「評価」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 評価とは

2018-07-20

[] #59-2「誰がためクーラー

あらゆるモノの価値一元的ではない、とセンセイはよく言っていた。

かにとっては無価値でも、誰かにとってはとても価値のあるモノだってある。

大局的に見れば、モノの価値順位などつけられないと。

逆に言えば、そこまで俯瞰して物事を見なければ、モノの価値には大抵ランクがつけられる、とも言っていたが。

特殊精神状態でもない限り、腹が減っている人には食べ物が、寝たい人には安眠できる場所、服がない人には衣服が上位になるだろう。

まり、今の俺たちにとっては電気、より具体的には冷房が上位になっているってことだ。

そして市長はそのランク付けを間違えた。

このご時世、「健康文化的な最低限度に生活」にはクーラーも有力候補になっている。

それを使えない程度の電気しかない中、日々を生活するのは困難だった。


それは市長ですら例外ではなかった。

市長ともあろう者が、そんな格好……」

市長はいものスーツ姿から、くたびれたタンクトップに半パンという、恥や外聞二の次にした中年オッサンスタイルになっていた。

暑いのに、あんなのピッチリ着るのはバカげていますよ。ふさわしい、場所にあった格好だなんて考え方は時代錯誤です。汗ダラダラで、ビショビショのスーツ着たほうがふさわしい格好だとでも?」

「一理ありますが、汗ダラダラ服ビショビショ、かつラフな格好していると説得力に欠けますね」

クールビズ月間を打ち出した者として、「格好は気にするな」ってことをメッセージにしたかったらしいと市長は語る。

自分政策に率先して乗り出すのは、この市長の数少ない評価点だ。

だが、そもそもの話をするなら、今そんなことをしなければならない原因は市長にあるわけだが。

周りは、その姿に呆れるしかなかった。

市長の今の状態は表面的にではなく、本質的にみっともない姿だからだ。


…………

俺は家の中で比較的暑くない場所に座して、とにかく時間が過ぎるのを待つしかなかった。

団扇を片手に、水の張られたタライに足を浸し、少しでも体温が上がらないようにする。

他にできることなんてない。

現代で、電気を使わず出来る余暇の過ごし方なんて限られている。

その限られた候補も、「暑い」という答えで全て一蹴した。

それにしても、まさかこのご時世にこんな古臭い納涼をする羽目になるとは思わなかった。

だがこれが、案外バカに出来ないのが癪だ。

フィクションとかでやっているのを見たことがあるから試してみたが、確かに幾分かマシなのである

だが、それでも都会の夏は暑い

そして暑さの弊害は熱だけではない。

汗で身体がベトベトになる、この不快感も厄介だ。

俺の座っている椅子は皮製品なのだが、自分の体が付箋のように張り付く。

いや、もしかしたら、今の俺は付箋よりも粘着力があるかもしれない。

まらず俺は椅子から剥がれる。

次にとった俺の行動は、床に寝そべることだった。

かろうじて床がヒンヤリするような気がしないでもない。

今の自分の姿はいくら家の中とはいえ、かなり不恰好だろう。

だが、そんな体裁を気にしていられる余裕はなかった。

(#59-3へ続く)

ヒプノシスマイク怖い話

ヒプノシスマイクというジャンルを知っているだろうか。

H歴。武力による戦争は根絶された。

勿論、そこには多大という言葉ではくくれない程の犠牲を払ったのだ。

野蛮な男に変わり、女性覇権を握ることになる。

中王区と呼ばれる、男性を完全に排除した区画で政は行われるようになった。

そこで新たな法が制定された。その名もH法案。人を殺傷するすべての武器製造禁止、及び既存武器の廃棄。しかし、それだけでは愚かな男性の争いは根絶されない。

なので、争いは銃ではなく人の精神干渉する特殊な【ヒプノシスマイク】にとって変わった。

言葉が力を持つことになったのだ。

そして争いに親和性のあるラップを使い、優劣を決する世界になった。

男性は中王区外のシンジュク・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、イケブクロディビジョン、ヨコハマディビジョン等の区画生活をすることになる。

ディビジョン代表MCグループがバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。

これは、兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で紡がれる男たちの威信をかけた領土バトルなのだ

公式サイトより引用

有名なライターダイツイート新譜の影響で今かなり注目されている新進気鋭のジャンルだ。要はいわゆるオトメイトありがちなキャラクター個性の強いイケメンたちの話なのだが、今までになかった「オタク向け×ラップバトル」という所が独特である

現在アニメ小説ではなく、オーディオドラマキャラクターラップの収録されたCD主体コンテンツになっていて、このラップパートにかなり力が入っている。藤森慎吾サイプレス上野新譜にはラッパ我リヤにAvecAvecが参加していて、どれも中毒性の高い曲に仕上がっている。

正直、結構ハマっている。新譜更新された日も、日付が変わってすぐに聴きに行った。前述の通り曲もかっこいいしかわいいし、ドラマパートも思いもよらない掛け合いや、思いもよる掛け合い、オタクなら妄想した展開が起きたりしていて、5年前の自分なら「マジ公式が最大手wwww病気www」と呟いていたと思う。

だけど一方で、このジャンル、かなり危険なんじゃないか、とも思っている。完全に馬鹿にされて乗せられているんじゃないかと感じてしまう。

女尊男卑のH歴では男は女の10倍の税を貸されていて、中王区を囲む高い壁と厳重な門は税金で作られている。男と男のディビジョンを巡るラップバトルの際は許可を得てその門をくぐって中王区に入り、そのバトルは恐らく放映なり中継なりされて、女性の巨大エンターテインメントになっているらしい。しかもかなり人気があるようで、次の日に初バトルが控えているキャラクター女性に追い回される、という展開もあった。

この「女性に消費されるエンタメとしての男」という在り方は完全に女性向けジャンルの在り方と一致している。イケメンが出てきて、カッコイーだの顔がいいーだの個性強すぎだの言って話題にする。物語の中でもラップバトルの勝敗女性が付けるようだけど、CD投票券が付いているので、これはリンクというより完全に重なり合っている。

これが例えば「女性アイドル露出過激サービス男性に消費されていることへのアンチテーゼ」とか「流行り廃りの早い女性向けジャンルの在り方へのジョークで笑い所」ならまだいいのだ。けれど、設定の基幹、何度も繰り返し強調される部分で行われている。

体制側に女性を置き、打倒すべき相手として設定することで、今の社会なら「クソ女」と言えば差別蔑称になるのを、不満や怒りの発露、当然の悪口のようにしてしまう。逆に「所詮お前も男ということか」というセリフが出てくるが、これは侮蔑として受け取れるし、そう発する女性に対してキャラクターたちは唇を噛む訳だ。

私にはこの置き換えがホモソーシャルにおいて女性排除する事への正当化しか思えない。

オトメイトレーベル女性向けなのもあって女性キャラクターほとんど出てこない。そこに正当な理由があるんですよ、としたいがための設定に過ぎないんだと思う。

その説明にしては、女尊男卑世界観はあまりにメインターゲットに失礼ではないか

本当に女尊男卑が貫かれているならいい。税金10倍、手取りも悪くて、がんばってもマトモな仕事につけない。女性からは常に舐められる。そういう世界観なら確かにキャラクターに肩入れして「このクソみたいな世界を変えてくれ!」に素直になれる。

しかヒプノシスマイク世界観はそういう訳でもない。

ホストはもてはやされ、お客の女の子を「子猫ちゃん」と呼ぶ。別に上から目線営業、という訳ではなく、むしろ紳士的な営業タイプだ。

サラリーマンと同じ職場には女性もいるし、その友達(ホスト)が職場に来た時にナンパしまくった、という描写から、少なくとも声を掛けられるような関係だとわかる。

警察官という官職にも、医者にも男はなれる。それがとても恵まれ特別なことというような描写はないし、そういう仕事権力の弱い男に押し付けるということでもないようだ。

ヤクザは「権力・金・女に酒」と歌っているから、少なくとも世の女がほとんど皆男に対して高圧的で支配的な訳ではなく、むしろ逆の立場女性もいるということがはっきりわかる。

別にこれらだけを抜き出せば女性差別すぎるという訳でもない。現代と変わらないレベルだと思う。

けれど、そのような実状の描写がありながら、ストーリーの旨みのために「覇権を女ばかり握る間違った世の中」としてしまって、巨大な壁を描写して、わかりやすい敵として女性全体を想定することはおかしいのではないかと思うのだ。それならもっと徹底すればいいし、あるいは燃えやすジェンダーへのdisは避けるのだって定石だ。

しかも元々ラップヒップホップというのはかなりミソジニー文化である。FSDではラッパー女性に「おまえもいつか妻になる 妻になり母になり、そのあと『なんでお母さんあんなことしていたの』っていわれないように」と向けられたほど、女性スタンス地元、これまでのバトルよりもジェンダーdisに上げられてしまう。

それが問題視され始め、ジェンダーフリーなヒップホップをと少しずつ声が上がり始めたまさにその今、こういう性差別コンテンツが出て来た意味は、偶然というには出来すぎている。単に商業的にいいフィールドだったとしても悪趣味だ。

ヒプノシスマイクというジャンルが怖いところは、ポップでキャッチーキャラクターや、「ラップ回復精神干渉・防御する」というコメディチックでバカバカしい、笑ってしまうような楽しいジャンルとしてパッケージングされているところだ。twitter検索をかけても、ヒプノシスマイクミソジニーを指摘している人はいるにはいるがそう多くない。みんな楽しんで考察二次創作をして盛り上っている。

こういう時、「あなた皮肉られているかもしれないんだよ!」とファンに言っても無駄だ。女性向けジャンルソシャゲトレス疑惑が騒がれた時、ファンは指摘する側を非難して意見を潰そうとした。ましてやはっきりいけないことという訳でもない思想の話、騒ぐ方が野暮だといえば黙って頷かざるを得ない。

けれどここで不快ジャンル無視しよう、になれないのは、私もまたファンの1人だからだ。好きなキャラクターもいるし、新曲はかっこよかった。投票結果がどうなるのかも楽しみにしてしまっている。ここでとりあえず文字にすることで、あるいは盛り上がりの中心まで届くんじゃないかと思うのだ。

先程書いたように、ヒップホップジェンダーフリーを目指すべきだ、という転換期に来ている。勿論、ヒップホップ以外も世間全体が性別に囚われない個人評価時代になってきている。ヒプノシスマイク女性権力を握る社会への単なる下克上ではなく、ジェンダー立場が縛られる価値観への一石になることを願ってやまない。

anond:20180719160003

順位とか点数とかそんなに大事じゃない気がします。

テストでは自分ができる問題とできない問題が分かればいいと思います

順位がわからないことでお子さんは他人と比べなくても努力できて、他者評価ではない自信を持つ人間になれるいい機会になるのではないかと思いました。

2018-07-19

お山の大将

以前付き合っていた同人小説作家の一人が、どう考えても「お山の大将」としか思えないような身の振る舞い方をしていて、本当に嫌だ。

自身はもう同人小説から身を引いているので関わることもないだろうけど、その人と付き合いのある知り合いが複数名いるものから、どうしたものかと考えているところ。

その作家自身は、小説の腕前自体同人としては確かなものだけれども、所詮プロではないし、万人受けするような作風でもない。

それなのに、信者どもが持ち上げまくって「この人の作品のこういう残酷なところがすごい」などという評価つけまくっている(つまるところ、その作者の書くものも発想としては中学高校レベルといったものである)。

誰かがその姿勢批判をしようものなら、その信者どもがこぞって「批判おかしい!」などと叩き出す様だ。

このようにして、件の同人作家は「お山の大将」になっているのであって、しかもその人自身もなぜかそのことに危機感を抱いていない様子である

他人ことながら、その人のことが心配になってくるのだけれども、遠回しに苦言の一つでも言った方が良いだろうか。

それとも、もう終わった関係からということで、外からひっそり見守り続けるのが良いのか。

ちなみに、今はこれと言ったトラブルも起きていない状況だけど、その人の周りは信者だけで固まっていっているのは間違いないので、そのうち信者の一人がグループ内で大きな炎上を起こしそうな予感はする。

もしそういったことが起きたときに、件の作家がどういう対応をするかはちょっと気になる。

ドラマチック作文

出しても評価にならないし、やる気もない時におすすめ やたら文章ドラマチックにすることで文字数が増え、いい感じに見える(やりすぎ注意)

anond:20180719165145

出来レースであることも薄々分かってる

自分推した子が選ばれていて結果にも満足

それでももやもやするのは真面目に演技を評価しようと純粋気持ちで見ていた過去自分が裏切られたからか

本当に公正なオーディションだったのか

今月に入ってから全4回に渡って放送されていた「Jr.選抜!標への道」という番組があった。

簡単説明すると、先日始まったドラマゼロ 一攫千金ゲーム」に登場する標という少年役を決めるオーディション番組だった。

候補として選ばれたジャニーズJr.数人がいくつかのミニドラマ撮影し、それが放送された。彼らには知らされていなかったがそのドラマ撮影自体オーディションで、そこでの演技を審査し標役が決まると言う趣旨番組だった。

さて、オーディションの結果選ばれたのは私が推していた子だった。

そこで素直に喜べば良かったものを面倒くさいオタクは考えてしまった。

「何故彼が選ばれたんだろう?」

素人目に見てももっと演技の上手い子がいた。連ドラに出演経験のある子もいた。

選ばれた子が他の子に勝っている点と言えば、顔が綺麗な事と事務所に推されている事だ。

嫌でも思ってしまう。

オーディションとは名ばかりの出来レースだったんじゃないか

演技を見て評価する、という趣旨番組だったのでこちらもどの子の演技が上手いか、好きか、どの子が選ばれるのか予想して楽しみながら見ていた。

推しの子は演技がイマイチから選ばれないだろうけど、それは仕方ない事だし普段事務所に推されていない子が実力でチャンスを勝ち取れるなら文句は無かった。

端的に言ってしまうと、自分の予想していた子が選ばれなかった結果が気に入らないというだけの事なのだが、萎えしまってドラマ本編自体も楽しめなかった。

anond:20180719161507

経営者が罰されるべきなのは会社を傾かせたときであって、使えないし高くつく人をカットするのは経営者が高く評価されるべき部分だ。

中学校の成績(順位)配布について

うちの子が通っている中学校は、これまで中間試験期末試験順位を配布していました(他の人の順位まで分かるようなものではなく、自分自身順位印刷された紙です)。

しかし、今年度に入ってから、何の説明もなしに順位の配布がなくなりました。

うちの子は上位に入ることを目標にして学習に取り組んでいましたが、今回から順位が分からなくなり、学力に対して慢心と不安が交互に襲ってくるような日々です。

「これは懇談会理由を聞かねば」と思っていたところ、こちから持ち出すまでもなく、学校から説明がありました。どうやら他の保護者からもたくさん問い合わせがあったようです。

学校側は、順位公表をやめた理由として

  1. 順位公表することで、過度な競争心をあおる心配がある。
  2. 優越感や劣等感を持ち人を見下したり、偏見差別が生まれる恐れがある。
  3. 絶対評価を行い、生徒の意欲を育てたい。

を挙げましたが、私はまったく納得がいきません。

「過度な競争心」とやらがどの程度のものを想定されているのか分かりません。

(大げさな言葉危機感を煽っているようにしか思えませんが)例えば「体調を崩すほど勉強してしまう」ようなことでしょうか?

生徒たちにとって中期的な目標となるのは高校受験です。高校受験が(少なくとも自分自身との)競争である以上は、競争心やむなし、じゃあないでしょうか。

そもそも、そこまで勉強する生徒なんていませんし、それを止めない親なら、とっくに勉強させ過ぎてるでしょうよ)

また、評価するまでもなく能力が分かるような科目、例えば

  1. 走るのが速い/遅い
  2. 泳げる/泳げない
  3. 絵がうまい/へた
  4. 歌がうまい/へた

こういったことで、人を見下している生徒がいると思いますか?

幸い(傍から見る限り)そのような子はいません。この点は先生方の日頃の指導の賜物だと思っています

(もしいるなら、そっちを先にどうにかしましょうって話だよ)

私が学校に求めているのは、「差異を隠して平等にする」ことではなく「差異個性として受け入れる」ことなんだよ。



っていう意見学校に送りつけようと思っているんだけど、印象悪くなるかな?

生活水準は一度上がると下げられない」は人間関係も同じ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56585

教授は初対面の相手趣味全否定して、出会い頭にショック療法を施しているようだが、要はハッタリ的なマウンティングをカマしているようにしか思えない。

そういう人は、コミュニケーションというもの相手価値観格下げすることだと思っていて、折伏とか洗脳目的地に設定しているので、食事中であれば飯や酒がマズくなる。

特定の〈親しい学生〉の前で「俺様」として振舞うのは、ある種の甘えだ。その甘えは、〈親しい学生〉でない「学生一般」への恐れと表裏一体だったのだろう。初対面で相手価値否定するのは、それを乗り越えて自分承認してくれる人を見出すための篩(ふるい)にすぎない。

ハラスメント加害者には〈他者自分に対する評価を気にして、自分の持っている優越感が損なわれることを恐れる「超過敏」と呼ばれる感覚〉があり、〈自分の有能さや重要さ(自分が思っているだけかもしれませんが……)が損なわれることを非常に恐れている〉という。

すごくわかるし、記事中では「文学アート世界には」と書かれていたけれども、文学アート無関係人生でもこの手のものには散々遭遇してきた。

大学卒業してA社→B社→C社と渡り歩いてきたが、A社を辞めるまでは目上の人間から価値観全否定されて洗脳を受けるのが当たり前だと思っていた。

B社が変わり者の雇用主による零細企業で、雇用からとにかくマウントを取られないし価値観否定をされないという特殊で快適な2年間を経験したことにより、

A社と似たような環境であるC社に在籍している今、昔はスルー出来ていたマウント否定に引っ掛かりをおぼえるようになり、正直なところ苦痛だ。

なんでB社辞めたんだって話だが、廃業しちゃったんだよ。

雇用主の伯父さんがやっている会社顧客受託会社だったんだけど、伯父さんの会社が傾いたことにより解散になってしまった。

B社のような天国のようにハラスメントのない会社は少ない。しかしB社の人間関係を知ったことで、当然と思う人間関係のレベルが上がってしまった。

家賃25万の部屋から、3万の部屋に引っ越したような気分だ。仕方ないから受け入れているが、25万の暮らしを知らないほうが体感は楽なんだ。

加害者の側に、そもそも謂れのない恐れがあった、という視角は、いま被害に会っている、あるいはかつての被害の傷がまだ痛み続けているみなさんには、なにかの足しになるのではないか、と思う。

パワハラモラハラ被害を受けている人は、相手自分を恐れているのだということを意識すると、事態改善のヒントに繋がるかもしれない。

そうだろうか。まったく先が見えないんだが…。

anond:20180719124409

国が各人に評価ポイントを付けてスマホカメラを向けたらVR国家貢献ポイントが見えるようにすべきだな

優先して助けるべき日本人を最優先すべきだ

anond:20180719111646

美乳ちゃんてアンダーバストいくつ、なんだろ?

60くらいかな?細い人ってアンダーも細いよね?

55とか?そんなもんじゃないのかな?



からって、何もしないけどw

細い子が好きな人って、結婚とかしてもし少しでも太ったら

絶対がっかりしそうだし、ダイエット地獄だよね。


痩せてる人って大食い多いのでこっちの苦労なんてわからないし

馬鹿みたいに目の前で食べられて、たくさん作らされて

それでもその人は痩せてて。

きっとおじさんになったら代謝が落ちて洋ナシ体型になって

それでも男の人って過去栄光のままの感覚強いので

(父も20歳の痩せてた時の話をずっとしてたモテたとかモテたとか痩せてたとか)

太っても20代ときと同じ気持ちで、他人評価してきてたし。

自分だけ外食しまくってたせいなのに、母の手料理が美味しいからだとか因縁付けてたし


いやきっと美乳ちゃんと彼ぴっぴさんは、スリムですてきなんだろうな。

心はずっと20代いいね

幸せにね💝

anond:20180719112010

それは確かにその通りだな。

強い・優秀の定義次第でどうとでも評価できそうな話。

室内で大人しくしていたい増田住まい炊いて敷く品とお出稲津氏(回文

おはようございます

相変わらず暑いわね。

この熱波

冬ならさ縮こまっていたらやり過ごせるけど、

この暑さとならどうにも出来ないわよ。

じーっとしていても

吹き出してくる汗。

大雪とかだと目に見えてビジュアルに訴えるものがあるけど

暑さって目に見えないから、

なんか大丈夫なんじゃない?って油断しがちよね。

朝晩だって温度が下がらないし、

もう空調も24時間つけっぱなしよ。

ちびっ子さもうすぐ夏休みらしいけど

宿題涼しいうちにやってしまいなさい条例無効よね。

どこで宿題したらいいのさって思うわ。

案外若い人は暑さ大丈夫だと思ってたけど

そうでもないみたいだし、

増田のお友だちもマジ暑さ気を付けてね。

うふふ。


今日朝ご飯

朝ご飯蕎麦素麺を同時に茹でてみたの。

夢の競演と思いきや、

両者の良さが一切無くなるぐらい台無しな感じになりました。

ぜんぜん美味しくなかったわ。

混ぜるな危険とはこのことね。

人達の知恵はさすが達者だわ。

もしこれが美味しかったら、

世の中にそう言うメニュー存在してるものね。

まあ私のこのチャレンジングスピリッツ評価してほしい!

デトックスウォーター

お酢飲むっす!

今日ブルーベリー酢の飲むやつ

炭酸でも水でも良いわ。

ビネガーウォーラーと言っても言い過ぎでもなく過言ではないわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

アマゾン レビュアー書評面白い

名もなき市井書評家たちのコメント面白い。評されている本よりも面白いのではないか、参考になるのではないか、という書評も珍しくない。私がファンになってしまったレビュアーさんが複数人いる。突然レビュアーさんが削除されてたりすると悲しくなる。この仕組みをつくったアマゾンもえらいが、日本読書人たちの質の高さよ。

私自複数書籍上梓しているのだが、レビュアーさんたちの批評は容赦がない。悔しくも思うが書いてあることは概してまっとうな意見である。そしてこちらが本気で容赦なく書いた本(素人でもわかるようにとあえて優しい表現としたりせず容赦なく専門用語を用いて書いた本)はきちんと評価してくれたりもする。

凄い時代になったものだね。

anond:20180719023833

日本年功序列ですから

みんな若いころに「実績で評価してくれ!」と思いながら耐えて頑張り、

気が付いたら年功序列でも構わない年齢になってたんでしょうね。

きっと同じことを、周囲の年配の方々が若いころには、増田さんと同じことを思いながら歯ぎしりして

泣きながらお仕事なさってたんですよ。

年行くと、判ってくると思います

私も20代の時、3か月休めず(土日も祝日も出勤しました)親には「死ぬぞ」とまで言われ

でも上司の抜けた穴だったので、無理してたとき、珍しく社長休みの日に出社なさってて、

「今に能力給にするからね」と仰ったのが、印象的でした。

私が在籍しているあいだに能力給にはなりませんでしたけれどね。

anond:20180719001356

長年の友人は良くも悪くもまっすぐな人だけどすごくおおらか~な男性結婚したよ

あきらめんな

自分もめんどくせえーと思いつつ、友人の嘘のないところが好きだしね。信用できる人だと評価してるよ。

2018-07-18

給料が安いなら手を抜けばいい」「給料分の働きだけすればいい」という言説が苦手

いや、それが正しい場面もあると思うよ。

スキルアップして、3年前の1.5倍の効率仕事できるようになったのに全然給料上がってないとか、

最初に話していた条件と違ってアホほどサビ残させられるとか、

そういう、成長を評価しない企業・騙す気マンマンの企業に対して献身的になる必要はないと思う。

ただ、入社して1年位でちょっと昇給して、ようやく仕事にも慣れてきたやつとか

バイト何件もやってきたんで相場知ってます」みたいな顔してるやつとかが、題のようなことを言っているのは、

お前は一体何を知っているんだ?って感じ。

バイト特にね、時給分の働きってお前どうやってそれ計算してんの?

仮にその日の売上赤字だったら給料無しでも良いの?お前の働きで時給は稼げていないのでは?

因みに個人経営飲食だと社員の方が時給換算だとバイトより安く働いているとかよくあるパターン

ていうか給料文句あるならさっさと辞めて転職すればいい。

「このスケジュール明らかに自分だけ振り分け重いですよね?

でも自分若手だから給料他の人より安いですよね?

からやろうと思えばこのスケジュール全然こなせるけど、手を抜いて終わらないペースでやってました。

納期間に合わなくてもそれはスケジュールの線引いた人の責任ですよね?

自分より給料高く貰ってる人いるんだからその人に仕事もっと振るべきでしょ?」

言いたいことはわからなくはない。

だが、そうならもっと最初スケジュール配られた時点で言おうよ…

終盤にカミングアウトするなよ…

あと俺にだけ不機嫌オーラ見せてくるのやめてくれ、俺は君の会社社員じゃないからその問題には関わりたくない。

途中でも散々進捗確認してたやん。その時上司から大丈夫か聞かれてたやん。

なんでその時は適当に「大丈夫じゃないですかねえ」とか答えているんだよ…

あと手を抜くにしても寝るのはやめてくれ。皆それ知ってるから君の言い分聞くつもり無いんだよ…

五輪関連死という評価尺度

真夏東京五輪、暑さ対策打ち水など検討へ : 読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20150417-OYT1T50027.html

実際はもう少し科学的な方法検討しているようではあるが、正直、イメージはとても悪い。

戦う前から負けている。竹槍とか泥縄とか日本お家芸がこれでもかと詰め込まれている。

流石有識者会議だ。クーラー壊れた部屋でやってんじゃねーの?

いっそ五輪関連死という評価尺度定義し、

開催地決定から開催までの間に五輪関連事業でお亡くなりになった方々の数

・会期中の競技もしくは競技観戦中の事故等でお亡くなりになった方々の数

過去五輪比較してみたらどうかね? 誰か卒論とか書けよ。

回避性パーソナリティ障害やんけ!!!!!!

サイトに書いてある説明何もかもが物心ついた時から自分特性と一致しとるやんけ!!!!!!


回避性人格障害回避性パーソナリティ障害を持つ人の特徴をまとめてみました。

 

長い期間自分に自信を持てずに生きている

人の助言に対して素直になれない

自分のことが好きではなく自己嫌悪が強い

自分欠点ばかりをクローズアップし捉えて離さな

舞台や華やかな場所には縁がないと考える

他人が信じられず自分の胸の内を明かさな

自分への否定非難批判などを極度に恐れそれ状況を回避する

自意識過剰であり極度に人から評価を気にし過ぎる

思い込みが強く些細なことで傷つき被害者意識が強い

常に自分をとことん責め続ける自虐性を持つ

進学や就活など乗り切る勇気が持てずそれを避けてしまい閉じこもる

常にマイナスイメージがつきまとい失敗を恐れ結果何もしない

友人は全く居ないか若しくは極限られた少数である

親友を持たずゲームSNSなどのバーチャルでの交流が中心

感受性が強過ぎてあれこれ考え過ぎてしまい疲れてしま

学生であれば学校へ行ったり行かなかったりで不登校気味もしくは休学

秘密主義であり例え友人を持てたとしても本音を言えず遠慮がちである

自ら孤独を選ぶ傾向の割には心のどこかで親密な人間関係を望んでいる

親密な関係を得られそうになると自らその手を離してしま

http://www.sinri-room2.com/feature.html


これ全部あてはまるやん!!!!!全部!!!!!!

ああああああ!!カタルシスっつーの?ずっと解けなかったパズルの解法を閃いた時のようなこの感覚!!!!いやー回避性パーソナリティ障害でしたか!!カパシでしたか!!いやー!!!!!病院いこ。

anond:20180718024831

増田の方です。なかなか分かりづらい文章だと我ながら思ったけど、読んでくれてありがとう

そして元増田もこんな俺に付き合ってくれて嬉しいなと思っている。

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

対立構造という程のものではないけど、元増田増田(俺)の立ち位置はご指摘の通りだと思う。

ただ、強いていうなら俺もまた元増田と同じ事を考えていたし、その色々と調べるうちに

昔とは違う立ち位置にたどり着いてしまったと思っていて、だからこの辺の文献を読んでは

どうかという主旨の発言をしているつもり。あえていやらしい言い方をすると、先輩ぶっている。

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

それについては明確に違うので俺の言い分を書いておきたい。

俺は日本人だが、やはり当事者自身日本文化を取り扱う事は大変に難易度が高いと思っていて、

研究に目を通す事は多々あるけれども発信はしていない。日本文化について言及する事を意図的に避けている。

レヴィ=ストロースのいう所のメタ視点自分自身とほぼ接点のない文化に対しては適用できても、

自らに適用する事はそう簡単ではない。だからはっきり言ってしまえばポピュラー音楽研究界隈が

あえて日本文化に切り込んでいくのを、民族音楽学者は指を咥えて見ているという状況が続いて久しい。

元増田が挙げる輪島さんにしても、増田さんにしても、二人ともポピュラー音楽研究界隈の人だ。

彼らは大衆流行や、何となく時代雰囲気分析する事に特化しているので遠慮なく物申せる部分がある。

だが民族音楽学者は違う。人間社会の織りなす文化はどれも等しく価値あるよねという大前提に立っている。

はいいところ探しに特化しているので、雑な意見反論はしても発信自体にとても慎重だ。

これではいかんと重い腰をあげる動きもあるのだが、全体的にフットワークは正直軽くなく、

その点についての批判真摯に受け止めなくてはならない、という程度の後ろめたさはある。

自分の手持ち武器は当該社会に深刻なダメージを与えるかもしれない、そんな畏れが心の底にある。

ただ、だからこそプロパガンダ的な、意図的文化志向を捻じ曲げて指針を示すような言説にはとても厳しい。

日本には侘び寂びの文化があるとか、礼儀作法を大切にするとか、伝統を重んじるとか、

何言ってんだこの野郎と率直に感じる。ごく一部の慣習を民族全体の伝統に置き換えるのはあまり乱暴すぎるのではないか

嘘で自分を着飾って自尊心を満たす事ほど愚かしい事はない。

もっと雑多でぐちゃぐちゃで日和見主義で、醜い部分から目をそらす事も多々あるだろと。

どんな事から目を逸らしたいのか、何を受け入れたくないと感じる美意識規範、無言の空気があるのか。

そんな部分も含めて全てを率直に受け入れつつ、肯定的評価していきたいというのが

俺や他の民族音楽学者の立ち位置だと思う。

除霊方法が聞きたいんだ。

からね。本当の事を言うと除霊は俺もできてないんだ。

自らのフィールドワーク体験からメタ視点については理解した。

でもそれを自らに適用する事はこの上なく恐ろしい事だ。

anond:20180718204203

日本人は部分について評価するのが得意だから、ここはどうですか?って聞き方をすれば有効レビューが集まる。このことをわかってるのはカカクコムだけ。

嘆かわしいね

宗教じゃねえよバーカ

 それぞれの趣味に合う客観的な部屋作り

 感情評価

 部屋での管理

うなれ俺のなんとかマイク

この文章言葉足らず考えたらずなアホが書いています

僕はなんとかマイクが超好きです!!

マジで大好きです。超巨大ジャンルとして名を馳せてほしい 海外でも人気になってほしい

そして、ファン心理を考えたら興味深いなとも思ってる

ヒプマイにハマるのって女だけじゃないと思うんだけどわりと女の人が多いと思うんだけど、

あの世界って超☆女尊男卑社会じゃん

そんで男たちの中には「この世界を変えよう!」とか言ってる人もいるわけじゃん どういういみで世界を変えようとしてんのかわかんないから超見当違いなこと言ってたらごめんだワンなんだけど、この女尊男卑システムを覆そう!と言ってるとしま

最近ツイッターでよく女の人が「虐げられがちなこ世界を変えたい」とよく発信してるじゃん

しいたけじゃないぞ 

女が虐げられるのではなく、だからといって男に抜きんでるのでもなく、男とか女とか関係なしに評価される世界になろう!男女ではなく一人一人が違うのだという物差しで物を見るのだ!という世界にするためにいろんな人が頑張ってるわけ

そこでなんとかマイクに戻るんだけど、なんとかマイク女尊男卑社会の話じゃん これがもし男尊女卑社会作品だとしたら、

「その作品

フェミニストが見たら

どう思うでしょうか…?」

になると思うんだよね

でも今のところ(まあ大して世論集めてるわけでもないんだけど)「なんとかマイク男性女性の権利が同等ではない!」みたいな意見を見てないんだよね

これは興味深いぞ!と思いました

いやほら 作品の中の世界って言うのは完全に別世界の話だからさ この世界には人間宇宙人に虐げられてる話だってあるわけじゃん その作品に対して「人間を虐げる話を書くなんて!クソが!」と怒る人っていないよね だからまあなんとかマイクに対して男の人が怒らないのは別に当たり前のことなんだと思うんだけど

僕が何を言っているか分かってもらえますか?あなたはどう思いますか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん