「幸運」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幸運とは

2017-12-16

anond:20171215220012

貴方のような女性現代社会では珍しくありません。

しろ日本では男性に付き従うような従順さを求められていた人達ばかりなので。

から昨今では主体性のある女性生き方が声高に叫ばれるのですがそういう流れとは逆行しているとも捉えられますね。

勿論、経済力のある男性寄生する生き方は楽です。思考放棄にも繋がりかねないので。

しかし、ある種の自己陶酔にまで及んでしまうとなかなか自身省みるのは難しいでしょう。

リードする女性リードされる事に文句を言わずサポートに徹する女性、どちらも誤りではない生き方です。

個性尊重できる相手と出逢えたのならそれは幸運なのだと思います。ただ、一つだけ言えるのはこれだけは遵守するという自分なりの規範を持つ事です。

2017-12-15

anond:20171215155858

モテか。。。独身の時、複数人に好かれなくていい、ただ一人から好かれればいい、と思ってたな。

幸運な事に結婚した。で思ったのは女性にもいろんな女性がいて「男性リードしてほしー」みたいなクズ女も確かにいるんだけど、自律的に動く女性もいて、そういう女性旅行計画自分で立てるんだよね(私は荷物持ち担当

当たり前だけど、いろんな女性がいますよね。嫁ラブ。

追記

ヒモっぽかったかw どちらかというと非モテなんだよなー。非モテだったんで、もうモテとかたかのぞみするのは辞めた。ファンタジーの中だけにした。

anond:20171214222742

氷河期世代大卒の女だけど、自分就職活動はしなかったけれど、友人の様子や愚痴を見聞きする限りでは、

女性採用総合職事務職ともにゼロ会社も多かったから倍率がすごかったと聞く

氷河期卒で東京出身で人からまれレベル大学に通っていたし、友達たちもみんな優秀だったけど、就職活動をしていた人たちは皆ヘロヘロに削がれてた。

私は就職活動をまったくしなかったけれど、大学名前だけで、こちからはノーアクションでも会社説明会のお誘い、なんてものが届いたりはしたが、

届いたのは、大手金融の”営業レディ(歩合)”と、大学名だけでやみくもに送られてきたと思われる某公共放送局のディレクター職の募集案内の2つだけ。

バブル世代のしっぽに引っかかっていた3つ上の兄(アホ大卒)のところには、段ボール4箱分の会社説明会DMが来てたのに。

リーマン後は、中小企業人手不足だったから選ばなきゃ仕事あるだろ、みたいな論調も一部のバカからはあったけど(個人的には選ぶのが当然だと思ってるが)

氷河期時代中小企業資金繰りが壊滅的で倒産するところもたくさんあったし、20年も前のことで「大卒の女なんて怖くて雇えない」みたいな偏見もあった。

自分は、一つ上の先輩も氷河期で酷かったので、そもそも、こんなに人外な扱いを受けてすり減るなら就職活動するもんか、と一切就活しなかった。

結婚でもしようかねーと思ってたところに、大手メディア企業入社していた大変出来の良い友人から誘われてバイトして

バイトでそれなりに乗れたのでその後、2回転職して、ようやくまともな待遇ポジションを得た。

職歴ゼロだったことを考えると、今の仕事に就けたのはひとえに、最初に誘ってくれた友人が優秀で親切だったというご個人的幸運しかなくて

私の努力が人より勝ったとかい自覚はまったくない。

氷河期世代って自己責任じゃね?自己努力が足りなかったんじゃないの?という疑惑は、バカ知識無く下衆の勘ぐりしてるだけだと感じる。

幸運もあったとはいえ、転職1社目では待遇は超絶劣悪で体も壊し夫との子流産するという取り返しのつかない不幸な目にもあった。

あの頃は、社会全体も私自身も、今よりもずっと労働環境への意識が低かった。我慢して働かないと次の仕事が見つかる保証がない、

生きていけない、という空気も今よりもずっと濃かった。

私の場合で言えば、夫(同級生)もあまり良い労働条件ではなかったので、なおさら仕事を辞めるのは勇気がいることだった。

同級生就職活動失敗して、上記金融系歩合営業(要するに生保レディ)に仕方なく就職したけど、1年持たずに心を病んだ子とか、

編集プロダクションに潜り込んだけど激務で身体壊した人とか、流通系に就職はかなったものの激務とリストラ恐怖で宗教ハマった人とか、

金融系の総合職入社1年目でエグい不良債権処理担当させられて2年ちょっと身体壊してやめたとか、そういう例はいくらもある。

2017-12-13

新卒採用バブル時代就活たかったな

私がシューカツした2002年採用凍結している企業がいっぱいあって、私も上手くいかずに公務員進路変更した。

自分選択責任を持ってるし、正しかったと自信を持ってるけど、まわりの優秀な友だちも苦戦していたし、シューカツに失敗して非正規フリーターを選んだ仲間をたくさん見てきたから、就活氷河期社会問題だったと思うのね。

いまシューカツは学生の売り手市場新卒採用バブルらしい。

無能面接官」が選ぶ「意識高い系」の使えない人材 日本企業採用面接を問う https://www.nagoyanz.com/japanese-shukatsu-crisis

正直羨ましい。そしてこう思う。

就職氷河期世代ロスジェネって死語かしら?)を中途採用して欲しい。いっぱい優秀な人間はいるけど、チャンスがなかったの。だから機会を与えて欲しい。まだギリギリ間に合うと思うの。

いまの学生さん好景気という幸運を逃さずに頑張ってね。

2017-12-12

母子家庭の苦労話や母親への感謝を求められる

現在大学四年。この間就活を終えた学生だ。

バイト面接就職活動家族について聞かれることがこらまでにあった。そして、母子家庭だと答えると、みんな「ごめんね」と謝ったあとに、お母さん大事にしなよなんて言ってくる。あとは、母子家庭であることの苦労話につながるような質問をしてくる人もいる。

自分は、母子家庭であることを答える質問をされて他人から謝られる必要はないと思ってるし、別につらかったこともない。むしろ、謝られる方が惨めな気がして悲しい。世間イメージがあまりいいものではないから受け入れてるしかないのはわかってるけども。

あとは、貧乏話や父のいないことでの苦労話がない母子家庭もいることをわかって欲しい。自分の家庭の場合は、妹と自分と母の暮らし特に苦労することはなかった。母子家庭からといって虐められる世代でもないし。

それを言うと、「お母さんが頑張ったんだね、恩返ししないとね」なんて言われるのが1番困る。それは、自分が決めることだ。また、自分自身は別の理由母親に対してあまりいい感情を持てていない部分がある。それなのに、母子家庭から、全部許して感謝しなきゃないのかって気になってくる。

あと、まあまあい高校大学を出ているのだが、「お母さんのおかげだね」なんて言われるのが嫌だ。勉強したのは自分だし、高卒母親から教わったことはない。たしかに、中学まで塾に行ってたりと、勉強できる環境が揃っていた幸運さはある。それでも努力したのは自分だと思いたい。両親が揃ってる家庭で塾に通っても伸びない子はたくさん居る。母子家庭かどうかは関係ない。

今後、なにか成し遂げるたびに母親のおかげって思わなきゃならないんだろうか。

2017-12-11

fgo名物ツイッターPvP

 fgoメインコンテンツの一つと言われている、ツイッターでのPvP

 ここでよく使われているテクニックに嫌気がさしている。

 相手発言を、相手頭が悪いという方向に拡大解釈した上で攻撃する方法だ。

 わかる人にはこう書けば伝わるので、具体例は出さない。

 使用した本人と、その取り巻きにとっては正論であり、それに対する反論無視すれば、勝った気になれるようだ。

 同じく、相手発言意図捏造し、自分捏造した発言意図を叩く方法もある。

 どちらの方法も、基本的には相手とのコミュニケーション拒否し、その上で自分が勝ったと言い張っている。

 私は、尊敬している人であっても、このような手段を使う人とは関わりたくない。

 私はそう思っているが、そのような手段を使う人を含むコミュニティ所属する人にとって、その行為快感なのかもしれない。

 この記事を読んで、自分のことを言われていると思った人。そこまで自分省みることができるなら、おそらくあなたのことではないでしょう。

 この記事を読んで、特定個人が思い浮かんだ人。あなた本人がどうかはわからない。ただ、余計なお世話を言うなら、その人と距離を置いたほうがいいと思う。

 この記事を読んで、特定集団を思い浮かべた人。その対象が、ファンであっても、アンチであっても、集団を思い浮かべてしまうのは思考が働いていない。余計なお世話を言うなら、ツイッターfgoもやめて、人との関わりを減らしてはどうか。

 そのような発言を見たことがないと言う人。幸運な人なのか、人の言葉意味を正確に把握できない人かのどちらかなので、私からは何も言えない。

 最後に、匿名ダイアリーに書きこそしたが、私のことを知っている人間には書いた人間自明だと思う。

 そう伝わるように書いた。

 私が誰かを気がついても、ツイッターでは無視してほしい。

 そして、できれば、私がツイッターで何か言ったときや、fgoPvPが発生したときに、この記事を思い出して欲しい。

anond:20171210190440

自分以外にもこんな感じの人いるんだな。つられて、つい自分語りをしたくなったよ。

自分はこの元増田より2−3年下だが、うちも両親中卒だ。おかげで高校入るくらいまで大学というものがどういうものかさえよくわかっていなかった。それどころか勉強を親に教わった記憶がない。

なにしろ小学校の高学年の頃には、勉強に関してははっきりと自分知識能力母親より上だと認識していた。親から勉強を教えてもらった記憶など、小学校以降ない。父親父親勉強のじゃまばかりしてくる。なにしろ家で勉強をしていると酔っ払った父親に家で勉強なんかするな目障りだと怒られる。

おかげで高校まではテスト前にちょっと復習するくらい(親が帰ってきたら止める)で、のびのびと過ごさせてもらった。

たまたま中学の成績が良かったので、ろくに勉強もせずともぎりぎり大学進学できる程度の高校に入れたのが僥倖だった。その高校公立で家から自転車で通える範囲だったのも幸運だった。貧乏な家だったので電車通学が必要だったり私立だったりしたら止められていただろう。

その高校に入って2年目くらいでようやく気がついた。このままじゃ面白そうな職、面白そうな仕事にはつけないぞと。世の中にある面白そうな仕事弁護士大企業エンジニア作家官僚パイロット建築家ーそういった物の多くは大学を出ていないとスタートラインにもたてないらしい。はずかしながら高校生の半ばまでそんなことさえ知らなかった。

そこから必死になって勉強した。勉強してないのは飯食ってる時間、眠っている時間部活時間くらい。それ以外は全部勉強にあてた。3年になって部活が終わってからは飯、勉強、飯、勉強、飯、勉強、寝る、の毎日。おかげで高3のころには県でも上位の成績を取れるようになっていた。

だが、それが父親には余計気に食わなかったらしい。親戚の話によると中学の頃まで父親の成績はけっこう良かったのだが、その父親(私の祖父)がアル中でろくに働かないせいで進学を諦め、中学をでるとすぐ働き出して弟妹達を高校まで行かせたそうだ。泣ける話だ。だがそのルサンチマンであたりちらされる子供にとってはとんでもない災難だ。

家で勉強しているのを見つかると怒鳴られる、酒をかけられる。夜中に泣いて家を飛び出したことも何度もある。毎日家に帰りたくないと思っていた。何ヶ月も父親と口を聞かないこともあった。そのうち不憫に思ったのか叔父や叔母が仲介に入ってくれて、物理的な嫌がらせは止まったが、それでも家で顔を合わせると「誰の金で食わせてもらっていると思っていやがる」などの嫌がらせ言葉が飛んでくる。3年の夏休み頃、一時的に成績が落ちたのを挽回しようと家で勉強していたら家業の手伝いをさせられた。たのむから勉強させてくれというと「お前が勉強するための金はどこから出ていると思っているんだ?」という答え。その後なるべく家では顔を合わせずにすむようにしつつ勉強を続け、成績ももどり、どうにか東大に入った。(嘘だろうって?そう思うんなら勝手にそう思ってろ。しょせん増田だ。)

高校最後一年くらいはこの家から早く出たいという気持ちが、将来ひとかどの人間になりたいと思いと同じくらい強くなっていた。家を出ることができて心の底からほっとした。東大に入ったことよりもそちらのほうが嬉しいくらいだった。その後大学院まで進学し、外資系就職し、今は海外からこの増田を読んでいる。

益田と同じように両親をうらんいるかときかれれば、恨んではいるが仕方がなかったことも理解していると応えるしかない。それは当時から同じだ。自分学歴コンプレックスから優秀な子供邪魔をし芽を摘む一歩手前まで行ったことは今でもゆるせないが、同時に、自分より劣る弟妹を高校に進学させるために中学を出て働き出したというエピソードには一人の人間として畏敬の念を抱かざるを得ない。

高校の時以降、親を頼ろうと思ったことなど一切ない。その点ではまったく恨んでなどいない。ただ、恵まれ同級生たちをみて、自分の親が彼らの親のようだったら、自分ももっと素直に育っていたのだろうか、同じように青春人生幸せを感じ取れたのだろうかとつい詮なきことを思い浮かべ悲しくなるくらいだ。高校をでてからはろくに実家にも帰らなかったが、初孫にあたる息子を連れて行った時は、本当に喜んでいた。その姿をみて毒気が抜かれた。自分が生まれた時もこんなふうに喜んでいたのだろうかなどとさえ思った。

その父親はその後病気になり後遺症で口さえ聞けなくなった。たまに一時帰国時に入院先に見舞いにいっても、言葉にならない声を出すばかり。ただ目には喜びがうかんでいる。子供の時には仲の良い親子だった。その頃の気分になっているのだろうか。それとも俺のことな無視して孫達に会えたことが嬉しいのか。話が聞けないので、それはわからない。

就職氷河期世代

自分1980年まれ就職氷河期世代だ。

就職活動は大変だったけど、なんとか就職はできた。

しかし、入った場所デスマーチだし、出るはずのボーナスが突然でなかったりと

兎に角酷いところだった。


結局、そこでは2年働いたけど、残っていたら大変なことになっていたと思う。


そこでの体験はとても苦々しいものだったけど、今思えば悪くない経験だった。

なにより、この経験会社は何もしてくれないし

自分のことを守れるのは自分だけということを身を持ってに知ることができたからだ。


自分にとって幸運だったのは、大学時代からインターネットを使っていて

いろんな情報アクセスできたことだった。

折しも金融ビッグバンで、ネット証券FX会社が出来て個人にも取引が解禁されつつあった。

自分会社以外から収入を得ることの重要性について転職したあたりから感じ初めていたので

この話を見たとき速攻飛びついた。


もちろん最初は損をした(笑)

スプレッドも広かったし、手数料も高く株式投資なんて

就職したての安月給の小僧がどうこうできるものではなかったのだ。

そして、自分FXに辿り着いた。


世間では博打などと言われているけど、

24時間眠らない公正な市場だ。

さら現在ビットコインのように流動性心配する必要もない。


その後は、いろいろな紆余曲折があったけど、10万で始めた口座は

追加金額も含めてだけど8桁を超えた。

万人にお勧めできる方法ではないけど、逆転を狙うなら投資するしかない。


就職氷河期世代正社員に無事なれた人もかなり不遇な目にあってる気がする。

昇進しても仕事が増えるだけで、給料があまり上がらないことに不満を感じている。

それだったら、副業したほうがいいよねという感じで大抵の人は株式FXをやっていると思う。


2000年代情報格差が凄い年代だった。

就職氷河期世代は、雇用冷遇され、さら情報格差でも大きく差がついた。

おそらくこれらの理由から就職氷河期世代が団結することはたぶん無理だと思う。

願わくば、早く投資重要性に気が付いて少額でもいいのでチャレンジしてくれることを祈るばかりだ。

2017-12-10

結婚して 海外に逃亡

30歳になった

母親との戦いがようやく終わった、、、そんな感じ、、、

結婚式が終わって、日本から出て1ヶ月がたっても、

実は、モヤモヤしていた。なにか、すっきりしなかった。

無理やり、まとめようとしていた感じで、、

からここに書くことで、、、最後気持ちの整理と、けじめをつけたい

これからは、1年1回でも合えば十分。父も同様。

海外に住んでいるからなおのこと不自然じゃない。

結婚式に 両親が出てくれただけで 良いとすればいい。

出てくれるだけでいいと思っていた。

でも終わってみたら、母の当日朝の態度や、父の最後挨拶や、心に引っかかることも多かった。

それでも無事に終えることができたし、内輪の小さな式だったけど、お祝いしてもらえて、良かった。

もう、満足しなければならない。

両親は変わらない。

彼らは人と関わるのが下手くそ人間だったのだ。

相手気持ち想像したり、他人の痛みを感じるのが苦手な人間だったのだ。

大人になった今ならよくわかるから

自分の両親を尊敬していたし、自分の両親が規範だった。母が家の中の法律だった。

絶対服従絶対逆らってはいけない。

でもそれは間違いだったということが、自分社会に出た今ならわかるから

お前がおかしいと、問題をまるごと転嫁されたのも、

彼女自身人生問題を、ひたすらヒステリーやつあたりされたのも、

家族問題に見てみぬをふりして、とっとと離婚して家族から逃げた彼も、

それは父と母が弱い人間だったからだ。

自分孤独不安に、自分自身で立ち向かう勇気の無い人達だったからだ。

現実に対して正面からかい合うことのできない人達だったからだ。

子供自分たちと切り分けて考えたり、家族として親密さを作れない人達だったからだ。

彼女は今は孫と宗教に逃避して、彼はお酒に逃避してる。

でもそのことについて、もうどうこうしようとするのはやめた。

彼らの人生は彼らのもの

彼らの問題も彼らのもの

彼らの寂しさも不安も、全部彼らのものなのだ

周りがどうこうしても変わらないし、何の意味もない。

私は私の大切な人と、一生懸命自分人生を大切に生きる。



色々なものを手放したい。

これ以上すがっても、どれだけ懇願しても、変わらないし、絶対に手に入らない。

なぜならそれは、親が「理想の子供」を押し付けてきたように、

自分が親に対して押し付けている「理想父親」「理想母親」「無条件の愛」 だからだ。

単なる自分押し付けだ。

幸運普通の家庭に生まれた人はもらっているらしい「無条件の愛情」というもの

妄想と期待と、それが手にはいれば解決するでしょうという過剰な欲求が、

長い間で、20歳になってからさらに、膨れ上がって、

いつまでも、しつこく、欲しい欲しいって、心の奥底で思っていたらしいけど、

でもそんなものは実際どこにもないし、夢物語だ。

から罪悪感を刺激されること、勝手理想押し付けられること、全部嫌なことだった。

から同じ嫌なことを、相手にするのはやめる。

2017-12-08

北朝鮮に対する感想を述べる上での日本特殊性

一般論で言って、貧困国家はその国力(現代では主に経済力)の格差によって先進国経済的植民地労働力工場になるしかなく、そしてその関係が成立すると逆転はおろか追いつくことは難しい。先進国海外資産技術知財において巨大なアドバンテージを持っていて、また先進国同士がスクラムを組む事によって格差を維持することができる。

からかつて、中国インド核兵器をもってその関係性を打破することを望んだ。毛沢東は「ズボンはかなくても核兵器もつ」といった。パンツ丸見せは国力以外の意味文明人失格だと思うけれど、当時は経済的制裁を受けて困窮してたわけで、それでズボンがなくなっても核兵器優先という意味だった。そして事実、開発して、経済制裁は解除されたし、経済は(いびつだが当時に比べ相対的に)発展した。インドもまた核兵器開発当時はアメリカ経済制裁を受けていたが、開発成功後は制裁解除されて発展した。

この記事北朝鮮擁護するものではないのだけれど、世界歴史的には上記のような前例があって、発展途上国先進国キャッチアップをするためのギャンブルとして、核兵器というのは、生存戦略ではアリなのだ

日本人の多くは「だがしかしその発展って、国民餓死させてまで求めるものなのか?」って感じると思う。俺も個人として心はそう感じる。しかし、それって日本人特有傲慢でもあると考えるし、この記事の主張はそこだ。

日本人は多分無意識に「核兵器開発なんかしなくても勤勉に働けば先進国程度なれるでしょう」と考えているのだ。

日本核兵器落とされて敗戦して、敗戦国になり、いわば貧困国弱体国になった状態から国民が大奮闘して、経済大国になり、先進国になった。これらすべての要素は研究的にはすべて疑義があるのだけど(復興の原因って国民の大奮闘じゃなくて地政学的な要因とか、国際貿易における役割が原因だよねとか)、少なくとも日本国民の大部分の認識ではそうなっているし、「核兵器がなくても先進国になった事例」という意味では真実そうでもある。

から日本人は「国民餓死させてまで……」と思う。やればできると思ってるから。でも、近代史を見ればそれって相当レアケースだ。「(地政条件や技術発展や国際貿易……つまりひっくるめた)巨大な運」に恵まれた結果だと考えるのが正しい。だから日本人が持ってるのはつまりはてブでよく言われるところの「成功者バイアスなのだしかもおそらく、相当に傲慢バイアスだ。

もちろん、日本国防から見ても、国民生命財産といった国益から見ても、北朝鮮核武装なんて百害あって一利もない。容認すべきではない。でもだからといって、北朝鮮核武装政策が「常軌を逸した愚かさの発露」だとするのは間違ってる。生存戦略として評価すれば、他に成功例があって理解可能戦略だ。「国民犠牲にしてまで……」という人道的な視点も、過去日本決断や、歴史を見れば必ずしも間違ってるとはいえない。長い目で見れば北朝鮮に利する可能性はある。

北朝鮮核武装日本にとって不都合日本国益に反する、というのは正しいし声に出していくべきだと思う。けれど北朝鮮おかしい、愚かである、正しくない、というのは無意識バイアスがあるせいだと思える。日本幸運成功者なので、その視点北朝鮮をみている点は自覚すべきだと思う。

2017-12-07

anond:20171206190552

ごめん、つい妄想暴走してしまった。いまのパートナーはそこらへんいけそうだから今度打診してみるよ。

かばんちゃんとサーバルちゃんという設定でならよく会話してるから

かに好みはわかれるかも知れないが、不器用女性が空回り気味にがんばって話してるのとか最高にキュートだと思うよ(俺は)。

これまでそういう増田で接してて今いい感じなら、相手もそういうツボがあるのかもと思った。

進展あったらまたどっかで書いてくれ、気が向いたらでいいよ。進展できないーでもいいよ。

幸運を祈ってる。

2017-12-06

受精卵を破棄すべきか迷ってる

産婦人科に預けている凍結済の受精卵をどうすべきか迷っている。

それらはすべて以前不妊治療をしてたときに「余った」受精卵で、何も連絡しないと預けているクリニックが破棄する決まりになっているらしい。

2年位前、私達夫婦不妊に悩んでいた。ふたりとも20代でそれほど高齢ってわけじゃないが、なかなか子供ができなくて焦っていた。

基本的な療法を一通り試した後、それでもうまくいかなかったので、体外受精を選んだ。

成功率はそれほど高いわけじゃないが、幸運にも1度でうまくいった。

から、その時に体外受精させた受精卵は複数個残っている。

その後、順調に娘は育ち、健康に生まれ健康に育っている。

よく寝て、よく泣いて、たくさん食べて、たくさんうんちをして、たくさん笑ってる。

娘が今こうして健康に生きられているのは、たくさんの奇跡の上に成り立っていると心から思う。

毎朝彼女の「おはよぉ」を聞くと信じてもいない神に感謝したくなるし、毎日やかましいくらいに元気な彼女のためならなんだってできる気がする。

先日、私達はふたり目を授かった。

長女と同じくらいか、それ以上に次女は元気にすくすく育っている。

彼女たちはこれからやがて大人になっていくんだろう。

凍結してる受精卵を使って子供を産めば、彼女たちと同じような人生を送ることができるかもしれない。

それらを捨てることに心理的な抵抗がある。

ただ、現実問題として私達の家庭にそれら全部の子供として育てる余裕はないし、何より受精卵を卵巣に戻す手術や出産はすごく大変だ。

子供がどうしてもほしいわけでもないのに、その負担をまた妻にさせるのは現実的じゃない。

このまま廃棄されるのを待つのかな。

不妊に悩んでいて、自分たち卵子精子じゃ子供を作るのは難しそうって人に提供できる制度があれば使うけどね。

毒親チルドレンで子育てしんどい

親が毒親。過干渉過激ルールの押しつけと、暴行。ハマった宗教のせい。根はいい人たちなんだろうけど。

社会人をなったのを機に、いろいろあってとうとう疎遠になった。

ときどきコンタクトがあったけど、宗教施設に連れていかれるのが怖くてずっと無視していた。

幸運なことに優しい配偶者出会い、今年の6月に待望の子供が生まれた。

そこから思考しんどい

まず、親がどれだけ自分愛情を注いでいたか想像がつくのがしんどい

子育てって母親追体験なんだよな。

子供を持って、親がどれだけ自分を愛していたかが分かった」っていろんな人が言っていたけど、自分もそうだった。

否が応でもわかってしまう。産み育てることって、とんでもない愛情がないとできない。

文字通り四六時中一緒だし、母親がいないと何もできない子供を育てることは並大抵のことじゃない。

したいことができないとかのストレス想像できたけど、嫌いな母親愛情を感じることがこんなにストレスを感じるとは思わなかった。

それから自分が親みたいにならないか自分が思ってる以上に気にしているみたいで、それが嫌。

親と自分は違うんだから、と自分に言い聞かせても良い母親でありたい願望が強すぎて、自分に疲れてる。

子供は本当にかわいくてしかたないのに、なんか今更親のことでぐるぐる悩むのが嫌すぎる。

決別したいし、いっそ親に関する記憶全部なくしたい。

2017-12-05

anond:20171205200059

>なんで私だけ体に負担がかかって会社を休まなければいけないんだという理不尽な怒り

  

何が理不尽なの?

お子を宿すのも産むのも貴方なんだから貴方の方が大変なのは当然でしょ

自分可哀想可哀想ってそればっか考えてないで

支えてくれる会社の人やパートナーがいる幸運を噛みしめろ

2017-12-03

ベランダで魔光球をみつけた

世界に散らばる三つの魔光球を揃えると

空飛ぶ大魔人が現れて

望みを100叶えてくれるという

あの伝説の魔光球である

偶然にもわたしベランダに飛んで来たのだ

驚くべき幸運といったところたが

残念ながら

わたしには世界に散らばる残り二つの魔光球を探す予算がない

そっとテレビの横に飾っておくことにした

いずれ誰か、わたしより予算があり積極的に願いを叶えたい者が探しあてて

この魔光球を手にいれるのだろう

ああ、貧しい我が身がものがなしい

2017-12-02

宝くじ当たってコンビニ始めた人の話

知り合いの知り合いくらいからの話だけど、数年前に突然会社辞めてコンビニ始めた人がいた。

噂(田舎なのでかなり信憑性がある)では宝くじでかなりの額を当てたので、それを元手にしたらしい。

個人的には会社辞めてコンビニとかあまりにもひどすぎだろと思ったけど、最近近くを通ったら閉店になってた。

なんで宝くじ当選という幸運を、コンビニなんていうドブに捨てるよりまだ悪い方法で使ってしまったのか。

大学理事長と話して思ったこ

起業を目指してサービスを作ってる最中の30過ぎのどっかの馬の骨だが

幸運なことに、私でも知っているような大学理事長とそれについて話せる機会を得た

(一緒にやってる人が連れてきたわけだから、その人が頑張ったわけなんだけど)

 

それで感じたが

大学理事長とか言う存在が、自分からまりにも遠くて参った

自分の中に尺度が無いんだ

 

会社社長はまだ分かる

面接でいいだけ話した

部長の上に経営陣がいて、経営陣のトップ社長

 

その理事長っていうのは、その大学教授先生みたいな存在らしい

まり師匠師匠みたいな遠い存在

どれだけ恐縮すれば良いのかもよくわからない

ていうか、出身大学トップなんてもう顔も覚えていないし

 

おまけに自分の専門分野ではない

お互いに専門分野が違うから、興味深く話を聞いていただけるんだが、浅薄甚だしい意見をひけらかして良いのだろうかとモヤモヤする

何か、いろんな人に失礼な気がしてならない

かと言って畏まり過ぎてもおかしな気がする

自分の専門分野については絶対にその人より詳しいんだし

 

とか、考えてもしょうがない妄想をしつつ話した

話の中身より、その奇妙な感覚が貴重な体験に思えた

2017-12-01

昭和の人が知ったら驚く平成国内出来事

東日本大震災

 これは外せない。死者1万5千人以上。太平洋側の東日本がほぼ全域にわたって影響を受け、原発事故も起きた。平成が終わっても影響が残り続ける。

 

自民党下野

 55年体制が終了。でも昭和の末期は金権腐敗から自民党への逆風はかなりあり、案外と昭和の人は驚かない可能性あり。逆にすぐ政権に戻って、単独過半数以上をとったことのほうが驚きそう。

 

社会党がほぼ消滅

 こっちの方が興味もちそうだな昭和の人は。

 

インターネット

 昭和の人に言葉説明しようとすると難しそう。パソコン通信とかやってた人は目を輝かせそうだけど、そんな人は多くない。通信とは逆に放送は低迷することになる。

 

読売巨人テレビ放送が低迷

 口で言っても信じそうにない。昭和スポーツってほぼ巨人

 

Jリーグ誕生

 地域密着とか新しかった。平成代表する変化の一つだと思う。今やJ3があるほど。

 

演歌の低迷

 今も細々と続いているけど、平成を通して存在感は薄かった。

 

宮崎駿国民アニメ作家

 邦画歴代ランキングに何作も送り込んでる。ナウシカ公開は昭和だけど、興行的に花開いたのは平成魔女の宅急便

 

モンゴル横綱

 すごく意外だ。ふと冷静に考えると、なぜこんなにモンゴル力士が増えたのか不思議な気がする。近代相撲においてこの先、白鵬の記録を破る力士は現れるのだろうか? 白鵬相撲を目にしている我々はすごく幸運なのかもしれない。

歯医者の問診票で

都合のいい曜日という欄があって悩む。

いつでもと書いたら暇人と思われそうだし、火曜日と書いたら「無職のくせになんで曜日してんだ」って思われそうだし。

でも4年くらい行ってなかったのに虫歯1つだけだったのは幸運だった。

これからはたまに検診にも行こうと思う。

anond:20171201092805

必ずしも小説を読む必要なんてない。本である必要さえない。上手な文章なんてそこらへんに転がっている。

 

増田は何を目的文章力をアップしたいのだろうか?

小説を書きたいのか? 読んでもらえるブログを書きたいのか? ビジネス文書か? 論文を書きたいのか? あるいは、漠然文章を上手になりたいと思っているのか?

 

論文を上手に書きたい人が、文章力向上のために小説を読んでも意味がない。同様にして、ビジネス文書を上手に書きたいのに小説を選んでも仕方ない。

まれブログを書けるようになりたいなら、人気のブロガー文章ウェブメディア記事を読みまくるのが一番の近道。小説から何も学べないわけではないけれど、やや遠回りな気がする。

物語を書きたいのならそれこそ小説を読みまくった上で、人気作家執筆した文章指南書を読むのが良い。

 

文才という言葉もあるけれど、少なくとも読まれるためという程度の文章力努力によって身に付けることが可能

芥川賞を取った小説家だって書きまくってより良い作品を生み出し続け、無名時代からのし上がり、何度かの候補の後に受賞する。

最初から素晴らしい小説を書けたわけではない。そういう人も稀にいるけれど、それこそ天才という例外である。凡人の我々と比べる必要なんてない。

 

まり文章力を向上させるには読むことに加えて、実際に書くことが重要になる。

サッカー技術書を熟読したとしても、実際にサッカーが上手になっているなんてことはない。実際にやってみてテストエラーを繰り返すことが重要

一番いいのは書くことを習慣化してしまうこと。

ブログを最低2000文字で週1で更新するとか、増田日記に400字以上を週3で書くとか。無理のない程度の目標を設定すること。書くことが嫌になってしまったら元も子もない。

習慣化こそ成功への近道。共に頑張ろう。

 

文章で僅かながらの飯を食っている者より。幸運を祈る。

2017-11-30

(く)への反応に観る「美しいが儲からない」と「醜いが儲かる」の差

床屋政談が盛り上がるのは、その結果が予測できないから、と言える。

ニコニコ動画インフラ整備を求めるのは、ビジネスから見れば荒唐無稽しか見えない。

だって普通に考えたら撤退一択もの

例えば「ニコニコ動画インフラ投資をしていれば」「お金を払ってCDNを使えば」という予測は、

無料会員でも快適に視聴でき、ライブ配信も満員にならず、少しのノイズもなく配信できる』

という状況に繋がる。

ユーザーは、大変に嬉しいだろう。視聴に限ればabemaTVがコレに近い。

月額課金形態品質が高いものには、NetflixHulu, Amazon Prime Videoがあるだろう。

さて、ニコニコ動画abemaTVと同じ状況になったとして、有料会員は増えるだろうか。

減るだろう。激減するだろう。

無料で快適に観られるものにカネを払う客は、少なくともニコニコには居ない。

現在ニコニコ動画の有料会員は、「ライブ配信スムーズに入れる」「視聴環境が良くなる」「タイムシフト再生ができる」等の、ユーザー体験にカネを払っている。

簡単に言えば、家でダラダラ動画を見る時に、イライラしたくないことに月500円払ってるワケだ。

さて、他の月額課金動画配信サービスは、何に対してカネを払うだろうか。

名探偵コナンの一挙放送ブレイキング・バッドの新シーズン?The Grand Tour?

そう、コンテンツに対してカネを払う。

快適な視聴体験は当然の前提であり、「コンテンツを観ること」に月1000円前後払っている。

じゃあビリビリ動画Youtubeみたいな、無料CGMやってる他のトコロは?

ビリビリ動画は「無料公式アニメが観られる」ことに価値があると説得でき、

Youtubeは「考えられないほど広大なロングテール広告を載せる」ことに価値があるとみなされ、

いずれにしても、投資家からカネを巻き上げるか、広告からカネを払ってもらうかが、儲け方になってる。

ニコニコ動画は、とてもカネを払いそうにもない限定された客層からカネを巻き上げる、世にも奇妙なビジネスモデルになっている。

だって、「品質は悪いが無料で観られる」と「カネを払うとまだマシになる」の状況で、カネを払ってもらえるんだから

面白演出されたカビキラー動画を観るために月500円払うわけじゃない。これは強調しておきたい。

投稿される動画の偏りから広告主を集めづらく、大規模な契約が得られない

適当なことをやって資金調達が出来るほど、運営主体が小さくない。

月に10億のオーダーで収入があるおかげで、辛うじて動画配信サービスの元締めでいられるニコニコ動画が、

リア充御用達動画ばかりにして広告主を集める集金マシーンになるところも

さな子会社に落ちぶれて、華やかなビジョン株価を上げ続ける資本主義権化になるところも

どうなるにせよ、ニコニコ動画ニコニコ動画では居られなくなる。

他人動画コメント載っけて流すみたいなネットミームもどきが、

曲がりなりにも合法化して、摩訶不思議課金形態でそこそこの規模の集金をし、

未だにゲームの実況配信だの素人コンテンツ動画だのが結構な頻度と物量で更新される

恐らく世界最大規模にうまく行ったコンピュータ部の継続して行われている部活動状態ってのは、

日本みたいな強烈に締め付けの強い地場上場企業の中で一部サービスとして行われてるってのは、

これは一瞬で消える流れ星を流すつもりがデケエ流星痕が残ってんな―という状況なのが正しいのではないか

面白演出されたカビキラー動画を観るために必要なのは、4K画質とスムーズローディングじゃない。

それは人類には早すぎた動画を集める名伯楽だったり、人類には早すぎた動画作成する暇人だったりする。

そして、綺羅星の如しユーチューバーでは眩しすぎるし、人生を切り売りするほど覚悟も持てない人が、

思いつきで動画を上げて、必死作成して動画を上げて、知恵と勇気技術を注ぎ込む壮大な「場」だろうと思う。

ここで敢えて名前を出さないのは個人的には好きになれないからだが、N高や超会議カクヨムを見ていて思うのは、

オタクという単語で括るには特殊な分類の、しかし間違いなくある種の人間が集まる場所を、

継続して維持するために、キチンと稼ぎ続けて次に繋げ続けている人が音頭を取っているのは、大変に幸運だと思っている。

Ustreamが潰え、Justin.tvが消え、ニコニコ生放送がまだ生き残っているのは、やはり何度考えても奇跡みたいなものだ。

ある種のヘボコンさを残したまま(ある種の人にとっては)とてつもなく価値の高い動画が生まれ続けるのは、「場」があるからだろう。

ジェフ・ベゾスみたいにeコマースだと思ったらクラウドサービス販売しまーすみたいにならない限りは、

果てしなく分の悪いマラソンを延々続けていくだけだろう。

だって考えてもみてくれよ。まだ200万人も500円とは言えカネ払ってんだぜ?

大金かけて製作されたドラマシリーズを大量に有する動画配信サービスの会員数と匹敵するぐらい

面白演出されたカビキラー動画とか、良く判らないテニス合宿ゲームの実況配信がウケてるってことなんだぜ。

これは誇って良い。

から、真にニコニコ動画が終わる日が来るとすれば、

オレが家でダラダラと動画を見続けるにあたって、ゲーム実況だの、タイヤが転がり続けるのを追いかけるドキュメンタリーだのが、

Googleの謎の超技術で「オマエの脳波的にこう言う動画が良かろう」とリコメンドされる未来が来たときだと思う。

(あと、YoutubeLiveとTwitter4chanと魔合体して、ゲーム実況主がこぞって移籍して視聴者とゆるく対話が出来るようになったとき

ドワンゴカドカワだまくらかしてなんか面白いことずっと続けていけるのは、実務面での超技術だと思うんだよね。

名前を出したくないあの人で出来ないなら、たぶん世界の誰にも出来ないんだと思うけどなあ。

何回考えても、ニコ動だろうがニコ生だろうが、上場企業Youtube大向うに回して維持する理由がないもの

2017-11-26

anond:20171125180126

追記2読んだ。気持ち回復に向かってるようでよかった。

そうだね、業務だと思って淡々と処理するのがいいかも。カウンセリング行くなら診断書もらうのを忘れずにね!

幸運を祈ってます

2017-11-25

圧倒的な天才にただただひれ伏すしかない場合はどうすればいいのだろうか?

そんなときは,自分存在価値があるのかと疑うしかない.と思う.

明らかに自分より優れており,自分のやることなすことその人の劣化.思いつくこと全てが改悪作業時間10倍かかる...

絶望的だ.

もし,仮に,読んでいるあなた幸運にも,自分優越解を認知していない場合,それは存在しないことと同じだろうか?

しかし,あなたにもきっと,『優越解』は存在するだろう.

アイデンティティも,プライドも,クソもない.

ただの劣化品.それが自分である

それでも,そう認知してしまっても,生きていかなくてはならないそんな場合はどうすればいいのだろうか...

申し訳なさが募る

年末大掃除に備えて読み終わった書籍なんかをまとめた。

ダンボール箱にして4箱分。ただ捨てるのもなんだかな…と思い知り合い何人かに連絡して貰い手を募集したところ、

幸運にして全箱引き取ってくれる人が見つかったため、先ほど業者の方に集荷していただいた。

午前中に来てくれる予定だったが、1時間ほど過ぎたころに疲れ切った顔の40代くらいの職員がやってきて

玄関にうずたかく積まれダンボール箱をうつろな目で見つめ、2箱ずつ抱えてアパート階段を慌ただしく降りていった。

ああ、またかと思った。

私は去年の12月の半ばごろに夜間の集荷依頼をかけたのだが、21時までに来てくれるはずの職員

疲れ切った表情で23時前にやってきて、土下座せんばかりに平謝りされたのだ。

その姿を見て、なんだかとても申し訳ないような、あるいは責められているような気持ちになった。

こちらとしては時間が1,2時間過ぎること自体はどうってことないのだが、ハードスケジュール極まる年末運送業者実態を見てしまい、

猛省してなるべく年末に集荷依頼をかけるのは避けようと思うようになった。

それと私は腰の持病があるせいか職員の方が腰を痛めてしまわないか心配ばかりしてしまう。余計なお世話かもしれないが。

そうした余計な心配ごとが蓄積して最終的にはサービスが利用できなくなってしまうのだ。

(ちなみにコンビニバイトしてる友人がメルカリユーザーの発送処理が面倒くさすぎると愚痴っていたのを聞いて以来、

メルカリやってもいないくせにコンビニ発送だはやめようと心に誓った)

集荷系の重労働ロボット化されたら気がねなくサービスを利用できるんだけどなあ。

でもその業務が性に合っていて、体がもつまで続けたいという方も多くいらっしゃるだろうだろうし、雇用も減るから悩ましいよなあとこの時期いつも思う。

恋が上手くいく時っていっつもとんとん拍子

好きな人が出来てから付き合うことが出来るまでっていっつもとんとん拍子だ

逆にこのビックウェーブに乗れない、というか波が来ない時は全く上手くいかない

好きな人は5人くらい出来て付き合ったのは2人なんだけど、2人とも我ながら幸運が過ぎるのでは?と思うくらいとんとんっ!と進む 子気味良いぐらい

もちろんそれはある程度の下地(仲良くなるとか共通趣味話題があるとか)が出来てからなんだけどね

不思議です

でもこの波が有り難い反面、少し嫌でもある

なんていうのかな、自分の力?で上手くいった気がしないし、頼ってしまうから(運も実力のうちだっていうけどさ)本当に好きな人が出来た時上手くいかない気がするんだよね

こういう体験たことある人がいたら教えてください

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん