「ギャグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャグとは

2017-11-19

つまんない奴だな・・ってそれはあんただろ

まらないやつ、ノリが悪いといいながらそもそもその原因は言っている方にある事。ゲームの話ですが、現実でもこういうタイプっている気がします。

始めからまらない話を振っておきながら、人のせいにするなと言いたい。

フィクションですが例を紹介します。

セガゲームス 龍が如く0より

佐川武闘派と呼ばれる嶋野が、何でそんなに

   回りくどいことをしているのか・・・・・・

   奴の目的は、一体なんだろうな。」

真島「さあ・・・・・・俺が聞きたいくらいや。」

佐川「フッ。案外理由は単純で、ただ単にお前のケツの味が

   忘れられないだけなのかもしれねえなぁ。」

(無言で酒を飲む真島)

佐川「なんだよ、つまんねえ奴だな。

   ・・・・・・そうだ、ひとつお前に聞いてみたかったんだ。」

二人の飲み会の席だから下ネタを言ったのかもしれませんが、つまらない話を振ったのは佐川なのですが、佐川は真島に対してつまんねえ奴だななどと言っています

しかし、下ネタの通じない相手下ネタをふったり、ギャグが通じない相手ギャグを言っている時点で、そこがもう駄目ですよね。それに気づけない佐川コミュ力がありません。

作品中、佐川は真島にとっての嫌な人として描かれているので、想像ですが、この場面一つとっても、付き合いにくい・コミュニケーションを取りにくい相手としての佐川を描いたのかもしれません。

これはゲームですが、現実ではこのようなタイプ迷惑です。

(俺は佐川みたいなタイプと関わりたくない。)

2017-11-17

anond:20171117100814

パソコン事業売却の方針を固めた事実はない(売却しないとは言ってない)

いや、ギャグでもなく普通にそう読む文章ねこ

2017-11-15

いっつも事件を肴にしょーもないこと語ってるはてなークズに餌を与えるなって吠えてるの寒いギャグしか見えないしやめてほしい

どうしてつまらないのか分からない(追記しました)

放送中の某松アニメ2期。

いろいろ言われているが、私はつまらないと感じている。

1期はとてもおもしろく、2期の放映開始を楽しみにしていた。

まらないと感じる原因(考察)

・1期と2期の間に面白いと思えるツボが変わった。

・(ツイッターなどで調べると、2期はどうやら「くん」を意識して作られているらしく)「くん」の時のギャグ雰囲気に私がついていけてない。

・別のアニメにハマって、松に集中できなくなった。

2次創作を読みすぎて、自分の中のキャラクター像とアニメキャラクター像がズレた。

(1期最終話も少し面白くないと感じていた。

野球マンを見た時も「?」と思ったし照英が出て来た時も「?」と思った。「スベってる??」と思った。「ボエバー」というセリフ、1回目に聞いた時は面白かったが2期でもう一度同じセリフが出てきたときは「つまらない」と思ってしまった。)

(2期を見ていると、セリフストーリーなど、随所で「腐に媚びてるのかな??」と思ってしまう)

まあつまらないのなら見なければいい、と思うのだが、一期であれほど夢中になりDVDも全巻揃え始発の電車に乗り列に並びグッズを買い漁るほどハマっていたアニメに対して、こんなにも冷めてしまった理由が知りたい。

いろいろと考えているが、納得はする理由にたどり着けていない。どれも腑に落ちないというか…。

ED曲は有名人を起用しすぎて、お互いの良さを打ち消しあってる?と思ったし、OPも、1期のが好きかな…。

まらないと思うけど嫌いになったわけではないのでこれからも毎週見ます

■追記

たくさんのコメントトラバありがとうございます

またアニメをつまらないと言って、不快な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。

「つまらない」というのはネガティブ意見ですが誰かに共感してもらいたく、しかツイッターブログなどには書きづらく、匿名であればいいか、という気持ち投稿してしまいました。

・いろいろと考えてみて、自分自身が変わり熱が冷めてしまったのかなぁと思います

感想言語化できていないのにグダグダと長文を書いてしまってすみませんでした。

合コンの回は1期のような勢いがあって面白かったです!

FGOやYOIは視聴していないのでよく分かりません。

(あと本文とは直接関係ないのですが、私は腐女子ではありません。)

ED曲について、ROOTS66というグループがあるのは知りませんでした。勉強不足でした。すみません

これからちょっと距離を置いて視聴してみようと思います

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

2017-11-14

anond:20171114103644

民主党政権時代の財相のクソさについてもはっきり言えるな

たびたび介入した直後に逆のことを喋るあのアホは生物学的に死んで欲しいレベル無能

民主党政権時代外交のクソさについてははっきり言えるな

鳩山ギャグっぽくなってて得してるけどとんでもない奴だったし菅も酷かった

彼等の執政時代にこそ中韓はいきり立ち嵩にかかってきたことを覚えておくべき

anond:20171026210220

揚げ足を取るというのは、

相手の取るに足らない言い間違いをさも重要なことのように得意げに指摘すること」

だと思うから増田の使い方は間違ってるはず。

なお「上げ足」じゃなくて「揚げ足」

はっ!これはもしや揚げ足取りトラバを誘い込んで初めて完成される高次的なギャグ!?

2017-11-12

anond:20171112212413

吉本新喜劇池乃めだか師匠ギャグが参考になるかも?

喧嘩ボコボコにやられた後、「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ」(この後、めだかボコボコにしていたチンピラ達が全員一斉にズッコケる)

自慢話をやっちまった後はそれを笑いに変えればOK(もうその時点で恥をかいてるので後に引きずる必要なし)

2017-11-11

滅べ強姦大国

AVほんとレイプ物多すぎ。

そのジャンル自体否定しないけど(好きではないけど)、レイプ物をうたってないAVでもレイプに準ずる表現しょっちゅう出てくるのほんとに萎える。

「え? ゴムつけてないの?」

「中はだめ」

「外に出すって言ったのに」

よくあるこのへんのセリフが出てきた時点でレイプと変わんないから!!

女優さんが笑いながら言ってても結局逆らえないシチュエーションなことが多いしほんとに萎える。

生なら生で、中出しなら中出しで、それは別にいい。むしろ顔射ダッシュがギャグに見えてどうしても苦手だから中出しAVの方が好きだし。

でも無理矢理の中出しなら、合意取らないタイプのやつですってジャケットに書いといて……買わないから……

そういうの気にしないかしろ好きな人多数派からこその現状なんだろうけど、そんなクズばっかの現状を思うと溢れ出た性欲も消え失せるわ。

2017-11-10

anond:20171110155924

さいがどうもだけど水龍敬なんて特にそもそもそういうことを期待するジャンルじゃなくない?

女の人格がどうこうとかそもそも描こうとしてないじゃん

エクストリームセックスというかスポーツギャグとしてのセックス


女の人格を描こうとしてる気配がありながらズレてるとか酷いっていうのは腹立つのわかるけど、水龍敬はそんな気配微塵もないっつーか

しろ陰惨なレイプマン作家とかのほうがまだ女の人格に興味有るかも

日本お笑いが苦手になってしまった

映画ドラマなどでも、あからさまにギャグなんだろうって場面でも、笑えない

からさまに笑わせようとする演出や大げさすぎる役者の演技が苦手

道化を演じてる役者をみんなで笑いものにするって感じがいや

漫才でもボケ役のような人物は実際にいるし、そういう人に悪意はないんだし、笑いものにするのはなんかひどい気がする

昔は笑えてたのに、最近はそういうのは、みんなで陰口たたいていじめてるのと同じ居心地の悪さを感じる

みんななんでああいうの好きなんだろう

2017-11-09

10年目夫婦円満理由

世間結婚10年目と言えば関係の冷え込み、浮気などといった悪い印象がチラホラと浮かぶが、同じ交際&結婚10年目に入った俺たち夫妻はかなり円満夫婦だと周りに言われる。

しかによく考えれば毎朝気合いの入った弁当を作ってくれるし、1日3回はキスをするし、毎晩子供と一緒3人で寝ているし、記念日にはプチ旅行に行く。

1人娘は今年5歳だが順調に成長していっている。

そもそも俺達が出会ったのは俺が大学3年生のときだった。

当時とにかく彼女が欲しかった俺は、合コンの話があれば飛びついて行っていた。

しかしもともと口がいいほうでもなく、顔もいい方ではない俺は当然のように彼女を作ることができなかった。

ある日、実家ゴロゴロしていると母親

「幼馴染の○○って子知ってる?あんたに会いたいらしいわよ〜」

と言った。

典型的結婚しとけアピールだが、女性に飢えていた俺はそれに飛びついた。

彼女は俺の1歳年下の社会人で、小さい頃に俺とよく遊んでいたらしい(正直俺は覚えていない)。

最初メールからだったが、メールを続けるうちにやがて趣味なども合うことがよくわかってきて、ついにはリアルで会うことになった。

待ち合わせ場所に現れたのは身長149cmの小柄な女性だった。顔は綺麗系と言うよりは可愛い系で、笑うとえくぼできるのが可愛い、ということが印象に残った。

自身身長180cm近くあるので合っているのか少し不安だったが、話して喋ってるうちに「ああ、この人は最高の女性だな」と感じた。

彼女性格一言で言うのは難しい。ただ人の悪口を言わず、いつも笑顔で厳しいことはちゃんと言う女性だと言っておこう。

何度も会ううちにトントン拍子で交際スタートしすっかり彼女と恋仲になった。

ただ、一つ彼女には問題があった。それは強烈な「M性」ということである

あれは2回目か3回目のデートときだったと思う。彼女ホテルに連れ込んでセックスしていたとき彼女がこう言った。

「首を絞めて……」

俺は度肝を抜かれた。女性の首を絞めたことなんてないし、力加減もわからないので最初拒否したが、彼女必死に頼むのですることにした。

最初はそっと手を添える程度だったが足りないというので強く、強く。

顔が紫色になるほど締めると、彼女は今まで聞いたことのないような声を出して感じていた。

この一夜は正直俺にとってはかなりドン引きだった。今までノーマルセックスしかして来なかったので当たり前ではあるが、それにしても上級すぎる気がした。

だが、彼女を深く深く愛していたので、彼女性癖も受け入れようと努力した。

身体を重ねるごとに彼女と俺は激しくなっていった。首締めから始まって目隠し、ギャグボール、縄、手錠などを彼女要求してきた。

その辺になるとノーパンで出歩かせたり露出させたり撮影させたりと俺もノリノリになり、一緒にプレイをするようになっていった。

交際が5年ぐらいになったとき彼女妊娠が発覚し俺たちは結婚した。

実は、彼女妊娠した直後から出産してからしばらく(1年ぐらい)は、完全なセックスレスだった。

彼女がまるであの性癖がなくなったかのように子供を育てているので俺も言い出しにくかった。

このまま続けば破綻するだろうという予感があった。

そこで、俺は彼女誕生日に「貞操帯」をプレゼントした。

これは鍵がついていて、鍵がないと一切性器に触れられなくなる。

ただしおしっことうんちはできるようになっている。

これが妻にはドンピシャだったようで、翌日からつけ始めてその夜にはセックスレスが解消した。

俺のS性にも磨きがかかったらしく、ハード調教の結果、彼女は俺の声を聞いただけで絶頂できるようにまで仕上げた。

……と言ったことを俺たち「円満夫婦」は続けているのだ。

夜の生活ではこんな感じだが、昼では本当に申し訳なくなるほど俺のことを考えて行動してくれる。

子供の前では母親としてしっかりやれているし、これはこれで悪くはないんじゃないかと思っているのだ。

そう、円満秘訣SMなのだ

これは普通夫婦には当てはまらないことだろうが、やはり刺激というもの必要なのは否めないだろう。

ちなみにこの文は妻も読む。晒されているのを見て興奮するらしい。

[]2017新語・流行語大賞ノミネート解説

アウフヘーベンドイツ語で「拾い上げる」「廃止する」などの意。哲学用語としては「止揚対立する諸要素を発展的に統一すること)」と訳される。小池百合子都知事が会見で用いた。
○○ファースト「○○第一」「○○優先」といった意味特に都民ファースト」は小池百合子都知事スローガンとなり、政党名にも使われた。
インスタ映えSNSInstagram」に写真投稿したときに見栄えがする、いかにも注目を集められそうだ、といった意味
うつヌケ同名の漫画のこと。漫画家田中圭一作品で、うつ病から脱出した人たちの体験談を描いてヒットした。
うんこ漢字ドリル全ての例文に「うんこ」という単語が用いられている小学生向けの漢字ドリルで、その奇抜な内容から大ヒットした。
炎上○○炎上商法」「炎上芸人」など、インターネットでの炎上を逆用する諸行為のこと(…か?)。
AIスピーカーインターネット接続され、音声操作AIを利用できるスピーカーのこと。Amazon EchoGoogle HomeApple HomePodといった商品が発売・発表されている。
9.98(10秒の壁今年9月桐生祥秀が出した男子100m走タイム。これまでの日本記録を上回り、日本人で初めて9秒台に突入した。
共謀罪テロ等を未然に防止するため、組織犯罪計画した段階で処罰できるとする法律のこと。多くの反対意見もあったが今年6月国会で可決された。
GINZA SIX今年4月開業した銀座複合商業施設のこと。
空前絶後お笑い芸人サンシャイン池崎ギャグ。昨年末の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」に出演したことでブレイクした。
35億お笑い芸人ブルゾンちえみギャグ世界中男性の人数を指している(70億の半分)。
けものフレンズ同名のアニメのこと。同プロジェクトゲームが既に終了するなかで今年1月から放送され、クチコミにより広まり大ヒットした。
刀剣乱舞同名のブラウザゲームのこと。2015年流行語大賞でも「刀剣女子」がノミネートされている。
Jアラート全国瞬時警報システム通称北朝鮮ミサイル発射実験により発動したことで話題となった。
人生100年時代100年後には平均寿命が100歳になっているとの予測を受けて、日本政府が今年9月に「人生100年時代会議」を開催した。
睡眠負債スタンフォード大学研究者提唱したもので、少しずつの睡眠不足が積み重なることで大きなリスクとなっているとする考えのこと。
線上降水帯積乱雲が次々に発生して長さ数十から数百kmに及び線上に連なる現象のこと。ゲリラ豪雨の原因とされる。
忖度他人の心情を推し量ること。森友学園問題に際して「上役の心情に配慮すること」というやや違った意味人口膾炙した。
ちーがーうーだーろー!当時衆院議員だった豊田真由子氏が秘書へ放った暴言ひとつ秘書への暴行報道されて責任問題となった。
魔の2回生2012年初当選し、2014年に再選された自民党の2回生議員のことで、不祥事が多いためにそう呼ばれるようになった。
働き方改革日本政府が推進する改革で、日本労働環境や慣習を抜本的に見直そうとするもの長時間労働の解消、非正規雇用解決などを目指す。
プレミアムフライデー個人消費喚起するため政府および経済界提唱したもので、毎月末の金曜日は午後3時に終業するよう企業に求めるキャンペーンのこと。
ハンドスピナーボールベアリングに「羽」を付けた玩具で、基本的には回転させるだけの手慰みとして使う。
ひふみん将棋棋士加藤一二三ニックネーム。今年6月プロ引退した。その特異なキャラから人気となり、バラエティ番組などにも出演している。
藤井フィーバー将棋棋士藤井聡太が史上最年少でプロとなり、デビューから無敗のまま公式戦最多連勝記録を打ち立てたことで話題となった。
フェイクニュース虚偽の情報を多分に含むニュースのこと。特にアメリカ大統領選において様々なフェイクニュースSNS拡散されたことが問題視された。
ポスト真実客観的事実よりも自身感情に訴える虚偽を信じやすい状況のこと。アメリカ大統領線やイギリスEU離脱にまつわる中でよく用いられた。
ユーチューバー動画投稿サイトYouTubeから広告収入生活をする動画投稿者総称ヒカキンはじめしゃちょーなどが著名。
ワンオペ育児ワンオペ」とはもともと飲食店を一人で回している状態(ワン・オペレーション)のことを言い、転じて夫もしくは妻が一人で育児を行っている状況を指す。

anond:20171109130749

コメディくらいまでならあるけど、ギャグとなるとだいぶ減るんじゃないですかね

ギャグだとゴクドー君シリーズなんかもあったなあ

スレイヤーズアニメだとギャグ寄りだったけど、本編はそこそこシリアス外伝は完全にギャグだった

anond:20171108101404

友野詳 ファイブリアシリーズ

TRPGプレイデータを元に書かれたファンタジーギャグ

TRPGプレイのまま収録された版もある。こっちも面白い

ちょっと前に復刻されたのであるはず

恋愛ものではないけど読みやすいし、パロディ的な部分も面白い

2017-11-08

高校生の頃

今日飛行場並みに厚着してきたぜ!」と訳の分からないことを言っていた友人がいたが、

32の今になってようやくギャグ意味が分かった。


手紙を書こう。お世話になった忘れていた色んな人に」と思った。

2017-11-06

マイティソーバトルロイヤル三行感想

アイアンマンスーツ捨てるならソーもハンマーなくて良いよねという映画

前作と比べるとコメディ要素多すぎじゃね?という意見あるけど、劇中は重たい出来事ばかり起きてるしそう見せないようにギャグで重さを打ち消してるのだと思う

あとクリス・ヘムズワース萌えたもうメロメロ

[]椎名うみ青野くんに触りたいから死にたい」2巻まで

思い込みの激しい女子高生主人公)が青野くんを好きになって付き合えることになる

でも2週間で青野君が死んじゃう

でも青野君が幽霊として主人公にだけ見えるようになる


読み切りときギャグかと思ったけど本連載になったらホラーになってた

なかなか面白い

不気味さがよく出てる

読み切り時点でどこまで考えてたのかなあ

2017-11-03

anond:20171022005339

https://i.gzn.jp/img/2017/09/17/hokuto-no-ken-innovative-ebook/s15.jpg

これみてなんのギャグだと思った

まんなかの帯いらないじゃん

 

と思って、Nexus 10Kindleアプリで、漫画の見開きページ確認してみたら、帯あったわw

2017-11-01

父親が急にうざったく感じるようになった

22歳にもなっていきなり父親がうざったく感じるようになってきた。

パンツを一緒に洗ってほしくない、みたいな生理的嫌悪感はないものの、会話するのがとにかく面倒でかったるい。

何気ない発言もいちいち癇にさわるし、親父ギャグを言われた日には何つまんねーことほざいてんだこのジジイ!と怒りが湧いてくる。向こうからしかけられても乾いた笑いと共に流しがちになってきた。

所謂反抗期経験した覚えがなかったけれど、もしかしてこの感情がそうなんだろうか。

父親は70過ぎの持病もちで、脳の血管を詰まらせて植物人間になりかけたこともあるので、自分がツンツンしている間にもし死んでしまったら...と想像すると泣きたくなる。でもうざったい気持ちはどうしても消えてくれなくて、罪悪感が物凄い。

反抗期なんてもの人生の然るべき時期に通過すべきで、遅れてきたところで何にも良いことがないと学んだ。来世で活かしていきたい。

新喜劇

吉本新喜劇で一人がギャグをやっている時

後ろで待機してる人の顔

そう。それでお願いします。

生産現場の高度化について。

生産現場の高度化について。

この古典的議論は、クラーク・カー著「インダスリアリズム」(川田 寿 (翻訳) 東洋経済新報社 1963)に見ることが出来るらしい。

下記のような論である


産業の発達により職業の専門分化が進み、技術者ホワイトカラー職を中心に高学歴者の雇用が増えた。

生産現場(ブルーカラー職と言って良いだろうか?)でもオートメーションの導入により、仕事責任水準が上昇し、労働者に対しても高度の認知能力必要になっていると指摘された。

このような論である

まさか、「刺身タンポポを乗せる仕事」のギャグを本気にしている人はほぼいないだろうが、しかし、単純労働イメージから未だに脱却されない職業分野というのは存在するように思う。

例えば製造業である。何故か分からないが、人のイメージは当てにならない事は分かる。

※余談だが一言言っておくと、工場というのは職種では無くて、職場しかない。


では今後はどうなるのか?

AIの導入により、高度のさらなる認知能力必要仕事ばかりになるのだろうか?

2017-10-30

久しぶりにゲームを作りたいんだがオススメツール教えてくれ

今までの履歴ゲーム作った時期:ツールゲーム内容:備考)

小学生RPGツクール:身内ネタRPG製作時間ー10時間 プレイ時間ー5分:スクラップ・アンド・ビルドしてるうちに身内ギャグまみれのクソRPGに。一通り友達と笑って5分で飽きた。

中学生BASICピンポン・陣取りゲーム等:製作時間ー合計30時間 プレイ時間ー各2分:プログラムの基本を学んでいる間に飽きた。PRINT "Hello, world!"が一番楽しかった

大学生HSP(ホットスーププロセッサー):STG製作時間ー30時間 プレイ時間3分ゲームの作り方は一通り頭に入ったけどHSPというツール限界を感じたので別の言語を探そうとしているうちに何かが面倒くさくなって二度とプログラムとかやらねーと誓った。

最近インディーズゲームってよく出来ているのが多いじゃないですか。

から面白いのは多かったけどここ数年は特にいい波が来てると言いますか。

それでそれらをやっていたら自分も久しぶりにゲーム作りたくなったんだけど、なるたけ楽して開発の楽しみが味わえるツール言語って何かないのかな。

WOLFエディターで適当アクションRPGでも作ってろとか吉里吉里はいいぞとかでも別にいから何か知ってたら教えてくれ。

HSPみたいな入りやすいけど途中で限界を感じるような言語でも別にいいや。

30時間限界が見えたとか調子こいてんじゃねえぞって言いたいのは分かる。

すまんかった。

最近HSPでちゃんとしたフリーゲーム出てきて俺が間違ってたと思い知ったよ。

入りやすさこそが正義っすね。


こう言っておいて自分そもそも何を作りたいのかよく分からんのだけどね。

不思議の城のヘレンや魔壊屋姉妹みたいなオリジナル戦闘システムRPGかいいなーと思う反面バランス調整でゲロ吐けるなと思ったり。

まあ目標高めすぎてるからまずはピンポンレベルからやり直して、自分がやった行動に対してレスポンスが帰ってくるのを楽しもうかなと。

お前がやりたいのはモノ作りごっこなんだからマイクラカルネージハートでもやっていた方が幸せになれるぞって返答もウェルカムですよ。

ヤフー知恵遅れでやれと言いたくなる人もいるだろうけど、マルチポストはしない主義なのでこっちに絞るわ。

あっちは何かニワカが多いんだよね。

追記:

unityが人気だな。

でもガチガチプログラミングを久しぶりにやったらゲーム作る前に挫折しそうだ。

それこそキャラ絵取り込んで歩かせたら満足しそう。

とりあえずは前から気になってたScratch感覚取り戻す事にするか。

だいたい方針決まったありがとな。

2017-10-29

マッチングアプリ出会った男性とまた会う。

今まで何十人とマッチングして、

やり取りはそのうちの十何人かとして、

何人かと会って、

先日お会いした男性と、

飲みながらその場で次に会う約束をして、

来週また会うことになった。

はじめてこんなスムーズに次に会うことになった。

どうやら、お相手は私のことをそれなりに気に入ってくれたらしい。

私も彼と話して楽しかったし、また会うのは楽しみだ。ラインからなんとなく感じる好意も心地良いし、かわいい

次に会うのが楽しみでもある。

でも、なんだろう。会った時間は3時間とかなんだよ。

でもまぁ、次あっても多分楽しいんだよ。行くところ(レジャー施設絶対楽しいもん。

なんとなくだけど、お相手は割と私に決めにかかってきてくれてる感じがするから、うまくいけばお付き合いに発展する気がする。

でも、なんだろう?

こんなあっさりでいいんだろうか?

不思議にも思う。

私は仕事柄、初対面の人と話すのがうまい相手を嫌な気分にさせず、会話のちょっとしたフレーズを拾って話を深掘りしたり、相手の考えや価値観を掘り出すのが割とスムーズにできる。多少の相性はあるけど、大体の人は、少なくともその場の会話は楽しんでくれてると思う。

これは私が仕事ばっかりしてきた賜物なので、誇れる技術だと思っている。(営業じゃないけど、そのスキルに近いのかな?)

それでさ、マッチングアプリ出会ったとかのシチュエーションだと、つい仕事の癖が強く出てしまうんさ。

そんな私と向かい合ってて相手は楽しそうだったし、嬉しそうだった。

かに私も楽しかったんだけど、なんだか、終わった後は一仕事終えたあとの気分でもあるんだよね。

うまくいえないけど、プライベートモードがうまくだせてないから、「これでいいのかな?」って。

私、あんなにスマートでテキパキしてて明るくて優しいっていうよりも、

本当はもっとバカでドジでギャグみたいな性格してるんだよね……。明るいっていつもみんないってくれるけど、暗いときもあるし…。

いいのかな。

このまま付き合うのかな?

こんなあっさり?

今まで、幼馴染とか、お友達のお友達とか、よく見に行く草野球チームのメンバーとか、知ってる人としか付き合ったことないから、マッチングアプリはよくわからない。

彼氏も四年くらいいないし、なんか感覚忘れちゃったのかな。

[]

今回は少年ジャンプ+

ファイアパンチ 73話

相変わらずシーンの切り取り方と繋げ方が無頓着なきらいもあるけれども、今回はアクション比較的分かりやすい。

やり取りも簡潔かつ明瞭で、例えば「俺はアグニじゃない」のくだりとか。

ここでいう「アグニ」っていうのは偶像として民衆の拠り所になっていた頃の彼のことではあるんだけれども、それを否定することと行動の結果(目的)が繋がっている。

まあ、戦闘シーンのくだり自体蛇足感が強くて、前回で消化しきってて欲しかたかなあと思わなくもないが。

漫殺-マンコロ- 9話

主人公自分の置かれた状況と照らし合わせて、デスゲームのものメタ的な視点から分析している場面が興味深い。

で、それを踏まえて「どこまでメタ的な視点から読み取ればいいのか」っていうのを、後半の展開で読者に提示しているのも良い。

とある劇中マンガ主人公たちはドン引きするんだけれども、視点を変えればあれは所謂シリアスな笑い」なわけで。

主人公の「どこに続くんだよ」っていうツッコミギャグ領域だ。

柱のコメント含めて、この作品をどの程度メタ視点で読み取ればいいかと混乱させている。

あと、「ヒロイン観察漫画」っていう俗称が作中で出てくるのも大概ネタだなあ(なにせジャンプの各WEBコミックサイトは、その系統作品を大量に世に出している)。

ヴォッチメン 3話

この時点で、良くも悪くも本作の流れや作風を完全にモノをしているという印象。

良い意味では作品の内容が安定したクオリティになる。

悪い意味では飽きやすくなる。

なにせキャラの設定とか話の流れそのものは、既存の学園コメディモノで有名なのがいくつかあるからね。

その状態構成まで似ていたら、細部では別の作品だとしてもほぼ同じ作品だという印象を持たれる。

当然、既存作品に慣れ親しんでいる読者は飽きやすくなる。

ちょくちょく挟まれ先生自分語りや、モブたちの独特な実況は良いアクセントになっているけれども、特筆して個性があるのはそこだけだから、その部分にうんざりされたら読み続けるモチベを保つフックがなくなるかもしれない。

ツギハギクエスト 1話

感想は書いていないけれども、色んなWEBコミックサイト巡回しているんだよね。

といっても網羅しているわけじゃなくて、基本は16ちょいのサイトを回って、気が向いたら別のサイトもって具合。

それでも週に100作は読んでいるわけで、そんなに頻繁に見ていると作品構造的に読んでしまうことが増えてくる。

まり「また“こんな感じ”のか」って気持ちになりやすい。

で今回も、RPGものや異世界ファンタジーものモチーフにしたコメディで、それはもう割と手垢まみれなんだよなあと改めて認識した。

勇者じゃなく敵側のモンスター役が主人公とか、クズと善良なキャラの掛け合いだとか、そのあたりがもはや紋切り型になってしま現代は、ある意味で本当恵まれているなあ、と。

仮にやる場合既存のものより洗練されているか目新しい何かがないと厳しいんだけれども、それが難しいかキャラ勝負するしかないんだろうね。

で、そのキャラはというと、個人的にはあまりさらなかったかなあ。

失礼かつ身も蓋もないこと言わせて貰うなら、主役のゾンビ勇者セクシー女の子にするか、マスコット調のファンシーキャラかにしたら一定ファンは獲得できると思うよ(冗談のつもりで言っているけれども、そういうのが効果であることは否定できないからなあ)。

まあ私は、もうそ系統食傷気味なので読みたいかといえば読みたくないけれども。

なんか我ながらすごく投げやりな感想だ。

十二大戦 第六話

今のところバトル部分が盛り上がりに欠けるというか、だまし討ちとか不意打ちとか瞬殺で終わりとかばかりで。

じゃあ、キャラクターたちの掛け合いとかバックボーンストーリーとかが重点かといえば、掘り下げも甘いまま死ぬから何の感慨もないしで。

今後も、能力後だしジャンケンとか、不意打ちだまし討ちばっかりで決着がつくようならうんざりするけれども、さすがにそんなことしてくるようなストーリーテラーなわけがないと思いたい。

二転三転して、恐らく十二支以外の第三勢力とか裏に隠された大きな陰謀が露にとか、それ以上の展開はしてくる、と思いたい。

というか作品に深みを持たせるための練り込みが甘いから、そういった展開部分で惹かせるしか期待しようがない。

ただ、まあ、そういう展開を六話の時点で予想&期待している時点で、私の中で本作の評価はかなり低い水準になってしまっているんだなあ、と。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん