「日記」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日記とは

2017-07-20

ソシャゲ日記

デレステ

Kawaii make MY day!】目標:20kpt

アタポンイベは2倍で効率的に消費できるからすき(作業感)。

・オルガル

機械亀大討伐 〜巨大ケーキで大騒ぎ!編〜】目標限界突破スキル

最近☆3はすぐくれるし☆2はLvスキルMAXだし何すればいいの。

・神プロ

【イクシオン降臨戦】目標幻獣SSR武器SRアサルト武器完凸

今気付いたけど手持ち武器の下位がひどい。SRもちゃんと取らねば。

ゼルダ日記 4日目

デスマウンテン登頂に失敗。

どうしても途中で体が燃え出す。

燃えず薬で無理やり進むしかないのだろうか?それとも他に行き方が?



しょうがないので始まりの大地から南側に進路を変更。

フロドラに出会ったりひたすら滝を登ったり、水中の宝箱をひたすら開けたり。

なんとかウオトリー村に到着。



しかフロドラはでかかった。びびった。巨大な生物はそれだけで圧倒される。



今日はウオトリー村近くの山に登って、何とかのコトウに飛ぶ予定。

しか・・・明日はもうイカが発売されるけど全然進んでないな。

イカ中心でやりたいけどゼルダも進めたい!時間が足りない!

BSドキュメンタリ面白い増田も見ようぜ

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/

増田ってよく社会問題政治に関する日記上げてるからきっと気に入ると思う

2017-07-19

匿名ダイアリーって本来Twitterが目指してた場所だよな

独り言を書いて、それが気になった人はフォローする

ここでいえば日記という独り言を書いて、気になったやつがブクマする

あーだこーだ言うやつはいるけどあくま一方通行書き手読み手が絡むことは無いに等しい

日記なんて名前ついてるけど大半が独り言ではなく、誰かに話しかけているような書き方ばかりでかまってちゃん多いけどほとんど反応無く流れていく

変身するにしても「横から失礼します」とかいう面倒くさい一言も要らない

これぞ自由、これぞ匿名ダイアリーって感じ

2017-07-18

ゼルダ日記 3日目

週末から連休ほとんどゲームができなかった!

それでも空いた時間で少しずつ進める。



今はアッカ研究所に到着して、シーカーレンジを起動させたところまで。

古代装備ほしいけどガーディアンに挑むのが怖いから素材が集まってない。

アッカ研究所前のガーディアンでも一回死んだ。



祠は思ったより見つかって、ハートの器が6つ、頑張りゲージがちょうど2週目いっぱいになった。

大妖精の泉も2つめが見つかったから今持ってるやつは2段階目まで強化。

しのび装備しか使ってないけど、強敵用に騎士装備を買いに戻ったほうがいいかなぁ。



今日はゴロンシティに向かうぞ!

2017-07-17

ソシャゲ日記

ガル

目標達成したので、あとは交換の切りのいいところまでバッジ集めたらQK。

これ以上の上を目指すためにはやはり☆4か。目指したい上がないけど。

[]7月16日

○朝食:牛丼サラダ、卵)

○昼食:なし

○夕食:ご飯、納豆(二つ)

○間食:ポップコーンあずきバー

調子

はややー、むきゅー、ちゃらちゃらんりゅー。

今日明日もお休みなので、今日こそ掃除した、さらに、散髪にも行ってスッキリ

いつもいく散髪屋さんは、シャンプーときにすごく気持ちいいブラシで頭を洗ってくれるんだけど、

気持ちいいのでもっとしてください」と勇気を出して行ったら、普段の3倍ぐらいしてくれて、気持ちよすぎてアヘ顔になってた。あのブラシ家にも欲しいなあ。

その後、レイトショーで毎年恒例のポケモン映画を見てきた。

この日記を書き始めてからだと、ディアンシーの頃からからディアンシーフーパボルケニオン、きみにきめたで4回目ですね。

感想は次の○で。

ポケモンきみにきめた

映画20周年を記念した作品

今まではテレビシリーズ旅の途中の一コマという作品だったんだけど、今年はテレビシリーズとは世界観を共有しない、オリジナル世界観

さすがに公開二日目なのでネタバレは抑えめに書きます

本題のストーリーは、とにかくよかった。

首藤剛志さんの名前が一部脚本みたいなクレジットで入っていたけど、1話リメイク部分だけじゃなくて、ネットでよく話題になる最終回ボツプロットとか、幻の映画第三作目のボツプロット意識したような展開もあったから、その辺を示唆しているのかなあ、とも思った。

とにかく、ポケモンというコンテンツの奥深さを感じさせられる作品でした。

こう、言い方が難しいんだけど、ポケモンってはっきり言ってなんでもできるんですよ。

名探偵ピカチュウみたいなミステリもできるし、

ポケダンみたいなポケモン同士の大スペクタタルな感動ストーリーもできるし、

コマスターに至ってはポケモン関係なくAIと人の関係性のお話だし、

本編だってサンムーンリーリエは、ポケモンと旅に出る前の親からの自立できない子供なんてテーマもやってる。

じゃあ、それら全部を包括して

ポケモンとは?」と聞かれた時に、何が答えになるんだろう。

そんなことをエンディングスタッフロールを見ながら考えていました。

もちろん、人それぞれ答えはあって、きみにきめたという映画がそれら全てを内包するわけじゃないんだけど、

漠然と思ったのが「終わらない旅」なのかなあ、と。

きみにきめたの作中でも、この「終わらない旅」を示唆する言葉がいくつかあって、

あるキャラがその終わらない旅に対して「同じことの繰り返しなのかも」と、ある種達観、ある種悲観、ある種憧れじみたことを言います

それにサトシは「でも行ってみなきゃわからないだろ」と返します。

最後スタッフロールが流れながら、色々と印象的なカットが続くのですが、

これらこそまさに、終わらない同じことの繰り返しの中にある、行ってみなきゃわからないことだったなあ、と一視聴者プレイヤーとして思うのです。

ただこの「終わらない旅」は

「「シナリオえーだば創作術」 首藤剛志第155回 人間の言うなりにならないポケモン

http://www.style.fm/as/05_column/shudo155.shtml

の中で脚本家首藤剛志さんが言っている

虚構世界で夢に酔いしれている、外見だけは大人で心はいつまでも子供、という人間

肯定ではない、とも思うんです。

終わらない旅は、決して、心はいつまでも子供でいいじゃない、という肯定メッセージではない。

ポケモン世界観に合わせると、

十歳の子供が旅に出てその旅が終わらないなら、まさに心はいつまでも子供なんじゃないか

と思われるのは、そうなんだけど、

そうなんだけど、自分意見は違っていて。

大人子供が1か0でハッキリ区切られて、

ある時二十歳になったときか、就職した時か、結婚した時か、子供が生まれた時か、

とにかくいつかある日何処かのタイミングスイッチが押されて、明確に子供大人になる。

なんてことは、決してなくて。

どこか子供っぽいところが誰しもあって、100パーセント大人なんて人はきっといないんだと思うんですよ。

から日中真面目に仕事をして、通勤時間帰宅してから寝るまでのわずかな時間だけでも、子供に戻る時間があって、

それがポケモンでもいいじゃないと。

「いやでも、昔の大人大人になったら子供の遊びはしなかった」

という意見もあると思います

だけれども、大人風俗に行く時心は大人なのか?

大人ゴルフに行く時心は大人なのか?

そういうことを、つらつらと考えてしまます

結局、ある程度年齢がいって、仕事もできている自分を、大人規定したいだけで、

明確に大人検定や大人点数を図ることができない以上、こんなのただの言いたいだけなんですよ。

確かに、ある種の夢オチじみた展開をもって、虚構否定現実に連れ戻すことも必要かもしれないけど、

実際のところ、そうやって子供時代大人時代を明確にスイッチできると考える方が、虚構的なんじゃないかなあ、と思ってしまう。

100%大人になって、ポケモンのことをあの楽しかった思い出の中にしまい込んでしまうのは勿体無いと思うんですよ。

結局、バランス問題で。

確かに、仕事もせず、三十歳近くになって親の金ポケモンをする人生を全肯定することはできないです。

(もちろん、全否定もできないです)

自分の中で、程よいバランスを保って、虚構ポケモンと付き合っていける、

ポケモンという終わらない旅を続けていける、

この「バランス感覚」こそが、ある意味大人なんじゃないかなあ。

そんなことを、つらつらとあてもなく考えてしまうぐらいには、いい作品でした。

アニポケアローラ編がまだまだ続くでしょうし、

ゲーム本編は秋に新作のUSUMが出るし、金銀のVCもありますし、

カードは新レギュレーション環境が動くでしょうし、

ポケスペはB2W2がまだ続いてはいものの、さすがにそろそろ終わりが見えてきたし、

ポッ拳スイッチ版でジュナイパー参戦だし、

ガオーレは、ダッシュになって、まあ評判は悪いものの続いているようですし、

ポケとるは、映画タイアップピカチュウ祭りがそろそろさすがに終わって、アローポケモン実装が進むでしょうし、

コマスターは、水曜日の大型アップデート一年越しにストーリーが進むと噂されてるし、

名探偵ピカチュウは、あれから一切音沙汰がないけど本編のスイッチ以降までにはなんとかなるかなあだし、

ポケモンGOは大型イベントが開催されるらしいですし、

はねろコイキングは、リーグの先のアップデートがあるらしいですし、

ポケダンアローラ追加の新作が出るかなあ、スイッチ向けかもなー、とかだし、

ポケランドはオープンベータだかオープンアルファだかでそこそこ好評だったみたいだから、僕も早くプレイしたいし、

とにかく、ポケモンという凄く広い作品群に、また一つ名作が生まれたと思います

映画館に行こう! 本編のゲームがあればマーシャドーもらえるし、ゲームがなくても、サトシピカチュウのガオーレディスクがもらえるよ! ガオーレはオススメしないけどね!

3DS

ポケモンSM

マーシャドー受け取りのために、カートリッジ版のサンムーンポケモンセンターまで進めた。

メインはDLサンもあるので、マーシャドーが三匹ももらえていい感じ。

はいえ、対戦はご無沙汰。

ポケモン熱は高いので、USUMで復帰しようかな。

いやこれ、ポケとるコマスター自分の中でケリがついてのがよくないんだよなあ。

なんかこう、うまいこと自分の中でキリのいい出来事を決めて、ばさっとプレイをやめた方がいい気がしてきた。

ポケとる

デイリー要素のみ。

iPhone

コマスター

ログボのみ。

FGO

水着イベント第1部をクリア

さらに、アサシンのスカサハ進化素材も全部入手。

これで残るは礼装とかアイテム系、礼装は同一礼装を重ねた方がいいのかな、この辺の機敏がまだよくわからないや。

スタミナ消費アイテムは、第二部にとっておこうかなあ。

あと、マシュの「時に煙る白亜の壁」のスキルレベル6にした。

ここ近年、エッセイ漫画が受けているようだ。

昔は西原理恵子さん、ファミ通世代なら桜玉吉さんぐらいしかその手の人はいなかったような気がするが、今ではあのkadokawaとかが専門サイトを公開するなどだ。

数年前にダーリンは外国人ってのが出てきてから、そういうのが多くなってきたような気がする。

テルマエロマエヤマザキマリさんも、テルマエを書く前は、イタリア人旦那家族を描いたエッセイ漫画を描いてたくらいだ。

挙句の果てには外国人のオーサイェークストロムさんが、日本での生活を描いたエッセイ漫画を描いているまでになった。

オタリーマンや猫のぽんた。挙句の果てには心療内科物までござれという状況だ。

私はそれまでは、特にエッセイ漫画についてこれといった思いはなかった。

しろ、作者たちの生活を見るといった点で、気軽に読めるという事で楽しめてもいた。

しかし、こうもエッセイ漫画が乱立してきて、何だか白ける感じになってきた。

私が見たいのはその作者たちが、どんな創造世界を見せてくれるかという事を考え始めてきた。

エッセイあくま現実ネタだ。西原さんはその現実体験がぶっ飛んでいるから、もうそスタンスで行くとこまで行ってくださいといった感じですし、玉吉さんは鬱を経験し、それを幽玄漫玉日記に出てくるような絵柄で創造世界を見せてくれた。ヤマザキマリさんは、旦那研究を基にテルマエロマエの考証などでこれもまた創造世界だ。

以上の3人は別格として、後発のエッセイ漫画は、どうもビジネスライクで描いているようにしか思えないのです。

特にそれで「自分オタクです」という作者に対しては、どうもモヤモヤした気分になります

オタクにも色々タイプがありますが、基本的には現実が大嫌いなのが多数派なのですよ。

そんな中で自分はこんな面白い体験幸せ体験しました!というのを見せ付けられても「はぁ左様ですか」としか言いようがありません。

まるでFacebookでどうでもよい投稿を見せ付けられたかのような、軽いめまいをしてしまます

特に外国人作家エッセイ漫画描くのは、何だか手堅い「投資対象一般層に対するビジネス臭いしか感じないのです。

もっとこう「ラヴィアン」みたいに、ワンピっぽいのでもいいか勝負に出たら「外国人作家も侮りがたし」ってなるのかもしれませんけどね。

漫画お金が絡むし、ビジネスではあるけれど、良い作品はその臭いを覆い隠すくらい面白い内容なのも事実と思っています

ヒットしているエッセイ漫画読むくらいなら、マイナー4コマ読んだほうがまだ面白いですね。今は。

2017-07-16

吐き出すところがあるっていいな。

ここに日記をかくのは今日がはじめて。

というか、ブログもしたことないし、ツイッターなどの有名どころのSNSはやってるけど、あまりプライベートなこととか書かない。

今まで、はてなダイアリー記事として読む事はあったけど、なんか書いてみようかなと思ったのははじめて。

誰にも言えないことがあるときは便利なのかもしれないなー。

どーでもいい感想でした。

はてな匿名ダイアリーってさぁ~

名前を隠して楽しく日記。ってコンセプトだけど、9割日記じゃないよね?

祖父はもうボケていて祖母が死んだと聞かされても「そうか」とぽつり言ったと、ただ防腐処理のために連れ出される祖母を見てよたよたと歩いて出てきた

叔父と母は「わかってないのかもしれない」と言ったが祖父ボケていなくても祖母が死んだら「そうか」の一言で済ませる気がしている

感情表現の下手な一族だ、祖父介護必要になってから「君と結婚してよかったな」とつぶやいたと祖母からいたことがある、結婚して50年初めて聞いたと

告別式明日かと祖父に聞かれた、葬儀に呼ぶ親戚の話にも時折口を挟んでくる、祖父は私が小学四年生とき自由研究宇宙についてをまるまる書いてくれた、私は清書もせずに提出した

祖母祖父を置いて亡くなる心配を昨日も、亡くなる間際までしていた

祖母毎日つけている日記は昨日の日付で、ノートをちょうど最後のページまで使い切って終わっていた

さすがにゲーム日記広報に期待して金出すやつなんておらんやろ

起床直後日記

昨晩は8時半とかに寝てしまった

やす

そして2時に起きた 

おおよそ6時間睡眠

ちと長い

目覚めは悪くない

酒の残った感覚は ほとんど絶無

2017-07-15

ソシャゲ日記

デレステ

目標達成したのでQK。

親愛度だけ上げてLv上げてないSRがまた増えてきた。

はてな匿名ダイアリーわかりにくすぎだろ

やっと日記を書くところまできた。

ちゃんと投稿できてるかもわからない

親の死を10年たってから自覚した

10年前、私が子供の頃に死んだ父のことについて、私はあまり泣かなかった。

嫌いなわけじゃなくて、むしろ大好きで、いつも父の部屋に遊びに行っていたぐらい。

でも死んだとき、なぜかあまり泣けなかった。

死んでしまったと言われたときも、葬式ときも、焼けた骨を見ても、頭では死んでしまったとわかっていたし、病気がちだったか覚悟はしていたし、自覚出来なかったのは、ただその日を生きるのに精いっぱいだったからかもしれない。

父がいなくなってから母への負担は増え、働きながら、片親で、成人前の子供たちを面倒みる余裕はなくなって。

兄妹はいつも喧嘩ばかりになって。

でもいつかそんな暗い毎日も過ぎて行って、兄妹も皆大人になって社会に出て。

末っ子だった私も社会人になった。

父の事を忘れていたわけじゃないけれど、思い出す事も減ってきて。

私は実家暮らしなのだけど、元父の部屋を譲ってもらえることになった。

一応、譲ってもらう前は母が寝室にしていたのだけど、あまり使わなくなったからと言って。

それで掃除をしたんだけど、父の日記が出てきた。

仕事日記で、私のまったく知らない父の様子が書かれているとともに、病気のことも少し書いてあって。

正直書いてある内容の半分もよくわからなかったんだけど、これを書いた人はもういないのだという実感がふつふつと湧いてきて、一人で、ボロボロと泣いてしまった。

もう10年も前のこと。忘れていることばかりだけど、覚えていることもあって。

なんだか急にとてもつらい。その人は死んでしまっても、いつか記憶から少しずつ消えてしまっても、やっぱり生きていた跡が確かにあるということが、とてもつらい。

2017-07-14

増田が何年やってんのか知らないけど

過去日記検索すらまともに出来ないってなんなの?

なに?はてなキーワードって?ふざけてるの?

ブス日記

役満ブス】ブス度★★★★

ブス・バカ・うるさいと三拍子揃ったブス。全てのパラメータがずば抜けている。が毎日教室で会うのでレア度は1。

役満ブスの子分】ブス度★★★

こちらはブス・デブデュエットを奏でているが、隣にいる役満ブスのおかげで対比的にブス度が下がる。

ビューティーコロシアムブス】ブス度★★★★★

ビューティーコロシアムで見たことがあるような顔をしている。今まで見た同年代らしき女性の中で今までで一番ブス。この時代には珍しいブス一本で勝負するブス。Best of ブスin japanの呼び声が高い。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん