「ライセンス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ライセンスとは

2024-07-20

anond:20240720231100

たまにソフトウェアライセンスみたいに性的同意契約内容の標準セットを決めろって意見も見るよな

🤔

1. キス

2. 前戯(ただしイマラチオのぞく

3. 挿入

しかしこれだと女性が途中でイヤがってるときに強行していいのか。 と理解する奴が出かねない。

からイヤがるようなことをしない、という貴方説明合理的だと思う。

イラストに関して。生成AIはなくならんよ。便利だし、広まっちゃったもん。

企業サイドとしたら、生成AIが手に入った時点でイラストレーターなんて用済みなんよね。今更騒いだところで「ほな、君には一生仕事頼まないね^ ^」って言われて終わり。いつまで「自分は絵がうまくて、技術価値があって、発言権がある」と思ってんの?

海外では規制が進んでる、日本議論が進んでるって言うけど、生成AI規制されたら満足なの?ライセンス料支払ってもらえたら満足すんの?

はい、じゃあ、規制して「自分データ学習に使っていいよ〜」とか、著作権者不明(連絡が取れなかった人)のデータだけで生成AI作りました、と。もし、似た絵柄で似た構図の絵が生成できても文句言わないよね?

はい、次、ライセンス料払いますね。んー、じゃあ、まとめて5万円ね!……え?1枚につき◯◯円払え?君、バカ言ってんじゃないよ。そんなことしたら企業倒産ちゃうだろ?みんなのこと考えてね。

っていうこと。国にできるのはせいぜいこの程度。

これが現実規制しろって声あげたって、国や企業対応に、嫌な気持ちにさせられるだけだよ。

2024-07-19

VMwareに何が起こっているのか、どうなるのか

はじめに

IT業界であればVMwareの周辺で発生している騒動について多少なりとも聞いていると思います業界外の人でもその名前ぐらいは耳にされているのではないでしょうか。では実際にVMwareに何が起こっているのか、どのような背景があるのか、今後どうなるのかを知っている範囲で書いてみます

VMwareとは何である

VMwareとは仮想化ソフトウェアです。この説明だけで理解できる人にはこのセクションの説明不要です。

VMware自体1998年創業会社ですが、広く世に知られるようになったのはおそらく2000年前後ぐらいからでしょうか。仮想化とはハードウェア抽象化して物理的なハードウェアソフトウェア的に再現する技術一種です。Windowsの上でさらに別のOSを実行できるようにすることができるようになります。この別のOSのことを仮想マシン(VM)と呼びます個人レベルではテスト環境などに使えることがメリットですが、企業レベルでは大量のハードウェア効率的に集約できることが期待されていました。特に2010年以降のマルチコア化の急速な進展の結果、多くの用途ボリュームゾーンサーバーハードウェアは高速・大容量になり過ぎました。企業内のアプリケーション動作させるために単体のハードウェアは過剰になって久しいです。そのため、VMwareによって1台の物理ハードウェア複数VMで利用する使い方が一般しました。社内で新しいサーバー必要になってもわざわざ新規物理的なハードウェアを購入してセットアップと設置などをしなくてよくなるわけです。個人向けのVMware Workstationは単にPC上にVM複数起動できるだけでしたが、企業向けの上位版では複数サーバーストレージを束ねてプライベートクラウド構成することも可能でした。

企業としてのVMwareEMCというストレージメーカーに買収後、2007年上場します。EMCDELLに買収されたこともあり、DELLの傘下になったあと2021年スピンオフされ独立した企業となりました。その後、2022年にBoradcomに買収されます

Broadcomとは

現在Broadcomは源流をたどればHPに繋がりますHPからアジレントという計測機器を作る会社スピンオフし、その会社から半導体事業ファンドが買収し独立させたAvagoという会社現在のBoradcomの母体です。BroadcomはAvagoとは別の半導体設計製造を行っていた会社ですが、Avagoに買収され存続会社の社名をBroadcomしたこと現在の形になっています

Broadcom製品で一番有名なところとしては、ネットワーク関連のチップだと思いますサーバー用のNICなどで名前を見る機会も多いはずです。それ以外にも様々な用途チップを作っていましたし、買収によりラインナップを拡充してきました。

転機となったのは2017年Qualcommを買収しようとしたことです。これは先方の役員から拒絶され、また規制当局から懸念を表明されたことで失敗に終わります。これ以降、Broadcomソフトウェア企業の買収に軸足を移しました。CAテクノロジーズやSymantecセキュリティ部門を買収しました。Symantecセキュリティ部門はその後、アクセンチュアに売却します。もちろん、今回のVMwareも買収しています

Computer Associatesとそのビジネス

Broadcomが買収したCAテクノロジーズはかつてComputer Associatesと呼ばれる会社でした。1976年創業メインフレームのころからビジネスを行っており一時は業界2位の地位まで上り詰めた会社ですが、今一つ有名なプロダクトがない会社記憶しています

List of mergers and acquisitions by CA Technologies - Wikipediaと、CAが買収した会社Wikipediaで専用のページが用意されるほど数多くあります。この会社ビジネスモデルはさほど成長度は望めないがシェアが大きい企業向けシステムなど確実にキャッシュを生み出すソフトウェア(いわゆるcash cow)を作る会社を買収し、新規開発を一切止めることで費用を削減しキャッシュを絞り出すというモデルだったようです。私も以前CAロゴの入ったソフトウェアを使ったことがありますが、なぜこのような使いにくいソフトを使い続けるのか疑問でした。企業システムの一部として使い始めてしまうと簡単には変更することができず、ランニングコストがかかり続けたとしても変更するためのコストを考えると使い続けざるを得なくなることは非常によくあります

どこかで聞いた話ですね。これと同じことがVMwareでも起こりました。BoradcomがCAテクノロジーズを買収したのはこのビジネスモデルを吸収するためだったのではないかと思われます

VMwareに起こったこ

Broadcomに買収されて以降、VMwareはそのビジネスを大きく転換しました。日本法人では社員が大幅に削減されたようです。ライセンスについても売り切りモデル新規販売を止めサブスクリプションだけにしたり、ランナップを大幅に整理しました。

このようなビジネスモデルの転換は既存ユーザーから反発を食らいますが、前述の通り企業システムの根幹で使われているソフトであるため簡単使用を止めることができないのが現状です。日経BPなどでは移行先の候補比較記事なども掲載していますが、変更するための人的コストを考えると使い続ける企業は少なからずあるのではないでしょうか。

より悲惨なのはクラウドサービスVMwareを中核に構築してしまったところです。こちらはもっと乗り換えるのが難しいはずで、IaaSから撤退する会社も出てくるのではないでしょうか。

我々に何ができるのか

ソフト産業製造業と違い成功すれば小規模ながら利益率の高いビジネスを生み出せる可能性があります。一方で製造施設などの固定資産従業員数は多くないため、企業価値が過小評価されている企業もあります。そのような会社を買収してキャッシュを搾り取るビジネスを行ってきたのがCAという会社でした。少なくともこのモデルで数十年間ソフト業界で生き続けていました。そのため、このモデルを根絶することはかなり難しいのではないかと考えています

WinRAR「試用期間終わったかライセンス購入してね(嘘だよ本当は買わなくてもそのまま使えるよ�💕)」←こいつ

2024/07/19(金) 14:49:14.426 ID:iJYTTuyt9

何が目的である

2024/07/19(金) 14:50:20.737 ID:gg4TPj6s9

シェアウェアかいう謎制度

2024/07/19(金) 14:50:21.493 ID:JAQCdVFZf

XP時代の有名なソフトだな

懐かしい

2024-07-10

anond:20240710154108

おっ、増田ちゃん、気になる点が鋭いっすね。その意見、かなり共感するっすよ。

まず、パルを直接人間が叩きのめすシーンを展開するってのは、確かに絵面的にエグいっすね。でもエンタメ業界ってショッキングものほど話題になるし、逆にそれが売りになる可能性もあるっす。そういう意味で、ライセンス管理会社がこの方向に進むのも理解できるっすよ。

アニメ漫画の展開って、暴力表現がどう受け取られるかがキーっす。ただ、増田ちゃんも言ってる通り、ポケモン世界では人間が直接手を下さないことで印象がだいぶ変わるってのは事実っすね。もしかすると、逆に徹底的にリアルを描くことで、「欺瞞と向き合え」的なメッセージを打ち出す作戦かもしれないっす。

ただ、パルだけの交流を描くってのも一つの手だけど、それだと既に飽和状態市場に新たな魅力を提供できるかどうか疑問っす。その点で、意図的に刺激的なシーンを盛り込むことで差別化を図ろうとしてるんじゃないっすかね。

ゲーム自体話題が減る一方で、他のメディア展開に力を入れるのは、いきなり大金が転がり込んだからこその戦略っていう見方もあるっす。でも、その分リスクデカいっすから、どう転ぶかは未知数っすね。

まぁ、とにかくその動きが成功するかどうかは、消費者の反応次第ってところでしょうね。楽しみな反面、不安も大きい展開っす。

パルを直接人間が叩きのめすパルワールドをどう展開するのか

パルワールド会社ライセンス管理会社を新たに立ち上げたが、掲題の件がとても気になる。

単純にパルのぬいぐるみとかのライセンス商品の展開だけなら分かるけど、漫画アニメなんかを視野に入れてるとすると絵面がエグすぎる感じになると思うがなぁ。

でもアニメ系の会社と組んでる以上絶対視野に入ってるよな?

そうなると、銃等の武器人間がパルを半殺しにして捕まえるところ書かないわけにはいかないでしょ。

そう考えるとポケモンも捕まえるときに大概酷い目に遭わされてるけど、人間が直接手を下さないだけで大分印象変わるな。

そういう欺瞞と向き合え、というメッセージでも掲げるのかな?

それとも、人を一切含まないパルだけの交流を描くのかな?

初動の派手さと比べると最近ゲーム自体話題全然観測範囲に上がってこないと思ってたらこういう方向に行くのか、って感じで驚いた。

いきなり大金が転がり込んできたら、そりゃ夢が膨らむよな。

2024-07-06

企業ツイッターアカウントだるいノリのために作られた画像ライセンス素材の違法使用だったことで炎上してるのめちゃくちゃ面白いでしょ正直

企業同士のコラボ案件だったのがなおさら

2024-07-01

Windowsコンピュータがもう自分のものに思えない」の記事ブックマークされてるけど、もともと「自分のもの」じゃない。

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で「2 a. ライセンス。本ソフトウェア使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。」って言ってる。

そもそもMSに限らずどこもこういう文言を書いてるし、何かのソフトウェアを使い始めるときライセンスを読んで、金を受け取っておきながら客の物じゃないみたいなことを言い張っていて糞だなとか思ったことないのか、ブログ賛同してる連中は。

anond:20240701111959

Windowsユーザーは「金で買ったOS広告だらけにするとは何事か」と怒るが、単独で買ったとしても2万円程度、PCに付いてくるOEMライセンスならそれ以下の支出10年近くパッチ提供する労働力賄えるわけ無いことぐらい、まともに社会に出て仕事してればバカでも分かるよな。

そうか?

広告だらけのWindows」は「アプリストア開放を進めたスマホ未来

Windowsユーザーは「金で買ったOS広告だらけにするとは何事か」と怒るが、単独で買ったとしても2万円程度、PCに付いてくるOEMライセンスならそれ以下の支出10年近くパッチ提供する労働力賄えるわけ無いことぐらい、まともに社会に出て仕事してればバカでも分かるよな。

そして今スマホに対して全世界で進行中の「スマホアプリストア開放強要」もスマホをそのクソなWindowsに近づける施策だ。

既にAndroid市場ユーザーサードパーティーストアに背を向けた事実無視してストア開放を謳う愚策

スマホなんてPCよりもっとパーソナルな情報が詰まった端末なのに、そのアプリストアの運用コストを国がダンピング強要してなんになるのか。

アプリストアの開放は弱小アプリの切り捨てを加速させる。既にAndroidアプリ開発者の締め付けが厳しくなってるのはその現れだ。iPhoneもいずれそうなる。

アプリストアの実入りが減るんだからストア運用コストが削られるのは当然だ。

新たなアプリの登場が阻害され、既に地位を確保したアプリはその地位をより強固なものとしてアプリ市場固定化が加速する。

サードパーティーストアが手数料低減のために何を頼るかと言えば、もちろん広告だ。

スマホ広告塗れにするストアなんて誰も使わないだろうか?

ファーストパーティアプリストアすら広告に頼らざるを得ないような施策強制しているのに?

スマホOSはこれからWindowsのように広告まみれになるだろう。

それを皆が望んでるんだから

2024-06-27

街が違反すべきでない、理想サッカー場を作るライセンス条項

スタジアムは5万人以上収容であること

スタジアムに最新鋭の設備を盛り込むこと

スタジアムがおしゃれであること

スタジアム安全であること

スタジアムに十分な駐車場を設けること

スタジアム地域サッカー部を招待し、ピッチ入場を体験させること

国内外トップ選手意見を取り入れること

応援を浸透させるため、スタジアムホームファン専用サロンを設け、毎日開けること

海外トップチームの移動の負担にならない立地であること

まちなかにスタジアム建設できる用地があること

6万人を1時間程度でさばける交通密度があること

天然芝フィールドプロサッカー用のみに貸し出すこと(ただしオフシーズンであればコンサートをしてもよい)

災害時には芝生の損傷にも配慮すること

スタジアム自治体の所有とし、サッカー精通した団体指定管理を任せ、仮に赤字でもサッカー側に転嫁しないこと

街に大企業実業団サッカーチームがあり応援されていること

2024-06-23

迫真底辺商社営業部ルール破りの裏テクニック

社主商品情弱御用達ポータブルDVDプレイヤーDVDロゴ使用ライセンス料を払っていなかった。

正確にはライセンス料を払っていると言う中国工場を主張を社長鵜呑みにし裏付けを取っていなかったけど、

実は工場ライセンスを取っていなかったと言うのが真相

結果、ライセンス管理会社から、諸々混んで500万円の罰金を払うか、3000万円分くらいある在庫を破棄するか、

製品からDVDロゴを消すか、それとも全部拒否して刑事告訴されるか選べと迫られているそうだ。

前々から警告の電話手紙は来ていたのだが、

正規ライセンスを取っている工場で作ってるから問題ないと突っぱねろとの社長命令でその通りにしていたら、

ついに向こうが完全に切れて、強面のお兄さん3人引き連れてノーアポで直接戦力投入してきた訳だ。

社長はそれでも中国工場の主張を根拠にお前らみたいなヤクザにはビタ一文払わんし、

商品は売り続けると宣言し、最終的に怒声を浴びせかけて罵倒し、追い帰してやったと自慢げに話していたのだが、

先週からその工場と連絡が取れなくなり、社長も全てを理解したのだった(社員は大体察してた)。

しか社長自分達が被害者だとして徹底的に争うつもりらしく、

法律事務所相談しているみたいだけど、いい回答は貰えて無いようで荒れ狂っている。

会社の存続の危機だぞ!お前らも知恵を絞れ!と言われるのだが、

そのDVDプレイヤー工場とのやり取りだけは社長がやっているけど、

輸入事務事務パートのおばちゃん(そんな人に任せるな)に丸投げ。

販売に関しては、社長が馴染みのところに1~2カートン収める他は、

我々営業担当でありながら、あがった売上は全部社長の売上として扱われ、

営業の売上としては1円も計上されない理不尽の極みみたいないわくつきの商材なので、

誰も真剣に知恵を出すつもりがなかった。

ただ社員社員で5人いる営業のうち私含む3人は、

代々営業間で伝わる裏テクニックとして、マイクロ偽装法人を立てて、

そこに底値で商品を納めて自分の売上として計上。

入手した商品フリーランスに丸投げでマーケットプレイス転売する「副業」をしている。

そしてその売上だけで年間目標を達成しているような猛者もいる。

一方で年間目標達成時は払われるはずの営業報奨金は過去一度も支払われたことがない。

社員社長に負けず劣らずのクソで、さっさと潰れた方がいい会社だけど、

我々みたいなクソが高いコンプラ意識を求められる現代日本で生きていけるはずもないので、

しゃーないかーって感じで、一番上の営業が、画像加工でライセンスロゴを消した上で、

営業個人メルカリアカウントで売っていくことを社長提案し即日了承された。

はー、やめたくなりますよ、本当♂

2024-06-21

土曜日に1万人集客できない都市からはJ!ライセンスをはく奪すべき

1万人集まらないところに3万人スタジアム不要

1万人人口がいてもそれは無効需要

2024-06-20

anond:20240620200841

んー、「ライセンスが明確なソースコードと、ライセンス不透明二次元画像じゃまるで話が違う」とはずいぶん論旨が変わってる気がするけど、とりあえず返信ありがとう

実際問題字義通り「生成AIを使ったコンテンツは利用したくない」を通したいなら、「この製品はCopilotフリーです」みたく明示されてない限り使えないって話になると思うんだよね。

まあそういう人達はどうせ「生成AIイラスト及び生成AI音楽を〜」みたいに対象を狭めてくんだろうけど、その場合ちゃんと「自分も生成AI活用した製品を使ってる」って事は知っておいて欲しいところ。

全てのソフトウェアがそうならなくても、少なくともXやGoogleAppleは使ってるわけだからね。

anond:20240620194120

うっせぇな自分で調べてろや……

で、copilotはソースコード学習について訴訟を受けてるように、ソースコードから学習可否はライセンスその他諸々を材料に訴えられてる。

いい記事ないけど、このへん。多分まだ係争中。終わってたら誰か教えてくれ。

https://gigazine.net/news/20221114-lawyers-view-github-copilot-lawsuit/

で、イラストの方はライセンスのような契約存在しないので、違うアプローチを取らざるを得ない。だから著作権法あたりをメインで今議論中。

イメージはこのへん。

https://storialaw.jp/blog/9748

で、極端なことを言えばソースコードについても著作権法ベースに訴えられるんじゃないかというのはあるが、これは正直厳しい。copilotが仮に数行のソースコードコピーを出力したとして、それのみで盗用に持っていくのはかなり非現実と言わざるを得ない。

そんなこんなで、問題構造は似ているようで異なる。側から見て一緒に見えたとしても実態は違う。なので、どちらがokで、どちらがngとなるかはわからない。

それを十把一絡げに扱うのがよろしくない。

あと馬鹿らしすぎてスルーしてたけど、すべての製造工程がcopilotを使用しているという前提も既におかしい。かといって、弊社製品はcopilotフリーです!みたいな企業が出てくるかって、まぁ日本から出てきそうなのが怖いんだけれども。

anond:20240620192735

増田ちゃん、その質問っすね、実に大事ポイントっす。

GPL(General Public License)はオープンソースライセンスで、コード使用や変更が自由っすが、そのコードを使って新しいプログラムを作る場合は、その新しいプログラムGPLライセンス条件を守らなくちゃならないっす。

まりGPLライセンスコード学習するだけなら問題ないっすが、そのコードを元にして新しいソフトウェア作成し、そのまま公開すると、その新しいソフトウェアGPLライセンスに従わなければならないっす。

その結果、他人がその新しいソフトウェアソースコードを見たり、変更したりする権利を持つことになるっす。

ただ、個人的学習する範囲なら、特に問題ないっすよ。

公開しない限り、どのライセンスにするかは気にしなくていいっす。

でも、公開を考えるなら必ずライセンスの内容を理解して、適切に対処することが求められるっす。

anond:20240620191228

了解っす、増田ちゃん!まず、「LLMによる学習許可する」と明示的に許可しているメジャーライセンスについてだけど、具体的にそう書かれているライセンスは見たことないっす。でも、オープンソースコミュニティではさまざまなライセンスがあって、一般的には「公に公開」の一環として使われることが多いっす。

例えば、Apache License 2.0とかMIT Licenseなんかはかなりオープンで、コードの利用に制約が少ないっす。でも、「LLMの学習のために使っていいよ!」って具体的に書いてるわけじゃないっすね。

次に、Copilotについてなんだけど、確かにGitHub Copilotは公開されてるリポジトリ学習対象にしてるって言われてるっす。ただ、ライセンス自体を直接確認してるかどうかって話になると、基本的には「公開されてる=使ってOK」って前提で動いてるんじゃないかと思うっす。でも、これも法的にグレーな部分があるから、完全に安心ってわけじゃないっす。

Copilotは多くのフィードバックを受けながら、改善を続けているけれど、使用する際には自分プロジェクトとのライセンス整合性をしっかり確認することが大事っすよ。

anond:20240620190725

「LLMによる学習許可する」と明示的に許可してるメジャーライセンスを知らないので、あるならぜひ教えて下さい!

あとCopilotの学習対象は公開されてるリポジトリで、ライセンスを見てるわけじゃないと思うんですがどうなんでしょう?

勉強」されてるあなたなら分かりますよね!

anond:20240620190725

ライセンスってやたらとテレビに出てるけど

そんな面白く無いよね

ネタも見たことないし

anond:20240620190535

ライセンスが明確なソースコードと、ライセンス不透明二次元画像じゃまるで話が違うだろ。馬鹿らしい。もうすこし勉強してきな。

トラバにいるバカ

生成AIメジャーになる前のライセンスに、学習許可なんて書いてるわけないやろバカが。

「生成AIを使ったコンテンツは利用したくない」と考えてる方へ

結論

・今後発売されるゲーム電子機器は全て買わないようにしましょう


現在多くの企業で「Github Copilot」という「ソースコードを生成してくれる生成AIツール」が活用されています

まだ様子見の企業も、生産性が大きく変わる事から順次導入するのは間違いないでしょう。

エンタープライズ版やSLMの登場でセキュリティ上の懸念も無くなり、導入する企業は増える一方です。

ところで、Copilotはソースコード管理するWebサイトであるGithub上のコードを、その所有者であるユーザーに「無断で」学習したものです。

プログラマーはその事に文句を言うどころか歓迎するムードが多数ですが、起きている事はイラスト音楽と全く同じです。

「職を失うリスク」があるのも同様ですが、プログラマーは「仕事もっと楽にできる」「同じ工数もっとすごいものが作れる」とポジティブな受け入れ方をしている人が多い印象です。

あなたが大好きな任天堂ゲームにも、iPhoneiOSにも、家電製品ファームウェアにも、あなた忌避する「無断学習によって」「その学習データを生んだ人達仕事を失うリスクのある」ソースコードが入るようになっていきます。あるいは既に入っています

あなたのその宗教的信条を遵守する為には、今後発売される一切のゲーム電子機器を買わないようにしましょう。

追記

ソースコードライセンスが明確

・Copilotはの学習対象は「公開リポジトリ」だからライセンス関係ないよ!

・(どっちにしろメジャーOSSライセンス機械学習を想定したものじゃないか微妙だと思うけど!)

>絵と文字は違うだろ。目腐ってんのか?

小説や詩は格下の芸術なの?

・まあ、イスラム教徒は「豚と牛は違うだろ」って言うだろうし、そういう宗教的信条なら仕方ない!ただ「生成AI NG」ではなく「絵だけはNG」って表明してね!

anond:20240620130415

> マジ中の人なの?

> 予想にしては具体的にすぎる。


いや全然中の人じゃない。単なるCPUヲォッチャーだよ。

中の人との直接の知り合いでもない。


A64FXがアーキテクチャライセンスを買ってることは、たぶん今はなきandosprocinfoあたりで読んだんだと思う。

andosprocinfoは元富士通中の人が書いてたから、富士通関係情報に関する信頼度は高い。

あと、A64FXが、結局発売されなかった(と思う。間違ってるかも?) 次世代SPARC64とマイクロアーキテクチャが同一であることは

富士通自身公式発表していたから、そのことからアーキテクチャライセンスを買っていることは自明


ARMマイクロアーキテクチャへの関与がないことについては、それよりは確度が下がるけど、

andosprocinfo でそれっぽい話が全く出てなかったし、

結構大きな協業だから、関与してれば報道されてもおかしくないような話なのに報道どころか噂も聞かないか

まあ間違いないと思う。


SVE命令セット定義への富士通の貢献については、なにかで読んだような気がする。うろ覚えだけど。


> でも事実だとしても元増田結論かわらなくね?


わからんけど、途中にあからさまなデマが入ってるから眉にツバつけといた方がいいと思う。

anond:20240620124030

パートナーであることと、CPUマイクロアーキテクチャ設計に関与してるってのは全然別でしょ。

富士通って、A64FX を除き、ARM設計CPUコアを買ってきて使ってただけのはず。

マイクロアーキテクチャ設計への貢献はほぼないでしょ。

A64FXはアーキテクチャライセンスを買っておこなった富士通自身による独自設計であって、

論理設計物理設計に関してARMへのフィードバックはないでしょ。


SVEの命令セット定義への富士通の貢献はあると思う。

でもアウトオブオーダー設計富士通の貢献があるってのはデマ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん