感じてしまい、ここ2年ほどはたとえ一緒に寝ようともキス以上のことをする気になれない。

世の男はいつも女を抱きたがり、多くの人は体の関係で結ばれている。多分ほとんど事実だ。女性もそれを求めていることが多いことも。

僕はそれがとてもめんどくさい。めんどくさいと感じているからこそあまり価値のあるものだとも思えない。

不貞行為に腹を立てる必要性を感じたこともないし、不特定多数との性的接触を穢らわしいと感じることもない。

ただその連関の中のどこにも自分が入っていないことには少しだけ孤独を感じる。

自分人間として、生物として劣等個体であるように思えてくる。

大学生ももうすぐ終わり、来年から新しい生活が始まると思う。新しい環境でも孤独以外の感情を感じないまま道化を演じ続けることになるのかな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん