「幸運」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幸運とは

2018-06-18

震源地より

ガタっ、とイスを蹴られたような揺れが起きてすぐ、ノータイムで激しく揺れた。

水平方向に揺られるより、上下の揺れが強かったように感じた。

机のコーヒーがこぼれた。

身動きもとれず、目の前の棚が倒れるのを見ているしかなかった。

冷蔵庫から中身が飛び出た。

落下したドライヤースイッチが入ってしまった。これは危ない。

我が家ライフラインは無傷、誰も怪我なく済んだ。

幸運だった。

時間も良かった。もし夕食準備で揚げ物でもしていたら、どれだけの家から火災が起きたことか。

が、近所の学校子どもがなくなったと聞いて、悲しい。

あと15分も遅ければ、1020人くらい巻き込まれていたかもしれないと思うと、本当に恐ろしい。

9歳の女の子に、せめてご冥福をお祈りしたい。

2018-06-15

無敵の人として

軽度の発達障害不登校引きこもり無職と一通りの経歴を持つ元無敵の人として。

現在ギリギリバランスながらも幸運なことに職を得て薄給ながら生計を立てることができている。

先日、職場で例の新幹線事件話題になった。

「何も失う物がない奴は怖いな~」「働けよ」

うんうん、と相槌を打ちながら内心は心臓バクバクだった。

言えない。数年前は俺がそんな奴だったとは。世の中を憎み、周囲の人間を憎み布団の下に隠し持っていた奴だとは。

今でも働きながら、労働しなければいけない運命を呪っている。どうして生まれしまったんだろう。

刺された勇敢なリーマンへの同情よりも、自己肯定できない故に良心根拠が成り立たなくなってしまった人間への共感が先立ってしまう。

無敵の人って言葉なぁ。何も守る物がなくて頭のイカれた犯罪も何でもできる。

から見たらそうなんだろうけど、実際は空気の読めない失言相手を怒らせたり、有り得ないミスを連発して孤立したりもう窮屈で身の置き所のない無敵とはほど遠い気持ちなんだよなぁ。

2018-06-13

ゲッターズ飯田氏の占いによると

ゲッターズ飯田氏の占いによると12年に1度のモテ期らしい。

ワイ、29歳の童貞。奥手で過去に3人に告白して玉砕。そんな人生から「そんなワケないやろ~」と。

5月に会社研修を終えた新卒の子挨拶に来た。同じ高校出身の仲良し3人組。2ヶ月前はJKってワケ。

別の部署だし、ワイ人見知りだからおはようございます」ぐらいしか言葉を交わさなかった。

たまたま休憩室で元JK3人の内2人と一緒になった。

2人はガンガン質問してくる。

「○○さんっていくつですかぁ~」

彼女いるんですかぁ~」

出会い無いんですかぁ~」

今思えば人見知り丸出しの返答しかできなかったわ。「若人」ってだけでビビッてたわ。

んで、なぜか、ホントになぜか「○○さぁ~ん、おはようございますぅ~」と明らかに前日とトーンが違う挨拶がきた。3人とも。1人居なかったよね昨日。

終いには「○○さん好きだも~ん」「え~私のほうが好きだも~ん」なんて会話までしておる。

もちろん冗談で言ってるし、人見知り丸出しの返答を見てからかってる部分もあると思うんだけど、10コ上のおじさんは本気でテレちまったよ。

ゲッターズ飯田すげぇ。モテ期が来た。7月が幸運の月で勇気を出せば付き合えるらしい。マジかよ。

去年まで女子校生だった子、しかも3人ともカワイイときたもんだ。軽い冗談だとしても、今まで愛されることなんて無かったから夢のようだ。

こんなにも熟女好きなのに。

痩せるのってそんなに大変なの?

そういう体質なのか10代後半から体重が全く変化していない。

おそらく変動しても±1kgくらいに収まっている。

20代後半だが、身長170cm体重56kgで、BMIで言うと痩せ気味の標準体型。

今までダイエットしようだとか、体型を維持しようだとかは考えたことがない。

1日3食好きな量を食べているし、間食もあまりするほうではないが、昼間にチョコレート煎餅を1つ2つ口にするくらいならほぼ毎日している。

まり自分特に何も意識せず、好きなものを好きなように食べているだけで、太りもしないし痩せもしない人間なのだ

 

だけど、自分のような人間は少数派で、世の中の大半の人は油断するとすぐ太るらしい。

TVを見ても本屋に行ってもダイエット情報はこれでもかと言うくらいに溢れている。

それも、ここ数年だけの話じゃない。

物心ついたときからずっとだ。

おそらく物が満足に食べられる時代になってからずっと。

不思議なのは単に健康指南する情報でさえ、当たり前のようにダイエットの話になることだ。

どうしてぽっこりお腹を凹ませることを前提に話が進んでいくんだ?

こっちには凹ませるお腹がないのだが。

どうして糖質0がヘルシーなんだ?

どうして脂肪を分解しやすくするのが健康的?

健康って痩せてることなのか?

 

そして、何よりも疑問に思うのが、痩せる方法なんてどう考えたって一つに決まってるのに多くの人がそれを実践していないことだ。

どうして食べるのをやめないんだ?

食べなければ痩せるんじゃないのか?

そりゃあ健康的に痩せるためには筋トレだの有酸素運動だの必要なのだろうが、究極的に言えば体の脂肪が全部なくなるまで何も食べなければそれで痩せられるんじゃないの?

1日3食好きなだけ食べると太ってしまうのなら、1日2食にするとか、それぞれの食事の量を減らすとかして、一日の消費カロリーより摂取カロリーを低くすればいいだけなのになぜそれをしないんだ?

食べなければそれだけ食費も浮くし、高い月謝を払ってスポーツジムに通ったり、高価なサプリメント健康食品なんて買わなくて済むのに。

空腹ってそんなに我慢出来ないほどに辛いことか?

健康人間なら丸一日絶食したって余裕で生きていられるだろう。

それなのにせいぜい数時間の空腹も耐えられない?

 

あと、お菓子ケーキを目にすると二言目には「でも太るよ」って言う女の子、マジなのか?

だってケーキを1つ食べたとしてその重さはせいぜい数十gだろう?

水分やうんこになって出る分を考えたら身に残る重量は少しだけのはずだ。

にもかかわらず、そのケーキ1個食べただけで太るのか?

 

なんてことを言うと顰蹙を買いそうなので普段誰にも言えない

まぁ世が世なら真っ先に死ぬのは自分のような体質の人間なのは間違いないのだろうが、現代においてダイエットなんていう不毛行為に少しの時間お金も使わなくて済むのは幸運と言えるだろう。

でも、大多数の共有する価値観を少しも理解できないというのもまた寂しいものだ。

 

追記:

初めて増田に書いたんですけど、700個くらいコメントがあってびっくりしました。

やっぱりダイエットってセンセーショナルトピックなんですかね~。

でも、なんていうか、コメントに品があっていいですね、ここは。

ついてたコメント大体読みましたけど、30~40代からが本番って意見が圧倒的に多かったですね。

「ほら、見たことか。10年早いって言ったろ」って笑われないように、今のうちから気をつけたいと思います

2018-06-08

親を辞める日

から3ヶ月ほど前に初めて親になったわけだが、今からすでに親を辞める日について考えている。

子供が無事に成長して独り立ちをし、それで親を辞められるなら最高だ。そうなった暁には元子供と一緒に割り勘で酒を呑みに行きたい。

次にいいのは、子供三行半を叩きつけられることだ。子供との関係は悪くそれで子供は苦しんだのだろうが、それでも自分の元から出ていけるようになってくれたのならばそれでいい。

次は、自分から親を諦めることだ。どうしても子供を育てることが辛くなったのならば、然るべき人に子供を託してそれで親を辞める。この決断子供を育てる間常に選択肢に入れておきたい。

悪いのは、親を辞められないことだ。

2番目に悪いのは子供が自立できるように育たず、いつまでも面倒を見ていないといけないことだ。子供の自立心をスポイルする何かに気づくことが出来ずダラダラと過ごしてしまうとこうなってしまう気がする。

1番に悪いのは、子供が育ちきらないうちに死んでしまっていつまでも親を辞められないことだ。これはなんとしてでも避けたいが、こればかりは幸運を祈るしかないのが辛い。

と、ここまでつらつら書いたが親子関係というのはなかなか割り切れるものでもないとは自分と親の関係を見ていて思う。親はいつまでも親だし子供はいつまでも子供というのもまた真実なのだろう。

それでも、親を辞める日がちゃんと来ることを願って子育てに取り組みたい。

2018-06-04

anond:20180604181648

はい、また被差別者たるロリコン気持ち無視する奴がいました。

あんたが悠長にロリコンマウント噛ませるのは、「幸運にも」ロリコン始めとする性的少数者に生まれなかったと言うだけ。

田端氏と高須院長の炎上コインの裏表である

ここ最近Twitter話題になった2つの炎上」。

かい経緯は省くが、高須院長は「自分たち世代若いころすごく頑張り、そのおかげで今の日本がある」、田端氏は「過労死自己責任」みたいな意見tweet炎上した。

いずれの意見もかなり極端に聞こえるが、これらをもし、諫言または励ましとして受け入れるなら、いかなる人も逃れることができない二つの事実を思い出させてくれる。

すなわち、

未来予測できない

人生は有限である

まず高須院長に対するの反論をみてみよう。主なものは「昔の高度経済成長期と、不景気が長引いている現代を一緒にするな」という一見もっともなものだろう。

しかしそれはあくまで結果の話であって、高度成長期日本人の誰一人として、その好景気が続き日本が発展することを「知って」いた人はいないのだ。

高度成長期の初期ですら、戦争やらインフレやら、10年後の日本がどうなるかは誰にも予測できなかっただろう。

好景気に沸く周りの人達にならってモーレツに働いたとしても、再び焼け野原生活に戻ってしまうかもしれないという不安を、杞憂と切り捨てることはできなかっただろう。

だが結果的には、モーレツに働いた人はモーレツ生産し稼いだし、道路建物破壊されることなくいまも国土の礎となっている。

これらの礎を作り上げた人々は素直に尊敬されるべきであるし、そもそもそれを我々が称賛できるということは幸運以外の何物でもないのだ。

未来は予想できないのに、今の状況に絶望して、あきらめて何もしないのは賢明とは言えない。

また実利的な見地から言っても、好景気ときに最も利益を得るのは不景気のころからすでに動いていた人々である。これはどこか投資哲学みたいだ。

次に田端氏の意見について。

あえて一言で言い換えてみるするなら上述の「未来投資しろ」に対して、「自分が何を投資しているか把握しろ」ということではないだろうか。

若いうちは特にそうだが、自分の体力、気力はいくらでも湧き出てくると勘違いしがちだ。大間いである。

今頑張れば将来は楽しいことが待っていると考える。大間いである。

たとえホワイト企業に勤めていてリア充で素晴らしい日々を送っていても、職場に何日も泊まり込みで働きづめでも…

我々は明日には死んでるかもしれないのである

病気にかかるかもしれない。Gウイルス感染するかもしれない。歩いてたら後ろからスピードのプリウs…(話がそれそうなので省略)

自分人生リソースがどのぐらい残っているかはなんとなく把握できても、最初に言ったとおり未来予測不能なのだ

何に対して自分人生をつぎ込むかは自由なのである。今の日本なら、自由にできる選択肢は控えめに言ってもかなり広い。

個人的事情自由制限されている人はもちろん大勢いる。ただその中で何を優先するかは、自分で決めていいはずだ。自分で決めるべきだ。

逆に言えば周囲がいくら心配して助けようとしても、勝手にやめさせることはできない。

嫌なことでも、逆に好きでしょうがないことでも我々は人生リソースを確実に消費しているのだ。

でもそれを誰かに言われたとおり、まるで家畜のように消費し、いざ請求書がきたところで「こんなはずじゃなかった」と後悔しても誰も何もしてあげられない。過去は変えられないからだ。

タイトルにしたがってまとめると、両氏の意見は「未来投資しろ」と「自分が何に投資しているか把握しろ」という、向いている方向は反対でも、同じことを言っているのではないか

それはつまり自己決定についての異なった二つの側面、「自分のことは自分で決めろ」の両面なのだ

それは誰に対しても当てはまるアドバイスである。彼ら自身にさえも。

2018-06-02

ポジティブゴキブリニュースくれ

久々にゴキブリ見た。しかも成長途中みたいな大きさの。これからもっと大きくなるのだと思うと恐ろしい。

退治しようとしたけど、薬持ってきた頃にはいなくなってたわ……。

まりゴキブリ同棲。あーヤダヤダ。

もういっそのこと、「実はとっても綺麗好き!」とか「幸運の生き物♪」みたいなデマが流れてほしい。嘘でもいいから信じたい。

ポジティブゴキブリ情報くれ。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180531-OYTET50010/?catname=column_son-mihyon

何故だかスマホからブクマ出来なくなってしまたからここに書いとこ。

そうだね、子供基本的に世話をしてくれる人になつくものだ。

で、思うんだけど、なつかれないほど子供に関われないのに子供を産む、パートナー子供を産んでもらう、あるいは養子を得るって、何が楽しくてそんなことするのだろうと。

そんなん身体と財布が傷むだけじゃん。

生活クオリティを落としたくなければ子供なんか産まないに限る。

けれど子供存在自体人生必要不可欠なものだと信じていれば、子供はどうしても欲しいものなのである

私の母なんぞ根は子供嫌いらしいのだが、三人も産んでしまった。何故かというと母曰く昔は女は子供を産まなきゃいけない時代だったそうで、要は爪弾きにされない為に仕方なく産んだという事らしい。いずれ子供が親の世話をするのも当たり前と思ってるしな。

そういう実利があってこそ子供必要とした訳だ。

私にも子供がいるけど、母とは別の動機子供が欲しかたから産んだ。

動機は何かっていうと、単に母親というものになって子供受精から育ててみたかったという事が主である

私が子供の頃実家では猫を飼っていたのだけど、当時はペット避妊をさせるという概念がなかったし、飼育環境も雑だったので、猫達は好き放題に仔を産んでいた。

家の軒下とか時には取り込んだ洗濯物の山の中で猫が出産し、産まれたばかりの仔猫を見る機会に私は大層恵まれていたのだが、仔猫を触る事はあまり出来なかった。何故って仔猫人間に触られると母猫に殺されてしまう事があるからである

こんな素敵な生き物が目の前にいても自由に触る事が出来ない事にもどかしさを覚えた。

後に、猫以外のものでも、赤ちゃんというのはとても素敵な生き物である人間赤ちゃんしかり、という事を知った。

赤ちゃん自分のすぐ側に置きおおいに観察し共に遊ぶにはどうしたらいいかといえば、女である私は自分で産んじゃえばいいという選択肢があり、幸運にも産めたので二人産んで、今に至る。

そんな私であるので余計、子供を産んでも子供に関われる時間があまりとれなくなりそうという状況で子供をあえて産むという選択を取るという事が、有り得ない事のように思えてならない。

今はひとたび社会人になると性別関係なく昭和のお父さんよりもハードに働かなきゃいけない時代だ。

だって子供を見る時間は朝と夕方のごく僅かな時間しかもその時間殆ど子供は機嫌悪く過ごしている。

となれば、何が楽しくて子供なんか持たなきゃならないのだ。

(ちなみに私は嫁ぎ先が田舎価値観くそ古いのを逆手に取ったので、裕福ではないのに子供を得る事に成功出来た。子供勉強は私が自分で見てるので塾代0円、リーズナブルである)

2018-05-30

anond:20180530073551

暴力権力で隷従させて上の意のままにされている事例は社会でも多く目にするけどね。

増田幸運にもそんな事例を見なかったのかもしれないけど

2018-05-28

anond:20180528225614

元増田です。ありがとう

もしできたら幸運なことだと思う。

できなかったら普通に一生自責しそう。

外食納豆高すぎ問題

私は納豆が好きだ。

ランチ外食ときは、

定食納豆を付けたいと思うことが多いのだが、

居酒屋ランチだとそもそも納豆メニューにない店が多い。

まぁそれはいい。

しかし、幸運にも納豆オプションがあっても値段が100円前後する場合が多い。

これは納得がいかない。

安い牛丼チェーン店でも80円だ。

これでは安易に注文できない。

なぜこんなに高いんだ?

国産でない大豆で3〜40g程度なら、スーパーで4セット100円という所だろう。

もちろん店の利益必要だが、

そこまでメジャーでないオプションに利幅を乗せれば需要が減って結局損にすらなるのでは・・・

牛丼チェーンならばせいぜい5〜60円にするべきだ。うん、まさにその通り。

とそこまで考えてからたかだか数十円の差額で好きなもの我慢するのも馬鹿らしいと思い至って納豆ご飯食べた。

2018-05-27

anond:20180527114338

お前は他人説教するんじゃいくてたまたま同じゲームをどれだけプレイしても飽きないガイジに生まれ幸運感謝しろ

2018-05-23

anond:20180523022649

なぜTVマンガサザエさん」は、あんなに暗いのか

波平さんもマスオさんも、事務職リーマンで、糞つまんない書類整理や計算仕事自分の大切な人生時間を費やし、熱中できる趣味なんかも無いみたいだし、酒飲むくらいしか楽しみが無い悲しい人生

フネさんとサザエさんも、やりたい事なんか何も無い無料女中

こんなクズの家庭に生まれ子供達もロクな人間になれる訳がありません。

 

なんでこんな悲惨家族の話をマンガにしなければならないのか、

子供心に不思議でなりませんでした。

 

歯医者に行った時、単行本の「サザエさん」を見て、謎がとけました。

サザエさんの話は、戦時中から終戦直後に書かれた話で、

日本は本当に不幸で暗い時期だったんですね。

 

謎がとけたと思ったんですが、

実は勘違いでした。

 

大人になって社会に出てみると、驚愕事実が俺を襲います

なんと、現代東京でも、サザエさんのような悲惨家族がいっぱい在るんです。

TVの「サザエさん」が暗いのは、原作が古いからという理由では無いようです。

 

サザエさん」は、国民意識操作を行なう為の洗脳番組だったんですね。

生き甲斐のある人生なんか求めてはいけません。

何も考えずに働きなさい。

仕事なんかつまらなくて当たり前です。

こういう無意味人生が「幸せ」という物なんです。

あなた幸せです。

あなた幸せな国、日本に生まれ幸運です。

日本感謝してせっせと働きなさい。

 

という事です。

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-292.html

2018-05-21

Q.なぜあなたは生きているのか?

A.

交通事故に遭わず、致命的な病気にも罹患せず、心臓発作等も起きておらず、通り魔に襲われてもおらず、雷にうたれる事もなく、腐った食品を口にもしておらず、高いところから落ちたわけでもなく、逆恨みか何かで刺されているわけでもなく、線路に落ちたわけでもなく、テロリスト爆弾で吹っ飛ばされる事もなく、寒い日にうっかり外で寝込んだ事もなく、熱中症でそのまま倒れたわけでもなく、乗っていた飛行機が墜落したわけでもなく、赤ん坊の頃変なものを飲み込んだわけでもなく、餓死するような飢饉に遭遇することもなく、乗っていた電車脱線事故を起こしておらず、頭上から看板なり植木鉢なり何なりが落ちてきた事もなく、風邪インフルエンザ悪化してそれきりになんて事もなかったため。それが幸運な事なのか不運な事なのかは知らないし知ったことでもないが。

2018-05-19

anond:20180518184020

ICU看護師です。

(※夜中に記事を見て勢いで書いていますので、最新のガイドライン準拠した内容である査読していません。蘇生に実際に携わった経験複数回あり、ICLSで複数回トレーニングを行っている者が経験記憶を元に書いていることをご了承ください)

現時点では専門家としてのコメントが見当たらなかったので少しだけ書きたいと思います

救命専門家かと言われると自信はありませんが、院内でも心停止心臓マッサージとなると、蘇生後(あるいは蘇生しながら)ICUに入るのがセオリーです。当然、院外から運び込まれますもつまり私たちは「蘇生がうまくいった人」「蘇生いまいちだった人」「蘇生がうまく行かなかった人」のその後を実際に見ている立場です。

まずは、倒れた方が速やかに蘇生して何よりです。搬送されたその後は気になりますが、いろいろな意味で、これが一番良かったことです。

次に、大変お疲れ様でした。とても疲れられたと思います

僕たちは定期的に、より高度な人形(胸を押す深さを記録したり、電気ショックを実際に行うことができるなど)でトレーニングを行いますし、実際に院内心停止対応したことも一度や二度ではありません。

慣れている僕たちでも、単純な運動としてもかなり疲れますし、頭をフル回転させて原因検索現場マネージメントを行うので、終わった後はどっと疲れます。慣れない一般の方であれば、アドレナリンがドバドバ出て、興奮が冷めたころにものすごい疲労を感じられたのではないかと思います。本当にお疲れ様でした。

そして、文面を見る限りでは、バイスタンダー(居合わせた人)としてのあなた対応は間違っておらず、正しい処置をされています安心して下さい。一番言いたかたことはこれです。

・脈拍について

もし本当に心臓が止まっていたら、あるいはとても弱い拍出しかなかったら「脈は触れない」ので探す必要はありません。

例えば、熟練者が1~2秒で「脈があるorない」と判断し即座に心臓マッサージを開始するのであればそれでもいいかもしれませんが、反応と呼吸がない(もしくは死戦期呼吸という喘いでいるよな呼吸)の時点で心停止とみなすため、特に熟練者では今回の対応が正しかったと言えます

救急隊の方の発言真意はわかりません。

肋骨骨折について

私は肋骨どころか胸骨を折ったこともあります。仕方ありません。何もしなければ死んでしまうので、よくぞ続けてくれました、という所存です。

患者さんはICUで「胸が痛い」と言います。実際かなり痛そうです。いろいろな痛み止めの薬などで対応しますが、リハビリをし、退院されていきます。それは初期対応が的確になされ、障害がないあるいは軽微であったからこそです。

時間を記録していること

大相撲の件でもどなたかDrが言及していましたが、心停止蘇生の時刻を記録しているのは非常に重要なことです。心停止時間が長くなれば、心拍や呼吸が戻ったとしても、脳がダメージを受けて植物状態のように意識が戻らない方もいます心停止心拍再開の時刻がわかれば、脳のダメージがある程度予測できますしかし、一般の方がムリに記録する必要はないと思います。できるだけ早く心臓マッサージを始めること、良質な心臓マッサージ可能な限り絶え間なく続けること、AEDを適切に使用できること、これが優先です。余裕があれば時間の記録をお願いします。

心臓マッサージはもちろん生死の問題です。しかし、同時に社会復帰できるかの問題でもあります

蘇生までの時間が長かったとき上記のように、身体は生きていても意識は戻らずずっと寝たきりのままになるかもしれません。

あるいは脳がダメージを受け、言葉がうまく使えなかったり、身体が十分に動かなかったりするかもしれません。

早くAEDにつなぎ、電気ショック心拍再開することや、心拍再開するまでに胸骨圧迫が上手に行われて脳に血液が通っていることで、こういった可能性、程度が少なくなるということです。

そういう意味において、今回のケースは、蘇生が早かったこと、そしてバイスタンダーであるあなたが速やかに適切な処置ができていたこと、倒れられた方にとって幸運だったと思います

最後に、環境について(誰も交代しようとする人がいなかったこと、駅員さんの情報共有?など)は残念に思うことがいくつかあります

特に、駅員さんを含めて誰も心臓マッサージを交代しようとしなかったこと、AEDを持ってきてくれなかったことです。

今回のようにすぐに心拍再開しなかった場合、5分も経たずにあなた心臓マッサージは「有効もの」ではなくなります。そして、AEDの装着と解析はできるだけ早いほうがいい。

今回の記事が良い形で広まりあなたのように適切な初期対応ができる方が増えることを期待します。

お疲れのところ、詳細な日記をお書きくださりありがとうございました。

2018-05-18

anond:20180518023245

夜遅くまでお疲れ様です。私も今マーキングが終わったところです。

名古屋大でのことは、よくよく聞かされていますあくま空想からこそ、現実に対する慰めたり得るのではないでしょうか。

私に科学研究の適性がないことは、この一年でよく理解できました。そのため院などの選択肢もすっぱり切ることができたので、そこはこの部屋に感謝しています

2点もアドバイスいただきありがとうございました。

就活時間をまわしたいため精神科カウンセリングを受ける予定はありませんが、久しぶりに図書館へ足を向けてみようと思います

貴方にも幸運がありますように。ご自愛ください

2018-05-17

anond:20180517214505

喜んでないね

震災にあったのは、私の地元からな。

からこそ、震災危機感を持ってる。

仙台市の例を出しているようだが、

津波被害がひどかったが、

ガスタンク炎上した以外は

火事が少なく済んだからマシだったし

ビルは低いのが多いのと密集が東京ほどではないから倒壊が少なかったんだよ。あれでも幸運だったんだよ。

あんたこそ、危機意識が無いようだね。

震災にあった人たちがまだ生活を立て直すために苦労してるのを私は知ってる。

あなたのような見積もりが甘い人間

原発事故絶対に起きないなんてうまいこと言ってたのを知ってる。

我が母の与え給えし本(謎な奴)

https://srdk.rakuten.jp/entry/2018/05/16/110000

に触発されて。

幼少期の読書体験って、まあまあその後の人生に影響与えると思うんですよ。おかげさまでまあまあ本も読むし、公式趣味読書、と言っていい感じ(増田やら提督業やらとはいいにくいからね)です。SFもつまみ食い程度には読みます

あとはファミコンマンガ禁止ってのはでかかったと思うが、後者はなし崩しになりました。ジャンプ黄金期に追走できなかった嫌いはありますが。しかし、いまだにこの方針をぶち上げた我が母が、何だってこんなもん買い与えた謎な本がある。たぶんこれ以外もあるだろうけど、まあパッと思いつける範囲で3冊。

これで人生が変わったような、変わらなかったような。

エジプトミイラ(絵と文 アリキ)

初っ端からこれだよ。このタイトル絵本というのが意味が解らない。読み聞かせなんてぇ物があったかは覚えていないが、これはそういう絵本じゃないだろう。買ってもらった記憶は当然ないが、いつの間にかあった。ミイラ呪いか。

更に言えば、内容はリアルガチだ。古代エジプト人死生観宗教観に始まって、話はミイラづくりに至る。死んだファラオの鼻の穴にカギを突っ込んで脳みそを引きずり出す、なんてぇ描写ちゃんとある。絵のおかげでそうグロくはない。むしろ「墓をちょっと良くしたら死体が腐って困るようになった」という逸話ダメになった白骨さんが怖かった。あと脳みそ引きずり出し職人も怖いっちゃ怖い。もっとも、こいつらのせいで、長らく脳みそしわのところからほどけてうどん的なヒモ状になると信じていたのであるが、それはまた別の話だ。

エジプト旅行に行く時の入門書にぴったり。後年、本当にわが母とエジプト旅行(父は流石に第三世界に女一人で出すのは気が引けたらしく荷物持ち)に行くことになるのだが、それは10年近く後の話なのである。当時から行きたかったのかな・・・??

続々パイプの煙 團伊玖磨

正確には「与え給いし」ではなく、その辺に置いてあっただけなのだ・・・。家にあった子供読み物が終わった後に、その辺に転がってるからと言って読みだしたのがこれ。高学年とはい消防にゃ早すぎるんではあるが、止めもしなかった。いいエッセイですよええ。このほかにシリーズが何冊かあって、いずれも好きだったけど、なぜか巻が飛び飛びにしかなかった。これとこれもなぜか転がっていた「のらくろ少尉」「のらくろ決死隊長」のおかげで旧字体アレルギーが付かなかったのは幸運か。しかし、我が母、なぜ全巻頭から揃えようとしないのか謎。のらくろは何であったのかも謎で、カバーもないのでページをめくらない限り何の本かわからないという代物だった。どの版だったかも判然としない。今調べりゃいいんだけど。

まあとにかく、こっちの方から昭和戦後エッセイ方面マンボウ・狐狸庵等あだ名つけるシリーズ村上朝日堂あたりまでがその範疇にらんでいる)の攻略に乗り出すのである。ただしこれは血のなせる業か、マンボウ読んでも狐狸庵未読、みたいなずさんな揃え方をするのである

素晴らしく長く憂鬱な一日 椎名誠

ある年の誕生日プレゼントの一冊。中学生入ったかも。ちょっと記憶あいまいで、「わしらは怪しい探検隊」(外で焚火をするのも好きなんです、今もって)を読んでいたので、それで適当作者買いしたのかもしれないが、こっちが先だったのかもしれない。後者ならなんでこんなもんを、との思いが強くなるし、前者だとしてもあんまりだ。内容はというと、やや病的(当時椎名鬱病だったはずである)な男が新宿から帰宅する間に抱える妄想を含めてダダ流ししてある、という代物である文体は後の椎名SFを読むときの抵抗を減らしたような気もする。これとお約束星新一さら小学校にあった謎の子供用SFシリーズ零戦の亡霊が復活して子供教育を始めたり、ソ連!の科学者一家火星移住する話を憶えている)によって、SFつまみ食い癖が付いたようだ。

2018-05-15

オタクはいだって↓見下せる相手↓が♡大好き♡

 これは信じていいことなんだよ。何故って、永遠の17歳()あんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの投票結果が信じられないので、この二三日不満だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。@オタク@は いつだって ↓見下せる相手↓ が ♡大好き♡。これは信じていいことだ。

 どうしてオタクが毎晩家へ帰ってシコる道で、シンデレラガールズの無数にあるアイドルのうちの、よりによって◯◯で△△△、17歳()のうさみん星人なんかが、アニメ主人公を押しのけて浮かびあがって来るのか――おまえはそれがわからないと言ったが――そして俺にもやはりそれがわからないのだが――それもこれもやっぱり同じようなことにちがいない。

 いったいどんな高嶺の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、オタクの思い出のなかへ勝ち組自分との圧倒的な違いを思い出させるものだ。それは、よくシコった同級生が完全な蔑みの目で睨むように、また、音楽の上手なイケメンがきまってなぜかオタクをいじってくるように、約束されたカーストの追いすがる影踏みのようなものだ。それはオタクの心を打ちのめさずにはおかない、不思議な、生き生きとした、息苦しさだ。

 しかし、昨日、一昨日、オタクの心をひどく陽気にしたものもそれなのだオタクにはその苦しさがなにかアイデンティティのようなもののような気がした。オタクは反対に感涙になり、共感となり、満悦な気持になった。しかし、俺はいまやっとわかった。

 おまえ、この爛漫と咲き乱れているウサミンへ、何か惨めな属性が埋まっていると想像してみるがいい。何がオタクをそんなに安心させていたかがおまえには納得がいくだろう。

 初代ポケモン遊んだオタク就職氷河期を食らったオタク、そして自分より若い上司に叱られるオタク童貞のままみな老化して髪がぬけ、堪まらなく臭い。それでいて中高生のような性欲をむらむらとむらしている。ウサミンはバブミをオギャらせる母のように、それを抱きかかえ、アダルトチルドレンの遠吠えのようなババァ認定を許して、その乳房を吸わせている。

 何があんな票田を作り、何があん二次創作を作っているのか、オタク売れ残りを見下すような視線が、静かな共感を作って、アイドル親友のように煽ってゆくのが見えるようだ。

――オタクは何をそう偉そうな顔をしているのだ。惨めたらしい自虐芸じゃないか。俺はいまようやく瞳を据えてオタク性癖が見られるようになったのだ。昨日、一昨日、俺を不安がらせた神秘から自由になったのだ。

 二三日前、俺は、ズボンを膝まで下ろして、pixiv彷徨っていた。検索結果のなかからは、あちらからこちからも、児童ポルノポロロッカのように生まれて来て、オタクの理性が空をめがけて舞い上がってゆくのが見えた。おまえも知っているとおり、奴らはソレで気持ちよく射精をするのだ。しばらく眺めていると、俺は変なものにでくわした。それは女の肌が曲がり角へ、小さく食い込みだしている、音無小鳥だった。思いがけない幸運を詫びるような台詞が、エロ画像に浮いているのだ。おまえはそれを何だったと思う。それは何万ユーザーとも数の知れない、アイマスユーザーのシコった絵だったのだ。隙間なく画面を被っている、小鳥さんの重ねてきた年齢への卑下が、オタクにシコられて山のような共感を集めているのだ。そこが、可能性を終わった精子墓場だったのだ。

 俺はそれを見たとき、胸が衝かれるような気がした。知り合いの垢を暴いてネトストを嗜む変質者のような残忍なよろこびを俺は味わった。

 ただの美少女ではなにもオタクをよろこばすものはない。幸子や杏からも、シャアバブみにオギャらせている桃華ちゃまも、ただそれだけでは、未来あふれる美少女に過ぎない。オタクには負け組必要なんだ。その平衡があって、はじめてオタク好意は明確になって来る。オタクの心はぼっちのように孤独に渇いている。オタクの心に失意が共鳴するときにばかり、オタクの心は和んでくる。

 ――おまえはワキの下を拭いているね。ワキガが酷いのか。それは俺も同じことだ。何もそれを不愉快がることはない。べたべたとデオナチュレを塗ってごらん。それで俺達の老化は完成するのだ。

 ああ、@オタクはいだって↓見下せる相手↓が♡大好き♡!!

 いったいどこから浮かんで来た空想かさっぱり見当のつかない自虐が、いまはまるでウサミンと一つになって、どんなに頭を振っても離れてゆこうとはしない。

 今こそ俺は、あの虹の裏の下でスレをひらいている村人たちと同じ権利で、ウサミンの絵でシコれそうな気がする。

2018-05-14

バトンが折れる話

人生攻略が順調な人にとっては、そこに何ら疑問も浮かばないのだろうけども、順調じゃない人にとっては馬鹿馬鹿しくてバトンをへし折りたいことは多い。

誰かが言ってたけど、俺らの世代って「シーソーを端から端まで歩いていくような人生だよね」って。最初のほうは先が上ってて希望が見えるけど、真ん中らへんで急にバタンってなって未来の先行きが下がったよね。

知り合いの結婚式

 →いや俺は結婚とか無理だから祝儀を受け取る機会が無いし、払うばっかりで損するばかりじゃん。仮に結婚したとしても式とか挙げるカネないし。祝儀だけ集金するの?

子供の日

 →いや俺が末代だし。俺が祝う子とか設けられないし。年金制度崩壊するから、俺が老いぼれたその時代の子から社会的に支えられるとは限らないよね。現代それが重すぎてひどいことになっているのだから、それが是正される未来では、老いぼれの俺が若者から搾取できるリソースは減るだろう。

搾取・カモ・としての目線抜きで、大人社会的子供存在に対し希望が見いだせるかどうか。それが問われている。

父の日

 →感謝できるような父を持つことのできた幸運人生感謝すべきだよね。持てた人は良かったね。

母の日

 →感謝できるような母を持つことのできた幸運人生感謝すべきだよね。持てた人は良かったね。

本質的感謝すべきは父母に対してではなく、幸運に対してだよね。

人生の初回ガチャたまたまSSR親を引き当てたに過ぎない。

敬老の日

 →いや既に現代ですら老害と呼ばれ敬いリティ(リスペクティティ?)がとても低くなってるのに、今後はどんどんそれが低くなっていくわけで、俺が老いぼれたとき敬われないことが確定してるのになんで敬わなきゃならないの?

年功序列概念が反転してマイナスになった感じ。

知り合いの葬式

 →これも結婚式と被るけど、自分は式をやらない、やってくれるような親類もカネもないのに、なんでそんなに包まなきゃならないんだ・・。

ナウなヤングはみんな東京いってそのまま田舎へ戻らないし。お坊さんを呼べば檀家に入るとか墓を守るとかあるけどそんなん無理な人が増えていて、守られなくなる家、墓、檀家、増える一方でしょ。

「墓じまい」が増えて集合墓地が増えてる。ワイのパッパも樹木葬いう集合墓地の枠を確保済み、実家リバースモーゲージやで。

アムロはいいよね、帰れる場所があって。

会社飲み会

 →タバコ臭いか行きたくない・・。メリットが薄い。功労賞でチームに対して出たお金とか、なんで飲み会しか使わないの。高級なオフィスチェアを買うとか、空気清浄機買うとか、ドクターペッパー箱買いして飲み放題にするとか他にもあるでしょ。

年功序列

 →若いころ苦労すればトシとってからラクできる。だから辛酸舐めて生きてきた。年金は払った以上に貰えるし、敬われるし、無能でも出世できる。

そう信じて生きてきて「実際ラクできた」逃げ切り世代はうらやましいよね。

ラクできそう」が揺らいできた、老害扱いされる「逃げ遅れ世代」。

ラクなんてできるはずないじゃん」の「年金崩壊世代


バトンリレーされない。

未来は続かない。

個々人の「俺が末代」意識からくる合理的選択と、その合成の誤謬

持続不可能社会って、こういうことなんだなぁ。

2018-05-10

宇宙よりも遠い場所感情的ネタバレ感想

話題になってたかアマプラで見た。

なんか女子高生南極行くんだって。感動したって感想多いな。見てみるか。

はなからマリのことが嫌いだった。突然現れたしらせの夢に乗っかってる癖に、夢目指してます!って顔をしているキマリが。

流されてるだけじゃん、その場のノリだけじゃん。

そして日向が現れ、結月が現れた。

えっ、てっきりもっと努力して南極へ行く話かと思ってたよ。そんな都合良く芸能人が出てきて都合良く南極行けちゃうシンデレラストーリーだったの。まあ南極へ行く話なのに修行回積みすぎるのはまだるっこしいもんね。仕方ないよな。お話だもんな。早くペンギンさなきゃね。

これはそういうアニメだったんだ。私のための物語じゃない。あとは綺麗でよく動く映像を眺めてればいいかな。

でもめぐったんは違った。

めぐったんは「こちら側」の人間だった。

南極へ行けない側の人間

置いていかれた人間

偶然の幸運なんて降ってこない人間

選ばれなかった女の子

めぐったんの卑劣さは私の中にもあるものだった。

から凡庸なくせに幸運に選ばれたキマリ嫉妬したのだ。

だけどめぐったんは言う。

「ここじゃない所に向かわないといけないのは、私なんだよ!」

ああ。

マリが変わるのに南極まで行って帰って来る旅が必要だったというのに、この子自分がいる町で幸運の手助けを借りずにそのことに気づいたんだ。

聡明な子なんだな。

マリのことが嫌いだったのは、人に乗っかって南極行きを掴んだそのズルさが、罪悪感が、私の中にもあったから。

他人から借りた夢を夢と言える図々しさを見ないようにして生きてきたから。

マリ凡庸さも、めぐったんの卑劣さも、どっちも私の中にあるものだった。

から、めぐったんがキマリ攻撃してくれたことで、私はやっとキマリと一緒に南極へ旅立つことができたのだと思う。

めぐったんを受け入れたキマリは正直頭おかしレベル天使だと思うけど、あんまり深く考えない子の一言に、考えすぎちゃうタイプの子が救われるのは、けっこう覚えがある。

そうして、最終回でキマリを見て、たとえ借り物の夢でも、一歩踏み出せるんなら別にいいじゃんって思えた。

もし嫌になったら、その時に自分だけの夢を探したっていいんだもの

私たちは選ぶことができるんだから

めぐったんは5話で置いてかれたっていう感想を見たんだけど、私は違うと思う。

マリが旅に出ることで変わった子なら、めぐったんは変わることで旅に出られた子なんだと思う。

から北極行きはそんなに意外じゃなかった…と同時に、

ちょwwwおまwwwマウンティング癖直ってないやんwwwwってなったけど。

これはどう考えても友達にしたら絶対面倒くさいタイプ

だけど、キマリ物語が選ばれた女の子物語なら、めぐったんの物語は、バイト頑張ってお金貯めて北極ツアー行きました!みたいな、地味で、やっぱり誰にも選ばれていない物語なんじゃないかなと思うとちょっと悲しい。

そしてちょっと愛しい。

まあ、でも、旅に出る理由なんて、過程なんて、何でもいいんだよね。

ちゃんと選んだんだから

めぐったん、私を南極に連れて行ってくれてありがとう

2018-05-08

統一教会二世信者に生まれた話


結論から言うとめちゃくちゃ精神を病んだ、

という話。

統一教会、というのはご存知の方も多いと思いますがざっくり言うとキリスト教ベースにした新興宗教です。同じキリスト教系でいうとエ〇バとか、仏教系で言うと創〇学会とか、その手の怪しくて迷惑集団の親戚みたいなものですね。統一教会も怪しくて迷惑集団です。

具体的な活動としては、韓国北朝鮮統一のためにデモ運動やビラ配りをしたり、男女数千人が集まって教祖(お父様と呼ばれる)もしくはその代理(数年前に教祖が死んだので組織の偉い人もしくは教祖の子孫)から「祝福」と呼ばれる儀式を受けて合同結婚式をしたりする、そういう集団です。教祖(北朝鮮人)は「イエス・キリストの生まれ変わり」という設定になっています

その辺りをなんとなく踏まえて頂けるとわかりやすいかと思います

私が生まれる十年ほど前、両親が統一教会合同結婚式結婚しました。

両親が何を思ってその時期(信者統一教会から抜けさせるために監禁行為すら行う被害者の会存在した時代)の統一教会に入ったのかは分かりませんが、とにかく、彼らの唱える真実の愛とか何とかに救いを求めたようで、そして「祝福」の儀式を受け、引き合わされて結婚しました。

この場合結婚相手というのは信者が選べるわけではなく、上の人が適当に決める相手になります

両親もその時に初めて出会い結婚しました。

私は生まれた時から信者でした。

毎週日曜日になると「礼拝」と言って、教祖(とその子孫や上位の信者)の出版した本を読み、我々のなすべきことは統一教会による宗教統一教祖を中心に据えた世界平和である、みたいな話を聞くために「教会」に集まります。大抵が古いビルオフィステナントを借りて改装した、怪しい感じの場所です。

私のような二世信者、もしくは親が入信したために一緒に礼拝に連れて来られる子供のために、子供向けの礼拝も行います

教会には教祖を祀る祭壇があり、その方向を向いて礼拝を受けます

まず、神様教祖を讃える歌を歌います

キョンべーと呼ばれる土下座のような韓国式の礼をします(略式の立礼で行う場合もあります)

盟誓を唱えます(私は統一教会人生を捧げます、という内容の定型文です)

君たちはこれから世界統一教会のために変えていくんだという教えを受けます

そして、教会に来ない人はサタン(人間堕落させた悪魔)に支配されている哀れな人だ、などの批判をひとしきり聞いた後、君たちはそういう相手を救う存在にならなければならない、という話を聞きます

お祈りをします。(教えを踏まえ、今後自分がどのように変わっていくか、行動していくかを誓うことが望ましい)

献金します。(収入の1割が望ましいとされる)


子供向けの場合は、聖書の内容を勉強したりもします。多少統一教会風にアレな解釈はされていますが、だいたい創世記からイエス・キリストの復活くらいまではざっくり教わります

それと同時進行で、教祖イエス・キリストの生まれ変わりであり神の子だ、という話と、教祖の生い立ちも勉強します。まあ多大に美化された話ですが。

そういうわけで、我々二世信者ほとんどが、小学校くらいまでは割と素直に統一教会を信じています洗脳ですね。

あと時々、韓国にある総本山的なところまで行ったりもします。儀式バンバン全身を叩かれたり、床で寝起きしたりする過酷な感じですが、行くと「凄いね」「偉いね」と言われるし、あの極限の生活の中で何かを見出す人も多いようで割と皆さんよく行ってます。私も何回か連れていかれました。体調を崩しました。


恐らく統一教会でない人から見れば結構な異様感があると思いますが、私には、教会の教えも礼拝もすべてが普通のことでした。そして、二世信者の大抵がそうであるように、私も「この世」(統一教会でない、世間一般社会のこと)と統一教会とのギャップに戸惑いました。

統一教会では、恋愛、化粧、お洒落服装、遊びに行くこと、世の芸能人に興味を持つこと、教会勉強以外のことに時間を割くことが基本的禁止です。信者以外の子と遊ぶこともあまり良いとされていません。

学校では皆が話している内容についていけず休みの日に遊びに誘っても乗ってこない、そういう子がクラスでどういう扱いを受けるかは考えなくてもわかりますね。私もそうでした。




さて、困った私は、嘘をつくことを学びました。

小学校では恋愛の話になるので、クラスの誰々くんが好きだと言い、家に帰ったら、そんなこと考えたこともない!それはいけないことだって教会で学んだよ!と言いました。

バラエティは見せてもらえませんでしたが、親が許可した子供向けのアニメは見せてもらえました。テレビの話は、中学年頃までそれで乗り越えることができました。

友達が喋っている芸能人の話は一切わかりませんでしたが、たまに見る写真を覚えて「○○かっこいいよね」と言ったり、なんとなく話を合わせていれば、なんとかなりました。

家に帰って、親に「お友達の誰々ちゃん芸能人の○○が好きなんだって!」と言うと嫌な顔をされたので、「今日は誰々ちゃんポケモンごっこをしたよ!」と作り話をしました。

子供向けアニメに出てくるような、些細な恋愛描写にすら母親が冷たい目をするのが怖かったので、知らないふり、わからないふりをしました。

それでいいんだな、これからも両方に嘘をつき続けていけばいいんだなあ、と思っていました。

ですが、嘘ばかりついて他人とまともなコミュニケーションを取ってこなかった私は、中学生になる頃には典型的な「空気が読めない子」になっていました。

中学生になると、空気が読めないということが命取りになりますね。まともに育った子でも修羅経験するような年齢ですし、その時期であっても嫌われる程度で済んだのは本当に幸運だったと思います。結局私は、クラス40人のうち30人には嫌われているが隅のほうにいる3~4人のグループに入り常に固まって行動する、みたいな中学時代を送りました。

あと私の中学ビーバップハイスクールみたいなところだったので、誰も根暗ときに興味を持つ理由がなかったのかも知れません。隅のほうにいる根暗悪口なんかより、校舎内に原チャで乗り込んでくる同級生の話ほうがよっぽど刺激的ですし。

統一教会のほうでは、小学校時代よりも本格的に洗脳教育が強くなりました。

普段礼拝に加えて、STFと呼ばれるエリートコース選抜されるためにハーフマラソンを走らされたり教祖出版物を読んでレポートを書かされたりしました。

また「将来立派な職業につき、高い献金を納め、その地位でたくさんの人を勧誘できるように」という理由で、良い成績を取ることも求められました。

教祖の子孫や、組織幹部来日(基本的朝鮮系なので)した時のために歌やダンスなどの見せ物の練習もするようになり、平日の晩まで教会に行くようになりにました。

このハーフマラソン過酷で、中学生の未発達な体なのでまれに死人が出ます。それでも、それが「神様のため」「教祖のため」だと信じて走るのです。そう信じるように、上が指導します。

断食します。大人になると40日くらいやったりします。これもときどき死人が出ます

また、二世信者には「祝福」を受ける義務があります

恋愛をせず、女は処女で男は童貞のまま、統一教会儀式によって引き合わされた相手結婚をする義務があります純潔教育というやつです。

恋愛沙汰の多くなる年代になったこともあり、純潔教育は一層苛烈になりました。簡単に言うとセックスは罪、セックスすることは堕落、ということですね。セックスに対する罪悪感をめちゃくちゃ植え付けていく感じです。

恋愛は罪、化粧は悪魔を誘惑する悪いものカラオケゲーセンなどの学生の遊び場は悪魔がいる場所、そういってほとんどの娯楽が制限されました。学校の友人から遊びに誘われることは、悪魔の誘惑とされました。

その年代の子供が楽しむこと全般制限されるようになりました。




この辺で、学校統一教会を両立することが辛くなってきました。

学校でも、教会でも、嘘をついて話を合わせることに限界が近くなっていました。日曜日友達の誘いを断る理由説明出来ないし、教祖出版物を読んでも心から信じているわけではないかレポートが書けないし、成績も良い数字を維持できなくなりました。頑張っても頑張っても「もっと頑張れ」と言われることに気が遠くなりました。

このままいけば、「祝福」を受けることになるだろう、ということも嫌になりました。少なくとも両親は統一教会出会って結婚したこと幸せだったようには見えなかったので、両親のようにはなりたくない、と思いました。

統一教会とは世間一般から見て異端で、気味の悪い存在なのだと分かったのもこの頃でした。


中学の終わり頃、景気の悪化父親借金を重ね、ついに首が回らなくなり、昼はサラリーマン、深夜は新聞配達、土日は警備員アルバイトをする三重生活をするようになりました。

統一教会の末端信者は、大抵が低所得層です。私の両親も例に漏れ低所得層で、三重生活になる以前から家賃光熱費を滞納したり、金のことで両親が揉めたり、両親の貧乏コンプレックスを日頃から聞かされるくらいのことはありました。この後、それが霞んで見えるほどの地獄を見ることになりますが。

私が高校に上がった頃には、父親は毎晩深夜2時に起きて真っ暗な中で「神様!!!」と狂ったように叫びながら身支度をして家を出ていき、新聞配達バイトを済ませて朝六時頃に帰宅、仮眠をして昼の仕事をして何かをブツブツ呟きながら青黒い顔で帰宅、夜9時に就寝、という生活をしていました。

母親転職ストレスで、大量に食材を買い込んでは放置して腐らせ、家中異臭をさせていました。

父親が就寝する夜9時前になると、両親は教祖の書いた本を声を合わせて音読し、祈りをささげ、キョンべーをします。(家でも各々で礼拝しましょう、というのが推された時期でした)

真っ暗な中で発狂したように叫ぶいい年の男性と、異臭がして近寄れないリビング想像してください。めちゃくちゃゾッとしますね。それに家の中で礼拝が行われることも加えると、この家に自分の味方は誰もいないのだと絶望した気持ちになります

ついでに言うと両親の暴言も酷かったですね。神を信仰している、平和を願っている、統一教会による真の愛を世界に広めていこうと言ったのと同じ口でまあまあの暴言が飛んできます。そして、それを二世信者相談すると皆「うちもそう」だと言っていました。

何が正しいかからなくなりました。

そういう経緯で、幼少期から洗脳によって培われたはずの私の信仰心はマイナスになりました。

この時期、家が悲惨な状況部活人間関係が合わなかったストレスもあって、精神に不調をきたして胃液を吐くようになりました。

リストカットもするようになりました。常日頃から「お前の体は神様教祖様にもらった大切な体だ、お前が粗末にしていいものではない」というような教えがあったので、自分の体がボロボロになっていくのは最高の仕返し感がありました。ざまあみろ、と本気で思っていました。

私は高校に上がって以降ほとんど礼拝に行っていないので、最近の教えの方向性ほとんど知りません。

ただ伝え聞く限りでは、2005年頃には「2008年には統一教会世界に認められている!」と言い、2008年頃には「2012年には統一教会による平和世界が実現する!」と言い、2012年には「2015年には以下略!」と言っていたそうなので、今もまた同じことを言っているのではないかな、とは思っています。もう2018年ですね。

さて、精神に不調をきたした高校のあたりから、私は「統一教会自体が間違いである、よってその結婚で生まれた私は存在自体が間違いである」と考えるようになりました。

ハンガーストライキのように食事をとらなくなり、やせ細ると、母親は私が食事を食べられるようになるようにと「祈願書」というものに手を出しました。お願いごとを書くと、教祖やその周辺の人が神様に届けてくれる紙だそうです。ン万円します。

まり書くと個人的な憎しみが前面に出そうなので控えますが、マッチポンプとはこのことかと思いました。あくま個人の感想です

そのあたりですべてが嫌になって、男の家に家出し、処女を捨てました。16歳でした。






その後は水商売で働いて一人暮らしをし、夜で稼いだお金短大を出て、今は昼の仕事をしています

両親から統一教会から離れるために、私はたくさん抵抗をしました。

統一教会信者として生きていく気はないことを何年も言葉で伝え続けましたし、分かってくれないなら死んでやるとも脅しましたし、親が泣くまで責めたことも数多くあります。既に純潔でないことも、夜の商売自傷行為で体がボロボロなことも伝えています。生まれてこなければよかった、とも言いました。

それでも伝わらないことに、両親が私に「祝福」を受けさせるのを諦めていないことに、もう疲れました。

今、私は毎朝晩、数種類の精神薬を飲みながら働いて一人暮らしをしています精神調子を崩すと過呼吸を起こしますし、どうしても、普通環境に生まれ普通に育つことができた人に対する劣等感があります。少なくとも統一教会でなければ良かったとずっと思っています

カルトマルチなど、「異様な集団」の気配を察知すると過呼吸を起こします。宗教話題が出ると頭が真っ白になります統一教会育ちであることがバレて周りに軽蔑されないか、ずっとずっと不安です。

そういう後遺症のようなものが、統一教会を離れて何年も経つ今になっても残っています


二世信者には精神を病む人や自殺をする人が多いと聞きます

自分の育った環境が異常であると気づいてしまうこと、

外の社会での生き方を教えてもらえないこと、

若い頃に恋愛、化粧、年相応の娯楽の一切を制限されること、

死ぬまでずっと生まれや育ちに劣等感を抱えて生きていかなければならないこと、

それがどれほど、普通の人の中で生きることを困難にさせているのか、きっと親世代信者は知らないのだと思います。言ったところで伝わることはないのかもしれません。

きっと統一教会信者のすべてが、私の両親のような人ではないのでしょうし、もしかしたらとても人格のできた人もいるでしょう。

教えにしても、もしかしたら本当は間違っていないのかもしれません。教会を離れた私の判断がすべて正しかったと言い切ることもできません。

ですが、幼少の頃から社会と相容れない信仰を植え付け、世間の「普通」と自分の「普通」とのずれを味わわせることを、正しいと言うには疑問があるのです。

それでも統一教会を選んだ二世信者もいます

選べなかった私のような二世信者もいます

せめて、外の世界の人に、私が見てきたものを知って欲しい気がして、当エントリを書きました。

私の意見二世信者代表というわけではありませんが、もしも、共感して頂ける二世信者がいれば嬉しいです。こういう子供がいたのだと、知ってくださる外の世界の方がいればもっと嬉しいです。


普通でない環境で育ってしまった、すべての人に幸あれと願っています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん