「Twitter」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Twitterとは

2019-03-26

anond:20190326153234

時々増田に投下される脱ネトウヨ体験談

ああ、Twitterでもなんかハッシュタグつけてやってたか

それに「おめでとう、君は真っ当な人間になれたね」みたいなコメントつけるやつらマジで気持ちいから一人残らず死んでほしい

高度プロフェッショナル制度を推進する竹中平蔵パソナ性接待覚せい剤をばらまいていたし

ヒロポンでも打たないと高度にポフェッショナル仕事ができるわけがない

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

今日フェミ

はてなで早めに飛びついてトップブコメを狙おう

野田市駅を降りたら卒倒すると思う(笑)

SexyZone LiveTour2019 PAGES 個人的記録

気持ちがまとまってきたので文章にする。思ったこバーッて書くだけだから文章的なまとまりもクソもないほぼ自分用まとめ。sexy言葉感想が書けなくてごめんね。


大学受験の真っ最中当落発表で見事に落ちたので病みに病んだ。第一志望校にも落ちた。

受験が終わった後は一般にも電話をかけまくったけどこれまた見事に落ちた。ので、チケットを探すことにした。

超人見知りの陰キャコミュ障キモオタクだし取引は初めてだったから凄く不安だったけどそんなことよりも去年のツアーぶりのsexy達に会いたい気持ちの方が何倍も強かった。そして、ありがたいことに静岡の一日目に同伴させてもらうことが決まった。

そこからはもうずっとウキウキで何を着ようどんメイクをしようどうやって行こう何時くらいに着こう何を準備するにも楽しかった。アルバムが発売されてどの曲をどんな演出披露するか考えるのも楽しかった。当日までチケット保証は無いけれど取引が決まる前と後では世界の見え方が違った。

仙台のプレ販でペンラの画像が流れてきた時にはちょっと泣いた。聡ちゃんも一緒にツアーを回るんだと思ったら胸がじんわりとあったかくなった。そして風磨くんのうちわの顔が最高だった。風磨くんの顔が世界一可愛くてかっこよくてエッチ。最高。この世に生まれてきてくれてありがとう風磨くん。こんなにも顔がいいうちわが一週間後には自分の手元にあるのかと思うとニヤケが止まらなかった。キモオタからネタバレ見るのを防ぐためにtwitterログアウトした。

当日、念願の風磨くんのうちわを手に入れて、無事取引する方とも会えて安心して会場に入った。席はスタンドの上の方であまり良くなかったけれど私はメインスクリーンさえ見られればどこでもよかったので十分だった。(去年はメンステ真横の上の方でラブマニのフィンガータットが全然見れなかったので)

席についてびっくりした。私の周り、キンブレまみれ。

通路挟んで隣の席にキンブレ2本持ち2連、後ろの席も公式ペンラとキンブレ1本持ち、前の席に公式ペンラとキンブレ2本持ちとキンブレ5本持ち、そして私にチケットを譲ってくれたお姉さんも公式ペンラとキンブレを一本ずつ持っていた。

もちろんキンブレを持つオタク一定存在することは知ってたし会場でキンブレを持つオタクは見たことがあったけれど、幸運なことにガイシで一昨年去年と参戦して自分の席の周りにキンブレ持ちがまったく居なかったのでいきなりキンブレに四方八方を囲まれてめちゃくちゃ驚いた。こんなにおったんかキンブレ持ち。なんとなく都市部より地方の方がそういうオタクは少ないと思ってた。そしてクソコミュ障の私はお姉さんにキンブレの事を言えるはずもなかった。

ジャニーズ現場のキンブレがめちゃくちゃ嫌いだった(シンプルに眩しいのと悪い意味でクソ目立つから)ので中々モヤモヤする始まりだったけれどライブが始まってしまえば全部吹っ飛んだ。登場から最高だった。SexyZoneは天才。と思ってたら前の席のキンブレ複数持ち2連が腕上げてキンブレ降り始めてまたモヤった。

でもやっぱりすごく楽しかった。正直4人だけのライブを見るということに不安はあったけれどでも今できる一番のライブだと思った。

問題は私だ。声が全然出せなかった。今までは友達や妹と来ていたから気兼ねなく声を出していたけれど今回は周りに他人しかいなくて周りの迷惑にならないかなとか余計なこと考えて全然出せなかった。メンバーがたくさん煽ってくれるのに全然出せなかった。会場全体でもSTAGEやリペの時よりも全然盛り上がらないように感じた。メンバーがこんなにも頑張っているのに声が出せなくて悔しかった。風磨くんが少し不満そうで寂しそうな顔と声をしている気がして申し訳なかった。どうせ自分は変な人なんだから周りから浮いたっていいやと思える気持ち自分にあればよかったのに、周りを気にする自分が嫌だった。

アンコールの外周の時、周りのキンブレたちが一斉にうちわ取り出してキンブレ振ってた。前の人にいたってはスケッチブック取り出してた死ね。お前はADか?

凄く嬉しかったのはメンバーががっつり干してくれたことだった。全然上見なかった。私の方に来た時にこっちを向かないのはやっぱり少し寂しかったけれどキンブレを構うことと比べれば5000倍くらい嬉しかった。SexyZoneに会うたびにSexyZoneへの信頼が増える。すごい。

SexyZoneへの大好きという気持ちと罪悪感をかかえてライブは終わった。

その日は家に着いてふまけんらじらーで死んですぐ寝た。次の日、パンフレットを読んだ。泣いた。

風磨くんがどう考えて今回のステージ構成にしたかを知って、昨日の比じゃない罪悪感が襲った。ほかのメンバーに対してもそうだ。声を出して欲しいと、何度も言っていた。メンバーファンをこんなにも信頼してくれているのに私は一ミリたりともその信頼に答えられなかった。

また別の公演のチケットを探すことにした。次は声を出すために。自己満足なのは十二分にわかっているけれどこれで終わりたくない気持ちが勝った。沢山声を出したい。

受験中心の支えになってくれたSexyZoneに今度こそ恩返しがしたかった。Sexy Zoneへ感謝を伝える方法公式お金を落とすか直接声を届けることしかいから。

次行くときにはキンブレが全部折れてますように。

NL厨が一生嫌い

カップリング名出さないけどわかる人にはわかると思うし、もしかすると似たような状況のCPもあるかもしれない。

夢女であることを除いても、推しNL厨が大嫌いだ。

支部Twitter作品を流すのは自衛できるからあいい。分別してる人は毒にも何にもならないのでいいです。

ただYouTubeニコニコ棲み分けもせずNL動画を上げる(酷い時は無断転載だらけの画像で)、公式コメント欄カップリング名を書く、BLよりも棲み分けをしない、挙げ句の果てには「好きな人がいっぱいいるから」「〇〇の時〇〇したから」「だってキスしてるし!(無断転載二次創作添付」って言って公式CP発言をする。

本当、馬鹿じゃないの?

同じコマに並んでるだけで結婚BLの人もよく言ってるからあいいけど、だから公式CP!はマジで頭沸いてない?いや、沸いてるんだったな。

こんな絵あるもん!だから付き合ってる!二次創作公式の見分けも知らないガキが口を開くな。

男と女から正常!んなわけねえよ。男と女が喋ってたら恋人同士って、お見合いババアかよ。

女子が言うと嫉妬だ何だって言われて相手にされないけど、別に相手女の子のことは全く嫌いじゃないし、恋愛とも友情もつかない二人の関係性もそこまで嫌いじゃない。

ただその関係を恋!愛!セックス!で区切られてチューしろセックスしろ子供作って結婚!!にされるのが本当に苦痛。この辺り年齢全く関係ない。ガキもババアもみんな行き着く言葉が同じ。何度も言うけど男と女ならどんな場所でも言っていいわけないだろ。それはお前含んだ一部の人間の妄想で、BLGLも夢も変わらない。NLから特別なわけがない。公式でないならその妄想常識のように語らないでほしい。

何でこんな文章を書いたかというと公式アプリコメント欄がこのNL厨のコメントで溢れかえっていたからだ。最近はだいぶ下火になったと思ってたんだけどな。カップリング的な地雷のせいかもしれないけど、妄言公式の場で垂れ流せる神経が全く理解できなくてすぐに閉じた。

多分もうこの狂った状況が良くなることはないだろう。原作否定するようなことが起きてくれればとも思うけど、原作を好きなように捻じ曲がった展開で臨んだらあいつらと一緒になるのでしないでおく。せめて言うなら、あのコメント欄の全員死ねばいいのに

anond:20190325162805

壺とふたば Twitterはこの時もう5年目だからもうちょい前後するのかなあ

笠松競馬場研修担当者の件

togetterまとめ見ると全然違う印象にまとめられてたけど

この人が叩かれてたというか紛糾してたのはああいう流れについてじゃないんだよね。


当初から話題になってた流れはこっち。




これ。

どう思う?


国語力豊かなはてなーには釈迦に説法だけど一応解説すると、この採用された奴が呟いてる「(採用試験に)運良く引っ掛かりました」っていうのは、難関にギリギリ合格しましたって言う喜びとか、自分のような者が受かるなんてっていう謙遜とか、そういう表現でしょう。崖に指が引っ掛かってなんとか落ちなかったとかそういうイメージ


それに対して研修担当は「あ?我々がお前を引っ掛けたって?なにその表現?(威圧)」みたいな謎の怒りを見せてるの。一瞬何言ってるのかもわからんかったけど、おそらくこの研修担当は「引っ掛ける」という言葉についてネガティブ用法しか知らないんだよね。ハメるとか騙すみたいな意味での「引っ掛ける」であるとか、もしくはいい加減な気分の行動みたいな意味での「お姉ちゃんを引っ掛ける」「酒を引っ掛ける」であるとか。


からただの謙遜表現に対してキレ散らかしてて、

それを見た野次馬もさすがに鼻白んで

「その表現はいかがなものか」って国語力についてはお前の方が採用されたバカよりやべえだろとか、

言い回しひとつまでネチネチ揚げ足とる癖に自分は「あたなた」とか書いてんじゃねーよとか、

そもそも迂闊なSNS使用への説教公式アカウント公式リプでやる研修担当の方が脳沸いてるだろとか

そういう反発が殺到したわけ。


ツイートは削除しないこと」とか言うのもパワハラマウント臭くない?

対外的問題あるツイートから指導してるってことなら、問題ツイートすぐ消させて

電話でも何でもすぐに連絡取ってコラッて言えばいいんじゃん。

なのにわざわざ消すのを禁じて晒しものにした上で「4月1日覚えてろよ」的なこと言うの。公開リプで。

この笠松競馬場研修担当からトンボ鉛筆のような気分高揚したパワハラ野郎匂いを感じると言ったら言いすぎか?


まとめ

要するに笠松競馬場研修担当者に反発してた人達論点は以下。

SNS使用法を注意してるのに自分公式公式リプで客の前(というか全世界の前)で説教というアームロック案件

言い回しなんていう細かいとこまで突くわりに日本語自分の方が怪しい。

・それどころか言い回しを注意するツイート自分が誤字ってる

SNSマナーをネチネチ言ってる癖に自分は巻き込みリプなどおぼつかないムーブを繰り返す


このアカウント相手に「何巻き込みリプしてくれてんだアァン?」みたいなアホくさい因縁つけしてる人がいるのはそういう流れで、要するに「細かいマナー言い出したらお前も全然やろ」っておちょくってるだけ。


採用された奴が勤め先のことベラベラツイートしててアホだっていうのは異存ないよ。

でもそれと研修担当者サイドのお粗末さ・パワハラ臭とは別の問題でしょ。

でも採用された奴のツイートだけ強調してああいう風にまとめると研修担当者の方の問題性や炎上は押し返せるわけだ。


はてなはほんとすぐ騙されるいい加減なコミュニティだよ。

https://togetter.com/li/1331560

言葉に傷つくな

見て見ぬふり?

俺は見ないようにするので精一杯

Twitterミュー機能があるからいいし、増田プラグインNGできる。2chなんかも専ブラ使えば無限NG使えちゃうんだぜ!

目に入れたい情報限定しような。

それでも入ってくる情報に関しては見て見ぬふりと言われても仕方がないが、それらの機能を駆使して防げないのはVtuberの関連話ぐらいだ。やつら、増え続けているかミューワードの7割近くがVtuber関連になってるし、これからも増える。

 

あと、ネットおかしな奴はいる。仕方ねぇだろ、現実おかしな奴がいるんだから。そんな奴らのために心をすり減らすな。

人間が嫌い」って何?

人間が嫌い」って意味不明だよな、

人間が嫌い」って言いまくってんのにTwitterでは人間リプライしまくってる奴いるし。

お前が嫌いなのは人間じゃなくて会話やコミュニケーションなんじゃないの?って思うんだけど。

例の誰も消防車を呼ばない漫画に対して「これだから人間は」とか言ってる奴もいるけど、それってお前が嫌いなのは人間じゃなくて群集心理でしょ。

お前が嫌いなのは人間じゃなくて人間の要素の一部分でしょ。

「会話が嫌い」「群集心理が嫌い」「政治が嫌い」「上司が嫌い」

目的語は適切にな。

性差から見る俺のインターネット

1999年 ネットに触れる。知り合い・家族サイトや好きな漫画サイト渡り歩く。サイト持ってる友達(同年代より少し上)や姉はだいたい腐女子(今思いだすと当時は自分にそんな概念すらなかった)だったので、彼女たちの掲示板交流している人たちはやはり女性が多かったのだろう。が、自分は書き込まなかったため、あまり意識する機会もなかった。


2000年前後 パスワード出力で育てたキャラを競わせられる系のゲームサイト掲示板に出入りする。男女比など知る由もないが、そこでも積極的交流をもたなかったため、ネットにおける男女を意識することもなかった。なんにせよ、この頃までネット文化にあまり浸っていなかった。

 時代的にはテキストサイトが隆盛を極めていたらしいが、直に触れたのは数年後に2chでそうした文化があると知ったあたりだ。


2002年 

 2chを本格的に利用しはじめる。それまでも存在自体は知っていたけれど大して興味を惹かれなかった。しかしこの時期2chなかにおもしろそうなコミュニティを見つけたのだ。

 アスキーアートであるアスキーアート系の板はまあいわゆるコテハンとして人格を持った人間が多かった。思い出すに、2chのなかではおそらく女性比率もそこそこあったほうじゃないかな。それでもコミュニティ空気支配していたのはホモソーシャルなそれだった。童貞ネタ共通言語になっていたりだとかソフトエロ系ではしゃいだりだとか、思い出すだに完全に男子校ノリだ。そうしたネタで盛り上がることに大して違和感もなかった。

 アスキーアート系といっても顔文字系(今「アスキーアート」と言われた時にパッと思いつくようなもの)とモナー系(モナーとかギコとか戯画化されたキャラストーリーを作る。懐かしいね)でだいぶ文化も違うし、後者に属していた自分は前者の空気をよく知らない。

 モナー系に比べて顔文字系の人は職人気質の人が多くて、モナー系の人たちみたいにあまり馴れ合わない硬派なイメージがあった。セクシズムという点ではよりストレスフリー環境だったのではなかろうか。当時は「AA職人」ということばがあったが、顔文字系のひとたちこそ本物の「職人」であり、モナー系の自分たちは彼らの技術にはおよばない、という謙遜で「AA描き」と称することがみんな多かったように思う。

 そういうオタクの謎謙遜文化はどこにでもあるものだと知ったのは、ニコ動が出てきて「歌い手」やら「踊り手」やらが出てきたころだった。

 オフ会とかも度々開かれていたようだけれど、そこでオフパコ関連のトラブルを聞いた記憶はない。目に入らなかっただけかもしれない。


2000年代中盤から後半にかけて

 まとめサイト特にアレとアレ)とニコ動とが流行りだす。今思うに、このふたつの文化圏がミソジニックなインターネット空気を完成させたのかもしれない。

 この頃になるとネット利用者の男女比なんて大した差もなかったとおもうが、よりにもよって2chというアングラとまではいわないけれど本来表には出てこない類の、しかVIPニュー速という最もホモソーシャルな部分をメインストリームに乗せてしまった。

 とはいえ自分自身はやはりそうしたノリを消費することに大して違和感もなかった。自分自身は出入りしていなかったとはいえ、それまでもVIPニュー速空気にはたびたび触れてきた。VIPニュー速の「おもしろミーム」は他の板にも輸出されていて、板ごとにネタとして様々な形で取り込まれていた。そのおかげで頭が慣らされていたのだろう。数年前になんJミーム本来文化圏でないはずの twitter などを侵食していったのと同じだ。無条件に魅力的(に見える)ミームは無条件にばらまかれる。意味不明であれば意味不明であるほど、普遍的流行る。

 この頃にはもうAAから離れていた。「AA描き」は中〜大学生の人々が多かった。もちろんネット全体が「若かった」せいもあったのだろうが、ことAAに関していえば、AA作成する時間をとれるのがそこのあたりの年代の人たちしかいなかったせいだろう。あれは時間がかかるんですよ。意外に。成長にしたがって、自然そのヒマがとれなくなる。

 そういえばやる夫系というのもありましたね。あれは基本的AAを動かす必要がなく、極端な話全部コピペで済むので書き手裾野が広かった。顔文字系の職人たちによる長年の蓄積が大衆化へのブレークスルーへ至ったわけだ。自分もたまに作っていた顔文字AAやる夫系で使われているのを見て、ちょっとしかった記憶がある。本職の顔文字系の人たちがどう思っていたかは知らない。彼らは基本、寡黙だった。

 話を戻そう。まとめサイトニコ動文化ホモソーシャル的で時に(というか大半は)セクシスト的だった。それは今と地続きなので、特に説明する必要もないだろう。

 YAHOO知恵袋ほとんど廃れかけていたテキストサイトでくだをまくだけならともかく、ネットで「面白いもの」を探そうとするとまとめサイトニコ動、あるいはその周辺の文化圏に行き着く時代だった。いずれも男子校ノリを煮詰めたような場所ばかりだった。

 当時自分可視範囲にあった、もうひとつの「おもしろそうな文化圏」ははてなだ。はてなもまた要は勇気がない非モテたちのコルドロンだった。いちおう女性ブロガーダイアラ)もそれなりに目立ったりなんかしていたが、どちらかというと悪目立ちする部類の炎上ばかりだった。そうした炎上のうちどれくらいがミソジニーによるもので、どれくらいが単なる発狂によるものなのか、思い出すべきなのだろうがあまり思い出したくはない。美しいことだけを思い出そう。たとえば、在りし日のしなもんの写真のような美しいものだけを。シリコンバレー以前にはすべてが輝いて見えたものだ。はしごたんでさえね。

2000年代のネット文化で外せないのはmixiだろうけれど、自分のなかであれは「インターネット」ではなかった。facebook とおなじ。どうしようもないリアルだ。あそこはあそこで知らぬもの同士の温かい交流が生まれていたらしいけれど、自分はそういうところまでは行き着かなかった。だから匿名コミュニティとしてのmixi空気はよく知らない。

 腐女子たちが地下に潜るもの、というのは友人の腐女子や姉を横目に見ていてなんとなく知っていた。個人サイトから個人サイトへ、フォーラムからフォーラムを旅する遊牧民たち。彼女たちが広大な領土を有していることもわかっていた。だが彼女たちの文化インターネット大通り流入することはあまりなかった。ニコニコ大百科pixivwikipedia特定の項目にそのテイストを覗かせることはあっても、彼女彼女たちであることをあまり主張しようとはしなかった。

 女性たちの国が携帯サイトに築かれている、と聞いたこともあった。あんなに不便でつながりがよくわからないi-modeに国を作ろうなどという根性理解しがたかったけれど、不便でよくわからなかったからこそ安息の地となりえたのかもしれない。あの日、あの場所にいたニンフたちはどこへ消えたのか。

 発言小町は意地の悪いはてな民たちにとってのコロシアムだった。それ以上でも以下でもない。あそこから何かしらの理解が生じるものとは考えにくい。はてな小町まとめから伝えられるすべてのエピソードほとんどフィクションめいていて、感触としてはネットロアだった。年収3000万の夫の存在を誇ってマウントしかけてくるセレブ主婦など、コトリバコと同等に虚構くさく、故に面白かった。「おもしろいは正義」が心の底から信じられた最後の日々だった。


2010年

 twitterfacebook などの各種SNS流行る。facebook はともかく、twitter はあらゆる文化の坩堝だった。サラダボウルではなく、坩堝。一番強い金属の色に染まってしまう。そこでは強い言葉や強い感情が弱い言葉や弱い感情制圧する。いまや世界コロシアムで、発言小町だ。

 twitter登録したのは2007か8年くらいだったと思うけれど、その当時有名なユーザーといえばどいつもこいつもIT技術者ばかりで、要するにはてな文化圏の延長線上だった。そのつもりで享受していた。なにせ広瀬香美が最も有力な「著名人ツイッタラー」だったのだ。1990年代ではなく、2009年の。

 潮目が代わり始めたのはいつごろかだったかはもう憶えていない。震災のころには技術者以外の人々も普通に見かけまくっていた。現在でもまだまだインターネットの気分が現実全体の気分を左右するのは難しいようだけれど、現実の気分がインターネットの気分を左右するような時代2010年まではあんまりなかった気がする。いつのころからだろう、現実インターネットを分ける作業も、誰もやらなくなった。

 いつのころからだろう、どこかに支配的なサイト存在するわけでもないのに、インターネットの気分や空気が均質になったと思うようになったのは。

 原因ははっきりしていて、自分が動かなくなったからだ。twitterinstagramfacebook。あらゆる情報空気もその三つの窓口から入ってくる。そこにはいつでもおなじみのメンツ匿名掲示板のように気づかない間に入れ替わることもない。

 そこから見えるネット世界2000年代のまとめサイトニコ動空気をひきずっている。と、同時にその空気がなんとなく場にフィットしなくてむず痒くなっているように思われる。まとめサイトニコ動で育った世界が変化していく規範コンフリクトを起こしているからともいえるし、順応しようと奮闘しているからともいえるだろう。まあ、いずれにせよ、あいかわらずジメジメした非モテ自分に値すると信じているものを手にいれられないで泣きわめている世界、あるいはそんな非モテに値すべき何かを奪われたと思って騒いでいる人々、それが俺にとってのインターネットになってしまった。

 字面にすると最悪な世界におもわれるかもしれない。それでも存外、日々の営みは楽しい。俺が長年かけて丹念に手入れしてきた世界は(運営からユーザーまで最悪なウソなうんこの塊でしかないfacebookを除き)窓から覗くネット世間風景から切り離されているからだ。

 美しいものだけを、快いものだけで庭を造ることができる。それは2010年代前半以前には許されてこなかった光景だ。

 たとえるなら、東京で部屋を自分の好きなものだけで埋め尽くして一人暮らしするのと似ている。2000年代初期はそういう部屋を作ろうとしても、タクラマカン砂漠に点在する小さなオアシスみたいなものになってしまい、むしろ風景の広漠さのほうに心とらわれてしまっただろう。

 自分だけしかいない世界があるのではなくて、騒がしい世界自分だけの隔絶した場所がある。

 俺は今のインターネットが好きだ。見たくないものを完全にシャットアウトできるわけではないが、触れたくないものには触れないでいられる。最高にコンサバティブ理想郷だよ。

 ああ?

 今日の薬? 飲んだよ、うるさいねえ。

 ところで今日ごはんはまだかね?

2019-03-25

anond:20190324090536

これって3年くらい前に流行った詐欺だよね

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

anond:20190325213202

ネット上で本名所属出して犯罪モラル違反行為自慢で炎上」って枠なら

ブコメでも言われてるけどmixiであったような…

と思って検索たらこんなん出てきた

未成年東大生? mixi日記飲酒運転告白 東大事実なら厳しく対処

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/09/news091.html

バカッターほど騒がれなかったのは、mixiID持ってないと中身見れないし

2chtwitterほどの拡散機能はないからだろうな

IS日本の片田舎からtwitterで絡んだらどうなるかな?

三セク乗り継いで爆破しにきてくれるのかな?

anond:20190325185107

結構真面目にマストドン移住検討しない?

お前の主張と違ってtwitter複垢HN運用オタクたちは棲み分けできてたと思うけどそれは昔までの話だな

いいねTL表示とかアルゴリズムTLとかリプライリーとかどんどん古き良きtwittertwitter社によっていなくなったのでマジでマストドン移住しようマジで

VR界隈、Twitterでイキりすぎ

ここ数年新しい技術製品が発表されるとTwitterVR界隈の人々が大騒ぎするのが目立つ

最近GoogleのSTADIAで大騒ぎ

あいつらはちょっと新しいのが出てくると、これはすごいぞ!ともろ手を上げて称賛し

「これを褒めない奴はわかってない」というようなことを言う

否定意見は敵意をむき出しにする

vtuberであるのじゃおじも、このVR界隈のイキリ癖に染まってしまっており

バズって有名になったあとも、他の界隈と衝突したり、武勇伝を語りだしたりとイキり倒してしま

イキコンというあだ名をつけられてしまった

VRには悪いニュースの方が今は多いのだが、彼らはそれはスルーし、良いニュースだけを強調する

彼らが称賛しまくってたものが衰退しても同様にスルーする

彼らが熱狂していた「マッハ新書」は今どうなった?

バーチャルを見すぎて現実が見えなくなってるのだろうか?

anond:20190325190357

安倍botTwitterでも複垢使いこなして反アベ活動してるぞ

それが認知されていないとはなんとも悲しい限りだ

anond:20190325175318

その障害年金出してる窓口のところにいって相談してこい

じゃなかったらTwitter広告出してるそういう系の派遣会社登録しろ

何もしないで職歴ないって泣く前に数うちゃ当たれで手数を増やせ

他にもお前みたいのいるから向こうは慣れてるし大丈夫

今夜家帰ったら派遣会社登録して明日朝一で窓口に相談、分かったな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん